「三つ子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 三つ子とは

2019-02-13

動物虐待子供時代被虐待の相関

…があるらしいという資料を読んだ。

言われてみれば、確かに子供時代殴られてたし野良猫ちょっかいかけるのもやってたわ

三つ子の魂百までって言うけど、子供の時に殴られてると他者を傷つけることに関してもハードルが大幅に下るんだな

相関がある、だけじゃなくて子供時代虐待されてたけど動物虐待には至らなかったってサンプルについても詳しく調べてほしいわ

2019-02-06

大阪人恵方巻き

まれも育ちも大阪下町近辺で、もうアラフォーですらなくなりそうなおっさんから見た恵方巻きの話。

もう旬が過ぎた話題だけど、昨日関東から来た人と話してて少し驚いたので書いてみたくなった。

知ってる人も多いだろうけどそもそもの話として、大阪ではそこそこ昔からローカル風習として根付いていた。つっても起源はともかく近代根付いたのはここ50年ぐらいだけど、逆に言えば俺ぐらいのおっさんやもう少し上の世代でも物心ついた頃からはやってたって事だ。

三つ子の魂とか言わんでも子どもの頃から今まで延々やってた風習なら、血肉となる感覚若い人でも分かるだろう。特に当時はコンビニは当然スーパーも今ほどそこらになくて、まだまだ商店街が強かった時代だ。うちのオカンもまだコマ付きチャリしか乗れない俺を連れ、近所の商店街の旨いと評判の寿司屋に買いにいっていた。

ところで、寿司特別感のある料理、という感覚日本人なら多くの人が持っているのではないだろうか。

世代地域や家庭によって、桶に入った握り寿司だったり、かーちゃんが作ってくれるちらし寿司だったり、みんなでやる手巻き寿司パーティーだったり、種類やシチュエーションは人それぞれだろうが、特別ときに出てくる特別料理という感覚はかなりの人に共有してもらえる感覚だと思う。

節分巻き寿司も、少なくとも俺にとってはそうだった。普段寿司なんて稲荷ぐらいしか食べてないし、握り寿司も盆正月ぐらいだ。巻き寿司はたまに食べなくもないが、大抵細巻きか、太巻きでも乾瓢・高野豆腐椎茸とか中心の年寄りくさいやつで、鰻か穴子が入ってるだけで喜んだもんだ。

それが、節分には寿司屋のちょいといいやつを買ってくれる。鰻やら鮪やら、下手すると海老イカまで入ってる宝石箱だ。しかも一人で一本独占させてくれる。のちに弟妹が出来て旨いものは常に奪い合いだった俺には長らく特別だった。

豆まきではしゃぎまわり夜には旨い巻き寿司を一本まるごと食べられる日、節分はまさに特別な日だったんだ。

そんなだったか巻き寿司ぐらい自分で買えるようになってからも、節分には色々な店の旨い巻き寿司を食べ比べたりした。友人ともどの店が旨かった、来年はあの店のを丸かぶりにしようかと思うなんて話をしたりした。当たりを引いた年には、将来自分に新しい家族が出来たらこ巻き寿司お土産に持って帰ったりするのもいいな、なんて考えたこともあった。だから節分スーパーコンビニ巻き寿司を買おうと思った事もないし、実際に買ったこともない。

先の関東の人と話して驚いたのは、子どもの頃はまだしも大人になってから節分特別な日と思う感覚がないらしきことだった。出身地なんかで結構変わるだろうし個人差も大きいかもしれない。でも少なくとも、節分特別と思ってない人が異文化とともに大量生産品を押しつけられたら大抵の人は嫌になるだろう。

スーパーコンビニの愚行を庇うつもりはない。俺が好きな行事からとみんなに押しつけようとも思わない。でも「大人になって節分特別でなくなった」というのは、俺からするとちょっと寂しいなと思う。

地元であった習慣でもいいし、今住んでいる地域の何かでもいい。節分ちょっと楽しみに思うような何かをしてもらえたらなと思う。そしてよければ旨い太巻きでも食ってくれ。わざわざ店内に入らず店頭でスッと持ち帰りの巻き寿司を買えるのも節分のいいとこだ。

寿司屋ちゃんとした太巻きは旨いぞ。

2019-01-30

ちんちんびろーん

これまでの20数年間の人生実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。


 

異性との健全交際学問への精進、肉体の鍛錬など、社会的有為人材となるための布石の数々をことごとくはずし、異性から孤立学問放棄、肉体の衰弱化などの打たんでも良い布石を狙い澄まして打ちまくってきたのは、なにゆであるか。


 

責任者に問いただす必要がある。責任者はどこか。


 

だって誕生以来こんな有様だったわけではない。

生後間もない頃の私は純粋無垢権化であり、光源氏の赤子時代もかくやと思われる愛らしさ、邪念のかけらもないその笑顔郷里山野を愛の光で満たしたと言われる。


それが今はどうであろう。鏡を眺めるたびに怒りに駆られる。


にゆえおまえはそんなことになってしまったのだ。

これが現時点におけるおまえの総決算だというのか。


まだ若いのだからと言う人もあろう。人間はいくらでも変わることができると。


 

そんな馬鹿なことがあるものか。

三つ子の魂百までと言うのに、当年とって二十と四つ、やがてこの世に生をうけて四半世紀になんなんとする立派な青年が、いまさら己の人格を変貌させようとむくつけき努力を重ねたところで何となろう。

すでにこちこちになって虚空に屹立している人格を無理にねじ曲げようとすれば、ぽっきり折れるのが関の山だ。


 

今ここにある己を引きずって、生涯をまっとうせねばならぬ。その事実に目をつぶってはならぬ。


 

私は断固として目をつぶらぬ所存である


 

でも、いささか、見るに堪えない。


 

2019-01-21

anond:20190121164248

ペイズリー「嫌味な双子テンプレだって?」

ドット「そうなんだ。知らなかった」

からくさ「俺ら三つ子から関係ないもんね!」

2019-01-19

死にたいし人から死ぬの望まれてんだろうけど死にたくない

自分人生に夢も希望展望も無いし、自分底辺自覚がある

しか性格まで悪いと来たもんだ、三つ子の魂ナントヤラ、俺を性格が良いなんて言えばポル・ポト金正恩聖人なっちまう

ってな訳でさ、死にたいと考えてるし人から死なれる事も望まれてるんだよ、後者憶測だけど

親、親戚、友人、同僚、みんな表向きちゃんと接してくれてるけど、内心死ね死ねって言ってるよ

そう考えてると余計に死にたくなる

でも死にたくないんだわー、これが

理由簡単死ぬと痛い、寒い、何も見えない、怖い、飯食えなくなる、本読めなくなる、ゲーム出来なくなる、シコれなくなる

いやー、クズですねぇ、俺、もうこりゃ死んだほうがいいし死にてえなあ

でも死にたくないんですよ、どうしょうもないなあ

2019-01-13

2019年 買ってよがったモノ一覧

クラス女子全員に射精管理される音声

菜月お姉ちゃんVSマゾチ○チン~僕のマゾチ○チンは菜月お姉ちゃんに敗北するのが大好きで菜月お姉ちゃんに屈服しながら一生ドビュドビュ逝きまくる~(バイノーラル音声)

意地悪な三つ子射精我慢ゲーム バイノーラルで輪姦される音声

意地悪な後輩チアガール姉妹射精我慢マゾ彼氏調教コース!

惨め射精クラブ

お姉さんのノルマオナニーサポート シコシコ1000回に負けなさい?

2018-12-22

anond:20181222104028

後輩をプロジェクトリーダー的な、他人責任まで被らなきゃいけない立場に押し上げて、

後輩の部下からクレーム引き出して上にチクリまくったら?

増田が後輩を上司に売り込んで、増田が後輩の部下の相談役になる。

いずれ後輩のプロジェクトは失敗するだろうし、

その時に後輩の言動に対して指導が入るよう仕向けるしかないんじゃない?

三つ子の魂百までだけど変わるとすれば出鼻挫かれる時でしょ?

2018-12-17

anond:20181216102209

実はふたごだった。

実は三つ子のうちの二人だった。

以下増える。

2018-12-16

物語における「衝撃の事実」の類型

実は人間だった

実は父親だった

実は地球だった

実は死んでた

実は生きてた

実は自分だった

実は夢だった

実は現実だった

実は劇中劇だった

実はシミュレーションだった

実は心の中だった

実は未来だった

実は過去だった

実は同じ時間軸だった

実は違う時間軸だった

実は時間の進み方が逆だった

実はループしていた

実はループしていなかった

実は参加者にまぎれこんでいた

実は偶然ではなかった

実は劇中劇登場人物だった

実は劇中劇登場人物ではなかった

実は双子だった

実は三つ子だった

実は入れ替わっていた

実はグルだった

実はグルじゃなかった

実は本当のことだった

実は作者だった

実は読者・視聴者だった

追加意見募集

以下追記

実は違う性別だった

実は人間ではなかった

実は生き物ではなかった

実は神・創造主だった

実は同一人物だった

実は同一人物ではなかった

実は現代だった

実は地球ではなかった

実はもう一人いた

実は一人二役だった

実は二人一役だった

実は多重人格だった

実は血がつながっていた

実は血がつながっていなかった

実は敵、スパイだった

実は妊娠していた

実は妊娠していなかった

実は妄想だった

実は同じ場所だった

実は違う場所だった

実は大人だった

実は子供だった

実は影武者だった

実は影武者ではなかった

2018-12-09

おっぱいは一つでええのでは

人間基本的に一度に一人で双子なんか自然にはめったに出来ないし、おっぱいをやっている時にもう片方に爪を食い込ませて捻り上げられるみたいな被害もある。

双子に備えて2つあるなら、むしろ三つ子に備えて3つとかでもいいと思う。

2018-10-14

白黒

から白黒決めつけるのが苦手だった。

これは嫌い。

あれは好き。

この食べ物が嫌い。

この食べ物が好き。

の子が嫌い。

の子は好き。

そうやってはっきり決めつける子を見ると、すごいなと思うと同時にもったいないと思ってた。

嫌いと決めつけてしまうと、その物事の一切を遮断してしまって、その物事可能性を見れなくしてしまうと思ったから。

から私は可能性を信じて、嫌い、と決めつけることなく生きてきた。

なんとなく嫌な人でも、ちょっと苦手だなと思うくらいで嫌いとまでは断じなかった。

そうやって生きてきたからか、曖昧人間になってしまった。

自分感情というものふわふわしてて、鈍感な人間

深く物事を考えない。

良くない。自分でもよく分かってる。

激しい感情を持っていなくて、色彩で言うなら淡い色しか持っていない。

原色のような激しい感情がない。

いや、あるはあるけど、それに蓋をしてしまってる。

激しい感情を持つことを自分自分に禁じてしまってる。

理由は、たぶん、昔の自分が激しい子供だったから。

我儘で自分中心。

思い通りにならないと喚き散らす子供だった。

本当に嫌な子。

だけど優しいおばあちゃんが亡くなってからわたし自分のことばかりで、全くおばあちゃんのことを気に掛けていなかったことに気付いた。

困らせてばかりいた。

本当に嫌な子。

それからだと思う。

周りをよく見て、激しい感情を抑えるようになったのは。

優しい子だとよく言われるようになった。

でも親しい子には、冷たいね、と言われた。

鈍感になってしまたから、盲目的になってまた肝心なことに気付かなかった。

結局、自分はどれだけ足掻いても、自分中心なのだ

優しい子を装っても、根は自分のことしか考えてない。

三つ子の魂百まで。

こんな卑しい自分と付き合っていかなければいけない。

ひたすら理想人間になれるように、フリをするけれど結局どこかで粗が出る。

純粋な優しさを持ってる、打算も何もなくても人から好かれる子が羨ましい。

鮮やかな感情を持つ子が美しく見える。

自分感情をしっかり持ち、大地に根を張っている。

そんな生き様が眩しい。

白黒決めつけなかった自分は、自分灰色世界をしてしまったんだろうか。

そういえば、シンデレラって灰かぶりって意味だっけ。

わたしもいつしか感情を曝け出して好きになれる人が現れるのかな。

今まで燃え上がるほどの好きと言う感情すら持つことがなかった。

友達恋愛で泣いているのを見ても、私にはその感情100%理解できることはなかった。

何人かと付き合っても、泣いて別れるなんてことはなく、あっさりとしたものばかりだったから。

物語で見る激しい感情に憧れる。

わたしに降り積もる灰を全部燃やし尽くしてくれる人がいつか現れないかと思うほどには、わたし少女ちっくな部分はある。

灰は燃えない。

でも高熱処理をし続ければ鉄のように気化する。

だけどそんないるかも分からない王子様を待ってたってしょうがない。

そういうのは性に合わない。

自分自分を変えなければいけない時なのかもしれない。潮時とも言うかな。

都合の良い〝良い子〟はそろそろおさらばだ。

あなた自分感情をただ封じ込めて良い子を演じてるだけの人形

良いと思われる子の言動コピーしているだけ。

うそろそろヒビも割れてきてガタがきて、チグハグだ。

それじゃ、生きていけない。

生きるために、我儘で嫌な子をそろそろ人形の中から出してあげないと。

今なら制御出来るだろうから

大人になったらね、あなた必要になってしまったんだよね。

2018-08-02

ゲイレズの人に聞きたい

弟の夫(ドラマ版)を見た。

もの凄く良いドラマだった。

皆んなにも是非見て頂きたいと思った。

で、疑問に思ったことがあるんだけど当事者意見を聞いてみたいと思った。

ほんのちょっとネタバレになるんだけどドラマ開始1分で明らかになるから許して。

一卵性双生児(以下、双子に限らず一卵性であれば三つ子等も含む)で、

性的嗜好が違うということが現実にあるのかどうか、

どうなんだろうという疑問が湧いてきた。

ドラマの設定がおかしいというつもりは毛頭ない。

一卵性双生児からこその話だし、作者の絶妙な設定に感心しているぐらいだ。

ただ科学的に考えると、一卵性双生児性的嗜好が 一致しているのかそうでないのかは、実際のところどうなんだろうか。

ここのところを是非聞きたいと思った。

先天的ものなのか後天的ものなのか、

遺伝子上に組み込まれものなのかそうでないのか、

LGBT理解する上でとても重要ことなのではないかと思った次第。

科学的にまだわかっていなかったとしても

一卵性双生児性的嗜好の一致不一致がどれくらいの頻度であるかわかれば

LGBTに対する理解も進むんじゃないかなと。

もしくは、この件について既に研究などがあるなら教えて欲しい。

2018-07-19

anond:20180719173752

子供を産ませた親に教育・養育を任せるとか時代遅れ

今のトレンドは「子供の生育は7歳くらいまでは政府などの管轄」これ。

三つ子の魂は100まで。つまり、幼年時にまともな教育さえ与えてやればそれは残り97年の人生通用する。

で、それに道徳などの情操教育。これ最強。

しかしこれを執行すると親ってなんなのよって発想にもつながる諸刃の剣

素人にはお薦め出来ない。

まあお前らド素人機関車トーマスでも見させてヒヤリハット法則でも学ばせなさいてこった。

2018-06-29

anond:20180628235319

ねぇねぇ!増田さん三つ子を授かればいいんじゃない!そしたらいっぺんに3人!

2018-06-08

anond:20180608091744

三つ子の魂100までって言いますやん? 少なからず97年位のスパンは見ておかないと心変わりなんてものはただ猫被ってるだけの可能性が高い訳っすわ。

5年なんて反省するにはまだまだでっしゃろ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん