「慢性的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 慢性的とは

2020-05-21

スペインインフルエンザからアフターコロナを考えてみて、煮詰まったので意見を聞きたい

速水 融『日本を襲ったスペインインフルエンザ人類ウイルス第一世界戦争

  

日本で猛威をふるったスペインインフルエンザ現在インフルエンザ)について、各地方新聞記事を基に当時の様子を詳細に記述している本を読んだ。

スペインインフルエンザを新型コロナと重ねてみるには、最も参考になる本。

テレビで『感染症世界史』が紹介されることが多かった(文庫本なので手に取りやすい)けど、あっちはウイルス学的な紹介なので、当時の社会情勢を知るにはこっちの本のが当たり。

著者によれば、スペインインフルエンザ流行世界的にも「忘れられて」おり、その記録は数えるほどしかないという。

記述からも、統計上の数値からも、当時のスペインインフルエンザは猛威をふるい、日本史上に大きな傷を残したはずなのに、なぜわれわれの記憶に残っていないのか?

新型コロナ流行の先を予測するためには、スペインインフルエンザ流行の様子を知ることがまず第一重要ではないか

  

スペインインフルエンザ流行時も、学校が閉鎖され、社会インフラが麻痺し、火葬場に棺桶が溢れた。

  

新型コロナスペインインフルエンザの違いはいくつかある。

ひとつは、スペインインフルエンザ流行時、学校閉鎖や社会インフラの機能停止は、感染した結果人がいなくなり生じたものであり、予防のためにあらかじめ閉鎖したものではないということ。

劇場や社交場の閉鎖は行われたが、感染症の原因も不明であり、学校は4日~2週間の休校で再開していた。

感染症感染拡大を予防するために社会機能を停止させたのは、新型コロナが史上初めてではないか

  

ふたつは、スペインインフルエンザは多くの日本人が感染し、前流行と後流行があったが、前流行感染抗体を得たことが後流行感染率低下となったこと。

日本において、新型コロナほとんど伝播していない。外出自粛により感染拡大よりも予防が勝った。

スペインインフルエンザと同様に、前流行の後に後流行が生じたとして、前流行による抗体が獲得されていなければ、同様の被害を得るのではないか

流行と同様の対処で乗り切るのであれば、後流行でも社会機能を停止させ、外出自粛により感染予防に努めることが必須となる。

感染症対峙した際、予防するか、抗体を得るか、どちらかしかない。

果たして、予防し続けることは可能なのか?

あるいは、徐々に抗体を得ていく方針なのか。新型コロナにおける外出自粛は、医療機能崩壊を防ぐことが第一であり、新型コロナにかからないためではない。

一過性の激しい流行ではなく、慢性的感染により、医療機能崩壊させることな一定感染を得て免疫を獲得することが目的なのかもしれない。

しかし、感染症である以上、また史上最も人口密度が高く人類の移動もより広範囲・高頻度で行われている以上、そう簡単になだらかな感染が起こりうるのか?

一度発生すればまたたくまに広がる恐れがある。

  

みっつ、スペインインフルエンザと新型コロナではウイルスの種類が異なる。

スペインインフルエンザインフルエンザであるので、季節性がある。

流行と後流行も、約1年の間をあけた同時期のものである。気温や湿度の影響を多大に受ける。

おかげで収束したともいえる。

新型コロナが季節の影響を受けるのかは、未知であり、はっきりしない。

東アジアアメリカヨーロッパでの毒性が異なるのは、ウイルスの株が違うのではないか(何らかの変異があったのでははないか)という可能性があり、ほかには、季節性や環境生活習慣の影響が考えられる。

スペインインフルエンザよりは毒性が高いが、無症状の患者も多い。死亡する年代も異なる。

新型コロナについては、まだいずれも判明していないが、数年後には明らかにはなるだろう。

  

**

  

スペインインフルエンザの事例を受けて、新型コロナを見て思うことは

感染予防は効果があるのか?>

人類史上初めて、社会機能を停止させてでも感染症の拡大を予防したのが今回。

感染者数、ひいては死者数を劇的に削減した代わりに、抗体を得た者も少ない。

新型コロナであれスペインインフルエンザであれ、ウイルス消滅することはないのは間違いない。

新型コロナ共生するにあたり、感染予防の対策をとった結果、今後どうなるのか。

  

ひとつは、散発的な流行が生じるたびに社会機能をある程度縮小させ、感染予防を今後も徹底するということ

社会機能を停止させることの悪影響がどの程度なのか。

また、国ごとに対策感染者数も異なるために、国際的軋轢もつながる。

他の国ではある程度抗体が獲得されていってしまうと、完全に鎖国するわけにはいかない。

そもそも感染予防を第一に置いた対応継続可能なのか?現実的なのか?

  

ふたつは、医療機能崩壊には注視するものの、ある程度は感染拡大を受け入れていくということ。

最初センセーショナルに扱ったとしても、次第に慣れていくのが人間らしいところ。

来年、再来年、数年後と、徐々に取りざたされることも減り、感染を受け入れながら暮らしていく。

今年、こんなに我慢をして大変な目にあっていることを思うと、そんなことがまかり通るのかと思いつつも、人間は慣れて飽きる生き物だから、意外となんとかなるのかも。

  

ひとつめの未来になるとすれば、社会機能を縮小させた状態いかに生き抜くかが重要になる。

ふたつめの未来になるとすれば、いずれ新型コロナ感染するという心構えでもって、用意をしていくことになる。

マクロ的に見れば、ひとりの人間は数百万の人口の中の1人であり、感染症にかかって亡くなる未来もあれば、運よく生き抜くこともある。

それはどうやったって運でしかない。

+αで影響があるとすれば、年齢や基礎疾患、医療を受ける環境など、「感染したときに生き残るかどうか」であり、生命保険を含めて、多少の打つ手はあるかもしれない。

感染症にかからないことを目標にする」のは困難。

  

感染予防を全面的押し出し感染症を闘った歴史人類にいまだかつてなく、その結果を見るといった面では非常に興味深い。

  

但し、感染予防に固執し、社会機能を停止・縮小させることに執着し、知らぬ間に社会崩壊させる恐れもある。

まるきりBAD END。そんな未来は見たくない。

  

昨今の経済対策への批判や、教育制度に対する批判を見てると一抹の不安がある。

史上に例がなく、だれも正解を知りえない以上、それぞれに考えがあり、それぞれにメリットデメリットがあり、一概に何をもって正しいといえない。

なのに、批判・反対することばかりに固執すれば、いずれ方向性を見失い、知らぬ間に自らの尻尾にかみつく形で社会を瓦解させることに繋がりかねない。

日本人の気質はそうなりやすい。そんな気がする。

  

市民として家庭を守るためにできることは

感染したとき対策生命保険を含めて)を講じること

社会機能縮小下で生活する対策を講じること

である

  

というか、それしか思いつかなかった。他に何かあるかな

  

かるときはかかるし、まるきりかからないようにすることは難しい。

人類感染症歴史を追っても、感染症から逃げきれた例はない。

  

自分でくだくだ考えるのは限界なので、他の意見があれば聞きたい。

2020-05-14

anond:20200514022906

単なる悪癖にしろ慢性的な鼻炎やアデノイド肥大のような疾患にしろ、成長過程口呼吸中心だったことで発生する顔つきなので、

わりと誰でも「あーこういう顔のヤツおるわ」と感じると思われる

2020-05-01

anond:20200501164921

いや、治療が終わってないのに仕事を始めちゃ駄目だろ

うつ病からの復帰がどれだけ大変か知らないのか?

そもそも本人は自分一時的なう状態であったことは認めていても

慢性的なうつ病であることを認めてないじゃん

2020-04-29

anond:20200429152932

でも実際「3ヶ月耐えればって」言っていて、「入ってきてぱっと辞めます」とも言っていて

仮にそこで生活費全額を借金で賄ったとしても、よほど贅沢をしない限り100万も行かないだろ? 楽天カードとほかどこか緩い規制カードを作れば十分賄える金なわけで

そういう選択をせずに風俗行くのって、普段から慢性的に金がない奴か、性方面にすごい軽い奴だろw

慢性的に金がない奴は一度入ったら簡単には足が洗えないだろうし、なら、言っているのって後者なんじゃないの?w

特に意見はないけど、純粋データとして

風俗嬢120人前後アンケートを取った所、自分慢性的生活苦理由風俗嬢になった人って2%も無い

ただ一番多いのは、何かの理由で突然大きな借金を背負う事になり、その返済のためになるケースで22%

この中で借金理由純粋生活苦なのか道楽が過ぎてなのか、その割合は分からないが、一般的借金を背負うケースを鑑みると60%弱が道楽借金をしている(それも例えば食い道楽借金をしても生活費(食費)として換算されるため、実際はもっと多い)ので、それをそのまま適用すると、生活苦理由な人は全体の10%ぐらいと思われる

それ以外は、遊ぶ金ほしさ・貯金・夢や目的のための資金職業として選択、辺りがそれぞれ10~15%位(トータルで50%)。あとは男に貢ぐためとか性興味とかなんとなくとかが細々と並んでいる状況

120人というのはサンプルとしては少ないので、上記をそのまま全体とするのは危険なんだろうけど、おおむねこ10人に1人をどう見るか、って話になるんだろうと

2020-04-26

人材供給という話だと、重症者の福祉介護施設慢性的人材不足に悩まされてきた。

これまではどんな応募者でも雇わざるをえない事情があり、利用者への暴言虐待、果ては虐殺事件も相次いでいた。

今回のことを機に人権意識の高い人材が他の業種から大量に流れてくれば、応募者の選別が可能になるので、利用者に対する人権侵害も減り、全員が幸せになると思う。

2020-04-19

anond:20200419145249

はっきり言ってくが、慢性的腎臓病気は間違いなく基礎疾患ですよ。

CDC. People Who Are at Higher Risk for Severe Illnessで、

慢性腎疾患 は重症化しやすいと答えています

基礎疾患

コロナ関係で基礎疾患はありますか?って尋ねられることがあるが

自分が持ってる慢性的腎臓病気が基礎疾患にあたるのかよくわからなくて困っている

コロナ 基礎疾患」でググって出てくる重症リスクが高い基礎疾患、に該当しないのでないですって答えてるけど

一応こういう病気持ってますよって教えたほうがありがたいんかね

2020-04-04

コロナについて立ち止まって考えたい

そもそも、国も黙ってこの病気を黙認して、

今みたいに若者に影響の少ない(死者はいるけと)病気

他のインフルと同じような慢性的感染症として、はいはいあるある。と黙って今まで通り過ごすことは出来なかったのか。

自分収束を期待し、貢献するべく率先して窓を開けるように、働きかけてて黙って自粛に従ってるポジションです

それと同時に上で書いた通り、

これを放置していても良かったのではないか

これほど経済ダメージ与えずに過ごせたのではないか。 

オリンピックも開催されて、予定通りの春を過ごせたのではないか

教えて偉い人

anond:20200404112702

自民党政権が続く限りは徴兵制はできないよ。

徴兵制度を作るということは、自分たちの支持者の子や孫を軍隊に行かせますと言ってるようなもんだから、支持者からの反発を何よりも恐れる自民党議員絶対に言い出さない。

あと、慢性的人手不足と、新型肺炎外国人労働者調達が困難になってる経済界手段を問わず抵抗してくる。

2020-04-03

anond:20200403193232

単なる差別主義であることの自己紹介乙

そもそも慢性的貧困者は、今回の騒動で崖から落ちる手前にまで追い詰められてるわけで、無関係でなんてあり得ない

anond:20200403193008

金の使い方を知らないから彼らは貧困だし、そんな人達に金を与えても意味がないのだよ

目下の急激な困窮と慢性的貧困は原因が違うのに同じ対処をするのは景気浮揚の側面が強すぎて筋が悪い

2020-03-29

こんな時に妊婦やってらんねーよ

免疫力は落ちる、肺が圧迫されて鬱血もしやすくなって肺炎になりやすくなる

万一コロナに罹れば母子ともに死ぬ恐怖に冷や冷やしながら毎日を過ごす

コロナ感染しなくても悪阻頭痛腹痛下痢便秘マイナートラブル

かと言って平時みたいにぱっと病院行くこともできない

終わっても慢性的に体力落ちてちょっと動けば動悸息切れ

こちとら現状妊婦だけど妊娠数増えるとか希望的観測も大概にしろ

2020-03-27

楽園こちら側」の「事実に誠意を」をほぼdeepLで翻訳してみた その2

その1https://anond.hatelabo.jp/20200327214055

12 Dr. Hiroshi Nishiura is one of the few professionals of mathematical models of infectious diseases in Japan, and it is well known that his ability is outstanding. However, many people don't understand mathematical models themselves (I must confess that I can't say that I understand all of the findings because I'm not a professional of mathematical models either), so his findings and comments are easily deified. Because the contents of the mathematical model are a complete black box to many people, it makes it seem like the oracle is coming out like a shrine's oracle. Much of Japan's infection control policy relies on the Nishiura theory. So there is nothing wrong with that, but one of the problems in Japan is that there is no plan B in case plan A goes bust. Dr. Nishiura is an excellent scholar. It is not God. Hence the need to have that Plan B with the possibility of making a mistake. I am greatly concerned that bureaucrats and politicians who are prone to infallibilism will mistake science for an oracle. It is only when falsifiability is assured that science can continue to be scientific.

感想おみくじ神託が同じoracleだったので変な文章になったが直していない。

13 数理モデル演繹法活用産物である演繹法帰納法アブダクションで補完するのが、学問の基本であり、臨床医学常識である演繹法的にどんなに正しく見えても実はそれは違っていた、ということはこの業界ではよくあることなのだ。ヘーゲルマルクスのような巨大な知性でも演繹法オンリーでは間違うのである

Mathematical models are the product of deductive methods. The deductive method is complemented by the inductive or abduction method, which is the basis of scholarship and the common sense of clinical medicine. It's a common occurrence in this industry that no matter how deducibly correct it may seem, it's actually not true. Even a huge intellect like Hegel or Marx can make a mistake by deduction alone.

感想:「蓋を開けてみれば」を「実はそれは」に変更した。

14 モデルを使うな、といっているのでは決してない。ぼく自身モデルを用いて論文を書く。しかし、モデル無謬ではなく、そこには前提である仮定があり、仮定はしばしば間違っている。グラム染色活用するとは、グラム染色にできないこと、分からないことを知悉していることであり、グラム染色万能論者にグラム染色は使えない。同じことだ。英国でも数理モデル活用されているが、だからこそ英国人はその結語には非常に懐疑的で、常に反論異論が起きている。健全科学的な態度である

 I'm not saying don't use the model at all. I myself write a paper using a model. However, the model is not infallible, there are assumptions that are assumptions, and the assumptions are often wrong. Making use of Gram's stain means having full knowledge of what Gram's stain cannot do and does not understand, and Gram's stain cannot be used by Gram's stain universalists. It's the same thing. Mathematical models are also utilized in the UK, which is why Brits are very sceptical of their conclusions, and there are always counter-arguments and objections. It is a sound and scientific attitude.

感想:「前提たる仮定」がうまく訳せていなかったので「前提である仮定」にしたが、assumptions that are assumptionsになってしまった。

英国人は」がないと主語がIになってしまったので追加した。しかBritsじゃ意味違うよ。もっと正しく訳してくれない?

15 Japan's "now" is a well-controlled state of infection, which is much better than Wuhan at its worst, or Italy, Spain, France, England, or New York at the present time. The problem is that it doesn't guarantee that it will "always work".

感想特にない。便利だなあ。

16 懸念されるのは東京だ。感染報告が増えたことだけが問題なのではない。クラスター形成できない、トレースできない感染者が増えているのが問題である。そして、その陽性患者数に比べて検査数がずっと少ない。47人の感染者を捕捉するために100人未満(陽性者の検査日が不明だが、おそらくこのへんだろう)しか検査していないのは少なすぎる。

It is Tokyo that is of concern. The increase in reports of infection is not the only problem. The problem is that more and more infected people are unable to form clusters and cannot be traced. And the number of tests is much lower than that number of positive cases; it's too little that they only tested less than 100 people (the date of testing for the positives is unknown, but it's probably around here) to capture 47 infected people.

Again, it's not necessary to figure out all the infected people. However, it is troubling that the flow of infection, movement and clusters are out of sight. Therefore, the threshold for testing must be lowered in Tokyo. The threshold for testing varies with the circumstances. That's what I explained with the Korean example. Sticking to the Ministry of Health, Labour and Welfare's "standards" will lead to a misunderstanding of the phenomenon itself. Already in the Kansai region, infected people have been found with taste and smell abnormalities, and clusters have been detected from there. I would like to make more use of the athletic sensibilities of these clinicians. I'm not sure "where" in Tokyo is the barrier to lowering the number of inspections, but that barrier needs to be removed immediately.

感想:「捕捉するのに」を「捕捉するために」に変更した。多分これでいいと思う。思いたい。

アスチュートathleticになっているのはどう反応したらいいかからない。

17 This conceptual diagram that everyone is looking at - lowering the peak of the infection and shifting it to the side. This is all a product of deduction, and I don't know if it's really true. As mentioned above, the UK estimates already suggest that this is not enough. It is possible that the damage that was shifted to the side could simply be "extra-long damage".

感想特に言うことはない。便利だなあ。

18  そして、ここが肝心なのだが、ピークを下げるという理念が、「ピークを下げなければいけない」という観念になり、「ピークは下がっているはずだ」という確信になり、「ピークは起きていないんだ」という自己暗示に転じてはいけないということだ。プランAに固執する日本あるあるの失敗のパターンで、ダイヤモンドプリンセスでは「二次感染が起きてはいけない」が「起きているはずがない」に転じてノーガード下船を許してしまった。「ピークが起きてはいけない」が「ピークなんて見たくない」にならないように現実を見据える必要がある。たとえ、それが我々の見たくない不都合な真実であったとしても。

And this is the key point: the idea of lowering the peak should not become the notion that the peak must be lowered, or the belief that the peak must be lowered, or the self-implication that the peak is not happening. In a pattern of Japanese failure to stick to Plan A, Diamond Princess allowed no-guard disembarkation by changing "secondary infection should not occur" to "it can't have happened". We need to keep our eyes on reality so that "peak shouldn't happen" doesn't become "I don't want to see a peak. Even if it is an inconvenient truth that we don't want to see.

感想:mustが違う文脈で二回出てきている。よくわかるように変更したいものだ。

カギカッコがないとうまく訳せなかったので追加しているが、なぜかカッコ閉じるがいくつか抜けている。この箇所以外にも抜けがある。

19 Repeatedly. It's common knowledge in this industry that deductive methods are complemented by inductive methods. Nevertheless, PCR is often false-negative and has little power to determine the status of infection. That's why "testing everything" is so wrong. However, a serum test measuring immunoglobulin IgM and IgG would provide a more accurate picture of the "status of infection in the population. This, however, is not infallible. It is difficult to use for individual cases because it misses early infection, which is why it misses early HIV infection.Whether antibody testing is useful in individual cases remains to be tested, but it is well suited for epidemiological studies on a population basis. Roughly speaking, we can confirm whether the "infection is rampant" in Tokyo right now, or whether it's just an unfounded fear.

前例としては、ロンドンの血清検査で09年パンデミックインフルエンザが従来予測10倍起きていたことが血清検査でわかっている。抗体検査アウトブレイクのあとで事後的に行うことが多いが、慢性的パンデミックになりつつあるCOVID-19については、「今」こそが検証ポイントといって良い。

As a precedent, serology tests in London showed that the 2009 pandemic flu was 10 times more likely than previously predicted. Antibody testing is often performed after an outbreak, but now is a good time to examine COVID-19, which is becoming a chronic pandemic.

感想:「前例はあって」を「前例としては」に変えた。「前例はある。なおかつロンドンで〜10倍起きていた」になってしまたからだ。

20 英国さらアグレッシブだ。家庭で抗体検査を行い、「感染である」とわかればそれを自宅での自己隔離根拠に使おうというのだ。ロックダウンが起きている中で、検査陰性は「自己隔離不要」を意味しないため、その戦略に欠陥はある。が、考え方としては「感染全体を抑え込みたい」というもので、検討価値はあると思う。

The UK is even more aggressive. The idea is to test for antibodies at home, and if they are found to be infected, they will use it as a basis for self-isolation at home. That strategy is flawed because with the lockdown in place, a negative test does not mean "no self-sequestration". However, the idea is that we want to control the infection as a whole, and I think it is worth considering.

感想:「戦略に穴はある」を「戦略に欠陥はある」に変えた。

21 東京でどのくらいの感染が起きているか帰納法確認必要であり、有用だ。その結果がどうなるかは預言者ではないぼくには分からない。が、どんな結果が出てきても、それを受け入れ、場合によっては自説を変えて、プランBに移行することにも躊躇しない態度が科学者には必要だ。科学者は、首尾一貫していないことにかけて、首尾一貫していなければならないのだ。形式においては首尾一貫していなくても、プリンシプルプロフェッショナリズムにおいて一貫しなければならないのだ。事実に誠意を。 

Inductive legal confirmation of how many infections are occurring in Tokyo is necessary and useful. I'm not a prophet, so I don't know what the outcome will be.However, no matter what the outcome, scientists need to accept it and not hesitate to change their thesis and move on to Plan B in some cases. Scientists have to be coherent in their inconsistencies.They may not be coherent in form, but they must be coherent in principles and professionalism. Good faith in the facts. 

感想:首尾一貫という言葉を使いすぎて文章をアホっぽくしてしまったが他にいい方法が思いつかない。朝三暮四理解してくれなかった。「自説を曲げ」は「自説を変えて」に変更した。

文章はもう少し整形できると思うがとりあえずこれで。

岩田健太郎先生とDeepLに敬意を。

2020-03-25

うちの親が明日入院して手術する

緊急の手術でなく慢性的な症状の昨年末から予定されていた手術で、予定通り入院となったらしい

都道府県別の感染者数でトップ3に入る自治体でのことなので予定通りの入院なのに正直驚いた

とりあえず日本医療システム関係者不断努力により今現在も維持できているっぽい

不安を煽る言説に乗せられないようにしたい

2020-03-07

コロナ失業してしま自殺してしまいそうです、助けて

正確に言うと3月末で契約打ち切りで寮も出ていかなければなりません。

今年1月から製造業金属加工で契約社員で入りました、時給は1500円。

ここで数年間働いて貯金しようと思っていた矢先、コロナウイルス流行、私の働いている会社中国から部品の輸入が滞り、また取引先も大幅に減産するということで契約社員と派遣を中心に人員整理が始まります

入った当初は仕事も忙しく、慢性的人手不足だったのでここで何年かは働けると思いましたがこの始末です。

人生設計が狂いそうです、実は消費者金融奨学金に200万円借金があり一発発起して高時給寮付きで仕事をしようと思っていたところにこれです。

この借金別にギャンブルとかではなく公務員試験宅浪をしておりその間の生活費として充てていました。結局は面接落ち不合格でしたが。

実家はありますが両親とかなり仲が悪く帰れないです。貯金50万円、借金200万円、どうしてイイのかわかりません。雇用保険受給資格がないです。

最悪ホームレスになるのかなと思うと不安です。人生こんなはずじゃなかったのに…

から希死念慮がありましたけどここ最近自殺願望やばいです。

そもそも新型コロナって死亡率0.7%でしょ?なんかマスコミなんかがエボラウイルス並みの死の病みたいな報道しているせいで私みたいにクビになる人が出てくるんですよ?これは報道のあり方としてどうなんですか?

ただただネガティブ報道をして視聴者を極端に不安に陥れるのは良くないと思いますがね?

コロナ死ぬ人よりそれに伴う自粛風評被害失業就職難→経済苦→自殺のほうが多いと思いますよ、報道されないだけで。

マスコミの方や政府の人はコロナときじゃ失業なんてありえない話なんでしょうけど。

俺は恨みますよ、テレビ新聞ネット媒体、そしてWHO

2020-03-03

anond:20200303013511

まさか飲み過ぎてません?普通に咳止めとして使っておられるなら杞憂ですね💦

、薬物によって日常的に脳を刺激していると、脳が形態学的な変化を起こし、通常の量のドーパミンでは機能しなくなる。結果は、慢性的な虚脱状態社会生活は無理だ。ここまで事態が進行すると、薬をやめても健康状態に戻ることはない。

https://dot.asahi.com/dot/2017050200075.html

2020-02-23

予算法的根拠も人手もない

現在厚生省無能だ、何を考えている、とバッシングするのが流行っているが、実際にはよくやってると思う。

ただしそれには絶対条件が付く。

予算も、法的根拠も、人手もない中で」よく頑張っているということだ。

実際こういう状況で取られる手段は限られている。

そもそも国家公務員に限らず、平常時の時点で公務員バリバリと削り続けてきた上に、予算もろくについてない、法的根拠も少ないという中で、取りえることは限られている。

毎日平時ですでに、労働基準法無視の勤務体系で働いている公務員が、いざ有事になれば、破綻するということは誰もが指摘してきた。

あれほど、公務員の人数を増やし、いざという時に備えないと破綻するといわれてきたのに、結局、東日本大震災後、給料は減らして人員は増やさなかった。

無能無能だと連呼するのはいいが、そこには予算法的根拠も人手も足りていない慢性的官僚公務員いじめがあったことを無視して言うのはフェアではない。

検査するにも人手がいるし、防疫を行うにも人手がいる。

専門的な知識を身に着けようにも2年で担当を変えられる現在の人事ではなかなか育たない。

官僚無能というか、危機に弱くしているのは、日本人公務員しばきが長すぎたかなのだが、せめて人員危機管理部門では専門家育成のために確保すべきなのだが、危機が実際には無駄扱いして真っ先に削られる。

PCR検査しろしろ、と言われるが、あれは機械が高いうえに、やれる人間も限られている。

じゃあ「なんで検査できる人間機械を大量に用意しなかったんだ?」って話でしょ?

しろ率先して削っておいて、いざという時に「どうしてできないんだ」ってそりゃ予算人員を削ったからに決まってるじゃん。

危機管理の時には結局人間予算ものをいう。

人と予算が少ないからできません、ということがたくさんあるということをすぐに忘れる。

anond:20200223042916

役人がふだんから慢性的に過労状態なんだろ。

忙しすぎると机の上片付ける時間もなくて書類でグチャグチャになって能率落ちる悪循環なったりするじゃん。

そこにさらに緊急を要するドデカ仕事舞い込んでみろよ。アタシもうわかんない~ってなるだろ。

アホ向けの注意書、机とか書類とかは例えで言ってるんだからな。

かねてから厚労省システム自体が「整理する暇もないグチャグチャの机」状態なんだろきっと

2020-02-22

anond:20200222013951

そこはもう一歩踏み込める。

精神だって肉体だよ。慢性的不安だとか、知らない男の性への嫌悪だとかは、弱さが原因ではなくて、そういう風に肉体ができてるから起きる。正常な男が勃起するのと同じように、正常な女は不安になるよ。

これは筋力が強くても大して変わらん。ガリガリの男を前にしても不安になるさ。

 

そうだったら、男で言ったら勃起に相当するような不可避の精神状態を、どれほど制度的に特別視すんのかってことになる。

いや重い荷物ぐらいはこっちでもつけれど、他に何を求めるのか?

女性不安は肉体的な物ってとこから始めよう

フェミ話題見ると色々あるんだけどさ。

まず男女の物理性差として「肉体的に暴力に弱い」「妊娠機能のため性暴力には特に弱い」っていう傾向があるのは多くの人が同意してくれると思う。

そこはもう認めざるを得ないだろ。

その上で、そういう暴力への弱さは慢性的不安や恐怖に繋がりやすいと言えそうだが、そこに社会補填をする方法はないのだろうか?

それとも補填などする必要ないのか? だとしたらなぜ?

2020-02-19

官僚無能であるので失敗するし現場に俺が行けば成功するという物語

必ず「危機」の際にはこういうラノベ主人公みたいな物語をこぞって語る。

特に報道である

東日本大震災の時には「無能無能」と政府罵倒し、実現不可能自分の考えた解決策をネットで叫んだり、テレビで主張する専門家が後を絶たなかった。

なぜすぐに中国人排除しなかったかと言えば、法律上そのようなことは非人道的であり重大な人権侵害なのでできないからだし、官僚がなぜ過労死ラインを超えて働いて対応しているかと言えば、官僚の数をケチって減らしていざというときに人手が足りないような体制の国を作ったからだ。

知り合いの霞が関官僚は、通常業務の時点で目いっぱいまで働いている。

まりこの時点で何かしらのトラブルが起きたら、破綻する。

しかし、官僚よりもうまくできると考える人は「官僚の数も予算も人手も足りてない状況」であることがわかっていない。

まり旧日本軍状態なのだ

人手と予算が足りていれば可能なことであっても、いざというときにうてない対策が山ほどある。

「なぜこんなことができないんだ? 無能官僚どもよ。俺に指揮権をよこせばたちどころに上手く行くぞ」

と有能なことをいう方々いらっしゃるが、その前提は「人間予算無尽蔵に使えること」が前提になっているケースが大半である

普段から人材の数も予算権限も足りてない状況なのに、いざ事件が起きると「官僚無能だ」とバッシングするのは簡単だが、それは旧日本軍と同じ愚を犯しているのだよね。

有能な指揮官ならば、まず官僚が「慢性的に数が足りないせいで、国会が始まると泊まり込むか深夜のタクシーに乗って帰る」という状況を改善しようと考えるはずだが、まずやり玉に挙げるのは、「現場がまずい。俺が行けば上手く行く」ということだけだ。

銀英伝でいえば、華麗な戦術ばかり夢見て、兵站を切られて死ぬタイプ

霞ヶ関退職者が多いそうだ。過労状態で働いてる人が多いのだからそうなりもしよう。

官僚無能物語は必ず出てくるが、

①やれる限りの精一杯をやっている

自分のほうが上手くやれると思っても、それは何らかの理由でできないケースが多い

サラリーマン金太郎のように土下座したり気に入らない人間をぶん殴ってよっしゃああああああ、みたいな成功譚を語るのは侮辱に等しい。

実際にはそう単純ではない。

俺が言うとおりやれば上手く行く、という話を聞くたびに「実際にやれば上手く行かないことだらけ」「なぜそうやらないのかと思ったら何らかの理由でできない」という想像力と敬意のない人なのだと思う。

東日本大震災でも官僚過労死ラインはるかに超えて働いてたけれど、それでも「無能だ」とバッシングされていた。でも、公務員を有能にするために人数を増やすとか、労働環境を整えるとか、そういうことを主張する人は稀。ただ、自分がやれば上手く行くという物語だけを語りたがる。

2020-01-29

anond:20200129081245

おれが幽霊を見た時は、焦りや圧迫感を強く感じてストレス過多の心理状況だった。

夜中にふと目が覚めたが、体が動かないいわゆる金縛り状態で、枕元に影があるように見えた。敵性や悪意は感じず、濃縮された恐怖感が実体化したように感じて、とても怖かった。

先に恐怖感が自分の中にあって、影のように見えた視覚信号幽霊と処理した感覚だった。

見えてから恐怖を感じた、もしくは恐怖感がなかったのであれば脳の処理系統がおれの時とは違うかもしれないけど、同じように臓器の誤作動である可能性は十分にあると思う。

性的ものであればお祓いのような対症療法でも予後がいいかもしれないけど、少しずつ深刻化する慢性的ものであれば脳の外科的な検査カウンセリング、服薬でないと改善できないと思う。

実害がなければ飼ってもいいとは思う。

追記: 勝手ながら体調を心配している。

2020-01-23

おいコラテメー鼻水、

ノドの奥へ落ちて来んなや!

我慢してても横隔膜がブルブルしたり、

「エヘン虫現象」でノドがイガイガしたり、

咳したくねーのに、出さなきゃしょーがねー状態なっちまって、会話も読書もできゃしねえ!!

(年いったオッサンになったら、何も病気してなくても、慢性的に喉の奥に痰が絡んで咳払いを日常的にするようになるんだそうな・・・ 悪かったな今年50歳でよ!)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん