「脆弱」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 脆弱とは

2020-05-29

anond:20200529115254

ない。正直子供を産んで育てるには人間は未熟で脆弱すぎるので、どうしても子供が欲しいなら人工子宮で育てた方がいいと思う。

2020-05-26

日本人女の子なのか

  本質的女性器であって、色狂いで脆弱で幼稚で臭いということは言えると思うが、要するにろくでもない女性器だということは

確実に言えても、その女性器の内容が、絶対絶対女の子といえるような、幼い内容のものなのかは議論余地があるし

 幼稚で脆弱女性器という言葉の方が当たるわけで、女の子、という言葉で核心をつけるようなものではないと思う

  つまり女の子に限りなく近いのだろうが、女の子ではないと思う。ろくでもない幼稚な女性器が色々とえっちで悪いことを考えているか

激臭になるので、悪くてえろいことばかり考えている幼稚な女性とはいえても、女の子などという綺麗な言葉説明できるようなものではないと思う。

2020-05-24

 日本人そもそも通常怒る人ではなく、脆弱女性であるのに、怒らないとできないという時点で色々詰んでいる

  そういうことが世間的にも是認された時代であればともかく、怒ること自体が許されない時代学問警察流行るわけなかろう

    確かに日本人は最悪で臭い女性だが、それだからといってただちに殺さねばならないというふうには発想がつながらない

      ブサイクな人だからといって全員が全員、怒ったり屈強になったりするわけのものではないが、最近東京ブサイクは怒っていたり

屈強な人ばかりで最悪だと思う。

    頭がいかれたのか?

https://anond.hatelabo.jp/20200524204611

  日本人凶悪犯罪者だし色狂いで激臭だけど、中身は脆弱女性器だから大きなことができないところがいいんだろ。

お前がくだらん理由

  日本人の正体が、超絶激臭膣、つまり、凄まじく最悪な色狂いの凶悪犯罪者だが、実質はただの脆弱女性であるということを認められないか

     そして今の時代は、様々な種類の超絶激臭膣がただそこにいるだけで、お前は支配できないし、お前もまたその激臭膣のひとつにすぎないということ

    だからお前みたいなくだらんゴミが何を言っても、一激臭膣の意見で終わる。ここに何かを書いたからって他人マウントできると思ってんなよゴミ死ね

2020-05-23

   明治時代は偉大な先生がたくさんいて、日本人とは要するに、実は最悪な色狂いの脆弱女性であるとか、えっち女の子

  であるなどということも検討したうえで支配できていたが、その後、段々余裕がなくなり、学校先生も使うことがなくなり、

     最近あいつらの間で共有されているのは、日本人は超絶激臭膣だが、ブサイクからよくなるという理論であり、

  明治時代のような検討はできず、ブサイクからよくなるだけと連呼し、主にそのブサイクから、と警察暴力だけを使って支配している

    詰まらゴミから、頭のいい人から人気がなくなり、テロ起こされたり捨てられた


   昔は妥当性があった言葉でも、もう一回ネットのせいで日本人の正体がばれたから、日本人とは何かを検討すべき段階に

入っているのに、検討する奴がいないから終わってるんだよな

   日本人の正体に関し

Ⅰ 超絶激臭膣

Ⅱ ブラック エロ 陰湿

Ⅲ 超絶絶対凶悪色狂い激臭膣

Ⅳ  色狂い脆弱女性

Ⅴ   えっち女の子

   などの説が提示されているが、どれが正解なのかをはっきりという者がいない

トップバリュ日本公務員

(やってしまった……)

イオンで買い物をしたついでに惣菜を買おうと考えたのが間違いだと思い出したのはカゴに散々物を詰めたあとだった。

もう棚に返すのは無理だろう。

コロナの時制で、他者は穢れである

人が触るということは涜すということだ。

仕方ないからそのまま買って帰ることにした。

マイバッグを忘れた罪によりペラペラビニール袋を買わされる。

トップバリュビニール袋は驚くほど薄い。

信じられないほど薄いからと言ってコンドームの代わりには出来ない。

信じられないほど破れやすいからだ。

他の店なら2袋に収まる商品のために4袋を購入する。

まず惣菜類を1つの袋に集める。

トップバリュ惣菜の恐ろしい所は3つある。

1つは時折恐ろしく不味いこと。

2つ目に産地が偽装されていること。

そしてこれが最も辛いことなのだが、パッキングが凄まじく脆弱なことだ。

から惣菜を買ったら1つずつロールのビニール封印する必要がある。

大きいものは2袋で挟んで間をセロテープで固める。

こうしないと最悪、家に帰る頃には蓋が開いて惣菜同士が混ざり合っているからだ。

惣菜のつめこみが終わったら次は重いものビニールが破けないよう余裕を持って詰める。

角の尖った箱状の商品はバッグや他の店のビニールに入れてしまう。

そうして私の買い物はようやく終わった。

家に帰って惣菜を食べてみたが、やはりトップバリュの当たり外れは酷い。

基本的にはハズレだ。

値段相応の味がする。

まあ、値段に関しては他のスーパーと大差はないのだが。

他所の店がどうやってその値段でまともなものを売ってるのかが不思議なのだ

まあ、安い出来合いのオカズなんて本当はこの程度のもの、一昔前のイメージが悪かった時代冷凍食品レベル妥当なのだろう。

だが、時としては値段に対してやたらまともな味がするものがある。

こんなもの末端価格がこの値段になるように作らされている連中が不憫になる。

 俺はもともと、俺などと言う人間ではなく、わたくしとか、私という人間だったが、平成18年に東大法学部刑訴法の川出の講義

試験対策中に、川出が買えと言っていた腐れ刑訴法判例集我が国刑事訴訟の真の姿だったとずっと誤解していて

  その試験対策中、もともと脆弱文系女子だったのに、いつのまにか自分のことを俺というようになった。

   井上正仁などが選定した東大出版会の刑訴法判例集はとにかくそ文体気持ち悪く内容も最悪で、色狂いの脆弱女性器たる

平成日本人文系女子には受け付けなかった

   東京帝大ないし東大法学部において真に素晴らしい刑事手続き法の判例を書いていたのはもう大昔のことだが、東大法学部悪人の男の陰謀

そういう素晴らしい判決集は東大法文1号館のエレベータ付近にあるひっそりとした法学部図書館の中に封印されてしま

   東大法学部自身が、自分が本当によかった時代テキスト封印した。このため平成時代東大法に行った文系女子にぶちきれられ暴発して終わった

     平成18年の東大法ではクソ男やじじいの嫌がらせで、もう具体性や精彩さがなくなった時代判例ばかりを見せていて文系女子から嫌われていたし

当時の東大法は法学教育をなんら実施していなかった。

    当時文Ⅰ採用された人はZ会予備校などで活躍した日本人ばかりだったが、せっかくそっちで文才を磨いた奴らに対し、法学部陰謀

法律教育につなげなかった、その結果、今のような最悪な政権が出来上がった。

    平成15年東大文Ⅰ選抜組に対し、その文才を生かし、明治時代戦後20年ないし昭和50年代ばりの法律教育実施していれば可能性はあったが

当時いた東大スタッフがそれをしなかった。

2020-05-22

あつまれどうぶつの森で困っている

5chにあつまれどうぶつの森の森のおでかけ用スレッドがあるんだ。

そこは島に観光しに来てほしい島主がパスワードを公開して、おでかけしたい人はそれを使って観光にしに行くだけの平和スレッドだったんだけど最近厄介な嫌がらせを受けている。

そのスレで公開されているパスワードTwitter捨て垢他所掲示板を使って「カブ価600ベルです!ご自由にどうぞ!パスワードは○○・・・」と全く嘘の告知で公開して、島にカブ売買目当ての人を呼び込む手法だ(島主もカブ売買目当ての人も被害を受けている)

不特定多数を島に呼ぶ関係上、パスワード公開は避けられないがパスワード転載有効対抗手段がない状況でただ観光したい人が困っている状況(あつまれどうぶつの森パスワードの仕組み自体パスワード転載脆弱すぎるのが根本原因)

不特定人物パスワード安全にやり取りして、転載を防ぐ方法ってはてなのエンジニアの人は何か思い浮かばいかな?

 日本人の正体が、超絶絶対凶悪色狂い激臭脆弱女性であるとすれば、その真実を認めない時点でクズだし

   明治天皇昭和天皇はその真実を認めたうえ、公立学校教育を起点として支配を始めたが、安倍晋三

    小中高校などの公立学校ないしは私立学校教育使用する気は毛頭ないクズから話にならない

   あいつは警察警察いっているだけで、学校が話に出てこない。あいつは人間のクズ、頭の教育はするつもりがないから誰もついてこない

    ゴミ

昭和時代になんとしてでも東京大学法学部に入りたかった人が多かった理由

   日本人は要するに、本質的に、超絶絶対凶悪色狂い激臭脆弱女性女の子から

     昭和天皇はその点に着目し、戦後憲法に内容を容れ、日本人の徹底改善を図った

   そのために、当時は満天下の秀才トンキン大学法律学部に集まるもの相場が決まっていた

     しかし、平成トンキン法学部が、日本人とはそもそも本質的凶悪犯罪者の色狂い激臭脆弱女性女の子という発想を捨てたために

   人気も妥当性もなく恨まれて消えた。平成トンキン大学法学部教授日本人本質が分かっていれば話は違ってきたが、平成18年頃のトンキン法の教授

 日本人に関して何も考えていなかったか学生から人気がなくなった、ゴミ

好きな人が数人しかいない

  この最悪な時代妥当性がある人が数人しかいないからな

   https://twitter.com/ptt_kr

    https://twitter.com/_wsp1

    https://twitter.com/modoki314

   上に書いてる人の脆弱女の子の部分以外は嫌いだし信用できない

  他のものゴミから捨てた

2020-05-21

権力のもの脆弱化し劣化した

維持をするのも行使をするのも困難な時代

最近の、日本人女の子という印象操作

  何が女の子だよ、女の子女の子といいながら実際に国が作っている女の子は、色黒で褐色の強くてたくましい女の子だよ、偽物なんだよ。

        なぜ、 日本人は「最悪で色狂いの陰湿脆弱女性器」という具体的表現はないんだ?

  最悪で色狂いの陰湿脆弱女性器でなければ女の子とも言わないし日本人とも言わない。誤導をするなクズ

      脆弱であることを認めろ

超絶絶対凶悪色狂いの超絶激臭膣、ブラックエロ陰湿脆弱女性器で何が悪いの?

  それが日本人なのだからそれを否定すること自体おかしい。

日本人脆弱女性器だったか女の子に戻りましょうという風潮

 分かるけど結論から言えば今頃言うなという話

   日本人女の子だっちゅうんだったら、なんで今頃いうんだよクズ

     人に散々勉強させておいて今頃いうから、言ってる奴がうそ臭くて共鳴者が出ない

   今の30代からすれば、みんな、今頃いうな、それいうんだったら俺らが小さいころ、俺らが勉強しだす前に言えと思っている

     いずれにしても、日本人脆弱女の子から、そうなろうと言っている人が、あんまり素晴らしくないのが問題うそ臭い

脆弱女性器以外は生きている価値がない

  これから時代は、内容がよかろうが悪かろうが、日本人日本人たるところつまりいか脆弱で色狂いで性悪(ないしは善良)な女性

   たるべきかが希望となる。強い者は死刑

日本人日本人だということを認めない者は悪

  日本人日本人健康でも強い存在でもない

    自己中心的で性悪で色狂いの激臭の脆弱女性

     その真実を認めないお前がクズ   自分健康だとおごり高ぶっているクズ 早く死ね

   日本人日本人でどうにもならない存在だということを認める偉い先生は死んだ

     お前には生きている価値がない

人の心のある脆弱文系女子を守ろうとかい平成モットーは、文系女子平成18年に東大法で井上正仁が編纂した

 悪い時期の刑訴法判例刑事訴訟法の神髄であると騙されながら定期試験の準備をしていた最中増田にいた悪人

  お前に殺されて失敗した

   東大法の刑訴法教授である川出敏裕が、明治か、戦後20年の刑訴法判例を用いて講義を行っていれば話は違ってきた、あの悪人の男が

主に昭和40年代、50年代平成の、お前が書いた悪質な刑訴法判例編纂した刑訴法判例集を学生に買わせて読ませていたせいで事故った

   何にしろ最悪な平成だった

2020-05-18

anond:20200518134616

揚げ足取りでもなんでも無くそのとおりで、議院内閣制問題として、三権分立ってのが政治良心に頼るところが大きくて、制度上の問題でもある。

過半数取ったら何でもできるなんてシステムとしては脆弱すぎなんよねー

2020-05-13

プライベートコミュニケーションにおいて(知的)自信を与える

公的私信

----

tl;dr

----

前提

  • その場で個々人が「自信を与えられた」「自信を傷つけられた」と感じること自体相手によって尊重されなければならない。「あなたがそう感じるのが誤っているのだ」という考え方は、そこにどのくらいの誤解や無理解があるかに関わらず、表題文脈において無意味である

----

「ある男がパートナーの女の(誤った)発言に対して毎回優しく肯定的に応じたのち、間違いを説明する」というカップルの在り方について、「優しく肯定が入る方が女性側の立場として自信が得られる」という考えについて。

基本的にこの構図がお互いの認識になること自体が mansplaining さがあって嫌なのだけど、それは表題文脈の下では脇に置いておいて、そこでの選択肢として、{肯定的/否定的}に応じ間違いの説明を{しない/する} という4通りにおいて、{肯定的, する} というのは確かに望ましい。まず、批判非難の違いが一般理解されにくいのは、批判否定的な口上は例えばその場が学問であるといった「場」があることで信頼が支えられていて初めて機能するので、それ以外の場で批判(正/偽)と非難(善/悪)が混同されることがあるのは、必ずしも混同する側が悪いわけではない(cf.SPEED今井絵理子議員の「批判なき政治発言)。その意味で、プライベートコミュニケーションにおいて、{肯定的/否定的}というのはニュートラルではなく、肯定的の方が心理的効果として望ましいといえる。また、毎回間違いの説明をすることは、毎回間違っているということに気づかされることになり自信を喪失しうるが、指摘しないままにパターナリスティックに傷つきやすにの配慮して放置することは相手反論したり、追加情報提示したりといったことを通して「相手の方が正しかった」という可能性に賭けないということであり、他者としての尊重に欠けるばかりか、相手の成長の機会をも奪うことになる。ただ、陰謀論的だったりオカルト的だったりといった特定バイアスを含む情報ばかり拾ってくることは、一朝一夕改善するものではない。そうならないためには相応の努力知識必要なのであって、場合によっては、ずっと同じ構図を繰り返しその構図がお互いの認識になるということが生じてしまうかもしれない。そのどうしようもないギャップを、他の側面で補うことで相互尊敬を維持できるならば、これは問題として前景化しないかも。でも、その切り分けをせずに、繰り返し続けている誤りについて、口上のオブラートごまかしたとしても、少なくともそれは知的自信の向上までにはつながらない。自信を支える相応の能力実践、もしくは基礎的な肯定感が必要である

ここで、「もしくは」になるのは、「自信」の性質に拠る。(上のような話をしておいてリテラシー低めの引用をするのは気が引けるが、読みやすさを重視して、参考: https://diamond.jp/articles/-/78423?page=4 )自信を得るのに能力や実績が有効ではあるが、能力や実績がなくても自信が得られないわけではない。生来自己肯定感などによってそれは変わる。逆に言えば、そこが低いと、小手先で何をしたところで、自信は低いままにもなる。病的であれば、薬によって脳内神経伝達物質バランス改善を図るということも視野に入れるべきであるしかし、そこまででないならば、「他の側面で補うことで相互尊敬を維持」という意味で「愛されている」という実感による基本的肯定感の向上などが有効でありうる。逆に言うと、自分を愛さな人間と一緒にいることは、自己肯定感の側面からかなり危ない行為であることに留意したほうがいい。ここで、愛も、条件付きの愛とそうでないものがあるが、条件を、性的ものや、ある1つの能力的なもののように一側面の条件に頼っていると、それは脆弱になる(というかそれは愛ではないと思うが)。条件付きであっても、それは、条件と等価以上に為されるものであることで(cf. 信頼と信用の関係、『信頼の構造』を想定しているけど、アドラーでもなんでも同じようなこと言ってる) 肯定感を支える愛になりうる。

少し話をもどして、プライベートコミュニケーションにおいてそもそも正しいことが必要かどうかというのも一考の余地はある。例えば、「今日は空が赤いねぇ、不吉な感じすらするねぇ」という言葉に対して、「空は予言能力はない」なんて返したら、その返しすらギャグである場合を除いて、「科学的に正しいこと」に重きを置きすぎていると言われてもしょうがないだろう。いつもいつも科学的な正しさを持ち込むべきではない。一方で、「〇〇という薬が効くそうだよ!」という言葉に対して、「それは××という危険性が指摘されていて安易に飲むべきではない」と応じることは、プライベートの場面であるとはいえ、いやむしろ、服薬するという最も実践的な場であるからこそ、科学的正しさが適切に活かされなければならない場面である政治的な発言については、例えば「#検察庁法改正案に抗議します」とだけ呟いた芸能人に対して「なんも分かってないだろ」といったクソリプが相次いだけれども(それ自体は具体的ではない発言に具体的ではない形で具体的発言のなさをなじっていて全くクソリプしかないと思う)、そこで立法の背景の正当性についてどう思うかと問うこと自体は(数の暴力を伴わなければ)議論を深めるために民主主義的には望ましいコミュニケーションである。それがTwitterのようなパブリックな場ではなく、プライベートコミュニケーションにおいても同じく妥当する。ただ、政治的な話をすることというのは、それ自体が嫌がられるし、議論となるともっとそうだ。特段の配慮必要でもある。学問的な話なら、それが宇宙人存在についてであってすら、正しさはむしろ娯楽のために重要である。それが(学問ではなく通俗的意味での)文学的な話ではないと相互了解があった上ではあるが。つまり、「タコ型の宇宙人って歩きにくくない?」から始まる会話は科学的正しさによって楽しもうという意思は見られないので、それはまるで漫才相方のように応じればよいのである。{正/偽}をコードとしない意外と多くの場面でも正しさというのは実用的にも楽しさの面でも重要なのであり、それが、「知的レベルが合っていないと楽しくない」というのがよく言われる原因でもある。もちろん、賢いなら相手に合わせることもできるのだが、それは冒頭の話に戻る。そのパターナリスティック対応は、相手尊重しているのですか、と。

2020-05-09

平田オリザへ~あなたが叩かれているのはあなたがオリザではないからだ

根本的にあなた認識世間の反応に著しいずれがあるのは、「演劇業界必要不可欠の、喫緊業界であるのかどうか」について乖離があるからだ。

Covid-19 はありとあらゆる産業無差別に襲っている。各業界への支援も、トリアージせざるを得ない状況だ。

そう言う中で、演劇特に大資本がバックについていない小劇場系の「非商業演劇」への支援は、国民認識としてほとんど最後支援対象、言い切ってしまえば、「別になくなっても構わないもの」でしかない。

それに対する予想される反論は「欧米では日本の文化貧困だ」みたいなものになるのだろうが、普段労働従事し、そもそも支援するための原資を稼いでいる圧倒的多数労働者層から見ればそれは寝言に過ぎない。その発想自体上から目線なのだそもそも欧米日本が違うというだけならともかく、どうしてそこに優劣が発生するのか。そこに優劣が発生すると言う意識それ自体上から目線なのではないか

その「文化的に優れた欧米」が軒並み、Covid-19 の被害抑制、つまり一般大衆保護において、日本東アジア地域よりも圧倒的に劣位の結果しか残していない時点において、ロールモデル足り得るのか、そこがまず疑われている。彼らの文化を選別したうえでの、特定領域に対する厚い支援は、文化的マスターベーション、ある種の帝国主義意識と表裏一体のものではないのか、と。

あなたがた演劇人は、この疑念を乗り越えるだけの「切実性」を一般国民提供する任務に失敗したのである。つまり演劇は、「魂のコメ」としてのオリザ性を欠いている。

そもそも経済と言うものは、そこに金銭のやり取りが生じているのであれば、そこに価値が発生しているものであり、産業の規模とその産業価値は直接的にリンクしている。あるいは「将来的に産業の規模につながること」で、その価値担保している。

いずれも欠いている演劇脆弱であり、脆弱であるからこそ税金と言うパトロネージ生存のためには必要としている。そもそも「余禄」でしかあり得ない産業である

2020-05-08

こんなのは終末ではない

僕たちは十代の頃から終末思想かぶれて生きてきた。

ここでいう終末思想は「安全場所から人が死んでいくのをエンタメとして楽しむ」くらいの意味だ。

そういう意味では僕たちにとっては良い時代だった。

地下鉄サリン事件

阪神・淡路大震災

911アメリカ同時多発テロ

東日本大震災

福島第一原子力発電所事故

その他諸々、何処か遠くの国名も聞いた事のないような地で起こる、テロ紛争事件

それらを僕たちは常にエンタメとして楽しんできた。コーヒーを飲みながらワールドトレードセンターが崩れ落ちるのを見たり、東北の町が濁流にのまれて消えていくのをベッドに寝転がりながら眺めたりしていた。

この世界では、老いも若きも悪人も善人も関係なく無慈悲に命を奪われてしまうのを学んで、ほんの少しの畏怖を世界に対して覚え、自らの安全幸運確認してきた。

これまでは。

そう2020年、ついに終末が僕らの街にもやって来たのだ。新型コロナウイルスの名とともに。

一見これは完璧な終末に思える。

シャッターの並ぶ繁華街乗客のいないバスが道を行きかい、誰一人いない広場デジタルサイネージが青く染める。

たまにすれ違う人は皆マスクを付けていて、顔色は窺い知れない。その眼は一様に虚だ。

だが、どこか変だ、と君も思ったはずだ。これは違う、と。僕もそう感じている。もう気付いてしまった、いや最初から分かっていたのかも。これは僕たちが待ち望んだ終末ではない。

武漢が閉鎖された一月末からイタリアの死者数が一万人を超えた三月末までは確かに僕もワクワクしていた。アジアの片隅で生まれたこ新型コロナウイルス鉄壁に思われたヨーロッパを陥落し、医療保険脆弱合衆国で猛威を振るい、灰色平和未来永劫続くかのようなこの国にも混沌をもたらしてくれるのではと、そう真面目に考えていた。

もちろん僕にも君にも生活仕事があり、巻き込まれれば僕自身無事では済まない。しかしそれ以上に、日常破壊される快楽に身を委ねる喜びへの期待が大きかった。台風を待ちわびる子供のように、後先も考えずただ非日常へと連れ去ってくれる大きな力を望んだ。

でも終わってしまった。すべて解ってしまった。タネの明かされた手品のように、読み終えた探偵小説のように、ただ歴史けがそこに残った。

こんなのは終末ではない。パラダイムシフトですらない。すべてが元に戻るだろう。やがて国境は開かれ、人々は移動を再開するだろう。しばらくはマスク着用が常識となって、誰もがソーシャルディスタンスとやらに勤しむだろう。変化に対応できない企業は消えていく。平時も同じことだ。

世界大恐慌以上の不況がやってくる?今のところ株価はそう言ってないようだ。無人店舗デジタル化が推進される?僕たちはすでにそっちの船に乗ってるんだ。何を今更言ってるのか。

期待していただけに、偽物をつかまされたような諦め混じりの失望感けが残った。

2020-05-07

美術館再開しなくていいよ

美術館再開するより県内医療インフラに金回してほしい。

近所にある公立美術館なんて普段からろくに人こないから三密にならない暇つぶしスポットではあるけど、

利権絡みのつまんない展覧会ばっかりやって、税金無駄にしてるだけだから

作品保全の維持費は仕方ないにしても、

一年休館にして、今年の事業費を医療に回してほしい。

コロナのおかげで、うちの県の医療体制脆弱だってよくわかった。

必要文化施設箱物乱開発時代遺物施設事業仕分けした方がいい。

今年はコロナ対策を優先して欲しい。

もし感染しても、うちの県だと治療してもらえないなんてことになったら困る。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん