「加藤」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 加藤とは

2018-06-21

[]労使決議違反をしていても高プロ適用無効にならない場合もある

国会ウォッチャーです。

 高プロは、上西先生佐々木亮先生、嶋崎量先生らの労働弁護士の人たちが一生懸命発信してくれているので、ぜひそちらを見ていただきたいんですけど、立憲民主党石橋通宏議員の質疑がとても良かったので書き起こしておきます

 石橋議員は、はっきり言っちゃうと喋り方が苦手なんだけど、法律担保されていることの重要性と、国会できちんと言質を取っておくことの重要性がわかっているなぁといつも思っているので応援している。というか吉川沙織さんもすごく好きな議員なので、情報労連はなかなかやるな、と思っている。労働貴族と揶揄されようが、ノブレスブリージュを果たしているのではないかにゃ。

 ちょっと脱線するけど、労組出身議員を、労働貴族と毛嫌いする人は多いと思うんだけど、私は国会できちんとした議論をしてくれるのであれば、どこ出身でも構わないし、人間が集まって意見の集約をしようとするときは当然政治が生まれるので、私は労組内の勢力争いも別に否定的には見てないけど、さすがに神津さんは、高プロ通っちゃったら責任取って辞めるべきだと思う。安倍さんは器がちっさいから、民主党政権時代を恨んで連合会長との政労会見を拒否し続けてきたり、労政審労組代表者入れない部会を作っちゃったり、明らかに労働政策での連合プレゼンスが低下していた中で、2016年ぐらいか働き方改革関連法案作成にあたってちょっと秋波を送られた連合政権に擦り寄っちゃった結果が高プロ容認なわけだけだから。当然責任は取るべきでしょ、と思う。いやならもっとしっかりと働けよっていう。結局この辺の連合の動きが、全労連共産党との共闘排除をはっきりうち出して、連合との関係を強化しようと前なんとかさんを焦らせてしまったとこも多分にあるわけで。私としてはそのせいで、国民民主党ができちゃったもんだから内閣委員会委員長与党系に変えられちゃったりで、カジノ法案全然議論されないまま通っちゃったし、いろんな八つ当たりを神津さんにはぶつけていきたい!

6/19日参院厚労委員会

 前半、高プロ年収水準の話で、諸手当を年収見込みに含むかどうかを問いただす石橋議員。確実に支給が見込まれるのであれば、諸手当を含むと労使で合意さえすれば問題ないらしい。石橋議員らの試算によると基本給850万くらいという場合も、現行水準で可能な模様。後半、内閣法制局をよんで、法文解釈をさせる石橋議員

石橋

「略)今日内閣法制局の方にお見えをいただいております。これ、もう色々議論してまいりました、我々が、問題視しているのは、決議事項に違反した場合法的効果はどうなっているか、ということです。これ、決議の要件さえ満たせば、届出制ですから労基署は受け取るわけです。いちいちチェックなんかしません、できません、無理です。運用始まった、実際は決議に違反していた。大事なのはそん時に、法的な効果がどうなるのか、ということが大事なんです。まず法制局、端的にお伺いします。41条の第1項、決議事項、第1項から10項まであるわけですが、それぞれ決議違反が判明した時の法的な効果を教えてください。」

内閣法制局高橋第4部長

法案改正後の、第41条、第1項につきましては、2号に掲げる労働者を1号に掲げる業務に就かせた時、労働時間の、深夜、休日に関する割増賃金規定は、その労働者には適用しない。ただ3号から5号までに規定する措置のいずれかを、使用者が講じていない場合は、その限りではない、とされていますので、第1号から第5号までに掲げる事項に関して、決議が遵守されていない場合には、労働時間等に関する適用除外の効果が生じないことになります。また6号から10号までに掲げる事項につきましては、決議が遵守されていないとしましても、労働時間等に関する規制の除外の効果に、影響が生ずることはない(です」

石橋

「お分かりでしょうか、これすごい大事な、法制局見解、だと思います法制局もう一点だけ、先ほど答弁いただきましたが、第1項の第2号に掲げる労働者に第1号に掲げる対象業務に就かせた場合、除外をされるという、そういう建てつけ、整理でした。先ほど、えー第1号の対象業務の決議、についてですが。もしですね、適用事業所で、実際の運用の中で、明らかに対象業務としての要件に欠く、要件違反している、本来対象業務として認められるものでなかった、ということが明確になった場合には、その対象業務自体が、この第1号の対象業務要件を満たさなくなる、ということがあり得る、ということでよろしかったでしょうか(略:石橋さんがずっと聞いている、対象業務でない業務不適切運用であった場合に、高プロから外れるのは決議された対象業務自体か、労働者か問題確認

高橋

「(略)今ご指摘のような明らかな1号業務ではないということが明らかになるのであれば、その業務自体が、対象にならないということになると思います。」

石橋

はい。1号で、業務自体が、対象業務にならないという法制局見解でした。大臣、お聞きいただいたと思います。1点目の点、大変重要です。第6号から第10号までの決議事項については、仮に決議に違反しても、高プロ適用除外にならないんです。省令でそんなこと規制できません、委任されていませんから。てことは、例えば、この中に大変重要ものが入ってますね。第9号は不利益取扱いの禁止です。衆議院修正、第7号は同意撤回です。たとえこれに事業者違反しても、高プロ適用除外にはならないんです。これ、法案、欠陥じゃないですか」

(誰も手を上げないので、委員長がどなたが、と促し加藤が渋々手を挙げる)

加藤

「今お話しありましたように、7、失礼、6号から10号、これは適用の除外にならないということであります。これ制度適用の考え方としては、当該事業場の現状を熟知した労使が合意して、制度導入した場合において、対象業務や、対象者の要件を定めるもの、あるいは個々の労働者の要件に直接かかるもの、これは制度の根幹に関わるということで、これが満たされていない場合については、条文上、明確に制度適用されない。ま、すなわち高プロとして無効、ということであります。(働かせた分は残業代を払わないといけない)ですが、その他については、決議に基づいて、実施されることが当然求められるわけでありますけども、まずは当該事業場の労使委員会実施状況を把握し、その履行確保を図っていただく、その上で、仮に不履行があれば、厳しく指導していく、こういう姿勢で臨んでいきたいと思います。こうした内容の条文については、えー先般、労政審においても、概ね妥当(これ労働代表いくら反対しても概ね妥当以外の結論が出ないからね。多数派政府推し有識者使用者が占めてるから)ということでございます。また、現在企画裁量労働制においてもですね、同様に、措置に応じてですね、不履行があった場合には、無効ではなく、指導による対応をしている、という事例もあるわけでございます。」

石橋

「だからいいってことですか、大臣。それは僕らがずっと問題として指摘している話ですよ。現行の裁量労働制に、深刻な問題があるでしょう。なぜ過労死が、労働災害が起こってるんですか、裁量労働制で。そういう制度上の欠陥があるのに、その修正も、その適正化を、全部取っ払っちゃった(裁量労働制の拡大と引き換えに、裁量労働制修正を入れていたので、裁量労働制の拡大がなくなったら、裁量労働制改善策まで引っ込めた安倍かいうクソやろうがいましてね)。なんの改善策も講じられてない、それをそのまま高プロにひっぱてるんですよ、だから同じことが起こるんですよ。首かしげないでください、責任ある答弁ここでしてくださいよ。大臣、認められるでしょ、これ、大臣は本人の同意があるから大丈夫です、同意するんです、言い続けている。でも今明らかになった。たとえ同意で、”お前、同意しなかったから、もう処遇しない、お前降格だ”。ね、こう第9号(に関する決議)に違反しても、何のお咎めもないんですよ。気をつけろよーで終わりなんですよ。第7号で衆議院修正された、じゃあ同意撤回、”いやダメだ”って言っても、何のお咎めもないんですよ(ささきりょう先生は、ここは決議だから使用者がいいといえば認めるとしちゃっても問題ないと書いておられましたね)。大臣、これで何が同意するから大丈夫だ、ですか。欠陥でしょ、それ。そんなもんでいいんですか、大臣。さっき難波委員が言われた、働くものの命を守るのが大臣でしょ。守れないじゃないですか大臣大臣省令規定できないんですよ、委任されてないから。欠陥なんですよ、これ法律の。大臣、どうするんですか」

加藤

「あの、今委員ご指摘の不利益な取り扱いというのは、それはもう同意されていないわけですから高プロは発生してないわけですよね。いや、ですから、本人が同意していない以上、高プロ無効になる以前に、高プロ契約は進んでいないんで、当然、この無効有効契約そもそもない、その、不利益取扱いをどう考えるか、これは別途の問題につながっていく、あの今委員が御指摘なのは適用が除外するか、しないかって除外かってことでありますから、そこにはかかってこないということになると思います。」

 これ典型的すり替えですね。不利益な取り扱いに関する労使決議を遵守しなくても、その労働者の労働高プロ対象業務として維持されるんだとしたら、不利益な取り扱いを匂わせながら、強制的同意させようと試みるのがやり得になるでしょ、というのが質問者意図でしょ。同意してないから、高プロは発生してないか契約そもそもないとかまじで意味わかんないんだけど。私には確定的なことは言えないんで、聞いて欲しいんだけど、3−5号の決議に違反して、高プロ対象外の業務高プロとして、割増なしで働かせていたとしたら、割増賃金の支払い義務が事後的に生じるはずだけど、6ー10号の決議に違反していたとしても、それによって高プロ業務である事による適用除外効果は消えないわけだから、決議違反によって割増賃金の支払い義務は発生しないんではないのかな。さすがに同意強制証明できれば裁判では勝てるだろうけど、難しそうだし。でもちょっと石橋議員は違う方向にいっちゃったんだけど。

石橋

「じゃあ他の号、同意撤回はどうですか。大臣、重ねて言います。6号から10号に関しては、それに違反しても、お咎めなしなんです。ね。気をつけてよって言われるだけなんですよ。大臣それお認めになるでしょ。省令でどうにもできないんですよ。委任されてないか法律に。そんな制度でいいんですか、重ねてお伺いします。ごはん論法やめてください」

加藤

ちょっとごはん論法意味がわかんないんで、あれですけども、先ほどのように、不同意であれば、契約は打ち切られることになるわけですから、あの、それと、その結果として、それに対して、どういう対応をしていくのか、というのは別に考えなきゃいけない、我々も、まずは労使委員会、あるいはその中で、履行を図っていただくわけですけども、仮にそうしたことが、しっかり行われていなければ、指導等を通じてですね、しっかり厳しく指導していく、ということでございます別にそれを看過するということを申し上げてるのではなくて、それに対する対応としては、監督指導を通じて、その是正を図っていくということでございます。」

石橋

「結局、何か重大なことが起こらないと気づけないんですよ。気づいても、この号の違反では、何にもできないんですよ、気をつけてねー次回はやらないでね、それしかできないんですよ。(高プロ適用自体を)取り止めにできないんですよ。これ大臣認めなきゃいかんですよ、そういうものです。法制局がそういう風に言われていますから大臣重ねて首傾げてますけど、そういう法律ですよ。法制局が認めているんだから、これは認めないといけないですよ。そういう欠陥のあるものを、本人の同意があるから大丈夫です、と通そうとしてるんけど、不利益取扱いをチラつかせて、いくらでも同意を取り付けることはできるんです。現場でそんなことが起きるんですよ。”同意しなかったらわかってるだろうね”、本来それだけで9号違反でしょ、本来同意せざるをえない状況に追い込まれるんですよ。そういう場合にも、労働者がクレームしたって、何のお咎めもないんじゃ、クレームのしようがないじゃないですか。そういうことを申し上げてるんですよ、大臣。わかってんですかね。

 具体例をあげましょう、前回新規採用労働者に対して、高プロ新規採用もできると、これもびっくりしましたけど、確認しますが、新規採用の時、まぁ中途採用でしょうね、高プロ対象だったらね、いきなり学卒の新規はないでしょうから採用時に、高プロ同意すれば採用する、しなければ採用しない、これは9号違反ですか。」

山越

「えーと仮に採用前の段階でそのようなことが起こった場合ですけども、労働基準法が適用される、労働者、使用者関係がないわけなんでありますので、不同意にかかる不利益取扱いの禁止を含めまして、労働者に高度プロフェッショナル制度にかかる条文が適用されるわけではございません。ただ、他方で、労使委員会の決議事項に、対象労働者の同意撤回に関する手続きを定めなければならないとされておりますので、定めなければ、高度プロフェッショナル制度適用できなくなりますので、一旦そのような同意就業し、入社後にそのような手続きに基づいて撤回することも自由でございます。」

石橋

「すごい答弁ですね。採用時に高プロを飲むか飲まないか、飲まないなら採用しない、まだ契約にないか違反じゃないんだ、すごい答弁ですね。嫌だったら採用後に撤回してください、ですか。すごい話ですね。これもとんでもない話だと思います。(この後派遣労働者高プロ適用できないことを確認して、廃案を求めて終わり)」

6−10号はそれぞれ

6号:労働者の健康がやばそうだったら、健康診断とかなんか措置を講じると決めておく

7号:同意撤回方法について決めておく

8号:苦情処理の仕方を決めておく

9号:不利益な取り扱いをしてはならないと決めておく

10号:その他、厚生労働省令の定めることについて決めておく

ということなんですが、ここが労使委員会妥当結論が出ていても、この条件に違反たからといって直ちに高プロ対象から外れることはないんだぞ、というとことですね。

 高プロに関しては自民党議員からも疑問を呈する質問がされていますけど(農水の山田議員とかもかなり口うるさく言ってる)、延長することになったから通る確率はほぼ100%になったと思います。先週末の世論調査がもう少し悪かったらひょっとしたら国会閉じてたかも知らんけどね。

 あとすごく気になっているのは、重要法案内閣が決めているはずのものの審議時間が一昨年ぐらいと比べて異常に短くなっていること、野党との合意形成の努力をほぼ放棄していることですね。安保とか共謀罪とかは、どんどん問題点が出てくるもんだから審議尽くされてなかったと私は思いますけど、外形的な時間だけはかけてましたよね。延長するにしたって、一応与野党党首会談で、自民党総裁野党リーダーに延長への理解を求めるぐらいの最低限の体裁は整えようとしていました。でもカジノ法案とかマジで議論する気ねーなってのが丸出しでしたし、高プロにしたってどんどん新しい問題点が指摘されるわ、基本データにまで問題あったのに、審議に時間をかけないわで本当に国会軽視はどんどん進化してる。安倍さんの中では、安保とか共謀罪とか森友、加計学園問題で、変に審議したか支持率が下がっちゃったと多分思ってて、国会で審議するだけ損だと思ってるのがだだ漏れなんですよね。延長したのに、国会の最終盤は外遊でいないらしいし。今年これ、ということで、これが対して問題視されてないな、と思ったら来年もっと非常識なことやってくるのが安倍さんなんで、本当にいい加減辞めさせないと、前例主義国会では取り返しがつかないことになる。私はご存じのように、安倍政権悲惨な末路を迎えて欲しいので、総裁不出馬で、岸田さんに禅譲とかされると、それはそれでムカつくんですけど、本当に国会やばいですよ、マジで

 行政改ざん国会を欺いていたことが明らかになったってのに、もう何事もなかったかのようになりつつあるのは本当にやばい。ここを乗り越えちゃったら本当にやばい。それは共有して欲しいんでよろしくお願いしたいところです。

[]労使決議違反をしていても高プロ適用無効にならない場合もある

国会ウォッチャーです。

 高プロは、上西先生佐々木亮先生、嶋崎量先生らの労働弁護士の人たちが一生懸命発信してくれているので、ぜひそちらを見ていただきたいんですけど、立憲民主党石橋通宏議員の質疑がとても良かったので書き起こしておきます

 石橋議員は、はっきり言っちゃうと喋り方が苦手なんだけど、法律担保されていることの重要性と、国会できちんと言質を取っておくことの重要性がわかっているなぁといつも思っているので応援している。というか吉川沙織さんもすごく好きな議員なので、情報労連はなかなかやるな、と思っている。労働貴族と揶揄されようが、ノブレスブリージュを果たしているのではないかにゃ。

 ちょっと脱線するけど、労組出身議員を、労働貴族と毛嫌いする人は多いと思うんだけど、私は国会できちんとした議論をしてくれるのであれば、どこ出身でも構わないし、人間が集まって意見の集約をしようとするときは当然政治が生まれるので、私は労組内の勢力争いも別に否定的には見てないけど、さすがに神津さんは、高プロ通っちゃったら責任取って辞めるべきだと思う。安倍さんは器がちっさいから、民主党政権時代を恨んで連合会長との政労会見を拒否し続けてきたり、労政審労組代表者入れない部会を作っちゃったり、明らかに労働政策での連合プレゼンスが低下していた中で、2016年ぐらいか働き方改革関連法案作成にあたってちょっと秋波を送られた連合政権に擦り寄っちゃった結果が高プロ容認なわけだけだから。当然責任は取るべきでしょ、と思う。いやならもっとしっかにりと働けよっていう。結局この辺の連合の動きが、全労連共産党との共闘をはっきりうち出して、連合との関係を強化しようと前なんとかさんを焦らせてしまったとこも多分にあるわけで。私としてはそのせいで、国民民主党ができちゃったもんだから内閣委員会委員長与党系に変えられちゃったりで、カジノ法案全然議論されないまま通っちゃったし、いろんな八つ当たりを神津さんにはぶつけていきたい!

6/19日参院厚労委員会

 前半、高プロ年収水準の話で、諸手当を年収見込みに含むかどうかを問いただす石橋議員。確実に支給が見込まれるのであれば、諸手当を含むと労使で合意さえすれば問題ないらしい。石橋議員らの試算によると基本給850万くらいという場合も、現行水準で可能な模様。後半、内閣法制局を読んで、法文解釈をさせる石橋議員内閣法制局はさすがにひどいごまかしはできず、素直に条文を読んだ回答をする。ここで法制局に答えさせている石橋議員は賢い。加藤山越局長に聞いても、「同意があるから大丈夫」の結論にするに決まっとるもんな。

石橋

「略)今日内閣法制局の方にお見えをいただいております。これ、もう色々議論してまいりました、我々が、問題視しているのは、決議事項に違反した場合法的効果はどうなっているか、ということです。これ、決議の要件さえ満たせば、届出制ですから労基署は受け取るわけです。いちいちチェックなんかしません、できません、無理です。運用始まった、実際は決議に違反していた。大事なのはそん時に、法的な効果がどうなるのか、ということが大事なんです。まず法制局、端的にお伺いします。41条の第1項、決議事項、第1項から10項まであるわけですが、それぞれ決議違反が判明した時の法的な効果を教えてください。」

内閣法制局高橋第4部長

「お答えいたします。法案改正後の、第41条、第1項につきましては、2号に掲げる労働者を1号に掲げる業務に就かせた時、労働時間の、深夜、休日に関する割増賃金規定は、その労働者には適用しない。ただ3号から5号までに規定する措置のいずれかを、使用者が講じていない場合は、その限りではない、とされていますので、第1号から第5号までに掲げる事項に関して、決議が遵守されていない場合には、労働時間等に関する適用除外の効果が生じないことになります。また6号から10号までに掲げる事項につきましては、決議が遵守されていないとしましても、労働時間等に関する規制の除外の効果に、影響が生ずることはない、えー生ずることはあるとされておりません。」

石橋

「お分かりでしょうか、これすごい大事な、法制局見解、だと思います法制局もう一点だけ、先ほど答弁いただきましたが、第1項の第2号に掲げる労働者に第1号に掲げる対象業務に就かせた場合、除外をされるという、そういう建てつけ、整理でした。先ほど、えー第1号の対象業務の決議、についてですが。もしですね、適用事業所で、実際の運用の中で、明らかに対象業務としての要件に欠く、要件違反している、本来対象業務として認められるものでなかった、ということが明確になった場合には、その対象業務自体が、この第1号の対象業務要件を満たさなくなる、ということがあり得る、ということでよろしかったでしょうか石橋さんがずっと聞いている、対象業務でない業務不適切運用であった場合に、高プロから外れるのは決議された対象業務自体か、労働者か問題確認

高橋

個別の事案におきまして、法に定めた条件を満たすかどうかにつきましては、事実認定問題でございますので、厚生労働省において判断されるものと思いますが、今、一般論で申し上げれば、今ご指摘がありましたように、明らかに要件を満たしていないということが判断されるということがあったとしますれば、1号に定められた決議が遵守されていないということで、労働時間等の適用除外の効果が生じなくなるということになると思います。」

石橋

対象業務についてお伺いをしています。第1号です。昨日レクでやったはずです。第一号について、明らかに対象業務としての要件に欠くということになった場合には、対象業務自体が、高プロ対象から外れなければならない、そういう場合が、ありうり、あり得る、ありえますね。それだけ答弁してください。」

高橋

「(繰り返し)今ご指摘のような明らかな1号業務ではないということが明らかになるのであれば、その業務自体が、対象にならないということになると思います。」

石橋

はい。1号で、業務自体が、対象業務にならないという法制局見解でした。大臣、お聞きいただいたと思います。1点目の点、大変重要です。第6号から第10号までの決議事項については、仮に決議に違反しても、高プロ適用除外にならないんです。省令でそんなこと規制できません、委任されていませんから。てことは、例えば、この中に大変重要ものが入ってますね。第9号は不利益取扱いの禁止です。衆議院修正、第7号は同意撤回です。たとえこれに事業者違反しても、高プロ適用除外にはならないんです。これ、法案、欠陥じゃないですか」

(誰も手を上げないので、委員長がどなたが、と促し加藤が渋々手を挙げる)

加藤

「今お話しありましたように、7、失礼、6号から10号、これは適用の除外にならないということであります。これ制度適用の考え方としては、当該事業場の現状を熟知した労使が合意して、制度導入した場合において、対象業務や、対象者の要件を定めるもの、あるいは個々の労働者の要件に直接かかるもの、これは制度の根幹に関わるということで、これが満たされていない場合については、条文上、明確に制度適用されない。ま、すなわち高プロとして無効、ということであります。(働かせた分は残業代を払わないといけない)ですが、その他については、決議に基づいて、実施されることが当然求められるわけでありますけども、まずは当該事業場の労使委員会実施状況を把握し、その履行確保を図っていただく、その上で、仮に不履行があれば、厳しく指導していく、こういう姿勢で臨んでいきたいと思います。こうした内容の条文については、えー先般、労政審においても、概ね妥当(これ労働代表いくら反対しても概ね妥当以外の結論が出ないからね。多数派政府推し有識者使用者が占めてるから)ということでございます。また、現在企画裁量労働制においてもですね、同様に、措置に応じてですね、不履行があった場合には、無効ではなく、指導による対応をしている、という事例もあるわけでございます。」

石橋

「だからいいってことですか、大臣。それは僕らがずっと問題として指摘している話ですよ。現行の裁量労働制に、深刻な問題があるでしょう。なぜ過労死が、労働災害が起こってるんですか、裁量労働制で。そういう制度上の欠陥があるのに、その修正も、その適正化を、全部取っ払っちゃった(裁量労働制の拡大と引き換えに、裁量労働制修正を入れていたので、裁量労働制の拡大がなくなったら、裁量労働制改善策まで引っ込めた安倍かいうクソやろうがいましてね)。なんの改善策も講じられてない、それをそのまま高プロにひっぱてるんですよ、だから同じことが起こるんですよ。首かしげないでください、責任ある答弁ここでしてくださいよ。大臣、認められるでしょ、これ、大臣は本人の同意があるから大丈夫です、同意するんです、言い続けている。でも今明らかになった。たとえ同意で、”お前、同意しなかったから、もう処遇しない、お前降格だ”。ね、こう第9号(に関する決議)に違反しても、何のお咎めもないんですよ。気をつけろよーで終わりなんですよ。第7号で衆議院修正された、じゃあ同意撤回、”いやダメだ”って言っても、何のお咎めもないんですよ(ささきりょう先生は、ここは決議だから使用者がいいといえば認めるとしちゃっても問題ないと書いておられましたね)。大臣、これで何が同意するから大丈夫だ、ですか。欠陥でしょ、それ。そんなもんでいいんですか、大臣。さっき難波委員が言われた、働くものの命を守るのが大臣でしょ。守れないじゃないですか大臣大臣省令規定できないんですよ、委任されてないから。欠陥なんですよ、これ法律の。大臣、どうするんですか」

加藤

「あの、今委員ご指摘の不利益な取り扱いというのは、それはもう同意されていないわけですから高プロは発生してないわけですよね。いや、ですから、本人が同意していない以上、高プロ無効になる以前に、高プロ契約は進んでいないんで、当然、この無効有効契約そもそもない、その、不利益取扱いをどう考えるか、これは別途の問題につながっていく、あの今委員が御指摘なのは適用が除外するか、しないかって除外かってことでありますから、そこにはかかってこないということになると思います。」

 これ典型的すり替えですね。不利益な取り扱いに関する労使決議を遵守しなくても、その労働者の労働高プロ対象業務として維持されるんだとしたら、不利益な取り扱いを匂わせながら、強制的同意させようと試みるのがやり得になるでしょ、というのが質問者意図でしょ。同意してないから、高プロは発生してないか契約そもそもないとかまじで意味わかんないんだけど。私には確定的なことは言えないんで、聞いて欲しいんだけど、3−5号の決議に違反して、高プロ対象外の業務高プロとして、割増なしで働かせていたとしたら、割増賃金の支払い義務が事後的に生じるはずだけど、6ー10号の決議に違反していたとしても、それによって高プロ業務である事による適用除外効果は消えないわけだから、決議違反によって割増賃金の支払い義務は発生しないんではないのかな。さすがに同意強制証明できれば裁判では勝てるだろうけど、難しそうだし。でもちょっと石橋議員は違う方向にいっちゃったんだけど。

石橋

「じゃあ他の号、同意撤回はどうですか。大臣、重ねて言います。6号から10号に関しては、それに違反しても、お咎めなしなんです。ね。気をつけてよって言われるだけなんですよ。大臣それお認めになるでしょ。省令でどうにもできないんですよ。委任されてないか法律に。そんな制度でいいんですか、重ねてお伺いします。ごはん論法やめてください」

加藤

ちょっとごはん論法意味がわかんないんで、あれですけども、先ほどのように、不同意であれば、契約は打ち切られることになるわけですから、あの、それと、その結果として、それに対して、どういう対応をしていくのか、というのは別に考えなきゃいけない、我々も、まずは労使委員会、あるいはその中で、履行を図っていただくわけですけども、仮にそうしたことが、しっかり行われていなければ、指導等を通じてですね、しっかり厳しく指導していく、ということでございます別にそれを看過するということを申し上げてるのではなくて、それに対する対応としては、監督指導を通じて、その是正を図っていくということでございます。」

石橋

「結局、何か重大なことが起こらないと気づけないんですよ。気づいても、この号の違反では、何にもできないんですよ、気をつけてねー次回はやらないでね、それしかできないんですよ。(高プロ適用自体を)取り止めにできないんですよ。これ大臣認めなきゃいかんですよ、そういうものです。法制局がそういう風に言われていますから大臣重ねて首傾げてますけど、そういう法律ですよ。法制局が認めているんだから、これは認めないといけないですよ。そういう欠陥のあるものを、本人の同意があるから大丈夫です、と通そうとしてるんけど、不利益取扱いをチラつかせて、いくらでも同意を取り付けることはできるんです。現場でそんなことが起きるんですよ。”同意しなかったらわかってるだろうね”、本来それだけで9号違反でしょ、本来同意せざるをえない状況に追い込まれるんですよ。そういう場合にも、労働者がクレームしたって、何のお咎めもないんじゃ、クレームのしようがないじゃないですか。そういうことを申し上げてるんですよ、大臣。わかってんですかね。

 具体例をあげましょう、前回新規採用労働者に対して、高プロ新規採用もできると、これもびっくりしましたけど、確認しますが、新規採用の時、まぁ中途採用でしょうね、高プロ対象だったらね、いきなり学卒の新規はないでしょうから採用時に、高プロ同意すれば採用する、しなければ採用しない、これは9号違反ですか。」

山越

「えーと仮に採用前の段階でそのようなことが起こった場合ですけども、労働基準法が適用される、労働者、使用者関係がないわけなんでありますので、不同意にかかる不利益取扱いの禁止を含めまして、労働者に高度プロフェッショナル制度にかかる条文が適用されるわけではございません。ただ、他方で、労使委員会の決議事項に、対象労働者の同意撤回に関する手続きを定めなければならないとされておりますので、定めなければ、高度プロフェッショナル制度適用できなくなりますので、一旦そのような同意就業し、入社後にそのような手続きに基づいて撤回することも自由でございます。」

石橋

「すごい答弁ですね。採用時に高プロを飲むか飲まないか、飲まないなら採用しない、まだ契約にないか違反じゃないんだ、すごい答弁ですね。嫌だったら採用後に撤回してください、ですか。すごい話ですね。これもとんでもない話だと思います。(この後派遣労働者高プロ適用できないことを確認して、廃案を求めて終わり)」

6−10号はそれぞれ

6号:労働者の健康がやばそうだったら、健康診断とかなんか措置を講じると決めておく

7号:同意撤回方法について決めておく

8号:苦情処理の仕方を決めておく

9号:不利益な取り扱いをしてはならないと決めておく

10号:その他、厚生労働省令の定めることについて決めておく

ということなんですが、ここが労使委員会妥当結論が出ていても、この条件に違反たからといって直ちに高プロ対象から外れることはないんだぞ、というとことですね。

 高プロに関しては自民党議員からも疑問を呈する質問がされていますけど(農水の山田議員とかもかなり口うるさく言ってる)、延長することになったから通る確率はほぼ100%になったと思います。先週末の世論調査がもう少し悪かったらひょっとしたら国会閉じてたかも知らんけどね。

 あとすごく気になっているのは、重要法案内閣が決めているはずのものの審議時間が一昨年ぐらいと比べて異常に短くなっていること、野党との合意形成の努力をほぼ放棄していることですね。安保とか共謀罪とかは、どんどん問題点が出てくるもんだから審議尽くされてなかったと私は思いますけど、外形的な時間だけはかけてましたよね。延長するにしたって、一応与野党党首会談で、自民党総裁野党リーダーに延長への理解を求めるぐらいの最低限の体裁は整えようとしていました。でもカジノ法案とかマジで このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

なるべく子どもは産まないようにしよう。 子ども安倍総理自民党に何をされれるかわかったもんじゃない。 戦争大好きな安倍総理自民党によって戦場へ行かされるかも。

なるべく子どもは産まないようにしよう。

極右ファシスト安倍自民党がまた暴言「3人以上産め」「結婚しなければ、人の金で老人ホームへ行く気か。」自民党加藤寛治衆院議員長崎2区、当選3回)は10日の細田派の会合で、

結婚披露宴に出席した際は「必ず3人以上の子どもを産み育てていただきたい」と呼び掛けていることを紹介した。

他の出席者からセクハラと言われる」との指摘が出ていたが、加藤氏は会合後、記者団に発言撤回しない考えを示していた。

加藤氏は会合の席上、披露宴では若い女性に対し、「結婚しなければ子どもが生まれいから、ひとさまの子もの税金で(運営される老人ホームに行くことになる」と説いていることも明らかにした。

(2018/05/10-16:29)時事ドットコムに加筆。

なるべく子どもは産まないようにしよう 子ども安倍総理自民党に何をされれるかわかったもんじゃない。

戦争大好きな安倍総理自民党によって戦場へ行かされるかも。

このように書くと、子どもが成人になるまで安倍政権が続くとバカ騒ぎするネット右翼がいるが、安倍幼稚園児でも戦争に行かせるかもしれない。

実際、そういう安倍軍国主義洗脳するために8億円も値引きして安倍晋三記念小学校を作ろうとしていたではないか

あるいは赤ちゃんでもミサイル弾薬代わりに砲台に赤ちゃんを詰め込むかも知れない。安倍はそういう悪魔みたいなやつだ。

いきなり戦争をして、お子さんのいる方は赤ちゃんを抱いて逃げなければいけないかも。その日は確実に近づいている。

2018-06-15

anond:20180615085006

大阪池田小の宅間や秋葉原加藤相模原植松とかね。

どうせ襲撃するなら、暴力団事務所でも襲撃すれば世の中から喝采されたのに。

[] 学習機能がない日本人痴呆症

新幹線小島は、前例を知っていたはずだ。

模倣犯とも言えるだろう。

日本人秋葉原加藤から何も学んでいない証拠だ。

から、同じような事件が再発してしまったのだ。

で、日本人は何を学んだんだ?

得た教訓があるなら、書いてみろ。

 

anond:20180614185948

2018-06-14

anond:20180614185948

しろ

加藤2008年6月8日

小島2018年6月9日

しかも、秋葉原から10年ということで、

ネット報道で改めて取り上げられていた。

この影響がないわけがないと思う。

[] 新幹線小島秋葉原加藤の違い

加藤>>>小島

加藤自分運転していたが、小島他人運転する乗り物に乗っていただけ。

加藤の行動には、自らの意志を明確に感じられるが、小島他人任せの人生の結果だと言わざるを得ないのでは?

 

マスコミは、小島について加藤感想を聞いてみろ。

(やはり多分同じことを言うだろう)

2018-06-13

anond:20180613120120

底辺派遣になるとアットホームが売り…なのはともかく障碍者支援事業だんだん変わらなくなってきて銭ゲバというよりは「生活の為に底辺派遣業を選んでいる」ってだけのおじさん/おばさん経営者がメインになってきたりするのでそれほどあくどいって感じではなくなる。

まあ、間にとてつもない搾取があるのはその通りだがな。

ヘタにニートやらせるよりはこういう緩い社会参加で社会とつながっておいた方が新幹線で斧振り回したりしないからええんよ。(逆に加藤になる可能性もあるけど)

anond:20180613104714

なんでスマホ撮影しないんだよって思う

加藤時代すらちゃん動画があったんだから2018年だぞ

ちゃんと彼の勇敢な最期ビデオに記録する義務がある

2018-06-12

anond:20180611220556

そんなことよりも

アキバナイフ加藤君の衣服返り血が全くついてないことのほうが重要

anond:20180612133613

まあ加藤場合は親が散々叩かれたし線引きは難しいよな

少なくとも大した情報持ってない一般民が言及すべきではないと思うが

NEWS小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)が未成年飲酒

ジャニーズ事務所は7日、一部週刊誌NEWS小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)が未成年飲酒したと報じられたことを受け、小山一定期間の活動自粛することを書面で発表した。

加藤については厳重注意の上、書面による反省を促すとしている。ただ本人たちは未成年飲酒をしていたという認識はなかったという。それでも飲酒強要との報道もあり、事実なら問題

一方、安倍総理はお友達山口敬之レイプ事件を菅官房長官とともに、警視庁中村格刑事部長(当時)を通じてもみ消している。

[]2018年6月11日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
008712605144.942
018811785133.948
02618331136.671
0318167392.984.5
046771128.558
05131888145.2108
065679135.8154
07354282122.341
087110822152.454
0980658982.441.5
1014615097103.450
112021357067.239
122181997391.644.5
131961456974.341
1415619488124.952.5
152191755180.143
162241525368.135
171191052988.534
181551173675.738
1913916049115.553
201351072779.532
2112518725149.852
2214414609101.544
23156977962.731
1日279826708095.542.5

頻出名詞

人(299), 自分(231), 話(137), 男(125), 今(109), お姫様(107), 増田(105), 子供(101), 女(89), 人間(79), 親(78), 問題(78), 意味(76), 日本(74), 必要(72), 前(72), 社会(64), 相手(64), 女性(64), プリキュア(58), 気(56), 気持ち(53), 関係(53), 言葉(52), ー(50), 普通(49), 他人(49), 目(48), あと(48), 感じ(46), 好き(46), アニメ(46), 他(45), 無理(44), ヒーロー(43), 事件(42), 新幹線(41), 男性(41), 可能性(40), 結婚(40), 金(40), 結果(39), 手(39), じゃなくて(39), 心(38), ネット(38), 男の子(38), 犯人(38), 女の子(38), 仕事(37), 誰か(37), 理由(37), 結局(37), 時間(37), 頭(37), しよう(36), レベル(36), 今日(35), おっさん(34), 存在(34), 会社(33), 理解(33), 場合(33), 最近(33), 絶対(33), 一番(33), 子(32), 別(32), 最初(31), 現実(30), 前提(30), 批判(30), 仕方(29), 努力(29), 姫(28), 世界(28), 自由(27), 自体(27), 人たち(27), 顔(27), 重要(27), 扱い(27), 経験(27), 逆(27), 時点(27), 一人(27), 表現(26), 意識(26), 周り(26), 人生(26), 一緒(26), プリンセス(26), ただ(25), 無視(25), 完全(25), 昔(25), 名前(24), 勝手(24), 差別(24), 嫌い(24), 全て(24), 否定(24), 子育て(24)

頻出固有名詞

増田(105), 日本(74), プリキュア(58), 可能性(40), じゃなくて(39), 犯罪者(22), 元増田(21), ネトウヨ(21), 被害者(20), 発達障害(19), ジェンダー(17), 職業差別(17), シンデレラ(17), キモ(16), いない(16), ブコメ(15), 娘(14), 障碍者(14), 個人的(14), アスペ(13), 価値観(13), わからん(13), Twitter(13), キチガイ(12), …。(12), 安楽死(12), スマホ(12), VR(11), いいんじゃない(11), なのか(11), ディズニープリンセス(11), ツイッター(10), yahoo(10), マジで(10), なんだろう(10), 自己責任(10), 健常者(10), リアル(9), ー(9), サイコパス(9), 容疑者(9), 分からん(9), 人間関係(9), 自分たち(9), 加害者(9), 上の(9), 障害者(9), 何度(9), 知らんけど(9), イケメン(8), headlines(8), ポリコレ(8), 意識高い(8), 加藤(8), 普通日本人(8), a(8), 好きな人(8), 殺人事件(8), ディズニー(8), 毒親(8), ブクマ(8), ツイート(8), アプリ(7), twitter(7), 自民党(7), 東京(7), 閻魔(7), アレ(7), 1年(7), 普通に(7), s(7), 結果的(7), 2人(7), 夫婦(7), SNS(7), AI(6), モテ(6), 資本主義(6), 学生時代(6), 精神的(6), 多様性(6), 1日(6), にも(6), 一方的(6), hatena(6), hl(6), 一日(6), 自民(6), 最終的(6), な!(6), アナ雪(6), 中国(6), ???(6), KKO(6), ヘイト(6), 説得力(5), ありません(5), ピンサロ(5), ネオリベ(5), 社会性(5), youtube(5), 新潟(5), 読解力(5), 京都(5), 30代(5), 1人(5), いつまでも(5), Excel(5), 基本的(5), ブサイク(5), 10年(5), オタサーの姫(5), 差別主義(5), ブクマカ(5), オタサー(5), 誕生日(5), 40歳(5), セーラームーン(5), 複数人(5), 経済政策(5), レズ(5), なんの(5), 脳内(5), detail(5), 社会制度(5), 袴田事件(5), 昭和(5), ロシア(5), 自分自身(5), チヤホヤ(5), 卑怯者(5), PC(5), クレーマー(5), ルッキズム(5), ADHD(5), 前前前世(5), プリンセスプリキュア(5), 小島(5), なんとかなる(5)

頻出トラックバック先(簡易)

■「男の子だって、お姫さまになれる」が呪いしかならない理由/20180611011239(29), ■子連れ母「ほら後ろ自転車来るよ!自転車!」 /20180609051754(10), ■特定班に届け /20180611020152(10), ■やはり人類絶滅こそが一番正しいのではないだろうか? /20180609115822(8), ■/20180610180031(7), ■/20180611134920(7), ■「◯◯あるよ」って言う人、誘ってるの?情報提供なの? /20180611104947(7), ■プリキュア不細工がいないのはなぜなのか /20180611022237(7), ■子育て家庭、子連れの親に対して文句つける人いるけども /20180611141643(7), ■/20180611153611(6), ■童貞社会で生きていくには /20180611005537(6), ■子供を持つと分かるよ(追記) /20180611022339(6), (タイトル不明)/20180611113313(6), ■バカid:gamecomeさん、あんはてなに向いてないよ /20180611154719(6), ■諦めが肝心だと分かっても納得できない /20180611133856(5), ■新幹線事件の件 /20180611115150(5), ■お金の話は一切抜きにして /20180611171814(5), ■非常時には妊婦子供が優先して助けられるべき /20180611183111(5), ■女児向けアニメ想像以上に保守的/20180611155503(5), ■産後鬱→虐待になりそうになった話 /20180610165630(5), ■人気声優ネットで話題のコスプレイヤーなどが一般紙グラビアに出ると大体イマイチ説 /20180611132722(5), ■そしてスポーツオーソリティーには二度と行くことはなかった /20180611150946(5), ■TDLって略すやつ嫌い /20180611130942(5), ■[アンケート] 理想安楽死とは? /20180611091357(5), ■死にたい時ってさあ /20180611164033(5)

2018-06-11

anond:20180611202253

加藤は言ってみれば「セルフ二重生活」を送っていたんだよ

1つ目がうだつの上がらない工場務めの底辺労働者

2つ目がアキバを中心に交友関係を結んだ面倒見の良いオタク兄貴

加藤普通大人になりたい願望の持ち主で、アキバで遊んでいるとき加藤こそが理想像だったんだ

初めは面倒見の良い兄貴分として上手くやれていたが、次第に本当の自分とのギャップ悩むようになる

アキバでは良いことを言って頼れる兄貴で居られているのに、職場では出来が悪くて疎まれて居たわけだから

アキバで上手く行けば行くほど、職場で下手を打てば打つほどギャップが大きくなり、加藤精神的に追い詰められて行くことになる

そしてついに偽りである理想自分を壊すことに決めた

理想自分を壊して本来の姿であるクズに戻らないとならない

そして大切にしていた理想自分を壊したからこそ泣いた

本当に大切にしていたからこそ最後に大泣きしたんだよ

anond:20180611200428

健常者の考えなんて知らんけど、たぶんテンプレートに収めた方が安心するんだと思う

そうしないと加藤はよくわからない化物のままだからテンプレートに収めて自分たちと同じ人間にしたいんだと思う

テンプレートに収めなくても加藤ちょっと頭のおかし人間だよ

何なら面倒見の良い兄貴分すら演じられる良いやつだぞ

アキバ加藤

親のせいだのなんだのと健常者の理屈に当てはめて語られていて凄く可哀相だったわ

理想自分と決別しようとしただけなのに母親の育て方がどうだのと言われてしまって、誰も加藤勇気ある決断に目を向けてくれない状態

まぁその勇気は蛮勇で、下手くそな決別の仕方だったけど、余計なノイズ加藤決断に混ぜるなよと言いたい

田中, 山田 - 林 feat.鈴木, 佐藤 (video by 伊藤加藤)

みたいな誰が主役かわからないyoutubeタイトルやめてほしい

キモおじさんは犯罪やらんでも公園にただいるだけで逮捕

弱者弾圧する卑怯者の社会犯罪者を生み出す

凶悪犯罪者の宅間も加藤も浅原も製造元の金太郎あめメーカー所在地日本

悪意をかき混ぜてモンスターを作っているのは普通の日本人

2018-06-08

anond:20180608123933

やっぱりホコ天トラックナイフは良くないのでは

どうせ死刑になるなら逃げ場のない鉄道のほうが良かったし

武器腕力がなくても使えるものが良かったのではと思う

じゃないと弱いもの苛めをしたら痛い目を見るという警告じゃなくて

強いものを叩いてはいけないという解釈でいつもの日本

卑劣攻撃を受けたと思ったならば卑劣な手で返さねばならない

正々堂々と返した加藤は神などではない

芽には芽を 羽には羽を

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん