「吃音」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 吃音とは

2022-06-21

マスク時代が終わりそうで吃音としては戦々恐々としてる

吃音にも色んなタイプがあるが、ワシは無声型

鯉が餌欲しさに水面で口をパクパクするじゃん?あんな感じになる

その音の形に口を開いても音が出ない

マスクがあったら、こいつ、もごもごしてんなで済むんだけどマスク時代が終わろうとしている今

自分普通に発音できる物しか注文できない世界が来てしま

マスクをし続けようか、ワクチンは打っていないのに、変なの

コンビニホットスナックが好きなんだけどアレが一番難しい

番号でもなく、商品名は長く、メニューを指さして注文も出来ない

ファの発音は全く問題ないのでファミチ時代の到来だ

2022-05-07

どうせアベが吃音ならネタにして一生分笑ってたろ

都合のいい時だけ反差別がどうとかわめいたってね、所詮その程度の底の浅さなんですよてめーらは

anond:20220507140839

吃音者が語る言葉に対して「すすすすみませせせんwwwししししししつもんがあああああありますすすすすwwwww」と吃音をわざとらしく真似したちょっかいを入れるようなことをやたらとしたがる。

まさにそのとおりだ。

だがそれをやるのがはてなブックマーク存在意義だろう?

社会でそんなことをしたら爪弾きにあうので、そういったクソガキみたいなムーブをしたい欲求は溜まっていく。

金があるならキャバクラスナックで金を払っているという優位性を盾にそういったクズムーブをして発散できる。

だが金もなければ生身の人間の前で強気にも出れない哀れな人間は、インターネットでそれをやる必要がある。

そのための器として選ばれそのおかげで伸びたのがはてブだろ。

はてブ大人幼稚園なんだよ。

幼稚園児に「大人になれ」と語っているやつの方が恥ずかしいだろ。

ブクマカ大喜利ってつまりは「相手冷水をかけることでマウントを取る」っていうヤンキームーブしかないんだよな

国道沿いに住むマイルドヤンキーを笑いがちだが、ブクマカ日常的にやっていることこそがヤンキーのそれ。

話の主導権が自分たちにないと我慢できない聞き下手の集合であるがゆえに、一言目で相手の揚げ足を取ったら話を茶化し見せることで主導権を取り、ついでに相手の話そのものを嘲るようにすることでマウントも取る。

吃音者が語る言葉に対して「すすすすみませせせんwwwししししししつもんがあああああありますすすすすwwwww」と吃音をわざとらしく真似したちょっかいを入れるようなことをやたらとしたがる。

精神年齢が小中学校の頃から成長していないのだ。

成長していないから、自分たちイジメを繰り返しているのに、他人イジメに対しては平気で批判できるのだ。

自分自分客観的に見て、正しく恥を知ることが出来るまで精神年齢が発達せず、幼児的な恥のイメージの中でいつまでも暮らしいるから、いざそれを指摘されると顔を真赤にして言い訳を繰り返すのだ。

惨めすぎるだろ?

いい加減、成長してくれ

2022-04-19

男でもオレのように吃音で舐められやすいと初対面でも男女から攻撃されるぞ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/party_othman/status/1515978986979196929

ボランティアイベントの手伝いに行った先で、初対面の女性からキモいと言われたこととかざらにあるからな。

女性 vs 男性 ではなくて、弱者 vs キチガイ という枠組みを理解してくれ。

女性弱者として舐められやすいのは認めるけど、男性からといってキチガイ側に分類するのはやめてほしい。

2022-04-15

最近読んだBLではない本と、関連BL本・関連するがBLではない本。(ネタバレあり)

 けっこういい感じに分厚かったけど、半日没頭して読んでしまった。

流浪の月』(凪良ゆう)

 来月辺りに広瀬すず松坂桃李の主演の映画が公開されるし、TSUTAYAに行けば売れ筋ナンバーワンとしていっぱい平積みされているので、わざわざ私が紹介しなくてもいい気がするが……。

 著者の凪良ゆう先生BL小説家としてデビューした人気作家。数年前からBLレーベル外の小説も書くようになった。『美しい彼』『わたしの美しい庭』『滅びの前のシャングリラ』など著書多数。

あらすじ

 主人公の更紗(さらさ)は、風変わりな両親に愛され、自由奔放で健やかに育っていた。だが、平和な日々は突然瓦解してしまう。天涯孤独となった更紗は伯母の家に預けられたものの、普通の家庭に馴染むことが出来ない。居場所のない彼女放課後、独りきりで公園に行き、ベンチに腰掛け読書をして時間を潰すようになる。

 公園には更紗以外にもう一人、ベンチの常連がいた。更紗の学校の友人達からは「ロリコン」と呼ばれる、痩身の若い男。彼は毎日、暗い目で女児達の姿を追っていた。

 更紗が伯母の家での暮らし限界を感じた夕方、これまで更紗に対して無関心を貫いていた「ロリコン」が彼女に近づいてきて……。


増田感想ネタバレあり)

 ざっくりと言えば、かつてTwitterとかでフルボッコにされた伝説の『幸色のワンルーム』(はくり)みたいなストーリー。傍目には、猥褻目的誘拐犯に性犯罪被害者が懐いてしまストックホルム症候群しか見えないけれど、実は訳ありのお兄さんが虐待を受けている女の子を救い、それをきっかけに強い絆で結ばれ、唯一無二の関係性を築いた二人の物語

 なんか物議を醸しそうな筋書きだけど、今のところ『幸色のワンルーム』のようなボコられ方はされていなさそうだし、これからもそうはならないかもしれない。

 ただ、レビューを見てみると、猫も杓子も作者が読んで欲しいように読んでいるというか、「事実真実とは違うということがわかりました。わたし無理解から他人を傷つけないように気をつけてようと思いました」と多くの人々が判を押したように書いていて、道徳時間小学生じみていて、うすら怖い。一体どうした、みんな真面目か。

 まあそれは置いといて。『幸色―』よりは好意的に受け入れられているっぽいのはたぶん、そもそも挿し絵無しの小説なので、女児可愛い言動性犯罪被害を描いてもそれを「性的消費」目的で書かれたとは思われ難いというのがあるのかなと思う。それに、物語全体のうち、被害者女児誘拐犯の暮らしが書かれた部分はそんなに多くない。それより、更紗が事件以来、15年の歳月をどのように生きてきて、現在はどんな風に暮らしているのかに多くのページが割かれている。そして、更紗が性的虐待を受けている場面や、彼女にとってはしんどいだけの性行為の場面は、心情はリアルに書かれても行為のものは生々しく描写されはしないので、虐待描写オカズ化は防がれている。そういう意味では安心

 未成年略取という犯罪に夢見すぎという批判はあると思う。だがそれも罪を犯した文(ふみ)の内心が吐露される章で緩和されるのかな、たぶん。

 現実にも起こりうる、子供被害に遭う犯罪とその冤罪当事者しか真実は知らないはずなのに憶測が飛び交い、被害者加害者ともにオーバーキルとなるほど晒し者にされ平穏日常生活を奪われ追い詰められること。そういうことを物語ネタとして取り上げることの良し悪し。それについて私自身がどう思うのかといえば、良しとも悪しとも言えないなぁという歯切れの悪いことを言うしかない。

 個人的好き嫌いのことをいえば、センシティブネタほど「逃げの一手」を打たない方が好き。例えば近親相姦もので実は血が繋がっていなかったのでセーフでしたとか、小児性愛者が未成年略取の罪を犯したと思ったら実はそいつ小児性愛者ではなかったのでセーフでしたとかいうのは、何がセーフじゃ甘えんな! もっと業に正面から向き合えと思う。

 『流浪の月』はどうだったかといえば、文は実は小児性愛者ではなかったので、そういうとこは私のあまりきじゃないものの類なんだけれど。だってたぶん多くの読者が「更紗と文にはこれからは静かなところで幸せ暮らして欲しい」とレビューに書いているのって、文が「安全な人」だとわかったからで、もしもまじもんの小児性愛者だったら同じ感想が出るか? っていう。なんていうのか、結局は罪を軽減して世間並に受け入れられるレベルまで物語引き下ろした感が出てしまうというか。それで事実真実は違うよねーと言われてもなって感じがする。

 だが、文がなぜ自らを偽ってまで小児性愛者のふりをしてきたのか、その事情と心情があまりにも切々と書かれていて胸を打たれたので、私の個人的好き嫌いとかどうでもいいかもう、と思い直した。

 事実真実は違う。人それぞれに抱えているものがあって、それを他人が何も知らない癖に常識だのなんだのを笠に着て叩くことが許されようか? 本作のテーマはそんな感じだが、幼い頃の更紗を育んだ家庭や、大人になった更紗に関わる人々などを、更紗が許容するもの・拒絶するものに、そうは言ってもな……とちょっと疑問が残るようになっているところが良いと思った。

 たとえば、母親が無理をせずに幸せであることは大切だとして、更紗は彼女自身母親や、同僚の子持ち女性自由奔放ぶりを許容する。ところが更紗の母親と同僚女性は娘の物分りのよさに甘え、自分恋愛にかまけて娘を放置するという全く同じ行動をする。だが、その結果は大きく異なる。更紗は母親に遺棄されたせいで理不尽辛酸なめることになったが、同僚女性の娘は放置されたものの完全には棄てられず、それが切っ掛けで更紗と文という年の離れた友人に出会い精神的に救われることとなる。同僚女性は更紗と文という協力者を得たお陰で、娘を遺棄せずに自分人生も大切にできたとも言えるかもしれない。同じ事が起きても結果は違う。これを人それぞれと言うか、そんなんただの運だから最初からちゃんとしているに越した事はないと思うか。現実としては、周囲から親にかけられるプレッシャーのお陰で子供が守られているという事も、往々にしてあるが……? などと、ちょっと考え込んでしま余地が読者には与えられている。

 一方で、更紗はDV気質のある恋人の亮のことは、交り合うところが一つもないと拒絶し切り捨ててしまう。亮がなぜDVを止められなくなってしまったのか、その理由を知っていながら、理解共感彼女拒否するのだ。母親が我が子を遺棄することには同情すら示すというのに、DV男はどんな事情があれどもダメであるというアンバランスDV男は許してはならない、そんな奴からは早急に逃げるべきだというのは正しい。ここを違えたら今時の読者には受入れられないのは想像に難くないが、世間へのご機嫌取りとも思えない、あえての偏った描写なのだろうか。と、ここにも悶々と考えさせられる余地がある。

 また、他人無理解によって苦しめられてきた更紗もまた無謬の人という訳でもなく、無邪気な思い込みで発した一言で文を深く傷つけたのに長い間気づかず、文の真実を知らないままであった。それは、読者が安易に更紗と自己を同一視して気分を良くするだけにとどまるのを阻んでいる。更紗が文の真実を知った時、それまで更紗と一緒に被害者意識を持って、解っていない人々を糾弾出来る立場にいたはずの我々は、自分達が解っていない人々と同じ穴の狢であることに気付かされ、ショックを受けるのだ。

 後半、読者目線では余裕で予想できる破滅的な結末に向けて、更紗と文が善意ちょっとした人としての良識を発揮したせいで転がり落ちてゆくところは、はらはらしてつい目が離せなかった。それはダメだ、善意でもやったらいけないやつだと、更紗達を批判することを、圧巻の心理描写妨害してくる。簡単に教訓を得ていい気分になって読み終えることを許してはくれない。それがこの小説のすごい所なのかなと思う。

 にも関わらず、レビュー者が判を押したように教訓を得た事ばかりを書くのは、この小説安易共感を読者に許さない、熟考を強いてくるからなのかもと私は思った。そう易々とは自分意見を書くことが出来ないから、かえってテンプレみたいな感想を書いてお茶を濁すことになるのだ。


さて、以下は凪良ゆう先生BL作品の紹介と、『流浪の月』とテーマが似ていると思う作品とかの紹介。

『美しい彼』(凪良ゆう)※BL小説

 主人公平良吃音を持っているせいで上手く喋ることができず、学校生活の中ではスクールカースト底辺に追いやられていた。両親に心配をかけることを畏れた平良は、イジメターゲットにならないように極力目立たぬよう、息をひそめて暮らしている。

 そんな平良は、高校二年の新学期、同じクラスになった清居(きよい)に一目惚れをしてしまう。清居はスクールカーストの頂点に君臨し、陽キャの面々に一目置かれながらも孤高にマイペースを貫く、まさに王者である。そんな清居とそのしもべ達から奴隷のようにこき遣われる平良だったが、清居が気まぐれに差し伸べる暴力的な救いの手や、逆境ものともしない凛とした姿勢に心酔する。やがて平良は、清居の一兵卒から立派なストーカーへと進化していくのだった……。

 凪良ゆう先生BL小説のなかでたぶん最も人気のあるシリーズであるイジメ被害者加害者カップリング主人公平良と、平良に惚れられた清居、それぞれの視点によって相手人間性共通体験についての見方ががらりと変わる。事実真実は違うとはまさにこのこと。

『にいちゃん』(はらだ)※BL漫画

 幼い頃、近所に住む「にいちゃん」に遊んでもらっていた、ゆい。彼はにいちゃんのことが大好きだった。ところがある日、にいちゃんが奇妙な遊びに誘ってきた。怖くなったゆいは、にいちゃんの部屋から逃げ出した。そこへゆいの母親鉢合わせたことにより、にいちゃん逮捕されてしまう。

 数年後。高校生になっても、ゆいはにいちゃんのことが忘れられず、親には内緒でにいちゃん行方を探していた。そして遂ににいちゃんと再会を果たしたゆいだったが、にいちゃんはゆいを怨んでいた。にいちゃんはゆいを拘束して動画を取り、それを脅迫材料として、ゆいを呼び出し、苛烈性的虐待を加えるのだった。


 ほんもの小児性愛者でしか性犯罪者の大人と、ストックホルム症候群高校生のカップリング虐待描写があまりにも凄惨で心を折ってくるので、性描写ゴリゴリにあるが抜けないエロ本みたいなことになっている。ヤバい奴に雁字搦めにされてしまった状況での愛は偽りなのかもしれないが、渦中にある本人にとっては本物に見える。その様を綺麗事なしに描写した怪作である


『私の男』桜庭一樹

 腐野花(くさりの はな)は、恋人との結婚をもって養父の腐野淳吾の手を離れることになった。花は幼いうちからまだ年若い養父性的関係を持ち、そしてもう一つ、誰にも言えない秘密を淳吾と共有していた。

 そんな花と淳吾の暮らしを、時の流れとは逆順に、章ごとに語り手を変えつつ描いた物語最後には花と淳吾の真の関係性が明かされる。

 はたからみれば養父から性的虐待を受ける女児物語だが、やはりこれも事実真実は違う系。ところが真実事実よりもどろどろとしていて、なのに純心であり耽美でもあるが、物凄い業の深さでもある。

 第1章が花と淳吾の別れの話で、それから章ごとに時を遡っていき、最終章家族を亡くして孤児になった花が淳吾と出会い養子になるところで終わる。

 私は初読の時に、まるでハッピーエンドのように終わるなぁと思ったのだが、再読したら別にハッピーエンドには思えなかったのは何故なんだ。もう一度読めってことかな、ハハッ。

 映画にもなっているのだが、映画版はまるで小さな悪女・花に淳吾が狂わされ搾り滓にされたみたいなラストだったから、あまりきじゃないな。


『つみびと』(山田詠美

 酷暑真夏若い母親は幼い子供達を部屋に置き去りにし、餓死させた。懲役30年の実刑判決を受けた母親を、世間の人々は好き勝手糾弾する。一体、母親は何故、愛していたはずの子供達を死に追いやってしまったのか? 母親自身の生い立ち、彼女祖母の代から続く凄絶な負の連鎖とは……。

 小説しか描けない現実があるとして、実際に起こった事件モチーフに書かれたフィクション小説である

 児童虐待と、世間の人々が助けたいとは思わないタイプ社会的弱者物語。著者の山田詠美先生自由女性恋愛小説を書く一方で、昔から社会の最下層にひっそりと生きる人々の事も書いてきた。中でもこれはすごい作品

 山田先生作品にしては珍しく、リベラル無責任で冷酷な一面が批判的に描写されている。

2022-04-02

どもりでニチャニチャしてる吃音声帯弱者リモートワークもゲーム配信業も信頼構築の雑談もろくにこなせず人権がないので声優専門学校ボイストレーニングするのが21世紀のつぶしが効く処世術だと思うのですがどうですか

2022-03-16

anond:20220315182040

まぁ吃音は確かに雑音なんだろうけどさ、障害をこういう用法で使うのはなんだかなと思わざるを得ない

2022-03-15

池内恵tweetの件なんだが

池内恵tweetの件なんだが

日本人は、加害者としての歴史を忘れるな」って言ったことがある人は、「ロシア市民に罪はない、強権支配被害者

って言うのは欺瞞だ云々のアレだけど。

 

https://twitter.com/chutoislam/status/1503200219286097921

 

これに続くツイートの方がちょっと奇妙で

そういう逡巡の跡が見られない人は、まあ人間としてそう言うもん

から学者としての尊敬は得られない

卓越性とか人格陶冶とかちょっと感じさせてくれないとやってられない

と飛躍がある事を言ってるのね。

特に「卓越性とか人格陶冶とか」は唐突感が強い。

 

この「卓越性と人格陶冶」って保守主義を好評価する時に使われる紋切り型なのね。特に2つ併置されるのが紋切り型

フランス人思想とかアメリカ合理主義などの理性主義だと人間平等で理性を動員して抑圧無き良き世界を作っていくって風になるんだけど、意志の力で克服とかストレス晒し人格を鍛錬するっていう風な事は落ちてしまう。

古典的自由主義ハーバート・スペンサーなど)やドイツ国法学なんかを志向することが多い。

あとはエドマンド・バークなんかの反フランス革命保守主義とかも。

すると差別っていうのは単に悪じゃなくて主体が乗り越えるべき情況って意味付与される。

 

例えば西部邁少年期に吃音(どもり)があった。

今の感覚だと言語療法プログラムで訓練して、周りもそういう癖に気遣わなきゃいけないね、ってなるけど、西部はこれは自己意志問題だと考えたのね。実際吃音行動療法には価値の明確化、つまり自分意志の再構築をする方法もある。

それで意志の再構築で吃音を克服した西部オルグ天才となって学生運動トップになってしまうのだけど。

その後右に転向したのだけど、西部思想にはその原経験が生きているなんていう評論のされ方をよくする。これは紋切り型評価の一つだ。

 

もう一つの例挙げると、ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港の名になっている日系アメリカ人ダニエルケン・イノウエ。

この人は日系人でありながら合衆国上院議長まで上り詰めた人なんだけど、ハワイ大学在学時に日本軍真珠湾奇襲が起こった。

当然日系人の肩身は狭くなり、イノウエは合衆国への忠誠心を示すために軍に志願して第442連隊に入れられた。

これは日系人構成される部隊もの凄く損耗率が高かった事で有名だ。激戦区に配属された為だな。損耗率が高いっていうのは死亡率や負傷率が高くて、死んだら補充を繰り返したってこと。イノウエも片手を切断している。

そこまでしてアメリカ人として認められて戦後上院議員としての道を歩み上り詰めたわけだ。

これは過酷だが差別という情況を克服して陶冶された人物代表例だろう。

 

だけど、「卓越性と人格陶冶」の紋切り型っていうのは批判する時にも使われるわけよ。

要するに「保守主義だと卓越性と人格陶冶が重視されるがお前はそうではない」って言い方。ネトウヨがメッキの為に保守とか自称してるのに対して言ったりするのが判り易い。

 

で、件の池内ツイートにぶら下がったりブクマ付いてるのって単にWhataboutismの相対主義としての好評価のやつしかないわけよ。

Whataboutismの本場はソ連で、よりによってロシアの非合理関係の事でWhataboutismしたりそれに蝟集したりすんなよ。

それでそういう動機での好評価を集めているのに池内自身は何も注釈しない。

それに他の場所では

ロシア文化にも責任はない」とロシア文学者が言うのは、エネルギー業界の人たちが「ロシアから石油・ガスを買っていけないというのでは商売上がったりだ」と言うのと、それほど違いはない

とか言ってる。https://twitter.com/chutoislam/status/1503124758950518787

 

こうなると単に相対化であって、「卓越性と人格陶冶」の紋切り型での批判に対するルサンチマンなのか?と疑ってしまうわけ。

 

ところで最後ツイートには前段があって、

逃げなかった人たちを、シリアでは「テロリスト戦闘員だ」と呼んで無慈悲砲撃兵糧攻めにして殺してきた。それがプーチンロシアです

と、過去シリアでの虐殺スルーされて来た事べの憤りだって事が判る。絶滅収容所の近所のドイツ人達にアメリカ将校が「いいや、あなた方は知っていた」と言ったのと同じだ。

だったらちゃんと焦点をぼかさず言いたい事を前面に出すべきだろ。

 

文学者だの学者としての尊敬だのは言い訳の為の吃音しかない。

ロシア人の戦争責任日本戦争責任を持ち出すなら自分はどの立場かを明確にせねばならない。プーチンを許してきたロシア人を免責できないなら日本戦争責任も免責できないと言わねばならない。

なんでそうしないかというとそこを誤魔化すとWhataboutism相対化としての好評価が得られて尚且つ軋轢が減るからだ。

でもそれは単に差別感情がWhataboutismと絡んだ人気でしかない。「いいや、あなた方は知っていた」という視点を持つ人はどれだけ出るの? 

 

という訳で池内の言う事にもその動機にも強い意味がある。

だが池内自身が余りに大したことがない為に表出的吃音が克服できずにWhataboutismとしての表出しか出来ていない。

「いいや、あなた方は知っていた」と「ネットでの軋轢忌避」を天秤にかけて後者を選んだからWhataboutismだけが表出されている。

嘘とWhataboutismの帝国に対してそんな事しててどうすんだ。

2022-03-09

公助・共助か努力

生活保護受給やその他の支援制度扶助制度を利用する人たち(≒自力生計を維持する事が難しくなった人)について、愚か者は「努力しろ」や「甘え」だの「自助しろ」だのと叩いて悦に浸るのがお得意だが、ここであえて「努力」について考えてみたい。

彼らがいう所の「努力」とはどのようなものを考えているのだろうか?

つの仮のケースとして、

・時期は2020年1月33歳:男性:家族なし

・昨年、軽い事故に遭い大事には至らなかったが、その精神的ショックで激しい吃音を生じ、それにより業務を果たせなくなり解雇される。

・そのほかの目立った健康状態の支障はなし

という人を考えてみる。

この場合、彼は就職活動を行ったとしてもコロナ流行により就職の口は少なく、また発話に支障があるため仕事に就くにはかなりのハードルが予想される。しかしながら身体面では健康就労問題がない。

この場合で手元不如意により数ヶ月後に生活保護申請を行なった時、身体面だけに着目し「甘え」という批判をする人間が出るだろう事は予想がつく。

しかし彼の場合、この状況ですぐにできることはせいぜいマスク医療用品の転売などを行い、劣悪な小売業者として利鞘を掠めるくらいであろうが、このような行為も彼らのいう「努力なのだろうか?

2022-02-26

anond:20220216123810

自分会社の先輩も38で初めてマッチングアプリ彼女できて結婚したけど、ブサイク&吃音でまあ冴えない男性だった。奥さんもブス。でもすっごく良い人だから誰も本人に直接そんなことは言ってない(陰では言ってるけど)。おめでとう。

2022-01-23

吃音(どもり)が再発した

小さいときからどもりがあった。

特に「あ」「い」「う」「え」「お」がひどかった。

なぜか高校あたりで消えた。

高校時代精神的に安定していたので関係していたのかもしれない。

それから10年ほど経ってまたどもりが復活した。

なんで復活したかからない。

ここ2、3年で急に復活した。

どうやったら治るのだろう。

2022-01-21

彼女とこのまま付き合った方がいいのか

私 大学院M2 就職する 精神系の病気たくさん(ADHD吃音うつ) お酒飲む 顔はめちゃくちゃいい 社会をにくんでる

彼女 薬剤師自分浪人してたから同い年)顔は普通くらいだけどだんだん太ってきた 

学生の頃から付き合ってて2年目

自分の顔がめちゃくちゃいいので結婚するなら美人がいい

アイドルみたいな美人とも二人くらい付き合ってきた

でも自分病気からくる性格がわるくてだめになった

彼女医療職してるから自分を支えてくれる

でも自分の顔がよくてその顔のレベルの差から支えてくれるのかもしれない

最近ふとってきてたぬきににてきて彼女に性欲はわかなくても一緒にいると楽しい

お腹たたくとぽんぽこって感じがおもしろ

性的に見れないけどこのまま付き合っていいんだろうか

自分浮気したくなったりしないんだろうか

自分就職先が遠くになって遠距離になっても大丈夫なんだろうか

文章が下手なのでよくわからないと思うけどどうしよう

2022-01-06

SHIROBAKで一番ひどいキャラデザされてるのは女じゃん?

吃音知能障害中間(卵とニワトリ関係っぽいが)みたいなのに比べたら多少病的なデブでも全然普通でしょ。

ほぼほぼ障害者だぞ。

コレに比べたら顔立ちの良し悪しなんてどうでもいいわ。

キャラの方が攻めてるキャラデザしてて女は普通美少女って、何話まで言ってるんだよ。

どうせ大ちゃん覚醒することも知らねーで書いてるだろ


anond:20220106040323

2021-11-22

最近観たBL

ドラマ『美しい彼』

 凪良ゆう先生小説『美しい彼』シリーズ原作


あらすじ

 主人公平良一成(ひら かずなり)は吃音があるせいで思うように喋れず、人間関係で躓きがち。そのため、子供の頃からボッチで、スクールカーストの最底辺を、自らの存在感を消して目立たぬように生きてきた。

 ところが高三の春、新学期初日ホームルームにて、自己紹介最中吃音が出てしまい、悪目立ちしてしまう。だがその時、クラスメートの清居奏(きよい そう)が遅れて教室に入って来たことにより、クラスの面々の注目が清居に移り、平良は難を逃れた。同時に、平良は清居の美しさに目が釘付けになる。

 新学期初日に悪目立ちしたせいで、スクカー上位からパシリにされるようになった平良。だが、厄介事に見舞われる度に清居の気紛れに救われる。清居の気高さと圧倒的強さに平良ますます心酔し、のめり込んでいく。



増田感想

 小説原作映像作品は、大体原作には敵わないと私は思うんだけれども、やっぱりこれもそんな感じ。かといって特別まらない訳じゃないし、駄作とも思わないけど。

 平良役の萩原利久、清居役の八木勇征、どちらも演技が上手いと思った。リアル平良と清居だなぁー。

 ダンススタジオまでストーキングしてバレるシーン後の、神社で話す場面が好き。レッスンで汗をかいた清居のために、好物のジンジャーエールの他にポカリまで買って来て、若干ドヤり気味の平良平良なのにキョドってない!? 原作平良はねっとりとした陰気キャラだったけど、ドラマ版の平良は純朴系な感じだ。軽くだれおま感あるけど、まぁこれはこれで……萩原利久かわいいからいかなぁー。

 平良に「きもっ」と言い放つ清居のタイミングがパーフェクト。

 清居の暴君ぶりが実にリアルスクカーキングの不良ムーブが板につきすぎていて怖いくらいだ。臨場感溢れる胸倉掴みには、震え上がってしまう。

 なんだかんだ、ドラマ平良は余りきもくない路線で行くのかなーと思いきや、エンディングテーマが流れ始めたところで、急に予想外のきもさを発揮しだすとか! え、きもいって、そういう意味での!? ままま、清居の写真でオナり始めるとかやめて! 深夜枠だけど一応テレビだぞwwwwwww

 ところで、オープニングテーマエンディングテーマキャラソンとしてとても良く出来ていて嬉しい。エンディング歌詞がだいぶどぎつい事書いてあるんだけれども、清居って本当にそういうキャラ。だが、超絶俺様気質に見えて平良に振り回されまくりなのが、清居の可愛いところ。

 


原作を知らない人向けの補足。

アヒル隊長とは。

 平良の心の師匠アヒル隊長笑顔でドブ川の流れを悠々と流れて行く様を見た平良は、以来、いつも心を平らかにし、アヒル隊長のようであれ、と念じて生きている。

 

平良フラスコに小銭を貯める理由

 決してただの吝嗇ではない。清居から貰ったもの大事にしているだけの行動。清居から貰ったお金を入れるに相応しい素敵な容器として、フラスコ型のオサレな容れ物を、平良は物置きからわざわざ探しだしてきた。

 原作では、清居がくれた500円玉平良は遣わず後生大事に取っておいている(つまり、清居の飲食代は平良が自腹で払っている)。500円玉貯金ドラマ版では小銭貯金に変更されたのはおそらく、500円玉フラスコに入らなかったとかい理由なんじゃないかなと思う。

2021-10-11

コミさんはコミュ障です。

観たけど、これは吃音障害みたいなやつだよね。

コミュ障なのは間違いないけど、求めているのはこれじゃない感が強い。

2021-10-04

anond:20211004114637

アナウンサー吃音天然パーマ中年で太った女性が良いな

レポーターは20代半ばで東大出てて薄毛で眼鏡でノッポの人が良い

2021-09-26

anond:20210925230920

アニメは汚いもの排除した優生学ディストピア世界から

当然に吃音賞の人は出てこない

ハルヒ時をかける少女もののけ姫では顔が悪い人は笑われ者役か隔離所で飼い殺しにされる役

2021-09-18

ニートがどうして異世界に行くと普通に人と会話して冒険するようになるのか

吃音でまともに喋れずコミュニケーションが取れず馬小屋毎日寝ることになると思うんだが

2021-09-14

anond:20210914121756

まぁ滑舌もいいし普通に喋れば印象はいいよな。前官房長官なんかアレだし

ほんま吃音には生きづらい世の中で。バイデンみたいな人は日本ではホームレスだな

しかし「プロ」が今井なのだとしたら笑っちゃうね。次はキシダノマスクだ!

2021-09-06

ゆっくり音声って気持ち悪すぎんか

youtubeに上げる動画ナレーションくらい自分の声でやれよ

吃音かなんかでも抱えてんのかよ

2021-09-03

ワイドショーって吃音をすげえバカにするよな

見ててムカつく

2021-09-02

デジタル庁の石倉氏を経歴も調べず切り取り批判した奴のbio

ニート(25歳)→29歳で未経験からの遅咲きエンジニア正社員経験なしの中年フリー。主にRuby/React/ReactNative/Vue。イリザロフ法と海外移住が夢。 ADHD/吃音/最大96kg→63kg→73kg/ゲーム音楽/ロードバイク/アニメ/猫/テニス/英会話/マイニング/旅行

うわぁ…

2021-08-27

就活における対面面接というクソ文化廃止して、言葉によるアウトプットけがとりえの無能社会から追放しろ

短期離職経験者、20代中盤の大卒の男だ

現在いてる会社の年間休日が少ない、会社という建物に居たくない

(=テレワークしたい)ので転職しようとしている

正直、上記二つを満たせて将来性のあるスキルが身に着いて大阪東京名古屋にさえ本社

あればあとはなんでもよい

しかし、短期離職をするとろくな企業がない

大体がボーナス2か月や3か月を提示してくる

最低4か月はほしいので、転職活動では、東証一部の会社をメインで受けるようにしている

実際60社近く応募して数社書類は通過した

書類通過したのもつかのま、面接がある。

私は面接にいい思い出がないがゆえに、ここである提案をしたい。

対面面接ではなくPCチャット面接しろ、ということだ。

対面面接では、上がり症や吃音、過度な緊張による思考停止状態を誘発され、

伝えたいことを伝えられず、言葉遣い社会人向けの言葉ではない、

などの難癖をつけて不採用を突き付ける。

ここに、私は不条理があると考える。

企業側は、その志願者のために人事が1時間度会議室を押さえ、志願者を選ばなかったとしても

なんのペナルティもない。むしろ採用面接残業したのなら残業代がきっちり支払われる。

しかし、志願者はどうだろうか?私のように在職しながらの場合有給という労働者の貴重な権利を1日分

消化し、その会社のために並べたくもない綺麗ごとを並べて精神ボロボロにし、

挙句の果てに当日の面接で何も言えずに嫌な気分が数日続く。

実際に赴くタイプ面接は、採用されるためのサンクコストをかけまくって、徹底した媚びを強いられ

最後企業に軽く「こいつ使えねw」という感覚で空き缶をポイ捨てするかの如く扱われること

がとことん嫌なので、落ちたときダメージを最大限減らすべくweb面接をするところしか受けていないのだが、

向こうの質問に対して吃音気味とあがり症というダブルパンチによりwebですら、答えることすらままならない。

結局、本人がどれだけ用意しても、その面接の1時間PRできなければ終わりだ。

あがり症吃音気味になるがゆえに、私は社会から断絶されているのだ。

会社というのは、結局のところガチャである。人事は嘘をついてもリスクがない。

なぜなら、労働者がその嘘を咎められるのは健康保険証の発行される1か月以内であり、

それを過ぎると、仮に咎めても退職歴として残ってしまうので、労働者は一度ブラック環境に身を投げ出すと終わりである

労働者は雇われぬも地獄、雇われるも地獄になる可能性が極めて高いのである

パワーバランスが明らかに雇用者労働者という状況にあるなかで、まだ雇用契約も結んでいない段階で

面接をするなんてとんでもないと私は考える。

世の中には働きたくても面接が下手がゆえにその人の持った能力を活かしきれない職場に放り込まれ

採用文化上の犠牲者が多く存在する

学生時代に感じていたことが、口の上手い無能ほど内定をもらい、口の下手な職人タイプの有能が内定をもらえない、ということだ

応募先が技術研究職でも、だ。

結果、無能東証一部系の会社で鬼の福利厚生という布団に包まれて裕福な暮らしをし、方や採用面接上の

有能な犠牲者たちはブラック企業今日も口の上手い無能下請けとして働く。

そこには、文章によるアウトプットが上手いか言葉によるアウトプットが上手いかの違いしかない。

これだけで人生を180度変えられるというのはあまりにも不条理ではないだろうか?

文章によるアウトプットが上手い人の言葉に耳を、いや目を傾けるためには対面面接というクソ文化をさっさと廃止し、

パソコンキーボードで「チャット面接」をするべきだ。

チャットというのは、記入者にとって過度な緊張による思考停止というリスクゼロにできる。

本人が用意した答えを余すことなく伝えられるのだ。

しゃべりを人間価値のすべてにしているうちは、コロナウイルス感染者は絶対に減らない

これからはすべてがオンラインコミュ障な有能者が派遣から覇権を取る時代なのだ

弱者度合いって『来世でそいつになりたくない度』でよくない?

優しくて金もある理解ある彼くんに養ってもらってる専業主婦弱者か?って言われるとやっぱなんか違和感あるし、

底辺友達恋人家族もいないジョーカーみたいな白人男性普通に仕事があって友達恋人家族もいる黒人だったら今の社会じゃまともな人生送ってる黒人の方が弱者なんでしょ?

いや人生の苦しい度合いとかってそんな人種とか性別だけで決まるもんじゃないでしょ

同じ人種の中で有能も無能健康体の人も病気の人も金持ち貧困も顔が良い奴悪い奴いろんな属性があって、それぞれの属性にいろんな苦しみだったり制約があったりするわけじゃん。

『来世でそいつになりたくない度』だったら正確じゃん、男でも女でもハゲやブスや吃音だったりで将来パートナー子供を持ったりっていう人生選択肢に著しい制限が発生する、っていうのも立派な弱者性になるし、

それこそ弱者男性だって多分ちゃんと上位の弱者になれる。

現在進行系で苦しい思いをしてる後進国の貧しい人たちは弱者性を持ったままだし、重い病気の人はいくら金があったって弱者

貧しい家の生まれ学歴収入もしょぼいけど高身長イケメンから楽しい青春送れて今は器量の良い嫁さん捕まえられて共働きで貧しくない生活送れてますよ、ってな人は弱者から外れる感じになる。


今って弱者ランキングと苦しさランキングあんまり比例してないでしょ多分。

これでよくないか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん