「敗戦国」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 敗戦国とは

2018-10-04

日本戦争に負けたから実力は知れた。

海外日本人がキレたらカミカゼし出すと理解たから雑に扱えなくなった。

北朝鮮でいうところのテポドンみたいなもん。

でも、最近はあまりに行儀がよくなりすぎてるので『真珠湾の時のような胸熱になるようなことやってくれよ』と言われているところ。

因みに最近オタクが好きなジャンル寝取られ

やったぜ敗戦国家。

2018-08-28

日本ではなぜ豊かさを実感できないのか

日本GDP世界3位、なのに

ドイツ(4位)やフランス(7位)の方が生活してて良さげな国に感じるし国際社会でもデカいツラしてるように見える。

まあ中国は2位でも絶対に住みたくないけど、って思うと、経済が全てではないってことなんだろうか。

ドイツだって敗戦国で30年前まで分割統治されてて日本よりヒドい状態だったのに。

2018-08-18

「婚渇女子少年画報社マンガ家小林拓己さん、ヘイトスピーチかます

小林拓己 @kaerunba49 3月6日

半島日本に何言ってこようが、在日差別されてるとかいちゃもんつけてこようが、「敗戦国差別ニダ

敗戦国からってなんでも日本悪いっていうのは、敗戦国差別ニダ」って言えば、向こうは今まで見たいに動けなくなるよ。

小林拓己 @kaerunba49

2017年10月9日

出版社は基本、左だし(大手さんほど)在日の人も多いって聞くしね・・・😓😓

小林拓己 @kaerunba49

返信先: @great_patriot_Rさん

韓国への渡航制限重要ですね!色々と世界が激動している時期で、日本も伸るか反るかの土壇場ではありますが、ムリは禁物。布都御魂さん、お体くれぐれもご自愛ください

https://twitter.com/search?q=from%3Akaerunba49%20%E5%9C%A8%E6%97%A5&src=typed_query

https://twitter.com/search?q=from%3Akaerunba49%20%E4%B8%AD%E9%9F%93&src=typed_query

連載

黒田芽衣子〜婚渇女子〜(ヤングキング連載、少年画報社、既刊4巻)

既刊

双葉社集英社講談社竹書房、他多数

LINE漫画で金稼ぎ

https://manga.line.me/search_product/author_list?author_id=000002mk&t=1533600000024

ネトウヨ子の人とは知ってたが、こんなんだったのね

2018-08-15

anond:20180815143514

元増田さんでしょうか?でしたら

万歳と喝采

敗戦国には辛い行為かと。しみじみと、戦争がどんな風であったかを(当時を知る方々に伺って)語り継ぐ日なのかなって思っています

2018-08-11

anond:20180810234339

勝戦国も敗戦国も酷いことしたよね

勝利こそ正義からアメさんが正義面してるのは仕方ないんだけど

anond:20180810211812

ドイツ映画のEdukatorsを見てみてほしい

同じ敗戦国にもかかわらず戦争になった経緯をバチバチ批判してる

日本は特A級戦犯である昭和天皇を温存した。

市民責任逃れで天皇にすがったばっかりに、そのへんの責任感の無さをいまだに引きずってんじゃないの

2018-07-21

anond:20180721211356

戦勝国対義語なら戦敗国になるはずなのに、どうして敗戦国なのかしら

横ですけど

トー記号文字を描く

Youtubeコメント欄ドット絵フォントの大きな文字トー記号で描くのが趣味なのでここに張り付けておく。

ちなみに横幅が大きいものスマホや小さな画面のノートパソコンだと改行されてうまく表示されないので注意。

例のアレカテゴリーコメントが多いです。

ちなみに、この記号▒█は環境依存で、スマホパソコンだと違う見た目に見えるから注意。

ところで、記事文字数がたったの2万文字程度しか打てなくて困ってます

2万文字って少なすぎるでしょ、いったい何ができるの?

運営が残念すぎて困ります

つづき:https://anond.hatelabo.jp/20180929231054

▒▒█▒▒▒█▒▒
█████████
▒▒█▒▒▒█▒▒
▒███████▒
▒█▒▒▒▒▒█▒
▒███████▒
▒█▒▒▒▒▒█▒
▒███████▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒
█████████
▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒


敗戦国の末路

████▒▒█▒▒▒▒▒█▒█▒█▒▒█▒▒▒▒███████████
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒██▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
████▒██████▒█████▒▒█▒▒▒▒█▒███████▒█
█▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒█▒███████▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█████▒█▒▒█▒▒█████▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒█▒▒█▒█▒▒▒█▒█▒█▒▒█▒█▒▒█▒▒█████▒▒█
█▒▒█▒▒█▒█▒▒▒█████▒▒█▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒█▒█
████▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒█████▒▒▒█▒▒▒█▒███████▒█
█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒█▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒██▒▒▒█▒███████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒████▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒████▒
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒███████████▒█▒▒█▒█▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒██▒█▒█▒▒
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒████▒▒▒█▒▒▒
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█████████▒▒▒▒█▒▒██▒███
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒█▒█▒▒▒▒█▒█▒▒▒████▒
█▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒
▒██▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒█▒███▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒███▒▒▒████▒


敗戦国の末路

████▒▒█▒▒▒▒
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒
████▒██████
█▒▒█▒█▒▒▒█▒
█████▒█▒▒█▒
█▒▒█▒▒█▒█▒▒
█▒▒█▒▒█▒█▒▒
████▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒
█▒▒█▒▒█▒▒█▒
█▒▒█▒█▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█▒█▒█▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒██
█████▒▒█▒▒▒
█▒█▒███████
█████▒▒█▒▒▒
█▒█▒█▒▒█▒█▒
█████▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒
█████▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒██▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
███████████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒███████▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒█████▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒█▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒███████▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
███████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒█▒
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒██▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█████████▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒█▒█▒█▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒█▒
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
████▒▒▒█▒▒▒
█▒▒█▒▒▒████
█▒▒█▒▒█▒▒▒█
█▒▒█▒█▒█▒█▒
█████▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒██▒██
▒▒████▒▒▒▒▒
█▒█▒▒▒█████
█▒█▒▒▒█▒▒▒█
█▒███▒█▒▒▒█
███▒▒▒█████


DIYUSI

░░░░░░░░░░▒▒░░░░░░░
░░░░░░░░░░▓░▒▒▒▒▓░░
░░░░░█▓▓▓▓▓▓▓░░░▓░░
░░░░█▓▒▒▒▒▒▒▒▓░▓░░░
░░░█▒▓░░▒▒▒▒░▒▓█▓░░
░░▓▒░▓░░▒▓░░▒▒▓▒░▓░
░▓▓▒▓░▓▒▒░▓▒▒▒▒▓▒▓░
░█▓▒▓░░▓▒░░▓▒▒▒▓▒▒▓
█░▓▒▓██░░███▓▒▒▓▒▒▓
░░▓▒▓░░░░░░░▓▒▒█▒▒▓
░░█▒▓░░░░░░░▓▒▓█▒▒▓
░░░▓▓░░░██░░▓▒██▒▒▓
░░░█▓▓░░░░▓▓░█░░█▒▓
░░░░▓░▓▓▓▓░▒▓░░░█▒▓
░░░▓▓░▓▒▒░▒▓░▓▓░░▓█
░░░▓░▓░▓░▒▒▓░░▓░░█░



さななな

▒▒▒████▒▒███▒▒█▒▒▒███▒▒█▒▒▒███▒▒█▒
███▒█▒▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒█▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒█
▒▒▒███▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒███▒▒▒▒█▒███▒▒▒▒█▒███▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█▒██▒▒█▒▒█▒██▒▒█▒▒█▒██▒
▒▒▒███▒▒█▒▒▒██▒█▒█▒▒▒██▒█▒█▒▒▒██▒█


最強

▒▒██████████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒██████████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒██████████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
██████████████
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████▒████▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒█████▒▒█▒█▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒█▒█▒▒
▒▒█▒███▒▒▒█▒▒▒
████▒▒█▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█████▒▒▒█▒▒█▒▒
▒▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒█▒▒████
▒▒▒▒██████▒▒▒█
▒████▒▒▒▒█▒▒▒█
▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒███████▒
█████▒█▒▒█▒▒█▒
█▒▒▒█▒█▒▒█▒▒█▒
█▒▒▒█▒███████▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█████
▒███▒█████▒▒▒█



うんちして♡

▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒███▒▒▒██▒██▒▒
▒▒██▒▒▒▒█▒▒█▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒██▒▒██▒█▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█████▒█▒▒▒█▒▒██▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█
▒███▒▒▒██▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒█▒▒█▒▒█▒██▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒█▒▒█▒▒██▒▒█▒█▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒█▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒█▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒
▒██▒▒█▒▒▒██▒▒▒██▒▒▒███▒▒▒▒██▒▒▒▒▒█▒▒▒▒




おまだセ

▒▒▒▒▒▒██▒▒▒██▒
██████████▒▒██
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒▒▒
▒▒▒██████████▒
▒██▒▒▒██▒▒▒▒██
▒██▒▒▒██▒▒▒▒██
▒▒█████▒▒▒███▒
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒
██████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒██████████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒▒█████████▒▒
▒▒██▒▒▒▒██▒██▒
▒▒▒██████▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
██████████▒█▒█
▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███▒▒██████
▒▒███▒▒▒▒▒▒▒██
▒███▒▒██▒▒▒▒▒▒
███▒▒▒▒███████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒██▒▒████████
███████▒▒▒▒▒██
▒▒██▒▒▒▒▒▒███▒
▒▒██▒▒▒▒███▒▒▒
▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███████████



こうなるとイタズラ心に火がつくな

▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒████▒▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒████▒▒▒██▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██▒██▒▒▒▒█████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒████▒▒▒▒▒████▒
▒▒▒▒██▒▒▒▒▒▒███▒▒██▒████▒▒██
██▒▒██▒▒██▒██▒██▒██▒▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒████▒▒▒▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒███▒
▒▒██▒▒██▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
███▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒█▒█▒████▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒███████▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒██▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒██▒▒▒██▒▒▒▒██
██████████▒▒▒██▒██▒▒▒▒▒▒████
▒▒██▒██▒██▒███▒▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒
███▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒████▒▒▒▒▒▒▒████
▒▒█████▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒██
███▒▒▒██▒▒▒████████▒██▒▒████
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒▒██▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██████▒
▒▒▒███▒▒▒▒▒██▒██▒██▒██▒▒▒▒▒▒
▒▒██▒▒▒▒▒▒▒████▒▒▒▒▒▒███████
▒▒██▒▒▒▒▒██▒▒███████▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒████▒▒▒▒▒▒▒▒▒
████▒▒██▒▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒██▒▒▒▒▒▒▒██▒██▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
██▒▒▒▒██▒▒▒██▒▒████▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒████▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒


淫夢の一太刀

▒█▒▒▒▒▒▒▒███▒
▒▒█▒▒████▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
█▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒█
▒█▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██▒
▒▒▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒█████████
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
█▒▒▒▒███████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
█████████████
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒███████████▒
▒█▒▒█▒▒▒█▒▒█▒
▒███████████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒███████▒▒▒
▒██▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒
▒▒████▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█████▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒██▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
█████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█████████████
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
████████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
█▒▒▒▒▒▒███▒▒▒


人間宣言

▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
██▒▒▒▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████▒▒▒█████
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█████▒▒▒█████
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█████▒▒▒█████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒▒█████▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█▒▒▒█████▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█▒▒▒█████▒▒▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█████████████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒█████████▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█████████▒▒


覚悟

▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒██▒▒█▒▒
▒███████▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒███████▒▒▒
▒▒▒▒██▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███▒▒▒▒███▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒█████████████▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒█████████▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█████████▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█████████▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█████████▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒██▒▒▒▒█▒▒▒▒█
███▒▒▒▒▒▒▒█████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒█████████▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█▒██▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█▒█▒█▒███████▒▒
█▒█▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒
█▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
█▒█▒███████████
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒████████▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒████████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒███▒▒
▒▒████████▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒████▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒███▒
▒▒█▒▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒████████▒▒


野獣洗米

███████▒███████
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒
███████▒▒▒██▒▒▒
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
█▒▒█▒▒█▒███████
███████▒▒▒▒█▒▒█
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
███████▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒████▒▒▒▒█▒▒▒
████▒▒▒▒▒███▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒█▒▒█▒█▒▒▒▒█▒█▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒█
███████▒▒▒▒█▒▒▒
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
███████▒███████
█▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
███████▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒
███████▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒
███████▒▒█▒▒▒█▒
█▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒▒█▒
█▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒▒█▒
███████▒█▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█████████▒
█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒███████████
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
███████████████
▒▒▒▒▒▒███▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒█▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
██▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒


一转攻势(一転攻勢)

▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
███████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
███████▒██████▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒█▒▒▒████████
▒█▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█▒▒████▒█▒▒▒▒▒▒
████▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒████████
▒▒▒████▒▒▒▒▒▒█▒
████▒▒▒▒██▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒███████
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒█▒█▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒
▒▒▒████▒▒█▒█▒▒▒
████▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒██▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
██████▒███████▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒█▒█▒██▒▒█▒█
▒▒▒███▒▒▒██▒█▒█
███▒█▒▒▒█▒█▒█▒█
▒▒▒▒█▒██▒▒▒▒▒██
▒▒███▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█████████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒██▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
███▒▒▒▒▒▒▒███▒▒


やったぜ。

▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒████▒▒
█████▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒▒█▒▒██▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒████▒
▒▒▒███▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒███▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
█████████▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒████▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒█████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
███████████
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒███▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒


おまだセ

▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒██████▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒██████▒▒
▒█▒█▒▒▒▒█▒
█▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒█▒▒▒▒▒█
▒██▒▒▒███▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
██████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒███████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█████▒▒▒
▒█▒▒▒█▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒█▒
▒▒███▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█
▒▒█▒▒▒▒█▒█
██████▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒████▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒▒
█▒▒▒█▒▒▒▒▒
█▒▒▒▒█████
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█████
█████▒▒▒▒█
▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒███████▒


ネコと和解せよ

▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
████▒▒█████
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒█
▒███▒▒▒▒▒▒█
█▒█▒█▒▒▒▒▒█
█▒█▒▒▒█████
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒██▒▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒██▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒██████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒███▒▒▒▒▒
███▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█████
███████▒▒▒█
▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
▒███▒▒█▒▒▒█
▒██▒█▒█▒▒▒█
█▒█▒▒██▒▒▒█
█▒█▒▒▒█████
█▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒███▒▒█████
█▒▒█▒▒▒█▒▒█
▒▒█▒▒▒▒█▒▒█
█████▒█▒▒█▒
█▒█▒█▒▒▒▒▒▒
█████▒█▒█▒▒
█▒█▒█▒█████
██████▒▒█▒▒
█▒▒▒█▒█████
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒
█▒▒██▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒██▒▒▒▒██▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
███████████
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒███▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒██████▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒██████▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒██▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒███▒▒▒▒▒▒


究極の動物園

▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
█████████████
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒█
█▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█
▒██▒▒▒█▒████▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒█████████▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒██▒▒▒▒▒█▒▒█
██▒▒▒▒▒▒▒████
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒█████████
████▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒███▒▒▒▒
▒███▒▒▒▒█████
▒██▒███▒█▒▒▒█
█▒█▒█▒█▒█▒█▒█
█▒█▒█▒█▒█▒▒█▒
█▒█▒███▒█▒▒█▒
█▒█▒▒▒▒▒███▒█
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒█████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█████▒▒▒▒
▒▒▒█▒█▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒
▒█▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒▒▒██▒▒▒█▒▒▒
████▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
█████████████
▒▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█
███████▒▒█▒▒█
█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒█
███████▒▒█▒▒█
█▒▒█▒▒█▒▒█▒▒█
███████▒█▒▒▒█
▒▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒█
▒▒▒████▒█▒▒▒█
████▒▒▒█▒▒██▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
█████▒███████
█▒█▒▒▒█▒█▒█▒█
█▒█▒▒█▒▒█▒█▒█
▒▒█▒▒▒▒▒█▒█▒█
▒▒███▒▒█▒▒█▒█
███▒▒▒▒█▒█▒▒█
█▒█▒▒▒█▒▒█▒▒█
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒▒█
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
▒▒█▒▒▒█▒▒▒██▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒███████▒▒█
█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒█████████▒█
█▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒█
█▒▒███████▒▒█
█▒▒▒▒██▒▒█▒▒█
█▒▒▒█▒███▒▒▒█
█▒██▒▒█▒▒██▒█
█▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█████████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█████████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒████████▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒████████▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
█████████████
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒█▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒██▒▒▒▒
▒▒█████▒▒██▒▒
███▒▒▒▒▒▒▒▒██


一転幸成 宇月幸成(兼用

▒▒▒▒▒▒▒▒▒█▒
███████████
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
█████▒█████
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
█████▒▒▒▒▒▒
█▒█▒█▒▒▒▒▒▒
███████████
█▒█▒█▒▒▒█▒▒
█████▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒
█████▒▒█▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒██
▒▒█▒▒████▒█
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒█
▒▒███████▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒███▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
█▒▒▒▒▒███▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒
███████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒
▒█████████▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒█
▒████▒█▒▒▒█
▒█▒▒█▒▒█▒█▒
▒█▒▒█▒▒█▒█▒
█▒▒▒█▒▒▒█▒▒
█▒▒██▒▒██▒█
█▒▒▒▒▒█▒▒██


死ね 氏ね兼用

████████████
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒████▒█▒▒█▒
▒▒█▒▒█▒█▒█▒▒
▒██▒▒█▒██▒▒▒
█▒▒██▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
██▒▒▒▒▒▒████
▒▒▒▒▒▒▒▒██▒▒
▒▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒████▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒██████████
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒█▒▒██▒█▒▒█
▒▒███▒▒▒▒█▒█
███▒▒▒▒▒▒▒██
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒████▒███▒▒▒
▒▒▒█▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒██▒▒▒▒▒█▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒██▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒██▒▒▒▒▒▒█▒
▒█▒█▒▒███▒█▒
▒█▒█▒█▒▒▒█▒▒
▒▒▒█▒▒███▒█▒


おまけの中身が知りたくて―。

▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒█▒
▒███████▒▒█
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒█▒▒▒█▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒█▒▒▒▒█▒
▒█▒▒█▒▒▒▒█▒
▒▒██▒▒███▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒█████████▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒██████▒▒▒
▒█▒▒▒█▒▒██▒
▒▒███▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒███████
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒█▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒▒█▒▒█▒▒
▒█▒▒▒█▒▒▒█▒
▒█▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█
█▒▒▒█▒▒▒▒▒█
▒█▒█▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒███▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
███████████
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
█▒▒▒▒█▒▒▒▒█
███████████
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███████▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒███████▒█
▒▒█▒▒▒▒▒██▒
█████████▒▒
▒▒▒▒██▒▒█▒▒
▒▒██▒▒▒▒█▒▒
██▒▒▒▒▒██▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒█▒█▒
▒▒▒█▒▒▒█▒█▒
▒█████▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒█▒█▒▒
▒▒▒█▒▒█▒▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒█▒
▒▒█▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒█▒▒▒▒
▒█▒▒██▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█████▒████
█▒▒█▒▒▒█▒▒█
▒▒▒█▒▒▒█▒▒█
██████▒█▒▒█
▒▒▒█▒▒▒█▒▒█
▒▒▒█▒▒▒█▒▒█
▒▒█▒█▒▒█▒▒█
▒█▒▒▒█▒████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒█▒▒▒█▒▒
▒▒██▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒▒█▒▒▒
▒▒▒▒███▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒█████▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒████▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒█▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒█▒▒▒█████▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒██████▒
▒███▒▒█▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒█▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒███▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒▒██▒▒


誰?

▒███▒▒█▒▒█▒
▒▒▒▒▒▒█▒▒█▒
████▒██████
▒▒▒▒██▒▒█▒▒
████▒█▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒██████
████▒█▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒█▒▒
████▒██████
█▒▒█▒█▒▒█▒▒
█▒▒█▒█▒▒█▒▒
████▒██████
█▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒█████▒▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒█▒▒▒▒▒█▒▒
▒▒▒▒▒▒██▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒
▒▒▒▒▒█▒▒▒▒▒

2018-07-16

太平洋戦争の負けを取り返したい

あの当時、アホな軍部暴走で落としどころのない戦争に突っ込んで、敗戦国になった。戦略があって、終わらせる前提の戦争ではなかった。

過去の話は、もう今さら取り返しがつかない。しかし、沖縄占領されている基地という問題はどう考える。

日本は、敗戦国として、充分な軍事力がないために、アメリカ属国のような立場で、軍事基地資金提供を行っている。

太平洋戦争の負けを取り返す方法を考えようとしたが、日本の現状を考えると無理。

移民をじゃんじゃん入れないと、国自体無くなりますから

こうなると、やはり、日本という国を諦める方が早い。

日本以外で先進国移民やすい、まともな国に移住することを考えよう。

2018-06-29

日本USAの一州になって大統領投票権を得た方が良い

 

敗戦国日本が、アメリカと対等な地位を取り戻すには、発想の逆転が必要だろう。

戦後70年以上、日本右翼左翼アメリカから独立を求めてきたが、在日米軍占領軍)は撤退しなかった。

日本人の独力ではアメリカ支配を脱却できないことは、歴史証明した。

 

日本では、米兵日本人の少女レイプしても、米兵在日米軍基地に逃げ込んで、本国高飛びすれば、日本警察逮捕して、日本裁判所で裁くことができない。

日米は対等ではなく、日本アメリカ支配下にある。

日本アメリカの1州になれば、日本人はアメリカ人になれる。

アメリカ人になれば、アメリカ大統領選挙立候補投票もできる。

日系アメリカ人(実質日本人)からアメリカ大統領が誕生すれば、日本州に配置している米軍管理ができる。

 

在日米軍司令部は、沖縄県ではなく、横田基地東京都)にある。

日本アメリカ植民地なので、日本全国のどこにでも在日米軍基地を設置できる。(日米地位協定

東京在日米軍基地を設置するなら、皇居にすれば良いだろう。

アメリカポチ犬(ストックホルム症候群)のネトウヨなら大喜びするのでは?

2018-06-12

[] アメリカ北朝鮮日本序列

 

アメリカ北朝鮮日本

という力関係になっていることが、今回の会談で明確になった。

 

第2次世界大戦敗戦国となった日本は、連合国軍占領されて、戦後日本アメリカ奴隷にされた。

戦勝国側についた北朝鮮韓国は、日本に対して、戦勝国立場にある。

 

戦後日本は、アメリカになめられ、北朝鮮にもなめられている。

国際社会は、日本人のことを「牙を抜かれた間抜け」だと認識している。

 

北朝鮮による日本拉致被害者返還要求しなければ、北朝鮮はいくらでも日本人を誘拐して奴隷にできることになってしまう。

から日本政府は絶対妥協してはいけない。1人たりともだ。

 

日本自衛隊を出動させて、北朝鮮捕虜にされている拉致被害者を取り戻せばいいが、日本北朝鮮戦争を仕掛けることは日本国憲法で禁止されているので、日本は独力で救出することができない。

アメリカ大金差し出して、拉致被害者の救出を依頼しても、アメリカ全然動いてくれない。(口先だけで、はぐらかされて終わり)。

せっかく安倍さんが、アメリカポンコツ武器大金で買うと言っても、この有り様だ。

 

アメリカには期待できない。

北朝鮮にも期待できない。

安倍さんは、様々な制約の中でよくやった。頑張ってくれたが、残念だがこの結果だ。

日本野党は、北朝鮮拉致被害者問題解決全然使えなかった。(日本野党は、中国共産党下請け仕事しかやる気がないのか?)

外交カードにされている日本拉致被害者が気の毒だ。

 

在日朝鮮人在日韓国人の皆様も、北朝鮮日本拉致被害者日本へ帰えすように声を上げてください。

アジア平和のために、よろしくお願いします。

 

拉致被害者家族ビデオメッセージ

~必ず取り戻す!愛する家族へ~

 

北朝鮮による日本拉致問題とは、1970年代から1980年代にかけて、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の工作員土台人よど号グループなどにより、17人(北朝鮮側によれば13人)の日本人が、日本欧州から北朝鮮拉致された問題である

 

anond:20180612175954

[] 北朝鮮 VS 日本

日本は、北朝鮮との外交で敗北した。

これは、単に現政権安倍さんが悪い、というだけの問題ではない。歴代政権の総決算だ。

 

北朝鮮アメリカ会談の結果を見て、ガッカリした。

想定の範囲内だが、やはり北朝鮮日本拉致被害者返還を発表しなかった。

今回の交渉で、北朝鮮による日本拉致被害者日本に戻って来れなければ、多分チャンスはもうないだろう。

家族高齢になっていて、家族が生きている間に日本拉致被害者に会える可能性も低くなった。

 

WW2敗戦国日本人は、北朝鮮になめられている。

日本いくら拉致被害者返還要求しても、北朝鮮返還しない。

日本北朝鮮戦争をやって、力づくでも取り戻すべきだが、日本にはそんな根性がないことを北朝鮮は見透かしているからだろう。

北朝鮮は、日本人をいくら誘拐しても、日本には取り戻す力がないことを知っている。

 

今も日本各地で行方不明者になっている人が、毎年いるが、その中には北朝鮮拉致されている人もいるかもしれない。

日本人は戦後アメリカ奴隷にされただけでなく、北朝鮮奴隷にもされたのだ。

 

残念だが、これが戦争というものだ。

日本パールハーバーの奇襲攻撃戦争を始めた。

日本人は、宣戦布告なしでいきなり戦争人殺し)を始めた卑怯者として、歴史に刻まれた。

卑怯者を退治する名目で、アメリカ原子爆弾で、戦闘員ではない一般市民日本人を大量虐殺したが、日本人は卑怯者なのでいくら殺しても構わないと認定されてしまった。

 

敗戦国悲惨立場に置かれることを、日本人は決して忘れてはならない。

拉致問題解決に尽力されてきた、政治家官僚役人民間人、その他関係者の方々へ感謝するとともに、諦めずに交渉を続けてください。

今回、日本に戻って来れなかった、北朝鮮による日本拉致被害者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。(合掌)

 

拉致被害者家族ビデオメッセージ

~必ず取り戻す!愛する家族へ~

 

北朝鮮による日本拉致問題とは、1970年代から1980年代にかけて、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の工作員土台人よど号グループなどにより、17人(北朝鮮側によれば13人)の日本人が、日本欧州から北朝鮮拉致された問題である

2018-06-08

anond:20180608113647

向こう的には敗戦国チョッパリどもは未来永劫謝罪し続けなくてはならないんでしょ

2018-06-05

朝鮮戦勝国 >>> 日本敗戦国

慰安婦問題に対する半島人の恨みは尽きない。

日本人復讐するため、反日教育洗脳し、「合法的」に日本人レイプする仕組みを作った。

在日ヤクザ日本人女性を集めて、在日AV男優が犯す。

その証拠映像世界中にばらまき、日本の男はオナニー中毒日本の女はアバズレだと全世界に主張している。

それを見て日本人は喜びお金を払う。

外国人から見ると、日本人基地外に見えるのは当然。英語ができない日本人は「知らぬが仏」

 

日本人もっと英語勉強しろ

外国ニュースも見ろ!

外国人と対等に交渉しろ

 

2018-05-23

太平洋戦争日本アジアの国に多大な迷惑を」って言うじゃん。でも元々植民地でしょ。「慰安婦問題日本は多大な迷惑を」って言うじゃん。でもアメリカだってやってるじゃん。でも戦争だし、そもそも植民地だったりしたじゃん。なんで? って思ってた部分が少しはあったんだよね。どの国だって戦争やれば地元問題は起こすだろって。バターン死の行進とか違和感はありつつも。敗戦国から? とか。

あれはお前らのガバガバガバナンスでこっちはえらい迷惑したんじゃって意味だってのが日大問題見ててやっと分かったわ。

戦争とか関係なく、限りがあろうが無かろうが与えられた資源を適切に分配できない、問題対処できない、ルールが守れない、そんだけなんだな。

2018-05-22

日大アメフト反則プレーの指示=神風特攻隊の出撃命令と似てる?

反則選手記者会見動画を見た。

 

自分意志でやめておけば良かった」という反則選手言葉が重い。

神風特攻隊で死んでいった若者も、敗戦後の展開を察知できていたら、何も命まで捧げることはなかっただろうと無念に思う。

 

相手QBをラフプレーで潰しておかないと秋季戦で勝てないと判断した監督も、苦渋の決断特攻を指示したのだろう。

敗戦国の日本人としては、当時の天皇陛下も、現代内田監督も同じ立場に見える。

単に「謝罪しろ!」と責めるのは心苦しいね

2018-05-21

anond:20180521005426

まあねー

その上で最近はどうして日本政府がこんなに甘いのかまで勘ぐるようになってきた。

例えば日本戦争に負けた後にちゃん国際的基準に従ってどころか北の分まで公式賠償をしたわけだけど、そのことを南はつい十数年前まで国民に知らせてなかったよね。

から南の人たちは経済復興したのは漢江奇跡とか言って自分たちの力だけで復興したんだと思い込んでたし、今でもそれを認めたがらないじゃん?

それと同じように日本政府日本国民に隠してる何かがあるんじゃないのー?と疑ってしまう。

でなきゃこうまで国際的にも常識的にも違反だらけのことをしてる国に「非常に遺憾」なことを伝えるだけで済ませるなんて有り得ないことに思えるし…。

もちろん日本敗戦国事実上米国属国みたいなもんだから国際的に強く出られないのは分かるし、戦争回避の為にはかなり我慢しなくちゃいけないわけだけど、他国なら撃ち落としてるような侵犯をされても抗議だけ。

日系の二世三世世界中迫害されてもおかしくないような銅像を色んな国に建てても抗議だけ。

なんかおかしいような…。

2018-03-29

例えば日本人アメリカでさ

「俺しょせん敗戦国出身からさぁw」

「ダウンっぽいって言われるけど俺黄色人種からw」

 

とか自虐しまくってたら

そら周りの人間もそのうち

負け犬負け犬ダウンダウン言い出すよね

2018-03-26

anond:20180326142532

本当は、日本って敗戦国底辺国家なんだけど、逆に無法地帯からやりたい放題なわけ。

サイコパスにとっては犯罪天国から日本ほど居心地の良い「狩場」は、他にそうそうないんだよね?

日本を狩場にするメリットは、大人しくて反抗しない奴らを奴隷にできること。(他にメリットないでしょ?)

自分の頭で考えることのできない痴呆は、口では吠えても、実際に何も行動を起こさない。手玉に取るのは、チョロいもんですなw

2018-03-10

anond:20180310101552

日本会議秘密結社ではない。その活動内容は公開されている。

日本会議愛国者の見本として、正々堂々と活動すれば良い。

敗戦国日本国際的地位回復するために、日本人は一致団結すべきなのである

日本会議は、日本会議に加入していない日本人を非国民として排斥するような狭量の団体ではない。

2018-02-28

フィクションにおける南極歴史

古代

約2000万年

宇宙から飛来したUFO南極へと落下(影が行く)

10万年

宇宙から飛来したUFO南極へと落下(遊星からの物体X)

1万2千年以上前

堕天翅族がアトランディアの地(南極)に高度な文明を築いていた(創聖のアクエリオン)

紀元前2000年

プレデター南極に降り立つ。人類建築技術を与え神として崇められた

神殿を建造させ100年ごとに成人の儀式のために地球を訪れ、エイリアン宿主となる生贄を求めた。しかしある時繁殖しすぎたエイリアンによって敗北し、全てをリセットするため自爆装置を用い南極文明消滅させた(エイリアンVSプレデター)

1606年頃?

全盛期のキスショット南極大陸から日本に渡る。衝撃で南極大陸を破壊しかける(鬼物語)

1838年

アーサー・ゴードン・ピム、友人オーガスタスの協力のもと帆船グランプス号に密航する

様々なトラブルを乗り越え辛くも南洋を目指す貿易ジェイン・ガイ号に救出される

そのまま南極探検に向かい「テケリ・リ」と鳴く動物に遭遇する(ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語)

1868年

ネモ船長人類で初めて南極点を征する(海底二万マイル)

1889年

ノーチラス号は資材補給のため南極秘密基地へ向かう。基地南極の地下にある大空洞に、2万年前に古代アトランティス人が建造した巨大なドックだった(ふしぎの海のナディア)

1930年

ミスカトニック大学ダイアー教授率いる探検隊、南極大陸に向かう

生物学者のレイク率いる分隊狂気山脈発見。「古のもの」の化石を数体発見するがショゴスの襲撃を受ける。最終的にたった2名の隊員のみが帰還する(狂気山脈にて)

1938年

1945年

ナチスの残党が宇宙人との戦闘勝利し、遺跡から聖杯を手に入れ新たな帝国南極に築く(ADVANCED WORLD WAR 〜千年帝国の興亡〜、難局!ED)

1955年

昭和30年代、敗戦から復興を進める日本戦勝国を中心とした国際地球観測年による南極観測への参加を表明する。しかし、他の参加国から敗戦であることを理由罵倒される。そして日本に割り当てられた観測場所は「inaccessible(接岸不可能)」とされていたプリンスハラル海岸であり日本は全く期待されていなかった。その中で倉持たちは日本世界と肩を並べる時が来たとして南極観測のために尽力する(テレビドラマ南極大陸 」)

1958年

二次越冬隊を乗せた南極観測船・宗谷が例年にない悪天候と氷河に阻まれ立ち往生してしま

その4ヶ月後、往生したままの観測から飛行機基地に降り立ち本日中に全員が昭和基地から撤退帰国するよう命令が下る。しかし犬達を連れていくことは許されず、潮田達は苦渋の決断で数日分の餌を与え南極に犬たちを置き去りにして帰国する

犬達は鎖から逃れ、1年後に生き残っていた兄弟犬タロとジロに再会する(南極物語)

1966年

南極に生息する怪獣ペギラ南極観測隊の基地を襲撃したが、南極の苔から取れる物質ペギミンHが弱点であることがわかり、それを搭載した気象観測ロケット迎撃されると黒煙を吹きながらどこかへ飛び去る(ウルトラQ)

1969年

イギリス細菌研究所で開発されたウイルススパイによって盗み出されたが、スパイの乗ったセスナアルプス山中吹雪のため墜落しウィルス流出してしまった

ウイルスは全世界蔓延半年後には35億人の人類を含み地球上の脊椎動物ほとんど絶滅してしま

わずかに生き残ったのは南極大陸に滞在していた各国の観測隊員約1万人と、海中を航行していて感染を免れた原子力潜水艦ネーレイド号やT-232号の乗組員たちだけであった。過酷な極寒の世界ウイルス活動を妨げ、そこに暮らす人々を護っていたのである。隊員らは国家の壁を越えて「南極連邦委員会」を結成し絶望の中から再建の道を模索する(復活の日)

1979年

1982年

1984年

南極の奥地にある機械の城ネオラード拠点とする、メカ人間帝国「新帝国ギア」が人類への攻撃を開始する(超電子バイオマン)

1985年

1991年

「私」が氷男と結婚南極旅行を持ちかける(村上春樹「氷男」)

1992年

南極舞台にしたクレイアニメピングー」が日本放送開始

1994年

学会で使うテープを間違って娘たちに送ってしまった江崎教授のために両津勘吉中川圭一が協力して世界中を駆け巡る。冬子がいた南極両さん制服のまま海に落ちたり白熊と格闘する(こちら葛飾区亀有公園前派出所「絵崎教授80時間世界の旅の巻」)

1995年

1997年

西村淳、昭和基地からも遠く離れた陸の孤島南極ドームふじ基地料理人として派遣される(南極料理人)

2000年9月13日

セカンドインパクト南極大陸が消滅する(新世紀エヴァンゲリオン)

2003年

南極の氷山からまれた極寒爆竜コンビを、アバレンジャー正義の爆竜たちが迎え撃つ(爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーキンキン中!)

2004年

2006年

2007年

新人サファーのペンギン「コディ」がサーフィンワールドカップで優勝を目指す(サーフズ・アップ)

2011年

2012年

オルタンス、南極フランス観測基地料理人となり1年間の任期を無事に終える(大統領料理人)

2015年

碇ゲンドウ冬月コウゾウ両名が南極に出向きロンギヌスの槍を回収。NERV本部地下のリリスに零号機によって刺された(新世紀エヴァンゲリオン)

2016年1月

18歳のジンカイザワは、南極海の氷山曳航を計画するシンディバード号にオーストラリアから密航する。乗船を許されたジン厨房で働く一方、クルー研究者たちのために船内新聞をつくることに(氷山の南)

2017年

20XX年

宇宙世紀0079年1月31日

南極条約締結(機動戦士ガンダム)

A.C.195

戦士としてヒイロとの決戦を望むゼクス。ノインはヒイロトロワを連れゼクスの待つ南極へと向かう(新機動戦記ガンダムW 第15話「決戦の場所南極へ」)

不明

2018年

女子高生南極へ行く(宇宙よりも遠い場所)

2018-02-17

anond:20180217221308

敗戦国贖罪意識を植え付けるのは戦争常識

戦後の宣撫工作日本人管理)で、外国勢力日本人マウンティングするための手口はいろいろありますね?

従軍慰安婦問題とかも、今の世代は正直「別に俺がやったわけじゃないから、俺に文句を言われても困る」というのが実感だと思います。(実際そうだし)

それを捻じ曲げて、何とかして今の世代若い日本人にも敗戦国戦争犯罪者としての認識継続的に植え付けたいと計算しているのが、戦勝国側の意図なのです。

 

本音と建前を使い分ければ、

てなかんじでしょうか?

 

他人価値観押し付けて、洗脳しようとしてくる基地外には、差し障りのない対応をして、距離を取るがの吉だと思います

自分は良いけど、他人はいけない」という矛盾

韓国人が、過去日本人戦争犯罪非難するなら、韓国戦争犯罪も同様に非難反省しないとバランスが悪いでしょう。

ライダイハンベトナム語: Lai Đại Hàn、𤳆大韓)とは、大韓民国(以下、韓国)がベトナム戦争派兵した韓国人兵士と現地ベトナム人女性の間に生まれ子供、あるいはパリ協定による韓国軍撤退と、その後のベトナム共和国南ベトナム政府崩壊により取り残された子供のことである

ベトナム戦争とき韓国兵が現地女性レイプして、戦争遺児(ライダイハン)が残されました。

 

「ライ」はベトナム語で「混血」、「ダイハン」は「韓国」を意味する。

韓国ベトナム戦争(1960~75年)当時、アメリカ支援して延べ34万人の兵士を送り込んだ。

だが、彼らは現地で多くの強姦事件民間人虐殺を繰り広げた。

ライダイハンとは、韓国兵による強姦などによって生まれ子供たちのことであり、ベトナム戦争終結後、ほとんどが置き去りにされた。

その数は推計で数千~3万人とも言われる。

昔の日本兵朝鮮人女性レイプしたのがダメなら、韓国兵ベトナム人女性レイプしたのも同様にダメでしょう。(レイプに良い悪いの区別はない)

 

自分さえ良ければ他人はどうでもいい」

自分がやるのはいいけど、他人がやるのはダメ

朝鮮人イスラエル人が、ダブルスタンダード二重基準)、自分他人で扱いを変えるご都合主義では、説得力がありませんよね?

戦勝国側に付いた朝鮮人が、日本軍戦争犯罪非難するとき、このような問題も同時に存在しているので、そこは指摘してもOKでしょう。(相手は反発するだろうけどw)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん