「二元論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 二元論とは

2018-06-24

anond:20180624214226

出た二元論バカ

ポリコレ叩く奴は強姦大好きで人種差別容認!みたいな極論あるけど

他の社会的価値観とある程度妥協するもので、その線引きをどこにするか?ってので話してる人が大半だと思うんだけど

(例えば能力より男女平等を優先して、優秀じゃなかろうが女性エンジニア採用すべきか?みたいな)

anond:20180624214226

出た二元論バカ

ポリコレ叩く奴は強姦大好きで人種差別容認!みたいな極論あるけど

他の社会的価値観とある程度妥協するもので、その線引きをどこにするか?ってので話してる人が大半だと思うんだけど

(例えば能力より男女平等を優先して、優秀じゃなかろうが女性エンジニア採用すべきか?みたいな)

2018-06-14

anond:20180614180242

別に帰属バカにされたらむっとするのと、個人を死守すんのは両立できるっしょ。

あの歌自体は良くも悪くも「自国大好き」として言ってないじゃない。

欧米から来た超リベラルな奴だってそいつの国がバカにされてたらさすがにイラッとしてたわ。

そこら辺で二元論にすぐ走るから何やってもダメなんじゃない?

2018-06-13

anond:20180613112708

俺もそのアラサー引きこもりと全く同じような状況にいるけど(別に弁護士は目指していないがせいぜい自立したいとは考えてた)

自分場合自殺しようと思ってて親に邪魔されるわけだがこの場合はじゃあどうすればいいんだ?

ぶん殴りたいくらいならそんな仕事辞めちまえよとしか思えない

そいつしろ俺にしろ新幹線殺人したやつにしろ、そんなのケースバイケースなんだからほっとけよ

どうせそいつの悩みなんて理解できないしお前はただお前の感情で両親に加担したいだけで

お前にはその仕事向いてないしどうせ何もできないよ

お前の中では善悪二元論しかない、何も考えてないんだよ

長い目で見て社会迷惑から辞めてくれ

殴って解決するなら引きこもりは一人もいないし新幹線殺人も起きなかったんだよ

2018-06-09

anond:20180609173659

5chはAPI廃止アフィブログキッズ流入で終わった、

虹裏ガバガバ利用規約恣意的運用する管理人住民流動性もなく統合失調症紛いの高齢住人が居座り続ける魔境、

ツイッター増田はアホで二元論的な極論が大人気の世紀末

Facebooktumblrmixiは論外、

onionの掲示板なんて雑談に使えるわけないし

今時ネットなんかやらないほうがかしこいのかもね

義憤が悪になる時代

某感じのいい喫茶店ヘイトツイートリツイートして(誤操作だったらしいが)炎上してた時に思った。喫茶店としての評価がその思想判断される社会って危うくね?と。

そしたら今度はなんかラノベで似たようなことが起きたらしい。今度は誤操作ではなくてガチヘイトだったらしいが。

まぁどちらも客商売なのだから客にそっぽ向かれるような振る舞いをしたらそりゃダメだよね、ってのは当たり前なのだけれど、ヘイトが悪の刻印のように一度つけられたら二度と剥がせない、そしてその刻印をつけられたものはどんな理不尽にあってもいい、みたいな空気は嫌だな。

ヘイトだけは別問題、って燃やしてる奴らは言うんだろう。

でもその燃えている感情、嫌いっていうヘイトじゃないのかね?

お上思想信条押し付けてた時代の方がまだマシだったね。お上が悪で、庶民は善。そんな二元論に落とし込めた。

でも今は隣人と意見が違うだけで焼き殺すか焼き殺されるかの時代になってしまった。

ネットは個対群のコミュニケーションを加速させているって昔増田に書いたけど、誰しもが個の側に立たされてしまうのに誰しもがそれを忘れて無責任な群のパーツになってしまう。個の側に立たされた人は焼き殺されてしまう。生き残ってるのはよっぽど特殊スキルがある人だけだ。

焼き殺されたヤツには落ち度があった。きっとそう言うのだろう。でもその落ち度、本当にそいつだけの落ち度だったのかね?

罪のないものけが石を投げよ。この警句2000年のものだけど、人間変わらんと言うかネット特性さらに加速させてると言うか。

自分が正しいと思ったら簡単暴走出来てしまう。あんただけの話じゃない。俺もそうだ。

義憤が悪になる時代が来たんだよ。

2018-05-08

anond:20180506134107

そもそも会社勤めとフリーランス対義語ではないのに、二元論で語られることが多すぎる。どちらも他の人に仕えるという意味では同じ側にいる働き方で、それに対するは起業であるべき。その友人が本当に優秀ならば、起業ベスト選択肢だったのでは。

2018-05-04

1+1+1は2だと思う

Vtuberの登場で、やっぱり顔はいいに越したことはない、って証明されたよね」

 わたしたちコメダ珈琲新宿御苑前店で一服していた。いとうは爪で髪を掻きつつ続けた。

ドゥルーズは『千のプラトー』で顔は記号だけど同時に身体でもあるから政治的ものだ、って言ったわけじゃない? で、顔の美醜を問うのはポリティカルインコレクトだってことになった。けどこれは、まさに悪しき民主主義だよね。アリストテレスは『二コマコス倫理学』で、少なくとも顔の醜くないことを幸福の条件に挙げてるけど、古代ギリシャから現代までに民主主義記号化してるんだよね」

 他人がきけば白眼視するようなことを言う。そうした話ができるだけの知性を見積もられていることは心地いいが、いつもわたしがきき役だ。

 いとうは神経質そうな険のある顔をしているが、ひとによっては美人とみるだろう。わたし彼女の顔をみるたび、坂口安吾の『白痴』に書かれている、狂人の「風采堂々たる好男子で……常に万巻の読書疲れたような憂わしげな顔をしている」という描写を思い出す。

「ひとの顔をじっとみないでよ。たいぼくちゃん、繊細そうにみえて、そういうところ図太いよね」

 いとうは愁眉を寄せた。

「――お待たせ」

 倫理わたしたちに声をかける。黒のカットソーで、シースルーレースが首周りから両腕を覆う洒落た服だ。それを着こなすだけの顔立ちをしていた。アップにした髪型が、服と調和している。彼女ほど顔立ちが整っていると、髪はまとめた方が素の魅力を出せていいのだろう。

 倫理をみると、ときどき冷たくて薄い靄のような感情かられる。

「遅い」

「ごめん。バルトで『ラブレス』みてた」

セックスするとネコミミのとれるマンガ? 女子ゼロいいよね」

 わたしがいうと、倫理は苦笑した。

アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の新作。失踪した息子を探す離婚協定中の両親のはなし。郊外舞台なんだけど、途中から延々と廃墟の場面になって、それがいいんだ」

証券って忙しい?」

 いとうが尋ねる。遅刻への当てこすりではなく、ただ気になっただけだろう。

営業そうかもしれないけど、ディーリングは定休が決まってるからそうでもないよ。うちは外資リテール部門がないしね」

 待っているあいだ、何をはなしていたか尋ねられる。いとうが説明すると、倫理は笑った。

「たしかにダナ・ハラウェイのサイボーグフェミニズムはそういう論旨だね。ただそこまでいくと、むしろチャンの『顔の美醜について』みたいに、みる側の感情操作する方が自然な気もするな。『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の〈情調オルガン〉みたいにね」

 倫理はいとうのはなしをすぐ理解して、気の利いた返しをした。そのことに体内が熱くなるような感覚をおぼえた。

 店を出て、新宿御苑沿いに新宿駅に向けて歩く。二人が話しているため、わたしはその後ろをついていく形になった。他意はないとわかっていても疎外感をおぼえる。

「でも、Vtuberアンドロイドでもただのキャラクターでもないでしょ。だからナマモノと同じようにあつかわなきゃいけないわけだし」

 そう口を挟む。いとうは歩きつつふり向いた。

カントは『純粋理性批判』で対象物自体として存在していて、人間はそれを超越論的主観性において認識するのみだといった。で、ハイデガーは『存在と時間』で、そうした直観主観性にすぎないと批判して、現象学でもって実存存在者を存在させると定義しなおした。存在論的にいえば、ヴァーチャルYouTuberという架空人格存在する、あるいは存在しないというどちらの立場も幼稚すぎる。他人人格ですら、無条件に存在するとはいえないんだから。まあ、未成熟なひとは自分理想像を押しつけることで、他人人格所与のものとしてあつかうけどね。そういうひとが勝手に本人を代弁して、ナマモノダメだとか言いだすわけ」

常識範疇なら、そういう代弁もいいと思うけどね。二次エロとか。ただ本人がナマモノを解禁してるのに頑なにナマモノ禁止するひととかは、そういう主観論に陥ってるんだろうね」

「だからVtuberについていえば、Vtuberとしてした百合営業に〈中の人〉が触発されて、それがまたVtuberとしての百合営業につながるというような、循環的な重層性があるわけじゃない。実在非実在二元論じゃないでしょ。ウンベルト・エーコの『ヌメロ・ゼロ』もそういうことを主題にしてるわけでしょ? 『存在と時間』では記号をただ指示するものでなく、それ自体がもろもろの記号構造を暗示するものとしているけどね。でも、常識範疇ってなに?」

 いとうは苛立たしげに髪を掻いた。

Vtuber自然人としてあつかうとして、どうして身体属人性を与える方向にいくかなぁ……、それなら自然人の身体人格とは別個のものとする方向にいくべきでしょ。天与のものである身体人格と同一視して自然権を認めるのは、明らかに不合理じゃん。だからグレゴリーマンキューも皮肉で〈身長税〉を提唱したりするわけでしょ。……、え? マンキューくらい専門外でも知っておきなよ」

 議論めいてきて、倫理の口調も熱をおびてきた。自然わたしは無言になる。

そもそもVtuber著作物と見なした方が簡単じゃない? 〈中の人〉はVtuber演者としての著作隣接権もつわけ。二次エロには著作隣接権著作人格権に準用して対応すればいい」

「ちがうね。マッピングで体をリアルタイムに同期させてるVtuberはVRよりARの方が近い。もちろんARみたいに空間認知人格投射するわけじゃないけど、運動感覚でも同じことがいえるでしょ」

身体人格から分離するのが進歩的なのはわかったけど、テクノオプティミズムすぎるよ。こんなことをいうと、イーガンSFに出てくる保守主義者みたいかな。けど一般論として、エロが一部のひとに不快感を与えるのは事実でしょ? 前から思ってたけど、自分に関わることだとすぐ感情的になるくせに、他人には正論を押しつけるよね」

自分に関わることな感情的になるのは当りまえじゃない? 正論を曲げる理由はないよ。倫理こそ、他人配慮してるようだけど、等しく他人を見下してるだけでしょ? あと、テクノオプティミストでけっこう。わたし原発推進派だし」

 感情露出して落ちついたのか、いとうは息を吐いた。

倫理のいうこともわかるよ。でも、制作者の意見もないのに他人規制しようとするのはただの自治厨だと思うな。そういうファンは決まって創作をしない側だよね。創作ができないから、その代わりに自分ルールを考えて、それをコミュニティ強制しようとすることで存在を主張しようとするんだ。まあ、そういうファンはどこのコミュニティにもいるから、無視する以上のことはできないんだけどね」

 いいながら、いとうは自分言葉でふたたびイライラしてきたようだった。いとうは神経過敏だ。紙やすりのようだと思う。

 いとうが自家中毒めいて、自分言葉で気分を荒立てているのを察したらしく、倫理は優しくいった。

自分他人のあつかいに差があるのは当然だけど、いとうの場合、それが甚だしいってことをいったつもりだったんだけどな。あんたみたいなディスコミュニケーション女にもわかるようにいってあげると、誰もがあんたみたいにコテハン擬人化されて喜ぶ人間ばかりじゃないってことだよ」

「なるほど…」

「あ。いまのでわかるんだ」

「いとうの見方個人主義的すぎるよ。後期ヴィトゲンシュタイン言語ゲームも、そういう分析哲学に対する批判としてあるわけでしょ?」

 それから、しばらく誰も話さなかった。黙々と歩く。倫理雰囲気を変えるようにいった。

「そういえば、たいぼくってウケるんだよ。前に泊まりにいったとき料理をつくったんだけどね。カレーにするつもりで牛筋を煮込んでおいておいたら、朝にたいぼくがコンソメスープだと思って飲んでたんだよ」

 いとうは爆笑した。

「たいぼくって本当に生活力ないよねー」

 倫理に囃す。「それにしても、あんマメだよね。よっ、家父長制」

 倫理は本気で不快そうな顔をしたが、いとうは気づかなかった。

都庁って変なデザインだよね。すくなくとも都の庁舎じゃないでしょ」

 遠景に都庁みえて、なんとなくいう。

「いや、あれは自生する秩序の象徴から都市役所としてふさわしい建築だよ。エッフェル塔と同じ」

 わたしが疑問に思っていると、倫理解説した。

ロラン・バルトの『エッフェル塔』だよ。『あらゆる時代、あらゆる映像、あらゆる意味に通じる純粋表徴であり、拘束のない隠喩』ってね。具体的にどういうことかは、ルイ・マルの『地下鉄のザジ』をみればいいよ。『地下鉄のザジ』ではエッフェル塔の内外から鉄塔の無機質な幾何学模様が無限に顔をもつところが撮影されているから。『地下鉄のザジ』の原作者が『文体練習』のレーモン・クノーっていえば、わかりやすいかな」

 なんとなくおもしろくなく黙っていると、いとうがいった。

「でも、そういう意味をもたないことを意図した無機質なデザインなのに、結果として都市ランドマークになってるのは皮肉だよね。そうそう、ケヴィン・リンチは『都市イメージ』で都市認知地図における主体を〈パス〉、〈エッジ〉、〈ディストリクト〉、〈ノード〉、〈ランドマーク〉の五つに分類したけど、これはプロファイリングのGCT犯罪地理探索モデル)に利用されているんだよ。〈犯人の標的捜索行動は居住地から離れるにつれて犯行に及ぶ確率が単調減少する〉、〈居住地の近隣に犯行の行われない地域存在する〉、という二つの仮説のもとで距離独立変数とする距離減衰関数を導出するんだ。もちろん、それだとただ犯行地点の二次元的な分布の平均を求めるだけだから、ここに認知地図を当てはめるわけ。たとえばエッジに近づくと距離が縮小するとかね。平山夢明の『独白するユニバーサル横メルカトル』は、これを種本にしているんだよ」

 往来でプロファイリング平山夢明について語るいとうは完全に異常者だった。

「そういう自生する秩序の象徴をもそのうちに組みこむのが、自生する秩序なんじゃないの?」

 倫理皮肉げにいった。

そもそも新宿のもの意味をもたない記号都市なんだよ。大政奉還前は飯盛女のいる宿場戦前遊郭戦後闇市復興期は赤線地帯。七一年京王プラザ建設を皮切りに七〇年代高層ビル建設されて、九一年都庁移転するまで、ここは周縁だったんだよ。都庁にふさわしい場所でしょ? ちなみに、いわゆる〈新宿二丁目〉は二丁目の北側だけで、二丁目と三丁目は御苑大通りで隔てられてて、歩行者天国地下道もそこで途切れている。で、ご存じのとおり二丁目は都市から外れて住宅街モザイクになってる。つまり、二丁目は周縁の周縁ってわけ」

 そこまでいって、倫理は表情に翳を落とした。

「まあ、これは殊能将之が『キマイラの新しい城』で六本木についていったことを、新宿転用しただけなんだけどね。〈キマイラの新しい城〉っていうのは復元された古城と同時に、六本木ヒルズのことも指してるんだ」

「いいじゃん。ロラン・バルトによれば日本のものが『記号帝国』らしいし」

殊能将之って『波よ聞いてくれ』に引用されてたよね」

 倫理は頷いた。

「『黒い仏』だね。柔むげさんがさ、いつか『殊能将之読書日記』に感動してたじゃん。わたしはそれがわかるんだよね」

 歩きながら、倫理Kindleの端末を開いた。

「『殊能将之読書日記』ではフリッツ・ライバー長編への見方が顕著かな。殊能将之は〈ほとんどエロゲーの世界〉とか腐しながら読んでいるんだけどね……。その皮肉さがわかりやすいのが『A Spectre Is Haunting Texas』だよ。殊能将之は『幽霊テキサスに取り憑く』と訳しているけどね。月周回軌道ステーションまれ主人公が、第三次世界大戦後のアメリカにきたら〈テキサス国〉になってたってはなし。日本でいうと〈「第3次世界戦後大阪日本支配するようになった時代大阪人は全員きんきらきんの漫才師ルックで、『なんでやねん』『そんなアホな』などとしゃべっている」みたいな設定〉ってこと。テキサス国の首都テキサステキサスダラスで、街にはケネディ暗殺を記念した黄金モニュメントが建ってるの。教科書倉庫の窓から突きだす銃身とオープンカーのシャーシのやつ。で、テキサス国の政権交代大統領暗殺でおこなうのが慣例なの。爆笑じゃない? で、まあギャグ小説なんだけど〈A nation nurtured on cowboy tales and the illusion of eternal righteousness perpetual victory. カウボーイ神話永遠に正しくつねに勝利しつづけるという幻想に養われた国。〉とか書いてあって、痛烈にアメリカ批判しているわけ。だからアメリカでは出版できなくて、タイトルだけイギリス英語の〈spectre〉の綴りになってるんだけどね。ちなみに日記には追記があって、このタイトルは『共産党宣言』の〈ヨーロッパ共産主義という亡霊が徘徊している〉のパロディだと教えられたからってタイトルの仮訳を訂正してるんだけどね。教えたのは中村融なんだけど」

 倫理はひと息ついた。

世界にこういう視座をもっているひとは生きるのが辛いよね。そういうひとを理解してしまうひともね。ナボコフの『ロリータ』もそういうはなしだよね。嫌味で文学趣味スイス人が、延々とアメリカ呪いながら一人の少女を愛するはなし。柔むげさんは、そういうところに感じたんじゃないかな。で、わたしもそういうひとたちに片足を踏みこんでいるからそれがわかるんだよね。だからわたしは『程』では灯が好き」

「あ。そこにつながるんだ」

 まったく予期しない展開だったためにおどろいた。が、いとうは思うところがあったらしく、無言で前を見つめていた。

 新宿駅みえてくる。

「そういえばたいぼくちゃんお酒買った?」

キリンをまとめ買いしておいたけど。あ、あとポテチカップラーメンも買っておいた」

 そういうと、いとうは爆笑した。

大学生じゃん」

 倫理も苦笑しながら言う。

「ここの成城石井ワインチーズを買っていこう。あ、でも、それならクラッカースモークサーモンハムを買っていって、ムースをつくった方がいいな。素材の味が出るから、いいものじゃないとおいしくないんだよね」

 買物をしてからJRのコンコース階に移動する。倫理カードで決済して、わたしお金を使うことはなかった。

「ごめんね。一応、ホストなのに」

 いとうは笑って「出世払いにしなよ」といった。

 倫理は微笑していった。

「それにたいぼくちゃんからモラトリアムの気配をもらってるところがあるからね。わたしも……、わたしたちもこうして社会人鋳型にはまってるけど、それが仮初めのものだってことを思い出させてくれる」

 コンコースでは大勢のひとが行き来していた。天井からは各路線を案内する表示板が大量に下がっている。これらの記号が指示するものなかにわたしたちのいく先もあるのだな、と思った。

2018-04-28

anond:20180428211840

いや、本心から言ってるよ。

まずはその日本人が全員極右極左に属しているという二元論

自分批判されたら相手は必ず安倍晋三の手下のネット右翼と決めつける考え方を止めなさい。

2018-04-20

性犯罪」というくくり

二元論的な思想の人が怖い

最たる例が「性犯罪」という言葉に現れてると思う

この言葉を多用する人にとっては、セクハラ痴漢強姦も同列なのだと思う

性犯罪者 or そうじゃない人 という分け方なんだ

 

二元論的な人が怖い

性以外もあると思う

乱暴な人に対して「あいはいつか殺人を犯す」と言ってる人

オタクに対して「犯罪者予備軍」と言ってる人

与党支持か不支持かで分けたがる人

ロリコンか、ロリコンじゃないか

ホモか、ホモじゃないか

血縁か、血縁じゃないか

社員か、社員じゃないか

日本人か、日本人じゃないか

右か、左か

善か、悪か

白人か、黒人

信者か、アンチ

好きか、好きじゃないか

違法か、合法

国内か、外国

ブラック企業か、ホワイト企業

 

二元論者の存在は、しょうがない面もある

そのグレードに対して疎いとか、危機回避とか、そもそも「◯◯か、そうじゃないか」に意義があると思っているとか

グレードで考えられるほど頭が良くないというケースも有る

しかメディアはこぞって二元論を煽る傾向にあるから

ますます二元論者の考え方を変えるのは難しい

 

しかし同時に二元論者が怖い

特に「100点以外は0点と同じ」というような、ボーダーラインが極端な位置にある二元論者だ

 

話が通じないし、常に彼らは疑心暗鬼

認定されたら唐突対応が変わる

徐々に変わるなら分かるが、唐突烈火の如く怒ったりするので本当に怖い

かにふと「あいつは白ではなく黒だ」と囁かれたら、その日から世界は変わってしまうのかもしれない

オセロの色が一気に変わるように、皆の視線が変わるのかもしれない

私はグレーが好きだ

2018-04-01

陽キャ=善、陰キャ=悪ではない

重要な事は陰陽二元論が、この世のものを、善一元化のために善と悪に分ける善悪二元論とは異なると言う事である。陽キャは善ではなく、陰キャは悪ではない。陽キャは陰キャが、陰キャは陽キャがあってはじめて一つの要素となりえる。あくま森羅万象構成する要素に過ぎない。

wikipedia より

2018-03-11

anond:20180311154333

バカみたいな二元論に染まるなよ

そうやって共産圏は一旦盛り上がったあとあの状態やぞ

2018-03-10

ふとTwitterで「労働者人材として有用に使えない雇用者バカ」みたいなツイートを見かけて、まあバズっていたのでそういう考え方もあるのかなくらいに見ていた。

けど前々からあったよねこういうの、労働者vs雇用者みたいなの。

なんつうかさ、俺らは被雇用者でたしかにめったに雇用者になるわけではないし、なにより長時間労働だとか過労死するほどの酷使被雇用者として認めるわけにはいかないし、批判はすべきでもあるのだろうと思う。

でもさ、やっぱそういう乖離って見てても、なんか違う気がすんだよね。

勉強ぜんぜんでけんかったもんで経済学とか思想とかわからんのだが、マルクス主義流行った時期もこんな感じだったんじゃないの、経営者搾取する側で悪だ、みたいな。

さすがにある程度ネットやってれば二元論ってのが頭いい物事の捉え方ではないのは誰だってわかるだろうし、経営者即悪断罪みたいな価値観は、幼稚とはいかないまでも、うおおお正論つえええ、みたいな、下剋上する気もないのに徒党の中で威張ってるような、さ。

はいえ、俺もデモ起こしたり実際に現実を変えようとする気概もないので、人のことはいえんのかな。

2018-03-03

格差がない社会評価しない社会である

社会においてある程度の格差必要だと思うのだが、どうも「格差差別=悪」という理論格差無し原理主義を語る増田が多いね

何か評価する以上は優劣の差が生まれるし、優れたものを称賛するのは社会にとって適切な行為だと思う。

問題は、妥当ではない評価による格差や行き過ぎて流動性のない格差であって、格差自体ダメなのではない。

何事もバランス大事で、世の中の大半は白黒の二元論では語れない事が多いが、拗らせた人はどうにも汎用性の良い究極理論を求めたがる印象があるよね。

かに「人を殺してはいけない」とか「金さえあれば何でも出来る」みたいな、世の中の99%ぐらいに適用できるルールもあるけど、100%にはならないからね。


何が言いたかったというと、受かるか落ちるかを誰かのせいにしても、世の中は何も変わらないってことだ。

2018-02-28

生きる意味とか言っちゃダメ

https://medium.com/@takaha.shoko/生命を燃やすことと失うことの違いと思考関係と-二元論への終止符-f21fec97a0e1

正確には「生存意味」と書いてるけど、

ほぼ「生きる意味」と一緒だね。

生きる意味なんて、他人が軽々に定義して良いものじゃないよね。

自分自身のことにしたって、生きる意味なんて考えない方が良い。

健康から

だって私とか派遣毎日どーでもいい仕事して飯食って動画みて寝るだけのクソみたいな生活送ってるんだから

生きてることに意味があるか考え出したら病んで死ぬしかなくなるでしょ。

生きる意味とか考えていいのは健康で若くて恵まれ環境と才能を持ってる子供だけだよ。あと哲学者ね。

2018-02-07

小倉秀夫

@Hideo_Ogura

名護市として米軍基地移転を歓迎することにした以上、米兵地元少女レイプした後基地経由で本国に逃げ帰ったからと言って、米軍出て行けとか言えなくなるんじゃないんですか?

https://mobile.twitter.com/Hideo_Ogura/status/960394829208330241

小倉秀夫って変なこと言う気持ち悪いアイコンの人と思ってたら、本格的にアホなこと言い出してるな…。

こんなガバガバで間違った二元論使っちゃって、本当に弁護士できるんですかね…。

2018-01-08

ウェイとオタク

っていう分類は好きなんだけど近頃良くみる陽キャ陰キャっていうの気持ち悪い

なんで優劣じみた二元論になるんだ ウェイとオタクで互いにマウント取り合ってるほうがおもしろいだろ

「東京」と「地方」の二元論からの疎外感について

私は神奈川県出身だ。横浜ではない。県西部の山がちな地域

横浜出身者は「神奈川出身」を自称しない。「何"県"出身?」と聞かれて「横浜出身」と答えるのが横浜市民だと思っている。)


実家の周辺には、のどか里山風景が広がっている。

実家から中学校へ向かう道のりには、コンビニ信号機もなく、

隣家は畑や田んぼを挟んで数百メートル先に建っている。

その畑を鹿や猪が荒らして困ると農家のおじさんがよく言っていた。

地域には乳牛を飼って生計を立てている家が何軒かあり、

庭先にヤギやニワトリを飼っている家もいくつかあった。


高校まではそんな地元で過ごし、東京23区外)の大学へ進学した。

同じ地域から同じ大学へ通学している知人もいたから、通うこともできたのだろうけど、

通学に時間をかけるのが嫌で、実家を出て一人暮らしを始めた。

はい実家へ帰ろうと思えば、在来線で2時間弱、片道1000円もかからない。

近すぎて帰省という言葉を使う気にもならない。


生活をする上での体感としては限りなく「田舎」でありながら、

時間的・体力的に多少無理をすれば「都心」へ通勤・通学も可能

それが私の出身地である


最近「東京」と「地方」の二元論的な論調書籍ブログをいくつか読んだ。

地方から東京へ出て来た若者」対「地方に残ったマイルドヤンキー」であったり、

地方既存コミュニティで暮らす人」対「その地方へI・Jターンをする若者」であったり、

そういった話を見聞きするたびに、我が出身地中途半端な近さ、あるいは遠さを思う。


そもそも大学入学した当初、九州出身同級生帰省に数万円かかると話すのを聞いて

私の出身地はなんて近くにあるのだろうと感じたのが始まりだった。

大学卒業後、都心企業就職したら同期はみんな都内実家から通っていて、

私の出身地はなんて遠くにあるのだろう、実家が近ければもっと楽に生活できるのにと感じた。

それから十年近くのうちに、地方へ転勤になりまた出身地へと戻って来た。

その度出身地に対して「近い」と思ったり「遠い」と思ったり、ころころと印象が変わる。


「東京」対「地方」の二元論文章を読むたびに、その狭間で近かったり遠かったりする出身地を思う。

「東京」でもなく「地方」でもない、それでいて「東京的」であり「地方的」でもある、この町。

郊外」でも「ニュータウン」でもなく、ここは一体なんなんだろうか。


千葉埼玉にも、きっと似たようなことを思っている人がいるに違いないと思う。

私の交友関係には千葉埼玉出身の人がいなくて、話をしたことはないのだが。

2017-12-31

anond:20171231162731

論理が通っていない思想を抱えて生きていくことはできない

え?なぜ。

そもそも思想なんか抱えなくても生きていけるし、

論理的矛盾してても生きていける。

二元論脳だと生きていけないかも。でも今どきそんな2値的に物事見る人おるの~?

2017-12-14

anond:20171214193928

面白い言い回しだ、気に入った。「無」は滅多に存在しないからこそ悲しい。確かに物事二元論で語れればどれだけ楽になるか。

永遠が成立する仕組み

永久に変化がない状態ってのは、変化が止滅した場合にの可能

アートマンプラクリティ干渉から離れて、独存に至った場合に変化をコントロールできる。時間は変化から生じている。変化が一切ない状態では時間の経過が発生しない。

日本人が真我独存を体得できないのは、その前にヴェーダ世界観を知らないから。とりあえずWikipedia勉強してみては?

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A4%E5%AD%A6%E6%B4%BE

サーンキヤ学派は厳密な二元論を特徴とし、その徹底性は世界思想史上でも稀有のものである

 

世界はある一つのものから展開し、あるいはこれが変化して形成されるという考え方をパリナーマ・ヴェーダ(転変・開展説)といい、原因の中に結果が内在するという因中有果論であるが、ヴェーダウパニシャッド一元論や、プラクリティ根本原質)から世界展開を主張するサーンキヤ学派はこれにあたる。

精神原理であるプルシャは永遠に変化することのない実体である、とし、それに対し物質原理であるプラクリティ第一原因とも呼ぶ。

プラクリティには、サットヴァ(sattva、純質)、ラジャス(Rajas、激質)、タマスtamas、翳質・闇質)という相互に関わるトリ・グナ(tri-guṇa、3つの構成要素, 三特性三徳)があり、最初の段階では平衡しており、平衡状態にあるときプラクリティは変化しない、とする。

 

しかしプルシャの観察(観照、関心)を契機に平衡が破れると、プラクリティから様々な原理が展開(流出)してゆくことになる。

プラクリティから知の働きの根源状態であるブッディ(Buddhi, 覚)またはマハット(mahat, 大)が展開され、さらに展開が進みアハンカーラ(Ahaṅkāra, 我慢または我執, 自我意識。アハンは「私」、カーラは「行為」を意味する)が生じる。

アハンカーラの中のトリ・グナの均衡がラジャスの活動によって崩れると、これからマナス(意, 心根、Manas、思考器官)、五感覚器官(Jñānendriya、五知根、目・耳・鼻・舌・皮膚)、五行動器官(Karmendriya、五作根、発声器官・把握器官(手)・歩行器官(足)・排泄器官・生殖器官)、パンチャ・タンマートラ(五唯または五唯量、Pañca Tanmātra、五微細要素, 五つの端的なるもの)が展開して生じる。

パンチャ・タンマートラは感覚器官によって捉えられる領域を指し、声唯(聴覚でとらえる音声)・触唯(皮膚でとらえる感覚)・色唯(視覚でとらえる色や形)・味唯(味覚でとらえる味)・香唯(嗅覚でとらえる香り匂いである

この五唯から五大(パンチャ・ブータまたはパンチャ・マハーブータ(Pañca Mahābhūta)、五粗大元素)が生じる。

五大は、土大(Pṛthivī, プリティヴィーもしくはBhūmi, ブーミ)・水大(Āpa, アーパもしくはJala, ジャラ)・火大(Agni, アグニもしくはTejas, テージャス)・風大(Vāyu, ヴァーユ)の4元素に、元素存在運動の場を与える空大(Ākāśa, アーカーシャ, 虚空)を加えた5つである

 

プルシャはこのような展開を観察するのみで、それ自体は変化することがない。

この記述体験を通じて観察しない限り、理論だけでは理解できない仕組みになっている。

自分意志で変化をコントロールできない人間は、不変の状態永久)を得ることはできない。

 

※せっかちな人もいるだろうから警告。単純に死ぬだけでは真我独存の状態に至れないか勘違いしないように。自殺では変化をコントロールできるようになりません。

2017-11-18

anond:20171117170426

ラディカル「フェミニスト」とか言ってる時点で性別二元論から離れられてないだろう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん