「きょうだい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: きょうだいとは

2019-05-19

anond:20190519180852

ゲイレズ子供が欲しいっていう場合、ともすると片方が自分の親やきょうだいに依頼することも考えられるからその場合もっと問題が難しくなるね。

レズカップルで、父親や兄・弟から精子提供してもらってパートナーに産んでもらうとか、ゲイでは海外自分高齢母親代理出産してもらったりとかなかったっけ?

そうなると単純に実施優先じゃなくて、実際に主に養育をどちらがやっていたかということが問われるのでは?

2019-05-13

anond:20190513145213

今回は身内である男の兄弟精子提供するだけだけど、ゲイカップルだとどうするんだろう。

姉妹妊娠してあげるのかな?

ゲイのそれぞれの精子を一つずつ使って双子にするか、順番に生物学上の異父きょうだいをつくる。

anond:20190513154500

娘もボーイッシュ出産せず子供というおもちゃを得たいだけなんてふざけてる

おいおい、よく元増田読め。

ボーイッシュ妊娠するつもりらしいぞ。

あと卵子提供苦痛は知ってる。

骨髄バンクドナー登録もしてるしね。

もしきょうだい不妊とかなら卵子提供くらいならやりますよ。

anond:20190513152316

女っ気があるなし関係なく、息子とはちゃんと話し合って完璧100%の躊躇もない同意とらなきゃ進めちゃだめだよ

自分遺伝子持った子供がどっかで勝手に生まれてどっかで好き勝手に育てられてるって、どう?

きょうだいのためならわたし全然できるけど、できない人も相当多い話だと思うよ。

できないことのが悪いなんて微塵も思わない。

2019-05-12

anond:20190512182804

https://keisobiblio.com/2017/04/26/gendertalk03/3/

平山 大変過激言葉なんですけれども、「潰してもいい子」が、介護役割を担わされる。親にとって「潰してもいい子」のところに介護役割が回ってくる、と言って、私は親の皆さんから嫌われているんです。

平山 そうそう。だから、よくぞ言ってくれた、というのは、その潰されてしまったというか、きょうだいのなかで貧乏くじを引かされ、介護役割を回されてしまった子。その子たちからは圧倒的支持、で、親からは圧倒的不支持という。

上野 例えば長男で、銘柄大学出て、ブランド企業に勤めて、ちゃんと妻も子どももいるという息子は、潰せないのよね。

 

平山 そうです。親にとっては、それは投資した子なので。

 

上野 ああ、投資効果が上がった子と、上がらない子の違いなのか。

 

平山 そうですね。最初長男に期待をかけて、一生懸命投資するんだけど、後々次男のほうが伸びてきちゃったら、「やっぱり潰していいのは長男」ってなりますと。でも、そんなね……、ちょっといいですか。

 

上野 はいはい

 

平山 ちょっと誤解があるようなので言っておきたいんですけれども、親が、「この子なら潰してもいい」って明確に思っているわけじゃないんですよ。ただ、どうもそういうふうに見えるのは、やっぱり投資効果があった子が介護に煩わされることがないように、って親が配慮しているから。そうすると、そうでない子は、介護に煩わされざるをえない状況に追い込まれから結果的に「潰してもいい子」という扱いを受けているように見えると言っていただけなので、「潰しちまえ」って、最初から思っているかというと……。

anond:20190511225025

単なる壮大な感じにかいただけのきょうだい姉弟喧嘩じゃん

親のことを世間いちばんまらない大人だと思うのはすべての20代に共通黒歴史だし

フーンって感じ

2019-05-08

(追記あり)マンションのローンと維持費がびっくりするほど高い

うわぁぁぁぁぁやばい

新築マンションやべええええええ住宅ローンやばい管理費も高過ぎる…立地は気に入ってるし部屋の広さも気に入ってるのだが

子供ももうすぐ産まれるし

早く共働きにならないと大変なことになるわ

子供二人目なんか無理だと思う

(追記)

買ったのは高級感のある分譲マンションなのですが、良い家ですがうちには高過ぎたな。中古でもよかったかと今さらながら気づきました。

キツいよお。

物件の名義人である私の配偶者(一家大黒柱)がまだ若いのでこれから年収が上がる!!絶対!!役職つく!!(言霊)

私も出産後落ち着いたらフルタイムで働いて夫婦で老後資金教育費頑張って貯めます

中流階級住宅教育の両方に大金をかけることは両立できないですね。きょうだいの子育てに憧れは持っていたけれども一人っ子にしてその子お金をかけてあげよう…

住宅ローン完済したら老後は楽ができるからがんばる。

ディズニーアニメのとりあえず父母を殺すって前フリ

なんか雑でいやなんだが何とかならんもんか。日本も似たようなもんだけどさ。

あと異性のきょうだいがいるパターン少なくね? もっと兄妹でイチャコラさせろや。

2019-05-06

anond:20190505131439

きょうだいとか、いとこ関係は良好だと幸せ度が上がると思う。

パパ活半年ほどして、だいたい満足できるポートフォリオができたか晒す

〇 月2回程度、@5、ゴムあり

  早慶彼氏がいるMARCH女子大生

  可愛いロリ顔、インスタで数百人のフォロワーができるレベル

  男性経験は本人曰くパパ活含め5人で、他にはパパはいないと主張してる。

  頭は悪くない。学歴定職のある男性が好きという昭和価値観

  親もまともな家庭で、きょうだいエリート職。

  なんでこの子パパ活という名の売春に手を染めたか謎なレベル出自

  でもかなり早い段階で高学歴パパに絞り込んだらしいので、自分がやってることの意味は分かってるってことだね。

  とりあえず地方インテリの箱入り娘が私の粗末なちんちんで汚されるのは超快感

〇 月1、@5、生

  Fラン女子大生彼氏飲食業バイト

  美人。日米ハーフで、滝川クリステルっぽい面影。以前は芸能をかじってた。

  ピル飲んでる。男性経験は本人曰く5人程度で他にはパパはいないらしい。

  バカで、バカすぎて芸能仕事が来なくなったのでピルを飲んで売春にいそしんでいる。

  でもピルを飲む前の写真と今を比べると、割と太ってるので、やはり節制はできない

  レベルバカ

  ただ、不特定多数に股を開くと、サロンモデル仕事も来なくなる感じで

  自分雰囲気が荒れることは理解してて、たぶん私だけがパパ。

  とりあえず滝川クリステルっぽいのが私の粗末なちんちんであえぐのは超快感

〇 月1、@4、生

  獣医さん。彼氏は無し。

  往時の中森明菜に似ている可愛い系。

  ぴるのんでるかどうかは不明

  機能不全家族で育ったようで、自力お金を稼げるのに

  男にセックスお金を払わせることに満足してるっぽいかわいそうな子。

  とりあえず賢そうな獣医さんに生中出し美味しい。

あとは、二か月に1回程度の子持ち高卒人妻と、女優崩れの売春婦くらいだね。うまうま。

2019-04-29

きょうだい児を育てる大変さを考えずに子供を産むな

私は長女として産まれて、大人になった今、親もきょうだいも嫌いな人間に育ちました。

きょうだい児で産まれ関係がとても上手くいきやすパターンは、上の子がとても優しい穏やか気質だとか、世話好きな性格だったり、上の子が下の子かわいいと思えるかどうかだとか、

の子性質が長子向きの場合当たり前だけど、上手くいきやすいと思う。

後は親の教育次第。

例えば、上の子勉強しているときに、下の子が上の子と同じ事をしたくて上の子が使っている教材に手を出して勉強邪魔をするってあるあるだよね。当然、上の子が幼い場合邪魔になった下の子排除しようとして下の子が泣きますよね。親が泣き声を聞いてかけつけますよ。

そのとき親はなんて子供達に声をかける?

きょうだいそれぞれの言い分を聞いて、上の子も下の子も納得するように始末をつけるってかなり面倒くさいことなんだよ。

きょうだい児を育てるってその面倒くさいことがたくさんあるんだよ。

もちろん、きょうだいからって何でも平等に扱ってもらえるって言うのは無理だけど。

私はきょうだい間で揉めたときはどんなときでも「下の子は悪い子のままでもいい。あなたけが我慢をして良い子になればいい。お姉ちゃんなんだから我慢をするのは当たり前」と教えられました。

今は我慢ばかりしていると自分人生がどんどん侘しくて不利になっていくんだとわかっていますよ。

親のおかげできょうだい児を育てるって大変なんだなってよくわかった。学校に行く前の"親から見れば無意味な"きょうだいゲンカの仲裁なんてめちゃくちゃ面倒くさいよね。逃げたくなるよね。

でも、親は自分意思でその面倒くさい状況を作り出してるわけだからきょうだい児って子育ての手間も人数分増えるのが当たり前だからきょうだいを作ったら「上の子が下の子の面倒を見てくれる」って当たり前のように思うな。全員の子供の面倒を見るのは親だよ。面倒くさいんだよきょうだいは。

2019-04-23

ネズミ赤ちゃんすげえ

ネズミ繁殖力すごすぎ

近親相姦しても異常ができくくて親子間、きょうだい間で交尾して出産してもオッケー

妊娠期間すごく短い。メスネズミ一生に何回も何十匹も産める。

しかネズミ赤ちゃんが強い。生まれたての見た目は未熟児だけど実際は全然未熟児じゃない。人間新生児と比べたらネズミ新生児の方が強い

見た目に反してよく動くしすぐ成長するし食欲がすごいし。母ネズミにふみ潰されても乳首に食らいつく。

人間赤ちゃんの中にはおっぱいを飲むのが下手な子もいる。

母乳を嫌がってなぜか人口ミルクの方を飲んだり

生き物としては母乳だろうが粉ミルクだろうが液体ミルクだろうが貪欲にじゃぶじゃぶ飲んでいくのが正解なのにな。

なんなんだよ。人間赤ちゃん。泣くという自己主張うまいのに。生きたいなら貪欲乳首吸えよ。

人間繁殖難易度動物の中でも高いほうだから赤ちゃんが貧弱で子育てに苦労するのもしょうがないのだな。そういう生き物なんだから

ネズミなんか一回の出産10匹くらい産んで子育てするけど

人間なんかもう双子確定した時点で医者から双子からお産のリスクがあります」って言われるわけよ。設備が貧弱な病院だったら「うちでは双子産めません。よその病院紹介します」って言われるわけ。

そういう意味では人間は弱い。

でも、人間は強い生き物。

私もお産がんばろー

2019-04-17

きょうだいコンプレックス、持たれる人間もつらいという話

2歳年上の兄と折り合いが悪い

というのも、昔は明確に「暴力」という形で兄の絶対的支配の下に入っていたけど、もう20歳も超えてそんなこともなくなって、むしろそのころから兄の人生と私の人生社会的評価のされ方が変わってしまって今となってはただの折り合いが悪い兄妹になってしまった。

いや思えば昔から兄は口下手で滑舌が悪く、口達者でよく舌のまわる妹(私)に口喧嘩では勝てず、暴力支配していたのだ。

それこそ骨折するとか縫うみたいなケガをしたことはない。それは兄が優しかったとかじゃなくて、今ならわかるわ、大きいケガさせてもっと強大な権力であるところの父に叱られたくなかったんだろうな。

小中学生くらいの私はまぁまぁ勉強ができて、学級委員とかをやりたがるタイプで、図書委員長とかもやってて、運動は全くできず、50m走したら10.2秒かかって先生に「まじめに走りなさい」って怒られてた。マジ全力で走ってたんだけど

友達はいた気がするけど、私が人間として生まれたのは18くらいの時なので記憶はないです。

対して兄はサッカー少年で、成績がどうだったかは覚えてないし学校でどうだったかとかは覚えてないけど、同じ中学校に通ってた時、吹奏楽部の子がみんな「あんたが○○っていうの?兄ちゃんいるでしょ」って言ってくるからどうしたことかと思ったら兄は同級生吹奏楽部サックス吹きの、私からしたら先輩と付き合ってたんだそうだ

いや知らんけど

まぁいろいろあって、高校生の時に兄はどっかから金を工面してきて某英語圏に行った。7年くらい?8年だったかな?金の仕組みがよくわかってないけど、両親は兄が金をかけずにうまくやったことを喜んでた。

うちはハイパー貧乏だったけど子供が5人もいて、生活が本当に苦しかったのだ。ちなみに兄と私は長男長女。マジこれ最悪なんだわ。

そこからまたいろいろあって、私は現役で某地方国立大学に進学した。奨学金は2つ借りて、当時は神の子だったし家がハイパー貧乏だし当時小学生の弟とかもいて余裕で無利子だった。20年間返済するぜ

ここから一人暮らしスタートして、私の物心がつき始める。これが…自我…!って感動した。18歳の目覚め

ちなみに父実家がクソ男尊女卑思考から兄は海外で羽伸ばしてんのに私は「うちの女の子がそんな遠くで一人暮らしなんて認めません」みたいな態度だった。ゴミ思考。一応有名大学だったので蹴っ飛ばした。両親は応援してくれてたのが幸い、最高両親ありがとう

私が大学3年のとき、兄が日本に帰ってくることになった。向こうで通ってた大学留年して、除籍になったっぽかった。

兄は「日本教員になりたい」と言って、大学に3年次編入することになった。

23大学浪人生の兄に奨学金を貸してくれるまともなところなんてないから、両親がお金を工面した。ここでももっといろいろクズ伝説はあるけど、今は関係いからまあいいや

問題浪人生時代インターン実家に帰っていた私にとって兄がとんでもないモンスターモラハラ兄に変化していたこ

兄が3年次編入を狙える大学は私が通っていた大学よりランクとしてはずっと下で、サッカー少年ですらっとしていた兄は目測20キロは増えて帰国しており、暴力による支配もできなくなった兄は私を以下項目において貶めることでしか関係を築けなかったんだろうね、かわいそうなひと

そもそも大人きょうだいに力関係って必要?その辺も考えが貧しいというか子供のまんまなんだろうな、かわいそうなひと

まずは容姿

かに美人じゃないけど、どんな話してても最終的には「お前はブス」「お前の顔だとほかの人間に許されることも許されない」みたいな小学生みたいなことを言う

次に恋愛

当時彼氏はいたが、実家ではそんな話もしなかったしいないと思われてたほうが都合がよくてわざわざいるとか言わなかった。そしたら兄はさっきとの合わせ技で「お前みたいなブスは結婚とか恋愛とかあきらめたほうがいい」「お前はブスなうえにオタクからモテない」「ブスは一人で生きるしかないんだから」とかまぁ本当にいろいろ言われた。

毎日深夜のマックでその元カレに泣きながら電話してた。早く大学に戻りたくて仕方なかった。

実は、モラハラが始まるまでは私は兄のことが本当に好きだった。

よくわからないけど遠い国で頑張ってるし、どっかからお金も見つけてきてすごいなって純粋尊敬していた。本当に本当に、嘘かと思われるけど、兄の美しい面しか記憶になくて、兄みたいに頑張ろうって思ってた。

でもこんなことになっちゃって、大学生になった兄はさらゴミみたいな人間になっていくし、教員免許取るのもやめて大学意味感じられなくなるし、大好きなおばあちゃんお葬式で私に「ブス」って言いすぎて叔母たちに超説教されたりしてもやめないし、どんどんコンプレックス拗らせてった。哀れだよね人間って

コンプレックスを持たれている人間、私もそんな兄の攻撃に耐え兼ねてできるだけ兄とは会わないように生活してきたし、今後もしていく予定

いやごめんどんどん長くなるけど、これから自分いかに立派な人間かを語っていくわ。わたし立派な人間から


私は大学ストレート卒業して趣味のもの作ってるメーカー営業職で就職も決めて、おばあちゃんお葬式とき大学3週間休んだけどなんとか卒論も完成させて一緒に卒業旅行行ったり遊んだりする友達もいて、マジ平凡の中の最高ランク人間なんですけど、一度もモラハラ兄に「いやブスでも大学4年で卒業するし」とか「結婚できなくても安定した職はあるし」とか「てめぇがブスって言ってる顔でも学歴社会じゃ関係ねえし」「てめぇとは語彙と愛嬌で差がありすぎて話にならん」とか、反撃したことないですからね。

私は大学入ってから仕送りもしてもらってない実家の両親に誕生日父の日母の日プレゼント買ってるけどお前は?

自動車学校に通うからってバイトしてたお金、全部使い切って結局家に一円も入れずに親に金出させて通った自動車学校、楽しかたか

お前がストレス発散のために怒鳴り散らしてた受験生の妹を慰めて勉強見てやって国立大学入学したときにお祝いあげたの誰か知ってるか?

お前は学生の妹から金借りてたけどその妹に仕送りしてんの誰か知ってるか?

女の子に学はいらん」ってマジで身内に言われたことあるけどお前は?

金がないか就活できないとか言って父に金出させてたくせに香港旅行行ってたの誰だっけ?

就活できないとか言って留学先に残してきた彼女に会いに行ってたの誰だっけ?

お前が毎日ご飯食べさせてもらってたおばさんの家にお礼送ったの誰か知ってるか?

全部言ってない、飲み込んでる、偉すぎる

大学受験期、どうやったら一番金がかからいか考えて予備校にも通わずに現役合格した神の子の長女と両親に湯水のように金を使わせる長男、どっちが立派ですばらしい人間かわかりますね?

ここまで金にこだわる私がどんな貧乏暮らしをしていたかわかります???

学生の時も金がなくて超つらかったな~~早朝5時半とかからバイトしてた。

全部全部兄に頼まれてやったことじゃないけど、私は私が正しい大人としてやるべきと感じたことを兄がおろそかにしていることに関して補っているという認識普通毎日ご飯食べさせてもらってたらお金払うとかお礼の品持っていくとかするでしょ。なんでお前にはそれができないの。

最後時事ネタ入れるけど、上野千鶴子がどういう人間かとか著書にどう書いてたとかよく知らないけど、あの東大祝辞はよかったと思う。

ただの地方国立大の私でさえ「そんな学つけても子供産んだら役に立たんぞ」とか言われるわけ。いやてめーらみてえな思考にならないだけ役に立ってるわ。

本当に性差別も感じる、一介の営業マンでさえ感じる、これはそのうち。

かつて兄が好きで、兄のことを心の底から尊敬していても、兄が拗らせたコンプレックスでぼろぼろに言われる、まだ兄を好きな私が心の片隅に生きていて毎日ブスって言われるたびに泣いている。せめて私は妹や弟をかわいがりたいと思う。心の底からかわいがって、彼らの翼が折れないように守りたいと思う。私がしたような苦労はしてほしくなくて一人暮らし学生の妹には仕送りをする、受験生の妹は親と相談させて予備校に通わせる、弟には部活で使う高い道具をじゃんじゃん買ってあげる。みんなかわいいよって言ってあげたい。私は誰かのかわいくて仕方がない妹にはなれない、一生なれないから、私は私のかわいくて仕方がない妹と弟がいらないコンプレックスを抱かないように尽力したい。

てゆーかブスでもよくない?お前とおんなじ親からまれてんだから

おんなじ親からまれてるのに私より子供のまま26歳になっちゃった兄、かわいそう

2019-04-13

貧乏人は子供作れないね

双子赤ちゃんを産んで二人も赤ちゃんいらなかったというお母さん

富裕層ならベビーシッターを雇えたけどあれだけやんでるんだから中流階級っぽい

双子だったらきょうだい児と違い服や道具の使い回しができないし大きな出費を同時にしていかなきゃならないから大変だよ

ましてや三つ子育児とかヤバすぎると思う。貧乏人が子供3人も育てたら誰かがもしくは全員が落ちこぼれになりそうだ。多胎児育児お金にも気持ちにも余裕がある富裕層こそやってもらいたい。貧乏人だと泣く赤ちゃんたちに囲まれながら「お金どうしよう…」とかそういうことも考えて病むんだよ。富裕層でも戦略的一人っ子にする家庭がたくさんあるみたいだが。

子供は小、中、高は公立行ってもらって高卒でサクッといい会社就職してくれたら教育費もそれほどかからないけど

子供の方から中学受験したいとか薬学部に入りたいとか医学部に入りたいとか言い出すかもしれないし

そうなると進学費用だけでなく高額な塾代もかかってしまうね

私は奨学金借りて大学進学したけど親に「大学費用払えねーんならなんで子供ときから四年制大学行けって言い聞かせてたんだよバカ野郎。なんで貧乏のくせにマイホーム建ててきょうだい産んでるんだよ一人っ子で良かっただろクソが」と思ってるわ。

子供視点からするときょうだい複数作ってきょうだい全員進学費奨学金借りさせるくらいなら子供の人数削って進学費用全額出してほしかった。

なんの考えもなく親が言うとおり大学に進学した私も悪いけどずっと大学に進学するのが当たり前っていう教育受けてた。できれば他の選択肢だってあるよと当時高校生の私に教えて欲しかった。

ネットで「子供3人目を妊娠して産むべきか悩んでる。家計心配」っていうお母さんに「今は奨学金とか借りれますし産んだらなんとかなりますよ♪」っていうのは親のエゴなのでやめてほしい。赤ちゃんかわいいね?でもその赤ちゃん中学生くらいになったときお金がかかりだして家計が苦しくなるよ。お金持ちならばんばん子供産めばいいけど、貧乏人は本当に教育費のことを考えて子作りしよう。

(前に書いた日記字数制限があったらしく切れてしまったので続き)

自分気持ちの整理のために吐き出したのでまとまってないし長い)



(主に要求を突きつけ言ってくるのは母親だが、それを止めず、兄に何も要求せずに与え続けたのは父も同じ)

から、もう絶望している。おそらく、間違いなく、親は己の兄妹の扱いの格差自覚していない。自覚せずにそれが当然、平等だと思ってやっているのだ。

表向きは仲の良い親娘として40年近くやってきたが、心の底で、自分はずっと親に失望し、怒り、泣いていた。そして、絶望し、諦めた。



実は親には言っていないのだが、自分は今、妊娠している。

だが、まだ産めるかどうかわからない。年齢的に言って流産確率が非常に高く、運良く妊娠継続できても染色体異常の確率は高い。もし検査で陽性が出たら中絶するつもりだ(育てる余裕がない)。

だけどもしも、もしも無事に産めたら。この子だけを可愛がろう。きょうだいなど要らないし作れない(年齢的に)。

自分聖人ではないし、子供を贔屓しないとは言い切れない。自分が親にされたことを絶対にしたくない。子供は一人だけで、愛情を独り占めさせてやろう。

そして、もし産めたとしても、両親には絶対に抱かせない。あなたたちの孫を産むのではない、私の子供を産むのだから

あれ程見たがっていた孫の顔を見られず、さぞかし親は哀しがるだろうと思うと、溜飲が下がる思いだ。

子供自分復讐の道具にするなという批判はあるだろうが、子供など親のエゴで生むものだ。少なくとも、子供自分の見栄と体裁の道具にしていたうちの親にだけはそれを言われる筋合いはないだろう。

こうなったのも教育の賜物だ。『お前は冷たい』と言われ続けたからそうなったのだ。因果応報、育てられたように育ったのだ、うちの両親は子育てを間違えたのだ。

そうなったらこから子育てに忙しいので、介護の余裕などない。マンションを与えて甘やかし可愛がった兄を頼ればいい、あちらには子供もいないしローンもないのだから余裕だろう。

親になったら、あなたがたの子供でいることを辞めるつもりだ。葬式には出るかもしれない。安心してほしい、墓の永代供養料は私が支払い済みだ(親の目の前で払ったのに、すっかり忘れてくれていたが)。

もしも子供が産めなかったとしても、もうあなた方とは縁を切りたい。依怙贔屓する親も前科者の兄もいないものとして生きていくほうが気楽だ、いずれ最後は一人だ。

だがもしも。

もしも自分たちの過ちを認め、自分たちが間違っていた、辛い思いをさせた、申し訳なかったと心から謝ってくれるなら、私は親子でい続けたい。

お父さんお母さん、私に謝ってください。

どうか、謝ってください。

お父さんお母さん、私に謝ってください

自分の気持の整理のために書き連ねる。自分語りで相当長い。


昭和生まれ就職氷河期経験済みのアラフォー

二歳年上の兄(長男)がいる。自分は長女だ。

幼い頃は特に兄と自分への待遇に差を感じたことはなかった。

親は団塊世代で当時は給料右肩上がり時代で、それなりの中流家庭だったと思う。

習い事などもどちらもそれぞれ好きにやらせてもらえていた。

兄が通っていた地元の塾に自分も行かせてもらい、兄は一足先に中学受験をして某私立中高一貫校へ進学した。

自分最初の塾(兄と同じ)で、『御三家も狙える』と言われ、有名な大手進学塾へ通うようになった。

毎週土日のどちらかには親に連れて行ってもらって都内テストを受けに行き、自分純粋に楽しんでいたが、それに付きあう親は大変だったろうと思う。


そしてその頃から、どうやら兄は道を徐々に踏み外していったらしい。

具体的に中学生の兄の身に何があってそうなったのかは今でも知らない。

兄は万引きなど軽犯罪を繰り返すようになり、親が警察に行くこともたびたびあった(当時、自分にはそれらの事実は知らされなかった)。

自分と兄はひとつ屋根の下暮らしていたが、部屋は別々で元々仲の良い兄妹でもなかったし、

自分中学高校御三家の一つに受かった)で良い友人に恵まれ学生生活を楽しんでいて、兄のことはほぼ眼中になかった。

ただ、それでも兄や両親を見ていて、『兄が道を踏み外しつつある』こと、『親が兄の対応で大変らしいこと』は雰囲気でわかった。

から自分まで親に負担をかけてはいけないな、と子供ながらに思っていた。

別に親のためにいい子でいようと思ったわけではない。

道を踏み外していく兄を尊敬できなかった、いや、心から軽蔑していた。ああはなりたくない、と思っていただけだ。

学校の友人の兄弟はみな出来が良くて、どこに出しても恥ずかしくない「まっとうな」人達で、比べると自分の兄が恥ずかしかった。

学歴なんかの問題じゃない、今でもそれで兄を差別する気はない。

犯罪を犯すこと(万引き以外にも路駐やら何かでしょっちゅう警察から電話があった。警察バカにし、遵法精神などまるでなかった)、

それで親に多大なる迷惑と心労をかけていたこと、それを反省もせずにまた繰り返すこと。

兄の心理など知る由もないし、なにか彼の思春期問題があったのかもしれない。

だがだからといって兄の行為正当化される訳もない。繰り返すならなおさら弁護の余地もない。

私は心の底から兄を嫌い、軽蔑し、しかし表にはそれを出さずに、ただ兄とは接触しないようにしていた。

(なぜなら、兄は短気で暴力に訴える人間だったからだ。一度自分がそういった態度を見せた時、夜中に枕元に金属バッドを持ってすごんできたのは忘れられない。

  そしてそういった基質もまた、私の兄への侮蔑をより強める結果になった)



そして兄は高校を(なんとか)卒業し、大学へは行かずにフリーターになった。

親はどこでもいいか大学へ行かせたかったようだが、兄本人が『大学でやりたいことがない』と進学しなかった(ここは兄が正しいと思う)。

ありがちな話だが、兄は音楽の道を進もうとしたらしい。バンドを組んで、いわゆるバンドマンになった。

音楽活動の実態は何をしてるのかさっぱりわからなかったが、さほど身を入れてやっている様子もなく、芽も出なかった。だが諦めきれないのか、フリーターをしながらだらだらと続けていた。

自分高校卒業大学へ進学した後も、兄はその生活をしばらく続けていた。

そのうち、兄は一人の女性(Aさん)と知り合った。そして二人は結婚を考える仲になった。

Aさんはとても良い女性だった。自分や両親とも仲良くしてくれて、兄は大嫌いだがこんな姉ができるなんてほんとに嬉しい、ようやく兄が自分にとって良い行いをしてくれたと思った。

しかしここで、両親は最大の過ちを犯した。

何を思ったのか、兄にマンションを買い与えたのだ。親の名義でローンを組んで、兄と彼女の新居にしろと兄に与えた。

フリーターの兄に月々のマンションに係る支払が払えるはずもない。それはすべて親が払っていたのだ。しか結婚も確定しないうちに買って与えた。

呆気に取られた。納得できないが親の気持ちになって考えてみれば、『Aさんに逃げられないように、住居が確定していれば結婚生活も楽になるだろう』ということだったのかもしれない。

『妹は大学へ行かせてやったのだから、兄にも何か与えねば』と思ったのかもしれない(しか自分国立大で、学費トータルしてもマンション費用20%にもならないのだが)。

兄は別に特段の感謝をする様子でもなく、当たり前のようにそれを受け取った。

そしてその後、結婚が決まっても一向に定職につこうとせずに自堕落生活を続ける兄は、Aさんに愛想をつかされて結婚前に出ていかれた。

(兄はAさんに入れ込んでいたらしく相当なショックを受けていたが、自分から見れば当たり前だばーかしか思えなかった)


この頃からだろうか、自分が『親は兄を贔屓している』と思うようになったのは。正確には、『親は兄を甘やかしている(自分には厳しいのに)』と感じ始めたのは。


自分は親に言われた。『私立大に行かせる金はないし仕送りをする余裕もないから、家から通える国立大しろ』と。

親の言うことに従おうとしたわけではなかったが、自分の行きたい大学はその条件を満たしていたので、結果として親ののぞみを叶えた形になった。

しかし心のどこかに、『親ののぞみを叶えたい』という気持ちがなかったとは言えない。兄で苦労させられている親を見てきて、自分だけは親が誇れる子供でいようとしたのかもしれない。

通おうと思えば通えたが、一人暮らしに憧れていたこともあり、親の援助は一切受けずに一人暮らしを始めた。貯金バイトでなんとかまかない、4年間それを続けた。

親が兄にマンションを買い与えるまではそれも納得していた。だが、親がそれをした時、自分の中で不公平だという気持ちが生じた。

根底に『「親に迷惑ばかりかける穀潰しろくでなしの」兄に、なぜそんなに金をかけて甘やかすのか?』という考えも当然あった。

自分にとって兄は「いないほうがマシ」で、存在する事で何もいいことがない、迷惑なだけの存在だった。

グレてようがフリーターだろうが、優しい兄なら愛せたろう。だが、兄としての優しさを見せてくれたことなど数える程もない(その数回も小学生以下の時だけ)。

家庭を持って子を為し、親に孫の顔を見せて安心させてくれたなら、「普通」で「まっとう」な人間になってくれたなら、それで兄を見直すこともできただろう。

しかし兄は正真正銘クズなので、逆の道にしか行かなかったのだ(それについては後述)。自分が兄を見直す機会はおそらく死ぬまで来ないだろう。

(余談だが、なかにし礼氏の小説再現ドラマ(兄との関係を描いたもの)を見た時、心からなかにし礼氏に共感した。自堕落でお調子者で弟にとって迷惑な兄。

なかにし礼氏が兄の葬式後につぶやく、『兄さん、死んでくれてありがとう』がわかりすぎて辛かった。

何年先かわからないが、おそらく自分も兄が死んだ時、『死んでくれてありがとう』と心から思うだろう。自分が先に死ぬかもしれないが)



Aさんに逃げられた後、しばらく兄は自堕落生活をしていた(親が金を払っているマンションで一人ぐらし)。

自分は何度も親に『マンションから出て行かせろ、でなければ兄は自立できない』と言ったが、親は『そんなこと実際にできるわけがない』『目の届かないところに行かせるほうが不安だ』と言って聞かなかった。

この頃から自分の中で『兄が駄目になったのは親の(甘やかしの)せいではないのか』『親は己の見栄しか考えてないのではないか』という疑念が湧いてきた。

やがて自分大学卒業して、氷河期の中なんとか上場企業就職を決めた。

希望の会から内定が出ず、文系プログラムなど全くわからないのにSEになることになったが、就職できただけでよしとするしかなかった。

親の反応は『とりあえず上場企業から、外への体裁が整った』というものだった。親にとって自分は見栄のための存在なのだなということが、徐々にわかってきていた。

同じ頃、兄もようやく某リフォーム会社営業として働きはじめた。

兄の営業成績は良かった(もともと外面だけは良い)ので、いっとき小金持ちになれたらしい。外車を買ったが、マンションの金を親に返す気はさらさら無いようだった。

その外車ポンコツなのかあるいは外車とはそういうものなのか、しょっちゅう壊れて修理代がかかった。あまり乗らないせいもあっただろう。

乗らないのなら売ればいいのに『売っても二束三文しかならない』と兄は言い張り、親はなぜか修理代を肩代わりして払ってやっていた。

(散々修理代を払って直して、最後にはやはり壊れ、ろくに乗りもしないままに結局二束三文で売ったようだった)

マンションの支払いは親が続けていた。このころようやく、月々の管理費や積立金などの維持費だけは兄が支払うようになったようだった。

そのうち、バツイチ子持ちの女性Bさんと知り合い、今度は結婚した。Bさんについては自分ほとんど知らない。

その頃自分は向いていない仕事かつ長時間労働で心身を病みかけており、朝焼けの街を徹夜明けで泣きながら一人家路についたりしていたので、兄のことなど構う暇もなかった。

結婚式には一応出た。ストレスで過食気味になりむくんだ顔の自分愛想笑いを浮かべて写っている写真は見返したくもない。

兄の結婚になんの感慨もなく、『これで普通人間になってくれれば』と願っただけだった。兄に望むただ一つのことは『普通の家庭を築いてくれ』で、それ以上は望まなかった。


予想していたが、兄の結婚生活は長くは続かなかった。

営業成績が良いのに浮かれ、独立すると言って仕事を辞めた兄だったが、ろくなノウハウもない個人リフォーム営業がそうそう上手く行くわけもない。

あっという間に生活は行き詰まり、さっさとBさんに逃げられた(どうやら浮気されていたようだが、それを追い詰める気力もなかったようだった)。

そしてまた、マンションで自堕落生活に戻った(もちろんマンション維持費は親払いに戻った)。

自分はずっと『兄を甘やかしすぎだ、マンションから追い出せ、マンションを売ってしまえ、でなければ兄は自立しない』と親に言い続けていたが、ずっとでもでもだってで聞き流された。

『(万引きなどの)前科があるから、追い出したら何をするかわからない。もっと悪いことになるかもしれない』『どれだけ言ってもあいつはこちらの言うことを聞かない』。これが親の言い分だった。

しみじみ、親も兄も情けなく、どうしようもないと思った。『お前は冷たい』と言われた。

そもそも最初にあれが道を踏み外した時、お前の中学受験にかかりきりで、親としてろくに関わってやれなかったのが悪かったから』と。

そう言われて自分にどうしろと? 責任を感じろというのだろうか? もうとっくに成人していい年になった兄を憐れめと? 親でもない自分がなぜ親と同じ感情を共有せねばならないのか?

『ずっとそう言い続けて兄を甘やかして、それで状況が好転たか? 好転する見込みがあるというのか? 兄の自立を妨げているだけではないのか?』

そう言っても、親は同じ言い訳を繰り返して兄への甘やかし(マンション与え)をやめようとしなかった。 

自分の中で、兄への嫌悪と親への嫌悪比率は徐々に逆転していった。兄がどれほどのクズだろうが、どんな人生を送ろうがもはやどうでもいい。

自分と同じ親のもとで、恵まれ環境で育ったにも関わらず、兄は自ら堕ちていったのだ。兄の人生は兄のもの、好きに生きればいいしどこでのたれ死のうが勝手にすればいい。

兄よりも、そんな兄を甘やかし続ける親のほうに不信と不満が募っていった。なるほど、親がこうして甘やかすから兄は更生できないのだと納得した。

そして『兄が自分よりも甘やかされてる事実』にどうしても納得できなかった。自分特別扱いしろというのではない、兄を特別扱いするのが耐えられなかったのだ。同じ子供として平等に扱ってほしかった。

自分大学時代、兄は親が与えたマンションゆうゆう一人暮らしして、自分仕送りを一切受けられずに生活費のすべてを自力で稼いだ。

就職してから、兄は親が与えたマンションで好き勝手暮らして、自分は親に金を入れていた。家に金を入れるのは当然だと思う気持ちもあったが、理不尽だと思う気持ちはどうしても拭えなかった。

その気持ちに耐えられず、『兄と比べてあまりにも不平等だ、兄にも金を支払わせろ、兄を甘やかすのもいい加減にしろ』と泣いて言ったら、『じゃあこれからお前も金は入れなくていい』と言われた(そうじゃないだろ)。


家庭のことや仕事ことなど色々あり、結局自分新卒で入った会社を3年ほどで辞めてしまった。親に『30までにやりたい道(フリーランス)で食っていく目処をたてる』と誓い、宣言どおりに28で目処を立てた。

兄は親が見つけてきた非正規パート仕事をなんとかこなし、その頃にはそこそこ年季も入って板についてきていた。新しい彼女(Cさん)もできたようで、マンションで一緒に暮らし始めた。

だが、そんな矢先。兄が、クスリで捕まった。

最初に一報を聞いた時、親はともかく、自分は『まあ、あるだろうな。やっぱりな』としか思わなかった(基本的に兄の人格を信頼していないので、何を起こしたと聞いても『やりかねない』としか思わない)。

もちろん家族の誰も気づいていなかった。家族の目の届かないマンションでずっとやってきたものらしい。

自分は『言わんこっちゃない、だからマンションから追い出せとあれほど言ったのに、甘やかし続けた結果がこれだ』と親に言った。親は『そんなこと今更言っても仕方ない』としか言わなかった。

そこからの詳細は省くが、兄は執行猶予がついて戻ってきて、兄を見捨てなかったCさん(菩薩かよ)と今でも親の与えたマンション暮らしている。Cさんが見張っているので再犯はないと思いたい。

Cさんには敬意と感謝しかない。彼女がいなかったら兄はもっとだめになっただろう。

しばらくCさんに食わせてもらっていた兄だが、今はまた派遣で職について、そこでの仕事軌道にのってきたようだ。今度こそは歳も歳なので落ち着いたと思いたい。

(ちなみに、また維持費だけは払うようになったが、購入費は一切払っておらず、名義は父のまま。毎年実家よりも高い固定資産税を払っているのも父)



兄はもうどうでもよく、二度と犯罪を犯すなCさんにだけは迷惑をかけるなCさんだけは大切にしろしか思っていない。

残念なことに、自分の中で兄の見方が変わることはこの先死ぬまでない。今の兄と表面上でも付き合えるのはCさんあってこそだ。Cさんを姉と慕っても、兄を兄と慕うことは生涯ない。

きょうだい他人の始まりとはよく言ったもので、兄への気持ちはもうこれでいいと落ち着いている。

だが、「未だに」なのか、「今だからこそ今まで積もり積もったものが」なのか、自分の中で親へのわだかまりだけはどうしても消えない。考えると落ち着かず、心がざわつく。

もう親も老い自分もいい年だ。親も人間であり、それも見栄っぱりで子供平等に扱わず贔屓するようなできの悪い人間だったんだと納得するしかないとわかっているのに、

自分はどうしても、親に『自分たちが間違っていた』と言ってほしい。子育ての過ちを認め、自分がどれほど辛い思いをしたか理解し、悪かったと謝ってほしい。

だが、過去喧嘩した時の経験から、親は絶対自分の過ちを認めない、ましてや子供から言われる言葉を決して正面から受け止めないとわかっている。

『それが親に対して言う言葉か』『何様のつもりだ』『はいはい、全部こっちのせいだって言いたいんでしょう』…そう言って絶対絶対自分の過ちを認めない。老いた今、なおさら頑なになり認めないだろう。



自分自分なりに、親の期待には応えてきたと思う。教育で親に金をかけてもらった事は感謝しているが、それだけの成果をちゃんと出し、結果をだした。

なのになぜ、自分は兄と同じに扱われなかったのだろう。自分けが要求され、応え続けねばならず、それなのにそれを評価もされなかったのだろう。

これを言うと嫌な人間だと思われるだろうが、客観的に見て自分のほうが親に貢献しているしまともな人間として育った(少なくとも前科ものでなく、親に迷惑をかけていない)という自負があるだけに、やるせない思いがある。

本来なら自分のほうが親に贔屓されて然るべきではないのかという思いがあることは否定しないが、贔屓してほしいとは言わないしするべきでもない。

ただ自分に求めるものは兄にも求め、兄に与えたもの自分にも与えてほしい、子供の間に差をつけないで平等に接してほしかっただけだ。

男女の差だというのならばなおさら、兄には『長男』としての役割と責務を求めるべきだったろうに、なぜ私が長男役割も果たさねばならないのだろう。

兄が結婚した時、自分は『兄が孫を作ってくれたらそれだけが兄の親孝行だ、自分にも兄がいた意味がある。せめてそれくらい孝行しやがれ』とわずかに期待したが、兄は子供を作る間もなく離婚した(そもそも作る気もない)。

母は自分にだけ言う、兄には絶対に言わないのに、『老後の楽しみがほしい、孫が見たい』と。

子供はジジババの楽しみのために産むもんじゃねえし産んでおしまいじゃない、何ならあなたがたが育ててくれんの? 育てる金あるの? と応えたら沈黙した。

そんなに孫が見たいなら兄に言ってくれ、男なんだから自分よりよほど確率が高いだろうと言ったら、『あの子に育てられるわけがない』。『何を言っても無駄』と言って、兄には20年以上何も要求しない。

精子バンクとかあるでしょう』『50歳で産んだって例もあるし』とまで言われた日には本当に失望した。

50歳で産んだ女性はほぼ卵子提供で母方の遺伝子は入らないし、養子じゃ嫌だってんならそれ(母方の遺伝子が入らない)も嫌なんだろうに。

そもそも出産までにどれだけ苦労したか流産だって何度も経験してるはず)、不妊治療にどれだけお金がかかったかわかってて言っているのか、そして不妊治療高齢出産がどれだけ母体負担がかかると思っているのか。

娘の体など、自分の楽しみのためにはどうなってもいいのだろう。

孫の立場にしたって、父親がいない家庭に生まれることになるのだが、そういったことを考えてもいないのだろう。ただ、自分が欲しいから、だ。 

私の結婚も、自分の見栄だけのためにしてほしかったらしい。大切なのは見栄と体裁で、娘の幸福などどうでもよかった。

結婚しない女はなにか問題があると思われる』なんて言われても、それはあなただけの醜い価値観だろう、未婚率が三割の時代にそんな事思うほうが少数派だ。

図らずも未婚女性への「己の偏見」を曝け出したことにも気づかずに、『あなたのために言っている、それが世間だ』などと諭してくる醜さ。兄にも同じことを言えばいいのに。

結婚しろ』と言われるのが嫌で、それを避けるために誰でもいい、一回結婚さえすれば文句を言われまいと思って結婚したけれど、上手く行くわけもなく2年も経たずに破綻

(付き合っていた人とは、兄の事件で別れざるを得なかった。結婚した人には家族ぐるみで兄のことを隠した。そんな結婚うまくいくわけもなかったし相手には申し訳ないことをしたと思う)

その時の言葉も『せめて2年は持たせろ、外聞が悪い』『相手の親に私(母)の顔が立たない』『どうせお前のわがままだろう』…出てくるのは己の見栄と体裁のための言葉だけで、一度も娘の心情を慮る言葉は出てこなかった。

兄が同じように2年程度で破綻した時、兄に同じ言葉を突きつけたなら、そういう人なのだと納得もできたかもしれない。だが、兄の離婚に関して親は兄に何も言わなかったのだ。

(主に要求を突きつけ言ってくるのは このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2019-04-08

anond:20190408003140

ダウン症はかつて、普通より寿命は短いんだから安心して育てなよって助言が一定説得力を持ってた

しかし20歳前後で亡くなっていたのも今は昔、医療進歩還暦まで生きれるようになったんだよね

もちろん社会保障年金は変わらないよ

長寿化ちゅうのは素晴らしいようで、親御さんやきょうだい児の負担期間限定ではなく一生ものにするんだよね

2019-03-26

堀北真希が羨ましい

堀北真希美人で、若くして二児の母になれるのが羨ましいなあと思う。お金があれば子供は二人でも三人でも作れる。

しかし、きょうだいを作ったとしても必ずしも仲がいいということははく、きょうだいがいることで嫉妬格差が生まれ家族間でギスギスしてしまうかもしれない。

堀ちえみのように仲のよい家庭が作れればいいけれど。

私は既婚者で、今は妊婦であるが、この出産最初最後のお産にしたいと思っている。

私にはきょうだいがいるが仲が悪い。今は成人した大人であるのできょうだい普通に会話するが、自分きょうだいのことは今でも嫌いである。きっと私のきょうだいも私のことを嫌っている。というかライバル視している。詳細は書けないが、娘から見ると絶対に親のきょうだい教育の仕方が悪かったと思う。どうして、きょうだいが仲良く育つように教育してくれなかったんだろう。この影響で私は自分きょうだい児を育てることに良いイメージがない。世の中には仲が良い素晴らしいきょうだいたちがたくさんいるけれど。

きょうだいを健やかに、誠実に育てるって実はものすごく大変で、気も使うし、教育だって、もちろん子供が増えるたび増えていく。

私は住宅ローンをしっかり払っていきたいし、老後の資金もしっかり貯めていきたいし、子供には奨学金を借りさせずに進学させたい。そう思うと一人っ子がいいなあと思う。

堀北真希佐々木希お金もあって、美貌もあって、きょうだいを産む余裕がある家庭は羨ましいな。

お母さんが若くてものすごい美人というだけで子供自尊心が強くなりそう。私の親戚に親が医者のいとこがいるが、「私のパパはお医者さんなの」と幼いときに自慢していたらしい。親の職業容姿子供の心に大きく影響する。

それにしても、堀北真希は本当に羨ましいなぁ。金髪もよく似合っているし夫婦仲もいいし、スクープされたマタニティ姿もマスクをしていても幸せ感がいっぱい。女優時代も好きでした。

私も早くママになりたいな。そして、幸せな家庭を築く。私は堀北真希にも、佐々木希にもなれないけれど、私が好きになれる私でありたい。

2019-03-19

anond:20190319201954

同性婚を認めたら、次は親子婚 きょうだい容認だ!・・という方に対する答え

https://blogos.com/article/314300/

同性婚を認めないのは時代遅れで、法律改正すべきだけど、ロリコンそもそも違法性が高く、並べること自体不適切だぞ

2019-03-05

新婦が乗り気じゃない結婚式

新婦わたし。3きょうだいの長女。20代後半共働き子無し。

結婚式に憧れはあった。自分で式場を探して、料理をえらんで、ペーパーアイテムの類を作るのが趣味からデザインして…って感じで。結構そういう手間をかけるの好き。

夫とは結婚して4月で3年。出会って8年。

結婚式をやるなら、(今式場を大改修中の)ここの式場の完成を待ってやりたいよね、と貯金もしていた。

 

ところが。 

去年のお盆に、突然わたしの母がやれと強く言ってきた。たぶん母の友達のお子さんたち結婚式ラッシュだったから。

そんで年末年始帰省したら、日取りも式場も着る服も髪型メイクも式次第もゲストも、全部なにからなにまで決まってた。

センス、親の好み。わたし達の恩師や友達を呼ぶ席、なし。

あとはわたし達がお金払うだけ状態。夫の実家は異議なし。

しかもさ~、式場とかが全部、母の仕事取引先とか友達がやってるところなのよ。

今更キャンセルして親の顔つぶすの?って言われちゃってさ~。え~。

親の顔は立てなければいけないよね、って渋々入金した。正月早々萎えたけど、親孝行だと思って。

 

でも2月頭に妹が妊娠発覚して状況一変。

妊娠発覚→次の週に入籍→今は式場見学しながら産婦人科通い真っ最中

親、逃げ道ふさいで祭り上げた長女の結婚式、既に興味なし。分かり易いくらゼロ。妹の結婚式と、生まれてくる孫に胸をふくらませている。

 

もう地元で無理にやらなくていいんじゃない?と夫に相談したら、夫側のばーちゃんが、夫の結婚式の晴れ姿を見るためにめちゃくちゃ病気リハビリ頑張ってるみたいで…といわれた。(夫とは同郷なので実家同士がわりと近所)

 

結婚式は今年の5月に挙式で、大人なのに決定事項にぐだぐだ文句言うなって言われるのわかってるんだけど、

でも本当に今から考えるだけで憂鬱なんだよ

2019-03-03

anond:20190303143553

あなたにはたくさんの心を通わせている、お仲間がいらっしゃるじゃない。素晴らしい。

故郷には尊敬すべき美しいご両親、ごきょうだい。最高。

2019-03-02

しねよ

お前なんかしんでしまえってずっと思ってたよ

子どものころ、母親にずっと、父親にずっと思ってた

から大人になった今でも、人にカッとなると

クセのように「お前なんかしんでしまえ」って思う

だけど、一番そう思ってたのは、自分自身だった

自分なんてしんでしまえばいいのにってずっと思ってた

生きる価値のないゴミなんだからゴミらしく奴隷のように働け

ゴミ扱いされても当然だから嫌な顔はするなよ

そう思ってた

父親母親したこと

そう思う人間を二人作ったことだ

私のきょうだいメンタルやられてるから

しかし、それが、当時の彼らのできることのすべてだった

人生あと何回繰り返したって、何をどうしたって、

彼らのこどもは、私たちのような無価値観をもつ子供だろう

それはもう、しかたのないことだ私には何もできないのだから

結婚して子供を作ることが幸せだなんて誰が思えるだろうか

私もまた私のような子供を作るのか、自己価値観を持つ子供

うんざりするな

またお前なんてしんでしまえって思うし言うと思うな

そういうのがテレビニュースになっていくんだ

から子供を作ることは私は幸せだと思えないんだ

夢を見るのは良いよ

かわいい孫が見たいな、って

本当にバカみたいだな

価値を見出せない子供が、孫を作る訳無いのに

子孫を残す本能だけ残された人間の業だな

2019-02-27

兄がデザイン関係仕事してる。自分はフツーの会社員

なんか、いつみてもその忙しっぷりにビックリする。暇な時は暇、というか、定時という概念あんまりいから、朝は遅いときもあるし夜早い時もある。

でも忙しい時は、会社に泊まり込んだり土日も出勤したり、よくやるなーといつも思う。

そこだけ聞いたらブラック企業しか見えないけど、年収ちゃんと貰ってるし(飛び抜けていいわけじゃないけど、平均より全然上)、なにより本人が仕事が好きで仕方ないようだ。

人と比べてもどうしようもないけど、それに引き換え自分は今の仕事がきらいだし、惰性でやっててこれじゃいかんなと思う。私ももういい歳なんだけどね。

きょうだいなのにどうしてこうも違うのか…

2019-02-22

今日猫の日らしいです。

うちの猫はいわゆる里親サイトで預かってからもう今年11年になります

最初はオスとメスのきょうだいだったのですがオスの子はうちにきてから数か月で病気で死んでしまいました。

人懐っこくて明るい性格の子でした。過去にないぐらい悲しくて泣いてしまいました。

残されたメスの子は引っ込み思案でおとなしく、常に暗い所にかくれてしまうような子だったのですが、

オスの子が死んでしまってからまるでその子が乗り移ったかと思うぐらい明るい子になりました。

いまでは暖房の前にだれよりも長く陣取り、おなかがすいたら飼い主の顔を引っ掻き、自由気ままに歩き回っています

このままできる限り長く一緒にいられるといいな。

えー、ともだちやです。ともだちは いりませんか

えー、ともだちやです。ともだちは いりませんか

わたしは とうきょうだいがくの りがくぶというところで こんぴゅーたの べんきょうを しています

はるから だいがくさんねんせいです

まいにち いきてて しんどいです

いちじかん ひゃくえんといわず せんえん でもいいので はなしあいてがいたら いいなあと おもいます

ともだちは いりませんか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん