「学研」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学研とは

2020-05-04

anond:20200504071903

独身だけど同意するわ。オンライン授業が受けられなくて学習格差がって言われてるけど

自分子供の時考えたら学研だの公文だのZ会だのただの紙で誰から教えてもらう訳でもなく普通にそれで勉強してたし

2020-03-01

子に優しくできない

子に優しく接することができない。

我が子とは思えないくらい優しくて気前のいい子だし、離れていると「どこかに遊びに連れて行かなきゃ」とか「あれを買ったら喜ぶかな」と思うのに、いざ実行すると全然優しくできない。

喜んでもらいたくて買った誕生日プレゼントも叩きつけるように渡してしまった。思い出すたびに子に申し訳なくて泣きそうになる。

愛情がないわけではない。でも子がいなければできると自分が考えていることが多いし、そう考えてきた期間が長すぎたのだと思う。


6年前に離婚して親元に帰ってきた。当初は子育てに関わっていたが、両親と見解が違い過ぎて頻繁にもめ、そのたびに1対2で「気に食わないなら出ていけ」と言われるので関わるのが苦痛になった。

「恥の世代」の両親は子が何かできないと、「自分が恥ずかしい」と考える。

子の忘れ物が多いと「ちゃんと世話できない親だと思われると恥ずかしい!」と持ち物を確認し、毎月教材が届く学研に申し込んであったのに「習い事をさせていないと貧乏だと思われて恥ずかしいから塾に行かせろ」と言う。

忘れ物学校でつらい目に遭えば態度を改めるかもしれないからしばらく放っておけば」と言っても、「自分が恥ずかしいから嫌だ」と聞き入れられなかった。

こんなことが続くうちに疲れ、子育てに関わるのがほとほと嫌になってしまった。

世話してもらっていることに感謝するべきだという考えは否定しないが、改善目的が子のためではなく自分のためだと何の衒いもなく宣言されると、受け入れづらい。

前の旦那と別居中は幼い子どもと二人っきりだった。私の作ったご飯を「おいし」と食べてくれるのが嬉しかったし、毎日成長を実感できるのも楽しかった。愛情を注ぐ先が子どもしかいなかった。

でも5年前に交際相手ができてからは子を足かせのように思うことが多くなった。彼は彼なりに子と関わろうとしてくれたし、出掛ける計画を立てるたびに子のことを気にかけてくれていた。でも私は子から地元から解放されたかった。

彼に子とうまく接することができない自分を見られたくなかった。

その彼とは2年付き合い、その後も時おり子を交えて3年交流したが、先日絶縁を宣言された。

子は笑顔で話しかけてくれるが、私が会話をする気になれない。どう話していいのかわからない。


結局、私は5年かけて誰とも家族になれなかったのだと思った。

2019-12-25

[] アニメオカルトに劣る

学研が「アニメディア」などのアニメ関連事業を売却とのニュース

まあ出版不況の世の中だし、しょうがないわなと思いつつ。

そういや、今どんな雑誌出してんだろと改めて確認してみると、

雑誌学研出版サイト

https://hon.gakken.jp/magazines/

BOMB(ボム)は残ってるのか。

アニメ出版の将来性はアイドル以下かよ。

ムーあるじゃん

アニメオカルト以下か。

いや、真面目に考えると読者層が入れ替わらず熱心な定期購読者に支えられてる?

2019-11-16

明日は何が起こるか分からない日なので

出来るだけ今までのことを思い出しておこうと思う。

グラスホッパー 

マイティフロッグ

ヴィダルサスーン

ティモテ

から火花が出るゴジラ型のチョロQ

グリーンドラえもん

マシンロボ

チョコとかの匂いがする消しゴム

スライム

紙粘土

学研のおばさん

生一丁

エキスパンダーの逆で押し縮めるパターントレーニング

軍人将棋

ドラキュラボードゲーム

お化け屋敷ボードゲーム

ランドセルの閉めるところをこっそり外されてて、靴を靴箱にしまときに屈んだらバサーって荷物部落ちるやつ

2019-11-07

今日も女は

ガラス天井呪いをかける上野千鶴子の図

2019-10-04

anond:20191004121732

学研ってまだあるのかしら。このCMは未だに映像すら浮かんでくるけど子供の時以来見ていない

2019-08-28

まあまあ大体ほぼ適当

昔読んだ学研科学に「どうして色んな種類の洗剤があるの?」という疑問が投げかけられていて「一番強い洗剤が一つあればいいじゃん!」という子供ながらの乱暴な主張だったのですが、あほだったんで「たしかに」と納得してしまった。

博士のアンサーとしては、「何でも落とす強い洗剤で体を洗ったら、体が痛くなっちゃうよ!だから弱い洗剤も必要なんだよ」みたいな感じに、子供でも理解できるような説明をしてくれていたんですが、理系の脳細胞が死んでたので中庸的な思考として記憶に残ったっぽい。

上手く行かなくて落ち込んだり、上手く行ってる時は調子乗って驕ったりと生きてれば色々あるんですけど、そんな時博士言葉が思い出される。何十年経ったかからないけど、精神衛生としてずっと心に残っている。

2019-07-27

精神科強制入院のあり方について (追記あり)

ちなみに自分はこの元増田である。(閉鎖病棟からマイクロソフト本社に行った人)

https://anond.hatelabo.jp/20190329052316

凄惨京アニ放火事件が起こった。統合失調症患者犯人との報道のせいで、精神病イメージダダ下がりである。(まあイメージが良かった事は一度もないのだが・・)

人に危害を加えたり犯罪を犯すタイプの「触法精神障碍者」は精神病患者全体からみると非常に少ないというデータもあるらしいが、一般の「健康な」人達からすると、「精神障碍者はみんな怖い、避けるべき。」と考えるだろう。「こんな奴らはとっとと精神病院にぶち込んでしまえ」そう思っているに違いない。

ところであまり知られていないことだが、「触法精神障碍者」の平均入院期間は普通精神病患者より短いらしい。うるさかったりトラブルを起こしたりする患者病院もめんどくさいから早く退院させてしまっているのだろう。

ちなみに自分精神病院にぶち込まれて、両手両足をベッドに縛り付けられてオムツまではかされていたわけであるが、別に法を犯したり人様に危害を与えたわけではない。

入院中周りを見回しても、それほど攻撃的でも無く話も通じる状態なのに何年、何十年も入院させられている人がワンサカいた。

こういう扱いやすい「オイシイ患者」を一生閉じ込めて入院費を稼ぐのが手口なのだ

統合失調症は薬が上手くハマってバシッと治る人もいるが、そうでない人は長期入院させてもあまり改善が見られない場合が多い。ただいたずらに拘禁し続けている事で利益を上げているのである

以下は自分入院中に思った正直な気持ちである

「いっそ犯罪でも犯して捕まっていればよかった。そうしたら裁判自分の主張を展開する機会もあったし、トイレに蓋があって自分で流せる独房(もしくは雑居房)に入れたし、手足を拘束される事も無かったのに。」

一体いつになれば出してもらえるのかわからない状況で、「自分おかしくない!」と怒れば「症状が悪化している」と見られるのだ。環境も最悪で人権どころの騒ぎではない。

日本精神医療人権蹂躙による金儲けが行われている上に犯罪抑止装置としても機能していないのだ。

本当にヤバイ人をどうするか。

これは難しい問題だが、少なくとも今の日本精神入院医療は変わらなくてはいけない。普通の人、大勢普通患者どちらも救っていないのだから

P.S.

まり盛り上がらない予感。多くの人にとってこれは身近な問題じゃないだろうし。当事者(=俺)の思いは強いんだが。


(追記) 意外とコメントが付いたのでちょこっと返信。

暴れる精神障碍者は早く退院させて、大人しい精神障碍者は数十年入院させ続けるってやること逆じゃない・・・

正にこれが言いたかたことです。代弁ありがとうございます

警察官6人で担いで精神病院入院させる状態の人の「自分おかしくない!」は症状改善とはならないよね。社会的入院問題だが、その社会が受け入れできないのに、精神科だけ責めても問題解決しない。

アナタ警官6人に連行され、パンツを脱がされオムツを履かされてベッドに縛り付けられても怒らない自信がおありなのですか?私には無理でした。あと、あなたの様な人が社会構成しているか社会が受け入れできないんだなーというのがわかるお手本のような回答になってますね。

おい、増田君。医療保護入院説明の紙の件はなぜ触れないんですか?病院には説明義務付けられているはずですよ。

(ちょっとコメントが見当たらくなってしまったのだが、こんな事が書いてあったはず。)

入院時は無理くり拘束された上に鎮静剤を打たれたのでちゃん説明されませんでした。意識を戻したときにはベッドに縛り付けられており、病室の壁に貼り付けられた紙の文字が読めるほど視力はよくなかったです。(てかワンデーのコンタクトをしたままだったので干からびてました。)

ようやく拘束が解かれて読めるようになっても隔離室には電話もなく外部との接触手段はありませんでした。雑居房に移ったあとはピンク電話がありましたが、看護師に頼んでようやく十円玉が数枚渡されるだけというありさまでした。長蛇の列の電話の中で少ない十円玉と通話時間自分の置かれた状況を外部の人間説明するのは不可能でした。

実質、運用によって外部への訴えはすべてシャットアウトされているという状況でしたよ。

これを全くのデタラメだなんて言いたい人は「社会的入院」で検索すること。精神科のどす黒い歴史を知りたいなら立命館大生存学研究所の http://www.arsvi.com/d/m.htm を参照。未だにこの調子か…

あと、このブコメ感謝社会的入院国際的にも問題になっている。

否定したい人達気持ちはわかるが、デマはやめろとか変な事言う前にまずググれ。勝手に人を嘘つき呼ばわりしないで欲しい。

受け入れる側の家族退院に反対なら、ほぼ半永久的に入院させられる仕組みになっているのは問題だな。だが、病識がなく薬も飲もうとしない統合失調症患者には、措置入院矯正治療しか有効手段はないだろう。

まさにそれ。障碍者の最大の敵はその家族だって誰かが言ってたっけ。ただ、後半部分については同意はできない。措置入院矯正治療効果が出なかったりする場合が多いんだよね。

入院利益に関してはDPC制度知らない人の発言は全て無意味なので信用しないように。/「認知症の人をベッドに縛ってた老人ホーム」転倒して骨折や硬膜外・硬膜下血腫になったら賠償させがちな司法に言ってくれ。

恥ずかしながらDPC制度しりませんでしたが、調べたところ自分入院していた精神病院は導入していないようですね。というより、ほとんどの精神病院が導入してないようですが?

後半部分の老人ホームの話については直接話がつながってるわけではないですが、長期拘束による死亡事故を出してる病院もあるんですけどそのへんどうなんですかね??

NEW!

anond:20190727232154 に返信がてらに色々追記しました。

2019-07-01

本読めよ

この土日で読んだ本

恐竜 新訂版(講談社

実物大 恐竜図鑑小峰書店

・なぜ?の図鑑 恐竜学研

 

1日1冊ペースで読んでるけどこの土日は3冊も読んじゃった

2019-06-25

anond:20190625193817

学研は規模小さいからまだ配転いらんだろうが、他のはありそうよな

今後介護会社を買収して配置転換って安価リストラ方法としてある程度の規模の会社では流行りそう

ワタミの介護損保ジャパンに買収されて

損保ジャパンの余剰人員左遷先になるのをみると

同じように介護会社を買収した大和証券とか大東建託とか学研とかもやはり...

2019-06-16

ぱしょこんぱしょこん~るんたったー

あたらしいーぱしょこんほし~な~

学研のおばちゃんまだかな~のメロディー

悩んでるうちがほんとたのしーね!

2019-06-15

anond:20190615162054

子供の頃読んだ学研学習科学付録で「世界偉人伝50」っていう小冊子があって全部読んだ中で一番感動したのが手塚治と御木本幸吉だった。

御木本幸吉は真珠キチガイと周辺住民バカにされながらも真珠養殖の実験に取り組み、妻はうどん屋経営して必死に支えた。ようやく実験成功した時、妻は帰らぬ人となった…

というような話だった。

2019-03-17

anond:20190317102014

住所なんかまだましだよ。

○○大学学部××学科 卒業

○○大学大学博士前期課程学研究科××××専攻 入学

○○大学大学博士前期課程学研究科××××専攻 修了

○○大学大学博士後期課程△学研究科××××専攻 入学

○○大学大学博士後期課程△学研究科××××専攻 修了

……近年この記号の部分に入る文言はどんどん長くなっている。自筆履歴書とか書く必要があったらもうウツになるよ……

2019-01-22

anond:20190121230235

「数(すう)」もしくは「数回(すうかい)」で調べてみた。

広辞苑

少ない回数を漠然という

大辞林

二,三回から五,六回程度の回数。

日本国語大辞典

三〜四回、五〜六回ぐらいの回数をばくぜんという語。

学研国語辞典

「三、四から五、六の」「わずかの」などの意を表す。「数人」「数回」

明鏡国語辞典

三、四から五、六ほどのかずを表す。「─日・─万人・一〇─か所」

新明解国語辞典

三、四の。五、六の。〔文脈により、多い意にもわずかの意にもなる〕


概ね3~4もしくは5~6ぐらいが適用の目安と言えそうなので、元増田には「使うべきではない」というのが回答になる。

とはいえ大辞林では2も適用内とされているので、相手大辞林ユーザ確認して2の適用を考えるのがベター

逆に大辞林ユーザと話をする時は少なく見積もられる傾向があるので気をつけよう。

広辞苑は何かを語っているようで何も語っていない。じゃ、少ないっていくつやねん。

2018-12-26

anond:20181225211030

小学〇年生から総合的な情報が入ってたよね。中高生「時代」とかも。

ネットより雑誌が良いのはやはり「付録」。

学研科学付録の「カメラ」は最高だった。

今でも「付録」が話題になった。

雑誌以外になるが

NHKの600情報局とか「夕やけロンちゃん」は質が高い。

2018-11-23

[]

(あとで書きますわ)

12/2

忘れていましたわ。

この日は大阪に行きましたわ!ギャルには会いませんでしたわ

そうギャルなんかよりカップラーメンですわ!!わたくしカップラーメンを食べてこんなうまいもの始めて食べましたわ!って言うのが夢でしたの。いやたまに食べます

そういうわけでカップヌードルミュージアムに行きましたわ

凄い勢いでカップラーメンのパックが並んでいて圧倒されましたわ。インスタントラーメン発明歴史を学べましたわ。わたくしむかしむかし学研かなんかの安藤百福漫画で読んだことがありましたわ

チキンラーメン作り体験的なものが二階でやってましたわ。確か予約制だかなんだかでわたくしはやりませんでしたわ。

あとカップに絵を描いて具とかを選んでオリジナルカップラーメンを作るみたいのもありましたわ。激混みなので諦めましたわ。

というかその場で食べるやつかと思ってたらそうじゃなかったのが残念でしたわ。とにかく狭いミュージアムの割に人がめちゃいましたわ

あと映像のとこもありましたがここはガラガラでしたわ。まあ外国の方が多かったからですわね。

インスタントラーメンはまずは腹が満たされればみんな幸せだ的な思想発明されたらしいのでわたくしも幸せになるためにここを後にしましたわ。

周辺にはチキンラーメンを使ったお食事を出すところが数件あったのですが、時間が合わなかったので移動しましたわ。あら?わたくし幸せになってませんですわ

その後どこに行ったか……その日の夜、お酒飲み過ぎて記憶が……ですわ

江崎グリコ記念館的なところに行ったら土日?しか開いてない的なことを言われておしっこ我慢しながら駅まで歩いたのは覚えていますわ……

造幣局はこの前ですし……

そうですわ!自然博物館ですわ!

うんこが好きな増田虫達みたいな標本が飾ってありましたわ!あとフンコロガシの20模型見たいのもありましたわ!

あとでっかい庭見たいのがありましたが(こっちがメインぽかったですが)歩き疲れていてちょっと眺めただけでしたわ。

なんか演奏団的な方達がいらっしゃいましたがわたくしの趣味音楽じゃありませんでしたわ。

お土産に木偏の漢字湯のみを買いましたわ。あと虫偏ともう一個なんかありましたが緑色が好きだったのでこれにしましたわ。あのお寿司屋さんにあるやつ見たいのですわ。わたくしはノーマルバージョン100均で買いましたわ。淡水魚バージョンアクアトト岐阜で買いましたわ。今回のは3種類欲しかったのですが1500円もしたので諦めましたわ。

あとキノコの本かなにかを買いましたわ。あとで読むですわ





そのあと飲みましたわ。翌日は大阪を後にしたのですけどお一人様じゃなくなるので身バレが怖いので書きませんわ

身は締まってて美味しいんですのよ!身は締まってて美味しいんですのよ!

2018-10-09

法学論文査読がないという話で覚えておいてほしいこと

以下、司法試験受けるどころかまともに法学単位とれなかった法学徒崩れの一見解です。

査読のある分野とない分野がある

まず、法学にもざっくり2つの分野が存在する。現実社会運用されている実定法研究する「実定法学」と、それ以外の法にまつわる研究をする「基礎法学」だ。

このうち、基礎法学には、少なくとも今「○○ 査読」でググった程度の範囲では、論文誌に査読がある。少なくとも法哲学法制史比較法学法社会学あたりで査読論文誌があるのは確実だ。勿論ないものもあるだろうし、そういうものに関しちゃガンガン批判していくのはありだろう。ただ、少なくとも「全ての法学分野で論文査読がない」というのは明らかに間違い。

実定法学にはおそらく査読がない

こちらはおそらく事実。というか、査読というシステム意味があまりないということは考えられる。これは、実定法学というものイメージがついていないと多分理解しにくい。

あくまで俺認識だが、実定法学においては

  1. 「本当に基礎の基礎の大前提になる考え」
  2. 「それを基にした個別の条文解釈
  3. 「それらが現実個別事例と出くわした際に発生する『どうあがいても解釈のわかれる問題』」

の三段階くらいレイヤー存在する。ひとつ目は誰だろうと覚えてる当たり前の知識だけど、二つ目になると正解がないので絶対に個々人で異なってくるよね、3つめに至っては言うまでもない、みたいな話はおそらくある。

具体例を挙げよう。刑法には「刑罰は何のために存在するのか」という考えにざっくり2つの異なる立場存在する。「ある個人が、悪とされる『行為』を行ったのでそれを罰しよう」という行為価値論と、「社会的に悪い『結果』をもたらしたからそれを罰しよう」という結果無価値論だ。これは刑法における根本的な思想である。それらはどちらが絶対的に正しいとかではなく「どの分野でどの程度どちらの立場を優先するか」というレイヤーで争いがある。

具体的には、「心が壊れた人間による殺人」と「自分赤ちゃんを殺そうとした人間を殺した母親」などだ。前者は刑法39条規定により無罪となるとしよう。なぜなら、心神喪失状態での行為は「自分の行った行為に対する責任」を問うための刑罰を化しても無意味からだ。その人は自分がおこなったことの意味理解していないから、刑罰を科すことに意味がない。ふざけるな、という意見は多数あるだろう。心情的にそれは俺も理解できる。しかし、それでもなお刑罰を科すとするならば、それは「誰かが人を殺したという『結果』が悪いことである。だから、本人が自分行為理解していなくても、社会としてその結果をもたらした人間を罰しなければならない」という立場をとる、ということにならざるをえない。

では、「自分赤ん坊を殺されようとしている母親が、殺そうとしていた人間を殺した」といった場合、その人間に対してどういう立場をとるべきなのか?「人を殺したという結果は社会にとって変わらないのだから赤ん坊が殺された母親であっても刑罰を科すべき」という立場になり得るのか?

この話は、実のところ論理的には適切な例ではない。結果無価値論と行為価値論は違法性阻却の議論で出てくるものであり、前者は心神喪失による有責性の阻却の話で、後者緊急避難追記ブコメで「正当防衛ではないか」とありましたがそのとおりです。ありがとうございます……)による違法性阻却の話でしか出てこないからだ。もっと言えば刑法民法憲法では基礎になる論理が全く異なる。ここで俺が言いたいのは、実定法における「本当に基礎の基礎の大前提になる考え」は、法解釈において多くの矛盾を生み出す、ということだ。そこには「正解がない」。どの場面でどのような立場をとるか、それは1か0かで決められる問題ではなく、「ある場面ではAの立場肯定し、別の場面ではBの立場肯定する」、そういった解釈違いが、刑法民法刑法何百何千もの事例において発生する。それらに対して、「ある事例でAの立場をとり、別の事例ではBの立場をとる」という判断の組み合わせに、論理的整合性をどのようにつけるか。それを生み出すのが、ざっくりと法学における「学説」と呼ばれるものになる。繰り返すがこれは刑法の例であり、民法憲法では細かな部分は異なるだろう。だが、どの分野でも「学界の多数説」「学界の少数説」「実務における判例」の3つが異なる立場にある、というものが1つや2つくらいあるのは当たり前だ。それが実定法学の実情だ、と思っていいはずだ。

そんな現実において、あくまで俺の認識に限って言えば、その「矛盾しない解釈論理体系を構築する」というのは研究をやる上では当たり前のことだ。論文出す以前に、研究ができるかどうかという前提の話。何の話をしているかというと、その能力を持っているかどうかを確認するのが「司法試験」であり、司法試験程度(そう、司法試験「程度」)を合格する能力がないと、法学研究なんてできない、というのが現実なのだ。全体的な解釈整合性をとれているのは当然である司法試験合格すらできない人間研究者になれない。「最低限の研究能力」という点で、院なりなんなりに進んでいる時点で最低限の自然淘汰が発生しているのは実定法学研究では当たり前の前提である。したがって「最低限の論理的整合性が取れてるかどうか」という意味での査読そもそもない……というのが、院生の友人知人を持たない俺の、推測レベルでの解釈だ。そもそも論文を出せる環境にいる時点で、能力保証されているからだ。

そして、そこからさらに「構築した論理体系による学説が『受け入れるに値するものか』」って話にまで踏み込むと、そのための「査読」ってなによという話がある。たとえば、心神喪失状態で何十人と殺した人間無罪にすべきという、法学論理的整合性がとれている説を唱える人がでてきた場合、それを査読する意味とは何か。論理的には正しい解釈体系が、何十人もの法学者によって何十個と出来上がっているなかで、誰の立場をとるか。ここまでくると、正直なところ、査読がどうこうという話ではないのだ。はっきり言えば、「その学説社会が受け入れるかどうか」って話なのだ

この辺りを、法学勉強したことがないひと、いや法学勉強したひとですら勘違いしていることがあるけど、法と社会/法と政治というのは、ものすごく漸近している。法学学説が受け入れ良レルかどうか、というのには少なから社会価値観/社会通念が影響しているし、法は決して固定的なものではなく、社会のなかで変動している。法は社会に内在しているし、社会に対して法は影響力を持つ。

そうした実定法学の特徴が生み出すのは、ある一定レベルを越えると「学説が正しいかどうか」が「その学説が多くの人に受け入れられるかどうか」という問題に近づいていく、ということだ。法学部にいればよくあることだったが、どんなすごい教授でも、講義のうち何か1つくらいは、その人独自の(少数派)学説をとっていることはざらにある。だから、そういった場合に「査読があるかどうか」は問題にはならず、「発表した学説が受け入れられるか/無視されるか」という話が、業績や信用性、実力の評価として組み込まれるんじゃねえかな、とは思う。

まあ、それが客観的指標とは言いがたいのが問題だ、というのは絶対ある。だが、その場合はどのようなかたちであれば「客観的指標」による評価法学が下せるのか、というのも問題になるだろう。

このように、「研究ができる/研究論文を出せる」という環境にいるというスクリーニングの上に、「それが社会的に受け入れられるか」が重要視されるという事後的なスクリーニング、その二つがあるからこそ、実定法学に査読文化がない、というのはおおよそ雑な話としては、言えるのではないかと思っている。

で、これを読んで異論があるガチ法学研究者の人、補足というか訂正頼む。ぶっちゃけ法学でまともに単位とってない俺みたいなアホが補足いれないといけない状況にうんざりしてるんだ。真面目に誰か解説してくれ。

2018-09-23

anond:20180923071207

今の40台以下の大学教員結果的には彼がなくて大学教員があった物を持ってたからなれたというのは違いない。

だけど、大学教員があったものなんて紙一重のものに過ぎないというのは皆わかってるから、「俺もああだったかもしれない」というコメントになるんでしょう。

もはや予算と、元大学教員志願者の先のキャリア問題であって、大学教員クラスではどうにもできない。予算は全部政府が決めるわけだから

大学教員なんて、自力で金を稼ぐわけじゃなくて、降ってくる予算で生きている存在からな。

学研だって、見どころがあって、もうこうしたら行けるというところまでできてるのなら、企業は自社の社員やらせるわけだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん