「アカデミック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アカデミックとは

2020-06-02

anond:20200525193946

科学で一歩一歩といっても、それを担う若手研究者は各種ポスドクアライさんに示されるように不遇でバカにされるような存在だし、アカデミックポストなしだと本当に足元見られバカにされ、その過程で奪われ報われなくても自己責任、お前が悪いの地獄だが。

そもそも社会のためにどうこうなんて今の新自由主義時代期待するのが間違ってる。それより楽しい物を作ってる方がはるかに「幸せ」になるでしょう。テックベンチャーでは幸せにならない。

夢ややりがいは今の日本の元では他人低賃金不遇でこき使うための道具。

2020-05-30

anond:20200530132726

ブルーオーシャンなんてないよ。

ちょっとした思い付きをブルーオーシャンだって言ってるだけ。

実際はレッドオーシャンしかない。

銀行総合商社ルートが正しいとは思えん。売る商品ないじゃない。総合商社で扱ってた代物なんて自分商売で売らせてくれないよ。総合商社看板で扱わせてもらってただけ。銀行に至っては全く商品とは縁のない生活

本気で軌道に乗せようと思えば商品顧客よ。だけど思い付きと現実は往々にして違うからすり合わせが必要なんだけど、起業立場では一刻も早く売り上げを上げることを求めるからすり合わせなんかできない。

一億歩ぐらい譲ってアカデミック側に行けて科研費とかで研究ヒアリングを積み重ねた結果。だけど、今時アカデミックに進むこと自体レッドオーシャンだし。

そういう意味では、そういう現実も教えずに、起業しろ起業しろって若者にいってる奴らって犯罪教唆してんのと同じなんだよな

これについては全く同意しか現実知らんのに親が太かったとか、たまたま運が良かっただけの奴がハーメルンの笛吹き男みたいになって、うまくいかなかった奴を自己責任ののしり放題の世の中には反吐が出る。

2020-05-26

なぜ博士号をとったか大学教員になったのか

すまん。書き出しで結論を言うと、自分でもよくわからん

アカデミックあきらめた博士号保持者の記事が目に留まったので、運よく大学に残れた側のエッセイを書く。小さなころから科学者になりたかったんです、なんていう大学教員を見ると、眩しくてクラクラちゃうんだ。すまんな、憧れもなく大学教員になってしまって。

僕は少年時代に、科学者に対する憧れというものほとんどなかった。ニュートンとかガウスとかアインシュタインなんかの伝記を読み漁ったりして、心惹かれるものがあった。だけど、それは自分科学者になりたいという憧れとは少し違って、科学者仮面ライダーウルトラマンのように現実と断絶した世界にいるヒーローのようだった。

大学に入ると、教員たち講義を受けて、ずいぶん大学先生は楽しそうだと思った。あとでわかるが、それは誤解だった。ただ一人、すごく楽しそうに熱く語る先生がいた。専門を簡単説明する。それでいて奥が深い講義だった。僕はその講義に夢中になったが、周りの学生からは評判が良くないのが不思議だった。こういう先生なら、なってみたいかもしれない、とぼんやりと思った。

僕は研究者というよりは科学ファンだった。自ら新しい科学を切り開くということに、それほど魅力を感じなかった。それなのに、大学院へ進んだのは「もっといろいろなことが知りたい」という一言に尽きる。このセリフは厄介で、一見すると科学者適性がありそうだが、実際は逆だ。「ただ自分の興味が向くことを、気の赴くままに知りたい」という僕のような人は研究者に向かない。いったい僕は何になればよかったのだろう。大学院生としての一番の幸福は、図書館の薄暗い書庫顔パスで入り、紙が焼けているのにピンピンしていて、全く手を付けられていないような文献を読むことだった。だから論文が書けず苦労した。今もしている。研究者世界は手を動かす、アウトプットをするのが貴ばれる。研究世界に飛び込むことは少し違和感を覚えたが、もっと良い場所もなかったので居続けた。卒業したいので、しかたなく研究した。

学会で一流の知性に出会うのは、本当に楽しいことだ。僕にとってはスターライブであり、学会の懇親会で大物に研究の着想を聴いてみることほど楽しいことはない。

大学から学位記と一緒に追い出されるように飛び出し、一つ目の職場就職した。就職が上手く決まらなかったので、ダメなら別の業界に行こうと思っていた。だけれど何とか職場が見つかった。そこへ行った理由は、この業界にいれば、また暗い図書館での心躍る体験が、いつかできるかもしれないと、不純な希望を持ったからだ。着任した先では、学力が酷かったけれど、教員博士号持ちの熱血教師ぞろいだった。教員たちの教育に対する熱いパッションを聞かされて、なぜだかすっかり気持ちが冷めてしまって、他に居場所を探した。転職するためには、論文必要だったので必死研究した。欲しがりません勝つまでは、を地で行くスタイルで無理をした。体調を崩して大病してしまった。

なんとか次の職場を見つけ、落ち着いている。学生時代の環境を思えば、ここの学生世界が狭くかわいそうだと感じることもあるが、一つ目の職場と比べればだいぶましだ。すべては相対的だ。転職して、自分時間が増えたのでぼちぼち研究している。いつか解明したいテーマも懐にしまっている。いつか、は来ないので少しずつチャレンジしている。だけれども、ほとんどの研究時間は一日も早く給料を上げたい、そう思って不純だと思いながら心の血を流しながら論文を書いている。僕は興味が散発的なんだ、だから論文がこれほど憎たらしく感じられるんだと思い続けている。

博士号取ったのに大学教員にならなかった氏が言うように、大学が残念な場所であるとは認める。成績不良の学生面接したときは、部屋に一人残って泣いてしまうこともある、僕が。これから教員仕事うなっちゃうんだろうかって悩みつづける。実にこの業界ジリ貧だ。だけれど、大学教員以外に僕のふわっとした欲求を満たせる場所を知らない。雑用を投げてくるスーパースプレッター同僚もいるが、傷付きやすい僕を大学以上に放っておいてくれる職場を知らない。

文科省大学経営陣も学生も同僚もみんなクソだ。クソだけれど、僕はそんな奴らの戯言を骨抜きにしながら、今の場所に居座ってみようと思う。僕の興味と幸運の続く限り。

研究者にもなれない、だが学生を思いやる教育者にもなれなかった。一人でいたいから、学内政治家もっとごめんだ。いったい僕は何になればよかったのだろう。

教員に虚偽を勧められて失望した話

私は博士課程の学生である

この時期に博士課程の多くの学生申請する通称学振というものがある。詳しく知りたい人はググって欲しい。

さて、例に漏れず、私も申請することとなった。

ところで、この申請書には業績を記載する欄がある。

こんな論文を発表したとか、こんな学会で発表したとか書いてアピールするわけである

そして、私には今、査読中(under revision)の状態論文がある。この論文は私が筆頭著者であるが、査読中なので今のままでは業績にならない。そして、早く査読が終わらないかとやきもきしている。要は、この業績があるとないでは、業績の評価点数が変わってきそうなものなのである

私の指導教員はこの論文採録決定済み(accepted)としましょうって言ってきた。まだ審査員から返事は来ていないのにである

一回は無視して誤魔化したが、もう一度念を押されてしまった。

申請書を出すのは私なので、提出時に黙って修正してしまえばいい問題ではある。

しかし、「それって虚偽ですよね」ってはっきり言えなかった自分が悔しい。

そして、なにより「これって虚偽だよな」と思うことを勧めてくる教員失望した。

こういうことを勧めたら、こういうことをする博士が育てられるわけである

今のアカデミック申請書では、こういったことが平気で行われているのだろうか?

自分が知らないだけで、こういったことは当然のように行われてきたのだろうか?

未だに胸の中がもやもやしている。

2020-03-19

anond:20200319205045

., を日本語文章で使うヤツ協調性がないよね

でも市民権を得ている絵文字含めた表現を赦すなら赦すよ

 ↓

おじいちゃん研究者Twitterで使いがち

 ↓

学会サイトでも未だに使うところあるよね。変な日本語作文するなら絵文字も使えばいいのに。日本発祥文化だし

 ↓

なんで今更変えないといけないんだ

 ↓

学会サイト含めて世間一般がそうだからだよ

どうせなら世間に合わせるのではなく、一歩先に行って絵文字を推進していけ

 ↓

多数決アカデミックではない

 ↓

(なにいってんだこいつ?)

閉鎖的なイメージそのままの化石表現を辞めて絵文字(Kawaii)を推進するのだ

 ↓

絵文字句読点のかわりに使うのは〜



😔 < はぁ〜・・・

anond:20200319203312

数が多い方が正しい、というのはまさにアカデミックな考えと真っ向対立する思想だな。

2020-03-16

年下彼氏地方配属と結婚

結婚を考えていた年下の彼氏就職地方配属され(東京から3時間半くらいのところ)3年くらい帰ってこないらしい。私は3年後、アラサーなわけだが信じて待っていいものか。

彼氏は2歳下だ。

彼は22歳、大学4年、4月から就職

私が24歳、大学院2年、D進(アカデミック志望)

付き合って1年半。

同棲もして結婚するならこの人かなあと思っている。

そんな矢先に地方配属のお知らせ。

配属先はなかなか遠く、社会人の身であればそうしょっちゅう私のいる東京にも来られないだろう。

3年は戻って来られないらしく、その後も東日本各地を対象とした配属ガチャがつづくらしい。

配偶者がいる社員には月2回分家族に会いに行く交通費支給されるとのこと。

結婚しよっか〜といったものの、増田うつ病が治って元気になったらねと言われる。

(彼がかなりの精神的な支えだった)

いっそ別れよっか……といったもの結婚してほしいと思っているし付き合っていてほしいと言われる。

うわーん私だって別れたくないしそもそも離れたくないよ〜〜〜〜〜


まあ結婚なんてしなくてもいいのかなあ

彼は本当に私を救ってくれて、彼がいなかったらとっくに自殺してたと思う

離れたくないなあ

2020-03-13

https://anond.hatelabo.jp/20200312225243

チャンピオンデータというのはアカデミック界隈でも使われることがある言葉だよ。

ほとんど再現不能な、事実上捏造という意味で使われがち。

ただしなんらかのミスのよるものでない限り「潜在的には可能」ということではあるので、きちんと他のデータと合わせて違いを分析するならば意味のあるデータではある。

2020-03-09

anond:20200308152139

科学技術予算は皆財政出動の一つなんだが?企業じゃリスク取れないから。

iPS細胞オプジーボLEDも萌芽の時代科学技術予算からでている。

成果が出たのも本庶教授はともかく、山中教授はほぼもうアカデミックポストやめようかと思って最後公募にかけようかという瀬戸際だし、天野教授は結果が出なくて悩んでるただの博士学生だった。

金積んだところで萌芽の山中教授天野教授を捕まえられなかっただろうし、高額給金なんか取れる状態じゃなかったよ。

そこでに科学技術予算きっかけを掴んで発展していった。

政府がやるのは全部無駄」って新自由主義に囚われてるな。

政府しかリスクの高い科学技術研究をできず、リスクが高いゆえに無駄になったものも多いが、千に2つ大ホームランを当ててる。」

がただしい。

で、萌芽関係をとことん問い詰めて潰していったからの失われた30年。

2020-03-08

トランスVSフェミ面白い

フェミが、弱者女性差別する強者の男は悪、という武器を手に入れて暴れていたら、同じ武器を手に入れたトランスにやり返されているのが面白い

女性のための武器を使ってやり返しているのが男体持ちのトランスで、やられているのが女体持ちという、フェミからしたら理不尽まりない状況だろうと思うと最高に面白い

フェミと一括りにしちゃったけど、アカデミックフェミはさすがに賢くて、女性が男に勝つために設定したゲームルール弱者ほど正しい)では女性よりも弱者トランス相手には勝ち目が無いと判断してすぐに降参してしてしまった。彼/彼女アカデミックフェミは、トランス女性を受け入れない低偏差値ツイフェミ差別主義者と罵る内ゲバごっこを楽しむことに決めたようだ。これも面白い

アカデミックフェミなのに、トランス権利女性不安がぶつかるなら、私はあくま女性不安に寄り添う、と論文まで書いた某先生は偉い)

2020-03-02

ミッドサマー文化相対主義

https://note.com/sigure4444/n/ned6c9565ead5

https://twitter.com/evahpfbgknrd/status/1233793531166089217?s=21

この話、文化相対主義を持ち出してまったく正しいです。(それが映画への鋭い批評になっているかどうかはさておき)

ではEvaさんが「文化相対主義論文を書いた」と嘘をついているのかと言うと、そんなことはないと思います

Evaさんは文化人類学で教わるような「文化相対主義」で論文をお書きになったのだろうと推測しています

文化相対主義とはザックリ「文化に優劣はない。他の文化に寛容であれ」という思想です。

から現代的な人権思想からして寛容になってはいけないシロモノ、つまりミッドサマーホルガ村のようなカルト文化ではなく、文化相対主義適用されない。

こんなロジックなのではないでしょうか。

このロジック、よくよく見ると転倒してます。「カルト文化として尊重するに値しないか文化じゃない」って、ナチスが「ユダヤ人尊重するに値しないから人じゃない」と言うのと同じ構造ですね…

それはさておき、文化人類学的が言うような文化相対主義って、私の書いた通り二つの内容があります

文化に優劣はない」と「他の文化に寛容であれ」の二つです。

これらは、実は切り離せます

どういうことかと言うと、文化に優劣はないと認めつつ、かつ他の文化に非寛容な態度を取ることができます

文化相対主義って、一つ目の内容だけで本当は十分なんですね。哲学の本をひもとくとそう書いてあります

ネットで閲覧できる範囲だと、例えば権威あるStanford Encyclopedia of PhilosophyのRelativismの項目を参照してくれればよいです。

「他の文化に寛容であれ」という二つ目の内容は、文化人類学が(ある意味人権感覚から)過剰に要請したきたものにすぎないのです。

てなわけでホルガ村を、文化人類学的でない文化相対主義でもって論じるのは正しいです。

ついでにもう一言

https://twitter.com/evahpfbgknrd/status/1233801011220729861?s=21

絶対的正義はないけど絶対的悪はある。これ、間違いです。

あの、どの学者さんがそんなデタラメを本ないし論文に書いたんですか???教えてほんとに。

Evaさん、英語で書かれた文章ちゃんと読んで勉強しましょうね。アカデミック英語が読めないなら無理はしなくていいですけど。

2020-03-01

ミッドサマー文化相対主義

https://note.com/ryousg/n/n066607bcfdcb

https://twitter.com/evahpfbgknrd/status/1233793531166089217?s=21

この話、文化相対主義を持ち出してまったく正しいです。(それが映画への鋭い批評になっているかどうかはさておき)

ではEvaさんが「文化相対主義論文を書いた」と嘘をついているのかと言うと、そんなことはないと思います

Evaさんは文化人類学で教わるような「文化相対主義」で論文をお書きになったのだろうと推測しています

文化相対主義とはザックリ「文化に優劣はない。他の文化に寛容であれ」という思想です。

から現代的な人権思想からして寛容になってはいけないシロモノ、つまりミッドサマーホルガ村のようなカルト文化ではなく、文化相対主義適用されない。

こんなロジックなのではないでしょうか。

このロジック、よくよく見ると転倒してます。「カルト文化として尊重するに値しないか文化じゃない」って、ナチスが「ユダヤ人尊重するに値しないから人じゃない」と言うのと同じ構造ですね…

それはさておき、文化人類学的が言うような文化相対主義って、私の書いた通り二つの内容があります

文化に優劣はない」と「他の文化に寛容であれ」の二つです。

これらは、実は切り離せます

どういうことかと言うと、文化に優劣はないと認めつつ、かつ他の文化に非寛容な態度を取ることができます

文化相対主義って、一つ目の内容だけで本当は十分なんですね。哲学の本をひもとくとそう書いてあります

ネットで閲覧できる範囲だと、例えば権威あるStanford Encyclopedia of PhilosophyのRelativismの項目を参照してくれればよいです。

「他の文化に寛容であれ」という二つ目の内容は、文化人類学が(ある意味人権感覚から)過剰に要請したきたものにすぎないのです。

てなわけでホルガ村を、文化人類学的でない文化相対主義でもって論じるのは正しいです。

ついでにもう一言

https://twitter.com/evahpfbgknrd/status/1233801011220729861?s=21

絶対的正義はないけど絶対的悪はある。これ、間違いです。

あの、どの学者さんがそんなデタラメを本ないし論文に書いたんですか???教えてほんとに。

Evaさん、英語で書かれた文章ちゃんと読んで勉強しましょうね。アカデミック英語が読めないなら無理はしなくていいですけど。

2020-02-25

声優しろ漫画家しろ

https://note.com/ever_blue/n/n16ed7c79b534 をよんだという話)

声優しろ漫画家しろとても険しい道で、しかしそこを一度選んだものドロップアウトするにはまともな人のふりをしなおす才能が必要なのである

この人は自分底辺といっているが、

いつも増田粘着してる自称オタク無職から

「金を払われる側になったことがあるんだからエリートじゃねえか自慢するなクズ」という下から目線反論というよりルサンチマンをぶつけるもってこいの藁人形扱いだったり

anond.hatelabo.jp/20200211033150にしつこく粘着していってやったとおり漫画家声優絶対サラリーマンより下にみるな(ただし消し逃げ)」というなぜか中から目線反論だったりが想定されるところである

私はこのNOTEの作者の選択にはそのようなことは思わない。

始めたことをやめてまた始めるには人一倍勇気必要であり、この人はたまたまその勇気やまともなひとのふりをできる才能が今あるのだから尊重すべきだ。

ただし私がいいたいことはこの2つのどちらとも違う。心配だな、である

ウエメセといわれそうだがあえていうと、文系アカデミックポスト女性差別存在しないなんて思わないほうがいいのであるポスドク自殺女性の話がネットで盛り上がった通りである

大学に行くことでお金を払う側、客に一度もどったのである。ここで切ってしまうとまた若いものいじめといわれそうだがまあもう少し聞いてくれ。

 

平成以降に生まれネイティブネット世代は金という光ファイバ回線を通じて支払いができる交換価値がどんなものより大好きである

金があればアイチューンズカードが買え、ポイントに引き換えて好きな曲や漫画が買え、握手券つきCDもおしばいのチケットも(争奪戦にはなるが)買え、親に仕送りをしていい顔をでき、結局、金で好きな人を独占できるからである平成世代にたとえば現物で支払いをしたらおそらく2秒後にはメルカリである

そして労力を金に買えることも大好きである

ところが、労力を金に変える手段は大幅に電気コンピューターに奪われたのである

むかしはそろばん珠算)が正確にできれば統計経理という職が用意された。

昔は英検1級所持者なら海外ファクシミリをやりとりするという職が用意されていた。

たった50年ほど前である。そうやって就職した人はまだ現役で生きているし、なんならあなた上司になることもある。

しかし今職を探すあなた就職しても「エクセル」「グーグル検索」「グーグル翻訳」「グーグルマップ」より深く職場に溶け込むことはもうないだろう。

グーグル無料でなんでもやってくれるのだから給料を払って人間にやってもらおうという人はいない。

運良くまだ手つかずのそろばん世代上司になっても、金を払うとなると人間はよく調べるもので、

「こんなのグーグルで調べたらちゃちゃっとできるでしょ」と(自分はできないくせに)平気で言うのである

からあなたたちにはまともな職はない。絶望しろ。といいたいのではない。そうではないのだ。

今、乞食になることを怖がるなといいたいのである

コロナウィルスで人はあっけなく死んでしまう。

そうでなくてもインフルエンザで、お風呂ヒートショックで、普通ならひっかからない低い段差でこけて足を折って寝たきりになったのが原因で、

人は毎年何万人も死んでいるのである。私もおそらくそんなつまらない理由で死んでしまう。

その最後とき、私はおそらく、若いあなたたちだけでも生きていてくれてよかった、と言うのである

乞食になることを怖がらなくていい。自分他人の金にすがっているとおもわなくていい。

なんなら生活保護だって障害年金だって、どんなお金だってあげる。

災害災害自粛自粛と肩身の狭いまま大人になったあなたたちは本当にかわいそうだし、もらえるお金はもらっていいのだ。

その上で、堂々と胸を張って、プライドを持ってやりたいことをしなさい。

もらえる公的お金をもらうことと、犯罪他人の所有物をとったりする)とは全く次元の違うことなのだから

2020-02-22

議論に向いているWebサービス anond:20200222230248

マジレス目的意識(SNSメディアで大暴れしている議論が成立しそうにないアカデミア業界の人が視界に入りませんかそうですか)

2019-01-30

anond:20190130102425


英語圏も似たよな印象、どうでもいいゴシップ煽り記事

というかはてなーが大好きな北欧でもそういうネタ及び、

日本自称中道(あるいは自称保守)/日本自称リベラルが集まるインターネッツですか?っていう

レベル地獄レスバしてるサイト見かけるやで

そこでは「また差別を煽るようなクソ記事書きやがって」みたいなカキコミがあったり

特定組織集団のみ意識が高く有能とか妄想しかないので当然やね

ただ、ひとつ違うのは「真面目なインターネットコミュニティ」もぼちぼち見つかること

日本発の真面目なインターネットコミュニティって正直思い浮かばない

アカデミックな場がない

アカデミズムっていうのはその全く逆で、ある程度の資格を備えた人間けが参加することで、会話の質を担保する。

原理的にうまくいかない。


いや、実際には有意義な話をしている場所普通に日本語でもあるのだけど、そういう議論が成立してるってことは、誰もが自由に参加している訳でもなんでもないってことなので、つまり元増田ちょっと検索したぐらいでは辿り着けない。

誰もが自由に参加している訳でもなんでもない

(海外の真面目なサイトは)誰でも自由に参加してるんだが?

俺以外が悪いって地獄インターネッツモデル住民だよね

実際には有意義な話をしている場所普通に日本語でもあるのだけど

OSSとかあるけど日本発じゃないよね

(でも誰でも参加出来て真面目)

2020-02-20

学者には賢くあって欲しいよ

フェミ社会学者千田先生がターフの記事で叩かれてるの見て思った

別にフェミ思想が嫌って話ではなくて、少なくとも私なんかでは反論が思いつかないレベル論理立てをして欲しいっていう話

アカデミックなところにいた事がないから分からないけどそもそも「書くぞ!」と決心してから実際に発表するまで早過ぎないですか?普通そんなものなの?でも千田先生にとってトランスジェンダーとかの分野って専門外なんだ、だったらもう少し調べてから書こうってならないものなんだろうか

学者様は研究お金もらってる以上私たちにはできない議論をしてもらわないとご飯食べる資格ないんじゃない?学者という存在に対して私は厳しすぎるんだろうか

2020-02-19

anond:20200219144630

知識(積み重ね)の根本否定の是非はともかく、

自身の専門分野以外にもお気軽に様々な場で言及するのはご存知の通りですし、

気分をつぶやくツールでありいかなる主張にも適さない140文字所属組織を明らかにした上で好き勝手やってるのはご存知の通りですし、

研究とは微塵も関係ないとことで権力争いしているのはご存知の通りですし、

アカデミック職業でも学ぶ気のない方々がそれなりに見受けられるのはご存知の通りですし、

本質的に同じでしょう

2020-02-05

フェミニストオタクの食い違いの正体

実際にあったやりとり

表現に関する騒動でのフェミニストの主張は分解すると

1.「何かに気持ち悪さ(の強弱)を感じる」→2.「(強キモ物は)セクハラからやめさせろ」

となる。


それに対するオタク反論

セクハラではない。セクハラであるならそう言える論理提示せよ」

というもの


その反論を受けたフェミニスト

事実こんなに気持ち悪いのに何を言う。とぼけてるか、よほど感覚がまひしてるかだ!」と怒る。

(「とぼけてる」とか「麻痺してる」的な言説は沢山あったのでちょっとやりとりウォッチしてた人なら見てると思う)



ズレの正体

なんで延々ずれるかというと

オタ側は2を論点反論してて、

フェミ側はそれを1への否定として受け取ってるから


オタからセクハラじゃないはず、セクハラだという論理を示せ」と言われると

フェミは「気持ち悪いという私の心の動きは現実なのに、それを否定するのか!」って感じて怒る。



混線の原因

なんでそんな混線が起きるかというと

フェミ側の多くの人がたぶん

自分の主張が1と2の二段階で出来ているとか、1が即2とはならないとか、

そういうことをあまり把握・意識してない。

自分が感じていることと、それを他者社会に疎通させる為のコードの部分との区別ぼんやりしている。


そしてオタ側の多くの人がたぶん

キモい」という指摘に対して不感症で、

そう言われてもフェミ側が期待するような問題意識を持たない。

キモい」というところからセクハラ」「規制すべし」まで到達するにはかなり理屈の橋を架けなきゃいけないはずでしょ?その提示は?

という点ばっかり気にしている。


オタ「説明して?」フェミ「もうした!とぼけるな!」というやりとりが延々繰り返されてるのはこのため。



 ちなみにオタ側が「キモい」に対して不感症な理由

 まず言われ慣れてるっていうのがひとつと、

 コンテンツ消費者として自分にとって不快表現への対処という問題に直面してきており

 自分向けでないと判断したコンテンツを心で受け止めないという訓練が比較的(いまだ不十分なりに)出来ているため。

 (そしてこれは長年の不毛オタク内の喧嘩で徐々に培われてきたものだがそういうことを自覚的に考えていない。)




たぶんズレの理由まで気付いてる人物

多くのフェミニストは大真面目にやっている。


また、参戦してきた大物のうち学者先生は(なぜかわからないけど)たぶん天然。

アカデミック規定されたセクハラ定義を満たせないまま論を展開して

オタ側弁護士からおかしいですよと突っ込まれたりしていた。


じゃあ誰が気付いてるのか、

言い出しっぺの弁護士先生だけは確実に気付いてる。

陣営論理が1から2にワープしてる部分の自覚がある。(本来論理プロなので)


からtweetではほのめかしやRTを駆使した戦略的突撃の号令や撤退の引鉦鳴らしに徹しており、

決して自分から1と2の間の論理を述べようとはしない。

いちばんケイケだった突撃時でも延々論点1を情緒的な言い方で繰り返し圧迫することによって相手から2を引き出そうとしている。


先生扇動されている者達はそういうとこまで見えていないので

1と2をつなぐ論理について思い思いの迂闊な説明を出しては反論されて大物も下っ端も討ち死にしていったが

先生だけは最後まで討たれていない。

だって反論可能論理なんか何にも出してないからね。


ちゃん検討反論可能論陣を組んださえぼう先生の方が知的に誠実であっても

喧嘩クレーマーとして強いのは弁護士先生の方なのだ

中身のあることを言わなければ言質も取られないし反論もされない。


問題ですよ」「連絡を入れました」と言い続けて相手がなにか差し出すのを待つ。

あの先生けが隔絶した大人視野と戦法を使いこなして利益を追求しており

他のフェミニスト先生が笛で操る畜群となっている。


このように物事を分解して観察することで

目的も知能も知性の種類も違う人間達が仮初の集団形成したり解散したりする

この社会ダイナミズム面白さを感じないだろうか。

2020-02-03

就活

1. 月収の1%近くをかけて面接に向かうアカデミック

2. タクシーを用意してくれるし、連絡がきちんとした会社

どっち?

2020-01-29

ポスドクに関して

ポスドクで様々な成果をあげて栄転する人もいれば、そううまくはいかず、アカデミックを辞めてしまう人もいる。

何が両者を分けているのか考えてみる。分野にもよるが、ある程度は共通していると思う。どちらかというと理系寄り。

学振PDに採択される

→これは大きい。採択されるということは有望な研究者という証にもなるし、研究費をもらいながら自由研究できるので、成果もあがる。

論文など成果として評価されるものを書く

→定期的に論文を書いている人は、やはり評価されている。

・新学術など大きなプロジェクト雇用されている

ネットワークが広がるので、共同研究などに発展しやすいし、顔を知ってもらえるだけでやはり違う。機会を活かせるかはその人次第だけれど。

自分研究をする時間がある

ホワイトラボで、自由研究時間があるのはやはり強い。ブラックだととてもとても大変。

学位取得後に新たな研究分野を開拓しているか

博士課程と同じような研究を続けていては先細りする。博士課程を始めてから5年くらい経つと、世界研究の動向も変わる。また、同じ分野で出せる成果もだんだんインパクトが減ってくる。ポスドクで新たな研究に取り組めないと、今後取り組むのはもっと難しくなる。

以上を全部満たさなくてもいいが、全てを満たしていない人は、やはり厳しい。

2020-01-24

anond:20200124092326

ウルトラスーパー有能勝ち組でもなければ民間行った方が稼げるししゃーない

九大だかでアカデミックで残ろうとして死んだ例もあるわけだし

2020-01-18

anond:20200118153046

アカデミック世界質問歓迎だよ。

海外研究者日本講義してくれたとき学部生を相手質問もないのかといって説教してたよ。

あとレトリカルクエスチョンにならないように注意な。質問は言い方が9割じゃけえのう。

2020-01-12

絵師研究者

今よりも若くてエネルギーに満ち溢れていた工学部に通う大学生ときかわいい女の子イラストが描きたくて練習してた。

嘘、能書きばかり調べていて全然絵をかかなかった。ワコムペンタブ買ったのに。

自分自身が思う最高のシチュエーションで最高のキャラクターを描きたいと思っていたんだけど、デッサンがクソ過ぎてダメだった。

当初の予定としては10年後、立派な趣味としてオカズの完全自給自足を目指していた。

結局絵を描くことは辞めてしまった。

いま、いろいろあって駆け出し研究者としてひっそりと生きている。

かつてイラストの能書きで学んだことが研究者としての論文書きにちょっと生きている。

研究室学生雑談として話すわけにもいかないので、ここに吐き出してメモしておく。

論文も同じ。とにかく書くこと。こんなの出したら恥ずかしいとか、まだ表に出せないと思っていたらネタが腐る。

論文書いて恥かいて、それでもめげずに書けば強くなれそう。

あと、書くことにブランクを空けるとリハビリに3倍の時間がかかるので毎日少しでいいので続けるほうがいい。

書けば書くほど書きたくなるし、書けるようになるゾ。

  • 手癖で描くいちゃだめ、上級者ほど資料を見て描いている

論文イラスト師匠と決めた人の作品を見ながら習作を作っていくといつも新たな発見がある。

こんなときはこんな言い回しするのか、とかふむふむなるほどと思いながら書くのが楽しくなる。

尊敬するお師匠様(指導教員ではない)の論文ときどき模写したりする。

この言い回しカッコいいな、惚れ惚れするな僕の論文でも使おうとなる。

  • まずアタリを練って、何度も書き直す

論文も構想から完成まで3回くらいは書き直している。

論理破綻して「文章デッサン狂ってるな」というのが何となくわかってくる。

そして、文章の「アタリ」がうまく決まれさらさらと書いていくと破綻しない文章が書ける。

ごくまれ全国大会の1ページ論文を文頭の「はじめに」から初めて参考文献まで一気に書ききるときがあって、それがすごく快感

プロイラストレーターが眼からペンでいきなり描き始めてササッと迷いなく描き上げるってきっとこんな感じなんだろうなと思う。

論文ってアイデアは奇抜であってもよいけど、書き方は厳密に「アカデミック文法」に従わないとトンデモものになってしまうので、萌絵の文法に従ったイラストに似てるなと思う。

キャラクターって既存記号の積み重ねだよね。そこに隠し味としてオリジナリティがあると光る。

イラストレーターにとってのイラスト同人作家にとっての同人誌研究者にとっての論文と同じなのかもしれないと思う。

10年前の私、モラトリアム悶々としてた時間はむだじゃないよ! 

最高のキャラは描けなかったけど、最高のテーマで書けるようにがんばるぞ!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん