「変数」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 変数とは

2018-06-24

anond:20180624085841

ああ、高校物理変数名をもっと分かりやすものにした方がいいだろうね

F=maより

Force = mass・acceleration

の方が絶対に分かりやす

2018-06-22

日本も俺も変わってる

ということはなんか経済とか統計でやってたみたいに各変数従属変数に与える影響を考えなくてはいけないのかもしれない

民主化権利獲得の流れはフランス革命を見るとだいたい説明できる

フランス革命王侯貴族の持つ既得権益を、民衆綺麗事を並べて暴力行為自己正当化し奪い取った歴史であって、結局そのリーダーシップを取った人物王侯貴族から奪い取った既得権益を掌握するという結果となった

王侯貴族変数Aと定義し、民衆変数Bと定義し、リーダー変数Cと定義すると、民主化権利獲得の流れは現代に置き換えてもだいたい説明できてしま

2018-06-21

誠実であろうとした場合他人気持ちはどこまで考慮すべきか

他人気持ちはどこまで思いやるのが適正なのだろうか。

他人思考をあまりに推測するのは失礼にあたる。他人には他人の考えがあり、それは自分には不可侵であり、また多くの場合想像も及ばない。勝手に思いやってもそれか間違っていて、的外れになるのもありそうな話で、その結果相手に余計負荷を与える可能性があるからだ。なので、目に見えない限り基本的存在しないものとして扱い、目に見えた場合可能な限り誠実に対応するというやり方をしてきた。基本的相手気持ち好意的解釈するようにしている。あるいははなからないもの仮定する。目に見えない限りは。

だが、その考えもどうやらよくないようだとわかってきた。

目に見えないがそこにあると言う前提で行動すべきだという。自分の一挙手一投足が、相手気持ちを動かしているのだという(目に見えない反応であるが)。わかる話だ。でもその場合不安がある。自分の一挙手一投足が尽く相手不快感を与える可能性がある。その場合、目に見えない相手気持ちを思いやるには、みずから生命を断つべきという結論に辿り着きはしないだろうか。なるべくなら生きていたい。けれど他人に対して親切でもいたい。

人間は互いに傷つけ傷つけられる自由があるということだろうか。ならどこまでならよいのだろうか。金と生命と誇りを損ねない程度なら互いに傷つけあってもオッケー?

誠実であろうとするのは自分の中で完結する思い込みなのでどうとでもできる。だが自分の在り方を規定するにあたって他人気持ちをという不確定なもの考慮すると変数が大きすぎて思考制御できない。

2018-06-13

トランプ米大統領が1日に北朝鮮の非核化の見返りに経済的補償をする主体として韓国中国日本を名指しし非核化費用問題変数に浮上した。北朝鮮の非核化費用は最大2100兆ウォン(約215兆円)を超えるという推定が出ている中で負担割合めぐり韓日中3カ国の計算は複雑になった。1994年の米朝ジュネーブ合意の時のように対北朝鮮支援の大部分を韓国が抱え込むことになる可能性が大きいという懸念が出ている。

2018-06-12

anond:20180612163108

え? マジで? って思ったけどまだ未実装実装予定なだけじゃねえか>Javaでvar

ともかく、そもそもポリモれてるなら変数の型を省略したくなる場面なんてないのだからvarはなるべく使うべきではない。List<>とかのジェネリック地獄が面倒臭いなら

C#ならusingとかで省略名を定義せよ。

いずれにしてもC#で動的に型をどうのこうのするのはあんまやるべきではないね

2018-06-11

anond:20180611182615

経済学者基本的に平均的な人よりはるかに頭いいと思うよ?

ただ経済という現象があまりにも変数が多く複雑すぎて、人間ときの脳じゃ厳密に推定できないだけで。

2018-06-09

anond:20180609131116

本当に「惨憺たる」子ども

「ちつじょ」なんていう言葉は聞いたこともない。

ローマ字が書けない。dとbを間違える。

xなどの変数意味不明四則演算が怪しい。分数は壊滅。

普通学級に通っている中学3年生でこれ。

増田が見てる子はまだましだ。増田の書きぶりから想像するに進路を実現することを目的とした現場で見ている子だからなのだろう。

少なくとも親に、なんとかしなくては、という思いがある。

間違いなく憂慮すべき事態だが、これは根が深い。増田提案ではとても解決不能だよ。

だって家で会話をするその親がそういう知的レベルなんだもの

本気で解決するなら、生まれた瞬間施設にぶち込むしかない。

ディストピア的だけど、虐待死も減るだろう。

冗談抜きでそうしたほうが良いと思っている自分がいる。

2018-06-06

mac変数deleteできないだが…

#include <iostream>
int main()
{
int *s = new int();
**s = 100;
delete s;
cout << *s << endl;
}

こんな感じのプログラムポポポーンと書いただけど、中に入れた100が見れちゃうだけど、これやばくない?

普通、何にも入ってないから、変なのが出てくるはずなんだが…;

あ、g++のバージョン9.0.0です。

頭の上にはてなが5個ぐらい並んでいる状態、どうなっているやねん(Windowsユーザー)

2018-06-05

こんなgithubはいやだ

いやですね〜いやですね〜

こんなgithubはいやですね〜

github.comじゃなくてbing.comになる

いやですね〜bing.comになったらGemfileもGopkg.tomlも書き直しですね〜

でもち●こはbingbingってバカヤロウwwww

CI連携Azure DevTest Labsだけになる

いやですね〜CircleCITravis廃業ですね〜

bitbucketしか選択肢が無くなりますね〜いやですね〜

選択肢wikiヤクザしかないって最悪ですねってバカヤロウwwww

shellはpowershellGASVBAに変換されてcommitされる

いやですね〜これもいやですね〜

でも日本語変数にできますよってバカヤロウwwwww

パスが"/"じゃなくて"¥"だ

いやですね〜これもいやですね〜

linux死滅しちゃいますね〜いやですね〜

でもwindows serverなら大丈夫ですってバカヤロウwwwwww

あとは任せた

2018-06-01

無限に休ませろ

から独り言が多い方で家にいると常に何事かをつぶやいている。特に多いのが「帰りたい」「疲れた」「眠い」「だるい」などのネガティブワード群なわけなのだけどこの間ふとつぶやいた言葉に「無限に休ませろ」というものがあった。完全に無意識の発露でありなにかを意識してつぶやいた言葉ではなかったが、自分で言っておきながら自分は何を言っているんだろうという、まあよくあることかもしれないが、一度口に出した言葉意味自分の中で反芻していた。確かに無限休みたいという思いはある。ありすぎるほどにある。無限休みたい。休めるものなら無限休みたい。でもそれって結局死んでるのとおんなじじゃんと、それもまたまったく新鮮な考え方ではないけれど思ったものは思った。死んだら死ぬほど休めるから、生きているうちは可能な限り動くべきだ、というのはこれもまたよくある言説で、結局俺ごときが思いつくような考えなんて他人模倣しかない。そもそも自分というものはどこに存在するのだろうと思う。結局自分の話す言語文体やしぐさやなんやコミュニケーション手法なんてすべて他人マネではないか言語思考を規程するというのもよく聞くことだし、思考の流れも含めて俺の考えなんて全て先人が規定したもの模倣なのではないか。っていうと決定論ってやつになるのだろうか。ラプラスの悪魔じゃん。でもあれは量子力学世界否定されているってのも聞いた。なにがなにやらわからんが。大学時代に久々に高校同級生とあったとき波動関数について3時間ほど語られたて辟易とした覚えがあるが、なんかそういう変数多すぎなものについて語られてもふわっとしすぎて全然イメージが湧かない。俺はイメージが苦手なので、できれば一日中本物のなにかを触っていたいな思う。phaあたりが言ってたような気がするが、やっぱり手に触れられるものを触れるってっとても人間的に正しいと感じる。あんまり形而上的なものをうんうんうなって考えたってうつ病になるのが関の山じゃないかしら。わからんけど。ただ、こういった無責任な言説はやべえ糞眠くなってきた眠い寝るおやすみ

2018-05-30

「世の中にはプログラミング理解できない人間存在する」

あのレベルコードを書いてる人間には、ヒントをだして自分で正解にたどり着かせるより正解のコードを教えてあげるほうが学習効率いいと思う。

自分自身、短いコードがたくさん載ってる本のコードを実際に動かしてコードの書き方覚えたから。

あとCLI環境でやれって言ってるけど、IDEでやったほうがいいと思う。

最近IDEは複雑で敷居は高くなるけど、まずデバッガの使い方を覚えて、変数の中身を確認しながらステップ実行するというのが一番プログラム挙動がわかりやすい。

2018-05-29

やあやぁ我こそはExcelマスターである

vlookupは航海王、数多なブックを越える。その果てに、localが待ちうけると知らず。

何十何百の疑問を問いかけるifはまるで哲学者。問いを問うのも彼らの役割

フィルタは一閃、結合セルを貫く。あとは野となれ草となれ。

変数iからの連番はi100に到達。長い道のり、しかしその一つ一つに意味があるのだ。

素晴らしい複合グラフはたった一つで5つの事象説明可能。絡み合った論理式が垣間見える。

我らの思いを関数ごと埋め込まれpptの拡大はとどまることを知らぬ。いつか、我々Excelマスターは生み出したpptに飲み込まれる。

滅び行くこの世界で、しかし我々はなおExcelを産みだし続ける。i100の次は、iなのだ

2018-05-23

anond:20180523184511

変数名でさえ、変な英語を無理して使うくらいなら日本語使え、っていう過激派もいるね。

anond:20180523183538

PHPなんて通ればいいからな。

でも俺は変数に格納する。

てか、その条件ならweekみたいなフィールド作らずに、date('w', strtotime($date))で曜日取ったほうがよくね。

anond:20180523180519

実際にそういった主張は可能でしょう

社会科学としては変数が多すぎて実証的な論理立ての困難さはあります

2018-05-17

AtCoder Beginner Contestの問題を解きながら思ったこ

https://qiita.com/drken/items/fd4e5e3630d0f5859067 ← これ。

コンテスト自体が一問5分という制限があるためか、やっつけで片付ける事が目的ですよね。

結果としてビギナー所詮この程度とバカにしたようなコードしかない。

ガチ初心者ならそれで良いと思うけど、5分でさっと書ける実力のある人がそのコード残すの?

と思うと残念でならない。

私はプログラマでもないし、言語は一つしか使えないし、下手すると解くのに何時間もかかってしまうけど、

インターネット上に残るにはずっとマシなコードだと思ってる。

そして、初心者が成長に必要なのはこっちじゃない?って思う。

というか、私が欲しかったのは、そういう最低限問題が解けるだけの、

豚にメシをくれてやるような雑なコードじゃなかった。

たとえば、第 8 問: ABC 085 C - Otoshidama (300 点)。

パフォーマンス意識し始める問題

愚直にやると何回ループさせられるか分からないのだけど、

ここで重要な知見として

1 秒間で処理できる for 文ループの回数は、10^8=100,000,000 回程度

というのがあります

なんて書かれてる。

えー。私の環境、for(1..10**8) {} (本当に何もしない繰り返し)で3秒かかりました。

for(1..10**8) { i=0 } (変数になにか代入するだけ)で6~7秒くらい。

ガチ初心者は3重ループしなくて良いんだと気づけるだけで良い。

でもハエを払うように5分で済ませられる実力のある人だったらさぁ……

まず、総当たりする前にそもそも解があるか、超簡単確認くらいしようよ?

if ( is_resolvable(N, Y) ) {
    do_something(N, Y);
} else {
    print "-1 -1 -1";
}

sub is_resolvable() {
	if ( Y > 10000*$N ) { # Shortage
	    return 0; 
	} elsif ( $Y <  1000*$N ) { # Too much
	    return 0; 
	} else {
	    return 1;
	}
}

(is_resolvable()って、なんかDNS関係っぽくて好きじゃない名前だけど)

(追:&とか不等号が文字参照になって見づらいので置換。架空言語でも概略分かればいいじゃない……)

もしかして業界自力で出来るようにならない初心者は、必要のない初心者

もしくは、アウトプットするような人はみんな出来る人だから

本当に出来ない人がようやく越えられた一歩なんて、見落としてるのかな。

まぁ私自身は

 いじったらすごくなる → たーのし

 もうちょっとがんばっていじる → たーのし

最終的に10前後ループで済むようになって、

これってプログラミング醍醐味なのかしら?たーのしーと思いつつ、

最終的に丸一日かかって第8問が完成致しました。

2018-05-13

anond:20180513121659

Ruby なんて捨てようよ^^;

それはさておいても、複数言語で書き分けるのって色々面倒だよね。

変数に $ つけるんだっけ?なくてもいいんだっけ?と悩んだ挙句

変数に $が不要言語でも、常に $をつけてしまったり、

関数書くときsub だっけ? function だっけ?と悩むことがよくある。。

いつもと違う言語コード書くのつらい(´;ω;`)

たまにRubyコード書いてるけど、毎回色々と忘れていてつらい。

はあ、やっぱりいつも書いてる言語でなんでも書きたいものだ。

2018-05-04

1+1+1は2だと思う

Vtuberの登場で、やっぱり顔はいいに越したことはない、って証明されたよね」

 わたしたちコメダ珈琲新宿御苑前店で一服していた。いとうは爪で髪を掻きつつ続けた。

ドゥルーズは『千のプラトー』で顔は記号だけど同時に身体でもあるから政治的ものだ、って言ったわけじゃない? で、顔の美醜を問うのはポリティカルインコレクトだってことになった。けどこれは、まさに悪しき民主主義だよね。アリストテレスは『二コマコス倫理学』で、少なくとも顔の醜くないことを幸福の条件に挙げてるけど、古代ギリシャから現代までに民主主義記号化してるんだよね」

 他人がきけば白眼視するようなことを言う。そうした話ができるだけの知性を見積もられていることは心地いいが、いつもわたしがきき役だ。

 いとうは神経質そうな険のある顔をしているが、ひとによっては美人とみるだろう。わたし彼女の顔をみるたび、坂口安吾の『白痴』に書かれている、狂人の「風采堂々たる好男子で……常に万巻の読書疲れたような憂わしげな顔をしている」という描写を思い出す。

「ひとの顔をじっとみないでよ。たいぼくちゃん、繊細そうにみえて、そういうところ図太いよね」

 いとうは愁眉を寄せた。

「――お待たせ」

 倫理わたしたちに声をかける。黒のカットソーで、シースルーレースが首周りから両腕を覆う洒落た服だ。それを着こなすだけの顔立ちをしていた。アップにした髪型が、服と調和している。彼女ほど顔立ちが整っていると、髪はまとめた方が素の魅力を出せていいのだろう。

 倫理をみると、ときどき冷たくて薄い靄のような感情かられる。

「遅い」

「ごめん。バルトで『ラブレス』みてた」

セックスするとネコミミのとれるマンガ? 女子ゼロいいよね」

 わたしがいうと、倫理は苦笑した。

アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の新作。失踪した息子を探す離婚協定中の両親のはなし。郊外舞台なんだけど、途中から延々と廃墟の場面になって、それがいいんだ」

証券って忙しい?」

 いとうが尋ねる。遅刻への当てこすりではなく、ただ気になっただけだろう。

営業そうかもしれないけど、ディーリングは定休が決まってるからそうでもないよ。うちは外資リテール部門がないしね」

 待っているあいだ、何をはなしていたか尋ねられる。いとうが説明すると、倫理は笑った。

「たしかにダナ・ハラウェイのサイボーグフェミニズムはそういう論旨だね。ただそこまでいくと、むしろチャンの『顔の美醜について』みたいに、みる側の感情操作する方が自然な気もするな。『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の〈情調オルガン〉みたいにね」

 倫理はいとうのはなしをすぐ理解して、気の利いた返しをした。そのことに体内が熱くなるような感覚をおぼえた。

 店を出て、新宿御苑沿いに新宿駅に向けて歩く。二人が話しているため、わたしはその後ろをついていく形になった。他意はないとわかっていても疎外感をおぼえる。

「でも、Vtuberアンドロイドでもただのキャラクターでもないでしょ。だからナマモノと同じようにあつかわなきゃいけないわけだし」

 そう口を挟む。いとうは歩きつつふり向いた。

カントは『純粋理性批判』で対象物自体として存在していて、人間はそれを超越論的主観性において認識するのみだといった。で、ハイデガーは『存在と時間』で、そうした直観主観性にすぎないと批判して、現象学でもって実存存在者を存在させると定義しなおした。存在論的にいえば、ヴァーチャルYouTuberという架空人格存在する、あるいは存在しないというどちらの立場も幼稚すぎる。他人人格ですら、無条件に存在するとはいえないんだから。まあ、未成熟なひとは自分理想像を押しつけることで、他人人格所与のものとしてあつかうけどね。そういうひとが勝手に本人を代弁して、ナマモノダメだとか言いだすわけ」

常識範疇なら、そういう代弁もいいと思うけどね。二次エロとか。ただ本人がナマモノを解禁してるのに頑なにナマモノ禁止するひととかは、そういう主観論に陥ってるんだろうね」

「だからVtuberについていえば、Vtuberとしてした百合営業に〈中の人〉が触発されて、それがまたVtuberとしての百合営業につながるというような、循環的な重層性があるわけじゃない。実在非実在二元論じゃないでしょ。ウンベルト・エーコの『ヌメロ・ゼロ』もそういうことを主題にしてるわけでしょ? 『存在と時間』では記号をただ指示するものでなく、それ自体がもろもろの記号構造を暗示するものとしているけどね。でも、常識範疇ってなに?」

 いとうは苛立たしげに髪を掻いた。

Vtuber自然人としてあつかうとして、どうして身体属人性を与える方向にいくかなぁ……、それなら自然人の身体人格とは別個のものとする方向にいくべきでしょ。天与のものである身体人格と同一視して自然権を認めるのは、明らかに不合理じゃん。だからグレゴリーマンキューも皮肉で〈身長税〉を提唱したりするわけでしょ。……、え? マンキューくらい専門外でも知っておきなよ」

 議論めいてきて、倫理の口調も熱をおびてきた。自然わたしは無言になる。

そもそもVtuber著作物と見なした方が簡単じゃない? 〈中の人〉はVtuber演者としての著作隣接権もつわけ。二次エロには著作隣接権著作人格権に準用して対応すればいい」

「ちがうね。マッピングで体をリアルタイムに同期させてるVtuberはVRよりARの方が近い。もちろんARみたいに空間認知人格投射するわけじゃないけど、運動感覚でも同じことがいえるでしょ」

身体人格から分離するのが進歩的なのはわかったけど、テクノオプティミズムすぎるよ。こんなことをいうと、イーガンSFに出てくる保守主義者みたいかな。けど一般論として、エロが一部のひとに不快感を与えるのは事実でしょ? 前から思ってたけど、自分に関わることだとすぐ感情的になるくせに、他人には正論を押しつけるよね」

自分に関わることな感情的になるのは当りまえじゃない? 正論を曲げる理由はないよ。倫理こそ、他人配慮してるようだけど、等しく他人を見下してるだけでしょ? あと、テクノオプティミストでけっこう。わたし原発推進派だし」

 感情露出して落ちついたのか、いとうは息を吐いた。

倫理のいうこともわかるよ。でも、制作者の意見もないのに他人規制しようとするのはただの自治厨だと思うな。そういうファンは決まって創作をしない側だよね。創作ができないから、その代わりに自分ルールを考えて、それをコミュニティ強制しようとすることで存在を主張しようとするんだ。まあ、そういうファンはどこのコミュニティにもいるから、無視する以上のことはできないんだけどね」

 いいながら、いとうは自分言葉でふたたびイライラしてきたようだった。いとうは神経過敏だ。紙やすりのようだと思う。

 いとうが自家中毒めいて、自分言葉で気分を荒立てているのを察したらしく、倫理は優しくいった。

自分他人のあつかいに差があるのは当然だけど、いとうの場合、それが甚だしいってことをいったつもりだったんだけどな。あんたみたいなディスコミュニケーション女にもわかるようにいってあげると、誰もがあんたみたいにコテハン擬人化されて喜ぶ人間ばかりじゃないってことだよ」

「なるほど…」

「あ。いまのでわかるんだ」

「いとうの見方個人主義的すぎるよ。後期ヴィトゲンシュタイン言語ゲームも、そういう分析哲学に対する批判としてあるわけでしょ?」

 それから、しばらく誰も話さなかった。黙々と歩く。倫理雰囲気を変えるようにいった。

「そういえば、たいぼくってウケるんだよ。前に泊まりにいったとき料理をつくったんだけどね。カレーにするつもりで牛筋を煮込んでおいておいたら、朝にたいぼくがコンソメスープだと思って飲んでたんだよ」

 いとうは爆笑した。

「たいぼくって本当に生活力ないよねー」

 倫理に囃す。「それにしても、あんマメだよね。よっ、家父長制」

 倫理は本気で不快そうな顔をしたが、いとうは気づかなかった。

都庁って変なデザインだよね。すくなくとも都の庁舎じゃないでしょ」

 遠景に都庁みえて、なんとなくいう。

「いや、あれは自生する秩序の象徴から都市役所としてふさわしい建築だよ。エッフェル塔と同じ」

 わたしが疑問に思っていると、倫理解説した。

ロラン・バルトの『エッフェル塔』だよ。『あらゆる時代、あらゆる映像、あらゆる意味に通じる純粋表徴であり、拘束のない隠喩』ってね。具体的にどういうことかは、ルイ・マルの『地下鉄のザジ』をみればいいよ。『地下鉄のザジ』ではエッフェル塔の内外から鉄塔の無機質な幾何学模様が無限に顔をもつところが撮影されているから。『地下鉄のザジ』の原作者が『文体練習』のレーモン・クノーっていえば、わかりやすいかな」

 なんとなくおもしろくなく黙っていると、いとうがいった。

「でも、そういう意味をもたないことを意図した無機質なデザインなのに、結果として都市ランドマークになってるのは皮肉だよね。そうそう、ケヴィン・リンチは『都市イメージ』で都市認知地図における主体を〈パス〉、〈エッジ〉、〈ディストリクト〉、〈ノード〉、〈ランドマーク〉の五つに分類したけど、これはプロファイリングのGCT犯罪地理探索モデル)に利用されているんだよ。〈犯人の標的捜索行動は居住地から離れるにつれて犯行に及ぶ確率が単調減少する〉、〈居住地の近隣に犯行の行われない地域存在する〉、という二つの仮説のもとで距離独立変数とする距離減衰関数を導出するんだ。もちろん、それだとただ犯行地点の二次元的な分布の平均を求めるだけだから、ここに認知地図を当てはめるわけ。たとえばエッジに近づくと距離が縮小するとかね。平山夢明の『独白するユニバーサル横メルカトル』は、これを種本にしているんだよ」

 往来でプロファイリング平山夢明について語るいとうは完全に異常者だった。

「そういう自生する秩序の象徴をもそのうちに組みこむのが、自生する秩序なんじゃないの?」

 倫理皮肉げにいった。

そもそも新宿のもの意味をもたない記号都市なんだよ。大政奉還前は飯盛女のいる宿場戦前遊郭戦後闇市復興期は赤線地帯。七一年京王プラザ建設を皮切りに七〇年代高層ビル建設されて、九一年都庁移転するまで、ここは周縁だったんだよ。都庁にふさわしい場所でしょ? ちなみに、いわゆる〈新宿二丁目〉は二丁目の北側だけで、二丁目と三丁目は御苑大通りで隔てられてて、歩行者天国地下道もそこで途切れている。で、ご存じのとおり二丁目は都市から外れて住宅街モザイクになってる。つまり、二丁目は周縁の周縁ってわけ」

 そこまでいって、倫理は表情に翳を落とした。

「まあ、これは殊能将之が『キマイラの新しい城』で六本木についていったことを、新宿転用しただけなんだけどね。〈キマイラの新しい城〉っていうのは復元された古城と同時に、六本木ヒルズのことも指してるんだ」

「いいじゃん。ロラン・バルトによれば日本のものが『記号帝国』らしいし」

殊能将之って『波よ聞いてくれ』に引用されてたよね」

 倫理は頷いた。

「『黒い仏』だね。柔むげさんがさ、いつか『殊能将之読書日記』に感動してたじゃん。わたしはそれがわかるんだよね」

 歩きながら、倫理Kindleの端末を開いた。

「『殊能将之読書日記』ではフリッツ・ライバー長編への見方が顕著かな。殊能将之は〈ほとんどエロゲーの世界〉とか腐しながら読んでいるんだけどね……。その皮肉さがわかりやすいのが『A Spectre Is Haunting Texas』だよ。殊能将之は『幽霊テキサスに取り憑く』と訳しているけどね。月周回軌道ステーションまれ主人公が、第三次世界大戦後のアメリカにきたら〈テキサス国〉になってたってはなし。日本でいうと〈「第3次世界戦後大阪日本支配するようになった時代大阪人は全員きんきらきんの漫才師ルックで、『なんでやねん』『そんなアホな』などとしゃべっている」みたいな設定〉ってこと。テキサス国の首都テキサステキサスダラスで、街にはケネディ暗殺を記念した黄金モニュメントが建ってるの。教科書倉庫の窓から突きだす銃身とオープンカーのシャーシのやつ。で、テキサス国の政権交代大統領暗殺でおこなうのが慣例なの。爆笑じゃない? で、まあギャグ小説なんだけど〈A nation nurtured on cowboy tales and the illusion of eternal righteousness perpetual victory. カウボーイ神話永遠に正しくつねに勝利しつづけるという幻想に養われた国。〉とか書いてあって、痛烈にアメリカ批判しているわけ。だからアメリカでは出版できなくて、タイトルだけイギリス英語の〈spectre〉の綴りになってるんだけどね。ちなみに日記には追記があって、このタイトルは『共産党宣言』の〈ヨーロッパ共産主義という亡霊が徘徊している〉のパロディだと教えられたからってタイトルの仮訳を訂正してるんだけどね。教えたのは中村融なんだけど」

 倫理はひと息ついた。

世界にこういう視座をもっているひとは生きるのが辛いよね。そういうひとを理解してしまうひともね。ナボコフの『ロリータ』もそういうはなしだよね。嫌味で文学趣味スイス人が、延々とアメリカ呪いながら一人の少女を愛するはなし。柔むげさんは、そういうところに感じたんじゃないかな。で、わたしもそういうひとたちに片足を踏みこんでいるからそれがわかるんだよね。だからわたしは『程』では灯が好き」

「あ。そこにつながるんだ」

 まったく予期しない展開だったためにおどろいた。が、いとうは思うところがあったらしく、無言で前を見つめていた。

 新宿駅みえてくる。

「そういえばたいぼくちゃんお酒買った?」

キリンをまとめ買いしておいたけど。あ、あとポテチカップラーメンも買っておいた」

 そういうと、いとうは爆笑した。

大学生じゃん」

 倫理も苦笑しながら言う。

「ここの成城石井ワインチーズを買っていこう。あ、でも、それならクラッカースモークサーモンハムを買っていって、ムースをつくった方がいいな。素材の味が出るから、いいものじゃないとおいしくないんだよね」

 買物をしてからJRのコンコース階に移動する。倫理カードで決済して、わたしお金を使うことはなかった。

「ごめんね。一応、ホストなのに」

 いとうは笑って「出世払いにしなよ」といった。

 倫理は微笑していった。

「それにたいぼくちゃんからモラトリアムの気配をもらってるところがあるからね。わたしも……、わたしたちもこうして社会人鋳型にはまってるけど、それが仮初めのものだってことを思い出させてくれる」

 コンコースでは大勢のひとが行き来していた。天井からは各路線を案内する表示板が大量に下がっている。これらの記号が指示するものなかにわたしたちのいく先もあるのだな、と思った。

anond:20180504191200

値に型があるかなしかでなくて変数のほうに型があるかどうか着目すれば「型無」でもいいんじゃないかという話。

型無しの言語

以前「型無しの言語」という言葉を使っていたら「型がないわけ無いだろ。動的型だ。ド素人が」みたいに煽られたことがあった。

でも考えたら、Cは変数に型があっても値には型はない。

それで「型付き」の言語認識されている。

それならば、値には型があるけど、変数には型はがない動的型の言語も「型無し」と言っていいのではないだろうか。

2018-05-02

オタクコンテンツ右傾化要素みたいな話が

twitterでぼうぼう燃えていました。(男)オタク文化性差別みたいな話も割と見ますしかし、なんでみんな一足飛びにこういうのを考えようとするのか。

もちろん、「アニメアイコンでいわゆる『ネット右翼』的言動をしてるやつ」はいくらでもいる。「『フェミ覚悟しろ』とか言って恥じないオタク」も見まくってきた。でも、それとこういう論の妥当性は全然問題です。

要するに、ちょっと前まで安倍政権支持率ずっと50%超えてたわけで、そんな中ならオタク安倍政権支持率だって50%超えてるのが当たり前だという話で。

例えば仮に「世間平均は20年前と比べて30ポイント右傾化した」「オタク平均は20年前と比べて20ポイント右傾化した」というデータがあった場合、「オタクは昔に比べて右傾化している」「オタク右傾化と相性が悪い」が同時に成立するわけですよ。

もちろん、こういうデータは取るのが超大変(オタク定義曖昧すぎるし、右傾化を測定するのも難しい。あと、オタク以外の変数の影響を調整するのも厳しすぎる)なんですが、そういう「データを取る」「対照群と比べる」を全くやらないで理論いくら立てたところで、WELQ健康情報より価値のない文章しかできませんねや。

念の為言っておきますが、これは個々のオタク差別発言とかを免罪するものではないですよ。ただそれは、検証無視した思いつき社会論を垂れ流すことを肯定する理由にもならないという話で。

2018-04-26

データサイエンティストが働いて嫌だったなと思う人たち

コンサルにてアナリストをやった後、データサイエンティストを名乗りながら仕事をしています。そんな中で嫌だったなと思った人たちとプロジェクト

1.医療統計の周りの人

最近アウトカムでの評価の流れにはなってきたが、まだまだモデル評価をする事は少ない。

でも何故か相変わらずロジステックとCox回帰をやれればおっけーであり、モデルの精度が当たらなくてもオッズ比と説明変数

有意差だけでていれば上手く行く分野。 本当に心が痛む上、まだまだ「医者でなければ人であらず」が通ってしまい、モデル説明よりもお医者様のお言葉が1stにきてしまう。また分析プロジェクト

設計らしい設計があまり出来ないのもつらいところ(モデルの精度が出ていないのにそのオッズ比・有意差に何の意味があるんだと思う)。後日本の製薬企業から「何とか工夫で有意差がでないのか!!」

という謎おしかりを受ける・・・いやそんなん無理ですやんと切実に思う。やる気でこの世界数字は変わりません。

後は何だかんだ製薬企業日本の古いしきたりが多いので面倒。

2.Google Analyticsアナリスト関連

割と良いBIみたいなんが良くも悪くもあるためアナリストの人たちがやった気になっているやつ。Web関係アナリストは、アナリストを名乗って欲しくない人の方が多いイメージ(勿論しっかりWebアナリストやっている方々は知っている)。広告内容を分類し、CV予測、そしてマルチチャネル予算からCV最適化案件をしていたらWebアナリストから「私の作るLPは最適です。なので予算4000万です」という謎の最適の主張を受けたのはいい思い出(何故かデザイナー様がWebアナリストもやっていた)。広告内容のuser2vecでのレコメンド実装チャレンジして評価して、協調フィルタリングよりも精度はよさげだな喜んでいたら、どっかのよくわからないレコメンドツールというのが汎用性もあるし、既存ツールに1万ぐらい払えば追加できるとそして何故か「最適化」されているという言葉役員が騙されて決済がおりていたのを聞いたとき殺意が沸いた。どうせ既存マーケティングオートメーションレコメンドエンジンなんて協調フィルタリング・ロジぐらいだろうと思っている。本気で分析やっている人がそうそ最適化なんて言葉を使わないと思うんだ・・・まぁここの反省Web業界といってもみんなコーディングがりがりではなくてGUIでいいならそれでが割と多いという事を学んだ (注意)。

3.データベース関連

どっかの人のにもあったが、「あっ、データ分析分かるんだよね?」という事でVB6Accessの改修をやらされそうになったときは全力で拒否った。

後は何故かPHP+MySQLあん(ry

VB6見た後でPythonコードを見ると心が癒された。

4.やる気を説いて来る人達

やる気で数字が変わったら誰も苦労なんてしないんだよ・・・。半教師有り等で精度向上見込めるといってもいくらなんでもこのデータでは

運用目標には到達しないとしか思えないんだ。

5.ホワイトボックステスト要求されたとき

モデルホワイトボックステストってどうやってやるんだ?精度を検証データでやっていれば良いじゃないかと思っていた。ただそこの金融系でITプロジェクトは、基本的に「ホワイトボックステスト」やらが必須らしく・・・おいおい・・。とりあえずカテゴリー目的変数がそれぞれの値を取ることを客先で見せてかつレポートで「こうこうこうゆうときカテゴリー変数が変わりますよ」という彼らがいう境界線確認を全てやることになった。カバレッジ100%も言われたが、流石に無さ過ぎるので諦めてもらった。

6.KGIとKPIしっかり切り分けてBI作成していたら集計屋かといって来られる時

どこかの人にもあったが、私はビジネスが動けばよいと思っているので難しい分析をしなくても上手く行く時は、集計で上手く切り分けて、要因分析をやる(裏で決定木とかで境界値とかは見ていたりする)。ただ何故かそれで集計ばかりしかしていないと怒られる。別に研究者ではないし、難しい分析をしてクライアントへの説明時間を取られたり、展開が難しくなるぐらいならば皆と合意した上で、KPIとKGIを切り分けてダッシュボード作成をしっかり出来る方が実はビジネス上上手く行くだ。むしろ自分への戒めでいつも難しい分析が本当に必要なのかと思ってるぐらいである。

注意 因みに私の別部署インフラ基盤周りのWordpress関係炎上していた。そこそこの大規模でWordpress使うって大変らしいのに・・・

勿論これの逆、評価した上で、分析ビジネスにしっかりと生かしていける人は大好きです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん