「先の大戦」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 先の大戦とは

2020-09-12

フェミニストコロナ女性自殺が増えたと吹かしてる

きっとフェミニストの中では先の大戦で死んだのは女性ばかりなのであろう

2020-09-08

> id:yujimi-daifuku-2222

> 先の大戦中の出版物言論への圧力も、イメージとは異なりその多くは民間バッシングを恐れた自主規制ですよ。/それらは問題なかったと言える人だけが政府による検閲でないからいちいち騒ぐなと言って下さい。

まり「おれらのエロをお前の不快で押さえ込むな」と?王かよ

あと「お気持ち案件がー規制されるーキセイー」って騒いでるほうが自主規制につながると思う

2020-09-01

anond:20200901055539

何が言いたいのかと言うと、

男の自殺は女の2.3倍、過労死は19倍、ホームレスは男が96%以上、先の大戦では男ばかりが犠牲になったということですね。

先の大戦では男ばかりが犠牲になった

なぜかタブーになっているが、

そろそろ男差別歴史をふりかえるべき。

2020-08-21

国家規模での悪い状況から逆転する戦略方法が知りたい

日本経済産業科学技術について悲観的な統計が出ている。

多くのレポートデータをまとめて終わっている。各国比較して日本が停滞、もしくは徐々に衰退していくのを示していて終わりなのだ

自分が知りたいのは、そこからどうしたいのかなのだけど、記載はない。


じゃあそれを踏まえて政策なら書かれているかというと、

AIIoTなどの技術革新による解決が望まれる』といった文面なわけだが、具体的な話がないし、

抱えてる課題と結びついているかもわからない。


他にも色々書かれているが、国としてどうしたいのかよくわからない。

コロナでよく状況を注視していくと言っているが、注視するだけに聞こえる。

GAFAが脅威だという話も出てくるのだが、国としてどうするのかはない。(注視してるからってだけで抑止力があるという考え方もあるが)


金も人も情報網も分析能力意思決定能力も足りておらず、

先の大戦と同じような状況がずっと続いていると思っているが、何か持たない者の戦略はないのだろうか。

2020-08-15

anond:20190930125547

日本という国がやけに歴史的事物を後世に残そうとするのは、先の大戦で多くのそういう事物を失ったからだと思う。

まり、失われつつあった自分たちアイデンティティを保持するために、コストを掛けてでも歴史的事物を保存する必要がかつての日本人にはあったのだ。

賢者歴史に学ぶ」なんて言うと鼻くそかっこいいわけだが、結局のところ、日本人の場合歴史なんてものアイデンティティ喪失という青少年のような悩みの慰めでしかなかった。

「学ぶ」べき歴史としてでなく、喪失感を緩和するいわば愛玩動物としての歴史があれば、日本人にはそれでよかったのだ。

そういう点でも、日本においては、若い人間にとって、歴史過去を引きずる「呪い」に他ならない。

学ぶところの無い古い愛玩動物など要らないのであって、元増田のように「歴史を学ぶ意味がわからない」という意識が、子供たちから表現されるのも当然だと言える。

いわば歴史は、スレッドに昔から居るコテハンみたいに、学ぶところよりも、知らないルール押し付けるような目障りな存在になっているのだ。

遺跡発掘のせいで都市開発が遅れていくように、歴史的事物はその負担を強いるのを辞め、そろそろ現代人の生活のためにその存在を薄めるべきではないか

私たちは、歴史から積極的に関心を失うべきではないか。けれども、歴史から学ぶ愚者は、他から学ぶことを知らないのだろう。

2020-05-03

血塗られたオリンピック

オリンピックを使って私腹を肥やしたい人達のために、

10万人、下手したら100万人を超える人達犠牲になるという、

ここまで血塗られたオリンピック歴史上あったでしょうか


そもそも開催できるかどうかもわからないという

先の大戦とまったく同じだ


犠牲になるのは罪もない一般市民

いや罪はあるかもしれない

普通の国であれば市民の側が正している

それが出来ないか先の大戦が起きた

80年前から何も変わっていない

2020-04-15

政府コロナ対策は戦力の逐次投入ではなく兵站軽視

政府のいまの場当たり的なコロナ対策を戦力の逐次投入って言ってるやついるが、全くあたらない。

それよりも兵站軽視であろう。「休業せよ」「外に出るな」といいながら、補償をしない。

これはまさしく先の大戦でおきた出来事の再来である

現金という名の実弾逐次補給していくことはむしろ必要なことだ。(もちろん大きくドーンと補給するに越したことはない)

いずれにせよ、日本戦争を総括せず何も変わらなかった。歴史は繰り返してしまうのだ。

2020-04-09

「人が死ね経済は二度と戻らない。なぜそれがわからない?バカなの?」

browncapuchin このままだと医療死ぬ医療死ねば人が死ぬ。人が死ね経済は二度と戻らない。なぜそれがわからない?バカなの?

2020/04/09

残念ながらバカはこの人のほうなのである


感染爆発&医療崩壊したイタリアですら死者は2万人ぐらいになりそうで、

しか社会の足手まといたる病人年寄りが重点的に死んでいる。

日本で同じことが起きたとしよう。

売るほどいる病人年寄り重点で2万人死んだぐらいで、経済が二度と戻らないと思うのか?


人権感情など度外視すれば、経済を回しながら死者を看過するというオプションはありなのである

総理財界がどういう算盤を弾いているのかちゃんと考えないといけない。

この人は馬鹿なので他人自分以下の馬鹿であると想定してものを考えるために相手オプションや心情を捉え損ねている。


なお先の大戦では日本若い男性230万人を失っている。

2020-04-07

anond:20200407211326

日中戦争の発端となった盧溝橋事件中国共産党軍が日本軍国民党軍双方に発砲して始まった。

米国ルーズベルト政権内には多数の共産主義者が潜入して石油禁輸などの強硬対応をとって日本を対米宣戦に追い込んだ。

日本国内ではゾルゲ尾崎一派によるスパイ活動日本の出方はスターリンに通じていた。

先の大戦敗戦革命企図した国際共産主義運動工作というのが定説となってきている。

anond:20200407203538

何かといえば先の大戦を持ち出すのは左翼プロパガンダ

いまの雰囲気は3.11の時にF1が爆発したのにメルトダウンしてないとか枝野が強弁してた時の疑心暗鬼のせい。

2020-03-24

anond:20200322093742

クルーズから検査から自粛要請への反応、左翼リベラルが「やり方が甘い!もっと強い対応を!」とか騒いでるのを見ると、先の大戦もこうして国民が尻に火をつけたんだなって分かる。

台湾韓国評価されてるけど、どちらも隣国戦火を交えることを前提に政治をやっているからこそできた対応であることをスルーしすぎ。

台湾なんて治安維持法みたいな法律があるんだからな。

2019-10-23

anond:20191023163352

これは正しく読まなければならない増田だね。海外白人HENTAIと並んでいて脊髄反射拒否したくなったが、書いてあることは非常に理解できる。「男が悪い」と押し付けているわけではないしね。(罪深いという言葉はあるが)これは結構難しいことなので、評価されるべき行動と思う。

さてこの話は、潜在的ヒエラルキー意識金持ち貧乏人や、欧州アジアのような)も絡んでいる。ひどくざっくり言えば、日本の「エロ文化独自性と「一部欧州にとって未知なる日本という国がHENTAI女性差別であることは実に都合がいい」ということが悪魔合体してしまい、日本人女性は迷惑するという結果を招いている、ということと思う。非常に男性的(バイアシーな表現失礼)に言ってしまうと、先の大戦日本勝利していたらこれは異なっていただろう。これはそういう、「真理のように見えて実は流動的な問題」なのである

他人気持ちになって考える」というのは結構難しい。性別国籍が違えば猶更である。なぜなら他方に自分は行かないかである。女は「女というだけで性的対象に見られる」ことが耐えがたいし、男は「男としての内心に納めている性欲までも否定される」ことは許しがたい。その互いの「辛さの程度」は互いには分からないので、いわゆる「不幸自慢」的な流れになってしまう。そんな時に権威があると主張の拠り所にしたくなる。それは研究だったり、「海外の目」であったりするわけであるしかしそこには絶対的基準は実はない。研究は一側面だし(実際に真反対の研究結果も出得る。じゃあどっちが正しいかというのは結局「それっぽさ」を脱せない。学会多数派に付くが、マイノリティが必ずしも不確かだとは誰も言わない)、「海外」も結局人間の集まりなのである

結論性教育がなってない。

2019-10-08

まるかいて地球を聞いてほしい

ヘタリアという国擬人化漫画はご存知だろうか。

アニメ版ヘタリア主題歌であるまるかいて地球」がいかに素晴らしいかを知ってほしい。是非、アルバム「まるかいベスト」を最初から順番に聞いてほしい。

まず最初は、この物語主人公であるイタリアだ。ヘタリアイタリアらしい、明るく軽やかでころころしていて、それでいてどこか気が抜けたメロディー歌詞ヘタリアという作品象徴するような歌である

イタリア」が歌うだけあり、歌詞はいくつかのイタリア語が散りばめられている。冒頭の「papa」「mamma」は、まだ分かる。日本語でも馴染みのある「パパ」と「ママ」。しかCメロでは、耳馴染みのないイタリア語が怒涛のように畳み掛けてくる。はっきり言ってよくわからないままCメロは終わる。それでも、イタリアイタリア語でイタリアらしい歌を歌っているなあ、流石国擬人化作品だ、と素直に感心して終わる。

次は、イタリア相棒であるドイツ。「ドイツだし、ワインのところはやっぱりビールだよね」「やっぱりヴルストかー」日本人ドイツに抱くステレオタイプを外さない改変。「ドイツ語ではパパの事をファターと言うんだ!」といった発見もある。低音のドラムによるサウンドドイツのむきむき感を喚起させ、ヘタリアキャラクターとしてのドイツイメージも十分。でもCメロは、やはりよく分からない。

続けて日本。我が母国である。ここで、Cメロ日本語で歌われることによって、よく分からなかったイタリア語、ドイツ語の意味がやっと分かる。「ああ、お兄さん、お姉さん、お爺さん、赤ちゃんに呼びかけるシーンだったんだ」言われてみれば、先の大戦を生きたであろうお爺さんに平和を誓う、未来を生きる赤ん坊の為に…なんといい歌詞ではないか!3曲めにして、やっと歌詞の全貌を理解することができる。ここで前2曲を聴き返してみたりもする。

2巻の特典である日本イギリス辺りからは、よりその国の民族音楽意識したアレンジが施されるようになってくる。和楽器やお囃子をふんだんに使った日本ブリティッシュロックギター音がカッコいいイギリス、おしゃれなシャンソンアレンジとゆったりした感想がなんともらしいフランス、そして原曲を留めない激しいフリーダムさが持ち味のアメリカ。この辺は、日本人にも馴染みの深い国々だから歌詞の改変も「あー成る程ね!」と唸りながら楽しむことができる。ちょっと捻った表現の多いイギリスとか、凝ってて楽しい

ロシア語は全く分からない、という人が多いだろう。しかし、ここまで順番に聞いてきた人なら、ロシア語は分からなくても歌詞意味は全て分かっているので、Cメロも難なく理解できる。ロシア民族音楽らしい、すこしマイナー音の多いアレンジ、そして間奏は誰もが知っているテトリステーマ。ここに来てさらクオリティを上げるか、といった感じ。

一期のラスト中国。どこか切なさを感じるロシアver.と打って変わって、明るく温かみのある曲調。ヘタリア中国は独特のイントネーションによる協和語を喋る、まさに日本人想像しがちな中国ステレオタイプのものみたいなキャラである。歌の出だしか雰囲気は十二分。

そしてこの中国ver.、他の曲よりコードが若干高い。サウンドも非常に華やかで、Cメロはなんとも嬉しそうな甲斐田さんによる歌唱も相まって涙が出そうになる程盛り上がる。最後は、原曲と同じく「ヘタリア」で終わる。最後まで美しく、華やかに、盛り上がって終わる。「ああ、世界一周旅行のフィナーレだ…」なんとも言えない高揚感と満足感を味わうことができる。

そう、イタリア中国を通しで聴くことにより、世界の色々な国をすこしずつ体験したような気分になれるのだ。これは何と言っても、我々が各国へ抱くイメージ完璧再現した編曲の妙である

そして、曲の歌詞あくまで「ヘタリアの〇〇」ではなく、「〇〇国と言えば!」に徹しているのも重要ポイントだ。国擬人化たる彼らが、ヘタリアキャラクターとして与えられた人格を封じ、彼ら自身たる国であろうとする歌詞が、ヘタリアキャラクターを、単なる記号化されたキャラクター以上の何かに引き上げている。

これが2期の8カ国だとダメなんだ。国ではなく、ただのヘタリアキャラクターになってしまっている。1期はキャラソンを超えた感動があったのに、2期はただのキャラソンでしかない。

後に発表されたスペインver.は、1期の路線にだいぶん寄せてあり、そこそこ良かった。でもCメロで変にキャラを出してしまっているからやっぱり惜しい。模式をなぞっているからこそ、各国の違いが鮮明になり、国体ソングとしてのまるかいて地球が成立していたのに。

結びとして、1期8カ国だけでいいので是非順番に聞いてほしい。聞けば分かるさこの感動。それ以外は、そのキャラが好きなら聞けば良い。

2019-09-19

anond:20190919212139

先の大戦での中国大陸戦でも、朝鮮出身兵隊将校は、日本兵に増して手柄を取ろうと野蛮行為もすごかったとか。すぐに棒で乱暴をふるまう傾向(日本兵朝鮮兵にまともな武器でなく棒きれを持たせてたから)。

それで、差別語として、日本鬼子朝鮮棒子、と中国大陸人に呼ばれている。

典例

https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E9%BA%97%E6%A3%92%E5%AD%90

IS掃討でのクルド兵の立場とか、低い地位にいるとまあ辛いわな。

2019-09-04

去年あたりにショートショート投稿したものです。ご意見色々うかがいまして、お目を汚しますが推敲しました。

先月、日本国重工業清算事業団資産整理の一環として放出されたタクトスイッチ、T-303(黒)。

私には入手できなかった。今回の放出分、32510台は完売したそうだ。今後の発売予定分もすでに予約で完売という。

入手できるのはいつのことだろうか。

私はこのスイッチ収集という趣味子供の頃から続けている。

今では一財産といえるくらいの蒐集になった。

私が生まれるより以前には多くの趣味人口が在った分野のようだが、昭和99年の今では古臭い趣味として認識されている。

世代の違う親に言わせれば例えば、切手収集みたいなもののように映るようだ。

デザインや絵柄しか違いのない切手に比べたらスイッチには、筐体を形作る樹脂の手触りや質感、眼に映る色、端子の鈍い輝き、そして何と言っても機種による様々なクリック感。

より多くの趣味性を内包するように私は、思っている。

大きなものではなく、嵩張らないので例えば自動車のような趣味と比べ所有するのに場所をとらず、多くの種類を所有できるのもいい。

採取した昆虫を陳列するよう離れの書斎に並べてある私の多くのコレクションのうち、気分で選んだお気に入りスイッチを手にしてその感触を味わう。

冬の暖かい部屋のなか、柔らかな椅子にくつろぎラヴェルの録音を再生する。

そしてその単調な変わらないリズムに合わせ、スイッチ左手に取り、クリック

午後は、そうした至福の時間を得て過ぎた。

この、スイッチ収集という趣味市場は世の中に、昭和初期に急に現れたらしい。

どういうわけかは不明である。はじめは細く好事家の間での国の生産計画情報交換などの会合や、あるいはコレクションの展示会、交換会などが行われていたようだ。

国立国会図書館存在もするその会の名簿を調べると、参加者には国防機構内のテクノクラート財閥系の重工業企業社員名前存在が目立つ。

そしてその趣味市場の人数規模は、この頃では大きくは、なかったようである

その後、先の大戦中の国家高揚のなか、敵性語であるのでスイッチとは言わないがこのころではすでに開閉器収集というジャンル趣味市民の間には広く存在した。

昭和15年2月 東亜開閉器公社発行の、季刊開閉器句報創刊号も私のコレクションの一部だ。

スイッチを手に遊ばせながらブラウン管から聞こえるニュースに耳を寄せると、本営の報道官が伝えている。

数年続くこの大戦戦局は発表によると、本日も快進のようだ。

先週も三沢基地より、北の方向への弾道ミサイルが2発発射された。

ニュースヨーロッパ共同体経済状況に続けて本営、および日本原子力研究製造開発機構広報官らによる記者会見を写している。

先ごろ国会を通過した法案憲法66条2項の改正適用した結果の条項は、兵器を発射する装置制御する管制官責任日本行政システムの中には存在しないよう、恣意解釈できるようだ。

一度外れた箍を再び同じにはめることが難しいことと同じように、多く憲法改正される機会のある今日ではあまり興味のない類のニュースだ。

ブラウン管の電源を落として、月刊スイッチ今月号に目を移す。

広告の新発売の製品には多くの仕様が並ぶ。

古くからスイッチ収集家の私から見たら、必要は感じられないのだが最近スイッチの内部にはただのスイッチ以上の何らかの機能もあるようだ。

また、市民通信網上に在る、政府の機密に近しい噂のあるページによると、スイッチ部品販売元は各民間商事企業ではあるのだが、製造は全て国が一元して行っているという話も見る。

製品の処機能が増えるならば趣味の幅が広がるしまた、国が管理しているのならばその製品品質も安定するであろう。

理由はわからないがコレクターとしては喜ばしい、としかその時は考えなかった。

私の左手にはただ、趣味性の高いスイッチけがある。

そして私以外の多くの蒐集家の手にも、押されるのを待つスイッチが数多く、あるのだろう。

2019-09-01

anond:20190901065150

そりゃ先の大戦では申し訳ねぇという気持ちはあるが、結局彼らは何をしたいのかって思うのよ。

それこそ永遠に謝りお金をぶんどり続けるのかって思うと、流石にふざけんなって思ってくる。

しかし(Twitter情報だが)向こうの若者も「反日とかクソどうでもいい」ってのがあるから、完全に無能政府&向こうの右翼が駄目にしあってる。

2019-08-22

日本正当性が上書きされる日

マキャベリズムに立った妄想を語ろう。

「何が正しいか」ではなく「何が得か」を優先するということだ。

その前提の中で「何が正しいか」に関係する話をしたい。

日韓の話である

それから戦争の話である

それらを絡めて「何が正しいのか」は時代によって変化するという、陳腐化したテーマを持ち出してみたい。

……では本題へ。

東京裁判における「人道に対する罪」や「平和に対する罪」が事後法であるとの議論は有名なところだが、これはすなわち、先の大戦が人々の価値観の転換期であったことの現れであると考えられる。

世界大国は、それまで人類が滅亡しかねないような戦争経験したことがなかった。

から、それまでのように軽い気持ちで開いた戦端が、どこまでもどこまでも拡大し泥沼となっていったとき、本気でビビったのだ。

もちろん、それまでも「戦争は良くない」という倫理存在しただろうし、戦争を抑止する法的な取り決めだって存在していた。

けれど、いざ大戦が終わったとき、それまでの考え方では甘かったと世界中の人が痛感した。

もっと強力な抑止力必要だという風に、世界価値観が変化した。

から事後法まがいとの批判覚悟の上で持ち出した「人道に対する罪」や「平和に対する罪」の適用を、大多数の人々が許容した。

まり世界価値観が変化を迎えた時代には、それまでの「正義」「合法」「筋」「論理性」は事後的にであっても「悪」不法」「別の筋」「別の論理性」へと置き換えて断罪することが可能なのだ

「何が正しいのか」は時代によって変化する。

植民地支配も同様だ。

かつて、植民地支配合法だった。

少なくとも古代史の時代においては、植民地どころか他国占領奴隷支配公然と行われ、それを禁止する国際規範なども今のようには存在していなかった。

それが、時代の下るにつれて白からグレー、グレーから黒へと徐々に変わっていった。

先の大戦は「侵略戦争」であったとされているが、少し歴史を遡れば、それは数多の大国公然実施してきた行為の焼き直しに過ぎない。

無論、当時は国際法条約が次々と変化し、その時々においての「正義」や「合法」が存在していた訳で、過去において合法だったか日本戦争合法であるとの理屈は成り立たない。

厳密にその辺りを議論しだすと、歴史学者でも無い限り、あるいは歴史学者であっても、結論の出ない話になりそうだが、私が問題にしたいのはそこではない。

問題は、当時の戦争が仮に当時の価値観法律に照らして「正義」「合法」であったとしても、敗戦国支配地域割譲放棄や、賠償責任を負わされたであろうということだ。

無論、当時の戦争が当時の価値観に照らして「悪」不法」なものであっても、支配地域を取り上げられ、賠償を負わされる。

どちらであっても結論は変わらない。

負けた時点で結末は決まっている。

でも、なぜそんな暴挙が許されるのか?

価値観が変化する時代においては、事後的に過去行為現在価値観断罪することがまかり通るからだ。

価値観が変化する時代において、「今」の正しさは「将来」の正当性担保しない

さて、ここまで「価値観が変化する時代」という言葉を使ってきた。

これは一体、どういう時代か?

ひとことで言ってしまえば、私はこれを「世界の過半の利害に関わる危機が訪れた時代」だと考えている。

世界の一部が利害を争い、あるいは危機に瀕しているとき、その係争を、あるいは問題解決手段正当性判断する裁判官は「世界の残り大多数」が務める。

世界の残り大多数」は第三者として、「既存価値観」というルールブックをもとに、正当性ジャッジする。

この場合には価値観は変化しない。

しかし、世界の大多数が危機に巻き込まれとき、そして、既存価値観によるジャッジ世界多数派にとって不利益となるとき価値観は一瞬のうちに反転し得る。

民意で作るルールブックは、民意によって書き換えることができる。

大多数が望むなら、ルール遡及適用すらも可能となる。

では、価値観の変化は再び起こるのだろうか?

かつて、普通に行われていた侵略植民地支配が今では「悪」と考えられているように、現代においても価値観の変化は起こり得るだろう。

昨今、日韓関係に限ることなく、世界の至るところで直接的な軍事力を用いない「係争」が激化しているように思われる。

代表的なところでは、米国中国

いわゆる「経済戦争」というやつである

現代価値観において、これは「不法行為」とは考えられていない。

WTO等の貿易に関する各種の協定存在するものの、関税非関税障壁による駆け引き全面的「悪」と断じる倫理観は、世界の過半には決して浸透していない。

しかし、今後はどうだろう。

経済戦争」がどこまでも激化し、明確な「勝利者」と「敗北者」が現れたとき、「勝利者」の側は「敗北者」に対して、経済戦争戦争責任を事後的に訴追するような事態が訪れるのではないだろうか。

世界の過半を巻き込んだ「経済戦争」が勃発したならば、世界価値観はきっと「経済戦争」そのもの断罪する方向にシフトする。

WTO基準に照らしてどうという話ではない。

そんなものは、価値観が変化したならば、事後的に結論を書き換えることがいくらでもできてしまう。

この前提に立ったとき、昨今の日韓関係に関わる日本スタンスに、私は一抹の不安を覚えずにはいられない。

特に、輸出規制代表される経済戦争的な動きに対する心配だ。

徴用問題正当性

慰安婦問題正当性

レーダー照射問題正当性

軍事協定問題正当性

ついでに、仏像返還問題正当性

日本は常に正当性を主張してきた。

そしてホワイト問題正当性である

だが、これらの正当性は、あくまでも「現在」の世界価値観における正当性だ。

価値観が変化する時代が訪れた場合、それらの正当性は容易に逆転して「不当」である断罪される危険がある。

未来価値観によって遡及的に裁かれ、事後法によって賠償請求されるおそれがある。

価値観が変化する時代が訪れた場合、明らかに日本不利益となる事態が訪れかねない。

それはマキャベリズム観点からしてNGだ。

もちろん、価値観が変化する時代が訪れなければ問題ない。

日韓係争は、利害の絡まない大多数の第三者によって、既存価値観のもとにジャッジされるだろう。

日本は、どこまでも正当性を示す証拠を積み重ねていけば、それで良い。

では、価値観が変化する時代には?

その場合はいくつかのチョイスがある。

ひとつは「戦勝国」になることだ。

単純に韓国を打ち負かすという意味ではない。

変化後の価値観世界において「多数派」の側に立つという意味だ。

価値観は常に多数派利益になるように変化する。

から多数派になっておけば、事後法で裁かれる心配をする必要はない。

もうひとつは、さっさと韓国和解することだ。

痛み分けと言ってもいい。

将来のリスクのために、現在不利益を甘んじて受け入れる。

この場合価値観が変化した後、再び関係悪化すれば、事後的に問題を蒸し返される危険性が存在するから、将来に渡って永続的に友好関係を保ち続けるのがベターとなる。

からどうしろ、という話はしない。

もとより妄想だと言ってある。

ただ、この妄想を語ってみたかった、それだけのことなのだ。

2019-08-16

特攻隊員の死とは

国民「俺達は先の大戦で命をかけて戦った」

国「先の大戦で我々は多大な犠牲を払いながら今日繁栄を勝ち取った」

みなさん基本的にこういうスタンスだと思うんですよ。

ついでにいうと次に戦争やるとき社会不適合者をじゃんじゃん徴兵して神風にしてまとめて処分したいとさえ思ってるでしょう?

とりあえず殺しておけばなんでも美談にできると思ってそうな所あるから

歴史に学ぶのであれば、死を要求する連中はだいたい負け組で嘘つきで不誠実。

2019-06-14

米中戦争が起きて戦勝国になった日本が見たいよぅ

あー中国発狂して沖縄米軍基地核ミサイル撃ち込まないかなー

そんで米中戦争が勃発して中止になった東京オリンピックの代わりに自衛隊の戦いぶりをテレビで観戦したい。

スポーツ試合なんぞとは比べ物にならない真の我が国代表による我が国の誇りと民族の存亡を賭けた戦いに全身全霊で声援を送りたい!!

自身もうちの子もまず兵隊には取られない歳だから先の大戦末期レベル徴兵でもたぶん大丈夫自衛隊員さんを応援するだけの立場しかいられないのは本当に残念だ。

うちの子「じえいたいさんがんばえー。しなにまけるなー」

俺「ええぞ! 暴支膺懲や! 皇軍から逃げ隠れするだけの匪賊だったころを思い出させたれ!」

ってテレビの前からパワーを一生懸命送ったる。

もしこのまま第二次世界大戦日本が参加した最後戦争になったら、人類史終焉まで我が日本国と大和民族は『最後戦争』に負けた負け組扱いされるんだよな……

百年後ぐらいに世界政府樹立されて、ついに人類国家民族の壁を超えて手を取り合って宇宙への進出を果たし、テラフォームされた火星か、スペースコロニーか、はたまた恒星移民船で、俺の夜叉孫あたりの子孫が、中国系に

「君のご先祖様は地球のどの地方暮らしていたんだい? ニホン? ああ、前千年紀の終わり頃に起きた最後世界大戦世界征服を企んで滅びた悪の帝国か。キミは負け犬末裔ってわけだw」

馬鹿にされ続ける未来想像する度に惨めで辛くて悲しくて胸を掻き毟りたくなる。

から、真の世界平和が実現する前に、あと一回だけでいいか日本戦争をして勝って欲しい!!

本当はね、台湾武力侵攻した中国海軍を米軍台湾軍と一緒に自衛隊が追い返して、その後しおらしくなった中国台湾併合を金輪際諦める、程度の武力衝突がベストなんだけど(海上自衛隊員に少し犠牲が出るだけ)、最悪、沖縄米軍基地に核攻撃までは容認する(攻殻機動隊がそんな設定だったっけ?)。

ヒロシマナガサキ、オキナワってね。

でも、横田基地ミサイルは止めてください。

うちは結構近いところに家建てちゃったから、そうそ引っ越しできないんだ。

アメリカはこのまま武力を除くありとあらゆる嫌がらせ中国がキレるまで続けて欲しい。

ちょっとだけ出てる話みたいに、中国特許権無効にするとかまで踏み込んで欲しい。

トランプ「なにぃ? ファーウェイ技術が無ければまともな5Gができないぃ?

ならばファーウェイハードソフトリバースエンジニアリングしまくれば良かろう。アメリカおよび同盟国にある中国企業の資産は全て接収たから好きなだけコピーするが良い!

これは知的財産権というもの理解しない海賊どもに対する正当な賠償であるので何ら恥じることはないッ!

この『経済制裁』を解除して欲しくばGoogleFacebookTwitter中国本土での自由営業を認めて俺様ツイートを14億人民が拝めるようにせよ(もちろん呑めない要求なのは知っているゾ。HAHAHAHAHA!!)」

あーあとアレね、軍服天皇陛下平和のためではなく戦勝のための御言葉自衛隊員に下されるお姿も見たい。

2019-05-01

anond:20190501111634

先の大戦における戦争責任をろくに負ってない日本人がよー言うわ

それとも責任を全く無関係人間に押しつけるのは日本人しぐさなんか?

2019-03-22

ヒロヒト金正恩閣下より無能かもしれない

俺は普通の日本人だけど、普通に近代史みたらわかるよな。

日王だったヒロヒト血縁国王になったけど、大陸軍人はどうもできず、対米戦は止められなかった無能中の無能じゃん。結局原爆ビビったけど、原爆ビビらなくったってもう戦争勝つ確率なかった時点で無能戦後復興と発展ってアメリカのケツなめただけだしな。

翻って金正恩国務委員長は、そもそも何もない所から実力で政権を握る資格を得た。軍部暴走を見事に抑え、米韓による闇市から推定では、順調に経済発展を遂げてる。核攻撃してきた相手に媚売ったりせずにな。

一番違うのは、ヒロヒトというより日本人無能なので、経済制裁に負けて開戦した。金正恩国務委員長は遥かに強い経済制裁にも屈せず、未だ国は無事だ。

ヒロヒトと金正恩国務委員長の政治力や知性、決断力の圧倒的な格差がよくわかるな。

朝鮮人風情に圧倒的に劣る血族はもう先の大戦で終わって良かったよな?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん