「過保護」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 過保護とは

2019-01-07

anond:20190107214045

ごめん、この話は弟夫婦や、親友夫婦の話です。

二人とも子供欲しいって言ってて、でも産まれたら喧嘩ばかり&子供過保護で。

依存先を求めてるだけで。

そんな人いるの?

2019-01-04

anond:20190104084230

三歳でもダメ場合も想定してそこはセオリーじゃなくて個体差を見極める必要あると思う。

過保護~に関してはそうなのか旦那無知なのかちょっとからないし、

餅にしてもどれだけ小さいとか、一度にどれだけ口に入れるかとかにもよる。

旦那の、子に対する扱いが雑に感じるなら上記に関わらずやめさせたいところ。

モチ好きな旦那

うちの子2歳。

https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2018/12/26/special2231

うちは旦那がこのタイプ

アレルギーには理解はあるが、モチはなんでか食べさせる。

それこそ例の「小さく切れば大丈夫」ってやつ。

離乳食始まったときも、「おかゆの代わりにモチをドロドロに溶かしたやつあげれば?」って言われた。

10倍粥作るのが大変に見えて、かつモチなら保存がきくと思ったかららしい。

私は0歳児にモチなんてあり得ない!って怒ったら、「ドロドロに溶かしたモチ知らないでしょ?詰まるわけないよ」って返されたけど本当?

私はモチきじゃないから、溶かしたモチはよくわからず一瞬言葉に詰まってしまった。旦那案は却下したけど。

母親ってやつはこれだから過保護って言われた。(これは度々他のことでも言われる)

それで、2歳になって年末義実家帰って、私の知らないうちにモチあげられてた。

モチ美味しそうに食べてたよ」って旦那

一口サイズに切ったらしいけど、モチって一般的に3歳からって言われてるのに。

そう言う感じで言ったら、また母親過保護〜みたいな態度取られた。

私が過保護すぎるのか?

モチに良い思い出ないです。

2018-12-31

anond:20181231202106

かに、食うためには向いてることをやるしかない。

せやで?過保護に育たなきゃ自然に出る結論なんや

ぼんやりしてたらメシは食えんしインフラも止まる

上級国民上級労働者の家庭以外で過保護はある種「虐待」なのかも知れない

でもそうすると、会社そいつをクビにするのが最善だったってことになっちまうな。

それとも何か、死んだらおしまいからとりあえずクビのがマシだったってか?

せやで?

ただし貰えるものはもらいましょ

障害枠で入ってたか一般枠で入ってたか知らんがいずれにせよ、「労働裁判で勝てるヤツ」やね

ワイだったら労務お仕事する気ないと叱るヤツやな

仕事ができなかった故人

・・・なんておらんかったやん?

anond:20181231200802

だってループするじゃん?

そもそもMommyレベルADHDじゃない場合に薬物治療いる?って話なんや

治療以前に「職業選び」や「自己選択」の話だと思うので

結局、自己肯定感の話になる


自分で選ぶ経験が少なかった

親に学校習い事部活も塾も決められ、自分で何かを選んだ経験があまりない人は、自分尊重されているという感覚を得ることができません。また、自分選択に自信が持てず、他者の選んだものが正しいと思うようになってしまうため、他の人から認められないと自分評価できなくなります


③挑戦させてもらえなかった

まり過保護に育てられると、自分物事に挑戦しようとしてもやらせてもらえず、自信をつける経験したことがないまま成長してしまます。人は、自分で何かができたという達成感を積み重ねることで自己肯定感を高められるのです。その機会を奪われてしまっては、自分は何もできない人間だと思い込み自己肯定感が低くなってしまって当然といえます

自己肯定感が低い anond:20181231181326

「愛されたい」という思いが自己肯定感を下げる


私の中には「自己肯定感が低いほうが愛される」という幻想がありました。

でも、実際は、自己肯定感が低ければ低いほど、人からは軽視されてしまうので、「愛される」よりも「蔑まれる」ほうが多くなるのです。

自己肯定感が低かった私は「人と対等」だったことがありませんでした。

自己肯定感が高く健康な人は、自己肯定感が低い私を哀れみの目で見て「付き合ったって、なんにもメリットがない!」と、静かにから去っていきます

そして、自己肯定感が低い人たちは、さらに低い私を蔑み、踏みつけて、そしていいように利用するだけ利用して、捨ててしまうのです。

自己肯定感が低い原因

自己肯定感が低くなってしまうのは、いったいなぜなのでしょうか? 多くの場合は、幼少期に育ってきた環境が大きく影響していると考えられています。ここでは、その具体例を見ていきます


①親に褒められなかった

親が幼少期に自分のことを認めて褒めてくれた思い出がないと、自分自分自身を認めることができなくなります子どもの力を伸ばそうとするあまりもっとできるはず」とばかり思ってしまう親のもとで育つと、努力しても褒められないため自分価値を見いだせず、自己肯定感が低くなってしまうのです。


自分で選ぶ経験が少なかった

親に学校習い事部活も塾も決められ、自分で何かを選んだ経験があまりない人は、自分尊重されているという感覚を得ることができません。また、自分選択に自信が持てず、他者の選んだものが正しいと思うようになってしまうため、他の人から認められないと自分評価できなくなります


③挑戦させてもらえなかった

まり過保護に育てられると、自分物事に挑戦しようとしてもやらせてもらえず、自信をつける経験したことがないまま成長してしまます。人は、自分で何かができたという達成感を積み重ねることで自己肯定感を高められるのです。その機会を奪われてしまっては、自分は何もできない人間だと思い込み自己肯定感が低くなってしまって当然といえます


④話を聞いてもらえなかった

その日学校であった他愛もない出来事から自分物事に対してどう思っているかまで、親がただ話を聞いてくれて理解してくれるだけで、自己肯定感は育っていきます。反対に、頭から取り合ってもらえず言うことを否定され続けてしまうと、自分意見を述べることができなくなっていくばかりか、自分自身の考えることすら認めることができなくなってしまます


⑤枠からはみ出さないよう教育された

これは、親はもちろん日本学校教育自体にも問題があることですが、周りと同じにできないことを否定され、枠にはまった人間になるよう教育されると、自分個性肯定できなくなります。「空気が読めない」「浮いてる」と言われないよう周囲に迎合するうちに、他者基準評価しか自分存在意義を感じることができなくなるのです。

2018-12-29

IQが低い者は悲しみを背負え

from:wikipedia

残念ながら、IQは成長しても変化しない

同一人物IQは、一般的には成長しても低年齢時とあまり変わりはないとされている。

しかしながら、大きな事件・深い悩みはIQを成長させる可能性がある

大きな事件があった場合や、深い悩みがあった場合などはIQが大きく変動する。「病気」・「父の復職」・「非行」・「競技での成功」・「過保護」・「人種的な悩み」・「体重容貌の悩み」などの要因で、IQが大きく変動するとされている。

2018-12-23

親と話すとパニック発作が起きますが、実家に帰らされることになりました。

 タイトルが全てです。

 今の私には上手い対処法が思い浮かばないので、

おとなしく従おうと思います

以下はただの感情を宥めるための吐き出しです。

疲れて頭が回らないので推敲などはしていません。

再読すらしていない書きっぱなしなので読みづらいです。

わざわざ読んで時間無駄にすることはありません。

キチガイ勘違い被害妄想がたくさん含まれているので真に受けないでください。

1.経過

 幼少期から両親に苦手意識があり、情緒不安定子供でした。

理由不明です。

強いて言うなら、母は精神疾患持ちでヒステリックであり、

父は素面とき過保護なだけの良い父親でしたが、酒を飲むと意味もなく独り言暴言を吐き、大きな音を立てて扉を閉めるような人でした。

また、私は発達障害者なので、私のコミュニケーション能力などに原因があったのかもしれません。

(※発達障害の診断自体は成人後に受けました。

 (ADHDASD協調性運動障害

 しかし、小学生の頃には担任発達障害を疑われていたので、当時から難有りの子供だったのだと思います

変わったところはある家庭ですが、毒親とか虐待とかまではいかない微妙ラインだと自己認識しています

(※母に、子供日本語が通じなくて怖いから幼少期はネグレクトしていたと近年告白されましたが、単にほったらかして一人で遊ばせていた程度のことだと捉えています

 そもそもそれを私に告白してどうしたいのでしょうか。

 私の世話は父が主にしていたようなうっすらとした記憶はあります

 n年前、就職と同時に上京し、一人暮らしを始めました。

(※家族親戚一同から地元就職を暗に望まれていましたが、運良く東京配属に滑り込めました。)

就職直後は実家から解放された喜びもあり、調子が良かったのですが(躁転なので本当は良くない)、

生来不安性や情緒不安定さ、発達障害などのためか、次第に生活業務に困難を抱えるようになりました。

発達障害者社会適応、正直無理ゲーじゃない?)

一時期、プレッシャーの大きく、長時間労働を伴う業務に付いたこともあり、

それがとどめとなってか、

結果として最終的には重度の鬱状態に陥りました。

 診断は双極性障害の2型です。

現在の症状は典型的鬱状態のため、詳細な説明は省きます

なお、躁鬱の自覚症状自体はは高校生の頃にはあり、

ちょうど入社直後に大きく躁転したことを切欠に、

上手くコントロールできなくなりました。

 復職と失敗を繰り返した結果、

現在会社の方から1年以上の長期の休職命令がおりたところです。

 休職となると私が東京に留まる理由もなく、

しろ経済的に厳しくなるため、

帰省余儀なくされているところです。

(父がそういうふうに展開を誘導したことは否めません)

2.実家の現状

 現在実家の状況は、あまり芳しくありません。

 私が上京する少し前に、母は精神疾患により長期の入院となりました。

なお、この時に初めて私は母が学生時代から精神を患っており、独身時代入院歴もあったことを知りました。

それまではずっと、母に癇癪を起こさせるのは私がキチガイからなのだと信じていました。

母はその後入退院を繰り返し、今は入院中です。

(※母の疾患に関する詳細は省きます

 父は、平時は非常に優秀且つ良き父親でしたが、先述した様に、些か酒癖が悪いです。

般若面のような顔をして暴言を吐く父と二人で食事をするのは、正直少ししんどかったです。

また、無自覚ながらも高圧的なところが有りました。

彼の過保護さは抑圧と表裏一体でした。

部活で帰りが遅くなったからって、酔った父から数分間暴力を受けたこともありましたが、いつ思い出してもちょっとよく意味が分かりません)

そもそも何故か私は部活自体が禁じられていましたが、流れとゴリ押しで入部しました。部活動はとても楽しかったです)

 我が家では、父>母>私という明確なヒエラルキーがありました。

(遅くなりましたが、私は一人っ子です)

ただし、ストレスの発散方向は、

父→母→私で固定されていたので、

直接父からストレスの発散としての不機嫌さを向けられたことは少ないです。

もっとも、父の不機嫌さを受けることにより母のヒステリー悪化したため、

そのヒステリーを受ける私の精神ダメージは結局増大するのですが。

 また、父はもともと精神疾患者を迷惑がり、下に見ているところがありました。

休職中の同僚に対する悪態を聞いたことがあります

(なんで母と結婚したんだ?)

父は入退院を繰り返す母にあからさまにうんざりしており、

私が帰省したとき、父は明らかに母に精神DVを振るっていました。

正直ドン引きしましたが、当時の私にはそれを真剣諌める元気はなく、

少し口出しはしましたが、ほぼ見て見ぬフリをしました。

そもそも、あの人たちと真面目に会話しようとすると、平静を保っていられなくて怖くて、迂闊に行動できませんでした。

 この頃にはもう、彼らの顔を見たり声を聞くだけでつらく、真顔を取り繕うのも厳しかったです)

現在も母の病状は芳しくなく、父の酒癖やDVもそのままだと思います

 余談ですが、入社直後に大きく躁転したのは、

入社直前に起きた母の入院に伴う様々なトラブルに起因する、過去最悪の鬱転の反動です。

あの三ヶ月間の私は、道を歩いているだけで唐突に泣き出すような奇人でした。

(発生していたトラブルの詳細は省きます。思い出したくない)

3.懸念事項

 下記は、私が戻らなければならないことを前提として記します。

もっとも、父がそういうあらすじを書いた以上、ヒエラルキー下位の私は逆らえないのですが。

 まず、精神疾患者を下に見ており、なおかつ精神疾患者にうんざりしている父の元に精神疾患者の私が戻ることで、

父の不機嫌さがさら悪化する恐れがあります

父は私には甘いのですが、それでもいずれ我慢限界は来るでしょう。

 次に、母の入院によって、父のストレスの発散先が私になる可能性があります

正直この数年の母の精神疾患は、母のストレスの発散先である私の不在に加え、父からDVによって悪化しているのではないかと私は考えております

しかし、私が実家に戻ることで、おそらく日常の細やかなストレス解消は私の役割となるでしょう。

一々病院に行くより近いですから

ただでさえ日常生活も厳しいような状態の私が、父のストレス発散対象に選ばれることでどうなるのか、考えたくもありません。

療養は諦めて、修行と思って己を鍛えて克服するしかないでしょう。

再び家を出るにはなんとしてでも私の精神疾患を治さなくてはいけないため、

無理してでも治ってしまったら雨降って地固まるですね。

 3つ目に、母と日常的に接触しなければならないことが挙げられます

私は主に母のストレス解消の役割を担っていたため、父よりも母と接触するほうが情緒不安定になりやすいです。

また、私は自分を母と似たような人間であると考えているため、母を見ていると私を見ているようで非常におぞましい気持ちになり、自己嫌悪で居た堪れなくなります

父と会う場合にはその場はとりあえず我慢して、その後自室やトイレなどに籠もってから涙を流して受け流しますが、

母と会う場合にはそこまでの我慢もできず、その場で発作を起こしてしまうこともありました。

(なんで理由もないのに涙が止まらなくなるんでしょうか。正直、止めたくても止まってくれなくて非常に不便です)

 あとなんか他にも色々あった気がするけど忘れました。

雑多なところで言えば

・今の主治医とかかりつけ薬局を信頼しているため、転院に不安がある

地元気候身体に合わない。

地元友達が(東京より)少ない

そもそも東京のほうが圧倒的に住みやす

などがあります

全体的に、今の私には言う権利もないような我儘ばかりですね。

外出も覚束ない状態ではあまり関係のない話でした。

ここまで書き殴ったら少し気分が晴れました。

問題は何も解決していません。

 先程、父と2時間くらい会話した結果、

5時間くらい泣いたり過呼吸したりを繰り返して収集がつかなかったので、

文章に吐き出せて良かったです。

そもそも書き殴りなので文章の体を成していない)

肉体は疲れ果てました。

 パニック発作がここまで悪化してるとは思わなかったので、今までこの症状に関して主治医相談したことはありません。

流石にこの状態では色々と怖いので、主治医頓服精神安定剤など服用できないか聞いてみたいと思います

主治医には実家に帰ること自体、避けたほうが懸命だと言われましたが……。

お金がないのは仕方がない。

治療する気があるのかって叱られても文句は言えない。

 カウンセリングとかで解決しないかな、と思って提案してみましたが、

カウンセリングできる病状ではない

・傷を掘り起こすことで悪化する

のでやんわりと断られました。詰んでる。

 実は以前に2回、父との通話中に我慢できずに泣いたことがありますが、

父は、私が父を恋しくて泣いてると勘違いしてくれたので丸く納まりました。

私は父が怖いです。

 しばらく前に、母の蔵書の目立つところに

『「子供を殺してください」 という親たち』

が置かれていましたが、これが母によるなにかの意思表示、嫌味でないことを願うばかりです。

 余談ですが、この話の最大の被害者は父です。

本人が身体障害手帳持ち)というハンデを背負っている上に、

妻は精神障害者(手帳持ち)、

娘もどうなるか分からないと言うこの状況は流石に申し訳ないです。

私の将来の夢は、

私が責任を持って両親の介護をして、

解放されたあとはできる限り人に迷惑をかけないように一人で老い死ぬことでしたが、

それも果たせそうにありません。

(ここで書かなくても良い父の身体のことを書くのは、

本人に気づかれない程度のちょっとした嫌がらせです)

 最後に。

上京してから色々なことがありましたが、

基本的地元にいた頃よりもずっと良い事ばかりでした。

初めて生活が少し楽しくなりました。

初めて泣かない日ができました。

挨拶をしてもしなくてもランダム罵倒されることがないのは、とても快適でした。

残業帰りに近所のコンビニで買って歩きながら齧ったカロリーメイトも、美味しかったです。

東京趣味に関するショップイベントコミュニティ豊富だし、

社会に馴染めない変わり者にも寛容なコミュニティが多く、居心地が良かったです。

私の様子を見ておすすめ心療内科をこっそり教えてくれるような友人、地元で巡り合うのは難しかったでしょう。

もしも今地元で、あるいは実家で息苦しい人がいて、万が一この部分だけでも読むことがあったら、

家を出る、都会に出るという選択肢があることに気づいてほしいです。

手遅れになってからでは遅いので、一刻も早く決断してください。

都会、楽しいです。

実家の外は、安心できます

 主旨も何もないメチャクチャ駄文を吐いてしまって申し訳ありません。

以上、乱文失礼いたしました。

(これで文章を締める癖が抜けないちょっと昔のオタク

追記(1223-1910)

はてなに長文を書くのは初めてなので常連ではないです。

誤解を産んでしまったならごめんなさい。

証明する方法がないのですが、黙っておくのも申し訳ないので、一応宣言だけしておきます

強いて言うなら、私はAセクかつ性嫌悪なので、

彼氏旦那がどうこうと言う文章をかけるような想像力はありません。

というか想像すると気持ち悪くて無理。

なお、生活保護の方向も検討しましたが、父をどう言いくるめるか考えて諦めました。

アドバイスいただきありがとうございます

2018-11-21

どんどん子供を作ってくれ!

考えなしに産んでもいい。

どうせ考えるなきゃいけないことは産む前にはわからん

それで不満があれば自治体政府文句を言うんだ。

迷惑かけてるなんて思うな。政府はそのためにあるんだ。

子供いるから遊びに行けない」みたいなものでも一向にかまわない。

しろ、そういう言いにくいことほど政府が最も欲しかった意見だ。


少子化対策に一番重要なのは大人の余裕だ。

子供なんて大人に余裕があればいくらでも増やせる。

子供過保護にして親に負担がくるようじゃいけない。

子供には無限可能性があるというが、それはマイナスだってなるってことだ。

どうなるかわからないものに労力をかけるのは非効率でもある。

大人こそもっと価値があるのだ。


独身自由気ままなのは事実だ。

から独身にも負けないくらい豊かで楽しい子育て環境コミュニティを育てようぜ。

2018-11-18

anond:20181117113030

私も増田と同じようなことを考えてしまう。私から見ると、向上心というか改善する心みたいなものが死んでいる人がいる。

できるだけ目立たぬように、エネルギーを使わないように、生きている人たちを見る。


そういう知人の一人曰く、すべてが面倒くさいのだそうな。

自信をつけたい心はないことはないのだが、自己肯定感の低さからくる「どうせやってもあんま変わらんだろう」という思考と、「ダルい」という思考が勝って、現状維持にとどまるっぽい。


まれつきアドレナリンの分泌量が少ないため、闘争本能欲望が薄くなってしま努力する心も軽薄化。

親が過保護で全てお膳立てしてくれるが故に、与えられることをこなすだけになってしま自分から主体的に動いた経験が乏しい。

頑張ったら何かが良くなったというような成功体験たまたま得られなかった。

みたいな要素が絡み合ってそうなっているのかな、と私は考えている。

2018-11-07

親が怖い

自分はダラダラ大学生就活微妙。とりあえず留年だけはしないように学校通ってる。地元からは出て一人暮らし

タイトルにしてるんだけど、親が怖い。

怒ると怖いだとかは当然だけどそうじゃなくて、過保護が過ぎるのが怖い。

毎日くる「何してる?」「どこにいるの?」のLINE通知。それを一日でも気付かず未読放置しようものなら「無事?」「会いに行ってもいい?」のLINEが続く。それも返信を忘れれば電話の通知が何度も入る。授業があると伝えている時間帯にももれなくその通知の嵐。

就活したいと話せば「家に帰ってこい、働かなくていいか家事でもしてくれ」「遠くに行くな」「どうせお前は帰ってくる」と呪いのような言葉を吐かれる。甘言とも取れるがわざわざ地元を離れて大学に出た意味を考えて欲しい。何もない田舎暮らしで寂しく死にたくない。

とにかく自分ダメにさせようとする。バイトも結局辞めさせられた。そのくせ生活費は送ってくれないので飢えている。今までバイトして金貯めて買った娯楽のゲーム機類は全て没収された。こんなん生きる気力奪われてるだけで大学行くのも疲れてきた。こっそりまたバイトを始めたいと思ったけど、連絡してくる時間帯に返信出来なければバレる。

どうしたら親から逃げられるんだろう。嫌いじゃないんだけど、「手元に置いておきたい」って執念が他の人の親見てるより強く感じて怖い。

anond:20181107112004

医者の友人は、子供に飯くわせる時絶対に親がフーフーして冷まさないし、両親にも絶対自分たちの見えない所で子供に飯を食わせないっていってたわ。

過保護かと思ったけど、虫歯菌広めるぐらいなら過保護なぐらいがいいわな。

2018-11-06

anond:20181106232855

性を売ってもいいと認められる頃には、性器生殖細胞疲弊してて、ちゃんとした子供が生まれてこない時代

そういうのが到来すると怖いなあ

今でも25歳ぐらいが早婚、35歳がノーマルとされるレベルなもんで、このまま過保護社会が続けばそんな風になっちゃうんじゃろな

幼少期、歪んでいて動物いじめてた

まだ誰にも言った事がない。反省している。

私の家族普通……ちょっと母親過保護なだけ。兄弟が1人いて、私は末っ子だ。

幼稚園卒業レベルときだった。隣の家の猫がうちに入り込んできた。

隣家の猫というか、隣家野良猫の世話をしていたとでも言うのだろうか?

記憶が薄いけど、アメショーだったと思う。

お母さんは猫糞の片付けとかで良く怒っていた。

可愛かったので母親に頼んで餌を貰い、あげた。

段々と仲良くなっていき、100均で買ったオモチャとかで遊んだりもした。

あるとき一家団欒のときに「にゃぁ」と声がした。

すりガラス越しに、猫のフォルムが見えた。

家族みんなが猫の事を可愛い可愛いと言っていた。

母親猫糞の世話をしているからか、あまりきじゃないようだった。

その時、いつも通り餌をあげたら私の指を甘噛みされた。

ここで、私の何かが切れた。

翌日も、私以外誰も居ないときに猫がやってきた。

だいぶ私に懐いていた。

近くにあった石を軽く投げた。幼稚園程度なのでコントロールも力も弱い。

猫の手前にコロコロ転がっていった。

だが、猫は過剰反応して飛んで逃げた。

私は喜んだ。

猫の純粋運動能力が見れて凄いと思った反面、面白いとも思っていた。

そして、餌をあげればまた関係は元通りだった。

DV典型例みたいになっていた。

念のために言っておくが、猫に当てたことは無い。ストレスをかけてしまったのは事実だと思う。

他の日も、同じようなことをした。

あるときは私が構えただけで超スピードで逃げていった。

餌を2日間与えていたら、また私に擦り寄ってきた。

やはり楽しかった。

逃げていくのも面白かったし、餌を与えると擦り寄ってくるのも楽しかった。

相当歪んでいたと思う。

あるとき、隣の家の人が引越しをするので猫を捨てると言い始めた。

母親の了承を得ようと兄弟と何度もお願いをして、

母親OKが出たから隣の家に行くと「もう捨てた」と言われた。

遠くの公園に捨てたとのことで、もう確実に戻っては来れない状況だった。

公園に行って探しても出てこないし、猫の鳴き声もしない。

戻ってこようとして轢かれて死んじゃう可能だってある。

実際、猫としては、公園に行って良かったのだろうか。悪かったのだろうか。

私はそれ以来、猫やその他動物に触っていない。

当時の心理状況は良く分からない。

から自分への愛情を試していたのかもしれない。

どこまでやれば許してくれるのかの線引きを見ていたのかもしれない。

純粋に私の事を好きになってくれたのが嬉しかったし、どんなことをしても寄ってくるのが嬉しかったのだろう。

権力を持つと、また歪んでしまうんじゃないかとも思っている。

この幼少期の出来事をしっかり刻み、今後も動物には近づかないようにしようと思う。

ありの巣に水を投下した人もいるんじゃないだろうか?

掘り返した人は?

誰でも持っているこの狂気っぽいものが、どうやって消えていくのだろうか。

2018-11-04

家電の機嫌を取るのは難しい

今日は日曜なので10時半に起きた。遅い朝食を取ろうと炊飯器を開けようとすると、スイッチが開かない。

私が「おーい、」と言いながら蓋のところを叩くと、炊飯器は伸びをしたように一度体を震わせて、ボコりと蓋を開けた。

「もう昼前なのに寝ぼけてんのかね」

私がそう言いながらしゃもじご飯をよそっていると、炊飯器は寝起きのだるそうな声をしながら、

「買い主がものぐさだと家電もそうなるんですよ、私はあなたに似たんです。」

と言ったので、少し強めに蓋を閉めた。

「昼にもごはん食べるからちゃんと保温しといてよ。昼寝しないでよ。」

そう言い返したが、返事はなかった。

居間で朝食を食べながら、家電について考えた。

最近、うちの家電たちが私に冷たいのはおそらく気のせいではない。

原因は分かっている。

この前、酔って帰ってきたときに、うっかり一晩じゅう冷蔵庫の扉を半開きにしていたことがあり、中の食べ物を半分駄目にしてしまたことがあるのだ。

翌朝、それに気づいた私は冷蔵庫に謝った。

大丈夫ですよ。誰にでもミスはありますから。」

冷蔵庫クールにそう言ってくれた。しかそれからというもの、今度は炊飯器の方が何かと私に厳しく接してくるのである

私の部屋では冷蔵庫の上に炊飯器を置いてるので、この2器は特に仲が良いのだ。あまり物を言わない冷蔵庫に代わって炊飯器が怒ってるのだろう。当然といえば当然である

怒っているといえば、私はい掃除機との間もギクシャクしている。

理由は私が掃除をあまりしないからなので、これもまったく身も蓋もない話なのだが、

この前の日曜日に久しぶりに掃除機をかけようと思ったら、掃除機の上に埃が被っていた。

掃除機の上に埃がかぶるのは、冷蔵庫半開きにするのと同じくらい罪が重いというのは、想像力が少しでもあれば分かることである

私が恐る恐る「今から掃除しても良いですか?」と聞くと、掃除機はやはりというか、返事をしなかった。相当怒っているようだった。

私は仕方なく、激怒してるせいか吸引力の恐ろしく落ちた掃除機を使って、いつもの倍ほどの時間かかって掃除を終わらせたのである

それから2度ほど掃除機を使ったが、私が話しかけても返事もしてくれない状態が続いている。今日も午後に掃除をしたいので、今から憂鬱である

以上のように、うちの家電は買い主の私に一家言あるやつが多いように思う。直接的な原因は私にあるので、仕方のないことかもしれない。

しかし考えてみると、家電ペットの犬や猫と違って、電気を送ってもらって生きているので、直接買い主の世話になっていない。

そういうところに意識の差というか、飼い主からの自立心の芽生えのようなものがあるのではないか、と思ったりもする。

・・・まあ、電気代を払っているのは私なのだが。

そう考えると、スマートフォン家電類の中で私に一番懐いてくれているのは、私が毎日充電してやってるからなのかも知れない、と思った。

犬や猫も、毎日ご飯をやっている人間に一番懐くというし、スマホにとっては私が「毎日電気をくれる人」なのだろう。

それにスマホケースや保護フィルムなども買って、考えてみると他の家電と違って結構過保護に使っている。

そこで、私はふと思った。

もしかして他の家電たちはスマホに「嫉妬」しているのではないか

同じ家電なのに、スマホはケースやフィルムを買ってもらい大事にされ、しかも肌身離さず持ち歩いている。

その一方で他の家電たちは、日中は買い主の私と会えないくせに、部屋に帰ってきたら帰ってきたで、扉を半開きにされるわ埃を被らされるわ、考えてみるとひどい扱いようである。なぜ今まで気がつかなかったのだろうか。

家電の機嫌を取るのは難しいが、毎日親身に接すれば仲良くなるのは、生き物も家電も同じである。そうではないだろうか。

掃除機雑巾で丁寧に拭く、冷蔵庫の霜取りをする、炊飯器の内蓋を外して綺麗に洗う。これらを行うだけでだいぶ違うはずなのだ

とりあえず今日家電を綺麗にする日にしよう。

私がそう思って炊飯器に近づいていくと、炊飯器は保温ボタンを点灯させ、小さく「ぐーぐー」と音を出していた。きっと昼寝をしているのだろう。

2018-10-17

毒親に育てられた自覚

毒親から逃げられた記念に書かせてほしい。

毒親エピソードはたくさんあるけども、一番大きなものは「ママが正解」の呪いだった。母は私を育てる上で「何事も自由に選ばせた」と思っているだろうし、表面上はそうなっている。しかし実際は母が望んだもの以外を選べばたちまち気分を害し、相づちがおざなりになり、もしその後私の選んだものに少しでもケチがつけば「やっぱりママが正解だった」と笑った。

この「やっぱりママが正解」は今でも私の根底に残っており、何かを選ぶ時(特にその選んだもの・ことを母に見せる予定がある時)には母の反応を必要以上に気にしてしまう。また、母の望んだもの以外を選択した時にはひどい罪悪感、人でなし感に襲われ、何かあると「やっぱり母の言うことが合ってたんだ」と思ってしまう。そんなの気にしなくていいと笑われるだろうが、幼少期から刷り込みなのでもう一生振り切れないだろうと諦めている。今となっては実害もないし。

そんな中で私が唯一幸運だったのが、「自分母親おかしい。そしてそれは周りの人に気づかれない方がいい」という自覚があったことだ。毒親という言葉もない時期に、早い段階でそれに気づけて本当によかった。無事に逃げられたのもそのおかげだと思う。というのも、大人になって気がついたのだが、私の母のような過保護タイプソフト毒親に育てられた人は一定存在する。ただ、それを口に出すかどうかで周囲からの印象は大きく変わっていく。

私が最も気の毒だと思ったのは、以前勤めていた職場40歳近い女性が「門限があるからごめんなさい」と飲み会への参加を断っていたのを見た時だ。ごめんなさいと言われた幹事男性は「◯◯さんちはお母さんが厳しいからなぁ」と笑い、女性は「そうなんですよ、もう」と困り笑いで返していた。

ごめんなさい、母が。

ごめんなさい、母が。

飲み会以外の話題でも、彼女は毎回毎回繰り返してきたのだろう。その結果、彼女職場で「少し変わっている」というポジションにおさまっていた(もちろん大人なので皆あからさまにはしないが)。

また、この女性は「映画を観に行ったら上映直前で母から電話があり、帰らなければならなくなった。しかたないか映画あきらめた」というかなりパンチの利いたエピソードも持っていた。それを笑い話として職場で話してしまうのもまた彼女の不運であったように思う。

私も毒親持ちとして、彼女の話にああ〜わかるわかると思ったことが何回もある。しかし、私がひそかに共感する部分でほかの人々は「えー!?」「それはやりすぎだ」と驚いていた。これは推測だが、彼女は母の話をして周囲から驚かれるのをどこか特別なことのように感じていたのかもしれない。

姉御タイプの同僚が時々彼女に言っていた。

「そろそろ独り立ちしなくっちゃ!」

軽い口調だが、それは真剣忠告だった。

しかし、私はそれを聞くたびに彼女がその忠告を受け入れて独り立ちすることはないだろうと確信していた。なぜなら、彼女の中には私と同じく、そしておそらく私より強く「やっぱりママが正解」の刷り込み存在しているはずなのだから

何かを決める時、親が基準になっていませんか?何かを断る時、親を理由にしていませんか?周りにいる人々は、あなたとおなじくらい親の話をしていますか?親子仲がいいのは悪いことではないし、毒かどうかの基準は人それぞれだ。職場彼女だって、望んで母親そばにいるのかもしれない。

それでも、自覚なく縛られ続けている人々が少しでも減ってくれればと思う。

2018-10-16

2018年アニメ感想 あと百合

たっけて

過去最高に見るアニメ多くて死ぬ

 

からくりサーカス

1話まで視聴

原作厨なのでかなりハードルが高い

アニメ終わるまで原作読まないように注意する

懐かしくて変な気持ち

ミンハイがかっこよかった

林原めぐみにまだ慣れない、「レザァマシオー!」と「アルルカーン!」が弱い気がする、前やってたCMは良かった

橘が出てからが本番(って、黒沢ともよかよw)

 

禁書3期

原作厨です、不安

たぶんこれが最後だろうから楽しみたい

一応黒子いるか百合になるのか?でも今回ほとんど出ないよね

 

ゴブリンスレイヤー 

2話まで視聴 ◎

ゴブスレさんかっこいいね職人って感じ

こういう異世界リアルっぽい話好き

リアルっぽいようでいて、創作お約束みたいなので『はずす』から気軽に見れていい)

 

転生したらスライムだった件

2話まで視聴 ◎

見る気なかったんだけど、ドラゴン面白くて結局見ることにした

気軽に見たい

割とゆっくりペースなんだけど2クールみたいだしね

 

ゾンビランドサガ

2話まで視聴 ◎◎◎

今期のダークホース

現時点で一押し

基本的宮野アニメオカリンうーさーって感じ)

なんだけど、何というか色々すごかった・・・好き

あとゾンビなのに皆かわいい作画が全シーンかわいいアニメとして色々つよい

ニコ動で見てるが、既に最終回泣く準備を皆初めててワロタ

これギャグしかやってないのにいきなり突き落としてくるやつだゾ(疑心暗鬼

百合に期待)

 

ガイコツ書店員

1話まで視聴 ◯

好きだけど、最後までもつかな・・・

 

SSSS.DRIDMAN

2話まで視聴 ◎

見る気なかったんだけど結構よかった

すげー丁寧に作ってるな・・・って思ったらTRIGGERだった

さもありなん

まあ割と「特撮アニメしました」って言えばそれまでなんだけど

キャラ人間模様をちゃんと描かれていて嫌らしさがないし

ストーリーも「アニメっぽく」なってて見やす

あと皆かわいい

クオリティで殴ってくるタイプ

(ちなみに俺は特撮どころかロボすら苦手)

 

となりの吸血鬼さん

百合度 ★★★☆☆?

 

1話まで視聴 ◎◎

今期のきらら難民キャンプ(※きららではない)

別名「ぎんいろモザイク

こけし銀髪陽子の皮を被ったあやや!言うことなし!!

OP見てる感じ、百合度はもっと上な気がする

正直これだけで今期生きていけるくらいのパワーが有る

あと、銀髪富田美憂だった(アビスのリコの人)、すごいなあ

 

アニマエール

百合度 ★★★★☆

 

1話まで視聴 ◎

今期のあんハピ難民キャンプ(※こっちがきらら

ゆみりか!?と思ったらサーバルちゃんだった

尾崎由香、相変わらずネジ3本外れた砂糖みたいな声してて脳に響く

ほっこり系かと思ったが割と笑えた

親友黄色ガチ百合っぽくてにっこり(名前まだ覚えられてない)

親友ポジ黄色過保護百合ってあまり見ない気がする

 

寄宿舎ジュリエット

1話まで視聴 ◎

イチャイチャアニメ(だよね?)

ヒロインかわいい主人公かわいい

主人公に好感が持てた

こういう三白眼ツンデレボーイにすこぶる弱い

 

火ノ丸相撲

1話まで視聴 ◯

王道スポ根漫画って感じ

阿部氏の演技が熱いなあ

 

うちのメイドがウザすぎる

百合度 ★★☆☆☆

 

1話まで視聴 ◯

百合って言うよりロリコンですね

メイドガイを思い出した

メイドとパパがボケてロリがツッコむっていう構成は草

 

やがて君になる

百合度 ★★★★★?

 

1話まで視聴 ◎

citrus難民救済?いやちょっと違う気がする

まだ判断がつかないが見れないタイプではなさそう

女性向けに振り切ってる百合モノは意外と見れないので)

 

ひもてはうす

1話まで視聴 ◯

「あ、ここからー」枠

ほとんどてさぐれの続編

 

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま

1話まで視聴 ◎

こういう絵柄って女子向けでストーリーが苦手なパターン多いんだけど全然そんなことなかった

もふもふだった

ケセパサだった

男がかわいかった♂

 

RELEASE THE SPYCE

百合度 ?

 

1話まで視聴 ◎

脚本家?が不穏とのことでどうなるか未だ様子見

 

抱かれたい男1位に脅されています

1話まで視聴 ◯

黒髪のほうが即落ちするの可愛くて変な気分になる

でも一気に事が進展するのはあまりきじゃない、そこはやっぱこれ系ジャンルっぽい

原作では一気に襲われてるシーンとか、マイルドになってるらしい

citrus難民救済」ってコメントするのやめろや!

 

他の状況

でびどる → 悩ましい、ひもてはうすと同時期にあるの趣深い

SAO → どこまで見たか忘れた、これも悩ましい。個人的SAOは1期が一番好きなんだよね

妹だけど妹じゃない → これ見るなら先にエロマンガ先生見るべきだと思うんだけど合ってるのかな(そして見ない)

Ingress → 1話明後日

ジョジョ → 前期で止まってる

逆裁 → 前期で止まってる

ゴールデンカムイ → 前期で止まってる

豚野郎 → 俺向きではない、たぶん宇宙より遠い場所とか見るタイプの人向けと予想

人外さん → ほぼ実写パートやんけ!!

ソラとウミのアイダ → 少しだけ見た

あかねさす少女 → 少しだけ見た

終電後、カプセルホテルで、上司微熱伝わる夜。 → 僧侶

閃乱カグラ → 友人が「モロ出しやんけ!」と言ってたがdアニメストア規制有りだった

 

まとめ

多すぎるって

 

そう言えば、今回全部ニコ動Amazonプライムで完結してる、ついにこの時代が来たか

2018-10-12

anond:20181012100413

本当にそれな

過保護親に一人息子で甘やかされてきた人だから、本人的にはめちゃくちゃ頑張って家事やってるつもりだろうけど、悪い人じゃないけど致命的に気がきかん

2018-09-26

猫を飼うことの敷居が上がってて辛い

高い餌を与えたり毎月のように病院で定期検診してもらったり猫を飼うことの敷居が上がってるように思える。

飼い主の好きなように育てればいいけど「安い餌を与えると病気になる可能性が上がります」との記事を見かけてビックリ

ダイソーかに売ってるクソ安いのを与え続けるのは問題だけど

(味も相当まずいようで何でも食べるうちの子が全く手を付けなかった)

病気になりがちなのは過保護に育ててるせいもあると思いますよ。

無理して良い餌を与え続けていざというときお金が無くて病院に行けないとそれこそ問題

身の丈にあった値段で猫の気に入った餌をあげるのが一番良いです。

猫は意外とグルメなので一度良い味に慣れてしまうとその後に質を落とすのはほぼ無理です。

餌が変わると全く食べてくれない子もいます

飼い主の収入が途絶えても猫には今まで通りの良い餌をあげねばいけません。

長期的に見るとその方が猫にとっても人間にとっても不幸になると思うのです。

まぁ何が言いたいかというとネット情報鵜呑みにせず

身の丈にあったにゃんことの生活はお互い気が楽で幸せですよという話です。

猫は自立した生き物なのでわりと適当に育ててもなんとかなります

死にそうな猫を見かけたら難しいこと考えずにとりあえず保護してほしい。

腹が立つこともあるし恩返しもしてくれないけど

たくさんの幸せをもらえますよ。

2018-09-13

嫌いな女

なんとなく苦手とか嫌いだな、と思う女の特徴やポイント適当に書き溜めていて、友人にそれを話したところ「理想が高すぎる」と言われた。

そんなことはないと思う。

----

タトゥー肯定している

喫煙者

肥満

フリーター

ギャンブル

・金遣いが荒い

宗教をやっている

・歯並びが悪い

・身だしなみが悪い

・爪を噛む

一人称自分名前

セックスが嫌い

掃除が下手、整理整頓ができない

向上心が何ひとつない

・親が不倫によって離婚している

・過干渉過保護な親がいる

DVした・された経験がある

割れたままスマホを使っている

共依存症

拒食症

無趣味

承認欲求が強い

・一人で外食できない

音痴

SNSアイコンプリクラ

・偏食

ベジタリアンビーガン

・靴が汚い

・髪の毛がバサバサに傷んでいる

悪口が多い

Twitterなどで愚痴吐き専用アカウントを持っている

クレーマー体質

音楽を買わずYouTubeなどで聴いたり違法サイト漫画を読む

SNOWなどで盛った画像動画投稿し続ける

政治観が強く偏っている

Facebook友達が500人以上いる

ハロウィンなどで仮装して繁華街を練り歩く

Instagram意味のないハッシュタグを連発する

ミーハー

ソシャゲ廃課金している

パパ活肯定している

・同性の友人が少なく、異性の友人が多い

芸能人モデルに対してすぐ整形していると言う

・送料無料が当たり前だと思っている

恋人のことを「相方」と言う

2018-09-11

痛みを教える親がいなくなった

必ず体罰を…という推奨する話じゃない。

必要な時に必要な痛みを教えるというのは大事だという話。

教師が過剰な体罰を行い問題になることがあるが、拳骨をコツンとされただけで過剰な体罰だ!と喚く親が増えた。

これはいけない。

子供可愛い気持ちはわかる。だからといって甘やかしてるだけではいけない。

現代の子供が嫌なことがあっただけで自殺という愚かな行為に走るのは、命に対する痛みを知らないからだ。

痛覚はあっても、心で痛みを知らないから命をあっさり捨てる。

嫌な事を感じたのは痛みがあったからだろうという人もいるだろう。

それも正しいが、それは自分の身の一方的な痛みだ。

他人の感じてる痛みを知らない、知ろうとしないから、自分の痛みだけであっさり命を絶つ。

なんで体罰の話をしたかというと、痛みを知っている世代が親になっているはずなのに、大事教育を忘れてしまってる保護者が多いからだ。

言葉だけで理解できる子供はいないんだよ。

子供がうなづいたか理解しているんじゃないんだよ。

時には「必要な痛み」を教えるから、悪いことをしたら怒られるんだと理解するんだ。

痛みを知らない子供が小言程度で済まされれば、悪いことをしてもウンウン言っているだけで終わっちゃうし、と誤解をする。

いや、もうこの時点で誤解でもなんでもない。本当に終わってしまっているのだから

から子供は味を占める。大して怒られないと。

過剰な体罰はいけない。が、拳骨の一つや二つは時には必要だ。

可愛い可愛い過保護に撫でているだけじゃ、子供は痛みを覚えない。

それどころか、ここ数年ではコツンとされただけで親と一緒に体罰だ!と叫ぶ子供も増えた。

教師だけではなく親も含めた大人が、表現は悪いが「馬鹿にされている」

親が痛みを教えず、体罰だと叫ぶだけでは、子供増長するだけだ。これは親の教育が悪いとしか思えない。

なぜ怒られたかを教えないのでは、いつになっても子供理解しないし、そのままやりたい放題やるだけの大人になるだろう。

痛みは親が教える教育の一つだ。


最後に、冒頭のように過剰な体罰絶対に推奨されないし、やってはいけない。

程度を理解して教育するというのも、現代保護者たちは学んできているはずなのだから

2018-09-08

anond:20180904083623

元増田だが、台風の影響はベランダの隔て板が派手に割れたくらいで、

後片付けと修繕に管理会社共々悩まされはしたものの、幸いにもそれ以外に目立った被害はなかった。

しかし、小学生じゃなかったら頭がおかしい、とか関西じゃなかったら心配しすぎ、とか非難されてしまたことにひどく驚いた。

小学生くらいならそういうこともあるよね、とか、関西だったら仕方ないよね、という心配の裏返しと受け取りはしたが、

公共交通機関を始め様々な施設が休業する中、たった半日から出るなと言うことに、そこまで世間感覚乖離があっただろうか。

説明の不備で憶測を挟ませてしまたことが問題であれば、その至らなさを精一杯詫びさせていただきたく思っている。申し訳ない。

ただ、大切に思っている者を過保護にすぎると言われてしまたことで、大変に困惑している。

自由意思尊重と、無謀な行為を諫めることのバランスが、本当にわからない。

2018-08-23

なぜ現代日本では教育に対する予算が少ないのか

陰謀論抜きで

 

どうにも子供蔑ろにするようなベクトルの力が働いているようにしか思えない

老人優遇はわかるんだ、これは有権者に老人が多いか

 

子供当事者子育て世代(30代〜50代)だろうが

この世代はまだ日本において少ないとは言えない

 

子供の数自体が減ったというのはもちろんあるだろうが

しろ世間的には過保護になっていってる

どうにも「教育に対する予算」周りが一人だけ逆行してる

 

ググったらこういうのが出てきたが

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpab200901/1295628_005.pdf

 

教育に対する公的資金は明らかに少ない

なんだかアメリカ医療に対するスタンスのようだ

教育費は各々家庭で払ってね!って

 

どうにも理解できない(陰謀論なら幾らでも出せるが)

そういえば国民はどう思ってるんだろう

2018-08-16

無精髭の男の子

私は地方国立大職員をしている。

奨学金とか、履修とか、進路の関係などを仕事としてきたため、学生と話すことが多かった。

面白いもので、みんな年齢と偏差値は同じぐらいのはずなのに、とてもしっかりとした学生もいれば、全く頼りない子もいる。

女の子は総じてしっかりしているのだが、やはり男の子格差が大きい。

頼りない子は、受付で挨拶ができない、用件を言えない、こちからの問いかけに明確に答えられない、締切を守れない。

提出しなければいけない書類の締切を破ったため、理由を聞いたところ「お母さんが……」と言い訳されたことがある。

それはあなただけで書ける書類なのだけれども。

そういった子には「無精髭が生えている」ことが多いということに、あるとき気づいた。

これは仮説なのだけれど、そういった子の家庭は「父親不在」なのではないだろうか。

お母さんが塾に入れ、受験料を払い込み、入学手続き書類を書いてくれれば、それなりの大学大学生にはなれる。

しかし、髭を剃ること、剃り方は教えてくれないだろう、それは父親が教えるべきことだ。

お父さんが育児コミットしない結果、お母さんは過保護になり、勉強以外には一人で何もできない息子が出来上がってしまったのではないかと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん