「駆逐」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 駆逐とは

2018-08-17

anond:20180815011453

喋りや人望やゴマすりで会社内で生き残ってる、

でも仕事やってる所はあまりたことない

ピエロみたいな社員てどこの会社にもいますわな

社長がそんな会社結構あるが)

あい人種が、今後も会社潤滑油として生き残るのか、AI駆逐されるのか興味ある

それで人間労働社会で生き残れる方向性って何となくかると思うんだ

2018-08-11

anond:20180811142858

AIまで行かなくても

人と会話できる表計算ソフトでも発売されたら駆逐されるで

2018-08-09

anond:20180808164408

今の日本では、いか知能指数が低い頭の悪い奴であっても、成人であれば、正真正銘文盲ひらがなも読めない)、地元方言しかまったく話せない、電話の使い方がわからない、信号渡り方が分からない、なんて奴はせいぜい人口の1%未満だろう

が、今から100年前の日本であれば、そんなんがゴロゴロしておった(つか、人口の大部分が小学校卒)。近代の発展は100年かけて上記のような人間駆逐した上で成立している

仮に過去100年と同じペースで発展が続いて全体が底上げされれば、おおかた100年後は、現在偏差値60台の高校問題なく卒業できるレベルの者が「いちばん頭の悪い奴」になるだろう

現在レベル基準での愚者」を滅ぼしても、また永久に「新基準の中での愚者」が生まれるだけだよ

2018-08-04

しかAI医者駆逐したら日本地頭のいい人間が行く場所無くなるよな。

法曹界は御覧の有様、先端技術業界も落日。

増田で毒吐くくらいしかできることがなくなる。

anond:20180804111918

AIの発展が全ての医者駆逐してくれる将来に期待しよう。

「爆毛」赤ちゃん 世界中話題に | NHKニュース

例えばこれが遺伝によるものだと明らかになれば、当然世の男どもはハゲ駆逐せんとこの子に子種を植え付けるんだよね?

ゆくゆくは、全世界の子孫がこの子DNAの影響下に置かれるまで、ハゲ駆逐するんだよね?

2018-08-03

学問世界は、ハンディがないはずだと信じていたが。

今まで男は、男とだけ競争していれば良かったが。

これからは、筋力以外の面で女子と対決していかなくてはならない。

腕力に物を言わせて男どおしという、人類の半分のうちの成人男性だけを相手すれば良かった。

最近は、将棋スポーツ10代のうちから頭角を現す世界レベル人物もいる。

育成が発達してきているからだ。

老害駆逐していくためには、若手が結束して老人を倒していかねば。

  

アメリカIT起業家は、血気盛んな奴らばっかりだったわけだが。

日本は出る杭が打たれる感があった。

metooとは違う形の差別顕在化して来ているわけだ。

  

学力テスト社会で男の競争相手が、増える。

これが、吉なのか凶なのかは分からないが。

  

弱い男が生きていくことがますます難しくなりそうな修羅時代突入したわけだな。。

  

2018-08-01

anond:20180801132057

うちのアパートも外通路の明かりがLEDに変わったんだけど、虫は寄ってくるね。とはい蛍光灯ほどではない。

一週間前までオニグモが巣を張って根こそぎ駆逐してくれていたんだけど、場所を変えたのか最近は飛び放題だ

2018-07-30

次の世代は中卒なら皆プログラムが出来る

逆上がりハンドスプリングクロール50mを皆(落ちこぼれを除く)が普通にやってのけるような感じでプログラムが出来るようになる。

怖い時代になるねえ。

給料貰ってるプログラマーSESの下半分と、その時代高校生上位半分を競わせたら負け越すかもねえ。

怖い怖い。

こうやっておじさんは駆逐されていくんだねえ。

2018-07-28

悪い習慣

福岡空港地下鉄駅で列車に乗るべくホームで待っていた。

列車が入ってきて扉が開くと自分の前に並んでいた、

大きなスーツケースを持ったオバちゃんと娘(10歳位)の親子が、

列車に乗っている人が降り切る前に、流れに逆らって列車に乗り込んで、

座席に座ってしまった。

話す言葉の感じから中国方面の人だと思うけど、習慣が違うんだなーと思った。

残念なのは、他にホームで並んでいた日本人も、その親子がフライング

乗り込んでしまったので、負けじと乗り込んでしまい、降りる人を掻き分ける

感じになってしまった。

悪い習慣が、良い習慣を駆逐してしまった感じがしてとても気分が悪かったよ。

2018-07-27

anond:20180727125847

それだわ

ハンコ系な

電子署名とかもあるしこれもそのうち駆逐されるのかなあ

でも不動産系の契約書類観測範囲では電子化の気配すらない

金融だと伝票とかも?

2018-07-25

差別を無くそう!おーっ!て連中に差別なんか無くせるワケねーだろア

差別を無くそう!おーっ!て連中に差別なんか無くせるワケねーだろアホか。

差別を無くすにはお互いに認め合うか完全に相手駆逐するかの二択や。

ホントはただ気に入らねー連中を駆逐したいだけの奴らが偉そうに「より良い社会」とか能書き垂れんじゃねーよ。綺麗事言ってる奴らに騙されてたまるか。

認め合う事を望むならテメエがまず受け入れるのがスジだろ。

いやいやそれは相手から

ってオメー、

それ単なる侵略だろうが。

言ってる事の正しさなんか関係ないだろ。

考え方を違える奴らを受け入れなけりゃ差別のない社会なんか夢物語や。

断言していい、マイノリティマジョリティに勝てねえよ。

本当の勝利は互いに認め合う事やからな。無理やろ。

駆逐するなら多勢に無勢や。

多勢に与するかマイノリティとして戦う事に意味を見出すか。

ももう1つあるんやで。

「俺は俺」って価値観や。

孤独に怯えず強く生きるやり方やな。

2018-07-13

大雨の災害を目の当たりにして

自身の住んでいる地域ハザードマップで初めて確認してみた。



見事に浸水が予想される地域に含まれているではないか

もし大雨が降って被災したら、そんなところに住んだ無能wwwwwwとはてなSNS等で

今みたいに決定的に揶揄されバカにされるんだろうな。


急に引っ越さなければならない事情があり、駅近で家賃の安いところを

早急に考え無しに選んだ結果ではあるのだけれど。

比較的川に近いのは認識してたんだけれどね。


まあ私みたいな無能災害被災して、とっとと駆逐されてしまえば良いのだ。

2018-07-11

anond:20180711163419

でも新規分譲で開発される場所は本当にロクな場所少ないんだから増田の言うことは本質だろ。

それを反論もまともにせず「なんか感じ悪い」ってだけで全否定するなんてメンタル弱すぎ。

こういうのが多いから、耳触りの良い事ばかり言う不動産営業マン跋扈し、正直者の営業マン駆逐されちゃうんだよな。

2018-07-09

anond:20180709221252

増やせばいい、いや悪いの話しではありません。関係ない。むしろ日本医療自由診療ではなく、国民皆保険による半ば税金により賄われているから、全く自由競争が効かない。日本医療に限って言えば社会主義的。普遍的に安く医療を受けられる利点でもあるが、悪貨が駆逐されない、悪い構造でもある。よって、やみくもに人数を増やせってなるとレベル低いのも増える。ともかく今回の件とは関係ない。

2018-07-08

anond:20180708153148

かに中国オタクの躍進はすごいと思うけど

これまで海外でヒットしても日本で爆死したものの多さから見える日本オタクの独特の面倒くささや土着性みたいなものを考えると

日本日本産のコンテンツ駆逐されるかどうかはちと疑問だのう

2018-07-07

anond:20180707150628

演歌は創られた伝統」というのは要するに、「演歌はニセモノの日本の伝統だ」ということですよね。

「ニセモノ」というのは、「ホンモノ」があるから成り立つわけです。ホンモノが明確ではないのであれば、ニセモノも明確ではないということになる。

だとすると、

演歌はニセモノの日本の伝統だ」という主張をするためには、

「これがホンモノの日本の伝統だ」という主張が必要不可欠なはずです。

これは正しい。

まずそもそも日本」という単位自体ナショナリズムのものといっていい。

ゲルナーは『民族ナショナリズム』において"政治的単位民族単位を一致させようとする政治的原理"をナショナリズムと捉えた。

日本の伝統と言ってしまうと必然的にそうなる。

肯定する場合でも否定する場合でも主語日本にしてしまうとそうなる。

国家及び民族主語にして語る時点でナショナリズム的と言っていい。

演歌はもともと西洋音楽から日本の伝統ではない」

ということを自明であるかのように語る人がいっぱいいるけど、全然自明じゃないです。

もし仮に、日本は古来から文化的排他的海外のものを寄せ付けなかった、とかい歴史的事実存在するのであれば、

演歌はもともと西洋音楽から日本の伝統ではない」というのは正しいと思います

でも実際には、そんな歴史的事実存在しないんですよ。

箏も三味線も、もともとは海外ナウい楽器だったし、雅楽ももともとは海外ナウい音楽ジャンルだったわけす。

仏教インド発祥だということはだれでも知ってることのはずです。

ようするに、もともと海外のもの伝統になる、ということは日本では古来から普通のことだったわけです。

というか世界的に見てもそれが普通なんですよ。


この段落は非常に雑だし、前提がおかしい。

当該社会集団が何を選択的に残し、何を排除たか。何をナウいと考え、何をダサい判断たか

その価値判断は誰によるものか。どういう思想によるものか。

そういった当該社会集団による意図的選択連続としての受容史を単なる伝播、自然淘汰と読み違えている。

インド仏教日本仏教は全く違いますよね。

また、楽器で例えるなら韓国伽耶琴と日本の琴は全く違いますよね。

ダルシマーヤンチンは全く違いますよね。

文化は伝播してもそのまま伝わるわけではなく、ある種の選択判断が生じている。

雅楽だって日本韓国昔ながらのスタイルのままだと主張しているが、実際には微妙な違いがある。

その価値判断伝統の名の下にくだすのがナショナリズム的言説でしょ。

たとえばですよ、

正月によくかかる「春の海」という曲はたいてい「伝統音楽」の棚においてあります。この曲は洋楽邦楽ハイブリッドです。形式的には完全に西洋音楽です。

から

「春の海は形式的には洋楽から日本の伝統じゃないよ」

という意見もあります。でも同時に、

作曲者バリバリ邦楽演奏家なんだから日本の伝統じゃん」

という意見もあるわけです。

で、このふたつのどちらが客観的に正しいかということを実証することは不可能です。人それぞれ価値観が違う、としか言いようがない。

いやそもそも音楽学者で《春の海》をそういった視点分析する奴は今日びいないです。

伝統かどうかというのはもはや何の問題提起にすらならないんですよ。

なぜならその枠組み自体幻想だという前提で読むからね、まともな音楽学者は。

伝統」とはなんなのか、「日本」とはなんなのか、「音楽」とはなんなのか、

とういうような哲学的な問いにきっちり答えないといけないはずなんですよ、もし演歌はニセモノだと言いたいのであれば。

「創られた伝統」という概念と「創られたわけではない伝統」という概念は、どこがどういうふうに違うのか、

ということを哲学問題として、きっちり論理的説明しなきゃいけないはずなんですよ。でも、そんな作業してる音楽学者なんていないですよね。いたら教えてください。


とっくに議論されています伝統の創出についてはホブズボウムがまず前提。

ヘルダー、ダールハウスタラスキン、ヴィオラリーマン、リッサ、アドラーも読んでどうぞ。

特に19世紀ヨーロッパナショナリズム芸術関係が盛んに論じられていたので、

この分野の先行研究として学びがある。ロシアスペインフィンランドハンガリーなどなど。

繰り返すけど伝統って自然に生じるものではなくて、外と相対化されて初めて気づくものだし

伝統自体共同体による幻想なんだよね。

割と最近テレビラジオ地方地方性を駆逐したのではという話もあって面白い

北海道沖縄も、東京の発信する音楽文化に染まってしまったという話で、

それが国家音楽民族音楽だと大衆勝手に読み替えられているという話ね。

音楽って人間社会性そのものだよねってのはブラッキングの『人間音楽性』の指摘だが、

そういう純粋なる民族性の罠にはまってないですか。増田

あれ、演歌の話どこいった。

2018-07-06

国民性から

アメリカ人バーベキューやっほーい!肉サイコー」まあ騒がしいけど、国民性から… →わかる

イタリア人キレイだねー一緒にお茶どう?」だれかれ構わずだけど、国民性から… →わかる

中国人「もぐもぐわいわいガヤガヤ…ポイッ」観光でも街中にゴミ捨てまくりだけど、国民性から… →は?

駆逐すべき国民性もあるだろってハナシ。

2018-07-03

まりにもジャップサヨクが情けないんで俺も『パヨク』って言葉が使いたくなってきた

ネトウヨとき知的障害児の群も効率的駆逐できない知者気取りの凡夫の群れ

ジャップには本当に根本的に知能と呼べる天性がない

2018-07-02

anond:20180702082253

そういったレベルの人と接しないといけない時点で、あなたは同レベル帯の人間では負け組位置してますよ?

底辺人間は言われたこともできないゴミばかり。早くロボットに置き換えて駆逐しないとね。

2018-06-30

実名報道必要性を悟った

俺じゃない増田と某ケーナの人の相聞歌を見て思った。実名報道、要るわ。

社会学的に言うと、デマとか噂とか都市伝説というのは濃淡があるにせよ「情報のないという状態人間にとって気持ち悪いので、無理やり埋める作用」という事になっている。

そして現に当日は日大暴力団陰謀説から本業由来説、低能先生説と入り乱れてたろ? そのうちネタが挙がってきたか低能先生説に収斂したが、何も無かったらこれ以上どんなデマが出たか知れたものではない。同じような事が何かあるたびに、我々には観察できないほど遠くミクロ社会で、やっぱりそーゆー事が起きてるんだよ。

だとすれば、やっぱり匿名男性が刺される、よりは増田何樫さん(53)が刺される・はてブもつれか、にしてデマの湧く余地を減らすことは社会防衛必要ではあるまいか。ただでさえ現代は、アベbotやらネトウヨやらが好きなデマばらまけるんだぞ。いまはあれはデマだと分かっている。が、情報が枯れて何かの真空地帯に連中や、それを超える悪しきものが埋めないとも限らん。そして、一度蔓延ったデマ駆逐にかかる労力は果てしない。それを無数のミクロ世界相手にやるなんざもう悪夢しかないわ。

じゃあ、遠い修羅の国の殺しなんかそもそも統制して情報を出すな、というのもスジではあるがそっちの方へはあまり行きたくない

まれる方には災難だが、大体我々の周りで殺しなんかめったにないんだよ。現にないだろ? だから、顔も知らねぇはてな村で殺しがあったって言って、初めて当事者意識持った挙句、裏成りトマト野郎まで尻馬乗って騒ぐんじゃねぇか、俺もそうだけど。

そりゃブン屋テレビ屋共も、スクラムだのサンゴだの救助米兵だのやらかしはある。が、通りすがり嘘松ではない。少なくともやらかしが見つかれば、相応の代償を人生を以て払う事になる。

ワクチン副作用と同じだ。あれも確率で人を救い、それ以下の確率副作用で人を傷つける。無論後者には官費なりコン費なり義捐なりで贖わなければならない。贖いで何とかなるモノではないのだが、無いよりはましだろう。だが、その犠牲は確かに社会にとって必要なのだ。「あんた運悪かったし、つらいのは判る。でもそれは社会必要なのだ」と俺は言える。もとい、言える人間でありたい。

ま、こんなこと書くと泉下低能先生(*死んでません)に低能呼ばわりされそうだが。

あと諸君諸君のうちの誰でもいいから、ちゃんとしたルポを書けよ。この村で起きた殺しなんだからちゃんと棺に釘打ってやるのが礼儀ってもんだぞ。

2018-06-25

anond:20180625100818

増田は「ジャイアントキリング」を知らないのかな?

これは「番狂わせ」を意味する英単語だ。これの語源は、ある羊飼い少年デビッドジャイアンツ選手であるゴリラーデをデッドボールで退場させた故事に因む。

これによりただの平民羊飼いだった少年は最終的古代イスラエル王様にまで上り詰めることになったんだ。

本来倒せるはずもない矮小存在が」「それよりも大きな存在を殺すこと」をジャイアントキリングと呼ぶわけで、その番狂わせを起こしてしまうことでその人の評価も180度変わるってことでもあるわけだ。

今回、hagexキリングが発生したわけだけれども、hagexはおそらく低能先生と比べてみれば史実ゴリラーデ並みの暴力巨人だったことだろう。

低能先生はそれを駆逐したんだ。

もし低能先生が今後娑婆に戻ってくることがありうるのならば、彼はもしかしたら英雄扱いされるやもしれんぞ?

そう考えられている。角度とかは。

2018-06-21

私は無言の文化の住人

ネットである記事を見てたら「無言の文化の住人は不誠実であり、駆逐されるべき存在」みたいに書かれていた。

かく言う私は無言の文化の住人である。でも、批判する人の言い分はわかる。1を知って10を知ることを他人要求するな。自分がやっていることは当然他人もやるべき、という仕事のやり方は間違っている。本当にその通りだと思うし、身につまされる。そうならないように努力はしたいと常々思っている。でも、心根までは変えられない。

無言の文化の住人というのは、才能ある人であれば芸術だったりサブカルチャーの分野で花開く可能性は大いにあると思う。ただ、現代的な経済活動の場に身を置くのであれば致命的に向いていない人材であろう。

なぜ私は無言の文化の住人になってしまったのだろう。もとを辿れば、やはり私が臆病で、卑怯性格からだろう。こちから口を出して、反発されたり、批判されるのが怖い。だから口をつぐむ。トラブルがあって責められたとしても、「だって私は◯◯してくれとか言ってないし」と、言い訳ができる。

日本人には特に無言の文化蔓延していると言われる。その背景には、日本人に、自己肯定感が低い人の割合が多いことがあるのではないかと思う。無言の文化駆逐するというのはすなわち日本人全体の自己肯定感を高めるということなのかもしれない。だとすれば大いに結構なことだし、応援したいという気にもなる。

それでも、今いる無言の住人が消えてなくなることは決してない。察してとは言わない。理解してくれとも。ただ、こういう人間も世の中にはいるってことは、たまに思い出してほしいとは思う。

読み直してて思ったけど、言語化文化の住人から見たら、こういうところが気持ち悪いんだろな〜、きっと。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん