「かまいたち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: かまいたちとは

2022-01-12

年始お笑い特番タイムマシーン3号の話

年始お笑い特番の1コーナーで「今ちょうど良い芸人」っていう企画をやってて、

かまいたちとか千鳥とかの売れっ子芸人とは別枠で髭男爵とかジョイマンとかパペットマペットとかのいわゆる一発屋芸人ショートネタ披露するっていうコーナーだったんだけど、

その中でタイムマシーン3号演者として出演してて、

髭男爵ジョイマンパペットマペットの並びにM-1ファイナリスト正統派漫才師最近になってむしろそこそこ露出増えてる彼らがいるのは明らかに浮いてた。

それを観ていた俺は察したんだよね。

「ああ、これアレだろ、TBSダウンタウン番組だし、水曜日のダウンタウンで『まあまあ売れてるのに一発屋枠で番組呼ばれても年始の大型特番ならつい引き受けちゃう説』を検証してんだろうな」ってね。

最近ラヴィット生放送中に芸人が出演アイドル遠隔操作する企画だったりドッキリ偽番組を実際に放送したりとかそういう遊びが多いし、

あの人は今』偽番組流れ星TKO木本にオファーをかける説もあったし、該当の年始特番自体も去年くらいに水曜日のダウンタウンの別企画で使われたりしてた。

これはまあ間違いないだろうって。

今日水曜日のダウンタウンこれが来るかと思って楽しみに待ってたね。

でも今見終わったけどそんな企画どこにも存在しなかった。

マジでただただあの枠で出ただけなのかよタイムマシーン3号

2021-12-27

ドリフとか志村の笑いってさ

結末分かっちゃうから駄目だわ

でも俺がなんで分かるかって云われたら結局バカ殿とか大丈夫だぁを過去に見てるからなのかも(俺はZ世代

漫才でもミルクボーイとかかまいたちはどういう笑いなのか読めちゃう(これは初見から

逆に云えばとても不意打ちに弱い

面白くなさそうな見た目の奴が面白いこと云うのに弱い。例えば滝沢カレンとか

2021-12-07

anond:20211207002954

今のかまいたちって2019年じゃなければどの年のM-1でも優勝できてた気がする

昨日のTHE MANZAIかまいたちヤバくない?

あんだけ露出多くてYoutube毎日更新してて舞台もある程度こなしてて

その忙しさの中で合間縫ってあのクオリティの新ネタ出せるってヤバすぎでしょ

THE MANZAIって賞レースと違って伸び伸びやれそうな感じの番組なのに1組だけM-1チャンピオン狙えるレベルガチガチっぷりで色んな意味で浮いてたわ

2021-11-11

anond:20211111114554

まぁそこまでかどうかはわからんけど、

ドラクエFF・サガ・メガテンテイルズなどご長寿シリーズはもちろん、

ライブアライブとかクロノ・トリガーとかポポロクロイスとか幻想水滸伝とかゼノギアスとか、

長期シリーズにならんかったRPGストーリー重視のものが多かった

弟切草かまいたちみたいなサウンドノベルもあったし、

葉鍵を中心とした「泣きゲー」と呼ばれるジャンルエロゲーも隆盛してたし、

今はそういうとこよりオープンワールドとか、細かいクエストのやり込みとか、ハクスラの爽快感とか、

シナリオよりそういうとこが重視されるようになったんじゃないのって話。

ゲームの傾向としてRPGADVみたいな一人用より、

バトロワFPSTPSみたいな対人ゲーの方が流行ってる感じもするし。

2021-11-10

かまいたちという現象は「リングにかけろ」(著:車田正美)で覚えたのだが

いったいどんな場面でかまいたちが出てきたのかはよく覚えていない。

ブーメランフックでミットを裂いたとき解説だったっけ?

ローリングサンダーは刀だったか包丁だったか扇風機の羽につけてぐるぐる回してるところにパンチをして身につけたのは覚えている。

だがスペシャルローリングサンダーはどうやって身につけたのかは覚えていない。

カイザーナックルと対になるのはなんだったっけ?覚えてない。

2021-11-01

東日本人の「関西弁認定が雑すぎる虞がある

北関東東北出身の知人と方言の話をしていると驚かされることがあるのだが、「関西弁」と認識しているエリアがあまりに広範すぎるケースがある

関西人(ここでは京阪アクセント話者意味で使う)はテレビ漫才を見ていても「あ、このボケのほうの人は関西以外の出身かな?」とだいたいわかる(例えば福井出身ウーマンラッシュアワー村越や島根出身かまいたち山内)。関西弁は声調が肝なので、語彙だけが関西弁でも関西弁にはならない

しかし彼らはその区別をしないし、なんなら名古屋弁山陰山陽方言すら「関西弁認定することもある

2021-10-29

zyzyさんへの返信

nikakuinikakuです。zyzyさんからメタブを貰ったのですが、ちょっと意味が把握しにくく、100文字で返せそうになかったのでここに書きます

 

ポリコレ支持者とオタクいじり」

https://anond.hatelabo.jp/20211027102848

この増田さんに私が以下のブコメをしたところ

他人や敵(と自分が判定した人々)の反応ばかり気にするからこういう矛盾を抱えるのだと思う。まず自分スタンス矛盾なく構えるにはどうすればいいか、どうすれば矛盾を解消出来るか考えれば足元がお留守にならない

このようなメタブを貰いました。

https://b.hatena.ne.jp/entry?url=https%3A%2F%2Fb.hatena.ne.jp%2Fentry%2F4710305078512229858%2Fcomment%2Fnikakuinikaku

となるとオタク絶対に「オタクからってポリコレを嫌ってない」と言っちゃいけないんだよね。それは「女を性的に描いて良い」という主張と矛盾になるから。残念ながら

 

正直な所、意味が取り辛かったです。かまいたちネタかと思いました。

ただ、返信はした方が良いと思うので、必死理解しようと努力してみます

 

「となると」の意味

まず「となると」の意味が良く分かりませんでした、私のブコメは大雑把に言えば「矛盾しない方が良い(その為には他人じゃなく自分スタンスをまず考えた方が良い)」という一般論しか言っていません(自分で言うのもなんですが)。

とすると「となると」は「矛盾しない方が良い」を受けていると解釈するべきでしょうか?確かに「(矛盾しない方が良い)となるとAとBという主張は矛盾するから、Aは主張しない方が良い、矛盾しないために」と読む事は可能かも知れません。

しか一般的には「矛盾しない方が良い」という事は「となると」と仮定せずとも前提として良い事柄ではないでしょうか?

また、そのような慎重さに比べるとB=「女を性的に描いて良い」という私のブコメで全く触れられていない主張を私もしくはオタクがしている事に成っている点は非常に迂闊です。

素直に解釈するならば「となると」は私のコメントを受けたものではなく、元増田の内容を受けたもの解釈するべきでしょうか?

だとすると私へのメタブで「となると」と書くのは言葉の使い方を誤っている気がしますが・・・・。zyzyさんに正解を伺えれば嬉しいです。

 

元増田さんも言っていなかった

更に困惑したのは、改めて元増田さんを読んでみてもB=「女を性的に描いて良い」という主張は特にしていなかったんですね。

となると「となると」が指すのは一体何なのか・・・・?謎は深まるばかりです。

 

AとBは矛盾している・・・・?

もう少し論理を崩して解釈してみましょう、B=「女を性的に描いて良い」という主張はオタクが全員絶対に主張しているのだと仮定してみましょう。

だとすれば「オタク絶対にAと言っちゃいけない。B=「女を性的に描いて良い」という主張と矛盾するから」と言える可能性があります。(尤も、かなり無理の有る仮定では有ります・・・・)

次に問題になるのは

 

A:「オタクからってポリコレを嫌ってない」

B:「女を性的に描いて良い」

 

この2つの間の矛盾です。

 

・・・・正直に言うと非常に困惑しました。

これ、矛盾していますか?私にはすぐには分かりませんでした。

整理してみましょう。

まずAは「オタクならばポリコレを嫌う」の否定解釈出来ます

まり否定記号(¬)を使うと「オタクならばポリコレを嫌う」は「¬A」となりますね。

これとBの間に矛盾を見出す事は命題の形が違いすぎて難しい気がしますが・・・もう少し最善の相で解釈してみましょう。

zyzyさんはAとBの間に矛盾を見ているのではなく、AとB’=「オタクならばBと主張する」の間に矛盾を見ているのかもしれません。

(ただしこれは正確には、先程「B=「女を性的に描いて良い」という主張はオタクが全員絶対に主張しているのだと仮定してみましょう。」とした様に、オタクではなくzyzyさんの主張なのですが・・・・)

ではAとB’は矛盾するでしょうか?

 

A:「オタクからってポリコレを嫌ってない」

B’:「オタクならばB=「女を性的に描いて良い」と主張する」

 

分かりにくいですね、先程の¬Aを使いましょう。

 

A:¬「オタクならばポリコレを嫌う」

B’:「オタクならばB=「女を性的に描いて良い」と主張する」

 

形が揃いました、ここまで変形すれば見えてきました、もしB’と¬Aが同値だと示せれば、Aは¬¬Aであり¬B’なのでB’と矛盾すると言えるでしょう。

ではB’と¬Aは同値でしょうか?

 

¬A:「オタクならばポリコレを嫌う」

B’:「オタクならばB=「女を性的に描いて良い」と主張する」

 

ここで「ポリコレを嫌う」=「「女を性的に描いて良い」と主張する」だと仮定すれば、¬AとB’は同値だと言えます。つまりAとB’は矛盾していると言えます

おお!正直に言うと少し感動しました、zyzyさん、よくこんな複雑な事、暗算で出せますね。私には難しいです。皮肉とかではなく、素直に凄いと思いました。

 

凄い!・・・けれども仮定の重さ

ただし、この矛盾を導く為には、これまで書いた様に、以下の仮定必要になります

 

B’:B=「女を性的に描いて良い」という主張はオタクが全員絶対に主張している

D:「ポリコレを嫌う」=「「女を性的に描いて良い」と主張する」

 

B’は証明するのが非常に難しそうですね、それに、「女を性的に描いて良い」と主張しない人はオタクではない、と主張する必要が出てきます

「女を性的に描いて良い」と主張しない人は特にフェミニストだけどオタク」を自称する人の中にも居る気がしますが、その存在否定してしまって良いのでしょうか?

更にDも重いです、「女を性的に描いて良い」という主張が即ち反ポリコレ成るなら、例えば18禁ゾーニングされた創作物等で「女を性的に描いて良い」と主張する事も反ポリコレに成ってしまます

だとすると「ポリコレゾーニングを求めているだけ」という主張も成り立ちませんし、「ポリコレは単なる性嫌悪ではない」と主張する事も難しくなるでしょう。

 

代償を払って得られた物

ではそれだけ重い代償を払って得られた物は何でしょうか?

今回見つけた矛盾はAとBではなく、AとB’の間の矛盾なので、zyzyさんのコメントは以下の様に修正する必要が有ります

となるとオタク絶対に「オタクからってポリコレを嫌ってない」と言っちゃいけないんだよね。それはB’:「オタクならば「女を性的に描いて良い」と主張する」という主張と矛盾になるから。残念ながら

まり、zyzyさんがあれだけの代償を払って得られたのは、

 

A:「オタクからってポリコレを嫌ってない」

B’:「オタクならばB=「女を性的に描いて良い」と主張する」

 

このどちらかをオタクに言わせない、それだけです。

どちらも別に言えなくても困らないのでは・・・・?

もっと譲歩してAとBの間に矛盾を見つけられていたとしましょう。それでも得られるのは、

 

A:「オタクからってポリコレを嫌ってない」

B:「女を性的に描いて良い」

 

このどちらかをオタクに言わせない、それだけです。

Bの否定は確かに嫌がるオタクも居そうです(全員とは思えないですが・・・・・)、でもBを否定したくないならAを否定すれば良い訳で、

オタクからってポリコレを嫌ってない」を言えない事って、そんなに嫌ですか?

そもそもここで想定されているのはポリコレに反感を抱いているオタクである気がするのですが、だとすれば「オタクからポリコレを嫌ってるよ」位、言うのは容易いのでは・・・・?

しろそれを言いたくないのは、「オタクだけどポリコレは守るべき」と言いたいポリコレ擁護側のオタク人達ですよね?

思いっ切り味方を撃って(売って)いませんか?

あなたがもしAとBの間の矛盾を見つけ出したとすれば、Bを否定できる人(ゾーニングされた表現も含めて女性性的に描いてはいけないと考える人しかAは主張できなくなりました。

まりゾーニングされていれば性表現もOK」と「オタクだけどポリコレは守るべき」は両立しない事が証明されてしまったのです、あなたのお陰で。

 

zyzyさん、あなた一体誰を攻撃してるんですか?

 

 

追記

zyzyさんからブコメで返信を頂けました。ありがとうございます

途中で出てきた仮定Dについて詳細化する内容で、字数制限もあって書き方が雑になっていたという説明も含め納得出来る内容として読みました。

私が指摘した点に対してもこの詳細化による効果は大きいです。

まずDを仮定する際の代償がかなり軽くなりましたし、これはBの内容も「女を性的に描いて良い」から女性公共の場社会的不利益がありえる誇張(女性性的客体化する等)をして描いて良い」に変換できるでしょうからB’も以下の様に変換出来ます

 

B’:B=「女性公共の場社会的不利益がありえる誇張(女性性的客体化する等)をして描いて良い」という主張はオタクが全員絶対に主張している

 

こうしてB’を仮定する際の代償も軽く出来ています

という訳で代償の軽減という意味でかなり効果の大きい返信だというのが率直な感想です。

 

一方で(やはり字数制限があるので仕方ないと思いますが)残っている問題点もあります

まず私が書いた方法で示せるのはやはりAとBではなく、AとB’の間の矛盾である点。

またB’は上記の様に変換する事で仮定する際の代償は軽減できたとは言え、そもそもB’が正しいと主張する事は余り現実的ではない点は変わっていません。オタクという主語が大きすぎるんですね。(逆に言えば主語をもう少し限定するだけで解決する問題でもあります

最後に最大の問題は、そもそもAとBやAとB’の間の矛盾を示せても、zyzyさんが批判したいであろう層にとって余り不都合結論は引き出せない、という点はやはり変わらない事です。

Dの意味修正しても、A=「オタクからってポリコレを嫌ってない」を主張したい人が余り居ない事は変わりません。

従って今回の修正でzyzyさんのコメントハイリスクローリターン(むしろマイナスリターン)からリスクを軽減し、ローリスクローリターン(もしくはマイナスリターン)に変わった。というのが私の見解です。

ただ、既に書いた通りここには字数制限により仕方が無い側面があります。単純に文字数の面でzyzyさんと私は明らかに非対称なので、そこまで求めるのは酷だとも思います

なので、これ以上求める事はしません。一先ず私にとっても都合の悪い結論は現状導けない事は分かっているので。

勿論例えばこの増田トラバにzyzyさんが私と同様に増田で返信や反論を書く事は全然歓迎です!そうしなくても全く問題ないというだけなので、ともかくここまでお付き合いくださりありがとうございました。

2021-10-10

風や土が「属性魔法」として扱われてるの流石に無理がねえか?

古代ギリシャ錬金術師だったかが四大属性として組み込んだからって調子に乗りすぎじゃね?

一度整理してみようか。

紛れもなく属性魔法だ。「熱的なエネルギーを生み出す」だろうと「燃焼物の塊を作り出して飛ばす」だろうと紛れもなくそれは「火」や「燃焼」という属性を伴う。

ファイアボールって何が燃えてるんだ?」ってのは王道の疑問だが、まあここは「マナに『空気と結合して燃え物体』としての性質を与えて飛ばしてる」あたりで手を打とうじゃないか

マナ』なんてもの存在しない世界だとしたら、魔法の杖の先に核となる金属の塊でもセットして発射する魔法にでもしとこうか。

ゲーム攻撃魔法として属性があるべきかっていうと、燃やすのが有効な奴とあんま効かなそうなやつに分かれるんだからアリだな。

単なる水素酸素の結合物が大きく出たもんだが、地球の表層を覆ってる量が凄いし人体も大部分はこれなんだから文句は言えねえな。

から水を生成するタイプ場合であっても水はまあ割と特徴が多い物質からそういう方向に誘導するのが無理な感じはあんまねえな。

これをぶつけることで特別ダメージが入るかって言われると……まあ溶媒王様みたいなもんだから効くやつには効くだろ。

ゆうて高威力場合は単なる物理攻撃と何が違うのか分かんねえや。

冷気属性だったら文句はまったくないんだがな。

エネルギーに影響を与えるタイプは強いねー本当。

基本的にただの物理だろ。

基本的に土の塊や岩の塊を生み出すタイプだ。

土壌をめっちゃ綺麗にするとか植物を生み出すとかはまあ魔法ぽいんだけどな。

振動系だったら固有の属性として扱ってもいいのか?

でもやっぱこれは物理だろー。

少なくとも土属性攻撃呪文に関しては物理じゃないのが少なすぎるぜ。

うんまあコイツが最大の問題児だ。

そもそも属性呪文なんてもの存在できるのかがまず疑問だ。

風をどうやって起こすのかなんだが、それが単にそういう運動エネルギー空気に与えているだけならこれはもうテレキネシスとかの一種なわけで属性かって言われると微妙過ぎる。

熱気や冷気の流れから産み出しているならそれは火と冷気の複合魔法に近いわけで、風属性として枠組みを作る必要があるのかが疑問だ。

そういや何かの作品かまいたちを飛ばす魔法といいつつ実際は中にワイヤーを仕込んでいたのがあったな。

まあつまり属性攻撃呪文は限りなく物理だってことだ。

まとめ

うーん……あえて言うなら「物理的な振動や衝撃を生み出す魔法」を風か土のどっちに当てはめていくのかが結論になりそうだなあ。

でもたまに「魔法だけど物理的な衝撃を飛ばしますので物理魔法です」みたいな概念が出てくる設定の作品があるんだが、そういうのだともう風魔法の居場所なんて無いよな。

究極を言えば「無から有を生み出す」「エネルギーを操る」の2つだけあれば魔法ってのは成立しちゃうからなあ。

そこにあえて属性を加えるなら物理的になにか単なる物理じゃない現象を産み出してくれないとなわけだが、岩を飛ばしますソニックブームを起こしますじゃあ違うんだよなあ……。

やっぱ無理だろ

2021-10-03

海外コメディ最高峰ってどんな感じなんだろ

よく考えたら海外コメディアンなんてエディ・マーフィジムキャリーMrビーンくらいしか知らねえよなぁって

日本最高峰お笑いかまいたちミルクボーイ漫才東京03空気階段コントとしたら同じくらいの立ち位置コメディってどんな感じなんだろう

日本人が見ても笑えんのかな

2021-07-08

「嵐」と「粗品」、「かまいたち」が好きじゃない

嵐も粗品かまいたちも詳しくはないが一般程度には知ってるし、どちらかと言えば好きだ。

ここで言いたいのはそういうことじゃない。言葉としての話だ。一般名詞が薄っぺら固有名詞になるなよ。

嵐と聞いて思い浮かぶのはstormであれよ。「粗品」は景品の安いタオルに巻かれた紙に書いてある奴だろ。もしかして今どきの小中学生妖怪としてのかまいたちを知らないのか?

一般名詞から一般名詞としての役割を奪うなよ。最近の歌もそう。マリーゴールドパプリカドライフラワー⋅⋅⋅

ただ自分の中で許せるのもあるんだけど知名度とかデカさで決まってるっぽい。例えば「ゆず」は気に食わないけど「KISS」はOK、みたいな。

宝塚」は微妙かなぁ。他にある?

2021-07-05

生理ちょっと腹痛いけどもう寝るから薬飲まなくていいか〜と思って寝たら

全然悪夢とかじゃないけど夢みてる間めっちゃ嫌な感じする!めっちゃ嫌な感じする!って思って

起きたら腹痛すぎて冷や汗ダラダラだったわ

ちなテレビ局かまいたちと会って記念写真撮ってもらう夢だった

薬飲んだからまた寝る

やす

2021-05-22

かまいたち千鳥が牛耳ったんか

tver番組リスト見る他の芸人もわんさかいるのは承知だがこの2組がよく目につく気がする

2021-05-21

内容が一切かまいたちADVゲームを作ろうと思ってる

んだけどどうすればいいと思う?

背景は適当な設定でいいとしても攻撃手段が俺のかまいたちじゃきついと思う

なんかうまく切り裂く方法はないかね?

anond:20201013011057

2021-05-10

かまいたちの謎

なんで3匹目のやつ薬塗ってるの?

だったら最初から傷つけるなや。

イミフすぎんだろ。

2021-04-11

お前たちはだめだねえ。なぜ人のことをうらやましがるんだい。僕だってつらいことはいくらもあるんだい。お前たちにもいいことはたくさんあるんだい。僕は自分のことを一向考えもしないで人のことばかりうらやんだり馬鹿かにしているやつらを一番いやなんだぜ。僕たちの方ではね、自分を外ほかのものとくらべることが一番はずかしいことになっているんだ。僕たちはみんな一人一人なんだよ。さっきも云ったような僕たちの一年に一ぺんか二へんの大演習の時にね、いくら早くばかり行ったって、うしろをふりむいたり並ならんで行くものの足なみを見たりするものがあると、もう誰たれも相手にしないんだぜ。やっぱりお前たちはだめだねえ。外の人とくらべることばかり考えているんじゃないか。僕はそこへ行くとさっき空で遭あった鷹がすきだねえ。あいつは天気の悪い日なんか、ずいぶん意地の悪いこともあるけれども空をまっすぐに馳けてゆくから、僕はすきなんだ。銀色の羽をひらりひらりとさせながら、空の青光の中や空の影かげの中を、まっすぐにまっすぐに、まるでどこまで行くかわからない不思議な矢のように馳けて行くんだ。だからあいつは意地悪で、あまりいい気持はしないけれども、さっきも、よう、あんまり空の青い石を突っつかないでくれっ、て挨拶したんだ。するとあいつが云ったねえ、ふん、青い石に穴があいたら、お前にも向う世界を見物させてやろうって云うんだ。云うことはずいぶん生意気だけれども僕は悪い気がしなかったねえ。」

 一郎がそこで云いました。

又三郎さん。おらはお前をうらやましがったんでないよ、お前をほめたんだ。おらはいつでも先生から習っているんだ。本当に男らしいものは、自分仕事を立派に仕上げることをよろこぶ。決して自分が出来ないからって人をねたんだり、出来たからって出来ない人を見くびったりさない。お前もそう怒らなくてもいい。」

 又三郎もよろこんで笑いました。それから一寸立ち上ってきりきりっとかかとで一ぺんまわりました。そこでマントギラギラ光り、ガラスの沓がカチッ、カチッとぶっつかって鳴ったようでした。又三郎それから又座すわって云いました。

「そうだろう。だから僕は君たちもすきなんだよ。君たちばかりでない。子供はみんなすきなんだ。僕がいつでもあらんかぎり叫んで馳ける時、よろこんできゃっきゃっ云うのは子供ばかりだよ。一昨日おとといだってそうさ。ひるすぎからかに僕たちがやり出したんだ。そして僕はある峠とうげを通ったね。栗くりの木の青いいがを落したり、青葉までがりがりむしってやったね。その時峠の頂上を、雨の支度したくもしないで二人の兄弟が通るんだ、兄さんの方は丁度おまえくらいだったろうかね。」  

 又三郎は一郎を尖とがった指で指しながら又言葉を続けました。

「弟の方はまるで小さいんだ。その顔の赤い子よりもっと小さいんだ。その小さな子がね、まるでまっ青になってぶるぶるふるえているだろう。それは僕たちはいつでも人間の眼めから火花を出せるんだ。僕の前に行ったやつがいたずらして、その兄弟の眼を横の方からひどく圧おしつけて、とうとうパチパチ火花が発たったように思わせたんだ。そう見えるだけさ、本当は火花なんかないさ。それでもその小さな子は空が紫色むらさきいろがかった白光しろびかりをしてパリパリパリパリ燃えて行くように思ったんだ。そしてもう天地がいまひっくりかえって焼けて、自分も兄さんもお母さんもみんなちりぢりに死んでしまうと思ったんだい。かあいそうに。そして兄さんにまるで石のように堅かたくなって抱だきついていたね。ところがその大きな方の子はどうだい。小さな子を風のかげになるようにいたわってやりながら、自分はさも気持がいいというように、僕の方を向いて高く叫んだんだ。そこで僕も少ししゃくにさわったから、一つ大あばれにあばれたんだ。豆つぶぐらいある石ころをばらばら吹きあげて、たたきつけてやったんだ。小さな子はもう本当に大声で泣いたねえ。それでも大きな子はやっぱり笑うのをやめなかったよ。けれどとうとうあんまり弟が泣くもんだから自分も怖こわくなったと見えて口がピクッと横の方へまがった、そこで僕は急に気の毒になって、丁度その時行く道がふさがったのを幸さいわいに、ぴたっとまるでしずかな湖のように静まってやった。それから兄弟と一緒に峠を下りながら横の方の草原から百合ゆりの匂においを二人の方へもって行ってやったりした。

 どうしたんだろう、急に向うが空あいちまった。僕は向うへ行くんだ。さよなら。あしたも又来てごらん。又遭えるかも知れないから。」

 風の又三郎のすきとおるマントはひるがえり、たちまちその姿は見えなくなりました。みんなはいろいろ今のことを話し合いながら丘を下り、わかれてめいめいの家に帰りました。

   九月四日

「サイクルホールの話聞かせてやろうか。」

 又三郎はみんなが丘の栗の木の下に着くやいなや、斯こう云っていきなり形をあらわしました。けれどもみんなは、サイクルホールなんて何だか知りませんでしたから、だまっていましたら、又三郎はもどかしそうに又言いました。

「サイクルホールの話、お前たちは聴ききたくないかい。聴きたくないなら早くはっきりそう云ったらいいじゃないか。僕行っちまうから。」

「聴きたい。」一郎はあわてて云いました。又三郎は少し機嫌きげんを悪くしながらぼつりぼつり話しはじめました。

「サイクルホール面白い人間だってやるだろう。見たことはないかい。秋のお祭なんかにはよくそんな看板を見るんだがなあ、自転車ですりばちの形になった格子こうしの中を馳けるんだよ。だんだんにのぼって行って、とうとうそのすりばちのふちまで行った時、片手でハンドルを持ってハンケチなどを振ふるんだ。なかなかあれでひどいんだろう。ところが僕等がやるサイクルホールは、あんな小さなもんじゃない。尤もっとも小さい時もあるにはあるよ。お前たちのかまいたちっていうのは、サイクルホールの小さいのだよ。」

「ほ、おら、かまいたぢに足切られたぞ。」

 嘉助が叫びました。

「何だって足を切られた? 本当かい。どれ足を出してごらん。」

 又三郎はずいぶんいやな顔をしながら斯う言いました。嘉助はまっ赤になりながら足を出しました。又三郎はしばらくそれを見てから

「ふうん。」

医者のような物の言い方をしてそれから

「一寸ちょっと脈をお見せ。」

と言うのでした。嘉助は右手を出しましたが、その時の又三郎のまじめくさった顔といったら、とうとう一郎は噴ふき出しました。けれども又三郎は知らん振りをして、だまって嘉助の脈を見てそれから云いました。

「なるほどね、お前ならことによったら足を切られるかも知れない。この子はね、大へんからだの皮が薄うすいんだよ。それに無暗むやみに心臓が強いんだ。腕うでを少し吸っても血が出るくらいなんだ。殊ことにその時足をすりむきでもしていたんだろう。かまいたちで切れるさ。」

「何なして切れる。」一郎はたずねました。

「それはね、すりむいたとこから、もう血がでるばかりにでもなっているだろう。それを空気が押おして押さえてあるんだ。ところがかまいたちのまん中では、わり合あい空気が押さないだろう。いきなりそんな足をかまいたちのまん中に入れると、すぐ血が出るさ。」

「切るのだないのか。」一郎がたずねました。

「切るのじゃないさ、血が出るだけさ。痛くなかったろう。」又三郎は嘉助に聴きました。

「痛くなかった。」嘉助はまだ顔を赤くしながら笑いました。

「ふん、そうだろう。痛いはずはないんだ。切れたんじゃないからね。そんな小さなサイクルホールなら僕たちたった一人でも出来る。くるくるまわって走れぁいいからね。そうすれば木の葉や何かマントからまって、丁度うまい工合ぐあいかまいたちになるんだ。ところが大きなサイクルホールはとても一人じゃ出来あしない。小さいのなら十人ぐらい。大きなやつなら大人はいって千人だってあるんだよ。やる時は大抵たいていふたいろあるよ。日がかんかんどこか一とこに照る時か、また僕たちが上と下と反対にかける時ぶっつかってしまうことがあるんだ。そんな時とまあふたいろにきまっているねえ。あんまり大きなやつは、僕よく知らないんだ。南の方の海から起って、だんだんこっちにやってくる時、一寸僕等がはいるだけなんだ。ふうと馳かけて行って十ぺんばかりまわったと思うと、もうずっと上の方へのぼって行って、みんなゆっくり歩きながら笑っているんだ。そんな大きなやつへうまくはいると、九州からこっちの方まで一ぺんに来ることも出来るんだ。けれどもまあ、大抵は途中とちゅうで高いとこへ行っちまうね。だから大きなのはあんまり面白かあないんだ。十人ぐらいでやる時は一番愉快ゆかいだよ。甲州ではじめた時なんかね。はじめ僕が八やつヶ岳たけの麓ふもとの野原でやすんでたろう。曇くもった日でねえ、すると向うの低い野原だけ不思議に一日、日が照ってね、ちらちらかげろうが上っていたんだ。それでも僕はまあやすんでいた。そして夕方になったんだ。するとあちこちから

『おいサイクルホールをやろうじゃないか。どうもやらなけぁ、いけない様だよ。』ってみんなの云うのが聞えたんだ。

『やろう』僕はたち上って叫さけんだねえ、

『やろう』『やろう』声があっちこっちから聞えたね。

『いいかい、じゃ行くよ。』僕はその平地をめがけてピーッと飛んで行った。するといつでもそうなんだが、まっすぐに平地に行かさらないんだ。急げば急ぐほど右へまがるよ、尤もそれでサイクルホールになるんだよ。さあ、みんながつづいたらしいんだ。僕はもうまるで、汽車よりも早くなっていた。下に富士川の白い帯を見てかけて行った。けれども間もなく、僕はずっと高いところにのぼって、しずかに歩いていたねえ。サイクルホールだんだん向うへ移って行って、だんだんみんなもはいって行って、ずいぶん大きな音をたてながら、東京の方へ行ったんだ。きっと東京でもいろいろ面白いことをやったねえ。それから海へ行ったろう。海へ行ってこんどは竜巻たつまきをやったにちがいないんだ。竜巻はねえ、ずいぶん凄すごいよ。海のには僕はいたことはないんだけれど、小さいのを沼でやったことがあるよ。丁度お前達の方のご維新いしん前ね、日詰ひづめの近くに源五沼という沼があったんだ。そのすぐ隣となりの草はらで、僕等は五人でサイクルホールをやった。ぐるぐるひどくまわっていたら、まるで木も折れるくらい烈はげしくなってしまった。丁度雨も降るばかりのところだった。一人の僕の友だちがね、沼を通る時、とうとう機はずみで水を掬すくっちゃったんだ。さあ僕等はもう黒雲の中に突き入ってまわって馳けたねえ、水が丁度漏斗じょうごの尻しりのようになって来るんだ。下から見たら本当にこわかったろう。

『ああ竜りゅうだ、竜だ。』みんなは叫んだよ。実際下から見たら、さっきの水はぎらぎら白く光って黒雲の中にはいって、竜のしっぽのように見えたかも知れない。その時友だちがまわるのをやめたもんだから、水はざあっと一ぺんに日詰の町に落ちかかったんだ。その時は僕はもうまわるのをやめて、少し下に降りて見ていたがね、さっきの水の中にいた鮒ふなやなまずが、ばらばらと往来や屋根に降っていたんだ。みんなは外へ出て恭恭うやうやしく僕等の方を拝んだり、降って来た魚を押し戴いただいていたよ。僕等は竜じゃないんだけれども拝まれるとやっぱりうれしいからね、友だち同志にこにこしながらゆっくりゆっくり北の方へ走って行ったんだ。まったくサイクルホール面白いよ。

 それから逆サイクルホールというのもあるよ。これは高いところから、さっきの逆にまわって下りてくることなんだ。この時ならば、そんなに急なことはない。冬は僕等は大抵シベリヤに行ってそれをやったり、そっちからこっちに走って来たりするんだ。僕たちがこれをやってる間はよく晴れるんだ。冬ならば咽喉のどを痛くするものがたくさん出来る。けれどもそれは僕等の知ったことじゃない。それから五月か六月には、南の方では、大抵支那しなの揚子江ようすこうの野原で大きなサイクルホールがあるんだよ。その時丁度北のタスカロラ海床かいしょうの上では、別に大きな逆サイクルホールがある。両方だんだんぶっつかるとそこが梅雨つゆになるんだ。日本が丁度それにあたるんだからね、仕方がないや。けれどもお前達のところは割合から西へ外れてるから梅雨らしいことはあんまりないだろう。あんまりサイクルホールの話をしたか何だか頭がぐるぐるしちゃった。もうさよなら。僕はどこへも行かないんだけれど少し睡ねむりたいんだ。さよなら。」

 又三郎マントがぎらっと光ったと思うと、もうその姿は消えて、みんなは、はじめてほうと息をつきました。それからいろいろいまのことを話しながら、丘を下って銘銘めいめいわかれておうちへ帰って行ったのです。

   九月五日

「僕は上海シャンハイだって何べんも知ってるよ。」みんなが丘へのぼったとき又三郎がいきなりマントをぎらっとさせてそこらの草へ橙だいだいや青の光を落しながら出て来てそれから指をひろげてみんなの前に突つき出して云いました。

上海東京は僕たちの仲間なら誰たれでもみんな通りたがる

2021-02-12

専業主婦旦那プレゼントすることについて

大炎上してたけど、実際問題「俺が稼いだ金」ってのはその通りだよな。

かまいたち山内は「自分が逆の立場だとして、妻の稼いだお金プレゼントするのは違和感がある」と言っていて、

理論としては筋は立ってるよね。公にその発言をすると燃えることはわかるけどそんな責められるようなことか?

2020-12-27

アマプラで去年のM-1見た

ミルクボーイが優勝だったけど個人的にはかまいたちネタが好き

ぺこぱも決勝の決勝でもツッコまないツッコミの違うパターン見せてて面白かった

去年Twitter最中家系図を見たときにはなんのこっちゃと思ったけどああいうことか

2019の決勝3組はネタの傾向がめちゃめちゃわかりやすコンビだなと思った

コンビ名伏せて漫才台本見せられても絶対分かる

かまいたちは一つのさりげない話題から予想のつかないところに発展するし、ぺこぱツッコミオンリーワン

ミルクボーイも構文になってるからわかりやす

あと残りで好きなのはインディアンスオズワルド、から蓮根ニューヨークすゑひろがりず

インディアンスオズワルド、ニューヨークは今年のが好きだったからそこから好意的に見てた

から蓮根最後ボケツッコミはねるってシンプルなのが好き

見取り図は正直ピンと来ず

和牛コンビ自体は好きだけど2019のネタ個人的にはそこまで

別のときに見たのは良かった

  

今年のも面白かったし去年のも面白かった

漫才にも種類があるけどM-1グランプリとあってもタイプが違うんだなと

でも去年ので唯一不満なのは歌ネタやるとリアルタイムで見てないと損な所

準決勝ミキ錦鯉が途中でカットされて残念すぎる

2020-12-25

M-1 2020・ネタ以外の感想その2(本戦打ち上げ

その1(抽選会〜敗者復活戦)はこっち

本戦

最初の30分ほど煽りV→CM煽りV……の連続
煽りVの連続マスク外し
今年の「俺たちが一番面白い」は盛山
ナイツ塙「ちょっとなんか、今年調子悪い…」
敗者復活組がトップバッター
敗者復活はインディアンス、3位ぺこぱとは10万票差
インディアンス田渕「上戸彩さんの反応分かりやすすぎ、でも心の準備ができました」
  • ネタ終わり、笑神籤について。それ以外にも「(復活する)自信はありましたか?」に「途中経過を発表してくれるのでドキドキできました」と徹底してポジティブ
志らく能天気バカを演じてるんだけど、そこに彼の人間性が出てきて、見てるうちにちょっとこう、なんかウルッとするんですよね」
東京ホテイソン ショーゴの着てるTシャツがHOTEISON
東京ホテイソンたける「久しぶりじゃないですか?こんな前期のM-1みたいな点数出るの」
ニューヨークの出番前、送り出す野田がエレパレポーズ
ニューヨークマイクの前で出囃子終わるのを待つ
ニューヨーク屋敷一年越しのリベンジやー!!」
嶋佐・屋敷「売れた?今売れた?やったっ」
  • 上沼さんの「ほっといても売れますね」を受けて、控えめに小躍り。可愛げを感じさせる。
見取り図盛山「マジでこのまま長髪で通ってまうで僕」
東京ホテイソンたける「いーや梅干し人間の面構え!」
おいでやす小田「もう2本目やる体力残ってないです」
  • ネタ終わりで息も絶え絶えに。
おいでやす小田「やってきた20年どうなるんすか!!!
  • 上沼から「一人と一人でやってたらあかんよ」と言われて絶叫。
インディアンス田渕「せーの、また来年ー!」
マヂラブ野田「早くあの人の声が聞きたいです」
  • ネタ終わりの採点前コメント。ちなみに「あの人」の第一声は「待って、三年前?何も覚えてない」
マヂラブ野田「何人にもあんなことしてるんだ、だから覚えてないんだ」
マヂラブ点数発表
ニューヨーク嶋佐「バスケがしたいです……」
  • 敗退コメント。その横でひたすら無表情の屋敷。これは屋敷も含めて画面に収めてもらうことを見越してのボケだったんだろうが、カメラが嶋佐だけに寄っちゃって変な感じに。
オズワルド伊藤、採点後コメントで声量調整
おいでやす小田「誰を一位にしとんねん!!!
アキナ秋山「おいでやすこがさんのをやってる間、お客さんの前に立ってるのが恥ずかしい」
錦鯉の紹介パートでヒロドアナボケ長谷川さんは4回も目が覚めてしまい、もう歳かなとおっしゃっていました」
マヂラブ村上「最高に嬉しい気持ちです。ありがとうございます
錦鯉まさのり「僕のパチンコ台も出ますかね?」
ウエストランド井口 CM前に太田のプシュー
今田「無理しなくていいからね」 ウエラン河本はい、すいません」
  • 喋るなと言われていたためコメントを考えていなかった河本。素直。
エラン井口「いやそうですよ、そう考えたらすごいことですよね」
  • 初出場にしてはよくやったと上沼に褒められての返し。ウケてる。井口の小物感いいよね。
最終決戦の出番順はファースト順位逆順
  • 時間半もあるんだから今までの選ばせる演出してもいいと思うけどね。毎年変わらないとしても念の為
マヂラブ2本目終わりにハンカチで涙ぬぐう今田
上戸「今年もCMの後です!」
マヂラブ野田M-1最高ー!」
おいでやす小田「こんなネタしてますけど、僕決して怖い人間じゃないので」
マヂラブ優勝
マヂラブ野田最下位獲っても優勝できることあるんで、諦めないでください皆さん!」
上沼「覚えとらへんけど、ごめんねえ」に野田「やめてください」
志らく「あれだけ喋らずに笑いを取るのは、漫才を超えて喜劇なんですよね」
松本漫才やることの幸せ漫才見ることの幸せを今回特に感じました」
マヂラブ野田「えみちゃん辞めないでー!」

そんな野田国民最高ー!で(多分)アシストする形になったインディアンス本戦ネタ以外のMVP。田渕の明るさが素なのが浸透してきて、いつどこで見ても機嫌よく周囲に分け隔てなく接する人の良さが大会を明るくしたと思う。事前PVハハハと笑った直後に「敗者復活見てろよクソッ」と涙声で建物を出る姿も印象深かった。今回の敗者復活、そしてトップバッターインディアンスが間違いなく適任だった。

反省会

小藪「恥ずい漫談仕上がりすぎてる」
  • アキナが延々と恥ずい連呼する様子について。達者ではあるんだろうが不自然なんだよな。
アキナ 中継トークに慣れてる

正直この反省会来年から後回しにしようかなと思ってる。笑い飯川島土屋に一人ずつ小藪が振っていく構成なのでディスカッションにはならず広がらない。講評の内容も正直そこまで深くないし。ファイナリストインタビュー小藪じゃなくてミルクボーイと話してるほうが見たいし、中継のラグもないのに。各組の時間も短すぎて内容薄い。福徳が泣いたり川瀬が死にそうになってた時はめちゃくちゃ面白かったが、今の形式ならもういいや。MVPもなし。

ストゼロ打ち上げ

大悟面白いことなんて言わんでいいからね」
エラン河本 マスクしたままストゼロ飲もうとするボケ
インディアンス応援ツイート投稿者名が「トット推しが止まらない」
インディアンスきむ「髪の毛あるなんかダメって、それ聞いて僕、全上げで」
見取り図リリー「もしエントリーするなら、第2位です」
  • エントリーするかどうか決めかねてる感じだな。まあきついよなあ。
見取り図リリーメッセンジャー黒田さんからLINE来て、ほんまにかっこよかったんですけど、『漫才師としては優勝です』って」
  • これ言わないほうがいいだろ。純粋に嬉しかったんだろうけど。千鳥は気づいてそれとなくフォローしてるな。
マヂラブ野田「俺、お笑い王になりたいんす」

今年はソーシャルディスタンスのためにスタジオなのもあってワイワイ感が少なく、そのぶんガッツリ掘り下げるようなトークが多かったかも。

みんな良かったけど本戦だけでなくその後に漫才定義いるのかいらんのか問題に巻き込まれてアホの攻撃道具にされた見取り図お疲れ様意味MVPをあげたい。全組漫才ですといち早く宣言したのカッコよかった。


M-1が「4分の中にできるだけ多くのボケを詰め込み終盤に伏線回収とかして盛り上げる漫才」だけを漫才だと定義するような大会だったらここまで人気は出てない。邪道と呼ばれるものを堂々と評価してきたからこそM-1面白いのだ。そんな妖怪大戦争だった今回のメンツで冷静に戦略を練り淡々コマを進めたマヂラブが最終的に披露したネタが床を転がり回るっていうカオスなのが最高すぎた。今年は野田脚本による壮大なミュージカルに知らぬ間に全員が巻き込まれてたんだろうな。運命を味方につけるってのは実はこういうことなのかもしれない。本当に凄いものを見せてもらった。

MVPとか偉そうでごめんね。マヂラブおめでとう!

2020-12-21

anond:20201221154122

俺も同じ意見やわ

言い間違えた意外性を笑いにしてるインディアンスと言い間違えたって設定を笑いにしてるかまいたちの差

アクシデントに即対応するテンポ空気感で笑うからインディアンスは繰り返すと冷めるし2度目はない

かまいたちはわざと言い間違えたのに必死でそれを隠そうする可笑しさに何やってんの?って笑いが起きる飽きることはあっても何度見ても単純におかしいからおもろい

インディアンスのわざと噛む漫才

もやもやする。

今回彼らがM-1の敗者復活戦と本戦とで同じネタをチョイスしたことで2度見て気づいた人も多いと思うのだがインディアンスツッコミが噛むくだり(タラちゃんのところと罵声美声のところ)はアクシデントではなく台本に組み込まれている。

ツッコミが噛んだところをボケがうまく広げて笑いに変えてフォローするアドリブ満載の漫才のように見えて実は台本通りのアドリブ漫才なのだ

でもそれが間違っているかというとそうじゃなくてそもそも漫才ってめちゃくちゃ練習しまくったネタをさもその場で考えて会話しているかのように見せるものだしその点では漫才として何も間違ってないはずなんだけど、見ていてなんだか騙されたような気持ち悪さがある。アドリブかと思ったらそうじゃなくてやらせっぽく感じるというか。なので間違っているとも言い切れずただただもやもやしている。

twitterとかの感想を見てるとシンプルアドリブだと思ってる人もたくさんいて、審査員オール巨人ですら「相方の噛んだところをうまいことカバーできてて素晴らしい」と評してる。お前はそれじゃだめだろ初見でも気付けよと思うが…

噛む漫才といえばかまいたちUSJUFJを言い間違えるやつもあるけどあっちにはそういう感情は全く無いんだよなあ。違いはどこにあるんだろう。

かまいたち場合は言い間違えることがネタの根幹部分でそれなしでは成り立たないのでアクシデントとは全く思わないが、インディアンスボケマシンガンのようにボケ倒して翻弄する芸風で一つ一つのボケ脈絡なくても成立するからアドリブっぽく見えるのだろうか。

もっと明確に「言い間違いをいじる漫才」としてコンセプトがはっきり伝わるようなネタになってたら受け止め方は違ったのかもしれない。でもそういうのは彼らの漫才じゃないんだよなあ。

M-1記事インディアンスを絶賛するブコメに星がいっぱい付いてて、えーどこがめちゃくちゃ面白いんだよあのネタめちゃくちゃ気持ち悪いじゃんと思って書いた。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん