「情動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 情動とは

2020-05-09

学校業務多角化という放漫経営 ー労働無法地帯

学問以外への業務拡張は、部活から始まったように思います。授業についてこられない生徒に活躍の場を、と言って中堅校以下でブラック部活的(スクール・ウォーズ的)に始まり、その有り様が全国化していったような。

1960年代に校内暴力が頻発したのは、様々な理由はあろうかと思いますが、一つの理由としては、戦争PTSDを抱えた養育者(が作った社会)によって育てられた次世代愛着障害に近い状態になっていたのではないかと思っています

ブラック部活は、愛着障害治療集団療法という側面があったのだろうと思います愛着障害存在している状態での授業は困難を極めます。授業を成立させ、生徒に学問を修めさせるために、教員意図せず心理療法を施していたのだろうと思います。各種行事もそうですね。

そのあたりから学校福祉機能が入ってきて、今は学校によっては福祉機能のほうが学問機能よりも大きくなっているかもしれません。障害を持つ生徒への合理的配慮個別支援計画、外部機関との連携部活動。

教員は、授業を成立させるために、福祉業務をやむなくやっていたのですが、文部科学省がこれを正式業務にしてしまうのです。

いや、確かに必要であるとは思うんですよ。

ただし、それに対する予算措置もなければ、人員の補充もない。専門家集団を校内に組織することもない。外部機関との連携とか、非常勤カウンセラースクールソーシャルワーカーの配置はしますが、外部機関だったり非常勤なのでお客さんです。彼らは責任は取れません。

以下は、『身体トラウマを記録する』という本の抜粋群なのですが、

ーーーー

太古の昔から人間自分の中の非常に強く恐ろしい感情対処するのに、集団で行なう儀式を用いてきた。古代ギリシア演劇の内、文字による記憶が残っている最古の物は、踊り、歌、神話再現を含む宗教的儀式から発達したと思われる。ギリシア演劇は、戦争帰還兵にとっては再統合儀式だったのかもしれない。

演劇を通してトラウマ治療する。愛と憎しみ、攻撃幸福、忠誠と裏切り演劇本質であると同時に、トラウマ本質でもある。トラウマを負った人は深く感じることを心底恐れている。一方、演劇情動身体化し、それに声を与え、リズミカルに場面に関わり、それを体現する。

学校からは、能力集団の絆をはぐくむために、昔から大事に受け継がれてきた、音楽演劇美術スポーツがどんどん姿を消している。

見捨てられる経験をすると、人を信頼できなくなります。そして、里子は見捨てられるというのがどういうことなのか身をもって知っています。彼らに信頼されるまでは、何一つ影響を与えることはできません。

筋肉を動かすこと、意識の集中が必要作業をしたりすることは、喪失体験に対抗する大いなる助けである

教師達は最初、「もしソーシャルワーカーになりたかったら、ソーシャルワーク学校に行っていたでしょう。でも私は、教師になるためにここに来たのです。」といった類いの反応を示すことが良くある。とはいえ彼らの多くは、頭の中で警報ベルがひっきりなしになっている生徒で教室が埋まっていたら教えようがないことを、すでに身にしみて知っている。どれほど熱心な教師学校システムでさえも、子ども達のあまりに多くが深刻なトラウマを負っていて学習できないために、しばしば苛立ち、無力感を味わう。試験得点を上げることだけを主眼としていても、教師達がそれらの生徒の行動面での問題効果的に取り組めなければ、成果は上がらない。

規則を平然と無視する生徒は、アメリカ学校で広く行なわれているように、譴責しても、停学処分にしてさえも、考えを改める可能性は低い。

他者言葉をしっかり聞き、自分言葉もしっかり他者に聞いてもらう。他者に本当に目を向け、他者にも本当に目を向けてもらう。

教師が怒鳴ったりする代わりに、子ども経験していることを言葉で表したり、選択肢を与えたり、自分感情説明する言葉を見つけさせ、思いを表現し始めさせたりするようにするべきだ。安全経験を学ばせるのだ。

しかし)学校トラウマを誘発する更なるトリガーとなってしまいがちだ。

トラウマに敏感な教師なら、手に負えない生徒の親に電話をして状況を説明すれば、子どもが殴打され、さらに深いトラウマを負う可能性が高いことに、程なく気づく。

身体トラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法 べッセルヴァン・デア・コーク https://www.amazon.co.jp/dp/4314011408/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_mpGTEb5V1TPY4 @amazonJPさんから

ーーーー

いわゆる教育困難校と呼ばれる学校はこうした子どもたちが非常に多いです。進学校であればこうした子どもは少ないかもしれません。少ないですが確かにます教員守秘義務があるので、他の生徒に知られないようにこれに対応しています個人情報なのでメディアにも明かされません。

日本福祉政策の不備を、教員無償労働で払っているように思えてなりません。でも、そうした子ども学校福祉的にケアすることを国民は望みます学校教育機関としてのリソースがそちらに持っていかれてしまっているように思います。まあ、そういうことを言うと、福祉ケアを導入した教育の方が教育効果が高いと言われて、口を封じられるのですが。十分なリソースがあれば効果は高いでしょう。しかし、リソース不足でこれをやれと言われれば機能不全に陥りますね。実際、陥っているように思われます

anond:20200509013856

情動伝染 論文 で好きなだけ検索すればいいと思うぞ

常識的科学読み物の話で難しいことを言っているつもりは無い

2020-03-31

論点場所お話しです

仕事が忙しかったのでレスが遅くなって申し訳ないです……。

高校生表象性的に扱われること、それが日本大人感覚として普通になってしまうことに懸念を抱いてるので

指摘されている問題は、製品リリースしている対象(この場合バンダイスピリッツ)に向けるべきか、

もしくは、模型レビュー性的な事を主眼に行っているブログに向けるべきでしょう。

筆者のブログは、模型モデル(キャラクター)が高校生である事を必然としていませんし、可笑しく書くために情動的に書いてはいますが、その論点は「高校生表象性的に扱われること」ではありません。

しかも、ブ米に書いたように筆者は「ここで、「破廉恥だ!」「変態だ!」なんて感想を述べた瞬間に、そういう考え方をする機会は失われてしまう。」と、論点が異なる事を明言し、それと同類になり論ずる機会を失われる事を望んでいません。

しかし、読み手がどう受け取るかは自由と(私は)考えますので「主張されてる事は理解しますし」と私は書きました。

「退場して下さい」そして「一部、同意します」と同意は一部に限ったのは、著者のブログのブ米に書くべきではないからです。

トラックバック貴方ブログ批判するのであれば、私は「退場して下さい」というブ米は書きません。

貴方場所からです。

筆者個人ブログソーシャルブックマークで、かつ筆者が望んでない議論批判を書いたので、この場からは立ち去ってくださいと書いたのです。

ソーシャルブックマークコメント個人の場とする考え方もあるかと思いますが、

私はソーシャルメディア公道と同じものだと考えています

個人ブログのブ米で書いたことは、個人の家前の道路で叫んでいる事と同じと。

著者の他のエントリを見て頂ければ分りますが、造形に関してとても深い観察を考察を行われています

(よくホットエントリに入っているのでご存知と思いますが)

今回のエントリ写真を見れば分りますが、明確に下着撮影しているのは(いわゆるパンツ撮影している物ですね)2点で、

どちらも性的撮影しているのではなく、そのつなぎの部分の自然らしさを注視しています

性的撮影するのであれば、フィギュアレビューサイトなどの様に、顔が見える全体像や、下着をあおる様なローアングルの拙者になるでしょう。

まとめますと、以下になります

著者の個人ブログである点(excite公式ブログ編集部の選定であって本人の申請では無い)

著者が高校生性的に扱うのが目的でなく、模型の発展のアプローチを論じている点

貴方ご本人のメディア批判されている訳ではない点

なので、私はブ米で

本文読めばわかるが、トランスルーセント主題になっている模型で、肌の質感や眼球の光彩を物理的に構成するだけではなく、衣服下着デザインするというのが論点変態性を論じる貴方は退場して下さい。

意見批判しました。

高校生表象性的に扱われること、それが日本大人感覚として普通になってしまうことに懸念を抱いてるので

に関して、私個人意見は持っていますが、否定しません。

発言された場に対して批判します。


まぁ、ブ米を書くお気持ちも分りますが、それによって(ブ米に書く事によって)不必要論点が外れた批判で埋もれるのも問題だと思うんですよね。

※補足ですが、高校生下着記事対象に挙げている時点で、のような事を言い始めてしまますと、子供モチーフとしたデッサンも、骨格、そして肉付け(いわゆる裸ですね)を主題します。チャイルドポルノ問題があるので論ずるのは慎重に行うべきですが、主題に上げる事をNGにしてしまうと、多くの物が失われてしまます

2020-03-30

オーバードーズ自分意識を消す魔術

なにか自分に都合が悪いこと、直面するのがとても恐ろしいことが起こった時。私たちはそれに対峙するか、逃げるという選択肢を採ることができる。

たとえば自分不祥事当事者になった時に、周囲からの追及を逃れようとして、雲隠れしてしまうことも逃避の一種だ。

だが、どこにも逃げ場がなくなった時にはどうすればよいか

自分自身を消せばいい。

より正確に言えば、自分自身の意識を消せばいいのだ。

河井案里参院議員救急搬送 薬を多量に服用

https://mainichi.jp/articles/20200330/k00/00m/040/093000c

自分自身の力で世界を変えることができないのなら、怖れの苦しみを逃れる手っ取り早い方法は、それを感じる意識を消すことだ。

どこにも逃げ場がなくなって、服毒自殺を図ったり、睡眠薬等のオーバードーズを起こすということは、自分自身の情動をやりくりするための戦略だ。それは魔術じみた子供だましに周囲からは見えるかもしれないが、本人にしてみれば、立派な戦略なのだ

そんなことを言ってた哲学者がいなかったけか。サルトルだったと思うんだが。

誤訳してたらスマ

La multiplicité des conduites émotionnelles

Suivant les formes prises par l'émotion, la transformation revêt des formes différentes : l’anéantissement des objets (et parfois de la conscience) pour la peur, l’uniformisation de la structure du monde pour la tristesse passive. Le moteur de l’évasion est l’impossibilité de confronter un objet dans le premier cas ou d’adapter les moyens face à la disparition d’une des conditions de l’action dans le second.


情念的な行動の複数

情動が採る形態によって、変容は異なる形態をおびる。怖れにたいして、対象の無化(時には意識の無化である)、受動的な悲観にたいして、世界構造の画一化といったように。逃避を動機づけているのは、まず、対象対峙できないこと。さらには、行動するための条件が無くなってしまった状況に適応する術を失ってしまうこと。

http://www.cnam.fr/servlet/com.univ.collaboratif.utils.LectureFichiergw?ID_FICHIER=1295877018192

2020-03-27

anond:20200327171622

マクロな考え、社会全体、経済的にはそれが正しいよね。経済を豊かにするのは人なんだから人数で押すのは正攻法だと思うよ。

ただ、経済的に豊かであれば、幸せであるとは言えないと思うんだよね。それは幸せの形が人それぞれによって違うし、自分幸せである認識するのは自分であり社会でないからだと思うんだ。(自分が「お前は幸せだ!」なんて言われたらカチンとくるよ)

難しい言い方が好みなのであれば、こっちの方が伝わるかもだけど、社会個人関係は「社会がXXだ」と与えるような情動主義ではなく、「個人がXXだ」と受け取る認知主義であるべきと考えてるんだ。更に言えば、自分ペシミスト悲観主義者、反出生主義者というわけでもないから、自殺や他殺、中絶をしてほしいとも思ってないんだ。

明日死ぬのは自分かも知れないし、親兄弟息子娘かもしれないんだから、今できることやしたいことは何なのか考えて、

みんな幸せを見つけて幸せになってなって言いたいんだ。

2020-03-08

精神疾患選択の結果だと疑わない人

自由意志認知機能情動を生み出している脳の生化学系に介入できるとでも思ってるのかな。

2020-03-07

ストラテラ結構効いた

20代後半にアスペの診断済みで、今は40過ぎのおっさん

正確には軽度のアスペADHDが混入しており、いわば心のなかで「自閉の弟を多動の兄が連れ回している」状態

これが物心ついた頃から自分日常だった。

診断受けたときにやった知能テストでは、アスペが強いとされる部分は天才的に凄いと言われた反面、弱い部分は境界知能クラスと言われた。

今までの人生を振り返ると、結局の所、自分の一番弱い部分が事あるごとに足を引っ張ってきたと言っていい。

から、「長所を伸ばすことが生存戦略として適っている」という、よくある言説は一切信用していない。

しろ弱い部分を底上げするほうが確実にQOLは上がるだろうと思っている。まあ言うは易く…ってやつなんだが。

あと、障害特性が「軽度」で「混ざっている」というコウモリ野郎なため、普通の人からのみならずガチアスペっぽい人からADHDっぽい人からも「変人キャラ」扱いされるのが地味に辛い。


さて、長い前置きはこれくらいにして、今まで使っていなかったストラテラを使うことになった。

薬については自分場合二次障害対処するリスパダールとかリボトリールとかは使ったことあるけど、障害根本部分にコミットする薬は使ってこなかった。

それがここに来て急に使うことにしたのは、仕事理由

今まで比較自分に向いていた部署にいたのが、配置転換により、全く向いていないどころか事故多発→クビ路線が確実視される現場に行くことになったから。

正社員につきものの話なのか、はたまた会社自分を追い出したいからなのかは知らないが。

それで、とにかくなりふりかまっていられない。薬でもなんでも、合法的に使えるものは何でも試してやれと決心。

とはいえアスペに効く薬はないから諦めるとして、せめてADHD特性だけでも軽減させないと…ということで主治医相談したところ

増田さんにどこまで効くかはわからないけど、最小量の25mgから試してみようか」

ということになった。

これが10日くらい前。


その効果だけど、「おお!こういう効き方するのか」と結構納得できる手応えだった。

初日から、仕掛中のタスクもさっくり切り上げて他のタスクに切り替われるようになり、更に集中と俯瞰の切り替えがベストタイミングで発動する感覚を味わった。

翌日には、相手の話を最後まで聞いて話すのがデフォルトになった。

翌々日には、話す前に一呼吸置いて話すようになった。

一週間後には、怒りも悲しみも不安も全て「冷静さを失わず」感じられるようになり、逆に今まで自分の心がいかにざわついていたかを実感した。


そしてここが重要なのだが、薬が効いているとき経験した言動は知らず知らずのうちに脳に記憶されるようで、効き目が切れ始めても、前述の記憶言動自然矯正されるのだ。

即ち一度薬を摂取したが最後、摂る前の自分には二度と戻れなくなると。

しかもたった25mgで、前頭葉しか作用しない、精神系のお薬としては「見劣りする切れ味」と言われているものでも、この効果である

この手の薬の恐ろしさを体感として理解できた。

こりゃ、麻薬覚醒剤を売るなんて人殺しと一緒だよなと、心の底から思わされた。


というわけで、本格的に新しい部署に赴任するのは来年度で、今は移行期間なのだが、今の所大事故は起きていない。

それでもつまらないミス必要以上にビビるケースは無くなっていないので、薬の増量を試すのもありかと思っている。

ただそれで治るのは多動のみであり、自身問題のもうひとつの根幹である、自閉の部分は未だ手つかずである

よって、話を端的にまとめるとか、相手に合わせて話す内容やアプローチを変えるとか、そういう他者への強い興味とそれに伴う情動がなければ身につかない部分は、多分今後も生きる上の厄介事でありつづけるだろう。

てかMDMAみたいな、情動喚起する系の薬が早く実用化されて欲しいんだよね。

オキシトシン効果ないって結論だったのは正直残念だった。

そんな感じ。

2020-02-25

海馬が退化して人間の中にいくつもの情動があることを理解できない

他者の想定が軽薄であるのはその者はそれほどまでに単純化された情動白痴のような言動しかできないかなのだろうか

このようなもの非才と呼ぶしかないとは思うのだが、馬鹿には難しすぎる話だろう

2020-02-16

書く。書いているときはなんでもできるような気持ちになる。

気持ちばかりが急いて指や表現が追いつかないような感じになる。

逆に一つの気持ち表現しようとして言葉を何度も考えているうちにもともと何を描きたかったのか忘れてしまうことがある。

ものを書いていると、何かを書いた気になってあとで何も書けていなかったり、何かを書いた気でいる自己陶酔が透けて見えてとても嫌になったりする。

物書きという職業は本当にすごいと思う。過不足ない表現で、読むときは滑らかに流れるように読めて、それでいて心の中に色々な情景や情動を残していく。

素敵な本に出会うたびに、自分に才能があれば、物書きになりたいなと思う。

その人に触発されて広がっただけなのにそれを自分にもこんな綺麗な世界が描けるんだと勘違いしてしまう。

何か思いついたり、感じたりした時にこの感情言葉にして表現したい。それで自分が感じているこの素晴らしさとか、楽しさ、嬉しさ、辛さ、悲しさ、些細な違和感が少しでも人に受け入れてもらえたらきっとそんな幸せなことはないんだろうなと思う。

まあそんなんだからきっと物書きとしての才能はないんだろうな。誰かに受け入れてもらいたいって文章なんてそもそもたかが知れている。受け入れてもらいたくて書いた文章じゃなくてもそんなことでいちいち心が揺れるようだったら、すぐに浮世に魅せられて続かないだろう。

こういう自分気質からくるようなものって根本的な解決はないから、自分で固定のルールを持って少しでも自分が良い状態でいれるように文明人的に決め事を守るしかないんだよな。。

まあでもそういう生来持っているよわさから文学とかがまた生まれたりもするわけで、そういうのも嫌いじゃないけど、破滅ものかけるほど肝据わってないから、小心者なりにやるしかない。

破滅自己陶酔に浸ってられたら天才か救いのないやばいやつかどっちかだしどっちにしてもそんなの短命だ。短命ゆえの美しさはこの人生では諦めよう。

長生きしよう。

2020-02-11

anond:20200211035754

逆じゃないよ、そういってるじゃん

勤め人をしっかり勤め上げてからやめた人はすでに世間擦れ(感性が摩耗)してるんだから

情動を扱う漫画家よりイラストレーターやCADで背景手伝う人とかなら向いてるよ

同じような絵ばかりなら数をこなせて売上も上がるし漫画家なんてキチガイめいた職業を目指すより作画者を目指すほうが合理的ルートだと思うよ

2019-12-25

さくらサポートがひどいというのが話題になっているけど...

サポートがひどいのは同意だけど、半笑い、夜中の電話、というあたりで統合失調、過大な被害妄想可能性ってないのかな。

そんな病気でも増田文学エントリできる長文は投稿できるよ(自分体験)

書いてあることが事実なら、担当者絶対に謝れない糞ってことになるけど、

引っ越しとか考えずに一つのサービス固執しつつ書き連ねる愚痴をみると...なんか嘘松って嫌いだったけど

こんな文脈自分もそういう指摘をわざわざ言わざるを得ない情動に、なんか微妙気持ちになってる。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/qiita.com/unico/items/76499d1e20042d929aa1

2019-12-20

ネトサポ伊藤詩織

伊藤さんに対するネトサポの反応を見てると、危機感らしきものすら見えて来る。

彼らは自分らと同じ手法組織的庶民情動に訴えかけてくる敵にはめっぽう弱いんだな、という印象。

彼女を嘘つき呼ばわりする仕草にいたっては本当に面白い

恥も外聞もなく普段自分たちへのセルフツッコミのような言動を取らなければならないほどバグってる様子からは、実際相当な脅威であることがうかがえる。

2019-12-10

情動に訴える科学的な方法を使います

ただし、訴える内容は非科学

2019-12-02

anond:20191202055318

俺たちの脳みそだって山のような情報を抱えているが、それを検索しただけではダメで、総括できる「人格」がないと何の役にもたたない。

その「数万」のコンピュータ連携接続したくらいハイパー能力がある「大脳」をもちながら、猿同然の判断・行動しかできない人間なんて山ほどいるだろ。いくら大脳拡張しても、それが我々を画期的に賢くしてくれるわけではない。


ただし、大脳皮質のせいで猿と人間が「文化」という異なるコミュニケーションレベル手段を生み出したように、あらたな外在の脳は、これまでとは全くことな人間の在り方、行動やその規範を生み出していく可能性はあるだろな。それが「すごくいい」ものになるかどうかは、猿に較べた人間様の世界を「すごくいい」と感じるか否かによる。

「いやいや、その『人格』もひっくるめてダウンロードして利用できるんすよ!」って言われたとしたら、眉に唾つけて聞かなきゃいけない。だってさ、それって「俺らの人格を上書きする」ってことだぜ? どこかの誰か様の「賢い」人格によって! それはもう「俺」じゃないだろ。 俺は、俺の中に俺という「猿」がいることをもちろん俺は認識してるが、それは一種の「情動」みたいなもんであって「猿としての俺(という自我)」ではないね。今居る「俺」は「新俺」にとって、それ以下の存在になるんだろう。何せ「外からインストールされ、上書きしちゃう」わけだからね。もちろん、そういう手術を赤ん坊のうちにしちゃえば文句は出ないだろうさ。だけど、原理的に誰も文句が言えないってこととしていいってこととはまた別のことだろ? たとえば、生まれながらにハイル総統ってやるように脳手術受けることを義務化すれば、世界統一されて平和になるんじゃね?って提案されても、そんなんOKされるわけねえだろ。

2019-12-01

ニンジンが好物じゃない馬

世間的に人生モチベーションとなるとされてることが全然モチベーションにならねえ

目の前にニンジンを吊るされた馬が食おうと頑張って走る、って言うじゃん 俺はニンジンがたいして好きじゃない馬ですよ

いくらバカにされてもダメージが入らないの 説教されても心が動かんし 例えば切手収集趣味の人に集めた切手の数でマウント取られても別にどうでもいいじゃん へー以上の情動はない そんな感じ

地位名誉も愛も見た目も金も学歴教養ファッションもどうでもいい 何も得られなくていい ただ寝てたい

さっきパック98円のエリンギを素焼きにして塩かけて食ったらまあうまかった そういうことだけやって生きていきてえよ 正確に言うと、基本的には生きていきたくねえが強いて言うならそういうことだけやって生きたい

どうすりゃいいんだあ 貯金で細々ニートやって金がなくなったら死ぬとか?

2019-11-28

まれて初めてピンサロに行った話

まれて初めて風俗へ行った。ピンサロというやつだ。

小学生の頃に不登校になって以来、ずっとひきこもりから同級生猥談した経験なんてない。だからヘルス」と「ピンサロ」と「ソープ」の違いがわからなくて、必死になってググった。

数少ない性知識から、「ソープって、FC2動画で見た『泡姫天使 高井桃』のやつだよな……」とあたりをつけ、長時間プレイ懸念して排除だって疲れそうじゃん。

残るはヘルスピンサロデリヘル? 実家暮らしから無理無理。ホテルを利用するつもりもない(けど、ラブホには一度入ってみたいかな……)。

最終的に、近所にあるコスプレ専門ピンサロへ行くことに。

電車を降りるまでは平気だったけど、入店する頃には身体中がガチガチ。割引料金を適用する合言葉すら忘れて、お相手選びへ。

小学校の一室みたいなスペースへ通されて、椅子に座らされる。

「あー、指名のための顔見せがあるのね」と思うじゃん。違うの。

出勤している女性たちが、変わりばんこに僕の足を跨いで、膝の上に座ってくれるの。

お尻や胸も下着の上からなら触り放題だって

そんなこと言われても、異性への接触セクハラだと教えられて育ち、看護師のボディタッチ一つでときめいてしま自分には何もできません……。

そしたら「こういうお店、初めてですか?」と跨ってきた女性指南してくれるの。

相手自称大学生。実際のところ、化粧のノリの悪い20代OLって感じ。普通に美人

吐息の当たる距離だし、恥ずかしいから抱きしめて視線を逸らしたら、「恥ずかしいよね」と抱きしめ返してくれる。「これが有償の愛ってやつなのか」と感動したよね。諸君、金で感動は買えます

そして指名のお時間

いかにもって感じの看板娘がいてさ、ドラマキッズウォー」で主演を務めた「井上真央」みたいな風貌なの。しかも一人は巨乳で、もう一人は巨尻(女の子の傾向を通して、店長の年齢が透けて見えるよね)。

正直びっくりした。なんで風俗で働いているの?アイドル目指さない?

場末ピンサロでこのレベルなら、飛田新地とかどうなってるの?AKBより容姿では上回っていたりすんの?デレステ声優より可愛かったりすんの?

熟考したうえで指名したのは、看板娘ではなく、一番愛想の良かったひと。ニコニコしながら、がんがん腰を押し付けてくるし、胸を押し付けてくる。もうこれ満員電車の比じゃないよ。ところてんの天突きだよ。

その後間仕切りされた小スペースにセガールみたいな仏教ズラで寝そべっていたら、お嬢の登場よ。

服を脱げってさ。

上も?下もですか?あ、ぱんつまで?僕がですか。洗う?ちんちんを?入院した時にされた陰部洗浄じゃないですか……勃起したら尿管に入っているカテーテルが動いて痛かったなぁ。

もうね、萎え萎え

触ってもいいと言われて胸を揉んでも、なんの情動も湧いてこない。

チェンソーマン 」のデンジ君がパワーの胸を揉んだ時も、きっとこんな感じだったんだろう。

dmmで買ったピジャ先生の新作を読みながら、自分磨きに勤しむ方が興奮したよね。ナイスバディのガングロギャルのやつ。

かたや面前にあるのは、風呂上りのお袋が見せ付けているシロモノよりも一回り小ぶりなおっぱい推定20代柔肌ぷるるん)。乳首にいたっては、小型犬のほうが大きいよ……。なんか現実って辛くない?

全然勃起しない僕に、「お金払って、疲れて、辛いよね?」と心配してくれるのは嬉しかったけど……。

男として生まれてきたことへの疑問と、それと同時に、愛に飢えていたのは勘違いなんだ、という気づき

ただの無い物ねだりに過ぎなくて、おもちゃを買ってもらった次の瞬間には興味を失っている子供のようだった。

「ところで吸っていいの」

「いいですよ」

「え、よかったの?」

おっぱい吸ったよね。キスもした。おふくろと弟以外とした、初めてのキスファーストキスなのか?

(粘膜を触れるのがOKなら、フェラもいけるのでは?……)

ということで、してもらった。

AVフェラじゃ「Real Street Angels わかば」が大好きで、いまでも時々見返す。この時ばかりは期待で胸が弾んだ。だがしかし、これが全然気持ちよくないの。

腰がぬける感覚がない。イラマチオをしたくなる感情の昂りもない。むしろ裏筋が痛い。なにこれ。

結局本番35分コースでは達せず……。30分追加して、キスしながら、おっぱいすいながら、お喋りしながら、フェラしてもらいながら胸を揉んだりと、ノルマを消化するような試行錯誤が続く。隣席の女性あんあん喘ぎ出したおかげで興奮して、最終的には達せたんだけど、帰宅後は白昼夢でも見たかのような感覚に襲われた。

賢者タイム?そんなものはなかった。あったのは虚無感と、喪失感女性を弄んだことに対する懺悔、そしてこんな体験に26000円(14000+9000+指名料2000+コスプレ1000)も払うのか、という後悔の念。

やったことのない事柄に対して、過剰な価値を見出す。ひきこもりにとっては、あるあるな失敗だった。

僕をピンサロへと衝動的に誘ったものとは、いったいなんだったんだろう……恥?憧れ?欠乏感?今となってはもうわからない。

入店するとき階段を登ったけど、大人階段を登れた気がしなかった。

2019-11-26

anond:20191126020443

そうなのよお気持ちに過ぎないのよ そこがこちらも泣き所でね

なぜここまでしんどいのかといえば男性を脅威と感じる本能的な情動なのですね

お前は理性が弱いと言われると認めざるを得ない

2019-11-20

規制派の「感情」はわかるが、「解決までのプロセス」がわからん

https://bunshun.jp/articles/-/15590

こういうニュースを見て思うのは、規制を求める側がそれを必要としてる人間に対してどういう「解決」を想像してるかっていうことなんだよね。

おそらくは、「適切な社会活動によって他者と適切な信頼関係を築き、同意の上で性行為を行う」というのが正当な理想的ケースであると考えているのでは、と想像するんだけど(あくま想像なので、「違うよ!」って思う人は「違うよ!」って言ってほしい)、世の中にはルックスだったりコミュニケーションだったりあるいは身体的・精神障害及び疾患などの問題で、どうしても他者とその理想的関係を結ぶことが難しい人というのもいるわけじゃない?

そういう人に対してどういう「解決」というのを想像してるのかなっていうのが、いつも気になるんだよね。

もちろん他人と良好な性的関係を結べるなら、それはいいことだとは思うけど、「そうではない」「そこから漏れしまう」人間について、その性欲や人恋しさをどうした方法解決することを望んでるんだろう?

もしそれを、「普通人間」のラインに達するまで努力しろとか、それができないなら我慢しろ、っていうふうに思っているなら、それはなんていうかものすごくむごい発想なんじゃないかって思ってる。

それっていうのも、10代のとき自分がわりとそういう考え方だった。「他人と良好な性的関係を結べる」状態にない人間が、性的なことに興味持ったり、エロ漫画エロメディアで、「自分勝手な欲望」を満たすことが気持ち悪い、そういうふうに思ってたのよ。

自分女性なんだけど、10代の頃はセックスがあまり好きではなかったし、「求められる」からやる、「求められる」ことは嬉しい、みたいな感じで、セックスというのが「他人から求められるだけの価値がある人間特権」みたいに思ってた節があった。だからオタクの人とかがエロ漫画とかエロゲーとかに興奮してるのを、「他人から求められてもいないくせに、物言わぬ相手に性欲求めて気持ち悪い」そういうふうに軽蔑してたんだと思う。

年齢や経験を重ねて、自分の中で「性欲の自我」みたいなものが芽生えてきて、それはかなりガラッと変わった。今では当時の幼稚な…というより他者に対する排他的かつ支配的な考え方をとても恥じてるよ。

男性だろうが女性だろうが、性欲のある人間にとっては、自分性的対象としてるものへの客体的魅力というのはあって当然だし、それを何らかの媒体によって消費することは、たぶん無意識のうちにみんなやってると思うんだよね。その表現が「性」や「セックス」に結びつきやすいかどうかでわかりにくかったりするだけで。

あとやっぱ女性男性も、セックスする気になれる・なれないラインって個人の中でどうしてもあるだろうな…って思う。もっと言えば、セックスしたい・別にしなくていいラインも。それが、それぞれの人ごとバラバラなら平和だけど、やっぱり偏りがある。「セックスしたい」は結構割れるところあるけど、「セックスする気になれない」は、わりと似たようなところに固まる印象がある。

理想的性的関係の結び方」というのが、双方の同意感情によるものな以上、どうしたって他人性的関係に至ることが難しい人というのがいて、そういう人がお金という方法ラブドールなどの平和的な解決が図れるなら、それはそれでいいことだし、他人から批判されるようなものではないと今は思うんだよね。

他人の性生活や性のあり方に口を出すことは、非倫理的で不躾なことだと認識している人の中にでさえ、エロ娯楽に厳しい人もいるので、なぜなのだ…という感じはするけど。

自分料理あんまり得意じゃなくて、美味しいものを食べたいときは奮発して外食するんだけど、もしそれを「料理のできない人間には美味い食事を食べる資格はない!自分で作れるだけの身の丈にあった飯だけ食ってろ!」って言われたら、そんなの味気なくて死んじゃいそう。お金を出して合法的に美味しいご飯を食べられる、そういう市場社会に育ってることをとてもありがたいと思うよ。

まぁ、もちろん「女のくせに」「社会人にもなって」料理ができないとか、怠けているんじゃないか?何か問題があるんじゃないか?人として欠陥品では?みたいなことを言ってくる人は、まあまあそこそこいて、「ハイハイさよですね〜うるせー死ね」って思ってる。

>「リアルドール女性身体男性の性欲・支配欲解消の手段として消費する性搾取文化」と批判

ってあるけど、性欲だの支配欲だのの「人の業としてどうしても持ってしまうが、無差別行使すると大変なもの」を、シリコンの塊で解消できるなら、よっぽど平和じゃない? 性欲も支配欲も持ってて自然情動だし、それを「道徳的でない」として持たないことを強制するよりも、どう平和的に処理・解決するかのほうが現実的だし抑圧を生まないと思う。

女性立場からすると、ラブドールという「女性の形をした人形」が性のために製造され、意志もなく性的玩具にされている、というのが、「女性性的客体として貶めてる」と嫌悪感を持っても仕方がないだろうな…とはなんとなく想像する。ただ、女性の性が人形漫画などアンリアル形態で客体的に消費されることと、現実女性が貶められるような価値観が社会で醸成されることに、本当に相関があるのか?というのは個人的にとても疑問に感じている。

住宅経済的事情、あるいはアレルギーなどで猫を飼えない人間が、だけど猫が好きだからと本物そっくりの猫のぬいぐるみを買って家で撫でていたところで、おそらく批判はされない。ペットという生育に責任お金必要存在を、ぬいぐるみという安価手段によって「かわいい」だけを抽出して一方的に楽しんでいても、たぶん誰からも怒られない。猫にもそれぞれ思考感情があり、生命を持った生き物なのになあ。

別に猫の尊厳を問いたいわけではないが、猫のぬいぐるみによって生きている猫の尊厳毀損されるのか、ということを考えるとラブドールについても、もっと考える余地があるのではないかと思う。

もし、現実で「女である」ということを理由に誰かが傷つけられるようなことがあれば、それは許されるものではないし声を上げるべきだと思うよ。

その上で本当に健全な、近代的な社会というのは、女性あるいは男性の客体としての性的魅力が肯定され、「他人と良好な性的関係を結べない」人間にもその性欲を慰め満たす媒体を持ちつつも、現実女性あるいは男性が性による差別被害を受けない社会他者に対する人権意識が娯楽メディア程度では曲がらない強靭精神を育てる社会なのではないかな、と思う。もちろん、その理想が遠いというのはわかるんだけど、「究極的な理想」はそこなんじゃないかと思うんだよね。

エロ娯楽に規制を求めてる人は、どういう「解決」を考えているのだろうか?

2019-11-18

実在する猫の飼育の話からは学ぶところが大いにある

主に人間情動についてだがw

猫とそう変わらないとは大した人間もいたもの

2019-11-09

anond:20191109002744

その感動と人に教えたいという発作的な情動とそっけない器のあら汁の湯気と完璧塩分ときらきら光る浮いた脂とさみしい夜のすべてを共有してこの俺が今しっとりした心持ちになったからもう安心して成仏してくれ

2019-10-24

anond:20191022233409

最初殺人は混乱と恐怖のなかで引き金引いちゃった

2回目は顔を見て「あ、ころそ」と思ってチェーンをかけてハサミを隠し持って

別に我々の映画の内容の見解齟齬はなくて、国語力の問題があるだけに見える

まり君の「計画的」ということばの理解のはばが狭いだけ

あとなんか勘違いされてそうだけど俺はもと増田じゃないぞ

君はなんか色々情動が過敏じゃね?

anond:20191024012728

そりゃこの場で命題情報の伝達だけしたいなら間投詞類はいらないだろうけど、情動を含むコミュニケーションなら間投詞類には固有の機能がある

2019-09-27

グレタ・トゥーンベリ氏はなぜ不快なのか

話している内容が何であれ、怒りと恫喝と緊張が入り混じった、こわばって歪んだ表情で話しているのを見るのは醜い。

怒りと罵倒のような情動の発散は、短期的には耳目を集める。だがそれが長期的に広範囲の人々から支持を集めることはけっしてない。

高尚な話をする前に誰かがこのように基本的なことをしっかりと伝えるべきであったと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん