「劇団」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 劇団とは

2018-05-26

anond:20180526184052

ネットに繋がってるつもりの人を

劇団雇って誤魔化すのも大変なんですよ

2018-05-21

[]

なぜか劇団のようなところに入って、時代劇をやることに

若手の集まりで、女はやりマン

そこら中でしゃぶって

1ヶ月後の更新時にバックレ

2018-05-17

夫が隠れて借金をしていた

夫が隠れて借金をしていた。洗濯物のポケットから支払い明細票が出てきた。読んでも正確な額が分からない。ただ50万円以上は確実だ。急いで夫と連絡を取り「持ってる金融機関カード暗証番号とともに全て提出してね」と伝えた。

これまで我が家家計は完全に別財布だった。昔から家賃光熱費通信費は全て旦那持ち。子供が生まれて私が退職している今は、そこから更に毎月6万円食費雑費としてもらっている。

思えば夫の金遣いには怪しい所があった。DVD漫画を買うのが好きだし、ゲームにも課金していたようだ。それでも大人なんだから借金なんかするはずないと思ってた。クレジット会社から送られてくるギフトカードを受け取りながら、私は不安になって何度もこう言ってたのだ。「借金ないんだよね?もしあるなら全部私が立て替えるからリボ払いは怖いんだよ。6万円払えるの?」それに対して夫は「大丈夫借金なんてしてない」

どうやら夫は大ウソつきうんこ野郎だったようだ。それでも今まで家計を任せきりにしていた負い目もあるから強く責める気はなかった。

帰宅後、カード暗証番号をもらって、急いでカード会社のホームページから利用明細を確認。何ということでしょう。彼は毎夜ソシャゲに高額の金を突っ込む大脳の溶けた精神病患者だったのです。

1万円の支払いを一晩に3~4回躊躇なく繰り返している。年末年始なんてひどい。12月31日から1月1日にかけてのリボ払いの大盤振る舞い。

借金の額は、100万はありそうだが夫も正確には分からないと言う。私が「自分借金の額を把握してないの変だよね?何でかな?」と言っても、夫は辛そうに黙っている。だいたい彼は暗証番号を言うときもキレ気味だった。子供か。私より10以上年上だけど精神が成長する機会には恵まれなかったようだ。

翌日、泣き叫ぶ2歳児と眠り込む0歳児を引き連れて、カードの支払窓口に大金を持ち込んだ。手持ちでは足りず、総額で自分貯金から140万を返済した。私の貯金の半分以上が電脳の海へと溶けていったのである。南無~。

帰宅後、夫の利用明細をCS形式ダウンロード2006からクレカ利用状況が全て分かった。ゲロを吐きそうになった。

夫が「旅行に行きたいの?お金もったいない」と言うからいつも1~2泊、国内旅行で安く済ませてきた。新婚旅行国内2泊1万円以下の宿。そのとき彼は一晩に3万円ゲームに突っ込んでいたのだ。 私があるプログラミング言語にはまって講習に行きたいと言ったことがある。「ふた月で15万円?子供も生まれたし色々考えないといけないんじゃない」と夫は言った。そのとき彼は何も生み出さなゲームに一週間で15万円つぎ込んでいた。

彼がゲームに傾倒しているのは知ってたがこれほどのものとは!!衝撃だった。愛する夫が実は前科二犯の幼児性愛者だと判明する衝撃に匹敵あなた誰?と思った。

返済した日の夜、夫の携帯ロックを解除してもらい、例のゲームを起動する。夫はゲーム内で隊長を称し、チームを率いていた。既に引退宣言したのか「寂しいです」「リアル大事ですもんね」「引退なんてもったいない隠居してみては」など仲間から暖かいメッセージが寄せられている。

最高に笑えるおじさんたちだ。私の金で興じた戦争ごっこはさぞ楽しかったでしょうね。何より何より。などそのほか多種多様罵詈雑言が私の頭の中トレドの泉のように湧き起こり、紳士的で親しみやすい彼らにひとつひとつ挨拶したい欲求に駆られる。フリック入力が面倒でやめた。代わりにSRやSSRと記された金銀に輝くキャラクター群を売却。50万、100万かけた電子データ意味のない数字の羅列になり果て爽快爽快。

夫は結婚した当初から仕事で行き詰まりを感じていた。脳と心が疲弊し、私の出産を機に閑職へ異動。年収とともに忙しさも減って私は嬉しかったが夫は寂しそうだった。

夫は20代の青春期を、劇団を率いて舞台に捧げた人だった。舞台をやめた後は仕事に打ち込み、ほんのひと時だが部下を持ったこともある。彼は頼りにされ、リーダーだと持て囃されることに飢えていたのかもしれない。ゲームの中で「隊長!」と呼ばれ、人から頼りにされる仕事のできる俺という幻想大金をつぎ込んでいたのだ。

ゲーム内の紳士的な仲間たちは「リアル大事ですもんね」と言っていた。彼らは大馬鹿であるゲームリアルは綺麗に分けられていて、それぞれ別の世界だとでも思っているのか。この世は常にリアルしかない。心をすり減らしながら労働し、液晶画面の絵や文字を変えるのに金をつぎこみ、その金を得るためにまた心をすり減らす。その醜悪な構図はどこまでもリアルだ。なぜ分からない。大脳が溶けてる。

ダウンロードしたCSVを元に計算すると、この3年間、ゲームだけで170万(利息含)つぎ込んでいた。夫もそれを見て塩らしい態度になり、今は私が彼の全個人情報を把握するのに協力的だ。今朝は甲斐甲斐しく子供おむつを替えていた。すぐそばある子供かわいい顔に気づき、しばらくは我が子と「隊長と隊員ごっこ」に興じるようだ。

私も今までの生き方を改めよう。それまで私もひと月に電子書籍で1万円をTL官能小説に浪費したことがあったし人のことはとやかく言えない。今まで買っていた漫画を買うのもやめるし、小説電子書籍ももう買わないよと約束した。代わりにあなたも買い物は今後しないでと言った。私にとって、何も買わないことは苦ではない。だが彼はどうか。今まで息をするようにキャッシングしていた人間が突然変わることなんてできるのか。不安で仕方がない。

私の実家はそこそこ金があるし、住んでる家は実家の持家だし、切り捨てる決定権は私にある。再びゲームに金をつぎ込めば離婚してやろうかな。液晶の画面がうつしだす「隊長隊長!」という文字列にかじりつきながらせいぜい一人でうっとりしてればいい。4~5年保育労働をさせて使い潰したら捨ててやると隣で赤ん坊をあやす夫に笑いかけながら考える。そんなひどいことを考えつくぐらい私は怒っていた。 あっでも離婚しませーん(^^)いえーい。




【追記1】文章修正しました。

【追記2】https://anond.hatelabo.jp/20180518113030

2018-05-01

いずれかの5月

はるかむかしの5月に先輩に「自分が空を飛ぶのを想像できる?」と聞かれた。すこし想像してから「じゃあ、それを教えて」といわれたので「両手を翼のように動かして飛んでました」と答えた。

そのあと先輩が「それを絵で伝えるのなら絵描きに、漫画なら漫画家、音楽なら作曲家、歌うのなら歌手、ひとりでしゃべれるなら落語ふたりなら漫才、それ以上なら劇団文章なら小説家勝手に進むんだよなー」と言われた。

なんとなく5月になるとこの話を思い出す。

その職業のひとたちだけで社会は成り立たない、維持できないと今ならわかるけど、そのときはなんとなく悲しかったのも思い出す。そのときふたりともなにかを信じていたのか、信じたかったのだ。

2018-04-25

自衛隊プロ劇団である

自衛隊イベントに行くと、様々な【展示】がある。

戦車戦闘機戦艦武器などの装備品展示が、まず思いつくことだ。

====

数年前、初めて自衛隊イベントに行って、戦闘訓練展示を目の当たりにした。

2手に分かれて、互いの陣地を攻め合う。

大雑把に言ってしまえば、それだけのことだが、

そこにはきちんとシナリオが用意され、隊員たちは役割に応じた動きをし、台詞を叫ぶ。

戦車はもちろん本物だし、爆音や土煙、衣装舞台演出もすばらしい。

壮大な劇団である

2018-04-22

娼年に恋した私がよいこのおしゃれに救われるまで

正月、とにかく男にちやほやされたくて出逢い系サイト登録した。

こんな奴いねぇよってくらい盛れた自撮り写真を数枚プロフィール画像にして、アホっぽい言葉で男と連絡を取り合った。

LINEを交換して、しばらく連絡

を取っていない男から連絡が来た。

とにかく男の肌が恋しかったのと、その男プロフィール画像がめちゃくちゃに可愛い顔をしていたので浮かれて会いに行った。

出逢い系サイトの男と会うのは初めてだったが、怖くはなかった。

今までも行きずりの男や深い関係を持たない相手しかたことがないし、何よりとにかく男に飢えていた。

待ち合わせ場所にきたのは、本当に顔の良い男だった。

私は背が高い方で、足が綺麗に見えるからという理由ヒールを履くため、大概の男は同じ身長か低いくらいになるのだが、その男ヒールを履いた私よりも背が高かった。

その男、もういいや、亮くんと呼ぼう。

亮くんと夜のまちを歩いた。酒を飲まずに手を握って男と歩くのは久し振りだったので、なんだか照れくさかった。

予約しておいたホテルチェックインして、彼の顔をまじまじとみた。可愛いしかいいようがなかった。

こう言うと嘘に聞こえるが、その日は本当にセックスをするつもりはなかった。

抱きしめて、頭を撫でて、お互い満足したらそれぞれのベッドで眠れば良いと思っていた。

結果を言うとセックスをした。

初めて中イキ体験できたが、彼の指遣いが上手だった為だろう。チンコは奥に当たらなかったので、少し物足りなかったがとにかく指遣いが上手だった。

彼がイッた後、「おちんちんしかったらお金ちょうだい」と言われた。

ホテル代は私が払ったのだが、もしかしてこの男、ホテル代のお礼で私を抱いたのだろうか。

そう思うのには、私に身に覚えがあったからだ。

「おいしいご飯をおごってもらったから」

「高いお酒を飲ませてくれたから」

「たくさん褒めてもらったから」

「たくさん承認欲求を満たしてもらったから」

「だから、この人とセックスをする」

それ以外、理由はなかった。

それと同時に、「自分にはもう、金を払わないと男とセックスできないんだ」という絶望感を味わった。

亮くんにとって私は、金を貰わないと抱けない、魅力の無い女だったんだろう。

年上で、顔もブスで、肌もざらついていて、太っているのに胸が小さくて、テクもなければ締りも悪くてフェラも下手。

そりゃ、お金を貰わないとセックスできないよな。

その夜のあと、何度かやり取りをして、正式に彼からメニュー表」が送られてきた。セックスの値段も書かれていた。

新潟県知事の顔が思い浮かび、あんな憐れな人間になりたくないと思い泣く泣くお別れした。

酷い目眩がして、とにかく疲れた

性欲を断ち切らなければいけない、と思ったがどうにも禁欲生活に耐えられない。

鬱々とした平日を乗り切ると、劇団猫さん主催する「よいこのおしゃれ」のレポが流れてきた。

ああ、いいな。

キラキラして、自分の好きな自分でいられる努力をして、他人評価より自分努力と成果に満足できる美容

彼とのLINEを何度も読み、セックスを思い浮かべていたが、もうやめた。

無償で抱く価値の無い女だと彼は思ったが、それが私の全てじゃない。

自分自分を好きでいられたら、自分を愛せたら、もうそれでいいではないか

好き、愛してる、なんて他人曖昧言葉より、自分の確固たる「今日も私は美しい」と思えるメンタルが、今の私には必要だ。

次があったら必ず、レポではなく現場に赴こう。そして、「援交未遂女でした」と笑って話せるようにしよう。

亮くんへ。

亮くんのセックスネットに書いてごめんなさい。でも、きっと亮くんもネットに書いてるよね。「タダでヤラせたのに小遣いの一つもくれないし、美味い飯も食わせてくれないケチババァ」って。わかんないけど、私が亮くんだったら多分書くかな。

撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ、なんて有名な台詞があるね。

亮くんのセックスネットに書く私は、あなたネットで私のセックスを書かれる覚悟があるよ。

でも、やっぱり読みたくはないかな。

私の知らない所で、目につかない所で書いてくれたら嬉しいな。

性欲を美容欲で断ち切れそうな、援交未遂色情魔の哀しいお話でした。

2018-04-13

anond:20180413135920

・オープニングとエンディングで必ず歌を入れるのは何で?ルール?そこで歌ってるキャラ、そんな風に歌うようなキャラだっけ?

憶測だが尺を埋めるためだと思う。

アニメは手間がかかるから少しでもシーンを使いまわしたい製作陣の苦肉の策としてOPEDを配置しているのでは?

声優関連の文化が全体的にわからない、何で普通アイドルは嫌うくせに声優アイドルとして崇拝するのか

声優養成所や劇団で下積みを経験した者しかなれないためプロフェッショナル役者として認められているのではないか

グラドルは無論、地下アイドルAKBグループはレッスンに力を入れていないイメージがあるので、アイドル卑下されがちなのかもしれない。

・なんで漫画の「アニメ化」ならやったね!で「実写化」なら残念なのか。同じことでは?

実写化原作によって抱いたビジュアルイメージを壊される可能性が高いからでは?

アニメならば原作に近いキャラデザにすればいいが、実写だとどうしても原作との差異が生まれしまう。

2018-04-10

40歳誕生日に見た夢の話

の前に自分語りになるが大学生の頃、5〜6人で劇団を作り活動をしていた。

今思えばいろいろヘタクソ過ぎる割に理想だけは高く

あーだこーだと言い合ってた。

この劇団を作るにあたっての中心人物演出自分

華はないけどいい脇役できるA。

Aは役者としてはいまいちだったが、頭がよく

劇団の裏方仕事ほとんど引き受けてくれてて

スケジュール調整、経理宣伝などほんとありがたかった。

そんな彼女自分はいコンビだと思っていたが

劇団を作る前に告白するも「彼氏を作る気はないと」断られた。

しか劇団をやっていくことには興味があり賛同してくれいっしょに活動することに。

自分的には活動するうちに、仲良くなれると淡く思っていたのだが。

そこそこ劇団の人気が出てきたとき客の中に

Aに対してストーカーをするやつが出てきた。

ストーカーと言ってもちょっと気持ちの悪いメールを送ってくる程度だったが

恐がりなAはとても精神的に追いつめられていた。

もちろんそこで自分は「俺が守るよ!」なんてことを言ってたが

どうも「結局、こいつも下心がある」と思われ逆にAは追いつめられたようになっていった。

その頃からAはキレることが多くなった。

些細なことで何時間も怒りの電話をかけてきたり

外のカフェであっても大声でわめき散らしたり。

人間、怒られるとこっちも怒りっぽくなるんですね。

そのうち顔を合わせるたびに喧嘩になり劇団解散した。

そこから連絡も一切取らず。

ちなみにAは最後の方に入ってきたイケメンと密かにつきあってました。クソが。

月日は流れて自分劇団経験を生かせてなんとか脚本放送作家仕事

小さいながらにできるようになり、家庭を持つこともできた。

そんな前置きがやっと終わって、夢の話。

Aが夢に出てきて、いろいろと謝りだした。

そして、もう一度やり直せないかと、一緒に生きてくれないか

あなたを選ぶことが正解だったなんて言ってきた。

夢の話だけど、すげえ悩んだ。すごく好きだったから。愛憎どろどろだけど。

けど無理って断った。どうせまた喧嘩ばかりの日々になるからと。

そこで目が覚めたが、夢の印象が強すぎて1日ぼーっとして

これじゃいかんと書きなぐってみた。

20代のどろどろとした恋愛20年経ってもなかなか振り落とせないもんですね。

2018-04-05

anond:20180405154529

>「その際には宝塚男子部として男性研修生がいましたが女性だけの劇団を維持する意見が大変強く」

男性差別しているのではないみたいですね。

いや、それは男性に対する差別だよ。男性研修生たちが存在しているのに、彼らを舞台に上げるなという要望が実際にあったわけだよね。

差別以外の何物でもない。

anond:20180405154739

興業からね。男女平等やって、儲からなくなって劇団たたんだら、結果男も損するだろ

anond:20180405154529

女性だけの劇団を維持する意見が大変強く


ってど真ん中ストレート差別じゃんwwww

anond:20180405153547

男子を禁ずるというより、要望でそうなったようです。

宝塚歌劇舞台に、本物の男性が上がったことは歴史上あるのでしょうか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13169132068

ベストアンサーの方の答えだと、

男性の団員を育成しようとしたけれど、結局舞台に立つことはなかったと言うのが宝塚ボーイズって作品になってた。

それとは別にちょっとしたお遊びで出演(?)したことはある。


詳しいカテゴリマイスターさんのコメント

宝塚歌劇団では戦後間もなくの1945年

創始者である小林一三翁の発案で

男女合同の劇団にしようとした歴史があり

その際には宝塚男子部として男性研修生がいましたが

女性だけの劇団を維持する意見が大変強く

結局、男子研修生は馬の足や影コーラスとしての

出演はあったものの人の役を演じることはありませんでした


「その際には宝塚男子部として男性研修生がいましたが

女性だけの劇団を維持する意見が大変強く」

男性差別しているのではないみたいですね。

2018-03-24

バンドPVかによく出てくるあの子

そんなに可愛いわけでもないけどブサイクというほどでもなくて、笑ったらちょっと可愛いような気がする。

胸も大きいわけではなく、かと言って全く無いわけでもなさそうな微妙な大きさ。

演技もすごく印象に残るわけでもなく、かと言って全然ダメというわけでもない。

なんか、小劇団とかを中心に活動してそうで、でも小劇団花形というわけでもなくて、やっぱりちょっと普通女の子役とかを担当してそうな雰囲気

そんなあの子だけど最近やたらCMミュージックビデオで目につく。

2018-03-10

anond:20180310224932

ラップ流行ってる時だからいいんだろうけど、

いつか流行り廃れたら、サムイってなるんじゃない?

途中で語りが入るような歌って、アングラ劇団っぽい。

聴く人を選ぶとは思います

2018-03-06

けんちん・F氏に対するあれやこれや。

前回の記事

けんちん・F氏の文章が面白い その1

けんちん・F氏の文章が面白い その2

から 今日までの抜粋

1/20にこれ。


んで2/1にこれ。


で、今日3月6日。一ヶ月経っても結局なんもなかったという話です。

竜頭蛇尾大山鳴動して鼠一匹


別に批判反論自由から返事返ってこないのは良いんだけどさ、

まあ、個人的に感じるのは「その程度の覚悟だったのかな」ってことで。


僕は、様々な勘違いをしていたようです。(感想

勘違い1 けんちん・F氏は思ってたほどご意見番とかじゃなかった。

当然バイアスはかかってる上での発言ですけど、演劇人大体「もう皆けんちんさんの理論破綻してる事くらい知ってるよ~」みたいな意見しか聞かなかったんですよね。

好意的引用・紹介してるのが、薙野信喜さん以外は自分視点から確認が出来なかった。

薙野さん、よかったらこからもけんちん君と仲良くしてあげてね。

勘違い2 けんちん・F氏は自分で言った約束を守れる人じゃなかった。

自分で「勢いで日記を書くわけにも参りませんので、一週間ほどご猶予を頂けたらと思います。」って言ってくれたのに

その後何の反応もなかった。残念です。

勘違い3 けんちん・F氏は自分に甘かった。

団体とか演劇人が音沙汰ない事に対してスゲー鬼の首取ったかのように怒ってたのになぁ。


個人的感想ですけど、結局、九州演劇腐ってるおじさんは界隈を変えたい!っていうより

ポリコレを振り回すのが楽しかっただけなのかなーっていう思いです。


ご本人が

「本人も、またその周囲も、「市原は今、これこれこういうことをしていますよ」という情報発信をしようとしないから、

結果的に先日の日記に書いたように、「雲隠れ状態になってしまっている。当然、これは意図的にそうしているのだろう。」

とか

「だから今、演劇人殆どダンマリを決め込んでいる状況は、一「観客」の立場で見ていても、

腹立たしいし、情けなくてたまらない。他人事じゃないよ」

みたいな事を仰っていたので

きっと、きちんと理論立ったセクシャルハラスメントの実情とか実名込みの裏事情だとか

主語を拡大しないきちんとした批判とかをしてくれるのだろう、と楽しみにしてたんですけどね。

たまに更新される日記twitterからソシャゲアニメでウッキウキしてる様子しか伝わってこなかったですね、残念。

マギレコが楽しそうで何よりです。


結果的に、「僕の知り合いの演劇人は~」と業界人ぶってみても、

現実を見つめてみれば何者にもなれない悲しいおじさんが一人ネットの片隅で、

気が向いたときだけ「九州演劇界は腐ってる!」って駄文投稿するだけだった、という。


でもってこの騒動に関しては(多分)終わりです。もう書く事ないもん。

ま、劇団やら業界批判すんのは自由ですけど

今後記事書く時は脳内ソース現実がごっちゃにならないようにしてくれよな。

2018-03-04

オタクなのにオタクになれない

漫画アニメゲームは好きだ。

でも面白い話や素晴らしい演技や面白いゲームが好きなだけで、

特定キャラものすごくはまったりグッズを買ったりする気持ちミリ理解できない。

好きなキャラ程度はできるが、キャラにはまる、という経験は生まれてこのかたしたことがない。

絵を描くのも好きだ。

でもなんていうのか、子どもお絵描きが好きな気持ちの延長なだけで、描くのはたのしいがそれまでだ。

上手にかけると嬉しいな、pixivブクマがついたら嬉しいな、程度にはもちろんおもうが

二次創作にも創作イラストにもそこまで本腰をいれてはまれないし

同人活動は払う代償が大きすぎて今一つやりたいと思えない。

演劇映画は好きだ。

でも基本的にその作品が好きなだけか、

劇団単位監督脚本単位で好きになる。

特定俳優にはまったりしない。

基本的に一回見たら満足、付き合いで二回見るくらいはあるがそれ以上何度も通ったりしない。

(好きな作品DVD買うが、繰り返し見ることは少ない)

音楽も好きだ。

好きなバンドもあるしインタビューとか読むのも楽しい

でもそれだけで、ライブ全通とか考えたこともない。

ソシャゲは好きじゃない。

前述のようにキャラクター演者にはまらないので、

基本的にどのソシャゲ数字が増えていく過程しかない。

気持ち悪いのは、画面上の数字が増えていく、ただそれだけのことに案外時間と手間をつぎ込んでしまうことで、

なんか、脳のいちばん原始的快楽回路を押されている感じがして嫌だ。

世の中のオタクは楽しそうだ。

グッズを集めて祭壇を作ったり、

演劇の公演のために地方から何度も上京したり、

アイドルのために日本中あちこちに出掛けたり、

ソシャゲカード一枚に何万円もつぎ込んだり。

私は趣味方向性としては間違いなくオタクなのに、

そんな風に身も世もなく生活も省みずなにかを好きだったことは一度もない。

一度だけ、あるソーシャル要素のある音ゲーをやったとき

なんとなくオタクっぽい活動をした。

というのも、私が好きだなーと思っていたキャラ(音ゲーなので持ち歌が好きだった)を友人も好きだといい、

それを皮切りに、そのゲームをやっている友人が増えたのだ。

そのときは、コラボカフェにいってみたり、

グッズが出るといって買いにいってみたり、

ライブイベントに足を運んでみたりした。

楽しくなくはなかったが、なんとなく、騙されている感じもあった。

私はほんとにこのコンテンツがこんなにお金だすほど好きなのか?

周りに友達いるから会わせてお金を出してるだけじゃないのか??

なんだかふわふわと地に足のつかない感じで、

うすぼんやりと楽しかったがいつの間にかそのゲーム自体から離れてしまった。

好きなものはたくさんある。

けど私が実感を込めて楽しい、と思うのは、

ただ漫画や本を読むこと、映画演劇アニメを見ること、

お絵描きをすること、音楽を聞いたり行ける範囲ライブにいったりすることだけだ。

なにかにものすごくはまっている人たちを見ると、

私と彼らの違いはなんなんだろうと思ってしまう。

ーーーーーーーー

以上、以下の記事を読んでの雑感。

妻が羽生結弦の「追っかけ」になった夫の苦悩~一体いくら使うのか…(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4):

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54667

2018-02-25

インターネットで言えない、自分がたまにクソビッチになる話。

最初劇団猫さん同人誌商業誌すべて買ってます。好きです。勝手フレーズ使ってしますみません…。

でもまさに、インターネットで言えない話なので。

普段はクソ真面目に生きているが、たまに猛烈なクソビッチになる時がある。

しこたま酒を飲んで、同じバーにいた知らない男とキスナンパされた男についていってセックス

先日はナンパしてきた好みの顔の男についていって話をしたら、20歳上のバツイチ男性だった。顔が好きだと普通にほいほいついていってしまう…。

彼氏いたこともあるが長続きしないため、彼氏セックスしたことはない。

全てをさらけ出して、嫌われるのが怖いのだ。それが、知らない男とならセックスできる。不思議な話があったもんだ。

キスが好きだ。唇を食むようなキスが好きだ。

肌が触れ合うのが好きだ。温かくて柔らかくて好きだ。

挿入は対して好きじゃない。

しかし、キスと肌の触れ合いをしたならば男性側はそりゃ挿入するだろう。

キスと温もりを与えてくれたお礼に、自分の穴を提供しているとでも言えばいいのか。

挿入しないで前戯だけしてくれれば嬉しいのだが、そうもいかない。ギブアンドテイクだ。しかし女の、というか私のリスクがでかすぎる。

幸いなことに妊娠したことはないが、こんなこと続けていたらいつかきっと後悔する日がくるのであるのもわかっている。

好きな人と、愛のあるセックスをしたてみたい。

全身脱毛してうるうるすべすべ肌になって、どこを触ってもマシュマロみたいな肌になりたい。

好きな人とせっかく付き合えたのに、セックスする際、(こんな体で嫌われるかな…)とビクビクしながらセックスなんてできない。

から、知らない男とセックスをする。

お金を貯めて、脱毛して、セックスするとき自信を持ってさらけ出せる肌にしたい。

とりあえず、避妊薬を飲むことにする。

2018-02-22

The Greatest Showmanのあやうさ

王道でかつ誰に対しても媚を売ったような作品だと思った。

簡単に言えば持ってる人/持ってない人の二項対立で描かれる映画なんだけど、その境界定義っていうのがすごく曖昧で行き来する人が多いのが現実ぽいと思う。

ミュージカル映画としては素敵な映画だったけど、その一方で興行として人権侵害甚だしい見世物小屋としてのサーカスが人気を博していたことは考えなければならないことだと感じた。

バーナムは人の個性に囚われない、面白い人ならなんでもいい、という反差別派のように見えるけど、差別される側/する側で二項対立させたときバーナムは間違いなく差別する側なんだよね。

現実ではもっとペテン師興行師としてクソ男だったと思うんだけど、そこを美化しすぎてる、というか観客にそう感じさせるストーリーになってると思った。現実の度合いと映画の度合いが違いすぎるのが気持ち悪かったな。

たぶんヒュージャックマン以外の全員に共感できるし、逆に言えばヒュージャックマンには全く共感できない。

この映画根本的な価値観人生の生きづらさ、満たされなさみたいなもだと思って、だからこそNever Enoughがすごく効果的だと感じた。まぁレベッカファーガソンのあの終わらせ方には全く納得できてないけど…

一度負った心の傷は完全に癒されることは全くなくて心のどこかに絶対残ってしまって、だからこそ何をしても満たされないし過度な成功を求めてしまうの、なんとなくわかるような気がした。

でも結局楽団の皆がヒュージャックマンに本当に怒りきれなかったのは彼の満たされなさをみんな理解してたからだと思う。

私も本当に信頼している人には何されても許してしまうだろうなっていう気持ちがあるんだけど、それに近い気がした。ただ、そう解釈するにはストーリーが不十分すぎると思ったし、This Is Meをバーナム(ヒュージャックマン)が見てない時点で、彼らのことをわかってあげる人はいないのかなと切なくなった。

もちろん、みんなでThis Is Meを歌うところは本当にかっこよくて痺れたけど。ただ、この歌を主題歌とするならもっとフリークスと呼ばれた劇団のみんなに焦点を当てて欲しかった。このストーリーなら主題歌The Greatest Showmanの方でよかったと思うよ。

あと、十分に説明されなかったところが多すぎて…一番謎だったの、りんごをくれたおばさんとの出会いなんだけど、あれは一体何を意味してるの??ヒュージャックマンが単なる差別主義者っていうことを明らかにさせただけだと思うんだけど…

あと、町の住民がなぜそこまでフリークスサーカスを嫌ったのかが描かれてなさすぎて、理由もなく差別するほうを一方的に悪として描いていて、その反動でヒュージャックマンがいい人に見えるってだけでは…って思ったりもした。

あと、LALALANDと比較されがちだけど映画テーマモチーフが違うのにそんな簡単比較できないでしょう…好みの問題でいえば私は完全にLALALAND派ですし。

ただ、似ている部分でいえば序盤の構成はやっぱりLALALANDとまったく同じだと思う。

特にAnother Day Of SunSomeone In The Crowdの流れとThe Greatest Showman~Million Dreamsの流れはすごく似てると思った。観客の判断力を奪う圧倒的な歌唱力演出はやっぱり素敵でした。

2018-02-18

増田護身術講座:第1回「目潰し」

社畜の育成が目的義務教育では、サバイバル必要知識は学べません。(使い捨ての駒には不要

 

目つぶし

  • 距離:目に指を入れる。
  • 距離:目(顔)に唾を吐く。
  • 遠距離:砂があれば拾い、目(顔)に投げる。

 

事前準備が不要の目潰しは便利ですが、催涙スプレーや熊避けスプレー携帯お勧めです。 

 

失明

  • 指を入れるときは、眼球を抉り出す、破裂させると失明する。
  • 指を入れただけでは失明しない。(眼底出血等で1ヶ月ほど視力が低下するだけ)

 

誤認逮捕対策

演技力重要

うまい嘘の付き方はサイコパスを見本にしましょう。

嘘をついて相手を欺く能力演技力次第で遺族を丸め込むことができます劇団で芝居を練習すると嘘が上達します。(なるべく嘘はつかない方が良いですけどね)

申し訳ないことをした』『(亡くなったAさんが)毎晩夢に出てくる』っていって、とても反省してるといっているって聞いたよ。彼はそんなに芯から悪い人間じゃないと思いますよ。

ワルはワルなんだけども、筋は通っている。警察検事供述書類を見ても、きっちりと事件のことを振り返って正直に話している。他の暴行犯の証言と比べてもあの男だけは正直だった。素直な感想もいっていたしね。

 

護身術

お金時間があって護身術を習う場合、「クラヴ・マガ」というイスラエル軍で開発された護身術お勧めいたします。

 

自分の身は自分で守る」

最後に頼れるのは自分

今日から皆さんも目つぶしを練習して、痴漢撃退し、安全快適な生活をお送りください。 Let's thumbing!

 

anond:20180218162335

2018-02-17

同じ夢ばかり見るのだが何を意味してるのか

舞台で芝居をやる事になってるのだが、劇団モチベーションが低くてろくに準備もしないまま当日を迎えてしまっている。

舞台袖で待ってて、自分は中堅の役どころなのだが、台詞ほとんど覚えていない。

開演までの時間は刻一刻と迫っているが、台本を読む余裕はない。

こんな夢をもう5回以上見ている。毎回シチュエーションは同じ、夢の中では開演時間を迎えた事がないのも同じ。

当方高校の時に演劇部だったがそれからは芝居からは離れている。

これはいったい何を意味してるんだ…。

2018-02-11

劇団を好きなアイドルファンが「Amazon動画配信始まった」ってリプしてたけど

好きだったら他配信サイトでとっくの昔に見とるわい

アイドルにリプしたい欲が勝っちゃってその子が好きな対象はにわか丸出し(その子は喜ばない情報)なのがきつい

2018-02-05

茶の間ヅカオタ記

タカラヅカ世界に入った私がしたのは、いわゆる「会」に入ることだった。劇団非公認のジェンヌさん個人FC。噂の「会」というものがどういうものであるのか、潜入してみよう。そんな興味本位そもそもの始まりだった。

しかし前提が茶の間なのでそんなに現場に出ることは出来ない。一公演にほんの数回の観劇が精いっぱいの私にとって、「会活動」とはどんなものであったのか。未知のものとの遭遇はとてもスリリングでエキサイティングだった。好きな人の前に立って、私はあなたファンです、と合法的に言えるということにとっても興奮した。初めて勇気を出したのはある日の公演終わりの楽屋出待ちだった。急遽お稽古待ちスタイルに変更になって、私はバス時間ぎりぎりまで待機することにした。会からのお知らせでスタンバイ場所は聞いてはいものの、他の会との兼ね合いがさっぱりわからず、スタッフさんに電話で泣きついて待ち合わせてもらった。当然一番乗りだったのであれよあれよという間にお隣歩きというものをすることなった。今思い返してみてもあれは怖いもの知らずならではの蛮勇だった。今の私は機会に恵まれてもお隣を歩くことを固辞してほかの方に歩いてもらうことにしてる。あんなに恐ろしいこと、二度とする気になれない。あの時のお隣歩きは、今も大事な思い出になってる。遠くからたことをアピールする私に私の好きな人はやさしく笑って、遠くからありがとうございますと言ってくれた。幸せだった。それだけでいい。それ以上なんていらない。そう思ってその思い出を大事に抱えて一生を生きて行こう。そう思った。

無事に初めてのお稽古待ちとお隣歩きを済ませた私は、少しずつヅカオタとしてステップアップしていくことになる。

公演の入り待ち出待ち、会総見に、親睦会。現場に出られないながらも少しずつ経験を積んでいった。そしてチケットを買えないからこそ、現金を振り込んだ。タカラヅカには好きな人に直接現金を送ることができるのだ。応援するなら金をくれ。身も蓋もないシステムだけど、そこには真理しかない。現場に出られないならお金を送ればいいじゃない。ささやかな額ではあったけど、毎月決まった口座に振り込むということは「贔屓」という言葉を実感させてくれる行為だった。私の贔屓。そういうプレイを楽しんでいた。

そして大人会の入会案内が届いた。参加条件がどういうものなのかは分からなかったけれど、私に送られてくるくらいだから単に年齢のせいなのかなって思った。ただ、現場に出ることのできない私にとってお食事会というイベントはとても魅力的だけども参加が難しく、会費だけを払うことも考えたけど、それはあまりにも不相応、私の身の丈には合わないと、散々悩んで入会は見送った。大人会がどういうものであるのかを覗き見ることができるかもしれないというのはとても魅力的だったのだけれど・・・!そしてこのことが後々尾を引くことになる。

いろいろあったけど、ピークはディナーショーだった気がする。宝塚ホテルの公演はキャパが小さくて、チケット難が予めアナウンスされていた。限られたパイを分け合う時、タカラヅカではどれだけお金を出したかで分け前が決まる。そういう世界だ。知ってる。多くを出したものが欲しいものを得る権利を持つ。自明の理だ。単純なシステム。当時の私は持てるものをすべて出した。やるだけのことはした。なんとかパイの欠片は与えてもらえた。ホッとした。

そして迎える退団公演。最後からといつもは現場に出られない私も私なりにチケットを申し込んだ。初日も。千秋楽も。大劇場最後に大階段から降りてくる姿が見たい。そう思った。最後からと今まで頑なに行かなかったお茶会にも申し込んだ。他の会の方から連れて行ってほしいという申し出を受けたりもした。嬉しかった。彼女ファンということで私のことを思い出してくれる人がいるという事実が嬉しかった。実は私も初めての参加なのだとは言えなかったけれど。千秋楽には白装束と言われる全身白コーデのファッションで入り出もして、そしてフェアウェルパーティに行くんだと意気込んでた。まず最初の躓きは、フェアウェルパーティ足切りだった。FC会員なら全員参加できるものだと呑気に思い込んでいた私は冷や水を浴びせられて言葉を失った。ショックだった。条件は、大人会に入ってること、もしくは去年一年間で入出の回数が規定数を満たしていること。お金を出している人もしくは現場に出ることの出来る人、それが条件。ああ、大人会・・・!現場に出られない私にとって大人会が救済措置だったのに、私はそれを自分の手で握りつぶしていた。ショックだった。フェアウェルがどういうものなのかは噂でしか知らないけど、ファンとして最後のお別れができる場なのだととらえていた。ご本人よりもファン同士で別れを悼むという意味合いもあるのかなと思っていたので、孤高の茶の間おひとりさまの私にはハードルが高いなぁって若干尻込みはしていたんだけど、それでも最後からとぎゅっと握り拳を固めていたところだったのに。

過分なことを望んでいたんだなぁってようやく自分立場自覚した。私はお金時間も費やしていないただの茶の間なんだから現場に出ないでも楽しむことができると嘯いてたタカラヅカ世界において、一番の底辺だということを思い知らされた。卒業最後に立ち会えない、そういう人間なんだって。分かってたつもりが全然分かってなかったんだと。ファンというざっくりとした括りの中に私は含まれていないんだなって全力で拗ねた。応援してくださってありがとうファンの皆様の力が支えとなっています、そんな定型文を耳にするたび、自分に対する言葉じゃないんだって心が荒んだ。私は私の好きな人世界存在していなかった。ただ遠くから眺めるだけの人間だった。いや、それが茶の間の正しい姿だし、清く正しい茶の間であることが私の誇りだったはずだ。少しのぞき見をしてしまったばっかりに、自分が内側にいるかのような錯覚をしてしまった。大いなる錯誤。なんたる勘違い。私は大好きだけど、でも彼女の設定してる「ファン」の中に私はいない。まずはそこに立ち戻ることにしよう。

そして千秋楽チケット難のお知らせ。ここでも、今までの貢献によってチケットを配分しますとアナウンスがあった。またか。もうたくさんだ。うんざりだった。

私の中で何かが失われた瞬間だった。

もう千秋楽なんて行かなくてもいいや。白服も買わなくていいや。そうだ、だって、私、ファンじゃないんだもん。

大の字になって真っ白な天井を見ながらやけくそなことを思ったらちょっと落ち着けた。自分の出来ることをできる範囲でやるだけ。現場に出なくても楽しいことはたくさんある。それが茶の間の正しい姿。それなのに、ちょっと現場に出ると欲が出てしまった。私も何かになれるんじゃないかと思ってしまった。とんだ思い上がり。茶の間大人しく茶の間に戻るだけです。楽しかった。最後にはままならないことに泣くことになったけど、それも含めていい想い出になるんだと思う。さよなら、大好きな人。ずっと大好きな人。どうか幸せに。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん