「しっちゃかめっちゃか」を含む日記 RSS

はてなキーワード: しっちゃかめっちゃかとは

2020-05-20

ネット議論もどきときにいつも思うんだけど

有象無象が集まってきて各自前提条件のズレだ話をぶつけあって無限ループしてるよね。

AがBという前提ならばCがうんぬんみたいな話してるところに

そもそもAはZなんですけどー?とか混ざってしっちゃかめっちゃかになってる。

論理構造?のフローチャートみたいなのを用意して今の論点ココです

みたいに表示しながら話せばいいのにね。

2020-04-04

[] #84-4「幸せ世界

≪ 前

その地に足を踏み入れた瞬間、すぐに異様な空気感が襲った。

場所は先ほどいた庭と同じ。

目に映る景色も代わり映えしない。

だが「何かが違う」という感覚

リメイクリブートされたシリーズ作品のようなものさ。

同じようで違う。

違うようで同じ。

確信はあるけれど、その“違い”を正確に表現しようとすると難しくなる。

表象だけ語ろうとすれば陳腐になり、個人的な思いを言葉にすれば漠然としすぎてしまう。

あえて言葉にするなら、俺のボキャブラリーでは“第六感が告げている”としかいいようがない。

「体全体がグラグラする……」

以前、世界が分裂しかけた時に、似たような感覚はあった。

しかし、その時とは比べものにならない不安定感だ。

あの時が吊り橋の上に立っているような状態だとするなら、今回はその吊り橋から落っこちているような状態だ。

「“次元酔い”だね。跳んだ先の世界が近い場所だと、細かなギャップに体が拒否反応を示すんだ」

「……何でお前は平気そうなんだ」

「ボクは未来からたからね。次元が違う」

他意はないんだろうが、言い方が妙に鼻につく。

「この分裂世界は、キミのいた世界でもあったんだから酔ってしまうのは仕方ないよ。むしろ、それくらいで済んでいるのは幸いといっていい」

そういえば別次元旅行したとき、同行していたドッペルは大変なことになってたな。

世界の分裂”ってのは“可能性の分裂”でもあるから、別次元では存在を保ちにくいとかで……。

「ん? だったら俺もここに長居したらヤバいんじゃないか? この世界にいるであろう俺に接触でもしたら、かなりの影響があるんじゃ……」

にわか仕込みのSF知識だが、そういうのは大抵マズいことになりやすい。

次元しっちゃかめっちゃかになったり、未来が大きく変わったりするんじゃないか

「そのあたりは大丈夫だよ」

ガイドはあっけらかんと答えたが、その態度がより不安を掻き立てた。

そんな不安をよそに、ガイド粛々と自分仕事を始める。

不思議な造形の小道具を取り出し、何かを解析しているようだった。

「よし、座標が分かった! こっちだ!」

どうにも要領を得ないが、俺は大人しくついていくことにした。

質問攻めをしてガイドが機嫌を損ねでもしたら、ここに置いていかれるかもしれないからな。

…………

「それにしても、この時間帯にしては人通りが少ないなあ。というか、今のところ誰とも会ってない」

しばらく歩くと、最初に感じた違和にも大分慣れてきた。

「あー、この喫茶店、こっちでは潰れてるんだな……」

冷静に辺りを見回し、その差異に思いを巡らせる余裕すら戻ってきた。

けれども駅前広場を通りがかった時は、さすがに驚きを隠せなかった。

「さあ 皆さん 救いが 欲しければ 回すの です!」

突如として何者かの声が爆音で轟き、耳を劈く。

「な、何だ!?

聴こえた方角に目を向けると、そこには白銀世界が広がっていた。

その白銀の正体は、数え切れないほどの人、ヒト、ひと……。

白い装束の人々が、広場にごった返していたんだ。

「さっきから人を見かけないと思っていたが、まさか全員ここに集まってるのか……?」

そして、俺はその装束に見覚えがあった。

「え……あれって“生活教”か!?

次 ≫

2020-03-15

民間検査はいいのだが、マスクトイレットペーパーの時みたいなド低能医者にやってきた時に

即座に警察を呼ぶように周知してからやってあげて欲しい

病院しっちゃかめっちゃかだろうに、アレの相手やらせるのは不毛すぎる

2020-02-04

調査で数時間使う

あああ…昼から調査を初めてもう夕方

自分から見たらしっちゃかめっちゃかテーブル設計書を渡す相手が悪いのか、

それとも理解できない自分が未熟なのか…。

2020-01-05

anond:20200105143047

普通だよ。HTMLが視認性的にもセキュリティー的にアウトという人間老害になっている。

技術屋的にはメーラーによってHTMLしっちゃかめっちゃかなので辛い。

2019-12-17

anond:20191216095352

鉄血ってMS(ダイスレイヴくらいしか容易くぶち抜けない)に対して滅茶苦茶有利な刀って武装特に理由もなく使わなくなっちゃうんだよな(プラモだとハシュマルに付属してるけど劇中未使用)

二期がほんとライブ(笑)のせいでしっちゃかめっちゃかなのがなぁ

2019-12-01

anond:20191201205916

偉いぞ、自分で「読んでないけどチラッとだけ見た」と正直に言えたな。

次は知りもしない事に噛むときは、教えてくださいの姿勢でいこうな。

 

で、一応教えてあげるけど、レーティング入れてゾーニングしたことで「大人責任を果たせなかった」とか、お前の論旨は意味しっちゃかめっちゃかだ。

2019-11-24

昨日久しぶりに咳止めを飲んだんだ

なんかもう七転八倒しちゃって、「ああ、これが……これが……」みたいな変な考えで頭が埋めつくされてさ

考えが言語にならなくて、言語になったとしてもしっちゃかめっちゃかだったよ

でも、この2週間くらいのストレスは発散できたか

2019-11-10

大企業からベンチャー転職した

年の残業時間20時間いかない驚くような白さの大手SESから、自社開発ベンチャー転職した。

月の残業時間20時間になったが、仕事は数倍楽しくなった。

いつでも会えるプロダクトマネージャーという存在がとても強い。

自分が何のために何を作ってるのか、ちゃん理解して仕事をさせてもらえる。

その上で、疑問に思ったことはプロダクトマネージャーに直接伝えられる。最高。

ただベンチャーなので、やっぱり色々甘いところもある。

人の技能は高いんだけど、管理しっちゃかめっちゃかである

それすらも仕事楽しいので私がなんとかしてやろう!!と野望を抱ける。

ベンチャー向きの人間だったんだろうなあと思ってる。転職してよかったー!

2019-11-06

anond:20191106024732

これはそうね、元増田みたいな感じで自称FtX?みたいな人なんか大学LGBTサークルにもおったわ10年近く前だけど

それでぼくみたいなMtFを「えぇ〰全然かわいいじゃんもっと自信持ちなよ❣」とかいってくるんよな、てめえその明らかに華奢だしさらしで潰してても隠しきれないたわわな胸でそれ言うか?って絶対こっちを値踏みしてそうで嫌やったわ

♂→♀をやろうとする人はたいてい第二次性徴テストステロンのせいでしっちゃかめっちゃかになるけど、♀生まれだとそういうのないから、カジュアル性自認が揺らいでるように思い込んじゃったりするのかもわからん

2019-11-03

アンチフェミのための本当の社会構築主義入門

 以下では、フェミがオタク叩きをする根幹思想”社会構築主義”とは?における主として次に挙げる2ツイート問題点の指摘と、関連して宇崎ちゃん献血ポスターについての議論を行う。

そもそも

社会構造ってなに?

どこにあるの?

どうやって見つけるの?

それは反証可能性あるの?」

って、どの研究書を読んでもまともに書いてない。ただ、「ある」ってことを前提にして話をしてる。

そもそも社会構築主義」に限らず、社会学において、社会構造人間行為関係は、最も根本的なところでまったく解明されていない。

人間社会構造を作り、その社会構造人間規定するというのがどういうことなのか(ミクロマクロリンク問題)、社会学出来てから100年以上全くわかってない。

 この文章を書いた理由としては、上記Togetterがあまりに「社会学」についてのひどい誤りを書き散らしているにもかかわらず「参考になった」的なコメントが多くついておりヤベえと思ったためです(「ジェンダー論」についても誤りがありそうだけど詳しくないのであまり触れませんでした)。また、それはそれとして献血ポスター批判側にも「社会学」(同じくたぶん「ジェンダー論」も)を誤解していたり、受け手を誤解させかねない振る舞いが多く見られるのでその点についても指摘しています

 以下では最初に「反証可能性」についての話をした後に、次に「社会構造」の話をし、最後に宇崎ちゃんポスターの話をします。

 まず、反証可能性という用語を真顔で使っていいのは高校生までです。科学哲学(「なにが科学か」「そもそも科学とは何をしているのか」についての哲学)に詳しくない人のために反証可能性について一応説明しておくと、「それが間違いであると認められる可能性が無いもの科学ではない」という理論です。たとえばオカルトに対しては結構これが有効で、やつらはこれを買うと病気が治るとか言って壺を売りつけてくるわけですが、当然買っても病気は治らない。それで苦情を言いに行くと「あなた信心が足りないからです」とかなんとか言って「仮説:買うと治る 実験:買った 結果:治らなかった→仮説は棄却される」という「反証」を受け入れてもらえない。こういう状況を反証可能性が無い、といい、その状況と「まっとうな科学はすべて反証可能性を持っている」という前提からオカルト科学ではないと結論されます

 しかし、であるオカルト科学ではないのはいいのですが、すべての科学反証可能性を持っているかというと怪しい。化学物理学最先端研究だと、現状そこの施設しか営利企業だったりする)でしか検証できない実験結果がネイチャーかに載ってたりする。あれはいいのか、という話になる。「いずれ反証できる『可能性』があるからいいのだ」という人がいるかもしれないが、いまこの瞬間はまだ反証可能性が無いのにネイチャーかに載っちゃうのはどうなのそれは本当に科学なのということはまだ言える。というかそれでやばいことになった事例もあるわけで(ヘンドリック・シェーンSTAP細胞など)。まあ「可能性がある(実際先の2つは実際反証されたやろ[STAP細胞が無いと証明した人が居ないのに反証されたと言っていいのかとか問題もあるのだが省略!])」というところでそこは押し切るとしても、更に根本的な問題がある。

 反証可能性理論から出てくる規範として「科学者ならば反証された仮説にこだわっていてはならない」というものがある。例えば「STAP細胞はありまぁす」とかほざいた奴に対する科学コミュニティからまなざしを思い出してみるとまあわかる話でしょう。しかしそんないさぎよい態度が歴史上とられたことがあっただろうか。例えばニュートン万有引力を「ありまぁす」と言ったわけだが、当時の科学者(とか錬金術師とか哲学者とか、ようするに当時のインテリほぼすべて)から袋叩きにあった。ほぼ1人vs全世界の構図なわけで、それだけの物量の「反証」が寄せられると中には正しいものもあったりする(たとえばニュートンは「エーテル」を存在するものとしていたが、そんなものはない。あるいは単純な計算ミスもあっただろう)。さて、正しい反証を示されたニュートン万有引力という仮説を撤回しただろうか。皆さんご存知の通りしなかったのである。なんと卑怯にも奴は後出し理論マイナーチェンジを続けて「ありまぁす」と主張し続けたのである。壺を売ったあとに「壺は仕事をしたが信心が足りなかった」と言う宗教家と何が違うのだろうか。というのは流石に極論であるにしても、反証可能性という概念が当初思ったほど切れ味の鋭い概念では無いことは理解してもらえたと思います

 そういうのをコミコミで、普通反証可能性」という用語を教わるときは「という便利そうな概念があるけどそこまで便利でもないよ、だから次のパラダイム論が出てきて、それも思ったほど便利じゃなかったので…」というところを必ずセットで教わると思う(ので真顔で使っていいのは高校生まで)のですが、件の人は一体どのような教わり方をしたのでしょうか。

 この時点でこの問いがどうかしていることは明らかなのですが、「社会学が専門」と言った上で「社会構造ってなに?」という問いはまして頭が痛いです。

 社会学史のおさらいをしましょう。なぜ社会学なんて胡乱な学問が成立したのかと言うと、それが必要だと当時の人たちが考えたからです。どういうことか。一般的社会学の成立は、19世紀前半~中盤に活躍したコントスペンサーという人たちから19世紀後半~20世紀初頭に活躍したデュルケームウェーバーという人たちあたりが成立させたと言われています。以下ではコントデュルケームという2人の流れを説明します。スペンサーウェーバーも偉いのですが、「実証的」とか「科学的」とか言われる社会学を作ったのはやはりコントデュルケームだと思うからです。あとぶっちゃけスペンサーウェーバーには筆者が詳しくないという理由もあります

 さて、時代19世紀初頭、フランスコントという人がいました。大抵の社会学史的な文章にはこの人の名前が出てきます。逆に言えばたいてい名前しか出てこないのですが、その理由はおそらくデュルケームと比べるとぶっちゃけまりに見劣りするからです。それでも名前が出てくるのは、彼が今の意味での「社会学」という言葉を初めて使ったからです(正確に言えば彼が提唱したのは社会物理〉学でしたが、ここでの物理学physicsは明確に形而上学meta-physicsと対比される形で使われており、社会形而下学とか、社会についての実証的な学問とか、まあ要するに社会学のことでした)。19世紀初頭のフランスといえば、フランス革命の余波も大きく、社会しっちゃかめっちゃか状態でした。偉かった教会とか王様とかの権威が失墜して、ナポレオン独裁して、また昔の王朝に戻ったりしてました。多分一年ごとに自民党共産党政権を交代してもここまでの混乱はしないんじゃないかってくらいの混乱だったんだと思います。そういう中で生きてると不安になるわけです。幸せになれないわけです。じゃあどうすればええねん、と考えた人がコントでした。彼は「社会学」という言葉を初めて用いた『社会組織必要科学作業プラン』の中で次のように述べています。昔は王様とか宗教とかが社会をまとめあげてたよね。で、今もそれを復帰させようとしてる人がいる。気持ちはわかるよ、でも一度変わってしまったものは元に戻らないわけで、そういうのは無意味。新しい社会には新しいまとめあげの方法必要だよね。そのための方法社会についての実証科学を創設してみんなにそれを教育するということです!なぜならそれによって、社会のみんなで同じものを見て確認するということが可能になり、それでまたみんなの団結が可能になるからです!と。今の意味での「社会学」を全員に教育するべきかはともかくとして、社会についての科学的知見を皆が持つべきだ、というのはなんとなくわかる気がしますよね。というか200年経ってもまだ未達成なプランじゃないかと言う気がしてきますよね。「身の丈」とか言ってる人にはコントの遺灰を煎じて飲ませたいくらいじゃないでしょうか。正直天才の発想だと思います。ここで大事なのはコント王様教会権威(当時は王様神様みたいなものでしたからようするにまとめて「神学」でしょう)の代替物として、「社会学」を構想したということです。にもかかわらず「社会学は神学も同然だ!」と鬼の首を取ったように繰り返してるあたりで、ああこの人は歴史を知らないんだなと思ってしまますが、まあ確かにいまどきハンショーカノーセーのない神学のままではよろしくない。

 それをどうにかしたのがデュルケームでした。彼は19世紀末に『自殺論』という本を著しました。一般教養講義などで社会学を取ったことがある人なら聞いたことはあるはずです。この本の意義は簡単で、社会しっちゃかめっちゃかになると自殺が増えるということを統計的に明らかにしたという点に尽きます。まあわからんでもないけど何がそこまですごいの?って思いますよね。デュルケームがすごいのは統計学が未発達(というかほぼ存在しない)なかで、しかも「社会個人に影響する」という概念自体存在しないなかで、自殺という究極的に個人的だと思われた事柄と、季節や宗教といった普遍的社会事柄統計を用いて結びつけた点にあります。それまでも人の死についての統計は無いわけではありませんでしたが、それは保険のための年齢別の死亡率表のようなもので(それも当時としては画期的だったのですが)、社会と死(それも病死戦死ではなく自殺)が結びつくという発想はまったく存在しませんでした。どれくらい革新的だったかというと、「『社会がこうなると自殺が増える』って書いてるけど、自殺してないやつのほうが多いよね?」「てか社会がそうじゃなくても自殺してるやついるよね?」みたいなクソリプ殺到するほどでした。それほどに統計というものが未知のものだったのです(今でもたまにこんな人いますよね)。かくしてデュルケームは、自殺というものすごーく個人的な(と思われている)ことと、社会構造との結びつきを発見しました。現在に至るまでその後のすべての社会学は、このデュルケームの発想の上に成り立っていると言っても過言ではありません。別に学問的なものでなくても、たとえば「社会をよくして自殺率を下げるべきだ」とわれわれが当たり前に考えているのも、デュルケーム社会自殺関係を明らかにしなければありえなかったことでしょう。あるいはより学問的なことを言えば「身の丈」発言があれだけ叩かれたのも、「貧困家庭の子供の大学進学率は低くなりがちである」「大学に進学しなかった場合は、進学した場合よりも収入が低くなりがちである」といった、日本社会学がこの30年ほどで明らかにしてきたことが人口膾炙したためであると思われます(ちなみに教育社会学を専門にしている先生[竹内洋苅谷剛彦だったと思う]が公民館で講演したところ「先生のおっしゃってることって、魚屋の息子が魚屋になるってことですよね?そんなのみんな知ってますよ」と言われたというエピソード個人的に好き。みんな知ってることを統計的確認するのが大事なんです)。

 このデュルケーム研究ひとつとってみても、あるいは「身の丈」発言に怒れるようになった日本人をとってみても、「社会構造存在する」というのは科学的に正しいし、世間的にも常識となっているとみてよいのではないでしょうか。それを否定するのは、Twitterなんかではなくそれこそ論文を世に問うことによってぐらいでしか可能にはならないでしょう。そのためには社会学の100年以上の歴史通暁していなければならないでしょうが、「反証可能性」を錦の御旗のように用いている人がそうであるとはとても思えません(社会学はその歴史最初からかなり頻繁に科学性を疑われる学問ですから何度も科学哲学の成果を吸収したりそれに反発したりしてきました)。

 まあ、件の人のおっしゃりたいことも部分的にはわかりますよ。社会構築主義うさんくさいって。まあそもそも社会構築主義というものがほぼ定義不能こんにゃく理論なのでそれに反発してもなあって感じもしますが。知らない人のために大雑把に説明しておくと、広義の意味での社会構築主義とは、何か(大抵は個人的で意外なもの)が社会的に構築されていると主張することの総称です。その意味ではデュルケーム自殺社会的に構築されているという社会構築主義者ですし、おそらくフェミニストであろうがなかろうがすべての社会学者がそうです。狭義の意味では現象学的な理論が語用論的展開の中でエスノメソロジックになんちゃらみたいなのがあるようで、一部フェミニズム的な社会学者はこの立場を取っているようですが、この書きぶりからもわかるように筆者は詳しく知りません。こんな曖昧概念を「ラディフェミ(≒社会構築主義)」と書いてしまえる胆力には脱帽しますが、その後社会学全体が神学だみたいな話もしているのでそもそもよくわかっていないのでしょう。

 それとは逆に「よくわかっている」人が社会構築主義批判した例として、イアン・ハッキング『何が社会的に構築されるのか』『何が社会的に構成されるのか』(誤字指摘感謝Twitterで「社会構築主義」と「社会構成主義」の違いを尋ねていた人がいましたが、場合によって一緒だったり違ったりします。ここではルーズにごっちゃにしていましたが流石に書名はだめですね)を挙げておくことは有用でしょう。この本は社会学を好きな人も嫌いな人も読むべき本だと思いますハッキング学者たちによって「Xの社会学的構成」とか「Xを構成する」とか言われているものリストをわざわざ並べ立てます。いわく「著者という存在、義兄弟子供テレビ視聴者感情事実ジェンダー同性愛文化、病、知識、読み書き能力、『要治療』とされた移民自然口述歴史ポストモダニズムクォーク現実連続殺人工学システム、都会における学校教育人口統計女性難民若者ホームレス現象ズールー族ナショナリズム」などが社会的に構築されるのだそうです。まあ、「若者ホームレス現象」とかは確かに社会的に構築されてそうだな、と思うけど、「クォーク社会的構築」とか「ポストモダニズム社会的構築」とかはさっぱり意味不明である。また、その種の中には「実験器具メーターを社会存在(つまり人間である)が社会の中で観測しているのだから科学社会的に構築されている!」みたいなものもあるようで、そこまで行くと「万物は流転する」みたいな悟りレベルに達してそうですげえなと思わされます

 ハッキングは中でも「ジェンダー社会的構築」について着目します。いわく、「ジェンダー」って概念そもそも生物的性」に対するカウンター概念としての「社会的性」だったのだから、「社会的性の社会的構築」と言っていることになり意味なくね、と。まあフェミニズムの側にも言い分はあってハッキングはそれも紹介しているのですが、詳しくは本を読んでください。最初20ページくらいまででまとまっているので。

長すぎたので続きます

https://anond.hatelabo.jp/20191103164229

2019-10-26

N国とか小池とか世の中しっちゃかめっちゃかにしてて面白い

おもろくしようとか言いながらつまらんことばっかりやってる京都大学より面白い

2019-10-17

anond:20191017015818

そもそもこういう疑問が生じてしまう程度にリベラル定義しっちゃかめっちゃかにした社会民主主義の連中こそ謗りをうけるべき

別に日本戦後左翼がどうこうじゃなくて、68年運動を支持してた西側インテリ連中全部だよ

2019-10-09

医者と同じくプログラマ免許制にするべし

人体にメスを入れる医者免許制なのに、

プログラムにメスを入れるプログラマ免許制でないのはおかしいだろ

プログラマ免許制にして、然るべき資格試験突破して能力証明したものけが

プログラマとしてプログラムの変更を許可するべきだ

試験突破できないクソザコは、無資格の補助作業者として、プログラマの補助に徹するべき

世の中には、本当に知識経験もないクソザコ無能にも、恐ろしいことにプログラムの変更をやらせしまっている現場がある

当然、クソザコ無能はクソザコ無能なので、ガキがカエルの腹を開くが如く、

プログラムの中をしっちゃかめっちゃか掻き回して、最後には死に至らしめてしま

もし、自分の子どもが盲腸かなんかで手術となった時に、クソザコ無能が執刀を担当するとなったらどうだろうか?

腹わたが煮えくり返らんばかりの怒りがわくはずだ

自分が手がけたプログラム子どものようなもの

クソザコ無能なガキには指一本触れて欲しくない

プログラム免許制にすべし。そして全てのクソザコ無能生ゴミプログラマは、一生雑用しててください。

2019-10-08

まどマギ11話で担任が「職員会議しっちゃかめっちゃかよ」と言ってるところで何故笑ってるのかわからない

もう何も怖くないと残念さやかちゃんでしたが死んでるわけじゃん?

なんであいつ笑ってんの?

ノーベル賞は生きてないと受賞出来ないの?

死人まで含めてたらしっちゃかめっちゃかになるからかな

2019-09-10

[]9月10日

○朝食:なし

○昼食:助六寿司

○夕食:卵、納豆チーズ玉ねぎ人参ウインナートマトスープロールパン

調子

むきゅーはややー。

仕事はなんか全方位的にしっちゃかめっちゃかになる出来事が発生して、うちのチームの一番偉い人の

コードバグでもなく、仕様バグでもない、プロジェクト自体バグってるっていうことなんですよ!」という名言が飛び出す始末。

まあ、こんだけめちゃくちゃだと、下っ端としてはすることないので今週は早く帰ろう。

コマスター

シェイミランドフォルム)、ライボルトメガ)、カミツルギカミツルギサメハダーメガ)、ベベノム

こんなデッキと当たったのだけど、メガ進化に、UBに、Z技にと、SwShでなくなりそうな要素を思うと、自分もこういうデッキを組みたくなるね。

いや、なんで僕は第7世代の振り返りを本編じゃなくコマスターでしてるんだ? という巨大すぎる疑問があるわけだけど。

ただ、コマスター自体を振り返ると、結局僕の好きなあくタイプあくタイプとして活躍できた時期って、カメックス環境からイベマニュマニュマニュ環境になって、そこからあのデオキシスが来るまでの間だけだったのが寂しいな。

あくタイプであることに意味のあるコマが少ないのが、こうして終わりに近づいた今になると、とても寂しい。

○ポケマス

攻略情報も出揃って、だいたいどんなゲームなのかもわかったので、改めてプレイ

ただ、こういうキャラクタかわいいかわいいゲームで、リセマラ妥協したのはよくなかった……

シナリオ加入のあくタイプキャラがだいぶ後半なので、そこまでモチベを維持できるかどうか怪しい。

○ポケスクSP

このゲームイベント時間制限がめちゃめちゃシビアから、1日サボるとかなり辛いし、課金で取り戻すにしても、その額が割とゾッとする額になるから遊びかたが難しい。

やっぱり僕はあくタイプポケモンが好きなので、あくタイプ図鑑に載せることを目標にしようとは思うのだけど、なかなか難しい。

2019-09-05

趣味小説を書いている人によくあること

有名作家と同じフォントや同じ体裁になっているだけで自信をつけ小説家気取りで字書きとか自称してしま

そのくせ内容はしっちゃかめっちゃかで書いた本人以外には内容がわからないようなありさまだったりする

書いた数や取り組んだ年数は関係ないと言いつつも自分経験を誇っている

やがて部屋の隅に積み上げてきた紙の束以外には活動痕跡がなにもないことに気がついて虚しくなる

虚しくなるがやめられずかといって新しいことに挑戦することもせず

結局のところ漫画も絵も楽器も歌も囲碁将棋裁縫もだめだった人間最後にいきついたのがいわゆる字書きだったわけなので才能も修行する気もない

でもまあ印刷ボタンを押すと美しく一列に並んだ文字が出てくると嬉しい

2019-08-06

anond:20190806191153

8時間勤務で出来る仕事なんて限られてる。

人間に出来るのは精々使えない人材を動かして世の中をしっちゃかめっちゃかにして仕事した気になる事だけ

2019-07-23

がんばってるの意味がよくわからない話

「がんばりたくない」と言うと

「がんばってるよ」とか「もっとがんばれ」と返されるが

現在がんばってる認識がこっちはないので何を期待されてるのかわからなくて話がしっちゃかめっちゃかになることがよくある

結構何年も放置してたんだけど、ちゃん意味認識しないと大人として駄目なのかもと思い始めた

がんばってないは自分としては精神的肉体的に不可逆なダメージを受けない範囲で働いているという意味。なんか理解が間違ってるのか…

2019-07-18

anond:20190718020246

集団的自衛機構であるNATOが作られたヨーロッパと違い、アジアにおけるアメリカの対ソ連戦略日米同盟米韓同盟代表される多数の二国間同盟によって実施された。これをハブアンドスポークという。

そのハブアンドスポークモデルを脱してNATO存在するヨーロッパに近い状態を実現するための戦略が日米韓防衛協力であり最終的には日米韓同盟を目指していたのだが、日本韓国それぞれの国内での民族主義者による反発やアメリカファースト標榜するトランプによってしっちゃかめっちゃかになっているのが今。

ASEAN南シナ海での中国活動に反対する声明も出せない状態だし頼りにできない。

インドUS-2を買うふりをしたりして日本から最大限色々と引き出そうとしているが中国と完全に対立するつもりもないし信用出来る国ではない。

日米豪の三カ国連携現実味があるが、日本捕鯨オーストラリア世論の反発を日本人が思っている以上に買っている。

2019-07-12

anond:20190712215929

というよりさ

「助けてほしければお前も声を上げろ」つったら、お気に入りの奴も気に食わない奴も等しくギャーギャー言い出してしっちゃかめっちゃかになるに決まってんじゃん

あとは誰の声を聞き入れて誰の声は無視するかの取捨選択しかならない

2019-06-26

過労

6月に入って社員が5人もいなかった我が社に3人も新入社員がきた

教育係はすべて俺 通常業務が激務でマニュアル作成が間に合わずてんやわんやしてる

他の社員もまわってないからもうしっちゃかめっちゃか

マニュアルマジだいじ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん