「ママ友」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ママ友とは

2017-09-10

anond:20170904204228

似たような事情自傷痕持ち。

暑いときついよね。

参考になるか分からないが。

自分彼氏がおり、先方の両親への挨拶も済ませ、たぶんそのうち結婚する。

そして今後も普段と同じように振る舞うというか、適宜長袖は装着していくつもりでいる。彼のご両親の前でも、ママ友にも見せないようにするかな。

誤解や偏見肯定する訳じゃないんだが、そういうものから身を守るというか、単純に、スムーズ生活したいから。あと自分自傷痕で子ども不利益がくる事態は何としても避けようと思っていて。

子どもができたら、子どもから傷を隠すのは難しそうだし、その対応は頭をひねらないととは思う。まあ1歳とか2歳だったら「熊と戦ってきた」「〇〇レンジャー遅刻して間に合わなかったから私はひとりで熊と戦うほかなかった。お前は遅刻する大人になるなよ」(大人の秘技でさりげなく話の力点をずらす)みたいな感じででかわせるんじゃないかと思うし、だから、どう説明するか考える時間猶予はあるよね。その間に子ども性格も観察して、最適解を考えて...

個人的意見だけど、今現在結婚子育てが考えられる心身・社会的状態(経済的なこととか)なら、家庭を築く夢を自分から諦めなくていいんじゃないかと思う。理解してくれる人は存在するし、そういうパートナーリスクヘッジしながら生活して、問題が出たらその時考えるようにして。

難しいけど、「リスカする人間人間としてだめだ」とか、否定的価値観を内在化しないことが大事な気がする。

人の目が気になるなら、一年ほとんどが長袖がデフォみたいな所で暮らす選択肢もあるしな。

長文ごめんな。

2017-09-08

anond:20170908212346

この前ママ友仲間で一緒にディズニー行ったら、一組が弁当持ってきててご飯タイムの時にレストランに入らないで外で食べるっていって、ご飯タイムはその家族と別行動になった。弁当持参するなら先に言ってくれって思ったね。5千円浮かせられるんだもん。かなり羨ましかった。。

ディズニーの魅力を教えてくれ

ディズニーランドすげー金かかるじゃん。

四人家族で行ったら3,4マンはすっとぶじゃん。

うち、収入少ないくせに旦那が親に仕送りしてるから貯金もできないし、なによりうちの子供らディズニー行けなくてかわいそうじゃん。

同じ保育園の子どもたちは年に何度も行ってるし、ホテルにも泊まったことあるかいうのもいるぐらいなのにうちの子たちは一回もいったことなくてかわいそうじゃん。

この間、家族でいっしょに行こうってママ友たちに誘われたとき、断る理由考えるのがつらかったじゃん。一瞬カードキャッシングちゃおうかなとか思っちゃったじゃん。

みんなからおみやげもらってつらかったじゃん。旦那の親クソじゃん。

3,4マンたかだか3,4マンなのに、捻出できないとかつらいじゃん。

すごいコンプレックスじゃん。

自分みたいな貧乏人達にとっては負の感情の生成施設じゃん。それなのに凄い魅力じゃん。

anond:20170908065220

2017-09-04

リスカ

先日タトゥーへの偏見が酷すぎるという増田がバズってて、ぼんやり自分リスカ痕のことを考えてみたりした。

自分は右腕までにびっしり(?)リスカもしくはアムカ痕が残っている。あんまり思い出したくないけど、中1の時からいじめられてて多分そのことがきっかけだったと思う。13歳から14歳まで貝印安全じゃない剃刀を買って切ってた。いつ死ぬかをずっと考えてて、それこそ新学期が始まるこれくらいの季節はどうやって学校に行かなくて済むかをずっと考えて死にたいってずっと思っていた。

中学3年になるといじめも落ちついてきて、それ以来10年以上は平穏に過ごしているし死にたいとも思わなくなったし大学卒業できたし今現在普通に働くことが出来ている。

でもどんなに暑い日でもカーディガンもしくは長袖の服が手放せないし、ノースリーブなんて絶対着れない。プールにも海も行けない。

何度か治療してみようかと思ったけれど、大金をかけても薄くなることはあっても変えることはないかもっと大きな傷1本になるかのどちらかという感じで消えることはないみたいなので治療は諦めている。

いつかは結婚したいと思ったこともあるけど、リスカ痕がある人間とは付き合わないというようなことを何度か言われたことがある。その人たちには多分傷を見られていないので私のことを指していたわけではないと思うけれど。

10年以上自傷はしてないとは言えそういうことをする可能性がある人間だし、聞かれなければ1年前の傷なのか10年前の傷なのかわからないだろうし、息子の嫁が腕傷だらけだったら嫌だろうし、ママ友の腕が傷だらけだったら引いちゃうだろうし…とかいろいろ考えるとやっぱり結婚なんて出来ないなと思った。

別に結婚けが全てではないけれど、たまにものすごく寂しくなる。今更だけど良い家庭を築きたかったなんて思う時もある。

でもあの時に死んでしまうよりはやっぱり手首に傷があってもノースリーブ着れなくても生きてるだけ良かったなと思って明日からも生きようと思う。

2017-08-11

https://anond.hatelabo.jp/20170811230613

「午後6時から、働いていてその時間帰宅する予定の母親サプライズ誕生会に小2の子供が参加する」

なんて事は、まともな親なら許す訳がない。

まともな親なら、まず時間が遅すぎるし、相手の親には内緒の子供だけの計画なんて危なっかしすぎる上に

相手の親に迷惑がかかったら申し訳ない、と考える。

許されるとしたら、親同士が元々かなり親しく(ママ友を超えた親友レベルで)付き合っていて

計画相手の親も協力している場合くらいだと思うが、

元増田の設定だと子同士が友人である事すら親が知らないわけで、相手の親との付き合いも当然ろくにないだろうしね。

これで許す親だったらどっちみち放置親。

2017-08-10

SNS少子化拍車をかける

SNS簡単ママ友ママフォロワに愚痴やら不満を言えるようになったおかげで、

有史以前から個々人が抱く「子育てはめちゃくちゃ大変」と認識SNSに広がる→

「うげっ!こんなに大変なら子供作らない方がマシじゃん」とSNS中心に世論が醸成される→

少子化拍車をかけている

と思う。そもそもそんな情報が手に入らなければ、未だに馬鹿の一つ覚え or 喉元過ぎればなんとやらで子供産めよ増やせよの世の中だと思う。

故に、SNS事業を手がける企業に、子育て支援法人税を導入すべき。

2017-07-27

ママ友マウンティングって、本当にあるんだな。

ネットで読んだりするだけで、今まで実体験はなかったんだけど、それらしき事象に遭遇。

ちょっと遊んでみた話。

きっかけは3DS周辺機器カバー類)我が家はこういうの使ってるみたいなのを、たまたまその人(以下Aさん)に見せた事。

1週間もしないうちに同じものや、私が買った後に発売されたものを購入して、私に見せに来た。

これマウンティング?超面白い!と思った私の性格・・・やっぱ悪いわ。

 

Aさんの子我が家で、WiiU遊んだら、速攻でWiiU一式揃え、vitaマイクラを買ったと言えば、マイクラを買い

うちのPC、しょぼいかPC版のマイクラはやってないけど、PC版は面白いらしいよと言えば、PC版も買ってた。

本当に面白すぎwwwうちはただ私や子供がやりたいゲームを、誕生日とかに買ってるだけなのにwww

そして、Switchも!私はスプラトゥーン2がやりたかったけど、本体品薄が怖くて、発売日に本体だけ買った。

さすがにこれは黙ってたんだけど、うちの子がAさんにしゃべったらしく、すぐに買ったの?ときかれ

私もポロっと、ソフト何も買ってないけど、ドラクエヒーローズ体験版面白かったと言ったら

ドラクエヒーローズ本体買って、子供ドラクエすぐ飽きたって言ってて、心の中で笑いが止まらなかった。

最近スプラトゥーン2のウデマエをきいてきたので、私もうちの子も下手だから全然ダメなのと言えば

うちの子はC+だよとか自慢してくる。C+とか鼻クソ以下だけど大丈夫?って心の中の私が叫んでいました。

さて、次は何を買わせようかな?

2017-07-20

親に整形を勧められた

これは笑い話ですが、親に整形を勧められた。

就活本番が始まる前に顔直せとさ。

費用持つって言ってるけど、それそのまま欲しいわ。終活に使うんで。



てか顔綺麗にしたら受かるわけ?まあ確かにプラスに働くだろう。誰だってドブスの第一印象は最悪である

いやでもさ、顔が良いだけで受かったらやばくない?会社が。ブスにも会社を選ぶ権利はある。会社も顔を選ぶ権利はある。



それにね、顔めちゃくちゃ良くなっても落ちる可能性はあるわけで、そしたらさ、顔のせいに出来ないじゃない。

自分内面のせいってバレちゃうじゃない。私に。

せめて自分には嘘をつきたい、だってしか私の絶対的な味方じゃないし。私最高!

というか20年ちょい私と一緒にいるんだから内面クソなの知ってるでしょ。勉強も嫌いだし。勉強してるとみじめな気持ちになる。何でだかは知らん、気が付いたらそうなってた。みんなならないんだって。ほんとに?このみじめさ共有したいんだよね。みんなもっとみじめになろう。感じよう。

就活じゃみんな嘘をついてるし大丈夫?無理無理。現実見て。ついでに私も見て。嘘です。



大体さ、ちょっと鼻筋通して目切ったところで誰でも美人になれると思ってるの?

思ってるでしょうけど。簡単に鼻筋通せ、目頭切開しようって言うけどさ。

鼻の高いブスも目のでかいブスも存在するからな。かわいそうに。

パーツのバランスクソだとどこをどう直したところでブスはブスです。やったね!

頑張ればバランス直せるのかもしれないけど、そこまで金出す気は流石にないでしょ?



まずどっから金出てくるの。あなた専業じゃない。

パパだって勝手会社辞めちゃったし。

いや一応早期退職に応じたって形だけど、まあどっちにしろ事後報告だよね。

派遣やってるけどどうするの?もうすぐ還暦だよ?契約更新来るの?

早期退職お話来る時点で十分終わってるけどね。しょっちゅう体調不良」で月曜日休むからだよ。病院は行かないけどね。

会社もつまみ物、家では空気、終わってるね。

でも自分から進んで空気になったものね。ヒスママを私に押し付けてれば被害来ないものね。

その割に鈍いから自ら地雷原に突っ込んでるけど。気付けよ。いい加減顔色伺ってご機嫌取るの私疲れたんですけど。



整形に話戻すとさ、なんでちょっと直したところでマシになると思い込んでるの。親でも直した方がいいと思うレベルなのに。

しか若い知り合いいないからかな。もっと比較対象持とうよ。昔は色んな子と比べてたじゃない。




いきなり私に言う前に他の人に聞くとかもなかったの?

あーなかったねごめんね。ママ友はおろか学生時代のお友達もいないもんね。いやいたっけ?でも今一緒に出掛けたりしないんだから意味いね

はいっぱいいるよ!みんなお昼を一緒に食べてくれる。社交辞令だよ。



どっか趣味の講習とか通えばいいじゃない。今からでも。いや無理か。周りの同世代全部見下してるものね。私も同じだから分かるよ!嘘だけど。

行ったとてその愚痴を延々と聞かされるわけだし、行かなくていいよ。想像しただけで疲れる。



たぶんね、整形するよりジム通って多少細さと筋肉つけた方がまだマシだし速いんだよね。

でもジムは高いかダメなんだよね。何その基準

私のバイト代から出すって言ってもダメって言うし。通帳見るなよ。



今は就活しろって口うるさく言うけどさ、そんでその前は勉強しろだったけどさ、就活終わったらなんて言うの?

知ってるー。結婚しろでしょ。

しませーーん。誰がするかよ。

結婚の最も身近で最も長期間観察出来るのはお前らだからな。それ見てて結婚したいって思える?無理でしょ。



まあここまで散々文句言ってるけどね、依存してるのも十分分かってるから大丈夫

就活きっと失敗するから、そしたら全力ですねかじるね。

自立すべきとは言うけどね、その労力クソめんどいじゃない?あと見返してやれ!とか。みんなよく出来るよね。普通にすごいと思う。どうやるの?謎。

まあでも大丈夫だよ、私はちゃんと家にいて、ママと同じ思考で期待に沿う返答をして(期待通りの結果は出なかったね!)、地雷は踏まないようにして、パパが地雷踏んだら適当誘導するから

パパと私?可哀想からまあ適当に話しかけてるけど、返答がめんどくさいんだよね。いらない説明が多いオタクっているじゃない。あんな感じ。

それでも何とかなってるから。何とかなってるでしょ。

からたまにはこんな感じで愚痴を吐かせて。吐きたいわ。こんなんリアルじゃ言えないし。

まあ言ったら地雷まっしぐらで面倒だから言わないけど。こうやって被害者面で書くだけだよ。リアルだと悲劇お姫様とか人として出来ないじゃない?今超楽しいよ。良かったね。私最高!

anond:20170720121403

強弱で生きてる人は弱い立場やら見るとマウントしようとするね

そんな相手には威嚇が効くw

でもママ友っていうのは子供繋がりで自分で選べないか

学生時代は遭遇しなかったと言うのも、人を選んで付き合えたからなんだろう

anond:20170720113034

ママ友場合子供繋がりだから

子供同士が仲良いと付き合わない訳にはいかないし

役員でも一緒になれば逃げる訳にもいかないだろうし

どうも観点最初からずれてる気もする話題

https://anond.hatelabo.jp/20170720114010

そもそもhttps://anond.hatelabo.jp/20170720083305曰く

とにかく人を利用する、マウントする、陰口言う

みたいな人種結構ママ友には多く見かけた

だそうだけど

「多く」ってのを読まないで、私の住む地域バカにされた!って沸騰してるんだろうけど

そういうのが一人いた、ってならともかく

そんなのが多くいる、ってのは運の問題ではないよ

元々そういうのが多い世界に住んでいるか、そういうのの数は少ないのにそういうのばかり引き付けているか、どちらかという事だもの

https://anond.hatelabo.jp/20170720105950

そもそもそんな濃いママ友付き合いなんてやってない

子が幼稚園の頃からそうだったけど、小学校に入ったらますます希薄になった

子同士が仲良い親と授業参観の時に会って挨拶する程度の付き合いしかない

そこから一緒にママ同士で遊ぼうとかいう話も無いよ、小学校に入れば働いている人も多いし

専業も下の子いたり何らかの事情ある人が多いから、そんな暇な人の方が少ない

ひょっとしたら暇人ママ同士の間ではトラブル起こってるのかもしれないけど、知らないし少数派だしどうでもいい

https://anond.hatelabo.jp/20170720084720

金持ちエリアならおかしなのが居ないというわけでもない

ずっと平穏公園に、ひとり引っ越してきた母親がアレなせいで空気おかしくなったみたいなのもあるあるだったりするし。

社会的に恥ずかしくない肩書を持つ夫や実家があってもアレな親もいる。むしろ社会的地位や金があって狂ってる親の方が厄介なこともある。

結局、運でしかない>ママ友環境

「今のところ」運が良いだけであるという自覚は持った方がいいよ。

anond:20170720082411

子供持つとわかるよ

なのはシングルマザーだけじゃないと

とにかく人を利用する、マウントする、陰口言う

みたいな人種結構ママ友には多く見かけた

学生時代にはほとんど見かけない人種だったんだけど、

人間子供を生むと野生に戻るのか

本性全開になるのか

2017-07-14

小5の女の子二人

近くの公園で、妻のママ友の子供(小学校低学年男子)が遊んでいたら、ボールが転がってきたので蹴ったら、小学五年生自称する二人組に「あんた、なに人のボール蹴ってるのよ」と因縁をつけられ「立ってろ」と立たされ、挙句裏に連れて行かれて殴る蹴るの暴行を受けたらしい。

一発殴られて「痛かった?」と聞かれてどう答えたらもう殴られないのか考えてもわからず、「ふつう」と答えたら「反省してんの?」とさらに殴られたらしい。

証拠を残さないようにしているのかボディを狙って殴ってくるようだ。

小学生同士なので、怪我をするほど強くはやられていないようだが、その子の心には大きなダメージが残り、一人で公園に行けなくなってしまったそうだ。

被害にあったのは、あまり押し出しの強くない大人しい子で、他にも同じような大人しい子が被害にあっているらしい。

ひょっとしら常習なのかもしれない。

最近小学生怖いな。

表立っても書けないから、ここに書いておく。

2017-07-13

友人がいなくなっていく

高校時代の友人とはあまり連絡を取り合っていない

大学時代の友人は、皆独身フリーターで、既婚子持ちの私とは環境が違いすぎるのか、あまり声を掛けられなくなった(私以外でたまに集まっていはいるようだ)

ママ友を作るのはハードルが高く、気疲れしてしまうため、つくっていない(そもそもママ友は友人ではないね!)

友人がいなくなっていく

夫と子供以外としゃべることがめっきり少ない

そもそも夫とも話が通じないので必要事項以外あまりさな

江國香織が「夫は言葉は通じるのに話は通じない」ということを言っていて、まさにコレだ!と感動したものだ)

子供が大きくなったら、もっと自分世界を広げられて、友人と呼べる人が増えるのだろうか・・・

2017-07-08

携帯ショップで働いてるの恥ずかしいよな

オプションてんこもりとか無駄SDカード売られるとかいうけどさあああ

そんなんしてないショップだってあるよおおおああ

保険いらないっていわれたらいれないしSDカード電気屋で買えっていうしネットクレカも無理にすすめないよ必要と言われたらご案内してるしうちの店の子はみんなそんな感じだよ

でも、売り上げは下から数えたら早いくらい、もう全然良くない

本社から怒られるし支援金あんまりもらえないしお客様目線仕事したらそんなもんになるわそのうち潰れるかなこのみ

給料少ないし残業ばっかだしはてブで叩かれるしどこでもdisられてるし

あーあ恥ずかしいねこの職業

お母さん携帯屋さんで働いてる!とか子供がゆってたら、ママ友引くかな?

はてブしてなかったら大丈夫かな?

母が卑しい職業でごめんね

2017-07-07

女は一体どう生きてくのが正しいんだ

完全に迷子なんだけど世の中の人たちってどうお考えなんだろうか。

20代前半、大卒正社員手取り17万の東京暮らしひとりごとで、とりとめもないから、気が向いた人に見てもらえたらいい。

好きで付き合ってる恋人いる。

結婚にはこだわりない。

子どもは欲しくない。

仕事続けたい。

子どもって持たなきゃいけないの?

ネットの暗いとこばっか覗いたせいかも知らんけど、子どもを持つということになんの魅力も感じられない。

家族仲は悪くなく、多分よい方。

両親の夫婦仲も。

だけどわたしは、こども欲しくないなーってもうずっと思っている。

理由は、書いてみたけど、そんな真新しいものじゃない。

1.まず子どもきじゃない

周りに年下のこどもがいなかったからかもしれないけど、子ども、というものあんまりきじゃない。

特別 かわいいなーと思ったりもしない。特別嫌いということもないけど、「いつかこども欲しいなぁ」と思ったことは、少なくとも記憶にある限り一度もない。

妊婦さん見ると、大きいお腹に慄いてしまう。こわい。

もちろん、こどもが生まれることは(いくらかの例外を除いて)幸福なことで、祝福されることだとおもう。

他人事ならそう思える。

だけど、いつか自分が、ということになると、それは別で、嫌だ、とおもう。

2.お金ない

自慢じゃないけどお金ない。みんなそうだって言われるかも知らんけどお金ない。

いろんなこと我慢して切り詰めて、ってすれば少しはお金作れるかもだけど、欲しくない子どものために、自分の好きなこと削りたくない。

3.自分時間がとてもだいじ

わたし人生わたしのものだ。

からわたしのために生きたい。

人より趣味は多いほうで、わたしはそれらにいままでずっと支えられて生きてきたし、これからも手放したくない。

4.子どもだってかわいそう

上記こんなこと考えてる人のところに生まれてくる子ども可哀想だし、

少子高齢化が進んで、わたしたちの世代よりももっと負担が大きいだろう世界に生まれてくる子どもがかわいそう。

5.そんな責任一人で負えない

ちっちゃい子ども、一瞬目を離した隙に怪我でもしたら、させたら、それが取り返しのつかないものだったら?

きちんと育ててるつもりでも、子どもが悪い道に走って犯罪でも起こしたら?

そもそもまれてくる子ども障害をもっていたら?

どうするの?

そんな責任とれないよ、自分のことでもいっぱいなのに。

個人的子ども欲しくない理由だけでもこれだけあるけど、

子ども持つと人生スーパーハードモードになる気しかしない、とおもってるとこもあって、

1.仕事

妊娠したら仕事続けるの難しいじゃないです?

職種とか、会社にもよるのだろうけど。

妊娠したらそりゃそれまで通り働けないし、体調だって崩すし、周りの人に迷惑かけるし。

子どもを産んだからだって、すぐ復帰!フルタイム!って働けない。働きたいと思っても。

親、そりゃ近くに住んでるけど、

わたしが小さい頃から、早朝から働いて、家事やって、わたしを育ててくれて、ようやく子どもが手を離れて、やっと自分の好きなことに時間を使えるようになった母親に、わたしの子もの世話なんて押し付けたくないよ。

2.世間の目とかそういうの

過剰に被害妄想入ってるかもしれないけど。

妊娠して、マタニティマークつけて外歩いたら「妊婦様」とか「妊娠自慢か」とか言われて、

いざ子どもが生まれて、保育園入れようと思っても空いてない、そうすると「地方引っ越せ」とか「仕事辞めればいいじゃん」とか言われる、

ベビーカーで出歩けば「邪魔」「楽してる」とか言われて、

仕事復職して、子ども病気とかで休んだり時短勤務すると「迷惑だ」とか「自己責任」とか言われて、

幼稚園とか小学校ではママ友付き合いとかPTA活動とかもろもろで時間取られて、

だけど家のこともちゃんとやらなきゃいけなくて、って、

考えるだけでしんどいんだけどみんなそれでも子どもが欲しいとおもえるの?

うそう、若いのがしんどいのは投票いかいからとも言うけど、わたしちゃんと行ってるよ。



だけど、でも、

じゃあ子どもなんていらないやって思うと、

少子高齢化健康な女のくせに子ども産まないなんてけしからん」とか、

子ども産まないなら結婚もする意味ないじゃん」とか、そんな声が聞こえてきて、

子どもうまないわたし存在価値はないのか、くらいのきもち

みんなそのへんどう考えて暮らしてるのかなぁ、って思ったのです。

どうやって生きてけば、後ろめたく思わないでいきられるの?

2017-07-03

我が家ランドセル選びはもう終わった。

長女が来年小学校に上がる。

二年も前からママ友からランドセル入学前年のGWには買っておかないと手に入らなくなるなどと脅かされていたにも関わらず、出遅れた。

6月初頭、長女と仲良しの子がふぃっとちゃんのランドセルを購入。それを知ってようやく焦り出した私だった。

思い立ったが吉日で、その日の夕方にはめぼしいランドセルブランド幾つかのカタログ請求

カタログは一、二週間で届くとの事だったが、たった二三日でほぼ届いてしまい、そのスピード感に私の焦燥感も加速。

早割の締め切りが迫っている事を知り、なんかもう夕陽に向かってわあわあ叫びながら全力ダッシュしたい気分になった。

前々から購入費用実家の両親が持ってくれる事になっていたので、せっかくだから両親と長女とで楽しくキャッキャウフフしながらランドセル選びをしたらいいんじゃないかと思っていたが、こんな時に限って両親も我が家メンバーも皆多忙で予定は着かなかった。

はやる気分が押さえられず、平日昼間に私一人で百貨店ランドセル売り場へ偵察に行った。土砂降りの水曜日だったから、客は私しかいないし売場担当者も不在だった。

ざっと見てわかったのは、五万円以上の品ならどれも品質に大差無いことと、人気商品はもう売り切れがいくつも出ている事。

両親と都合を合わせていたら欲しいものが手に入らないかもしれない。

カタログ見てネットショップで買った方が確実そうだった。どうせどれも似たり寄ったりなのだから、長女本人がフィーリングで選んでOKだ。

と、私がてんてこまいしている間に長女はマイペースカタログをながめコレが欲しい、と揺るぎないファイナルアンサーを決めていた。

それでいともあっさりと、1クリック我が家ランドセル騒動は終わったのだった。あとは予約金を払い込むだけ!

なんか、疲れたなぁ……。

子供を産んで親になってからずっとそうなんだけど、何かにつけ激しい競争に打ち勝ち他人を出し抜くのに命賭けさせられている感じがする。

出産する産院選びや、幼稚園保育園選び、手作りお道具の材料調達、そしてランドセル……。

いかに賢い親であるかを問われ過ぎじゃないだろうか。

見栄とかそういう問題じゃなく、出遅れると本当にどうにもならないんだもの

2017-07-01

https://anond.hatelabo.jp/20170618063553

http://b.hatena.ne.jp/entry/341090589/comment/ustam:embed]

また男にとって結婚ってクソだな、と再確認させてくれる増田ですか? - ustam のコメント / はてなブックマーク

元増田だけどそんな貴方朗報だよ!

先日またママ友達と井戸端会議をしたんだけど、6人中5人が、旦那匂い大好き!加齢臭がまた良いんだよ!好きすぎて枕の匂いくんくん嗅いじゃうよ!って言ってた!!!

その6人中5人はめっちゃ夫婦仲いいよ!!!

よかったね、ほんとうによかったね!!!

2017-06-29

続・子供将棋に興味を持ってしまった

あれから数日。

月曜日の昼にはもう将棋盤が届いたので、以来毎日娘に将棋を教えている。

子供に何かを教えるのはとても大変だというのを痛感する日々だった。日常の習慣や家事などを教えたりしつけをするのも結構難しいが、なんとかかんとか教えて来れたけれど、こういうゲーム的なものを教えるのはどうしてこんなに……こんなに……。

トランプババ抜きを教えた時もかなり四苦八苦したが将棋はこれの比じゃない。

親が子供に教えようとする事がそもそも間違いなんじゃないかという気もして来た。

ママ友達が言うには、何であれ親が頑張って教えようとすると熱くなりすぎて子供を潰してしまうだけだから自力で教えるのは諦めて高い授業料払ってプロ講師にお任せするに限る、と。

私の周りでは簡単な読み書きや四則演算自分子供には教えない人が大多数。皆、やってて良かった公文式

なんだか無理ゲーに果敢に挑戦してやっぱり大失敗しようとしているような気がして来た。

なお、うちの娘は既に読み書きが出来るが、これは私が教えたというよりワークブックを買い与えたら娘が自分でやっていつの間にかおぼえてしまった感じ(同じワークを何度か買ってあげた)。幼稚園女子の間でお手紙ブームが起こっていたので、その時流れに上手いこと乗っかっていた。

将棋も、子供向け入門書自力で読める位の年齢、小学校中~高学年になるまで待てば良かったかもしれない。興味があれば自発的に覚えたんじゃないだろうか。

ともあれ、もう娘はやる気満々で、そう簡単こちから手を引く事は出来ない感じになってきた。幼稚園にお迎えに行けば第一声が

今日も『しょうぎのコマ』やろうね!」

で、

「『将棋』なー。帰って手を洗っておやつ食べてからね」

と私は項垂れつつ応える。


(つづく、かもしれない)

2017-06-26

可愛くて優しい人は全て結婚するみたいな思い込み時代遅れ

友達に、アイドルみたいに小顔で可愛くてお洒落ですごく気が利いて話もいつも面白いけどガチヲタBLを楽しみすぎてるあまり恋愛にも結婚にも興味なくて異性のアプローチも全部断る生活10年以上続けてる子がいる。

一方、身内のママ友に、オウムの麻原が女体化したみたいな外見で肥満アンド不潔コンボでいつも会話の空気を読めず周りに迷惑かけてるドゥフフ笑いの子持ちがいる。夫の勤め先がそこそこ名が知れている会社であることと、既婚であることがステイタスらしい。

結婚してる、してないで人間生き方や外見内面まで勝手に推測して2種類に分けようとするのはいい加減やめれ。

結婚恋愛をしない理由なんて人の数だけある。

非婚未婚問わず素敵な人は素敵だし、変な人はどこにでもいる。

2017-06-11

まさか私が…」突然の発覚から3年、絶望から這い上がった私の乳癌

40歳の節目。私は乳がんになった。

素朴だけど優しく私を愛してくれる夫と2児に恵まれ、幸せな人生を手に入れてそれなりに満足感のある日々だった。

幸せな日常を一瞬にして真っ暗な絶望に追いやった乳がんの発覚。

乳がんは罹る人も多い病気負担はあるけど、治療なんてさほど難しくないと思っていた。

でも全然カンタンではなかった。

家族、友人、そして自分自身多くの人を深く傷つけ、心身共に疲れ果て全てを失う寸前まで追い込まれた。

判断ミスもあり、軽度とは言えない状態までいってしまった私だが、良き出会い、周りの人の支えに助けられたことは幸運だった。

手術、抗がん剤治療を行い私は今、再発の不安は抱えながらも元の幸せな生活を取り戻すことができた。

今思えば、「知らないこと」が理由で失ったものが沢山あった。

もっと早く気づくことができれば・・・
「あの時あの治療選択していれば・・・
「友人家族もっと接するべきだった・・・

いろんな後悔が今も心に残っている。

こんな思いをする人を一人でも減らせたら。そう思って私の体験を伝えてみたくなった。

興味があったら読んでみて下さい。

ピンク東京タワー、突然の不安

ほんの些細なこと。

10月1日、夫と食事に出かけた帰りに見かけたピンク色にライトアップされた東京タワーだった。

私:「綺麗だねー。今日はなんでピンクなんだろうねー」

携帯検索をする夫。

夫:「今日ピンクリボンデーらしいよ。乳がん認知を上げる目的だって
私:「乳がんねー。」

その時は何も思わなかったが、少しだけ「乳がん」という言葉が頭をよぎった。

それから1ヶ月が経った頃、

朝、着替えの時に左の胸に固い感触を感じた。

???

違和感を感じ指でふれた。コロコロとした1cm程度の小さなしこりを感じた。

まさか。。。乳がん?」

ピンク色の東京タワーピンクリボン、その記憶が私にそう思わせたのかもしれない。

ただし、その日は家事に忙しいこともあり、夜にはしこりのことは忘れていた。

夜の入浴時にもう一度触ってみた。朝のしこりはもちろん、あと2個程度小さなしこりを指先に感じた。

大きな病気をしたことが無い私は些細なことでもすぐ心配になるタイプだった。不安かられ、髪も乾かさずインターネットで幾つかのサイトを調べた。

しこりがある=乳がんというわけではない。40歳未満の場合は良性のしこりの方が多いらしく乳腺線維腺腫の可能性が高いと書いてあった。

人間不安ときは都合のいい方の考えに飛びついてしまものだ。

私は、

「なんだ大丈夫だ。良かったー」

と勝手に安心し、「こんなものはそのうち消えてなくなる」なんて、根拠もない解釈をしながら、眠りについた。

翌朝、しこりは消えていない。やはり気になる。「もしかしたら」が再び頭をよぎる。

考えないように過ごそうと思ったが、家事が何も手につかない。

今まで感じたことの無いものが私の胸に存在している。その事実から目をそむけることができなくなっていた。

一刻も早く安心したい。その一心で私は病院を探し始めた。乳がん検査してくれるのはどこか?今まで考えたこともなかったか検討がつかない。

よくわからないが、とにかく近くの産婦人科に行ってみることにした。

サイズも小さいし、しこりも動くから問題はないと思いますよ」

そういって若い女性医師は近所の外科への紹介状を書いてくれた。

その翌日は外科の診断へ。私は一日がかりで色々な検診が行われることを想像したが、触診だけだった。

診断は

「乳腺線維腺腫」

違和感があった日に確認した見解と一致していたため、その診断を疑うこともせず飛びついてしまった私がいた。

乳腺線維腺腫は放っておけば3ヶ月程度でしこりはなくなってくるとのことだった。私は安心して、日常生活に戻った。

大丈夫でしょう」という自分安易判断と、夫に相談せず自分で納得してしまったことがあんなことを引き起こすなんてこのときは思いもしなかった。

大いなる油断、取り返しのつかないミス

それから2年、私はしこりことなどすっかり忘れて平穏な生活を続けていた。

日々の家事、娘息子の世話、当たり前のことを当たり前にこなす。傍からみれば退屈かもしれないけど、愛のある満たされた毎日

その日もいつもと何一つ変わらない一日だった。

しかし、その夜、全てが一変する出来事が起こった。

夫と同じベッドで寝ていると、寝返りをうった夫の手が私の胸に当たった。すると夫が「え?硬っ!」驚いた様子で声を上げた。

暫く自分の胸に意識が向いていなかった私は自分の胸を触り、全身から血の気が引き、突然得も言われぬ恐怖感が襲ってきた。

しこりが大きくなっている。。。」

私がもらした一言を聞いた夫の青ざめた顔が今でも印象に残っている。

夫はすぐに「明日会社を休むから、一緒に病院に行こう」と言ってくれた。

とにかく早くということもあったが、2年前にいった病院は割けるため、隣町の女性クリニックへ診断に行った。すると「確かにしこりがありますね。技師が3日後に来るのでエコー取りましょうか」

との回答。

しかし、今すぐにどうなっているか知りたい。不安が募りの募った私達夫婦は待つことができなかった。

乳がん専門医でなくてはわからないのでは?」と夫の意見採用し、インターネットで調べ最も近くにあった乳腺外科のある病院へ行った。

大学病院では当日は難しいため個人病院だった。

まずは触診。先生の無表情さが不安掻き立てる。その後針生検へ。これは正直かなりの痛みがあり、辛かった。

終了後、先生は「結果は一週間ほどで出ます検査結果によっては大きい病院を紹介する形になります。」と。

もはや1週間を待てる心理状態ではなかった。一刻もはやく白黒を知りたい。先生にお願いをして大学病院への紹介をすぐにもらった。

幸いにも大学病院ではすぐに乳腺外科の診断ができた。

視触診
マンモグラフィー
乳腺エコー
CT
血液検査
マントーム生検

これらの検査を一気に検査を行うことができた。これで自分乳がんなのかそうではないのか、ハッキリと分かる安心感はあった。

「これらの検査結果は来週に」と先生。

この一週間は今まで感じたことのない長さだった。

死への恐怖心
来ることが当たり前に思っていた未来が来ないかもしれない喪失感
気を使わせてしまっている夫、子どもたちへの罪悪感
不安なく健康暮らしている人たちへ理不尽嫉妬心
色々な感情が目まぐるしく移り変わり心身ともに疲弊していた。

加えて、2年前、なぜしこりが気になった時点でもっと詳しく調べなかったのか、夫に相談しなかったのか、激しい後悔にも襲われた。

神さまはいないのか・・・

疲れ切った私たちにやってきた結果は優しいものではなかった。

「左胸に3cmの悪性腫瘍。99%の確率乳がん

診断結果を聞かされた瞬間、私は頭が真っ白になった。

先生が言っている言葉は聞こえるが頭に入ってこない。隣の夫も呆然としていた。同じ状態だったのだろう。

何も考えられない、何も声発せない状態が3分は続いただろうか。

我を取り戻した私は、

「どうすれば治りますか」と先生に聞いていた。

結論は手術。

私は家族と一日でも長く幸せにくらしたい。その思いが人生の最優先だと強く認識した。

女性として葛藤もなかったと言えば嘘になるが、全摘選択した。

その日から長い闘病生活が始まった。

入院の前に待っているもの

医師から告知を受けると今度は身内や親しい人に話をする必要が出てくる。

まずは娘と息子に12歳の娘、10歳の息子。

ともに私が大変な状況にあることは理解してくれたようで、神妙な顔つきをしていた。こんな状況だが「泣いたり喚いたりせず立派だな」と成長を感じ少し嬉しい気持ちもあった。

次に両親へ説明をした。福岡に住んでいるのでまずは電話で話をした。母が出た。

母とは昔から何でも話し合える仲だ。あまり回りくどく説明しても仕方がないと思い、率直に「乳がんになった。手術をする」と伝えた。

母は言葉を失い、暫く無言が続いたあと母自身を責めた。

「ごめんね・・・、ごめんね・・・、ごめんね・・・

と私に声をつまらせながら何度も何度も謝った。

親の前ではやはり自分子供に還るのだろうか、今まで必死に堪えていた恐怖心や悔しさ、絶望感があふれ、私も涙が止まらなくなった。

でも悲しみのスパイラルに入るわけにはいかない。

絶対に治すから

できるだけ不安を与えないように力を込めてシンプルに伝えた。

友人関係の難しさ、心無い一言、ひび割れ関係

仲の良い友人にも伝えておく必要があると私は考えた。

私のこの考えは安易だったのだろう、結果闘病前に友人関係で心のダメージを負うことになった。

仲が良いと思っていた主婦仲間、ママ友に告知をすると

「大変ね~、大丈夫??本当に心配だわ」

という反応。

「え?それだけ?」

特に親身になって欲しいとかそういうわけじゃない。何が欲しいのかもわからないけど、何か嫌だ。そんなダダっ子みたいな自分も嫌になった。

更に追い打ちを掛けたのは「親友」だった。

中学校からの友人、由美とは今でも週に一度は会う仲で、何でも話せる間柄。

私と由美はまるで姉妹のように、同じような進路を辿り、同じようなレベル男性結婚し、同じように幸せな家庭を育んでいった。

から進路の話、異性の話、結婚してからはお互いの家庭の話、旦那愚痴家族ぐるみでも付き合える最高の友人だった。

由美になら何でも話せる。親兄弟よりも私の気持ちをわかって親身に寄り添ってくれるそんな勝手な期待をしてしまったのだろう。

由美にも率直に

乳がんになった。これから長い治療に入る。手術は正直こわいけど頑張る」

と伝えた。

ただ、由美にだけは同じ女性、同世代ゆえに全摘によって片胸が失われることに関しての悲しさがあるという話をした。

するとA子は

「なにも腕や足がなくなるわけじゃないんだから胸くらい良いじゃない。」

と言い放った。

彼女は明るい性格だ。彼女なりに私を励まそうとしたのかもしれない。

死を意識する日々、あまりに多くのものを失っていく毎日、私があらゆるものに敏感になりすぎていたのかもしれない。

ただ、この一言はどうしても受け入れることができなかった。

私が置かれていた状況は私の平常心を奪っていたんだろう。滅多に感情的になることがなかった私が怒りを抑えきれず、由美に対して激しい言葉をぶつけてしまった。

これまで長年にわたり育んできた暖かな友情に大きなヒビが入ってしまった。乳がんはまた一つ私から大切なものを奪ってしまった。

遂に手術

家族不安、両親の涙、友人との離別、多くのネガティブ感情を抱えながら私は手術に挑む。

スケジュールが出た。

手術は診断結果が出た日から20日後に決定。全摘選択したために術前の化学療法はなし。

手術2日前から入院となった。前日から食事も取れない。当日は朝から各種検査を行い以異常がなければ全身麻酔をして手術開始。目を覚ませば手術が終わっている。

手術は予定よりも2時間遅れて終了。遅れた理由リンパ節への転移が見られたから。麻酔が切れて朦朧とした中で、病室で夫がずっと手を握ってくれていたことは記憶の中にうっすらと残っている。

乳がんが発覚し自分の信じていた世界が全て崩れてしまったと思っていた。

でも夫だけはどんな状態の私も暖かく包んでくれていた。こんな時だからこそ夫の愛情を強く感じることができた。手術が終わった安堵感と、愛を感じられたことによる充足感か、そのまま深い眠りに就いた。

翌朝の目覚めは心地よかった。起きたら包帯でぐるぐる巻きだ。まあ夢ではない。現実だ。左のおっぱいないよなー。と思って触ってみるとやはり・・・ない。

わかっていたけど、現実を突きつけられると涙がこぼれた。

術後に体内にたまるリンパ液や血液を出すためのドレーン管が二本入ってたが。ここから液がでなくなれば退院だ。

7日後、遂に退院が出来た。退院時の値段は50万円だった。私はがん保険には入っていなかったので正直この金額は厳しいものがあった。備えあれば憂い無し。

そんな言葉が頭をよぎったが、今は無事に退院ができたことの喜びの方が勝っていた。

抗がん剤治療・・・これから始まる本当の治療

左の胸がなくなってしまったことへの喪失感はあった。お風呂に入るときなど自分身体から目を背けたくなる時期もあった。

でも、疑似おっぱいの性能が以外と良く、服の上からでは見た目にわからない状態になった。そこからはだいぶ気分が楽になった。

気分は元に戻ってきたが、治療はまだ終わりではない、手術から30日経過した時点で今度は抗癌剤治療が始まった。

期間は3週間を1クールとして、8クール複数抗がん剤を組み合わせての実施

抗癌剤治療と言えば、ドラマでも度々その様子が描かれる。そのためわずかに恐怖心があった。でも生きるため。

ここでも家族存在が私の心を強く支えてくれた。

抗がん剤治療想像していたよりはキツくはなかった。最初の一週間は特に異変もなかったけど、8日目辺りから吐き気貧血が出始めた。割りと調子が良くなってきた17日後に遂に髪の毛は完全に抜けてしまった。「あー、やっぱこうなるのねー」と思った。

覚悟は出来ていたので、思っていたよりはショックは少なかった。

クール目は特に問題なく過ごすことができた。まあ抗がん剤の点滴の際は気が重いくらいかな。

クール目に入る前にはかなり抜け落ちてきた髪が目立つので、ウィッグを買いに行った。季節をまたいでの治療なので冬用と夏用を両方買った。

それにしてもケアグッズも高い。

まり大きな声で言う人はいないと思うが、乳がん治療以外にかかる金銭負担も大きい。

クール目に差し掛かる頃には髪の毛は全て抜け落ちた。髪だけでなくまつげ、眉毛、体毛全てが抜け落ちた。顔色も悪く自分を鏡で見るのがちょっときつくなった。

いつも看病してくれる。夫も私の姿をみてどう思っているのかな。。。と少し気になる時期だった。

こうして、長かった化学療法も遂に8週で無事に終わりを迎えることができた。もう吐き気に悩まされることもないと思うとかなり気が楽になった。

楽しい時期は2ヶ月なんてあっという間だが、治療となると1年間のような長さに感じる。

抜け落ちた髪も徐々に生えてきて、昔に戻れるのかな-と淡い期待を抱かせてくれた。

化学療法を無事に終えた私は最後治療放射線治療に入ることになる。

永遠に続くと思われた治療・・・遂に・・・

放射線治療は、全部で30回。毎日通院が必要で、一ヶ月半ほど平日は病院通いが必要になった。経済的負担も引き続き大きかったが、仕事の調整をして一緒に通院してくれた夫に負担をかけているという罪悪感も多くあった。

放射線治療にも副作用がある。軽い火傷のような症状だ。熱い、かゆい、痛い。放射線を当てている患部は赤黒くなってしまい、見るからに痛々しい感じだ。

ただ化学療法と違い体外的な副作用しかなかったので、辛さで言えば全然問題なかった。

手術をしてから半年が過ぎて、ようやく私の乳がん治療は全て終了した。

毎日毎日通った病院乳がん発見してもらった病院にそのままお世話になって本当に良かったと思う。

検査ときは無表情で怖かった先生も病に真剣に向き合って時には優しく、時にはハッキリと私が不安にならないように、また過剰な期待を抱かないように上手に説明をしてくれた。

この先生に出会えたことは私の幸運だったと思う。

お陰で私は現実と向き合い、治療目的を正確に理解しながら集中して治療を受けることができた。先生本当にありがとう

「これでがんは完治」

そう言えればどれだけ幸せだろうか。

がんとの戦いはここからが始まりといってもいいかもしれない。

一般的ながんは5年再発しなければ完治と呼ばれるが、乳がんは10年後20年後も再発の恐れがあるために、ほぼ一生に渡って再発の恐怖との戦いになる。

「一生がんに怯えて生きていく」

こんな人生を送ることはまっぴらごめんだ。

「がんをうまく扱って生きていく。」

家族献身的な支え。そして我慢我慢を重ねた闘病生活

そのなかで私の心は強くなっていた。がんを再発させないように生活改善していけばいいじゃないか。そうポジティブに捉えることができるようになっていた。

最初からこの心があればなぁと今では思うけど、

乳がんによって手に入れられたこともあるのかなと思うと、最悪なことばかりではないかと思った。

がんで失ったものを取り戻す旅

手術が終わって一年が経った。本当に激動の一年だった。

今の私の生活はどうなっているか

幸いといっていいかな。見た目以外は正直、乳がんが発覚する前とあまり変わらない状態だ。

リンパ節を取った左手は、日常生活にはなにも支障はない。

抗がん剤副作用だった爪の異常や関節の痛みも治まった。

ただ髪の毛はやはりなかなか生えてこずまだ5cmほどしかない。出かける時、来客のとき帽子を被るようにしている。

左胸がないことにはさすがにもう慣れてしまった。残念に思うのは大好きだった温泉に行きたくなくなっちゃったことかな。

胸のコンプレックスが薄くなった今なら親友言葉も笑った受け流すことができたのになーと思うと少し心が痛む。

変わった事と言えば、食生活生活習慣が改善したこと。

以前は特にお肉が大好きでカロリーは紀にしながらも好きなものを食べていたけれど、今は野菜を中心とした食事抗酸化作用の高い食品をメインにしている。

そのおかげもあってか、再発は今のところなく、検査結果も良好。適度な通院も生活リズムを整える意味で意外と気に入っている。

家族との結束は乳がんによって以前より固まった気がする。長女は14歳になったが私の身体を察してか、家事積極的に手伝ってくれるし、反抗期の気配もない。12歳になった長男もだいぶ私を労って自分のことを自分でやるようになった。時々一緒にお風呂に入るが胸のことには触れてこない。なかなか優しいやつだ。モテる男になるかも。

夫は病気の前から優しい人ではあったが以前に比べて、私を心の底からいたわってくれている。先週末、酔って帰ってきた時に話していたが、乳がん告知の際、私を失うかもしれないと思った時に本当の愛が溢れてきたそうだ。

先日からかったら、覚えていないと本人は言うが、どうだかは知らない。

親友との関係は残念ながらまだ修復には至っていない。先日スーパーで顔を合わせたが会釈程度で終わってしまった。今の精神状態なら素直に私から謝ることができる。彼女との関係修復は今の私の一番の課題だ。

こんな感じで意外と悪くない日常を過ごすことができている。

「私から全てを奪った乳がん

手術前後治療中は頭の中にはこの考えしかなかった。

でも、今こうして、振り返ると悪くないことも多いなと思うに至った。

あなたには絶対に「この後悔」はしてほしくない

どうしても後悔はある。それが今回私が体験談を語ろうと思った理由。いまでも本当に後悔していることは一つ。

乳がん発覚の2年前、最初に気になった時点で乳がん早期発見の機会を逃したこと。

もしここで、私の治療をしてくれた大学病院までたどり着くことができていたら・・・

早期発見というくくりの治療となり切除も再発のリスク存在しない状態治療が終わっていたと思う。

親友との離別も家族への過度な負担。これらも起こることはなかっただろう。

私の弱さゆえの判断ミス。これに尽きる。

10月1日ピンク色に染まった東京タワーを見た時にもっと深く乳がん自分ごととして考えられていればな-なんてことまで思ってしまう。

乳がん女性の12人に1人がなる病気と言われている。確率は高い。あなたもなる可能性が十分にある。正直発生自体を防ぐことは生活習慣などにもよるし、生活習慣を気をつけていても病気はいつ襲ってくるかわからない。

anond:20170611141851

今はどっぷりつかってるから

永遠に続くように感じる

習い事学校ママ友関係など

子どもが成長し

時期が来たら終わる

私も昔悩んだよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん