「めくら」を含む日記 RSS

はてなキーワード: めくらとは

2024-04-16

anond:20240416043733

中学生の時に小学生自転車の前に飛び出して来て慌てて止めたら、胸揉まれスカートめくられたな。

後で聞いたらこの子はそういう痴漢行為を見境なくやってる問題児だった。

どう育ったらこうなるのかなって思ったなあ。

の子はまともな大人になれたんだろうか。

2024-04-14

共同親権反対派の住む地球立法行政司法がひどすぎる

立法国会議員統一教会支配され家父長制の強化に邁進(自公はもちろん、共同親権法案に賛成した立憲も維新統一教会下僕

行政子供が泣き叫んで拒否しようが虐待親と同居させてレイプ殺人を見て見ぬふり

司法めくら判で虐待親に親権を与える底抜け無能

こんな三権の国はまさに地獄なので一刻も早く海外移住すべき。

でも西側欧米諸国ディープステートの手先だからどこも共同親権なんだよな。

やはり光の勢力である中国ロシア移住すべきか。あっ、そいつらも共同親権だった……

こんな共同親権まみれの世界にはもう住めないので地球脱出するか、現世を脱出して異世界転生に賭けるしかないのか?

その時は、子供は道連れにせず自分一人で脱出を実行してくれ。

2024-03-25

90年代テレビの思い出

女子アナNG大賞」的な番組で、FNS系列だったか日テレ系列だったかの全国の女子アナを集めて、NGシーンを放映するって企画があった。ゴールデン2時間枠で。

で、漢字が読めなかったりだとか、カメラが回ってるのに気が付かなかったりだとか、普通NGシーンも流してたんだが、中継中に女子アナ強風に煽られてスカートめくられたり、転んでパンツが丸出しになったりシーンなんかも普通に放映してた。あまつさえVTR後に当事者女子アナコメント求めたりしてた。

いまだったら偶然そんなシーンが撮れたとしても速やかに削除するだろ。それを保管しておいて特番で放映して、本人にコメントさせるって。

あの時代平成だよ)、いったい何だったんだ。

女子アナも少々恥ずかしそうにしてたが、嫌そうな顔はしてなかった。控室では泣いてたのかな。

2024-03-18

anond:20240318212813

俺的ゲーム速報とかもう全然ゲームネタ書かなくなってつまんなくなったからみてない

ジャンプのまとめくら

2024-02-25

anond:20240225175028

でも江戸時代も女とめくらの男とで相撲させるのを性的見世物にする文化あったりとなかなかむしろ今以上に変態文化が盛んだったはずなんだよなあ…

2024-02-11

anond:20240211104149

絵柄が古めでも漫画としてやっぱり上手いなと思うけど

最盛期はピスはめくらいまでだと感じる

2024-02-07

マッチングアプリのお陰で、男性レベルセンスが高くなっている件

マッチングアプリをやってる女増田33)だけど

最近マッチングアプリ登録している男性レベルが高くなったと感じる


昔はプロフィール写真トイレの鏡や玄関の鏡で自撮り写真を撮ってた男性が多かったが

アウトドアBBQ釣り)、スポーツしてる場面を撮られてるような友達が多いような感じの写真登録してる場合が多くなった

趣味も以前はゲーム漫画といったドン引きするような趣味男性が多かったが、

今はアウトドアとかドライブとか映画とか女性に人気のある趣味登録するようになった


年収欄も以前は1000〜くらいまで盛ってる人も多いが

最近では、6-800、8-1000くらいで現実相場よりやや高めくらいに盛ってる人が多い

高すぎて異常に見えてたのが現実にあり得そうな感じになった


やっぱり対策攻略情報共有が進んでモテる男性プロフィールがわかってテンプレ化が進んだんだろうなあ

男のレベルアップに貢献してるわ

2024-02-04

HP10くらいだが、攻撃されるとスタミナゲージが減る対人アクションゲーム

スマブラみたいに「特定の状況で決定打を与えないと勝てない、逆にそれさえできればあっけなく勝ち」な仕組みを作りたかった。あとガードが強いけどリスクもでかいみたいな攻めと守りのバランスも取りたかった。

起き攻めと画面端の絶望感を和らげたい。永パシステムでなくしたい。



うーん

2024-02-03

独身未婚女性の平均年収…370万円くーなんでこんなに低いんだ?普通に大学卒業して新卒就職したら3-4年めくらいで行くじゃん

インターネットニュース独身未婚(結婚経験のない)女性の平均年収が370万円って見たけど

何でこんなに低いんだ?


普通に大学卒業して、普通に就活したら30までには都会では500万円、田舎でも400万円は行くだろ

そもそも低すぎるから普通資格経験を積んで転職するだろうし


マジで謎なんだが

2024-01-29

anond:20240128185508

最近関わりがないか分からんけど、女児アニメ界隈は令和の初めくらいまでは同人誌即売会に来た幼女とプリチケやら何やら交換できたとかで喜んでるリアルガチロリコンが混ざってる界隈ではあったなと思い出した。

一部の話、全体がリアルガチとは言ってないからな。

2024-01-27

加賀とか金沢とかは無事だよ!はそうだがちょっと待ち時間がほしい

余震地盤の緩みなどがもう少し落ち着いてからでいいですか

命というより、足止めくらった時のスケジュールリカバリと、春節タイミングでの感染症警戒が入ってくるので、春先までは慎重でいさせて

2024-01-14

スカートめくり」がずっとトレンド入ってるけど

たぶんそこそこの年齢の女性(飛影好きって言ってるからしかしたら4、50代?)が子どもの頃にスカートめくられて嫌な思いをした、というのを語っていて

それはまあ別にいいし辛い体験しましたねだけど

それに便乗して「いまだに少年誌国民アニメスカートめくりをやっている、だから影響されて犯罪男が量産されるんだ」というような投稿散見されていて

「そんな描写いまどき言うほどある?脳が昭和平成で止まっているのでは?」「完全になくなったわけではないけどだいぶ減ったし作中ではいけないこととして描かれているからよくない?」「現実ではやっちゃ駄目なことだと教育すればいいだけ」とツッコミが相次いだ


これはバラエティ番組にも言えることで

子どもの頃(30年前)に見たお笑いウルトラクイズ芸人が死にかけていた回がトラウマで~」「(20年前に)めちゃイケゲームコーナーの罰ゲームを真似て集団で殴る蹴るの暴行を受けて~」「司会者若手芸人の胸倉を掴み恫喝するところを見てしまい恐怖と不快感でいっぱいになって~(15年前に島田紳助が起こした騒動)」とか

それ自体可哀想ですねとは思うけど

火薬量が規制されて西部警察みたいな爆破シーンが撮れなくなったように安全基準が変わってろくな装備を持たない人間の入ったバスを水に沈めるようなバラエティはなくなったし

めちゃイケ罰ゲームも当時ですら抗議が来て何度もルールが変わったしそもそもめちゃイケはもうとっくに放送されていないし

暴力モラハラ司会者島田紳助は10年以上前芸能界からいなくなっているのに

今でもそういったことが横行しているに違いないと決めつけて叩いたり

2、30年前の撮影に何の関与もしていない今の世代まで同罪かのように言うのはおかしいし

いじめトラウマでそうなったなら悪いのはいじめっ子であり何の関係もない今の漫画テレビ規制したって何も変わらないんじゃないか

漫画テレビ規制されていっときは気が晴れるかもしれないけど

そうしたら今度はVTuberコラボ動画でたとえ親しい間柄でもタメ口で喋るのは不快からやめてほしいとか

大谷チームメイトと楽しく笑い合っている姿を見ると子どもの頃野球部嘲笑されたトラウマが蘇るからやめてほしいとか言い出しそう

なんでこんな何も楽しめないし楽しむ気のない人たちのために娯楽がなくならないといけないんだろう

2023-12-29

anond:20231229190315

めくらましにされたって説は納得感ある。

そんなんがめくらましになると思っている愚かさもセットで納得。

2023-12-20

anond:20231219202647

差別語言葉意味語源なんかよりどういう文脈で使われたかのほうが遥かに重要なんだよ

めくらは目が暗いと言ってるだけで差別じゃないとか言ってるのと変わらんぞ

2023-12-11

ミ◯ヨやヨー◯ターみたいな中華企業反日なんて常識だろ。

と思ってたんだけど、エロコンテンツめくらにされた売国オタク共には分からんらしい。

中韓反日遺伝子レベルですりこまれものなので治らないんだよ。ばーか

2023-12-09

遺書に書くことが無くなった

半年から週に3回くらいのペースで遺書を書いている。なんとなく「あー死にたいかもしれない」みたいな気分の日に書くことが多い。基本A4のノート手書きで書いている。

この習慣を始めた頃は、結婚を考えていた彼氏と別れたり、身内の不幸だったり、仕事で重い案件を任されたりと、色々重なってぐちゃぐちゃになった自分の頭と心の中を整理するつもりで書いた。

「これで衝動的にいつ死んでも、読んだ人には私が何を考えていたかわかってもらえる」ことと、「紙に書くことでちょっと落ち着く」ことの2点が続けている理由だ。

前者に関しては、自分的いつでも死ね状態の最低ライン=遺書があるなので、書くことで安心して社会に溶けることが出来る。

後者に関してはとっても単純であるが、紙に書くと誰かに話を聞いて貰えた気分になって、ちょっと前向きになれる。

書くことはまちまちで、具体的な生活での怖いこと・嫌なこと・逃げたいことや、もっと曖昧な、将来に対する不安とか自分可能性の上限とか、割と書く時によってまちまちである

体感的に前者より後者の方が頻度としては多くて、月の後半に差しかると顕著になる。

それでも秋の初めくらいまでは、仕事が嫌だとか社会のなんとなくの圧力が嫌だとかあの人と一緒にいたくないだとか、具体的なことがかけていたのに、最近はめっきり、書こうと思っても何も書けなくなってしまった。

その代わりに願望を書くことが増えた。家に帰りたいとか、こうえんにいきたいとか、もう1回学校に行きたいとか、おじいちゃんに会いたいとか、そんなことを書いている。

おじいちゃんには割と本気で会いたい。もちろんおばあちゃんにも会いたい。他にも会いたい人はいっぱいいるんだけど、今の私を見たらどんなことを思われるんだろう。私は会ったら彼らのことをどう思うのだろうと考えたり。

結局現実逃避して仕事に行くんだけど、今日は行けませんでした。こんな日もあるよねと思ったけど、多分この土日が明けても行けない気がする。

なんで死にたいとか思っちゃうのか、遺書をかけなくなってから本当に本当に分からなくなってしまった。「ちょっとさすがに厨二くさいか、、」とも思っていたけど、かけるなら書きたい。何も書けない。ただ漠然不安で寂しくて怖いだけになってしまった。

よく芸能人とかが自らを終わらせたことに対して、『この世界で生きるには綺麗すぎた』みたいなことを言っている人を見るけど、私は死んでいいほど綺麗かしらって思ってしまう。

もう何が書きたいかわかんなくなったし結局これも精神自慰行為しかないのかもしれないね

遺書に書くことが無くなった

半年から週に3回くらいのペースで遺書を書いている。なんとなく「あー死にたいかもしれない」みたいな気分の日に書くことが多い。基本A4のノート手書きで書いている。

この習慣を始めた頃は、結婚を考えていた彼氏と別れたり、身内の不幸だったり、仕事で重い案件を任されたりと、色々重なってぐちゃぐちゃになった自分の頭と心の中を整理するつもりで書いた。

「これで衝動的にいつ死んでも、読んだ人には私が何を考えていたかわかってもらえる」ことと、「紙に書くことでちょっと落ち着く」ことの2点が続けている理由だ。

前者に関しては、自分的いつでも死ね状態の最低ライン=遺書があるなので、書くことで安心して社会に溶けることが出来る。

後者に関してはとっても単純であるが、紙に書くと誰かに話を聞いて貰えた気分になって、ちょっと前向きになれる。

書くことはまちまちで、具体的な生活での怖いこと・嫌なこと・逃げたいことや、もっと曖昧な、将来に対する不安とか自分可能性の上限とか、割と書く時によってまちまちである

体感的に前者より後者の方が頻度としては多くて、月の後半に差しかると顕著になる。

それでも秋の初めくらいまでは、仕事が嫌だとか社会のなんとなくの圧力が嫌だとかあの人と一緒にいたくないだとか、具体的なことがかけていたのに、最近はめっきり、書こうと思っても何も書けなくなってしまった。

その代わりに願望を書くことが増えた。家に帰りたいとか、こうえんにいきたいとか、もう1回学校に行きたいとか、おじいちゃんに会いたいとか、そんなことを書いている。

おじいちゃんには割と本気で会いたい。もちろんおばあちゃんにも会いたい。他にも会いたい人はいっぱいいるんだけど、今の私を見たらどんなことを思われるんだろう。私は会ったら彼らのことをどう思うのだろうと考えたり。

結局現実逃避して仕事に行くんだけど、今日は行けませんでした。こんな日もあるよねと思ったけど、多分この土日が明けても行けない気がする。

なんで死にたいとか思っちゃうのか、遺書をかけなくなってから本当に本当に分からなくなってしまった。「ちょっとさすがに厨二くさいか、、」とも思っていたけど、かけるなら書きたい。何も書けない。ただ漠然不安で寂しくて怖いだけになってしまった。

よく芸能人とかが自らを終わらせたことに対して、『この世界で生きるには綺麗すぎた』みたいなことを言っている人を見るけど、私は死んでいいほど綺麗かしらって思ってしまう。

もう何が書きたいかわかんなくなったし結局これも精神自慰行為しかないのかもしれないね

遺書に書くことが無くなった

半年から週に3回くらいのペースで遺書を書いている。なんとなく「あー死にたいかもしれない」みたいな気分の日に書くことが多い。基本A4のノート手書きで書いている。

この習慣を始めた頃は、結婚を考えていた彼氏と別れたり、身内の不幸だったり、仕事で重い案件を任されたりと、色々重なってぐちゃぐちゃになった自分の頭と心の中を整理するつもりで書いた。

「これで衝動的にいつ死んでも、読んだ人には私が何を考えていたかわかってもらえる」ことと、「紙に書くことでちょっと落ち着く」ことの2点が続けている理由だ。

前者に関しては、自分的いつでも死ね状態の最低ライン=遺書があるなので、書くことで安心して社会に溶けることが出来る。

後者に関してはとっても単純であるが、紙に書くと誰かに話を聞いて貰えた気分になって、ちょっと前向きになれる。

書くことはまちまちで、具体的な生活での怖いこと・嫌なこと・逃げたいことや、もっと曖昧な、将来に対する不安とか自分可能性の上限とか、割と書く時によってまちまちである

体感的に前者より後者の方が頻度としては多くて、月の後半に差しかると顕著になる。

それでも秋の初めくらいまでは、仕事が嫌だとか社会のなんとなくの圧力が嫌だとかあの人と一緒にいたくないだとか、具体的なことがかけていたのに、最近はめっきり、書こうと思っても何も書けなくなってしまった。

その代わりに願望を書くことが増えた。家に帰りたいとか、こうえんにいきたいとか、もう1回学校に行きたいとか、おじいちゃんに会いたいとか、そんなことを書いている。

おじいちゃんには割と本気で会いたい。もちろんおばあちゃんにも会いたい。他にも会いたい人はいっぱいいるんだけど、今の私を見たらどんなことを思われるんだろう。私は会ったら彼らのことをどう思うのだろうと考えたり。

結局現実逃避して仕事に行くんだけど、今日は行けませんでした。こんな日もあるよねと思ったけど、多分この土日が明けても行けない気がする。

なんで死にたいとか思っちゃうのか、遺書をかけなくなってから本当に本当に分からなくなってしまった。「ちょっとさすがに厨二くさいか、、」とも思っていたけど、かけるなら書きたい。何も書けない。ただ漠然不安で寂しくて怖いだけになってしまった。

よく芸能人とかが自らを終わらせたことに対して、『この世界で生きるには綺麗すぎた』みたいなことを言っている人を見るけど、私は死んでいいほど綺麗かしらって思ってしまう。

もう何が書きたいかわかんなくなったし結局これも精神自慰行為しかないのかもしれないね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん