「ダーマ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ダーマとは

2020-09-05

the flashシーズン1見た

この作品ヒーロー系。ヒーロー系の醍醐味といえば能力を持った敵とのアクションシーンなんだよね。ここを期待して見始めたんだけど、結構がっかりしたことがあった。現実世界にも通じるような正確な裏付けはしていなくても科学的な根拠で打ち勝つみたいなシーンは欲しいと思っている派なんだけど、フラッシュさんはだいたいの敵を根性で倒してしまうのだった。全体としては黒幕が喋りすぎるところがちょっと気になったが、全体的におもしろかった。あと、ヒロインはあまり可愛くないけどなぜかモテているという謎の文脈は未だに納得していない。それからサムネイルから出てくるスイパダーマンのパチモン感があるけどストーリーちゃんと考えられておりいい意味で裏切られた。

2020-07-10

絵師やV界隈って

そもそもアンダーマイニング関係なく、無言で絵を提出するだけでも勘ぐって攻撃する狂った人が多いから。

一切の期待なくのんびりやろうとしても5chにこちらを匂わせながら揶揄するレスを書き込まれたり。

ファボ後エアリプで描いた絵を嘘扱いされたりとかね。

こっちの絵が嘘だって思えるくらいあなたが下手なんでしょうと。

(実際これを言ってきたやつは骨折絵で下手だった)。

そんなこと言わせんなよ、こっちはひなびた気持ちでいたいだけなのに。

まあVはわからないけど似たようなことあるんだろうなあって。

2020-06-20

デカパイダーマ

六月十九日金曜日半月 オウルシャッハ記

今日一人のデカパイダーマンが死んだ。

36階の高層ビルからの落下死だ。

高層階にあったのはデカパイダーマンの自室。

デカパイダーマンは自室で何者かと揉み合いへし合い、まさぐりあったまま地面に落下したと言うのが検死結果だった。

彼女をずりネタにしていた我々ヒーローたちは彼女の死を悼んだ。

葬式の場でマスクの下のデカパイダーマンの素顔が晒された。

50絡みのブロンドの女だった。

近親者には子供もおり、仕事交流しかなかった我々は彼女の家庭的な面に驚いた。

デカパイダーマンはニューヨーク治安を守るヒーローだった。

そのデカパイから繰り出されるビンタ体当たり色仕掛けニューヨーク市民の股間を鷲掴みにし、ペプシホットドックプレス広告塔も務めて一斉を風靡した。

ファンへのサービスも厚く握手会デカパイ上映会、ファン感謝祭バスツアーなどサービス豊富で、言わば80年代を彩るデカパイだったのだ。

葬式に参列したオウルマンオウルシャッハ、フクロート製薬などのヒーローたちと思い出を語り合ったが、全員がデカパイダーマンは自分好意があったと言って聞かない。

デカパイから母乳を噴射する「デカパイダービーム・スラッシュ」を何度も浴びてきたミルク臭いであるところの我々にも、彼女について去来する様々な思いがあるようだった。

一点気になるのは、高層階からまさぐり合いながら落下した相手が落下後に事件現場から立ち去ったと言うことだ。並の人間にできることではない。

我々元ヒーロー現在隠居中だ。今後の警察捜査の進展を祈る。さらデカパイダーマン。安らかに眠れ。

2020-06-17

ダークウェブなかったのかよ

ダーマウェブはあるのに

2020-04-22

ダーマ

すっかり冷え込んだ国内市況。

ビジネスはかなり厳しい。自分大手にいて、比較的守られているほうだけど、

中小企業自営業大丈夫なんだろうか。実家自営業だけに心配になる。

年明け位から、いろいろ嫌になって転職活動を始めた。

現業がまあまあ忙しい(IT土方)ので、ゆるゆると活動してたら、あっという間に

市況が冷えて、転職ムードも一気に沈んだ。

自社の中途採用抑制っぷりをみると、他社も同じだろう。

いま、このタイミング転職活動を頑張るべきなのだろうか。

このタイミングを逃すと、もう転職意向も落ちちゃうかもしれない。

悩む。ひたすら悩む。

2019-09-09

ドラクエの2週目以降で必ず飽きてしま

1→マイラに着いたら

2→王女が復活したら

3→船を取ったら

4→2章が終わったら

5→結婚したら

6→ムドー撃破したら

7→ダーマ復活したら

何回やっても2週目以降はこの辺でもういいかってなる。

8,9は一周しかしてないのでいつかやりたい。11は未経験なので今度SWITCH版を買う予定。

ちなみにFFだと、

1→カヌーを取ったら(リッチは飛ばす)

2→大戦破壊したら

3→サロニア解放したら

4→バルバリシア撃破したら

5→カルナック城脱出したら

6→帝国の会食イベント終わったら

7→エアリスが死んだら

8→シュミ族の村に着いたら

9→ブルメシアの戦いが終わったら

10キノコ街道を過ぎたら

12は一周しかやってないし、13,15は未経験

してみると、子供の頃の楽しかった記憶を思い出すためにプレイしてる気がする。大きくなってから出たDQ8,9やFF12を再プレイしてないのは、そんなに楽しくなれなかったからなのかも。気持ち的にはどれも好きだったんですけどね。

積みゲーばかり増えていくの、嫌ですね。

2019-09-08

anond:20110702112922

リメイクダーマ編やっててつらすぎてこのエントリ見つけた

エース物理キーファが抜けた直後に呪文封印されるダーマ編でこれが長い長い

ドラクエシリーズで一番マゾいのここじゃないの

2019-08-22

anond:20190822133213

アベベストが飛散したり崩れたのに人や物が巻き込まれたら責任を問われる



『か、課長海岸沿いにアベベストの廃墟発見しました!』

『なに!?』

『どうしましょうか…』

『よし!ハンドクラッシャー装着!』

『だ、だめです、全く歯が立ちません…』

『ではやむを得ん、エダーマン出動!』

『エダーマン、出動!』

日本ブレイク政党

2019-03-03

アンダーマイニング

イラスト漫画画力をはじめとした実力が重要視されるので、そこが分からない限りどうともいえない。

2018-10-26

Googleドライブテキストファイル

Googleドライブに保存したテキストファイルスマホタブレットで開くと文字化けする原因が分かったのでメモとして残しておく。

Googleドライブ 文字化け」などで検索すると、文字コードUTF-8で保存すれば解決すると出てくる。

ところが自分環境ではこれだけでは文字化けが直らなかった。

検証したところ、BOMバイトオーダーマーク)を付けることで文字化けが解消した。

自分テキストエディタの「秀丸」を利用しているのだが、「秀丸」でエンコードの種類にUTF-8選択すると、デフォルトでは「BOMなし」になるため文字化けが発生していた。

そこでエンコードの種類を「UTF-8 BOMあり」にすることで解決した。

2018-09-21

肌にクレーターが出来たので治したい

いい方法はないだろうか?

原因は分からない。毛穴が広がった感ある。

眉間のところにできてしまった。

毛穴が見えているのが、さらに傷つき"」"みたいな逆L字にクレーターが出来た。

意外と深い。治したい。

パックとか試してみた。それで1ヶ月経っているけどダメなんだ。

ダーマローラーとか良いのだろうか?

2018-08-08

シリアスなシーンで、突如雰囲気の異なる音楽が流れてきて狂気を感じるシーン

って、何かある?

ex1: ボトムズで、レッドショルダーマーチが流れてくるところ

ex2: GANTZで、「あたーらしーいあーさがきたっ♪」のところ

2018-06-22

anond:20180621213626

「Arrivano I Marines」→「レッドショルダーマーチ」みたいな?

いやちょっと違うか…アレンジでもないし

2018-06-07

anond:20180607112745

たとえば増田くんが小学校いじめられていたときに「マッスー」と呼ばれていたとして

中学校になってからマッスーというあだ名には嫌な思い出があるのでダーマスと呼んでください」とアピールしたとして何の不思議があろう。

2018-05-07

ハメンジャー

☆印は実在するタイトル

2018-04-16

anond:20180415122507

ダーマローラーをちゃんとした方法で利用し

化粧水、その他保湿ちゃんとすりゃ良い。

(詳しくは医者相談

ニキビ跡だって消そうと思えば化粧で消えるし……。

(画像ちょっと見たくないので見てない)

2018-04-13

お前らは何時からマスダーになったの?

マスダーマスター

俺は1年前からかな。まだ新人レベルだ。

ブクマカマスター……ブクカマ?……ブックマークオカマ

2018-02-15

anond:20180215093226

横だけど、ダーマペン自宅で出来るのもあるらしいね(ググッた)

でもこれは怖いわ。数日は外に出れないだろうし、化粧すら出来んなんて。

anond:20180215005423

マジレスするけど美容皮膚科行け。つべこべ言わずダーマペンやれ。肌に成長因子入れるやつなんだが、とにかく少しずつだがニキビ跡ボコボコ月面クレーターが治っていくぞ

2017-12-13

フォースとともに

マスーダとともに

マスダーマスーダ

2017-09-15

[]ワンダーウーマンを見た

ワンダーウーマン」を見たので感想。と言うか考えたこととかのメモネタバレ気にしてないのでそういうの嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので、見た人向けだと思いますフェミの話とかも出てくるんでそういうの苦手な人も回避よろしくっす。

総評

まず最初に、「ワンダーウーマン」、個人的にはそんなに評価高くない。少なくとも世間で(特に欧米で)いうほど大絶賛、大感動をすることはできなかった。これは映画を見終わったあとのファーストインプレッション

しかしじゃあ評価低いのかというとそんなこともない。

「1800円という価格&2時間という投資に見合った体験できるのか?」という視点で自問したところ、その答えは「100点」なのだ。十分高評価だろう。いい加減な脳みそだなあ、オレ。とも思った。

なんでこんな評価のすれ違いが発生してしまたかというと、今年見たアメコミ映画の先行2本、すなわち「レゴバットマン ザ・ムービー」と「スパイダーマン:ホームカミング」の評価が高すぎた、というのが原因であるらしい。前出の基準で言うと、「レゴバットマン」も「スパイダーマン ホームカミング」も200点くらいの評価なので、「ワンダーウーマン」はタイミング的に損をしてしまったのかもしれない。これが「ドクター・ストレンジ」のあとだったら感激できてたのに。

無垢子供ダイアナ

PC的なディレクション――批判に対して自覚的で先手を打って内容を適正に作っていこう――は最近ハリウッド映画では多かれ少なかれあるのだと思うけれど、そういう制約(どういってもある種の制約ではあるだろう)を逆手に取って笑いやネタにしたり(デッドプールにおける「女性も男同様にブン殴ったほうが公平じゃない?」)、むしろそこに正面から踏み込んでえぐり出す(スパーダーマン:ホームカミングの敵役ヴァルチャーはいま注目されている「見捨てられた白人労働者」)のにくらべ、ワンダーウーマンのそれは踏み込みが浅くどうしても「そういうルールなので設置しました」感が出てしまっている。

おそらく「ワンダーウーマン」という作品――つまり女性戦場に出て戦うという作品を作るにあたって、制作側は、(フェミニズムを中心に)炎上可能性を覚悟して作ったのだと思う。だから、予め潰せる問題点は潰しておいた。

それは主人公ダイアナ人物設定にも反映されていて、彼女美女で、アマゾン族の王女で、めっちゃ強い。すごい跳躍力や筋力を持ってるし、噛み殺しの特殊能力を持つスーパーゴリラだ。だが多分そのままだと脳筋批判も巻き起こすだろうから、島で英才教育を受けてた設定になっている。作中でも数百の言語を操り、古典に詳しく、第一次世界大戦当時の最先端化学式を読み取るなど知能面でも卓越している。(第一次世界大戦当時の)女性からといって馬鹿ではないのだ!

しかし、だからこそというか、逆説的にというか、なんだかすごく残念な人物描写になってしまっている。

彼女世間から隔絶された島で育ったので無垢だ……という設定なので、物語終盤になるまで「人間は悪神アレス洗脳されているせいで地獄のような戦争をしているのだ。悪神アレスさえ倒せば人間正義と慈悲に立ち返り戦争は即座に終わる」と信じ込んでいる。ここは物語テーマなので、外せない重要な要素だ。

それはそうで、重要に間違いはないのだが、それってどうなのだろう。

言語というのは必ずその文化を含んでいる。外語を学んだことがある人ならわかると思うけれど、外語を学ぶというのはその言語を操る民族地域文化を学ぶということをニアリーイコールだ。文化歴史言語には含まれいるからで、そこに理解無くしては言語意味理解するなんてできない。ましてや古典まで学んだダイアナが、人間の持つ二面性や、善悪といった内面を「全く理解してない」なんてのはありうるんだろうか? いやまあそこが物語キーなわけだから理解していないということにしないといけないのはわかるのだが、そういう描写にしてしまったせいで作品は別のメッセージを持ってしまった。

すなわち「知識教育倫理人間についての理解の助けには全くならない。世界を良くするという意味では、教育は全く無意味である」というメッセージだ。多分これは随分うがった見方だろうし、制作側はそんなメッセージを発信するつもりはないだろう。けれど、物語上ここでねじれが生じているために、そう取られかねない「隙き」が生じてしまっている。批判される要素をなくそうと頑張っていた制作陣が、塞げなかった穴に見えてしまうのだ。こういうねじれが、どうも彼女をそこの浅い子供に見せてしまっている。

ワンダーウーマン」は「(邦画では珍しくもないが)戦う女性主人公」「女性監督した初めての大手スタジオによるスーパーヒーロー映画」という点で、フェミニズム界隈から賞賛を受けた。

けれど、個人的にはダイアナ女性ではないのだと思う。すくなくとも、フェミニズムが想定するような「解放されるべき女性」ではまだなくて、子供なのだ。まだ思春期すら迎えていないような子供で、世界に対して良く言えば無垢だし、シニカルに言えば無知無責任だ。

ダイアナに強い好感を覚えられなかったのがこの映画評価に加点が少ない理由だと、整理した今なら自覚できる。

善き大人スティーブ

多分、自分にとって不幸だったのはこの部分で、それは「ワンダーウーマン」を観るまえに「ウーマンリブ的な文脈フェミニスト絶賛」みたいな評価を知ってしまった点だ。「そういうつもり」で見てしまったせいで捻じれが目についてしまった。

しかし、見終わったあとに思い返してみると、魅力的な部分がいくつもある映画だ。その最大のものアメリカ外征軍大尉スティーブトレバである

彼はドイツ軍スパイした結果恐るべき毒ガス計画を知り、逃亡の最中に絶海の孤島アマゾン島に漂着し、主人公ダイアナを「外の世界」に連れ出す役目をする。無垢美女ダイアナエスコート役であり物語最終局面まで彼女を支えて導き続ける。

ぶっちゃけ、序盤はただのイケメン俳優だと思っていた。

いやイケメンなのは最終盤まで変わらないけど。

ヌードシーンがあったりもするので、女性向けの眼福要素も担当させられたイケメン俳優だと思っていたのだ。二回もイケメンって言ってしまったよ。

彼は優秀な軍人でありパイロットなのだが当然人間なので、スーパーヒーローで神の子であるダイアナに比べたら喧嘩においてはまったく弱い(軍人として適正に強くはあると思う)。おまけに非文明圏であるアマゾン島では虜囚に近い扱いも受けていたし、さらにいえば彼はアメリカ大尉であり、物語中盤の舞台イギリス(&イギリス議会イギリス軍)では大きな権力を持っているわけでもない。上司に対しては愛想笑いを浮かべたり、自分意見をひっこめたりもする。

物語中盤、未知の世界である外界に出たダイアナは完全にお上りさん状態であり、大都会ロンドンにおいて常識を知らないことから、スティーヴに迷惑をかける。それにたいしてスティーブはなだめたり、すかしたりしてダイアナに行動を抑制しようとする(そして失敗する)。スティーブダイアナに「外の世界常識や考え」を事細かに説明して理解を得ようとはせず、断念する。命の恩人ではあるし天下無双戦闘能力を持ってはいるけれど、「面倒くさい子供」でしかないダイアナに呆れているように見えることもある。

こうやって説明すると際立つけれど、スティーブイケメンが売りなだけのダイアナの介添に見えていた。

しかし、上映後に振り返ってみるとこの映画の中心はスティーブだと思う。

ド派手なCGバトルアクションとか、世間フェミ的な評価を全部取っ払って、個人的に「ワンダーウーマン」の感想を述べるならば、「ワンダーウーマンスティーブ映画なのだ

全般的人物内面描写が浅いきらいのあるこの映画だが、スティーブに関しては脚本俳優も素晴らしい仕事をしている。

彼は心の中にロールを持っている男だ。それは「善き男」であり「善き大人」であり、おそらくだけど「善きアメリカ人」であり「善き隣人」だ。彼はそういうふうに生きたいのだ。正しさや信念というよりも、自分の中に理想像ロールモデルがあると表現したほうがしっくりくるのがスティーブである

彼が軍に身を投じたのは、混迷続く世界情勢の中で、善きアメリカ人として社会奉仕しようとした時、そのモデル軍人だったかである。今の価値観で言えばもちろん異論はたくさんあるだろうけれど、その当時の常識で言えばそれは愛国心であったし、善き市民の善き行動だった。

ドイツ軍密偵した結果、彼は恐るべきマスタードガスの開発と、それが講和間近のイギリス軍へ向けられていることを知ってしまう。彼はこの情報を持ち帰るために命を捨てるような危険を犯す。それもまた、彼の中にある「それが善き男の行動」だからだ。

その過程ダイアナに命を救われ、彼女の「外の世界戦争を止めたい」という希望を叶えるためにも、一緒にイギリスまで情報を持ち帰ることにする。

しかし、イギリスにそれを報告したが、結果ははかばかしくない。講和が間近に迫ったイギリス軍は、ドイツ軍(の一部)に災厄的な行動があったとしても全面攻勢には移りたくない。スティーブ情報事実上握りつぶされる。

彼はここで彼自身の行動規範である「善き人」を曲げられる。軍の階級差という世俗権力構造のせいで、彼がすべきだと信じる行為を行うことができない。

講和のためとは言え、前線舞台マスタードガスの脅威の前に放り出してよいのか? 良いはずはないが、議会政府の決定に従うのも「善き国民」の義務ではあるのだ。

でも隣には精神的に子供ダイアナがいて「ねえなんでなんで? なんで正義しないの? まさかここでやめるわけ? 処す? 処そうか?」という視線で見てくる。彼は、その結果、軍の命令無視して、私費で(というかボランティアのつもりだった?)傭兵を雇い前線に向かう決意をする。彼は心の中にある「善き人」の指し示すところに従ったのだ。ダイアナあんまりにも無垢なので引っ込みがつかなくなったという側面があったにせよ。

前線に向かい、血みどろの後背地を抜けて塹壕にたどり着き、取り残された村をダイアナ神話的な能力にも助けられて開放して、ダイアナスティーブ関係は接近する。男女間の性愛的な意味での愛情もあったような描写だったけれど、個人的にはスティーブ父性も強く感じた。その父性というのは、子供しかないダイアナに「善き大人」を見せるというものだ。戦争なんて醜悪ものなのだけれど、それだけではないということ、世界には「善き隣人」の「善き努力」もあるということを示したかったように見えた。孤島から世界に連れ出した人間として、世界失望してほしくなかったのかもしれない。

終盤。マスタードガスの大量生産はすでに完了しており、その暴挙を止めるために一行は秘密基地に忍び込む。ダイアナはその中で、アレス化身だと思われるドイツ軍ルーデンドルフ総監を倒すことに成功する。ダイアナは「これで悪神アレス洗脳は溶けて戦争は終了する!」と歓喜するが、兵士たちは戦闘をやめない。殺戮の準備を辞めない兵士ダイアナパニック状態になる。ダイアナにとっては今まで信じてきた世界観が崩れ去った瞬間なのだ

そのダイアナに向かって、スティーブは今まで何度も説明しようとしてしきれなかったことを告げることになる。

それは「この戦争人間が開始して人間が拡大させたものなんだ。神はいない。僕たちの責任だ」ということだ。その告白はとても辛い。「善き男」として生きたかったスティーブは、まったく「善き男」ではなかった。戦争をしちゃってるのだから極悪人なのだしかし、スティーブは「この戦争は僕達の罪なのだ」ということを認める。なぜなら、戦争責任を誰かに転嫁するのは、戦争を始めるよりも更に恥ずべきことだからだ。「善き男」として彼は、世界の醜さの責任を取らなければいけないと決意する。

スティーブダイアナの間にあったものは多分とても複雑で、男女でもあったし、父と娘でもあったと思う。でもその一部には神と人間というものもあった。

彼女戦闘能力があまりにも隔絶してたかスティーブもその視点を持たざるを得なかったのだろう。

ダイアナの考えは「神が神の邪悪を振りまいたせいで人間迷惑をしている」から「神の使命を持つ私が人間を救う」というものなわけだけれど、スティーブはこれに「善き人間」としてノーを叩きつける。ダイアナの考えはある種のパターナリズムだが、スティーブの答えはそこからの脱却だった。

神々の戦いは神々であるアレスゼウスの娘ダイアナが決着をつけるだろうし、人間であるスティーブはそこには関与することができない。

しか人間の始めた戦争であり、人間の悪意であるマスタードガスは人間であるスティーブが止めなければならない。筋としてそれが正しい。

ダイアナ戦闘能力スティーブたちの状況を考え合わせると、彼らはここで戦闘放棄すれば逃げて安全に暮らすことは十分に可能だったように見える。その場合はもちろんマスタードガスで前線部隊凄惨なことになるのだけれど、倫理的に考えてスティーブが彼らを救う(その結果命を落とす)絶対的義務があったわけではない。戦争悲惨すべてを、個人であるスティーブが背負う必要はないからだ。

スティーブが命をかけた動機として、父(先行者)として娘(後続)に「この醜悪な外の世界にも善はあるのだ」という事を示したかったのか、人間として神に「あなただけにすべてを背負わせない。人間は弱いけれどそれでも自分たちのしでかした行為責任は取る」ということを示したかったのか、それとも男として女に「俺も戦う」といいたかったのか、それはわからない(そこが返ってスティーブという男のテーマとしてよかったと思う。彼の愛情には名前がつけられない)。

けれど、スティーブは「自分の戦い」として今まさに離陸していこうとする毒ガス満載の爆撃機を止めるために飛び出す。そして乗り込み、爆弾を抱えて、前線を救って、結果としてダイアナを残して死ぬ

こうやって思い直してみると、中盤、ロンドンの街で常識知らずにうろつくダイアナに手を焼いていたのも、「善き大人」として子育てに苦労してたんだなあ、と思える。

スティーブ大尉からおそらくエリートなんだろうけれど、まだ若いし、それ以前にすべての人間がそうであるように、不完全で未熟だ。しかしそうであるからこそ、彼には「こんな存在でありたい」という理想像があった。そして常にそうであろうと、努力していた。都会ではトラブルメーカーダイアナを「善き保護者」として(オロオロしつつも新米父親のように)導こうと思ってたし、最前線では「善き戦友」として肩を並べて戦った。戦火から救い出した村でチャーリーが歌ったときは「善き男」としてダイアナを熱っぽく見つめた。彼は最終的に、「惚れた美人との安全生活」よりも自らの役割を優先した。自分自身の信じる正しさに殉じた。それは「善き人間」として神の前に立った時、他の誰でもなく自分が、人間すべての代表として神に「人間の誠実」を見せるべきだと思ったからだ。

それは上野千鶴子あたりの言葉を借りると「男性の安っぽいヒロイズム」であり「戦争に興ずる幼児性」なのかもしれないけれど、物語としてみるとスティーブ人物描写はこの映画の中で一番複雑で深みがあった。魅力的だった。

そんなことを考えると、「ワンダーウーマン」はウーマンリブ的な価値観映画というよりも、男性的な価値観の、そして「神(あるいは超越的な力を持つスーパーヒーロー)の前に立った『善き人間』の覚悟と誠意」の映画だと思う。そして、そこがこの映画の美点だと思える。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん