「大仰な」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大仰なとは

2019-05-16

anond:20190516130701

女性作家だと判明している作品については(それはそれで女性読者から袋叩きにされている作品をまま見るが)

正直このパターンが多すぎて下手に媚びるのも怖いんじゃなかろうか

ほら増田同人うんち長文でも山ほど見るパターンじゃん

今まで新興宗教教祖みたいに作者持ち上げてた奴が、ちょっとでも自分の思い通りにならないことがあると、すぐ大仰な理屈を持ち出してアンチに回るあれ

ボダでも相手にしてるような感じ

2019-05-06

面白くないアニメを瞬時に見分ける方法

2~4話の真ん中あたりを2分くらい再生して

テンポ間延びしている

・背景が雑

・会話の内容が薄い

声優が演技で誤魔化している(大仰な演技)

・古いSE

作画もっさり

・無言でBGM流して引きのシーンが多い

BGMが無い

 

などと感じたら8割型おもしろくない

 

会話、BGMSEエフェクト作画、全部ガチャガチャ動いてたら大丈夫かもしれない

2019-04-23

anond:20190423144134

それだって石油王が言う分には否定するわけないだろ、なんだったらそれすらフェミ文脈で持ち上げるかもしれない

結局今の自分はなんか損してるという損得勘定じみた被害者意識しか回っていないわけよ

単なる大仰な賃上げ交渉しかないのだから真に受けるだけバカバカしい

2019-04-21

インターネットゾーニングの話

くそ長い話なので注意

最近TwitterロリキャラのR18イラストを描くアカウントへの規制が厳しくなってきたらしい。

そういったアカウントの凍結は前からあったが、最近特に見つかり次第凍結されている印象だ。

ぶっちゃけしまうと私はそういうイラストが好きなので、個人的には少し残念な状況ではある。

ただ、だからといって「表現の自由を守れ!」なんてTwitter社にケチをつけたいとは全く思わない。

みんな知ってる通り、日本という国はロリエロ絵に対する規制がかなり緩いが、世界的に見れば法律NGとしている国も少なくないし、国際的な流れは完全に規制寄りだ。

そんな状況では、いくら日本ユーザーが多いTwitter社でもロリエロ絵を看過できなくなって当然だと思う。

さて、それではそもそもロリエロ絵がTwitterなどのSNS上で投稿拡散されることの問題とはなんだろう。

ロリコンが増えることも社会的にはマイナスではあるが、これについては言論思想の自由で見逃されていい範囲だと思う。社会的プラス思想のみ肯定する世界になったら、それは単なるディストピアだ。

なので、間違いなく一番問題なのは「見たくない人の目に触れてしまう」ことだと思う。

すこし前に話題になった「お父さん、あれ気持ち悪い」発言だって、見たくないのに目に入ってしまうのが原因だし、他の既出問題もたいていここが原因だろう。

これの対策一見すると簡単で、「見たくない人が見ないところで投稿拡散すればいい」という「自主ゾーニングなのだけど、私の知っている限りこの試みは何度も失敗している。

これまで何度も、ロリエロ絵のイラストレーター達は「Twitterではやってられない! Pawoo(Pixiv運営するMastodonインスタンスTwitterに似ている)に移住しよう!」と発言しているのだが、まあ十中八九失敗している。

なぜかと言えば、Pawooはユーザーが圧倒的に少なく、絵を多くの人に見てもらえないからだ。

クリエイターにとって知名度こそ全てだ。知名度だけ高ければいいわけでもないが、知名度がなければ何もできない。そして、それはロリエロのイラストレーターも例外ではない。

というわけで、結局彼らは絵に修正を入れたりリンクを貼ったりして、だましだましTwitter活動し続けている。

とまあ、ここまで書くと「そんなもん描くやつ勝手にくたばればいいだろ」と思う人が多数派だろう。

まあその通りなんだけれど、ちょっとだけ待ってほしい。

上で書いたとおり、ロリエロ絵の最大の問題は「見たくない人の目に入る」ことで、それさえ無ければ被害者はいなくなる。

からゾーニングさえ上手くできれば(ほぼ)問題はないのだ。

ではロリエロに限らずweb上で、「見たい人にはちゃんと届くように」「見たくない人には届かないように」上手くゾーニングするにはどうすればいいんだろう。

私は「webブラウザ検索エンジン提供する企業が、最初ユーザーに見たくないもの選択させ」、「Twitterなどのサービス提供者が連携する機構を作り」、「投稿者がきちんとカテゴリ選択して投稿する」ことでしか解決できないと思っている。

例えば、Google Chromeブラウザ)のインストール時、ユーザーに「ポルノ」「暴力」など見たくないもの選択させる。

Twitterはそれに対応するカテゴリ選択肢を作り、投稿時などに選択できるようにする。

そして投稿者が「ポルノ」にチェックをつけて投稿すれば、ポルノを見たくない人には届かないといった寸法だ。

そして、これらのルールを破ったユーザーサービス提供者には即座にペナルティを課すようにする。

大仰なやり方ではあるが、web上のゾーニングロリエロだけでなく大きな問題なのでこれくらいやってもいいんじゃないかと思っている。

そして、この仕組みを作れるのは世界中のwebを席巻しているGoogleくらいじゃないだろうか。

…というわけで、Googleさん、そろそろ(誰も不幸にならない形で)ゾーニングに本気出してください。

お願いします。

はい

これが言いたかっただけ。

2019-03-26

anond:20190326134331

それじゃここでの「正解」は何だったというの?

辞書的に正しく、かつ、書き手意図を汲み文脈的にもふさわしい表現は何?

別に何でもいい。

要するに結婚間近の女に嘘つかれてたというしょうもない話だけど

元増田好みに大げさな語彙を使うなら「欺かれた」。


そもそも払拭できない」とかもそうだけど

書き手はかなり学力が低いのに無理して使いなれない大仰な言葉を使おうとしている。

当人レベルで使いこなせる語彙を使えばいい。

「裏切られたという気持ちがぬぐえない」

「騙されたという気持ちがぬぐえない」

で十分。

そもそもぬぐえないもいらないよね。

「裏切られた!」だけでタイトルにする方がよっぽどすっきりするし気が効いてる。


ていうかこれぐらいの「正解」を聞かないとわからないって言うのは本当にヤバい

中卒ぐらいの国語力だよね。


正解を知っている(あるいは自分なりに用意している)からこそ、「正しくない」といえるわけで。

どうでもいいけど、国語的にも論理的にもそんなことはない。

「出し抜く」という言葉意味用法を全て知っていれば元増田の文を見て

ここにはあてはまらない、これは誤用をしている、という判断はつきうる。


まあ論理的に考えるなんてことは苦手なんだろうけども。

今期アニメの「どろろ」に関して。名作から駄作への転落

放映開始時はとても面白く視聴していたしすっかり嵌ってしまっていた。百鬼丸ミステリアスだしどろろは可愛く、登場人物が魅力的だ。4話に顕著なようにナレーションに頼らずあくまでもアニメーション視聴者に内容を理解させる演出はとても心地よかった。OPEDもとても良い歌だと思う。

原作から色々と設定や細かな描写が変わっていたが、個人的には十分許容できる範囲だった。例えば名シーンである「俺の血を吸え」が無くなったことなどは、百鬼丸の設定の改変により仕方のないものだと受け入れられた。寧ろ女性の泣き声と雨の音で終わらせる演出大仰な悲劇よりも胸に沁みるものがある。素晴らしい作品だと思ったものだ。…9話までは

本日放映された「ばんもんの巻下」は最悪だ。何故「ばんもん」のような名エピソードをこれだけ陳腐ものにできるのか理解に苦しむ。唯一良かった点はこの回を上下に分け、上放映の時点で駄作になると予防線を張らせてくれていたことだけだ。

先に理解に苦しむと書いたが、実は10話の時点で伏線があった。それは「どろろ」を武士物語へと転換したことである10話は領主の息子が民衆に悪さをする怪物を懲らしめる、世界中英雄譚にありそうな話である。この話では武士民衆を救う英雄であり、民衆は救われる存在しかない。民衆は勇敢な領主の息子に感謝し、領主の治世を喜ぶ。

そういう話が有っても良い。領主の息子、多宝丸の魅力を引き出す逸話だ。有っても良い…が、しかし「どろろ」の一連の話においてこれほど浮いた話もないだろう。

9話「無残帳」はどのような話だったか武士に虐げられ武士を憎み悲劇に塗れたどろろ一家の話だ。これから向かう「ばんもん」は原作でどのような話だったか武士のせいで家族を村をばらばらにされ、その断絶を生んだ武士を、断絶の象徴であるばんもんを倒すことで再度統一を果たすという話だ。

武士は一貫して倒すべき敵だったのだ。そこに武士を賛美する話を挟んでどうしようというのか?武士醍醐は憎むべき敵ではなくなり醍醐領は繁栄統一を望む民衆は消えてただ助六ノスタルジーけが残り、ばんもんはただの国境となった。ただ朝倉だけを敵役とし、醍醐は名君にされた。そうなっては原作通りの顛末など到底不可能だ。戦場はただ醍醐家の家族会議の場と化し、けっきょくそれだけの話になった。

「ばんもん」は誰の話だった?民衆の話ではなかったか?いつ武士の話になったのだ!

原作での「ばんもん」の意義は大きい。民衆支配者層への勝利をはじめて描いたためだ。物語最後民衆醍醐への蜂起に繋がる話だからだ。

私はアニメ6話で、みおが「侍に取られた分だけ取り返す」と言い、どろろがそれに感心する場面のあったことに感服した。ああ、この製作陣は「どろろ」のテーマをよく分かっているのだなと唸らされた。

どろろ」がカムイ伝に影響され描かれたことは周知の事実だろう。「どろろ」が虐げられる者たちが虐げる者たちと戦う物語であることは原作を読めばよく分かることだろう。

6話はみお達の悲惨な死よりも、どろろの小さな胸に侍との戦いという小さな芽を植え付けたことが重要なのだ

どろろ」は民衆物語であり、理不尽支配者層との戦いこそがテーマなのだ

だが、私の製作陣への信頼は「ばんもん」とともに崩れた。民衆は力あるものに左右されるだけの主体性のないモブとなり、世界は力あるものを中心に動くようになってしまった。なろう全盛期の今、そんな物語はどこにでもある。どこにでもあるものに、堕してしまった。

私はアニオリだからといって全て否定するつもりはない。十二国記浅野君なんかは良いアニオリだと思う。

だが、原作テーマ無視する改変は一線を越えているのではないか原作テーマ性まで無視するなら「どろろ」の名を冠するのを辞めてほしい。

繰り返し言おう。「どろろ」は民衆物語なのだ醍醐家の居間で繰り広げられる物語ではない。

2019-01-22

anond:20190122114825

あの勢い好きだよ

前半はまだパンチが弱いから、勢いで乗り切ったほうが面白いと思う

カイジみたいな感じだろ、大仰な感じ

あれ静かにやるとちょっとサムくなりそう

 

後半に行くほどナレーションの出番は減っていくと思う

って言っても結構先か、キャラ増えてもっとはっちゃけないと

2019-01-20

anond:20190120193436

からそれはただ単にこれまでのAがBやCに変わるだけで、多様化つったってどっちみち強者の選好が新しいルールになるだけでしょう

ただそれだけのことに解放とか大仰なこと言わないでほしいんですよね

2019-01-04

父親から『逃げちゃダメだ』なんじゃん?

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3E6FEH1IMSCHS/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07LFK4TLQ

エヴァ 序のAmazonトップレビューなんだけど、少し違和感があった

(あくま個人的感想だけど)

あの時シンジ君は、別に世界のためにとか大仰な理由エヴァに乗った訳でもなく、ましてや逃げたかったけど抗ったのは、父親に真っ向から立ち向かえない自分だったんじゃないのかな?

2018-12-10

おもしろTV番組

大仰な割には全然面白くないよねぇって書き込むと

嫌なら見なけりゃってきて

まぁそりゃそうだなってスマスマンって

思うのよ

まぁべつに誰もそんな感想求めてないか

書き込まずにほっとけばいいし

お楽しみにしてる人は面白いんだろうし

ねぇ

どういう世代が、とかどんな人がとか、そんなまぁ

そんなんだわ

ゴメンゴメン

2018-10-05

anond:20181003105040

id:hoshitamotsu あの座談会ゲーム歴史定義するなんて大仰なものじゃなくて彼らがどのようにゲーム歴史を捉えているかという宣言に過ぎないので、電ファミは明らかな事実誤認ほとんど指摘できない時点で的外れだったと思う

http://b.hatena.ne.jp/entry/372072275/comment/hoshitamotsu

https://anond.hatelabo.jp/20181003105040

2018-09-21

anond:20180921085318

最近作家なら姫野カオルコが一番好き

女性の生々しさを書くのがすごくうまくていい

森見登美彦もたまに読んでた

大学生男子特有の青臭さや情けなさを書くのが上手

あと、どうでもいいことを大仰な言い回しでくどくど言うくだらなさが好き

あの文体批判してる人も多いけど、ギャグでやってるんだと思ってる

明治大正昭和文豪にも挑戦するんだけど、私に理解力がなくて

2018-08-16

最近ニュースナレーターキャスターって、読み方が仰々しくね?

なんかいちいちタメや余韻?

○○しましたぁ・・・みたいな

さも含みのある感じの読み方で演技してるみたいで好きじゃない

全員古舘伊知郎っぽい演技になってる

 

あい大仰な演出が行きつく先は

北朝鮮の威勢のいい読み上げするおばちゃんなんだろうなと

2018-08-13

anond:20180813013724

メイドコスってコスプレにしたら真面目なほうでしょう?肌露出も少なくて。

いかにも食事を運ぶ的な。そんなにきつい場合もあるんですか。びっくりです。

給仕するスタイルですし、アンミラ制服のLong Ver.かなって考えてたので、そういう過剰な+αなんて想像しませんでした。

コスプレなので写真撮ったり、ごっこ遊び的な言い回し

なんか今後見る目がかわりそう。詳しい解説ありがとうございました。

私の、メイドさんのイメージってロリータfashion好きな女子の延長線上にありますエプロンドレスが好き。

ブレイクした「エマ」とかでいい印象があったのかな(未読だけど)。

紅茶とかパフェとかシフォンケーキとかレトルトカレーとかを学園祭張りの大仰な格好で給仕してくれて、普通より高そうというイメージ

もちろん行ったことはないです。違うんですね。

男性の方々にはベクトルが違う、萌え要素なのですね。

2018-07-25

最近のなろう系はセリフ羅列、擬音羅列系はむしろ少数派で、

セリフ一つ一つに大仰な地の文を入れちゃうくどいのが多い気がする。

2018-03-06

[] #51-6「ノットシューゴ」

父はシューゴさんをファミレスに呼び出した。

内容が何であれ、必ずファミレスで話をする。

それが父たちの間で自然と出来たルールだった。

形骸化して名前けが残っている一例だよな、ファミリーレストランって。オレらみたいにファミリーじゃない奴らのほうが多く利用している」

シューゴさん、最近はどのような具合でしょうか」

シューゴさんはレバノン料理を食べながら他愛のない雑談から始めようとするが、父はそれを無視して質問をする。

会話にかける時間は、初めに注文したメニューを食べ終わるまでと決まっていた。

今回は雑談に興じる時間が惜しかったのだ。

「……今は監督からは身を引いている。もともとオレはアニメーターから、そっちの仕事をやろうと思っているんだが、どうも監督イメージが強すぎるようで“恐れ多い”らしい」

「では、今のところは仕事の予定は入っていないと?」

「一応、あるっちゃあるけどな。まだ不確定の企画だが、スタッフ募集は始めているらしいから、これに申し込もうかなあと」

そう言ってシューゴさんは携帯端末の画面を見せた。

画面には『パンチスターター』とかいう、クラウドファンディングみたいなことをやっているサイトが映し出されている。

そこには「完全オリジナルアニメ」と銘打った企画が書かれていた。

シューゴさん……その企画製作委員会方式一般人まで巻き込んでやってるようなものですよ。しか企画側がかなり有利な条件になってます

別にオレは構わん。アニメビジネスなんて、何も考えずにやったらギャンブルだってのはマスダさんも分かってるだろ。ギャンブル破産しないようにするにはリスクヘッジをするか、どこかから搾取するかの二択だ。それを選べたら上等ってわけでもなかろうよ」

「そんなことしてまでアニメを作りたいんですか」

「そんなことしてまで観たい人間がいる。素晴らしい環境じゃんか」

シューゴさんが大仰な言葉で何かを褒めるときというのは、大抵は皮肉である

それは現状にあまり満足していないことを露にしていた。


レバノン料理がなくなりかけている。

父は単刀直入要件を切り出した。

シューゴさん、ハテアニに戻ってきてください」

やはりその話か、とシューゴさんは溜め息を吐いた。

「そうは言われてもなあ。監督だとか大層な役職に聞こえるかもしれんが、所詮オレは雇われだ。あんたらが戻ってこいって言って、俺にその気があれば万事OKってわけじゃないんだ」

「ただ真っ向から戦うには、まずシューゴさんがその気になってくれなければ」

「そこまでして誰が得する。皆が思ってるほど、オレは大した監督じゃない。『ヴァリオリ』を作るのにオレである必要なんてねーんだ」

シューゴさんは口ではそう言うものの、彼が作品に対して強い思いのある人間なのを、父は知っていた。

でなければ、アニメ監督を何年も続けられるわけがいからだ。

「次の『ヴァリオリ』の監督、ヒキイ・セメルさんが第一候補ですよ」

「ヒキイ・セメル!? 確かにすごい監督だが、『ヴァリオリ』の作風に合わねーよ。哲学的だったり宗教的な要素を入れたがる奴だぞ。しかラブコメにすら戦車を出したがるミリオタだ」

「ちなみに第二候補サンホン・ユタカさん」

サンユタ!? イメージ回復のためにオレを監督から降ろしておいて、なんでアクの強い監督を後任に選ぶんだ?」

「まあ、ちょうど手が空いてそうなのがその人ってのも理由としてありますが」

そこで父は、シューゴさんをその気にさせるため、根も葉もない情報で彼の自尊心をくすぐる作戦に出た。

そして、その作戦は見事にハマった。

シューゴさん、ちょっとは戻る気になりましたか?」

「ああ? もしかしてオレを焚きつけるためにそんな話をしたのか……分かったよ。挑発に乗ってやる」

これで準備は調った。

後は上に話をつけにいくだけだ。

(#51-7へ続く)

2018-03-04

いい加減、邦ドラの大仰な演技どうにかならんの?

俳優演出家もさぁ

舞台あがりのゴミソ連中がのさばってんのかしらんけど

あれのせいでホントアニメしか見えんわ

 

いい大人なんだから少しは抑えろや

2018-02-21

アニメサントラ

アニメOPEDがせいぜいで、劇伴については関心ある人少ない。

ゲーム音楽はよく話題になるのに、なんでだろう。

日常モノで流れる劇伴は曲調が似たり寄ったりだとか、クラシックは流す場面が作品によってかなり自由だとか。

そういう漠然とした話でもいいのに全然みない。

楽しみ方も広がるのに。

アニメ観てなくても、先にサントラ聴くのも全然アリなのになあ。

このすばとか、やたらとカッコよかったり大仰な曲が多かったのに、いざ観てみたら使われてる場面がことごとく下らなくて笑ったし。

聲の形』は曲だけ聴くと印象はそこまで強くないけど、アニメを観たらその精細な音の使い方に唸るのよ。

サントラの副題が『a shape of light』で、直訳したら「光の形」なんだけど、その意味を本編を観て深読みしてみたら面白さが膨れ上がる。

ーーーなんて話をしてもさ、賛成はもちろん否定的意見すら来ねえ。

知識マウンティングとってくる人も来ねえ。

どうしてこうも注目度が低いのか。

2018-01-24

anond:20180124213308

子供を実際育ててる人間他人からそんな大上段でものを言われるのつらいの知ってるからそういうの言わないよね。

大体そういう大仰なことを書く人って子供いないか、いても実際に自分は手を動かしてない人だよね。

(ってここに書こうとして別のところに間違って書いちゃって、めっちゃ喧嘩売ったみたいになっちゃった。向こうのスレの人ごめんよ。)

2018-01-02

逆説的かもしれないけど

反出生主義とかいうほど大仰なものではないが、私も自分人生肯定的に捕らえることができず、生まれない方が良かったと思っているので

子供も作りたいという気持ちがなく、独身のまま婚活などもせずに過ごしてきた

40を超えていよいよ子供を残さないまま人生を終えることがほぼ決定的となった今は、不思議自由気持ちになり、人生を少し肯定できはじめている

恐らく、「産むべきではない」という自分の考えに従って行動し、その通りの結果に辿り着きつつあることが、達成感のようなものを与えてくれたのだろう

産むことに対する疑問を抱えたまま子供を持っていたら、きっと自責や後悔に苛まれて、こんな気持ちにはなれていなかったと思う

これはある意味、産まれ得たはずの子供の可能性を奪うことで私は自由を得たのであって、結局のところ産むも産まないも大人の側のエゴなのだな、と感じる

2017-12-01

https://anond.hatelabo.jp/20171129003037

大仰な自己陶酔を羅列しなくってももっとシンプル理由があるでしょう。

ユーザーユーザー自身を信用しなくなったこと」もっと分かりやすく言うと個性たるコメント機能自体大勢から求められないものになったことだよ。

もはや動画流れるコメントマイナス要素、まとめを利用しSNS愚痴を吐きヘイト消費に明け暮れるのがユーザーだと可視化されきってしまった末路とも言える。

そうなるともう純粋インフラ勝負になるわけだが、そこからはもうご存知の通り。

2017-11-29

anond:20171129004558

ユーチューブ日本ドラマ見てると

外人の「アニメ漫画みたいに大仰な演技だ」

「これは何の実写化なんだ?」

メソッド技法も知らないサル

っつう辛辣コメントも割とある

そこまで文化言語によって感性が違う訳ではない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん