「ダボダボ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ダボダボとは

2021-10-03

ビリーアイリッシュ、乳を出しフォロワー10万人減少

ビリーアイリッシュは太り気味の巨乳で、体型がコンプレックスなのか

露出が少ないダボダボの服を常に着ているのがトレードマークだった

しかし急に露出ファッション転向インパクトのある太り気味巨乳SNS披露した

結果、フォロワー10万人減少したそうだ

パリコレモデルのような細い人間露出はそれほどインパクトがないが

脂肪量の多い人間露出にはギョッとするような絵力がある

その衝撃に耐えられずフォロー解除してしまう人がいるのも仕方ないと思う

フォロワー10万人減の報道には、本当のファンならファッションが変化しても支持すべきだと書いてあったが

フォローを解除するのも自由であり、解除するななどとは誰も言う権利が無いだろう

ルーズソックスについてのちょっとした豆知識

当時はルーズソックスの中でも、「ゴム抜き」という、さらダボダボしたルーズ流行っていた。

参考:https://twitter.com/gooitch/status/775039632929009665

(1995~1996年)


このゴム抜きルーズは、現在販売されておらず、プレミア価格が付いており、当時の20倍近くの値段で取引されている。

これ豆知な


ちな、何でおっさんがそんなこと知っているんだ、という疑問もあると思う。

色々あってな。察してくれ。

2021-10-01

新卒女の子が配属されて半年経った 追記あり

ウチの営業所新卒女の子が配属されてはや半年

それはいいんだよ。

その女の子指導員っていうか、まぁ担当(同僚)のことなんだけど、ソイツの変わっていく様がまあわかりやすいこと。

新卒女の子は元気でハキハキしてる。明るい。若いっていいな。で、その子指導するヤツは、人の目を見て話すことができない、ボソボソ何言ってるのかわからない、服装はだらしない、見た目気にしないなど、まあそんなヤツがなぜ指導しているのかも不思議なんだが、まあ半年経った。

あれ?と思ったのが配属一か月後くらいから。

まず、髪がボサボサじゃなくなり、ヒゲちゃんと剃ってる。床屋行ったらしい。これは今も続いている。

次に服装が変わった。ダボダボスーツ着てたのが、それなりにピシッとするスーツに変わった。シャツアイロンかかってる。靴も磨くようになった。

そうこうしてるうちに、話し方も変わってんだよな。声も出てるし。極め付けはコロンつけてんだよ。

はー、なんだかな〜。

女の子と話す時は誰も見たことのない笑顔なんだよ。営業所のほかのヤツも、ありゃ変わったよなとか、報われない努力してんな〜とも。一度ソイツに、お前変わったよな、って言ったら、顔真っ赤にして否定してたけど。

人はこうもわかりやすく変わるもんかね?

追記

たくさんのブクマありがとう。みんなこういう話好きなんだね〜。まぁ、雰囲気的にそいつをいじることもあるし、褒めることもあるよ。実際成績は上がってるし、顧客からの反応もよくなってるからね。たくさん書くと長い、3行でってコメつくじゃん。だから端折って書いたの。わかってよ。そんなに性根が腐ってるわけじゃないよ!

でもこうも劇的に変わる姿を目の当たりにすると、こっちもなんかしなきゃって気分になるから不思議だな〜。

2021-09-12

オタクが恥ずかしくなった日

前置きとして、私は一般的に言うオタクです。

中学生の時はリ○ーンや銀○や○.Gray-manなんかを通り後に、女性向けジャンルにハマって「○○くんは旦那さん☆」なんて言って1020代は順当に黒歴史を積み上げて生きてきた人間です。

30を少し過ぎた今、オタクであることが恥ずかしくて仕方がないと痛感したもで書き捨てていきます

コミュニケーション

前述のような痛いオタク青春時代を過ごした私は、学生時代の友人も同じような趣味人間に偏っていました。

ここで友人をA子B子しま

2人に共有しているのは、極度に他者とのコミュニケーションが苦手なこと。

例えば友人とファミレスに行くと、オーダーの時2人とも小声で自分の食べたいものを私に向かって言い、私が同じことを店員に伝える。

オー!マイキー』に登場するボブ先生とボブママ状態と言えばわかる人がいるだろうか。

オタク同士で趣味の話をする時はやたらデカい声で騒ぐのに、それ以外の人間とのコミュニケーションが全く取れない。

私は昔から我が強く比較外交的タイプであった故か、友人たちと外界との窓口になってきた。

お互い大人になってたまに集まると、未だに相変わらずオーダーは私に向かって小声。

店員はA子やB子に向かって紅茶ホットアイスか尋ねているのに、2人とも私を見て小声で「アイス」なんてって言ってくる。

どんなお店でもこの状態で毎回店員さんはやりとりをしづらそうにしている。

でも自分の好きなジャンルの話は周りもドン引きテンションで話す。

私はそのジャンル全く興味ないって何度も言ってるのに布教と称して一方的に語られるのも辛かった。

趣味で盛り上がるのも学生時代は楽しかったけど、今では冷めた感情を抱くしかなかった。

TPOがわからない

学生時代仲が良かった友人Pちゃん結婚式の時があった。

Pちゃん自体オタクではないが、私を含めてA子とBことも接点があったため招待してくれていた。

席に着くなり2人のカバンから出てくるわ出てくるわ俗に言う『もち』『まんじゅう』『アクスタ』の数々。

彼女たちは自分推しを、テーブルに綺麗に並べてスマホ撮影

そのスマホキャラクターデカデカプリントされてたり、どう見ても本人に似つかわしくないデザインなのでキャラクターモチーフ系と思われる物。

挙句Pちゃんと友人みんなで写真を撮る時も彼女たちの推しも一生。

もう一度言うが、新婦であるPちゃんオタクではない。

そして私たちも30といういい歳した大人なのである

テーブルにグッズを並べ始めた時点で流石に見かねて「そういうことは他人結婚式という場でやるものではないよ。」といった旨を彼女らに伝えたが、「えーでも〇〇くんたちもお祝いしたいって言ってるからぁ〜...フフフッ!」と言った返答で諦めた。

後に確認して彼女SNSには写真と共に『(推しカプ名)が結婚しました/////』と投稿されていた。

A子が行きたいと言い出して誘われた格式高めのホテルアフタヌーンティーでもずっと男言葉全開で自分の好きなBL推しカプの話をされた時も嫌だった。

どんなシチュエーションでも自分がどう思われるか全く気にせず趣味を主張し続けることが何かのステータスなんだろうか。

ファッション

遊びに行くときB子格好が、タボダボの無地のネイビーシャツ・パツパツのデニムダボダボのグレーのロングカーディガン・黒のショルダ・爪先のところがくしゅっとしてる茶色バレエシューズ。そしてすっぴん

目立つのが嫌だからと地味な色しか買わなかった結果、地味な色オールスター感謝祭結構されてしまう。

本人は地味な色という統一感を感じて安心して家を出たかもしれないが、一般的には大事故だ。

というか、根本的な問題として学生時代の持ち物と変わらない。

新しいものを買っていないというわけではなく、毎回似たものを買い続けているせいで不変が生まれている。

A子の服装は『擬態』と称したファッションであるサイズ感や着丈のバランスもめちゃくちゃ。配色も全身推しキャラ担当カラーを好きなCPイメージで固められている。そしてすっぴん

一般的に『擬態』の定義は、オタクっぽくない非オタキレイ女性雰囲気に近づくことを指していると考えていた。

まり「えっこんな綺麗なお姉さんがオタクなの〜!?」というノリを想像しているのだろう。

他者からの外見的印象とは、洋服だけじゃない。

髪型や髪色、アウターや靴や靴下カバンも含めて洋服バランストレンド感、自分の体型にあったもののチョイス、それらとバランスの取れたメイクか。

パッと考えたけで『擬態』端的に言えばオシャレな人に見せる行為というのはものすごく大変である

見様見真似で1日2日で簡単にどうにかできるものではないのだ。

そしてこれは男性オタクダメファッションにも挙げられるが、自分の服のサイズがわかっていないのは共通している。

原因としては、MやLだと入らない気がしてXXLなどを毎回購入しているとのこと。しかし2人とも中肉中背である

そしてメイクもよくわからないし、グッズ買い過ぎてお金に余裕がないかコスメを買おうとも思わないと。

自分はオシャレではないが、20代前半で自分ダサいことに気づき、遅れを取り戻すようにPC診断や骨格診断を行い3サイズや肩幅なども定期的に測って洋服サイズを細かく見て必ず試着して購入、美容室にもこまめに通って特にコンプレックスがあった部分なので昔の自分ダサいと気付かず30を越えた場合の姿を見ているようで本当に許せない気持ちになっていた。

結論として、自分自身もオタクであった。

しか学生時代20代前半は許せていたいたことが年を重ねるにつれどんどん許せなくなり今に至る。

公共の場オタクグッズを広げないで欲しい。

公共の場BLとかの話をしないで欲しい。

公共の場で汚い言葉使いやプギャーとか死語含めてオタク用語を交えて離さないで欲しい。

大人なんだから他人と会話できるようになってほしい。

大人なんだからグッズ買いすぎてお金ないとかやめて自己管理して欲しい。

大人なんだから求められる身だしなみが歳とともに変わることに気づいて欲しい。

こんなことが20代の後半から積もっていき、30を超えてついに爆発した。

一緒にいるのが恥ずかしい。もっとオシャレな友達が欲しい。

オタクであるというのは彼女たちと同類世間的には見られるんだろうか。

昔は楽しかったのに、今はこんなにも恥ずかしい。

恥ずかしい。恥ずかしい。

気づいたらずっとクローゼットしまったきりだった過去に買ったグッズの処分を始めていた。

山のようなゴミ服を見つめながら色々な思い出を振り返りこれを書いている。

書き終わったらA子とB子LINESNSブロックする。

2人がそのままでいいならいいのだ。

こちらが強制的に変えたいわけでもない

しかし私は変わってしまった。

ただそれだけの話。

2021-09-08

anond:20210908144838

しゃーない、一式買い替えるか。

こないだ初めて会う取引先の人に「最近痩せはったんですか?」って聞かれたか

相当ダボダボなってるし。

1か月で7キロ落とした結果

おなか周りはまだタプタプだし胸もBカップくらいはあるけど

長年行方不明だったアゴ発見した。

おいおい、アゴ。生きとったんかワレ!って気分だ。

 

スーツパンツダボダボになってしまったのはちょっと困ってる。

みんな痩せたらパンツ類とか買い替えてるの?

2021-09-07

ポーランドブルマー、結局名称は何なんだ?

はじめに

最初にブルマーについて調査した記事で、ポーランドブルマーの映っている動画を紹介した(3:55頃から)。そのことから自分ポーランドにおけるブルマー存在証明したと満足し、それ以上の調査をやめた。しかし、先日のドイツのブルマーにまつわる記事で、ドイツ語のブルマー名称を知ったこからそもそもポーランドブルマーを何と呼んでいるかを調べた。

結果として、今回は具体的な名称を見つけることはできなかったが、ポーランドにおけるブルマー年代をもう少し細かく絞り込むことができた。

ポーランドの体育の起源

ポーランドの体育の歴史は1805年にさかのぼる。医師であり化学者でもあるJędrzej Śniadeckiが、身体の訓練がなおざりにされ、精神だけの訓練が行われていることを嘆き、体育を創始した。彼の目指した水準は高く、「レスリング、さまざまな武器使用ダンスジャンプ、高い木に登る、溝をジャンプする、水泳乗馬、走りながら馬に乗る」などが教科に含まれていた。また、どうやらそこの学校では、ポーランド語も教えられていたようであるポーランドが分割されていた時代のことと考えれば、驚きである

Kto wymyślił lekcje WFu?

サイト名が「ファクト」で少し胡散臭い

ポーランドとSokół(ソコウ)

ソコルはチェコのブルマーについて記載した記事でも書いた通り、チェコ民族的体育運動協会であるポーランドのソコウはそこから派生した団体である1863年蜂起の失敗後、同年2月設立された。同時期のスカウト運動とは逆に、右翼的傾向があった。それに危機を覚えた当局による迫害が続いた。プロイセン占領下のポーランドでもそうであったし、独立後、再びナチス占領されても迫害を受けた。

にもかかわらず、ソコウはポーランド独立運動の一翼を担ったのである

しかし、共産主義政権が成立するとソコウは違法化され、これにまつわる情報はすべて検閲された。1989年合法化され、1990年にソコルポランド体育協会連盟(とでも訳せるか)

名称を変更、現在は80のグループ8000人を擁し、若者愛国心市民義務を教える団体となっている。

なお、余談だがサッカー庶民スポーツとして嫌ったため、20世紀に何人かのメンバー離脱独自サッカークラブができるが、これがポーランド最初サッカーチームの起源である

Sokół - Wikipedia

英語版では1935年の提灯ブルマー確認できる。ポーランド語版では1937年、提灯ブルマーでのマスゲーム確認できる)

ポーランドの体育での服装(結局ブルマーはいていたか?)

上記の「ファクト」というサイトによれば、当時はズボンとゆったりとしたシャツを着て、女の子ドレスを着て運動した、と書かれている。またソコウ(自動翻訳では「ファルコン」と出てくる)では軍服のようなものを身に着けた、とあるブルマーに関する記載がないことに、僕は困惑した。証拠となる映像画像もそろっているのに、文章が見つからないのである

ポーランド語は一言もわからないので、以下の語を翻訳し、組み合わせて検索してみた。「体操着」「紺色」「ブルマ」「短パン」「共産主義」「1960年」「歴史」「恥ずかしい」など。ここで思いがけなかったのが、中東欧の多くの言語で「体操着」で画像検索すると、女性用のレオタードばかりヒットすることだった。

Wikipediaポーランド語版Mundurek szkolny(学校制服)で検索したが、それらしいものはヒットしなかった。イギリス制服に関する項で、

  • Spódniczka sportowa lub szorty z logo szkoły (dziewczęta)
  • Szorty sportowe (dziewczęta)
  • Kostium gimnastyczny (dziewczęta)

とあり、これは

意味するので、検索のヒントになるかと思ったが、結局見つからなかった。

やっとのことで、あるサイトで、こんな証言を見つけた。

pamietam obowiazkowy stroj na wf szorty granatowe bialy podkoszulek.

これを日本語にするとこうなる。

体育の必需品、ネイビーブルーショートパンツ、白いTシャツを覚えています

これが数少ない、ポーランドブルマーにまつわる証言である。名も知らない誰かのコメントで、ポーランドブルマーはあったのだと、映像だけでなく、言語でも納得できた。

ブルマー写真さまざま

こちら過去ポーランド撮影した写真アーカイブだ。検索ワードをgimnastykaに変えても同じような写真が出てくる。

幸いなことに、写真の下には年代記載されている。1930年代1948年と書かれた写真は提灯ブルマーだが、1960年代を映している写真は、間違いなくショーツブルマーだ。

また、こちらでは、少しダボダボしているが1950年代ブルマー確認できる。

他にもブルマー運動する女性写真は何枚か見つけたが結論は同じであり、リンクをいたずらに増やしても意味がないので、割愛する。

陸上ブルマーについて

陸上ブルマーバレーボールブルマーについてもある程度調べようと思った。一つには、日本ブルマーバレーボールに影響されたという説があるからであり、もう一つにはブルマーポーランド語での名称を探すヒントになるかと思ったからだ。

こちらでは1972年陸上ブルマーの普及の様子を確認できる。

また、こちらでは陸上ブルマーの是非について論じているが、タイトルが「Majtki dla biegaczek」、和訳すると「陸上パンティー」である。これがブルマー正式名称かと思ったが、どうやら違うようである

これ以上探しても見つからないので、調査は一段落とした。元々は体育のブルマー調査だ。プロスポーツブルマーとは少し違う。日本でも競技ブルマーの浸透した年代と、学校制服ブルマーの普及した年代には、かなりのずれがある。名称調査はともかく、この画像検索ではずれが出てくる。いずれ、競技ブルマーの普及した年代調査することがあれば、そのときに改めてまとめなおす。

結論

調査での反省

しかしたら、グーグルもDeepLも、単語レベルでの正確なニュアンスに関してはまだ改良の余地があるのかもしれない。また、日本語から英語からかでも、訳語がぶれた。

それと、今回は自分の落ち度だが、系統的単語を調べず、頭に浮かんだまま検索したので、何度も同じ単語検索してしまった。また、サイトによっても訳語のブレがあった。気晴らしの調査であるとはいえドキュメントファイルかなにかで記録を取りながら調査すべきであった。

しかしたら、画像検索ではなく、文章検索すべきかもしれない。たとえば、「体操着 共産主義」ではこちらの質問サイトが見つかり、ブルマーが黒っぽかったことを示唆する内容もある。

Wątek "Strój gimnastyczny " - wielkiezarcie.com

今後の展開と次回予告

できることなら、なんとかポーランドブルマー名称確認したい。

また、ブルマーの普及状況について、国ごとに調査継続したい。

ちなみに、今回自分は並行してハンガリーブルマー事情について調べていたのだが、思いがけないことが明らかになった。それに関してはできたら一週間以内に記事アップロードし、共有したい。

遅れたら失礼。

2021-08-15

青春18きっぷおじさんの見分け方

お盆の時期に、これらの特徴に当てはまる乗客は、青春18きっぷ利用のおじさんや乗り鉄可能性が濃厚である。とくに静岡県内の東海道本線だと遭遇率が異様に高い。

電車が到着する前にホーム椅子から立ち上がって足元の印に並び始める

ホームの上の方をキョロキョロしてから並ぶ

・到着の電車が行きすぎてあわてて乗り込むということが一切無い(立ってる位置電車が来る)

リュックサックを背負っている

リュックサックの外側にペットボトル飲料収納している

リュックサック直方体っぽい(中の荷物がぎっしり詰まっている)

リュックサック交通安全のお守りをつけている

リュックサックアイマスキャララバストがつけてある

黒髪である

・短髪である

・前髪は眉にかかるか、かからいか、くらいの長さである

・サイドや後ろ髪も前髪にあわせた長さである

ぶっちゃけ1000円散髪カットである

眉毛が太い

・眉尻が散らかっている

メガネが黒い

メガネレンズが分厚い

・チェック柄シャツ

シャツイン

ジーンズを履いている

チノパンを履いている

ズボンの裾がダボダボ(裾上げしていない)

・靴は中学校運動

ナイキコンバースティンバーランド

マスクが白

マスクが黒

・ウレタンマスクだと鼻が出てる

オックスフォードシャツ

Tシャツの下に白色肌着(チラチラ見える)

電車座席コンビニおにぎりを食ってる

電車座席コンビニパン(ツナマヨネーズのやつ)を食ってる

・いきなりカロリーメイトを食い出す

ウィダーインゼリーも食う

綾鷹

いろはす

・モンエナ

水筒持参

・車端の座席に執着する

・転換クロスシート大好物

・転換クロスシートが進行方向に向いてないとキレる

・折り返し電車で転換クロスシートをガタンタン動かすのが好きだ

ロングシートで体を半身にして外の景色を眺める(高齢者)

ロングシートスマホの画面をガン見する(若年者)

ホーム上で円陣組む

ホーム上でオフ会

ハンドルネームで呼び合う

・声がデカ

・声が小さい

野球部集団パリピ軍団が乗り込んでくると会話がピタッと止まる

JR東海に敵意を向けている

・でもリニアは賛成だ

静岡県に敵意を向けている

・でも静岡県を経由して移動している

クルマ免許は持っていない

クルマ免許は持っている(AT限定)

AT限定何が悪いとかTwitterで吠えている

Twitterアイコンアイマス

Twitterアイコンごちうさ

Twitterアイコン艦これ

最近ウマ娘にハマった

最近ウマ娘に飽きた

リアルなんJ語を使う

リアルなんJ語を使うやつを軽蔑している

・でもワアとかいっぱいかなしいとかエッッッッとかは使いまくる

淫夢語録をスラスラ言える

淫夢語録は恥ずかしいと思っている

・でも「ああ^~」「(小並感)」「やったぜ。」はセーフ

らきすたとかハルヒ話題を不意に出してくる(30代以上)

駅メモをやっている

デレステをやっている

FGOはたまにやっている

就活の失敗を民主党のせいにしている

維新支持

自民支持

山田太郎支持

山本太郎を敵視している

蓮舫が嫌い

政治的ものは全部嫌い

・でも中核派フォローしている

・さわやかが好き

松屋が好き

ラッキーピエロ好き

セイコーマート好き

・異常な移動ルートを考えるのが好き(例:成田空港孤立したら成田新千歳羽田脱出等)

・旅程が崩壊すると嬉々としてツイートしまくる

Twitterが大好き

・一挙手一投足すべてをツイートする(例:うんちした等)

単位が大げさ

ネットスラング大好き

・語録大好き

・というかスラングや語録を使わずに会話ができなくなった

就職してからツイート頻度が激減した

就職してからツイートしなくなった

就職してTwitterを鍵アカウントにした

・「おは」「出社」「退社(しごおわ)」「おやすみしかツイートしなくなった

ゆるキャン△は一期のみ

同人誌を作ったことがある

同人誌で駅員のミスネタしたことがある

コミケはなくてはならないものだと思っている

Twitterフォロワー数が2000を越えている

Twitter登録して10年が経っている

・インスタのアカウントが無い

・まだニコニコ動画を見ている

青春時代ニコニコ動画に費やした青春18きっぷおじさんは無口でとくに害はないと思われるが、座席を長時間占有する確率が非常に高いので、対策としては接続してない列車に乗ったり、そもそも電車じゃなくてクルマで移動するといいと思います

2021-07-15

今思えば好きだったのかもしれない

久しぶりに開いたfacebookで、昔一緒に働いていたエンジニアさんの投稿を見つけた。

40代後半で伴侶を見つけ、なんでも一緒に暮らしているとのことだった。(過去投稿を遡って知った)

それを見た時に、なんだかショックを受けた。

幸せそうな投稿を嬉しいと思う反面、すこし悲しかった。

自分でもとても不思議だったのだけど、思い返せばその男性のことが少し好きだったのかもしれない。

彼は変わった人だった。

いわゆる業務委託で、一緒に仕事をしたのは1年ほどだったが、太っちょで、擦り切れたダボダボTシャツを着て、昔ながらの技術マニアエンジニアさんだった。

雑誌ムーの話や、ネット電話回線だった頃の話、2ch黎明期の話なんかで盛り上がった。

最初偏屈そうな顔をしていて、早口だし、体も大きいしでなんだか少し怖かった。

でも話してみたら、よく笑うし、趣味の話なんかは私が知らないことでも楽しそうに話すので面白かったし、なんだかんだとても面倒見がいいので歳下のエンジニアさんにも慕われていた。

キラキラした女子社員に話しかけられるとちょっと寡黙になるのも可愛かった。

私もそっち側の人間と思われていたそうだが、中身はオタクだったので一緒にガオガイガーテーマカラオケで歌って以来壁がなくなったように思えた。

年齢もだいぶ離れていたので、異性としては全く見ていなかった。きっと向こうもそうだったと思う。

それから私が会社を離れ、facebookからも遠のいて数年後、冒頭の出来事があった。

今思えば、彼と話している時はとても楽しかった。おじさんなのに好きなこと話す時は少年みたいにキャッキャしていて、息継ぎどこでしてるのか分からないぐらい饒舌になってる姿を見たくてあえて彼の好きそうな話題勉強して振っていた時すらあった。(馬鹿にしているわけでなく、楽しそうな彼の姿を見るのが好きだった)

今頃、そうかあの時、彼のこと少し好きだったんだなと気付いた。

思い返せばたしかに納得することも多かったが、やはりめでたい事だし、きっとお嫁さんの前でまた趣味の話を早口で楽しそうに語ってるんだなと思い「おめでとうございます!」とコメントしてfacebookを閉じた。

2021-04-28

「おじいちゃんってみんなジーンズはいてるね」の次

ってなんだろう、おじいちゃんはみんなピチピチパンツ

いつかはおじいちゃんってみんなダボダボの服着てるよねって言われるようになるんだろうな

2021-04-19

国民主権という言葉の重み

最近ホッテントリで見かけた話題から

[B! 自民党] ヤマスグリ(山酸塊) on Twitter: "要するに、日本の一般国民は「自民党はインフラ」という認識であり、与党政治家を介した請願・陳情→調整こそが、大衆が唯一実感できる政治参加チャンネルなわけだ。 デモストが排除されるのも、選挙が儀式にしかならないのも当然。 もっとも… https://t.co/D8fMuVgYwI"

大阪の吉村知事、母に「彼のどこがいいの?」と聞いたら返ってきた答えに色々考えさせられる「ネタにして済むことではない」 - Togetter

菅義偉首相、どの紳士服屋で買えばそんなダボダボなサイズ感に仕上がるのか逆に評判に : 市況かぶ全力2階建

結局、政治家を選んでいるのは国民なのだ、ということを改めて痛感する。それは選挙だけの話ではない。日常において政治を語ることが大切なのだ。では、どう語るべきなのだろうか。私たちがどういう社会を望むのか、どういう政治家が望ましいと考えるのか、という視点をもって語られるべきだと私は考える。なぜなら、国は、政治家のものではなく、私たちのものなのだから国民主権という言葉は、天から降ってくるものでも政治家保護してくれるものでもなく、私たちが地道な積み重ねで守り、作り続けていくしかないのだ。果たして国民にその覚悟はあるか。

2021-02-22

関西三十年だが身に付かない言葉

ワイは広島出身なのやが、

シャバシャバダボダボ ← まあわかる

たちまち = ? ← なんだそれ

『たちまち困るような事態になることはありますか?』という用法なのだ、と何回か聞き返して理解はしたが、なんか納得はできてないワシ(広島風じゃけぇのう)がおる。。。

2021-01-30

anond:20210130181523

やっぱダボダボのダサジャージ着ると、ハイレグパレートより記録が悪くなるのかな。

2020-12-08

脂肪をつけて服が綺麗に着られるようになりたい

20代前半女、身長158センチ体重41キロ体脂肪率14パーセント

親族ほとんど似たようなガリガリで、完全に遺伝ぽいんだけど食っても食っても体重が増えない。

寧ろ年々痩せていってる。ヤバい

もちろん乳は無い。まな板の上に小豆のせたみたいな乳。

肋骨ゴリゴリに浮いてるし、腕なんて骨と血管が気持ちいくらい浮くのでゴツい。

絵にかいたような不健康体なのに、周りには細くて羨ましいと言われる。

すぐ不調起こすし正直なにがいいかからない。

私はダボダボパーカーとかのゆるっとした感じの服が好きだが、

私が着るとアイスバーみたいになる。

ハイウエストジーパンは、ベルト通さないと腹回りが緩くて下げパンみたいになる。

この体型の1番の悩みは服が綺麗に着られないこと。

着たい服が綺麗に着られないのが本当に辛い。

栄養士やってる友達指導の元、食事週間の改善をしばらく続けてたけどダメだった。

プロテイン飲んでひたすら寝ると太ると聞いたので試したけどダメだった。

栄養の吸収率が悪いのかもしれないからと教えてもらい、ビタミン摂取してみたけどダメだった。

他にもこれやるといいんじゃない??って聞いたことはだいたい試したけど全部ダメだった。

食事は食べることが好きなので人並み以上に食べるし、

めちゃくちゃ活動的でもない(むしろ逆)


どうにかしてもうちょっと健康的になりたい。

かい方法はないだろうか。

2020-11-26

裾よ、広がるな

数年前にジョガーパンツ流行りだして、ズボン/パンツの裾がキュッとしまったシルエットが基本になったことがあったよな。

でも最近はその流行も落ち着いて、服屋に行くと、いろんなシルエットのズボン/パンツが売ってる。

目につく一つの傾向は、やたらと幅が広いシルエットだ。

最近トップスボトムスもやたらとダボダボの、オーバーサイズのシルエットが多い。これがとても個人的に嫌だ。

ファッション業界流行の波かなんかしらんが、身長の低い奴が着ると絶対に似合わないようなシルエットをゴリ押し流行らせようとするのはやめてくれ!!!

もうひとつ目につく傾向は、細く、短いシルエットだ。

くるぶしが出るくらいの長さ(アンクルパンツ)か、それよりもさらに短くて、脚を釘みたいに細く見せるタイプのやつだ。

シャープに見えるシルエットはそれはいいよ。でも、その丈、冬に寒すぎじゃない???

これからのクソ寒い季節に、真夏みたいに短いスニーカー用ソックスを履かないと見栄えしないシルエットって、無理がない?⁉?

ジョガーパンツ的なシルエットはなんか足首のあたりが落ち着くんだよ。で、冬も寒くないんだよ。

頼むから絶滅しないでくれ!!!!!!!!!!!!

2020-11-04

anond:20201104101226

私の通っていた学校増田と同じ校則・膝小僧が丸ごと隠れる丈のスカートカトリックミッションスクールだったけど(もしかすると同じ学校かもしれませんね)、普通に痴漢も付き纏いも露出狂被害も遭いましたよ。

電車で足をさすられたり、抱きつかれたこともあります自慰をしながら追いかけてきたことも。30代になった今でも夢に出ます

また、いつも黒タイツ履いて夏場もカーディガン全閉め、冬場はボックスコートボタンを全部閉めて通学してた友達ストーカー盗撮痴漢に頻繁に遭ってました。泣きながら教室に入ってきて、スカートを見たら裾に精子?が付いてたときもありました。ショックと怒りで今でもはっきり覚えています警察にも相談したけど駄目で。結局卒業するまで親に車で送り迎えしてもらってました。

増田が知らないだけで、性被害に遭ったクラスメイトもいたかもしれないですね。

ガードが固そうな服装してても、全然意味ないんだなって。例え世界中の人がタイツミニスカートを止め、身体ラインがわからないダボダボの服を着るようになったとしても、今度はダボダボの服を見て興奮する人が増えるだけで何の解決にもならないでしょう。何を着ていようが、中身が好みならなんでもいいんだと思います

アツギ問題は、タイツ性的な目で見て良いものだと発信してしまたことではないと思うんですよねぇ。性的な目で見るのは当たり前だと思うんです。それは私がタイツ性的な目で見ているからそう思うのではなくて「何を着ていようが中身が好みならなんでもいい」て前提を踏まえると、タイツを中身の添え物として好む人がいるのは当然に思えるからです。

増田の大切な娘さんが、増田目線では何を着ても素敵に見えるのと同じです。

アツギ問題タイツイメージダウンしたことではなくて、他人性的な目で見ること自体面白おかしく取り上げてしまたこと、性的な目で見ることの「言い訳」をタイツに持たせてしまたことだと思っています

その言い訳批判する側の人たちの意見にも見受けられますタイツが悪い、女だ、男だ、て問題矮小化してしまって、人を性的な目で見ることを無遠慮に垂れ流すことそのものへの批判があまりないことが心配です。

とこらで、何か娘さんの為にできることはないか考えたんですが、あまり良い案が浮かびませんでした…。

タイツを履かせないことではなく、性的な目を無遠慮に垂れ流す人がいそうな環境を避けたり、避け方を教えたりするしかないんじゃないでしょうか…被害を受けてから訴えても、向こうは「言い訳」を見つけてきてそこしか見ようとしませんから

娘さんの安全を祈っています

2020-11-03

1日を無駄にした!

もう43歳で人生で残された時間も少ないのに。

ホームセンターに行って卓上鏡を買ったら鏡のフチの部分が割れてて結局返品。

鏡買えなかった。

服屋に行ってシャツ買おうとしたらダボダボサイズ合わない。筋トレで鍛えた体見せたいかぴちぴちの服が買いたいのになんか合わない。

服買えなかった。

コンビニ行っておでん買って酒飲んで寝るだけ。

無駄な1日だった。

子供もいないし。

これで子供でもいたら1日分は子供が成長してくれるので無駄な1日ということもないのだろうか?

それとも子供いたらいたで別の苦しみがあるのだろうか?

2020-09-22

どうして今時の若い子ってミニスカートショートパンツを履かないの?

中には履いてる人もいるけど、それでもだいぶ少ないじゃん

主流は膝下〜足首までのロングスカートとか、丈の長いワイドパンツとかじゃん

10年前くらいは若者は大抵膝上丈を履いていたように思うが…

というか、最近そもそも体のラインを出さないよな。10年前はズボンピタッとしたスキニーパンツ上着も体にピタッと貼りつくような小さいジャケットとかだったのに、今は上下ダボダボ普通だもんな

流行なんだろうけど、若者中年も同じような服着てるな〜と思っちゃう

2020-09-15

そんなに太った男って多いか

もちろんいない訳じゃないけど、猫背ダボダボの服着て歩くデブいおばさんとのエンカウント率に比べるとあんまり見ない。bmi以上に太ってるようには見えないんじゃないか?男は。

2020-08-25

anond:20200825142833

こちらからは以上です

2020-07-23

処女だけどローターが入らなくて困ってる③

anond:20200719223515 の続き。

先日購入した棒状のおもちゃだが、残念な事に翌日には動かなくなった。

享年1日。大人のおもちゃ製品って脆い。

けどよく考えたら本物のちんこは電動で震えたりしないはずなので、まあ別にいかなと続行。

だんだん棒に慣れてきたのか、慣れるまでの時間が減ってきたような気がする。血も出なくなった。

棒を出し入れするとじわっと温かい。これがちょっと癖になる。エロ漫画で言う「熱い」というのがこれだろうか。

ただ性感的な気持ちよさというよりは、目にホットアイマスクをつけたような部類の気持ちよさというか……。


日生まれて初めてコンドームというものを購入した。

流石に血が出るとか出ないとかいう話だと、不衛生だと感じたからだ。

ドラッグストアに色々並んでいたが、良し悪しは良く分からなかった。ゼリー入りとかいうのは少々高かったが、別に要らないなと思って避けた。

そもそも、今回は男性の実際のブツを挿入する際に用いるわけではない。

サイズ、薄さな考慮すべきポイントが少ないし、万が一穴が開いて避けたところでダメージがない。

という訳で安いやつを買った。

初心者向けの指ぐらいしかない棒には少々大きすぎたのか、かなりダボダボになった。

入れてしまえば良く分からなかった。

このコンドームとやら、かなり面白い。風船よりも口が大きくて薄いから、息を入れるとすぐに膨らむ。

先っぽだけちょこんと飛び出ているのも、乳首のようで面白い

でもちょっと膨らませてそれらしい形にしてみて、うーん男性の実際のブツはこのぐらいのサイズ、これが入るなんてやっぱ無理だなって思った。

2020-07-09

女でデニムを綺麗に履いてる人少なくね?

女って男よりオシャレだからサイズ感もピッタリのものを選ぶ能力も高い。

でも脚太い人が多いから、デニム履くと「ふっとっw」となってる人が多いと思う。

かと言って男はサイズダボダボで小汚いデニム履いてるからどっちもどっちって感じか。

ここ数年流行ってるオーバーサイズデニムは足の太さ隠せるから良いと思う。

2020-04-07

[] #84-7「幸せ世界

≪ 前

信者たちは難なく撒くことができた。

彼らのダボダボ白装束は、人を追いかけるのには適していないからな。

こういう時ですら、なりふり構う必要があるんだから信者は大変だ。

それでも、いつまでも走り続けるのは無理だ。

俺たちは適当建物の中で身を隠すことにした。

「……半径1000、レーダー反応なし」

「しばらくは安全そうだな」

ガイドの持っている索敵機を使い、見つからないよう動けてはいるが、それも時間問題だった。

いくら信者達が遅いといっても、多勢に無勢であるのは変わらない。

単純な人海戦術をとられるだけでも厄介なんだ。

一方からいかけられる分には問題ないが、囲まれれば終わり。

それに全員がよほど愚鈍でもない限り、それなりの対策はしてくるはず。

乗り物で追跡してきたり、進路を塞いだりもするだろう。

いずれ身動きをとるのすら難しくなる。

こうなったら一旦、帰るのが懸命だ。

「船って、ここからどれくらいの距離だ?」

「……遠いね

しかし肝心の船は、逃げた先とは逆方向に停めてあった。

ましてや一帯は信者達の巣窟

道中、隠れながら移動できる箇所も少なく、ほぼ確実に見つかってしまう。

「ボク一人だけなら、スーツステルス機能で辿り着けるけど……」

「お前が迎えに来るまで逃げ切れってか。そのレーダー使わせてくれるなら考えるが」

「これはスーツに備わっている機能の一部だから……」

「じゃあ前みたいに、その転移装置とやらで跳ぶのは?」

「さっきも言ったように、生身で歪んだ次元に跳ぶのは危険すぎる。体がバラバラに引き裂かれるか、運が良くても次元の海を漂流することになる」

「やっぱり、帰りも船が必要ってわけか」

遥か未来技術も、この期に及んで融通が利かない。

旧来的な集団にもコソコソしなきゃいけないとは、なんとも情けない話だ。

「一応、これで跳べる方法は残っているよ」

“一応”って前置きが気になるが、他に案もないので聞くしかなかった。

「とりあえず言ってみろ」

「“次元の歪み”を再結合してやればいい。そうすれば歪みは修正され、手元の転移装置で跳べるようになる」

それはつまり、この期に及んで「当初の目的を果たそう」って言っているのと同じだった。

「結局、そうなるわけか」

なんだか、ここまでの出来事ガイドの思惑通りな気がしてならない。

わざと自分の手札を出し惜しみして、俺が協力せざるを得ないよう追い込んでいるんじゃないか

けれども、いくら邪推したところで仕方ない。

実際どうあれ、俺が出せる持ち札は限られていた。

「分かった、その“次元の歪み”とやらに向かおう」

次 ≫
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん