「脆弱」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 脆弱とは

2017-12-16

完全キャッシュレス社会理想郷であるみたいな論調に対する個人的疑念としては

手数料による中抜きが適正外の額にまで釣り上げられても対抗する術がなくなってしまうのではないかというのがある

現状のプリペイド関連サービス手数料を見ても少額の利用の場合額面の2割持っていかれたり

一定期間利用しないと懲罰的な維持費を持って行かれるといったシステム散見される

キャッシュレス社会推し進める企業良心的なサービス一般市民提供するべきという価値観一般市民と共有していない可能性に対して

脆弱過ぎる考えであると思う

2017-12-11

anond:20171211160318

今更だけどそこは論点じゃないんだよ。

緊急時に躊躇も恐怖もなく自動で行動できるなら、危機から脱出できる確率が上がるとして、その他の諸々を考慮してその刃を鈍らせるべきなのか、と。

刃は切れてこそ、という話もあるし、技は習熟するに越したことはないと思うんだ。

ただ、善意酔っ払いが絡んできたときにも技が発動してしまうのがどうなのかと。

もちろん、悪意を持った相手なら殺してでも退けろと思う。

いま、幼児から少年になり、青年になる中で判断はできるようになるだろう。

というか、危険攻撃を使わずとも相手制圧できるようになったり、そもそも危険に近づかないなんかも教えていける。

でも、今なんだよ。

幼児イノセント危機に対する脆弱さ。無力さ。

これは親心として、危険から逃げられるようになってほしい。

それでまあ、技を仕込んだんだけど、中身は幼児ながら、体格が少年という微妙アンビバレント

危機に襲われたとき(知らない大人につかみかかられたときだけ、と言い含めてある)に幼児なりに攻撃していい相手か見定めろなんて言って、結局被害に会うのなら、とにかくつかみ掛かられたら逃げろとも思う。

まあ、正解はないのかね。

2017-12-09

anond:20171209232901

遺伝多様性がなければ、もし脆弱遺伝的形質を受け継いでいた場合環境適応できずその数も一瞬で滅んでしまうことがある。

例えばブルドッグ

あのつぶれた顔を作り出すために交配を繰り返したため、

流通しているものはたったもともと68匹の集団遺伝子しか受け継いでいないので

遺伝多様性が失われていて、

頭蓋骨や皮膚の疾患にかかっているものもふえているらしい。

Demand for 'Cute' Bulldogs Is Destroying the Breed

2017-11-25

anond:20171125135158

戦闘では自らのOODAループを最速で回転させ、かつ相手のOODAループを阻害してOO-OO-OOスタックを生じさせるか間違った方向にループ誘導する。つまり戦場において主導権を勝ち取り・とり続けることでもたらされる意思決定と状況の変化、すなわち進撃の速度で相手の優位にたち、相手を混乱させ心理的ショックを与え続ける。必ずしも決戦は必要ではなく、相手脆弱な箇所へ攻撃を仕掛け続ける。

Wikipedia


かっけえ

2017-11-18

anond:20171118224933

自分と同じ人間は二人といない。自分は唯一であり代替はきかない。

 

他人との比較自分確立する人は、土台が脆弱になる。

他人とは関係なく、自分確立すべきである

従って、代替のきく他人がいたとしてもそんなの関係ない。

 

自分が生きている人生には、自分意味を与えることができる。自分絶対の自信を持つことができる。

自分の頭で考えることを放棄した人間は、周りに流されて人生が終わり、自分人生に意義を見出すことができない。

日本は1億総半病人時代と言われており、精神疾患も増えている。理由簡単ロボット化、奴隷化されているから。

anond:20171118183413

そんなん別に証明されても

ちんさん脆弱過ぎワロタ

そんなことどうでもいいか育児は均等に分担しろよな!

で終わりじゃね

2017-11-16

今回の自民党による不正選挙のは世界に恐怖を与えた。

今回の自民党による不正選挙のは世界に恐怖を与えた。

アメリカでは、トランプ大統領が様々な不安を拡大させている、

イギリスのメイ首相選挙で敗北、フランスマクロン大統領政治基盤は

予想以上に脆弱ドイツメルケル首相選挙で苦戦、

スペインカタルーニヤ独立混沌中国バブル収束が難題・・・

こうした主要国の状況と比較しても、日本の政治経済世界で際立って悪化している。

ファシスト安倍晋三自民党感情爆発

理性のひと欠片もない

保守速報で習ったうそ歴史を自慢げに書き込み日本を貶すと、世界矛盾を追求される

そこで、冷静に疑問→学習とはならずに、怒りの感情が即込み上げる

ネット右翼を使い怒り爆発

ファシスト安倍晋三自民党

日本世界の恥となっていることにもお構いなし。

日本は、何をやっても正しく、神奈川県座間市遺体切断殺人事件が起きると安倍はたまらず大笑い。

ファシスト安倍晋三自民党

自分の森友加計問題は隠ぺいして、野党責任転嫁

弱いものが苦しめば気分がいい安倍

日本による第二、第三の侵略戦争は又起きる

安倍によるメディアへの脅迫に敗けず、極右不正選挙告発すべき。

国連人権委員会安倍忖度する日本報道懸念を表明している。11・15各種報道

2017-11-12

anond:20171112181112

本格議論同意したのに、中身の議論も無しに日和見で反対に回った弱点を見透かされてる。

野党の今の反対理由脆弱なんだよ

2017-11-04

今回の自民党による不正選挙世界に恐怖を与えた。

今回の自民党による不正選挙世界に恐怖を与えた。

アメリカでは、トランプ大統領が様々な不安を拡大させている、

イギリスのメイ首相選挙で敗北、フランスマクロン大統領政治基盤は

予想以上に脆弱ドイツメルケル首相選挙で苦戦、

スペインカタルーニヤ独立混沌中国バブル収束が難題・・・

こうした主要国の状況と比較しても、日本の政治経済世界で際立って悪化している。

ファシスト安倍晋三自民党感情爆発

理性のひと欠片もない

保守速報で習ったうそ歴史を自慢げに書き込み日本を貶すと、世界矛盾を追求される

そこで、冷静に疑問→学習とはならずに、怒りの感情が即込み上げる

ネット右翼を使い怒り爆発

ファシスト安倍晋三自民党

日本世界の恥となっていることにもお構いなし。

日本は、何をやっても正しく、神奈川県座間市遺体切断殺人事件が起きると安倍はたまらず大笑い。

ファシスト安倍晋三自民党

自分の森友加計問題は隠ぺいして、野党責任転嫁

弱いものが苦しめば気分がいい安倍

日本による第二、第三の侵略戦争は又起きる

安倍によるメディアへの脅迫に敗けず、極右不正選挙告発すべき。

今回の自民党による不正選挙のは世界に恐怖を与えた。

今回の自民党による不正選挙のは世界に恐怖を与えた。

アメリカでは、トランプ大統領が様々な不安を拡大させている、

イギリスのメイ首相選挙で敗北、フランスマクロン大統領政治基盤は

予想以上に脆弱ドイツメルケル首相選挙で苦戦、

スペインカタルーニヤ独立混沌中国バブル収束が難題・・・

こうした主要国の状況と比較しても、日本の政治経済世界で際立って悪化している。

ファシスト安倍晋三自民党感情爆発

理性のひと欠片もない

保守速報で習ったうそ歴史を自慢げに書き込み日本を貶すと、世界矛盾を追求される

そこで、冷静に疑問→学習とはならずに、怒りの感情が即込み上げる

ネット右翼を使い怒り爆発

ファシスト安倍晋三自民党

日本世界の恥となっていることにもお構いなし。

日本は、何をやっても正しく、神奈川県座間市遺体切断殺人事件が起きると安倍はたまらず大笑い。

ファシスト安倍晋三自民党

自分の森友加計問題は隠ぺいして、野党責任転嫁

弱いものが苦しめば気分がいい安倍

日本による第二、第三の侵略戦争は又起きる

安倍によるメディアへの脅迫に敗けず、極右不正選挙告発すべき。

2017-10-26

anond:20171026203521

「お前がなるという改憲の姿だ」

自民改憲案→それは否定された

自衛隊加筆→それも否定された

じゃあ、どんな改憲案というのは「きみのは」言わないね

ま、そうやってのらりくらりさせて、相手を疲労させるか籠絡して改憲賛成にしたいのだろうね。

9条が脆弱な土壌にあるということだけ抜き取って。

そうやってきみが詭弁を弄したいだけなのはわかったからもうオレは知らん。オレはまたそのうち来るよ。

どのみち国民投票が入るし、その前には条文案が出るが、今の日本会議回りのべったりさから言えば、基本的人権は治らないんだろうなとも思うがね。

anond:20171026182537

自衛のための必要最小限度の実力」は戦力ではないと政府が言い始めたのは、自衛隊が出来た後。

憲法成立時は自衛権も認めていなかった。

要するに自衛隊存在自体解釈改憲で成り立っているんだよ。

憲法学では自衛隊違憲論が主流で、最高裁統治行為論憲法判断を避けてる。

憲法規定がなく、脆弱解釈改憲根拠軍事組織を怖いと思わないかい?

2017-10-22

アニメシリアスがあると見たくなくなる人々」について

寓話理想郷ユートピア)」

神様は、一部の人間に理想郷を与えることにしました。

まずは、外の世界から隔離した場所を造り、そこへ人間達を住まわせます

人間食べ物不自由しないよう、

飲むだけで空腹が満たされ、若さを保ち、健康でいられる”湖”をつくりました。

その水は、人間だけでなく、植物を潤し、空気もきれいします。

身体にかけるだけで、汚れが取れ、傷が治り、とても良い香りに包まれます

また、法律を無くし、自由に生きられるようにしました。

気候は常に心地よく、衣服必要ありません。

働く必要も無く、病気にもならず、男女は誰とでも交われます

人々は、この理想郷感謝し、生きることを楽しみました。

しかし、何ヶ月か過ぎると、人間達は不満を持つようになりました。

それは、人間が持つ、妬みや嫉妬からまれ感情でした。

神様は、人間から男女の種別を無くし、その原因を取り除きます

そして子孫を残せない代わりに、永遠の命を与えました。

暫くすると、また人間から不満の感情が現れます

調べてみると、綺麗な者が醜い者を虐げていました。

神様は、表面の差異を無くし、人間の形状を均一化します。

これでやっと、人々から不満の感情が消えました。

暫くして神様理想郷を眺めると、人々は皆、あの湖にプカプカと浮き、じっとしていました。

それは神様にとって、とても綺麗で完璧理想郷でした。

出典:StudioGIW「VAZIAL SAGA」より


https://anond.hatelabo.jp/20171022210553

少し追記する

人間歴史自然の克服である、と誰かが言った

それはつまり効率への志向である

人を鍛えるよりも、道具を作る方に人間進化してきた

人間の英知とは、自身で出来ることの増加ではなく、環境を変えることへの志向からまれ

「誰が行っても同じ結果が出る」は科学原則である

それは裏を返せば、個人でできることの減少である

はいくらでもある

利便性効率の追求によって、職人は消え、仕事は消え、人は人と仕事をしなくなる

人は欲求阻止体験を抱え込むことから解放されつつある。しかし苦悩場面を体験しないで済むということは当然その時発動される自我防衛・工夫などの鍛錬をしないことに通じる。

人は言葉を使って考えることで世界を内的に再構成すると言われるが、欲求満足や快感保証される社会では、個人はそうした作業負担を免れる。人格はその構成拡散させたままでも生存できる方向に向かっており、人は欲求とその満足というパターンを得ているうちは良いが、そうでない時には著しく脆弱な反応を見せる、「考えない」存在になっていくことが懸念されるのである

事実、対人関係だけはこうした欲求一満足という即物性を欠いている(人をモノ化した際には成立するが)。

現代人に残された難物がコフートの言うように周囲の人間との関係性に悩むことであるかもしれず、またそれも情報機器の助けによって容易に自己完結的な引きこもりへの道が用意されていると言えよう。

出典


この「人をモノ化した際には成立する」というのが、今の日本で行われつつあるのではないだろうか

「現代のオタクは少女をどこまで「破壊」すれば安心するのだろうか」で書いたように

キャラクターとはそもそも人間性破壊しモノ化した対象を指す

また、現代における現実人間関係そもそも葛藤回避である印象もある

お互いに不快な思いをさせないよう、生ぬるい表面的な関係とやり取りに終始する傾向にあるのではないだろうか

その反動としての「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」や「とらドラ!」の存在が持て囃される一方で

アニメシリアスがあると見たくなくなる人々」が居るわけで

彼らの世界には葛藤はなく、それを表現した作品への希求はなく、ただただ苦痛体験アニメ媒体を通して追体験させられているように感じられるのではないだろうか

そこにきて「Re:ゼロから始める異世界生活」において主人公が陥るような自己肥大自己嫌悪といった葛藤に直面化させられると

主人公気持ち悪い」「かっこ悪い、見てて苦痛」という感想しか持ちにくく、自分と相対化してみることができなくなる

ネットにおいて「自分がその段階を通過していないから、スバルに対して"ああ、自分もこういう時期あったな"とみることができない」という指摘がしばしばみられるが

これもやはり葛藤を持つことの不慣れからくる保持能力の欠如に対してのしてきであると捉えられるだろうか

結論:兎にも角にも、サーバルちゃんの全肯定現代オタク希求する

痴漢」と「48時間チャレンジ」にみる「葛藤を抱えられない心性」について

そういうなかから、行動化を防衛機制の一つとする見方も出てきています

本来防衛というのは、そういう「不適応行動」をしないための手段であって、その主たる目的は「自分内面平穏にする」「自分の中で葛藤が起こらないようにする」「自分内面葛藤を抑えてもっていられる」ということなのです。

もっていられる能力は人によってかなり違いますけれども、もっていられないものをなんとか始末してしま方法というのが防衛機制であるわけです。

(中略)

まり、行動で発散してしまうので自分の中で葛藤を溜め込んでもっていないで済む。

それから欲求を即充足してしまうこともできる。

防衛的な観点から言えば、そのやり方によって自分内面葛藤状態を予防している、または解消しているといえるわけで、

そういう味方をすれば、行動化は防衛でもある、という見方ができるわけです。

引用:「馬場禮子(1999),精神分析心理療法実践,岩崎学術出版


この記事およびこの記事を読んでの雑感

現代において、精神医学もしくは臨床心理学対象が「葛藤を抱えていられない」になりつつあることは諸家が指摘する通りだと思う

社会的に「自由」というものが認められず、人々が単一規律常識などに従わなければ生きられなかった時代においては

治療者の対象は「自分を抑えてしまう」ことが成因になるような病理対象であった

一方、現代においては「自由であること」が病理の成因となる

利便性選択肢の増加は、欲求葛藤の解消をインスタントものへと変化させた

「辛くなればやめても良い」「苦労しなくても退屈は紛れる」「ネット越しなら誰かを批判しても、見なければ反論は来ないし直接的な被害はない」「自分の歪んだ欲望も受け入れ、肯定し、賛同共感してくれる場所がすぐにみつかる」

しかしその一方で、いざ職場に行けば規律を守ることを要求され、規定時間以上の労働に駆り立てられ、下手をすれば休日返上して出勤する

私生活における幼児的万能感の世界と一転して、社会生活要求される自己への規制は非常に強いものとなっている

このアンバランスさは、時として人を分裂させる

私生活としての私」と「社会に生きる者としての私」は、かつてないほどに乖離し始める

もはや、「社会人としての私」は「本来自分から離れ、自我親和的はいえない

反動形成に近い防衛機制が働くこととなる


48時間チャレンジ記事を見て、「これ、ボーダーの子の試し行為じゃん」と思った人もいるだろうか

素直に甘えを表現することへの葛藤も処理できず、かといって甘えたい欲求を別の形で処理することも出来ず

明らかに不適応な形で自らの親密・依存欲求を満たす行為のように見える

自立と依存葛藤を維持し、家族ではなく他者に親密さと依存対象を広げていく過程にある青年期において

家族依存欲求失踪という試し行為の形で達成するのは、どこか歪んでいるようにみえ

満員電車というのは、名前も勤め先も知らない人々が密着した状態で、強制的一定時間を過ごします。辛いから何も感じないように、大抵は自分感情スイッチオフにした無の状態になる。そんな異常な空間の中で、ふいに女性に触れてしまうと、それが予想もしないくらいの衝撃的な体験になってしまう。

私はこれまで200人以上の痴漢常習者をヒアリングしてきましたが、彼らの多くはその最初感覚を『身体に電撃が走った』と言います。本人が意図せずに触ってしまって、そこから『あ、こんな柔らかい感触があるんだ』と衝撃を覚えてしまう。少し言葉は悪いですが、痴漢の始まり方はこの“ビギナーズラック”のパターンが一番多いんです



公私での混同を許さなくなった社会では、時として人格の解離が状態化する

「辛いから何も感じないように、大抵は自分感情スイッチオフにした“無”の状態になる」という一文は示唆に富む

私では過剰に発散し、公ではひたすらに抑圧し何も感じないようにする

自我自体脆弱なままなのに、その空間他者の柔らかい感触侵入してくる

そうすると、脆弱自我はもはや「触りたいけど触ってはいけない」という葛藤を維持できず、行動化に移る

現代においては、そうした前エディプス的な段階での病理が多いように思える

物質的に富、自由と自立が個人裁量で賄われるこの時代においては

社会的規律によって自我機能が助けられていた時代より、葛藤処理が個人自助努力にのみ任ぜられるために、かえってバランスを欠いた人間性が生じやすいのかもしれない

葛藤を抱えられない心性」は、社会システム変遷から生じた病理である

次の時代において、子の心性はいかなる形で変容するのかが気になる所である

現在批判者たち

一般的な人たちは哲学的批判に対して防ぐ術を持っていない。

労働階級必要なのは批判力ではない、他者批判することは、また内なる他者批判することである

自身アイデンティティ批判もつ分解力によって倒壊しかけているとき私たちは外の真の他者に対して批判力を失ってしまう。

まり哲学的な問いが支配層にとって脅威であるなら、労働階級にとっても脅威なのである

人は発した言葉一貫性から逃れることはできず、支配層への批判言葉は、そのまま労働層への批判言葉へ容易に転化する。

そして批判に対して脆弱なのは知恵の無い労働である

これでは相手批判しているのにかかわらず、味方のほうがダメージが大きいという勝負にならない戦いを強いられている。

その結果として、私たち批判力を持つことをやめた。

支配層は社会を守るために批判をやめ、労働層は仲間を守るために批判をやめたのである

現在批判者たちには、三つに分けられる。

一つ目は、どこの層にも属していない孤独の者たち。

二つ目は、マスコミなどの批判者たち

メディアなどの自分たち批判であることが社会から要請である

自己催眠状態にあるものたち。

この批判者たちは、批判することが自分アイデンティティとなるため、この批判力が内部に行くことは無い。

三つ目は、他者から求められた批判者たち

労働層が批判言葉を上げることもあるが、これは2つ目のマスコミによる批判要請である

政治家本来社会を守るために批判を捨てたはずの者たちであるが、

国民の声などといって批判を行う。

これら三つのすべてに問題点が内在する。

それは批判者たちがどれも自分階層を守るために批判をしているわけではないということである

一つ目は自分の層は何にも属していないため、批判に本気になることは無い。

変えることで自分利益、損になる場合や、人間本来的な所持を奪い取ろうとする者たちに対して批判を強めるだろう。

二つ目は、自己催眠によって批判することが可能になった者たちであるが、

まさにそのために、何のために批判をするのかという目的をあまりもてないでいる。

社会要請などという全体としての理念を語ることはできるが、一つ一つの問題に対して

なぜ批判をするのかということが答えられない。

批判することが自身証明であり、自己保全であるためであると言えるわけでもない。

何かしたの転化を経て答えが出る。しかしその答えは、転化をによる代償として矛盾はらまざる終えない。

二つ目批判者にとって幸いなことは、私たちは、ジレンマ自己保全のための矛盾に対しては寛容なことである

三つ目は、自己催眠状態の者から要請によって得た批判力であったが

往々にして責任(一つ目ほどではない)を持つことが難しい、彼らは依頼があってそれをしているわけであり、

依頼が無ければ批判しないという、不安定すぎる地盤で戦わなければならない。

一つ目は、まだ人間という最後ラインがあり、人間という最後の層を守るために

批判を団結させることができる。

しかし、二つ目の者たちによって分団されているため、それもできない。

ほとんどこの批判者たちは力を持つことは無い。

私が言いたいことは、すべての人が哲学的批判力を持つということがこれらの問題を発生させているということなである

私たちはある程度の批判に対しての線引きを欲しているのであり無自覚批判だけをたたえることや、批判することが無条件に正しいことということは今や好ましくないのである

2017-10-21

戦後復興を頑張ったことで権力を持つことを正当化するなら

ジジババの年金優遇もそうなんだけどさ、「戦争直後は福祉脆弱で~」とかで擁護するならさ、

若い世代はもう一回戦争やったほうがいいって考えにならない?

2017-10-18

宝石の国面白いな。なんで擬人化物って全部ソシャゲになるんだろう

と見せかけてからおやつのじかんステマを始めようと思ったが辞めた。

アイスクリームたんかわいいなんて話しても喜ぶやつはもう一通り人生に迷い尽くして自殺し終えてるだろうしな。

しかしいつからこんなに擬人化ってのは萌え萌えしだしたのかね。

いつから始まったのか擬人化萌えばっかになっちまったな。

ここまでの蔓延引き起こした裏にはふたば☆ちゃんねる存在を感じる。

奴らはクズの割にはネットへの影響力は強かったからな。

今はもう残ってないがね。

蔓延の原因はともかくとしてスタートはどこなんだろうな。

としあきオリジナルな物を作れるはずがないからきっとどこかにパクり元があるはずなんだ。

奴らの脆弱チャンネルにも引っかかるほどに強い何かが。

ミーはメロンパンナちゃんでシコれてたのでやなせたかしが原点だと思いますって人の意見は今求めてないぞ。

俺は真剣に聞いてるんだからな。

2017-10-16

脆弱

これを「きじゃく」と読み間違う人がいると知った

言われてみれば「危」の字が含まれてるから、そう読みたくなるのもわからなくはないが

2017-10-11

ライブドア野口英昭氏の他殺説

那覇署の捜査はまったくやる気がありません。

 捜査員たちは『東京事件からウチは関係ない。東京に任せておけば

 いい』と言っています。」

「小さな地域です。私たちが生きていけなくなります。どうかお引取りくださ

 い。」

7、警察は、「カプセルイン沖縄」内には、人通りがあり部屋が狭い、内から施錠、盗まれた形跡無し、左手首にためらい傷あり、第三者の介入余地無し、等を根拠に「自殺」説を断定したと思われますしかし、その根拠は、非常に脆弱ものです。県警の本音は、東京の厄介な事件時間人員を取られたくない、と言う人もあります

「面倒な事件から早く手を引きたいという、刑事たちの及び腰姿勢が透けて見えました。県警本部に日参すると、ついには取調室に入れられて、暴対の刑事に怒鳴りつけられました。『おれたちが自殺だと判断したら、それは自殺なんだ! かき回すな』と。再捜査する気など毛頭ないと分かりました」

http://www.geocities.jp/jpkksl/6y015og8.html

http://same.finito.fc2.com/Dinform/crime/c060129.html

https://www.news-postseven.com/archives/20140423_251649.html

2017-10-10

私が普通なのか否か

ツイッターなどを見ていると、明らかに文章おかしな人を見かける事があります。具体的に言うと、論理に欠ける、読んで理解するのが面倒な文章を書く人です。

文章に限らず、日常会話でも妙な話し方をする人もいます。そういう人達を見ていると、ふと、自分はどうなのかと疑問に思う事があります

論理に欠けるだのと偉そうなことを書きましたが、私自文章を書く時、話す時にそこまで意識して思考を纏めたりはしていません。ですから、もしかしたら私もおかしい人の一括りに入る存在なのではないか不安になります

そこで、これを読んでいる方にお願いがあります

から簡単文章を書いてみます。それを読んで、異常だと思った方だけ反応をください。普通だと思った方は、特に何もする必要はありません。

 私は余り社交的ではなく、友達も片手で足りる程しかいません。日常会話をする知り合いを含めればもう少し数は増えますが、大して変わりはありません。交友関係の少なさは、私の性格による所が大きく、それ自体が苦だとかそういう事はありません。むしろ話していると疲れるため、一人でいる方が落ち着きます。敢えて言うなら、集団の中で一人孤立しそうになった時は、少し緊張します。そうならないためにも、私は常に周囲に三人は知り合いを作っています。何かあった時はその三人の内の誰かを頼り、時々自分が三人を手伝う事で、浅い関係を維持し続けてます

 ただ、そうやって打算で人と付き合っていると、本当に信頼出来る人が出来なくなるというデメリットも生まれしまます些細なピンチなら知り合いでも助けてくれますが、重大な危機に陥った時に、助けてくれるとは限りません。私の人との付き合い方は、そう言った危機に対して酷く脆弱もので、もしその時が来たら、私は一体どうなるだろう、と少し不安に思う時があります

以上です。前述の通り、異常だと判断した方のみ、反応をください。

2017-10-08

東工大のアーチの何が面白いのか解説する

https://togetter.com/li/1158748

これについて。

面白いから良いんだよ!」「必要ないことをするのが芸術だ」というのは確かに正しいです。

ただ、そこから先、「なぜ面白いのか?」「建築において必要って何?」ということを考える上で知っておくとより楽しめる基礎知識について、建築の見るだけファンが少し書いてみます

そもそもアーチってなんのために存在するの?

ついこないだ、鉄筋コンクリート発明されるまでの西洋建築は、石(とサブで脆弱な木)だけでいかにかっこいい建物を建てるかの歴史でした。

今でもそうですが、かっこよさに重要なのはそのデカさです。石を適当に積んで泥で固めるだけでも、そこそこの家は作れますが、でかい建物になると梁や柱にかかる負担が大きくなって限界がありました。

そこで古代ローマ発明されたのが、東工大建物にも採用されているのと同じあの扇形のアーチです。

科学館とかの遊具で試したことがある人も多いと思いますが、アーチという構造は、他の方法で組むよりも何倍(何十倍Wikipediaに答えが書いてありそうな気がしますが見ずに進めます)も強度を高めます

主要な部分の強度が何倍かになれば、建物デカさ(≒かっこよさ)は何十倍にもできるわけで、このアーチという構造ローマ以降近代までの建築で猛威を振るいます

たとえばコロッセオはアーチ状の窓がたくさんついてますよね。あれはアーチが頑丈なお陰であんなに大きいのに今まで残ってるわけです。

それからは1500年くらいアーチをいか効率よくかっこよく使うかという問題建築にとってかなり(もっとも?)大きなテーマになっていました。

たとえば「大聖堂」で画像検索してみればわかりますが、(ルネサンス以降、ローマから1000年以上経っていても)アーチを数学的に多数組み合わせることであれだけ巨大でかっこいい建物を作っているわけです。

余談ですが、近代になってトランプのような暇な大金持ちが出てくるまでは基本的にかっこいい建物といえば教会でした。

人間はかっこいい建物をみるとすげーって思って宗教的ものを感じるので、かっこいい教会を建てるのは営業的にかなりプラスでした。

他にはすげー建物を建てるインセンティブがあってそれだけの余裕がある人はあまりいなかったので、近代までのすげー建物基本的宗教がらみです。最近新興宗教でもすげー建物を建てる傾向は健在ですね。余談終わり。

鉄骨とコンクリートの登場

さて、これまでは石を積んで建物を作る=かっこいい建物を作ろうと思えばアーチを使わざるを得ない、という状況だったわけですが、20世紀に入ってから鉄骨やコンクリートという技術建築に使えるようになりました。(たぶんWikipediaに詳しい説明があります

たとえばエッフェル塔は鉄骨を使うことで、それまでの石積みアーチでは間違いなく崩れるほどの高い=かっこいい建物を作り上げたわけです。

鉄骨とコンクリートを使えばアーチなんて使わなくてもでかい=かっこいい建物を作れるぜ!ってことでアーチを廃したやたらカクカクしてでかい建物が作られる(作れる)ようになりました。

今のビルマンションにつながるムーブメントですね。「モダニズム建築」で画像検索すれば雰囲気はわかると思います

ここまでが20世紀前半のことですが、20世紀後半になると「カクカクしてるのダサい」「いやいいでしょ」「むしろアーチが逆にいい」など色々な意見が出てきます。これが「ポストモダン建築」です(いまではほぼ思想用語ですが元は建築用語でした。当然ながらこの説明めっちゃ雑なのでWikipediaも見てください)。

ポストモダン建築としての東工大のあれ

はい。ようやく例の東工大建築まできました。

私の解釈ではあれは、「もともとアーチは必要不可欠だったが、建築技術進歩不要になった。しかし今でも伝統として無意味なアーチを採用している建物が多い。そもそもなんでアーチが存在するのかみんな忘れてない?」という意図を持って造られたのではないかと思います

その意味で、「なんかアーチが無意味面白い」という感想はまったく製作者の意図通りだったのではないかと。そして建築を専攻する学生であれば当然上記のような知識は知っているので、更に思考を進める役に立つのではないでしょうか。

冒頭で書いたとおりわたし建築素人なので、「もっとこんな意味が」とか「もっとここ書けば面白いのに」などは、詳しい人が記事書いてくれたらいいなーと思います。単純に間違ってる場所トラバブコメで指摘くれれば反映します。もっとネット建築関連の非専門家向けの記事増えろ!

2017-10-05

実際のとこ無能死ねみたいな合理主義だけで組織運営しようとするのはまず無理で

人格破綻者やサイコパスが来たらいろいろ終わるから脆弱過ぎる

トップ無能をちゃんと絞められる合理的思考ができる人物が立ってるゆるめの儒教みたいのが一番マシというのが感想

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん