「キュレーター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キュレーターとは

2020-08-03

anond:20200803024051

大きい美術館企画展なら2500円ぐらいで売ってる解説付きカタログあるでしょあれ読んで

もちろん買う必要はなくて、最後売店立ち読みするか展示場に鎖付きで置いてあるやつ読めばいいよ

キュレーターが全部の作品に長々1ページぐらいなんか書いてるからそれを読みつつ作品を見ればいい

500円ぐらいの音声付き(芸能人とか声優のボイス)解説ヘッドフォンよりカタログ読んだほうがわかりやすい余計な金もから

芸術がわからない

美術館に行くといろんな作品があって、確かに良い作品だなと思うものもあるけど、結局何なのかよくわからない作品もある。むしろからない作品の方が多い。少なくともキュレーターは展示する価値があるとして展示しているわけだが、自分には何が何だかからないことが多い。何が何だかからないのは、自分の「鑑賞能力」がキュレーターの「鑑賞能力」より劣っているかなのだろうか。このわからなさは、例えば物理を知らない人が量子論の話を聞いても意味不明なのと同じなのだろうか。芸術鑑賞に「正解」があって、自分はそれを理解していないだけなのか。

2020-04-21

anond:20200421135536

裕福な旦那結婚して子育てがひと段落した後はNPOやったり博物館キュレーターやったり、そっちの方が楽しそうだし社会的意義もある。

そんな事出来るのごく一部じゃん。

それにそういう人の大半は元々裕福な実家を持ってて自分の金でやってるだけじゃん。ただの庶民玉の輿に乗ったってそんな自由旦那の金使えねえよ。

んでそんな裕福な実家持ってるなら、男に生まれたって楽しくて社会的意義がある仕事出来るじゃん。

そもそもそういう層は庶民に混じって雇われ社畜なんてやってないじゃん最初から

そんな真の上級国民の話持ち出されても、世の99.9%の庶民にはなんの関係もないじゃん。

anond:20200420103142

男でもゴリゴリ出世主義者結構いるから、その女がそう言う奴だってこと。

男でもそういう評価がついてしまうと周りから擁立されることは少なく、部長まりになる人が多い。

その女だって今より一つ上のポジションには行けるかもしれないが、それ以上は難しい。(たまに君子豹変できる人もいるけど)

悲しいのは男気を持った女(?)は人生の早い時期に潔く身を引いてビジネス界に残らないこと。

裕福な旦那結婚して子育てがひと段落した後はNPOやったり博物館キュレーターやったり、そっちの方が楽しそうだし社会的意義もある。

雇用機会均等法でビジネス経験を積んだ女性が多く出て、いろんな分野で活躍するのはいいことだと思う。

女だからを振りかざす奴は、東大出を振りかざす奴と似たようなもの

踏み台にされないように、身を隠していることが一番。

2020-02-07

anond:20200207145930

大事なのはキュレーターとして使いたい場合ホッテントリや注目エントリ安易ブクマする人は入れてはいけないということだ

そういう人が一人いるだけでただのホッテントリ複製になる

ブコメ集約機として使うなら気に入ったユーザーを単純に入れておけばいいけどな

2019-11-10

最近またおフェミ様が大暴れしているね(苦笑)

フェミニストジャンプを舐めている件について

https://www.dokudamiyoshiko.com/entry/20191107/1573129979

そもそもジャンプなんて漫画家からすれば、一流の雑誌なんだし、フェミ関連抜きにしても冷酷無比な打ち切りシステムとかあるわけで、その辺踏まえても舐めているとしか言えないよね。

あそこの葉書人気投票ガチからね。

こう言うのを見てもフェミはとことん他人を利用する事しか考えていないんだなとつくづく思うよ。

これは作家のしんどさを多少でも知っているオタク所か読者からすれば、切れるのも当たり前としか言えない。

例の巨乳奇形の人

ポスター作品ではない? ミュシャはどうなんの?

https://togetter.com/li/1428059

凄いな。

ポスター芸術ではないとまで言っちゃったのはすごい。

この人文化論が専門らしいけど、とても専門家とは思えない発言に驚いている。

ポスター否定したら、浮世絵とかもそれこそ芸術ではないと言う風になってしまうんだが、判っているのだろうか?

これ普通に美術専攻している人にも喧嘩売ってるよね。

広告デザインなんて、普通にこの辺の感性を求められるものだし、広告デザインで後々芸術として認められたものも多々あるわけだからね。

しかし、何ていうか、文化の専門の人間がこの手の文化全否定しているのは草。

あいトリ関連らしきもの

それと例のあいトリの中間試合と言うべき騒動が、またあったらしいね

美術展などへの公的助成金国威発揚不自由展の中止は後退国

https://togetter.com/li/1427403

JAPAN UNLIMITEDのイタリア人キュレーターMarcello Farabegoli氏について岩渕潤子氏が紹介/NHKでは『「展示作品の中に日本侮辱する意図のものは一つもない」と述べていた(以下略)』というマルチェロ・ファラベゴリ氏のコメント

https://togetter.com/li/1427157

こっちのあいトリや会田誠方面でも面白コメントしているみたいだし、何かもう凄いとしか言いようがないよね。

かに外務省不手際もあるけど、海外でこの手の日本批判するのに公認ロゴマークを利用したら、この手の事態になるのは予測できるはずなのに。

その辺は最高にダサいと思う。

例の弁護士マッチポンプ

もっと!孕ませ!炎のおっぱいエロアプリ学園!」の巨大看板の「エロワード」を批判した弁護士セクハラ被害を受けてしまう。中には議員大学教授の姿も……。

https://togetter.com/li/1428024

またお前か。

宇崎ちゃんの次はこれと言い、もはや炎上芸がこの弁護士の特技なのかね…。

エロワードばかり探しているんじゃないよやAV大好きドスケベ弁護士真空パックで孕ませはまさに真理で草。

しかフェミ曰くオタクの街である秋葉原に出している広告をわざわざ見に行って、噛みついている事から見ても以下にフェミの言うゾーニングとやらが意味がないものであるかが良く判るよね。

こいつら当時もとらのあな突撃して、児童ポルノだの好き勝手言っていたし、その後撮影禁止になっても盗撮してまでわざわざ晒したりもしていたんだからな。

単に嫌いなものに難癖つけて叩きたいだけと言う事が良く判る。

2019-10-30

anond:20191030022130

秋葉原はこれまでも奪還計画が立てられたり、国連にタレ込まれたりと、数多くのリベラル有識者から非難対象になってきた。

それを思えば今回の発言当地文化を守ろうとするものなので、良くも悪くもリベラルではなくキュレーターとしての感性が発揮されたんだなと思う。

2019-09-09

Web業界に居る俺でも戸惑うカタカナ用語

これ読んだ

 

IT業界ルー大柴渡り合うためのカタカナ用語一覧

https://qiita.com/57shota/items/a3a6a181e4936ae03134

 

CPIコストパーインストール

英字3語は鬼門

CPIっつったら消費者物価指数だろ

「シーピーアイ」と言われるとわからん

 

CVコンバージョン)、CVR(コンバージョンレート)

CVっつったらキャラクターボイスだろ

まず「コンバージョン」を理解するのに時間がかかった

CVRはCxRが多すぎて混乱する

 

VC

ベンチャーキャピタルの略、まずベンチャーキャピタルって何だよ

投資家のこと

 

エンゲージメント

未だに分からん

 

インプレッション

表示

 

LP

ランディングページ

最初混乱した

LPも作ってほしくて」って言われてLPって何だよってなった

 

UUID

唐突に知ってる前提でUUIDとか言われるからビビる

今では当たり前だけど

 

GA

遺伝的アルゴリズムのことだろ? いやGA 芸術科アートデザインクラスか

GoogleAnalytics? 何か納得行かない

 

バジェット

予算って言えよ

 

コンペ

コンパ

 

ASAP

は?

ピコ太郎の新ネタ

 

ボットする

要は方針転換

 

バイラルメディア

わからん

 

オウンドメディア

わかる気がする

 

キュレーションキュレーター

恋愛サーキュレーションしかわからん

扇風機だろ?

 

インフルエンサー

インフルエンザー?

 

カバレッジ

カレッジ

 

RPA

RTA

 

TL;DR

イラ

 

もっと有る気がする

2019-08-17

あいちトリエンナーレ2019に見る「検閲」の正体

津田大介による詳細なお詫びと報告のエントリーを読んだ。

あいちトリエンナーレ2019「表現不自由展・その後」に関するお詫びと報告

https://medium.com/@tsuda/%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AC2019-%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%81%AE%E4%B8%8D%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%B1%95-%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%BE%8C-%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8A%E8%A9%AB%E3%81%B3%E3%81%A8%E5%A0%B1%E5%91%8A-3230d38ff0bc

さすが津田氏の本業だけあって、文章だと何を考えてどのようなことをしてきたのかがきちんと伝わってくる。普通に危惧されるくらいのことは可能な限り対処してきたのか、とか。これを読んでしまうと津田氏のトークイベントコーディネートのスキル文章力に比べて相当劣るように感じてしまう。

この文章で何度も出てくる「検閲」という言葉だが、他人言葉引用部分を除くと津田氏本人はかなり慎重に使っている。これは今回の炎上キーポイントでもある。

検閲」の種類

辞書的な意味検閲とは、公権力表現物を検査し発表を禁止することである

https://kotobank.jp/word/%E6%A4%9C%E9%96%B2-60273

しかしながら、図らずも今回あきらかになったように作品展示を中止する要因としては公権力ばかりではない。むしろ現代日本ではそれ以外の方が多いようだ。

 (1) 公権力イベント主催に関与していない政治家警察

 (2) 主催側(イベント主催者、展示施設スポンサー

 (3) キュレーター

 (4) アーティスト本人

 (5) 一般市民

 (6) 反社(ここでは便宜的に暴力的個人組織のこと)

このうち公権力によるクレーム強制力によって排除されるのが狭義の「検閲」。

主催側の立場は「金は出すけど口は出さない」のが理想ではあり今回もわりとそうだった。ただし事業である限り本来の主旨に合わないものデメリットメリットを上回る場合は、主催側が展示会の方向性意見する自由はあって当然。

キュレーターはむしろ何を展示して何を展示しないか権限を任されているので、それを行使するのが本業

アーティスト本人の意向ときとしてキュレーター意思よりもアーティスト意思尊重される。ある意味当然だがこれが強すぎると美術展がキュレーターの思惑とズレることがあり得る。そして今回ズレた。

声の大きいのが実は一般市民ネガティブポジティブに関わらず主催に対して意見を言うことは原則として問題ではないが数が多すぎると窓口業務に支障が出る。

そしてそれが悪い方向にエスカレートすると反社による脅迫になる。

実際のところ多数の一般市民からの苦情や反社から脅迫が原因で、このままでは来場者やスタッフ安全性が確保できない、という判断主催側、キュレーターがすることで展示中止となっているものが多いようだ。

今回の展示作品の「検閲

表現不自由展・その後」各作品の展示中止理由について調べてみた。

https://censorship.social/artists/

 慰安婦 3作品

 強制連行 1作品

 天皇 4作品

 福島原発 2作品

 米軍基地 1作品

 旭日旗 1作品

 右傾化反対 3作品

 JR脱線事故 1作品

 食品 1作品 

ちなみに「《平和少女像》は正式名称を「平和の碑」と言い、「慰安婦像」ではない」という言葉津田氏のエントリーにも作品キャプションにもあるが、これはかなり微妙な言い方で、「慰安婦像」という“名称”ではないものの、慰安婦表現したものであり、日本政府慰安婦問題謝罪を求める目的で作られた一連の像のひとつであることは作者が明言している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%83%8F

https://ko.wikipedia.org/wiki/%ED%8F%89%ED%99%94%EC%9D%98_%EC%86%8C%EB%85%80%EC%83%81

https://en.wikipedia.org/wiki/Statue_of_Peace

これらを見ると、多くの場合主催側やキュレーター公共性や展示会の主旨を理由に展示中止しており狭義の検閲にはあたらないように見える。また、天皇関係のうち3作品は、富山県立近代美術館事件に関するもので、これは反社右翼団体)による脅迫が契機となっている。

https://artscape.jp/artword/index.php/%E5%AF%8C%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E7%AB%8B%E8%BF%91%E4%BB%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

表現不自由実行委員会は、表現自由 vs 公権力による検閲 という構図に見せたがっている。ただ公立美術館や芸術祭主催自治体は、公権力というよりも主催側という立場であり、中止の判断現在体制では安全性が確保できない、公共性ポリシーに反するなどである

そこを巧妙にすりかえて、「検閲」という強い言葉を使うことにより強大な国家権力に立ち向かうアーティストという演出をしている。

現代日本における検閲らしい検閲といえば、表現不自由実行委員会メンバーである永田浩三氏の受けたNHK番組改変問題があり、こういった経緯の作品があれば説得力は増したと思う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E7%95%AA%E7%B5%84%E6%94%B9%E5%A4%89%E5%95%8F%E9%A1%8C

エログロについて

ここからは完全に余談。

津田氏のエントリーには、候補として上がった作品として、会田誠《檄》や、鷹野隆大《おれとwith KJ#2》、ろくでなし子デコまんシリーズが挙げられている。

鷹野隆大《おれとwith KJ#2》は男性器が写った写真を展示していたところ、通報されて警察から注意を受けたというもの。明確に違法な図画を作品としてクローズド場所に展示するのはOKNGかという議論は見たかった気がする。

https://www-art.aac.pref.aichi.jp/collection/pdf/2014/apmoabulletin2014p54-63.pdf

ろくでなし子作品展示スペースの都合で候補から落ちたという件、カヌーみたいな大きなものではなく手のひらサイズ実物大?)のものもあるので、スペースなんかどうにでもなるだろうと思ったものの、慰安婦天皇がらみの作品のすぐ横にデコまんがあったらそれはそれで別の意味が発生しそうなのでやむなしか

掲示されていた「年表」にそれらが含まれいるか知りたかったがよくわからない。ネットに上がっている写真を見ると「イケメン官能絵巻」の文字が見えるので「年表」にはエログロも含まれているのかも。誰か知っていたら教えてください。

2019-08-13

anond:20190813103205

現代アート関係者には批判とさえ認識されない。残念。」が連中の思い上がりを象徴している。

美大出身者の学閥やお友だちごっこ権威と名声にしか興味のない自意識過剰学芸員美術評論家公立美術館新聞社の金で動いている商業展覧会しかやらず、たまに反権力的な内容の展示をやれば検閲される。そうした業界におもねる美術メディア(ビテチョーとか)はそうした業界人を褒めたたえるばかりで、業界内での批評精神、自浄作用も失った。税金で雇われたキュレーター自分たちのことを「アートピーポー」と自称していたが、「アートピーポーであることに酔っている変わった人々と自分には見えた。

学生の頃、一生懸命アート歴史勉強していたが、大人になり、現実アート業界を知って、ただの茶番だと我に返った。特にここ数年のアートシーンの劣化具合はあまりにひどい。

元増田の「要するに《現代アート》というのはすでに既存権力になっていて、彼らはそれを無批判に持ち上げることにこそ価値見出しているわけだ。」に共感する。日本全体を見ても「権力を支持したい。体制側が正義。」という人間があまりに増えすぎている。それは美術業界でも同じだ。SNSアートやってますと言いながらネトウヨっぽいリツイートをしている人って昔はあんまり見かけなかった。アーティストなら反体制だろというわけではないけど、自分の頭で何も考えていないか体制派を無批判に受け入れるし、自分の考えと異なる意見を知ろうともしない人がアーティスト簡単になれる時代なのだなと思う。

(=自分大学勉強するか、大学勉強した人に手配してもらう必要がある)というのも「大学先生が言っていることは正しいこと」という思い込みが後ろに隠れているわけだが、大学で学んだ経験がある自分からすると、大人になってから「あの大学教員の言っていることは偏ってた、おかしかった」ということは多分にあった。何も知識のない時は師やメンターの言うことをそのまま学ぶ時期であるが、学びが終わったら、「それは本当にそうなのか?」と考えられるようにならなければならない。

「偉い人がすごいって言ってるから、この作品はすごい」って言っているうちはまだまだ子どもである。そうした子どもばかりになっているのが今の日本アート業界なんだと思う。海外のことは知らんけど。

2019-08-10

日本人美術鑑賞が出来ない

あいちトリエンナーレの件で思うのは、まず美術鑑賞の基本が身に付いていないこと。

そのため展示についての疑問ではなく作品に対しての疑問が多く出ていると考えています

優れた美術芸術は無条件に美しいと感じさせる、感動させる力がある、みたいな方が多いと思いますが、それは美術鑑賞としては基本的に間違いです。

美術鑑賞は美術史の文脈とその中での役割をもとにするものです(現代美術作品の方が文脈を重視しますが、文脈から切り離して「アート無罪かよ!」みたいは批判は全くの的外れと言えます)。

価値観は人それぞれです。同じ作品に対してだれもが一様に美しいと感じることはありません。

それを無視して「感動させる力を持っている」という独善的基準作品を並べるのは、あまりにも不寛容な(さらに言えば強要を伴う)展示と言えます

美術館へ行くと鑑賞の手引きとなるようなキャプションや音声ガイドがありますが、美しい!感動した!みたいな鑑賞を求めていないことから理解が出来ると思います

なので、独善的な展示にならないよう美術館などは専門のキュレーターにより展示を構成しています

今回の問題の一つに、キュレーターの軽視があると考えています

イラストレーターにただで絵を描いてもらおうとしたら叩かれるように、美術展の展示構成専門家であるキュレーターを軽視すれば同じように叩かれるべきだと思います

色々出てきた情報から推察すると、あいちトリエンナーレキュレーターを軽視しているのは明らかでしょう。

横浜トリエンナーレ、妻有トリエンナーレ以降でしょうか、日本各地で様々な芸術祭が増えましたが、美術ではなく単なる客寄せイベントとしての性質が強いように感じます

作家は展示機会が増えていいかもしれませんが、キュレーター歯がゆい思いをしたものも多くあるように思えます

2019-08-07

何故あいちトリエンナーレはここまで社会の関心を持つようになったのか?

報道や各種メディア個人が様々な媒体で伝えているこの事柄に対して、私個人のごく私的見解など、どうしようもない話の一部になるのだろうけれど、つらつら書いてみようと思う。

検閲

今回発生した問題検閲問題ではない。現在紙面やネットで騒いでいる検閲という問題は、当事者の手を離れた部外者による場外乱闘であった。扇情的な展示に対して、権力を扱う不用意な政治家が、自制せず権利侵害する発言を行ったことは大問題であるが、ここまでくるともはや展示云々ではなく、国家自治体による権利侵害(の実行又は脅迫)という、大事問題だが、別方向の問題として切り離して考えるべきで、後述する問題を覆い隠してしまうことになる。展示を取りやめたのは、大量の抗議や脅迫犯罪予告により、芸術祭にかかわる方々の安全を確保できなくなったという状況に陥り、該当展示の実行委員会(実行キュレーター)の同意なしで中止に至ったという顛末理解している。

税金使用したイベントについて

芸術市場が大きい欧米諸国に対し、日本国は元々芸術品の売買に対して諸国のような減税優遇措置をとっておらず、バブル期を除き、民間ギャラリーを経由した売買や、流通操作伝統工芸品を大型百貨店の展示場で、国内のみ通用する相場販売する程度であったが、バブル期90年代の大型公共投資連続からハード面での地域振興策資金コンプライアンスの両面で実行が不可能になった自治体における「少額で、短期間で既存インフラ活用でき負担が少なく、運が良ければ国際的知名度を上げることができる。」ツールとして、この10雨後の筍のように芸術祭が乱立する事態となった。そこでは、ノウハウのない自治体が、自称地域文化担い手である新聞社に丸投げ、そこからコネ採用された力のないキュレーターは、自身の貧弱なコネクションで囲い込んだ微妙作家しか呼べず、投下した税金の割に貧相な芸術祭になった場合自治体が運悪く山師に金を預けてしまい、多額の不適切支出泣き寝入りになった場合。など皆さんが思っている以上に税金使用したイベントにはトラブルが多い。税金が投入されるイベントは前提条件として・補助金申請等の手続煩雑・大小の自主規制や、地域ルールに縛られる・税金が原資なので、疲弊した財務状況の自治体では開催不能批判を招く場合がある。税金芸術より生活政策資金が回されるのは当然である所詮流行りの水物なのだが、皆さんが思っているより所謂コスパの良い地域振興策なのでなくならないだろう。

表現の自由

今回の問題では、アートと異なる展示がなされているという意見が多く出ているが、大きく表現の自由と括られる中でも、その自由の元に「どの媒体で」「どのような手段で」「どの程度の深度で」、成果物として表現しているかは人それぞれ、所属する社会により異なるという点。またアート政治と不可分であるが、極端な扇情アジ)を行わなくとも、その行為そもそも自由行使しなければ表現できない、自由平和な状況でなければ創作活動はできず、人の創造性を発揮できない点が大前提であり、自由の中で個々人が世界との関わりの中で何らかの美醜混じった真理を見つけ、それを昇華したのがアートとすると、今も表に出ない問題の一つ、表現の自由行使する媒体手段の衝突という背景が見えてくる。

新聞社や論壇を中心とするジャーナリズムは、文字を用い、抽象化している諸概念文章化し、権利自由を、守り、啓蒙し、扇情したりするわけだが、小説などと異なり「直感的に察する/察させる」機能は弱く、相手文字化、文脈という論理化してしまった問題に対し、「同意するか」「同意しないか」の二者択一を求めてしまう。そして問題となった展示は、実行委員会の多くが学者又はジャーナリズム出身という状況で、同じ表現の自由でも、性質が異なる表現を行ったことが原因にあり、一般市民が考える「アート」とイコールにならなかった。「これはアートではない」という声である表現はしているが、アートではないと。

ステートメント芸術、或いはキャプション芸術と呼ばれるもの

アーティストと名乗る作家にも問題がある、この「ステートメント芸術」と揶揄される表現は、業界に詳しくなれば詳しくなるほど根深く、呪いともいえる。

アートという行為物質/空間/映像/音楽意図が伝わるよう、意識特定ベクトルへ向けるよう誘導し、表現しなければならない所なのだが、その実力がない作家の中に、延々とそれらしい説明文を付けて意味づけする行為や、文脈という補助要素を主要素に持って来て、実態だけを見ても理解不能となる。そのような作家は大体退場していくのだが、言葉が主戦場ジャーナリズム界隈と親和性が高いので、変な形で融合してしまうことがある。

文脈を追うのが現代アートだ」という解釈誕生である。一面では事実だが、全てではない。

ビジネス世界でこの行為を言い換えた表現としては「ストーリー」という言葉がある、そしてこれを最大限活用した米国企業セラノスの末路は多くの人を巻き込み凄惨ものであった。

・何が問題だったのか

監督芸術キュレーター経験がなく、自身の分野であるジャーナリズム文脈解釈した表現を、芸術祭ねじ込んだ為、酷く食傷を起こしてしまった。

食傷を起こしてしまった後の対応が、構造理解している人の不足で収まっていない。

食傷を起こした理由は長々と書いた。経緯として自分たち表現の自由最前線で、他の作家は何も考えていない。ように捉えられてしまキュレーション自由世界におけるジャーナリズム優越性)をしてしまったのが原因にあると考える。結果、津田氏がFM番組発言したように「自分一人ならナイフで刺されてもいい覚悟だが、関係のない人を闘争に巻き込んでしまった」という発言につながっている。

表現自由であるから闘争を持ち込むなとは言えないが、徹底的なゾーニングと仕掛(言語化できている主張表現に容易にアクセスできる導線を作る)ことが必要であった。言語化できている(と思われる)主張表現に対して、実態が追い付いていなかったのではないだろうか。

不特定多数威圧行為は、少数で行う創作活動にとって凶悪暴力であり、過去も多々あり、これからもなくならない。すべての事柄に寛容な社会など来ないし、永遠に付き合わなければならない。

②をわざわざ書いたのが、今回の騒動で最も被害を受けている、他の参加作家に対して謝罪対策を行っているのかよくわからない状況だからである

・誰が最も被害を受けたのか

昨日声明文を出さざる得ない状況に追い込まれた、他の参加作家である。それぞれの表現を深化させて今日を迎えているが、キュレーターバランスを取らず、独自プレイヤーとして創作活動我田引水した結果。必要のない状況で、自身作品を見てもらうという重要事柄を達成されないまま原理原則論確認や主張を行わされたのは、イベント主催者として責任が重大である表現の自由大事だと言うに決まっている。また、作品撤収せざる得ない状況に追い込まれ海外から参加者に対して、展示機会を奪った結果になった事も忘れてならない。マスコミが何をキーヴィジュアルとして記事にするか理解して、扇情的人形を配置しているのは明白で、記事を見た輩が抵抗/抗議を通り越して、挑発解釈してしまった訳である撤収した2人は、必要のない場面で・積極的日本側の行為に抗議を行う・無視した場合自国内で起きている扇情的民族主義の標的になることを避ける。2者択一判断に迫られた。

昨日声明に協賛したのは参加作家全員でないだろう、検閲を受けたわけでもない、こういうキュレーターミスによる騒動に対してのスタンス作家ごとに異なるのは当然である

・なぜここまで注目が集まったのか

芸術本質的生活必需品とは言えない。生活環境が改善し、可処分所得余暇がある状況下で初めて人は関心を持つようになる。今の日本問題は起きているが、ネットで百家争鳴する位この国は文化的に成熟しており、得体の知らない世界に関わりを持ちたい気持になったのは素晴らしいと思う。物事の全ては飛び込んでこそ妙が分かる。威圧脅迫はださく醜悪である。そしてアートはこんな長文も飛び越えて一瞬であなた感性に突き刺さる力を持っている。

2019-08-04

津田大介キュレーター失格

表現の自由展・その後

考えたこと言いたいことは山ほどあるけど結局これです。

本来なら見た人に表現の自由とは何かを考える場を提供せねばいけないのに結局対立を煽ることになってしまった。

この時点で本来の狙いが達成されていないので失敗です。

互いの憎悪を増幅しただけそれはアートに求められる力ではない。

それも今回はトリエンナーレ

単独展覧会ではない。多くの作家が多くの場所長期間にわたって「情の時代」をテーマに行われるのに「あいちトリエンナーレ2019=慰安婦像」というイメージがついてしまった。

その責任監督である津田氏にあると言っていいだろう。

想定が甘かった。行政に守るだけの気概もなかった。京アニのこともありタイミングが悪かった。

いろいろあるけど責任津田大介にある。

監督とはそういうものだ。

せめて今回のことで表現の自由はを守ることは生半可な覚悟ではできない。誰しもが表現の自由をもち、同時に批判することもでき、表現の自由を脅かす立場になるのだということを自覚してもらえれば幸いである。

[]2019年8月3日土曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
006910729155.539
0161405066.436
02477556160.829
0332184457.621
04324633144.860.5
051092692.659.5
0618131573.143
0720126563.326.5
0832228671.442
0911913400112.657
101331205890.739
1111712879110.146
128310964132.141
131811505983.243
141661618497.534.5
159114860163.338
1610110227101.346
1795565459.536
18758007106.840
191171015886.853
201281193793.339.5
211671647398.632
2290893899.353
231561517097.254
1日2140216572101.242

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

あいちトリエンナーレ(16), 少女像(12), トリエンナーレ(5), August(9), ライダイハン(7), 津田大介(15), ガソリン携行缶(3), 図録(3), ブウ(3), チンギスハン(3), 文化振興(3), 8月2日(3), 展示(24), 輸出(17), アート(14), 不自由(27), 時短(14), 昭和天皇(15), 燃やし(14), 山田太郎(13), 美術(11), 日韓(8), 撤去(12), 表現の自由(41), 韓国(91), 中止(11), 放火(10), 右翼(18), シェア(8), 表現の自由戦士(8), 暑い(8), 京アニ(17), 左翼(28), 報道(23), ネトウヨ(34), 表現(56), 忙しい(10), ある意味(9), フォロー(12)

頻出トラックバック先(簡易)

(タイトル不明) /20190803003704(26), ■女性の魅力に占めるおっぱい比率 /20190803115127(21), ■童貞だが自殺する前に、風俗に行こうと思うんだが、詳しい人いる? /20190803100955(18), ■どんな美人でもうんこはするというのは本当か問題 /20190801152624(16), ■40歳 派遣社員 夏 /20190803113707(15), ■電卓使ってるやつってアホだよね /20190802120230(13), ■セブンペイの炎上は3年前に決まってたし、犯人IRに書いてあったよ /20190802214939(11), ■いじめ加害者自殺に追い込んだ話 /20190729204453(11), ■韓国向け輸出規制についての駄文 /20190803005510(9), ■ /20190802225656(8), ■ /20190803130841(7), ■はてなネトウヨ侵食されてる /20190802232802(7), ■美術界にはなぜ右翼思想家がいないのか? /20190803152445(7), ■ /20190803202807(6), ■ /20190803201859(5), ■anond20190803003704 /20190803085628(5), ■マザーテレサって /20190803210015(5), ■山田太郎支持者の表現の自由戦士だけどあいちトリエンナーレは流石に抗議されて当然だと思う /20190803090642(5), (タイトル不明) /20190803123940(5), ■コスプレイヤーって /20190803214900(4), ■許せる?or許せない? /20190803201834(4), ■何がいいんだ /20190803110921(4), ■anond20190803011949 /20190803012303(4), ■原作者二次創作を読まれしまった……………………………… /20190803001025(4), ■キュレーター左翼思想家が多い /20190803133658(4), ■ブロガーyoutuberに転じているそうですが /20190803063014(4), ■anond20190803004530 /20190803104633(4), ■今左翼がどれだけ表現規制反対を叫んだところで /20190803193838(4), ■anond20190803133829 /20190803134005(4), ■増田ブクマカのみんなの専攻何だった? /20190803231546(4), ■声優が再び落ち目時代 /20190803232232(4), ■熱帯夜、汗だくになると熟睡できる /20190803232116(4), ■慰安婦像って芸術だったんか? /20190803225220(4), ■anond20190803003704 /20190803094132(4), ■昭和天皇可哀想過ぎない? /20190803181345(4), ■表現不自由自体が、展示だったのでは……。 /20190803224940(4), ■源氏物語、うさドロ、そして娘ハメ太郎ネタバレあり) /20190803220546(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6510793(3343)

2019-08-03

表現不自由展の企画者について

犯罪予告でもって他者行為威圧した人物言語道断なのは言うまでもないとして。

表示の不自由展の企画者に対する非難が三点ある。

キュレーターというのは作品の選定により展示の方向性を決めるという"表現"を行う立場と、他者作品を預かるものとして個々の作品表現者を守るという二つの立場を持つと考えられる。しかし、

・展示という"表現"のメッセージを正しく伝える作品選定、設営を行えず、本来意図と異なる箇所に注目を集めてしまたこ

・「議論きっかけを提供たかった」など責任回避発言に終始し、企画者としての対話放棄したこと

権力から攻撃にあっさりと与し、個々の作品表現者を守る行動を一切とらなかったこ

結果として、企画者を信じて作品を預けた表現者を裏切り企画者を信じて会場へ足を運ぼうとした観覧者を裏切り企画者を信じて資金を託したスポンサーを裏切った。

表現不自由」を謳う展示を行うものとして、他者表現の自由を最大限保護する準備を行わなければならなかったのに、それを怠った。

表現不自由展の企画者は、自らの稚拙さによって他者の「表現の自由」をいたづらに消費したのだ。

キュレーター左翼思想家が多い

あいちトリエンナーレ表現不自由展が炎上してて、なぜあの作品を展示したか?と問われてるがそれは選ぶ側のキュレーター陣がみんな左翼思想家からだと思う。

自分美大出身で、国内でも有名なキュレーター教授講義を受けてたが、みんな左翼思想家だった、なぜか。
一人は講義で、平成天皇は良いけど、天皇制反対、天皇家嫌いだと宣言してたし。

一人くらい右翼思想家キュレーターがいても良さそうだけど、そういう人には今まで出会わなかったわ。

きっと上の教授陣のような思想の持ち主が次世代キュレーターを選んでいるから、右寄り排除され、左寄りばかりになってるんだと思う。

表現不自由とか言うなら、慰安婦像を燃やすとか右寄り視点も取り入れればいいのに。
(誰かを燃やす作品とかただ下品で気分が悪くなるだけなので嫌いだが。)

2019-07-10

ボカロかいう泉

anond:20190709163226 がいみじくも気づいたようにボカロ曲を上げるのに承認手続きとかは必要ない。

ということは、その気になればヒップホップだろうがクラシックだろうがジャンル分け不能魂の叫びだろうが投稿可能ということである

じゅうぶんな投稿者数があれば、およそあらゆるテイストボカロ曲ログイン不要で聞ける環境が整っていると想像できる。

そしてじゅうぶんな投稿者数はあるのである

DTMの敷居は限りなく下がり、PCを持っているなら追加の出資はそれほど必要でない(上を見ればすごい額が必要だが)

ニコニコにアップするということで動画編集技術必要になってくるが、

これも一枚絵に歌詞表示程度ならさほどハードルは高くない。

結果として、ボカロ(というかニコニコ)にはあらゆるテイストボカロ曲が集まっている。

しかしそれだけなら、SoundCloudとかBandcampでもそうである

SoundCloudやBandcampとの違いは、キュレーターの質と量だ。

ニコニコというガラパゴス環境が幸いし、ボカロ曲はほぼすべてのチェックが個人でもギリ可能なのだ

SoundCloud・Bandcampはさすがに全曲チェックは無理である

しかニコニコなら(大変だが)可能

なのでジャンルとか再生数とかにとらわれないキュレーター存在できる。

ツイッターの #vocanew タグとかコバチカさんのブログとかが主なところだ。

というわけで、ボカロ曲ニコニコ)は多種多様アマチュア音楽が楽しめる泉のような環境になっている。

たぶん永遠には続かないが。

知っての通りニコニコプレミアム会員が減少しており、YouTubeに水を開けられている。

しかニコニコボカロ最初流行った地であり、ちょうどいい規模感という条件もあり代替が効かない。

動画サイトニコニコにとって、ボカロ曲ちょっと扱いにくそうにも映る。

なのでニコニコが傾くとともにこの音楽も泉も尽きるだろう。

その後はカンブリア紀みたいな過去特殊環境として語られると思う。

2019-05-22

Twitterで見つけた面白いツイートRTしても何にも反応なくて、

それから数ヶ月後にキュレーター気取りのパクツイアカウントがまるっきり同じネタツイートしているのを、

大学の同期だったやつがRTして俺のタイムラインに流してきたときのこの気持ち

一体何に例えればいいんだろう?

2019-01-30

anond:20190130150059

最近美術館も「戦利品が飾ってある倉庫」みたいなのじゃなくて、イベント体験型のところが増えてると思うので参加してみると楽しいと思うよ。

動物園の展示が変わってきたのも同じような流れかな。キュレーターの名調子解説があるとこもある。

個人的には、世界のみんなはどんだけおっぱいが好きかという目線で見るとロダンとか佐藤忠良とかベルニーニとか語れるようになると思う(違)

2018-10-08

ネット個人が発する情報は全て書籍で手に入る

昨今は個人時代だなどと言って個人情報発信するのが活発だ

そしてそれでお金を稼ぐことは当たり前に行われている

一昔前はメルマガ情報商材ちょっと前はブログ、今ではT○itter、no○e、Me○taetc

これら個人から発信される情報をありがたがって大金を払う前に、私はこのキラークエスチョンを投げかける

「それは、その人物から買う必要があるのか」

大体において、個人情報発信者が発信する情報というのはその上流の情報から引っ張ってきているだけだ

そうではなく、自身経験をもとにした一点ものを謳う情報でさえそれは以前に誰かが経験している

少なくともネット上にいる個人情報発信者は全員がただのキュレーター

月に2万円ほど稼ぎたい

自分都内のしがないプログラマーであるプログラマーといってもJavaコードをちょいちょいいじってAndroid製の自社製品保守するくらいのへっぽこである

一応副業許可されているが、手続きが面倒な上に承認時間がかかる。本業に支障をきたすやつはまず通らないので、深夜のコンビニとかはまず通らない。

副業 2万円」でググるイケハヤ師のブログが出てきて、ランサーズブログで稼げると仰る。それができたら今頃一億総キュレーターだろう。

ソシャゲ無課金)周回してる暇があれば勉強するか、可能範囲残業するのがリスク低いんだろうが、なんかないかね。ウシジマくん漫画を読むと自分と重なって怖い。

2018-08-22

anond:20180822225638

かに

このところキュレーター個性が強い展示会が多くなったような気がするね

ひねられた順序や解説(と感じる)のせいで情報過多なのか素直に作品に入れないことがあるよ

anond:20180822224249

個人の感想にそこまで突っ込まなくても。

意味なんて全員があると思う方がおかしいわけで。

この人は今回のキュレーターさんと相性が悪かったんでしょ。

私も個人的にはこれまでのも含めのルーブル展はあまり好きではない。

というか国立新美術館宣伝の仕方が全般的にきらい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん