「吃音」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 吃音とは

2020-07-04

モデルハウス奇譚

最近はずいぶん蒸し暑いですね。

私は梅雨のない地域で生まれ育ったので、この季節特有空気感に慣れるのにはまだまだ時間がかかりそうです。夏の間はいつも冷たい素麺饂飩ばかり食べているのでどんどん痩せていきます。軽くなった体で往来を歩いていると、蜃気楼の中に自分が溶け込んでいくようです。

目的地まではまだ距離があります。あまり暑いので、途中で見つけたスーパーで冷たいお茶を買いました。あとは、お土産西瓜も一玉買いました。

お茶を飲んだせいか、片手にぶら下げた西瓜が重いせいか、一歩足を進めるごとに全身から汗が噴き出てきます。もう夕暮れ時だというのに、気温はまだ高いままのようでした。

ふいに私の後ろからなまぬるい風が吹いて、石けんと汗が混じった自分匂いしました。私は夕焼けを背にして歩いていたので、目の前には自分の影が長く伸びていました。私はもうこれ以上歩けない気持ちになって、シャッターが閉まった八百屋さんの前にあるベンチに座り込みました。

しばらくじっとしていると、もう何年も前のことになりますが、初めて一人暮らしをした年の夏の出来事が頭の中に蘇ってきました。

****

私が初めて一人暮らしをしたのはとても大きな街でした。

人々の歩く速度や、次の電車が来るまでのスピードは信じられないほど早く、私はよくそれらに圧倒されて駅のホームにあるベンチにただ座り込み地下鉄を何本もやり過ごしたものです。そういうとき、街全体がそこで暮らしている人々をも取り込んだ一つの巨大なシステムであるかのように感じられました。そうかと思えば、人気のない道端は吐しゃ物やごみで汚れていたり、ぼろぼろの格好をした人々が呻きながら寝転がっていたりしていたし、私が駅のホームぼんやりしていても変に思われませんでした。同じようにぼんやりしている人をあちこちで見かけました。そういった意味では暮らしやすい街だったなと思います

この街に来たばかりの頃はとにかくお金がなかったので、いつも働き口を探していました。私は学がなく、またひどい吃音緘黙症をもっていたために仕事探しは難航するかと思われましたが、幸運なことにこの大きな街においては仕事にあぶれることはありませんでした。

私はその年の夏、街の端の方に位置する治安の悪いXという地域にある建設会社で働いていました。

上司の指示を受けて色々な住宅展示場に出かけていって、モデルハウスの前のパラソルの下でお客さんが来るのを待ちます。お客さんが来たらパンフレットを渡して、モデルハウスについての簡単説明質問応対をスケッチブックパソコンを使って行います。お客さんが来ても来なくてもお給料は変わりません。そんな仕事でした。当時はほとんど話すことができなかったので、なぜ採用されたのかはよくわからないのですが。

お客さんはあまり来なかったので、週末に図書館で上限まで本を借りて、それらを読んで時間をつぶしました。仕事が終わる時間は十八時頃まででしたが、土地勘がないのと、ときどきバスしか行けないような場所の展示場に行くことがあったために(それまでバスに乗ったことがなかったので)帰り道を間違えてしまい、ようやく家に辿りつく頃にはもうとっぷりと日が暮れているというのが常でした。

お客さんが来ない日は、モデルハウスの中に立ち入ることは禁じられていました。一日に二回、私が勝手なことをしていないか上司が見張りにきました。とはいえそれはいつも同じ時刻だったので、その時間だけ本をかばんに隠してパラソルの下で神妙にしていればよく、それ以外の時間のんびりと過ごしていました。

夏至を過ぎると一気に気温が高くなって、私はそれまで体験したことのない暑さに驚きました。外の気温が体温を超えたときなどは、時間を見計らってこっそりとモデルハウス玄関で涼んだものです。窓と玄関のドアを細く開けると気持ちのよい風が通りました。髪をほどくと、風に吹かれて私の汗と石けんが混じった匂いしました。

その日の最高気温は三十八度で、朝から晩までかんかん照りという有様でした。

お客さんは一組も来なかったのですが、あまりに暑くて読書に集中することができませんでした。仕事時間が終わって戸締りをしようとしたとき、雲のない空からまっすぐに差す夕日が、太陽を背にして玄関に立つ私の影を家の中まで長く伸ばしました。

それを見た瞬間、真新しい家の二階の窓から夕焼けを見てみたいという強い気持ちが私を襲いました。それまで、お客さんが来ないときに家の二階まで入り込んだことはなかったのに。

ここで働くようになって初めて、新築の家の匂いを知りました。それは、少し化学的な匂いと、新品の布や畳の匂いとが混ざった匂いです。

階段を静かに上りながら、この家に自分が住んでいる空想しました。ベランダが付いている部屋を見つけて、ここを私の部屋にしようと思いました。その部屋の窓は南西に向いていて、西日が差し込んでいました。この場所には学習机を置いて、ベッドの向きはどうしようか?壁の一面には大きな本棚を置きたいけど、背表紙日焼けをしないように扉が付いたものでなくてはいけないかもしれない。友達が遊びに来たときのために小さいテーブル必要かもしれないな。そんなことをつらつら考えているとなんだか少し悲しくなってきて、その気持ちを振り切るように窓を開けてベランダに出ました。

辺りはすっかりオレンジ色に染まっていて、建物木々や道を歩く人々の輪郭曖昧にしていました。

それらを見つめながらかすかな風の中に佇んでいると、少しずつ気持ちが落ち着いてきて、これからまた何だってできるような気がしてきました。何しろ私はこんなに大きな遠くの街にいるのだから

部屋を後にしようとしたときクローゼットの扉が少しだけ開いているのがふと気にかかりました。窓を開けたせいで風にあおられて開いてしまたかもしれません。二階に上がったことを上司に知られてはいけないので、扉を閉めるために私はそこに近づきました。

扉の隙間からは妙な匂いしました。新築の家には似つかわしくない匂いです。手垢で小口が汚れた古い辞典をめくったときや、寂れた地下鉄の駅のホーム列車が来たときにこんな匂いかいだような気がしました。大工さんが中に何か忘れていったのかもしれないなと思って、私はクローゼットの扉を両手で開きました。

****

初めに「それ」を見たとき、私は大きな置物や等身大人形の類かと思いました。しかし「それ」は紛れもなく本物であるようでした。

「それ」を目にするのは初めてではありませんでしたが、こんなに乾いていてさびしげな「それ」を見たことはありませんでした。ほとんどミイラのようになっていたので、いわゆる腐乱臭のようなものは感じられませんでした。ひどく痩せていて、夕日が肉の落ちた腕やあばら骨の浮いた胸に濃く影をつくっていました。眼窩は落ちくぼんで暗くなっていましたが、色々な方向からのぞき込むと、小さな白い虫が奥の方でひっそりと蠢いているのが見えました。

夕暮れどきの時が止まったような不思議雰囲気のためか、私の心は奇妙なほど落ち着いていました。あるいは、日中の暑さで頭がうまく働かなかったのかもしれません。

ここでの私の仕事は、パラソルの下でお客さんを待ち、お客さんが来たら簡単説明質問応対を行い、時間が来たら戸締りをすることです。もし家の中に「それ」があったときには上司に報告したり警察通報したりするように、などという指示は受けていません。私はクローゼットの扉を静かにぴったりと閉めました。

部屋を出て階段の方に向かったとき、奥の部屋から何かの気配と殺気のようなものをふと感じました。私は子供の頃に大きな野良犬対峙したときのことを思い出しました。その犬からはまっすぐな殺意が感じられましたが、奥の部屋から漂う殺意には迷いがあるようでした。そこにいる何かが心を決める前に、私は階段下り玄関のドアを開けて戸締りをして、人通りの多い道を選んで駅まで歩きました。

****

ふと気が付くともう太陽が沈むところでした。私の目の前には誰かが立っていましたが、暗くて顔がよく見えませんでした。大丈夫ですかと尋ねられて初めて、私はその人が恋人であるとわかりました。

約束した時間を過ぎても私が家に来ないので迎えに来てくれたようでした。夏でもいつも平気そうにしているはずの恋人の額には汗が浮かんで、髪が少し乱れていました。

ぎゅっと心臓をつかまれたような気持ちになって、迷惑をかけてしまたことを謝りました。彼は私の頭のところにそっと手をやって、あまりにそこが熱くなっていたらしくびっくりしていました。こんなに暑いなのだから自分がそちらの家を訪ねればよかった、すみません恋人は言いました。そうやってベンチにすわってお互いに何度も謝り合っているうちに少し涼しくなってきたので、家に向かうことにしました。

手を繋ぐと、恋人の腕の内側の皮膚が私の腕に触れました。少し汗ばんだあたたかいその皮膚は、その下に肉や血の通った血管があることを教えてくれて、私はそれで少し安心することができたのでした。

今日晩御飯は一緒にピリ辛茄子素麺を作る約束をしています西瓜はすっかりぬるくなってしまったけど、水とたくさんの氷を浮かべたお風呂に沈めておけば、夕食の支度をして食べ終わった頃にはちょうど冷えているかもしれない。そんなことを話しながら、蒸し暑い夏の夜道を二人で歩きました。

2020-06-13

anond:20200613012648

30歳は若いし、吃音症より深刻な障害は無数にあり、博士号があるのは威張れるし、他人から研究仕事で認められているなら充分幸せだな。卑下自慢、というのだ。お前みたいな態度を。いやらしいね

ただただお前が憎い

anond:20200611111647

30歳、吃音症、博士号持ち、他人から研究仕事以外で認められたこと一切なし。ただただお前が憎い。

お前の今の生活を渇望してる人間がいること、多分お前は気づいてるんだろうな。そうじゃなきゃこんなクソほど甘い文章オブラートを包んだようなこと書かないもんな。自分が恵まれてても、まだ今以上のモノを求めてるような強欲さを出すのは、増田でも恥ずかしいもんな。一皮剥けば欲まみれで恥ずかしい、でも今以上は求めたい、ネットでみたあいつより称賛を得たい、でも欲まみれが恥ずかしいか匿名増田で。分かるよ。すっごい分かるよ。気持ち文字に起こす天才かな。そういう才能ないから憧れる。言いたいこと全部書かれてた。

すごいよ。本当にすごい。マサルさんよりすごい。その普通幸せを手に入れながら、まだまだ幸せを追求したいという向上心、本当にすごい。何がどうなれば満足するかも分かってないけど現在が不満であるという貪欲さ、まさに生の権化だ。生きるか死ぬかでフラフラしてる私とは全然違う。幸せが前提条件で、幸せに生きることはもはや問題ですらなく、生きることは自明であるご様子だ。お前は絶対に自ら死を選ぶことはないだろうな。大変羨ましい。

あーお前は私なんかよりずっと頭が良くて要領が良いんだろうなー。悪口も、人格否定も、聞き飽きたようなやっかみも、すべて笑い飛ばせるような後ろ盾があるんだろう。素晴らしいことだ。自分が恵まれてることにも気づけてるんだ、視野も広いんだろう。もっとまれなかった奴を見下すようなこともしない。ただ自分モヤモヤを、「微妙な苦しみ」として表すだけの自制心も謙虚さもある。

からこそ許せん。お前のように恵まれたやつは、私のようなしょうもないマトモじゃないキモい人間として失格なやつに憎まれてくれ。ただただ憎まれて、「嫉妬かゆいわ~~~~ww」とか言いながら生きてろ。私はお前を許さないし、一生憎んで過ごす。現実で会ったらヘラヘラ笑ってやり過ごす。その微妙な「私微妙なんです~~~」すらも、地べたを這いずり回って泥水すすりながら生きてる人間にとっては攻撃だ。どうせなら思い切り憎ませろ。

というところまで二息くらいで考えた。お前を思いっきり憎むことにする。ただただお前が憎い。お前より幸せに生きてやる。クソが、追い越されるなよ。

2020-06-08

anond:20200608124138

男のほうは発達障害なのか?あれ

クズで投げやりなせいで世間から爪弾きされてるだけで、

自分がどう見られるのか、嘲笑から逃れるためプライドを満たすためにどう社会規範に収まっていくのかってことばかり考えていて、アスペルガー的な閉じた思考の癖みたいなもの正反対な奴だと思ったんだけど。

自分はいじめとか吃音とかが尾を引いて精神病んで引きこもっちゃって、なんとか社会復帰しようとバイト続けてた期間があるんだけど、増田みたいな奴ときどき出会たことあるよ。

人付き合いが苦手な落伍者=発達障害者っていう偏見で「お前みたいな人間世間一般とつくりが違うんだ。人並みの生活なんてできるわけないだろ。」という蔑みを隠そうともしない奴。

発達障害当事者にも失礼だし、自分みたいなメンタルに不調を抱えながらなんとか社会から切り離されないようにもがいてた奴も侮辱してる。そのくせにあたかも人を思いやってるような顔してるのが心底腹立つ。

本気で自分は優しいだとか思ってんだろうけど、みんななんでお前なんかに出汁にされなきゃいけないの?って内心怒ってるよ。

発達障害者だからって屑に決まってるなんてわけないし、屑だから発達障害確定なんてこともないんだよ。

みんないろんな事情があって切羽詰まってんのかもしれないし、メンタル面での問題でも強迫性障害とか統失とかパーソナリティ障害社会不安障害、鬱…多種多様から

2020-06-06

何故「女に対する恨み」が消えないのか整理したい

私は認識負荷が高い容姿と軽度の吃音持ち。小中学生とき肥満が追加される。小中学生とき散々キモいキモい女性から言われてきた。男でも言うやつはいたが、徒党を組んで「増田を嫌う会」レベルのことをやってくるのは女だった。母親からも(兄と比べて)嫌われてたので、女と関わったら不幸になる、と15歳まで刷り込まれて育ってきた。

高校に入って、直接的な容姿に対する悪口を全く聞かなくなった。親から距離もいい感じに離れ、女性別に敵ではないと気づいてしまった。当然ながら恋もしたが、どうやってアプローチしたものわからんから、凄く下手糞な距離の詰め方したなと反省しきりである。当然うまく行かない。誰かと喋るときに「キモい」で返ってこなくなっただけで吃音はかなり軽くなったし、肥満も解消したが、まあ頭蓋骨まわりの皮と肉は個性的な造形をしてる。大学以降もまあうまく行かない。ああ、私は恋愛事に向いてねえんだな、っていうことを自覚して、あんまり関わらんようにしてる。

で、なんで恨みが消えないか、だ。簡単だよ、「非モテキモい」「キモい容姿じゃなくて言動」「だから非モテキモいんだよ」「キモいのは加害」「普通感覚持ってたら非モテにならない」これだよ。散々容姿吃音キモいキモい言ってくれてたのに、これ?

いや、別人だよ、分かってるよ。散々キモいキモい言った奴らと、「非モテ言動キモい加害者」族は別人だよ。でもこれは本当にキツイ。何がキツいかって、何やっても「キモいお前が悪い」とされてきた「増田を嫌う会」と凄くソックリなのよ。徒党を組んで「キモいと言う」「無視されても反応されても馬鹿にする」「賢しらにキモいお前が悪いと言う」「賢しらに悪口に反応するのがキモいと言う」「そういうとこだぞ、でとどめを刺す」、完全に相似形なのよ。

今までやり返したことなかったから、もしかしたら呪いが解けるかもしれない。増田だし、1回やり返してみるか。

から一方的被害を受けてると思い込んでる被害妄想女、そういうとこだぞ。被害妄想じゃない?お前が加害されるのはキモいからだよ。容姿じゃなくて言動キモいの。加害者なの。それを批判されたからって「女だから攻撃された」って思い込んでるんだろ?そういうとこだぞ。

全然スッキリしねえな。自己嫌悪が深まるばかりだ。死ぬしかねえのかな。

追記

筋トレ万能論者、ホントどこにでも湧くな。どうせ筋トレ社長バカ信じてるんだろ。あれスピリチュアルだぞ。適度な運動が肉体的にも精神的にも良いのはたしかだが、それだけだよ。スピリチュアル幸せになりたいならご自由に。他人筋トレすれば世界が変わる!筋トレこそ解決策!ってそのヒョロガリボディで勧めてなよ。小島瑠璃子にでもキレてろよ。私は世界なんか変わらなくてもウェイトトレしてるから

2020-05-08

「一生童貞でいる」ことに対して文句言ってくるのってだいたい男

前提として、私は誰かと恋愛関係になることを4年くらい前から諦めてて、なんでかって言うと他人と深く関わることがあまりにも強いストレスから。ただ、諦めきれてないところもちょいちょいあって、性的に満たされないってのが辛くなることもある。そこは他人と深く関わらないことへの対価として納得はしてる。

去年くらいからそんな思想を、積極的には言わないまでも隠して無くて、聞かれたら答えるし、恋愛経験がほぼ皆無であることも堂々と話してる。その際にアレコレ文句言ってくるのは大体男。「モテない言い訳」「女を人として扱えない人非人」「女から誘われたら即ヤるくせに」「マトモじゃない」など。「マトモじゃない」に関しては男女問わず言われるが、そんなのは「マトモじゃなくてすまん」としか言えん。「ブサイクすぎて気持ち悪い」「喋り方が気持ち悪い(私は軽度の吃音症)」とか言われるのと大体一緒。すまん、以外に言えん。女から誘われたら即ヤる、は多分そう。深く関わらずに済むなら、向こうからきたらヤるよ。性欲がないなんて一言も言ってないからな。他の二つは意味不明モテないのも事実だが、言い訳ってなんだ?

で、女性に関しては「キモい」「マトモじゃない」くらいは言われたことあるけど、まあそれはスマン以外に言うことはない。君の感情は君の中で大切にしてくれ。私は私のことをキモいとかマトモじゃないと言われても、別に構わんのだ。皆様1000000人に嫌われても、私が納得してるからしゃーないのだ。

女性は大体個人的見解を示してくる。傷つかないわけじゃないが、個人好き嫌い感想はあるもんだ。しかし、言葉巧みに「社会的に許されない」みたいな、個人外の文句を言ってくるの、大体男。なんなんよ。ちょいちょい主張される「男は論理的女は感情的」みたいなの、ここじゃないの。女は個人感情を主張する際に、個人感情として表明する。男は個人感情勝手社会の総意としてくるんで表明する。お前の本音はお見通し、みたいなことを勝手想像して言ってくる。バカじゃねえの。

一生童貞でいる覚悟ができてるマンであるところの私ですが、なんか知らんけど後腐れなくヤらせてくれるならヤります。なぜかというと、深い人間関係があまりにも強いストレスであるから深い人間関係が築けない、築かない→一生他人と深く関わらない→他人性的関係にならない、なので、深い関係にならずにヤれるならヤります、何事も経験しないとわからんこともあるやろ。風俗は行きません。金と性の交換って言ったって、こっちから要求したら気を使うだけ使って疲れてストレス溜まるだけだって想像がつくので。女性の皆様のほうから来てね。

マトモじゃない人間人生そんなもんだろう

夜になると頭がおかしくなる

先に述べておくが、うつ病発症しているものである

発症たころは、大学3年生だった。なぜか学校に上手に通えず、成績不振だった。面倒なのでいろいろ省くが、保健センターに行き、大学病院の精神科を紹介され通いだした。

通いながらなんとか大学を四年で卒業し、大学院に進学し、今は修士一年である

まともな生活を少しづつおくれ、将来についても第一志望の会社に推薦でもらえそうだ

なやんでいた吃音もだいぶ改善してきた

人間関係も少しづつ上手に送れている

卒業旅行なんか縁のないものだと思っていたのに卒業旅行に行けた

異性関係もうまくいっている

まりいい生活を送れているのである

しかし、夜になると頭がおかしくなる

いい生活を送れているのに

一人でいると耐えられなくなる

つらくなり、トリスハイボールの濃いめのロングをよるの間飲み続けていないと、よるがつらい

どうしたらいいのかなあ

2020-04-29

生活のために望まぬ性風俗仕事をさせるのはよくないと思うんだけど

コンビニ店員とか、望まないのにやらなきゃいけない人は救済されなくていいのだろうか。

吃音なのにサービス業やらなきゃいけないとか、介護とか。どう折り合いを付ければいいのか。

2020-04-11

安倍総理の話し方とかプロンプタ―をガン見とかを非難すべきではない

新型コロナ対応はクソ以下の無能の極みでとっととやめてください何でもしまから!と言いたいが、喋り方とかで非難すべきではない。

もちろん言ってる内容はガンガン批判すべきだ。

しかし、喋り方がブツブツ途切れがちで聞き取りづらいとか、活舌が良くないとか、討論ができないとか、そんなことで非難すべきではない。

それを極論するとろうあ者や吃音持ちは政治家になれない。

プロンプタだって見てもいいじゃない。

暗記が苦手な人、あがり症で公の場でしゃべるのが苦手な人だっている。

討論だって思考の瞬発力がある程度必要で、それを持ってない人は政治家になれないということになってしまう。

もちろんそれらを持っていればより優れた政治家であるのは間違いない。

だが、それらを持っていないからと言って劣った政治家として非難するのは間違っている。

政治家として最も重要なのは政策で、次がそれを実行する能力だ。

国民に目を向けて、大多数が支持できる政策粛々と実行できる能力があれば、人前に出る仕事は全部官房長官かに丸投げで十分やっていけるだろう。

もちろんこれらの能力がないことは政策の推進をより困難にするだろうが。

 

昨日のニュースでは小池知事のしゃべりが丁寧で聞き取りやすい、それに比べて安倍はなどというコメントはてブでもツイッターでもそれなりに見受けられた。

その点をもって安倍総理に首相政治家資質なしと断じるのは絶対に間違っている。

 

まぁそれはそれとしてアベノミクス改憲などの自身政策を断固として実行できるだけの意思能力も人望もなく、それ以外の政策も全く国民に目を向けてなくて、新型コロナ対応国民生命観点ではなく経済対策目線しか語れない安倍総理はまったく首相政治家として不適切なのでとっとと議員辞職してどうぞ。

2020-03-10

anond:20200310205006

面白い顔」って言われていた吃音持ちのブサではないがイケメンでもない陰キャおったけど

マッチングアプリで女食い漁ってたな。jkjcにも手を出してた。

頭良くてマメで気が利く奴だった。痴漢で捕まったけど。

2020-02-29

泣きました 僕は

トランスジェンダーゲイレズフェミニストオタククチャラー在日韓国人ネトウヨ発達障害で中卒で童貞処女団地住みで黒人創価学会員で箸が金属アムウェイ実家焼肉屋で最寄駅が信濃町ギャンブル依存症喫煙者食パンが8枚切りで輸血拒否メンヘラ転売ヤー父子家庭母子家庭ユダヤ教徒イスラム教徒AT免許包茎貧乳で親が若くて祝日国旗掲揚吃音左利き帝王切開まれワキガで小指がなくて腕に根性焼きがあって部落キムチが好きで月一で靖国参拝してて握り箸で元関東軍選挙前だけ電話かけてきて徴兵経験ありで身分証保険証裁縫セットがドラゴンで腕だけ毛深くてアレフ彼女アスナプールはいつも見学で家に固定電話がなくて川沿い住みでスタートページがhao123で耳たぶが小さくて中国残留孤児の子供で統合失調症糖尿病です…

2020-02-11

anond:20200211231718

ある程度効果あるだろうけど、結局、大体の精神疾患に言えるけど、「気持ち気合問題」なんだよ吃音

その気持ち気合おかしいか言葉が出なくなる。

逆説的に、吃音を気にしなくなると吃音は治っていく。スキャットマンも何度も吃音者として歌ったりすることで、吃音が無くなったし。

anond:20200211231105

吃音ってなんか、言葉の欠損みたいでかっこいいな

自分微妙にどもるので、周りに自信のないキモい奴みたいに見られる。実際そうなんだけど

どうせなら一言もしゃべれない方が良かった

吃音は何がつらいのか

20年以上吃音と付き合って生きてきた.

10歳頃から症状が出るようになって未だに続いている.

吃音に関して,何が当人にとってつらいのか説明してみる.

あくま自分のケースについて記すものであって必ずしも一般論ではない.

結論から述べると,常に「症状が出るかもしれない」と身構えていなければならないことがつらい.

そして「症状が出ると恥をかく」という恐怖が常に頭から離れないことがつらい.

吃音とは,発声しようとした時に「あああああ」と同じ音を繰り返したり,発声しようとしても意図した音が出せない症状である

自分場合後者のケースが多い.

志乃ちゃんは自分の名前が言えない」という押見修造作の漫画がある.

主人公高校生大島志乃は吃音持ちである

本作の冒頭で,彼女教室自己紹介をする際,自分名前の「大島」が言えず,ただ「お,お,お」と繰り返し,結局自己紹介できずに終わり周囲から笑われる場面が描かれている.

詳細は本作を参照してほしいのだが,自分の症状はこのような場面でこのように生じる.

名前を言おうとすると症状が出るのも全く同じである

自分場合は住所,勤務先の企業名出身地の県名,卒業した学校名称など,自分に関すること全般がとっさに出てこない.

なんなら家族名前すら怪しい時があるし,もっと言えば自分が好きなアニメタイトルすら上手く言えなかったことがあった気がする.

この現象問題は,この症状がいつ出るか分からないことである

「常に100%の確立発声できない」のであれば常に紙とペン携帯して筆談を行うようにすると思う.

しかし,場合によっては全く症状が出ない時期がある.原因は全く分からないが,突然自分名前所属をスッと言えるようになる時期がある.

そして原因もわからぬまままた症状が出るようになる.

自分場合,大体2,3週間周期である.今はまぁまぁの調子であるが,どちらかといえば下り調子である

自分人生において何度もこのような時期を経験し,吃音が治ったと「ぬか喜び」をさせられてきた.

そして今に至るまで症状は出続けている.

結果として,「自分はどもるかもしれない」という認識を常に持ったまま生活しなければならない.

他のことに例えて言うなら,人と会う度に「この人に殺されるかもしれない」と身構えながら接するような状態である

大げさかも知れないが,初対面の人だと割とそれぐらい緊張しながら人と話している.

この「どもるかも知れない」という認識のもの吃音を引き起こす原因だと薄々気付いている.

しか20もの間,この認識を正すことが出来ずにいる.

なぜ自分がこんな目に,と思わない日はない.しかし,完全に発声できない訳ではないし,調子がいい時は何の問題もなく生活できる.

恐らく本当の問題自分認識問題である.「どもってもいい」ぐらいに開き直れたらいつの間にか治るような気すらする

しかし,これまで吃音で恥をかき,チャンスを逃してきた記憶がそれを阻んでいるように思われる.

齢30を過ぎた身で情けないのだが,まだ解決には時間がかかりそうである

ここまでつらつらと自分吃音で何がつらいのかということについて記した.

必ずしもすべての吃音持ちの人に当てはまる訳ではないだろうが,周囲に吃音で苦しんでいる人がいれば参考にしていただけば幸いである.

なお,文中でも紹介した「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」は暗い話一辺倒ではない.

しろ高校生青春モノとして捉えることも出来る爽やかな作品でもあるので気軽にご一読いただきたい.

2020-01-04

半蔵門線内でのトラブルについて、力をお借りしたいです(乱文お恥ずかしいです)

本日17時台の半蔵門線の中で、中年男性発声障害のある男性に難癖をつけて、絡んで罵声を浴びせ、つけまわしていました。

登場人物

中年男性茶色コートアウトドアに使うような、化学繊維のような素材)、黒いパンツ、黒いスニーカー、黒いボディバッグ白髪交じりの無精ひげ、眼鏡なし、目の大きさに左右差がある、白目が異様に充血しており、両目とも黒目が白濁している、モンベルの袋を持っている

発声障害のある男性:30歳くらい、やせ形、眼鏡、薄着、発声障害があるようだった

わたし:30過ぎ、ショートカット眼鏡、カーキのウールのコートグリーンスカートバックパックハイヒール

かに男性が「嫁」と呼ぶ女性、5歳くらいの男の子、途中から介入してくださった男性がいました。特徴も覚えていますが、差し控えます

わたし発声障害のある男性の隣の座席に座っていたところ、中年男性が殴りかかってきたため、巻き添えを食らう形になり、顔を殴られました。

赤坂警察署からは「故意がみとめられない」と言われ、事件化できないため、民事での解決をはかるよう薦められました。

わたし自身障害者ヘルプマークをつけているのですが、絡まれていた方は知能に何の問題もないようにみえました。

言葉が少し聞き取りにくい程度ですが、まったく分からないという感じでもなく、

わたしが「あのご家族の言うことの方がおかしいと思いました」とお伝えした時には「ありがとうございます」と答えてくれました。

比較的細身だったので殴り返さないと思ったのでしょう、また会話がスムーズでないことから口でやり込められることもないと思ったのではないでしょうか。

わたしにはそのせいで攻撃性の標的になってしまったようにみえました。

わたし発声障害のある男性が絡まれる前から家族の様子を見ていたのですが、4人分の座席を使っていて、空いているように見えた席に

「3人家族で(けっして空いていない)地下鉄座席4席分を占有したい」という中年男性の言い分は、理にかなっていないように思いました。

わたしも鬱がひどい頃に吃音のような症状に苦しみました。

くやしいです。あの中年男性はご家族が降車したあとも、「嫁や子供が怖がっている。謝れ」と執拗に追いかけて脅していました。

発声障害のある男性は「これはストーカーではないんですか」とおびえた様子でした。

わたし女性ですから男性暴力を振るわれたら、気兼ねなく訴え出ることができます

でも、男性が同性である男性暴力を振るわれたとして、同じように告発できるものだろうかと疑問に思いました。

わたし大人になって、痴漢に遭ったことを言い出しにくくなったように、沈黙することを選んでしまうのではないでしょうか…。

男性が名乗り出なかったとしても、お伝えしたいことがあるんです。

あなたの主張は一点の曇りもなく正しかったということ。

そして、障害者としても、一人の女性としても、あん理不尽暴力は許せません。

半蔵門線内でのトラブルについて、力をお借りしたいです

本日17時台の半蔵門線の中で、中年男性発声障害のある男性に難癖をつけて、絡んで罵声を浴びせ、つけまわしていました。

登場人物

中年男性茶色コートアウトドアに使うような、化学繊維のような素材)、黒いパンツ、黒いスニーカー、黒いボディバッグ白髪交じりの無精ひげ、眼鏡なし、目の大きさに左右差がある、白目が異様に充血しており、両目とも黒目が白濁している、モンベルの袋を持っている

眼鏡男性:30歳くらい、眼鏡、薄着、発声障害があるようだった

わたし:30過ぎ、ショートカット眼鏡、カーキのウールのコートグリーンスカートバックパックハイヒール

かに男性が「嫁」と呼ぶ女性、5歳くらいの男の子、途中から介入してくださった男性がいました。特徴も覚えていますが、差し控えます

わたし発声障害のある男性の隣の座席に座っていたところ、中年男性が殴りかかってきたため、巻き添えを食らう形になり、顔を殴られました。

赤坂警察署からは「故意がみとめられない」と言われ、事件化できないため、民事での解決をはかるよう薦められました。

わたし自身障害者ヘルプマークをつけているのですが、絡まれていた方は知能に何の問題もないようにみえました。

言葉が少し聞き取りにくい程度ですが、まったく分からないという感じでもなく、

わたしが「あのご家族の言うことの方がおかしいと思いました」とお伝えした時には「ありがとうございます」と答えてくれました。

比較的細身だったので殴り返さないと思ったのでしょう、また会話がスムーズでないことから口でやり込められることもないと思ったのではないでしょうか。

わたしにはそのせいで攻撃性の標的になってしまったようにみえました。

わたしは発生障害のある男性が絡まれる前から家族の様子を見ていたのですが、4人分の座席を使っていて、空いているように見えた席に

「3人家族で(けっして空いていない)地下鉄座席4席分を占有したい」という中年男性の言い分は、理にかなっていないように思いました。

わたしも鬱がひどい頃に吃音のような症状に苦しみました。

くやしいです。あの中年男性はご家族が降車したあとも、「嫁や子供が怖がっている。謝れ」と執拗に追いかけて脅していました。

発声障害のある男性は「これはストーカーではないんですか」とおびえた様子でした。

障害者としても、女性としても、こんな暴力は許せるものではありません。

2019-12-27

anond:20191227232932

YouTube動画が上がっていたので見てみました。滑舌吃音、その他発話に難があることが受け入れられている状況に対しては特に否定的感情は持たないです。

例えば人の話し方の特徴に対して「カミカミやんけ!」「聞こえへんわ!」というツッコミがあることで初めて成り立つわらいを受け入れたくないという気持ちです。

anond:20191227231320

私としては、人の喋り方の特徴をいじってることがサムイなと感じるんですけど、h歴ではスタジオお茶の間爆笑でその価値観ギャップがつらいですね。

自分おかしいのか気になってるんですけど、テレビで明らかなあがり症人間が突然引っ張り出されて吃音になってる姿っておもしろいんですかね?

おもしろいと思ったから引っ張り出したんでしょうけど、自分ちょっとからなくて。

某ヒ◉マイのドラパについて

令和にもなって、あがり症の人を「カミカミやんけ!」といって、周りがそれを大爆笑するというストーリーをみせられ混乱している。あれがおもしろい?吃音は滑稽でゆかいな話か?「天才的な話術で人を笑わせられる」キャラクター

天才的な話術を駆使して人の話し方をからかうのおもしろい?

価値観大丈夫?今回のドラパのあの人はは「天才的な話術で人を嗤うことができる」の間違いじゃない?

カミカミやんけ!」とつっこんだキャラクターは、個人曲では「なに?あがり症?気にすんな。俺らが組めば一丁上がりしょ!」とあがり症から気をそらせるようにして相方の実力を引き出していった。

今回のドラマパートで、噛むことをつっこんで笑うことになんの意図があった?生放送自分相方がまだ舞台に上がれないのか、もう大丈夫なのか確認する必要あった?テレビで見てた高校生は本当にそれが面白かった?

兄弟愛の強いキャラに向かって身内のディスを言うのは本気を出させたい目的があるし、「気乗りせん」という前提のもとに発してる言葉だと理解できた。

じゃあ、あの生放送のシーンは素でやったんだなぁと思った。そして、h歴は人前で特徴的な喋り方になる人をおもしろいと捉える価値観なんだなとも思いました。

虚無虚無プリン

はいエドテン

2019-11-25

anond:20181124165000

そう、知らない人は「ゆっくり話せば」と言うが、これがプレッシャーとなったり

いじめとなったりすると聞いたことがある。

吃音者でもカラオケを歌わせると全然問題なく歌うことができるとも聞いたことがある。

脳内での情報の扱いの何かが違うんだろうね。

元増田も少しずつかもしれないけど、改善されているようで、今後の更なる改善をお祈りします。

2019-11-11

隠れ吃音がきちい

病院に行くほどじゃないんだけど、良く言葉に詰まる。滑舌が悪い。しゃしゅしょとか、はひふが、文脈によっては言えない。

SNS2chじゃすらすら言葉が出てくるのに、現実じゃでてこない。

久しぶりに会った友達と話すと緊張してどもる。何か話そうとしても、「それが発音可能かどうか」を考えるから会話のテンポが悪いし

代替の言いやす言葉を探すのが疲れる。無理やり喋ろうとすると、なんか外人みたいなリズムになって売れないyoutuberみたいになる。

最近ラップっぽくリズムをとって喋ることで回避できることを発見

俺も人前でペラペラしゃべれるようになりたかったな~脳みそ滑舌がついてこない

2019-10-18

吃音

社会人になっても吃音って揶揄されるんだな

電話ではならないのになんで普通に喋れないの、ってこっちが聞きたいわ

どれだけ努力して勉強して、やれることをやって結果を出しても吃音があるだけで全てなかったことになる

いろいろ治そうとしてるけど、いまいち効いてる感じがない

その上で、アイツの真似wwwwwってやられてるのを見てしまった

あーむなしい

2019-09-26

20年間発達障害者として生きてきた私の話

はじめに

私は幼い頃に発達障害と診断されました。当時は広汎性発達障害と診断されましたが、これは現代言葉で言うと自閉症スペクトラム(ASD)にあたります

発達障害というのは「自閉症スペクトラムADHD学習障害」と3つに分類こそされていますが、それぞれの症状を併発していることが珍しくなく患者を3つに区分するのは難しいそうです。たとえば私が持つ障害自閉症スペクトラム的なモノが主ではありますが、ADHD区分に入るモノもございます。この境界はとても曖昧なのです。

ですから自閉症患者ではなく発達障害者と名乗らせていただきます

早い段階で自覚できたということが幸いし、人にも恵まれたためこの障害と上手く付き合っていくことができました。それらについて思ってきたことをつらつらと書き連ねていきます

まず私の主だった症状を紹介しましょう。

上2つが自閉症的なモノ、多動性はADHD的なモノとなります。以下にそれぞれ項を分けて書いていきます

コミュニケーション障害

コミュニケーション障害”という言葉は”コミュ障”というネットスラング若者言葉として広まっていますが、”コミュ障”の意味するものコミュニケーション障害が指す症状はやや違いがあったりします。

何が医学的な”コミュニケーション障害”に該当するかと言えばたとえば吃音などがそうですし、言語習得が困難な状態も分類されるそうです。有名な症状は冗談婉曲表現などが理解できないことでしょうか。適切な言葉遣いや声色が出来ないということもコミュニケーション障害になります

喋ることが機能的に困難だったり、相手の言っていることが理解できなかったり、言葉の使い分けが出来ないことなどが”コミュニケーション障害”です。

コミュ障”っていうのは単純に会話が下手な人のことを指すのでしょう。医学的な”コミュニケーション障害”とは違った意味合いでしょう。でも相手のことも考えず自分の言いたいことだけベラベラ喋るタイプコミュ障は『適切な言葉遣い』ができていないということで医学的な方に該当するかも…。

で、私の場合は『適切な言葉遣いができない』という症状があるそうです(ベラベラは喋りません)。

だいたい思ったことをそのまま言ってしまっている、というのが友人らの指摘です。ようは空気が読めません。

人のコンプレックスを平然と口に出したり、みんなが思っていても心に秘めていることを言い出したりとにかくドストレート。分かりやすいところで言うと、先生のつける香水に対して「臭いですね」と言ったことがあります

しかしまぁ困ったことに、やはりこれもどこら辺が変と思われるのか分からないんですよね。上述の例だって「お前そういうことを口に出すんじゃないよ」とか言われたかダメなことだったらしいと理解しているだけです。自分の知らぬうちに変な発言は多分しているし、モロに変な顔をされるときもあって最近は「俺また何かやっちゃいました?」という文言が頭に思い浮かびます

「そういう特徴があるらしい」とは理解できても、いつ発揮されるのかなぜ悪いのかということは理解しにくいことは自閉症的、ADHD的な症状の共通点かもしれません(私は学習障害ではないので、それについては何とも言えませんが)。

とにかく自覚がない。「発達障害なんだよね」とカミングアウトするも「例えばどんな症状があるの」と返されると、何が悪いのかはイマイチ分かってないせいでうまい実例が思い浮かびにくい。それが発達障害者です。まぁ実例を挙げられなくても、そのうち向こうが実例に立ち会うので心配ございません(心配ございますけど?)。

他人に無関心

他人に無関心”というのはそのままでございます他人からどう思われてもいいし、世間体無頓着なのです。社会性がないと言い換えてもいいでしょう。

自分が変と思われても、物心ついた時から「変である」とずっと言われているので今更どうとも思いません。尖った性格ですから万人受けしようはずもないのですし、誰かが私を嫌って近寄らなくなるならこちらも諍いがなくて済みます

オタクの方に分かりやすく言えば、現実でもツイッターみたいな付き合い方をしていると考えてください。

特に気兼ねなく自分の思ってることを言うし、その結果フォローされれば嬉しいしブロックされるならまぁそれも良し。自分も好いている人はフォローするし、嫌いならブロックする。まさしくああいう感じです。

この症状こそ自閉症自閉症たる所以でしょう。こんな風に思っているか障害を抑えようともせずに、結果世間から浮くということになるのです。

上述しましたスラングの”コミュ障”は『社交辞令のような世間話が苦手』なんて特徴を指したりもしますが、他人への無関心さから自閉症患者も同様に世間話が苦手だったりします。

というのも自閉症患者は”他人に無関心”ゆえに友達でもない人と世間話をする意味が分からないのです。だって楽しくないでしょう。緊張してできないというより、やる意味が分からずできないのです。無言になろうが無関心だからどうでもいいのです。

この世間話に関する感覚のズレに気付いたのはつい最近だったりします。発達障害でない人の感覚が分から比較ができないため、障害自覚していてもどこが変なのか気づきにくいものなのです。

今書いていて気付きましたが、自分は平気だからって無言でいたら相手に気まずい思いをさせることになるのですね。なるほどそれで変な目で見られたのか!

まぁこんな風に自身がなぜ悪いのかということを私は全然理解できていないのです。期せずして良い実例ができました。

では他人はどうでもいいか無作為に人を傷つけたり公共の場でなんでもできるかと言われれば、そうではありません。なぜかと言えばそれは自分で見ていて不快だと理解できるからです。自分が嫌だと思うことは嫌なのです。

他人に優しくすることもありますが、それは見過ごしたら気持ちいからだとか、古典的に言えばおてんとうさまが見ているからとかという理由です。自分尊厳のためです。つまるところ、自分本位なのです。

薄情に思えるかもしれませんが、友人とは一緒にいて楽しいからます家族大事にしたいか大事にしています自分で言うのもなんですが、こう素直に生きられるのは素敵だと思うのです。

世間の人が社会で感じるストレスを感じずに済んでいる気もしますし、この症状は特にお気に入りだったりします。

多動症

そして最後は”多動症”という部分なのですが…これが問題

まず多動症イメージを伝えるなら”落ち着きがない”です。

まず私はジッとしていられません。私は常に体が揺れているそうです。座っていてもやや揺らいでいるとか、自転車こいでいるとまっすぐ進んでいないとか色々言われます。これは本当に自分ではまったく意識していないことなのです。昔はとてもひどかったようで、散髪に行くと髪を切る人のほかに頭を抑える人がついていたりしたものです。

あとは突っ立っていることが苦手で、人を待つときなどは近くをウロウロと歩き回ることが多々あります

これだけならまぁいい方ですが、多動症というモノはこれだけで終わらないから厄介なのです。

多動症を持つ人間は致命的に集団行動が苦手です。

例えば、学校では整列をする機会が多くあるでしょう。多くの人はその列からなんとなく離れがたいというか、乱してはならないという集団の磁力のようなものを感じるはずです。しか多動症人間はそういった意識が弱いのです。

ゆえに人にかまわず突拍子もなく動き出してしまます。私としては突拍子なく動いているつもりはないのですが…。

私は友人らと固まって歩いていても、何か気になるモノがあれば集団から抜けてそちらの方に歩いていってしまます。旅などでは特にそうですね。「よくいなくなる」と言われます

いやこれに関しては本当に申し訳なくは思ってはいます。ただ本当に集団意識が皆無でして、浮かれて気を抜くとこうなってしまうのです…。

これも幼い頃はもっと酷く、幼稚園からよく脱走していました。悪いことをしている意識もなく「帰りたいから帰る」というごシンプル理由自主帰宅していたものです。

これに関してはまるで制御が及びません。

いや、散髪中に頭を抑える係が来なくなりましたし帰って良い時間までは帰らなくなりましたし成長はしたのです。落ち着きレベルを-1000から-100にはしただけ頑張ったのです。それでもマイナスなだけで。

なんとまぁ手前勝手な性分なのかと、自分でも呆れるくらいです。

苦労したのは私よりも担任や両親なのでしょう。

こんなにも迷惑をかけたというのにこのことでボロクソに怒られた経験もありませんので、私は先生にも親にも恵まれています。-100に出来たのはこの人たちのおかげなのです。

おわりに

さて以上のような障害がございましたが、私には一つ医師からも明確に欠点と言われているがございます

それは”自分客観視できない”という点です。

この文章から察する方もいるでしょう。自分ことながら「~~らしい」だの「~~だそうです」だのそういった言い回ししか出来ない部分が多いのです。

しかし「自分発達障害である」としか理解していなかった”自分客観視できない”私がこうも自分障害理解できるようになったという点は、なによりも成長した部分だと思うのです。

こんな風にたとえ話だとか実例だとかを挙げて説明をできるようになるというのは、発達障害者としては快挙なのだと思います。こうやって理解が進めてこられたから、今私はこの障害を負い目と思わずアイデンティティとして大事にしていられるのです。私は、自分に正直でいられる私が大好きです。

「なんとわがままな奴か」と私を嫌悪する方もいらっしゃるしょうが、人は所詮わがままものです。中途半端に取り繕うよりはいいかなと思っております。というか、そういう風に受け入れてくれている方以外は離れてくれて構わないのです。

ただし我々発達障害者が人に迷惑をかけている時はぜひとも言っていただきたい。まことに恥ずかしいことではありますが、私は何歳になってもハッキリと言われないと分からないのです。

私を育ててくれた先生方、両親、友人には感謝の念でいっぱいでございます

この記事発達障害者の共感、そうでない方から理解に役立つことを祈って締めさせていただきます

2019-08-31

かわいそうと思われたくない論

パラリンピックの「障害者でもがんばれば健常者並になれる」というお涙頂戴の筋書きが気に食わない。ハイテク義足で健常者の世界記録をなぎ倒して行くのが見たい。みたいなツイットを1か月前くらいに見かけた。

あと増田で2週間前くらいに「なんで障害者をかわいそうと思ってはいけないのですか?と大学講義質問が出たら静まり返った」ってのも見かけたんけども。

かわいそうと思われるのってそんなにイヤか?

ていうか、かわいそうと思われるおかげで補助金もらえてハンディキャップを穴埋めして健常者並に近付くことができる(合理的配慮)のであって、かわいそうと思われたほうがオトクじゃね?って思うんだが、違うのかな。

ハンディキャップがあるにも関わらず、見た目が健常者なのでかわいそうと思われないせいで穴埋めされることなく、しかも見た目のまま健常者並を求められてキツい思いをする軽度精神疾患系の障害者とか、内科系持病持ちとかなんかも、たぶんそう思うんじゃないのかなぁ。

自覚症状のない精神疾患だと「病気を疑って医者に行く」という動機付けにもならなかったりもして、治療改善されないままになり、ますます孤立する。社会的地位が高くて普段生活で注意や進言を受ける機会が無い人間とかね。

と、発達障害者の端くれから、かわいそうランキング低みの見物をする増田であった。

障害は、客観的に短時間判断が付くものばかりではないですからね。

足が無い、腕が無い、というのは分かりやすいから、すぐにかわいそうと思われやすいんですよ。

警察ですら補聴器つけて自転車に乗ってる人を「イヤホン外せ」と捕まえて、説明すると逆ギレする事件が絶えないようですが。これ何年も前から問題になってるのに全く改善しないですね。全国の都道府県警どうなってるんだ?

視覚障害で杖を持っていても全盲けが視覚障害でなく、「部分的に見えないエリアがある」「部分的エリアしか見えない」とかマチマチだそうです。杖もってて全盲イメージするのに「見えてんじゃねーか」ってキレられたりするケースがあるようです。いや、知らんがな。

「かわいそうと思われない」ならマシなほうで、むしろ「私の気分を害したお前のキモさが悪だ」と毎日disられ指さされるのがデフォというか。不随意運動チック症とか、吃音統合失調症独り言)とかは。

そら当事者疲弊して、誰かとコミュニケーションしたくなくなるし、苦手になるし、下手になる。

吃音テーマにしたマンガがありましたね。

すでにかわいそうと思われていて十分に支援を受けている人はそれが維持されて行ってほしいと思うし、かわいそうの享受が足りてない人のために、目に見えないものを知り、想定の範囲が拡大されていってほしい。


たぶんアレだよね、マズロー欲求段階そのものをなぞっているのだと思う。

補助金が出たり支援者がいる程度のかわいそうランキングの高さがある身体障害者は、埋め合わせによって健常者並の暮らしに近付くことができる。なので生存欲求の次の段階「承認欲求」を求め始めて、それが欲求不満なのかと思う。

しかし受けられる支援が少ない障害者は、承認欲求よりも根源的な生存欲求安全欲求すら満たされていない人がボリュームゾーンなのではないか

そもそも欲求の段階が違うのではないだろうか。

から「かわいそうと思われたほうがオトク」と考えるんじゃないかな。

メンタルパラリンピックって無いんですかね。

欲求段階が違うからそれどころじゃないか

障害は見た目が9割」という話なのでは

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん