「エロサイト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エロサイトとは

2019-02-12

anond:20190212165805

エロサイトとかでロボットを弾くやつでしょ?

ときどき、コレ日本じゃんってあるよね

微妙に見切れてるやつは含むのか含まないのか明示して欲しい

2019-02-11

寒いなか少しでも温まろうとエロサイト見てシコってたんだけど

寒さで手がプルプル震えていろんなとこクリックしてしまった

ウイルスかめっちゃ感染してるかもしれない

2019-02-07

おまえらは知らないかもしれないが「ダミーENTER」という文化があった

個人サイトの話をするといつも思い出す。

 

個人サイトっていうのは、体感だがフレームページが多かった。

多分、その時のトレンドで左にずっとメニューが並んでいるのがかっこいい時代だったんだ。

フレームページがTOPページだと駄目」という噂が流れて(これなんでだったんだろ?当初はGoogleもそこまでメジャーじゃないかSEOもそこまで気にしなくてよかったしフレームページにコンテンツがなくてもサイトディスクリプションを設定できたはず。)

みんなこぞって「ENTERページ」を作るっていた。

もちろん、それ以外にもR18禁サイトゾーニングにも使われたが、エロサイト以外でENTERページがあるのはほぼフレームをつかったレイアウトだったと記憶している。

 

ENTERページっていうのはこういう感じだ。

増田のページへようこそ!

 

以下の規約を読んでからENTERを押してください。

  1. キリ番は報告してください
  2. 荒らし禁止です 
    荒らしに反応するのも禁止です
  3. 直リンク禁止です。

  1. ネチケットについては[毒吐きネットマナー]を一読ください。

 

上記の内容に同意できた方のみENTERからお入りください。

ENTER

まぁ細部は違うがこんなもんだ。

 

でも、個人サイト管理人は頭を悩ませていた。

愉快的に荒らすような連中がどこにでもいて、ちょっと掲示板を荒らされて、それでも反応してしまう奴がいる。

 

利用規約に書いてあるのに…。

 

そこでサイト管理人は頭を使った。

読んでないと絶対に入れないようにすればいいんだ!と。

そうなると以下のようになる。

増田のページへようこそ!

 

以下の規約を読んでからここを押してください。

  1. キリ番は報告してください
  2. 荒らし禁止です 
    荒らしに反応するのも禁止です
  3. 直リンク禁止です。

  1. ネチケットについては[毒吐きネットマナー]を一読ください。

 

上記の内容に同意できた方のみ一番上の文章を読んでからお入りください。

ENTER

ページにはいるには

以下の規約を読んでからここを押してください。

の「ここ」を押すのが正解で、読んでいれば入れるという仕組みだ。

 

じゃぁ、読まずに「ENTER」を押すとどうなるか?

 

利用規約も読めないんですか^^;

 

~ 思いつく限りの罵詈雑言 ~

 

とっとと帰れ^^;

こうなる。

 

盛りすぎ!と思われるかもしれないが、ほぼこんな調子だった。

 

今はENTERページ自体をみなくなったため、この文化はなくなった。

それでも、俺はお気に入りに入れてたページを開いていつものようにENTERから入ろうとした時、いきなり罵詈雑言を受けるという仕打ちを何回も受けたことを忘れられない。

 

でも、それが許されてるから、むしろ管理人の心の闇を見れたんだよな。よかった。

2019-02-04

anond:20190204172801

「老婆 AV」でぐぐったらそれらしきエロサイトが出て来るが

中身は見てないが

2019-01-30

anond:20190130172943

今はもう高齢者でもタブレットエロサイト見てる人が多そうだけど実際のとこどうなんだろう

anond:20190130142607

おまえ横からはいるなら話合わせて言及してくれるか。

元増田要望は「エロサイト以外にエロ広告を出すな」だろ。

横じゃないやつは「その程度の低い所にいかなければいい」っていってるからわかるけど、お前はいつまでもゾーニングだ。馬鹿か、ゾーニング利用者がするわけではなく本来配信側がするんだよ。だから元増田が求めているがそもそもゾーニングでお前はもっと単語意味を調べてから言え。

あとお前の人権侵害はどこから来てんだ?コンビニの話とごっちゃにしてんの?

anond:20190130141011

その増田は「エロ広告エロサイトでしか表示しないように各広告やってくれませんかね」に対して「嫌なら見るな」といってるんだろ

セルフゾーニングしろよ、他人人権侵害を言う前に自分努力しようね。

ちな横

anond:20190130140315

勝手解釈で持論展開って言ってる方だけど、

完全に読んでないことが確定して安心したわ。だからそこまで必死な長文打てるのな。

そして、業務スマホから私物スマホからアドブロッカーて話でもない。

元増田論点は「エロ広告エロサイトでしか表示しないように各広告やってくれませんかね」であってエロ広告が表示される仕組みでもないし、広告が表示されない方法模索でもねーの。

anond:20190130134712

「さっきはてブでバズってた記事読んでみよう」と昼休みレストランで開いたところ、デカデカエロ漫画広告が表示され料理を運んできたウエイトレスさんに見られ、非常に気まずい思いを何度したことか。

そら、昼休みなんだから好きなサイト開くだろ。

 

ど頭に

こう言うと“それは普段からエロサイトばっか見てるからだ”指摘マン大量発生する訳ですが、仕事しか使ってないスマホにもブラウザ開けば大量に出てくる訳でして、エロ関係ない掲示板ニュースサイトにも表示されていることから無差別エロ漫画広告しまくっているのは明白であり、一人一台スマホつのが当たり前のこの時代小学生の所持するスマホにも表示されているであろうし、非常に鬱陶しいことこの上ないのであります

って書いてあるのにそこツッコんでる時点で相当読んでないなとは思ってたけど。

エロ広告でおなじみのNTTよ、ネット汚染をいいかげんにしろ

一切エロサイト開いてないのに、ネットをするとエロ漫画広告ばかり表示されて困る。

こう言うと“それは普段からエロサイトばっか見てるからだ”指摘マン大量発生する訳ですが、仕事しか使ってないスマホにもブラウザ開けば大量に出てくる訳でして、エロ関係ない掲示板ニュースサイトにも表示されていることから無差別エロ漫画広告しまくっているのは明白であり、一人一台スマホつのが当たり前のこの時代小学生の所持するスマホにも表示されているであろうし、非常に鬱陶しいことこの上ないのであります

「さっきはてブでバズってた記事読んでみよう」と昼休みレストランで開いたところ、デカデカエロ漫画広告が表示され料理を運んできたウエイトレスさんに見られ、非常に気まずい思いを何度したことか。

普通のらぶらぶえっちエロ漫画ならまだしもキモいオッサンブサイク男に美少女レイプされるみたいな内容が特に多く、不快指数ゴキブリ並みな訳です。

で、このエロ漫画広告出してるのはどこの企業かと何度か踏んでみた訳ですが、大体がコミックシーモア、つまりNTT西日本の子会社NTTソルマーレな訳です。

コミックシーモアトップページを開けばワンピース名探偵コナンだとジャンプマーガレットなど一般漫画誌掲載作品ばかり並んでおり、オッサン女子高生レイプ不快広告ネット上に無差別拡散しているところとは思えないのも腹立たしいですね。

こう書くとアホなオタク文章ろくに理解せず条件反射的に勝手勘違いして騒ぎたてるのがいつものことなのですが、別にエロ漫画をこの世から無くせと言っている訳ではなく、

そりゃあAmazonやその辺の書店でもエロ本は売っている訳ですし、書店エロ本があって当然なのはこちらも理解してます

ただ、Amazonやその辺の書店がわざわざエロ漫画広告を出している訳でもなく、なぜこう漫画専門電子書籍サイトエロ漫画広告ばかり出すのでしょうか。

エロ漫画でなくとも、壮絶なイジメにあっている不幸な女性主人公レディースコミック広告も多く、これもゴキブリ並みに不快になる訳です。

つまるところ、レイプイジメだと、ヒトの醜い欲望を刺激する広義の“ポルノ”ばかりを宣伝するやり方は、不快に思っている人が多数いる以上改めるべきではないでしょうか。

一般書店での漫画売り上げはもちろんワンピース名探偵コナンだの国民漫画作品が売り上げ上位になるのですが、漫画専門電子書籍販売サイトの売り上げ上位はエロ漫画ばかりで、国民一般漫画はまったく売れないというのを聞いたことがあります

ワンピース名探偵コナンだは書店で買ってるけど、書店の対面レジでは恥ずかしくて買えないようなエロ漫画電子書籍サイトでは人目を気にせず買い放題なのでタガが外れるのでしょうね。

電子書籍サイトは建前上一般漫画“も”売っていることをアピールせねばならぬのですが、看板作品はやっぱりエロ漫画な訳で、看板商品宣伝をしたいこともわからぬ訳でもないのですが、

やっぱりエロ漫画広告エロサイトのみの展開としてほしいところであります

広告の内容にいちいちイラっとすることなく、快適にネットさせてくれと言っているだけなんですよ。

そりゃあ俺だって健全な男なので家のパソコンエロサイトは見ますが、仕事中に目にすると不快になるのは当然でしょう。

俺の性癖的にエロ漫画ではおちんちんが立たない(生身の人間でないと興奮しない)ので、絵という“モノ”でオナニーするという行為理解できないのですが、生身の人間の裸が堂々と掲載されたエロ広告エロサイトしか表示されないのに

なんでエロ漫画広告なら許されているのか、しかもその不快広告の筆頭が大企業NTT様という倫理的おかしいこの状況、なぜ今まで誰も問題視することなくまかり通ってきたのでしょうか。

NTTエロ広告無差別展開」なんて、世間が許すはずのないフレーズですけどね。

NTTソルマーレ運営するコミックシーモアは、日本でも最古の部類に入る老舗漫画専門電子書籍販売サイトのようですが、

日本電子漫画を長年支えてきたと喧伝するのなら、電子漫画代表者としてマナーを徹底する矜持を示してほしいところです。

このままでは「パパ、これ気持ち悪い」の人や「コンビニエロ本置かずオムツ置け」の人に騒がれるのは時間問題であり、その結果日本コンビニからエロ本が全撤去される憂き目に合っている訳ですから電子書籍エロ漫画を守るためにも、大して騒がれていない今のうちに対処することをおすすめしてこの稿を締めさせていただきます

2019-01-28

自分の性欲に困っている

性関連の話題議論になりやすいが、これは他人の性欲は理解しがたいかなのだと思う。

30代半ばに差し掛かろうという自分小学校高学年からずっと自分の性欲の強さに困っている。

小学校時代

よく無理やりなパンチラを狙いにいったり、「うっかり」身体に触れてしまったりということがあった。

恐らく気付かれていたであろう。


中学時代

オナニーを覚えた。リビングに当時あった家族共用のパソコンエロサイトを見るために、

毎晩家族の誰よりも遅く起きていた。寝るのは平均で3時頃だろう。

学校では常に寝ていた。学業部活ともに最悪だった。

エロ関連の問題行動もたくさんした、同年代女子迷惑をかける方向性ではないが、

何らかのお店の人や親、先生には迷惑のかけることが多々あった。

逆に今思えばあれだけ理性の働かなかった自分が、なぜレイプとかをしなかったかは分からない。


高校時代

親も気付いていたのだろう。自分用のパソコンを買ってくれた。

何回しても足りなかったが、自分の部屋で早い時間から出来る分、1時2時くらいには寝れるようになった。

彼女も出来た。毎日2回ずつした。3回目は絶対にしてくれなかったが、ようやく満足出来た気がした。

今思うと毎日2回もして3回目となると痛かったのかもしれない。


浪人時代

この時期には彼女とも別れていた。いつの間にかオナニーしかしない生活になり、予備校には行かなくなった。

もちろん勉強もしなくなった。

大学時代

とりあえず入れたところへ行った。やはりオナニーしかしなかった。

1人暮らしのため、朝起きて一発抜いて、というのがしやすくなった。

当然大学へは行かない。

3回留年したが、ネトゲで知り合った子とテレフォンセックスをすることを覚え、

性的に満たされたことで大学へ行けるようになった。

さらに自信もつき、またネトゲで知り合った別の子と実際に会って何回かセックスした。

ブスではあったがさらに自信がつき、大学院進学を決意。もはや学業不安はなかった。


大学時代

学部時代の友人が就職し、交友関係が変わった。

セフレもめんどくさくなって放流した。

オナニーばかりするようになり学校へ行かなくなった。

さすがにこの時期には性欲のコントロール自身課題であることには気付いていたので、

なんとかオナニーを夜だけにするよう1か月ほど自制していたら、その時期の間に彼女が出来た。

そこから毎日セックスをし、朝フェラをしてもらってから研究室へ行き、何とか卒業研究を完成させた。

毎日3回はセックスをしていたため、自信に満ち溢れた研究をすることが出来、遅れは十分に取り戻せた。

教員時代

そのまま地元教員になった。5年研も終えたが、その期間彼女が途切れた時期は無い。

中学校で教員をしているためか、生徒に猛烈に欲情するような場面は無い。

しかし、自分の性欲を信頼しきれないので、彼女が途切れたらヤバイんじゃないかという思いは常にある。

同期に手を出したことはある。


教訓

オナニーは自制が難しい。欲望を優先して生活を壊す。

セックスはいくらしても大丈夫。なんだかんだ相手のことを考えてあげられる。

の子結婚して、妊娠でもした時が勝負の時だ。

2019-01-16

anond:20190116044514

日が昇ったら動く習慣つけるか、無理に布団入らなくて良くね。

ばくばくしながら横になるより、エロサイト巡る方が建設的やろ。

2019-01-04

anond:20190104191232

個人差がありすぎて言及しづらい。

自分場合かなり薄い方だと思う。月二回ぐらい、エロ本があればそれで済んでしまう。

性欲が溜まってつらいという感覚はないが、なにかと焦りやすくなるし短絡的になってしまう。性欲が溜まっていることに気づかないが、自慰したあとはそういえば焦りにくいな、みたいな感じだ。

本屋エロ雑誌の表紙が気に入ったときかに買って帰って使って、何日かしてそういえばあせらないなみたいな。

性欲に関する自覚はないが、たしかに動かされてはいる(性欲が貯まる→いつもの巡回特に理由なくルーチンを外れてエロサイト見る→する→あっ!たまってたのか!)

クリックしたくなるような広告ってどういうの?

おまいらって「広告クリックしたら負けだから~~」とばかり言うけど対案がないよね。

じゃあ逆に聞くけどどういう広告ならクリックするんだよ?

『今なら%OFF』とか『期間限定無料配信中』とかでも「はぁ~~~~興味ないんだが~~~~???」って文句言うんでしょ。

それでいざターゲッティングしたら「はぁ~~~~俺がエロサイトばかり見てるからってシコシコしたくなっちゃうからこのゲームをやらないでくださいと頼まれても困るんだが~~~」とか言い出すんでしょ?

どうしろってのよ。

肉が食べたいって言うからハンバーグを用意したのに僕が食べたかったのは豚肉だったとか言い出すぐらいなら最初からそう言いなさいよ。

主婦気持ちになったことある

野菜が食べたいというからお鍋にしたらサラダが良かったっていうから次の日サラダ用意したら寒いのにサラダとかセンスいねwwじゃないわよ。

私が結婚したのは山岡士郎じゃないのよ?

2018-12-22

anond:20181222014434

トラックボールだけでできそうな作業って

電子書籍のページめくりかエロサイトめぐりじゃねーのか。

それオナニーだろ。作業言うな。

2018-12-21

夫がエロサイトばかり見る

結婚していながら、夫がエロサイトばかり見るのは許せない。

例え、実際に相手と話したり会ったりしていなくても浮気と変わらない。

とても不快に感じる。

・・・というのが妻の言い分なのですが、どう思いますか?

特に既婚の女性意見を伺いたいです。

エロサイト見るからといって、もちろん妻のこと嫌いなわけではない。

誰か他の女性と連絡を取ったり、風俗に行っているわけではないので、私は浮気ではないと思っている。

ちなみにエロサイト見ている最中に、射精はしない。

セックスは週に2~3回している。

エロ画像エロ動画を見る気持ちと妻を愛する気持ち全然別の感情だと思うのは私だけでしょうか?

エロ見ていることを言わなければいいのでは?」というもっと意見があると思う。

妻と「お互い嘘はつかない」と約束しているので、それはできない。

ただ、どうしても納得できなくて増田投稿

世の中の既婚男性はどうしているのだろうか。

結婚した瞬間、すぱっと見るのを止めるのか、そもそも私のように普段からエロサイトを見る人が少ないのか、

はたまた、そういうのも気にしない女性結婚しているのか・・・

エロサイトで一括りしたけど、具体的にはDMMサンプル動画とかPixiv18禁画像とかです。

意見お聞かせ願いたいです。

2018-12-18

小6息子が過激有害サイト言葉失う親「怖さ知った」

https://www.asahi.com/articles/ASLCR53QZLCRPTFC008.html

有害ってんならエロサイトなんかよりも匿名適当なことばっか言ってるサイトとか勝手ウェブページ寄生して上から目線コメントを吐き捨てていくどっかのウェブサービスとかのがよっぽど有害だわ

2018-12-13

anond:20181213165235

番組と呼べるのは、そのエロサイトチャンネルがあるところだけだよ。たぶん。

2018-12-07

anond:20181207175103

増田への横増田(笑)で、pdfもざーっと流し読みしかしてないけど、ちょっと行き違いがあるように見える。


pdfはたぶん、虐待犯罪統計的数字治療プログラムみてーな話じゃね? 挙げた奴は触れてないけど、効果はあるんだと思う。

┗それに対して、数字がそうでも"虐待者を差別"しちゃダメじゃん、ってヒネた奴が言及してて、

 ┗横増田が、因果は分かってなくても因子の想定があれば結果は出るかもよ? って言ってて、

  ┗誰かが、相関があっても片方を排除したら逆の結果が出る場合もあるよ、って答えて、

   ┗貴方が、因子ってウィルスだって言ってるよね? って書いてる。


 ――そう俺には見える、…から書くんだが。

敢えて二値的に分類すると、相関のある場合は片方を制限すると残りが改善する場合悪化する場合があって、

pdfへの1人目が分かってないのに制限したら差別じゃん、2人目が改善するかもよ? 3人目が悪化するかもよ? って感じなんじゃないだろうか。

 web民が好きそうな話だと、二次エロ規制がちょうどこの両論だよね。

因果が出てないのに二次規制したらオタ差別じゃん、でも改善する可能性もあるワケだよね? いやまぁ二次で満足してた奴が犯罪する可能性もあるけどね。

 って言う。

現実は二値じゃないし因子も一つじゃないし複数因子を強化したり弱体化させたり作用を反転させたりする副次的な因子がある場合あんじゃねーかと思うから、その辺まで考えたくなかったらマインドハンターって映画でも見て終わりにしたらいいんじゃね? 見てないけど面白いらしいぜ?w


 っつー感じで本論は虐待者の差別って部分だから引っ掻き回してるだけだと思うんだが、なんか思考ゲーム的で面白いから乱入してみた。

まるでどこぞの誰かの長期的な実験にでも付き合ってるような気になるよな。

 仮にこういうのが全部解明されちゃうと生きてて面白くないってのと素晴らしく理想的管理社会が到来するなってのがあるが、現場的な思考としてはそこまで逝かなくても個々人を誘導して好きに動かせれば充分なんだろうなぁー、なんて事も思う。こんな風に書いててもこの書き込みや直前に見たエロサイトの情報ですら延々と蓄積されてるかもしれなくて、そのデータに「コイツに何を勧めたらどんな行動を起こすか」なんて辺りまでAIがannotationする時代はもう来てたりしてなww

 ったくクソムカツク話だぜ。

2018-11-29

暇だから書いた。

タイムカードを切って役職者のデスクの前を

視線を合わせないように俯いてスーッと通り過ぎる。

上司と目が合えば嫌味の一つや二つ言われるに違いない、、、」

特に悪いことをしてるわけではない

定時で上がっただけなのに私は小走りで

逃げるように

会社を後にする。

入り口に続く古びた階段を降りていると

市の防災無線スピーカーから

夕焼け小焼け」が聴こえてきた。

早く帰ろう。

退屈だ、大体のことに興味が持てない。

冷めた日常を押し流すように

強めのアルコールを喉に流し込めば

朝になるまでの数時間は気がまぎれる

そしてまた 現実を突きつけられる日々

仕事最中に見せた 年の離れた

後輩の冷ややかな目

を思い出すと憂鬱になる。

鳴り響く 換気扇の音 機械モーターが唸りを

あげる

休みの間だけ消灯された薄暗い工場の中で

一人、スマホ時間を潰す。

最低限の会話と最低限の仕事をこなして

終わりを告げるチャイムが鳴れば帰路につく。

毎日 こんな感じ 季節関係なく

しかし確実に歳はとり、 老ける。

シワが増え 記憶力と体力も低下していく

白髪が混じりの44歳。

考えたくもない。

今日自分誕生日特別な日だし…

意味のわからない事を理由にして

この日も上司に定時で上がることを告げた。

正直、気分が高揚していた

私は途中、コンビニで缶ビールつまみ

買い、さらテンションが舞い上がる。

アパート玄関を開け、急ぎ足で

リビングへと向かう。

夕食を広げると同時にテレビの電源をつけた。

映し出されるスタジアム

サッカー日本代表親善試合が始まっている。

誰にも言ってないが最近の楽しみがこれだ

点が決まると独りで雄叫びをあげる。

お酒が進む進む。

前半戦が終わりハーフタイムになって

一息ついた時、我に帰った、

「俺が応援したところで何があるのかな。」

「ただ1人で叫んでいるだけではないか。」

たまにあるのだ、

そんな時はアダルトビデオでも見ればいい

ひとりの時間は十分過ぎるほどあるんだ

そう思い、ブックマークしてあるエロサイトの中からDMM文字クリックした。

しばらくページを眺めるが

すぐに手が止まっていた。。

違うなぁ、何か違う、何かこうなんとなく虚しい 虚しくて涙が溢れてきた

泣いても 仕方がないのはわかっているが

こんな年にまでもなって、いつまでも同じことを繰り返している自分が情けない。。。

こんなはずじゃなかったなぁという思いが

込み上げて涙が次から次へと溢れて止まらない。 無理して住んでいる家賃が高いアパート

無理して新車で買った車。

すべて偽物の願望で、空虚な心を埋める為に過ぎない。

顔を上げて洗面台に写る、幼いじじい どうしようもない。 声を上げ奇声を上げ咽び泣く。

疲れては果てて、感情を抑えきれなくなり

睡眠薬を口の中に放り込み、アルコールで流し込んだ。

横になって体を震わせた

そして胎児のように丸くなった。

ポケットに手を伸ばすと、不思議だ、

入れた覚えのない家族写真が出てきた。

そこに写っているのは

まだ幼い頃の私と弟と父、母

あぁ、この頃に戻りたいなぁ。

意識が遠のく。やり直したいなぁ。

まれ変わりたいなぁ。

そんな感情けが頭のなかをぐわんぐわん回っている。

しばらくして

隣の部屋に置いてあった携帯の着信音が珍しく鳴っていることに気づいた。

のそのそと音のなる方に近づき、なんなら出る前に切れてほしい思いとは裏腹に

着信音は鳴り続けた

液晶に映し出された名前をみて一瞬戸惑う。

スキーでも行かないか

また昔みたいに県外に泊まりでさ! 」

「おう、久しぶり…いいねスキー……」

声に出してはみたが頭の中で

反射的に面倒という文字が浮かんだ。

二つ返事でOK電話を切り後悔が始まる。

思えば相手要求に対してつい良い顔をしてしまうのが昔からの癖だ。

数年前、自分含め友人三人でスキー行ったのだが自分以外の二人はちょくちょく会っているようで

旅行中ずっと内輪ネタで盛り上がっていた、

そこにどう入っていけばいいかからあんまりいい思い出はない。

翌日

スキーの為になまった体に鞭を入れようと地元フィットネスクラブに向かった。

土曜の昼過ぎと言うこともあり、閑散としている

受付と着替えを済ませ

トレーニングルームに入ると、おばさん二人と

鏡の前で、20代後半らしき女性ストレッチをしているのが見えた。

自分もとりあえずランニングマシーンの電源を入れペタペタと歩いてみる。

視界に入る女性ヨガか、太極拳かよくわからないがとにかく気になって悶々とする。

顔に出ないように心がけるが、むっつり顔になっているのが自分でもわかる。

下心を振り払うようにマシンスピードを上げた。

30分くらい走っただろうか、顔と背中に汗が滴っているのが分かる。鏡に映る自分はいつもより爽やかに見えて

この際ストレッチをしている女性に声でもかけてやろうか!と考えた。

「おつかれさまです!! 体柔らかいですね!」

「どうも!綺麗だしスタイルいいね!」

「よかったら一緒に走りませんか?」

適切な言葉が見つからない。

女性こちから声をかけるなんて今まで経験が無いに等しい。

つのまにかおばさん達もいなくなって

トレーニングルームには自分とその女性だけだ。

あと一回り若ければチャンスだったかもしれない。

こっちに向かってくる男性が目にとまる。

目で追う男性は真っ直ぐ女性に「おつかれ」と声をかけた。

女性笑顔で「おつかれ」と返す。

私はすぐにマシンを降りて気付れないように二人の様子を伺った。

すぐに二人が親密な関係なのが見て取れた。

危ない危ない

その男性の体つきはがっしりとしていて

まるでスーパーマンのようにきらきらと輝いていた。お似合いなのだ

そう悟ったら一気に恥ずかしくなった。

着替えてジムを出てそのまま

側に隣接している公園のベンチに腰掛けた。

ベンチに座る自分の後ろ姿を想像したら

また涙で視界がぼやけてきた。

どのくらい時間が経とうが構いやしなかった。

予定も何もない土曜の昼過ぎに汗だくのおじさんがただ独り、意味もなく命を消費している。

人としてこの世に生まれ 私は何を残せているだろうか?

目を瞑り、答えのない答え探しの時間に入った。

仕事中、工場内にはよく虫が侵入する。

それは蜂やハエムカデだったり季節ごと様々だが、見つけたら容赦なくシューズで踏みつけ

その死骸をつまんで作業台の上に乗せる。

拡大鏡を取り出し、潰された虫の変わり果てた姿をまじまじと見つめていると段々気持ちが楽になる。

少し経って死骸に問いかける

「お前は何の為に生きていた?

私に殺された気分はどう?死んだら生まれ変わったりする?」

返事はないようだ。

自分社会にとってどのような存在なのか

鬱陶しければこの虫けらのように

強者から沙汰される運命なのだろうか。

いや既にされているのかもしれない。

目立たず大人しく弱々しく

誰にも見つからないように

生きてきたのに、存在自体が認識できなくなって今じゃまるで透明人間のようじゃないか

行き交う人はすり抜けるように私のことなど見てはいない。それは自分が望んだことでもあるが

一方で人から賞賛されたい 認められたい

そんな気持ちも心の片隅に顔を出している

これからどんな事をして、何を食べてどんな生活を送れば 世間からいいねを貰えるのか。

近頃、SNS承認欲求がどうこうとか言われるが

案外私と同じ悩みを抱えているの人も多いか

しれんなぁ。」

なんだか前にも同じこと考えた気がする

はぁ、ため息をする癖がついたせいか自分でも

びっくりするほど撫で肩になった。

指先がとても冷たい。帰ろう、

荷物トランクに乗せ自宅へと戻った。

間接照明が照らすダイニングキッチンの隅に小さく丸くなり、ぼんやりと薄暗い部屋を眺める。

俯いて視線スマホに落とし

出てきた検索欄に「女性と話す方法」と入力したページを無表情で黙々とスクロールしていくうちに。ガールズバーに行こうと思った。

あれこれ考えたがスナックキャバクラは下心が

丸見えだし気が引ける

その点ガールズバーなら洒落てる気がするし

何より健全だと思ったからだ。

次の週

また一言も会話せず同じような金曜日が訪れた

前より孤独感や焦燥感不安目眩吐き気が増した気がしたがなんとか踏ん張った。

上司に「今日は体調が悪いんで定時で上がらせて下さい」と告げ会社を後にした。

いつもならまっすぐ、アパートに帰り

スーパー惣菜品と缶ビールつまみ

空いた時間ゲームアダルトビデオで埋めるのだが、今日は久々に実家に帰りたくなった。

雑草が伸びきった庭に車を停め、玄関の鍵を開けた。

ドアを開けると空き家という感じはしなかった。

まだ生活感で溢れているせいか、つい最近来たようなそんな感じがした。

父も母も数年前に亡くなり、四つ離れている弟も

県外で暮らしている。

数年ぶりに二階にある

自分の部屋にも入ってみた。

部屋に刻まれた傷やシミは確かに自分記憶と重なる。

しばらく、ぼんやりと立ち尽くしていたが、市の防災無線から流れる夕焼け小焼け」

メロディー

自然と帰らなくてはいけない気持ちにさせた。

部屋を出る前に押入れから家族写真を取り出してポケットに入れた。

早く帰ろう。今日サッカー親善試合がある!

意気揚々と小走りで階段下りていく。

繰り返される日々

(冒頭に戻る)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん