「SA」を含む日記 RSS

はてなキーワード: SAとは

2019-06-18

anond:20190618100858

高速バス乗った時、1度落下物はねてベコン!!!!って音してSA点検問題なさそうなので出発ってのはあったなぁ

2019-06-15

もしかして……普通の人は便意コントロールできるの……?

うんちに詳しいはてなーの皆さんに教えていただきたいことがあります

俺ってうんちしたくなったら何十分も我慢できないのよ

まあこれは割と普通のことだと思ってるんだけど

不可解なのは「なんで先にトイレ行っておかなかったの!」ってやつ

移動時間を見越して先にうんちをしておくなんて不可能じゃない?

うんちでちゃう!って思ったときにはもううんちでちゃう

うんちでないときにはうんちなんてでないでしょ

高速のSAとかで「トイレ行っておきなさい!」って言われても出ないのにさ

途中でトイレいきたくなったら「なんで行っておかなかったの!」って怒られる

理不尽なこと言うなよ出ないときに行っても出ねえよ

って思ってた

でもある可能性に気づいてしまった

もしかして普通の人はあ、うんち出そ、と思ってうんち出してるの?

いまはうんち度50%くらいだから会議の前に出して0%にしておこ、とか調整してるの?

だとしたらもううんちに対するハードル全然違う

俺には「うんち?何それ?」と「うんち出ちゃうううう!」の2つの状態(boolean型)しかない

これはもはやうんち障害

2019-06-02

長谷川豊さんは正しい

穢多非人への言及長谷川豊さんがフルボッコだが、そもそも穢多非人普通日本に比べてどれだけ特権を持っていたか、それがないがしろにされている。

例えば高速道路PASAって、住所を見るとヘンテコなところにあるけど、大抵そこって部落民の住居だったりしたところだ。

2019-05-27

福生病院における透析中止は勇気ある英断

福生病院における透析中止は勇気ある英断

2019年3月公立福生病院における透析中止により、透析患者さんが亡くなった問題が、毎日新聞を発端として報道され、社会的に大きな問題になりました。

でも、これは「事件」ではありません。日常的にどこでも起こりうる事態で、おおげさにゴシップを躍らせたにすぎません。

報道によると、患者さん本人の「透析を中止したい」と言う意思表示があったものの、呼吸困難などが出始めてから「こんなに苦しいなら、透析をまたやろうかな」と

言う発言が見られたと言うことです。

しかし、患者さんの状態が悪く、長期留置カテーテルしか方法がないことを話されると、それは拒み、今現在の苦しみ、辛さを取り除いて欲しいと言う選択肢

とったと言うことでした。これはつまり透析はしたくないけれど、今現在の呼吸苦、尿毒症状の不快感をなんとかして欲しいと言う意味に当たります

まり尊厳死意味するもの”として解釈してよいと判断できます

長期留置カテーテル画像参照)=これは流石に私も拒みます

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%95%B7%E6%9C%9F%E7%95%99%E7%BD%AE%E5%9E%8B%E3%82%AB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwii7ee28rniAhUhCqYKHf3KBo8Q_AUIDigB&biw=1608&bih=790

生きた心地がしませんし、日常生活もかなり制限されますものね…。

何より怖いです…。

〜もし、皆さんが、同じ立場であれば、どうしますか?よ〜く考えてみてください。

今回の件では、旦那さん同伴の元に同意書にサインしたのであるから病院側の落ち度はなかったことになります

また、病院側はそれ以前に、生体腎移植提案されており、患者さん本人も希望されていたとのことですが、こうした一連の経緯さえ報じていません。

毎日新聞をはじめとする又聞きで追随した新聞社、各種メディアも、 しっかりとした裏付けも取らず、いかに断片的な報道しかしていなかったと言うことなます

私自身も腎不全患者として直接、お話をじっくりお聞きしておりますが、新聞社偏向報道にはあきれ返りました。

病院側はしっかりと手順を踏んで、よくよく説明したうえで、同意書にサインしたにも関わらず、一部を切り取ったような記事により、社会的批判され、悪者扱いになってしまっていると言う内容に、個人的違和感を抱きました。

↓ 詳細は日経メディカルオンラインで読んでみてください。↓

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t332/201904/560717.html

透析患者サイドから見ると、これはちゃん患者さんの意思尊重し、苦しみから解放して本人の意思としての「緩和ケア」を受け入れた病院側の大英断と私は思います

一部の無知な人たちが、この記事をいまだに「事件」として取り上げ、誹謗中傷している記事も見受けられます透析の「と」の字も知らない一般人でしょうね。

また、維持透析専門のクリニックでインタビューをしていたニュースもありました。

こうした都心のクリニックに通院される方々は大抵、労働者世代が多いです。

透析における恐ろしい合併症等がまだ出ていない透析導入して数年程度の方々でしょうね。

透析導入から数年は、威勢のいい声を張り上げることは可能ですが、10年、15年、20年と時を重ねるにつれ、様々な合併症が出てくると、、、、、

多分、何も言えなくなるでしょう。

中には、透析のおかげで健康になったとか、食事管理ができるようになったとか、都合のいいことばかり書いている患者ブログは読むに値しませんのでご注意を。

維持透析で、末期腎不全は決して良くなりません。あくま延命治療に過ぎないものであることを知っておいて下さね。

次回は「透析治療日常実態」を書いてゆきます

2019-05-22

anond:20190522111522

ドナルド・トランプ暴力よりも怖いものを見せてやればその子供は暴力を使わなくなるぞ」

ドナルド・トランプ「なんだかんだで増田自体暴力ではない力に支配されているんだろう? それを教え込んでやればいいのSA!」

2019-05-12

旦那の卑屈さが辛い

旦那の卑屈さが辛い。

旦那とは新卒の頃友達の紹介で出会った。一個上の優しくて真面目でおおらかでのんびりした人。同じ愛知県出身で、東京大学に来て、そのまま就職して地元に帰らなかった人。

何年か付き合って無事結婚し今年で結婚5年目。去年まではのんびり楽しく暮らしてたが、最近旦那が、自分卑下する発言が多くなり辛くなってきた。

きっかけは去年、私が転職したことだと思う。

それまで私達はお互いの年収の話をしたことがなかった。生活費はお互い決めた額を同額を出してそこから使い、余ったら貯金というスタンスだった。結婚式もしなかったし、お金のかかる趣味もなくて、出しあった生活費自分の手元に残してあった分も、普通に生活してれば余るぐらいだった。

結婚前の話し合いでお互い子育てする自信がないという話になったこから子どもは作っていない。だから教育費もかからない。なんとなくでしかやってなかった貯金も、30歳までの額を見たら自分達の老後の資金ぐらい大丈夫そうだなと思ったし、あんまりお金のことを深刻に考えたことがなかった。

転職きっかけは理不尽なことが重なったことと、尊敬していた先輩がやめたこと。仕事内容自体は嫌いじゃないけどキャリアが描ける部署じゃなく、先が見えないなか同じ環境で踏んばる気力がなくなってしまった。つまり家庭事情全然関係ない。

転職にあたって日常会話のなかで少し旦那にも相談することはあった。恥ずかしながら目標があって辞めたわけではないので、同じぐらいの給料がもらえればいいかと思って求人サイト登録していると、それを見た旦那が「その給料で雇ってとらえるところはないと思う」と言ってきた。たぶんこれがはじまり

退職を決めた年の私の給料残業代込み額面で550万程度。特に高いわけじゃないけど、何か特殊技術資格があるわけでないので充分もらってたと思う。

女性で、文系で、30歳で、転職したらその金額はもらえないよ」と旦那だけじゃなく周りから何度も心配されたし、確かにそれは的を得意見だった。実際自分が狙っていた中小企業だとそういう求人は少なかった。でも運よく狙いの企業に入ることができて、給料はほぼ据え置きにしてもらえた(額面では20万ほどあげてもらえたが見なし残業残業が増えたのでトントンだと思う)。

私の転職が決まった頃から、彼の自分卑下する発言が増えていった。

最初に「すごいね、俺なんか踏み出す勇気ないし特に誇れるものもないから」と言われたときは誉めてもらったんだと思って頑張るねと答えた。今でも覚えてるけどお祝いに作ってくれた夕飯の餃子を食べてた時だ。私は餃子が大好きで外でもよく食べるけど、彼の作る餃子特別においしい。

でもだんだん同じような発言が増えていった。

外食すれば「あんまり稼いでないからいいとこで食べさせられなくてごめん」

(私が選んだ店でも)

家でご飯食べてると「俺の方が給料低いんだから俺が作るべきだよね、ごめんね」

生活費折半なのに、逆に私が給料低かったら家政婦扱いなの?)

子連れを見れば「俺が金持ちだったらなんの苦労もなく子どもを育ててやれるのに」

子どもいらないって言ってたのに…)

旅行に行けば「もっと余裕あれば海外かいけるのにごめんね」

海外行かないのはどちらかというとお互いの休みの予定が合わないことが大きい)

不動産屋の前を通れば「友達が家買うって言ってたけど俺はそんな稼げないしなぁ」

東京なんだから買うにしてもマンションでいいでしょ)

共通友達と一緒に遊んでてもことあるごとに「増田ちゃん俺より稼いでるからさ」

(脈略なくいうのでとても反応に困る)

最初年収比に応じて生活費を出せと言われているのかと、自分生活費比率を挙げることも提案したけど、これは完全に悪手だった。言った瞬間傷つけたと分かる顔をしたし、これまでの発言年収コンプレックスを発揮してるのだと思い当たった瞬間でもあった。

考えてみれば昔から学歴コンプのきらいはあった。彼は理系MARCHクラスで、客観的に見ればコンプになるような学歴ではないんだけど、これは環境によるものが大きいと思う。

地方はどこも同じような傾向があるかもしれないけど、私たちが育った愛知県公立高校国立大至上主義で、東大名大合格実績がものを言う。彼のような進学校理系では名大、最低でも名工大に行かないと、と本気で言われる場所だった。学費問題ではなく、面子問題でそう言われる。

私も似たような境遇だけど女だったことも親が東京出身なこともあり、あまり強く国立コンプはもたなかった(そうなると今度は女子下宿させてまで東京私大行かせるの?とか言われるのだけど)。

大学出たてで出会った頃、彼から社会に出てから相手探すより同じ大学の男のが将来性あるんじゃない?もったいない」とか何度か言われたことを思い出す。「浪人せずに私大に決めたか地元友達に会いたくない」ともよく言っていた。

その度に学歴よりも今どういう人なのかとか何を頑張ったかじゃない?みたいにそれらしいことを言ってきたけど、なんて返すのが正しかったのかよくわからない。

もっと頑張ればよかった」は最近の彼の口癖だが、とても真面目な人で生活ちゃんとしてて仕事もサボってるわけじゃない。外聞を気にしてるんだろうけど、学歴も、職歴も、年収別に悪くないはず。主観で頑張らなかったと後悔しているのであれば、頑張ってねとしか言えない。

私は未だに彼の年収を正確に聞いていないけど、諸々の会話から450~500ぐらいだろうと思ってる。向こうも、折半生活費を出しても暮らしに余裕はあると思う。お金のかかる趣味を持ってないのはお互い様なので、たぶん。

どうしたらいいんだろう。

前みたいに楽しく暮らしたい。

いちいち卑屈にならないで欲しい。

サンドイッチ買って公園で食べて、ぼんやりして、それで楽しいじゃん。

レンタカー名古屋まで交代で運転して、SAご飯食べたり好きな音楽聞いたりしながら帰省するの楽しいじゃん。

2LDKマンション、一部屋持て余してるぐらいじゃん。

生活に困ってないし家族もいるし友達もいるし余剰金もある。これ以上何が必要なの?

結婚するとき、この幸せな気分を一生覚えておこうと思った。この優しい人を一生大切にしようと思った。

文章にしてると本当に些細な愚痴に思えてくる。こんなことで嫌なりかける自分が更に嫌だ。

でも辛い。

毎日毎日自分卑下しないでよ。

なんて言って欲しいの?どうしたら満足してくれるの?

直接聞けばいいのはわかってるけど、私から出す生活費を増やす提案した時の顔が忘れられず、君の収入コンプが辛いなんてはっきり伝えたらそれこそ終わりそうな気がしている。

2019-05-04

anond:20190504124734

いい加減にしろSAVASだぞ?

SAは何て読むか知ってるか?

「サ」だぞ?佐野という名字のやつがいたらSANOになるがお前はザノっていうのか?

これで違うと分かったな?

からないなら本場のアメリカで学んでこい。

2019-05-01

老人多すぎ

移動で高速バスに乗った。

途中、SAトイレ休憩があったんだが、背伸びしながら清々しい顔で駐車場歩いているのが皆老人だった。ゾロゾロと別のバスからも降りてくる。

若い連中は疲れきってバスの中で寝てるか、猫背でトボトボとトイレに向かっているかだった。

一瞬考えてしまった。

この老人達が全員消えていなくなれば、もう少し現役世代も生き生きとしていられるんじゃないかと。

でも、そんなこと実現しないし実行するほどの気概も無い。

あーあ、いつまで生きる気なんだろ逃げ切り世代

2019-04-27

DBスペシャリスト2019/4/21@芝浦工大付属高校

FEAPPMSTSCSMAUSADBと来ました。

■午前2

イウエイイ エ(✕)ウイアイ アアイイ(✕)エ ウウウ(✕)ウ(✕)エ エエエエ(✕)ウ(✕)

  10遅刻したらやばかった。過去問少なかったかな。

  全問正解は目指さなくなったので、今回対策時間を大幅に削った。

以下、(主)=主キー、(外)=外部キー

■午後1

<大問1>

設問1

 (1)a:種目分類コード(外)、b:主催者番号(外)、c:種目コード(外)、d:大会番号(主)、e:会員番号(主)、f:参加人数、g:入金済フラグ

 (2)以下リレーションシップを追加。12本。

    ・種目分類→種目        ・種目→エントリ枠        ・主催者大会

    ・大会エントリ枠       ・大会大会運営サービス     ・大会大会アイテム

    ・大会→参加申込み       ・運営サービス大会運営サービス ・アイテム大会アイテム

    ・会員→会員ポイント      ・会員→参加申し込み       ・エントリ枠→参加申込み

設問2   

 募集期間の: 前中後後後後

 参加申込数: ー未下超超達

  抽選日の: 前前前前当

設問3

 (1) ①「抽選エントリ枠」に、属性「後続エントリ枠」を追加する。

   ②「エントリ枠」から「種目コード」を削除する。

   ③種目内エントリ枠(大会番号(主)、種目コード(主)、種目内エントリコード(主)、種目内エントリ名)

 (2) 会員ポイント(会員番号(主)、年月日(主)、付与ポイントポイント有効期限、ポイント残高)

<大問3>

設問1

 (1)ア:P3、イ:P6、ウ:P8       (簡単すぎる。。。)

 (2)エ:P7、オ:P7、カ:P2       (簡単すぎる。。。)

設問2

 (1)a:子品番、b:親品番

 (2)P2:2、P3:1、P4:2        (謎。2,5,2や0,5,2でも正解じゃない?)

設問3

 (1)c:親品番、d:子品番

 (2)親品番、子品番            (多分間違い。主キー索引そのまんまだし。)

設問4

 (1)単体部品だと後続処理を割愛できるから

 (2)P1とP2永久ループ処理になる。

 (3)P2とP4。               (わからん。テキトー。)

 (4)レベルごとにまとめて実行する。    (全くわからん。完全テキトー時間ギリギリ。)

■午後2

<大問2>(ホテルパン焼成とかなかなか書かない単語を書いた。)

説明

 (1)以下リレーションシップを追加。11本。

    ・製造部門→<排他的サブタイプ>→焼成部門、成型部門Mix部門

    ・品目→<排他的サブタイプ>→調達品目、内製品

    ・品目→<包含サブタイプ>→貯蔵品

    ・貯蔵品目→<排他的サブタイプ>→原材料外注成型材料

    ・調達品目→<排他的サブタイプ>→原材料外注成型材料

    ・成型品目→<排他的サブタイプ>→内製成型材料外注成型材料

    ・品目→成型材料レシピ   (こんな隙間通す線追加ってある?)

    ・原材料生地材料レシピ

    ・製品→内製成型材料

    ・製品-内製成型材料(1:1) (これ不要な感じする。ミスってそう。)

    ・内製成型材料外注成型材料(1:1)

 (2)以下リレーションシップを追加。7本。

    ・供給明細→焼成実績供給引当

    ・成型材料製造依頼→焼成実績

    ・焼成実績→焼成実績供給引当

    ・補充要求→<排他的サブタイプ>→生地材料補充要求調達品目補充要求

    ・補充要求Mix実績

    ・注文→納品

    ・調達品目補充要求-納品明細(1:1)

 (3) a:要求焼成部門(外)、内製限定フラグ

   b:調達内製区分、貯蔵区分

   c:代替外注成型材料(外)、製品品目コード(外)

   d:焼成用内製成型材料(外)、

   e:生地レシピコード(主)、原材料品目コード(外)、使用

   f:成型材料レシピコード(主)、品目コード

   g:焼成実績製造番号(主)、供給番号(主)、供給明細番号(主)、引当数量

   h:成形材料製造依頼番号(外)、

   i:補充要求番号(主)、[補充要求年月日]、時間

   j:補充要求番号(主)、補充要求明細番号(主)、注文番号(外)、[補充要求年月日]

   k:補充要求番号(外)、補充要求明細番号(外)

説明

 (1) ①12,14が不要

   ②成型材料製造依頼書、焼成指示書    (わからん。)

   ③21は、本完成型部門がF、新館焼成部門がT、成型材料が◯、成型材料製造依頼書、成型実績表

 (2)以下リレーションシップを追加。4本。

    ・焼成指示→成型材料製造依頼

    ・成型材料製造依頼→焼成実績

    ・焼成実績→焼成指示要求引当

    ・焼成指示要求引当→要求明細

 (3)

   l:製造番号(主)、要求番号(主)       (わからん。不足してる気がする。。)

   m:焼成番号(外)

   n:成型材料製造依頼番号(外)

以上

2019-04-14

anond:20190414140009

SAPAトイレむちゃくちゃ増えたのにマイカー旅行は減ったからガラ空き。渋滞も減った。

anond:20190414135111

自分もここ20年は見ないなあ

SAPAトイレむちゃくちゃ増えてるよね

anond:20190414134947

見かけるか?最近SAトイレは50室くらいあるから高速バスが乗りつけても異常な行列はできないし男子トイレに入ってくる女も居ないが

2019-03-29

某有名進学校を退学した。

3/31付で高校を退学することになった。こうなったのも全て自分責任ではあるけれども、やはり割り切れない気持ちもある。自戒気持ちの整理を兼ねて駄文を垂れ流してみようと思う。お目汚しで本当に申し訳ないが良ければ読んでいただければ嬉しい。もっと言えばこれを他山の石としてくれたらもっと嬉しい。(そもそもこの年代増田は居ないだろうと思うけれども)

私が在籍していた高校完全中高一貫校卒業生の半分は有名私大に推薦で、残りは東大京大東工大旧帝大医学部に進学していて、東大進学ランキングにも毎年掲載されている。

元々私が中学受験をしたのは一回り年の離れた従兄が中学受験をして進学したのを見てそれに憧れたからだった。そして、一人で読書をする方が友達と外で遊ぶよりも好きだったり、学校ヤンチャな奴らに若干イジメられたりしていて、荒れ気味な地元公立中学に向いていなさそうだったのも理由である

小4の終わりにSAIXに入り塾通いをする中で、私はある文化系部活に憧れた。そしてその部活活動も活発な学校の中で一番偏差値の高い学校第一志望にした。(ちなみに塾内偏差値では大体55~60を上下していた。)

小6の1月。まずは滑り止め2校に難なく合格し、チャレンジ校(親は行かせたかったらしいが自分はそこまで行くつもりは無かった。)の一次に不合格。そして2月1日第一志望を受け、2日にチャレンジ校の二次を受けた後に第一志望の合格がわかり、無事に中学受験は終わった。

受験が無事に終わり、やる気が失せてしまったのだろうか。その後、学校から新年度の教材や課題が送られてくるが適当に処理してしまい、入学。憧れていた部活にも入り順風満帆に事も進むかと思っていたが、最初中間試験で大爆死してしまう。この時にしっかり勉強してれば良かったのに大して何かをするわけでもなく、学校では授業に出席するものの寝てばかり、家でもアニメと当時流行っていたお船ゲームにハマって平気で徹夜をし、小言を言われれば暴れるといったような荒んだ生活を送り、唯一まともにしていたのが部活だった。当然勉強もろくにせずに中学生活が終わった。

高校に進み進級の判定がされることで一応勉強せざるを得なくなり、一応頑張るようにはなった。しかし2学期に部活で仲良くしていた先輩達が部活から引退自分達が部の運営をしなければならなくなったことで一時的に病んでしまう。結局なんとか持ち直してギリギリで進級する。

しかし春頃から後輩との事や部の運営の事、人間関係などで悩み始め段々とマトモな思考が出来なくなっていた。(と今思い返すとそうだったんだろうと思う。)

一学期には授業にも出席出来なくて保健室にいた事も多く、学業には全く対応出来ずに酷い成績を叩き出してしまう。二学期の途中、部活引退するまではそれを引きずってしまい、その時点ではとても進級できない成績だった。

その後状態も快方に向かい勉強に専念出来るようになったことで、今までの酷い成績を挽回するべく頑張るようにすることを担任先生と話し合った。しか二学期末の試験の結果は芳しくなく、三学期には奮闘しようとはしたものの結局は上手くいかずに英語数学物理を落として原級となり、高校を退学することとなった。

今の私の経歴は高校中退、つまり中卒無職だ。在学当時から大学は目指していたので今年1年間で高卒認定を取り、大学受験を目指す。高卒認定学力なんやかんやであるようなので1年間、1年早い浪人生として⚪合塾高受験科で浪人生活を送る予定だ。なんとか頑張って中高の友人、恩師に胸を張って報告できるようになりたいと思う。

長文を書くのは久しぶりでgdgdになってしまった。本当に申し訳ない。

2019-03-21

夜行バスで快適に過ごすために

夜行バスは準備命。

お金かけない分手間かけろ、が合い言葉

このTips知ってると、飛行機でも役立つはず。

夜行バス都内地方を何度も往復してきた経験シェアしたい。

必須の持ち物

耳栓

アイマスク

綿マスク(不織布マスクはよだれと蒸気でエ ラいことになる)

アマクラ

スマホ充電器(車内でできる)

↑すべて百均で充分

むくみ予防に

ミネラルウォーター

むくみ防止靴下( 就寝用 )

トマトジュース

バナナ 

むくみ便秘対策に◎

タイムスケジュール

当方女性なので女性向き。あしからず

バス乗る前

風呂でしっかり温まる

アマクラ膨らませる

車内使用品と他に荷物分け

メイク落とす

むくみ対策靴下着用(車内は狭い)

バス乗ったら

アイマスクマスク耳栓装着

靴下脱ぐ

フットレスト下げる

【後ろに一声かけて】シート倒す

分手元に

スマホ充電

暗くなったら下着は緩める

最初トイレ休憩

コンタクト外す

忘れ物SAで購入

トイレで出し切る(笑)

ストレッチ

最後の休憩までひたすら寝る~

最後トイレ休憩

洗顔

スキンケア

トマトジュースバナナで朝食

ストレッチ

靴下外す

◆休憩後~到着まで

車内でできるストレッチ

足の指を回す

ふくらはぎを揉んだり上げ下げ

↑暗いので出きることはやっとく

すると疲れ方がまるで違う

荷物整理

現地の天気チェック

アマクラ20分前にはしぼませとく

(意外と手間取るので)

膝掛けはたたみゴミはまとめておく

正直、一秒でも早く出たいので必死

停まってから慌てて荷物をまとめるのは素人

プロは早いよ(笑)

到着後はバスタのトイレでなくカフェマック直行

そこで朝食取りながら、メイクなどもゆっくり

朝は無理せずのんびり過ごすこと。

若くは、もう、ないので、、、

余裕があればサウナで一風呂だけど、バス新宿から20分近く歩くのがなあ。

女性用は少ないので、最近ストレッチに命懸けてる。

バスで疲れてたら、きた意味がない!

特に足のむくみは肉体的にも見た目的にも避けたいのでね。

到着後は水をしっかり!

飲んだ後のペットボトルのふたを足裏で踏むとかなり気持ちいいよ。

さて、そろそろメイクして出るかな?

さびさの新宿

クワクする♪

2019-03-19

うんち(せいかいのおと)!昨日そう言って笑いあった親友

今 冷たくなっていく 二度と目を覚まさない 俺は

アンサイクロペディア:ゴールデンカムイ平成最後平和

俺は桜を見ていた 今立っている足元には多くの死と俺と無念と怒りと死と涙とオニギリ、巻き込まれて死んでいった無数の動植物の死骸と黄金精神 が埋まっている 今 薄桃の春が美しく咲いている この足元から立ち上る命で 春を感じる

https://youngjump.jp/goldenkamuy/

長い。今北産業

選挙に行け

・手で触れた体験大事しろ

ゴールデンカムイを読め

「それじゃ 行ってくる」

誰しも、それが最後の言葉になる可能性がある。だから今伝えたい。ゴールデンカムイをよめ。

ネタバレなし

以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーはありません。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになりません。

アンサイクロペディアウィキペディアパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

ゴールデンカムイ最新刊17巻は今日発売されたばっかりだ。ぜんぜん間に合う。買ったかゴールデンカムイとは、2016年まんが大賞を受賞し、イギリス大英博物館看板になるくらいすごいのだ。

かってないのか?いつお前はチタタプ言えるかな?ってこのアシリパさんに言われなくていいのか?

http://www.kamuy-anime.com/character/asirpa.html

アシリパさんを見たか?きりりとしたいい面構えでしょう。

ゴールデンカムイは、まず出てくる登場人物全員の気迫が違う。エンジン音が違う。全力だ。

ボーっと生きてる人などいない。荒れ狂う葛藤をかかえながらも怒らず笑わず表情筋が動かずボーっと生きてる「ように見える人」もいるのだ。

ヒンナヒンナをネタバレなしに説明するなら、アニメ公式のいうhttps://twitter.com/kamuy_anime

冒険歴史文化狩猟グルメギャグ&LOVE和風ラッコウエスタンがしっくりくるだろう。

舞台は気高き北の大地・北海道明治時代後期、日露戦争をくぐり抜けた「不死身の杉元」杉元佐一は、ある目的のために大金を欲っしてた。

一攫千金を目指し 砂金を求めて北海道に渡ってきた杉元を待ち受けていたのは、網走監獄死刑囚が隠した莫大な埋蔵金への手がかりだった。

圧倒的で、畏怖の念を抱かせるほどの大自然! VS 凶悪変態で【禁則事項です】な死刑囚! そして、誇り高き変顔天才アシ(リ)パさんとの出逢い!

莫大な黄金を巡る生存競争サバイバルが幕を開けるッ!!

閑話休題

インスタ映え!はじける笑顔

https://www.google.com/search?biw=926&bih=627&tbm=isch&sa=1&ei=ttyQXLjqC4iR8gXD8pPwCQ&q=%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%A4+%E6%B5%B7+%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97&oq=%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%A4+%E6%B5%B7%E3%80%80&gs_l=img.1.0.0j0i30j0i24.22477.24062..25007...0.0..0.223.413.0j1j1......1....1..gws-wiz-img.eHRiYS0EHmE

シライシ@shirasiri 安定のいつめん てかマジ久しぶりやろ海(笑) 

#白石#アシリパ#杉元佐一#くりからもんもん#cute#kawaii#pink#二階堂#関節#みんながみんな狂人#f4f#北海道開拓の村

この記事には複数問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源必要です。

独自研究が含まれているおそれがあります

    雑多な内容を羅列した節があります

お試し無料だって

https://tonarinoyj.jp/episode/13932016480028986524

読んだ?血は戦争が始まったら怖くても否が応でも血を見なきゃいけなくなる。苦手とか言ってられなくなる。

選挙に行こう、我々は無血で政治を決めるやり方を生み出した。我々にできること一番のことは選挙に行くことだ 並ばなくていい期日前投票制度もあるし 投票率上がるから会場で献血みたいにジュースカップラーメンくれ。

選挙行ってもムダだって?まぁすぐに恩恵わからんさ。筋トレと一緒だ。 続けるか否か 

昔海で遊んだ経験があれば 海で楽しいという思いをしていれば 辺野古を埋め立てようという議員投票はしない  そうニュースで語る人を見た

知らないと、本当にどうでもよくなってしまうのだ。

開拓され消えた樺太アイヌの村は 消えていった。北海道アイヌもそうなる 厳ついグルグルピアスが言う。

知ること それが行動の第一歩だ

この記事には複数問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

はてブ

・ンチャヌプコロ

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54833

・ヒンナヒンナはアイヌ語でありがとう

心で感謝しているのに、 それを態度で示そうとしないのは、 プレゼントを包んだのに、 渡さないのと同じことだ( ジグ・ジグラー)

この物語の続きを描くのはあなたです。

2019-02-17

【思い出す】橋本聖子先生話題なので

橋本聖子 キス

コンプライアンスで悩んでいる場合じゃない」 === いちいちセクハラで騒ぐんじゃない! ってことですねわかります

2019-02-06

anond:20190206093439

自分も Level4 では PM, AE(現SA) は受かってるけど、普通に具体的に書くものなあ。

元増田は Level4 全部持ってて面倒だから Level4 と書いたとかかな?

2019-02-03

4年間勤めたソフトバンク退職しました

07KP07KU07O407Ob07Ge2bCq07K607

CxAgABBdWJhNOxm9W1ldeUjtOxp9Ox

r9OyjdOzpdOzuNOzoNOzg9Oyn9Oyot

mwsNixh9Oxp9OxjtOxp9Oxr9Owsj06

15mK1bm907GefmRk2bCw2LGH07KY07

OD07O407Oa07Om07OM07OQ07Gb1Zap

07Ga2IKc1IuL1rSv07Ki1rSv07Go1I

6P1Imn07Gn07GO07Gp07CyPTo9OhrY

t5rVh4HXhInUi7s9OtegtteDi9Oxnt

WUl9WdltmpktOyotW9otaVndWOvNOw

sdamgNW9otOxl9OyjdOzpdOzuNOzoN

Ozg9Oyn9Oxm9W1ldeUjtOxp9OxjtOx

p9Oxr9Owsj061bWV15SO1bm907Ge1Y

i81qyr2bCq07K607Cx1YCy1qSL07Ki

1oSL07G707Gp07Gj07GY07G807GX07

G907K72bOY142C07Gb2bW91YGu07Gl

07K807Cx1bW42bCC16q007Ga07O207

OM07Ou07Gb2aaS2bCT07Gp07K707KF

07OM07Oj07KJ07Ge1Iq71pWd1bym07

GbBNWJhNmmo9aCkdmQndOxp9OxjtOx

p9Oxr9Owsj06GNeXsdOxntW+r9eBvd

Oxn9aomNWJhNSIutWQhNOxp9iZgdmR

vNOxm9OxmtOxk9Oxr9OyjdOzpdOzuN

OzoNOzg9Oyn9aQmtWMv9SMqteUjhjU

i5XUiLvTsLzTso3Ts6XTs7jTs6DTs4

PTsp/TsL0Z07GX07Gy07K607Cx07KN

07Ol07O407Og07OD07Kf07KA07Ob07

OM07On1pCa1Yy/1Iyq15SOGNSLldSI

u9OwvNOygNOzm9OzjNOzp9OwvRnTsZ

fTsZ/TsbLTsrrTsY7TsavTsqMZPTo9

OhrYuZ/TsbvTsZPTsa/TsZjTsaPTsr

09Ohoa2LON1bqr07GY2JG81bul1bqr

07G807Gy07K807GA07Cx07Ox07OT07

OD07KJ07Gf1Ii+07G407K507K807K7

PTrVtZXXlI7Vub3TsZ7WrK/VjrXTsq

LWrLDTsrLVlJfTsb3Tsb/Yk7/VuLfT

srnTsrzTsa/TsZ7TsZ/TsaPTsZ7Xso

nTsbvTsrLTsafTsrzTsY7TsavTsqPT

sLLVtZXXlI4D1YmE16ue07Ge1p6F2a

q+07GX07CxPTrTs4vWma/WkoDVnZbX

j6LTsZ7VgLLZprDWsJfTsqLWhIvTsb

vTsafTsLHXlI7VtrXTsZfTsonTso/T

s4zTs7jTspLTs7PTs6fYmJ3Xm7sYc3

V/07GbGT0607OL15SO1ba11bu51YyH

1Iyq07GX07Ge1r+g1pG407G82Jq907

Kx07K507K807Cx1Z2b07Gl07Kj07Ge

2a601ryx07GR07GY07Gn07GW1oSL2I

q9PTrTs4vYt5rTsrnUirvWlZ3TsqLW

l7vWs4PTsafTsLHXlI7VtrXTs6TTs7

PTs7HTsZvWuKDVuq/TsafTs7HTs4zT

s5DTs5rTs4zTs7DTs4zTsZjTsafTsZ

bUirvWlZ3WvpjZsII9OtOxmNOxtNOx

k9Oxr9eFvNmYo9OyotOxp9OxltOxtN

Oyu9WgvNasr9OxvAbVoL3TsYvTsZnT

sbTTsY7TsafTsa/TsLLTsbTTsarTsr

zTsrLUiLDVnqrTs5zTs6nTs5vTsZ7V

nZbWnYTTsqLWvLHTsZPTsZbTsbTTsa

/TsaPTsZjTsZvVupDTsbjTsLHXlI7V

trXTsZ7VjYnVo5HTs4vWrJzZs5jZpY

fTsp/Ts5nTsonTsqLVh4vTsb3YjozT

sqPTsZDXhaDWrqzTsZfTsZ/TsbLTsr

rTsY7TsanTsbzTsLHUiIvUjaPWsJfT

sZjYs43VuqsY1YCy2aaw1rCXGdOxvN

OxstOyvNOxgNOwvNOytNOyutOxr9Ox

tNOxo9OxmNOxvNOxl9OxvdOyu9Owvd

eigNWSs9Oxl9OxstOxk9Oxr9Oxo9Ox

mNOxn9mmo9mxpdOxtNOxstOyutOxjt

Oxq9Oyo9Owsj060rCL1Ium15SO07GY

1p+k2Iyz07Gp07K707GY07C81Z6v1b

qr07G807Gy07K707C907GY2Ja707Ga

07Gl07K807K71a+K1oqm07G82Zuo07

G/07Ga07G007Gj07GY07Ky17mJ2aWH

07Ge1Iiw07GU07GX07Gp07Cy1Iid1Z

C115SO1aOR07Ge1Z2W1bqr07Oc07Op

07Ob07G81I2+07G007Gv07Kx07Cx16

C214OL07Ge2amS1b2i15i71YqW07GX

1b2x1bi207Gb17mJ1Z6q2ZCo1a+v07

Ge1YCy2aaw1rCX07G807Gy07K707GY

2Ja707Ga07Gl07K807GO07Gp07CyGN

WOvNiPgBk9Oj06GhrYu5XWubvTsZ7X

hZbUiL7TsZ/Zm6jTsbQ9OtOzrNOzjN

OzutOyidOxn9assNSNvtOxl9WJhNmm

owjTs4bWrLjVuLbTsLHYmaXUjpHTsZ

vTsrjTsZPTsZbTsZ8BAtOzhtasuNW4

ttOxm9OystOxmtOyutOxjtOxqdOwst

aeu9aVndOxvNWUqtOxu9Oxk9OxrxgD

ANapstmmo9eYu9WKlhnTsaPTsZjTsr

LTsbLTsrrTsLED1YmE16ue07Ge1qmy

17KJ07GXBwAA1Ii31ba21IuV1Ii607

Gf2IKA07GT07GW07G007GO07Gn07Gv

07CyPTrTsa/TsZDTsafTsLHUi5XZqb

3TsZ/WqLfZsILTsafTsZrTsbTZqaDT

sroHAADUiLfVtrbXmLvVipbTsZfZkJ

3WuaPTsZHTsZvTsZrTsrvVuIbVipbT

sZ7Tsa/TsrHTsLHXhZbUiL7TsbzZm6

jTsbTTsZjYmLDTsbjTsrvWrK/ZpqPT

sZ8CANSLk9OxntOxj9Oxl9OxqdOwsj

06PToaGtW6hNWzvdeigNWSs9OxvNi5

n9OxtD061IuV1bm907Gf07G707Ga07

K62bWH07G707GT07Gv07K407G207GX

07Gp07G807Cx17+O1ayY07Gf14Sr07

G21qaJ07Ga07G907Or07Of07KU07O4

1Iyx1pWd07GX07Gp07Cy1bWV2bCw2Z

SY1qmy2aaj07Ki1bWz07Gb07KH07KJ

07O207OQ07GX1bqE1bO91qmy2aaj07

G8156R16C207Gl07K807K707Gv07Kx

07Cx07KF07OM07Oj07KJ1p671pWd07

Gf07Gy07K607GO07Gr07Kj07CyPTrT

s6XTs5zTs7PTsp/TsonVuIbVipbTsZ

/VnqrXrbDTsafTsLHTs6fTs5zTs6/T

spLTs5DTs6XTs5nTspTTs7fTs4zTsr

IJ1bmC1IuV1Ii607Ge15SO1aOR07G8

1Z6v1qaN07Gn07GW07G007GO07Gp07

CyGNOxo9OyvNOyudOxntW4htWKltOx

n9aeu9aVndSLk9Wsl9eIntOxnti5gt

WguNOxtNOxvNWMh9Oxv9OwsdasuNOx

mwEA1qmy2aaj1IuV1Ii61p671pWd07

Ki07Gn07GW07G007K715SO1aOR07Gf

15iw07GY07Ky2LGu07G907GO07GpGT

0607C807KO07KJ07C907GY07G007G2

1ryY1ruG07Ki1YyH2Jax07Gl07K807

K707Ge07G707GY07G007G21bWV15SO

1bm907Ge1Y+z2bW907Gf17SR16SY07

GX07Gn07Gv07CyPTo9OhrWsprTsbvT

sZPTsa/TsZjTsaPTsr09Ohoa2JqC2a

WH07Kf07OZ07KJ07Ge2LON1bqr07Ge

1I2+07GlPTrWsJXZsK/TsZvWuKDZpY

fTsafTsa/UjKrXlI7TsZfTsbLTsrvT

sa/TsrHVjaPXtIbTsZfTsanTsbzTsL

HViYTUi5PTsZvTsrjTsrvXlI7Vo5HT

sZ7Ys43VuqvTsZ7UiabZq5LTsbzVlJ

fTsb3TsbTTsZjWtK/TsajTsY7TsanT

sLLVnZbWnYTTsZjYs43VuqvTsbzUiL

DYt4TTsafTsZrTsbTVkITVoLjTsrLV

lKrTsbTTsZjWtK/TsajTsY7TsanTsb

zTsLHXgJHVvajTsZ7Tsa/TsrHVnZbW

nYTTsZfYsLPTsbjTsrvTsaPTsZjTsZ

vTsafTsY7TsanTsLI9OtOzi9mzmNml

h9SIptSLkxgDANSLk9WOvNW9utSLld

SIuhkKfXFic3jTsKzWrYHVlJcQGNan

ldasnNOzttOznNOyg9OzkNW3itiKm9

SIndWPs9OxntOxr9OysdWdltadhNOx

n9afpNiMs9eqtNmbqNOxtBk9OtOzi9

iagtmlh9SIptSLkxgDANSLk9W5vdW9

uhkK2Zuo1b2i07Cs1qeV1q2B2Zei1Y

CyEBhxdGN81ruR2IKZ152507Gb07K4

07K71ZSX2be/1r6R16SY07Ge07Gv07

Kx07Cx2IOa07G81I2+1Ii7GT0607OL

2LuV1rm7Ctanmda1htOwrNatgdWUlx

AY1p++1YmE1qaA1b2i07GX1q2B1ZSX

1b2i07G8AgDVoL3Ui5XUiLrVtZXXlI

4ZPTrZs5jZpYfTsZjYu5XWubvTsZ/V

tYHZsKrYmLDYmq7TsZfUjKrYmYHTsZ

fTsb3TsrvTsrLTsZ7TsZ7TsLHYmoLZ

pYfTsZDTsaHTsbzTsZTTsbTTsZbTsb

TTsaHTsZrTsbTTsofTs4zTs4PTsqLV

lKrTsb/YlrvTsbvTsaHTsY7TsafTsa

/TsLIY1YGw1rmw16q007Ga2JmB07GX

07Gf07Ga07G/07Cx1bWY15SO16q007

Gb2JqC2aWH1YmE1IuT07Ge2IOa07Ge

1I2+07Gl07G81aW/2ZG807Gb07Ga07

GT07GW07G007K707GY2LGu07G907GO

07GpGT06PToaGteUjtW2tdOxnta6sN

iRo9OznNOzqdOzm9OxntSNvtOxpT06

15SO1ba107Ge07O907Oz07O407Of07

OM07Kf07K007KF07OM07Og07Gb2aaS

07Gp07K716+V2J2o07Oc07Op07Ob07

Gf2a2u1YiI07Gb1I2+07G007GY2Jiw

07G407GO07Gp07CyeGRkYNOxmHhkZG

Bj07Ge2bGl07G007Ki2Jqc1qi+07GX

07G907K71IqK2aaj07GfARXUi5XUiL

vTsZfTsafTsrfTsbbTsLJ4dHTTsZhj

Y3TTsZ7ZsaXTsbTTsZvTsZrTsrvTsZ

gAHgUV07Ki1bi307K707GX07Gn07K3

07G207CyPTrXhbzVpobVgZTTsZ/Ui7

rVjrxxedOytHlfZNOxl9eYjNOxoNOx

mNicg9Oxk9OxltOxtNOxjtOxqdOxvN

OwsdWAv9Wdltekr9Oxm9Ozv9OzjNOz

oNOzjNOzudOxntW9qNSNvdOyotW/pt

OyvNOxmNiYsNOxk9OxltOxtNOyu9Oy

uNOxttOxmtOxkdOxoNOxn9OxoNOxpd

Oyota0r9OxqNOxjtOxqdOwsj06PToa

2bCw2LGH16C216SBPToaGtaCuNOxj9

iRvNOxv9i4idOzi9SMqteUjtOxn9WU

udOyv9OyvNOxmtOxtD061auN1ba107

Ge2bCq1I+R1Iq71pWd07G81oK407Kj

07GX07G007G/07Gj07GY07Gf15KK1Z

6v07Gb1rCt07G407GO07Gp07Cy07KJ

07Ou07Or1Iq71pWd07Ge1qWA1b2z1b

S01ba207Ge2KCN07GR2I6M07GP07Ki

cXnTsrR5X2TTsZ7Vk4LTsrrUiLrTsa

LTsZfTspvTs6DTs4zTsanTsrvTsZjU

jKrXlI7TsZ/YmLDTsbTTsY7TsanTsb

zTsLHVlJLXuZnYmq7TsZvTsafTsbvW

sK3TsbjTsY7TsavTsqPTsLI9OtWfkd

W9kNWIstWQhNOxl9W6mtW6q9Oxq9Ox

qtOxmNOystSNpdW9s9W0tNOystW/vt

erutOyotekr9Oxj9W3itOxqdOyidOz

rtOzq9Oxnta4oNW6r9SNo9mYo9Oxu9

Oyuda6rNOxodW3itOxp9OwsdOzmtOy

idOyn9OyotW/ptOxk9OxltamgNOxp9

OxtNmQqNWvr9OxntSKu9aVndOyotSM

iNOxgNOxqdaBitWeqtOxvNWJg9Wtt9

WJhNmNkgYA1p2D07Ki2Ia107G407K7

1Y2J1aOR1Iyq2J2A07GX1rig07Gl07

K807K707GY07Gf1biA1Yql1rCt07G4

07GO07Gr07Kj07CyPTo9Ohoa1bW415

uf07O207OM07Ou07Gb2aaS07Gp07K7

1Z6v1bup14W82Zij07Gf2Zuo07G/1Z

OC07K807K7PTrVgLLZprDWsJfTsqLW

rLnTsafTsZbTso3Ts6XTs7jTs6DTs4

PTsp/TsZvVtZXXlI7TsafTsa/VkITV

oLjTsLEB1YmE16ue07G707K51bW415

uf07O207OM07Ou07Gb1qCK07K/07K7

07Gj07GY07G807GX07G907K71b+f2L

ON1rCX07Gf2Zuo07G007GX07Gp07Cy

PTrTsafTsbvTsafTsLHTsLzVtZXXlI

7VjrzWpYDViYTZpqPTsZ91SFNVXNOy

idOyn9OzmtOzjNOzg9Oyh9Ozl9Ozs9

OzuNaintWNgdOxm9WOidOxqdOyu9Ox

o9OxmNOyotWMh9OxtNOyudOyvNOyu9

SLpteUjtOwvdOxm9Oxn9WdqNWsmNOx

p9OxmtOxtD061bW415uf07O207OM07

Ou07Ge07C81Z6v1bup14W82Zij07Ki

1ryx07GU2LuV1rm707C907G81rS/1a

uD07Gr07Gq2be/16ST07Gl07K807GW

07G007K707GY07G007G207Gj07GY07

Gb07Ga07K607GO07Gp07CyPTp3cXZx

07Ki1aCb07Kw1ZSm2IO307Op07OD07

Ow07OL07KD07OD07KF07Ob1525AQAA

ANSIt9SLldSIutW3itOxp9OxltOxl9

OystW/ptOyvdOxttOxmNOxtNOxttSM

sdaVndOxn9WBgdOxntOyuNOxttOxm9

OxstOyutOxjtOxqdOwsj06PToa07GO

07GY07KxPTrTsLzYu5XWubvTsZ7Tsb

bTsZHTsZ/Zm6jXhZbTsLHUiJ3VkLXT

sbvTsrnTsZ/YprTXhZbTsLHUiLrVv4

jTsZvTsZ/WsYXTsY7TsrzTsZrTsbTT

sLHUjKrXlI7TsZ7VtbjYkbzTsb3TsZ

/WqqfTsbTTsLHViLLVkITUjpHVsJTT

sZ/Ui6jTsb/Tsa/TsrHXhZbWpqnTsb

zUiLrTsbzTsrvYi5LYsYfVtbjTsZ/W

pYDVlKrTsL0Q1bSa15ew07Ga2LuV1r

m707G82I6u07Kx07Ga07G016C216SB

07G82Ja71Y2j07Gv07K607GO07Gr07

Kj07Cy

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん