「マヨネーズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マヨネーズとは

2019-02-12

押し売りサービス

増田諸氏において、飲食で遭遇、体験した話というのは一大トピックだと思うのだけど、今日飲食に関して色々各所に書かれているのが目に入る。たとえば、ランチタイムに飯食ってたら子連れ団体が入ってきて、これは一種テロだよな……とか、増田でも、ステーキ頼んだら時間が経っても持って来ず、出ようとしたら料金だけ取られた、とか……まあ色々ありますわな。

私もまあ色々遭遇することがあるわけだが、その中でも未だに理解し難いことがあったので、その話をここに書いておくことにする。

あれは確か、妻とクラシックコンサートに行った帰りのことだった。この地方クラシックコンサートによく使われるホールを出て、帰りのバスに乗る為にバスターミナルに向かって歩いていたときに、妻が言い出したのだ。

「おなかすいた。食べて行こう」

「ん。いいけど……何かあてはあるかね」

「たまには何処か飛び込みで入ってみない?」

と、そこにあったのが、某県の農水産品のアンテナショップみたいな体裁居酒屋だった。私はその県名を聞くと、炭火の上に置いた網で焼いた地鶏連想する。妻はキビナゴの一夜干しを連想したらしい。顔を見合わせ、黙ってそこに入ったのだった。

中は結構若い人が多かった。ちょっと着崩したような感じでそこのユニフォームらしき法被を着た、化粧の派手な若い女性がオーダーを取りに来る。とりあえず、二人の頭に浮かんだ地鶏キビナゴ、それに食事になりそうな品と酒を頼んだ。ほどなく品は来て、普通に食べながら時間を過ごしていたわけだ。

派手な女性食器を下げに来たので、地鶏の乗っていた鉄板を返し、返したことも忘れて妻と話をしていたとき、派手な女性が何か持って戻ってきた。ん、何も頼んでいないのだが。女性ドヤ顔で、

「これ、何だか分かりますかぁ?」

はぁ。さっきの鉄板の上に、半分黒くなった……米か。その上に刻んだ万能ネギ、そしてマヨネーズが縦横にかかっている。

「さっきの地鶏なんですけどぉ、美味しいのは脂なんですよねぇ」

はぁ。

「その脂で、リゾット作っちゃいましたぁ!はいお召し上がり下さぁい!」

……何、それ。そもそも私は夜は米、パンを食わない。酒を飲むのもあって、糖質制限という程でもないんだが、食べないことにしているのだ。しかも私はマヨラーではない。こんなマヨネーズが縦横にかかっているものを食べる趣味はない。そして何よりもまず、我々はそんなものは頼んでいない。メニューにもそんなものが出てくることは書かれていない。

私はそういう風に簡潔に話した後で、「なので要りません。さげて下さい」と断わった。派手な女性は、まるで異星人でも見るような目をして「えー、食べないんですかぁー?」と二言三言言った後で、それをぞんざいに持ち、下げていった。

飲むものを干して、妻と私は速攻で店を出た。こういうのは何よりも厭なのだ押し売りサービスってのはサービスでも何でもない。ただの押し売りだ。どうせそのコストは料金に入っているんだろう。ましてやそれはサービスじゃないんだよ。せっかくのコンサートの後の飯を台無しにされてしまった。せめてもの口直しに、二人分のプリンを買って帰り、家で茶を飲みながら食べつつ、あの店の話になった。

「あれは、何だったんだろうねえ」

分からんなあ……」

今も分からんのだな。これが。

2019-02-11

ぶっこみジャパニーズ文化的盗用

そのなんだ。

ぶっこみジャパニーズという悪趣味番組がある。

ニセの日本文化を本物の日本人が行って成敗すると言う番組だ。

番組前半で外国のSUSHIをさんさんバカにした後、正統派寿司職人マスクかぶって寿司技術凄さを見せつけるって、本当に悪趣味番組なんだけれど。

寿司なんて自由に食わせてやればいいじゃないか

サーモンマヨネーズかけようが、ウォッカぶっかけて燃やそうが、それはその国でローカライズした結果なんだから

日本だってカレーラーメンインド人中国人に吊るし上げられたら目も当てられない。

だけど、あの番組世界から見たらまだ良心的だったのかもしれない。

本物の寿司技術を教えてあげるという趣旨で、まだ「お前らは盗人だから廃業しろ」とは言わない。

現実もっとひどかった。

Cultural Appropriation(文化的盗用)の概念は、もう食べ物にまで及んでる。

米国人寿司修行をしたり、和食の店を出したりするだけで、リベラルから批難されるリスクを負うようになった。

アメリカ人ミュージシャンが指に感じの入れ墨をしただけで、文化的盗用だとの批難を浴びる。

和食に感動した欧米人日本和食料亭の門を叩いて弟子入りし、「いつか自分の国に和食を広めたい」など心温まる話だと思う。

しかし今や不道徳欲望として扱われる。

そこには当事者日本人意向などは入り込む余地すらない。

今の海外リベラルに比べれば、ぶっこみジャパニーズ寿司職人企画は、実はとっても良心的だったことがわかる。

どうしてこうなっちゃったかなあ。

なんで女は開いてる方から使わないのか?

はいはい主語目的語も大きいですよ。

×女 → ○うちの妻

×開いてる方 → ○開いてる方のマヨネーズ

ウンコ寿司

採れたてのウンコを贅沢に厚切りにして握った寿司。少し炙って焦げ目をつけると風味が豊かになる。マヨネーズや洋がらし、わさびなどどれでもお好きな食べ方でどうぞ。

連休の平日増田酢魔辻井へのウュ金玲(回文

おはようございます

ここ最近ハードだったので、

連休リフレッシュできちゃうから

やっぱり貴重なお休みの日は大事に使いたいわね!

と言いながらずっとテレビ見てたんじゃ

あっと言う間に1日終わっちゃうんで、

今日はお出かけして街をブラブラしてきたいと思います

なんたって、

楽しみにしてたヴァイオリンコンサートにも行くのよ!

もともと私が気付いたときはすでに時すでにお寿司で、

チケットソールドアウトだったんだけど、

キャンセル出たみたいで運よくゲッツーできたのよ。

ゲッツーって言っておきながら1枚なんだけど、

からちょっと行って聴いてくるわね。

そんでもって、

早めに出てとんかつ屋さんでトンカツキメて、

終わったらカレー屋さんでスパイシーカレーベリーホットもキメるつもり。

涙なくしては食べれないし、

もう本当に体中からルーシーが出るからヤバいわ。

そのぐらいそこのカレーは本当に辛いから涙と汗が出ちゃいまくるのよ。

耳も音楽を味わったら、

舌も美味しいものを堪能よ。

うふふ。


今日朝ご飯

玉子のせて軽くトースト焼いたエッグトーストよ。

マヨネーズで土手作ってそこに玉子のせるといいわよ!

エッグトーストでも、

マヨネーズで土手作る派と作らない派がいるので、

そう言う話もまた聞いてみたらこだわりがあって面白いわ。

デトックスウォーター

ポンカンを買ってみたので、

ポンカンウォーラーしました。

ミカンとは違うコクのある甘さに定評のあるポンカンなんだけど、

平たく言うと観ず煮晒すとどれもそんなに風味しか味わえない感じがするので、

半分はダイレクトに直接食べ方が美味しいわよ。

テレビ見ながらミカンむいて食べるのって

贅沢な時間の使いかたよねー。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-02-06

野菜嫌いをどうにかしたい。

どうにかしたいといっても好きになりたいとかじゃなく、

健康診断でいろいろとやばめなあれが内臓にどうこうなので、

健康のためにどうにかしたい。

なんでも食える人の中途半端対策意味ないし、

かといってミキサーでぐちょぐちょにして飲むのも違う。

スープかにしてみたがダメー。

個人的な好悪:

キャベツ→食える

ハクサイ→食える が白いとこ嫌い

ニンジン→食える が入ってるとイラッとする

ダイコン→食える でも旨くはないよね

ピーマン→食える が好んでは食わない

ナス→食える わりとこれはおk 栄養そんな無いらしいけど

タマネギ→食える 食感と臭みが嫌いなので生は×

ホウレンソウ→食える でも量はそんなに要らない

ネギ→んー 食えなくはないが市販のヤツってほんと臭いよね

ゴボウ→食える でも別に要らない

トマト→吐く 個人的絶滅しても構わない植物」筆頭 生がダメ酸味がダメ

ロッコリ→ふざけんな なにあの口の中占領するわけわかんない物体

キュウリ失笑 チャンバラごっこ相手に臭みをなすりつけるためになら使える

イモ系→野菜? 炭水化物は間に合っております

マメ系→野菜? 納豆はまあ食うがふつうの豆って別に旨くない

なおドレッシング基本的ダメ

どうやら酸味がことごとくダメなようで酢の物ダメ

昔はマヨネーズダメだった(今はまあまあおk

2019-02-03

https://anond.hatelabo.jp/20190203220437

シャンプーとか洗濯洗剤とかも、PB商品だとスーパーより安いくらいだよ。

中身は花王だったっけかな。

味噌とかマヨネーズとかもセブンプレミアムスーパーと同じ値段。

中身はハナマルキとキューピー

2019-02-02

マヨネーズ醤油ごはんがおいしいって聞くとするじゃん

でもいきなりマヨネーズ醤油ご飯を食べるんじゃなくて、先にマヨネーズごはん醤油ご飯を食べてみてからマヨネーズ醤油ご飯を食べたいよね

って例え話を何かに使いたい

2019-01-24

いからこそ可愛さが引き立つ

こびこびの萌えキャラを愛する日本人

 

生クリームを絞り袋から

 

マヨネーズを容器から ぢかに飲んでるようなもんなんだよなぁ

                            みつお®

2019-01-21

からあげくんをいっぱい食べたい

いっきに五種類くらい買って食べたい

今日は七味マヨネーズ味食べた

おいしかった~

異世界お好み焼き

1. キャベツを刻み、ボウルに水とだし汁、卵、キャベツ、それに小麦粉をふるい入れよく混ぜる

2. 油を引いてフライパンを熱し、1.を薄く広げる

3. 焼き色がついてきたら、2.の上にぶつ切りにした豚肉を乗せてひっくり返す

4. 蓋を乗せてしばらく蒸し焼きにする

5. 両面焼けたら皿に盛り、ソースマヨネーズを塗り、かつおぶし青のりふりかけ

6. 炊いておいた白米を皿によそい、お好み焼きと並べて完成!

2019-01-20

異世界から転生してきたので、俺の世界料理を紹介する

異世界から転生してきた。

俺は料理趣味だ。レパートリーを増やすために、異世界図書館レシピ本を読んでいたときのことだ。なんとなく手にとったそのレシピ本は、おかしなことに途中から空白のページが続いていた。なぜか途中から空白のページになっている、おかしいぞ、と思った瞬間に、本の中に吸い込まれるような感覚がして、気づいたらこ世界にいた。

それからはとにかく大変だった。俺の服装はどうもこの世界では変な格好と見られるらしく、街の人に喋りかけても9割の人に話も聞いてもらえずに逃げられた。なんとか話を聞いてもらえても、異世界から転生してきたなんて話を信じてくれるわけもなく(そりゃあそうだ)、9割の人に逃げられた。飲まず食わずで助けてくれる人を探し続けたところ、5日目でようやくまともに話を聞いてくれる人に出会えた。アパレル通販会社経営しているという中年の男だった。彼は、食事を御馳走してくれた上に、自社で取り扱っているという服を俺に与えてくれた(水玉模様モダンデザインの服で、とてもおしゃれだ。今でも勝負服として使っている。この世界は、俺のいた世界と違って良質な繊維が取れる植物があまり無いらしく、化学繊維工業がとても発展しているので、ああいったモダンデザインの服が存在するようだ)。さらに、当面の生活費として現金100万円も渡してくれた。転生したときに着ていたボロボロの服まで引き取ってくれた。俺の世界では、貨幣といえば銀貨銅貨しかなかったので、こんな紙切れ100枚ぽっちじゃ燃やして暖を取るくらいしか使いみちがないな、と思ったのは今では笑い話だ。1年くらい前のことなので彼は覚えていないかもしれないが、俺は本当にあの人に感謝している。

それから賃貸住宅を見つけ(俺の世界には住宅賃貸しするというシステムがなかったので、これにも大変驚いた) 仕事も見つけ、今ではやっとこの異世界を楽しむ余裕が出てきた。

この世界には異世界転生というジャンル小説漫画があるらしく、同じ異世界転生した境遇を持つ俺としては大変興味深かったので試しに何作品か読んでみた。どの作品も、主人公が元世界にあった知識技術を活かして異世界活躍するという内容だった(そこで描かれている異世界は、不思議なことに俺が居た世界の100年くらい前の姿とそれなりに似ていた)。しか現実小説のようにはうまく行かない。異世界転生して無双なんていうのは現実には無理だ。確かに俺の世界しかない科学技術もたくさんあるが、この世界とは根本的に物理法則が違うので、この世界じゃどう頑張っても再現できない。魔法相互作用と呼ばれる相互作用はこの世界には存在しないらしい。自然界に相互作用が4つしかないというのはなんとも不思議な感じがする。うちの世界には、魔法相互作用、つまり魔力を応用した便利な技術がたくさんある(魔力で水を活性化させてサビを取るとか)が、この世界には存在しないようだし、根本原理が存在しないので再現することもできないようだ。電磁気相互作用存在しない世界電池が作れないのと同じだ。

異世界生モノを読み慣れている人からすると「魔法を使って無双すればいいじゃん」と思うのかもしれないが、あいにく俺は元の世界ではただの商人だったから、魔法なんて使えない。魔法を使えるのは、特殊な訓練を受けた一部の人だけだ。君たちの殆どスマートフォン自動車設計できないのと同じだ。

したがって、俺はこの世界では、ときどき変なことを言う空気が読めないキモくて金がない若者としてひっそり生きて行かなければならない。もともと頭はよくないし、この世界教育を受けていないから、肉体労働身体をすり減らしながら薄給を得ることしかできない。実に虚しいことだ。虚しい気持ち異世界転生小説を読んでいると、マヨネーズと呼ばれる異常に美味しいとされる調味料を作って異世界人に尊敬される話があった(当時はマヨネーズという調味料存在を知らなかったので、急いでスーパーに行きマヨネーズを購入し、店先で味わった。異常においしかったためその場で1本飲み干してしまたことは言うまでもない)

そうだ、科学魔法ダメでも、俺には料理があるじゃないか料理を振る舞って尊敬されよう、と思った。でも、俺には料理振る舞う友達なんていないし、俺を雇ってくれる店なんてないし、開業資金なんてあるわけがない。そこで俺は、過酷肉体労働苛烈パワハラですり減っていく自尊心を補うために、ここで俺の世界料理を紹介して、君たちから称賛の声を浴びようと思う。全部家庭料理なのでとても簡単だ。この世界風の個人的アレンジが入っているものもあるが、ベースとしては俺の世界のものと大差ない。本当においしいのでぜひ試してほしい。

 

 

異世界お好み焼き(1人前)

鶏卵4個をとく。顆粒かつお出汁、なければめんつゆ鶏卵に入れてよく混ぜる。キャベツ4分の1を千切りにする。鶏卵の液にキャベツを入れて良く混ぜる。フライパン(俺の世界にはテフロンという物質が無いので、テフロン加工のフライパンを始めて使ったときは大変感動した。俺の世界フッ素化学がこの世界より100年遅れている。蛍石が魔力源として利用され枯渇してしまたことがその原因だ)にサラダ油をひいて、肉やエビなどの具を焼く。さらに先程のキャベツ鶏卵を混ぜたものを投入する。蓋をして中火で3~4分ほど焼く。完全に鶏卵に火を通さず、上の方の卵液すこし半熟なくらいが美味。裏返さずにそのまま皿に移し、お好み焼きソースマヨネーズをかける(俺の世界にはマヨネーズが無いのでソースだけで食べていたが、この世界に来てマヨネーズ存在を知ってからマヨ無しでは食べられなくなった)

この世界お好み焼きも美味だが、粉を計量して混ぜないといけないので手間だ。この料理鶏卵を溶いてキャベツを千切りするだけで作れるのでとても楽だし、なにより卵の風味やふわふわの食感が味わえて美味。

 

白菜ミルフィーユ異世界

この世界の、いわゆるミルフィーユ鍋を5時間くらい弱火で煮込む。ミルフィーユ鍋は水を入れないで作るレシピが多いが、このレシピ場合は煮込まないといけないので水は白菜が浸るまで入れる。白菜がとろとろになって美味いし、豚バラの甘みが引き立ってとろける美味しさだ。鰹出汁で味付けして七味を振って食べると今の時期最高。ミルフィーユ鍋と言っているがミルフィーユ形状にする意味はまったく無いので適当にかさねて入れれば良い。ガスコンロで5時間煮込むのは大変な手間だが、この世界にはシャトルシェフという便利な調理器具があるので活用しよう(俺の世界シャトルシェフはなかった 魔力レンジがあったので安全に煮込み料理が作れた)

 

マカロニグラタン異世界

少なめの湯でマカロニを茹でる(塩は入れない)。茹でてる途中でビーフシチューのルウを適量入れる。ルウが溶けてマカロニが茹だったら、上にシュレッドチーズをたくさん乗せる。チーズがとけたらコショウをかけて出来上がり。簡単に作れてメチャクチャ美味い。(俺の世界にはビーフシチューのルウが存在しないので、ビーフシチューを作った次の日に作るごちそう料理だったが、この世界ではルウを使って簡単に安く作れるのでとても嬉しい。、異世界転生してよかったと思える数少ない点だ)

 

海苔白菜サラダ異世界

生の白菜を千切りにする(繊維に対して垂直に切る)。海苔を細かくちぎる。白菜海苔を混ぜ合わせて、ごま油醤油(あるいはめんつゆ)をたっぷりかける。お好みでゴマをかけても良い(この世界ではあまり白菜を生で食べないらしいが、とても美味しいのでぜひ試してほしい)

 

・薄めコーラ異世界

コーラを水で2倍から5倍程度に薄める。この世界では、食事中にコーラを飲む人は味覚音痴だなんて言われがちだが、水で薄めると食事にもよく合うようになる。炭酸の刺激や甘さが抑えられて、コーラ本来スパイスの味がよくわかるようになる。お茶感覚で飲めるのでおすすめだが、休憩室でコーラを薄めているとクソ上司に哀れみの目で見られてムカつく。(この世界にはコカコーラペプシコーラしかないようだが、俺の世界ではラスコーラというのが主流だった。この世界でもラスコーラ売ってないだろうか。コカペプシを飲むと、微妙違和感があってマジで元の世界に帰りたくなる。水で薄めると違和感も薄まって飲みやすくなるのは俺にとって意外なメリットだ)

 

 

いかがでしたか

2019-01-17

ザーサイピーマンの千切りとしめじを酒と醤油ガラスープで炒めて、マヨネーズでぱっぱか炒めた卵を混ぜるとうまい。もりもり。

anond:20190117092541

なんとなく言いたいことはわかる

ワンピース読んで唐揚げマヨネーズつけて食って金麦飲んでそうな感じを言ってるんだよね

2019-01-14

ベトナム屋台卵焼き

1.油揚げフライパンで両面焦げ目がつくまで焼く

この料理には薄い厚揚げっぽいやつの方が合う

2.卵を2個割り入れ、適当にほぐし、あればナンプラー、なければ醤油鶏ガラスープの素を少量加える

3.ひっくり返して両面を焼く 風味付けに油を少し入れ、両面がこんがり焼けたら皿に移す

※ここでしっかり火を通すのが現地風に仕上げるコツ

4.黒胡椒マヨネーズスイートチリソースをかける あればパクチーとかネギとかかけると尚よし

5.完成 完全に軽いビールに合う

ちなみにベトナムへは行ったことがない

2019-01-12

スナップえんどう大好き

ただ茹でただけで何もつけなくても、いくらでもポリポリ食べちゃう

マヨネーズ付けてもいいし、おひたしにしてもいいし、サラダスープに入れてもいいし

サンドに混ぜたりしたのもおいしい

茹でる前に筋を取るのも、実はちょっと好き

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん