「目撃者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 目撃者とは

2021-05-14

anond:20210514102424

昔なんかの映画ドラマで「人出で賑わっている大通りで人が殺されたんだけど誰も目撃者がいない」って事件があって、その大通りにいた人全員が犯人集団だったってオチだったのを思い出した。

[]って曖昧すぎねえか?都市伝説みたい。

集団ストーカー目撃者が多いのに、団体特定出来ないってどういうことだ?

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bd%b8%c3%c4%a5%b9%a5%c8%a1%bc%a5%ab%a1%bc

可能性は二つ。その団体ストーカー痕跡を抹消しているか

あるいは、被害者を名乗る人たちのほうが、なんらかの目的をもったニセ被害者被害妄想の人。

まるで、都市伝説のようだ。

この目撃者っていうのもネット情報なのだから、どうも怪しい。仮にニセ被害者ならば複数犯で、

ネットカキコ毎日あちらこちらで続ければ仮想被害者層を創作するのは可能だ。

しかし、それなら一体何の目的なんだろう?動機わからん

Street Kings (2008)を見た

キアヌは数年前奥さんが殺され、半分ヤケになっている、やけっぱち暴力不正刑事

自分を囮にしてロリコン人身売買ギャングアジト踏み込む

警告もせずうんこしてる人やテレビを見てるギャング先制攻撃するわ、

ギャングの銃を奪い、ドアに銃弾打ち込んだり、死体に握らせて

アリバイ偽装させたり、上司に片っ端からもみ消させたりでめちゃくちゃ

もちろん内部調査班に目をつけられ、付きまとわられている

所がある日、同僚を一発殴りに行った所、そいつは銃撃されて殺されてしまった

やがてキアンヌは警察の暗部を覗き、味方が敵で、敵が味方でわけがからない深みにハマっていく

 

ああ・・・いいね。ジョンウィックより泥臭くて、ダーティで容赦無くて、そしてクール。かっこいい。

最初から最後まで汚い奴やゲスばっかりで最低。そして最高。

後半で彼が死ぬ所も最高。やっぱりきっちり死んでおかないとね。

それとやっぱり同僚が「お前を殺した後、目撃者は潰す。当たり前だろ。

お前何を考えて接触したんだ。彼女死刑勧告をしたようなものだ。お前がな。ほんと馬鹿だな」

「あと奥さんはぼろ雑巾みたいにやってやるから安心しろバイアグラたっぷり持ってきた」

みたいなシーンも笑えた。

最後のシーンも、正義が勝ったのではなく、一時的によりマシな派閥が勝ったにすぎないような

やるせない雰囲気がして、最低な後味が口に残るのがいい。なんと苦い朝焼けか。

こりゃええよ!!

サイコー!!!フウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!

anond:20201115212244

2021-05-13

anond:20210513164005

開始予定日前日に中止を決定して、真の伝説になるパターンもあるぞ

しかしたら開会式最中司会者マイクを置いて、中止・解散宣言するかも

きみは歴史目撃者となる

2021-04-25

anond:20110425114652

電書でけっこうバナーがでてた「腐女子ゲイ世間体のために仮面夫婦になる話」のモブ視点焼き直しにしかみえない

続刊まだ―?みたいな。

なんか仮名がオタ臭いんだよなぁ 

 

まり夫妻(妻は留守)とゲイ愛人目撃者増田の話だろ、よくある不自然BL展開

普通の男は妻のことを無料で働く料理奴隷とおもってるからバーベキューするなら台所にとじこめるぞ

2021-04-21

ジョージ・フロイド殺人事件裁判の覚書

ジョージ・フロイド氏の殺害起訴されたデレク・ショービン氏の裁判に関する覚書。

罪状(ミネソタ州法に依る)

第二級殺人罪(Second-degree murder)

計画性のない殺人計画殺人だと第一級になる。上限は禁固40年。

殺害意図が無い場合規定もあり、ショービン氏に適用されているのはこれ。

第三級殺人罪(Third degree murder)

フロリダ州ミネソタ州、およびペンシルベニア州にだけある殺人罪(他の州では別の名前って場合もある)。

ミネソタ州では「人を死に至らしめることを意図せずに、人命の価値に対する極端な無思慮という邪悪な心情(a depraved mind)および他者に対する非常に危険行為への従事によって、他人を死に至らしめる」こと。上限は禁固25年。

第二級故殺罪(Second degree manslaughter)

ミネソタ州では「過失により(他者にとっての)不当なリスクを生み出し、意識的他人に死または重大な身体危害をもたらす危険を冒すこと」。上限は禁固10年。

検死

ジョージ・フロイド氏の検死は別々の医師により2回行われている。

① アンドリュー・ベイカ医師

ミネアポリスのヘネピン郡の病理医および主任監察官5月26日に検死を行い正式調査結果は6月1日に発表された。

ロイド氏の健康状態特に循環系で悪く(動脈硬化、高血圧、心肥大等)、警官制圧行為(頸部・背部への強力な圧迫)によりこれが悪化し死に至った、というのが検死の最終的結論であり、これは殺人である認定された。

ただし、検察に提出した予備調査結果が5月29日公表された結果、不完全な情報が独り歩きしてしまった。

世論圧力で検死結果が変えられた」的な陰謀論はこれが原因だろう。

マイケルバーデン医師とアレシア・ウィルソン医師

ロイド氏の家族が検死を依頼した。6月1日に結果が公表された。

制圧行為が死因になったことはベイカ医師の検死結果と同じだが、より踏み込んでベイカ医師が断言していない頸部圧迫による扼殺を主張している。

イカ医師の検死より利用できたデータが少ないため信頼性は劣るが、最終的な結論は同じである

③ 要点だけ言えば……

ジョージ・フロイド氏に手錠をかけてうつ伏せにして、でも膝で押さえつけたりせずにただ放置していた場合でも、彼は死んでいたのか?」という問いに検死結果は「No」と答えた。

陪審員

白人6人、非白人6人の計12人。BLMや警察への傾倒が強すぎる人は除外。事件現場の近所に住んでた黒人も除外。民事裁判での和解意見が変わった人も除外。etc.

本当は事件のことを知らない先入観の無い人が好ましいが、そんな人はいないので選ぶのに苦労したそうだ。

判決

第二級殺人罪、第三級殺人罪、第二級故殺罪のすべてで有罪判決量刑は最大で禁固40年。

8週間以内に量刑の審理が始まり、その結果で最終的な量刑が決まる。ミネソタ州ガイドラインだと12.5年くらいになりそうだが、検察としては15年以上を期待しているそう。

判決の要因

証人の数

検察証人38人に対し弁護側は7人。しか後者反論よろしくなかった(後述)。

② ショービン氏の制圧方法は異常だった

検察証人には多数のベテラン警察からショービンの上司、訓練教官までが含まれており、彼らはショービン氏の制圧方法標準的なそれとはかけ離れていることを証言した。

ショービン氏の受けた訓練記録も提示され、それではうつ伏せで手錠をかけた場合は窒息を避けるため速やかに回復体位をとらせるべきとされていた。

弁護側証人でこれに反論したのは1人だけで、彼の制圧は正当で合理的だと主張したが、「テーザーガンで撃たれた人が倒れて頭打って死んだら、それは殺人じゃなくて偶然の死」と雑なことを言ってしまったため印象悪し。

法医学

先にも言った通り、警察による制圧とフロイド氏の死の因果関係公的認定されているが、それを覆せる証言は弁護側からは出てこなかった。

検察証人からはフロイド氏の血中の薬物の濃度が死亡には程遠い事(死亡者のそれの8分の1程度)や、過剰摂取者では通常みられない代謝産物が検出されたため、薬物による死亡は考えにくいことが示された。他にも低酸素による死亡を支持する医師も多数。

また、弁護側証人の「フロイド氏は健康状態と薬物使用パトカー排気ガスで死んだ。制圧無関係」という主張も、検察証人の再反論(血液検査では排ガス中毒痕跡はない)で潰されている。

イメージ戦略

弁護側は2019年にフロイド氏の逮捕された時の映像を見せて「彼は警察に対してパニックになって偽り(faked)な対応をするパターンがある」と指摘して彼の「息ができない」等の発言が虚言であることを示唆した。

正直に言うと陪審員の弁護側への印象ガタ落ちでは?なぜこんな戦略をとったのか謎。

「息ができない」が嘘なので窒息死も嘘って言いたいのか。でも証人証言がそのラインにあまり乗ってないのでは?:

2019年逮捕した元警官「手を見せろと言っても従わなかったので銃を向けたが、彼はひどく神経質に見えた」

2019年逮捕時に健康状態を見た救急隊員「高血圧脳卒中リスクがあった。あと鎮痛剤使ってた」

SUVの同乗者「フロイド氏はカップフーズ(逮捕される時にいた場所)で居眠りしてた」

ミネアポリス公園警察官「(フロイド氏の拘束現場の)群衆警官に対して非常に攻撃的だった」

ミネアポリス警察医療支援コーディネーター(質問を受けて)「フロイド氏が興奮性せん妄可能性はある。興奮性せん妄が急な心停止を引き起こす可能性はある」

残りの2人は上で言及済み。

7人全員集めても何言いたいのかわかんないのは凄い。統一感ないぞ。

検察側も褒められたもんじゃないけどね。イメージ戦略。逆方向で。

ロイド氏の遺族や彼女はまあいいが、目撃者の9歳女子ダメでしょ。実際証人として除外されたし。

まとめ

デレク・ショービン氏はジョージ・フロイド氏をうつ伏せにして後ろ手に手錠をかけた後、7分以上頸部を膝で圧迫した。そしてフロイド氏は心肺停止に陥り死亡した。

そして……

その制圧方法は他の警察からみても異常であった;

その制圧方法は実際の訓練や指導とは異なる方法であった;

その制圧方法必要といえる状況ではなかった;

現場にいた非番消防士の申し出た救命処置拒否した;

目撃者からの足を退けるようにとの要望無視あるいは拒否した;

救急隊が到着してからも1分間足をどけなかった;

事件後は上司に膝を使って制圧したことを報告しなかった;

救急隊の到着時にはフロイド氏はすでに死んでいた;

死亡は薬物によるものではなかった;

死亡は低酸素状態に陥ったことが原因であることが示唆された;

死亡は膝による頸部圧迫によってもたらされた;

ショービン氏の異常な行動は第二級殺人罪、第三級殺人罪、第二級故殺罪のすべての要件を満たした;

最終的な量刑は8週間以内に出される(最大禁固40年、相場としては12年くらい)。

2021-04-10

駅で車椅子に乗ったよ(健常者編)

先日、健常者が駅で車椅子に乗って移動することになったので思ったことを書く

Q.なんで車椅子乗ったの?

A.電車で急に意識を失って倒れて頭打ったらしく救急車のお世話になった。その際に車椅子救急車まで運んでもらった。

結果から言えば大事はなく、意識もはっきりしていたが目撃者の親切な方が頭打って結構ヤバそうなことを言っていたので一応救急搬送されることになった。

都内の駅にて救急搬送され、その際に簡易的なものだが車椅子で運んでもらったので思ったこと。

・駅のホーム不安定すぎる

都内の駅は工事工事を繰り返した結果として、ホームが仮設なのか本設なのかよく分からないシートで覆われた場所だらけになっている。

そのせいで、車椅子で移動すると高さが微妙に安定しておらず、頻繁に傾斜を感じる。転びそうとまでは思わないけど不安定な道で移動するだけで安心できるスペースではない。

点字ブロック、すごく干渉してくる

バリアフリーの味方の点字ブロックだが、車椅子には駅のホーム通路以上にガタガタ揺れるので不安定

しかも駅のホームは広くない上に、柱や待っている人、歩いている人を回避するためにコース取りが蛇行しがちなので、

ちょっとした距離を移動するにも何度も点字ブロックを跨ぐ必要があるので、駅の移動する上では結構ストレスを感じるポイント

・歩く人、大体敵

目線がすごく低いので、どいつもこいつも突っ込んできそうに思える。

歩きスマホマジで危ない。ぶつかって転ばされたらすごい嫌だなと思いながら進まざるを得ない。

車椅子運ぶ人だけじゃなくてすぐ後ろに救急隊員が何人も付き添ってこれ以上目立つ方法がない状況でだぞ。

否応なく自分弱者なのを味わう空間だと深く感じた。

エレベーターは当然備わっていて支障がなかったので特に書くことはなかった。

抱えて運ばれるのは危険で怖そうだなと思うが。

2021-04-07

anond:20210407014602

子ども女性といった弱い者を助けたい。

そのような人一倍強い正義感からストレートメッセージが生まれた。

子どもを助けられない社会的ジレンマがあるなら、一人一人が正義気持ちを強く抱き、みんなでジレンマを乗り越えようというメッセージだ。

人助けしようとしている大人が、犯罪者と間違われることはない。

人助けしようとする善人と犯罪者は、必ず見分けられる。

子ども人間本質を見抜くし、警察官人間本質を見抜く。

万が一警察官や通行人から犯罪者だと疑われても、子ども目撃者証言によって必ず疑いは晴れる。

疑われたことの不快感よりも、人助けできたことの爽快感が勝る。

から助けよう、と。

2021-03-31

頼まずにひたすら誘導し続けるウザい人間

私に仕事を振る人間が「この仕事やって」が言えない。

(便宜上上司」とする。実際上司ではない)

誰に対しても常に仕事を「匂わせて」「気を回させて」「自主的に」やらせている。

身バレのため詳しくは言えないが、資格持ちのこの上司を通さないとできない業務がありみんな辟易している。

トコロテン方式でこの地位にまで上り詰めたそうだが、内外で大迷惑と噂になっている。

社長もさすがにもう気付いていて、最近は遂に上司から資格以外の仕事を取り上げた。

というか、至る所で察して察してをやりまくっているのでレスポンス絶望的に遅い。

ホワイトボードには今度から黒じゃなくて青ペンで書いて」の一言言えば済む話を

当人が離席する度に机にわざわざ青ペンを置いて気付かせようと必死だ。

おそらく察したであろう本人がわざと気付かないふりして「上司さんさっきからペン置いてあるんですけど何ですか?」というと「え?何それ?知らない」とすっとぼける。

目撃者が沢山いるのに何言ってるんだろうコイツは。

最初の頃は周りが「たぶん青ペンで書いた方がいいんじゃないかな…」とか言っていたがもう呆れてスルーされている。

もし彼が上司に指示されるまで黒ペンで書き続けたら

我々はずっと青ペン置きを見せられるんだろうか。

2021-03-09

 リニューアル以降、はてなもういっかなーと思ってしばらく利用してなくて、でもネット上での話題を横断的に眺められるサービスとして、やっぱはてなブックマークって便利じゃないですか。そんでなんだかんだ利用してたら、富士通親指シフトキーボード製造を前倒しでやめるって記事があって、ブコメ見たらなんか呼ばれてたんで浮上しようかなと。そんでいざ書いてみたら、やっぱ、ここんとこネット上では体臭おしっこ特化のエロ小説を某所で連載している(ものすごい楽しい)以外これといったテキスト公表してないんで、近況報告でもしてみようかなと思ったらものすごい長文になってしまい、増田にあげたはいいけど2回くらい消してってのを繰り返してるうちに、エヴァ劇場版関連のエントリをちらほら見かけた。

 で、どうせ見に行くつもりもないし、なんとなく遠い知り合いくらいのつもりでいる人たちがいろいろ書いてるし読んでみるか、と思って読んでみたら、なんかアレだな、アレだなあというはるかな気分になったのでなんか書いてみます。ちなみに特にエヴァ関係なくて思いついたことだらだら書くだけのいつものやつです。いつもっていつだよ。10年前だよ。あ、書いてる人50歳です。この手の文章、年齢はっきりさせておかないと立ち位置よくわかんないと思うので。シロクマせんせが俺より10歳下っていまだに感覚的によくわかんねえんだよな。ブロガーとしてもオタクとしてもほぼ同期生に近いし。

 ちなみに2021年に生き残ってる親指シフター、たぶん大半はエミュレータふつう日本語キーボードの組み合わせだと思うので、まだまだ生きていける。むしろOSが代替わりしたときエミュレータ作ってくれる人が出てこなかったときいちばん怖い。

 エヴァなんですけど、俺はテレビ版がリアルタイム、そんでレーザーディスクレーザーディスク)で買ってそこそこ繰り返し見て、んで、最初劇場版でしたっけ、あれを一度見に行って、ああもうエヴァいいやってなっていっさいの興味を失った派です。

 まあ、呪いって感覚はわからないでもないんですよね。

 あー……なんだろな、この気分をどうやって表現したらいいんだろうな。

 生きていくうえで人間ってステージが変わったりすることあるじゃないですか。卒業とか就職とか結婚とか子供ができるとか。そのたびごとに世界の見えかたって大小はともかく変化したりするもので、そして俺が今日読んだ記事の人たちは、その変化をずっとネット上で書き続けてきたような人たちで、そして俺はその目撃者です。

 ところが俺は、特にステージを変えてこなかったし、たぶん今後も死ぬまで変えるつもりがない。俺には卒業解脱も解呪もクソもねえんですよ。

 ただ、フィクションのほうから明確に「終わり」を突きつけられた経験なら、二度ばかりありますひとつは上に挙げたエヴァ最初劇場版。もうひとつは「AIR」ってゲームです。特にAIR」による打撃はかなり深刻で、フィクション本質的には俺を救わないんだなと思うと同時に「俺はフィクションを救えないんだな」と思わされたのがかなりでかい。そのゲームを終えてからちょっとして、ある日、とつぜん空が異様に青く美しく見えたときがあるんです。別に山頂だったり空気きれいな田舎だったりということではなく、だから主観的な話だと思うんですが、とにかくそれは俺にとって決定的な原体験で、あの空の青さを解体しなければならない、それをしなければ俺はどこにも行けない。たぶんそういうのが「呪い」だと思うんです。そしてその呪いは、いまこのテキストを書いているこの瞬間まで続いています

 まあ俺のこの「呪い」が、今日記事を読んだ人たちにとっての呪いと同じものかどうかはわからないです。ただ解けるものなのかな、とは思うんです。そういう経験って、魂みたいなものに決定的な変質を強要する。それでも人は歩くしかない、そうやっていくうちに新しい歩きかたを学習するんだって話なのかもしれないですが、俺にはいまだにそうしなければならない理由というのがよくわからないのです。ひょっとしたら「しなければならない」なんてことはないのかもしれない。個人にとってよりよい、幸福で快適な状態のために頑丈な補助具をつけるものなのかもしれない。

 ただ俺は、いまだに、この年になってすら「大人になる」「あるべきところに収まる」ということに対する根強い抵抗感があります幸福道筋を用意してくれるものはいったいなんなのか。本能なのか、あるいは社会なのか。おそらくは人はみな、その人なりの葛藤や納得を経てある程度の妥協点を見つけるものなのでしょう。それは妥協点ですらなく、不可避的に押し込められた場所なのかもしれないけど。

 俺には恨みがあります。俺はかなりお育ちの悪い、まあいってしまえば底辺で育った人間なんですが、その環境さらに、今日だったら発達障害まちがいなしの太鼓判を押されるような子供でした。なので、俺をいらないといった親や世間社会というものに対する根深い不信感がある。そんなものはいい年こいたおっさんっていうかあと10年で還暦迎えるような年齢になる前にてめえでどうにかしろよ的なアレなんでしょうが、さりとて、この社会なかに自分があるべきかたちで存在できるような場所があるとも思えない。それじたいが幻想だってのはさておき、なまじ、自分のかたちのほうをさほど変えなくても金を稼ぐ才覚だけはあったために、よけいにその構造いびつなままに保存されてきた。俺は金を稼がなければならなかった。なぜなら金こそは、自分なかに他人を入れないための最大の武器からです。

 だから卒業したとか終わったとか、呪いが解けたとか、人がそう言うときに、いったいその人のなかでなにがどう変わったのかな、という思いがあります。疑問というほど強くはないです。「あー、そうなんだ……?」くらいの感じ。どっちにしろ人間にはその数だけの物語があって、その物語当人しかわからんので、横から解釈できるようなものでもありません。

 結局、あれかなあ。年食ったってことなのかなあ……。時間流れるんだなあみたいな。今回、エヴァ関連の記事を見て俺がある種の感慨を覚えたのって、その人たちの文章を昔から知ってるってのがあるのはまちがいないんですよね。「この人がこういうことを言う」っていう「この人」の部分を、テキストを通じてですけど、ある程度は把握してるから

 ただそう、俺はその時間の流れの当事者じゃないんです。傍観者。俺は現在でも、自分のなかのなんかの欠落を埋めるべく、いろんなコンテンツ摂取してる。霞を食ってるようなものなので、満腹になる日はたぶん永久に来ない。それでもなぜかそうせざるを得ない。もはや妄執といってもいい。ただ主観的には30年前と同じことやってるだけで、勝手時間けが過ぎていく。もちろん肉体は衰えていく。老眼は進む。しかしまあ、それは当然のことです。だからどうした。俺はウマ娘をやるぞ。休みだしお風呂おしっこシャワー浴びたシーンの続きを書くぞ。そんな感じです。

 というわけで、ここまでの文章量を費やしても、やっぱり、俺がいま感じた「アレなんだなあ……」という感慨に対して、適切な言葉を与えられません。しいていうのなら、俺がテキストを通じてある程度は知っていると思い込んでいる人たちが、俺の知らない場所で、俺には見えないものを見て今日も生きているということへの、ごくあたりまえの感慨なのかもしれません。一般的には、こういう輪郭曖昧な感慨のなかでぼんやりしていること自体が加齢現象ひとつといえるんでしょうか。

 俺は、インターネット以前のほうが長い人間なので、いまだにインターネット以後の現在に対して、軽い違和感や感動のようなものが残っています。会ったこともない人たちが、今日ネット文章を書き、SNSで日々なにごとかをつぶやいている。そして俺はそれを見ている。あいや、SNSのほうは特にフォローとかしてないですけど、リアルではまず知り合う可能性がなかったその人たちの活動を見るたびに、不思議だなあと、微量の感動がいりまじったような気分でいるのです。

馬鹿みたいにみんな初日エバ見たとかほんとどーでもいいツイートばっかでうざいったらありゃしねえ

ふだんアニメのこととか呟かないやつも見てきたとか言い出すしそのうえまた見るとかネタバレはしないとか感想すらネタバレから何も言わないとか、逆にみんな判を押したように同じことしか言いやがらねえ

田舎にできた初日イオンに群がる田舎モンに見えてしょうがねえわ

アニオタにとっては歴史目撃者なんだろうけど興味ねえやつからするとホントどうでもいい

2021-02-24

anond:20210224164030

日本なら教師

米国なら教師か校内を巡回している警察官

まあ、それで解決するのか、余計ややこしくなるのか、というのはあるが、

通報する社会的義務みたいなのはあるんでないの?(法的義務はないかもしれんが

目撃者なんだから

2021-02-21

anond:20210220191710

助ける必要があるかどうかは考えないか

ただ、

未成年に関わったことであらぬ罪を着せられて償う必要のない罪を償わされ死ぬまで心を苛まれリスク

・その冤罪不特定多数正義欲を満たされる材料にされる人生になるリスク

容疑者として逮捕され、実名報道によって職を失い親族にいらぬ迷惑をかけて以後の人生がめちゃくちゃになるリスク

・誰も責任をとらない・救済されない一生の傷を死ぬまで抱えるリスク

目撃者のうちに厄介な奴がいて言いがかりをつけられ要らぬ精神的苦痛無意味時間提供させられるリスク

・周囲の学校に変質者として伝えられそのポスターを見るたび精神的苦痛を受けて、その後なんらかの啓発ポスターを見るたびにPTSD発症するリスク

・助けたときにいた目撃者が以後犯罪を犯し、証言の際に「本件に影響された」と答え、要らぬ責任を追求されるリスク -1-7

・助けたとき写真撮影された上SNS上に投稿されて 1-7 の影響範囲が広がるリスク

・助けたとき写真撮影された上SNS上に投稿されて 歪んだ解釈をされて要らぬ風評被害を受けるリスク

・助けたときの手順が不適だったとして損害賠償を求められるリスク

上記すべてのことが以後の人生において潜在的に発生するリスク

上記すべてのことが本件を覚えているかぎり、思い出すたびにリスク怯えるリスク

が頭よよぎって絶対助けられないな〜

2021-02-15

ミステリ好きなら読破しておきたい古典を読んでおきたい古典100冊を読むべきではない100の理由

https://anond.hatelabo.jp/20210215101500

エドガーエラン・ポオ「モルグ街の殺人

 ・しょうもない犯人しょうもない気付き、しょうもないミステリ元祖

ウィルキー・コリンズ「月長石」

 ・長さのわりにミステリを期待して読むと徒労に終わるドラマ観れば十分。

コナン・ドイルシャーロック・ホームズの冒険

 ・長編よりいくらかマシという程度。

モーリス・ルブラン「怪盗紳士ルパン

 ・南洋一郎訳のほうがおもしろい。

ロナルド・A・ノックス「陸橋殺人事件

 ・いわゆる「ノックスの十戒」を定めた著者だが、作品凡庸

フョードル・ドストエフスキー罪と罰

 ・ミステリか? 別にいいんだけど。主人公臭い自意識に長時間堪えられるのなら。手塚治虫漫画版で十分。

コンラッド「闇の奥」

 ・「闇の奥」そのものより、「闇の奥」をもとにした無数のコンテンツのほうがおもしろい。『地獄の黙示録』とか。

F.W.クロフツ「樽」

 ・『樽』はタルい。これミステリ界の常識アルよ。クロフツもっと薄くておもしろいのがいっぱいある。

S.S.ヴァン・ダイン僧正殺人事件

 ・ヴァン・ダインとか今更読むやつおる??

ガストン・ルルー黄色い部屋の謎」

 ・これもルールタビ―ユくんのキャラ小説なんだよな。意外にミステリしてる点は評価できなくもない。

エラリー・クイーン「Yの悲劇

 ・別のトラバの人も言ってたけど、悲劇四部作は通しで読めよ。おまえはスター・ウォーズをEP5から観るのか?

ジョン・ディクスン・カー火刑法廷

 ・オカルト〜〜〜〜〜〜wwwwww すいません、ふつうに好きです。

アガサ・クリスティそして誰もいなくなった

 ・クリスティならなんぼでもこれよりおもしろいのがある。まあ、ある種のパターン確立したという意味で必読ではある。

ドロシー・セイヤーズナインテイラーズ」

 ・別にナインテイラーズ」でもいいんだけど。

イーデン・フィルポッツ赤毛のレドメイン家」

 ・いいかげん昔の人が評価してたからって理由だけでレドメイン家をこういうリストに入れるのやめない?

G.K.チェスタトンブラウン神父童心

 ・妥当。これもシリーズを通しで読むべきではある。

フランシス・アイルズ殺意

 ・アイルズ入れるのは当然として、バークリーも入れないのは理解に苦しむ。

ウィリアム・アイリッシュ「幻の女」

 ・惰性でオールタイム・ベスト入ってる系の古典としては意外なほどエキサイティング。アイリッシュもっと評価されてもいい。

コリン・デクスターキドリントンから消えた娘」

 ・今読むとちょっとメカニカルすぎてキツいところがある。

セバスチャン・ジャプリゾシンデレラの罠」

 ・ハッタリのきかせ方は歴史に残るけど、わりに印象に残りにくいんだよな。

ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」

 ・これも型を確立したという点で必読ではある。

ウィリアム・L・デアンドリア「ホッグ連続殺人

 ・出たよホッグ。20年くらい前ならおもしろかったのかもしれんけどさ。

クリスチアナ・ブランド「招かれざる客たちのビュッフェ

 ・さすがにブランド否定する理由がない。

エリザベスフェラーズ「猿来たりなば」

 ・知名度の割に、ブクオフに行ったらかならず置いてあるだけの理由はあるものだ。

ロアルド・ダールあなたに似た人」

 ・出来不出来が激しい作家の一人。奇妙な味勉強したいんなら異色作家短編集読めば。

ダフネ・デュ・モーリアレベッカ

 ・そういえば映画版最近リメイクされてましたね。つまんなかったなあ。ヒッチコック版と原作はいいです。

レイモンド・チャンドラー「長いお別れ」

 ・御三家のなかで一番キツい。春樹訳はさらにキツい。ロバート・アルトマンくらいの諧謔が加わって初めて鑑賞に堪えうる。

ダシール・ハメットマルタの鷹

 ・ハードボイルドの先鋭性をもっともよく表した作家ではある。本篇より諏訪部浩一の『「マルタの鷹講義』のほうがおもしろい。

ロス・マクドナルド「ウィチャリー家の女」

 ・ロスマクの一冊を選ぶとなると戦争が起きる。法月綸太郎みたいなものさ。ここでもな。

フレデリック・フォーサイスジャッカルの日

 ・めちゃめちゃエキサイティングなんだけど、分厚いし今手に入りにくいし……。

ジョン・ル・カレ寒いから帰ってきたスパイ

 ・ル・カレのなかでは読みやすい部類だし、正解だと思う。

パトリシア・ハイスミス見知らぬ乗客

 ・ハイスミス20歳をすぎてから

ドナルド・E・ウェストレイクホットロック

 ・なぜよりによって『ホットロック』?

ボアローナルスジャック悪魔のような女

 ・ボアナルほんとに読んだことある?俺はない。映画は傑作だった。

トルーマン・カポーティ冷血

 ・ルポルタージュミステリとしては先駆的だったのかもしれないが、今読むと長いしタルいし冗長カポーティの美点がほとんど失われてしまっている。

ジム・トンプスン「内なる殺人者」

 ・ポップでしょ。

ウンベルト・エーコ薔薇の名前

 ・たかだかミステリ読みごときエーコの真価が理解できるとはおもわない。

ローレンス・ブロック八百万の死にざま」

 ・タイトルで勝ってるよな。アル中文学系譜が産んだ名作。

ルース・レンデルロウフィールド館の惨劇

 ・一発ネタ長編まるまるひとつ持たせた奇跡のような書物とはいえレンデルもっと濃ゆいのがある。

ウィリアム・ゴールディング「蝿の王

 ・別にここに入れる必要はないのでは。

ジェイムズ・クラムリー「酔いどれの誇り」

 ・ネオハードボイルド作家たちは再評価されるべきだと思うが、中途半端に古くなってしまった感もあり、難しい。

ジェイムズ・エルロイブラック・ダリア

 ・反面エルロイは古びない。ただLA四部作は何も知らない人が「ブラック・ダリア」だけ読んでもわからん気がする。

ジャック・ヒギンズ「鷲は舞い降りた」

 ・冒険小説進化してるので、いつまでもヒギンズを引きずるのは不幸というか、グリーニーとか読ませたほうがいいのでは。俺は嫌いだが。

アリステア・マクリーン女王陛下のユリシーズ号

 ・マクリーンなんかよりイアン・フレミングのほうがよほどリストに入れる意味あるよ。

トマス・ハリス羊たちの沈黙

 ・作者がキモい

ドナルド・A・スタンウッド「エヴァライカー記憶

 ・このリストのなかでは比較的新しい作品で、オールタイム・ベスト的なリストでみかけるのは珍しい。個人的思い入れがあるのか? たしかに発売当時からそこそこ評判高かったけれど、薄い記憶を掘る限りそこまで評価する理由が見当たらない。気になる。

クレイグ・ライススイートホーム殺人事件

 ・ライスはたまに読むと心温まってよいが、それはスレた読者の愉しみなのであって、入門者が読んでも伝わりにくい。

アゴタ・クリストフ悪童日記

 ・たしかに仕掛けはミステリなしおもしろ小説なのだが、別にこのリストに入れる必要はない。なんでミステリの人は文学コンプレックスを抱くのだろう。

アイラ・レヴィン「死の接吻

 ・うーん。

リチャード・二ーリィ「心ひき裂かれて」

 ・オールタイムベストでも陰が薄い存在なので、入っていると嬉しい。まあでも数合わせだよね。

ケン・フォレット「針の眼」

 ・フォレットもそろそろ再評価されるべきだと思うのだが、ダン・ブラウンみたいなものと思われているのだろうか。

マイ・シューヴァル、ペール・ヴァール「笑う警官

 ・北欧系の元祖ではあるのだろうが、だったらよりエポックミレニアム入れたほうが誠実な気がする。

黒岩涙香巌窟王

 ・ごめん、モンクリの方しか読んだことない。

甲賀三郎ニッケル文鎮

 ・はあ。

江戸川乱歩「孤島の鬼」

 ・え?

大下宇陀児「石の下の記憶

 ・変格って今読むとふつうにつまんないの多いよね。

夢野久作ドグラ・マグラ

 ・そりゃ読んでも損はないとは思うが。

浜尾四郎「鉄鎖殺人事件

 ・当時としてはアベレージはある作家だろうが、そこで鉄鎖を選ぶ理由がよくわからない。

大阪圭吉「とむらい機関車

 ・うーん……いいんじゃないんですか。

小栗虫太郎黒死館殺人事件

 ・どう読むかによる。単純な出来でいったら虫太郎にはもっといいのがいくらでもある。すまん、いくらでも、はない。

木々高太郎新月

 ・すっかり忘却の彼方すぎて妥当かどうかさえわからん

横溝正史獄門島

 ・横正の作品をチョイス理由を添えずにポンと出されても困るんだよな。高校生も困ると思うよ。こんなんだけ読まされても。しょうがない。

坂口安吾不連続殺人事件

 ・本格ベタ安吾のなかでもなんでよりによって一二を争うほど不出来な作品を選ぶのか。嫌いなのか?

高木彬光人形はなぜ殺される」

 ・高木彬光でこれがあがってしまうのは、消去法の結果なのだと思う。

山田風太郎「妖異金瓶梅

 ・特にケチをつけようとは思わない。

海野十三「海底都市

 ・海野十三本領はヌケの良いバカバカしさだと思う。

大坪砂男涅槃雪」

 ・通っぽいセクレトだが、そこは素直に「天狗」にしとけ。コケまくったサンドマンが唯一正位置になってしまった作品なのだから

松本清張砂の器

 ・映画の印象は強いが、清張であえてピックアップするほどかといえばどうか。

鮎川哲也薔薇殺人事件

 ・変化球狙いすぎて外しとる。

有馬頼義「四万人の目撃者

 ・流れ的にはわからないでもない。

仁木悦子「猫は知っていた」

 ・と思ったらいきなり脳死みたいな。

高城高X橋付近

 ・今あえて読むほどのものではない。

水上勉飢餓海峡

 ・同上。長いだけ。

笹沢左保「暗い傾斜」

 ・同上。とはいえ笹沢左保はもうちょっとまれてもいい。

飛鳥高「細い赤い糸

 ・飛鳥高長編ってそんな良いイメージないのだが。賞とったってだけで入れてない?

土屋隆夫天狗の面」

 ・今選ぶとなると難しい作家だが、針の誘いとかでいいのでは。

陳舜臣「玉嶺よふたたび」

 ・そもそもミステリうまい作家ではない。

竹本健治匣の中の失楽

 ・パッションだけで突っ走った奇跡であることは間違いないが、三大奇書にならべて語るほどかといわれれば疑問符がつく。竹本健治は”今”が面白い現役の作家だ。

中井英夫虚無への供物

 ・不可欠だとは思うが、真剣に読んでる人は少数派だろう。

赤江瀑オイディプスの刃」

 ・そうね。

都筑道夫三重露出

 ・またひねくれたもん入れてくるな。

森村誠一新幹線殺人事件

 ・ごめん、森村あんま興味ない。

天藤真大誘拐

 ・色んな意味稀有作品ではある。

西村寿行「滅びの笛」

 ・特に反対する理由もない。

清水一行動脈列島

 ・人間生きてて清水一行の話することある

戸川昌子大いなる幻影

 ・戸川昌子の話をすることはあるかもしれないな。

戸板康二グリーン車の子供」

 ・マスト

泡坂妻夫「亜愛一郎の狼狽

 ・鉄板

大岡昇平事件

 ・入れても良いとは思うが、そういえば結城昌治がおらんな。

田中光二黄金の罠」

 ・エッ? そこ?

栗本薫「絃の聖域」

 ・読んでない。そろそろ疲れてきた。

連城三紀彦「宵待草夜情」

 ・好みの問題であるとは思うが。

辻真先アリスの国の殺人

 ・アー。完全恋愛かいいんでは。

笠井潔サマーアポカリプス

 ・第一作だしリストになら入れてもいいと思う。

逢坂剛カディスの赤い星」

 ・もうちょっと高校生までに」という点を考慮しようよ。

船戸与一「猛き方舟」

 ・船戸与一今読むと意外にいいものもあるんだよね。

島田荘司占星術殺人事件

 ・このへんはね。

綾辻行人十角館の殺人

 ・入るよね。

京極夏彦姑獲鳥の夏

 ・急に九十年代っぽくなったけど、2000年代にもインスタントクラシック作品はたくさんあると思うよ。

皆川博子「死の泉」

 ・皆川博子ミステリ的に評価できるかといえば微妙なんだけど、ミステリ界以外で評価される土壌がさほどないようなので、不運な作家だと思う。偉大な人です。

ミステリ好きなら高校生までに読破しておきたい古典100

https://anond.hatelabo.jp/20210210225201

  1. エドガーエラン・ポオ「モルグ街の殺人
  2. ウィルキー・コリンズ「月長石」
  3. コナン・ドイルシャーロック・ホームズの冒険
  4. モーリス・ルブラン「怪盗紳士ルパン
  5. ロナルド・A・ノックス「陸橋殺人事件
  6. フョードル・ドストエフスキー罪と罰
  7. コンラッド「闇の奥」
  8. F.W.クロフツ「樽」
  9. S.S.ヴァン・ダイン僧正殺人事件
  10. ガストン・ルルー黄色い部屋の謎」
  11. エラリー・クイーン「Yの悲劇
  12. ジョン・ディクスン・カー火刑法廷
  13. アガサ・クリスティそして誰もいなくなった
  14. ドロシー・セイヤーズナインテイラーズ」
  15. イーデン・フィルポッツ赤毛のレドメイン家」
  16. G.K.チェスタトンブラウン神父童心
  17. フランシス・アイルズ殺意
  18. ウィリアム・アイリッシュ「幻の女」
  19. コリン・デクスターキドリントンから消えた娘」
  20. セバスチャン・ジャプリゾシンデレラの罠」
  21. ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」
  22. ウィリアム・L・デアンドリア「ホッグ連続殺人
  23. クリスチアナ・ブランド「招かれざる客たちのビュッフェ
  24. エリザベスフェラーズ「猿来たりなば」
  25. ロアルド・ダールあなたに似た人」
  26. ダフネ・デュ・モーリアレベッカ
  27. レイモンド・チャンドラー「長いお別れ」
  28. ダシール・ハメットマルタの鷹
  29. ロス・マクドナルド「ウィチャリー家の女」
  30. フレデリック・フォーサイスジャッカルの日
  31. ジョン・ル・カレ寒いから帰ってきたスパイ
  32. パトリシア・ハイスミス見知らぬ乗客
  33. ドナルド・E・ウェストレイクホットロック
  34. ボアローナルスジャック悪魔のような女
  35. トルーマン・カポーティ冷血
  36. ジム・トンプスン「内なる殺人者」
  37. ウンベルト・エーコ薔薇の名前
  38. ローレンス・ブロック八百万の死にざま」
  39. ルース・レンデルロウフィールド館の惨劇
  40. ウィリアムゴールディング蝿の王
  41. ジェイムズ・クラムリー「酔いどれの誇り」
  42. ジェイムズ・エルロイブラック・ダリア
  43. ジャック・ヒギンズ「鷲は舞い降りた」
  44. アリステア・マクリーン女王陛下のユリシーズ号
  45. トマス・ハリス羊たちの沈黙
  46. ドナルド・A・スタンウッド「エヴァライカー記憶
  47. クレイグ・ライススイートホーム殺人事件
  48. アゴタ・クリストフ悪童日記
  49. アイラ・レヴィン「死の接吻
  50. リチャード・二ーリィ「心ひき裂かれて」
  51. ケン・フォレット「針の眼」
  52. マイ・シューヴァル、ペール・ヴァール「笑う警官
  53. 黒岩涙香巌窟王
  54. 甲賀三郎ニッケル文鎮
  55. 江戸川乱歩「孤島の鬼」
  56. 大下宇陀児「石の下の記憶
  57. 夢野久作ドグラ・マグラ
  58. 浜尾四郎「鉄鎖殺人事件
  59. 大阪圭吉「とむらい機関車
  60. 小栗虫太郎黒死館殺人事件
  61. 木々高太郎新月
  62. 横溝正史獄門島
  63. 坂口安吾不連続殺人事件
  64. 高木彬光人形はなぜ殺される」
  65. 山田風太郎「妖異金瓶梅
  66. 海野十三「海底都市
  67. 大坪砂男涅槃雪」
  68. 松本清張砂の器
  69. 鮎川哲也薔薇殺人事件
  70. 有馬頼義「四万人の目撃者
  71. 仁木悦子「猫は知っていた」
  72. 高城高X橋付近
  73. 水上勉飢餓海峡
  74. 笹沢左保「暗い傾斜」
  75. 飛鳥高「細い赤い糸
  76. 土屋隆夫天狗の面」
  77. 陳舜臣「玉嶺よふたたび」
  78. 竹本健治匣の中の失楽
  79. 中井英夫虚無への供物
  80. 赤江瀑オイディプスの刃」
  81. 都筑道夫三重露出
  82. 森村誠一新幹線殺人事件
  83. 天藤真大誘拐
  84. 西村寿行「滅びの笛」
  85. 清水一行動脈列島
  86. 戸川昌子大いなる幻影
  87. 戸板康二グリーン車の子供」
  88. 泡坂妻夫「亜愛一郎の狼狽
  89. 大岡昇平事件
  90. 田中光二黄金の罠」
  91. 栗本薫「絃の聖域」
  92. 連城三紀彦「宵待草夜情」
  93. 辻真先アリスの国の殺人
  94. 笠井潔サマーアポカリプス
  95. 逢坂剛カディスの赤い星」
  96. 船戸与一「猛き方舟」
  97. 島田荘司占星術殺人事件
  98. 綾辻行人十角館の殺人
  99. 京極夏彦姑獲鳥の夏
  100. 皆川博子「死の泉」

追記

ブコメで指摘を受けたので以下を修正

20と39、「シンデレラの罠」が重複している。確かに一人で何役もやる趣向の話ではあるが。

重複を削除して、ゴールディングの「蝿の王」を入れた。ご指摘感謝

22.の「ホッグ殺人事件」、正しくは「ホッグ連続殺人」だね。

修正した。ご指摘感謝

間違い探しみたいで申し訳ないが、35は「トルーマン・カポーティ」かな。ノンフィクションミステリに入れるのは、ちょっと抵抗がある。

修正した。ご指摘感謝

2021-02-07

なんでムスリム同胞を救わないのか?

2月5日 AFP米国英国は4日、英BBC中国収容施設で行われているウイグル人女性に対する拷問性的暴行を詳細に報じたことを受けて、断固たる対応を取ると約束した。

 米国務省の報道官は、中国ウイグル人に対する「ジェノサイド大量虐殺)」を行っているということで、前政権と現政権見解は一致していると改めて述べた。

 BBC目撃証言に基づく長期にわたる調査で、新疆収容所警察官警備員収容女性組織的レイプ性的虐待、拷問を行っている疑惑について報じた。電気棒を肛門に突っ込むなど、電気ショックを使った拷問も行われていた。

 目撃証言によると、女性たちは集団レイプされたり、強制的不妊手術を受けさせられたりした。目撃者の一人は「悲鳴建物中に響いた」と語った。

同じイスラム教徒なのに、まったく声を上げないムスリム各国が不思議でならない。

声を上げているのはキリスト教国じゃないか

https://www.mangaz.com/book/detail/181131

2021-01-23

例え話(って書かないと理解できない奴がでてくるんだろうな。アホくさ)

元増田ハンドルを握ったら責任持った運転しろ道交法を守れ。マナーを守れ。最悪な事態を避ける為に。守れないなら車を手放せ」

増田「はあ?好きにやればよくない?こいつうっざ。ドライブ行ってきま」

 

アナウンサー警察車両ライトが照らす先は、電柱の前に止まる車。

跳ね上がったボンネット

ドアは、ぐにゃりと曲がり、原形をとどめていない。

「前を走っていた車が電柱にぶつかった」と110番通報があったのは、20日午後9時半ごろ。

神奈川藤沢市住宅街を走る県道で、軽自動車電柱に激突した。

現場は、見通しがいい直線道路だが、道路にはタイヤ跡が一直線に伸びていて、その先のポールは完全に折れ曲がってしまっていた。

事故直後の様子について、目撃者は「助手席女性が1人挟まっていて、後部座席女性が1人挟まっていて、運転手らしい人が(車の外で)立っていた」と話した。

警察によると、定員が4人の軽自動車に、10代の男女あわせて8人が乗車。

事故後、全員病院搬送されたが、17歳男子高校生九十九海斗さんが死亡、ほかに14歳から17歳の男女6人が骨折などの重軽傷を負った。

事故は、なぜ起きたのか。

車を運転していた19歳の少年は、コントロールを失ったという趣旨説明をしていて、警察は、事故のくわしい状況を調べている。」

anond:20210122175901

2021-01-07

anond:20210107032354

じゃ、反論しとくわ。

一次情報はむしろ信頼せず、慎重に内容を精査すべきものだぞ。

お前の考え方おかしいから。

Wikipedia:信頼できる情報源 - Wikipedia

一次資料

ある事柄状態について直接の証拠となる記録物です。言いかえれば、書こうとしている対象の状況に非常に近い情報源です。この語は多くの場合出来事参加者やその出来事目撃者によって作られたドキュメントを指します。公式報告書手紙原本、実際に出来事を目撃したジャーナリストによる報道記事、あるいは自伝などになるでしょう。権威ある機関によってまとめられた統計一次資料と考えられます一般に、ウィキペディア記事一次資料に基づくべきではなく、むしろ一次資料となる題材を注意深く扱った、信頼できる二次資料に頼るべきです。

2020-12-24

anond:20201224125203

アベノマスクは未開封で保存してる。

30年後にコロナ話題になったらおもむろに取り出して「どや!アベノマスクや!歴史目撃者や!」って自慢して若い連中にウザがられるの。

2020-12-21

anond:20201220133445

制御でき(バレない形でやれ)ないセクハラ自体が性依存症一種からね、病気犯罪であることは同時に成り立つよ。目撃者死ぬほどいるとこで危険運転する奴と一緒で、頭おかしいけど罪じゃなくなるかっていうとそんなことはない。責任能力とかのレベル心神喪失状態になるとまた違うけど、趣味活動できる程度には理性残ってるしね。

そもそもいくら用意周到にやったって絶対バレないことはありえないんだから、一発で社会的地位喪うかもしれないうえに風俗で数万払えば安全にできるのにセクハラするの自体自分には病気しか見えないけども。善悪とか以前に、詐欺とか横領とか違って手に入るリターンが小さすぎて気が狂ってるとしか思えない。

2020-11-27

猫の島 青島 の中の人超ヤバくね?

俺は全くの部外者だが事実を知って怒っている。

愛媛県の大洲に青島と言う名の島がある。

その島には高齢者5名と猫が100匹ほど暮らしている。

毎日の餌やりやお世話は紙本さんを中心に行われ、病院に連れて行ったり

細々としたケアボランティア団体さんと行っていたのだ。

ツイ廃なので猫の島があると知った時にツイッターで 猫 青島 で検索した。

「猫の島 青島」がトップに出てくる。何の気なしにフォローした。

ほぼ毎日投稿される猫達の様子。

例えば、ある猫の名前をSとする。Sの生い立ちを事細かく仕立て上げる。

他の猫に虐められている不幸なSをあたか事実の様に話を作り上げる。

実際の所Sは別のOさんと言う名前で不幸でもなかったらしい。

別の猫はJと呼ばれている。本当は猫のお母さん事、紙本さんはSKと付けている。

「猫の島 青島フォロワー数は5万超え。

中の人青島の猫を撮影したDVD書籍販売している。

「猫の島 青島」の中の人の作り話に俺はすっかり騙されていた。

と言うのもこの方が写真動画を撮る時に缶詰パーティーなるものを開催してる。

初見の人がその動画見たらどんな印象を持つだろう?

俺は餌やりボランティアさんだと思っていたのだ。

勝手勘違いした俺が悪いのだけれど。

ツイッターで人を寄せて「長くなるのでブログへ」と誘導しているのも憎い。

悪質なのは撮れ高を作る為に大量の猫缶を猫達に振る舞い、食べさせる事だと思う。

猫たちは食べ過ぎてしまい、吐いてしまっていたらしい。※目撃者

青島猫を支援する会」のツイッターでは猫缶を食べ過ぎて肝臓悪くし入院せざる得ない猫もいるので過剰に餌を与えないで欲しいと喚起している。

YouTubeで別の保護団体が事の重さを伝える動画をアップしてるので興味がある方は一度見て欲しい。

このおっさんは餌やりボランティアでもないし、青島猫を商売ネタにした上に猫の健康を阻害する虐待行為を繰り返している。

過去にはソーセージパーティーも開催。そんな塩分高いもの上げたらSAN値直葬

どうやら紙本さんとボランティア団体とは決裂しているらしい。

おっさん創作ツイッターを眺めるとしょっちゅう猫を抱いたりしている

紙本さんの姿がアップされているのだけれど、これって盗撮か?と疑っている。

7年間お世話を続けてきたボランティア団体SNS10月から本格的に可動。

11月に入って猫風邪が島の猫達に流行し出し掛かってしまった猫達は餌場に現れなくなった。結果として廃屋で休んでいたそうだ。

ボランティア団体SNS上騒がず情報出すことは控えていたのだが、おっさんが猫が神かくしにあったとツイッターに上げたものから

何名か紙本さんに直接クレーム電話を入れたそうだ。

内容は不明だが、紙本さんは日テレ取材で受け答えが出来ないほどメンタルをやられていたらしい。

さぞ、不特定の見ず知らずの方々から電話は応えただろう。気の毒で仕方ない。

なんで紙本さんが炎上案件になってしまうのだろう?

わざわざ電話番号調べて電話したバカは即刻死んで欲しい。

「猫の島 青島」の中のおっさんが、猫は全頭元気になって戻ってきました!記事投稿した。

ボランティア団体ツイッター青島猫を支援する会」から投稿は残念ながら数頭なくなってしまいました。とのこと。

この両方投稿の食い違いに気がついたフォロワーおっさんに尋ねた所ブロックされたそう。

自分に都合の悪い事はブロックないし関わらない。それどころか、あたか公式かの様に振る舞う投稿ばかり。

実際のところは島猫から搾取してる汚いおっさん詐欺まがい。

このおっさんにもし寄附金託した人は名乗り出て欲しいところだ。恥ずかしいことではない。

良心が痛まない方々はこれからも「猫の島 青島」の作家 小野先生創作話を楽しんでもいいだろう。

あと、毎日投稿しているけど撮り溜めたの小出しにしてるだけだと思う。

情報としてはそんなに新鮮じゃないと思うよ!と言う意味ですよ。

こんな超ヤバい迷惑系のおっさん7年近く放置してたのか。

観光客で入れ替わり立ち替わりするから地元住民じゃないとこのヤバさは目立たなかったんだろうな。

住民ボラさんが説得するのに疲れて諦めたのが目に浮かぶ

2020-11-23

欧米結婚制度

欧米結婚日本とはかなり違う。まず結婚する前に結婚しても良いかどうかの許可を取る必要がある。そしてその後、カップル証人とともに裁判官とか市長とかまあそういう結婚目撃者となる権限のある公的な人の前で宣誓をする。一方、日本では男女が婚姻届を書き、証人にもサイン押印してもらって、それを出せばもう結婚成立だ。超簡単そもそも結婚とか戸籍とかの制度がまるっきり違う。夫婦別姓が諸外国で認められているからといって日本でもそのまま通用すると思うのは諸外国文化を知らないし日本結婚に対する考え方の文化理解していない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん