「抵抗勢力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 抵抗勢力とは

2020-10-05

今や、独裁は「改革」の名の下にやってくる

以前、行政改革に名を借りた利益誘導欺瞞について増田を書いてから三週間経ったが、基本的にその印象は覆っていないどころか、ますます強まっている。

そのうえで、菅総理大臣は、「推薦された方をそのまま任命してきた前例踏襲してよいのか考えてきた。省庁再編の際に、必要性を含め、在り方について相当の議論が行われ、その結果として、総合的、ふかん的な活動を求めることになった。まさに総合的、ふかん的な活動を確保する観点から、今回の任命についても判断した」と述べ、今後も丁寧に説明していく考えを示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201005/k10012649301000.html

例の六人をなぜ外したのか、という質問に対して「前例踏襲してよいのか考えてきた」というのは答えになっていないが、ここでも事態に対して「私(=権力者)は支持されているから正しい」「敵は改革への抵抗勢力」というアングルをつけようとしている。あれ、この「聖域なき構造改革」風のレトリックって十何年前にも見たことが無かったっけ…?

2020-09-17

安倍劉禅立場自分がなったら彼らより上手くやれる気がしない

彼らの失政見てから暗君余裕でしたってなるに決まっている。

安倍の代わりに総理大臣になって、はてな的な思想を完コピして改革を行おうにも抵抗勢力が強大過ぎて屈服するか降ろされると思う。総理大臣独裁者ではないのだから、たとえ自分1人だけが正解を知っていても他人を説得して動かさなければならない。

コロナが現れた! コマンド? アベノマスクを配らなければ解決するような簡単問題ではない。

劉禅の代わりに姜維に北伐をやめさせて国力を蓄えることに専念したところで時が来れば魏に攻め滅ぼされるだろう。

晋の恵帝に成り代われば八王の乱を止めて異民族の台頭を防げたか? 力を持った外戚皇族・側近の激しい対立をどうやって収めるのか。皇太子すら殺すようなヤバイ奴らだ。死にたくなければ恵帝みたいに黙っているのがよかろう。

アッバース朝最後カリフ書道読書にふけっていたというが、彼の代わりにモンゴル帝国撃退できる自信がない。敵が大軍を率いて押し寄せてきたら現実逃避して読書でもやるのが自分にはお似合いだ。

2020-09-04

三日坊主

頭に浮かんだ言葉を1200文字ほど書き続けるのがモーニングページ。

前回は敢えなく二日で中断した。

こうして書き始めたいまも頭の中から謎の抵抗勢力が湧いてきて、

やめろ、眠ろう、コーヒー飲もう、スマホみるべきだ!などのメッセージを送ってきている。

地球から月へ向かって発射したロケット重力から脱出するときが一番エネルギーを使うというが、正にそれだ。

習慣という名の引力は強い。

平凡な人生を送ってきた自分エンジンは弱い。

勿論パイロットも貧弱だ。

ただ、月は輝いていてとても美しいから幾度となく挑戦をしてしまうのだ。

と、美談にするのは勝手だが、事実はたったひとつ

三日坊主なのである

少しだけ頭が軽くなってきた。

取っ掛りの5分を超えればなんとかなるものだ。

今日も在宅で仕事をする。

作業に取り掛かると、取り止めのない言葉が頭に浮かんでくる。

後悔と妄想がその殆どだ。

やるべき事はいだって、目の前のことに取り組むということに他ならない。

タスクを書き出したら機械的に取り組む。

頭を使い、手を動かす。

気持ちが沈んだらストレッチなどをして体を動かす。

スマホは大敵。無限時間を浪費することになるから

とはいえ、わかっていても気持ちが乗らない時もあるだろう。

ここの攻略法がわからないのだ。

やる気なしモードになってしまうと、かつて封印したゲームを引っ張り出してきて

2,3日嵌ってしまう。

その流れでスマホsnsなどをグータラ見続けてしまう。

自暴自棄になる。

こんなことをしていてはダメだとやる気をだそうとする。

そして、三日坊主

やる気の輪廻転生

俺は三日坊主

2020-08-16

note問題ビジネス側起因の可能

note執筆者IPアドレス漏洩した件で、エンジニア能力問題視する声があがってるが、エンジニア問題とは言い切れないと思う。

自分経験したある現場では、マーケターと呼ばれる思いつきだけで仕様を決める立場の人がいて、エンジニア反論はすべて言い訳として扱っていた。

セキュリティ問題を指摘しても、言い訳ばかりで言うことを聞かないと経営陣に訴えていたし、納期が厳しすぎると言っても、お前らはスピード感がないなどと根拠なく嘯いていた。

その結果、十分なテストコードレビューもできないまま、セキュリティ問題ソフトウェアを作らされるていたという状態だ。

エンジニア抵抗勢力と考え、うまく言いくるめる方法を考えたり人事権給与決定権をちらつかせて奴隷のように働かせようとするビジネス側がはびこると、こんなふうに低品質ソフトウェアができあがる。

そしてマーケターと呼ばれる立場の人たちはリリース時に高評価待遇を勝ち取り、その後セキュリティ問題が発生した場合エンジニア徹夜対応しつつ低評価余儀なくされるのだ。

今回のnoteがこのケースに当てはまるかどうか知らないが、エンジニアが無理な仕様無理なスケジュールで働かされる現場があるということはもっと知られてよい。

2020-07-24

それでも私は安楽死を支持する

私は安楽死を支持する。その早急な法制化を望む。それへの抵抗勢力は徹底的に粉砕されるべきだ。

そう考えるに至った経緯を、以下に書く。

何年か前、某所で尊厳死安楽死に関する議論したことがある。私が安楽死について肯定的なことを書いたところ、反対派から反論されたのだ。私の書き方もあまり良くなかったので、議論を挑まれたこ自体は構わない。だがその議論で、私は安楽死に対する信念を強化することになった。

議論の中で、私は自分家系について触れた。私の家系はがん患者が多く、しかも体中を蝕まれて苦しみながら死んでいった者が何人もいる。私もそうなることはほぼ確実で、だから私は苦痛に満ちた死よりも慈悲の一撃による安らかな死を望む、それを邪魔する安楽死反対派のことは支持できない、という趣旨のことを書いた。すると議論相手は、次のように書き込んだ。

「それでも、自殺することは禁じられていません」

唖然とした。私はさっきまで、体中がボロボロになってひどい苦痛に苛まれていた親族の話をしていたのだが。「自殺できるでしょ」って、しまない自殺自力遂行できるのは健康人間だけだという程度の想像力も彼にはないのだろうか? そりゃ自分一人で自殺する分には法によるお咎めなどないことは私だって知っている。私はただ死にたいのではなく安らかに死にたいのだ。

さらに彼は、私の自由主義的な主張にも反駁を加えてきた。私は、同性婚選択夫婦別姓と同じく選択権利を求めているだけなのに、同性婚や別姓の問題では同じ側にいたはずの人たちからなぜここまで否定されるのかが理解できない、と書いたのだが、彼は言った。同性婚や別姓を主張する運動同性婚や別姓を選んだ人たちが幸福に生きるための運動をしてきたが、安楽死推進派は病に苦しむ人びとが幸せに生きられるための運動をしてこなかった、だからそれらは同列には論じられない、というのだ。

私は、ただ安らかに死にたいだけなのに。

他人幸福のための運動をしなければ、私には安らかに死ぬ権利すらないと言いたいのだろうか?

この時点で確信した。安楽死に反対する連中には人の心がない。彼らは私が苦しんで死ぬことを望んでいる。

もちろん彼にそんな意図はないのだろう。でも、彼は私の安らかな死を、よくわからない運動の都合とか、見ず知らずの他人選択とか、そういったものの下に置いたのだから、結果としてはそういうことになる。私にとって見ず知らずの誰かが望まぬ死を強制されないかわりに、私は苦しんで死ねというわけだ。

鬼畜だ。こいつらは鬼畜の集まりだ。

優生学は間違っている。高齢者ALS患者知的障害者が「社会お荷物」だからというとんでもない理由で意に反した死を強制されるなんてことがあってはいけない。だから安楽死を認めるが、その際には厳格な手続きを導入すべきだ、強制を排せる仕組みを構築しなければ、という議論なら私は賛成していた(というか、そういう施策を私は支持していた)。私は彼らに死んでほしいわけじゃなく、自分が安らかに死にたいだけだから選択の自由を認めてほしいだけだから

でも彼らは、意に反した死を強制されるかもしれない人たちを守るために、私が安らかに死ぬ権利は認めないのだという。

見ず知らずのやつらが自分意志を貫けないという恐れのせいで、なんで私が苦しんで死ななきゃならないんだ?

それ、私には関係ないよね?

しまずに死にたいというのは、そんなに強く否定されるほど、他人の都合で却下されなければいけないほど身勝手な望みなのか?

安楽死に反対する人たちの書いたものを色々読んだ。彼らの書いたものの中には、苦痛のない死を迎える権利についてはほとんど書かれていなかった。彼らにとってそれはどうでもいいことらしい。

私の苦痛あなたたちにとってどうでもいいなら、あなたたちに死が強制されることも私にとってどうでもいいことになってしまうのだが。

あの議論を経て、私の考え方は変わった。安楽死反対派は本質的に、私が苦しみに満ちた死ではなく安らいだ死を迎えることはたいしたことではないと思っているということが理解できたからだ。だったら、ALS患者高齢者死ねという圧力に抗しきれず安楽死書類サインしてしまうことだって、私にとってはどうでもいい。見ず知らずの他人意志薄弱すぎて死ねと言われて死んでしまうことは私には何も関係ない。私はただ、ひたすらに安楽死を支持すればいい。自分権利を強く主張すればいい。

私は、私の苦痛を切り捨てる冷血漢どもよりは、私に苦痛のない死を保証してくれる人たちを支持する。結果として死を強制される人が出てきたところで知ったこっちゃない。だって安楽死反対派は、私に苦痛強制しようとしてきたのだから。そんなやつらが死を強制されることを、なんで私が心配しなきゃならないんだ? あの冷血漢どもが私の苦痛心配しないなら、私にもあいつらの死を心配する義理なんてない。

から私は、たとえそれが新自由主義者であろうが、安楽死を推進する側を支持することを決めている。私が苦しんで死ぬことを望んでいる側にはつかない、そんなやつらには徹底的に立ち向かって自分選択権利を守ると、反対派との議論の中で決意したのだ。

安楽死は早急に実現されるべきだ。反対派に屈してはならない。彼らは人の心がない冷血漢で、他人の苦しみを座視する連中なのだから

ところで、医者には応召義務があるのだから安楽死を認めることは医者殺人強要することになりかねない、という主張もあり、これはもっともだと思う。だから安楽死に際しては応召義務を解除しうる法整備をすればいいと思う。それはブラックリスト方式で、デフォルト安楽死を認めるものとし、安楽死拒否する医者役所に届け出た上でそのことを周知する看板かなにかを設置しておき、そういう看板が予め設置されている病院では安楽死を断れる、としておけばよいのではないか。これなら死ぬ権利と殺したくない権利を両立できるかと思う。死にたい患者はその病院を避けて別の病院にかかればいいのだ。

2020-07-17

和牛券の時にも思ったんだけど、なんで特定の奴を救おうとするんだろう?

予算的にそうするしかないのは分かるんだよ。

分かるんだけども「特定の奴が得をしている、既得権益だ潰せ!!!」って叩くことで支持を集めてきたのが21世紀じゃない?

ヤクザ自民は「抵抗勢力」と称して郵便局を叩いて喝采を浴び

チンピラ民主は「埋蔵金」と称して公務員を叩いて喝采を浴び

インチキ自民は「不正受給」と称して生保はじめ福祉全般を叩いて喝采を浴びてきたじゃない?

こういう歴史を積み重ねてるのに、特定の奴に得を流す、そういうムーブをしたらあっという間に国民さんの支持が剥がれていくって想像つきそうなもんなんだけど、なんでやっちまったんだろうか?

どうせなら特定の誰かを「こいつらは潰してもいいんだ!」って吊し上げたほうが国民さんもノッてくれたと思うんだけども。

俺はそこのところが良く分からない。

anond:20200716204211

2020-07-09

anond:20200703212854

政治家官僚=悪、民間=善という価値観愚民多数派小泉政権を支持してたか

ハァ?と思って反対するやつは抵抗勢力としてたたかれまくってたやで

2020-06-22

anond:20200622084107

しろ右派バリバリ小泉自民政権を生み出したからこそその後日本は苦しんでるんですが?

あそこで抵抗勢力といわれた連中が勝っていればもう日本は復活してただろう。

民主党経済政策で言えば新自由主義右派だし。

右派左派というのは強者より、弱者寄りぐらいの意味しかない。

から順に

自由主義新自由主義)、ケインズ社会主義マルクス社会主義

だ。

1940-1980年社会右派でうまくいったってのは、一番右の自由主義1930年世界恐慌世界から放逐されていたから。

今はでんと自由主義が本流としてある以上、正しい左=ケインズ社会主義に導くのが正しい。

2020-06-14

anond:20200614204517

小選挙区制が悪いんでしょ。上位2党が腐ったら、うんこ味のカレーカレー味のうんこ、どっちを選ぶ?になってしまうから

でもまあ選挙以前にどういう特に経済運営が良いのかを市政の人間がわかってないと政権は正しく動けないというのは言えるな。

小泉自民党も結果的に見れば大失敗だが、当時は熱狂を基に支持されて、正しかった反小泉抵抗勢力が追い出されたのだから

2020-05-26

anond:20200526221155

かにこういう人はいるのよ。今ので楽なんだから変えてはいけないって。

これが機材刷新の時にどうしても抵抗勢力になったり、彼らに配慮して機能再現しようとして炎上したプロジェクトをちらほら見てる。

2020-05-07

anond:20200507155206

「わかりやす政治」は「わかりやすい敵を作って騒ぐこと」なんだよ。

緊急事態であればあるほど事態そっちのけでもわかりやすい敵を作れば仕事やった振りができる。

小泉の時の抵抗勢力たたき。さらにその後どうなった?ただ氷河期不況を作ってそれで終わりだっただろうが。

からわかりにくくても経済の内容を知って勉強しないとならんの。

2020-02-22

偉い奴の思いつきこそが正しいという風土になってしまったんだろうな。

で、その偉いやつを選ぶすべも失われてしまった。能力主義というが、マネジメント能力ではなく、ただ勢いが良いからとか偉い奴に従順だとか血筋だとかが大事になった。

から思えば小泉小泉抵抗勢力で、抵抗勢力が正しかったのに小泉を選んだのが過ちの始まりだったか

更にその偉い奴に忖度することこそが正しいとなった。コミュニケーション能力って結局偉い奴に忖度するスキルだった。偉い奴に疑いを持たせないようにネトサポみたいなのを強力にさせることを図った。

それがゆえに、橋本Jrみたいなのをトップにつけて、思いつきのガバガバ隔離隔離だと思い、現場はあの隔離が正しいと言わざるを得なくなった。

船内の隔離ができてないのをできているといい、できている前提で偽陰性ウィルス感染している奴を野に放つ。さら厚生労働省職員を多数危険晒した。

厚生労働省パンデミックはもう避けられないだろうし、国会議員まで派生するか否か。でも橋本Jrへの忖度があるから官庁議員対処すらしない。

ネトサポ所詮あれはただの風邪だ!と工作をする。

ただただ無能なのをネトサポ使ってごまかすだけになったのだろうな。

2020-02-19

相手バカ呼ばわりする奴が一番バカなんだよ

宇崎ちゃんラブライブと、昨年来一部のフェミニスト発言が注目を集めている。

とはいえその内実は、賛同ではなく反発の声、もっとハッキリ言うならフェミニスト姿勢を叩く声が強い。

しかし、その無闇やたらな叩きは非常に危ういと感じる。

というのも、彼女らの発言一見挑戦的だが、その殆どは、多くの女性から最低でも「まあ分かる」という同意を得られ、かつ一部の女性が抗議の声を上げるほど猛反発しない内容になっている。

もちろんスベってるときもあるが、それでもなお「女の敵は女認定される事態にはなっていない。

その発言目的は「公平な社会の実現を妨げる抵抗勢力可視化」であり、それは今のところ見事に成立しているのだ。

から彼女らの発言を「オタク狙い撃ち」などと解釈するのは被害妄想もいいところだし、もし彼女らを「愚かな生き物」と見なしているなら、そういう見方は即刻改めたほうがいい。

しろ彼女らは一流の喧嘩屋であり、そういう手合に対し「荒らしに釣られて顔真っ赤」みたいな反応を返すのは、まさしく飛んで火に入る…というやつである

それこそ怒れば怒るほど、怒っている人間にとって最も望ましくない結果に着々と近づくまである

ましてや「フェミニストには自浄作用ガー」なんて大ハズレもいい所。

やるべき事は反発でも無視でもなく、一定同意共感ベースに、まずはきちんと話を聞くことだろう。

それは別に恭順や服従や負けを意味しない。

あと対話において「オレに分かる話し方をしろ」というのは一応、正当な要求ではあるが、同時にそんな幼稚な態度でいいの?とも思わされる。これはまあ個人的な「お気持ち」だけど。

2020-02-03

anond:20200203090919

二大政党制で、両方の政党新自由主義政党になった上に、新自由主義って、金の回転無視財政政策無視、萌芽研究科無視でどうしようも無くなってますが。

幸い比例でれいわが少し食い込んだかられいわがどれだけ伸びてくれるかだな。それに加えて、緊縮、反緊縮での対立構造にできるか。

共産党とくんだ云々は、民主党本体ゴリゴリ新自由主義で緊縮路線からしゃーない。

ってか、緊縮、反緊縮ってまさに小泉の時の小泉VS抵抗勢力での論点から、あの頃に緊縮に関する知見があったらなぁと悔やまれる。小泉抵抗勢力が正しかったんだなぁと。

後、中選挙区制問題はあったが、小選挙区制ヒラメ量産よりはマシだから中選挙区に戻って欲しい。

2020-01-15

anond:20200114184624

小泉政権も、民主党政権も方向は同じだったからだろうね。

しろ小泉政権の時に「抵抗勢力」とされていた連中が正しかったってこと。

小泉時の抵抗勢力が言ってたのは、バブルの傷跡で需要が不足しているのだから公共事業で支えないとならないということ。

いま、MMTを言ってる連中と同じ。

あえていうなら「バランスシート不況」という概念リーマン・ショックというまた別の大規模バブル崩壊があって着目されたということだろうか。

2019-10-19

anond:20191018132747

一部のフェミ/ミサンドリストって執拗抵抗勢力ネトウヨにしたがってるよね

天皇お気持ち示そうが自由剥奪される理由にはならんし、なったらこえーだろ

2019-10-17

赤十字既得権益抵抗勢力

さっさと人工血液実用化されていれば、こんなことにはならなかった

2019-09-17

anond:20190916165840

本屋出版の間に入っている「取次」っていう問屋抵抗勢力

再販制度定価販売印税の先払いの資金調達役割を担っていたか発言力が一番大きい。

取次がアマゾンみたいになっていれば(そのチャンスは十分あったと思う)今の惨状はなかったはず。

出版流通全体が社会主義的だった。

臭い商慣習と左巻き言論界共依存がもたらした災難だね。

2019-09-14

anond:20190914102124

実際以前は特定業界に詳しい議員がいたら族議員と呼んで業界癒着してると決めるつけられてたからな

特定業界に詳しくなるにはその業界とのつながりが深くなって当然なのに

改革と称して専門家から突っ込み抵抗勢力として排除した結果がどの業界のこともよく知らない素人に喜ばれる政策なわけだ

2019-09-12

anond:20190912192807

https://www.fnn.jp/posts/00343790HDK

農業改革では、JAから農協潰しだ」「小泉ふざけるな」と反発の声が上がる中、「骨抜き」「失速」と酷評されながらも一応の決着をみた。

https://www.fnn.jp/posts/00343790HDK

――最後あなたにとって小泉議員とは? 「チーム小泉」で得たものは何ですか?

D:一緒に勉強できて光栄でした。それに尽きます。もし今後、農林大臣総理になったらみんな全力でお支えします。そういうことを期待させる人です。

B:将来の総理候補みたいな先生方とこんな距離感お話しできるのも貴重でしたし、皆さん意欲的で、それぞれおっしゃる視点も違うんですけど、すごく面白かったです。

C:経産や財務省外交に関心を持ってくださる若手議員はいらっしゃるけど、農林は一部の地域出身議員だけ、というのがありました。しかし、そういうイメージのない先生が、「農業大事だよね」と言ってくださるのが、心強くてうれしいなあと。

E:部会長とお付き合いして、役所全体も変わってきたなという感じがして。当初は「何をあの若造が」という雰囲気があって、幹部も「どうせまた1年くらいで変わるんだろう、好きなこと言わせておけ」と捉えている空気がありました。しかし、私たちをうまく使って、直球勝負局長連中ともお付き合いしていくなかで、幹部マインドが変わっていったなと。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/53611

それが、'15年10月から自民党農林部会長として手がけた「全農改革」だった。農家は、自民党にとって文字通りの大票田だ。

大きな抵抗勢力だったが、進次郎は改革案をまとめ上げ、'17年の通常国会で「農業競争力強化支援法」など8本の法律成立にこぎ着けた。

進次郎を農林部会長に推薦したという菅義偉官房長官は同書でこう語る。

〈(農林部会は)とりまとめる苦労が党内でも一番必要なところなんですよ。それをうまくまとめましたよね。ですから私、これで一皮剥けたなという話をしたんです 〉

だそうです。

閣僚40代ゼロ

まさに40台は抵抗勢力だってはっきりわかんだね

2019-08-08

ここにきて「50代は抵抗勢力」説が補強された

2019-06-26

女性管理職男性管理職と比べて結果が出来ない3つの理由

異端児排除しがち

女性共感を重視するが故に、共感しない課員は人としてすら扱わないようになりがち。その結果その課員はメンタルを壊して去ってしまう。実は女性管理職ダイバーシティを実現するための抵抗勢力だったりする

言動矛盾が起こりがち

女性男性と比べて、自身言動整合性をあまり重視しない傾向がある。これが会社組織管理職だと「朝令暮改連発」という事象につながる。朝令暮改連発の職場地獄であるのは言うまでもないだろう

上下関係をかなり重視するため組織が硬直する

これも女性ならではの傾向。女性管理職にいる職場例外なく風通しが悪い。

2019-06-20

anond:20190620103804

開発者はジフだと明言したぞ

それでも認めない抵抗勢力はいるようだが

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん