「生存本能」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生存本能とは

2020-06-19

自我があるのが悪い

ヘンに自我なんてものがあってばかみてーにいろいろ考えるから悪いんだ

サルが己とはなんぞやと考え込んでハテには世を儚んで自殺したりするかってことだ

ヒトなんて多少賢いだけでサルどころか虫と同じ 生まれつき生きるようにプログラムされてるからそういうふうに動かざるを得ないってところは何を言っても変わんねえんだ

なぜ生きたいと思うんだろう?じゃねえんだ 生存ってもの性質を考えると、生きたいと思わなかったらサッサと絶滅するんだ

意味はわかんねー、ていうか意味なんてないけど、生きようとする性質をもったものけが生き残って生殖をし続けてきたからヒトがある

なんとなく存在してる生命生存本能が偶然あるんじゃない 生存本能があるからいま存在してる そういう理屈から生きたいと思う理由なんてものを考えるのは愚の骨頂 そんなん虚像しかみつから

 

全部意味なんてねえんだよ 俺たちは所詮サルの延長でしかない 賢くもないし選ばれてないし使命なんてないしなんの代表でもない

なのにみんなさあ 俺もだけどさ 無駄に考えちゃって悲しくなったりするわけだ

 

どうして差別はなくならないんだろう?じゃねえんだよな 魚が共食いしてんのみて「どうして共食いはなくならないんだろう?」なんて思うかって話だ 集団戦法で生きてきたサルなんだから異質なものがあったら排斥したくなるのがあたりまえ むしろ「どうしてこんなに差別が少ないんだろう?」つってもいいくらいだろ 俺たちはすでにめちゃくちゃ頑張ってるよ

 

神:いない

運命:ない

死後:ない

 

ないないないの3点セットだあ

俺たちは泡沫ですよ ザコのカス

生死なんてマジでどーでもいいわけ

自殺悲劇じゃねえよお 人生幸せを決めるのは何か?つったら本人が幸せかどうかだよ

「本当の幸せ」なんてもんはないの 本人が嬉しいと思ってたらいいんだよな

 

ああー

人間 愚か みんなバカ

2020-06-09

anond:20200609071250

見たい所だけを見てる感がしてならない。

あと都合よく見ているようなところも。

議論させないような論じ方は違和感を感じる。

子供を守ることには賛成だけど、この話に限らず、こういう感じで議論の場をなくすような方向には反対。

例えば、"幼少時に性的虐待を受けた可能性がそれなりにある人たちに向かって"の部分は勝手誘導

これが通るなら、多くの議論の機会が失われる。

"犯罪を好む特殊性癖を持っている人たち"=悪のような感じなのも疑問。

そもそも、何かが善、何かが悪とはどこから来ているのか。

ただの多数決では?

多数決で、多数の平穏のために"犯罪"を定義し、"犯罪者"は国に代理で、死刑を含めて処罰しもらってる。

死刑代行は、いわば代理殺人

自身と周囲の安全を考えれば、それに反対なわけではないけど、"犯罪"を悪のように設定するのは疑問。

人間生存本能の集合が出した答えが"犯罪"であって、そこに善悪理由をつけるのは難しい気がする。

(個人的には善悪説明なんて無理じゃないかと思ってる。思い込みや都合のいい解釈意外ない気がする)

仮に"犯罪"を悪とするなら、処罰の代行も悪ではと自分は思う。

繰り返しになるけど、子供を守る事には賛成だが、"犯罪"に善悪を持ち出して議論を停止させることには反対。

相手の話を聞かず、抑え付ければ、より恐ろしい事が起きる

議論することもまた、子供を守る事だと思う

2020-05-06

結局「植松はやべー奴だった」で終わらせようとしてるだろ

やまゆり園、障碍者施設の19人殺人の話。

植松意見には正直同意する部分がある、って意見事実上封殺され、「気持ちはわからなくもないが植松という『特殊なやべー奴』がやらかしたやべー事件」という論調ギリギリとなっている。だってそういわないと『特殊なやべー奴』の一味だとレッテル張りされるからな。

障碍者にも人権がある、これはとても当たり前のことだ、反論余地はない。ニートにもKKOにも医療従事者にも風俗従事者にも芸人にも人権はある。ごく当たり前だ。「権利範囲」についてはもめるところではあるが、ここではそこは論点にしない。ここでやるには不毛すぎる。

俺がまずいなと思ってるのは、植松意見に蓋をして「障碍者価値がないなんておかしい!」とキレイゴトをまといすべて植松に背負ってもらおうとしているこの状況だ。テロリスト世界を変えなかったという名言があるが、学びは必要だ。

俺が問題だと思う根源の思考は、「人間価値がある」って考えだ。人間がいると、何が良いのだろうか?人間自然破壊するから価値だとか、そういう話ではない。それでいうならこの地球だって、あったからと言って何がうれしいのだろうか?

人間価値があると仮定したとき、じゃあその価値とは何を源泉としているのか?という話になる。だって価値があるなら、その価値ってなに?となるだろう。そうしたとき、「人の役に立つ」とか「人に好かれる」とか、そういうことが上がるだろう。自然を守るとかでもいい。でもそうすると、それに該当しないもの価値がないのか?という話になる。「価値があるから価値があるんだ」みたいな進次郎理論や、「いや誰もが何かしら価値のある行動をしている」という根拠薄弱な謎理論しかなくなるのではないか。その謎理論で納得できない場合植松思考に至ることがそんなに不自然特殊なことだろうか?実際に手を動かすまで行くのは確かに少ないだろう。しかしそれは彼が『特殊なやべー奴』だったからか?彼と全く同じ経緯を辿る人間が、同じ行動に至ることはないのだろうか?その解明のために犯罪心理学者がいる。さっさと殺せという意見感情としてとても分かるんだが、植松植松だったから『特殊なやべー奴』だったから殺したのか、誰でもそうなり得ることだったのか、それってとても大事ことなんだ。対策の出発点になる。

人間に等しく価値があるとするのであれば、そうでなく、もう「無価値」だと言ってしまった方が良い。「価値」という言葉は、何かと比べることをどうしても誘発するだろ。ビルゲイツ高架橋の下にいる名もなきホームレスを同価値とは言えないだろう。そのうえで、人間には生存本能欲求がある。それを満たしてくれる人間は「金」によって得をし、それによって本人もそのほかの人よりも「楽しく」「気持ちよく」生きることができる。無価値ではあるけど、人生には差がある。これは問題ないはずだ。ただその差を得るための努力の総数をすべて均一にすることは不可能だし、あまりにもひどい差で生存本能欲求を過度に制限される場合、こういう者は救う必要がある。これは一種保険だ。誰もが後天的に障碍を持つ可能性はある。そういう時に自分生存本能欲求を過度に制限されないために、そういう仕組みを作っておくことは必要なのであるプラスの差をたくさん作れる者からマイナスの差をたくさん抱える者に分け与えることで、全体の生存本能欲求を調整する。人間は誰もが無価値だけど、生存本能欲求現実としてあるので、最低限はみんなで守りましょうね、という理屈だ。感情としてかわいそうだからとかを乗せてもいいけど、それは悪い差別につながる思想だと俺は考えているのでお勧めはしない。

別に誰かを尊敬してもいい。たくさん尊敬されてもいい。しか人間は無価値だ。その人はたまたま今の人間界で「合致」した人、もしくは努力した人で、そういう人たちが「得」をするのは何もおかしなことではない。しかしそれが人間価値につながるものではない。誤解しないでほしいのは、「敏腕政治家不倫たか価値があると思ったけど人としての価値はないね」とか「金で人の価値が決まるわけではない」とか「清い心の人は価値がある」とかいう話ではない。そもそも人間だれしもに価値がない。そういう話。

ニヒリズムとかではない。人間に「価値」を付けると、どこかで植松意見には到達してしまうし、それは実際に同意の声が一定あった現実がある。キレイゴトでなく存在した。存在したものをしないというのは賛同しかねる。

不正に得をする奴を糾弾していいし、ありがとうと思っていいし、アイツ役に立たねーなと思ってもいい(倫理は置いて)。生存本能を脅かす戦争は愚かな行為だというのも全くおかしくない。でも、人間は等しく無価値だ。無価値だけど人間として生存本能があるから助け合って生きていきましょうね、と、そういう話。

価値から殺していいよ、ではない。なぜなら人間には生存本能欲求があるから。あるものをないとするのは間違いだし、自分もだれしもいつ人に「提供」できなくなるかわからないのだから

2020-05-04

リモートワークになって

こういうことがほとんど気にならなくなった。

対面だとどうしても上記が気になってしまう。気にしないようにしても、気が(目が)行ってしまう。一種重力のようだった。

リモートワークになって、これらに気を取られなくなった。うちは常にだれかとテレビ電話してコーディングだのなんだのをしているが、とても快適に仕事ができる、集中できる。物理接触がないのは非常に良い。欲を言えば遅延がさら改善されると最高。

逆に仕事できないやつがすげー目につくようになってきた。相手上司だとかかわいいだとかイケメンだとかおっぱい大きいだとか全く関係なくなった。成果もそうだが、それよりも「成長性」がはっきり見えてしまう。ちょうど新規参画者もいたりして、「話が見えない人」がたくさんいる状態であった。でも、1週間くらいしてくると徐々に差が可視化されてくる。元からいる人で、まったくキャッチアップする気がない人間、そういうのがあぶりだされてきて、1か月たった今では残酷なほどハッキリしてしまった。課長、いい人なんだけどなぁ。今は価値を発揮できていない。逆に「こいつかわいいだけでチヤホヤされやがって仕事しろでも好き」って思ってたヤツがこの一か月でかなり話せるようになった。こういう生存本能的なところは女性の方が強いのかもしれない。はいさらっと男性差別しました。ここに「性別関係ない」もしくは「この例で性差に落とし込めるほど一般化できない」よね。気づいたかな。

まあとにかく、ポストコロナリモートワークしたい。輪番出社にして満員電車もなくそうぜ。

2020-04-12

コロナ流行って嫁とのセックス増えた

大体週3だったのが週8くらいになった

高校生の娘居るから隠れてやるのも大変

ビジホが安くなってるからかなり重宝してる

というか、震災の時もそうだったけど、命の危機を感じると年甲斐もなく無性お互い発情してしま

これはDNAかなんかに生存本能として刻まれてるもんなんかね

はてなのみんなはセックスじゃないにしても、オナニーの回数増えたりしてる?

2020-03-27

コロナで性欲やばい

めっちゃヤバい。今朝も早く起きて家族が起きる前に一発シコった

週末は移動自粛なので今晩浮気相手とやってくる。でも収まりそうにない

生存本能なのだろうか?なんか怖い

2020-03-14

人の心とエントロピー

きっと誰かがもう考えてることだと思うけど、人の心もエントロピー増大させようとしてるのでは?

エントロピーって「乱雑さ」と捉える事が多いけど、言い換えれば「偏りなく平均化されているか」みたいなこととも言える(よね?調べたら情報系だと平均情報量をエントロピーというらしい。関係あるか知らんけど)

人類はどんどん住むところを広げて、今は世界中あらゆるところに住んでいる。

ダイバーシティであらゆるタイプ人達活躍できる世の中にしようとしている。

情報を広げる手段はどんどん発達して、インターネット世界中に発信できるようになり情報の偏りができにくくなった。

生物本能で子孫を残そうとするのは、原初の生き物の元になった分子自己複製の性質を持っていたからだという説があると聞いたことがある。大元分子が持っていた性質本能として残っている。

エントロピーだって物理法則で「エントロピー増大の法則」があるんだから生物本能として残っていたっておかしくない。

生き物自体エントロピーを減らしている存在ではあるけれど(いろんな分子原子機能を持つために無理やりその形を取らされている)、もしかしたら分子原子だけではない概念としてエントロピーが増大できるように最適化されているのかもしれない。

人は集落を作り固まって住む性質があるけどそれは生存本能とのトレードオフの結果そちらが採用されているだけで、もし生きるのに支障がなければあらゆるところに偏在して固まることな孤独に生きたほうが落ち着くのかも。

現代になり生活が楽になるにつれ、核家族化など小クラスタ化して単独で生きる人が増えているのは自然な変化なんじゃないだろうか。

2020-03-05

anond:20200305034255

真面目になんでニュースや一次情報当たらないんだと思う?

ちょっとしたこと不安になるなら見なければ良いのでは?

ネガティブバイアス(生存本能で悪い情報ほど強く印象に残る/それを利用して視聴率プレビューを稼ぐ)ってのがあるので、

ニュースを見てると結果的に処理しきれない不要な悪い情報を集めることになるので

投資とかやってなきゃ別に見なくたっていい

[lifehacker]暗いニュースばかりが続いてもポジティブさを保つ方法

https://www.google.co.jp/amp/s/www.lifehacker.jp/amp/2016/01/160116bad_news_stream.html


ただし、もしも世間話題になっていることを知りてぇな〜ってなったら

まずやることは、ネットで聞くではなく、大手メディアニュースサイトを見ること

なぜって?大手メディアニュースサイト記者名が書かれて文責があるから

そして大手メディアであるほどその責任は重い

これをしないと『ネットde真実』を患い、

妄想聖戦を繰り広げているヤフコメブクマカ世界に一歩足を踏み込むことになる

ワイは海外サイトおすすめだよ

2020-02-24

マジレス anond:20200224011634

ネガティブバイアス(生存本能で悪い情報ほど強く印象に残る/それを利用して視聴率プレビューを稼ぐ)ってのがあるので、

ニュースを見てると結果的に処理しきれない不要な悪い情報を集めることになるので

投資とかやってなきゃ別に見なくたっていい

[lifehacker]暗いニュースばかりが続いてもポジティブさを保つ方法

https://www.google.co.jp/amp/s/www.lifehacker.jp/amp/2016/01/160116bad_news_stream.html


ただし、もしも世間話題になっていることを知りてぇな〜ってなったら

まずやることは、ネットで聞くではなく、大手メディアニュースサイトを見ること

なぜって?大手メディアニュースサイト記者名が書かれて文責があるから

そして大手メディアであるほどその責任は重い

これをしないと『ネットde真実』を患い、

妄想聖戦を繰り広げているヤフコメブクマカ世界に一歩足を踏み込むことになる

ワイは海外サイトおすすめだよ

2020-01-31

希死念慮ちゃん

あれだけ死ね死ねお前は生きるに値しない人間だの罵倒しておいて

いざ死のうとしたら生存本能発動して怖い怖い騒ぐ

メンヘラ過ぎてマジで無理

2019-12-15

anond:20191215095104

たかだか10単位の話を捏造されても困るし(方向性が違えどネトウヨ本質的に同じ)

ネットに毒されてバカばかりと言われても困るんだが?

常々、ネトウヨとやたら偏った自称リベラル・・・いわゆる政治厨は、

言ってることもやってることも本質的に同じだと思ってるよ

世の中、そんなに悪いことばかりでもバカばかりでもない

ネット自身の行動範囲よりも広い範囲ネガティヴな話が手に入るようになっただけだぜ

そして生存本能からネガティヴ情報は強く記憶されるだけだ

表現の自由があるのだからデモ演説結構であるけれど、

せっかくお外に出るのであれば、身近な困っている人たちに手を差し伸べたり(ボランティア活動)、社会起業でもしてどうぞ

政治は金であるから大企業でも創設して金集めてどうぞ

2019-11-09

持続可能社会

人殺しは悪いことだと思う。

ただ、牛の犠牲の元で牛肉が食べられることには目を瞑っている。生きるためには仕方ないことだからだ。

ただ、牛肉を食べなくても生きるために必要タンパク質やその他栄養素は摂ることができる。卵とか牛乳とかでもね。

ただ、卵とか牛乳は狭い場所に閉じ込められて苦しみながら生きている動物たちが機械のように生み出しているものだ。

放牧されてなるべくストレスなく育ち、最後に一瞬で屠殺される牛や豚と、一生を狭い場所ストレスまみれで過ごす乳牛や鶏ではどちらが幸せなのだろうか。

そう考えると放牧された牛や豚を食べていくほうがマシなような気がする。放牧では限界はあるから食べられる量は限られるかもしれないが。

ただ牛や豚も植物を食べて育つ。

動物可哀想だが、植物意識がないか問題ないとは思わない。植物ストレスを与えると成長に悪影響があるそうだ。我々の認識できないような意識を持っている可能性もある。生存本能もあるだろうし食べられるときには同じく苦しみもあるだろう。

人間が牛や豚を全く食べなかったことでその個体数が増えてしまった場合は苦しみ、犠牲になる植物が増えるだろう。草の一つ一つの個体がすべて意識を持っていたとしたら犠牲が増えるとも言える。

人間家畜として牛や豚を育てなくなったとして、野生の牛や豚が今の頭数以上に増えるとも考えがたいが。

人間が生涯に食べる牛は何頭だろう。数千頭程度だろうか。

牛は牛で成長するために1匹相当な量の草を食べるだろう。

そうなると、人間として地球動植物における苦しみの総量を増やさないためには早く死ぬことが正解であるような気がする。植物しか食べないで生きていくほうがもしかしたら犠牲も少ないかもしれない。子供を作るなんてもってのほかだ。

ただ、そういう考えの人が健康的な食事をし、長生きして反出生主義を広めることができればどうなるだろうか。

頑張って布教活動をして、100人の考え方を変えて子供を作らない選択をさせた場合子供を作らず早く死ぬよりも苦しみの総量を減らすことができたことになる。

さらにその人たちが布教していくことで早く死ぬより圧倒的に苦しみを減らすことができる。これが自殺をしないほうがいい理由だ。自殺をするより、人の考えを変える方にシフトしたほうが最終的な結果はよくなるはずだ。

布教が順調に進み、人類ほとんどいなくなった場合野生動物は間違いなく増えるだろう。増えた野生動物たちは今より植物を大量に食べる。

ただ、相当な量の植物を食べさせ、その牛をたくさん殺したくさん肉を食べる食物連鎖の頂点である人間が減ったことで苦しみは減るに違いない。

環境破壊観点でも動物植物の命が失われることが減るに違いない。

ただ、ここでは重要観点が抜けていると気づいた。地球には定期的に氷河期が訪れるし、巨大隕石だって落ちてくるかもしれない。地球寿命だってある。そうなると苦しみの総量どころか一瞬ですべてが失われてしまうことになる。

もし人間がこのまま技術を発達させて氷河期を起こさせない技術惑星移住を実現させることができれば失われる命を救うことができる。

ただ、ここでも重要観点が抜けていたのだ。そこで失われるはずだった命を救ってしまたことで苦しみの連鎖はずっと続いていくことになり、苦しみの総量は結局大きくなってしまう。

そこから導き出されるのは、いっそのこと地球自体人間破壊してしまったほうがいいのかもしれないということだ。

そうなると、生物がいる惑星破壊して回るのが正義であり、技術を発達させてなるべく早く宇宙自体シャットダウンさせる方法を探っていくべきということになる。

となると、我々の観測内でもっとも高度な知的生命である人間はこのまま進化を続けていったほうがよいのだ。

進化が少しでも促進されるのなら肉を食べたって植物を食べたっていい。宇宙の停止を少しでも早められることに比べたら微々たる影響だ。

進化のためには多様性必要である。だから頭のいい人だけが子供を産めばいいという話にもならない。

ただ、環境破壊は程々にしなければならないだろう。地球破壊したり宇宙を止めるための技術を発達させるには膨大な時間必要からだ。

から持続可能社会が求められるのだろう。

持続可能社会を目指すのであれば失敗は絶対に許されない。犠牲が増えていることを常に考え、確実に宇宙をその寿命より早く止める必要がある。

仕事飲み会泥酔しそんな話を熱弁していた。

クビになったらどうしよう。

2019-10-21

anond:20191021082228

生存本能に従ってやることだけやって連絡を断つことにしました

anond:20191020225027

損得だけ考えたら,生きてるだけで大変なんだが,なんで死なないの?

生存本能にしたがってるからでしょ。子孫を残すという本能結構捨てたもんじゃないよ。したがっておいて損はない,と言っておこう。

ただ,知ってると思うが,本能的な欲望は過度のストレスがかかってるとどんどん失われていく。鬱病になると食欲とか楽しみたいとかの欲がなくなるでしょ。最後には生きたいという欲までなくなってしまう。

当たり前の欲が当たり前に感じられなくなったら,もう少し自分精神状態改善することを考えた方がいいよ。

2019-10-19

結局ベキ論にとらわれすぎなんだよな

大学はいるベキ、サラリーマンになるベキ、結婚するベキ、子供の手本になるベキ。

 

大学はいらないで生きる方法を親も子も先生も知らない

サラリーマンが苦しい生き方であることを親も子も会社も知らない

「ベキ」に洗脳されていてもみんな丁寧で優しくは見えるから

やんわりとおさえつけられて自分他人を壊すまで出られない

高校なんて卒業単位理由に高1時点で進路をえらばされて文転もできない

 

疲れた障害者認定ももらって山奥にでも隠れ住んで

タバコを吸いたいだけ吸い

酒を飲みたいだけ飲み

風呂サボり

孤独に夜ふかしをし

政府からお金だけ振り込んでもらえばいいのにな

 

なぜ都会でひきこもりになって

優しいはずの親子で、あるいはなにより自分自分を、

追い詰めきずつけあうのやら。

日本人には生存本能がなくなっちゃったのかねえ。

2019-10-16

台風に怯えていた頃、無性にセックスしたくなった

生存本能ってやつなのかな。

たぶん、不安を別の感情で埋め尽くしたかったんだと思う。

一瞬でも不安を忘れられるよう、快感でいっぱいにしたかったんだと思う。

あいにく旦那実家に帰ってたから1人ボッチで台風と対面してたわ。

まぁ被害は無かったけどね。

被災地とかで強姦が起こるのもたぶん「不安からきてるんじゃないかなぁ。

男のレベルが低すぎってのもあるけど。

2019-09-14

anond:20190914031249

ガチでつらい目に遭った時は、生存本能理由も無いのに生きたくなる

虐待された時とか、戦時中とかイメージしてもらえばいい)

死にたいって思えるのは、幸せなこと

2019-09-07

anond:20190907010901

貧しくはなったな。確かに

義務というか生存本能タイムリミット

本能的な勘があって

分けてるよね。

人にもよるんでない?

2019-08-11

ゾンビものはいつの間にか「ゾンビvs人」ではなく「人vs人」に成り果てる

ゾンビに限らないが、世界を覆う驚異に対抗しているはずが、結局は人間同士の内部抗争に焦点があたっていく状況が辛くなっていく。

ゾンビを例に出したのは、その端的な例だから。例えばバイロハザードの映画では、ゾンビは大した脅威ではない。悍ましいだけの舞台装置でありモブだ。どのバイロハザードの話でも、主人公アンブレラ社の終わらない抗争を描いているに過ぎない。ゾンビはその中で飼われている犬であり、倒すべき外敵ではない。

あるいはブリーチ最初こそホロウとの敵対があったけど、終盤は死神クインシーだ。もうホロウがどうのこうのではなくなってしまっていた。主人公インフレが招いた結果ではあるのだが。

その点、怪獣ものはやサメ映画は素晴らしい。敵の圧倒的な力に対抗するために全力を尽くさないといけない。ただそれだけが素晴らしい。知略と科学で対抗する人間生存本能むき出しの怪物同士の抗争には、人同士のつまらないイザコザが箸休め程度にしか感じないから良い。未知の脅威に抗うはいつもその場にいる不幸な人間だけだ。恐怖があるからこそ敵として成立する。そこには俺つえーの主人公も、転生チート能力持ちの人間もいない。





進撃の巨人はどこに着地するのか。

2019-08-01

anond:20190801124913

生存本能があり、生存本能が肉体を活かしている。

生存本能をより効率よく活用するために感情がある。

目の前の餌に無関心な生き物よりも、目の前の餌に欲望を露わにしてときめく生き物の方が積極的にエサを得ることに成功するだろう。

理性や思考というものは、その感情を満たすための道具でしかない。

本能がエサを欲し、感情が強い動機となって、理性は働かせられる。

感情に命じられるままに、あの餌を確実に捕るにはどうすればいいのか必死で考えるのが理性の役割なのだ

2019-05-04

俺の中で野崎まどの「know」がようやく消化された

私達が生きてる世界って「今生きている人間意見」と「当時生きていた頃の人間意見遺言とかも含む)」しかない

それは当たり前のことなんだけど、それだと「生きている」っていう立場バイアス絶対にかかる

こういうのを存在バイアスって言うのだろうか

生と死っていうのは1:1のように並び立っているようで、人間社会においては生の側に比重が大きく偏っている

からどうしても私達の世界存在する「言葉」「意見」「考え方」っていうのはどうしても「生きてこそ」「生きるべき」「どう生きるか」という側に偏る


死人は意見を言えないし、「死んだらいい」「死んでもいい」「死ぬべき」なんて考えの人間から先に消えていくんだから偏ることが必然

生存本能なんて言うけど、それは実際は「生きようとする意思が残った」のではなく「死のうとする、死んでもいいという意思が淘汰された」だけだ

キリンは首を伸ばそうと思って伸ばしたんじゃなくて、首が伸びたキリンが残っただけなのと同じように


「know」はその壁を部分的に乗り越えたことを表現したのだと思った

「戻ってこられたんならそれって死後の世界じゃなくて単なる臨死体験によるトリップなんじゃないの?」

「戻ってこられるような可逆性があるならそれは死じゃないんじゃないの?」

という当然のツッコミも認めつつ、彼女は死後の世界感覚)を知ることによってその逃れられぬバイアスを一部脱して

だとすると「know」の後の世界っていうのは「生と死が限りなく等価値に考えることのできる世界」なんじゃないかなって思った

あの世界では宮崎駿の「生きろ」とか富野監督の「頼まれなくたって生きてやる」なんてキャッチコピーは「古臭い価値観押し付け」って思われるんじゃないかなって

消化されたとか言いつつ文庫がどこ行ったのかわかんないけど

2019-04-26

人が自ら死を選ぶのは悲しい事だ。

子供の頃から思っていた。人が自ら死を選んだり苦しむのは悲しい事だ。

同じ日時に、単に病死したり事故死するより自殺の方が悲しいと思う。

なぜだろうか。

生存本能にわざわざ逆らっているという事だろうか。


安楽死であれば病状などにより生きるのが非常に苦痛からそうせざるを得ないのだろう。

しか・・・もし・・例えば母が不治の病にかかり(今のところそういうのは無いが)安楽死やむなしとなったらどうだろうか。

私は母が医師処置されて死ぬまでの時間はベッドの中で母にずっと抱き着いている事を望むだろう。


勿論、事故死や病死犯罪被害での死にはそれはそれでやりきれない思いや怒りなどが色々あるだろう。

犯罪被害者の遺族などは、この怒りは他者には分からないと言うかもしれない(インタビューしたことは無いが)。

でも自ら死を選ぶというのは最も悲しいように感じる。


もっと単純に考えると、わざわざ損するとか苦しむという事自体人間的に合わないのだろうか。

しか安楽死は耐えられない苦しみから逃れるために仕方なく行われているはずである

なんとなくパラドックスのようだ。

2019-04-07

anond:20190407124122

触手ある意味純粋だもんね。

対象を隷属させたいという欲求があるわけでもなく、ただただ、純粋生存本能から求めてゆくだけ。

2019-03-05

キング・クリムゾンとエピタフの関係についての考察

まとめ

 仮説1「キングクリムゾンとエピタフは最初バラバラスタンドであった」

 仮説2「ディアボロはキンクリを、ドッピオはエピタフを持っていた」

 仮説3「キング・クリムゾン最初一時的自分が何者から干渉されなくなる能力しか持っていなかった」

 仮説4「エピタフと同化したことでキンクリは未来を見る力と飛ばし時間の中で世界干渉する能力を身に着けた」

以上の仮説を一切検証すること無く妄想を垂れ流すだけの内容が以下の増田である

仮説0「ディアボロは臆病者である

これは間違いないことなんだよ。

なにせディアボロ自分にとって都合が悪くなるとドッピオという少年人格に全てを押し付けて逃げてしまうんだから

これが対等な関係でなく主従関係の形を取っているのも、自分自身に対してすら裏切りを恐れて完全に支配下に置こうとしている臆病さの現れなんだ。

「何か都合が悪いことがあったらひとまず姿をくらまして安全な所に引きこもる。キング・クリムゾン能力本質はこれなんだ。

銃弾が飛んできたり厄介な奴らが襲ってきたら、咄嗟自分をこの世界からくらましてしまう臆病な卑怯者の力なんだよ。

これこそが彼の本能であり、彼の心の像そのものなんだ。

困難に立ち向かうためにドッピオが産まれ

臆病なディアボロにも一つだけ分かっていたことがある。

逃げてばかりではやがて手詰まりになるということは分かっていた。

からドッピオが産まれた。

ドッピオはディアボロピンチを救ってくれるヒーローなのだ

しかし彼がヒーローであることを認めれば、ディアボロ自分が臆病な卑怯であるという事実に向き合う必要がある。

からドッピオは忠実な下僕であり、絶対的に下等な存在なのだ

そんな彼が身につけた能力が「未来直視した上でそれを乗り越える力」、エピタフだ。

ピタフは未来を見ることが出来る力であるが、そのビジョンにはときにドッピオやディアボロにとっては受け入れがたいような現実さえ映る。

そして何もしなければその未来はそのままの形でドッピオ達を襲う。

その未来を変えるには自分自身が世界干渉していかなければいけない。逃げていてはしょうがない。

逃げてしまうのがディアボロ本能ならば、ドッピオはその影となる理性の存在

キング・クリムゾンディアボロ本能ビジョンならば、エピタフはディアボロの理性のビジョンなのだ

やがて本能は理性すらも支配する

ディアボロの中にある2つの強烈な意志

逃げたいという本能と、立ち向かうという理性。

その2つはやがてひとつとなり「未来を見通した上で、ときに立ち向かいとき回避する」という力を持ったスタンドとなって現れる。

ディアボロはこの力を自分のものとして独占し、かつてはドッピオの物であったエピタフをさもディアボロが貸し与えたかのように所有権を主張する。

それが今のディアボロ達の関係なのだ

キンクリが持つ2つの側面

ジョジョフリークの間でしばし話題に上がるものに「キング・クリムゾン果たして飛ばし時間干渉しているのか」というものがある。

これについて私が建てた仮説が「キンクリはとき干渉するし、とき干渉しない」である

私はこれが言いたいがためにここまでダラダラと精神論を書き連ねたと言っていい。

飛ばし時間の中に干渉するときキング・クリムゾン過酷未来に向かって立ち向かう理性によって動き、

飛ばし時間の中に干渉しないときキング・クリムゾン過酷現実を避けようとする本能によって動くのだ。

逃げ出そうとする本能的な衝動を理性によって縫い固めたものこそが、キング・クリムゾンの繰り出す攻撃なのである

度し難いほどに臆病で凶暴な生存本能と、それによって生まれた臆病で凶暴な理性、その2つが混じり合った姿こそ、2つの顔を持つ悪魔スタンドなのである

おわり

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん