「ライブ配信」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ライブ配信とは

2018-11-08

anond:20181108213700

スマブラライブ配信許可されてないから(動画ok)そんなにないだろ

プロゲーマーは数人既にいるし、プロゲーマーVtuber近いうちに出てくるだろうな

子供動画配信危険過ぎる

最近中国系動画配信アプリ素人配信を一日中ザッピングしていて気付いたこと。

日本では比較マイナーアプリだがたまたま友人がそのアプリ配信をやっていてインストールしていた。その友人は今は配信をしなくなってアプリも長らく起動していなかったのだが、先日ふと起動してあちこち見て回った。主に女性配信

日本中国台湾韓国あたりの女の子はみんな配信慣れしている雰囲気。背景がやたらと綺麗だったり専用のマイクを使っていたり。個人的には友人がやっていたような生活感のある生々しい配信が好きだったので色んな国の配信を見て回ったところ、ロシア語圏とある国にたどり着いた。

この国で目立つのはやたらと十代前半くらいの低年齢の子供がライブ配信していること。中にはもっと小さい子もいる。全体の2割くらいは子供じゃないだろうか。それも子供だけで配信している。多くは一人で、一部は兄弟や友人と。ユーザーランクから見るに配信を始めたばかりの人が多いようだ。

そういった子供配信の特徴は客層が極めて悪いこと。ロシア語または英語卑猥コメントが飛び交う。「シャツをめくっておなかを見せて」「バスルームに行って体を見せて」「おっぱい見せて」「見せてくれたらプレゼントあげるよ」など。絵文字で服・矢印・風呂トイレお金を並べるコメントもある。

卑猥コメント連呼するユーザー国籍は多様でロシア語圏内だけでなくアジア中東南米等、本当に世界中からろくでなしが集まっている。この国の配信は彼等にマークされているようで、どの配信にも顔を出しては「見せて」連呼しているユーザーがかなりいる。

このアプリにはコラボ機能というのがあって、主が承認すると視聴者が副画面にライブを流せる機能がある。これがまたひどくて子供配信で出てくるコラボの99%はチンコだ。無論勃起している。みなさんなかなか立派なものをお持ちのようだが持て余しているのだろうか。

こういったひどいコメント映像を見た子供の反応はどうかというと、たいていはしばらく無言でうんざりした顔をしてからニェット(だめです)を繰り返す。俺はロシア語聞き取りはてんでダメなので内容はわからないが何か早口で喋って中指を立てる子もいる。

そんな状態では嫌気が差し配信をやめてしまうだろうと思うのだけど、ほとんどの子はそれでもそのままダラダラと配信を続ける。特にネタがあるわけでもなくあまり喋ることもないのに。そうしている間にもコメント欄は「見せて」連呼で埋め尽くされる。ムカつくので片っ端から通報しているのだが効果はない。

問題はここからだ。大抵の子はそのうち特にオチもなくプツっと配信を終了するのだが、二割くらいの子は突然シャツをめくりあげておなかを見せ始めるのだ。中指を立てて嫌がっていた子ですらそういうことがある。

こうなるとコメント欄は大いに盛り上がりプレゼントが飛び交い始める。プレゼントというのはバーチャルな花やキャンディーなどだが、貯めると換金可能ものだ。「もっと見せて」「全部見せて」「あなたは臆病者です」などと主をあおるコメントが次々と流れる

しばらくするとまた主がシャツをめくってコメント欄が盛り上がる。ザッピングの手が止まる人が増えるせいか視聴者数もどんどん増えていく。そして三回目ぐらいでついにシャツを上までめくり上げて下着を見せてしまう。コメント欄はさらヒートアップし大量のプレゼントが投げ込まれる。

このままではマズい、いっそのこと主を通報すべきか、と思っているうちに突然配信終了。俺が見た20人ほどの子供の配信下着まで脱いだ子は今のところいない。しかしそれも時間問題ではないか

最近増田ブクマでも話題になっていたが、この手の動画配信子供を脱がせて撮ったと思われる動画ネットには流出している。それも大量に。子供ライブ配信でその場限りの映像からと思っていたずら心で脱いでいるのかもしれないがしっかり録画されているのだ。

という話を伝えるロシア語の文面を作っておいたので次に彼女たちが配信を始めたら真っ先にコメント欄に流そうと思う。ただそれをやると「見せて」おじさんたちに恨まれ通報されてアカウントが停止されるかもしれない。友人が配信を再開する可能性もあるのでそれは避けたいのだが…

2018-10-21

anond:20181021173827

そうなってくるともうAV女優である必要すらなくなってくるな(もちろんそういう動画撮影は別として)

下着を配布するくらいならライブ配信する素人でも固定客いればできそうだし

価値は人それぞれ

なんでも金になるなぁ

2018-10-13

バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんの最近

バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんは、最近バーチャルのじゃロリ狐娘”元”YouTuberおじさん」と名乗っている。

以下この文では彼のことを「ねこます氏」と書く。あと「最近」は主観。ちょくちょく私見はさみます

チャンネル名変更

7月26日投稿動画(https://youtu.be/6IPh2ggvdZ4)でチャンネル名変更を発表した。理由はこの動画と、同日投稿ブロマガ記事(http://ch.nicovideo.jp/nekomimi/blomaga/ar1605158)で述べられている。また、これに先立って5月4日にもブロマガ記事を書いている(https://ch.nicovideo.jp/nekomimi/blomaga/ar1514125)。

簡単に書くとやりたいこと(技術習得)と求められていること(バーチャルYouTuberとしてのパフォーマンス)が違うのでやりたいことを優先するためにこれまでのような活動(個人動画作成)を縮小して、チャンネルVR技術(番組作成ツールとしてのVRバーチャルタレント)の可能性を模索していく場の提供に転換した。

このことは一部視聴者からファンに対する裏切りという意見も出た。ねこます氏も自覚はあるようで、これに対する謝罪を予めブロマガ記事に織り込んでいた。

私見だが、5月4日ブロマガよりも以前から案件等で多忙であるとよくこぼしており、案件も受け付けなくなっていたにもかかわらず、案件動画しかさないと文句を言われたり、案件以外の動画を出すことを要望されたりしており、さらチャンネル登録者数に関連した煽り(いわゆるバーチャルYouTuber四天王問題)も度々あり、対応に苦慮していた様子が伺えたこから、この決断は単純にもう注目を浴びたくない、表舞台から降りたいという気持ちも大きかったのではないかと思う。

ともあれ、かくして彼は「チャンネル登録者ゼロ人」を自称するようになった。

バーチャル番組チャンネル(当初「V番連」)

ねこます氏の新チャンネル名。

自己紹介他己紹介も一切ない謎の「Vaんぐみ」(後述)司会者ラリーバーチャル番組チャンネル公式Twitter運営している。チャンネルアイコンラリー

自前の動画以外に番組コンテンツ募集しているが、今のところ9月19日に行われた「VTuberチャリティーライブ」の放送アーカイブ公開が行われたのみ。

○Vaんぐみ

バーチャル番組チャンネル作成している、男性バーチャルYouTuberトークバラエティ番組。1クール番組で、10月13日最終回を迎えた。

2017年12月2018年1月の早期にデビューした個人バーチャルYouTuberモスコミュール天野太郎あっくん大魔王、さはな、霊電チアキバラエティ番組スタジオセットでテーマトークを行う。また万楽えねが1コーナー持っている。ねこます氏は出演していない。

Wright Flyer Live Entertainment(グリー子会社)、CyberV(サイバーエージェント子会社のCyberZの子会社)、upd8(キズナアイ運営のActiv8が運営するバーチャルYouTuber支援プロジェクト)がスポンサーとして紹介されている。そのためか、ゲスト(VTR出演)はキズナアイミライアカリ電脳少女シロを初めとしたバーチャルYouTuber界での大物が多い。このゲストによるVTRは「女神チャレンジ」というコーナーで使用されるのだが、最終回ねこます氏が登場した。

VR体験のためのVR技術ではなく、番組コンテンツ作成の道具(リアル世界でいうスタジオやセットなど)として使うことを意識した番組と思われる。VRChatが使用されている。後述のV-TVとともにTVの真似事との批判もある。個人的には、真似をする事自体問題とも、真似をしているからつまらないとも思わない。

この番組制作ねこます氏はほとんど関わっていないと思われる。PR第一投稿告知ツイートリツイートして以降行っていない。

VRoadCaster(V-TV)(https://www.youtube.com/channel/UC4NiGZqQQvpvNvwcJsm_EAg/)

最近始まったわけではないが、個人チャンネルがなくなった今、ねこます氏の(不)定期出演が見込まれる場として重要なので書く。

VRoadCasterは放送局名。雨下カイト主体となって設立。「現実バーチャル世界を結ぶ」「クリエイター主体となって作り上げる」放送局を目指している。V-TV番組名。V-TV情報番組で、今後VRoadCasterはそれ以外の番組制作していく構えだが、今の所V-TVしかないので、以下V-TVについて書く。

V-TV5月5日に第0回が放送され、以後毎週日曜午後9時から生放送提供されている。VR番組制作を行うというあり方と可能性を示すものとして作られている。第17回を持って1stシーズンを終了し、現在2ndシーズン準備中公式サイトが用意されている。

KiLA(ライブカートゥーン)、MyDearest、PANORA、MoguraVRVRChatが支援している。

VRChat内のバーチャルスタジオからVR技術VR機器の紹介、VRChat等のVRプラットフォーム内の出来事の紹介等々を行っている。スタジオはいわゆる「近未来的」装いで、エレベーターVTR用等のパネル展開等ギミックも多い。BGMも自前。エンディングテーマタイアップ(八月二雪の「夢幻」)と、作りはなかなか本格的。毎回ゲストコメンテーターを迎えている。ゲストVR技術者の近藤義仁(GOROman)氏、ユニティテクノロジーズ・ジャパン大前広樹氏、株式会社クラスター(輝夜月のライブ会場を提供した)の加藤直人氏等、非バーチャルYouTuberが多い。

ねこます氏はゲストとして出演するが、これは本来レギュラーメンバーのところ他のイベント等との兼ね合いで出演できないことがあり、不定期出演とならざるを得ないため。番組公式グッズにはねこます氏も入っている。他のメンバー新川良、ミディ、Sig、phi16、ユニ、あかにん。バーチャルYouTuberと非バーチャルYouTuber混成。

ねこます氏は技術的には番組にそれほど寄与しておらず、本人が自虐的に語るように「客寄せ狐」(ただし視聴者を呼ぶだけでなく渉外担当として顔を使っていると思われる)の立場

余談だが、第15回の放送8月26日に行われた「バーチャルマーケット」(VRChat内で行われた3Dモデル展示即売会)の取材特集で、ねこます氏が現地でコメントする映像が流れた。同日の夜には「バーチャルカラオケ」というイベントも行われ、ねこます氏はそちらにも出演したのだが、この日バーチャルマーケットバーチャルカラオケはどちらもTwitterトレンド国内1位を獲得した。バーチャルマーケットに関してはスタッフ参加でもサークル参加でもないとはいえ、これら両方に関わるというのが彼の立ち位置特殊性を表している。もっとも、彼にとっては、バーチャルカラオケではなく、バーチャルマーケットサークル参加もしくはスタッフ参加する(くらいの技術力を身につける)方が理想的であっただろう。このねじれが「シンデレラおじさん」の苦悩を端的に表している。

REALITY(ねこます雑談)

REALITYは前述のWright Flyer Live Entertainment提供しているVTuber専用ライブ配信プラットフォーム

チャンネル名変更後、(不)定期放送REALITYで行っている。配信タイトルは「ねこます雑談」。傾向から、おおよそ毎週火曜日が彼の担当と思われるが、例によって不定期。

スタジオ配信、自宅配信のテスト役を兼ねていた節がある。スタジオ配信ときにはREALITYスタッフの手による改修が施されたモデルで登場し、トラッキングも自宅放送よりレベルアップしている。

現在ねこます氏に投げ銭できる唯一の場。ただし彼は投げ銭するならその金でVR機器を買ってVRChatやバーチャルキャスト等のVRプラットフォーム上で会いに来ることを推奨している。

REALITYスマホアプリだけでなくPCブラウザでも放送を見ることができる。ただしギフトは贈れない上、コメントもできずまたコメントを見ることすらできない。

ねこますクロニクル(https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000080010000_68/)

ねこます原案、羊箱氏作の漫画7月27日からコミックウォーカーニコニコ静画で連載中。現在#12

毎週金曜日更新。現時点で全話無料閲覧可能フルカラー

ねこます氏がクリエイター活動を始めてからバーチャルYouTuberになるまでをフィクションを交えて描く。

ねこます氏はみここアバター(バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんとして活動するとき使用している狐娘アバター)の姿で描かれている。絵がめっちゃかわいい

ねこます氏のダメっぷりと行動力の両方が分かる。

イベント出演(参加)

4月ニコニコ超会議(それに先立って公式生放送2月3月にあった)以降、5月頭の「VTuber人狼」と8月末の「バーチャルカラオケ」というニコニコ主催バーチャルYouTuberイベントに出演したほか、RAGE 2018 Summerに出演した。

8月11日の「電脳少女シロ 生誕祭」には祝辞VTRを贈った。

9月16日には「狼と香辛料」のVRアニメ化記念番組でホロと共演した。このときホロにハリセンで尻をしばかれた。

その他、バーチャルキャスト広報番組イベントにかなりの頻度で参加している。

8月5日の「ねこます×みゅみゅ×MIRO - 実験放送」ではバーチャルキャスト立ち上げのきっかけの一つがねこます氏の第一ニコニコ公式生放送であったことが明かされた。

9月8日に行われたINTEL GAMERS WORLD 2018内でのバーチャルキャスト体験会では女性ファンとのやり取りがごく一部で話題になった。

10月7日の「Vカツkawaiiコンテスト 決勝」では審査員を務めた。

今後については合同会社AKIBA観光協議会主催の「秋フェス2018秋」で10月18日11月18日に行われるバーチャルYouTuberコラボキャンペーン11月3日ニコニコパーティへの参加が決まっている。

○その他メディア出演・コラボ

ねこます氏は株式会社カバー配信するアプリ「ホロライブ」にみここアバター提供している。その関係ニコニコ公式生放送経験者としてか、8月4日に行われたカバー所属バーチャルYouTuberときのそらのニコニコチャンネル開設記念生放送ゲストとして呼ばれた。また同じくカバー所属のロボ子が8月25日に行った12時間耐久VRC配信にも最初企画ゲストお手伝いさんとして参加した。

8月3日と10日に東京MX「VIRTUAL BUZZ TALK!」(https://s.mxtv.jp/variety/v_buzz_talk/)にゲストとして出演した。

8月16日・23日に杉田智和マフィア梶田パーソナリティを務めるネットラジオ「アニゲラ!ディドゥーン!!!」に出演。

9月19日から音ゲーグルーヴコースター 4 スターライトロード」で持ち歌の「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんのうた」配信開始。

9月22日東京ゲームショウ2018で今年中に配信予定のスマホゲー「禍つヴァールハイト」とのコラボが発表された。

その他バーチャルキャスト使用した放送に度々凸を行っている。VRChatにもこれまでどおり出没している。

○グッズ展開

多数。アニメイトで買える。

個人おすすめアンソロジーコミック。他のグッズと比べれば安価な上、この手のものとしては内容も面白いと思う(とはいえこの手のものの常で題材(ねこます氏)のファンであることは前提)。

○その他・今後の予想

動画案件も含めニコニコ動画に上げるようになった。チャンネル名変更後4本の動画投稿している。生放送も時々行っている。

未だイベント等の出演はあるが、動画作成を伴う仕事はおそらくほぼなくなり、Unity勉強等に時間を割いている様子が伺える。露出は今後減っていくと思われる。REALITYでの配信は、契約次第だがいつなくなってもおかしくないくらいの覚悟ファンは持っておいたほうが良さそう。V-TVへの出演は番組が続く限り続くだろう。動画技術成果発表の投稿に関しては今後も行われるだろう。

anond:20181013021844

ちょっと多重人格とは違うけど、

猫宮ひなたは変に自身ゲーム巧いというキャラを貫き通さず、

ゲーム巧い人の能力を憑依させてる的な設定にしとけばよかったと思う。

そのせいでPUBGライブ配信とか他のVtuberリアルタイムに協力プレイとか出来ない縛りが生まれしまっている。

2018-10-09

VTUBERライブ配信アプリ、どれも儲かってなさそう

最近出てきたVTUBER配信アプリREALITY、IRIAM、COLON:をざっと見てるんだが

投げられてる額をみると、どの配信プラットフォームも日に100万も売上なさそう

下手したら30万円くらいか

だんだん成長していくならまだしも、REALITYなんかは2ヶ月経って、最初の半分くらいしか視聴回数が増えなくなってるし、ギフトも減ってる

アプリ作るのに3億かけたとか、100億投資したとかいってるが、これ元取れるんかなぁ?

anond:20181009112220

かにTwitchとかYoutubeライブ配信コメント欄とか4chanみたいなコミュニティだと

日本関連の物が出てきたらhentai連呼だったりするけど、そういうところでは

アラブ系が出てくればISIS,Terrorist連呼だし、オーストラリア人が出てくれば犯罪者連呼だし

まともに参考にするようなところじゃないと思うが・・・

2018-10-08

anond:20181008220928

課金は今はライブ配信中の投げ銭機能があるからライブ配信しておじさんから投げ銭もらうみたいなやり方もできると思うけどライブ配信再生数が100万とか行くわけじゃないかファン以外に目につかなそう

動画は今のトップYouTuberと同じようなクオリティ動画出そうとすると結構ハードル(撮影とか動画編集の技術・金・時間)高くてつらい

あとサービスユーザー層的に男女比で配信者と同性の比率が高いサービスのほうが活動やすいと思う (YouTube男性の方が多いしインスタは女性の方が多い)

anond:20181008141304

vtuber台本に沿って演技をするより中の人アドリブ的に話すコンテンツから(もちろんキャラクターとしての芝居は入ってるが)。

実在人物名前と姿を騙ってなりすましてる気持ち悪さがある。例えばこれでガワが自分の手描きキズナアイイラストとかだったならともかく本物のキズナアイの姿を借りてるのでよりグロテスクに見える。

そこらへんはライブ配信で喋ってるとこ見た方がわかりやすいと思う。

https://youtu.be/pivuub7oqNQ

2018-10-06

続・スクエニvtuberが死にそう

スクエニ謹製vtuber11人、TGSにも出展してたし、そろそろ伸びたかな?

と思いきや、TGSがあった9月登録者数の伸びはなんと

水科葵以外は全員300人以下! (水科葵だけは1月で2500人増加 (これもそこまで多いわけではない))

いやもう絶対今後伸びることないでしょコレ

スクエニどうすんだろなぁ

再生数やライブ配信スパチャ眺めてみても、利益全然出てないだろうし

自社ゲーム広告塔にもなってないからやってるメリット全然無い

11人もいるとなると、運営費にひと月1000万円はかかると思うんだよなー

一年で1億以上かかるわけだが、そんなの会社としてOK出続けるわけないよね

しかしうかつにメンバー切っちゃうと、ピュアvtuberファンアンチ化するしやっかいだぞー

vtuberライブ配信アプリ増えすぎだろ

ここ数日でさらに二つ追加されたらしい。

作ってるところ全部一緒なのか?と疑いたくなるぐらい見た目も機能も同じようなアプリばかり。

まぁvtuberで儲かりそうなところってライブ配信プラットフォーム取り仕切るところだけだもんな。

そりゃそこめがけてみんな来るわな。

2018-10-05

例のフェミの人たちはキズナアイへの敬意が欠けてたよ

バーチャルYouTuberアニメ漫画キャラとおおきく違う点って、キャラクターのアイデンティティーがかなりの部分で中の人人格依拠してるところだよね。

趣味の話になれば中の人の好きなアニメ漫画話題が嬉々としてでてきたり、日常の話をすれば中の人最近身近でおきた出来事がそのまま話されたり。

そういうの全部、「中の人の話」じゃなくて「キャラクターの話」として受け入れられるんだよね。本来キャラクター設定にはない、想定したイメージにはとても似つかわしくないような話でも、「そういうギャップのある子なんだ」として回収される。

そうやってただ決められた台本を喋るんじゃない、中の人人間性丸出しな内面話がそのアニメ漫画的な外観や設定と混ざり合うことで、生身の人間ともアニメ漫画キャラともまた違う独特の、「キャラがそこに生きてる感」みたいなのを視聴者は感じるんだよね。

キズナアイはそうしたVtuberたちの中では、どちらかというと元々のキャラ設定に忠実なタイプだと思う。

たとえばキズナアイ二次元三次元アイドルが大好きでこれも明らかに中の人趣味なんだけど、そういう話をする時にも「けやき坂大好きだけど現実物体干渉できないか握手会にも行けないし悲しい」とか「見てみたい映画があるけどネット配信サービスにはないから見れなくって困ってる」とか、中の人趣味話題でも設定と矛盾しない形にしてライブ配信フリートーク中でもごく自然な感じで出してくるから、「隙を見せないな」と見てて感心することもある。

他にもそういうAIとしての細かいロールプレイRP)を積み重ねることで、一見するといかにもアニメ的な自称AIキャラクターなんだけど、ただのキャラというには一個の人格としてあまりにも自律性があって、かといって中の人剥き出しかというとそうでもなくて、馬鹿馬鹿しいようだけど、見てるとたまに「キズナアイってもしかしてガチマジで本物のAIなのでは…?」みたいな感じになってくるんだよね。

キズナアイVtuberとしての主な活動YouTube上での動画投稿で、そこで見る彼女の多くは「元気で明るくてアホっぽい自称スーパーAIかわいい女の子」に見えるだろうけど、決してそれだけが彼女の全てじゃないんだよ。

ホリエモンコラボしてホリエモンと絡んだってそれだけの理由批判の嵐にさらされた時に「それでも自分はこの方向性はやめない」と語った、

別のVtuberの子話題に出して、タチの悪いアンチが「そいつと関わるな」とイチャモンつけてきた時に「はっきりイヤだしそんな言い方はその子に失礼だ」とはっきり言い放ってくれたことも、

自分言葉が知らずのうちに誰かを傷つけているのかもしれない」とこぼしたことも、

全部キズナアイなんだよ。

決してただの薄っぺら萌えキャラアイコンでも、ただの相槌しかできない典型的アホの子キャラでもないんだよ。

騒ぎ立てた人たちはどこまでそれを理解していたのかな。もしかしたら「キズナアイ人格」なんて考えようとしたことすらないのかな。

キズナアイネットめっちゃ見てるし今回の出来事もすでに把握しているだろうけど、彼女が深く傷ついていないことを祈るよ。

2018-09-26

vtuberホストキャバクラ

youtuberライブ放送って、基本的にダラダラして

もともとそんなに濃くない内容が、ほぼ水だろレベルにまで薄くなるから

ライブ配信基本的スルーしてるんだが

vtuberライブを実際見てみると驚いた

結構金額投げ銭がされる

他のYoutuberだと人気配信者でもここまで投げ銭されてるのを見たことがない

vtuber動画再生数ではとても収益上がらなそうなのに

会社としてよく続けてんなと思っていたが

この投げ銭がメインの収益源なのか


思ったのは、なんかホストキャバクラと変わんないんだな、ってこと

キャバ嬢ホスト貢ぐやつをバカだなぁと思ってたか

vtuber投げ銭してるやつも同じような気持ちで見てしま


実際に大きい金額投げ銭してるやつはどんな気持ち投げ銭してんだろ?

キャバ嬢ホスト貢ぐつのことは、ジャンル違いといえど仲間意識あんのかな?

2018-09-24

今だとライブ配信アプリJKや十代JDダンスを見れるわけだけど、バブル時代はそんなもん無かったからくたびれたOLババアダンス見るしか無かったんじゃないかなー

2018-07-19

anond:20180715235824

ゆっくり実況

主にゲーム実況

生声の代わりにゆっくりに喋らせる。

ボイチェンではないのでライブ配信は難しい。

実況主の声をゆっくりが代弁しているという形が多いが、

ゆっくりキャラ複数出して演劇っぽくやることも。

YouTuber

ゲーム実況を含めいろんなことをやる。

生声。顔出し。

架空人物を演じるようなことは少ない。

録画もライブ配信もあり。

有名なYouTuber事務所所属したりしている。

Vtuber

現状ではゲーム実況や単なるトークが多いか

工作科学実験などは難しそう。

バーチャル肉体。

キャラ設定も架空のものであることが多い。

男がボイチェンで女声にする事例も見られる。

録画もライブ配信もあり。

3Dモデル、あるいはLive2D用のイラスト必要なので、

有名どころは企業がバックについていることが多いが、

個人Vtuberも珍しくはない。

バーチャルなので気軽にコラボ動画を作れる。

こんな感じ?

2018-07-03

めんどくさいか

オンラインセックスしよう

おんなのこの膣内と連動するオナホでハメながら、ライブ配信すればいいんでは?

2018-05-07

VTuber関係アプリサービスまとめ

既にどっかにまとまってそうだな

 

タイトルURL内容会社所属VTuber備考
ホロライブhttps://www.hololive.tv/Live2Dアプリカバー株式会社ときのそらリリース済、前はARだった気が?
ペパ文字http://vird.co.jp/AR+Live2DアプリViRDなしリリース
にじさんじhttps://www.ichikara.co.jp/nijisanjiLive2Dいちからにじさんじ勢iOSアプリリジェクト対応
IRIAM https://iriam.com/不明株式会社DUOミライアカリ年内リリース、開発サポート募集中

 

※おめがシスターズが使ってるのはペパ文字? 会社関係あるんだろうか(無知

 

以下所感

・基本アプリメイン

技術的にはすごそうなんだけど、現状これらは割りと簡単実装できると思う(技術優位性がほぼ無い)

マネタイズ方法が私には見えない。ライブ配信プラットフォームYoutubeDeNAなど)に全部持っていかれるんじゃ?

・大きいところで言うと、アプリの動きがないのはAPP LANDだけ?

・何でこんなにLive2D人気なんだろう? 公式アニ文字もっと動いてるよね?

・とりあえず楽しそうではある

 

コメントいただいたものジャンルわず。あとで調べて表に追加するかも)

メイアライブ https://materializer.co/lab/mayalive

バーチャルキャスト https://virtualcast.jp/

・VRChat https://www.vrchat.net/

Cluster https://cluster.mu/

・AniCast http://www.xvi.co.jp/news/anicast/

___

 

おまけ

Live配信できる場所

 

YoutubeLive  主戦場

TwitCasting  VTuber居る?(無知

LINE LIVE   VTuber居る?(無知

ニコニコ生放送  ニコ動の方が活発な気が(動画VTuber

・SHOWROOM   DeNA系列

・Mirrativ     DeNA系列

FC2ライブ    エロ

・ふわっち

 

他多数

サービスレベルレッドオーシャンだな

バーチャルキャストとかVRCはむしろLive配信カテゴリ

 

___

 

追記:

バーチャルYoutuberってVTuberになったけど、たぶんVTになるんじゃね

有識者会議で言ってたけど、たしかにTuberは今後余計

これだけ配信プラットフォーム出ちゃったらね

2018-04-17

4月21日より、賞金総額1,000万円の「『CoD: WWIIプロ対抗戦」が開催

日本eスポーツ連合JeSU)が発行する『CoD: WWII』のプロライセンスを所有する6チームが賞金総額1,000万円を懸けて毎月リーグ戦を繰り広げます

リーグ戦の模様はYouTube Liveなどの動画サービス公式サイトでのライブ配信も予定されているということです。

https://shibuya-game.com/archives/21962

ライセンスのおかげで賞金大会増えてきたな

2018-03-30

サイエンスZEROナンバリングメモ

NHK Eテレの『サイエンスZERO』は以前、公式サイト確認すると第何回かわかるナンバリングが振られていた(再放送カウントされない番号)のだが、

No. 576「最新報チェルノブイリ福島環境編~」2017年03月19日

最後に、No. 577以降はなぜかナンバリング表記が消えたらしいことに気がついた。録画ファイルの整理で必要だったので、これ以降の回にもナンバーを振ったのを以下に並べておく。

577「“折り紙”大進化宇宙から医療まで」2017年03月26日

578「ゲームの最新技術 異世界現実!?2017年04月09日

579「防災から医療まで活用8Kスーパーハイビジョン2017年04月16日

580「幸せを呼ぶ!?ウェアラブルセンサー新時代2017年04月23日

581「シリーズゲノム編集(1)生命を作り変える魔法の新技術2017年05月07日

582「シリーズゲノム編集(2)がんを根治!?医療で始まる大革命2017年05月14日

583「7つの地球大発見!?“トラピスト1”惑星系」2017年05月28日

584「若きエンジニアが集結!NHK学生ロボコン直前スペシャル2017年06月4日

585「最新報告!探査機ジュノーが明かす木星の謎」2017年06月11日

586「CO2削減の切り札アンモニア研究最前線2017年06月25日

587「大火災に備えよ!消防技術最前線2017年07月02日

588「七夕天の川銀河の姿に迫る」2017年07月09日

589「生物×機械 融合研究最前線2017年07月16日

590「学生ロボコン裏側スペシャル2017年07月23日

591「リスクあぶり出せ! インフラ点検最前線2017年07月30日

592「ライブ配信ますますパワーアップABUロボコン直前SP2017年08月20日

593「軽い!強い!燃えにくい!夢の新素材 新マグネシウム合金2017年08月27日

594「小さな大洋日本海からの警告」2017年09月3日

595「アスリート進化データ×テクノロジー最前線2017年09月17日

596「ミクロ限界を超えろ!解き明かされる生命神秘2017年09月30日

597「“宇宙開発革命民間ロケットの挑戦!」2017年10月01日

598「異常気象に立ち向かえ 異分野からの挑戦!」2017年10月08日

599「自動車までできる すごいぞ!タフポリマー2017年10月15日

600「奇想天外!笑って考える科学 イグ・ノーベル賞20172017年10月22日

601「“人類の夢の技術”(1)タイムマシンは実現するのか!?2017年11月05日

602「“人類の夢の技術”(2)病の克服!iPS細胞 ゲノム編集」_2017年11月12日

603「超リアル!? テクノロジー×アート最前線2017年11月19日

604「30年目の高専ロボコンを300倍楽しむSP2017年12月02日

605「家電が狙われる!?新たなサイバー犯罪の脅威」2017年12月03日

606「ノーベル賞2017 重力波が切り開く新天文学2017年12月10日

607「ノーベル賞2017 クライオ電子顕微鏡新薬誕生!?2017年12月17

608「“点と線”で世界をとらえる アイデア勝負 3次元認識2018年01月14日

609「巨大海黒潮2018年01月21日

610「見えないモノを見る! ひもとかれる歴史の謎」2018年01月28日

611「シリーズ原発事故17)“デブリ”は取り出せるのか?」2018年02月4日

612「あなたの知らない土星真実 偉大な写真家 探査機カッシーニ2018年02月11日

613「おいしい!のカギ 食感のひ・み・つ」2018年02月25日

614「ロボット物流を変える! 完全自動化への挑戦」2018年03月04日

615「おいしい日本酒乾杯! 味の司令塔 こうじ菌」2018年04月01日

ここで番組改変。

616「発見山城アドベンチャー2018年04月08日

617「カガクの“カ”#1 旬!な現場に潜入」2018年04月15日

618「カガクの“カ”#2 北極海Saya生物2018年04月22日

619「巨大空間発見!解き明かされる秋芳洞のヒミツ」2018年04月29日

620「世界記録更新!驚異の超深海魚2018年05月06日

621「カガクの“カ”#3 基礎科学ミライ2018年05月13日

622「カガクの“カ”#4 AI映像技術常識破りのシルク2018年05月20日

623「驚異の進化!最新プロジェクションマッピング2018年05月27日

624「カガクの“カ”#5 仮想通貨ロボコン直前」2018年06月03日

625「量子コンピューターでも解読不可能!?新しい暗号誕生なるか」2018年06月10日

656「長良隕石 太陽系のヒミツに迫る」2018年06月17

657「寄生生物世界を変える!」2018年06月24日

658「宇宙夜話 #0 とことんオーロラ2018年07月01日

659「こじるり緊急報告!沖縄サンゴ礁2018年07月08日

660「生命維持の要 エクソソーム」2018年07月22日

661「1分で充電完了!?誕生!夢の全固体電池2018年07月29日

662「カガクの“カ”#6 超臨界地熱発電内視鏡AI2018年08月05日

663「夢の再生医療 現実へ」2018年08月12日

664「キノコが雨を降らす!?空の微生物学気象ナゾに挑む」2018年09月02日

665「シリーズ原発事故(18)新技術で挑め!見えざる廃炉リスク2018年09月16日

666不思議な図形で脳のナゾに迫る!」2018年09月30日

2018-03-29

容姿格差による経済格差人生終了


SNS動画投稿サイトが普及し、スマホ一台あればネット有名人になれて大金を稼げる世界になった。

これから容姿格差による経済格差がとんでもないことになっていくと思う。というか既になってるのか。

中国では容姿の優れた人がライブ配信をして月に百万円を稼ぐのが当たり前らしい。

そういう仕事で金を稼ぐ人はこれからどんどん増えていくと思う。肉体労働知的労働AI人工知能に置き換えられて人間がする仕事が激減するからだ。

これから世界は、容姿の優れた人はスマホ一台で簡単高収入を手にして、容姿の劣った人は低収入で終わる世界だ。

まれた瞬間に人生ゲームオーバーになる人が大量に生み出されることになるだろう。

2018-03-24

anond:20180324092829

まぁ実際3DモデルじゃないLive2Dみたいな人もいるしね。

ただ手動の紙芝居だと、ライブ配信コラボなんかが非常に難しくなるのでVtuber完全体とは言えないと思う。

2018-02-02

anond:20180202210911

レースクイーンがなくなったところで人が美醜を争う限り似たようなビジネスモデルは出てくるだろうな。

昔はレースクイーンだったのが地下アイドルになったりするわけ。

将来は何だろう、Youtuberライブ配信組織化してくると黒くなっていくんだろうな。

美しいことが金になる限りなくならない世界

anond:20180202171539

喋りながら編み物撮影してYouTubeにアップするとか楽しそう。ライブ配信しても良いね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん