「強調表現」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 強調表現とは

2020-08-19

anond:20200819124610

馬鹿って、「もれなく」とか「全員」とか付けるのを、ちょっとした強調表現だと思ってるよな

2020-05-05

おいしいものをほめる時の強調表現に「クソ」をつけるやつ好きじゃない

「クッソうまい」とかな きたねえ表現だろ

百歩譲って、食べ物以外のものポジティブ評価するときに「クソかわいい~☆」とかはまあいいとして、

食べ物誉める時に「クソ」はねえだろ「クソ」は 大便だぞ うんこ

なすときな「クソまずい」でも良いと思います

うんこ

2020-02-05

anond:20200205151535

「末恐ろしい」を「恐ろしい」の強調表現だと思ってる人だ

なぜオタクフェミ不毛対立をしてしまうのか

 直近だと献血ポスターの宇崎ちゃん炎上したように、ネット上ではオタクフェミの争いというものがたびたび起きている。が、そこでのやり取りを見ているといつも議論は噛み合わず、ただただ不毛対立が盛り上がるばかり。なぜこのようにオタクフェミ不毛対立をしてしまうのか。

 

 それについて論じる前に、まず自分立場を表明しておく。例の宇崎ちゃんポスターについて自分は「即座に撤去する必要があるほど問題のあるものではない」「が、今後において避けるのが無難と言える程度の問題は確かにある」という見解を持っている。なんともどっち付かずで玉虫色見解だ。ただ、このような歯切れの悪さこそが大事だと確信している。というのも白黒はっきりさせるような歯切れのいい議論ばかりがなされているのがオタクフェミ不毛対立の大きな原因であると考えているからだ。

 例の宇崎ちゃんポスター批判者が主張する理屈は「公共性の高い場所女性性的側面をことさらに強調しそれをアイキャッチャーとして利用するのは女性差別である」というものだ。この主張に向き合う上で確認しておきたいのは、この主張には程度問題グラデーション内包されているということだ。まず第一公共性の高さというのがグラデーションを含む概念だが、相対的重要性が低いのでとりあえずスルーする。より重要なのは性的な強調というのがグラデーションを含む概念だということだ。ここを意識しないとどうしても議論不毛となる。

 例のポスターにおいて宇崎ちゃん巨乳突き出し、煽るような表情でポスターを見る者に視線を向けている。これを性的な強調が無いとするのは難しい。というか不可能だろう。一方で露出は少なく、あからさまなエロというわけではない。この「性的な強調はあるがあからさまなエロではない」という半端さこそが騒動が拡大した大きな要因だ。もしもポスターの内容が対魔忍のアヘ顔といったような言い訳余地のないエロだったらオタク達も批判対象とされることに反発しないだろう。一方でポスターの内容が特殊な嗜好の持ち主以外誰も性的に感じないようなものであれば批判者が1人いても誰も追随しないので大きな騒ぎにはならない。性的な強調があると言ってもその程度には濃淡があり、薄ければ問題とならないし濃ければ問題となる。例の宇崎ちゃんポスターはちょうど問題があると思う人も多くいれば問題ないと思う人も多くいるグレーゾーンのものだったのだ。

 そしてこのグラデーションへの意識ポスター批判するフェミ側もそれに反発するオタク側も欠いていたのが不毛対立の最大の原因だ。

 SNS上ではより強い表現を使った方がウケるフェミ側はこの件で強い糾弾調の表現を用いてしまった。世の中には本当に一切の寛容さを示さず強く非難すべき女性差別というもの存在する。例えば医学部入試での得点操作がそれに該当する。一方で女性差別的と言えるがあくま不適切レベルでありそこまで強く糾弾しなくても良いもの存在する。宇崎ちゃんポスターこちらだろう。グレーのはずのものを真っ黒であるかのように扱ってしまったためにグラデーション意識した議論が成立しづらくなってしまった。

 一方のオタク側の問題として大きいのがオタク達が滑り坂論法に陥ってしまたことだ。滑り坂論法とはひとつを認めるとどんどんエスカレートしていき最終的には破滅的な結果を招くので最初の一歩も認めるべきでないという論法のことで、どんどんエスカレートしていくはずであるという認識が単なる不安感情の表れでしかなく根拠を欠くため誤った議論典型として扱われる。オタク達がこの誤った議論に陥ってしまたことにより何が起きたかというと、フェミ側の主張を完全否定してしまわなければならなくなってしまった。例の宇崎ちゃんポスターは先に述べたように性的強調があることを否定するのはおよそ不可能な代物だが、それすらもオタク達は否定しなければならなくなってしまったのだ。そうしてオタク達はフェミ側の「女性アイキャッチャーにするな」という主張を「結局オタクが嫌いなだけ」「フェミ巨乳差別している」といった明らかに元の主張と異なるものに捻じ曲げ、フェミ達を悪魔化することによって「オタクフェミに不当に攻撃される被害者」と位置付け団結する戦略に流れてしまった。もしもオタク達にグラデーションへの意識があれば、「女性アイキャッチャーにすべきでない」や「宇崎ちゃんポスター性的強調表現がある」といった否定しようとすると無理が生じるラインまでは受け入れつつ、とはいえその度合いは著しく不適切と言えるまでのものではないという形で反論することができただろう。しかし、滑り坂論法に囚われたオタク達の防衛ラインフェミの主張の完全否定まで引きあがってしまい、宇崎ちゃんポスターには少しも黒い要素はない、真っ白であるというグラデーション意識した議論を受け入れられない立場を取ることとなってしまった。これでは議論不毛となるより他にない。

 とにかく大事なのは白か黒か、0か100か、ではなく、物事にはグラデーションがあるということを意識しなければならないということだ。

 ここで注意しておきたいことがある。グラデーション存在詭弁によって攻撃やすい穴にもなる。その攻撃とは「基準を示せ。基準を示せないならそれはただのお前の主観しかない」というものだ。残念なことにネット上では「それってあなた主観ですよね?」と煽るひろゆき画像が出回っているようにこの手の詭弁論破テクニックとして重宝されがちだ。

 しかし、基準を示せないものがすなわち主観にすぎないということは決してないし、基準を示せないならその論点無効ということもない。

 このことを考える上でハゲ頭のパラドックスを取り上げたい。髪の毛が一本も生えていないハゲ頭があるとする。ここに髪の毛を一本生やしてもその程度ではハゲハゲのままだ。では2本目を生やしたら? やっぱりハゲだ。3本目なら? まだまだ全然ハゲのままだ。髪の毛を一本増やした程度でハゲハゲでなくなることはない。しかし、このように一本ずつ髪の毛を増やしていけばいずれその頭はフッサフサになりハゲではなくなるはずだ。では、ハゲはどこでハゲでなくなるのだろうか?

 この問題についてはっきりとした基準を示すことはできない。一応頭皮のうち髪の生えていない範囲が5割に満たなければハゲとみなすというように基準を作ることは可能だが、その基準日常語としてのハゲの使われ方とは距離がある。頭皮のうち髪の生えている範囲が50パーセントならハゲではないが49%ならハゲというのは明らかにおかしい。

 では基準を示せないならハゲという概念自体存在しないのだろうか? そんなはずはない。明らかに頭髪の薄い人がいて、それをハゲと呼ぶのはただの主観に過ぎないのだろうか? もちろん大半の人はそれをハゲとみなすだろう。ただの主観に過ぎないとは言えない。

 グラデーションのあるものについてはっきりとした基準を示すことはできない。しかし、そのことは即座に客観性を欠くことを意味はしないのだ。

 

 最後に余談となるがなぜオタクフェミオタクの敵とみなすかについて自分見解を述べる。

 おそらく最大の理由情報の偏りだ。

 宇崎ちゃん騒動の発端となった太田弁護士ツイッターアカウントを見てみると、だいたいいつも自身ツイートRTで何事かに対し怒りの表明や批判をしている。別にオタクけが狙い撃ちで批判されているわけではない。

 しかし、そういった普段の振る舞いはオタク達に広く拡散されることはない。オタクが叩かれているわけでなければオタク達は特に気にしない。例えばテレビ東大女子排除した東大のウェイサークルが取り上げられ、それを受けてフェミ達がサークル批判的なツイートをしたとしても、「【悲報フェミさん、ウェイの敵だった」というようにオタク達に拡散はされない。広くオタク達がフェミ達の主張を見るのはフェミ達がオタク関係あるもの言及しているときに限られる。こうして、オタク達の中にフェミオタクばかり叩いているという認識が出来上がる。これはちょうどデータを見ると実際には治安が良くなっているのに、テレビ凄惨事件がよく取り上げられるので物騒な世の中になっているように錯覚しがちというのに似ている。

 そしてもうひとつ理由歴史的フェミ勝利たからだ。

 かつてはビールポスターといえばグラビアアイドル水着だった。しかしそういったポスターは今となってはほぼ絶滅した。

 今の時代、それこそ献血のような公共性の高いところでのポスターを作る場合、そこに起用されたのがグラビアアイドルであってもわざわざ批判を招くことが容易に予想できる水着ポスターにはしないだろう。普通に作れば炎上を招くようなものは避けることになる。

 そんな中、唯一炎上を招くようなものが通ってしまルートオタクコンテンツとのコラボだ。

 例えば鉄道オタクのように「〇〇オタク」というのではなく単に「オタク」という場合現在ではこれは二次元美少女コンテンツの熱心な消費者のことを指す場合が多い。近年(というほど最近に限らないが)のオタク文化は二次元美少女と共にあり、更に言うとエロと共に発展してきた。

 これは「まどマギ脚本虚淵玄エロゲーのシナリオライター」とか「エロさえあればなんでも許されるところでクリエイターが育った」とかそういう話ではなく、もっと直接的な話だ。ラノベを読めばなにかしらラッキースケベ的展開が用意されている場合が多いとか、異種族レビュアーズが地上波アニメ化されてるとか、彼氏のもとに彼女チャラ男からビデオレターが届くが実は彼氏のためを思ってのもの寝取られたわけではなかったというエロ同人ネタを前提にした漫画ツイッターバズるとか、そんな具合にオタク文化はエロと共にある。

 なのでオタクコンテンツの作り手は性的な要素を強調することでキャラクターを魅力的に見せるテクニックに長けているし、それは手癖レベルで染みついている。よって、公共性の高い団体オタク作品コラボしたときオタクコンテンツの作り手が普段と同じノリで仕事をすると公共性の高さに対して相応しくないとみなされるほど強い性的強調を含んだものが世に出てしま場合がある。もちろん悪意などなく無意識に。

 また、宇崎ちゃんのように単行本の表紙がそのまま流用された結果……というパターンもある。宇崎ちゃん場合作者が心身の不調やスケジュール上の都合のために献血コラボで描き下ろしを用意することができず最新単行本の表紙がポスターに流用された結果炎上を招く事態となってしまった。単行本の表紙は献血ポスターのように公共性の高いものとみなされないため性的強調を含んだイラストで「この作品にはエッチ可愛い女の子が出てきますよ~」と訴えて手に取ってもらいやすくするのは当然の戦略と認められるものだろう。が、それがそのまま別文脈に置かれてしまうと炎上を招くこととなってしまう。正直宇崎ちゃんの作者は運が悪かったと思う。描き下ろしを用意する余裕があれば炎上騒動に巻き込まれることはなかっただろう。かつてののうりん炎上の件もこのパターンだ。

 このように通常ではまず炎上するような表現が表に出てくることはないのに対し、オタクコンテンツとのコラボにおいては……という事情があるため、公共性の高いところでの性的強調表現フェミ批判される事態オタクコンテンツ絡みに偏ることになる。このことが「フェミオタクを敵視している」という印象をオタク達に与えているのではないだろうか。

2019-11-04

一部フェミニストの「萌え絵」の定義おかし

何度か増田で書いたけど(anond:20191018235243anond:20191102145214)、一部フェミニストの「萌え絵」の定義がどこかおかしい。

躍起になって萌え絵を叩く言説を読んでいて「……ん?」という気分になることがある。違和感

上の増田で書いたことの繰り返しになるけれど、「性的に強調した表現がある・エロティックアニメマンガ絵」を「萌え絵」と定義しているように見える。

でも、性的に強調したエロティックさのない表現がなくても萌え絵ではありうるし、エロいアニメ絵でも「いやこれは萌え絵じゃないです」ってなる場合もあるよね。

から萌え系と絵柄の似た少女漫画とかを「これも萌え絵じゃん」って出されると「はぁ??? エロスの要素がないでしょ??? オタクのくせに表象区別もつかないの???」などと謎ギレをおっ始める。

逆に萌え系の絵柄とは似ても似つかないエロいアニメ絵を出してきて「萌え絵っていうのはこういうやつ!」などと言い張る。

いや、そもそもそれはお前らの「萌え絵定義おかしすぎるだけなのでは……? フェミニストの人の「萌え絵」に関する議論意味不明なのはそもそも連中の「萌え絵定義おかしいからだという気がしてきた。

上でいくつか例を挙げたけど、『らき☆すた』の泉こなた柊かがみ英語教科書エレン先生、この辺り典型的萌え絵でしょって思うんだけど、別にセクシャルな要素は強調されてない。

もっと言うと、仮にエロゲキャラであっても、エロシーンでなければ特に性的な強調がなされていない場合もある。『月姫』での遠野秋葉立ち絵赤十字が使ってもたぶん燃えなかっただろう。単に普通女の子の絵にしか見えないもん。宇崎花の爆乳イラスト炎上した『宇崎ちゃんは遊びたい!』の中身がくっそ健全ラブコメなのとある意味正反対

萌え絵の源流(のひとつ)にエロゲがあるというのはまあそれはそうなのだろうけれど、それはあくま様式としての源流であって、実際にその絵がエロティックかどうか、あるいは絵師エロゲーマーだったかどうか、というのは話が別だよね。

ではなぜフェミニストの人らは「萌え絵」に関する狂った定義を支持するようになっていったのか。

これは憶測しかないんだけど、碧志摩メグのうりん駅乃みちか境界線上のホライゾンといった萌え絵が「エロすぎる」として燃えた結果、「萌え絵性的強調表現があるものエロティックもの」という認識が育まれしまったのでは。

単に性的強調表現に乏しい無難萌え絵燃えなかったというだけで、萌え絵が全てエロということには当然ながらならないんだけど、どうもそこで妙な混同が起きてるんじゃないか……?

というか、子供向けの絵本とかの表紙が「萌え絵」って言われたときになんか変な空気になってたのもそれか!? 俺らオタクは「なんということだ絵本にも萌え絵が使われるようになったのかい時代になったもんだ」って騒いでたのに出版社の人が「これ萌え絵のつもりじゃないんで……」ってすごい言い訳してたけど、まさか「これはエロくない」って意味だったのか!? そりゃ話通じないわけだ! 萌え絵は「カワイイ」と「エロい」の両端の間に広がっているんだよ! 可愛いに寄せてあってもエロに寄せてあっても萌え絵萌え絵だよ!

まあ言葉意味というのは時代とともに移り変わっていくものではあるのだけれど、流石にこのコミュニケーション不全の責任は「萌え絵」に妙ちきりんニュアンスを付加して騒いでる一部フェミニストの皆さんが取ってくださいとしか言えない。俺たちアラサーオタクは原義通りの「萌え絵」を使い続けるだけなんで。それは萌え絵じゃないとか言われても困ります。いやそれは萌え絵です。あんたらの定義おかしすぎるだけです。

追記

anond:20191104133429

オタク定義するとんがり帽子アトリエ萌え絵だってのも大概頭おかしいけどね。

あれは正直微妙ラインで、カラー絵を見ると「萌え絵やんけ」って思いそうになるけど、中身を見ると「うーん、これは少女漫画系統タッチだろうな」と思うから、俺は萌え絵とは呼ばない。

でも、あれを萌え絵と呼んであそこまで強烈にdisられるのはマジで意味がわからない。

萌え絵呼ばわりに対する反論が、これはどう見ても少女漫画タッチです、画風が違います、なら理解できるのよ。でも実際は、これはエロくないか萌え絵じゃない! エロ記号がない! とかの意味不明反論だらけなわけ。これおかしいでしょ。エロ萌え絵に不可欠の要素ではないのにまるで不可欠であるかのように論じられている。

anond:20191104134553

ちょうど同じような議論ツイッターで見かけて笑った。京アニ萌え絵かどうかという議論

ファーwwwwwwwwwwwwwwwwwww

あん萌え萌えド直球の絵柄ですら萌え絵じゃない判定する人がいるのか。そりゃ話が通じないわけだ。

「これ萌え絵だよね」って、オタク側としては単に「これ泉こなたとか伊原摩耶花とかエレン先生と同じカテゴリの絵だよね」って意味なんだけど、それを「これエロコンテンツだよね」と言われたように受け取ってる人がいるのか。

ひょっとして「萌え絵公共空間に出すな」とか無茶苦茶イチャモンつけてくるのもそういうことか!? オタク側としては「それって『Fate/Zero』のセイバーの絵を出すのもダメってこと? 『氷菓』のポスターもアウトってこと? 艦これ三越コラボとかもNGなっちゃうよね。なんて不当な要求なんだ!」って思っちゃうんだけど、向こうとしては単に「エロい絵を公共空間に出すな」って意味だったの???

なんかもう、理解が及ばないってレベルじゃないな。共通言語を探求してくれ~~~~~~。

いやおかしいかもしれんけどだから何?って話でしかなくない? 別にオタク土俵」に乗って「オタク世界現象」について議論してる訳ではないので。こういうの考えるの別にいいけど論じるのは時間無駄

おかし定義が原因でコミュニケーション不全が生じてるよねって話してるんですが理解できないんですかね……

いや別に一部のフェミニスト萌え絵に関するおかし定義を信奉してるのはいいですよ。でもそのおかし定義を元に「これは萌え絵じゃない! 萌え絵呼ばわりするなんて失礼!」とか「萌え絵公共の場に出すな!」とかの主張しはじめたら「お前らの定義おかしいよ」って言うほかなくない???

オタク土俵に乗る必要はないってのも、表現の自由とか女性の権利とかの普遍的問題系についてならそうかもしれないけど、萌え絵なんてオタク発祥の語彙使って論を立てる以上はオタク側の語義を尊重してもらわんと。もともとは別の意味なのを一部のフェミニストが捻じ曲げて使っているという話なので……

2019-10-31

anond:20191030082430

性的なことを意識して表現している」から規制対象だ、とするのは、矯風会になると思いますね。確かにポルノグラフィ規制対象です。では、あの絵はポルノグラフィなのか? そもそもポルノグラフィとは? たとえば改正児童ポルノ法の条文に従えば、

衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって,殊更に性的な部位(性器若しくはその周辺部,臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり,かつ,性欲を興奮させ又は刺激するもの

とあるように、「衣服の全部又は一部を着けない」ことが規制大前提にあるわけです。乳袋表現は明らかに衣服を着用した状態です(そして、まったくそういう服が実在しないわけではありません)。従って、なるほど作者は「性的なことを意識して表現している」けれどもこれはポルノグラフィには該当しない、というのが妥当判断ではないでしょうか。規制について議論するような「客観的指標」を満たしていない以上、これ以上議論すること自体無意味だと思います。でないと、他の方も仰っているように、類似のあらゆる画像規制することになりかねない。性的なことを「連想させる」からアウト、というような粗雑な論議のもっていき方はいい加減やめるべきだと思います

そもそも、同程度あるいはより過剰な露出であっても、アメコミワンピースなら問題なし、オタクっぽい絵柄だとアウト、というような主張には、ハナから妥当性が全く感じられません。

百歩譲って、今後「着衣であっても強調したものは不可」という新基準を無理矢理制定し、それにより「寄せてあげるブラ」とかも含めてあらゆる強調表現を全て禁止対象とすることに社会的コンセンサス形成した上で、「従って宇崎ちゃんもアウトです」とされるなら、それは納得がいきます。逆に言えば、そういう手続きを全てすっ飛ばして「明白にアウト」を主張される方の、その自信は一体どこからくるのでしょう。

ちなみに、上記の狂った提案を聞いて、それでも「なるほど、ではそうしよう」と考える人質問なのですが、その場合貧乳好きの人のための着衣貧乳表現(ぺたんこ的な)はアウトですかセーフですか。

[]2019年10月30日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
009115200167.049
017221349296.543
02414761116.130
038904113.080
045580116.077
0517124373.124
0642242657.831.5
0736330591.839
0899671367.832
09106901385.041.5
101401382398.743.5
1118719249102.945
122521565562.129
131851093859.131
14124714857.634
152051460671.237
161691354880.232
172291085147.427
18108701164.935.5
199215195165.238
20106813976.828
211181128095.644
229511929125.636
2310911880109.048
1日263623674689.835

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

金本位制(9), 滑落(15), 10月29日(5), 洗濯ばさみ(4), 強調表現(3), UB(3), uzakichan(3), うしじま(3), 武装錬金(3), DEKAI(3), SUGOI(3), 乳袋(41), 札幌(15), 関西弁(15), 宇崎(27), 葉(7), ブラ(9), 氷(6), 巨乳(33), 流出(6), 乾燥(7), 乳(15), 強調(16), ポスター(28), キモオタ(12), ブランド(15), 絡む(7), オリンピック(13), 献血(14), 地球(14), 性的(36), ブロック(12), 選手(10), 特殊(11), 認知(10), 運用(11)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

訃報 ← けいほう /20191030134409(39), ■不死を扱った作品が好き /20191029152636(24), ■なぜ槍使いは主人公になれないのか /20191030165731(17), ■一晩で風邪を完治する方法 /20191029171210(17), ■いい加減に関西弁をやめて下さい /20191030075137(15), ■富士山で滑落したニコ生主が羨ましい /20191030105820(11), ■スマホタップする擬音ない説 /20191029220139(11), ■先生に褒められる子の末路 /20191030193531(11), ■生 /20191030064446(10), ■マラソン /20191030084236(9), ■光速に近づくほど時間の流れが遅くなるのは有名だが、その逆は? /20191029201317(8), ■ツイフェミだが、オタクフォビアではない /20191030210036(8), ■洗濯ばさみってなんで日光に弱いプラでできてるの? /20191029132927(7), ■https://anond.hatelabo.jp/20191029132908 /20191029133051(7), ■anond20191028220615 /20191029222437(7), ■草という言い方が嫌い /20191030195440(7), ■胸を見せちゃいけないんじゃない、見せたくないんだよ /20191030150709(6), ■忍術とか魔術を唱えるときに指を二本立てるやつ /20191030125531(6), ■呼び方のやめ時が分からない /20191030090250(6), ■エスカレーターで「何階ですか?」ってきいてくるひと /20191030161402(6)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6732232(2793)

2019-10-30

anond:20191030110850

わかるよ。

乳袋おっぱい強調表現でなければ

乳袋から性的強調!」という論理破綻して

自分たちが「巨乳」そのもの糾弾していたことになるものね。

認めたくないよね。

でも事実なんだよ。

オタク向けの「乳袋」の説明でさえ

現実的じゃないってさんざん馬鹿にされてるけどデブって見えるから仕方ない」

と書かれてるんだよ。

おっぱいを強調しようとして発明された」とは書かれてないんだ。

anond:20191030105200

巨乳キャラ普通に服を描くとデブって見えるから服をぴったりさせたもの」が乳袋

まりover Eだとかハートクローゼットだとかとコンセプトはまったく同じ。

そもそも強調表現と言うなら「あんだけデカい乳にしてること」自体を言うべきなの。

乳袋オタクがどんどん乳を大きくしていったあとの副産物にすぎないの。

2019-07-25

anond:20190725161556

強調表現ってことでいいんじゃね。

「呷る」は「仰向いて一気に流し込む」というアクションを指し、

「飲み干す」は呷った結果として缶が空っぽになる、って感じはする。

2019-05-13

anond:20190513103151

おまえは重複による強調表現を「好き好み」すぎだな

2018-12-11

anond:20181211003024

お前の熱はわかるけど、文章の才能が無さすぎるので、とりあえず読ませたいならちゃん文章を削れ。お前の文章無駄が多すぎる。

「まあ、そんな感じで」とか「しかしまあ」とか、要らない。その場のノリで書いたのはわかるが、偏差値の低さしか伝わってこない。

それと、無駄強調表現も削れ。書き殴ったにしても酷すぎる。

とまあそんな感じで書いちゃったけど、しかしまあ、なんというか、「来る」は本当にこれこそ日本ホラー映画中央値を寄せ集めて作ったと思えるような恐ろしいほどの生々しさがありました。

とにかく見ない方がいいと思う。ヘレディタリーを見ろ。

2018-11-23

ルナルナ非実在炎上はてブ反省会in増田

これから首に「私は嫌儲はちまに踊らされる情弱はてブ民です」って書かれた板かけとけよ

quick_past そもそもセックスのなにがあかんのだろう。普段、あれほど性を否定するな、性を規制するなと言ってる人たちが、これだもんなあ。

2018/11/23

zire はあ…あまり馬鹿馬鹿しくて言葉にならない。性教育重要性は勿論だけど、結局は「性的嫌がらせ」が大好きという人格問題が大きいと思う。これだけ情報溢れる社会で「知ろうとしない罪」はそんなに軽くない。 医療

2018/11/23

mukudori69 確かにな…2次元の性強調表現を礼賛しその規制を疎む人と、声優さんの当たり前の性行動(生理管理恋人を作る、結婚する)を叩く人ってある程度被ってる気がする/叩いてなくても話題にする時点でなんで?感あるわ

2018/11/23

BigHopeClasic またオタクセクハラ案件教育

2018/11/23

hajimechan0323 女性生理は悲しいが男性にはなかなかわからない。出産同様に味わったら悶絶するんだろうな。叩いてる男性は私からみても基地外の部類だと思う。

2018/11/23

shimajitan オタク無知迷惑かけちゃう案件が目立つのはなんでだろうね。性の話にしろ政治の話にしろ

2018/11/23

ribot 声優さんも生身の人間だということを理解しない(理解したくない)人が多いんだな。

2018/11/23

hyoutenka20 フェミニスト案件だと一部の発言拾ってはtogetterとかでまとめて属性全体を叩く、というのを散々見てきた以上、今更違う案件では声優ファンにそういうことはないとか関係ないとかい意見を見ると微妙気持ちにはなる

2018/11/23

kingate アイツラに通じるわけがない。

2018/11/23

kori3110 そんなんで叩く人がいるという事実に衝撃を受けた。「セックスはしたいけど女性の体の仕組みには興味ありません」なんて通るか、と思う。そういう知識アクセスする術を封じた国の教育のありようも問い直されるべき

2018/11/23

takasan358 叩きたいから叩く人々の餌食になった感じ。無知さらけ出してるだけなんだけどもねぇ。

2018/11/23

nowandzen そんなので炎上させるのなんて童貞だけやろ

2018/11/23

poyopoyojinsei 多分この炎上騒ぎ?のおかげで、「本当に知らない人」って存在するんだなと実感した。性教育の失敗例?準備ができてないと、服や椅子を汚したり、生理痛で思うように活動できず予定が狂ったりするものなんです 女性

2018/11/23 リンク

HanPanna 声豚と普通男性を一緒にすんなし

2018/11/23

nlogn 「今日ダメな日なの」と拒否された人たちなのでは。あるいは「今日大丈夫よ!」と2次元が言うストーリーしか思いつかない人か。

2018/11/23

pon_pom 二次元オタクエロ至上主義処女信仰がなぜ喧嘩しないのかというとどちらも女性性を支配したいという欲求から来るものからなんだろうな。

2018/11/23

superabbit ルナルナ程度で叩く人って中学生くらいまででしょ。保健体育の教科書エロ本扱いしてるレベルの。さすがに大人でこれは頭痛い。

2018/11/23

はてなブックマーク - 「きちんと管理していることで叩かれるなんて…」生理予測アプリの“中の人”が思うこと

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/lunaluna-nakanohito

生理管理アプリ使っただけで声優炎上した」はデマ - アンテナ開発者ブログ

http://kan3.hateblo.jp/entry/2018/11/23/194618

2018-08-03

anond:20180803103126

私たちは〜〜しないとね(共通タスク認識を促す発言役割分担は未定。自分がやると言っていないことから、誰かにタスクやらせようという意図で使われる場合も多い)

あなたは〜〜しないとね(相手が気づいていない相手自身タスクを気づかせようという意図発言。親または親に準ずる保護する立場大人子供に向けて使う。)

私は〜〜しないとね(独り言強調表現子供に対する用法の応用。会話に相手がいる場合自分は既にタスクに気づいているのだから指摘は不要だとの意思表示に使われる場合もある)

2018-07-06

anond:20180706212329

なにか言われてるのに移動しない、途中の駅で降りない(怯えていたので移動しないという謎フレーズ

渋谷から新宿は21分なのに数分の出来事記述

駅員は動けなくても無線を確実に持ってる、JR新宿駅なら確実

痴漢を追っかけた女性バックボーンだけなぜか詳細に知っている

これからは迎えにいくから被害届を出さないという謎フレーズ

被害届を出さないのに「犯人がもう二度とそういうことをしなければいいです」という謎フレーズ

「乗り馴れた電車を、2回も乗り間違えてしまった。」という過剰な強調表現

2017-12-14

anond:20171214154557

少しずつ毒を取り込んで毒に耐える体を作るように

はじめはほんのわずかな強調表現から始めて、徐々に大袈裟なのに慣れていくのさ

2017-08-05

マスメディアのことをなぜマスコミと呼ぶのか理解できない

メディア媒介であり、情報発信者と受信者媒介して伝える手段で、

ひそひそ話からマスメディア新聞テレビラジオ雑誌など)にまでその範囲は及ぶ。


伝言ゲームの喩え通り、その間媒介者たちによって情報の取捨選択が起こり、あるいは補足が行われ(尾ひれをつけるなど)

情報は当初のものから乖離、変容していくものである。これが大前提である


その間の取捨選択、要するにふるいにかける作業言葉をかみ砕く作業なども当然のように想定しなければならないし、現実もそうである


これらの行為マスコミュニケーション行為と呼ぶのであって、

この略語であるマスコミ当事者には、情報発信から信者まで全員含まれる。


このふるいにかけたり、かみ砕いた表現をとったり、外国語翻訳したり、あるいは不要修飾語を多用したり、

悪意ある場合には尾ひれをつけたり、推測や願望をこっそり忍ばせたりする行為を、どのように呼ぶかは自由である


ある人は偏向というし、またある人は報道しない自由というし、さらに別の人は編集などと呼ぶかもしれない。




では、下ごしらえしていない食材調味料を置かれ、お好きに料理してくださいと言われたらどうだろうか。

いやここでも、食材調味料選択恣意性排除できないという人もいるだろう。



では、森に連れて行って、お好きなものを収穫して、ご自由料理してくださいと言われたどうだろうか。

いや、わたし魚介類が食べたい、森へ連れてくるなど偏向していると主張する方もあらわれるかもしれない。


閑話休題、たとえば海外ニュース恣意性排除するにはどうすべきか。

翻訳に頼らないことである自分で読むしかない。

また人間誰しも文章を書くときには修飾語や過度の強調表現をとりがちであることも論を俟たない。

修飾や強調によって表現が豊かになり、多くの文学作品が生まれたはずである

では、文学から様々なレトリック技術を取り去ったら、どうなるだろう。

無味乾燥ものばかりで辟易するであろう。

一方論説や演説ではどうだろうか。できる限り避けるべきであるが、やはり頼りたくなる、人間だもの

2017-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20170620004615

大好きだよ

部位を極端に大きくするのは漫画によくある強調表現だし気にならない

逆に中途半端だと萎え

極端に大きいかまっ平かのどちらかで良い

2016-10-20

萌え絵とか、性的とかあれの話

最近よく問題になる表現問題、今なら東京メトロキャラクター鉄道むすめイラストとか、少し前なら海女キャラのあれとか。ああいうのが「性的表現」として批判を受け、それに対して猛烈な反発が起きるというのが、まあ最近よく見る流れだ。

個人的にはやはり問題はあると思っていて、そういう批判は真面目に考えた方がいいぞと思うのだけど、どうしてもネット上では反発が目立つ。強烈、猛烈な反発。

まあ、一見なんでもないようなものまで性的表現として潰そうとしている、と認識すれば、そりゃ猛烈に反発したくもなるだろう、とは思う。理解できる。

たとえば、一昔前なら、女性露出度の高い格好をしていると、はしたないとかなんだとか許されなかったりだとか、性的表現不適切ものとして不当な扱いを受けたりだとか。

そういったことからだんだん自由になって、今があるのに、不快だという声によってまたしても弾圧されようとしている!政治的に正しいとか言って。反発するよね。押し付けられてる感じするよね。理解できる。表現自由であるべき。そりゃそうだ。

じゃあ、自分問題はやっぱりあると感じるポイントはどこなのか、というと、ある属性の一側面について、やたら強調される表現がやたらあふれていて、やたら当たり前になりすぎているということ。

話題のみちかさんの件とか、まあかわいい絵ではあるよね。でも性的な強調があるかないかと言われたら、あるよね。それは。エロ文脈など何もない!わけないよね。

この件に限ったら些細なことだといえばそうだけど、女性表現するときに、身体ラインであるとか仕草であるとか、無駄に色っぽさを入れるのが当たり前にありすぎるんだよね。本当にありすぎる。自分だってそういうの好きだけど、ありすぎ。あんまりあからお約束的に無視してることも多いけど、とある属性とある側面が強調された表現が、あまりにもありすぎるってのは、どうなのかね。

性的な強調がだめなわけではない。性的な側面が描かれるのがだめなんてことはない。まあエログロ結構強い反応を引き起こす題材であるので、ちょっと慎重になるべき題材であるとも思うけどね。ゾーニング必要と思うしね。

ただ無意味性的強調表現が当たり前にありすぎる。特に女性に関して、見えるところにも普通にありすぎる。これはステレオタイプである障害者を健気な天使として描くのが問題視されるのと、同じようなことである。もちろん、健気なのがだめなわけじゃない。そればっかりが、ありすぎるんだよ。

それに対して、いい加減にしろよと当事者から声が上がるのは当たり前だし、その声を聞く必要は、あると思います

まあ多くの人が不快から引っこめろというのが危ういのもあるんだけどね。不快に思う人が多いとしたら、それも無視はできないけど、具体的な問題点は考えないといけない。

たとえば同性愛表現不快だという声が多かったとして、それを引っ込めたらどうだろうか。異性愛表現に置き換えて、別に問題ないレベルなのに、当たり前に存在するものなのに、不快な人が多かったら引っ込めるべき?

快、不快の数も大事ではあるけど、問題の中身を考える必要はある。

まあ、昨今の件に関しては、萌え絵から不快という理由表現を潰そうとしてるって見方もあるのだろうと思うし、実際そのような声もあるのだろうけど。

ただ、絵柄というよりはステレオタイプ表現にすぎるというのが問題であると思う。

別にステレオタイプだってゾーニングできれば自由にやりゃいいんだろうけど、みちかさんの件とか、鉄道むすめの他のキャラ見れば普通にポスターとかでかなり目に入るものであろうからして。今はまだ出てなくてもね。

というかみちかさんのイラスト公式じゃないだろって突っ込まれまくってるけど、かなり公式っぽい感じに使われるキャラだと思うんだけどね。

みちかさんは公式キャラを元にしてるし、他に比べてもかなり公式よりだと思う。まあ、こういう流れになったわけだから、別のイラストを使うかもしれないな。

鉄道関連だから、かなり目に入る感じだと思うし、公共性問われるの別に変ではないと思う。

それにしても鉄道むすめに対してゾーニングされてるコンテンツ扱いするの、割と悲しい。あちこち行くたびに親しみを持って見てたし、愛着あるのに。自分が見たのはほぼ公式マスコット扱いだったよ。地域キャラによって違うとは思うけど。

ああ、長い。要するに女性キャラ性的強調要素くっつけるのありすぎるし、公共性の高い鉄道公式キャラ(まあ正確にはそうではないとはいえ)にまでそういう表現を持ってくるのはもう我慢ならねえという声、聞くべきと思った。という話。

自分ステレオタイプなオネエ描写とかやたら漫画に出てくるの物凄く嫌だし(自分当事者よりだからだ!)、いい加減にしろよと言いたくなることはあるんだ。キャラクターとして好きだけど表現のあり方としてステレオタイプすぎるのが許容できないとか、そんな複雑なこともあるんだ。

誰も不快にしないなんてそんなもの完璧に実現するわけはないし、なにを不快に思うか、性的に思うかは本当に人それぞれなんだけど、だいたいの線引きは必要だし、今だってあれこれとある程度線引きはされてる。それがなるべく公平になるよう努力必要だろと思うわけで…。

まあとにかく現状はだいぶ、バランス悪いぞ。

しか物言いがついたからって安易自粛することもないと思うし、面倒くさいこと避けてると前進がないよなーとか思う。落とし所を探るプロセスとか、未発達すぎるなあ。

ああ、長いな…。そうだあともうひとつ、あれこれあるけど、絵描きのせいじゃないと思うから。こういったバランス必要仕事ときにはそういうの考える人必要なんだ… 描く人に丸投げしちゃだめだ…

2016-10-19

エネマグラエロ」ではない

b:id:metroq公式キャラクターイラスト性的から炎上した件とエネマグラ彼氏アナルを開発した記事が同日にホッテントリに上がり、エネマグラで開発の方に「何故こっちは炎上しないのか」などと言うコメントが目立つので書く。

エネマグラエロ」ではない。

エネマグラ前立腺マッサージ器具である

前立腺マッサージする医療器具である

エロは、性的興奮だ。興奮は興奮する個人感情だ。

エネマグラエロは、「こんなので突かれたら俺は射精する」という個人的な表明の集まりだ。

エネマグラが『エロ』を持っている」のではない。

エネマグラエネマグラしかない。

エロ目線エネマグラに向けられることが多いというだけだ。

エネマグラで興奮したのは、医療用に生み出された器具を、ケツでマジイキしたい場面で使ってしまたからだ。

「ケツ穴気持ちいい」というだけで、エロくなくともよい場面で無闇にアクメを持ち出すということは、「エネマグラエロのために存在する」と言っているのに等しい。

飛躍かもしれないが、こういったメッセージはいやというほど巷に溢れかえっている。

エネマグラ」と聞けばオナ禁中でもない限り「エロ」を連想してしまう。「アネロス」といえばフラットかもしれないが、「ケツの中のエネマグラ」と聞くと「エロ」だろう。

だがエネマグラは、エネマグラしかない。

エネマグラ個々の「独自の形状」が、他人性的興奮のための「エロ」として扱われてしまっているのだ。

エネマグラをなんでも「男のケツ穴から見てエロいからエロいものとする」視点は、女性には共感し辛く、「自分向けでない」と感じる。

鉄道という、性別で分けられていない、公共性の高い場でやれば「マジイキを優先します」というメッセージになってしまう。

一方、エネマグラは「女性目線で美しいアナルを開発する」という前置きがある。

女性目線で」、これがあなるとないとでは大違いだ。

女性括りというよりは「自身にとって」と言う方が正確かもしれない。

男性の、ケツ穴いじりたい、触って楽しみたい、配偶者として開発して欲しい、という目線ではなく、

女性が、こういうアナルにしたい、憧れる、理想的とするという、

自身にとって誇らしいかどうか」という目線だ。

これは「エロ」ではない。

ただの「エネマグラ」だ。

エネマグラエロ」は男根主義だ。

エネマグラ医療用の前立腺マッサージ器具」ならフェミニズム的になる。

これがこの二つの件の違いだ。

エロ規制するならエネマグラは一律規制されないとおかしいはずなのに、自分達のためなら見過ごすなんて都合が良い」

こう思った感性は「エネマグラエロ」にどっぷり浸かっている。

エネマグラエロいのではない。

エネマグラ」に「エロのための強調表現が必ずついてまわる」状況が、「エネマグラエロ=男のためのもの」という価値観再生産することであり、差別なのだ

http://anond.hatelabo.jp/20161019182600

「女体=エロ」ではない

東京メトロ公式キャラクターイラスト性的から炎上した件とおっぱいコンテスト記事が同日にホッテントリに上がり、おっぱいコンテストの方に「何故こっちは炎上しないのか」などと言うコメントが目立つので書く。

「女体=エロ」ではない。

女体は女性その人の持つ体である

その人個人の持つ、体である

あるいは女性身体的特徴の傾向である

エロは、性的興奮だ。興奮は興奮する個人感情だ。

女体のエロは、「女体のこんなところに俺は興奮する」という個人的な表明の集まりだ。

「女体が『エロ』を持っている」のではない。

女体は女体でしかない。

エロ目線は女体に向けられることが一番多いというだけだ。

鉄道マスコットキャラ炎上したのは、エロのために生み出された技法を、エロくなくともよい場面で使ってしまたからだ。

モチーフ女性である」というだけで、エロくなくともよい場面で無闇にエロを持ち出すということは、「女体はエロのために存在する」と言っているのに等しい。

飛躍かもしれないが、こういったメッセージはいやというほど巷に溢れかえっている。

おっぱい」と聞けば育児中でもない限り「エロ」を連想してしまう。「胸」といえばフラットかもしれないが、「女性の胸」と聞くと「エロ」だろう。

だが女性の胸は、女性の胸でしかない。

女性個々人の「自分の体」が、他人性的興奮のための「エロ」として扱われてしまっているのだ。

女体をなんでも「男の俺から見てエロいからエロいものとする」視点は、女性には共感し辛く、「自分向けでない」と感じる。

鉄道という、性別で分けられていない、公共性の高い場でやれば「男性を優先します」というメッセージになってしまう。

一方、おっぱいコンテストは「女性目線で美しいバストを選出する」という前置きがある。

女性目線で」、これがあるとないとでは大違いだ。

女性括りというよりは「自身にとって」と言う方が正確かもしれない。

男性の、セックスしたい、見たり触って楽しみたい、配偶者として側にいて欲しい、という目線ではなく、

女性が、こういうバストになりたい、憧れる、理想的とするという、

自身にとって誇らしいかどうか」という目線だ。

これは「エロ」ではない。

ただの「女性の体」だ。

「女体=エロ」は男根主義だ。

「女体=女性である私の体」ならフェミニズム的になる。

これがこの二つの件の違いだ。

エロ規制するなら女体は一律規制されないとおかしいはずなのに、自分達のためなら見過ごすなんて都合が良い」

こう思った感性は「女体=エロ」にどっぷり浸かっている。

女体がエロいのではない。

「女体」に「エロのための強調表現が必ずついてまわる」状況が、「女体=エロ=男のためのもの」という価値観再生産することであり、差別なのだ

2016-10-05

涙と選択と欲の物語としてのTVアニメ響け!ユーフォニアム

くやしいっ……!

くやしくて、死にそうっ……!

身体の奥から絞り出すような掠れた声。これほどまでに悔しがる声を、かつて聞いたことがない。

TVアニメ響け!ユーフォニアム』は、そういうお話だ。本気で高みを目指し練習練習を重ねた――なのに届かなかったことがくやしくくやしくて涙があふれてくる、そんな物語だ。

主人公黄前久美子は、コンクールの京都府大会に向けた合奏練習中に、顧問の滝からとあるパート演奏から外れるよう指示される。そこはかつて質の低さを指摘され、改善約束したパートだった。久美子は努力を重ねたが、滝が求める精度にけっきょくたどり着けなかった。

うまくなりたい。

うまくなりたい。

うまくなりたい。

うまくなりたい。うまくなりたいうまくなりたいうまくなりたい。うまくなりたい。うまくなりたい。うまくなりたい。うまくなりたい……!

うまくなりたい! 誰にも負けたくない! 誰にも……! 誰にもっ……!

からからあふれてくる涙に頬を濡らしながら久美子は知るのだ。

中学とき関西大会への切符を賭けたコンクールで敗れた際、同輩の高坂麗奈が流した涙の意味を。その辛さを。「本気で全国いけると思ってたの?」と問いかけた自分の目の前で彼女がどんな気持ちでいたかを。

それを知った久美子は、「期待すれば恥をかく。叶いもしない夢を見るのは馬鹿げたことだって思ってた」自分と決別する。「絶対、全国に行く」と、ためらうことなく口にする。たとえ努力した者すべてに神様が微笑まない世界だったとしても。努力し、戦うことを選ぶのだ。

 

選択責任物語

選ぶ、ということ。

TVアニメ響け!ユーフォニアム』は、当人選択とそれに伴う責任重要テーマに掲げている。

最も判りやすいのは冒頭だ。

顧問就任した滝は、部員たちに部の目標を選ばせる。全国を目指すか、楽しい思い出をつくる部活動にするか。選んだ以上はそれに向かって努力してもらうことを言い添えたうえで。部員たちは多数決のすえ前者を選んだ。待っていたのは低レベル演奏に対する容赦ない指摘だった。部員たちは反発したが、滝は取りあわなかった。「あなたたちは全国に行くと決めたんです」と。滝の厳しいながらも的確な指導によって演奏技術の向上を実感した部員たちは彼に信頼を寄せていく。

終盤にはもっと重要意味をもってそれが描かれる。合奏トランペット独奏パート、その奏者を巡るオーディションのやり直し。

奏者は麗奈にいったん内定したが、敗れた三年の中世古香織を慕う吉川優子の「噂になってるんです。オーディションとき先生がひいきしたんじゃないかって」という発言によって、滝は希望者に対する再オーディションを認める。そして香織がそれに手を上げたことからもう一度やる、ということになったのだ。

ここで面白いのは内定している麗奈意向を滝が確認しなかったことだ。本当なら麗奈気持ちが重視されるべきだろう。何せ一度はその座を勝ち取っているのだからしかし滝はそれを訊かなかった。

その理由は、“選ぶ”ことによって“責任”が麗奈に発生してしまうからだろう。麗奈本来それを負う必要がない。だから滝は回避した。彼の内面を推し量るなら、オーディション不正があったのではと疑問を持たれた自分が責を負うべきだと考えたのではないか

オーディションの場でも“選択”と“責任”が遡上に上がる。どちらを奏者にするか、滝は(ひいきを疑った)部員たちに選ばせようとする。「全国に行くと決めた」あなたたちは、今の演奏を聴いてどちらがそれにふさわしいと思いますか、と。

しか部員たちはどちらも選ばなかった。だから滝は香織に訊く。「あなたソロを吹きますか」。香織は言う。「吹かないです。吹けないです。ソロ高坂さんが吹くべきだと思います」と。

香織が肯定していたら、恐らく滝はそのまま香織に吹かせただろう。香織では先の大会に進めない公算が高いと判断していても吹かせただろう。どちらも選ばなかった部員たちに文句を言う資格はもうない。部員たちはそういう“責任”を負わなければならない。そして香織も、もし吹くのであれば部の成績の是非を逃げ場のまったくないとこで負う覚悟がいる。滝はそれを問うたのだ。香織は否定した。

もちろんこれは責任を押しつけあったという話ではない。

何かを求めるのであれば相応の代価がいる。全国か楽しい部活か。全国を求めるなら苦しい練習とそれをしてなお届かなかったときの悔しさに対する覚悟がいる。『ユーフォニアム』とはそういう物語なのだ

 

欲と、それに対応する肉体表現

ところで『ユーフォ』がエロティシズム溢れるアニメだと言われて否定するひとは少なかろう。もっともあからさまなのは8話。夏の大吉山にノースリーブワンピースで登った麗奈は、コケティッシュな魅力を見せつけながら久美子に“愛の告白”をする。夜景をバックに、裾を風や座ったときのはずみで翻しながら。あるいは久美子の唇を白くほっそりとした指でなぞりながら。正統派黒髪美少女は、匂い立つような色気をまといながら、中高と同じ吹奏楽部所属しながら顔見知り程度だった少女真正から迫っていく。

これは何なんだろう? 百合? サービスシーン? 半分ぐらいはそうだろうが、それだけではないように思う。

ユーフォ』はキャラ欲望を隠さない。久美子の「うまくなりたい」を始めとしてみんな何らかの欲望を持っている。「特別になりたい」「三年間やってきたんだもん、最後は吹きたい」「あすかが思ってるわたしの一歩先を、本物のわたしが行きたい」「あたしさ、塚本のことが好きなんだけど」「みんな吹きたいんだ」「コンクールに出たいんだ」「全国」。

から肉体は、欲望主体がちゃんとそこに存在していることを証明するかのように、画面いっぱいに生々しく描かれる。

終盤はもっと直截だ。

炎天下での練習。頬を火照らせ汗を滴らせながら練習に励む彼女たちは、とき渇きを癒そうと喉を鳴らしながら水を飲む。それらのシーンは例外なく艶めかしい。オーディションに勝って奏者に選ばれたい、今は手こずってるパートもっとうまく吹けるようになりたい。喉の渇きは、そういう欲の隠喩表現だ。ときに口元を濡らしてしまうほど勢い良く飲むのは満たされることを強く欲してるからだ。

あの夏の夜。これから山に登ろうというのに、麗奈ノースリーブワンピースヒールサンダルという格好だった。対する久美子はTシャツショートパンツシューズというラフな出で立ち。片やデート、片や気心の知れた友だちとのお出かけのよう。その落差は気合いいれておめかししてきた麗奈の“欲”を際立たせる。

響け!ユーフォニアム』は、何より絵でその強さを表現している。

 

勝負世界努力多寡関係ない。それでも努力の末に鳴らされたあの音が素晴らしいと知っている

音楽マンガには演奏の素晴らしさを聴衆のリアクションによって表現する手法がある。『ユーフォ』でもサンフェスへの出場を賭けた合奏や、サンフェスにおけるマーチングの際にこれが用いられた。アニメから音そのもので質の高低は表現可能だし実際されているのだが、強調表現として使用されたのだ。

しかしながらラストコンクールでは聴衆の反応がいっさい描かれない。いったいこの差はなんだろうか。

冒頭でも述べたように、『ユーフォ』は努力努力を重ねたのに鳴らしたい音へとたどり着けなかったことやオーディションに敗れコンクールへ出られなかったことがくやしくて涙を流してしま物語だ。

努力のものには何の価値もない。滝も誰も努力したことを褒めない。努力の末に響かせた音にの評価が下される。聴衆は、久美子たちの努力を一切しらない。ホールに響き渡るあの音が努力の末のものなのかそうでないのか一切しらない。

しかし我々は知っている。努力をし、欲をむき出しにしてぶつかり合ってきた先にある音だと。滝に叱責され、炎天下で汗を滴らせ、楽譜に「全国」と大きく書き込み、がむしゃらに努力してきた先にある音だと。だからそれはきっと素晴らしいのだ。みんなが積み重ねてきた努力を知る葉月が「いっすね……」と呟く音はきっと素晴らしいのだ。

そこに聴衆のリアクションはいらない。ステージの上でまばゆい光を浴びた久美子たちが響かせる音、それは素晴らしいに違いないと我々はもう知っているのだから

 

ユーフォ感想一覧
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん