「駆逐」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 駆逐とは

2018-02-22

anond:20180222162027

あなた勇気ある行動が全ての女性利益になります

増田にとどまらず、はてなキチガイペニスを全て駆逐して下さい!

結果も随時報告していただけると他の女性勇気づけられます

「働き方改革」にデメリットはある?

国会裁量労働制についてゴッタゴタしていて、これに関しては素直に野党応援したいのだけれど、

一方で政府主導の「働き方改革」そのものに疑問というか、不安がなくもない。

即ち「もしこのままトップダウンホワイト厳守の働き方改革を浸透させたら、最悪、日本企業があっちこち倒産しない?」と。


はてなではしばしば「日本人労働生産性世界最低クラス」とか「管理職無能」とか色々見掛けるけれど、これらは働き方改革が浸透すれば急激に改善されるのだろうか?

もし日本人が働き方改革と共に急に覚醒して、ホワイト環境下でも従来の生産力を維持できる所まで労働生産性を上げられるなら良いのだけれど、

恐らく、パソコンが普及しても依然として非効率な旧式のアナログ作業的な感覚に捕われている職場も多いように、

日本企業労働環境ホワイトにしても急には労働生産性改善されず、単純に時間の減少に比例して生産力のみ低下する方が、確率は高いのではないかと思う。

物凄く酷い話ではあるけれど「サビ残にきっちり給与を支払ったら倒産してしまう」って企業もあると思う(正直こういう企業はさっさと淘汰された方が良いとも思うけれど、そんな企業比率が全体の何割位なのかが問題。)

勿論、法整備によって皆の生産力が一斉に下がるのであれば相対的には然程問題にはならないのだけれど、

良くも悪くも今はグローバル社会故、日本企業競争力が落ちても競合他社である海外企業競争力は落ちない訳で、軒並み日本企業駆逐される可能性も十分あると思う。

政府官僚裁量労働制に拘りを見せてるのも、実はその辺りに対する懸念があるから茶を濁そうとしているのではないかとも思う。


一応念のために言っておくと、私個人としては働き方改革方針には“長期的には”賛成だし、現状の裁量労働制野党に頑張って潰して欲しいと思っている。

だけれども、そこに至るまでの過程問題で、急激に変化を促す政府主導トップダウン方式ではなく、

時間は掛かるけれど、労働生産性を重視したホワイト企業既存ブラック(グレー?)企業との競争に打ち勝ち、

経営者が自ずから「うちも働き方改革した方が良いじゃん」と検討するようなボトムアップ方式で、ソフトランディングさせる必要があるのではないかとも思っている。

それこそ、今の新入社員が定年前になるくらいまで、それくらい人が入れ替わらないと、日本人労働生産性はそう改善されないのではないかとも懸念している。


…のだけれど、その辺りのことをはてなーの皆様はどうお考えなのでしょうか?

働き方改革さえ徹底させれば、現状ボロクソに叩いている日本人管理職も急激に覚醒してくれるだろうという考え?

眼前の労働環境改善されるなら、別に後々勤め先の企業倒産して路頭に迷っても良いやという考え?

ブラック日本企業なんて駆逐されて滅べば良いんだよっていう破滅願望的な考え?

まぁなんとかなるでしょっていう楽観的な考え?

それとも「それを何とかするのが政治仕事だろ!」って言って上手く行かなきゃ「政治が悪い」って言ういつもの流れ?

2018-02-20

コンビニが高いって言ってる人大丈夫

スーパーがどんどん駆逐されたらどうするんだろう

あ、車で遠出するのか

 

都内はもうだいぶコンビニしかないんだよね

2018-02-19

anond:20180218173209

父親の件に限ると、父親としては「痴漢とは悪であり駆逐すべきものだ」という考えの前に、「自分の娘に痴漢にあってほしくない」ということを優先したいと考えていると推測できる。

この場合父親のできることは娘にもっと自衛しろと強く伝えることしかないと考えることもできる。それば現代的なベリーベストな考えとは思わないが、父親現代ベリーベストを求めるのも難しい。

ちなみに、なんども繰り返された話で申し訳ないんだけど、俺男だからからないんだけど、本当に自衛って無理なの?ぜったい無理ではないのではないかと思うのだけど。

2018-02-18

ネットで色んな所と気軽に繋がれる様になって随分経つけどさ、繋がって観測出来た事をポジティブに活かせないケースが多すぎやしないかね?

直近だと女性専用車両の件とかさ「繋がるには早すぎた集団」が互いの感情論をぶつけ合っているだけで誰も幸せに出来そうにないよね。議論がどうとか言ってるけど明らかに「それ未満」のクソの投げ合いの場が繰り広げられていて本当にウンザリするよ。

現実社会制限の中で白黒キッチリさせられる訳ないなんて事は、アホでも分かりそうなモンなのに、数日経っても一歩も引かずにクソの投げ合い続けちゃってさ。異なる存在と適切な議論を進められない段階にいる連中は、もう本当に巣に帰って欲しいな。キミ達にゃ「俯瞰した視点に立った現実的かつ建設的な議論」なんて、まだ100年早いんんだよ。

思い起こせば「はの字のねーちゃん」関連の炎上も同じだしさ「世界がオマエ視点で完全にストレスゼロになる環境」なんて訪れる訳無いんだよ。気に食わないヤツや、いけ好かないヤツも混在した状態で、都度都度、互いの倫理観ギリギリ許せる妥協点を見出だす事を続けるしかないんだよ。

それが飲めずに、異論を完全に駆逐したがる輩は、頼むからネット見るのやめてくれよ、変な行動起こす前にさ。マジで危なっかしいから。頼むよホントに。

2018-02-10

anond:20180210172656

キャラクター使用料ってバカにできないからなあ

ひこにゃんがくまもんに駆逐されたのも使用料の高さに起因すると聞いた

2018-02-08

anond:20180208192635

古今東西どんな国だろうが

外資お上に居座って経営改善されても

底辺労働者恩恵を受ける事はありえないっつう

ましてや米企業じゃね

 

どんぶり勘定家族経営アホ日本人から

米国式合理的搾取プランテーションに変わるだけ

 

ただ、アホみたいな萌えアニメ駆逐されて

SFアクションスタジオリソース割かれるだろうし

俺はネトフリさま万歳派だけどね

Twitterの繊細なオタク

聞こえます・・・予想以上に長くなってしまったので先に伝えたいことを伝えます・・・

ドキッとしたフレーズありましたか?なければ以下の文章は読まなくても大丈夫です

・・・

みなさんはもし回転寿司に行って、一緒に来た友達ラーメンを食べてたら絶縁しますか?

もし友達ガラケー派だった場合、「スマホは便利だよ」と言いながらその場で友達ガラケーを叩き折ったりしますか?

しませんよね

しかtwitter上で「くら寿司ラーメンなう!」と言うだけでブロックされるパターンはさほど珍しくありません

オタクコミュニケーションに慣れていなさすぎではありませんか?

ここで言う「コミュニケーション」とは単に「人と喋る」「友達を作る」「集団社会でうまく立ち回る」とはまた意味が違っていて

それができない人は言うまでもないのですが、その先のお話です

とにかく傷つきたくない

twitter流行ったので、もう「意見を発信し、会話をしなくてもじっくりと相手吟味して近しい意見の人を選んで接する」ということが誰でもできる時代になりました

しばしば地雷がどうとか嫌なら見るな論がどうとか繊細なオタクtwitterでキレるのは要するにtwitterには「傷つくリスク回避できるSNS」という認識がなされているからなんですね

しかに、主張の合わない人と仲良くするメリットって全く無いわけですよ

完全に自分のTLを快適な箱庭にしたいなどという思想はありませんが、嫌いな人を嫌いだと先んじて知ることができるし、

どこかで行われている激しい争いを視界からシャットアウトして好きな人ツイートや猫の画像ふわふわと漂っているtwitterの優しさ、自分も大好きです

しかしこの優しさに慣れきっていると問題が発生しま

緩やかな死

死とは、孤独です

自分ふわふわと漂っていると、ついつい周りの皆さんもふわふわと漂っているものだと勘違いしてしまうのですが

いつもTLで仲良くしていると思っていたグループ自分の知らないところで通話オフをしていたり

自分がお財布事情で買えなかった流行りのゲームを遊んでいたり

仲良くリプを飛ばし合っていた男女がいつの間にか結婚していたり

狭いコミュニティだと余計そういったもの意識しなくても目についてしまものです

あれ・・・・・・・・・じゃあ誰ともオフ通話をしていない自分・・・・・????????

こうなると優しかったはずのふわふわ世界が一転して「自分を疎外する空気」というものに塗り替えられてしまます

実際の所その人達リア友だったとか、同郷だとかイベントたまたま隣になったとか、ちょっとしたきっかけがあるかないかの違いだったりもするのですが・・・

被害妄想から逃れられない

自分を疎外する空気」を感じてしまったが最後で、あとは学生時代よろしく教室の隅で落書きするオタクの卑屈な心理状態になります

「あの人は自分のことを褒めてくれるけどいいねが一万件超えてるし、大勢の一人くらいの認識なんだろうな」

フォロー1000件越えてる人にフォローバックしてもすぐ忘れられるだろうな」

「この人リプライでは仲良くしてくれるけど、オフには誘ってくれないな 多分自分空気読めないからだろうな」

「憧れの人が通話募集してる人いるけど自分が話しかけてもお前じゃねーよって思われるだろうな」

オフに行ってみたけど身内感すごくて全然話せなかったな 次からは誘われないだろうな」

現実オフまで行けば他のふわふわ孤独ユーザーからは疎まれるくらいコミュニケーションはしているはずなのに・・・

オタクはいくらでも自分を貶すことができるものです この自尊心の低さがオタクオタクたる所以ですね

限界集落の完成

そうしてメンタルがヘルしてしまったオタク達は「自分のほうがマシ」と思えるような闇オタクを好んでフォローしていき

集まった精鋭の厭世オタク達、陽キャの存在しない理想の国・・・自分はこれを「オタク限界集落」と呼んでいます

しかしこの集落で行われるやり取りも先程記述したものとさして変わりません

コミュニケーション在る所にヒエラルキー在り、自分が良しとしてその激流の中踏ん張り続けない限り

良質なコミュニケーションを獲得することなどできないのだと、これを読んでいるオタクはお気づきでしょうか

悲しいかな、限界集落所属でそこに気づくことができるのは一握りのオタクのみ

殺し合いの始まりです

御国自慢の同調圧力~抱き合い心中、死なば諸共~

まぁやはり自意識過剰オタク達ですから殺し合いもエコロジーです

反社会的妨害行動や正々堂々とブロックなどといった強い行動に出るメンタルは備えていません

いや、その繊細さこそが悪のコミュニケーションを「環境」として成立させてしまうのでしょうね

まず彼らは「人生の不幸な側面」で響き合った者共なので、基本他人幸せを祝福できません

もう他人幸せな時点で心に深いダメージを負い、正当防衛と言う名の理不尽暴力を振るってしまうからです

そして、理不尽暴力とは要するに「不穏な空中リプライ」です

だって直接言ったらストレス自分も傷つくし相手から反撃まで食らう可能性もあるし、良いことないですよね

例(完全に創作です)

A「今日はBさんと有名なパンケーキのお店行ってきました!おいしかったけど何時間も並ぶものじゃないな~(汗」

C(AとBの共通フォロワー)「話題スイーツとかそういうのに飛びつく人って馬鹿なのかな。売上に貢献してるから良いじゃんみたいに言うけど、キャパを超える客が押し寄せたって店側も迷惑。」

D(Cの友達)(RT)「>RT わかる。ブームが去ってから潰れた店何件か知ってるけど、ああい手のひら返しがいっちゃん見ててキツイな」

C「Dさんすき」(空リプ

E(AとBのとCとDの共通フォロワー)(RT

F(CとDの共通フォロワー)(RT

G(あんまり関係ないけど経緯を調べた人)「てか一緒に並ばせておいて味に文句言うなんてAさんはBさんに失礼じゃない?」

こうして、AさんとBさんの関係勝手に疎外感を覚えたCさんがそれっぽい理屈をこねて周囲に同調を得ることで(同調を得るために正しい風味の論を立てるのです)

AさんとBさんは本当にグループから疎外されてしまます 

二人は息苦しさを覚えながらもどうすることもできません 

なぜならCさんは二人のことを明確に攻撃したわけでないと言い訳ができるので、

反撃にリムーブなんかをするとCさんは余計に傷つき、自分被害者アピールし更なる同調を求め始めるからです

そうして緩やかな言論統制が行われて、幸せツイート駆逐されると次は意見が違うだけでも攻撃対象にされ・・・

結果として「垢消し」しか逃げ場がなくなり、「メンヘラはすぐ垢を消す」といった客観的事実が完成するのです

果たしてこのコミュニティは本当に「仲が良い」のでしょうか?

そして、これは「コミュニケーション」と呼べるものなのでしょうか?

意見を言うこと、対立は悪ではない

誤解しないでいただきたいのは、自分オタクや繊細な人々を批難したいわけではないということです

自分だっていつ傷つき誰かを傷つけるかわからないし、批難するのが正当であると主張する人々がしばしば想定に使う「完全な被害者」や「完全な加害者」など実在しません

現在この戦いの渦中にいる人々はそれぞれ相手を憎みながら同時に深く傷ついています

全員が「防衛行動」を取っているだけという構図なのでとっても不毛挙句、これを指摘すれば「攻撃者」と認識されるリスクが非常に高いため増田使用しているのですが

要するに、インターネットでくらいストレスから解放されませんか?というご提案をさせて頂いている形です

冒頭に貼りましたがすくなくとも精一杯書いたので繰り返しお伝えしま

一人でもいいです、どうか苦しんでいるオタクに届きますように・・・

結論

SNS一喜一憂するくらいなら友達愛する人、愛する自分くら寿司に行きましょう 寿司は我らを裏切りません

女子高生スカートを愛している

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1956636.html

 

男女平等観点から女子生徒のスカート消滅危機に瀕している。

大げさかもしれない。記事中では「スカートスラックス自由選択可」とされているが、これは終わりの始まりかもしれないじゃないか

憂慮すべき事態だ。

 

なぜなら俺は女子高生スカートが好きだからだ。誤解なきように申し添えておくが、収集しているわけではないし、痴漢ではない。

記号としての女子高生スカートがなんとなく好きなのだ。だから収集した女子高生スカートはもはや女子高生スカートではないし、スカートを履いた女子高生痴漢対象にはならない。

ピクトグラムが好きだから道路標識収集することはないし、ピクトグラム欲情することはない。それと同じ。

 

女子高生スカートが好きだ。スカートを履いた女子高生が好きだ。

ジェンダー? 男女平等? 性の多様性

わかる。わかるよ、価値観多様化しているってことは。

だけど、我々は女子高生スカートを死守しなければならない。

なぜなら俺が好きだからだ。

 

俺の価値観押し付けるつもりはない。

多様性は素晴らしいことだ。みんなちがってみんないい。

だけど女子高生スカートに限っては保守的でいなければならない。

なぜなら俺が好きだからだ。

 

女子中学生スカート女子大生スカート駆逐されても構わない。

なぜなら俺はそんなものには関心がないからだ。

から女子高生スカートだけは維持されなければならない。

なぜなら好きだからだ。

 

だけど、もしも君も女子高生スカートが好きなのであれば、心の中で構わないから強く願おう。

男女平等とか性の多様性よりも大切なものがあるという信念を貫こう。

常識にとらわれるな。わがままで構わない。「俺が好き」以上の動機があるだろうか。

 

俺は女子高生スカートを愛している。なくしてはならない最上のものとして認識している。

君はどうだ?

2018-02-04

恵方巻きという商習慣は駆逐すべき

スーパーコンビニ来年恵方巻きを中止すべき。

そしてバレンタインも中止すべき。

2018-02-02

同人用語リバの概念は何処へ

以下はクソ腐女子によるクソ腐女子愚痴である。日々包丁を振り回すようなクソ腐女子から当然BLの話になる。

最近、「突っ込んでいないなら逆もいける」というツイートをしている腐女子を見かける。それ、逆はいけてないんじゃない?と疑問に思う。

それなら最初からA×Bしか読めませんって言えばいいのにA×B×Aが好きですと自称し、創作物タグにも両方つける有様。

AとBがジャンケンでその日の上下決めていますよっていうなら納得した。だが、彼女たち腐女子の中ではそうではないのだ。A×Bが好きだけど、挿入さえなければB×AもA×Bとして読むことができると言っているのだ。それを素直に言わずに「B×Aも好きです〜」と言うところが腹立たしい。

B×Aが好きな私としては怒り狂ってお前らに読ませるB×Aはない!とBがAに挿入してる作品を書き殴った。いつもよりブクマ数は少ない。似非リバ勢を追い払ったのだ。そう思うととても満足した。

しかしA×CやA×Dにも同じような腐女子たちが生息している。この世は地獄か……。すべて駆逐しなければ満足出来ない。

A受けは彼女らの好きなカップリングよりも作品数が少ない。自カプの方が多いのだからそっちだけで満足してろよ!という憎しみをこめながら私は今日同人活動を続ける。

anond:20180202161159

技術がお手軽すぎて、新規参入ハードルがめちゃめちゃ低いのよね。

アイデア一発勝負、裏を返せばアイデアさえ割れしまえばいくらでも後発できる。

良貨は悪貨に駆逐されるでしょうな。

2018-01-28

anond:20180128190031

ネット倫理的制約のないなんでもありなところであれ、といった意見アングラ場所のみで通用していたのに、SNSなどまで広がっていつしかネチケットなどを駆逐して行きましたね

アンダーヘアを駆逐したい

もう全部剃るとか脱毛するとかそういう感じにして全部無くしてツルッツルにしたい。

別にパイ◯ンが性癖とかそういうんじゃなくて、ただ単に脇毛とかそういうムダ毛処理の感覚で鬱陶しいから無くしたい。絶対無い方が快適だと思うんだよ。

でもアンダーが鬱陶しいのと同時に自分は凄まじい大浴場好きだ。近所のスーパー銭湯とか、温泉とか、そういうところが大好きで結構割合でよく行く。日帰りでも泊まりでも行く。日々の癒しだ。

でもそういう人目があるところに出入りする時パ◯パンってどうよ?????ってなってしまって、結局やめとこってなってしまう。私そういうところでパイ◯ンの人見たことないし。

清潔で機能的で抜けたチリ毛でうんざりしなくていいだなんて、悪くないと思うんだけどなあ。

さな自尊心邪魔をして、悩み始めた数年、未だ踏み出せてはいない。

2018-01-25

解雇規制緩和を叫ぶ変な人達

1.自称有能

 無能は淘汰されて当然、解雇規制緩和されてこそ無能駆逐され優秀な人が正しく評価される社会になる

2.自称フリーランス

 解雇規制のせいで仕事に対してまともな報酬が出てこない、今の正社員過保護すぎる

3.自称裁量労働制賛成論

 毎日時間に縛られて働くのが辛い、解雇規制緩和と同時に裁量労働制が導入されれば自分にあったワークスタイルを実現できる

4.自称経営者

 解雇規制のせいで会社が苦しい思いをしている、経営者判断で人を好きなように切っていければ業務効率化と給与の増加が見込める

5.自称人材流動化推進論者

 解雇規制が緩和され人材の流動化が進めばミスマッチ労働者が苦しむことはないし、転職もしやすくなり日本労働環境が良くなる



今の転職市場では「年代ごとの役割」と言うもの要求され、あてはまらない人は厳しい立場に置かれる

参考:事例に学ぶ!年齢別転職成功ポイント

http://www.pasonacareer.jp/knowhow/point/index.html


退職後の労働者支援が少なく労働環境改善労働基準法厳格化刑罰化が進まない日本で「解雇規制緩和は反対」です。

2018-01-24

教室テロリスト妄想亜種

高校生の時、自称進学校の授業についていけなかった俺はこんな妄想ばかりしていた。

政治行政の腐敗。資本主義による金が金を生む現実。みんな触れたがらないが明らかにある階級格差。過剰な対米従属

現代日本の現状を憂いた俺はこの国を変えるために立ち上がることを決意する。

そしてネット反体制活動をしているうちに憂国の同志達と繋がり彼らと革命軍を結成。発足時メンバー86人。

闇市場から武器を買い集めるなど着々と準備を進め結成2年後ついに実力行使に出る。

2001年2月20日革命軍東京六本木にある米軍施設赤坂プレスセンター攻撃を加え一時占領することに成功

その後、米軍自衛隊攻撃され撤退。俺はなんとか生き残る。

多くの同志が殺害または逮捕され革命軍解散危機に瀕するかに思えたがその勇敢さに感動した憂国の同志が日本中から集まることによりむしろ兵力は増強された。

その後、警察公安、軍による掃討作戦に抵抗しながら蜂起の時を待ち続ける。

そして2008年1月16日新宿渋谷池袋などで革命軍は一斉に蜂起。永田町霞ヶ関へも侵攻。

国の中枢への攻撃民間人大量虐殺により日本は大混乱する。

その混乱に乗じて革命軍臨時政府樹立宣言を行う。

しかし次第に自衛隊米軍の態勢が整い体制側の反撃が始まる。

革命軍ゲリラ戦で抵抗するが相手の圧倒的な火力と人数、練度の差により次々と駆逐されついに一時解散を決定。

池袋戦線にいた俺は奥多摩へ逃亡を始めるが途中で自衛隊に遭遇。近接戦闘になり首を折られて死亡。38歳だった。

俺は死んだので革命軍がその後どうなったのかはわからない。

自称アクション映画から感じるマッチョ気取りの痛々しさ

90年代映画

現在コンサバティブボリウッド映画

シュワちゃんだのイーストウッドを狂信的崇拝してる人ってアレだよな

「漢らしさ」「アクション満載」っつう単なる映画の一ジャンル

まるで自分、あるいは世界映画界を覆うべき全アイデンティティ勘違いしてる

 

アンチ文芸作品

アンチアカデミーゴールデングローブであれば

なんでも尻尾を向くのだろう

 

その点で、一見マッチョ映画であり

実際はウィットに富んだマッドマックスは斬新だった

彼らにしてみれば、あれはコンサバティブ映画ということなのだが

 

あいう手合は無頼漢気取りだが、

そのくせ実際合ったら

根暗モテないモヤシナードなんだろうなと思うと

ちょっと憐れみを感じる

 

もはや駆逐されるだけの弱い立場の側が

ひたすらにマッチョさを信仰する

イギリス人並みの皮肉

2018-01-23

オタク業界からサブカルクソ野郎風味って駆逐されたよね

サブカルクソ野郎好みのエロ漫画~」ってエントリ見て思い出したけど、昔のエロ漫画シーンはサブカル臭が凄かった。ソッチ系の人が結構たくさん居たよね。

それはそれでいいんだけど、エロ漫画としては純度を欠くことになってたっつうか。

今のエロ漫画界はそういうサブカルクソ野郎の居場所駆逐してエロ漫画機能に全魂魄を捧げた作家しか生き残らなくなった。

たまごろーとか笹森トモエみたいなね。

素晴らしいと思うよ。

サブカルクソ野郎オタク寄生してないで自分達の領土を作らなければならないし、それが出来ない程度の脆弱カルチャーなら滅ぶしかないんだ。

別に滅んで欲しいわけじゃないんだけど現状どんどん滅んでるしまあだらしねえ奴等だったなと。

2018-01-22

つか他人コードをクソだのクズだの言うなら、常人の100倍の生産性とやらでとっととクソコード駆逐してみろっての

西部邁自死に思いのほか動揺している

何なんだこの喪失感は。

断っておくが、西部の主張に同意たことはない。

多様な人々が共存して暮らしていく現代社会では、

多様性肯定するリベラル的な価値観は、全てのベース存在するべき前提だと信じている。

西部の、上記観点からは諸々居直って足を引っ張るだけの主張に、私の理性が同意たことは過去一度もない。

どんくさいおじいちゃん。

それが私の西部への印象だ。

だがしかし

何なんだ。

この半身がもがれたような喪失感は。

思うに、保守リベラルは、双方共が、社会にとって必要なんだ。

保守派の主張が、リベラル価値観あざ笑う事があってはならないし、

リベラルの主張が、保守派の居場所駆逐してはいけないんだ。

双方が、合意に達する事がないと分かった上でなお、

対話交流を続けることが必要なんだ。

こんなことは私の望んだ結末ではない。

ご冥福をお祈りします、なんて行儀よくいう事なんてできない。

ただただ、悲しい。

絶対に何かが間違っている。

2018-01-18

漫画家楽しい


愚痴・閲覧注意


好きなものが描けないと嘆く漫画家がいるけど

漫画家という職業を選んだ時点で自分の好きな漫画が必ずしも描けるなんて思わない方が良い

そんなの大前提じゃないの?

会社消費者ニーズに合わせて物をつくるように

漫画家一般人が読みたいものを考えて描かなきゃいけない

それを編集のせいにしてる作家が多すぎるし

見てて辟易する。本当にどうにかならないか

自分の好きなものが描きたいならば同人誌でも出せばいいのにと思う



さら漫画家になって後悔するような人の発言も腹が立つ

自分作品自分の卑屈の材料にしてる人

「私の漫画が読まれないのは私の絵が下手なせい」

「絵しか描けない私は漫画家になるしかなかったけど、結局ダメ

ダメなのはあなたたちの物の見方じゃないか

きっと今までも自分を責めるふりをして、環境のせいにして、目の前の問題から逃げてばかりいたんだろうなと想像がつく

そういうドマイナス発言をすると確かに構って貰える

でもいい加減仕事趣味区別をつけてはどうか


しか描けないならそれに全力投球するしかない

好きなものを優先するのではなく、出された課題いか自分好みに消化していくか

そういうのが楽しいんじゃないのか

***

その人の生活だとか、環境だとかはもちろんわからない

それを言っちゃえばそもそも自分がどうこう言う資格なんてないしね

せっかく人とはちょっと違った仕事に就いているのだから

もっと自信をもてばよいのにな

人格を貶める常識欠如してる編集駆逐されていいと思うけど

2018-01-15

anond:20180115135400

個人がやるべきことではないというのは同意する。

俺が気になったのは単純作業機械によって駆逐され、もしそうなったとしても自己責任で片付くと考えてる点だ。

単純作業というのがどこまでの範囲を指すかで意見が合わないかもしれないが、大規模なものになるはずだ。

大規模になれば自己責任では片付かない。

から保守的メディア技術進歩否定的意味で取り上げるわけだ。

2018-01-06

医者になってからずっと、このまま医者を続けていっていいのだろうか

30代男性内科医師、卒後10年程度、妻子あり。

医者になってからずっと、このまま医者を続けていっていいのだろうかと考えている。

はじめに断っておくが、医者仕事がキツいとか、仕事についていけないからやめたいとか言っているわけではない。

自分で言うのも何だが、私はそれなりに優秀な部類に入る方の医者だと思う。

同僚や患者さんからの受けも悪くない(はず)。

仕事がキツいと思ったことがないとは言わないが、それが原因でやめたいと思ったことはない。

何が問題かと言うと、医者という仕事にどうしても楽しさが見いだせないことだ。

自分治療によって患者さんが良くなるのはうれしいし、医者という仕事感謝されることが多くてやりがいはある。

これは間違いないのだが、果たしてそれを糧にしてこれから人生でずっと医者を続けていっていいのだろうか。というか続けていけるのだろうか。

医者になってはじめの数年は、このまま経験を積んでいけばそのうち医者という仕事に楽しさを見いだせるようになるに違いないと思っていた。

しかし、初期研修医が終わり、後期研修医が終わってもあまり状況は変わらない。

卒後10年くらいでこんなことを言われると怒られるかもしれないが、医者という仕事はある程度のキャリアを積めば、どういった環境で働くかにもよるが、その後はルーチンワークがどんどん増えていく。

この世に一人として同じ人間がいないように、同じ疾患の患者さんで同じ経過をたどる人はいないわけだが、それでもほとんどの場合何かしらの類型化は可能である。「あっ、これ前に見た患者さんと同じ感じだ」というのが増えていく。

そして、現在の流れとしてEBM(Evidence based medicine:臨床試験などの結果を踏まえた根拠に基づいた医療)を元にした各種ガイドライン化が進み、誰がやってもある程度同じ結果が得られるような体制ができつつある。

自分が優秀だとして、その自分の優秀さのおかげで患者さんの予後が変わるシチュエーションなんて、そうそう巡り合わない。まぁ、そんなシチュエーションに頻繁に巡り合うとストレス寿命が縮むのでやめていただきたいが。

現実医者世界ほとんどは、医療ドラマにあるような派手な世界とは真逆の地味な世界だ。

誰がやってもほぼ同じなんて楽しいけがない。まぁ、医者の楽しみのために患者さんがいるわけじゃないので、誰がやってもほぼ同じということはもちろんいいことなんだけど。

そして、きっとそう遠くない未来には、医者AIの助言に基づいて最終的な判断を下すだけの存在に成り下がるに違いない。お先真っ暗である

外科系や循環器内科などの手に職系の内科は違うかもしれないが、きっとそれもそのうちロボット駆逐されるだろうと思っている。

それはさておき、そんな自分の現状を変えようと思って、臨床にいったん区切りをつけて、大学院に戻って今度は研究をしてみたが、これまたあんまり楽しくない。

それなりに優秀なので教授にも気に入られてそれなりに結果を出してはいるが、現在医学研究は物量がものをいう世界になっていて、アイデアはもちろんだが、カネとヒトがないとトップジャーナルに載るような研究はほぼ不可能である

これまた個人問題でなんとかなることではない。

もう数年は頑張って、なんとか博士号だけは取りたいとは思ってはいるが、将来的に主任研究者としてこの世界でやり合っていけるほど自分研究に向いているとは到底思えない。

そんなこんなで、医者になってからずっと自分探しの旅が続いている。

から脳天気人間に見えるらしく、悩みもなく順風満帆エリートコースを歩いているように見えるらしいのだが、内実は大荒れの海を彷徨っているかのごとしである

よく、「好きなことを仕事に」とか言われるけど、好きなことってなんだ?

増田にこんなことを書いていることからわかるように、パソコンインターネットが好きで、株を少しばかり嗜むこともあって、岡三RSSを駆使して自作した株の自動売買システムをいじくっている時が最近の一番楽しい時間だが、プロ投資家としてやっていけるような才覚はおそらくない。

医者パソコンインターネット好きということを活かすという意味では、医療ITベンチャースタートアップなんかも楽しそうではあるが、この年になって妻子を抱えた身としてそんなところに身を投じる勇気は残念ながらない。

AIとかディープラーニングとか、医療世界もっと活用できそうなことが転がっていて、すごく心躍る世界ではあるのだけど。

なにより、医者という身分はいろんな意味で居心地がいいので、なかなか捨てづらいものがある。

医者仕事に楽しさが見いだせない」とか言いながら、実際に臨床を離れると患者さんを見る機会が減ってかなりさみしかった。

今はバイトベース外来救急をしているが、患者さんを診ると充足感があるのは確かだ。

給料はいわずもがな。大学院生をしながら週1〜2回の外来・当直で妻子を養っていける。こんな職業は他にはたぶんない。

なんとなく不満をぶつぶつ言いながら、このまま荒波に順調に流されて行ってしまいそうな気がする。

から見えるとおり、一応まだエリートコースには乗っているので、それでも悪くないんだろうけど。

やっぱり「楽しく仕事をする」っていうのは幻想なんだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん