「フランスパン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フランスパンとは

2020-05-17

anond:20200517105015

フランスwwwwww

フランスってザコ国だぞwwwwww

フランスパン以外なにもないwwwwwwww

2020-05-03

繁華街雑居ビルにある鰻の寝床のような店舗ビストロが何年か前から営業していたのだが、先月末でとうとう閉店した。

食べログを見る限りでは、☆3.2に満たない程度で、価格帯の割にはボリュームのあるランチ付近オフィス街からやってくるサラリーマン男性に主に人気があったようだ。付近をよく通りかかることがあったのだが、とうとう一度も利用することはなかった。フレンチを出すからビストロのはずなのに店内からはいつもワンパターンボサノバが流れていたし、夜はサラリーマン調子はずれの奇声が絶えず、客層があまり良いようには見えなかったので、静かに食事をしたい自分には合わないと感じていた。また、明らかに店主のものらしい折りたたみ自転車が毎晩歩道に止められてあり、そのモラル首をかしげざるを得なかったというのもある。

新型コロナウイルスの影響で飲食店営業自粛要請されるようになると、狭い店内は明らかに3密に該当する場所だったので、件のビストロテイクアウトを始めた。店頭ではフランスパンを使ったサンドイッチ販売も行っていたが、突然閉店した。

近所に住んでいるせいでGoogle Map店舗検索でこのビストロレビューを見かけたところ、☆1個になっていた。レビューコメントの内容は次のようなものだった。

フレンチを出している店のはずなのにバゲットのことをバケット連呼してサンドイッチ店頭で売っており、素人丸出しで恐ろしく、到底衛生管理などできていないに違いないので、絶対に避けるべき」

もともと客足が落ちていたせいもあったのだろうが、バゲットバケットの言い間違いで店舗運営がとどめを刺されるということも実際にあるのだ。

シャッターが閉まったままの店舗にはもはや誰も来ないので、いつのまにか店舗前を利用してオメガラーメンテイクアウト販売を昼時だけゲリラ的に行う業者が見られるようになった。非常時にはフレンチよりもこうしたある種奇妙な風味の食べ物を人は求めるのかもしれない。

2020-05-02

anond:20200502075300

フランスパン」を「バケット」っていう奴なんなの?

馬鹿なの?

フランス語でのもとの単語BAGUETTE

カタカナにすると「バゲット」で「バケット」じゃないぞ

カッコつけようとして間違うとか、恥ずかしい

2020-04-27

anond:20200427173056

早く「フランスパンダイエット」という本を書け。間に合わなくなっても知らんぞ。

フランスパンを食うようになってから

よく噛んで食べるようになったせいかすぐに満腹になり、3ヶ月で7kgも痩せた

2020-04-04

脳みそダメかもしれない

昨日はサウナに行った。だからよく眠れるはずだった。

だけど眠れなかった、布団に入っても心臓がドキドキして体が硬い。暗闇ののかで時間が止まったようだ。

仕方がないので抗不安薬を飲んだ。枕元にラジオを置いて聞いていたら1時の時報まで記憶がある。

朝、心臓がドキドキして目が覚めた。5時だった。本を読んでも視線滑る。だめだ完全に寝不足

日中悲観的で、たのしいことを考えられなかった。

朝飯はパン、昼飯はサラダグラタン、夕食はミネストローネフランスパンをちぎって入れて食べた。

問題はいったい自分がなぜこんなに追い詰められているのかわからないこと。

可能性1:最近コロナが気になって仕方がない。職場がどうなるか休みになるのか危険が続くのかワクワクとドキドキで一杯。

可能性2:仕事が思うように進まず不安計画を立てても全然守れないし、来週納期仕事があったが帰ってきた。来週苦労するし、終わらなかったらどうしようかとビクビクしている。

自分が苦しんでいるのはわかるけど、なぜ苦しんでいるのか全然からないのがつらい。

anond:20200404145658

フランス映画で見た雑なフランスパンの扱いが忘れられない。台所のそのへんにポーンと置かれ、雑に素手で毟って食べてた。現実でもああなのかな

2020-02-20

初音ミクパンとかけて世界的大流行と解く その心は?

ミクのパン

パン de ミク

パンデミック

パンデミックにしてやんよ

フランスパンを振り回すミクさん増殖中

2020-02-04

バローに入ってるパン屋さんのたっぷりチーズパンヤバイ

ググったらこパン屋北欧倶楽部っていうらしい

前はここのふわふわの丸いパンがNo1だったけど今は俺的にたっぷりチーズパンが一番ヤバイ

フランスパン的な長いやつだけど気がついたら全部食ってしまってる

これは止まらんwwww

2019-12-28

食パンは単体でもりもり食べれない、フランスパンはもりもり食べれる

この違い。

2019-11-27

脳の配線がこわれている

単純な用語法を間違える人は、脳の配線が壊れている。

あるものを思い浮かべて、Aという呼称で呼ぶべきものを、Bと呼ぶように脳内で回路ができてしまって、直せなくなってしまっている。

このため、フランスパンのことをバゲットではなくバケットと呼んだり、GOSMIAのことをGSOMIAと言ってしまうような人が現れる。

適切な学習によって、回路の再配線ができればよいが、できない場合対応法は、現状では伝統的なロボトミー手術しかない。

2019-11-24

anond:20191124011851

消しちゃったけど、大喜利とかの話じゃなくてさ。

パンパンでも食べられないパンは?フライパ~ン^^」

とか言って笑ってる子に、

「俺は食パン嫌い。味がないし」

「私はレーズンパンが苦手」

フランスパンの良さがわからない」

「甘いパン全部無理だわ」

とか(訊かれてもないのに)答え続けてる状況でしょこれ。

大喜利といえば大喜利だけど、シュールすぎて不気味だよ。

「ワハハ、坊主おもしれえな!」でいいじゃん。

2019-11-07

anond:20191107122805

フランスパン」を「バケット」っていう奴なんなの?

馬鹿なの?

フランス語でのもとの単語BAGUETTE

カタカナにすると「バゲット」で「バケット」じゃないぞ

カッコつけようとして間違うとか、恥ずかしい

2019-10-27

現状に甘んじるのが嫌なら

すくなくとも、フランスパン食べてバケット旨いとかいうべきではないよね。

教養のなさが透けて見えてしまう。バケツbucket)食ってどうするんだろう。

バゲットbaguette)の語源を知らないのかな。

2019-09-27

ベーコン入りのフランスパンは完成した味だと感じる。ほのか小麦の甘み、ベーコン塩味と油の僅かなコク。

から好物を食べたのでなんの不満もない。

2019-08-30

anond:20190830121112

パン屋の息子「君のコロネの中に僕のチョコ流し込んじゃおーかな―?」

パン工場員の息子「僕んのはフランスパンより長くて硬いぞー?」

2019-08-17

バゲット増田傑作選

2015-08-16

フランスパン」を「バケット」っていう奴なんなの?

https://anond.hatelabo.jp/20150816184751

2015-08-24

バケットで一気に冷めた話

https://anond.hatelabo.jp/20150824233756

2015-10-29

自称心理学に詳しいという人に食事に誘われて

https://anond.hatelabo.jp/20151029231505

2016-01-17

やっと少し動けるようになってきたので、吐き出させてほしい

https://anond.hatelabo.jp/20160117134550

2016-11-30

師走も近づく昨今、また一人旧友が命を絶ったという連絡を受けた

https://anond.hatelabo.jp/20161130083958

2017-12-10

ストロングゼロを常飲する人生に転落した経緯

https://anond.hatelabo.jp/20171210215152

2019-08-15

特殊清掃の現場から見えてくるもの

https://anond.hatelabo.jp/20190815221402

2019-08-15

特殊清掃の現場から見えてくるもの

こういう仕事をしていると、遺された部屋の様子から、亡くなられた人の思いや葛藤を、望むと望まざるとにかかわらず垣間見しまうことが少なくない。吐き出す場所もないので、ここへ書き込むことにする。

前提として、東京と周辺の夏の暑さは、もう人が住める限界を超えていると思う。とくに低収入エアコンなしの部屋に暮らしている「弱者」たちから、実際に暑さで身体が溶けて亡くなっていくのだということを実感する。

先週入った現場は、40代男性の、いわゆる孤独死の後片付けだった。例によって冷房なしのアパートだった。防毒マスクをして臭い覚悟をしながら入ったが、畳に残っていた体液の量はそれほどでもなかった。

ただ一瞬目を疑ったのは、床がすべて同じ、細長いビニール袋で埋め尽くされている様子だ。いくつかの袋にはフランスパンが食べかけのまま残り、カチカチになっていたり、一面黴に覆われて緑黒くなっていたりした。

男性が突っ伏して亡くなったと思われるちゃぶ台には、チラシの裏を埋め尽くすようにして、鉛筆でたくさんの殴り書きがしてあった。書いてあるのは全て「バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット」という単語だった。壁にも同じような紙が貼ってあり、そのうちの一つには、大きく黒のマジックで「バケット」と書かれてあり、×印で消してあった。

ゴミと遺品を分別する作業を続けているうちに、死に至る直前までのストーリーが、点と点がつながるようにして見えてしまうことがある。

床に散らばっていた紙を分別しているうちに、どうやらこの男性は、紹介予定派遣食品問屋正社員になるのを断られて解雇されたらしかった。

執拗に「バケット」と「バゲット」の区別に故人がこだわっていたところを見ると、この一件が解雇になんらかの関係があったのかもしれない。あるいは、フランスパンの正しい名称すら知らない人間は雇えないなどと、ハラスメントを受けて会社にいられなくなったのかもしれない。

バケット」と「バゲット」を間違えたくらいで人が死に至ることがあるのだろうか。

一瞬訝しく思ったが、自分を含む氷河期世代人間は、あらゆるもの剥奪され、弱者として生きることを強制されてきたのであり、周囲からどれほど些細なことと思われても、ちょっとしたきっかけで生活崩壊してしまうほどに綱渡り人生を歩み続けてきたのだ。言い間違いが命を奪ってしまうことも、けっしてあり得ないことではないように思うのだ。

この仕事をしていると故人の想いが自分の中に入ってこないように、心に防御壁を設けて黙々と作業をするようになるのだが、この日ばかりは、「バケット」と「バゲット」の区別執拗にこだわりながら死んでいった個人に思いをはせざるを得なかった。だからこんなところで吐き出したくなってしまったのかもしれない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん