「長後」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 長後とは

2019-07-10

ポリコレマジョリティも守ってくれる例

映画トイ・ストーリー2』、いつの間にかセクハラシーンを削除

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a28309607/toy-story-sexual-harrasment-190708/

社会的望ましさを追求するなら、過去作品だとしてもやむをえない措置だった。

今回問題となっているセクハラシーンだが、そのセクハラを行っているのはプロスペクターというキャラクターだ。

彼は年配の白人男性を模したキャラクターであり、しか西部劇象徴であるカウボーイハットも被っている。

これは何を意味するか。

このシーンを放置することにより、「年配の白人男性特にカウボーイ文化を担っている地域男性は、影に隠れてセクハラも平気でやらかす人間なんだ」という偏見に満ちたメッセージを、ディズニー社会に対して発信し続けることになる。

実際の白人男性ほとんどはそのような犯罪とは無縁の人々であるにも関わらず、これをフィクションからといって放置することは難しいと判断されたのだ。

特にトイストーリーのような子ども向けの作品の中で、白人男性の誤ったイメージ幼児に刷り込んでしまうと、彼女の成長後の対人関係に取り返しのつかない影響を及ぼすことになる。

近年、ディズニー作品ポリティカルコレクトネス恣意的適用し、女性有色人種ばかり優遇しているとの誹謗が溢れかえっている。

しかし、そうでない人々に対しても偏見を生まないよう、ディ社が細心の注意を払っていることが今回証明された。

いわれなき攻撃に対しては、今後は今回の事例が有力な反論根拠となる。

2019-06-30

anond:20190630093609

世の中には従業員数数名の企業ってのも数多くあるんだが

自分保育園に入れず仕方なく仕事辞めて子供の成長後にやっと再就職したパート主婦

他人保育園代支払わせるって猛反発食らうだろうな

そういうパートママって貧困層多いのに、より金持ち正社員ママに金渡す構図か

2019-06-18

anond:20190618092225

年齢×100万が貯金額の目安、とよく言われるけど

それで20過ぎから定年まで働けば4000万貯まる計算だけどな

それくらいも貯められない人が私立お受験を考える方がおかしいし、

専業主婦だとしても子供の成長後パートに出るのが当たり前で、40で扶養パートに出て20年働けばそれだけで2000万になるわけで

子供にさほど金かけず高校まで公立奨学金使って大学ルートギリギリくらいの収入としても

そういう人って結婚いから50くらいでもう子供独立してるだろうし、そこから子供にかけていた学費分をそのまま貯金に回せるし

子供独立してたら母親パートじゃなくてフルタイムいけるし…

(ってかそういう人って「子供習い事お受験フォローで忙しくてパートしか無理」とかいう発想も余裕もなさそうだから

子供高校生くらいになればフルタイム行けるよなあ)

勿論世の中には一人生きていくにもギリギリ精一杯の収入で宵越しの金を持てない生活してる人とか、病気とか介護で立ち行かなくなる人もいるわけだけど

それがデフォルトってのはなあ…

2019-05-30

はてなーは相変わらず理系女子推したがるが

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1360369

宇宙工学って就職豊富あんの?

あったとして、女でも差別されずに雇って貰えるの?

まさか、男だらけでセクハラされても耐えるしかない、なんて環境じゃないよね?

結婚出産してもずっと長く勤め続けられてキャリアも積める環境あんの?それをやった先輩女性も沢山いてモデルコース成立してる環境なの?

仮に出産退職せざるを得なかったとして、子供の成長後専門性生かした仕事再就職できんの?

フルタイム諦めた場合でも専門性生かしたパート仕事とか就けるの?

夫が転勤族だったとしても、日本全国どこでも専門性以下同文?

逆に結婚出産もしなかった場合高齢独身女として周りにバカにされたりマウントされたりしないような環境なの?

とてもそうとは思えないんだけど。

って考えたら、親がそれより看護学部勧めるのは良く分かるんだけど。

看護師って上の条件全部満たしてるもの

「女が女だから差別されず一生安定して稼げる、独身キャリアコースキャリアワーママコース育児重視仕事はほどほどコース自由に選べる」

って職業看護師以外だとほとんどないよ。

(まあ多少の女性差別に目を瞑れば医学部の方がいいだろうけど、現実的に入れる偏差値あるか分からんし)

いくら憧れの職業だろうと、若いうちの数年間しか勤められない可能性が高い仕事を親が勧めたがらないのは当たり前だと思うんだけど。

高い学費払って結局数年しか勤められず結婚したら専業主婦、なんて事になったら投資無駄になるし。

本人だって後悔するんじゃない?

こういう観点が全くなくて、「看護師にしたがるのは、親の老後に介護させるつもりだからだ」としか思いつかないのって

女が一生働き続ける困難さの想像がつかなさ過ぎじゃない?

仕事挫折して専業主婦になる女は皆働きたがらない怠け者だ、とでも思ってるんだろうか。

2019-04-02

anond:20190402105354

今まで大半の女性が選んでいた「辞めて子供の成長後パート」よりは遥かに高収入から

統計的女性賃金が上がってるわけだが

2019-02-16

「擬似著作権」という言葉が知れ渡ってきたか

著作権保護期間が延長された世界でも、できることはたくさんある #著作権長後

https://hon.jp/news/1.0/0/14964

疑似著作権所有権肖像権…… デジタルアーカイブには著作権以外にも課題が山積

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/bookwatch/digipub/1097075.html

ツイッターなどでも「擬似著作権」を含む投稿が見られる。

「擬似著作権」という言葉が知れ渡ってきたのだろうか。

2019-01-31

著作権保護期間が延長された世界でも、できることはたくさんある #著作権長後

https://hon.jp/news/1.0/0/14964

 実証実験を行う中で見えてきた課題は、「大量処理への対応」「事務的手続きの円滑化」「対応可能範囲拡張」の3点。実際のところ、著作権よりも、肖像権や疑似著作権などのほうが問題になるのだという(参考記事「疑似著作権所有権肖像権…… デジタルアーカイブには著作権以外にも課題が山積」)。

これは納得がいく。でも、疑似著作権ではなくて、擬似著作権ね。

下記はなんだよこれ・・・

 世の中には、著作権にうるさい人がいっぱいいる、と田中氏。それにより、せっかくの試みもシュリンクしてしまうし、議論封殺されてしまうのだ、と。二次創作については、相当程度の国民の支持があったからなんとかなった。だから、「孤児著作物活用は、文化政策にとって良いこと」という合意形成をしたい。そのためには「著作権厨」をなんとかしたい。「ネトウヨ」とか「パヨク」みたいに、「著作権厨」というネガティブイメージレッテルを貼る言葉を広めていけばいいのではないか、と提案した。

2019-01-26

anond:20190126223238

サモエドポメラニアンスキッパーキ などのスピッツ系統の飼ったら大変そうなところ

もふもふしているので毛の手入れ、ハイテンション

柴犬秋田犬の大変そうなところ

頑固、運動量

雑種ワンコの大変そうなところ

長後の大きさが予測できない事

2019-01-07

anond:20190107131430

実の娘を強姦していた男が、娘の成長後復讐として孫娘を強姦したと捏造されたって話だったっけ?

当たらずとも遠からずだろ

2018-12-11

anond:20181211153408

IT系行ったら20代後半で一千万貰えるレベル女性なら医学部入れるだろ。

医師でも診療科選べば子供産んでも十分仕事続けられるし

それならそれ以上の収入が定年まで維持出来る。

診療科選べば女性も多いし定年まで働いてきた女性の先輩もいるだろうから自分第一人者として道を切り開く必要もないし

女だから優遇されてるだけだろという男のやっかみを受ける事もない。

例え出産退職して育児優先ルートを取るとしても、子供の成長後に検診バイトすればその辺の主婦パートより遥かに高収入育児と両立も楽々。

IT系でそんな都合良くて時給高いパートある?

薬剤師になるようなのは医学部入れないようなレベルと言ってるし、

それならIT系行こうがそうそ高収入になんかなれんだろ。

下手にITブラックで使い潰されるくらいなら、薬剤師適当に楽な仕事しながら低くても安定収入の方がいい。

2018-10-31

anond:20181031174548

女と違って、子供の成長後主婦パート再就職って道も険しいしな。

女なら「10専業主婦やってた40歳」でも主婦パートで雇って貰えるだろうけど

男の「10無職やってた40歳」に職があるんだろうか。

かと言って、子供の成長後もずーっと専業だったら病みそう。

2018-09-20

anond:20180918012627

>『うちら仲良かったやんw』

それ超王道あるあるの中のあるあるパターン

いじめてた側の主観では、暴力ではなく遊びの一環、相手は「仲良しグループの中の面白キャラ」「俺がいじってやったお陰でみんなの話題になれた」と本気で思ってる

そういう性格で成長後になったのが、社長とかエリート官僚とかではなくお笑い芸人というのもじつに納得

当人は場を盛り上げる才能があると思ってるんだろうな

たぶん当時の話を暴露しても、当人主観との完全なすれ違いで相手は何も実感を持たんぞ

こんな奴に復讐してもぬかに釘、こんにゃくを殴るような手応えしかないだろう

当時のことを忘れるのは無理としても、こいつの存在が頭の中の比重で1%未満になるぐらい、後天的に、面白い物、こんな奴よりもっとずっとすごい人物、怖い物、嫌な物、美しい物、痛い体験気持ちいい体験、等々を増やすことをお勧めする

頭の中の意識がこんなくだらない奴に支配されることこそ人生の敗北だよ

俺の友人にも1人いる、いまだに高校時代にさんざん体罰くらわせてた教師悪口ばっかり言ってる奴、どう考えても教師の方が悪いのだが、いまだにその話を俺にするときその男は「俺はこんなに被害者だった」という感情自己陶酔してるのがプンプン臭ってしょうがない

そいつ48歳な

高校生だったのは昭和のころだ

「こんなこと書いてるお前はいじめられたことないんだろう?」て言うんだろ? 逆だよ!! 俺も似たような経験は山ほどあるよw なんでクソ野郎に限ってリア充人生歩んでるんだよ!? と何万回思ったことか

が、復讐心は自分に何の益ももたらさなかった

これはダメ人間の先輩からの助言だ、いや助言なんて説教臭いね、うん独り言

「お前みたいなダメ中年にはならねーよ」ぐらいに思ってくれ

2018-09-11

anond:20180911023125

子供って、狭い所に閉じ込めると明らかに嫌悪くなるんだよ。

タワマンの一室で夜泣きの声が隣に響いたら文句言われるとびくびくしながら子育てして、

長後足音響くから走り回るな!と子供を叱りつける生活してたら

田舎の広い一軒家で子供が走ろうが喚こうが何も支障なし、って環境で育てられたらなあ、と思うだろうさ。

勿論そういう人はそれ以上に都会に住むメリットがあるから都会に住んでるわけで

無いものねだりなんだけど。

2018-08-20

anond:20180820110817

からシッター雇ったら?

シッター雇えない程度の給料しか貰えない仕事なら、本来は無理やり続ける必要性もさほどなくて

アメリカなんかだと一旦退職子供の成長後再就職ルートも多いんだよね。

日本より再就職が容易かつ待遇もさほど下がらないのと、保育園馬鹿高くて低収入の人は自分で育てた方が割が良いから。

でも日本は一度辞めたら待遇ががた落ちするから職場にしがみつくしかない人が多くて、

そうやってしがみついてる役立たずの正社員ママの穴を彼女らよりよく働く派遣が埋める、と言う歪んだ構図になってるし、

その正社員ママの子供を0歳から預かる為に多額の税金を費やしても保育園が足りない。

この状況をこれ以上進めるより、そもそも「一度辞めたら待遇がた落ち」を何とかする方が

ずっと「仕事育児の両立」はしやすくなるだろうと思う。

保育園シッターは、一度辞めたらついていけなくなるようなエリート職の人だけが高額払って使えばいい。

2018-08-18

anond:20180818212816

「かわいそう派」って、「あの写真を成長後子供が見て、その写真ネット世界大公表されていた事実を知ったら

嫌な気分になるだろうからかわいそう」って意味だろ。

現在の子供は嫌がってないかOKと言う理屈OKなら

それこそガチ性的虐待したって意味からなくて喜んでたらOK、という事になる。

2018-08-08

anond:20180807124518

女医は優秀なんだからA医師になれる!」って連中の認識も凄い

医者仕事ナメ過ぎ

高校生の時にテスト高得点取ったってだけで即名医になれるかアホ

東大医卒の研修医終了直後の医者は下層私大医卒のベテランより医者としての能力が上だと思ってんのか?んな訳ないだろ

そこから何年も経験積んで一人前になっていくんだよ

でも女医はその多くが経験積む前に出産ドロップアウトしていって

優秀だろうがそうでなかろうがどっちみち「深夜に急変?子供の世話あるから行けません、電話じゃ対応できません」で終わりになる、って話だよ

例え子供の成長後に復帰しようがブランクは埋められないしな

どれだけ頭良かろうが、経験積まないうちに前線から退いてしまったら意味ないんだよ

2018-07-13

新型出生前診断中絶体験談

 40代前半の女性です。

新型出生前診断経験し、

初めて気づいたことや考えたことがあったので、

備忘録として残します。

 メディアがこの問題について発信する情報は、同診断を受けないことを決断した人、

あるいは受けて陽性が確定したけれども生むことを選んだ人を取り上げる「美談」が殆どで、

陽性確定者の多数派である中絶手術体験者の声が反映されていないと感じます

このため、手術体験である私の考えをお伝えします。

<経緯>

 30代の終わりから不妊治療を始め、40代の始めだった2016年体外受精で初の妊娠

同年に新型出生前診断を受けたところ、18トリソミーであることが確定し、手術。

<手術に踏み切った理由

・当時の私には、重要資格試験が目前に迫っていました。

試験勉強育児を両立させるために、健康であることは大前提でした

夫婦共に健康なので、子ども健康状態で産まれると思い込んでいました)。

 

 医療ケア児であれば、受け入れる施設も限られ、お世話に忙殺されることが予測されます

「もし産むと、あなた毎日家の中で赤ちゃんに付きっ切りだよ」と夫に言われ、

自分キャリア崩壊する怖さからわず「それは無理」と言い返しました。

 さらに、その子が将来、認知症などで要介護状態になれば、入れる老人ホームはあるのか。

ネット上には、医療ケア児の受け入れ先や成長後に関する情報ほとんどなく、不安に駆られました。

胎児女の子でした。心配なのは、この社会知的障害者に多発する性被害です。

施設に入れたとしても職員から被害を受けるのではないか

あるいは通所途中で誰かから……と考えると、とても我が子にそんな辛い体験はさせられないと思いました。

私たち夫婦染色体異常の子どもが産まれたとなると、

家族や親戚までが世間差別的な目にさらされるかもしれず、

もはや「自分たちさえ良ければ産める」という問題ではないと思いました。

 また私自身、高度な知性を要求される仕事従事しています

知的障害児を生んだ場合、私の知性すら信用されなくなるのではないか

人知からも憐みの目を向けられるのではないか、と懸念しました。

 そしてこのように考えること自体自分の中に知的障害者への差別意識があるのだと、

認めざるを得ませんでした。

<なぜ、新型出生前診断を受けたのか>

 私たち夫婦高齢なだけに、「障害がないことを確認し、安心してその後の妊娠生活を過ごしたい」と考えて

同診断を受けることにしました。

私としては、「事前に疾患がわかれば心の準備ができる」とも思っていました。

その時点では、どんな疾患のある子でも受け入れて産もう、と漠然と考えていたのです。

 ところが、いざ診断で陽性判定が出ると、上記に述べた様々な不安が一気に押し寄せ、

坂道を転がり落ちるかのように、気持ち中絶手術へと傾いていきました。

 しかし、実際に手術によって死産した我が子と対面した時、愛しさが込み上げ、

「なぜ息をしていないの。お願いだから生き返って!」と号泣しました。

手術を受けてから後悔しても遅いのです。

ももし、この診断を受けていなければ、とりあえず出産し、

覚悟を決めて育てていっていたかもしれません。

<新型出生前診断を受けるかどうか迷う人へのメッセージ

 「安心したいから」という理由で受ける人は多いようですが、お勧めしません。

私たち経験上、陽性判定を受けると冷静な判断力が失われ、未知の将来への恐怖心から

とにかく「生活が変わらない選択肢」を選びたい強い誘惑に駆られます

 従って、診断を受けるのは、

「陽性の場合は産まない」と決めた時のみとするのが良いと思います

 陽性でも産み育てることを決めているのであれば、「心の準備」は産んだ後からでも間に合うのではないでしょうか。

染色体異常を持って生まれてくる可能性への心配はあるにしても、

あらゆる状況を想定して、妊娠中に情報収集しておけばいいと考えます

カウンセリングのあり方>

 私がカウンセリングを受けたのは、出産予定先だった大学病院産婦人科からでした。

18トリソミーとして生まれ子ども知的身体的特徴について説明がなされました。

ただ、私たち親が知りたいのは、「そのような疾患を持つ子どもをどうやったら育てていけるのか」です。

 医療ケア児には、健常児にとっての保育園幼稚園学校に代わる施設はあるのか。

親が共働きでも育てることは可能なのか。

成人後の住居や生活費はどうするのか。

老後は介護施設に入れるのか、など。

 そうした社会サポートに関する情報医師からほとんど与えられず、私たち不安に駆られるばかりでした。

是非、これらの情報に詳しい専門家カウンセラーとして配置して欲しいと思います

 

メディアのあり方>

 冒頭で述べたように、新型出生前診断に関してメディアに登場する当事者には偏りがみられるため、

診断を受けるかどうかを迷う人にとってはあまり参考になりません。

 私自身、診断を受けるかどうか、手術に踏み切るかどうかを判断する際に、

手術体験者の声をメディア上に求めましたがほとんど得られず、

心細さを抱えながら性急な判断をせざるを得ませんでした。

 メディアが同診断に関する美談ばかりを取り上げることは、中絶手術を選ぶことを暗に非難するメッセージとなり、

手術体験者はますます沈黙を守ります

その結果、手術体験からアドバイスが発信されないために、受診者及び受診者予備軍が的確な判断ができないという、

悪循環に陥っているように感じます

 是非メディアが、多様な声を報道することを望みます

以上、ご参考まで……。

**上記投稿内容の著作権について**

はてな匿名ダイアリー投稿については、はてラボ利用規約第6条にある次の規定適用されます

3. ユーザーは、本サービスにおいて自己作成投稿した作品など、本サービス送信した著作物について、著作権を有するものします。

匿名であることをもって著作権放棄されているものではありません。無断での転載等を行わないようご注意ください。

継続的無断転載を繰り返すサイトブログ事業者等には、はてなから情報削除やサービスの停止などの要請を行う場合があります

(出典 https://anond.hatelabo.jp/help

2018-06-01

anond:20180601132536

元々時給800円で働いている女性なら(地方だと正社員でも時給換算したらこの程度ってのは多い。

昇給可能性もなければ零細だから定年まで会社が残ってる保証もなかったりする)

周りに嫌がられながら産休育休取って0歳から保育園入れて給料はほぼ保育園代に消えてでも早期復帰するより

一旦辞めて子供の成長後にまた時給800円仕事についても生涯賃金まり変わらんしね。

元々高収入ならしがみつく価値があるけど。

2018-04-15

anond:20180415093912

医療職でも子供がいたら子供の預け先ない(中途で保育園に入るのは絶望的だし、

小学生以上でも転校直後で子供不安定な時に子供放置で働けんし、落ち着いた頃はまた転勤となったり)から働けないけどな。

医師免許持ってたって専業主婦か、働いても精々検診バイト等で医師としてのキャリア底辺扱いとなる。

子供の成長後も、長期間検診バイトだけの医者やってたら最前線には戻れないし。

医師以外の医療職にしたって夜勤当直休日出勤だの出来ないし子供が熱出せば頼れる人もなく休むしかないんだから

出来るのは精々パートか平日しかやってないクリニック勤務だけ。

そりゃスーパーレジ打つよりは時給は高いが、キャリアを保てているとは言えないような仕事しか出来ないよ。

2018-03-06

近畿財務局東北厚生局公文書改竄問題比較する

民主政権下で公文書改竄事件があったという記録を引っ張り出してきて、アノニマスポストやら保守速報といったいつもの連中が「ブーメランwwwwww」と囃し立てている。

これらの悪質まとめサイトの言うことを真に受けるのは馬鹿のすることだが、公文書改竄問題があったのは事実だ。

はいえ、「同じ公文書改竄なんだから同じ対応をすればいい」なんて雑な考え方で良いわけがない。

という訳で、2つの改竄問題比較して、



といった点に検討を加えようと思う。もっとも、門外漢の私には知り得ない部分も多いので、想像が入り込んでしまうのはご容赦願いたい。

なお、現状、私は財務局改竄はあったものだと思っている(厚生局改竄厚生省が認めているため確定している)ので、その前提に立って話をすすめる。

どうやら今日には政権側の調査結果が出てくるようなので、私のこのコタツ検証記事妄言だったと確定するような、改竄がなかったことの確実な証拠を持ってきて欲しいものである

さて、近畿財務局改竄問題は連日騒がれているのでともかく、東北厚生局改竄問題ネットの海を探してもなかなか出てこない。大半が右派系悪質ブログ記事に埋められている。

とりあえず当時の記事としては、日経記事

A: https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2901L_Z20C10A6CR0000/

毎日新聞記事(のWebアーカイブ

B: http://web.archive.org/web/20101025113044/mainichi.jp/select/seiji/news/20101024ddm041010114000c.html

が見つかった。

上の日経記事2007年に行われ、2010年に発覚した改竄

下の毎日記事2010年に行われた改竄問題が取り上げられている。

まり東北厚生局2007年2010年に二回改竄やらかしており、そのうちの一回が民主政権下だったということだ。

さて、この2つの改竄問題だが、どちらも「福島県郡山市医療専門学校」に関するものだ。調べればすぐにどこか分かることだが、まあ学校名はこの際関係ないので触れないでおこう。

ちなみに、どちらも初報を飛ばしたのが毎日新聞のようだが、記事が残っていない。当時の記事が残っている日経が神に見えるぞファッキン毎日

と思ったらこんな記事も見つけた。おそらく毎日新聞の当時の記事コピーであろう。……まあ、コピペされた記事改竄されてない保証はないが。

C: http://jcs2b5lboa.jugem.jp/?eid=57

Cの記事がこの中では一番古いもので、2010年6月15日付だ。これを受けて、厚労省事実を認めた記事がAで、日付は2010年6月29日となっている。

この2つが扱っている事件事件1としよう。

Bの記事2010年10月24日のもの。初報は20日だったようだが、残っていない。これを事件2とする。

事件1の概要はこうだ。

以前(2004年ごろ?)から問題医療専門学校で授業時間の不足が学生教員から指摘されていた。

再三の指摘を受けて、東北厚生局2006年11月調査実施

卒業生男性2007年6月に開示請求を行う。同年8月に開示。

一部黒塗りの資料が開示されたため、男性2010年4月に再度の開示請求。いつ頃開示されたのかは定かでないが、おそらくニュースになる直前だろう。改めて開示された文章に、2007年の開示請求時にはなかった文章存在するのが発覚した。

まり、黒塗りではなく文章が消されていたものが、再度の請求では存在したため、2007年の公開文書改竄があったことが発覚したという事件だ。

一方、事件2の概要はこうだ。

問題医療専門学校解雇され、不当解雇だと裁判を起こしている教員2010年7月8日東北厚生局資料請求

30日の決定期間延長後開示されず、教員東北厚生局へ問い合わせを行う

東北厚生局からは「記載に間違いが見つかったので学校に訂正を求めている」と回答がある

2010年10月1日付けで開示。ただし大幅に改変されたもの

2010年10月20日毎日新聞問題を取り上げる

2010年10月22日東北厚生局から「先に開示した行政文書の一部に誤りがあった。改めて開示すべき文書を郵送する」との伝言があった。

2010年10月23日に258箇所の改変があることが発覚

……っていうか、馬鹿なのか東北厚生局は。

記載に間違いが見つかったので学校に訂正を求めている」って、「今改変してます」って言っちゃったのか……

そりゃバレるよ。バレない方がおかしいよ。

それはともあれ、事件1と事件2だが、共に同じ医療専門学校に関する資料であり、また改変箇所も授業時間の水増しなど共通する点が非常に多い。

まりここから当然のごとく導かれる結論として、東北厚生局問題医療専門学校はズブズブの癒着関係であったと言えよう。

2007年事件1と、2010年事件2は地続きの事件なのである

では、この件、責任を求められるべきなのは誰か。

事件1は民主政権下で発覚したとは言え、改竄が行われたのは2007年8月2007年9月自民党総裁選が行われていて、福田康夫が新しく自民党総裁総理大臣となった。改竄が行われたのはそれよりも前なので、その当時の総理大臣は、安倍晋三である。あれ?

改竄が行われた資料調査が行われたのは2006年11月なので、その当時の総理大臣は……やっぱり安倍晋三である

まあ、東北厚生局安倍晋三の一声で動くって訳でも無いだろうし、安倍晋三東北地方学校癒着しているなんて証拠もないので、この件に関してはなんとも言えないだろう。

とは言え、東北厚生局問題医療専門学校癒着関係にあったことに関しては、橋本龍太郎自社さ連立政権以来10年以上政権与党であった自民党に重大な責任があると言えよう。問題医療専門学校運営する学校法人設立1998年なので、癒着関係がそれより前から存在したこともない。

さて、事件2に関しては、民主政権下で起きた事件である

民主政権下で起きた行政による事件である以上、当時の民主党責任がないとは言えない。

とは言え、民主政権に関しては、

1. そもそも東北厚生局問題医療専門学校癒着が、自民党政権時代に培われた物であった

2. 民主政権が発足してから1年しか経っていない時点での出来事であった

という点を勘案すると、自民党時代負の遺産を負わされた事件であったように見える。

民主党に落ち度があるとすれば、2010年6月事件を受けて東北厚生局をきちんと内部調査し、不正を厳しく罰すべきだったということだろう。

この点に関しては擁護のしようがない。当時の民主党は手ぬるかった。政権担当能力に欠けていた。

しかしながら、上記検証から、当時の東北厚生局問題には、民主党政権の者が関わっている可能性は低く、それこそ官僚独断暴走であった可能性が高い。

さて、一方で近畿財務局改竄問題である

森友学園問題が報じられたのが2017年2月。1年と少し前だ。1年以上もやっているのかこれ……。

問題とされた点に関しては、いまさら振り返るのも面倒であるが、国有地の売却価格評価額の14%であった、といった報道がなされた。

それ以来、「国会空転」「モリカしかできない」などと揶揄されながら野党政権批判を続け、途中で解散総選挙があったりなんだかんだで、今に至る。

政権対応徹頭徹尾「指摘には当たらない」「そのようなもの存在しない」といった話であったが、無いとされていた資料が途中から出てきたりもした。

そこにきて朝日による「改竄」の指摘である

改竄を行った主犯は誰なのか、また改竄が行われていたとして、森友学園を「特例」扱いしたのは誰なのか、と言った点に関しては今後の調査を待たねばならないが、この件に関して、現時点でも明確に分かる現政権の落ち度は、まさに「指摘には当たらない」で貫き通したことである

疑惑が発生してから、現政権調査の協力を拒み続けてきた。朝日新聞が掴めたネタを、真面目に調査して政権が掴めない訳がない。つまり、この一年間「国会空転」させ、「モリカしか」やらない状態になったのは、正しく現政権責任であり、重大な問題であると言える。

また、「指摘には当たらない」で矛先を逸し続けた戦略は、選挙結果に大きく影響を与えていると言える。

野党の主張を「言いがかり」とし、無能野党 vs 有能な政権演出してきたが、蓋を開けて見れば言いがかりではなく、しか政権調査に協力すればもっと早く決着が付いていたということになる。野党総辞職を求めるのには、一定の理があると私は思う。

何にせよ、真実が明らかになるのは(真実が明らかになってほしい)今日国会だ。

どのような結果になるにせよ、国民失望させるようなことにはならないことを祈る。

2018-02-14

anond:20180214024246

なるほどなぁ。

しかに成長後ありきのあの絵はショタ好きには辛いわな。

2017-12-29

人生フィクション必要

なぜなら、人間の脳は「生の現実」には耐えられないからです。

毎朝食べる卵。本当は一個一個全く違う物質なのに、「卵」という言葉でひとくくりに「同じものだ」として人間の脳は処理しています。これも一種フィクションですが、このフィクションがないと、私たち物事個別バラバラしか認知できなくなってしまます。その結果、誤った物事同士を関連付けたり無意味なところに意味を見出すようになったりするようになります。それが子供なら、まして深刻です。認知を正常に成長させるべき時に、そういう歪みを抱え込ませるのは大きな負担になります

神話宗教重要なのは特に重要難解な物事人間シンプルに処理できるように整理する点にあります子育てしていればわかると思いますが、子供だんだん大人であっても即答できないような根源的なことに疑問を抱くようになります。成長の現段階ではなく、成長後に悩めばいいことで足を止めてしまうことがある。

「どうして人は死ぬの?」「神様がそういう風に作ったからだよ」

「どうして世界不公平なの」「神様が君に試練を与えているんだ」

「すごくうれしいときどうすればいいの?」「神様感謝しなさい」

あるいは例えば「僕もいつか死ぬの?」という悩みにとらわれて、子供がずっとふさぎ込んでしまったり絶望したり、果ては怪しげな「しなないほうほう(ぎしき)」にハマったりすることになります。こういった大きすぎる疑問は、大人にとってもそうですが、子供にとって生きる上で強烈なストレスになるのです。

「でも嘘は良くない」とあなたは考えます。「そんなの子供だましだし、つまらなくてかっこ悪いよ!」

なるほどあなたはそう考えてこれまで生きてこられたのですね。「汝偽るなかれ」と。そうして周囲と良好な関係を築き、お子さんを設けるパートナーにも恵まれた、と。

それこそがまさにフィクション効用ではありませんか!

「嘘はだめだよ」と遠い昔、あなたのご両親は教え育てられたのでしょう。それはとても素晴らしいことです!そのおかげであなたは悩むことな健全に成長できた。しかし今、あなたはそのフィクションにとらわれて、「お子さんのためにはフィクション必要ですよ」といわれても素直に耳を貸せなくなっている。まるで遠い昔に教え聞かされたサンタ物語を、大人になっても捨てられないように。これは少々困った状態です。

遠い昔、あなたサンタ物語を話した人々は、あなた大人になって現実的判断ができるころには簡単分別が付く程度には、荒唐無稽ストーリーとしてそれを語ってくれていたのではありませんか? それは、誰かに嘘を信じ込ませ、それによって利得を得ようという「嘘」とは程遠い、あなたの成長を信じ、あなたのための無私の思いと愛にあふれた「フィクション」だったのではありませんか。あなたはそろそろその違いに気づいてもいい年なのではありませんか?

「親」という概念だってサンタと同じくらい強烈なフィクションでしょう。だからといって、あなたはお子さんに「お父さん、お母さんだって本当はただの他人なんだぜ。誰のことも心から信用なんかできないし、お前はいずれたった一人で生きていかなくちゃならないんだ」なんて言い聞かせようとは思わないでしょう? そんな「真実」を、いま言い聞かせる必要なんてありますか? そうして「親」というフィクションを演じながら、サンタというフィクション価値に気づかないことこそ、あなたいかに「フィクション」によって幾重にも守られているということの証なのではないでしょうか。

自然を愛する日本人というフィクション、親に愛される子供というフィクション子供に与えるのが愛情なら、サンタというフィクションもただ愛情のために必要フィクションなのですから、どうか恥ずかしさを我慢してクリスマスを楽しませてあげてください。

それにこのフィクション、「嘘だとばれても大丈夫」なことは請け合いフィクションなのですから

https://anond.hatelabo.jp/20171229063547

2017-10-03

なんで男性オタクあんなに堂々とできます

Why 男性オタク

堂々とというか……後ろめたくなさそうというか……俺(たち)はオタクだぞー!と出せてるのは何でなんですかね。

そりゃあ普通リア充に比べれば肩身が狭いだろうし、更に個々人ではオタクであることをひた隠したり卑下してる人もいるけど、それでも男オタ全体のノリには、女オタの「自分たちは罪深くみっともない存在……」みたいのとは違うものを感じる。

いや、男オタも自分たちキモくてみっともないと捉えたりしがちではあれど、それをむしろ自分たちネタにして面白がれたり、それどころか周囲にアピールできちゃってるように見える。

「こんなキモいこと出来ちゃう俺らwwww」みたいな楽しみ方。(多分この言い方は十年くらい前のオタク構文だろうけど今はどう言うのかわからない)

そんでその楽しみ方を、身内以外に見られそうなところでもできちゃう

オタ芸とか痛車とか、オタク系のグッズを普段使いするとかもその一種だろう。

もちろんオタ芸痛車をするのが全てのオタクではなく、むしろ男オタの中でもああいうのは白い目で見てる方が多いのは分かる。

でもあのレベルになると叩く人でも、ネットで己のオタ性を生き生きと出せていたりする。エロ垢でも鍵垢じゃないのが普通だったり。

正直、かなり羨ましい。

あいうのは一種露出や露悪の快楽みたいなもんで、周囲にとってよろしくないという話もわかるのだけど……実行はともかく攻め攻めで楽しめる精神性は、羨ましい。

精々が知り合い数人に見えるところでだけ自分キモさを出せる、というのじゃあ息苦しい。

私も、私有地だけでなく公道でもオタクアクセルベタ踏みしたい。

あるいは、「公道なのでオタクアクセルを踏まない……踏まないでおいてやるが……それは踏めないというわけではなくその気になれば私はいつでもベタ踏みできる、その能力と自信がある……だが今はそうしないでおいてやる、運がよかったなパンピーども……」みたいな精神的主導権を持ちたい。


10/04/19:32追記

自分たちマジョリティであるという感覚を笠にきて暴走してるだけだという指摘があり、確かにそういう感じもあるのだけど、それが一概にダメというよりも、むしろそれこそが羨ましい。

マジョリティであるとか、ホームグラウンドであるみたいな感覚をどうやって身に着けられたんですか。実人数で言えば男オタも女オタもそんな変わらないだろうに。

ここんとこネタにされ馬鹿にされてるイキリオタクってまさに笠にきてるスタイルだと思うけど、ああのネタで想定されてるイキリオタクっておおむね男性だと思うんですよね。

イキってるのははたから見たり成長後に見たらイタいかもだけど、当事者にとっては楽しそうだし、イキりたい。イキれるようでありたい。

あと社会性の差を指摘してるコメントもあって、これも私の感覚にしっくりくる。

オタ婚活で男オタの方がヤバい人が集まりがちって話題かにもそれを感じるし。

ただこれについても、素養がないのに無理して「化粧」して社会性を糊塗してるよりも、「社会性? 知ったこっちゃねーよフヒヒ」って言えちゃう方が羨ましい。

つまはじきにされても別にやってけるし、という自信? 開き直り? その源はどこなのだ

2017-01-25

二人の戦争体験を聞いた話

自分が「戦争はいやだなあ……」と漠然と思う気持ち根底が、この二人の体験を聞いたことによって、

戦争が人の人生を強烈に歪めるということを肌で感じたことによるものっぽいので、ちゃんと覚えているうちに一度書き出しておきたいと思う。

(1)

一人目は離れて暮らす祖母で、確か終戦10歳かもう少し上か、その辺りだったと思う。

祖母満州から引き揚げてきたそうだが、祖母の父が警察?か何かの職に就いていたらしく現地で一時投獄されていたそうだ。

警戒されにくい子供祖母差し入れとして羊羹を持っていくのだが、その羊羹の中に毎回カミソリの刃を忍ばせていたという。

そのカミソリが何用なのかは教えてもらえなかった。

祖母が住んでいた町は、ある日やってきたロシア兵に制圧されたそうなのだが、

「女だけの家があると知れると、夜になるとロシア人が数人で来て、朝になると帰るのよ」

お菓子子供を釣ろうとしていたけれど、近所のお姉ちゃんやおばさんに何をしているか知っていたから、私は一度も受け取らなかったわ」

日本に帰るために街から逃げる直前に、遂にロシア人私たちの家にも来たのよ。でも、お母さんは病気だったでしょう?妹はまだ5歳でしょう?」

俺がまだ子供だったからか、それ以上の事は語られなかったが、祖母は今もロシアが大嫌いだ。

しかしそれ以上に天皇を「コイツが余計なことを始めたせいであんな目に」と毛嫌いしているようで、今でも酒が入るとすぐに「天皇家は早く滅びろ!」と喚きたてる。

同時に、幼少時に現地の子たちと一緒に遊んでいた影響らしいが、中国韓国への親近感が非常に強いようで、

長後バリバリ左翼になって共産党に入党し、国交が本格的に再開する前から限定的市民交流として招かれて中国に渡ったりもしていたらしい。

最終的には自分人生で最も重視するもの活動のために動きやすくなろうと、子(俺の母ら)を残して祖父離婚したというから筋金入りだ。

ちなみに、祖母が漬けたキムチはめっっっちゃ美味い、そして市販品がサラダに感じるくらい辛い。ポイントはアミ(エビ)を入れることらしい。




(2)

祖母から話を聞く以前、誰かから初めてきちんと戦争体験を聞いたのは、

ノストラダムス世間が盛り上がっていた小学生の頃、「戦争体験者を探して話を聞きに行ってインタビュー記事をまとめる」という宿題が出た時だった。

大抵の子自分の家のばーちゃんあたりから「この学校の校庭で芋作ってた」的な話を聞いてきた中、

先述の祖母が遠方住まいだったので身近に戦争体験した人がいなかった俺は、近くに住んでいた清さんという90歳越えの元兵士の爺様に話を聞きに行った。

清さんから聞いた話の中で一番印象に残っているのは、

戦争の時、大陸にも行ったけど、捕まえた女の人の股に一升瓶がどこまで入るかって遊びをやって、途中で女の人が死んでしまっても笑っているような連中をたくさん見た。」

という随分エグい話だ。

まだ女性の体の仕組みもよくわかってなかった時分だけれど、淡々とした話を聞くだけでとにかくゾワゾワと怖くて、その時感じた嫌悪感は今も強烈に覚えている。

ちなみに清さんは海軍所属だったらしく

「あーいうことをやるのは陸軍ばっかりだ、陸軍はロクでもないのが混じってる。」

といったアンチ陸軍的なこともちょくちょく言っていた。

その後清さんは、太平洋戦争中に南方(東南アジア?)の島で滑走路の脇にいたところ、

戦闘機に機銃で近くを撃たれたか、すぐ近くに爆弾砲弾が着弾したか左手の指を数本持っていかれて、氷川丸という病院船で日本に帰ってきたそうだ。

当時の俺は、一番印象深かった話は少々ショックが強すぎたのか一旦記憶にフタをしていたようで、

清さんが途中途中で妙に楽しそうに話してくれた、上官に木の棒でぶん殴られる話とか、南の島で現地の人と仲良くなって食べ物を分けてもらった話とか、

魚雷回避するための航法とか、合図のラッパの話とか、氷川丸(生き残って今も展示されているらしい)の話とかを中心に無難にまとめて提出した気がする。

「私は運よく五体満足で帰ってこられた」(指ぐらいは清さん的にはノーカンらしい)「ただ運がよかっただけだ」と繰り返し言っていた清さん。

隣を歩いていた仲間が一瞬後にミンチになって自分は"たまたま"生き残ったり、

手足がもげて臓物をまき散らしながら殺してくれと懇願する仲間を拳銃介錯したりしながら、

明日自分もどうなるかわからないという地獄を繰り返し繰り返し味わいながらも、自分たちの行い・戦いが正しいものだと信じてそれを頼りに耐えていたのに、

帰ってきて戦争が終わったら「あれは全部間違いでした」と言われても、頭ではわかっても、

どうしても自分のしてきたことや仲間の死の存在が大きすぎて、90歳を超えてもまだ心で受け入れられない、と仰っていた。

戦争はよくない、あんな思いをこれから若者たちにさせてはいけない、ということを強い口調で語る一方で、

天皇陛下万歳」と唱えると、先ほどまでパーキンソン病で若干フルフルしつつ話してくれていた温和そうなおじいちゃんが、別人のように背筋がピンと伸びて腕を振り上げよく通る声を出す様子や、

軍歌やラッパの音の入ったテープを何本も持っていて、今でも毎日聞いてしまうのだと言っていた清さんの様子を今になって思い返すと、

しかすると清さんの戦争は、戦後50年以上経っても、まだ終わっていなかったのではないかという気持ちになる。

2017-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20170110142727

と言われても、稼ぎのある男から求婚されて結婚した主婦なんで…

共働きの方がよっぽど難易度高いと思うわ

本当は共働きたかったんだけど断念した

(ああ子なしとか子供の成長後パート再就職とかそういうのは除いてね)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん