「エロサイト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エロサイトとは

2021-04-30

プログラマとかエンジニアとか知的でかっこいいけどああい人種スタバドヤ顔するには成果物お金に買えてくれる営業さんがどうしても必要なんだよな

エロサイト作って売り上げ作るぞっていうような人は完結できるからいいだけどお金に繋がるプログラムを書かない人は才能をお金に変えてくれるパートナーがいないとどうしようもないと思う

2021-04-16

anond:20210416182627

ニャンニャンするはまだネタにできる恐竜死語だけど、

エロサイトかにいくとクソ低能親父が未だに「じゅるり」とかを使っていて

こいつら未だに1990年に生きてやがる・・・・・と気づかされ、魂消(たまげ)る

2021-04-13

若者恋愛離れはネットのせい

男なら理解して貰えると思うが性欲が溜まってると女性積極的になる、例えそれがブス相手だとしてもだ。

しかし今はスマホ簡単エロ動画調達できるので楽に一人で解消できる、しか女優容姿レベルもかなり高い。

性欲が溜まることが減って女性口説かなくなってるんじゃないかそもそも口説くのは時間も労力もかかる、努力が実らないケースもある。それなら好きなゲームをしたり男友達と遊んでた方が楽しい安全

また、女性恋愛では基本的受身姿勢であり男性スマートエスコートされたいと思ってる。これはドラマの影響もあると思う。告白男性からして欲しいと思ってる女の子ほとんどだ。

男は抜いて積極性がなくなり、女はじっと相手からアクションを待つ。恋愛に発展するわけがない。

金がないからとか娯楽が増えたからという考えもあるが私はAV恋愛離れの大きな原因だと考えている。

エロサイトに半年アクセスできなくなったら街中はカップルで溢れているはず

反論があったら言ってくれ

2021-04-11

俺は弱者男性だけど、普通に安楽死したいぞ!

俺が安楽死制度に大反対なのがまさにこれ。アレに賛成してるやつは総じて自分じゃ絶対に使わないようなヤツばかりなんだよ。口先だけは「俺も使う」みたいなこと言ってるのもいるけどな。

これガチで納得いかねえ

テメー、俺を無視してんじゃねえぞ

俺は死にてえよ、マジで!!!

マジで死にたいけど、迷惑かけずにいい感じに死ね手段がないから、「保留」として生きてんの

安楽死施設とかできたらもうすっげー喜び勇んで駆け込むわ

多分予約が混雑したりすると思うんだけど、その予約開始時間の前に電話の前でスタンバって、気合入れてオリャーっとやるくらいの気持ちはあります

死なせてください 俺、やれます

 

とにかく、もう嫌なんですよね

いいことがないのもあるし、悪いことが多いのもある

俺が救われるとしたら、それはアレですよ

不労所得が月50万くらいないとムリですよ

不労所得最低月20万くれて、かつあらゆる税金とかの支払いを免除してくれないなら、俺は救われねえよ

でもそれはムリじゃないですか

一応健常者で、そんな歳いってるわけでもない俺を国が養ってくれるわけがない

しろ俺は労働力にならないといけない側らしい

嫌じゃあーーーーーっ!!!!!

もう嫌なんじゃ ワシは

ワシはこんなところ、来とうはなかった!!

正直、女性をあてがえみたいな気持ちゼロですわ

どーでもいい もう興味ない

だってオナニーすらあんまりやる元気ないんだぜ

惰性でエロサイトAccess!チンポ立たず!!ため息ついて入眠!!!

そういう領域まで来てしまった

愛とかもちょっともういいです感ある

一人暮らしをし続けた結果パーソナルスペースが半径10mくらいまで肥大してしまった

誰かと暮らしたい、みたいな気持ちが一切ない

俺は誰にも救えない

というか、誰からも救われたくないのかも

うっかり救われてしまうと、ここ○○年のダメさが「なんとかなる可能性のあったもの」になってしまうから

どうしようもなかったってことにしてる方が気楽なんですよ

俺の人生はどうしようもなかったんだ、これでも最善くらいなんだ、と思っていたい

愛みたいな気持ち悪いよくわからんもんに救われてたまるか!という、熱い魂が燃えているんだ それはそれとして普通にモテなくもある

 

とにかく、死ぬしかないんですよもう

そんでね、ちょっと思ったんだけど、弱者男性用の安楽死施設、これはなかなかアツいじゃないですか

施設の予約とってさ、まあ行くわけじゃないすか

そしたら多分、施設に近づくにつれて、俺みたいな、気っ色悪い、社会不適合者っぽい、冴えない、醜い、不快なやつらが周りに増えていくわけだ

でもまあみんな自分死ぬことを選ぶくらいだし、たぶん基本的には温和なんすよ 温和というか、気弱というべきかな

最後ってことで気分も開放的になってるに違いない 卒業式みたいなもんだ

からちょっと会釈しあってみたり、軽く世間話してみたりできるんじゃねえかなあ

死ぬ瞬間はたぶんひとり部屋だけど、それまでの間に待合室くらいあるかもしれん

そこで、俺みてえなキモい男と目くばせしてさ、お疲れ様でしたなんて言い合ってさ、そういうことができたら、嬉しいじゃないですか

どう考えたって、このままひとりで年老い孤独死するより100倍いいよ

同じ境遇のやつらと、同じ施設に集まって、同じような気持ち死ねたら、なんか救われた感じするじゃない

その救われ感なら歓迎だよ

マジで行きてえよ 弱者男性安楽死施設

行きたいんですよ俺は

わかってくれ

2021-04-09

コロナ失職したおっさん自作WEBサービスを公開して得られた知見

https://anond.hatelabo.jp/20210404174659

こちらの記事投稿者です。ブコメTwitterで多々コメントいただき感謝です。

今回はサービスを公開してある程度使ってもらい、得られた知見についてまとめますサービス宣伝意図はありません。

パッケージ引用については著作権知的財産権を含む権利関係FANZA担当部門確認し、アフィリエイトPR目的であれば使用問題ないことを確認済みです。


訪問ユーザー数とアフィリエイト収入額について

ありがたいことに前回の記事はそこそこバズり、はてブ総合カテゴリーでしばらく上位に居座ることができた。

ただ、私が規則をしっかりと理解していなかったのだが、はてブではアダルトコンテンツに分類された記事トップページに表示されなくなるらしい。


観測していた限りでは、投稿翌日の朝にはトップページから消え、Google Analyticsでもそのタイミングからアクセス数が顕著に激減していた。

該当日のアクセス推移を確認すると、午前6時頃からアクセスが伸び始め、9時をピークに急激な下降がはじまった。そのため総合トップに表示されていたのはこの3時間程度と思われる。そして該当日のユニークユーザーアクセスは6200だった。


はてブROMで使っている私の感覚としては、アクセス数意外と少ないな、と感じた。はてブトップインターネットユーザーの多くがみているものと思っていたが、わりと一部に過ぎないのかもしれない。ただ、仮に記事を読んだとしても、パケ裏を延々と眺める不審サイトを朝から開く奇特人間は限られるという説も考えられる。


その日のFANZAアフィリエイト収入は3072円だった。日次のトレンドをみると、その日をピークにアクセス数10分の1ほどまで減少しているが、アフィリエイト収入は 2000円/日 ほどを維持できている。その要因として、アクセス数の減少と引き換えに、ユーザー滞在時間が5倍ほどまで伸びていることが考えられる。「話題になっているからとりあえず見てみよう」というユーザーが離れ、パケ裏を愛好する精鋭たちが残ったもの解釈している。


FANZAアフィリエイトアフィリエイトリンク経由で商品を購入した場合に、販売金額の何割かが報酬として支払われるシステムだ。アフィリエイト収入を主目的とはしていないことを断りつつ、FANZAにおけるアフィリエイト収入額をKPIとしておくのであれば、やはり商品購入まで至る固定客を大切にするサービス作りやPR有効なのだろう。


いっぽうアフィリエイトにはクリック報酬バナー型やオーバーレイ広告掲示するパターンもあり、その場合はとにかく広く集客する戦略有効になると思われる。しかしパケ裏.com はシンプルスタイリッシュエロサイトを目指しているので、そういった類の広告採用予定はない。パケ裏.com はシンプルスタイリッシュエロサイトを目指しているのだ。


サービスへのフィードバック機能追加について

記事投稿後、以下の機能を追加した。



これらはすべてコメント要望があった機能だ。私もあったらいいな漠然と考えていたモノもあったが、コメントによってその需要を明確に認識できた。

追加したい機能が様々ある中で、それらに優先順位をつけることは難しい。「〇〇ができたらもっと良いサービスになるのに」というコメントは、その判断のうえで貴重な羅針盤となった。

それだけでなく、サービス着眼点やコンセプトについて褒めていただけたコメントもいくつかあり、モチベーションアップに大いにつながった。自分フェティシズムを満たすことからはじめた開発だが、同好の士出会えるとやはり嬉しいものだ。


記事公開の翌日、思った以上の反響があったのでTwitterを始めたが、これもよかった(https://twitter.com/pakeura

匿名ダイアリー比較してTwitterではインタラクティブコミュニケーションが取りやすいし、開発の状況を告知してリアクションが得られるととても嬉しい。

また自分環境では発生しない不具合再現に何度も協力いただいたり、開発に対する技術的・金銭サポートの申し出までいただいた(大変ありがたかったが、お断りした)

これらのフィードバックがなかったら、いまほどのバイタリティでの開発はできていなかったに違いない。改めて感謝申し上げたい。


ところで余談だが、「パッケージローカルへのストック対応」という機能について補足したい。この機能実装以前はパッケージからFANZAの該当商品ページに飛ぶ導線しかなかったのだが、それに加え、気に入ったパッケージ作品情報ローカルに保存して引き続き パケ裏.com での閲覧を継続できるというものである


パケ裏.com は種々のパッケージの一覧性が高いという一点を除くと、FANZA下位互換サービスだと考えている。安易FANZA誘導してしまったが最後ユーザーはより魅力的な作品レコメンドされ、そこから回遊を始める割合が高くなるだろう(その場合でも購入に至ればカテゴリ報酬という収入は得られる)

しかし「ローカルにいったんストック・次のパケ裏をみる」導線によって流出が減り、嗜好によりマッチする商品と巡り会える可能性が高まった。直接購入の場合ダイレクト報酬という、高割合収入になる。そのため利便性だけではなく、アフィリエイト収入への寄与という意味でも効果的な機能追加だったようだ。


今後の開発の話

さて先程あげたいくつかの機能実装したことで、当初私が欲していた要件はひととおり満たせたかなと考えている。

ただ1点、許容し難い不満点として、iPhone 7ブラウザで閲覧したときに、上部のアドレスバーや下部のメニューバー非表示にならない問題がある。これはCSSsnap-scroll という機能に起因する問題(だと思っている)なのだが、表示領域限定されてしまうことが悔しくてならない。パケ裏は全体を眺めてこそのパケ裏であるし、無職には軽々にスマホを買い替える金銭的な余裕はない。

(ちなみに snap-scroll というのはスクロール特定箇所でぴたっと止めるための設定で、パケ裏では各パッケージごとにぴたっぴたっと止めている。この挙動は大変気に入っており、削除することはできない)


どうしたらよいものか?

件の姪っ子に(重厚オブラートに包んだうえで)相談したところ、PWAという、まるでスマホアプリのようにWebページを表示させられる仕組みがあるらしい。するとブラウザメニュー部分は表示されず、画面全体にWebページが表示されることになる、らしい。我が意を得たりとはこのことだ。


さらPWAにするとスマホアプリさながらホーム画面にアイコンも配置できるらしく、定期的なアクセス確保にもつながり、これは前掲の「固定客を大切にする」方針とも合致する。そういうわけで当面はPWAの実現のため、React Nativeというフレームワーク(?)と格闘することになりそうだ。

ちなみに姪っ子の主戦場クラウドサーバーメンテナンスらしく、PWA土地勘はないらしい。長く苦しい戦いになることが予見される。さらにちなむと姪っ子にはサービスについてまだ説明していない。が、はてブはみているはずなので気づいている可能性はある。これ以上は考えたくない。

閑話休題。とりあえずReact Nativeについて例のごとく入門書Udemyの入門講座をポチったところだ。パケ裏先生次回作にご期待いただきたい。


最後

開発をはじめてから何より嬉しいことは、日を追うごとに パケ裏.com がより使い勝手の良いサービスになっていくことだ。自分が開発しているサービスなので当然かもしれないが、パケ裏.com の一番のヘビーユーザーはおそらく私だろう。


しかし多くのフィードバックを得られたことが嬉しく、記事の公開からしばらくハイになって寝食を忘れてプログラミングに没頭しすぎてしまった。

余裕資金が手元にある限りしばらくはサービス開発を継続するつもりなので、サステナビリティ意識しつつまったりとやっていきたい。引き続き遊んでいただけると幸いです。

2021-04-06

外にでると自動エロサイトを閉じてくれる機能スマホにあればいいのに。

2021-04-05

anond:20210405230026

基本情報なんて情報系でもないガテンの俺でも取れてるんだからアピールにならんだろ

資格ダメなら実績で押すしかねえんだ

からどっかの増田みたいになんかいい感じのエロサイト作りなよ

anond:20210405085916

これ、増田が先にブクマ入りしなかったら「業者エロサイトブクマSPAMしてる」ってサイトの中身も見ずにはてなに報告してそれっきりだな

要約表示への対応って大事だな

2021-04-04

エロサイトってやばくね

サムネが全員全裸

普段人に見せない体が同時にあんなに並んでる

人類の叡智だろ

2021-03-06

anond:20210306201423

https://m.ilbe.com/

だね。早速見てみたよ。

いかにもネトウヨっぽい話題もあるし、日本旅行日本語学習、日本アニメ話題もあった。街の写真なんかも見れて面白いね。

エロサイト広告日本のよりもエグくなくてクリックしたくなっちゃう。

2021-02-28

anond:20210227174219

ゲームガチャでもひいたのか?

海外サーバーエロサイトでもみてたのか?

カード会社に連絡してヤバい引き落としを急いでとめたりしないといかん気がする

 

累積で財布と家計簿のズレが出るのでも月ごとが赤くなければとくだんあれだけどちゃんヘルプを出せよ

2021-02-24

ネットサービスあいつ今何してる?(90年代蛇足編)

前のつぶやきが予想外に見てもらえたので、続編をやってみる。

まぁ、大概こういうのはコケるんだけど、自己満足のアレで。

何か、コメント90年代も語ってほしいなんて無茶要求があったので、

中途半端インターネット老人らしく早く目が覚めてしまい、今日が平日で数時間後に勤務と分かりつつ無理に書いてみる。

前のつぶやきでは分かりやすさのため自身属性2000年代高校生と称していた。

正しくは2000年代高専生であった。

呪術廻戦で多少有名になった感があるが、バトルはしない理系変態が行くアレなところと思ってもらえば差し支えない。

そういう経歴なので、90年代ネットというのは余り知らない。

Windows95パソコン時代の潮流を眺め、Windows98時代ネットとともにJOINした程度にしか知らない。

親父がオタクだったせいもあり、5インチフロッピーのPC98のゲームかには触れていたものの、ネットへの邂逅は98年前後位だ。

とは言え、3.5インチフロッピーからRPGツクールを遊び、宝箱のフラグ制御による実現については学んでいた自負のある中途半端なガキではあった。

なんで、自宅はテレホタイムでのWindows学校ではFreeBSD、寮ではVineLinexでインターネット接続していた。

そのレベルなので、あまりこの時代インターネッツは知らない。

知らないけど、知らないなりに触れて覚えているそれを記したうえで、諸先輩方にご教示頂ければあと3日で到達できる週末のggりライフ捗るというもの

なんてスケベ心で、知っている限りで書いてみる。

そうやって浅薄知識を挙げることで情報収集できるってツーチャンネルで学んだんだ、僕は詳しいんだ。


芋くさいHP⇒洗練されたHPSNSとかかな:

それこそ、インターネットHPホームページ)というノリだった。

ただ、個人の糞つまらない趣味を載せたページや、形だけの企業サイトなど、

インターネットって何が楽しいの?って感じだった。

目がチカチカする効果や、嫌がらせMidi音源文字無駄な移動、キリバンとかそれしかないのという楽しみ…

と、そこで展開される日記とやらもまぁ面白くはなかった。

同じく、当時の論調を見れば「こんなつまらないものを見るのにお金をかける人なんていないよ。普及しないね!」なんてのもあって

なんかすごいらしいけどつまらないなぁ、なんて思っていた。

それが今やテレビより接するメディアになるなんて思ってはいなかった。



窓の杜Vector窓の杜Vector

今やブラウザでほぼ完結する世界Windowsだけど、昔はツールがなければただのチラシの裏代わりのメモ帳だった。

なんで、いろいろしたいときにはこれらのサイト巡回して「Toolスゲー」って感じで入れて飽きてアンインストールのローテーションだった。

この時期はストレージが数百メガメモリが数十メガゴミみたいな時代なので、Tool入れ放題なんてそんな優しい時代ではなかった。

それこそ十年以上前にこれはからブラウザですべて完結するってgooglechromeを出したとき

「ご冗談をw」って思っていたけど正にそうなっていて、googleノストラダムス力に西野プペルカナ以上に震える限り。

とは言え、かゆいところはtool必要なのでこれらのサイト需要は低くなったけど今も必要だよね。

今は会社ネットワークからは使えないけど。。。


検索という未知の沼⇒ggrks:

当時の検索と言うと、自分認識的には鉄板Yahoo!ロボットが広くあまねくのgooという認識だった。

初めはYahooで当たり障りのないページを探しつつ、goo(同名ドメインエロサイトはまぁ別途)から派生し、

InfoseekAltaVistaなど、よく知らない世界への入り口を紹介してくれるロボット検索エンジンにたどり着いた。

この時は、google?ゴーグル?なんて感じで90年代の後半に出てくるくらいで知りもしなかった。

それこそ、2chトップかどっかにgoogle検索窓があって、それで知った位な感じ。


アングラHP漫画村とかそんな感じ:

検索で色々未知の探求をしていくうちにたどり着いたのは、図書館ネット放課後はつなぎだしたのはいわゆるアングラだった。

街の灯、日本海溝メリーゴーランド等、まぁワードで分かる人は分かるアレですね。

眺めつつ、アレしつつ、うわースゲー、ここは別世界だ!なんて図書館テレホタイムに興奮していた。

ニュースになるのは2000年のだけど、ファミコン決死隊とか労務課の倉庫とかそいう感じのアレで逮捕される人が出てきて現実だと改めて認識した。

そういうのはいつか消えるかと思えば、まだ形を変えて主に中華系で生きている。

法や制度が整備されても、人の欲望の忠実さを表すこれらは人間らしい。



OutlookメールHotmailgmail

コミュ障ボッチだったので、Outlookメールの発する妙なメール着信音にいちいち狂喜乱舞していた。

あの頃なので、スパムなんてなくて知り合いとかのメールで喜んで長文返信してそこで途絶えるなんてのをしていて、学ばないなと改めて思う。

とは言えそういう、一人一つと思っていたメールWebメールとして取得できるHotmailはその存在を知り喜んで取得した。

が、まぁ上述の状況から取得しただけで終わった。

この後、フリーメールは各種ドメインで乱立するんだけど、今はgmail収束した感がある。


FreeBSDFreeBSDLinux系列

これはネットというか、管理者思想の甘さというか。

ディレクトリパスは学籍番号で切られていた。

なんて、過去の先輩の学籍番号を特定してアクセス出来て、そこからレポートをパクッて提出が出来ていた。

ただ、これが後にバレて不可を教員から受けるというドラマがあり、そのぐぬぬを何とか乗り切ったのはまた別の話。

FreeBSD自体は今も生きてはいるけど、Linux系列の方が多いのかな、少なくとも仕事の上では見ない。


なんて思うけど、自分自身90年代ネットへの関わりがうっすいので、

このあたりのあれやこれやを知っている人が教えてくれると嬉しい。

2021-02-21

とある性的虐待家庭の話

家族構成は両親と息子二人、娘一人。

この娘が幼い頃からママには内緒だよ」と性的虐待を受けていた。

幼い娘にとってそれは父親との戯れであり、遊びだった。父親に懐いていた。

挿入も風呂の中でゆっくり慣らされて行われた。

娘は成長し、行為意味を知った。

中学生彼女にとって、父親風呂に入るのも、そこで行われる行為日常茶飯事だった。母親も疑問を持たなかった。父親が目の前で娘の胸を揉んでいても、父親が「風呂の中で娘にち○こが入りそうになったよ」と言っても(これは母親自身が言っていた)、それを流して我が家は仲の良い家庭だと信じていた。

事実この頃の父親SNSを見ても、会社で高い地位を築いたごく普通家族思いの父親しか見えない。娘や息子をドライブに連れて行った、などと書いている。

娘は密かに悩み苦しみ、父娘物のエロを見るようになった。娘の友達被害を打ち明け、それが友人間トラブルに発展した。

友人にも追い詰められた娘は孤独を埋めるように自分から父親風呂に入ったりもした。そしてまた自分を責めた。

そして自殺未遂家族は泣き、原因は友人間トラブルいじめだと決め付けた。両親は両親なりに娘を支えようとした。自分達に原因があるとは思いもよらず。

その後、娘が教師性的虐待を打ち明け、娘は児相保護され、父親は捕まった。父親は身に覚えがないと主張し、「何故娘がこんなことをするのかわからない」と病んでみせた(多分本気だ)。有罪判決の後、父親は死んだ。SNSには良き父親であった彼を信じるコメントがついていた。

母親は「家族思いのパパがそんなことするわけない!娘はいじめで病んでいて嘘つきだ!娘を洗脳して誘拐した児相を許さない!娘を返せ!」とツイッターで主張し続けている。「子供児相誘拐された」という親達と同調し合っているが、その文体はどう見ても正気じゃない。娘のあらゆる個人情報(特定されそうなやつや、見ていたエロサイトなど)を晒して罵っている様は立派な毒親だ。

2人の息子も母親同調しているようだ。母親を恐れているのかもしれない。

一度ネットニュース母親の訴えが掲載されたが、「中学生の娘と風呂?本当に冤罪おかしいのはこの家庭では?」というコメントが沢山付き、母親はそれに対して怒りをぶちまけた。

娘は今、保護してくれている大人感謝して過ごしている。だが、心の傷は深い。被害自体も、家族被害を信じてくれなかったことに対しても。

性的虐待はどこの家庭でも起こり得る。

そして加害者加害意識はない。

(ブコメへ。世間的にヤバいことだという意識はあっても、娘を苦しめている意識はなかったんだろう)

ちなみに娘さん本人には許可を得て投稿しています

2021-02-11

ついにエロサイト自分の表ブログ宣伝し始めてアイタタタタってなるんな。

豚まんじゅう、もうそこまでやらないとダメなくらいにブログが死んでるんな。

これが自分の実力を勘違いして村を飛び出した若くない男の末路なんな。

はてな村飛び出してもやっていけると思ってたんな。

でも飛び出すタイミング悪すぎたんな。

すでに自分はてな村の中でも落ち目になってから飛び出したもんだから

あっという間に見向きもされなくなってしもうたんな。

飛び出した後にイケハヤを持ち上げたのもバカ選択だったんな。

抜け出すならもっと元気な時にやるべきだったんな。

仮想通貨にハマってチャンスをつかみかけたけど活かせなかったんな。

その後YouTubeもやったけどすぐに挫折したんな。

togetterマンガ紹介もやってたけどtogetter民にすらバカにされるようになっただけだったんな。

最後に見つけた安住の地がエロサイトだったんな。

エロサイトでおとなしく満足していればよかったのに

でもちょっと余裕ができてくるとすぐに自己顕示欲がムクムクって湧いてくるんな。

その強すぎる自己顕示欲と忍耐のなさが自分を殺してるんな。

周りの人はみんなわかってるのに、本人だけはいつまでも気づかないんな。

2021-01-30

anond:20210130221709

お前を監視して何の得があるんだよ

エロサイトくらい堂々と会社タブレットで見たいときに見ればいい

anond:20210130221229

スパイウェア仕込んで会社のおじさんが支給タブレットでどんなエロサイト見てるのか盗み見るの好きなんだよ

お前もタブレットでなに見てるか監視されてるから気を付けろよ

ロリは見んなよ

通報されるぞ

キンタマウイルスの思い出

githubからソースコード流出話題から、昔、winny経由の流出騒ぎに巻き込まれたことを思い出した。

俺はあるシステム開発プロジェクトにPLとして参画していたのだが、ある日、winnyプロジェクト設計書が流出している、という連絡を顧客からもらった。

顧客から送られてきた、該当端末から流出しているファイル一覧を確認すると、たしかに【顧客名】_【システム名】_基本設計書.xlsのようなファイルがいくつか存在している。

勤務表_【流出させた奴の名前】.xlsというファイルもあったので、流出元の検討もついた。

ファイル一覧を見ていてきつかったのは、ブラウザブックマークも含まれていることだった。熟女〇〇みたいな、どこかのエロサイトブックマークを見て人の性癖を知るのは、ゴミ捨て場をあさって他人私生活を覗き見ているような不快感があった。

流出させたのは、下請け会社社員の一人だった。俺は本人に直接話しを聞いていないので、そいつが今どういう気持ちなのかはわからない。俺の方は、特に怒りを感じることはなかった。怒ることで、問題が解消するなら怒りもするのだろうが、何をどうしようが解消しないかなのだろう。

俺は報告書を書いて、そこでこの事件は俺の手から離れた。事の大きさから、事後処理は上層部が行うことになったからだ。最終的には穏便に解決した。おそらく関係者全員が、あまり騒ぎ立てずに事をやり過ごそう、と考えたかなのだろう。プロジェクト継続したし、損害賠償なんてことにもならなかった。下請け会社との関係も続いた。流出させた本人は地方に転勤になったが、出身地への転勤だったので、左遷というイメージはなかった。

当時、winnyネットワーク流出したファイルは、永久にどこかに残り続ける、と言われたものだが、今はどうなっているんだろう。どこかのPCHDDに、流出した設計書が残っている可能性を考えると、今となってはちょっと面白い

2021-01-26

そんなにプライバシーって気になるか?

なんか、クッキー🍪がどうとかGDPRがどうとかプライバシーモードがどうとかGoogleがどうとかって話題ときに必ずプライバシー視野郎が出てくるけどさ

お前のプライバシーってそんなやばいの?って思ってしまう。犯罪者とか予備軍ばっかりなイメージ

大方エロサイト履歴とか見られるとか困るとかってことなんだろうけど、そんなんふつうの人も見るし、みんな気にせんよ。

2021-01-17

やばい

結構エグめのBL読んでるの父親にバレたか

寝る前に読むとなんとなくリラックスできたんだけど、

内容が内容だからこれがバレたかと思うと今までみたいに落ち着いて読めない

大きな楽しみの一つが奪われた気分

覗くのは勝手だけど向こうが知ってる事をこちらに知らせないように振る舞って欲しかった

ムカつくから向こうのエロサイト履歴でもプリントアウトして置いてやろうかな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん