「構造改革」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 構造改革とは

2020-08-06

anond:20200806142626

少ないの、で終わり?

から構造改革すればいいんじゃないの?

そもそも日本人にこだわる理由もないじゃない。

根本的に考えが合ってないよね。

anond:20200806140343

内需はこれから人口減で減るばかり。

から構造改革必要

それに失敗しているのが現状。

anond:20200806133913

今まではね。

でも、インターネット世界フラット化したので、平気で国境越えて海外の優秀な会社日本国内サービス提供できるようになった。

そこでジャップ企業構造改革してついていく必要があったのだけど、それさえできるスキルリソースが社内になかったんだよね。

大阪の巨大電メーカー株価とか見てみてよ。

これだけアベノミクスとか世界的な株バブルがあったのにびっくりするチャートが見れるよ。

みんなもっと現実を見た方がいい。

2020-07-31

anond:20200731120811

小泉内閣あたりならマスコミ操作して自粛ブームを作ったり

潰れる産業に乗じて構造改革とか上手いことやって対応してたような気がしなくもないんだけど

他に考慮しないといけない要素が多すぎて自分でも正しいのかはよくわからん

2020-07-29

anond:20200729113858

内部割れてるからうそういう区分は通じないよ。

それに自民党ちょっと緩めたらすぐ消費税増税による緊縮に入るのと、何より大企業富裕層優遇がすぎる。

国民は中身が新自由主義MMT経済なんかどうでもいいと割れてる。それぞれが、維新れいわ、立民が食らいついてる。

立民は経済なんかどうでもいいだ。だけどもそれは新自由主義に絡め取られがちだし、特に野党共同について消費税を入れるのをやめさせようとむしろ新自由主義色も見えている。

新自由主義反対と言いつつ、じゃあどういう経済運営が良いのかと言っても解がないからただ反対反対だけで結局新自由主義追随となってる。

けどさ、もう政党よりも、どういう経済思想が良いのかを議論して、政治家がなびくのを待ったほうがいいよ。その上で選挙で決めたらいい。

新自由主義構造改革小泉だって、そのバックに新自由主義が良い!という議論があった上で熱狂のもとに支持を集めて、その上であのような大失敗をしたのだから

anond:20200729085148

思想は「今問題であることの答え」であって、それ以上でもそれ以下でもない。

バブル崩壊から不況に陥り、不況の答えとして出てきた思想のが例えば小泉新自由主義だの構造改革であったりとかな。結果的には大量の氷河期世代日本の衰退という負債付きでの大失敗だ。

とすると、正しい答えを議論していきそれをなして問題を早期に抑えることこそが必要

いま新自由主義に基づく緊縮だのしたらコロナ災いはもう悲惨なことになると思うよ。医療は足りなくなり死者が増え、倒産は更に増えて失業者が増える。

そこに暴力的人間がぶっ潰すみたいなのが現れたらそいつの采配の元暴走日本になるやもしれんね。

2020-07-16

anond:20200713194833

社会

新自由主義  VS 共産主義(=マルクス社会主義)ではないんだが。

現状では

新自由主義 VS ケインズ社会主義 VS マルクス社会主義 だ。

1990年まで西側諸国がうまくいってたという資本主義ケインズ社会主義であって、新自由主義ではない。

特に大規模経済危機が起きたら、その後延々と企業が保身に入り、金を溜め込み、設備研究投資をしなくなるという特性がある。

この問題に対して目をそらして構造改革とやらでゴソゴソいじりまわったり、各種保護を取り去る、フリーハンド法人税減税はむしろ溜め込んでも減税であるため保身マインドを強化させる。

これらで結局30年もの間成果を出せなかったのが新自由主義

大規模経済危機が起きたら、まずは財政出動して保身マインドを和らげる。その次に使ったら減税、溜め込んだら増税をする。

企業の保身マインドを反転させないとならない。それは政府が関与しないとできない。

2020-07-09

anond:20200709063449

いや、単に大規模経済危機を迎えると企業は保身に入り、金を溜め込んで設備研究投資をしなくなるんだ。

金と時間をかけずに新しいものなんて作れるはず無い。だけど、金と時間をかけず確実な儲けを求める新自由主義の近視眼的社会転向した。

本来バブル崩壊企業の保身マインドに対抗しないとならなかったのだけど、銀行不良債権処理やその元の貸し剥がしさらには小泉民主党構造改革緊縮財政志向でめちゃくちゃにした。

それが故の現在の衰退。

大規模経済危機を迎えたらまずは景気を良くし、その次に企業の保身マインド抵抗し、金を溜め込まず、設備研究投資するように導くことが必要だ。

2020-07-03

anond:20200703200853

地方分権って、金をかけずに組織ゴニョゴニョするだけで改善するんだ!っていう構造改革の一派だから真に受けちゃだめだよ。

きちんと必要なところに金と時間をかけるようにしないと永久に衰退途上国を続けるだけ。

2020-06-22

anond:20200622140700

政権を取るのに必要なのは経済を良くすると思わせること」

結果的に大失敗だが、小泉郵政選挙で勝ったのも構造改革経済を良くすると思わせたから。

安倍が再び政権握ったのもリフレを掲げたから。リフレは良かったしゆえの長期政権になった。けど消費税にこだわるからもうどうしようもないがな。それでも野党がどういう形が経済を良くするかで統一できてない。

新自由主義か、MMTかで野党内部も割れてる。特に国民民主党は二分されてる。

東京都知事選挙や、しばらくの選挙なんかで、どの考えで行くかで野党統一できたら政権になえるかもね。れい山本東京都知事選に出たのも、維新やN国より票数を多く取り、野党内の主導権をとるためにやったのだろうし。

まあ新自由主義はあれは政府が何もしない+構造改革でぐちゃぐちゃ政治機構を変えるだけで良くなるってのだから新自由主義の連中が政権握ったところで経済は良くならん。

anond:20200622092111

あれ、維新やN国に勝てれば勝利だと思うよ。

構造改革としてこねこねするだけで経済は良くなるんだ!」と「でかい声の暴れん坊が経済をよくするんだ!」みたいなのがれいわが立たなかったら票を集めたかもしれんがな。

そもそもれいわ+国民民主消費税減税研究会勢も、まず野党内でどういう経済路線で戦うかという主導権を握り、経済路線について一本化できないと国政選挙で勝てないからな。

経済をよくするという期待を持たせた奴が政権をつかむんだよ。

特に国民民主はもろに馬淵(MMT)と前原新自由主義)の主導権争いの舞台となっている。この2人の代理戦争という側面もあると思う。

anond:20200622013005

れいわ。それから現時点の国民民主。ただし国民民主前原みたいな新自由主義財政均衡主義構造改革主義者がいるからな。

東京都知事選事実上あれはれいわ(mmt)vs維新(新自由主義)の野党内の主導権争いだろう。特に国民民主党は馬淵(mmt)vs前原新自由主義)と、内部がもろに割れている政党

anond:20200622011327

いやいや、財政均衡だ―政府借金だ―財政破綻だ―構造改革だーなんて言ってるのがしぶとくいるじゃろ?

そもそも右派左派というのは強者より、弱者寄りぐらいの意味しかない。

現時点では経済右派新自由主義経済左派ケインズ社会主義マルクス社会主義だろう。

1980年以前は自由主義世界中から放逐されていたため、経済右派ケインズ社会主義経済左派マルクス社会主義だったが。

mmtで「自国通貨建て国債自国破綻しない」という命題が投げ込まれ新自由主義は大混乱に陥っているが。実際通貨発行権政府にあるんだから自国通貨建て国債自身では政府破綻しないもの

ただし外貨借金では財政破綻をする。けどもそこで必要なのは経常黒字を維持するために海外に物を売れる力を作ることであり、必要なのは企業設備研究投資と、国の萌芽・基礎研究投資

新自由主義企業はとにかく自由にさせるのが良いため政策誘導はしてはならないし、政府が何もしないのが望ましいから萌芽・基礎研究無駄以外の何物でもないという前提になるがね。

2020-05-30

anond:20200530183131

所詮右か左かというのは強者より、弱者寄りぐらいの意味しかない。

ついでに言うと大昔は自由主義一本だった。だけど自由主義だと世界恐慌の後の長期不況をどうすることもできなかった。

そこでケインズが「きちんと政府が金の流れを調整するべきだ」と訴え、とマルクスが「世界恐慌のようなバブルとその崩壊を防ぐために政府がすべて計画する経済が良い」と訴えた。

そうした世界ケインズ社会主義(右)とマルクス社会主義(左)となっていた。

マルクス社会主義は失敗したがケインズ社会主義オイルショックのような重資源供給不足でケチがついた。

なので、ケインズ社会主義よりもさらに右である自由主義新自由主義として復活した。だがバブル崩壊で再び長期不況に陥った。

新自由主義ケインズ社会主義の残渣が悪いと公的セクターの縮小と、法人税、累進所得税の減税を進めさまざまな構造改革をしていった。

この時点では右は新自由主義に乗っ取られ、左は経済政策の依り代を失ったため何も考えず新自由主義になった。つまり経済政策では両方とも新自由主義になったため経済政策としてみると右左ともかつての基準で見れば極右になってる。

現時点で右派左派無意味になっているということでもある。

anond:20200530121830

まずは国民が一番望むのは経済運営だということ、そして大欠陥の新自由主義推し進めたことが民主党の失敗だね。

もっとも同じ罪は小泉自民党もある。小泉やばいと思ったところで退陣して二度と政治にかかわらなかったから、小泉自身はさほど指弾されなかった。けど氷河期世代小泉不況時代社会に出た人たちだ。

新自由主義政府が何もしない状態理想的だという考え。だから作られた官僚組織は非合理の象徴である。また税制による格差改善、そして今から思えば過剰貯蓄の抑制もゆがみを作ると。

から構造改革といってあちこち政府機関を縮小した。また法人税、累進所得税を下げた。そもそもバブル崩壊企業は保身に入って高貯蓄・低設備研究投資だったのだが、放置、それどころか法人税減税でさらに金をため込ませた。

そして人間元来の「敵を作って叩けば改善する」という考えとあまり合致していた。この流れは小泉自民から始まっていたが。

当然経済無策どころか金の回転は駄々下がり。だから失敗した。

けども同じことは小泉自民党もやっていた。後安部評価されたのはリフレ経済を上げたから。

から新自由主義の「何もしない、小さな政府理想的」というのは誤り。それから「金の流れは政府が調整しないと、一度不況になったら、企業が保身に入って金をため込んで景気落ちるわ、低設備研究投資競争力も落ちる」ということもいえる。

コロナ対応を見ても財政出動を叫ぶ野党と、政府裁量無駄遣いを指摘する野党と、敵を作って喧嘩している野党がいる。

2大政党制で与党ダメから反対側の野党なんて単純なものではだめだということだ。与党が誤った政策をして方向転換しそうなところで、野党が誤った方向に暴走させたのが民主党

からやはり中選挙区にして、野党の中でも今の与党政策ダメだったとして、どんな政策が良いのか?を競って、良い野党が次の政権を握るのが正しいとは思ったな。

特に「敵を作って叩けば改善する」の野党が再び政権を取れば民主党時代と同じことになるかもとは危惧してるね。

2020-05-29

anond:20200529020356

リフレはそれ以前の構造改革だ―公務員権益だーに比べれば効果あったよ。

しかしまだまだ足りなかったということと、緊縮で消費税あげちゃったか効果が出なかった。消費税はまさに金を動かすところにかかる税金から景気への悪影響半端ないというのもある。

2020-05-19

anond:20200519212109

おじいちゃん公務員に石投げたって日本は豊かにならないってはっきりしたでしょ?日本問題は金の動きの問題であって、構造改革だの利権だなんてのは誤った新自由主義政策の結果に過ぎず日本を衰退させるだけだったでしょ。

とくに萌芽技術を担う大学教員や公設研究職員公務員よ。

2020-05-17

anond:20200517135017

民間レベルでみると、

政府が本腰入れてインフレ目標に取り組まない限り、

デフレ基調に合わせてコストカット利益を出す戦略合理的からなあ

マクロ領域事象であるデフレを、ミクロである民間の行動で解決しようとするのは無理があると思う

結局のところ政治が変わらないとこの問題解決できない

無理やり構造改革をやろうとしても、どっかに歪みが出るだけ。ということが明らかになったのが日本の失われた20年だった。

anond:20200517135134

規制大きな政府で成長していないのが良くないんだ!という新自由主義が起きた。

小泉がそのもと叫んで構造改革やらをした。氷河期を起こして経済を低迷させた。小泉は口がうまかったがゆえに当人は逃げきった。

方向転換しようとした福田麻生はそこまで口がうまくなかったがために選挙で負け、民主党政権になった。

けど民主党がやったのは小泉路線をさら過激にしたものからまた経済を低迷させた。そして小泉ほど口がうまくなかったからぼこぼこにたたかれて、選挙に負けた。

そこでリフレがいいんだ!と安部が現れ、リフレは実際良かったか長期政権となった。

まり自民の中でも経済政策が変わってるんだよ。

インフレ率がやや高いものが良い」というのもリフレ以降の考え方。それ以前は、規制政府の非効率化こそが日本経済の低迷だと叫ばれ、信じられていた。

2020-05-16

安部コロナが終わったら引退したら?

検察庁任期延長案件。たぶん官邸はいろいろ爆弾があるんだろうね。

黒川人間性もいつか記事を見てみて分かった。黒川は致命的に断れない人間なんだ。それはいろいろ検察を黙らせたら都合がいい官邸にとって便利なんだろう。

から黒川以外の奴が検察の上位の奴になったら厳しいからしょっ引かれるかもしれないと。

けどさ日本コロナ対策はそこそこうまくいってて今のところは死者も少ない。先の第二波、第三波、そして倒産、食い詰めはまだまだ分からない。

そこそこ穏便に収めることができたら、コロナ後に国際間の比較をするだろうし、今なら勝てる可能性あるよ。

4年に一回やってるオリンピックをなしたとかいうより、100年に一度の厄災を穏便に収めたというほうが名声は高いだろう。

名声高い状態引退すれば、民意的にも多少のグレー案件は黙っててくれる。

それは小泉構造改革日本を救うとやってきたが、致命的な方向違いということに気付いて引退したことからもいえるだろう。

麻生が方向転換しようと思たが、小泉が正しい!と信じていた民主党アクセル踏んでそのあとの暗黒の民主党時代を生んだ。けど暗黒の民主党時代の種は小泉時代に撒かれてる。

だが小泉やばいと引き返したから、小泉時代構造改革責任小泉は指弾されることはなかった。

からもうコロナ法案対処だけに注力して、検察庁法案はこのままうやむやにして忘れ去り、名声取って逃げるほうを選んだほうがいいんじゃないかね?

2020-05-13

anond:20200513063341

経済停滞は避けられないよ。どうやったって外食イベント関係は閉じないとならならず、移動も減らさないとならなかったのだから

ただ、今倒産が増えると、コロナが終わった後に企業が金を溜め込んで、設備研究投資をしないという動きが強くなる。せめて食い詰めることと倒産を防がないとならない。

しろ前向きに自社の拡大を狙っていた経営者ほど、借金してるからコロナダメージがでかい

バブル崩壊後に、貸し剥がしだの自己責任だの構造改革のしたからこそバブル崩壊の傷が30年経っても癒やされない。

大規模経済危機が起きるとその後企業が金を溜め込んで、設備研究投資をしなくなり、資金余剰になるっていうのはリーマン・ショック後の欧米でも見られる現象

2020-05-12

anond:20200512165352

ということをバブル崩壊した後有識者したり顔で言った。そのくせ頭足りてないバカに危ない道を歩むことを勧めた。

貸しはがし銀行叩き、構造改革、痛みに耐えて成長w、小さな政府ww、労働者非正規化www、起業wwww、イノベーションwwwww

金をため込んで、設備投資研究投資をしなくなったから、その後日本は傾いたんだけど。

から1990年以降に発展したITにおいて競争力は全くない。1990年まで日本が強かった半導体もその後の発展が著しかったため、日本勢は全く勝てなくなった。

おそらく今後生まれる有望な産業全部において日本競争力はもてないだろう。

倒産、食い詰めを全力で阻止するのが大事だ。コロナが終わったら、金をため込む企業を狙い撃ちして、使ったら減税、溜め込んだら増税して金の動きを再び作る必要がある。

2020-05-11

anond:20200511231218

経済衰退については、バブル崩壊と、そのあとの自己責任だとかゾンビ企業だとか銀行叩きだとか構造改革不景気続けて、企業ビビって金ため込んで設備投資をしなくなったのが原因。

高齢化も、労働需要が落ちて労働賃金が下がり非正規化が進んで多数の男女が家庭を持てなくなったこと。大ぼら吹いて「痛みに何とやら」といって、結局ド不況氷河期発生させた奴もいたな。

でも高齢化は主因じゃない。というか経済失策以外の要因は全部適当に思い付きの敵を言ってるだけ。まあ思い付きの敵を叩けば仕事してるって風土になってしまったのも大問題だがね。

anond:20200511181118

ロボットを買うというのは投資だけど、それは現ナマ借金必要から危ないからやめとこ。になるんやで。

あと国が大口消費先というのも、緊縮派がだいぶ強い以上どこまでやってくれるかわからんで。

それこそ変なリーダーが現れたら、銀行叩け、構造改革だ!で再び不況まっしぐらかも。

でも当のリーダーは「痛みに耐えれば成長する!」とか言っちゃったりして大絶賛浴びたり。

anond:20200511175807

大不況ってのは、大経済危機が起きた後に「やっぱ金が第一!」と設備研究投資をしないことによって起きるんやで。

さら日本構造改革だ!とか銀行健全化だ!ということで無駄危機大量発生させてますます「やっぱ金が第一!」の風土を強くした。設備研究投資をしないか日本産業はどんどん弱まった。

さらに、フリーハンド法人税減税をしたけど、むしろそれはため込まれることを加速させるだけだった。

1990年代以降に発展したITは完全に競争力もつことはなく、日本が強かった半導体ITがらみで成長が見込めるから海外勢が投資しまくって日本ボロボロになった。

低貯蓄高設備研究投資に導かんとならん。使ったら減税、溜め込んだら増税にして税金で差をつけんとならんよ。それができなければ失われた40,50,60年になるな。

なお、アルゼンチン1930年世界恐慌までは一人当たりGDP世界トップクラスで、経常黒字しまくりだったんだけど、今経済破綻懸念常連国だからな。

世界恐慌10年後ぐらいに「今のアルゼンチンを救ってくれる英雄」なんてものが現れたのまでよく似てる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん