「生活者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生活者とは

2019-10-14

ここだけの話他者と共同生活する上で瞑想スキルほとんど必須だよ。

いか不快なことがあろうとも自らの精神の安寧を不可侵に保つためには、瞑想いちばん確実。

運動睡眠も大切だけど、それはあくまでも瞑想をより確実とするための基盤だね。サッカー野球選手でいう走り込み。

生活者の瞑想スキルは、サッカー選手パス回しやシュート野球選手走攻守匹敵するくらい重要なんだよなあ。

2019-09-07

anond:20190906225237

精神病だけど支えてくれる夫がいるアタシ」マウントしか見えねぇよ

こっちからしたらホームレス不労所得生活者位違いがあるわ

あと女はイージーモードとか言ってる奴 それは養われるだけの容姿がある女だからだろ 男に見向きもされないブスに救いは男以上にねーよ

2019-09-06

懸垂(けんすい)に目覚める

懸垂って難しいので、ここからチンニングとする。そのままだと自重が重すぎるのか背筋が貧弱なのか知らないが、一回もできない。なのでバンドアシストチンニングするためにフィットネスチューブを購入。アシストじゃなくてassistedだって指摘もあるかもしれないが、電動アシスト自転車だってアシステッドではないし、和製英語ってことで。

近くの公園筋トレしてきた。周囲に誰もいないのは確認済み。子供たちもまだ下校してないから・・いない。ジャングルジムしかなかった。ハングバーが見つからなかった。できそうな棒にフィットネスチューブ(2000弱した)を取り付け、いざ実行!!

チューブがブチ切れることは、なかった。Amazonレビューだと180センチの大男だがチューブ2本チンニング補助に使用って書いてあり、1本で大丈夫不安だったが、別に2本購入する必要なかったようだ。

外食前後に、5回1セットずつ。計2回。今の増田だと5が限界灘。チンニングは、1分やそこらレストインターバル)を設けたところで、力が出ない。リカバーしない。朝、昼とか複数回やらなきゃ。広背筋肥大が狙えない!!

今回はフィットネスチューブを購入したが、トラック荷物を固定するためにつかうバンドでも良いような気がする。今使っている奴が切れたら、次はトラック用を購入かな?語れる背中になりたい!!!!!

トラックと言えば昨日の事故悲惨自暴自棄になって踏切の方向に右折して立ち往生したらしい。そんなに後退するのがイヤだったのか?狭い道に迷い込んだ己を恨んで、自死の道を選んだってことか?都会生活者は、病んでる!!!!!

2019-07-24

人見知りが強く他人といると疲れる

加えて一人で遊ぶことが案外得意になる

一人でいることに不便を現状感じない

給料は人並み以下だが消費レベルも低い

しかいつまでも働けるわけではない

子供必要だが、養子独身者には難しい

やっぱ結婚しないとだな

というわけで共同生活者としての相手が欲しい

あるいは同性の友人でもいいのかもしれないが

友人でも難易度高い

少ない友人には、一緒にやっていけるタイプはいないし

から探すとなると結婚相手以上に難しいだろう

2019-07-17

子供のためにも自民党だけには投票しない

小学生の子供がいる。それも二人。

昨日、学校で上の子クラス選挙の話になり、先生から

「君たちには未来がある。だが今の日本はまったく未来を考えていない。だから親にはちゃん未来を見据えて政治をしてくれる党に投票してほしいとお願いしたほうがいい」

と言われたそうだ。

先生、わかってるじゃないか未来も考えない党はそもそも何のために政治存在しているんだっけとそもそもからはじめなければならないのはここでは一旦おいておくとして、小学校教師なんてあまり教養のない人達仕事だと平たく言えば見下していたが大いに訂正したい。

学校ではどこの党が未来微塵も考えていないなんて発言はしなかったそうだが、自民党の腐敗っぷりと未来度外視利権政治は目に余るレベルを超え、もはや破壊活動領域に入ってきた。絶望なのは、成果が当然ながら微塵もあがらずあらゆる情報捏造し、そこから逮捕者もろくに出ないまでに法が機能しておらず、その捏造常態化してしまたことだ。これを末期と言わずして何という、うちの子供はまだ小さいんだぜ??

税金の使い方が絶望的だ。過去産物しか使わないのだ。つまり利権政策の色とその比重が極めて高い。つまり税金から補填しないと生き残れないような存在不要未来なき領域に多額の税金が溶けていくのだ。

さらには医療。老人への不必要なまでの過剰医療で、日本の寝たきりの人たちの寝たきり年数は他国の倍以上にもなる。つまり年金介護費、医療費とこれも湯水のように流れていく。これも言わずもがな未来にまったく繋がらない。その家族介護に疲れ切り国民幸福度まで一緒にダウン、闘病生活者もその苦しみも倍だ。

製薬会社とか医療関係癒着が一番の癌といってもいい。それを多くの税金を溶かすために少子化改善のための未来への投資ができずに、それどころか老人の寿命が伸びて高齢化ブーストがかかるのだ。

教育にもまったく投資しない。理系の分野が日々重要になっている時代教育の変革なんてまったくないとか狂気の沙汰ではない。

既に危機的状況だが、それでもなお勉強しないで社会に出る文系卒だらけだこの国は。これじゃあ社会需要を何で満たせばいい?移民しか選択肢がないではないかだって国民時代錯誤の教育のんびり受けているだけだからね。国際競争だって勝てやしないよ。

IT重要ファクターだが、日本で有名なIT企業は1社でもあるか?ユニコーン企業評価額10ドル以上で、非上場ベンチャー企業)なんて日本からほとんど出ない。そのうちゼロになるだろう。

大学では教授にまで雑用押し付けまくる。給料も安い。研究費も出ない。合掌。

もう家の子供は将来自分の子供に、昔日本って国がこの世界にあって、お父さんはもともと日本人なんだって会話をしているかもしれない。

俺が中国人日本が嫌いだったら、間違いなく自民投票する。ここまで破壊的な政策尽くしの党はヤバイ

さらヤバイにはこの状況下で現状維持ができてると勘違いしてる馬鹿が今尚大多数この国にいるのだ。

でも俺は子供のためにも自民以外に投票する。

日本未来を(泣)

2019-07-06

子供家事一切させず勉強に専念させるのはギャンブル

anond:20190706112432

子供時間をすべて勉強に費やさせて、家事習得に一切費やさせないという親の判断は、かなりのギャンブル

長男についてこういう方針をとりたがる親が多いが、時間勉強に全ツッパしてもギャンブルに負けて低賃金ルートに入ってしまうと「家事が一切できず家事代行サービスに払う金もない敗北生活者」の出来上がり。

家事を教えず勉強に全ツッパさせるということは、家事代行を頼むだけの収入を稼ぐという道しかなくなり、親のエゴ子供の退路を勝手に断っている。

富裕層の子供が親に家事ルートを絶たれるのは、相続資産から所得一定量保障されているか問題ないと思うが、資産が不十分な家庭でこの方針の子育てをするのは、子供へのプレッシャーが強すぎる。

経済的勝ち組にならないと人生終了というハイプレッシャーなギャンブルを、何もわからない年齢の子供に強いている。

家事は、子供に教えない方が虐待

2019-06-26

ローソン公道に向けてカメラ置いて個人情報収集してる

近所にローソンができたんだけど、

明らかに公道の様子を撮影するためのカメラがある

駐車場がなく、交差点の角にあるので、信号待ちしてる歩行者が嫌でも映る

幹線道路で車の交通量も、人通りも多い

店内向けに設置するならわかるが、ローソンを利用しない人も勝手撮影されるのは不快

はやりの機械学習で男女や年齢、交通量だけ記録してるのかもしれないが、カメラを向けられているのは違和感がある

法律的問題ないのか?

少なくとも撮影されない選択肢を用意してほしい

追記

防犯目的での設置なら問題ないし、気にならない

このカメラは明らかに店舗の角、信号待ちの人、あるいは反対側から横断歩道を渡ってくる人を撮影できる真正面に公道側に向いて設置されている

防犯目的には見えない

追記2

義務ではないが、生活者への通知は推奨されている。

https://www.meti.go.jp/press/2016/01/20170131002/20170131002-1.pdf

2019-06-21

anond:20190620231440

漫画は知らんけど、生きづらさを抱えた平凡な中年以降の男性描写したハリウッド映画ミスティック・リバーあたりから増えたし、近年は邦画でもポピュラージャンルになりつつある気はする。ベクトルは違うけど、イコライザーみたいに下流生活者を悪いやつらから救うヒーローモノまで登場した。でも何も起こらない日常淡々と、みたいなのはあんまりいね

2019-06-07

anond:20190607011115

まあ、男性エンジニアだと、仕事超人級の天才だけど生活者としては破綻してるタイプが居るからなあ。そのオバちゃん版だと思えばアリかも。

2019-05-06

[]【5】2019 春、韓国釜山・光州

<< この旅行記の先頭へ


anond:20190506094948




5일



5日目

釜山港へ帰るんだってばよ


明日帰国は早朝便だ。

ゆっくり眠れる保証もないので、充分な睡眠時間を取れるのは昨夜しかなかったが、やはり眠りは浅かった。

釜山で迎える2度目の朝、疲れが取れているかどうかは疑わしいが、今日は名所観光お土産購入、食べ残し釜山グルメなど、予定を詰め込んだので、直ぐに部屋を出た。

まず目指すのは、チャガルチの朝の名物になっているという、シンチャントーストだ。


地下鉄1番線に乗り、朝のチャガルチ駅に到着。

BIFF広場を通り抜け、裏の小売店街に向かう。

まだほとんどの店が開店前で、人もいるにはいるがほとんどは開店準備の搬入路地工事

本当にやってるのだろうか。

路地クルクル迷いながら進むと、まだ閉店してい暗い店が軒を連ねるなか、30㎡程の縦に細長い店の前でコック帽に白衣のオジさんが黙々と店先でトーストを焼いている。

釜山の朝の味、シンチャントーストの前では、そこだけ行列ができていた。

しばらく待って、トーストフルーツジュースを頼む。

卵とハムチーズが挟まれトーストは、洋食なのに滋味深かった。


シンチャントーストの御主人に支払いを済ました時に、残りのウォンが心許ない事に気付いた。

チャガルチから程近い南浦洞のヨンジン両替所に向かう。

南浦洞は西面と並ぶ釜山繁華街だが、土曜の朝9:30に開いてる店はほどんどなく、人もまばらだった。

午前の強い日差しの下を歩き、両替所に到着。

手元の3000円を両替する。

ナヨンの時は実は数えてなかったが、ここでの両替は少額なので数えやすい。空港より明らかにレートが良かった。


南浦から引き返し、港町釜山の顔が最も見える場所、チャガルチ市場に向かう。

広い市場では、いけすの中にカニエビなどがひしめき、山盛りに積まれサザエやホンビノスなどの貝類太刀魚などの魚、イカタコナマコに果てはエイまで、あらゆる海産物が並べられていた。

ここで海産物を買って、2階で調理してもらえるらしく、お母さんに声をかけられるが、既にトーストを食べていたので、固辞して、市場の棟の反対側に出る。

海が目の前だった。

海風にあたりながら、あたりを眺めていると、韓国語演歌らしきメロディーが流れてくる。そういう音楽韓国にあるかどうか分からないが、メロディーといい、コブシの利かせ方といい、どう聴いても演歌だ。

韓国であっても、港では演歌流れるものらしい。


室内市場の脇の青空市場を歩いて抜ける。

ここでもたくさんの海産物が売られていたが、端まで抜けると食事のできる店がある。

漁師港湾労働者、仲買人などはここで食事をとるのかも知れなかった。

歩きながら日本韓国意見の相違のある日本海の呼称問題について考える。

このチャガルチ市場を埋め尽くす豊富な海の幸を見ていると、韓国の人がこの海を「東海」と呼びたいのもわかる。

目前にある日々の漁場が「日本海」では、借り物で漁をしているみたいだ。

日本人として韓国人の主張の是非や正当性は一旦脇に置くが、ナショナリズムじゃなく、釜山市民生活者の実感として「ここは自分たちの海だ」とスッキリしたいという、その気持ち理解できる。



韓国青春グラフティ


市場を後にし、韓国旅行に当たって一番最初に決めた観光地、山間の民家をカラフルに彩った甘川文化村に向かう。

バスに乗るてもあったが、地図上では歩いて行けない距離とも思えなかったので、その足で向かった。


実際に歩いてみると、考えが甘い事に直ぐ気付いた。

市場に程近い有名観光地なのに、歩いて向かう人が殆どいないのもさもありなん、山道結構なのだ

「実際に過ごしている人を見れるのも良い」と無理やりポジティブにかんがえたが、やっと観光客で賑わう村の高台に着く頃には、脚の疲れがえらい事になっていた。


カラフル屋根を一望できるカフェでまず一休み。

甘いカフェラテが身に染みる。

デッキではカップルロマンチック風景をバックに写真を撮っていた。


糖分を補給した後は高台散策

辺りには、たくさんの国からやってきた観光客が写真を撮っていた。

実は釜山にきて見て気付いたのだが、この街で最もよく見かける外国人は「日本人」で、それ以外の外国人存在が薄かった。

しかし、ここでは中国台湾ベトナムヨーロッパから来た人など、多彩な国々の面々が並ぶ。

やはりというか、若い人、カップル10代の少女が多かった。

韓国民族衣装を身につけた3人組の少女、2人は明らかに韓国人ではない。

多分ベトナムタイの人だ。

韓国友達を頼ってやって来たのだろうか。

まりに似合っていたので、写真を取らせてもらう事にした。

ピンク黄色、水色のスカートが風に揺れていた。


村の坂道階段を行ったり来たりするうちに、「ギャラリー」の文字が。

興味をそそられて階段を上ると、登り終えてまだ続く坂道の上で、学生服少女が同じく学生服少年写真を撮っていた。

青春ドラマのような光景に関心して咄嗟に一枚。

ギャラリーは閉まっているらしく、腕章を付けた彼ら以外に周囲に誰もいない。

プライベートも極まる時間だろうが、輝く記憶を少しだけおすそ分けさせてもらった。



釜山餐丁・バタードーナツと血羊羹


たっぷり写真もとって満足したので、下山する。

さすがに歩いて降りる気力がなかったので、バスを使ったが、山道を下るバス運転が荒い。

座れてなかったら大変だった。


バスの最終停留所、チャガルチで降りて再び南浦洞へ。

チャガルチから南浦洞への道すがら、行く手から派手な太鼓鈴の音が聞こえてくる。

デモだろうか。

韓国社会はどうやらパレードが大好きで、到着2日目にも地下を歩きながら、実体こそ見なかったが、パレードの音を聞いた。

時節柄、ちょっと緊張する。

からやってきたのは、釜山の対岸、九州からの踊り手達だった。

彼ら自身は踊ってないので、既に演目を終わったのだろう、しばらく歩くと、今度は韓国民族衣装に身を包んだ踊り手達が舞っていた。

音は此処からだ。

そういえば、釜山であった日本人と少しだけ会話してみると、九州からの人が多かった。

岸の両岸では、それぞれの人々が交流している。


南浦洞では、韓国旅行で2番目に決めた目的ナッツ入りバタードーナツのシアホットクを買い求める。

生地を大量のバターで豪快に揚げ、横に挟みを入れポケット状にして、蜜とナッツを詰め込む。

形状は平たい円形だが、なぜか平たく潰した紙コップに入れて供される。

しょっぱくて甘い味は疲れた体に沁みた。

これも日本に持ってきたら流行るかも知れない。

でも、どうも日本に入ってくる韓国グルメは、1個流行るとそれ一色になっちゃうんだよなー。


さて、夕方前に一旦ホテルに戻るつもりだが、その前にここのロッテマートお土産を買う。

出発直前までなかなかイメージが湧かなかった韓国土産だが、同僚の勧め通り、インスタントラーメンにした。

韓国即席麺大国なのだ


ホテルに戻って、明日朝の空港に向かうタクシーの手配をして、すぐ出発。

海に突き出した岩場に建つ寺院、海東龍宮寺に向かう。

なんとか時間的に間に合いそうだ。

ここに訪れれば、今回の韓国旅行で行きたい観光地は大方回ることができる。


地下鉄を乗りついで向かうが、どうやらエネルギー切れで気力が切れてきた。

山道を歩き回ったのに、朝から食べたのがトーストドーナツだけじゃ足りないのも当たり前だ。

とにかく何か食べないとまずい。海雲台駅で降りると、バーガーキングに吸い寄せられるように入った。

異国の地で、何が出てくるか想像できる上に早いジャンクフードはいざとなると頼りになる。

バーガーキングカウンターの福々しいお姉さんは、言葉が怪しい日本人にも親切だった。


ちょっと迷ったが、海雲台から海東龍宮寺に向かうバスに乗車。

30分ほどの乗車で龍宮寺に到着した。

龍宮寺までの参道は曲りくねった階段なのだが、辺りは台湾九份もかくやと思わされる人出で、細くて急な階段を歩くのが怖い。

しかも疲れている所に再びの山道なので、なんとか転ばないように慎重に歩く。

距離がなかったのだけが救いで、やがて海を望む龍宮寺が姿を現した。

既に夕方だったので、だいぶ光が赤く、海の青さはちょっとくすんでいたが、それでもなかなかの絶景写真に収めることができた。


満足したので引き返してバスを待つ。

やってきたバスに乗り込んだが、ここで思わぬ苦労をする羽目になった。

椅子に座れず立ち乗りだったが、渋滞に巻き込まれバスがなかなか進まない。

その上、運転が荒い。

急発進、急ブレーキ、急ハンドル

外国バス運転は概ねこんなものだと思ってはいものの、いい加減ヨレてきている足腰には辛かった。

このワイルド運転にも韓国若者涼しい顔をして立っている。

どういう鍛え方をしているんだ、いや、これ自身が日々のワークアウトになっているのか。

ユラユラ揺れる自分も、友達恋人と事も無げに談笑する韓国男子も、真反対の意味で慣れというのは恐ろしいものだ。


渋滞に巻き込まれた結果、1時間強の乗車となったバスを降り、海雲台の駅から地下鉄に。

食べ残し最後ご当地グルメを目指す。


釜田の駅から程近い「カヤポヂャ ソンジクッパ」に入る。

釜山最後食事は、牛の地を羊羹状に固めたソンジが浮かぶソンジクッパだ。

「ソンジクッパ ジュセヨ」席に座る前に頼むと、やがてグツグツ煮えたソンジと牛もつ入りの赤いスープがやってきた。

ごはんを入れながら食べる。

パッと見、キワモノっぽく見えるソンジだが、動物の地を固めてスープの浮き身にするようは食習慣はアジアでは珍しいものではない。

台湾にも猪血糕や鴨血などがあるし、タイにも類似料理があるという。

四角く赤黒いソンジは、特に強い匂いもなく、レバーっぽい羊羹という感じで口に抵抗なくいただけた。

これで韓国旅行で事前に設定したタスクは全て果たすことができた。


ホテルに戻って、荷物の整理をする。

個人的旅行あるあるなのだが、なぜか海外旅行では額にして3000円前後の小さな落し物をすることが多い。

りある旅行であればあるほど、その傾向が出る。

今回もカメラレンズアクセサリーリング所在不明になった。

別に機能に致命的な影響が出るわけではないが、無くしたいわけでもない。

こういう時、何かの引き換えになったとでも考えるようにしているが、少しだけ残念だ。

荷物の整理をして、この旅行記を書いたら時間は0:36分。

3時間程仮眠をしようと思う。寝過ごさないといいが。


【6・了】2019 春、韓国、釜山・光州  6日目|ありがとう/カムサハムニダ へ >>

anond:20190506104737

税金から出てるなら保護出来る費用って有限だよ。

まず、底辺の人を手取り7万の人のレベルまで押し上げないと。

もっと低い人が居るのに上の生活者流出してるなら救われない。

2019-02-15

自分のとこはマンションの1階で隣が何かの店舗

からの話し声が聞こえる そういや出社時間から

普段はこの時間仕事行ってて家にいないので

まり気にならなかった

店舗生活者の部屋を1つ置きにしたら

生活時間かぶらないので快適なのでは、とちょっと思った

反対隣は大学生

夜中に騒ぐことがあって迷惑したが、クレーム入れたら静かになった

自分が出社する時間帯はでかいイビキが聞こえている

ここ、壁 案外薄いな

どっかの業者みたいに間の壁なかったりするんだろうか

2019-01-13

anond:20190113023221

そらわざわざ検索までして自分から見に行ったらそうなるわな

それがトランスジェンダー代表典型である、という根拠は一切ないけどね。Twitterなんて見たいものしか見ない人にとってはお誂向きだし。

いち当事者生活者としては、さっき引用した増田のほうが私の実感ともあってるから、単純に疑問に思っただけ

2018-11-21

anond:20181121135553

最近船員増田ネタとか食傷してんねんけど

あえていうなら自営と大企業サラリーマンなり期間工をいっしょにする時点でもうてんでだめ。

自分確定申告もできないから分業で仕事の種類を減らして雇ってもらってる給与生活者がいきなり経営者マインドなんか持てない。

まあ自営も経理奥さんに任せっぱなしとかいるんで無理なやつは無理だろうけど。

2018-10-31

年収300万円ワープア子供を3人育てる方法

夫:日本で稼いで妻に送金

妻:フィリピンなりミャンマーなりで親兄弟と一緒に子育て

稼ぐ国と育てる国を完全に分離させるのは昔ながらの出稼ぎと同じだけど、「労働者出稼ぎする」というスタイルだけでなく「生活者が出暮らし(?)する」というスタイル提案したい。

2018-10-08

日本の子供はうるさすぎる

先日、妹夫婦の家に遊びに行ったが、その子供(3歳)がうるさい。

声も大きければ、床も飛び跳ねるし、正直手に負えなかった。


大変だなあ、と思ったが、どうもフィンランドでは子供のこういう態度は注意させてやめさせる対象になるらしい。

曰く「大人も住んでるのだから共存の術を教える必要がある」とのことだ


日本保育園がうるさいと忌避されるのは壁や窓が薄いハードのせいだと思っていたが、

子供のしつけ方が住環境が過密でなかったこからアップデートされていないのも原因ではないか

マンション生活者はこの辺は注意していると思う)


追記

やはり日本の親は「子供のしたいようにさせすぎ」だと思う。

というか子育てで「子供につきあう」ことが至上になっていると思う。

「つきあえる範囲しかつきあえない」ということを早々にわからせることが重要だわ。

それこそが育児「楽」にさせる。

日本育児って「一人一人違う」っていう言い訳して根性論ばかりなんだよな

2018-09-01

anond:20180901095034

無理無理。二人でも辛い。

年収1000万でも辛い。

学費くらい無料にしてくれ。

せめて国立くらい無料にしてくれ。

ナマポ生活者秘密裏処分して、そっから財源を確保するしかない。

2018-08-30

https://anond.hatelabo.jp/20180830113110

1.バイオリン。レッスン半年受け終わると貸与された初心者用の楽器自分のものになるコースがある。

講師さんは若い人が多いのでそこ経由で婚活も狙う。ただ都市生活者でないと通えない。

2.投資。よくいくお昼ご飯のチェーンの優待券がつく株券

40くらいならいくらでも医療で手直しするとこがでてくるけど、30そこそこなら趣味を増やす方向でいいだろう。

2018-07-31

少食のこと

私はあまり食事を好まない。食事をすることは、すなわち殺生することである。生き物が死ぬのはかなしいことであり、殺さずして生きのこれないのは生命悲劇である。私は食い食われる連鎖からなる生の構造をみなまで肯んじない。また、都市生活者たる私は、どこの誰か知らぬものに処理された食材を買って食事することになる。私は身銭を切ることを信条としているから、この時点で食に関する興味の半分は致し方なく失われている。本来なら、森でウサギでも狩って、その場で煮込みでも作って食べるのがおあつらえ向きなのだが、都市生活者には出来ないことであり、またそのために都市脱出するつもりは、今のところ私にはない。そこで私は妥協案として少食をとるわけであるさらに、食事を好まない一方で私には味の明確な好みがあり、単に茹でて塩して食べる、みたいな簡単料理を好むが、複雑な味付けのものは好まない。私の味の好みのストライクゾーンは狭く、その的を外れるものほとんど食べない。のみならず元来の神経質も少食に影響しているだろう。私はなにかに夢中になると食事をそっちのけにしてしまうことが多く、死なないために仕方なく食事をとることがよくある。味にこだわりがある一方で食に頓着しないのである

これらの理由から、私は少食であり、世界保健機関か国の保健省が定めたのであろう、標準体重の値からかなり劣る痩身なのである。とはいえ少食の理由はこれらに尽きるものではない。自身の痩身については、私に複雑な感情が与えられており、また自身について何を語るにせよ、私は必ずある女性からはじめなければならない。スペースシャトルに乗った宇宙飛行士地球に戻って以来、別人格を持ちはじめることがあるという。あたかも青い星の外になにかを置き残してきたかのように、宇宙飛行士永遠に故郷喪失し、シャトルの不時着は帰還でなく到着となってしまたかのようだ。これに類することを、ある女性が私に与えた。

私は彼女を一目で恋するようになった。それまで経験した恋愛感覚とは、次元が違うとでもいう他ないものがあった。今日日まで私は彼女名前すら知らないのだが、あるいはそれ故に?彼女は私にとって紛れもないファムファタアルとなった。彼女存在の何がしかに近づくことは、すべて正しくまた喜ばしいことであり、私が彼女のいる室内に入り、着席し、そして彼女が私のテーブルの前に立ち、声をあげたときから、私の感覚器官は福音代弁者となった。現実と能く交わる術を持たなかった私には、あるいはそれ故に?彼女は身を焦がすように愛しい女性であり、あるいはそれ故に?目の前の彼女から私はますます遠ざかっていった。私は時間をかけて、また時間をかけた分だけさりげなく、思いの丈を伝えたものの、その後にはただ沈黙けが広がっていた。あたか現実ほとんど干渉しなかった私の振る舞いを誠実に反射してゆくかのように、彼女沈黙はどこまでも虚ろにこだまし続ける。あるいはそれ故に?いまもなお私の周囲の一切が福音を黙示するかのようであるしかし、黙示をめぐり彷徨うことは、仮託されたはずの言葉を探すことであり、私は取り返しがつかないという火に焼かれ続けている。私はあれ以上のことはできなかった、これ以上はなかったことを何度も確認し、彼女出会い、別れるまでの一切が最善である結論せざるを得なかった。にもかかわらず私は後悔している。いや、私でないものには、それは後悔としか見えないだろう。しかし私にとっては、なにか自然の摂理がずらされることのようであり、あってならないこと、あるべきでないこと、なにかが転回してしまたことだった。端的にそれをなんといえばいいのか、相応しい言葉が見つからない。私が含まれ出来事の一切は、渦潮の流れに捕まったかのように、ある方向へと引かれる。たとえばそれは、ちょうどノヴァーリスゾフィー別離しなければならなかったこである。一介の読者には、それは単なる若者失恋しかないだろう。だが、ノヴァーリスが与えた「青い花」の名には、ゾフィーとの出会いから別離までの一切の出来事が含まれている。とこなしえに芳しい青い花とは、拷問めいたもの十字架めいたものである。彼が紙幅を尽くして書きのこそうとしたものは、青い花の名を冠し咲き続ける。青い不合理のひと雫はその他の一切合切をまた青く染め上げてしまう。Sein zum Todeと言われるように、人間は死に向かう存在だが、たいていの現存在とは死へと否が応にも引かれてゆくことだ。だが、ノヴァーリスには、死が手段となった。彼は、生き続けるためには死ぬ他ない。彼にとって生き続けるとは、すなわち青い花を咲かせ続けることだ。そして青い花を、彼は咲かせ続けるままにする他ないのであるノヴァーリスは簡潔にこのことを言い表した。…「我、神聖にして、言い難き、神秘なる夜の方へ降りゆかん」…

私のファムファタアルは、名をFといったが、彼女はただならぬ風に極めてほっそりと、品良く痩せた女性であった。私は痩せた自身身体に、どこかFの面影を探している。痩身が複雑な喜びを与える。キリスト者キリストをまねび、そのまねた振る舞いによって自己脱自するように、私の痩身とは、運命なる女性のまねびなのである。これが、冒頭に記した諸理由に比して、私の痩身により影響していると思われる。

2018-05-07

anond:20180507005628

そんな理想論では生活者は動かんな。

あと、「実利がないから」を理由にしてるのに、差別とか関係なくね?

結局、外資を入れることの是非の段より前の話として、充分な出資が得られそうにないことを理由としてるわけで、それこそ日本人口構成が変わる数百万人から千万レベル外国人調達できるなら、それはそれでありな選択肢だとは思うが。

2018-04-12

anond:20180411175304

たぶん、この人の言う「家族」というのが僕の考える配偶者とは相当に異なる概念なんだと思う。

僕にとっての結婚相手とは正にセックス相手であって、共同生活者とか子作りのパートナーとかの面は副次的な側面に過ぎない。だから、ずっとセックスし続けたい相手結婚相手

たとえると、セフレと共同生活をし続けて子供ももうけるみたいな感じかな。

2018-03-30

共働きが増えたんだし、お互いにやることを決めるべき

この金のない時代に、専業主婦させてくれるなら料理とか頑張ろう。

でも、共働きで同じくらいの時間働いているとしたら、

お互い半々作業しようじゃないか

嫌だ?面倒だ? アホ言え。

一人暮らししたことあるんだったら甘えんな

一人暮らししたことなくても甘えんな。家政婦じゃねぇ。

じゃぁ、ただのパートナー。共同生活者

他人として見ようじゃないか。まぁ、他人なんだが。

自分自分のご飯を作る。

自分自分食器を片付ける。

自分掃除をする。洗濯物もするし、干すのもやる。

自分のことは自分でやろうなー。

そうすれば平和だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん