「刃牙」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 刃牙とは

2022-05-11

範馬刃牙

グラップラー刃牙

刃牙道』

『バキ道』

『バキ』

シリーズものタイトルは何作目かわかるようにちゃんとつけろ、シバくぞ

anond:20220511095839

いちおう、カイジ刃牙最初のやつ単体のつもりで入れてる。どっちも三作目くらいまでは結構好きだけど。

でもジョジョは8部まで込みのつもりで入れてる。あえてどれか選ぶなら4部。

2022-05-05

はてなーコロコロコミック漫画をまともに読めない

[B! 漫画] ぷにるはかわいいスライム 第9話 / ぷにるはかわいいスライム - まえだくん | 週刊コロコロコミック

ぷにるが変身するときメラニンスポンジを使っている理由、そして底に隠れた二重のギミック理解できていない。

まずはてなーアンテナが弱いので「シャキシャキスライム」という概念を多分理解できてない。

シャキシャキスライムとはスポンジにスライムを浸透させることで硬めのシャーベットのような状態を作り出し、シャキシャキした手触りや切り刻んだときの音を楽しむスライムだ。

今回ぷにるがシャキシャキスライムに変身するのは以下の理由がある。

・「シャキーン」と「シャキシャキ」の語呂合わせ

・シャキシャキスライムは切って楽しむ→チャンバライメージ

オチで斬られて戻らなくなるシーンへの振り(シャキシャキスライム本体がスポンジの方にあるため切るとうまく戻りにくい)

はてなーよ、果たして全ての流れが読めたのだろうか?

俺は多分全部は読めてないと思います

スポンジと合体することのもう一つの理由

ぷにるは普段女の子身体をしているが、今回は男になっている。

男の子女の子で違う所はどこだろう?

正解は股間の海綿体である

海綿体とはすなわちスポンジである

はい答えはでましたね。

完全に下ネタです。

ここで「メラニン」という書き間違いの伏線が回収されます

そう男の子のスポンジはメラニンを含んでいるのですが……それがどういった効果を及ぼすのかはあえて言いません。

まりぷに王子は黒くて大きいキングサイズの海綿体を股間に宿した男の子なわけですね。

さんちゃんとここまで読んであげてますか?

はてなーはすぐ相手を見下して軽く見る

メラニンスポンジというたった一つのパーツから派生するこの無数のギミック

これこそがぷにる第9話の核に当たるわけですが、はてなー刃牙パロディに目を奪われてそのうち半分ぐらいしか拾えませんでした。

何故こんなことになるのか?

それははてなー自分達は優秀でコロコロ漫画ぐらいなら目をつぶっても読解できるという驕り高ぶりがあるからです。

他人上から目線ケチをつけるのを繰り返すウチに謙虚気持ちを失っているのですね。

気をつけてほしいものです。

同じ村の住民として恥ずかしい限りですよ。

2022-04-20

意識高い系ラーメン

スタバMacbookを使って仕込み

SNSで仕込みの様子を妙なポエムを添えて発信

・おいてある雑誌コンビニ本の刃牙じゃなくてビジネス書

オプション頼むと「日本人ってそういうの好きですよね」とか言われる

・「うちで使ってる麵を作ってる製麺所は〇〇って有名店にも麺を卸してる」とか言い出す。

・店は出してない

2022-03-29

anond:20220329110804

いやでも鼓膜が破れることもあるし・・・

刃牙で読んだけど

2022-03-06

ふと思ったんだけど、たんに刃牙気の抜けたコーラが好きだったからじゃないのかな

俺は好きだ。

大好きだ。

あと、コーラグミが大好きだ。

2022-02-24

anond:20220224151801

勝ってない

勝った勝ったと刃牙の弱海王みたいに言い張ってるだけで

2022-02-17

刃牙シリーズこそ一番多様性に富んでる漫画じゃない?

白人黒人アジア人

人種なんて関係ない、強い奴が正義で一番かっこいい

こんな多様性作品他にあるか?

anond:20220217173221

俺も思いつかんな。

たとえばだけど、「犯罪行為によってJリーグ永久追放されたプロサッカー選手」がいたとしてソイツがサッカーで飯食うことって出来るのだろうか?

コーチやるにしても子供に教えようにも元犯罪者の時点で親御さんの評判が悪くて売上が落ちるから誰も雇ってくれなそう。

個人的スポンサー募集してなにかやろうにもそもそも活躍の場がないと思う。

プロ選手に野良試合を挑んでボコってる様子を配信する迷惑Youtubeかぐらいか

でもよっぽど上手く立ち回らないと名誉毀損で訴えられたりしそう。

つーかそんなんで下手に有名になったら家が刃牙ハウスになりそうだわ。

逆にゲーム世界だったら「個人コーチやります」とか「アカウントレベル上げやります」とかでヒッソリ食っていけそう。

スポーツ世界だとそういう個人コーチ業とか代理レベル上げとかがないから厳しいんちゃうかな。

ああ例外として将棋麻雀場合は賭けで食ってけるわ。

スポーツも賭けで食ってきゃ良いのか。

でもそれが有りならゲームも賭けで食ってく手がありそうだな。

真っ当に生きるのを諦めたらどんな業界でも独り立ちは可能じゃん。

まあ通報で即アウトかこれわ。

2022-02-12

男の子人気』で歴代No.1なのはやっぱり鬼滅でも東リべでもなくてワンピースなんだよな

少年誌青年誌なのに可愛い顔のヒョロいイケメン出して女の子のワーキャーブーストで売り上げ伸ばしてそれって本当に上に立ったって言えるのか?

「女人気を振り落とす」係数をかけたら鬼滅や東リべなんてワンピどころかジョジョ刃牙にも及ばんだろ

なーにがマイキービスケット・オリバの方が百億倍かっこいいわ

2022-02-08

鬼滅の刃10話の爆発と廃墟となった街並みを見ていて京アニ事件を思い出した

血まみれの主人公茶色く焦げた周囲の建物、赤い炎

けがしてるように見えても主人公らはノーダメで、今後も最終回まで物語は続き、主人公は派手なアクションを続けるのかあ

刃牙を見ていても思うが回復魔法がある世界観じゃないのに非現実だよな

生モノ怪我を抱えた丹次郎が同期生や後輩に託す場面を描かないかリアルじゃない

刃牙の強ボスvs刃牙軍対決式ってやりにくくない?

俺は花山薫とかオリバが活躍するところみたいのにボス1人式だと刃牙裕次郎に勝たせなきゃいけないからその辺りがかませ化しちゃうじゃん

最強トーナメントとか死刑囚偏みたいなのしてくれよ

2022-02-07

anond:20220205220729

追記

いや、「ジョジョ人気なんてなかった」って言いたいわけじゃない。

これは書き方が悪かったけど。


絶対数でいえば、読者は(隠れも含め)大勢いただろう。

バオーの頃から根強いファンがいたのも知ってる。

言い訳じゃないが、6部の時点で80巻の漫画だし、こういうのは書かなくても当たり前に伝わる部分だと思った)


だけど相対的には、他のジャンプ漫画が「圧倒的多数派」でジョジョが「少数派」っていう立ち位置だったでしょ?

ジョジョの話をするとき、「日陰者」の意識はあったでしょ?


ネットで「お前も好きだったのか!」ってなって連帯したり、反動で盛り上がるのは全然いいよ。

ネット流行ったのも「そういうキワモノ感」の反動はあるだろうし。

刃牙シリーズだって今じゃ知らない人はいない大人気作だけど、「バキ」のころなんて、普通に「バキかあ。。(そもそもチャンピオンかあ)」って空気だっただろ。

テキストサイト面白枠」だっただろ。

既に40巻以上続いてる漫画だったけど。


で、元々のファンは「少数派の意識がある故」、荒木が変なこと言ってても「まあ、荒木先生だし」って大目に見るスタンスだったのよ。

逆に、「荒木瑕疵があること」なんて前提でしかないのよ、そういう作者だから

ゆでたまごファンと似たようなもんだよ。


あれだけ現代イラストレーターポーズを数えきれないほど「丸パクリ」しておいて、

ジョジョ立ちの起源ルネッサンス芸術で~ミケランジェロ彫刻が~」とか豪語する人間だぜ。

カーッ、荒木先生今日もトバしてんねい!ってのが「ファンとして正しい対応」だろ。


でもそういう「荒木は信用ならない人」というファンにとっての常識が、いつから通用しなくなったでしょ?


元々のファンは、「荒木は平気でパクリもやるし、それを開き直るし、発言は一貫しないし、展開は適当だし、そのくせインタビューでは大見栄を切るし、全然褒められた人間じゃないんだよ。。」と思ってるのに、

しろその破天荒さや恥ずかしさも含めて魅力だと思ってるのに、


今じゃ真面目な顔して「さすが荒木先生」と褒め讃える奴しかいないじゃん。

荒木先生がパクリ?あれはパクリじゃなくて~漫画におけるアイデアの借用は一般的なことで~」とか、したり顔で「擁護する奴」ばっかりじゃん。


そういう話をしてる。


ネットにおける「パクリトレース騒動」がいつ発祥かはわからないけど、おそらく初期と言っていい2000年代からジョジョはその俎上に上がってた。

おれは心あるジョジョファンとして当時のことを証言するけど、

そのとき、「ジョジョファン荒木だけは擁護して、冨樫義博を叩く」という分岐点光景を目にした。


当時のネット空気を覚えてる人もいるだろう。

今では考えられないけれど、富樫は「貶していい存在」だった。

一時期のBLEACHとまでは言わないが、とにかくネットでは「叩いていいもの」扱いだった。

そんで、「富樫のパクリは叩いていいけど、ジョジョパクリは何が何でも認めない」みたいな、俺からしたら意味の分からない連中がたくさんいて、荒木擁護・富樫disに連日邁進していたんだよ。

どっちも同じようなパクリをしているのに、「ジョジョ絶対擁護」という気色悪いダブスタ披露していた。

理屈」では擁護できないジョジョを無理やり庇う流れが、確実にあった。

その流れが、現代ネットに続いてると思ってる。


だって、今なんて荒木発言を「ネタ」として楽しむ余裕がまったくないじゃん。

ネタ扱いして突っ込み入れたら、「著作権とは~」って急に大上段の話をしはじめるじゃん。

おいおい、俺たちは「荒木飛呂彦」の話をしてるんだぜ?って思う。


それが通用しないから「神格化」と表現した。


後追いのジョジョファンには届かないかもしれないが、昔からジョジョを好きだった人間はいくらかは通じる話だと思って長文で追記した。

失礼。


追記終わり


この辺、荒木ジョジョ擁護するために急激に神格化が進んだよね。

からジョジョファンだと、温度感が変わったのがわかると思うけど。

ネットパクリとか色々指摘され始めた頃からジョジョ世界中で認められてる素晴らしい作品なんだアピールが妙に強くなったよね。

芸術理解のあるインテリ荒木先生はすごい人なんだ!みたいな、信者を増やして批判を減らす方法っていうか。

ジョジョなんて読んでる奴は少数派」「ジャンプの後ろに乗ってる気持ち悪い漫画」というリアル体験がないファンも増えた。


元々は荒木飛呂彦って適当なことばかり発言してたので、ファンからも「はいはい荒木先生、荒木先生」って扱われるのが共通認識だった。

それがいつの間にか「人間賛歌…!流石荒木神…!」みたいな、荒木発言自体を本気で受け止めて、祀り上げる連中が急増したんだよね。

ジョジョなんてご都合主義連続で、人間中心主義じゃ全然ないだろ!)

パクリに関して言えば、

「死んだ人間のまねをするのがオマージュ、生きてる人間のまねをするのはパクリで、パクリダメだ」って堂々とインタビューで言いながら、平気で「生きてる人間の真似をしまくってる」のが荒木先生クオリティですよ。

本来、「はいはい荒木先生、荒木先生」って扱うべき人物なんだよ。

マジでジョジョ荒木神格化したネットは最悪だと思う。

2022-02-06

Netflixで消化してる作品

外出しにくいから次コロナ落ち着くまでの期間限定Netflix契約することにした

海外ドラマとか韓国ドラマとかの話題作は「平日はこの作品1話だけ見て休日は2話で~」ってなんとなく自分ルール決めて見てるんだけど、半分義務化しちゃってる感もある。

刃牙とかジョジョとかそういうのはそういうルールはガン無視でどんどん次の話見ちゃう

やっぱ日本人少年の魂が心の底みたいなところに染み付いてるんだわ、進撃の巨人ジョジョ刃牙海外話題作もいっぱい多いけど結局一番面白いのはこういうのだなんだよなって。

愛の不時着なんかじゃ男の子の魂は震えねえよ。

2022-02-01

正直梨泰院クラスとかイカゲームとかって言うほどじゃない?

最近韓国エンタメが凄いそれに比べて日本は……」って卑下する意見よく見るけど、

普通に刃牙とか銀英伝とか進撃の巨人とかそういうのの方が面白くない?

2022-01-31

刃牙トーナメント最下位

って誰か考えてみよう。と仕事中に思った。

自分に勝ったやつが2回戦ですぐ負けるとがっかりするけど、要するにそれを極限まで考えてみればいい。

まり刃牙に負けたジャックに負けた渋川に負けた独歩に負けた天内に負けたバランスの良い山本選手、または勇次郎にモッキリやられたジャガッタシャーマン最下位ってことだ。

スッキリした。

2022-01-21

anond:20220121122257

しょせん虚構なのにマッチョじゃないとダメとか意味不明なことにこだわる人がいる

刃牙なんて明らかに超能力者人間身体で出来ない事をやってるのに、アンガールズみたいなのを主人公にしたくないらしい

2022-01-20

文系研究者だけど例のオープンレターには署名しなかった【追記あり

理由はいくつかある。

さらっと献血ポスターバッシングへの賛同させようとしてるのずるくない?

例のオープンレターにはこんな一節がある(以下、引用者による省略は[ ]でくくって示す)。

[……]たとえば性差別的な表現に対する女性たちから批判を「お気持ち」と揶揄するのはその典型です。[……]

これって、発端の先生が熱心に「高い倫理」について論じてらした宇崎ちゃん献血ポスターへのバッシングのことでしょ。もちろん他にもあるのかもしれないけど、メンツ見たら「あ、あの件」ってわかる人にはわかるよね。

これまで赤十字が(女性向けゲームも含む)色々なコンテンツコラボしてきて『宇崎ちゃんは遊びたい!』とのコラボはその一環だったという経緯、「売血」を問題視しておきながら10献血すればおしゃれな杯がもらえたりモーターショーで献血すると限定トミカがもらえたりすることには一切言及せずオタク向けコンテンツとのコラボだけをことさらにあげつらう偏り、ポスター擁護派へのバーレスクやらを持ち出した煽り、このあたりにめちゃめちゃ腹が立ったので今でも献血ポスターバッシングに加担した人たちのことは許せてないんだけど、こういうふうにさらっと書かれたらこういった経緯を全然知らない人はスルーしてそのまま署名ちゃうでしょ。

このオープンレター賛同したらあの献血ポスターバッシング賛同することになる以上、当たり前だがポスター擁護派の増田署名なんてできようはずがなかった。

男へのセクハラはいいんですか?

オープンレターの発起人の中には、「金田淳子 やおいボーイズラブ研究家」という方がいらっしゃる普通賛同署名ではなく発起人の欄に書かれているので、お名前勝手に使われたのではなく紛れもないご本人だろう。

そうすると、ご自分過去言動についてはどう思っていらっしゃるのかなというのは気になるところだ。では、ここで2019年金田氏が自著の出版に際してなした発言を見てみよう。

[……]板垣先生秋田書店さんは本当にアナルが広いですよね。

なるほど、「ケツの穴が小さい」という慣用句にかけた性的ジョーク披露なさっている。ところで、板垣恵介氏は金田氏の以前からの親しい友人というわけではなく、『刃牙』を元ネタにした書籍の発刊にあたって許諾を取ったという関係の、いわば仕事相手であろう。ということは、金田氏は仕事相手に対してオンラインメディアで多少性的ジョークを言うのくらいは別に構わない」という立場を採っていらっしゃるわけだ。それ自体ひとつの見識であろうと思う。人には表現自由というものがある。しかしそのような立場の方が、オンラインでの「遊び」に対してNOを突きつけるオープンレターの発起人に名を連ねていらっしゃるというのは、なかなかに興味深い事態ではないだろうか。

なお、マイノリティということで言うなら、男性同性愛者が苛烈差別さらされているマイノリティであることに異論はなかろうと思う。ところで、BLやおいという文化は、彼らを性的に客体化し、消費するものであり、もしも女性を「性的消費」することが女性差別的な文化であるなら、男性同性愛者のセクシュアリティを消費しているBLやおい文化もまた、男性同性愛者への差別にあたるはずだ。個人的には性的客体化も性的消費も好きにすればいいしそんなのは差別ではないと思うので、女性性的客体化した表象問題ないのと同様に、男性同性愛者を性的客体化することを楽しむジャンルであるBL問題ないと考える。しかし「性差別的な表現」を批判するオープンレターBL肯定的に捉える立場BL研究者が参加しているというのは、「もしかしてBLのことを性的客体化だと認識してないんですか?」という深刻な問題惹起するだろう。

追記金田氏の過去発言について、『ユリイカ』での荒木飛呂彦氏への発言が取り沙汰されることがある。荒木氏本人に向けて「ディオは[……]何百人もの男たちに慰みものにされてきた」という発言を行った箇所だ。しかしこれはある作品解釈を論じているという文脈であり、作品解釈を著者に向けて披露することが直ちにハラスメントということにはならないはずである板垣氏へのアナル発言のように著者本人の身体部位をからかいの種にしたわけではない(なお、アナル云々について「謝罪はされている」という指摘はあるが、「『アナル』の多用」についての謝罪であったので、「仕事相手に向けて性的ジョークを言う」ことそのものへの謝罪ではないように思われる。もちろん氏には「仕事相手に向けて性的ジョークを言ってなにが悪い」と主張する自由がある)。漫画作品はいくつもの解釈があり得、その中には性的解釈も当然あるだろう。もしも金田氏が本気でそのような解釈も成り立つと考えているのなら、それを著者の前で論じたとしてもなんの問題もない。男性研究者がある少女漫画――そう、忘れられがちだが『ジョジョの奇妙な冒険』は少年漫画なのである――について「このキャラは男とヤりまくっていると思う」と女性の作者に向けて発言するようなものだろう。仮にそのような解釈が成り立つなら、そういった発言も許されてしかるべきである、と、ゴリゴリの人文系である増田は考える(文学作品解釈において「作者の気持ち」には何の意味もないことはもはや常識であろう。作者本人にとっていか不愉快解釈であってもそれが成り立つことはあり得るはずだ)。

そもそもそれはアカハラなのか

問題発生当初から、周囲の研究者があれはアカハラだと言っていたことに非常に大きな違和感があった。なるほど中傷した人もされた人もどちらも博士号を持っていて、大学に職を得ているアカデミアの住人ではある。しかしそれは「アカハラ」か? 中傷された人は、中傷した人と何らの面識もなく、大学学会等での関わりもなく、そもそも専門分野がまったく違っていた(日本中世史と英文学って、分野も対象地域も違うから出身大学院や勤務先が同じでもない限り基本的には接点がない)。さら中傷した人は、大学准教授以外にも作家弁護士といったアカデミアとは無縁の人に対しても中傷を行っていたことが明らかになっている。

そうすると、これは単に「リベラルフェミが嫌いなネット民が、リベラル派やフェミニストの言論人に対して中傷を行っていた」という案件ではないだろうか。たまたまネット民言論人の双方が博士号アカポスを持っていただけで、本質的にはアカデミアの問題とは思えない。だから問題がないと言っているわけではない。例のオープンレター増田には帰宅途中の銀行員が夜道で財布を奪われた事件を『銀行強盗』と呼んで行員の組合が抗議声明を出している」ように見える。いや、確かに銀行員強盗被害に遭ってはいるけど、それを銀行強盗とは呼ばんやろ……

同じ基準他者にも適用すべきだ

そう、発端の先生学者であると同時に言論人でもある。いくつかのオンラインメディア社会評論的な記事を書いておられる。そのこと自体にはなんの問題もない。学者自分の専門知識を活かして言論人として活躍するというのは表現自由であり、なんら制約を受けるべきではない(呉座勇一氏も似たような立ち位置だったといえる)。

しか言論人というものは、しばしば見ず知らずの人から口汚く罵られたりあてこすられたりするものだ。たとえば百田尚樹氏は、ご自分社会評論を発表したことで、非常に大きなバッシングに遭っている。当然それにはなんの問題もない。百田氏の思想や彼の著作を気に食わない人は、たとえ百田氏となんの面識がなくとも、彼のことを痛烈に批判したり、事あるごとに彼の名前を出してあてこすったりするだろうし、それは表現自由に属する(「百田尚樹クソッタレ極右だ」「ウィキペディアを参考にして本を書くとか、百田尚樹かよw」「コピペは許されないだって? 百田先生への悪口を言うのはやめてさしあげろ」etc...)。もちろん、性差別容姿差別はたとえ相手百田氏だろうと許されるべきではないが、出版された著作に基づくこの種の批判を浴びるのは仕方ない。

これらの罵倒や当てこすりになんの問題もないと思うなら、同じ判断基準を他の言論人にも適用すべきだろうと増田は考える。増田は、百田氏に対するその種の批判表現自由範疇に属するものだと思う。したがって、件のオープンレターには賛同できなかった。

署名の偽造が起きてしまうのはまあ仕方ない

昨今騒がれている署名の偽造については、もちろんオープンレター発起人に悪意があったわけではなく、悪意を持った何者かによる悪戯であろう。そこは同意するし、悪戯被害に遭って気の毒に思う。

しかし、研究者同士のメーリス回覧するとかではなくグーグルフォームで広く署名を募った以上は、そういう愉快犯が紛れ込んでくることはどうしたって避けられない。これはネットでの署名活動にまつわる常識であろう。したがって普通は、ネット署名は「○○筆の署名が集まりました!」とだけ広報し、第三者はそれを1割から2割ほど差っ引いた数字で捉えるものだろう(たとえば、7万筆ほど集まった署名なら、まあ6万人くらいが署名したのかな、と捉える)。

アカデミアに関する抗議声明がしばしば組織大学学会)の名の下で行われる理由ひとつは、その声明信憑性を持たせるためだ。信憑性を持たせるためにはある程度の権威主義必要になってくる。今回の場合、たとえば大学などの組織が発行したメールアドレスから送信された署名のみ受け付けて、フリーメールアドレスから署名は弾く、というような手法も考えられた。ところが「マイノリティの声を拾い上げる」というのを信条にしている研究者諸氏は権威主義が嫌いなので、アカポスを得られていない研究者はどうするんだ、とか、在野で活動している人はどうするんだ、といった配慮をしてしまったのだろう。その優しい配慮学会運営などでは必要ものだが、今回はそれが裏目に出てしまった。不幸な出来事だったと思うが、しか信憑性を確保できない以上、ここは個々人の名前を出すべきではなかったのではないか。「○○筆の署名が集まりました」で十分だろう。次からの教訓にしてほしい。

追記】Q. なんで増田に書いたの?

A. 論文の締め切りが守れてないのにまったく関係ない内容の長文を実名で書くのめっちゃ気まずくね?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん