「動機付け」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 動機付けとは

2019-05-16

anond:20190516124835

あったね~そういうの

そういう動機付けしなきゃ話進められないのかいって感じだった…

あと、今で言うスパダリみたいなのがデフォだったねえ

2019-05-12

無理やり理屈をつけているような気がする

【性風俗職業差別について】例えば自分の娘が高校の進路希望調査に「AV女優になりたい」とか「性風俗店で働きたい」と書いたとき、本当に笑顔で応援してあげられるのか - Togetter

いろいろな理由反論しているひとがいるけれど、

差別したくない自分】という思いをこじつけているようにしかみえない。

差別というのは論理ではなく、直観というか感覚なので

矛盾した動機付けというのは、簡単に同居するんだと思うよ。

それを論理一貫性を持たせようとすること自体が間違ってる。

2019-05-03

妹の姉はありかなしか

話題になっている読み切り漫画の「妹の姉」

https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156652911821

これに対しての感想話題になっているのがこれ

http://lty.hatenablog.com/entry/2019/05/02/135439

要はコンプラ的にどうなのよという事なのかもなーとも思うけども。以下ネタバレですが最初自分結論から言うとこれはアリだと思ってます

作者のテーマ的にヌード重要ではなかったと思う

妹と姉の関係イチャイチャ)を描きたかっただけであり、それ自体がやや気持ち悪い偏執的なものだとしてそれはまた別の話、ともかく必要だったのは姉の動機づけで。

姉の事が異常に大好きな妹と、その妹に絵の才能であっさり抜かれた事で傷ついた姉のプライド。2人の間の溝は妹が異常なほど無垢で鈍感なので姉が自分解決するしかない。

姉が動くしかないのだけど姉には妹の絵に対抗するための強い動機付け必要だった。それは公に妹に対してムキになってる自分を認める素直さは持ってないから。単純なライバル視ではない別の理由必要だった。

でここで設定としてヌードと校内への張り出しというのが出てくる。自分ヌード玄関にドーンと飾られる、それは恥ずかしいか自分の絵でそれを塗り替えてやるとう動機づけさらに言えばこの展開により、妹よお前の脳内で美化された私ではなく、本当の私をちゃんと見なさいという意味も含まれることになり、この辺は妹への愛情表現と姉自身の成長も一発でかましていてすごい効いてる。正直これを思いついた時点で作者はよっしゃと思ったんではないだろうか。

じゃあヌードなかったら話にならないからやっぱ重要じゃん、というのはそうだけどヌードでなくても成立はするのだ。例えばこれがヌードじゃなくて普通の着衣座り絵とかだとしても、その才能に嫉妬自分の絵を描くという展開はできる。むしろそれならよりストレートに感動的になったと思う。ただその厚みをつけるには読み切りではややページが足らず少なくともドラマ構成前後編くらいにはしないと難しいと思う。

この作品に全体的にややコミカルな軽いノリが残されてるのも、カウンターパンチ的に最後オチテンポよく持って行きたかたからだと想像する。

じゃあ手放しで良い作品なのか

手放しで絶賛していいかと言われると自分ちょっとどうかなと感じた。

その違和感ブコメにある「アフタヌーン感」や「四季賞っぽさ」というのがすごくよく表してると思う。

単純明快な良い話の端々になにか作者自身精神みたいなのが見え隠れする感がある。少年誌なら作者の顔なんてまったく見えないくらい徹底して娯楽的なものにする場合が多い。実のところ少年マンガというのは青年誌にあるマンガとかよりずっと「大人な」マンガなんだよなと改めて感じた。

なのでこの作品少年マンガのように万人受けするタイプとはならないとは思うんだけど、どちらかというと手放しせずに大事にされる系のマンガだと自分は感じた。

きれいな姉の絵を描く妹、その絵が高く評価される、そして姉は(妹の絵ではなく)自画像を描く~という展開が素晴らしすぎる。

これがヌードでなかったらもっと良かったのになともったいない気持ちもある。ヌードのほうがインパクトがあるけどやっぱ安易になってしまうからだ。まあそれを差し引いても自分は色んな人が読めばいいと思った。

沙村広明ならどう描いたか

ついでだけど一番書きたかたこと。

絵のタッチ含めてなんとなく香る沙村広明臭。ではこの方が同じ話で描いたらどうなっていただろうかと想像した。

たぶん、ヌードの絵は容赦なくエロい絵になる。なんなら姉が妹のヌードを描くシーンは妹の頬を赤らめさせ吐息すら漏れさすだろうと思う。絶対にやると思う。

しかしながら、全方位的に言い訳しながら描いてると思う。なんなら小さいコマで姉に「お前なんでそんなエロいんだよふざけんなよ」とか言わせてると思う。

そういうノリツッコミ的な細かい描写を必ず入れることで「許してね」と言う確かな技術沙村広明にはあるのだと思う。これはいわゆる第四の壁破壊というやつでこれは扱いがとても難しい。へたに入れると一気に白けて作品世界に入り込めなくなる。極端な例としては「いや読者が引くだろさすがに」みたいなのを登場人物に言わせちゃうやつ。「妹の姉」はやや軽いテンポはありつつも基本はシリアスなのでこの手はあまり使いたくはないだろうと思う。ただなんとなく登場人物ご都合主義な設定に対して軽いつっこみを入れておく、くらいはできたんじゃないだろうか、沙村広明ならそれは入れてきそうだなと感じた。

といっても沙村広明版の「妹の姉」ならあーおもろかった、で終わっちゃいそうな気もした。それくらい軽く、しかテーマ性は感じさせることができれば一流なのかもとも思うけど。

2019-04-15

火ノ丸相撲高校相撲編まで」(が良かった)と言われる理由

・・・自分なりに考えてみた。

※だらだら書いたので恐ろしく長い。

あくまで「自分の周りでの評価」の話でこれは決して一般論でない。面白さの感じ方は人それぞれということも重々承知している。ごくごく個人的見解だと思ってもらえれば。

推敲もせず勢いにまかせて書いたので、多少ふざけている部分もあるし、すぐ脱線するし、色々な意味で所々間違っているかもしれないし文章も順序も何もかもめちゃくちゃだけどおおよその意味は通じると思うので堪忍してほしい。

小学生大学生あたりまでは欠かさずジャンプを買い続けてきたオッサンなのでいわゆるWJお約束アンケート事情等は踏まえている。

前置き

WJをずっと読み続けている友人が数人いるのだが、誰も火ノ丸相撲を読んでいない。読んでいない理由、ほぼ全員が口を揃えてこう言う。

大相撲からついていけなくなった」「高校相撲の時は面白くて毎週読んでいた」「ごちゃごちゃしてわかりづらくなり読むのをやめた」系統理由

自分原作連載時の初期の方だけは本誌で読んでいて元々相撲好きというのもあり、珍しい題材なのに巧みに関心を引く、驚くほど絵が上手くて話も面白漫画始まったなという印象だった。

そしてアニメをみているうちに改めてもう一度通しで原作ちゃんと読み直したくなったクチなので、彼らの評価を確かめるべく単行本最新刊まで読み進めた結果、なるほどそうか・・・と腑に落ちた。

火ノ丸相撲といえば・・・知名度のわりに本当に単行本が売れていない、アニメ化されても伸びない、掲載はいつもだいたい後ろの方。(これらはしばしば公式でも自虐ネタに使われているようだ) このような状況でありながら打ち切り危機を免れてきたのは、根強いタニマチ(後援者、ファン)の後押し、国技を題材とした作品である社会的評価少年誌作品とは思えない画力構成力、質の高さ、純粋作品としての魅力が高かったからに他ならない。

本題

大相撲編がイマイチ理由の一つとして「異様なほどの性急さ」が挙げられる。これはWJ連載であるりある程度しかたないことかもしれんが・・・

本来であれば、

A★→B→C→D★→E→F→G★ (★は物語の進行上外せない重要な話とする)

と進むべきところが、

★以外のエピソードをすっとばして読者を置いてけぼりにしている感がすごい。 つまりWJ特有事情で話を早くすすめたいがために最低限描かなければ成立しない部分しか描かせてもらっていない印象をうけるのだ。この流れは非常にまずい。なぜならばかつて打ち切られた作品で幾度も幾度も目にしてきた流れだからだ。

高校相撲編ではここらへんが比較的丁寧に描かれていたので余計に異様さが際立つ。

なお、この「すっとばし」はキャラクターにも多大な悪影響を与えている。

一人目は主人公火ノ丸。高校時代までの彼はどこか浮世離れしたつかみどころのないキャラクターでまさに相撲の申し子、ある種神聖視された存在だった。ところが大相撲編では詳細は省くが色々な意味で「人間」にまで「落ちて」しまった。神の化身(横綱)になろうとする者がそこから遠ざかってどうするんだ!?と首を傾げざるを得なかった。(もちろん無垢であること=神性というのが単なる概念にすぎないのは百も承知として)

極論ではあるが、親方に薦められるままにお見合い女性と所帯を持つ方がよほど彼らしかった気がする。それほど色恋には淡白なのが火ノ丸だと思っていた。

彼は一見他人にも自分にも関心があるように見えて実はかなり希薄に思える。かといって他者から本物の好意を向けられれば真摯に応える度量は持ち合わせている。相手によほどの理由がない限り彼は好意に応えようと努力するだろう。とかく恋愛経験値が低い者は猛烈な「押し」には弱いものだ。誰が主人公の心を射止めるかというのは少年漫画面白さの一要素でもある。そういう意味ではあの咲や景子ですらヒロインになりうる一種ワイルドカード的な魅力が無自覚の神性を有していた頃の火ノ丸にはあったように感じる。

さらに言えば、主人公を射止めたヒロイン(レイナ)のキャラが強く立っているにも関わらず、動機付けの弱さ、たまたま近くにいた異性、半ば成り行きのような、描写不十分でさほどの必然性がないように見えたことがとても残念で引っかかるのだ。

いささか潮火ノ丸というキャラクター幻想を抱きすぎた感はあるが、少年期の彼の印象はどうしても強いのだ。

二人目はヒロイン枠のレイナライバルらしいライバル千鶴子くらいのものだったので、これはまぁ順当ともいえるが(ちなみに自分1話での火ノ丸との運命的な出会いからずっと彼をひたむきに愛していた千鶴子推しであった…)、あまりにも性急に距離が急接近したのにはさすがに困惑しかなかった。彼らが後々恋愛関係になることは容易に予想できたし特に異存はない。ただあのような相思相愛関係?に至るまでのプロセスがあまりにお粗末すぎるのでは?何なら高校相撲編のレイナが火ノ丸の相撲魅せられていく名前のつけられないあの純化された感情を抱いた付かず離れずの関係性をもっと見ていたかった・・・

三人目はチヒロ。主人公国宝を脅かすほどの屈指の人気キャラでありながら夢を追うために渡米し実質的な退場となった時は「なんて潔いんだ!!」と感動したものだ。しかし彼は帰ってきた。それは別に良い。問題は特段なんの経緯も語られることなくいきなり彼がシングルファーザーとなっていたことだ。読者は大困惑しかない。あきらかに悪い意味でのサプライズといえる。

他にも数人いるが特に際立って目立つのはこの三人だろう。

実際この漫画きっかけで相撲に興味を持った子供もいると思うが、高校相撲編はともかく自分の子小学生以下なら大相撲編は読ませたいとは思わない。高校相撲編に関しては各種教育関連機関業界団体等(?)からの推薦も十分受けられそうな内容だと思っていただけに遺憾だ。

安易なお色気(下ネタ)、ギャグ、過度な恋愛要素に逃げる作品は総じてレベルが低い。(余談だがお笑いに関しても同様だ)そんなものに頼らなくても十分面白ものこそ本物の面白さなのだ。

火ノ丸相撲は今時珍しく「硬派」な漫画だと思っていたから(大相撲編での品格の落ち方、別方向への舵の切り方に)結構ショックを受けたとは友人の弁。

硬派イメージが強かったのは、高校相撲編までは極力セクシャル描写が避けられてきたからだと思う。

痴漢被害表現

1話満員電車で堀千鶴子痴漢被害に遭うシーンがあるが、彼女はあまりのおぞましさに心底怯えた表情をしている。一見流してしまいそうだが賞賛すべき点がある。痴漢という最低の犯罪行為を決して性的な興奮材料にしていないことだ。他作品には被害女性の顔を紅潮させたり目を潤ませたりといった不適切表現が見受けられるが、火ノ丸相撲はそのようなけしからん作品とは一線を画していた。

②景子の性癖

彼女は優秀な観察眼を持つ記者であることは言うまでもないが、若い男性(とりわけ少年)の裸体や尻に向ける欲望が度を超えておりセクハラまがいの行為が目につく。女性男性であるから流されがちだが本来はあってはならないことだ。ギャグとして笑い飛ばすにはどぎつすぎるし、もはやそういう時流でもない。

レイプ未遂

これは本当に驚いた。①であのような配慮を見せた作者とこれを書いたのは同一人物なのかと目を疑ったほどだ。事のあらましは、意気消沈して部屋に引きこもる火ノ丸をレイナがドアを蹴破り強引に拉致し車でラブホテルへ連れていき、彼の合意を得ないまま性行為を迫るという驚くべきものだ(結果未遂に終わったが)。

たとえ交際していても合意を得ない場合性交渉レイプである。これも女性男性から見過ごしがちだが、この立場を火ノ丸が女性レイナ男性だったとしたらどうだろうか・・・笑えねえよとなるはずだ。さらに悪いことに「成人が飲酒した状態未成年性交強制する」構図なのだ。これはオチウこわぁいどころの騒ぎではない!マジでどうしたんだ川田先生!いよいよウェンカムイに取り憑かれたか?(??)

主人公の魅力度が落ちた作品はその人気も下降の一途をたどるのはいうまでもない。高校相撲編での火ノ丸は他を寄せ付けない魅力があった。あの輝ける国宝たちの中にあってもだ。大相撲編になってからあきらかに精細を欠いている。主人公陣営(メインサイド)の話よりも童子切草薙大包平三日月等の敵陣営の話の方に興味を引きつけられるほどに。むしろそちら側メインの話を読みたくなるというのは相当問題に思える。

火ノ丸はまごうことな平成終盤生まれ平成の子だ。しかし彼の中に古き良き?昭和スポ根漫画主人公を見ていたのは自分だけではないはずだ。

不幸(両親を若くして亡くしており裕福ではない環境)、逆境(あまりにも小柄な体躯)、自己実現能力(自らを厳しく律し、徹底的に稽古で肉体を痛めつける)、黒電話携帯を持たない、機械音痴時代がかった物言い兄貴肌、相撲のことしか頭にない、私生活が見えないなどいかにも昭和ヒーロー感(?)満載である

潮火ノ丸の中に矢吹丈のような壮絶な最期を遂げる姿を夢見ていたのかもしれない・・・モブも言っていた「鬼丸ハッピーエンドが見えない」。決してハピエンが悪いわけじゃないしそちらの方が良いに決まってる・・・が、いかにもな予定調和エンドだけは勘弁してほしい。

ハピエンではなくとも「あしたのジョー」は不朽の名作だ。主人公最期勝利し真っ白に燃え尽きて生死すらどうなったかからないなんてこれ以上ハートが震えて痺れるラストがあるだろうか?ヒーローが完全に浄化され何者にも貶められない最上級存在になった瞬間だと思う。

取組を殺し合い、命のやり取りとまで作中で表現しているならそれくらいの危うさがあってもいい。昨今の少年誌では厳しいかもしれんが。

第1部を第2部以降がクオリティで上回る作品はほぼない。あってもごくまれである。(ちなみに続編が悉く期待外れだった作品としては東〇喰〇等が挙げられる。続編の一報を聞いた時は飛び上がるほどうれしかったものだが、完成度の高い前作とどうしても比べてしまい、しだいに期待は失望へとかわっていった。)少なくとも火ノ丸相撲に限ってはそうはなるまいと思っていたのだが・・・

WJの数多くの縛りや規制大人の事情に阻まれ駄作になるくらいならいっそしかるべき媒体アプリ、あるいはヤンジャンなど)に移籍してのびのび描いてほしい。青年誌の方が表現の幅が広がるだろうし。もし角界の諸問題(暴力八百長パワハラモラハラセクハラ等)の闇の部分に切り込んだりする気があるのならばなおさらだ。

高校相撲編のような神々しいまでの輝きを取り戻すことはもうないのかもしれない。それでも自分火ノ丸相撲という稀有作品に魅せられた一読者して、最終話まで見届けたいと思う。

総括

長々とかいてきてアレだが、要約すると

『あまり余計なことにページ数を割かずに相撲をじっくり見せてほしい。タイトルにおこがましくも相撲を冠してるんだからそれに恥じない内容にしてくれ!相撲で堂々と勝負せんかい!』

・・・だろうか。

2019-04-04

anond:20190404111003

DQ5自体、父→息子→孫息子の男系血筋重視

これ、「父の遺志を息子が継ぎ、更に孫息子が叶える」と言う物語構造を指してるのであって

別に勇者血筋がそうと言ってるんじゃないんだが

んで母も嫁も孫娘も物語上は脇役に過ぎない、と

あの物語の中では母も孫娘も別に存在しなくていい(母は旅の動機付けしかないしそれは「世界滅びるから勇者探せ」とかでも代替可能だし、娘は全く存在意義がない)し、

嫁も勇者を産むためし存在意義がない(だから二人から選択させても、後付けで一人足しても物語が成り立ってしまう)んだよ

2019-03-18

anond:20190318021743

そういう不安動機付けになる話ではなく、不安で身動き取れない人の話だからちょっと違う。

2019-02-18

ほんとうは危ない「イイネ!ダンス

 

 

昨年ブームとなり、

老若男女が無邪気に模倣したであろうイイネダンス

 

言わずと知れたDA PAMPの大ヒット曲 USA

そのサビで踊られるダンスのフリのことだ。

 

あのダンスに込められているその危険意味を、

何人の日本人がそれに気付いているだろうか…。

 

おそらく何割の方はそれに気付いており、

その重ね合わされている意味理解しているが故にあえて、

このブームをバズらせる事に荷担してもいたのだろう。

 

そうは思っているのだが、

どのくらいの人数にそれが共有されているのだろうか。

そう不安にも思っている。

 

 

イイネダンス

 

 

イイネ!と形容するくらいだから、もちろん良い意味で受け止められているのだろう。表面上は。

 

その特徴的な右手の動きも、親指を立てるそのポーズも、

当然「Good!」を意味するジェスチャーから来ているのだろう。

 

しかし、

その曲に合わせシェイクする腕の振りに違和感を感じないだろうか?

 

その腕の角度と位置が高すぎるのだ(元ネタとされるshootダンスと比べても)。

 

 

 

その手の描く放物線は頂点を超え、背中側では下るほどなのだ

そしてまた、その仕草身体を画面に対し横を向いて行われるのだ。それはなに故だろう。

 

その立てた親指が描く軌跡が、親指がどこを通過しているか

 

その意味を少し考えたら、その違和感の答えが分かるのだはないだろうか。

 

 

親指を下に突き下ろす仕草は、相手否定意志を示す行為であり、

その親指を首の前で通過させる仕草は、死ね!殺すぞ!という意味である

 

そしてこの手の動きとセットとなっているのが、足で何かを踏みつけるような仕草でもある。

 

 

 C'mon, baby アメリカ

 

 

これはちょうどイイネダンスが踊られている時に歌われてる歌詞である

 

その意味は、愛しい人を招き寄せる時の呼びかけであると共に、

敵対する相手挑発する時に吐きかける言葉でもある。

 

この、密かに重ね合わされている意味を、どれだけの人が自覚的に使っているのだろう‥。

 

無論、これはそう解釈できる…という話であって、振付師意図を決めつけているものではない。

ただ、そんな解釈もしうるダンスを、あなた家族子供にこのまま踊らせていても良いとお思いでしょうか?

 

今なお気になって仕方がない。

 

いかがだろうか…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに蛇足ながら…、

 

「ダサカッコイイ」とも評されたその意味が相反する評価

 

それは単なる外部評価としてあるのだけではなく、

曲そのものの中に、相反するままに、貫かれているような気もする。

 

まず、今上げたC'mon baby にあるように、戦後ずっと常に日本指導し先導し父親のようなポジションにあったアメリカを、あたかも目下の対象であるかのように呼びつける構図を描いている。

 

これは、昨今多少批判的に言及されるようにもなってきた「日本スゲー」勢を満足させる構図でもある。

アメリカ挑発し、見下し、かかってこい!と挑発しているのである

気持ちの上では。

 

その潜在的意味を、意識的にか、無意識的にか、人それぞれの割合で汲み取られていたことによって、この歌は、この時代に、必然的な条件を揃えて一大ブームとなっていたのだろう。

 

気持ちの上だけでは。

 

 

そう。潜在的な願望としては持っていても、直接面と向かって宣戦布告はできない。その度胸は無い。

 

から、正面向いて直接的に挑発ポーズは取れやしない。

横を向いてその意味を隠し、最初イイネのサムズアップを強調することで言い逃れをまず先に用意しているのだ。

 

その鬱屈した感情の発露が、ダサイ。

ダサイけれど、完全に服従している訳ではないという秘めたる信条がカッコイイのだ。

 

アメリカ欺瞞対象として賞讃しつつも否定する。

 

 

 ドリーム見方を inspired

 

 

それは、夢を見せて成長の原動力を与えたくれた…という意味ではあろうが、

叶うはずのない夢を追って身を持ち崩すよう動機付けられたとも取れる。

 

 

 サクセスの味方を organizer

 

 

成功道筋を付け導いてくれたというように解釈すべきではあろうが、

儲けに繋がる見込みのない者には一切目もくれられないとも取れなくもない。

 

 

 C'mon, baby アメリカ

 

 

英文の部分の意味は逆さに解釈するのだとすれば、この言葉はこうなる。「こっちに来ないでくれ」と。「アメリカよ、もう日本に関わってくれるな」と。

 

 

 どっちかの夜は昼間

 

 

栄枯盛衰弱肉強食繁栄の裏に影在り。

 

我々が、日本が、現状「夜」であることは、今、これまでが、アメリカが「昼間」であった事と必然的関係となっているのだ。

 

 

 

…と、

 

ここまでだけなら、アメリカ日本の構図で終わりである

しかし、こうも歌われている。

 

 

 競合してくジパング

 

 

より強くアメリカナイズされた沖縄は、日本本土に対して先行する存在だ!と、そこで育った若者としての自意識はあったりするのだろう。

しかし、そんな沖縄基地問題にもあるように、日本本土から負担一方的押し付けられて続けている存在でもある。

 

どっちかの夜は昼間…その沖縄「夜」を産み出している「昼間」とは、単純にアメリカとしてよいのであろうか、それともその標的は実は日本本土を指しているのであろうか。

 

アメリカ繁栄の裏で、日本国内の対立は煽られている。

 

それらをひっくるめて歌われている。

 

 

 C'mon, baby アメリカ

 

 

これをただ無邪気に歌い踊っていてよいのだろか?

 

その親指を地面に向けて突き立てているその矛先は、どちらを向いているのだろうか…。

 

 

 

 

 

2019-02-12

ルパンレンジャーVSパトレンジャーの偉業

1年間子供そっちのけで腐女子に媚びたのはすげえ。

快盗なのに全然「快」がなくて何かにつけて曇ってたのがすげえ。

ルパン3世キッドジョーカーキャッツアイジャンヌセイントテールもやってない、「悪いことだと思いつつ仕方なく嫌嫌罪悪感持ちつつ快盗やる」で受けると思ったのがすげえ。

パワーアップアイテム入手回の終わりに曇らせて後味悪く終わらせる販促ぶん投げぶりがすげえ。

VS戦隊なのに対立する理由が糞薄いのがすげえ。

警察から、怪盗だから説明すんでるでしょで良いと思ってそうなあぐらのかきっぷりがすげえ。

ぶっちゃけ本気でやりあったことがほぼないのがすげえ。

合流しないだけでほぼほぼ馴れ合ってる一番中途半端状態なのにVSを貫いたと言い切る人がすげえ。

ラスボスのお爺さんが「くっころせ・・」とか後ろで言ってるのにそっちのけで感動の再開してるのがすげえ。

「快盗という手段を選んだ時点で間違いだ」とか言いきられてる快盗に大事だ人らがなっちゃってる後味の悪さがすげえ。

町が廃墟になるほどドグラニオが暴れたのにそんなん1ミリも考えず一晩中カイリのケツ追いかけてた圭一郎がすげえ。

旧2号のスピンオフ見たら、この人直後に皮にされて殺されてんだなと単に胸糞悪くなるのがすげえ。

圭一郎の役者の人が子供に受けてないの自覚してる発言が夏あたりから見受けられるのがいたたまれない。

敵の薄っぺらさがすげえ。

後継者レースなのにまともに後継者になろうとしてたのデストラとトゲーノくらいなのがすげえ。

特になんもやらかしてないゴーシュのコレクションを取り上げてむざむざ死なせた痴呆老人がラスボスなのがすげえ。

ゴーシュがただのジュウオウジャーナリア劣化コピーにすぎないのがすげえ。

Twitterトレンド入りに特に価値がないと知らしめたのがすげえ。

エグゼイドやビルド子供にもオタクにも受けたからすげえ。

子供オタクの人気の乖離がほんとすげえ。

それでも正体バレ回までは好きだったよこの番組

ブログブコメ気持ち悪さしゅごいお

追記

'圭一郎の役者の人が子供に受けてないの自覚してる発言が夏あたりから見受けられるのがいたたまれない。' ここだけスッと素に戻ってるのが切ない

24で相当意気込んで臨んだのに食いついたのが大きなお友達ばっかで子供人気微妙で強化キャンセルって泣けるだろ

観てないけど最後まで読む限り途中まで好きだった人が反転して可愛さ余って憎さ百倍な貶し芸してるのはわかる(書き方からして完全に嫌いになり切れてはいないようだが)

嫌いじゃないよ。素晴らしい脚本とか小林靖子に並んだとか言われると何言ってんだと思うだけで。

キュウレンジャー毛利といいメインじゃなくてサブ向きなんじゃないのかな。

香村女史はボス動機付けが薄いというか尻切れトンボになりがちというか。ジュウオウの時と印象が変わらなかった。

まとめ方が本当に下手だと思う。オチダメじゃなくてそこに持っていく終盤の話作りが下手。ジュウオウもアザルドの裏で大和と親父の確執やったりいきなり世界が融合したり話の構成が変だった。

あと特撮で敵の描写が薄いのってわりと致命的だと思う。小林靖子との決定的な差はそこ。

正直例年大差ないしプロットをどうこうは言わないけど、警察側の最強ロボと強化フォームを快盗側が(大人の事情で)文字通り盗んだのはちょっと許せないね

大人の事情じゃなくて子供の人気事情だよね

圭一郎が「俺に見せた笑顔は嘘だったのか!」とか言い出した時はうわキモっと思った

あの辺とか最後逮捕するつもりのくせに長々回想したりウユニ塩湖みたいなとこで愁嘆場やるの本当にどうかと思った。

多分友情絡みのシーンて同性同士じゃないと違和感出ると思う

ちなみに増田ノエルのことは気にならない…?

1.快盗警察どっちにもなれると言いながらルパン側の人というちぐはぐさ

2.両戦隊仲良くさせたいのに、VSから逃げない方針のせいでふわふわした状態にならざるをえない設定の犠牲者

3.上記のおかげで正体ばれ後の回に2号に詰められたとこが顕著なように悪意のない畜生なっちゃってる

4.正体がイミフというか、異世界の子孫を人間じゃないって言い方すんのはそれこそポリコレ的にどうなの

この番組のロボがコア1体のみで両戦隊がロボで共闘もバトルもできないとか、パトと違ってルパンは1ミスゲームオーバーからルパン負けさせられぬとか基本設定が練れてないとこの象徴みたいなやつだと思うよ。

人気については言わずもがな玩具売り上げとか、子供人気キャラクター調査の結果とか(今年は去年と比べて全年齢層で圏外になった)。

http://www.bandai.co.jp/kodomo/pdf/question244.pdf

ご近所リサーチで人気とかはあるだろうねそりゃとしか

2019-02-05

anond:20190205084856

なんで働きに行くのにかっこいい動機付け必要なの?

働かなきゃ食えないから働くだけだろ?

行きたいから行くんじゃないの。行かないと食えないから行くの。

働かないでも生きていける貴族のことは知らない。

2018-12-28

[]マクガフィン

マクガフィン (MacGuffin, McGuffin) とは、何かしらの物語構成する上で、登場人物への動機付けや話を進めるために用いられる、仕掛けのひとつである

登場人物たちの視点あるいは読者・観客などから重要ものだが、作品構造から言えば他のものに置き換えが可能な物であり、泥棒が狙う宝石や、スパイが狙う重要書類など、そのジャンルでは陳腐ものである

2018-12-27

そもそも増田で教えてもらって勉強して何かを学ぼうなんてのが学習法として最悪なんだよ

賢そうなやつがちょっとしたこと書いてるのを読んで

その時は勉強したつもりになったって1か月後には全部忘れてるんだから

別に超優秀とかじゃなくてもいいしなんなら間違ってたってかまわないか連続した時間を生きてる個人から学ぶべき

なぜならお前らに必要なのは動機付けを学ぶことだから

2018-12-05

セクハラがなくなる未来

性が特別ものでなく、ものすごく気楽になれば、セクハラもなくなるのではないか

ボノボ世界


さら

・男女ともに妊娠が完全にコントロールできる。妊娠しない、させない。

性病危険性がほぼない。性病になっても治療簡単である

恋愛結婚において処女性が求められない。

・性を煽るような動機付けがなされない。性行動への過剰な動機付けがない。

恋愛結婚が性行動、経済活動生活と分離しており、恋愛関係結婚関係にあっても関係外に恋愛してもよい。

また同性が同じレベル収入を得ることができ、家事育児負担も同程度である

家事育児に両性が参加できるような労働であり、それが社会的保証されている。

家庭運営個人負担が高すぎて、誰かを家事担当として確保しないと家事子育てができない社会不自由

もっとテクノロジー(含む社会制度)が進むといいのに。


こんな社会がくれば、みんなお互いにバンバンセックスして、セクハラなんかしなくてもよいのでは。

気楽にネットで「今晩Hする人いませんか。当方セックス検定2級取得済み」でほぼHできる社会万歳

ダメ

2018-10-27

自死を考えているのだが

相変わらず今日も眠れないので、この時間になるといつも考えるのだけど、

・この先生きていても恐らく不幸なことの方が幸せなことより多い(加齢による肉体容姿の衰え、身近な人の訃報や不幸せニュースに接する確率は、長く生きている方がより高くなると推測される)

人間はいつかは死ぬのであり、早いかいかの違いでしかない

・生きていても事故死ぬ可能性は常にある→どこかの時点で人生が終わるという点で概括的にくくれば、死にいたる方法には大した意味はない。むしろ選べる時点で自殺を選んでおけば突然のアクシデントなどで自分意思無関係死ぬことはなくなる。

こんな理由を考えて、自殺合理的だと判断している。

自分境遇的には40を過ぎて体力も衰え、人生の先が見えるというか、この先に何もいいことはないこともないだろうが、とりたてて人生が変わるような素晴らしい体験はないだろう。ちなみに独身だが、そもそも人が嫌いなので新しい女性と知り合うのも面倒なので、結婚恋愛自分にとっては苦痛体験しかない。

昔はエンタメ(本や映画ゲームスポーツ観戦)で心を動かされたりもしたが、それで人生が変わったかというと、何も変わらなかった。なので、自殺後に世の中をひっくり返すような傑作が出てきても、それは大したものではないとして諦められるファクターと考えている。

デジタルモノの進化過去から興味があり、OculusGOやVR180については今後の発展も見たい気がする。また、AIが今後どのように社会に影響を与えるのかも見ていたいが、それと今後に起こりうる嫌なことを天秤に掛けた場合、そりゃ嫌なことを回避する方がいいよねと。

そんなわけで、1日経つごとに嫌なことが発生する確率南海トラフ地震のように上がっているわけで、早めに人生を閉じるのが合理的だと思っている。

それでも気をぬくと今日銀座三越セールスーツを買ってしまったり、食事は体にいい食材などを選んでしまっている。毎日この時間になって一番大事なこと=自殺することを思い出し、今日も行動に踏み切れない自分を責め、今日会った会社の同僚や店員さん全員が自分を嫌っている、嫌な顔をして見ていたと仮定(その仮定論理的に崩せない場合自分という存在主体的に行動することで、同僚や店員さんたちに迷惑をかけている(存在迷惑)という結論が確定する)し、早く自殺して二度と同じような迷惑を掛けないよう自分自殺に向けて動機付けている。なぜ自分が嫌われるかは謎なのだが、恐らく口や体の臭いだろうと踏んでいる。なるべく口を手で押さえたり喋るときは息を吸いながら喋っているのだが。

ところで、この辺の思考実験をすると大抵胃や心臓がズキズキ痛くなるので、そのうち大きい病気にならないかなと期待している(その場合はもちろん病院には入らず死を選ぶ)。

まあ自殺するにあたって、両親に見られたくないものなどを処分する必要もあるのだが、どうも面倒くさい。

自分存在だけを最初の生まれた時点に遡って消しゴムで消せるような、画期的なな自殺方法があれば楽チンなのだが。

だらだら書いてみた。練炭とか一応検索はして大体のイメージは掴んでますので。

2018-08-20

anond:20180820124912

そういう素朴な疑問や驚きを持つことは、何かを学ぶとき動機付けとしてとても大切なことです。

科学万能主義現代にあっては、科学歴史的に如何に今のような地位を築いてきたか分かりにくくなっているから尚更でしょうね。

個人的には、山本義隆科学史に関する著作(「熱学思想の史的展開」とかあたり)をおすすめします。

熱学思想の史的展開〈1〉熱とエントロピー (ちくま学芸文庫):Amazon.co.jp:本

進歩主義のホイッグ史観いか過去歴史を眼差す視線を曇らせるかが分かると思いますよ。

惰性しか生きる動機付けがなくてしんどすぎる

アラサー独身、何をしても体力・気力が持たない

衣食住すら衣は家いるときパジャマ&仕事はいつも似たような服、食はいつも過食嘔吐繰り返して歯が溶けまくってる、住はウサギ小屋万年床に休日は1日中ぐったり、ひたすらルーチンを耐えてる

なんというか、"生きる=ひたすら人生時間が過ぎるのを耐えている"という感覚がずーっと抜けない

いつからこんなんだっけ?って思ったけどよく考えたら15年前から精神科通いだったし昔から質的にこうだったのかもしれない

アラサー独身の同志たちは人生時間が過ぎるのをどのように耐えてるんだろうか?

2018-05-17

anond:20180516222333

人喰いトラを捕獲するのに猫を追っても意味はありません。

対策を練るには目標性質を正しく理解する必要があります。そのために偏見や誤解は邪魔になります

まずは典型的レイプ魔の描像を知ってください。私の理解する限りですが以下に解説します。

性犯罪が起こるたびに毎回オタク叩きが話題上りますね。

ひょっとして世間には「性行為できない/もてない人間レイプ魔になる」という認識があるのでしょうか?

もしそうだとすればこれは誤りです。多くのレイプ魔は彼女がいます結婚して子供のいる人もいます

彼らは性行為の機会がない人ではなく、残虐な行為しか満たされない人なのです。

また、そのような嗜好のある人の全てがレイプ魔になるわけではありません。

サイコパスの全てが殺人鬼になるわけではありません。

私たちお腹が空いたからといってコンビニを襲いません。

私たち自分欲望をうまくコントロール社会適応し生きているのです。

そして中には自分欲望コントロールできない人がいます

「残虐な性嗜好」「欲望コントロールできない」2つの特徴を持ちあわせ、ある境界を超えてしまった人がレイプ魔になるのです。

これは、お酒を飲む人の全てがアル中になるわけではないのと同じです。

多くのレイプ魔はレイプすることを悩んでいます

「このままでは捕まってしまう」「明日はやめよう」「こんどこそやめよう」

そうやってズルズルと続けるのがレイプ魔の典型的パターンです。

ネトゲ廃人が以前話題になりましたね。ネトゲレイプに置き換えてみればわかりやすいかもしれません。

レイプをしやすくするために拘束時間の少ない職に転職した。手取りは減った」「レイプするために会社を辞めた」

レイプ自身も自信の異常な性に振り回され疲弊していきます

以下はまとめサイト記事ですが、痴漢を名乗る人の告白です。理解の助けになるかと思うのでリンクしま

http://blog.livedoor.jp/hitosoku/archives/4309584.html

誤解を恐れずにいうと、典型的レイプ魔は「性依存症」という病気です。心療内科治療できます

ここで病気と書きましたが、実はちょっと問題のある表現です。

異常な性は病気なのか?特徴の一つなのではないか治療して良いのか?

発達障害などでも繰り返される議論ですね。よりセンシティブに書くなら

「本人が社会適応できず悩んでいるのなら心療内科で手助けできる」

といったほうが良いかもしれません。


私自身がレイプ被害者で、そして現在女児の母でもあります

先の事件には強い憤りを感じていますし、そしてレイプ及び殺人被害者を減らせないかとずっと考えて来ました。

そして私のたどり着いた結論は「被害者を少しでも減らす方法は、レイプ魔を治療につなげ救うこと」でした。


依存症心療内科治療できます

検索すると性加害者積極的に受け入れている病院も出て来ます

もしあなたが、もしくは周囲の人が、異常な性に悩んでいるのを見つけたら病院に繋げてあげてください。

私の願いは、自信の異常な性に悩む人が気軽に心療内科を訪れ治療社会生活を送ることができる未来です。そのために一人でも多くの人に性依存症に関する知識を持って欲しいと願っています

そして性依存症に悩む人はそれをコントロール社会適応している限り、迫害されてはならないと考えています

なぜならば、上述のように「本人が悩み治療したいと思っている」ということが大事からです。

レイプする可能性のある人でも本人の意思に反して投薬することは人権問題になるのです。

そして「会社をクビになりたくない」は治療の十分な動機付けになるはずです。

重要なことを書き忘れました。

まず、以上に書かれたことは私個人意見であり、性被害に遭われた方を代表するものではありません。

それから、性被害の多くは身近な人から犯行といわれていますがこの記事では扱っていません。

それは私がそれらの被害を軽んじているわけではなく、単に語る知識を持たないからです。

私を襲ったのが典型的レイプ魔だったからです。

(ここで述べたレイプ魔と me too されている人たちは別物です。後者そもそもレイプしている自覚も罪の意識もなさそうに見えます。)


最後に、増田さん、元増田さんは正義感の強い方だと思います

おそらくレイプ魔に関する描像が私と違っていただけです。

被害者を守るつもりで書いてる方に妨害するようなことを書いて申し訳なく思います

どうか、怒らずに協力していただけたら嬉しいです。

2018-04-30

セクハラうったえようとしてる同期に嫌悪感しか湧かない

この連休が明けたら、課長(43歳男)から受けてきたセクハラの数々を、会社にうったえようと思う。

そう、同期(29歳女)から打ち明けられた。

聞けば、某政治家記者と同じような具合で、

課長のサシ飲みに付き合っているうちに、肩や髪に触れられたり、

しまいには、ホテルへの誘いにもとれることを言われたのだという。

気持ち悪くてしかたない。

でも上司の誘いは断りにくいし、ミスフォローしてもらったあと

見計らったように誘ってきたりするから、いっそう断れない。

正直、あんオヤジから性的な目を向けられていることを

会社に言うこと自体とてもつらい、

でも黙っていたら、増田(私)とか、ほかの子被害にあうかもしれない。

から言わなきゃ。とのこと。

これを聞いて、私も嫌悪感でいっぱいになり、吐き気さえした。

もちろん「あんオヤジ」にではなく、同期に対してだ。


その課長がスケベおやじであることは、間違いない。

私もサシ飲みに行けば、冗談まじりでホテルに誘われることもある。

それでも、酔いが回れば熱っぽく励ましてくれたりもするし、

私自身、「年下の女性」という属性によって、上司のご機嫌をとろうという意思もほんのりあ

から、行く。ホテルには行かないけど、笑って流す。

それらはぜんぶ、私が選んだ行動だ。

飲みに誘われて、行ったのは、彼女選択ではないんだろうか。

髪に触れられ、拒まなかったのは、彼女選択ではないんだろうか。

自分の行動を自分で選べないほど、か弱き存在なのか。もうすぐ30をむかえるというのに、あなたはまだ。


重ねて不快なのが「他の子」のためにうったえるという動機付けである

その行為が嫌だったという感情は、他の誰でもない、彼女のもの

自分正当化を強化するために、他人を使わないでいただきたい。

セクハラとか、パワハラとかって、

会社組織において、弱者強者に牙を剥くことができる

使い勝手のいい飛び道具みたいなもんになってきているし、それを使うも使わないも自由だけど、

自分の行動を自分選択できない人や、

傷つくことがあったとして、その責任他人に押しつけてしまうような人って

とりあえず、いっしょに仕事したくないわ。

2018-04-16

グローバル企業で働くことを目指す全ての人へ

日本企業は概して働きにくいのは事実だと思う

8年前に新卒で、誰もが知っている日本銀行入社してから転職米国まれ多国籍企業に移りました。

主語デカイ感はあるけど、二社間の傾向は見て貰えると思います

就職先はよく考えた方が良い、これは紛れもない事実です。自分人生、何に重点を置いて生きていくか?という選択です。

これは重要選択ですが、何も新卒から就職という一時点でだけ決定しなくとも良い訳です。

最初仕事で合わなくても、力を蓄えて職を変えても良いですし。

強調したいのは、合うか合わないか入社してから考えてみても遅くも無いということです。

それから仕事と上でのスキルプロとして勝負していこう!と考えているのであれば、他人に言われようが言われまいが、自己研鑽を止めたらオシマイです。

他人から言われて勉強するのは、楽しいものでも無いですが・・・

新卒

日本銀行では、「仕事のために生きているフリをするのは大事だな」ということです。

これは、はっきり言えば入社から分かっていました。だって面接がそういう受け答えを求めてくるじゃない?

「XX銀行を志望した理由は何ですか?」そんなん、他のメガだって殆ど業務に差は御座いませんよ、と思いながら、「フリ」で色々答える。

業務時間も長いので、朝6時に出社して、会社を出るのは午前1時近くの時期もありました。

(そこまで酷くない時期もあったが、巡航速度の仕事で8時出社、20時退社くらい。)

飲み会は、部署によりけりでしたが、ある程度付き合いは必要だったかも。

万が一にも、「趣味の傍らに仕事をしよう」という生き方なのであれば、それは当然合わない場所から、やめた方がいいと思う。

あと、現場意識として、守りを固めることが第一になっているので(些細なワンミスがあからさまに出世に響くから当然。)、やはり前向きな業務が進むには途方も無い時間がかかりますね。

若いうちは、切ない気分になると思います

あと、女性がやっぱり虐げられていますね。

転職

3年前に転職しました。

基本的に、仕事に対して人を採用するので、その仕事に関するスキルセットは自前で用意してくることになります

なので、勉強資格必要なら自分で取ることになります上司からアレコレ言われません。成果を出せれば文句言われない。

誘われての飲み会等も無い(業務後は、自分自己研鑽やらリフレッシュに使う時間という意識が染み付いているので。)。

その他に書き出してみます

残業代はない:銀行時代残業代は実時間ではありませんでしたが、裁量労働です。ですので、やることやって、サッサと帰れます

※その反面、自分が速やかに仕事を終わらせる為の仕組みづくりに執心する人間も出てきます他人仕事押し付けるとか、アウトソースするとか。

良し悪しですが、業務効率化がこういう点から動機付けられることもあります

仕事は細かい指図は受けない/作業評価されない:個別作業は一切評価されないので(e.g.エクセル管理表を埋めた、作った、とか)、結果、アウトプットに集中できます

※反面、過程がおそろかにされてしまうという欠陥はある。

他人尊重しあう:お互いに、ある程度能力を認め合えるので、結果的に無理に飲み会に誘ったり、時間を奪ったり、そういうことが減っていると思います

クソ面倒くさい奴も居る:人間が、他人評価することが大前提ですので、必然的な欠陥として、評価を受けることに長けている人間も紛れ込みます所謂口だけ人間

給料上がった:銀行の同期の1.5倍以上になりました。銀行員の第一選抜組みの40代後半になっても、まだ貰えない給与だと思います

飲み会であまり払わない:飲み会は滅多にありませんが、開かれるのは誰かの歓迎会だったりとお祝い事。上司が全部払うので、無駄金(?)が出て行かない。嬉しい。

自分時間が持てる:彼女誕生日休みます、親の誕生日ですから休みます、出先から仕事します、全てOK

2018-03-10

anond:20180310151722

その3条件をどうやって動機付けるかが問題本質なのに

教材の難易度価格の話だけされてもね~

2018-02-28

公式地雷を初めて踏んでしまった件

「みんな『公式地雷』とか軽々しくいって、ちょっとなにかあれば大騒ぎするけどさ、なら見なければいいじゃん?」とか、どっか上から諸々の騒動を見下していた自分をしばき倒したい。公式地雷やばいダメージ尋常じゃない。

大好きなコンテンツで、これだけ多大なる被害を受けたのは、生まれて初めてだ。

私が踏んだ地雷は、アイドリッシュセブン、3部19章だ。

読んでる間は、目まぐるしい展開をそれなりに楽しんでいたのだが、読み終わってから1時間悶々と悩んだ挙句アイドリッシュセブン公式アカウントフォローを初めて外した。ツイッター2ch感想をひたすらサーチしながら食べていたお菓子の味が思い出せない。アプリアンインストールする勇気が出ない自分が憎い。スマホの容量も増えて一挙両得だというのに。

ここからは内容についてメタクソ文句を言ってやりたいところなのだが、正直悪いところばかりでもなかった。

今までの亀の歩みが嘘のようなスピーディで波乱万丈の展開は読み応えがあったし、一番良かったのは今回明らかになった悪役の動機だ。

「そんなことで?」というくだらないものではあるのだが、しかアイドル好きであればあるほど、彼を責められなくなる。一生懸命作ったうちわ推しに見向きもされなかったら誰だって悲しい。子供っぽくて身勝手で、でも共感せずにはいられない、この動機付けはただただ素晴らしいと思った。

あ、デイブレもありがとうございます

はい、ここから地雷解体作業に入ります

●主要キャラが殺されそうになってる

アイドルの1人が、怖い人複数に押さえつけられてお酒たくさん飲まされて泥酔状態にされてベランダから突き落とされようとしています

多分助かる(というか助からなかったら伝説になっていい)でしょうが、ここで次回配信に続く…なので助かるかは来月にならないとわかりません。ふざけんじゃねぇ(ただの本音

とうの昔にアイナナ(※3部)はアイドルゲーじゃねぇ夢も希望もない昼ドラゲーだと割り切ってる人間なんで、まあ殺人未遂自体ギリギリまだ許せる範疇…と書こうとしたがやっぱ無理!! なんでアイドルが殺されかけるとこ見なきゃいけないんだ!?

ともあれ、やばいと思ったのは殺人未遂自体ではなく、その手口。やるならやるでもう少し馬鹿馬鹿しいというか、ベタ漫画みたいな手口にして欲しかった。全年齢のゲームで、こんな現実社会で使われててもおかしくない嫌にリアルな手口見せないで欲しい。

私は彼が推しというわけではないんですが、それでもシナリオの都合でこんなアングラ手段で痛めつけられる彼を見るとすごく胸が痛いです。助かっても普通にトラウマもんだろこんなの。これを推しがやられてたら流石にアンインストールしてたと思う。

しかし彼の場合キャラスタンスは崩れていないというか、性格理念はぶれていないのでまだましだと思う。

●主要キャラメンタルがやられる

キャラの1人は、よくわからんうちにトラウマスイッチさくっと押された結果、2次元世界から帰ってこれなくなってカウンセリング(割とガチ)を受けていました。

もう発言現実世界患者のもので全く笑えない。3部初期の大和はいかにフィクション病み(中二とも言う)だったのでまだ受け入れやすかったのだが、こっちはリアル患者感が全面的に押し出されてるのが無理。というかいから大和カウンセリングプロになったんだよ?! 「相手妄想否定せず受け入れ、かつその妄想に乗っかって自分意見も伝える」ってかなりの高等技術じゃないか!? というかそういうことされると余計に患者感増すからやめてもらえる!?

●一部と比べてみんなキャラがひどい

とりあえず今回無理!と思ったのは、七瀬さんを掌握する気満々の一織。

いや陸はお前のものじゃねぇよ?? というか君の仕事は陸を操って最高のアイドルにすることじゃないから。君だってアイドルグループの一員だから。陸さんに拘う暇があったら自分を磨いてほしいよ君のファンだっているんだろう?? というか他のメンバーのことはどうでもいいの??

今の彼がヤバイ状態だ、というのはストーリー内で示唆されてるんで、まあ敢えてこんな書き方をしてるんでしょうが、正直一部のときの一織くんを返して欲しい。

可愛いもの好きだけど隠してクールぶってて、でも隠しきれずにぽろっと出ちゃう詰めの甘いところがあって、ミューフェスではメンバーに気を配りすぎるあまりじぶんが失敗してしまって落ち込んでしまう脆い部分もあるけれど、いつも冷静な視点からアイナナを支えてくれる、そんなアイナナメンバーの一員として輝いていた一織くんはどこにいってしまったんだろう。

一織くんだけじゃない。3部に入ってからキャラクターたちは、みていられない。

壮五に会場確保をさせるため、親と和解させようとする龍ノ介の、「壮五のために言ってるんだ」という口ぶりが嫌だった。自分たちの都合のために壮五を利用するだけでなく、いかにも綺麗な言葉で壮五を操ろうとするのが我慢ならなかった。

壮五からお金を受け取るときの、トリガーの態度はあまりに軽すぎないか? 他事務所後輩に金の工面に会場確保までさせておいて頭の1つも下げられないの?

時には納得できない事務所のやり方に従いながら、それでも自分理念を持って堂々と仕事をしていた一部のときトリガーだったら、果たしてこんなことをするだろうか?

一部には出てないがリヴァーレ危機管理能力のなさもやばい。一流アイドルならほいほい一人でうろうろして危険に巻き込まれないで欲しい。自分になにかあったときに周りがどれだけの損害を被るかわかってやってんだろうか。

シナリオのせいで、好きだったキャラたちがどんどんおかしくなって、理解できないいきものに成り下がっていくのが、ただただ悲しい。



私の推し複数いるのだが、幸いまだ誰も、百やナギや一織が受けたような致命傷は受けていない。

が、このままだと、いつ推しが、彼らと同じように、シナリオに踊らされ悲惨な状況に陥るかわからない。

そう思うと怖いし、一部の素晴らしさを自ら壊していく公式に、怒りしか湧かない。

ちょうど今は、アニメで一部の内容をやっている。

改めて見てみると、ご都合主義だなあ、とか、無理矢理な展開だなあ、と思うところもあるけれど、アイナナメンバーが一生懸命仕事をしていたり、交流を深めていく姿を見ていると、やはり一部はよかったなあ、と思う。

一部の彼らは、アイドルになる、という目標に向かって、キラキラしていた。

でも、三部の彼らは、どこに向かっているのか、どうなりたいのか、さっぱりわからない。公式が彼らをどうしていきたいのかも、全く見えてこない。

また落ち着いたら考えが変わるかもしれないが、いまはしばらく、アイナナから離れたいと思っている。

公式にはただただ、あなたたちが作り上げたキャラクターたちを、彼らの理念や優しさや強さを、大切にしてくれることを願いたい。

2018-02-17

anond:20180217141512

羽生金おめ!

自画自賛マジで大事

裸の王様との違いは、自分の実力を正確に把握していること。

その上で、上を目指す動機付けとして、自画自賛が推進力に変わる?

anond:20180217140840

2018-02-12

性について思う事 01

最近とみに不思議に思っている事に様々な性的嗜好がある。

それはとある掲示板に書かれた性的嗜好を読んだ際に何故それで興奮するのか?と考えてしまった事が起因にあたる。

それについては貴方趣味じゃないんだから放って置いてくれと言われるだろうし、自分性的嗜好他人に何故興奮するのか?と聞かれたら困ってしまうだろう。

だけれども、興奮する人がいるからそれが商品になる。勿論そうなのだが、他人萌え自分萎えの様に様々な嗜好があるのは間違いない。

からの持論の一つに「男女の性嗜好は何れ大きなジャンル統合される」というのが私にはある。最終的に男女関係なく性的情報を見聞きすれば興奮する様になるのでは?

今は女性水着ヌード提供している雑誌も最終的には男性ヌード水着姿を提供する様になるのではないか、と云うのが根本的な発想である

この個人性的に興奮するというメカニズム。そしてインターネットが主流の世の中で性的興奮とはどういう進化をして行くのかとても興味深い。

これは私個人の考えであり、この場を借りて健忘禄として記載していく。

1.何故他人セックスで興奮するのか。

これはとても簡単だ、男性場合映像や音声等の刺激で興奮するし、女性もソレを見ている自分。というシチュエーションで興奮する様に出来ている。

性的に興奮する。というのも実は単純なメカニズムで、子作りの準備を体が行うと云う物ではある。

人間DNAを残そうとするのは本能だし、何せ性行為気持ち良い様になっている。

だが、それはあくまでも自分行為だし、自分の子供。自分DNAを残そうと云う行為であるのに、他人セックスを見るだけでも体が準備を行うのはどういった理由なのだろう。

仮説としては視覚情報性的に興奮しているだけであると云う物ではあるが、それは何となくではあるが理解している。

個人が知りたいのは何故、視覚情報で興奮するのか。そのメカニズムである

視覚情報が如何に刺激的であろうとも生き物の本能として性的に興奮するのはまったくお門違いである。それは他人同士のDNAを残す行為であって自分とは関係ない。

しかし興奮するのは自分がその他人の性行為に運よく参加し、性行為を行う事で自分DNAを残すチャンスがあるのではないか、という本能的な興奮ではないだろうか。

勿論、AVモニタの向こうで行われる行為煽情的で見る人間性的興奮を呼応させる物ではあるが、それに参加する事が出来ないのは一般的思考を持つ人間であれば分かっている事だ。それは行為の記録であり、今其処に参加する事は出来ない。

だが、人間には想像力がある。記録ではあるがその男女(時には同性の物)の行為を見る事で、どちらに感情移入するかは別として。自分がその記録媒体では無く、今見ている物、つまりあの性行為をしていると想像出来るのだ。

その結果として精神的に興奮し、心に引っ張られる形で体の準備が出来上がる。つまり体は誤認識している訳ではないだろうか。

2.性的嗜好の種類。

性的嗜好には各個人で星の数ほど興奮する要素が違っている。勿論、男女でも違うし世代的な隔たりがあるのではないかと考えている。

ジェネレーションギャップと云う言葉があるが、男性性的嗜好比較的似通っている。若くて胸の大きな、肉感的な女性。と云うのが大枠の好みでは無いだろうか。

これは最前記載した様に本能的にDNAを残せる、つまり妊娠可能女性を指す物ではある。では皆が若い肉感的な女性が好みなのだろうか?

とある作品セリフに「小さい胸は貴重なのよっ、ステータスなのよっ!?」または「貧乳ステータスだ!希少価値だ!」と言った時の主旨は違うがスレンダー女性が良いといった意見もある。

他には変化球的ではあるが、男性だが女性恰好、つまり女装している男の娘でないと興奮しない、ないしは可愛ければ何でも良い。という嗜好もある。

女装ではなく男装の麗人、つまり美人である必要はあるが男性恰好をしている女性軍服メイド姿、女子校生ビジネススーツ等々。恐らく嗜好というのは数え上げればキリがない上に記載して趣向が混合している事で性的に興奮すると云った意見もある。

まりラベリングだけでは無理なのだ、飽和状態にある性的嗜好を調べるのには何通りものパターンを周到しなくては認識すら危うい。

女性的な性的嗜好はどちらかと言うとシチュエーションに凝った物となる。つまり視覚情報重要だが「どうしてそうなった」と云った起承転結もっと重要な要因となっており、感情移入の手助けとなる物語自体が嗜好となって之も複雑怪奇様相になっている。

まず男女物。これは男性性的嗜好と同じ様に様々なシチュエーションはある物の、最前記載した通りそのシチュエーション重要であり、視覚的な情報としての性的描写はさっぱりした物から体液を滴らせた煽情的な内容も様々である

次に、男性同性愛に至っては法の様に決め事がきっちりしており、男性カップリングCPと以下記載)受け、攻めのパターン(同CPでなくてはならない、同CPでも攻め受けが逆、CPはどうでも良いがどちらかのキャラクターは固定、AとBが居るならAとC、AとDといった具合、要はAが受け(攻め)である)だけでも無数にあり、夫々趣味、嗜好で住み分けが行われている。

まり女性性的嗜好とは動機付けであって視覚情報もそのシチュエーションに沿った物となり易い。

これは女性共感度が高い事に起因するものではないかと考えるが、実際は男性にもこのシチュエーション重要と云う人物も少なくはない。

勿論、男女共これに人外(人の姿をしていないもの、獣やファンタジー怪物、多足多手、無足無手、そもそも形が無い)や年齢差、立場(異星人、貴族中世ヨーロッパモチーフにしたファンタジー登場人物立憲君主制王族富豪奴隷使用人)の違い。等も性的嗜好として存在するし、先だって男性性的嗜好には年齢差が少ないとしたが、男女とも年齢差によって趣味嗜好が変化しており、この度合いを探るのも重要ファクターと成り得る。

之をラベリングするだけでも楽しい作業なのだが、今回は実際資料等を使わずあくまでも私個人の思った事を記載していくにとどめる。

2017-12-27

anond:20171227163551

丁寧な解説ありがとう

「そのまま怒られ続ける」がある意味正解だったのですね

それは目から鱗でした

 

ただ当時の自分そもそも、何を怒られているかについて大きく誤解していたので、躾としてあの叱責が有効だったかどうかはやや疑問です

見当違いな方向へ思考を進める動機付けしかならなかったような気がしま

損害については、話の通じない厄介な子供を持ってしまうという損害を親に与えていますが、その場で改善のための有効提案はできませんでした

叱責が親のストレスを軽減する役に立っていたのなら、せめてもの慰めです

2017-11-06

性欲が最強の動機だという認識があったけど最近はそうでもない気がしてきた

というより性欲という単語が指す自分の中の内部現象世間一般のそれと誤解していたのかもしれない

とにかく加齢とともに動機付けが変わってきた

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん