「マヨネーズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マヨネーズとは

2017-11-18

お腹すいた

お好み焼きが食べたい。

ベーコンとたくあんの入った、ぺらぺらに焼いたお好み焼きが食べたい。

ソースマヨネーズを箸でかき混ぜて、一口ずつちびちび切り分けて食べたい。

箸にくっついた鰹節を歯でこそぎながら、湯のみに日本酒どくどく注いで飲みたい。

ごまの入ったいなり寿司も食べたい。

噛みつくと冷えた煮汁がじゅわじゅわ滲み出る、甘いいなり寿司が食べたい。

焦げ目のついたしょっぱいピーマンに、黒胡椒をガリガリ振りかけてかじりたい。

パックの中で衣がべったり冷たくなってる、紅しょうがと鶏肉天ぷらも塩につけて食べたい。

ギザギザポテトチップスを、ばりばり噛み砕いてお酒で流し込みたい。

2017-11-17

カロリー半減マヨネーズもどき

使用半月くらい経った

2017-11-16

お腹すいた

ナス浅漬けをきゅきゅっと鳴らしながらご飯を食べたい。

焼き鮭をちびちびほぐして、カリカリの皮まで残さず食べたい。

二日目のおでんの黒くなった卵が食べたい。

ぱさぱさした黄身に辛子を付けて食べたい。

残った白身でつゆをすくって啜りながら食べたい。

水で戻した乾燥わかめポン酢醤油をひたひたかけて、ご飯に載っけて食べたい。

刻みネギをどっさり入れた濃い赤だしの味噌汁の、分厚い人参豆腐を食べたい。

ご飯を茶碗に山盛りよそって、他には何も考えずにニンニク味噌漬けをぼりぼり食べたい。

酸っぱくなったキムチマヨネーズで和えて、塩をきかせたおむすびの具にして二つも三つも食べたい。

2017-11-08

昼ごはん

大豆ミートタンドリーチキン

ブロッコリーマヨ

*したけチーズ醤油焼き

カロリー80%カットマヨネーズ、卵の白身っぽい味が強く出てる

大豆ミート触感だけなら肉、やや大豆のにおいが気になる

初回タンドリーチキン風は失敗

組み合わせが悪い

タンダート唐揚げにするべきだった

でもまあまあ食べられる……

大豆ミートチーズと相性良さそう

しいたけチーズ醤油焼きと合わせて食べたらうまい

次は唐揚げにしてみるか

2017-11-02

エビ食べたい、スシローシュリンプカクテルやめてもうたん?

新鮮なエビを🍤

茹でただけのエビでいい🍤

そのエビマヨネーズを付けて食べたい🍤

わんさか食べたい🍤

新宿あたりで安くて、

たくさん新鮮で美味しい🍤エビ🍤食べれる場所あったら教えてください。

2017-11-01

カロリー半分マヨネーズ

なるほど

  • 油そのものではなく油をうまく混ぜた水で作る

ことで「舌に触れる表面は油なのだがその中身は水」というシロモノにしてるのだな

これなら舌触りは油の満足だけど腹の中に入ったら大部分が水ということになる

通常のマヨネーズ原材料表示がほぼ同じで「???」だったんだが腑に落ちた

水は原材料に書かなくてもいいからな…

実際は「水、食用油脂、卵、食塩醸造酢、…」なのだろう

2017-10-29

予告で叫ぶ邦画淡々と記録するよ

ちょっと微妙なのもあるけど

花火」                   「お前に神谷さんの何がわかんねん!」

先生! 、、、好きになってもいいですか?」 「好きになっちゃいけない人なんていないよ」

あさひなぐ」                「こんなの意味ないって!」白石「ぶちのめしてやります!」西野

亜人」                   バトルシーン

三度目の殺人」               「教えてくれよ!」福山 

散歩する侵略者」              長谷川博巳がアジる

ユーフォニウム」              「先輩のユーフォが好きです!」

アウトレイジ」                 あり

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇」あり

ユリゴコロ」                「教えてくれ!」松坂

弱虫ペダルregeneration」          走るシーン

「恋とウソ」                  「関係ないわけないだろ!」

ラストレシピ」                「だましてたんだな!」西島

ミックス」                  複数

ゴジラ怪獣惑星」               「俺は!お前を!」

泥棒役者」                  「君は逃げてるんだよ!」市村

「南瓜とマヨネーズ」              「稼いでこないとしょうがないでしょ!」臼田

氷菓」                    なし

覆面系ノイズ」                なし(エモいシーンは熱唱している)

「鋼の錬金術」                 「アルーーーーー!」山田涼介

「光」                     「ゆき兄!」他

探偵はBARにいる」              「なんでそういうやり方しかできねぇんだよ!」大泉洋

鎌倉物語」                  「連れ去られてしまったんだぞ!どうしてくれる!」堺雅人

仮面ライダー平成ジェネレーションFINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー」「ふざけrrrるなぁ!」

2017-10-27

たらこポテトサラダはうますぎではないか

最近コンビニでよく見かけてうまそうだなーと思ってたんだけど

今日思い立って作ってみた

じゃがいも二個をレンジでチンして片方よく潰す

冷凍庫に残ってたたらこと買ってきた明太チューブを入れてマヨネーズ適量で和える

なめらかになったらもう片方のジャガイモを軽く崩して

形を残したままよく和える

それだけなんだけどやばいうまい

ますぎてウソでしょって思った

ちゃんと時間かけて作ったモノもあったんだけどたらこポテサラが一番おいちかった

やってらんねえわ

最高だよ

大人になって味覚が変化した

炭酸ジュース系がダメになった

三ツ矢サイダーとかファンタとかは薬の味がする

子供のころはおいしく飲んでいたのにな

あとカツ丼が重くて一杯の半分も食べられなくなった

逆に大人になっておいしくなったのはコーヒー山芋ピーマンマヨネーズ

2017-10-25

すべてを解決するたらこバターたらこマヨネーズたらこは明太でも良いこととする)

ごはんでもよし麺でもよし、パンにも合う

すごいなーすごいなーたらこってすごいなー!

もっと日持ちすればいいのに

冷凍に入れるようにしてるけどまどろっこしい

日持ちするように改良されたたらこをでっかい壺にたっぷり入れて売ってほしい

それを毎食すくって食べたい

2017-10-22

anond:20171022202616

「100円のカップ焼きそばマヨネーズをかけるとめちゃうまい!3000円の価値はある!」って言ってるようなもんで

最初からジャンクな素材をジャンクな味にする方向にしか進んでないからマジも何もない

ただ自分好みの味に変えて聴くのは別に悪いことじゃないし、高級オーディオ並みとか意味不明なこと言わない限りは好きにやれば?と思う

ハムときゅうりにドレッシングかけてビールつまみにしてたけど、ちょっとマヨネーズかけてみたら、「んほおおおおお!」って言っちゃうくらいうまかった。ああ、幸せってこういうことなんだなあって思った。

2017-10-17

anond:20171017154659

の子が今はまってるお気に入りワードみたいで、合うかどうも確かめずに何にでもマヨネーズみたいにかけまくってる状態

特に意味はないか無視しといて

2017-10-16

貧乏でも自炊メシウマを目指すコツ

 私はかつて貧乏の中、月の食費1万円で自炊をしてきた。その時の私は間違いなくメシマズだった。

 しかし今、普通に食費を使えるようになり、料理の腕が向上したのだけれど、その経験で見えてきた貧乏メシマズになりやすい原因と、それを踏まえての貧乏でもメシウマを目指せるコツを述べていきたい。

 ただ、なるべくお金をかけずにメシウマを目指すが、どうしても必要経費は出てくる。そこを超えてでも美味しいご飯を食べたい人だけ先を読んでほしい。

貧乏メシマズになりやすい原因

 まず、レシピを見て料理が作れない。なぜなら、貧乏レシピのために食材を買い揃えるのではなく、買える食材しか買えないからだ。だから市販レシピ要求される食材が揃っていることはまずない。なので、適当食材適当料理を作ることしかできないのが、メシマズの一番の原因である

 そして適当しか料理を作らないので、調味料が揃っていない。というか、調味料の大切さがわかっていない。だから調味料を買わない。高いし。なので、キャベツと玉ねぎを塩コショウで炒めるだけのような料理しかしない。そこに料理酒を小さじ1杯加えるだけではるかに食える炒め物ができるというのに。

 この2点が何よりのメシマズの原因だ。

 そしてこの原因を解消する手段だが、レシピを見て料理を作るようにするのは却下である。なぜなら、食費に制限がある以上レシピ通りの食材を揃えるコストの高さは許容しがたい。

 そこで、調味料を揃え、その使い方を覚えることでメシマズを克服していきたい。

貧乏でもメシウマになるコツ

 調味料を揃え、その使い方を覚える。それが手っ取り早い貧乏メシウマを目指すコツである

 調味料を揃えるのは高い、と思うかもしれない。が、そのコスパハンパない。何しろ小さじ1杯程度で断然味が変わるのだ。

 そして、その調味料を生かすために、ぜひ計量スプーンと計量カップを用意してほしい。大さじは15mL、小さじは5mL、1カップは200mLだ。調味料適当に使っていてもその真価を発揮しない。調味料比率を整えることが大事なのである。また、調味料無駄遣いを防ぐためにもここはぜひ用意するべきである

 そして以下に、揃えるべき調味料優先順位をつけて書く。

絶対揃えるべき

料理酒醤油コショウ、顆粒状だし、サラダ油ごま油、塩、にんにくチューブ可)、生姜チューブ可)

できる限り揃えるべき

みりん、酢、味噌、輪切り唐辛子片栗粉、顆粒状中華だし、オイスターソースコンソメ味ぽん

実はあんまりいらないか

砂糖オリーブオイル小麦粉バターマヨネーズウスターソースめんつゆ、各種ドレッシングごまからし、わさび

 普通に持っている調味料醤油塩、コショウの3点セットとサラダ油だと思うが、ここに最初に加えるべきは料理酒である

 料理酒には塩が加わっており、炒め物、煮物にコクを出すのにとても向いている。煮物を柔らかく煮込むのにも使える。魚を使うときには臭み取りにも使える。とにかく、これがあるとないとでは断然料理レベルが違ってくるのだ。是非、買うべきである

 そして、顆粒状だしも大切である。肉、魚類がなくても旨みを出すのにとても有効からだ。また、メシマズは意外と味噌汁にだしを入れるということを知らない(私も知らなかった。味噌だけで味噌汁になると思ってた)。美味い味噌汁が飲みたかったらだしは是非買うべきである

 それにごま油。これひとつあるだけで料理の風味を簡単に変えることができるくらい強力で頼り甲斐のある調味料だ。これも是非揃えたい。

 ニンニク生姜はかたまりを揃えるのが理想であるが、使い切れずにダメにしてしまっては勿体無いので、チューブを選ぶのも断然ありであるチューブは案外長持ちする。これらも代替が効かない上、あると美味さが断然変わるので揃えるべきだ。

 そしてできる限り揃えるものの筆頭はみりんである。これも料理酒同様コクを出すのに有効調味料だが、甘いというところに違いがある。みりんには本みりんみりん調味料があり、前者には結構濃いアルコールが入っていて、後者には入っていない。当然みりんの方が美味しいのだが、値段差が結構あるのでみりん調味料を買うのも悪くないだろう。

 酢は生野菜を美味しく食べるのに重要であるレタスに塩をかけて食べるのと酢をかけて食べるのでは後者の方が断然美味いと思う。サラダ油と酢を1:2の比率で混ぜ、塩胡椒を加えると簡単ドレッシングの出来上がりだ。生野菜にはこれでいい。

 味噌は実は、味噌汁には必須なだけでそれ以外ではあまり使わない。味噌炒め、味噌煮を作るときぐらいである。だが、味噌炒めも味噌煮もそれでなくては絶対ダメという味付けではない場合が多い。例えばキャベツ味噌炒めでもいいが塩炒めでも十分だったりするので、もし味噌汁を作らないというのであったら実はいらない調味料に入るかもしれない。

 輪切り唐辛子は案外使いでがある調味料であるナムルちょっと入れても美味しいし、辛味というのはこれでなくてはなかなか出せないので、できるなら揃えておこう。

 片栗粉はせっかくの肉から旨みを逃がさないために重要だったりする。肉炒めを作るときに、肉に片栗粉をまぶしてから作ると断然味が変わったりするのだ。あんかけもこれでなくては作れない。また、ホワイトソースを作る用途以外ではだいたい小麦粉代用品になるので、小麦粉よりも優先順位は高い。

 顆粒状中華だしは中華スープを作るのに向いているだけではなく、野菜炒めに旨みを出すのにも使える。いらないといえばいらないかもしれないが、あると便利ではある。

 オイスターソースは案外バカにできない。醤油代用できるだろ?と思ったりするが、醤油には出せないコクと風味が出る。炒め物をメインに作っていくのならば欲しい調味料だ。

 コンソメ洋風スープを作るのに必須である。肉入りスープであればコンソメがなくともギリギリ食えるものが作れるが、野菜のみのスープを作ることも多いだろう。そのときにあるとこんなに心強いものはない。ブロック状と顆粒状があるが、顆粒状の方が量の調整が効きやすく便利である

 味ぽん時短のために揃えた方がいい。醤油レモン汁があれば代用になるが、レモン汁はわざわざ買ってもなかなか使い切れない調味料代表だ。そこにコストをかけるよりは、簡単に使えてドレッシング代わりにもなる味ぽんを買ってしまった方がいいだろう。

 実はあんまりいらない食材の最筆頭は砂糖である。甘みというのは案外野自身から出たりもするし、みりんを使うという手もある。本当に案外いらなかったりするので、買うのは後回しにしよう。

 オリーブオイルもあまりいらない。独特の風味があり美味しいのだが、その風味の強さはごま油ほどではないし、サラダ油と味がはっきり違うオリーブオイルを買うならある程度のお金を出すことが必要だ。安いオリーブオイルサラダ油と大差ない味なので本当に買う必要はないと思う。

 小麦粉も案外いらない。大体は片栗粉代用がきくし、どうしても小麦粉を使わないと作れないものホワイトソースぐらいだが、ホワイトソースは他にバター牛乳必要で、原価がやや高くつく。どうしてもホワイトソースが食べたくなったのならば買うべきだが、そうでもなければ買う必要はないだろう。もしも買うなら、大きなパックは使い切れないので、小さなボトルに入ったサラサラタイプのものを買おう。

 バターも実は案外いらない。コクと塩味がある油という位置付けだが、どうしてもバターじゃないと、という場面は意外となかったりする。ジャガイモを蒸して食べるときくらいか。これも後回しでいい。

 マヨネーズは好きなやつだけ買っとけ。

 ウスターソースも、オイスターソースみりんコショウがあればなんとなく似た味のものが作れるので実はいらなかったりする。

 めんつゆは明らかにいらない。めんつゆの代わりなら、顆粒状だしとみりん醤油があればいい。顆粒状だしで作るだし汁1カップに醤油大さじ2、みりん大さじ2ぐらいで、水で溶いためんつゆと同じような味のものが作れるので、それで十分だろう。

 各種ドレッシングもいらない。前述の通りサラダ油と酢と塩コショウドレッシングは作れる。味ぽんドレッシングがわりにしてもいい。とにかく、ドレッシングは本当になくても大丈夫

 ごまはあると嬉しいのだが、なかなか使い切れない。半分以上残して賞味期限を切らしてしまうのなら、買わないでおく方が賢いだろう。

 からし、わさびもお好きならどうぞといった感じだ。から酢味噌とか代用のない美味しさだけど、なかなか使いどころがないので本当にお好きなら、といった感じ。わさび必要になりそうな食材を買ったら大抵小さな使い切りわさびがついてくるので、わざわざ買う必要はないと思う。

貧乏レシピ

 とはいものの、最初の方でも述べたがレシピ通りの食材を揃えられるのならば何も貧乏ではない。だから、ここではレシピというより各種調理法の味付けのコツを述べていきたい。向き不向きはあるものの、どんな食材を使うかは自由だ。特売品でも余り物でも、好きな食材を使って欲しい。

炒め物

 もやしや玉ねぎ、葉物野菜が向いている。

 一人分ならサラダ油またはごま油小さじ1をフライパンで熱して、火の通りにくいものから加えて炒めていく。だいたい全部炒まったら料理酒小さじ1、醤油小さじ1、塩コショウを少々で味付けをすればいい。顆粒状中華だしを小さじ1加えても美味しい。にんにく生姜を入れてもいいが、入れるなら一番最初に入れて油に風味を移すと特に有効

煮物

 大根人参などの根菜が向いている。

 一人分なら、だし汁1カップと料理酒大さじ1、みりん大さじ1/2くらいを加えて煮る。とにかく煮るものがひたひたになるくらいのだし汁が大事。ここで水を使うとちょっと切なくなるよ。醤油は一通り食材に火が通ってから大さじ1/2くらいを加えるといい。煮物料理酒醤油みりんが2:1:1。これ大事

おひたし

 葉物野菜が向いている。

 もしレンジがあれば、耐熱容器に水で濡らした食材を入れてふんわりとラップをかけて3分前後加熱するといい。レンジがなければ茹でてから冷水にとって冷まして水気を絞ること。

 味付けはだし汁と醤油ベーシック。一人分ならだし汁は大さじ1/2に醤油が小さじ1/2。

 だし汁と醤油の味付け以外でも、ごま油小さじ1/2と酢大さじ1/2でナムル風にするのも良い。

スープ

 スープ系は味見をしやすいので超簡単

 どんな野菜でもだいたい大丈夫

 顆粒状だしを使っておすまし風にしてもいいし、顆粒状中華だしを使って中華風にしてもいいし、コンソメを使って洋風にしてもいい。だしのブレンドもアリアリだったりする。

 あとは料理酒塩、コショウ醤油あたりを適当に使って好みの味付けをしよう。

まとめ:調味料は神

 本当に調味料が違うだけで料理の味は全然変わってくる。調味料は小さじ1でも充分効果を発揮するものばかりで、はっきり言ってコスパが非常にいい。

 そんなに量を使わないからいらない、と思っていても、毎日調味料を使う癖をつければちゃんと使い切れるものだ。ここは騙されたと思って調味料を揃えて、日々の料理を工夫してみて欲しい。以上。

2017-10-10

https://anond.hatelabo.jp/20140115144206

分かる。分かっちゃう

そもそもあぶら分が前面に出ているものにはわさびが合う。

焼肉ステーキ、ヤマヨシのわさビーフ

そして、フライにはソースが合う。

その結節点として、ソースわさびを合わせることになるのであろう。

タルタルソースわさびを練り込むのもよくある。

タルタルソースといえば、先日かなしい目に遭った。

ランチ時間に、出先で初めて入る店で、メニューフライの盛り合わせタルタルソース付きと書いてあった。

しかし出てきたものは、どうみてもただのマヨネーズを皿にひり出したものだった。

急いていたので等閑に付したが、何かの手違いでタルタルを切らしたのか、最初からマヨネーズタルタルと強弁していたのか。

前者であれば一言あって然るべきだし、後者であれば羊頭狗肉の不逞極まる行いだ。

未だに心の隅に澱のように蟠る出来事だった。

…分かる。分かっちゃう

anond:20171010203047

要するにサラダって日本語でいえば「塩をかけたやつ」でしょ

(まあ、塩だけじゃなく塩気のつよい何かをかけてもサラダということにしておこう)

塩をかけていることがサラダにおける最大の特徴なので、

逆に言うと塩をかける以外には、特に手を加えないことも必要

となると、生で食える野菜果物に塩をかければサラダと呼んで良さそうだ


マカロニサラダ?あれはマカロニマヨネーズ和えだ

2017-10-09

ブロッコリーオリーブオイルで炒めてマヨネーズで和えると旨い

花序だけじゃなくて芯も食べやすい大きさに切って、オリーブオイルで炒めて塩少々。

火を止めてからマヨネーズを和えると美味しい。


anond:20171009112521

2017-10-08

深夜食堂に行ったらなに頼む?

なんでもいいなら酸辣湯麺かな、好きだから

酒を飲むならオムレツ。大きめにして具はひき肉と玉ねぎだけ。あっ、マスターケチャップマヨネーズ両方かけてくんないかな?あとお酒。冷やでね。

2017-09-30

たこ焼きが美味すぎる

たこ焼き」と書いた方が美味そうに見えるのか、それとも「タコ焼き」と書いた方が美味そうに見えるのか、まずそこが問題だ。

外はカリッと中はトロッと。それも美味い。外も中もむちゅむちゅも美味い。

昔、たこ焼きの中にマヨネーズが入ったマヨタコなるものがあった。これがもう最高。中でマヨネーズがとろ〜っとしてて熱い熱い。熱うま。はふはふ食べるのが最高に幸せだった。最高に美味かった。上からマヨネーズをかけるのも美味いな。あと青海苔。自分青海苔のあの緑が大好きだ。ソースの色と青海苔の色が食欲を思いっきりかきたてる。

あ〜、たこ焼き食べたい。

そういえば昔、「しば漬け食べたい」って言ってたCMあったな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん