「二元論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 二元論とは

2018-01-08

ウェイとオタク

っていう分類は好きなんだけど近頃良くみる陽キャ陰キャっていうの気持ち悪い

なんで優劣じみた二元論になるんだ ウェイとオタクで互いにマウント取り合ってるほうがおもしろいだろ

「東京」と「地方」の二元論からの疎外感について

私は神奈川県出身だ。横浜ではない。県西部の山がちな地域

横浜出身者は「神奈川出身」を自称しない。「何"県"出身?」と聞かれて「横浜出身」と答えるのが横浜市民だと思っている。)


実家の周辺には、のどか里山風景が広がっている。

実家から中学校へ向かう道のりには、コンビニ信号機もなく、

隣家は畑や田んぼを挟んで数百メートル先に建っている。

その畑を鹿や猪が荒らして困ると農家のおじさんがよく言っていた。

地域には乳牛を飼って生計を立てている家が何軒かあり、

庭先にヤギやニワトリを飼っている家もいくつかあった。


高校まではそんな地元で過ごし、東京23区外)の大学へ進学した。

同じ地域から同じ大学へ通学している知人もいたから、通うこともできたのだろうけど、

通学に時間をかけるのが嫌で、実家を出て一人暮らしを始めた。

はい実家へ帰ろうと思えば、在来線で2時間弱、片道1000円もかからない。

近すぎて帰省という言葉を使う気にもならない。


生活をする上での体感としては限りなく「田舎」でありながら、

時間的・体力的に多少無理をすれば「都心」へ通勤・通学も可能

それが私の出身地である


最近「東京」と「地方」の二元論的な論調書籍ブログをいくつか読んだ。

地方から東京へ出て来た若者」対「地方に残ったマイルドヤンキー」であったり、

地方既存コミュニティで暮らす人」対「その地方へI・Jターンをする若者」であったり、

そういった話を見聞きするたびに、我が出身地中途半端な近さ、あるいは遠さを思う。


そもそも大学入学した当初、九州出身同級生帰省に数万円かかると話すのを聞いて

私の出身地はなんて近くにあるのだろうと感じたのが始まりだった。

大学卒業後、都心企業就職したら同期はみんな都内実家から通っていて、

私の出身地はなんて遠くにあるのだろう、実家が近ければもっと楽に生活できるのにと感じた。

それから十年近くのうちに、地方へ転勤になりまた出身地へと戻って来た。

その度出身地に対して「近い」と思ったり「遠い」と思ったり、ころころと印象が変わる。


「東京」対「地方」の二元論文章を読むたびに、その狭間で近かったり遠かったりする出身地を思う。

「東京」でもなく「地方」でもない、それでいて「東京的」であり「地方的」でもある、この町。

郊外」でも「ニュータウン」でもなく、ここは一体なんなんだろうか。


千葉埼玉にも、きっと似たようなことを思っている人がいるに違いないと思う。

私の交友関係には千葉埼玉出身の人がいなくて、話をしたことはないのだが。

2017-12-31

anond:20171231162731

論理が通っていない思想を抱えて生きていくことはできない

え?なぜ。

そもそも思想なんか抱えなくても生きていけるし、

論理的矛盾してても生きていける。

二元論脳だと生きていけないかも。でも今どきそんな2値的に物事見る人おるの~?

2017-12-14

anond:20171214193928

面白い言い回しだ、気に入った。「無」は滅多に存在しないからこそ悲しい。確かに物事二元論で語れればどれだけ楽になるか。

永遠が成立する仕組み

永久に変化がない状態ってのは、変化が止滅した場合にの可能

アートマンプラクリティ干渉から離れて、独存に至った場合に変化をコントロールできる。時間は変化から生じている。変化が一切ない状態では時間の経過が発生しない。

日本人が真我独存を体得できないのは、その前にヴェーダ世界観を知らないから。とりあえずWikipedia勉強してみては?

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A4%E5%AD%A6%E6%B4%BE

サーンキヤ学派は厳密な二元論を特徴とし、その徹底性は世界思想史上でも稀有のものである

 

世界はある一つのものから展開し、あるいはこれが変化して形成されるという考え方をパリナーマ・ヴェーダ(転変・開展説)といい、原因の中に結果が内在するという因中有果論であるが、ヴェーダウパニシャッド一元論や、プラクリティ根本原質)から世界展開を主張するサーンキヤ学派はこれにあたる。

精神原理であるプルシャは永遠に変化することのない実体である、とし、それに対し物質原理であるプラクリティ第一原因とも呼ぶ。

プラクリティには、サットヴァ(sattva、純質)、ラジャス(Rajas、激質)、タマスtamas、翳質・闇質)という相互に関わるトリ・グナ(tri-guṇa、3つの構成要素, 三特性三徳)があり、最初の段階では平衡しており、平衡状態にあるときプラクリティは変化しない、とする。

 

しかしプルシャの観察(観照、関心)を契機に平衡が破れると、プラクリティから様々な原理が展開(流出)してゆくことになる。

プラクリティから知の働きの根源状態であるブッディ(Buddhi, 覚)またはマハット(mahat, 大)が展開され、さらに展開が進みアハンカーラ(Ahaṅkāra, 我慢または我執, 自我意識。アハンは「私」、カーラは「行為」を意味する)が生じる。

アハンカーラの中のトリ・グナの均衡がラジャスの活動によって崩れると、これからマナス(意, 心根、Manas、思考器官)、五感覚器官(Jñānendriya、五知根、目・耳・鼻・舌・皮膚)、五行動器官(Karmendriya、五作根、発声器官・把握器官(手)・歩行器官(足)・排泄器官・生殖器官)、パンチャ・タンマートラ(五唯または五唯量、Pañca Tanmātra、五微細要素, 五つの端的なるもの)が展開して生じる。

パンチャ・タンマートラは感覚器官によって捉えられる領域を指し、声唯(聴覚でとらえる音声)・触唯(皮膚でとらえる感覚)・色唯(視覚でとらえる色や形)・味唯(味覚でとらえる味)・香唯(嗅覚でとらえる香り匂いである

この五唯から五大(パンチャ・ブータまたはパンチャ・マハーブータ(Pañca Mahābhūta)、五粗大元素)が生じる。

五大は、土大(Pṛthivī, プリティヴィーもしくはBhūmi, ブーミ)・水大(Āpa, アーパもしくはJala, ジャラ)・火大(Agni, アグニもしくはTejas, テージャス)・風大(Vāyu, ヴァーユ)の4元素に、元素存在運動の場を与える空大(Ākāśa, アーカーシャ, 虚空)を加えた5つである

 

プルシャはこのような展開を観察するのみで、それ自体は変化することがない。

この記述体験を通じて観察しない限り、理論だけでは理解できない仕組みになっている。

自分意志で変化をコントロールできない人間は、不変の状態永久)を得ることはできない。

 

※せっかちな人もいるだろうから警告。単純に死ぬだけでは真我独存の状態に至れないか勘違いしないように。自殺では変化をコントロールできるようになりません。

2017-11-18

anond:20171117170426

ラディカル「フェミニスト」とか言ってる時点で性別二元論から離れられてないだろう

2017-11-08

anond:20171108014846

やめたほうがいいってのは普通感性人間ならわかってる

ただ、この二元論で飯食ってる連中がマスコミやらタレントやらの上層部に多いからやめるわけにはいかない

俺がキライなやつは敵ってフォーマットシンプルで考える必要が薄くストーリーを作るコストも安いか

一般人SNSを持つようになって総ツッコミ食らうようになっても無視してやり続ける経済的理由もある

できることは無視して関わらないようにするか、

思い切って飛び込んでうまい汁を吸うところまで登るかくらいじゃないか

2017-11-07

カプセルホテル初めて泊まったけど

(以下は、自分の泊まったホテルの話であって、全部に当てはまるわけではないので注意)

Q.カプセルの中ではずっと寝ていなきゃダメ

A.カプセルは成人男性が座れる程度の高さで、意外と動ける。ただし、残業出張就活遠征でお疲れの人もいるので、騒がないこと。

Q.カプセルの中でできることは?

A.(場所によるが)ラジオテレビがある。カプセル内での飲食はできないはず。通話もできない。

Q.清潔なのか?

A.カプセルの中には真っ白な布団とシーツが敷かれていた。通常のホテルほどではないが、清潔感がある。周りの客に清潔感があるかは別の話。

Q.男性しか使えないのでは?

A.女性用のカプセルホテルもある。ただし、その性別トイレしか用意されていないので、LGBTは注意。

男性用なら男性用、女性用なら女性用のトイレしかない。性別二元論空間。(補足)

Q.プライバシーは?

A.カプセルの中身はすだれやドアで隠せるが、防音性はない。ロッカールームや脱衣所で肌を晒すことになるので、性的プライバシーは皆無。

Q.お布団で眠れるのは魅力的。だけど、高そう

A.若者価格学生価格を設定しているホテルもある。大浴場に入れる場所もあり(追加料金なし)、実質的ネットカフェより安い。

Q.最後に注意点は?

A.頭をぶつけないように気をつけろ。

2段目の人は昇る際に足をつらないように注意。高所恐怖症の人は事前に言っておけば下にしてもらえると思う。

朝6時には誰かしらの目覚ましが鳴るから6時起きを前提にしろ

2017-11-05

anond:20171105205944

唯物論って科学的に証明されたわけじゃないよ?

ガチガチ唯物論絶対的に正しいなどと主張したいわけではない。

少なくとも、随伴現象説の類の主張を否定するつもりはないし焦点はそこじゃない。

俺が言っているのは、もっと素朴なレベル物心二元論だよ。

俺が曖昧な書き方をしたのも悪かったが、世間一般で言われるような「人間は肉体と魂からなる」みたいな素朴な観念と、デイヴィッド・チャーマーズあたりの文脈で出てくる二元論は、別物だろ。

(デイヴィット・チャーマーズの主張に詳しいわけではないので、誤っていたらすまない)

2017-10-05

anond:20171005153514

そうならいいけどさ。

やるのが「いい」か「悪い」かとかい二元論しか話をしないようなスタート地点のゼロゼロのとこから話してるからゲンナリするんだよ。

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170828161057

ということにしたいのですね。

オタク芸能人二元論かいまどき流行らんですわ。

もうちょい考えてから書き込みなされ。

2017-08-16

社会全体の正義と、個々の生存戦略は必ずしも相容れないよなあ

うつ病休職中なのに遊ぶのはズルい!同僚の密告で退職した女性 - きなこ猫のスッキリ生活

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.kinakoneko.com/entry/depression

バカvsバカの通りだと思うけど、意外と多くの人が「同僚が悪い」「鬱病してるほうが悪い」と二元論で語る人もいて驚く

会社や同僚の鬱病に対する理解の甘さ、鬱病側のわざわざ楽しげな写真を公開してしまう脇の甘さは同時に成立するような気がするのだが。

ダブルスタンダード申し訳ないけど、私が鬱病側だったら好きにリフレッシュさせてくれと思うし(SNSはやっぱりコントロールしたほうがいいと思うけど)

会社や同僚側だったら、ただでさえリソースの少ない中小企業なのだから、長引くようであればいったん辞めてもらって療養に専念してもらえばと思ってしまう。

社会全体の正義と、個々の生存戦略は必ずしも相容れないよなあと炎上するネタを見て常日頃思う。

2017-08-14

性差問題の根源にあるもの

差別問題でもそうだけど

グループAグループBの差を正しく判断できる人が少ない

 

例えば、ある地図を正しく読み取れるか、という実験があるとする

男性の40%が正しく読み取れて

女性20%が正しく読み取れたとした時、そこからわかるのは

 

男性の方が女性よりその地図を正しく読み取れる割合が高い

男性の半分以上はその地図を正しく読み取れなかった

もっと言えば、男女問わず地図を正しく読み取れる者、正しく読み取れない者がいる)

 

こんなところだろう

だが、頭の悪い人がこの実験から読み取るのは

 

女性地図を正しく読み取れない

男性は正しく地図を読み取れる

 

こんなだったりする

この結果は、地図を正しく読み取れなかった男性と、地図を正しく読み取れた女性無視している

そもそも5割以上の男性が読み取れなかったなら、男性も「読み取れない」はずなのだが、

こういう比較実験では意味不明結論を導き出しがちだ

 

これは量に対する事実を結果から読み取れなくて

結果的ステレオタイプみたいな結論に至っているわけだ

経験則だけど、こういう人はどの方面にも少なからず居ると思う

一定層居るから、量の話をしようとしても、そういう人には二元論的な話しか理解できないので

平行線になり「差別だ」と言われたり、逆に差別的結論に至ってしま

 

邪魔なのはこういった人たちなのだが、困ったことにそういった人は社会重要ポジションに居ることも多いし、

彼らは自分おかしいことを言ってると自覚していないので

どうしてもこじれる

なので多くの者は面倒くさくなって口を噤んでしまうんだと思う

 

大事なのは政治会社意思決定などの重要な画面でそう言った変な者を排除することだが

それが完全にできているとは言い難いだろう

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170810010142

痛快な作品って、漫画みたいに善悪分かれてて

悪を滅し、ハッピーエンドで終わる作品だろ?

 

そんな二元論コンテンツはわざわざ学校で学ばんでも

プライベートいくらでも見れるし

大人になってもそんな脳みそ

街宣車乗り回してるアホな方々沢山おるやん

 

多感な時期だからこそ 

多少苦痛でもグレーゾーン作品に触れて

色んな価値観を涵養すべきだろ?

抽象的な思考身に着けて、善悪分かれてるのが当たり前の世界

疑問呈せられるようトレーニングすべきじゃないの?

それが将来役立つかはまた別の話だ

2017-07-21

https://anond.hatelabo.jp/20170721131823

だーかーらー

性的マイノリティを「結果」と思ってるところがお前もバカなわけ。

マイノリティへの「理解」とかいうのが二元論からスタートしてて浅はかなんだよ。

理由なんてねーんだよ。ばーか

2017-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20170314020425

特撮アニメは、時代のずっと先をゆくものなんだよ。

20~30年前の特撮アニメは単純な勧善懲悪善悪二元論ばっかりだったろ?

ニュースを見て分かる現実は、ようやく、20~30年前の特撮アニメに追いついたばかりなんだ。

2017-03-04

リベラル=良い それ以外=悪い みたいなあほくさい二元論

そもそもリベラルというよりは自分ワガママ肯定する材料しかない身勝手思想リベラルという名前をつける連中

2017-02-12

http://anond.hatelabo.jp/20170212213102

何言ってんだ

上野千鶴子に散々誹謗中傷されたゲイオタクの怒りだけど

男女二元論信仰して同性愛者に対して男女二元論から開放されてそんなに偉いのかとか見当ハズレなホモフォビア炸裂して同性愛差別して

ゲイはこんなに差別的なんですよと自分の教え子に言い回るその教え子に同性愛を隠して生きている人がいる可能性を微塵も考えずに

それを指摘するとゲイミソジニーだの自分ホモフォビアスルーして他人の有りもしない差別性をでっち上げ

挙句の果てには同性愛は異性を排除するシステムなので女性差別だと喚き立てるババアフェミ仮面被った差別主義なのは明らかだろ

2017-02-10

100か0かしかないのか。

なんで世の中、100か0しかないと勝手にみなす人が多いのか。

自分が「この事柄は100ではない」と発言したら

「つまりお前は0というんだな。その言い方はヒドイ」

などと言われてしまった。

極端なことを言う人がいたから、それはヒドイと思って否定しただけなのに、なぜ逆方面で極端なことを言ったとみなされて叩かれないといけないんだ。

世の中、全部二元論で済むほど単純じゃないってのはそこまで受け入れられ難いことなのか?

男女二元論ネットよりもむしろリアルのほうが勢力ある気がするけどな

http://anond.hatelabo.jp/20170210182728

例外とか細かい差異とかがわからない、あるいは理解するやる気がない人が

二元論に走るのは男女論関係なくよくあることで、

大抵の場合真面目に説得しようとしても無駄だよ。

ムカつくのは解るけどスルーするのがなんだかんだ言って一番楽。

ネットの男女二元論ゴミ共がキュレーションサイト並にウザい

消え失せろ

目障りなんだよ

生命活動を停止しろ

男性だろうが女性だろうが優しい人間社会貢献してる人間も苦労してる人間他者を悲しませる人間迷惑かける人間攻撃的な人間も障碍や貧困で苦しんでいる人間など多様な人間が山ほどいるだろうが

実物の人間と合って会話しようとしないくせに全能感と承認欲求だけ肥大して

理論武装して勝ち負けに拘り「今日もこんな悪い奴がネットにいたぞ!」とネットで騒いでる男女二元論ゴミ共がキュレーションサイトアフィブログ並にウザいんだよ

今まで男性から女性からも助けられた経験して感謝しているか

ネット弁慶の男女二元論者がうっとおしく感じる

憎しみに対して憎しみで返すなって思います

もっと私のようには他者を“赦す”心を養って欲しい

2017-01-14

男女二元論百姓は男女二元論村で男女二元論畑でも耕してろ

から出てくるな田吾作

2017-01-13

量産型政治思想厨やジェンダー厨はここにこなくていい

日記って書いてある

日記って言ったら普通自分の日々の実生活出来事や心の移ろいを書きとめるくらいのイメージでしょ

量産型の話はつまらない

左翼 右翼」「男 女」

こういう言葉見ただけで脳内からドーパミンが分泌されるような人達なんだろうな

男女二元論単細胞馬鹿はろくに人生経験なくてネット受け売り承認欲求の塊のようなかわいそうな人にしか見られてないことに気づいてくれ

ツイッターとかもカルト化したクラスタは「私達は社会相手に戦ってるんだ!」くらいのレベル誇大妄想してるけど世間から何とも思われてないのが恥ずかしい

そのうち「私はツイッターカルト卒業しました」って経験でも日記に書いて欲しい

自分リバタリアン()卒業して良かった

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん