「児童書」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 児童書とは

2020-08-14

出版業界は早くネトウヨ本を出せば儲かるって勘違いから目を覚まして

ネトウヨ的な本を出せば売れると勘違いしている出版人が多すぎる。

書店ではネトウヨ本が強いみたいな印象がまかり通っているが、はっきり言ってでたらめだ。

そもそも書籍ランキングを見れば素人でもわかるが、上位にネトウヨ本がくることはない。

売れているのはエンタメ本や人生訓児童書実用書、たまにノンフィクションだ。

ネトウヨ本なんかよりはるか樹木希林の本のほうが売れている。

売れる本を作りたいならネトウヨ本を作るよりエンタメを作っていた方がいいのだ。

ファクトフルネスサピエンス全史のどこにネトウヨ的な要素があるのか?

しろリベラルな本のほうが売れているのだ。

こんなのはネトウヨ本が増える前からわかっていたことで、保守系雑誌なんて10年前には軒並み休刊しているし、保守に寄せた『新潮45』なんて炎上して廃刊している。今残っているのは『HANADA』くらいなものだ。

そもそも日本で一番シェアのある新聞朝日新聞で、リベラルネトウヨに押されているなんて印象はまったくの錯誤なのである

いったいネトウヨ本が売れていると言っている人は何を見ているのだろうと疑問に思う。そんなデータはどこにもないのである

早くきちんとマーケティングできる人が出版業界に現れてほしい。

世間の印象だけで本を作る人が多すぎる。

2020-07-22

有言不実行な友人の話

ある友人に我慢できず、他の友達に話すのも気が引けるので筆を執ることにした。

私の自分語りを多分に含んだ愚痴のような物なので、肩の力を抜いて読んでいただければ幸いだ。

私はしがない字書きの大学生である中学生の頃には仲の良い友人二人と、自分たちを模したキャラクター架空世界の中活躍させる創作を交換ノートの中でやっていた。元々絵を描くことも好きだったが、どう足掻いても上手く描けないことに諦めを感じ、気付けば文章ばかりを書いていた。

高校に入ると文芸部に入った。入部届けを提出するまで、入ったことは親には黙っていた。シンプルにそれまでやっていた吹奏楽に嫌気が差しただけなのだが、高い楽器(丁度自分の貯めていたお年玉やらお小遣いやらの全額程度だった)を買ったというのに吹奏楽を続けなかったので、父親は後にも先にも無いほど激怒した。当時の私は相当にショックを受けたが、まあこれは関係の無い話なのでやめておく。

とにかく文芸部に入ったのだ。正直本当に楽しかった。気の合う友人もできた。文学という架け橋が無かったら話すことも無かったような、私とは系統の違った部員一冊の本を作るのは刺激的だった。空が白んできても何も浮かば空虚日の出を見たり、締切の為に定期テストそっちのけで徹夜をしてキーボードを叩いて編集をしたり、高校生なりの熱量部活を、書くことを、“創作”を、楽しんでいた。

恐らく想像がついている方もいらっしゃると思うが、私はオタクであるとはいえ二次創作イラスト等の投稿や閲覧が楽しめるSNS投稿を始めたのはつい最近で、それまでは内輪のオリキャラでの創作小説を書いたり、時には友人を主体にした夢小説を書くこともあった。

そんなこんなでここの所二次創作を楽しんでいる私であるが、どうにも腑に落ちないことがある。

端的に言ってしまうと、あまり好かない友人がいるのだ。彼女高校1年生の頃からの友人で、ありがちな書き方ではあるが彼女をAと呼ぼうと思う。(A以外にアルファベットは出てこないので、特に気に留めて置く必要はない。)

Aは自信家だった。帰国子女のAは英語を始めとして成績優秀で教員にも好かれる模範的な生徒だった。本人はそれを隠すこともなく、「私は天才から」「と言うより、努力型の秀才なんだけどね」と言ってのけていた。努力を惜しまない姿勢は素晴らしいし、怠惰な私は純粋尊敬したが、その努力をひけらかす行為はいただけなかった。受験期にはキーワードをページいっぱいに書き連ねたノートボロボロになった単語帳を常に持ち歩き、志望校赤本まで隠さず机の上に置いてあった。私は「落ちたら恥ずかしくないのかな」とぼんやり思っていたし、本番当日にもAは「Twitterしてる場合じゃないけど不安 報われなかったらどうしよう」だの「爆死」だの呟いていたが、最終的にAは無事合格し、その大学へと進学した。

思うに、Aはオープン性格なのだ。未だにTwitterの鍵垢同士で繋がっているのだが、課題の進捗やらをよく呟いている。「自称天才から(オンデマンド)授業明日の分全部受けてレポートまで書いた」「虚しいから労って(レポート画像)」などなど。活きの良い大学生である

さて、本題から離れてしまったが、私がお話たかったのはAの創作についての話である

実はAは高校在学中から一次創作を嗜んでいた。Aはもう一人の友人とタッグを組んで自作ゲームを作ろうとしているようだった。所謂ファンタジー物で、次々とキャラクターを生み出してはストーリーの核となる部分を練ったり、キャラクター自身の掘り下げをしていた。

なぜ私がそれを知っているのか。それは彼女が片っ端からTwitterに放流するからである。興味が無いので完全にスルーしていたが、AやAの周りの友人はいつもAの生み出したキャラクターの話をしていた。

彼女ゲームシナリオとなるその“創作”の本筋を書いて、もう一人の友人は立ち絵や背景を書いていた。

書籍化しないかな」

Aのそんな旨の呟きをよく見かけた。

そのうち、Aの周りにいる友人は、そのキャラクターイラストを描き出した。漫画にせよ小説にせよ映画にせよ、ストーリーを追ううちにキャラクター個性を見出す私にとっては、設定や性格が書き連ねられた一枚絵を見せられても特に何も思わなかったが、友人たちは違ったようだ。確かに毎日それらのキャラクターの話を聞いていれば興味を持つの自然だろう。

最初こそAは大いに喜んでいたが、そのうちさして大きなリアクションをとらなくなっていった。そのうち、「おまえらファンアート15溜まったら本編まじで進めるわ、ケツ叩いてもらわないと無理かも」といった旨をツイートしていた。

Aとタッグを組んでいた友人は、徐々にTwitterに浮上しなくなっていった。その代わり、Aは自分のことを“字書き”と自称することが増えて、ゲーム制作の話は一切しなくなっていった。

Aはよく産みの苦しみの類いのツイートをする。

「一話が上手くいかいから先に進めない」

「予定の字数より多くなっちゃったw」

キャラには自信あるけど文に自信ないから〜」

「(とある児童文学タイトル)の後釜狙ってます

そう言って一通り喚き散らした後、「やっぱり今日は書けないから寝よう」と言って日付の変わる前には就寝している。

なるほど、AもAなりに書くことを楽しんでいるようだ。いつか自分創作を完成させて、それが大々的に二次創作される日を夢見ているらしい。丁度今、絵の上手い他の友人に描いてもらっているように。

私は一言言いたかった。

四の五の言わずに書けよ。

一発当てたいなら本気で完成させろよ。

甘えてんのか。

もちろん私は今の文壇リードするような大作家でもなければ、新進気鋭の小説家でもなんでもない。しかし、Aよりも文字を書くことは数こなしてきた。適切な表現が思い浮かばなかったり、心苦しくても大部分を削除してエンディングを書き直したり、寝食を忘れて夢中になって書いていたこともある。もちろんそれが重要なことでないこともわかっている。

Aは昔、高校生だった頃に私にこう話したことがある。

わたし、○○(私の本名)ちゃんのことすごいと思うよ。文芸部に入ったら、締め切りとかそういう重圧で死んじゃいそうだもん。自分好きな物上手く書けなそうじゃない?」

私はこれに何と返したかは覚えていない。しかし、文芸部は私に書き終えることの大切さを教えてくれた。

オープン彼女は書いている最中の苦しみを漏らすことを抑えていられない。しかもそれをやたらと文学的に表現しようとする。浮かんでこない、降ってこない、突然書けなくなる……、そういったありきたりの表現で。Aはやたらと“創作”や“小説”という言葉を使いたがった。自分が今しているのは“創作”で、“小説”を書いている。その行為に酔っているように見えた。けれど言葉が固くなってはいけないと思っているのか、進捗状況が載ったスクリーンショットに映る文はなろう系を模したような劣化させたような文体なのである

「私の文幼稚なのはわかってるんだけど、かっこつけた描写はしたくないな。児童書目指してるし」

子供が読みやすい文、単純に砕けた文、そして口語ばかりで仮名遣いの怪しい文。難解な表現を使うことと、状況を説明するために上手く言葉を組み立てること。これらは明確に分けられていると思う。斜に構えた描写を、子供には解しがたいと思っているのだろうか。私は自身の素の書き方がかなり固いこともあり、まるで自分が“かっこつけた描写”をしているような気がしたこともあり、なんだか頭にきてしまった。

また、数日後にはこんなツイートもあった。

承認欲求足りな過ぎて手っ取り早く誰かに褒められたいけど、二次創作は書けないからなぁ」

この発言は私の逆鱗に触れた。

私は、自分の書いた二次創作を「承認欲求を得るための行動だ」と言われたように感じたのだ。書いた物を貶されるのは嫌だけれど、書く動機をAのようにあからさまに「誰かから評価されるため」にすり替えられるのが耐えられなかったのだ。ネットに公開している以上、何らかの反応があることはもちろん嬉しい。しかしそれ以上に、頭に浮かんできたシチュエーションを練ってひとつの話を作ることが楽しいのだ。

今思うとAはそこまで考えて発言したように思えない。恐らく私の考えすぎだ。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いし、何を言ったかより誰が言ったかが気になる質なのかもしれない。

SNS上でのAとの繋がりを消そうにも、そのアカウントには共通の友人が多く、彼女たちが気を利かせて私の転生後のアカウントをAに伝えてしまうことは想像に難くない。かと言って「繋げないでくれ」とあからさまに嫌う素振りを見せて友人関係にヒビを入れたくもないし、ログアウトしてしまうと他の友人の呟きまで見れなくなるのも寂しい。そういうわけで今でもAとはFF内で、表向きは仲良くやっているわけである

さほど苦ではない。しかし確実に自分ストレスを感じていることはわかるので、いつか縁を切ろうと思っている。

結局これはさして大きな問題ではなく、周りからチヤホヤされている人間を妬ましく思っている私の醜さが露呈しただけなような気がしたので、この辺で筆を置いておこう。自分の“創作”のスタンスに口を挟まれて気分を悪くするのは、私自身もそうだから

2020-07-10

anond:20200710130430

BL殆どは成人指定相当の内容ではないし

「成人指定ではないが子供に読ませるのは倫理的にどうよ」って内容の本が置いてない本屋って

それこそ児童書専門とかでないとあり得ないが

anond:20200710125651

本屋私的な場だけど

因みにコンビニは今だと社会インフラ扱いで公共の場とされてる

からエロ本排除された

でも本屋エロ本を売るのはOKだって本屋公共インフラ扱いではなく私的な場扱いだから

(勿論成人指定相当の本ならそれなりの扱いは必要だが

「成人指定ではないが子供に読ませるのは倫理的にどうよ」って内容の本も並べて売るのは問題ないし、実際広く売られている)

でも本屋と言っても子供向けである児童書コーナー(ラノベコーナー含む)に

「成人指定ではないが子供に読ませるのは倫理的にどうよ」って本を置くのは問題あるわけ

そういう一般社会規定が分からないの、ちょっと空気読めなさすぎだよ

anond:20200710125054

因みにラノベコーナーは基本児童書コーナー扱いだから

図書館なら児童書扱いになる本が多数置かれてるわけだし

anond:20200710124835

立ち入り禁止な訳でもないが、子供の為の場所でもない。

児童書コーナーは子供の為の場所

違い分かる?

anond:20200710124532

児童書コーナーにBLが置かれているのは見た事ないが

anond:20200710124240

一般書籍コーナーと児童書コーナーを一緒にするのもやめようね

2020-06-11

魔神英雄伝ワタル観てるけど

北斗の拳風のネタも多いな

追記

あし豊さん脚本家など

スタッフ自体北斗の拳アラレちゃんドラゴンボールアニメ版結構関わりが深いしな

追記2

あとビックリマンの影響

ネバーエンディングストーリーの影響も?

OP観てると千と千尋の神隠し思い出す

追記3

ギロチン時計子供番組とは思えないインパクトあるな

追記4

龍神丸とか龍王丸のなかって四次元ポケットみたいだね

追記5

虎王って美少年キャラだと思ってたけど

初期の作画は必ずしもそうじゃないんだな

追記6

視聴者からのおハガキ紹介も1080pに!!!

追記7

このアニメには怪傑ゾロリという

後に有名な児童書アニメリーズとなるかいけつゾロリと同名の敵キャラがでてくる。

2020-06-10

本の神聖視についていけない

和歌山オープンするツタヤ図書館デザインで、ツイッターお祭りになっている。

詳しくはこちらの記者の方のツイートを見ていただきたい。

https://twitter.com/fujino_asahi/status/1268721218925912067?s=20

コメント欄

車いすで近寄れない」(普通図書館でも高いところの本は取れないが、一考の余地はあるかもしれない)

「靴の汚れが本についてしまうのではないか」(これは説明が足りなかったと思うが、ここは土足禁止児童書エリア子供が楽しみながら本を読めるスペースになっている)

階段から落ちる危険性」「寝転がらないと本が取れないので衛生的にどうか」

という、懸念の声がある。このような「衛生や安全管理面でどうなのか」という疑問は必要だと思うし、よい。




それはよい。

私が気になるのは

「本に対するリスペクトが全く感じられない」「本に恨みがあるとしか思えない」「本をただの飾りとしか思ってない」などのお気持ち表明だ。





いや

ほんと

Twitterに長く住んでいるとこういうの良く見るんですけど…


なんでそんなに「本だけは特別もの」として扱うのかマジでわかんないんですよ。


一応私は一時期書店で働いていたこともあるし、文学部卒なので本には慣れしたしんでいる人間だと思う。

でもなぜそんなに「本が踏まれるなんてかわいそう」って悲観するのかマジでからない。



学術的な本や、歴史的価値がある本はそりゃ博物館図書館で大切にするべきですよ。そもそも図書館から、本は大切にするべきですよ。ほかの人も読むんだから税金で買ってるんだし。

でもそれ以上のことってない。

だって本ってモノで、消耗品で、本屋に行けば買えるし、リサイクルショップだって売っているものなんですよ。

それを「読み、かけがえのない創作物として大切にし続ける」のは一つの目的であって、別にそれに限ったわけじゃないんですよ。

雑貨として買ったっていいじゃないですか、一般流通してるんだからオマケ目当てで雑誌を読まずに捨てようと、「机の傾きにちょうどよかったから」って机の下に本を挟もうと、そんなのはもう個人にゆだねられていることですよ。

古着を切ってアクセサリーリメイクしたっていいし、食器乾燥機フィギュアの塗装を乾かす用途に使ったっていいのと同じです。


これは個人で買った本の話であり、図書館の本は丁寧に扱うべきです。でもそれは「公共物だから」です。

「みんなのものから個人が汚してはいけない」以上のことを「本に対するリスペクトが全く感じられない」ってケチつけるのは本当に傲慢だと思う。直接踏んでいるわけでもないのに。


以前、不要在庫となった本をドミノにしようとして炎上した図書館があったと思うけど、別にいいと思うんです。公共物、消耗品としての役割は果たしたんだから

なのに本に関してだけ「リスペクトがない」だの「本が好きじゃない人のデザイン」だの「好きなひとからしたら言葉が出ません」だのほんっと~~~~~~~~に「本を神聖視しすぎ」以外のコメントが出ない。

「衛生/安全/管理」と「自分の快・不快」は切り分けて考えてほしい。マジで

「足もとにある本を手にする人があるとは思えません。」とかマジなに?お前の家の本棚、足元まで本が入ってないの?「ひらがなが読めるようになったちいさいこども」が取り出しやすいのは足元に近い本だが?と、だれでも反論できそうなことを「本の神聖視」によって「私は衛生面や使いやすさも考えたうえで言っています」みたいな態度とるの気にくわね~~~~あなた、さてはこどもがいませんし、本を足元まで入れなければいけないほどの蔵書でもないですね???オタクなのでここまで一息)




「衛生/安全/管理」と「自分の快・不快」は切り分けて考えてほしい。マジで。大切な主張なので2回言いました。

図書館の本は丁寧に扱うべきです。でもそれは「公共物だから」です。「本だから」ではないです。大切な主張なので2回言いました。


でもこういうこと言うとツイッターめっちゃたかれるんだよね。私がベッドの横のサイドテーブルに、翻訳者違いの本を用意して、一冊の本をもう一冊に挟んでしおり代わりにして、翻訳の違いを楽しんでるとか言ったら「本を大切にしてない」「しおりを2つ用意しろ」ってぼっこぼこに怒られそう。なのでこういうところで書き込みます

2020-05-28

[]端綱

馬の口につけて引く綱。

だいたい、現代に生きる平均的な市民である私は、乗馬をする機会などほとんどなく、ファンタジー時代小説馬術に関する用語が出てくるたびに辞書を引かねばならない。同様の理屈で、船舶に関する語彙についても無知であり、これが外国語にもなるとどうしようもない。「朝びらき丸 東の海へ」の原文に挑戦したときにも、児童書なのでそれほど難解な言葉が出ているはずもないのに、困惑した。

ちなみに、この言葉が出てきたのは興亡の世界史シリーズの「アレクサンドロス征服神話であるマケドニアでは、敵を一人も殺したことのない者は馬の端綱を帯とする屈辱を受けねばならなかった。当時のマケドニアはきわめて軍国主義的な国家であった。

2020-04-23

anond:20200423191737

市は苦しまない、苦しむのは

正規採用職員と、その自治体利用者...

SAGA出身新自由主義者公立図書館民営化したり、子だくさんだが自他共に認めた非イクメンの元弁護士政治家調子にのって児童書専門図書館中傷的して廃止したのを見よ)(誰も図書館を心底は欲していないのだ)

2020-04-16

ルビつきの青空文庫

小学校3年に読んでもらうための児童書Epubを作ろうと思い、青空文庫を見てみた。青空文庫形式Epubに一発変換するアプリがあったので、さっそく変換してみたが、ルビが少なすぎる。久しぶりに電子書籍リーダー電子インク)を取り出してきた。これなら自家発光しないので良かろう。子どもに「音読してみろ」って促したが、声を出そうとしないので、たぶん読めてないんだと思う。小学校の2年間で習う漢字なんて大した数じゃないだろうしそんなもんでしょ。ルビを追加しまくるサイトは見つけたが、青空文庫形式でなくなり、Epubへの変換が簡単でなくなる。_| ̄|○ Kakasiを使って、すべての漢字にルビを追加し青空文庫形式で出力するスクリプトとかそこらへんに転がってないのか?福武書店とか児童文学系が電子書籍無料公開しとらんのかいな?

2020-03-26

Hな夢を見た

パジャマカタログを見たりパジャマを着たりする夢だった。

夢精した感覚があったが起きたら特に夢精していなかった。

【補記】

2020-03-19

まだまだ現役の児童書長寿シリーズ

半分備忘録ではあるけれど。


かいけつゾロリ

言わずもがな、の長寿シリーズ2018年12月シリーズ64作目が発売された。

累計発行部数は3500万部を突破する大ベストセラー

『ぼくら』シリーズ

ぼくらの七日間戦争」をはじめとした青春小説

『ぼくら』シリーズ自体は完結しているものの、『新・ぼくら』シリーズでたびたび書下ろし新作が挟まれるため実質継続中。

シリーズとのクロスオーバーも含めるなら優に50は超える大御所シリーズ

マジック・ツリーハウス

海外作品だって負けちゃいないという好例。

初期はストーリーの長さの関係上、途中まで原語版の二巻分が日本語版の一巻にまとめられていた。(15巻からは1:1対応

それを加味しても日本語版では45巻が2019年1月に発売されているやべーやつ。挿絵かわいい。(原著は60巻オーバー

ちなみに原書の作者は来日時に「40巻まで書いたが(来日当時)、あと40巻ほど書く予定」と尾田っちみたいなことを言ってのけた化け物。

ウォーリアーズ』

同じく海外組。スケールやばいにゃんこ大戦争

筆者が学生の頃にはシーズン2までしかなかった気がするがその時点で読みごたえが抜群だったこから厚さは察してほしい。

現在日本語版シーズン4の第四巻まで発売、原語版は現在シーズン6まで刊行中。海外ドラマ特有翻訳待ちみたいな状況になってる。

青い鳥文庫の面々

昨今の映画化アニメ化で沸き立つ『若おかみは小学生!』(完結作品、全20巻)をはじめとする講談社児童書レーベル

かつての長寿シリーズクレヨン王国シリーズを連載していた例もあり、現在も長期シリーズは多い(ちゃん新規シリーズ作品もあるけどね!)。

現在進行形で連載している面々だけでも、『タイムスリップ探偵団』が33巻、

パソコン通信探偵事件ノート』、通称パスワードシリーズが32巻(外伝除く)、『黒魔女さんが通る』が28巻。

というか大体若おかみの同期のせいな気がする。


ちなみに大体同期?である名探偵夢水清志郎事件ノート』は新シリーズ含め15巻くらい(外伝除く)。

まあはやみね先生は他にいろいろ作品併行して書いてるからね、仕方ないね

ルドルフとイッパイアッテナ

長寿作品に目を向けてはいたけれど、最近映画化されたこれもまだ一応続いている。

現在シリーズ4作ながら発行部数は累計100万部以上のキラーノベル

作者が「5作目はそう遠くないうちに書く」と言っていたため、期待は出来ると考えられるであろう。



ざっと思いつく限りのものをまとめたけれど、当然いろいろと抜けていると思うのでまた何かの折に追加したい。

ついでに誰か挙げられてない作品があったら紹介なり進言なりしてほしい。かしこ

2020-02-18

anond:20200218230307

図書館とか言い出してきて何が言いたいのか本気でわからなかったんだけど、ラノベ児童書卒業したやつが読むようなヤングアダルトに含まれるんだから過激な表紙するなとか言ってたのもしかして

基本的高校生程度のティーンが読む小説なんだからヤング系の漫画雑誌程度の表現は通常許されるでしょう。

ヤングアダルトでもジュブナイルとかもう少し低年齢向けのゾーンがあるんだからその辺りと内容に差があるのは当然では。

anond:20200218195858

つばさ文庫児童書だよ。

例えば図書館だと、ラノベ基本的に「ヤングアダルトYA)」扱い。

このYAってのは「対象年齢が児童書より上だが一般書よりは下の本」ってこと。

んで一般書と児童書コーナーが分かれている図書館場合児童書コーナーに置かれる事が多い。

うちの近くの図書館もそう。

具体的にはスニーカー文庫とか電撃文庫とかな。

流石に美少女文庫は無いがな。

因みにうちの近くの図書館で、件の炎上した「境界線上のホライゾン」(https://togetter.com/li/1265112)があるか調べたけど

件の巻(11中)は書庫、それ以外は一般棚にある巻もあった。

流石に表紙からして展示できない、出来る巻も児童書コーナーに置くのは憚られると思われたのかもしれない。

(同じ電撃でもSAOとかキノYAにあった)

どこに置くかの判断図書館によるだろうけど。

でも本屋なら置かれるのは同じ「ラノベコーナー」である所が殆どだろう。

anond:20200218195031

実際は児童書卒業したくらいの子供が読む本も置いてある場

児童書の次って角川つばさ文庫とか? その辺ラノベと一緒にしてるコーナーとか見たことねえわ。その本屋おかしいんじゃねえの。

anond:20200218194239

農協の方は自治体コラボから赤十字より公共性高いぞ

あとラノベと言うとオタク向けエロ本しか思いつかないのかもしれないが、

実際は児童書卒業したくらいの子供が読む本も置いてある場なので

エロ本は勿論一般書籍売り場より厳しい基準でみられるのは致し方ないだろうよ。

2020-02-12

ラノベが「児童書」のジャンルに分類されることによって、子供への悪影響云々を長文で語る面倒くさい人に絡まれるということがわかった

2019-12-21

anond:20191220222318

ドラえもんも気に入らないくら教育に気を遣っていて、更に教育が主目的なら

漫画じゃなくて児童書の方が良いと思うんだけど何故敢えて漫画

図書館だって漫画より児童書の方が豊富だろうに。

(ってか学校図書時間あるだろ?そこで子供面白い本覚えてきて家でも読みたいから欲しいとか言い出さない?)

漫画って別に教育の為のものじゃないし、小1対象漫画って殆ど無いだろうし…(コロコロだって中学年以上対象

こち亀も細かい台詞や状況までは理解してなくてただ絵面だけ見てるんじゃ?

単に自分も読みたいだけ?低学年向け児童書だとほぼ純粋子供向けだから

だとしても、小1がちゃん理解できてかつ大人でも楽しめる漫画なんて尚更無いと思うんだけど。

あくま自分の為に買うのであって子供も読めれば儲けもんくらいの気持ちだ、

例え子供が今理解できなくても成長すればそのうち理解するだろ、ってスタンスならまだ分かるが。

(それはそれで純粋子供の為の本も買ってやれよ…とは思うが)

anond:20191220222318

小1ならドラえもんでいいのでは。

大長編ドラえもんならそこそこ感動展開もある。

児童書サバイバルシリーズも、その年頃の甥が大ハマリしてるしいいかも。

2019-12-04

anond:20191203134044

ドルフを読んで何故「ヒゲさらば」をご存知ないのですか?!

もの(とか猫が出てくるもの)ならまあやっぱり「夏への扉」、ネズミが出てくる「アルジャーノンに花束を」、児童書だが「宇宙からきたネコ」あとハードボイルドファンタジー(?)「黒ねこサンゴロウシリーズもカッコイイです。

2019-12-01

anond:20191201172420

十二国記の新作を読んだ

人生の半分より長い期間待っていた作品だったので3割増しで面白かった

普段児童書を読んでいる

富安陽子はいいぞ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん