「比較優位」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 比較優位とは

2018-10-15

anond:20181015202501

比較優位という言葉を調べれば、それが強迫観念じみた妄想であることがわかるだろ

日本場合経済が縮小してるから誰かの利益は誰かの不利益というマイナスサム状態になっているが、

経済成長状態では誰かの富を奪わなくても誰が豊かになることは可能

平成以降の日本人は、頭が悪くマクロ経済センスがないので、

このゼロサム、もしくはマイナスサム状態所与として思考してる人間があまりにも多い

2018-10-13

anond:20181013125559

男性理系に進み女性理系に進む理由は、女性理系が苦手だからではなく、男女とも得意なほうを選んだ結果である、ということらしい。

まず,いわゆる男女平等パラドックスを考えてみよう.男女平等パラドックスとは,男女平等の水準がもっとも高い国が STEM 教育の男女比で女性が少なくなるパラドックスのことだ.

 

(略)

 

調査対象になったどの国でも,読解は男子より女子の方が上回っている.また,一部の国では,科学数学でも女子の方がスコアが高くなっている.

次に,右側のデータを考えよう.こちらについては,Stoet & Geary は,相対的に見てどの科目がいちばん得意かを生徒ひとりひとりに訊ねて,回答を国別に平均している.男女のちがいは,今度はさらに顕著になっている.たんに女子の方が読解に秀でているだけでなく,平均で見て数学科学でも女子の方がすぐれている国ですら,女子は読解の方に長けているのだ.

 

(略)

 

さて,これで生徒たちにこう告げたらどうなるだろう――「得意なことをやってごらん!」 大雑把に言えば,状況はこんな具合になるだろう:女子はこう言う――「歴史国語は A で科学数学は B だから長所もっと伸ばして歴史国語と同じ技能を活かすことにしよっと!」 一方,男子はこう言う――「科学数学は B で歴史国語は C だから長所もっと伸ばして科学数学からんでることをやろっと!」

アレックス・タバロック「男子の方が数学・科学に比較優位がある?」 — 経済学101

2018-08-06

anond:20180806180129

男性育児休暇を取る文化制度が整ってない

これは男性医師が育休を取る必要がないということでもある。男性医師は下方婚して育児その他は専業主婦やらせればいいだけだから

産休も育休も取らない男性医師比較優位なのはどうやっても動かない。

2018-07-16

anond:20180716115137

経済学教科書通りに解釈すると

ABの作業に関してはその劣後の労働者比較優位になるはず

CDその他の作業がどんなものか設定してないか微妙だが

だが日本じゃ結局優秀な方を長く働かせてどっちの作業やらせるのが最適解だよな

2018-06-21

anond:20180621091917

学んだことを活かすだの比較優位だのは、職業差別正当化するためのものだと思いますけどね。

2018-06-13

比較優位かい職業差別言い訳

ケーザイガク用語で、自分職業差別心をごまかして、他人職業をおとしめることを正当化する。

そんな人間しかいないのだなあ。

2018-03-26

端金をケチってないで時間を金で買えばみんな幸せなのにな

どうして皆して「1時間かけて100円ケチった!」「3時間かけて400円ケチった!」「300時間かけて5千円ケチった!」みたいな話を嬉々として話すのかねえ。

何一つ美談じゃねえよ。

お前が専門としてる分野で1時間おきに1000円駄賃が貰える程度のなにかを生み出して、それでその金使って普通に他の人からその人が専門にしてる分野で時間効率よく買えばいいだろ。

比較優位ぐらいは流石に小学校で習ってるよな?

なんでこんな事も分からねえ奴しか日本はいねえんだよ

2018-03-06

anond:20180306173555

横ですが。

そういえば平等にすると生産性は下がる、という見方もありますね。

経済学比較優位の考え方です。

http://www.asyura2.com/12/hasan75/msg/663.html

あとお互いに尊重もされないでしょう。

たとえば男性比較すると女性低賃金ですが(仮に、ですが)「女性男性と同じ年収、働くべき、そうでなれば能力が足りない」って事になると、尊敬を失う女性もでるでしょう。

専業主婦幸福度は意外と高いんですよね。働きたい女性はもちもん働けるようにした方がよいですが、女性、みたいな切り口で見ると費用対効果がどの程度でるのか、みたいな話もある。

2018-02-26

主な消費財女性ウケを意識しているしテレビをつければイケメンばかり 女性は性欲に悩まされることも少ないだろう 更には女性活躍社会は必達目標 出産後は家庭の全てを掌握 男の得意な肉体労働は買い叩かれやすく女の得意なコミュニケーションには高値がつく

比較優位性を追求したらこうなるのは分からないでもないけど一部の男性にとっては非常に立場がない世の中だよ

2018-02-18

ai vs読んだ

高学歴女性向け男性紹介業社の宣伝文そのまま載せててなんだかなと。

比較優位を家庭に当てはめて考えれば、高学歴男性の考えが理解できると思うんだがな。

2017-11-28

anond:20171128154712

お返事どうもです。

癒しであり、ゆるく生活してくれる相棒であり、それを満たすのは男性より女性が圧倒的に多いという話

そうなんですよね。私もゆるい女性いいなー、って思います。ギスギスしたライバルみたいな関係性では無くて、お互いが補い合って、尊重しあえる関係比較優位http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20120409/230749/?ST=smart )の関係ですね。

で、あなたの言うように、ゆるい人は女性に多い、という点も同感です。

女性と共同生活面白いかもしれませんね。

私がここで何を言っても別にあなた生き方を変えることはないでしょう。

ただ『高収入女性が生まれても、弱者男性に向かわない』というのは興味深い話です。

結局フェミが言ってた「女性経済的に安定すれば男性も楽になるのです」みたい言説は嘘っぱちの酷い詐欺って事だし、女性賃金が上がると少子化は進むよな、と思いましたw

フェミ流行ってもパートナー形成できない男性が増えるだけなんですよね。

(もちろん弱者男性も「結婚によらない幸福度の上げ方」で幸せになった方がいいわけですが)

いやー、あなたが悪い訳じゃないですよ?それは全くない。だってあなたはただ毎日頑張ってるだけでしょう。

ただ先進国に見られるこの傾向は、やっぱりどうしようもないよな、と再確認しました。

持続可能な、サステナブル社会っていうんですかね。そういう観点に立つと、我々の社会はどこかで確実に間違っちゃたんですよね。凄い勢いで少子化してます(ゆるい少子化なら問題ではない)

いやぁ『誰のどんな主張で、こんな社会に変わったのか?』私、気になります社会デザインを間違ってしまった。みんなでズルズルとまちがってしまった。

早いとこ政治的な正しさの内容が変わらないものかね。

2017-11-18

anond:20171118115051

過去から、といっても1970年代からじゃないかな。それまでは合計特殊出生率もそれなりの数字だった。その辺から女性賃金が上がり始めた。

フェミニズムの隆盛には波があるね。第2波の辺り https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フェミニズム#.E7.AC.AC.E4.BA.8C.E6.B3.A2 それは成果は悪いとは思っていない。ただ副作用、悪影響としての少子化責任は取れずに熱量が下がり変なフェミが目立つようになった。

別の観点でみると『人口が増えているところ』はどこだろか? 

イスラム教圏?あと面白いのがアメリカアーミッシュというキリスト教の一派も増えてる。男女の性役割分業は明確に開拓時代をなぞってる。意外と寿命も長い、女性は早く結婚し子沢山。コミュニティーを出る選択もある。が、人口は増えてる。フロンティアを探して分布図が広がってる。

彼らの教義共感するわけでは全くないが「人口規模が継続しうる社会」ってどんな感じかな、と日本とかヨーロッパニュースを見てると思う。持続可能社会ってどんなだろうな。日本少子化団塊Jrが出産適齢期を逃した段階で確定した。

目を反らしているのは。どっちなんだろうな。事実としてアーミッシュみたいなケースを認めることは出来るか? 

ゲーリー・ベッカーの比較優位性の話にフェミニズムが反対したって話を知ったときにはバカかよ、と。

いまは男女が等しい能力を求められている。

それは関係性の維持に役立ってるんだろうか、能力が異なる国が連携することがあるように、異なる能力を持った人間同士が尊敬しあう事もあり得る、つまり旦那からリスペクトされる愛される専業主婦がいてもいいはずなのになー、ほんとクソだなぁ、と。

追記

女性の平均年収350万なのに年収300万円台の男性を養う気概を問われるのはやはり目を反らしているんじゃないかなあと思うのだ

目を反らしているという言い方が悪かったのなら、見誤っているだ

平均に意味あるかな。稼いでいる女性と稼いでいない女性がいる。

女性上方婚傾向を残したままで、女性賃金があがると(稼いでいる女性が増えると)、結婚が成立しにくくなり、少子化が進む。

から、君に覚悟があるのか? というのはそういう事。 女性がどういった年収であれ「自分より下の男性結婚できるか?」という点がポイントがある。

今でこそ「年収350万の女性年収300万男性」ってカップリングがありえるが、

バブルの時ですが、女性は「シンデレラコンプレックス」なんていって、自分より上の男性を求めていた。

必要年収ではなく「自分より上か下か」という基準なんだよね。

先進国女性は軒並み出生率は低い。 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9020.htmlまり皆さんご存知ないんですね。

2017-11-02

anond:20171102224756

鼻毛をいちいち気にするのがいかにも女によくある価値観だね。無頓着な人は自分鼻毛他人鼻毛も気にしないし、そういうタイプ男性に多い。

鼻毛とはなんの関連も無いが、一般論で言うなら女性としての価値が(頭脳など)それ以外の価値比較優位を持つ女性女性としての特別扱いを求めることに肯定的で、比較優位を持たない女性否定的になりがち。

高学歴や不美人女性性に比較優位を持たないのでフェミかぶやすいよ。

2017-05-14

http://anond.hatelabo.jp/20170514200236

比較優位原理」の典型例だね。

今後は機械の方がもっと人間に合わせてくれるようになるよう期待したいところ。

例えば音声入力とかね。

今でもタイピングが下手な人には手書き入力オプションが有ってもいいとも思うけど、現実には今の現役世代殆どキーボードくらい使えるからなぁ...

その医者若い頃に既そこらじゅうにパソコン有ったろうにね。

2017-05-05

頭のいい人間搾取から逃れるたった1つの方法

頭のいい人間搾取される構造

頭の悪い人間が何をどう努力しようとしても、頭のいい人間搾取される構造からは抜け出せない。

頭の悪い人間でも社会に貢献できますよ、という理由付けに使われる「比較優位」とかいうアホな概念も、結局、比較優位という概念を考えついた頭のいい人間が、頭の悪い人間自尊心を傷つけないよう納得させて仕事させるために作り出したマヤカシだ。

比較優位だろうがなんだろうが、結局、頭が悪い人間生産性の低い仕事を一手に引き受けて仕事しないといけないことには変わりはないじゃないか!それに、最初から国民皆が頭のいい人間として生まれてくれば、生産性の低い仕事は全部国外にさせられる。

頭が悪い人間は、生まれてきた瞬間その瞬間から、頭のいい人間搾取されているのだ。何をどう頑張ろうと搾取されているのだ。

やりがいとか恋愛とかワークライフバランスとか、それ、全部、頭のいい人間が、頭の悪い我々をなだめすかして、生産性の低い仕事従事させて搾取するために生み出した産物なのだ

この世界は、生まれた瞬間の「頭の良さ」で全てが決まるんだ。その「頭の良さ」が知能指数でうまく測れているかどうかは知らないが、そんなものは測定のやり方が間違っているだけだ。

搾取されて悔しくないのか?

頭がいい人間に目にもの見せてやりたいと思わないか

頭の悪い人間が頭のいい人間搾取から逃れる最も有効方法は、生まれてこないことだ。我々、頭の悪い人間子供さえ作らなければ、人口が減って、頭の良い人間生産性の低い仕事従事せざるを得なくなる。

頭の良い人間も、我々と同じレベル仕事に就かせ、頭の良い人間搾取から解放される。

次の世代

もちろん、人には寿命があるから、頭の良い人間搾取から開放されるのは1代限りだ。次の世代はどうするかって?我々、頭が悪い人間の子供が、次の世代必要だろうか?

我々、頭悪い側の人間が子作りを避ければ、相対的に、頭の良い人間比率を高めるのだから、長期的には、国の知能を向上させ、国のためにもなる。知能の6割は遺伝だ。努力ではない。

まり、今の世代頭が悪い人間、つまり我々が子作りを避ければ、頭のいい人間搾取から我々は解放されるし、次のこの国の子供は知能も向上して、一石二鳥なのだ

結論

以上の理由により、頭が悪いという自覚がある人間が、結婚せずに子供を持たないのは、立派な社会貢献だし、この国の未来につながる賞賛されるべき善行なのだ

どうだ!何か間違っているか

2017-04-16

正直な話

ファン一支持者として金額比較だとタダでやいやい言ってるの以外にはほぼ負けるからカネベース比較優位であれば正義という価値観にはあんまり賛同したくない

でも実際のところカネベースでの諸問題解決したものこそが生き残ってるのも事実なんだよなぁ

2017-01-27

んなこたぁ、ない。

貿易メリットを教えるときには今だって比較優位説明が不可欠。

産業という大括りではなく産業内での企業異質性を取り入れる最近貿易理論だって特に比較優位を覆すわけでもなし。

http://anond.hatelabo.jp/20170126203417

わかってないようだから補足してあげます

http://anond.hatelabo.jp/20170126101104

クルーグマンピケティ比較優位経済学部入って3ヶ月くらいの子が使いそうなフレーズばっかり並べてカッコつけたいのはわかるけれどもどうして自動車製造が焦点になるのか説明してあげますねー

自動車産業ってのはリーディングインダスリーって言われてるのはご存知かと思うけど、日本のだいたい10人に1人くらいがなんらかの形で自動車を作って売ること過程に入ってるくらいたくさんの雇用を生む超特別産業なんです

から中間層がきっちり働いてたっぷり消費する、古き良きアメリカ、つまり大衆消費社会を夢見るトランプさんにとっては自動車産業ってのはとっても大事なわけなんですの

一時的雇用を生み出す財政政策と違って、自分自分の国の分の自動車作るの維持するだけで長い間多くの人を雇ってあげられるのよね

ついでに言うと、比較優位概念マクロ経済政策を一緒に議論するとお互いの悪い部分がぶつけ合っちゃって、非常に相性が悪いのだけれどもここらへんの理屈ってわかってますかー?

2017-01-26

anond:20170126165352

 元増田記事について、面白いブコメが二つあったので、引用する。

 

andalusia 教科書レベルでは正しいが現実を見よう。米国日本貿易の一位は食料品・農水産物 http://bit.ly/2jTyoMG 。そして米国第一次産業従事者はわずか1.6% http://bit.ly/2klImq1米国農業は極めて資本集約的で雇用は産んでない。

 

crcus id:andalusia 雇用を生んでいない、つまり少人数で大きな付加価値生産を行っている、よって生産性が高い、結果として自動車などと比較した農業相対的優位度が日本などより高い、だから農業輸出国、という教科書通り。

 

 米国日本から自動車を大量に輸入するのは、米国農業生産性が高すぎるからだ、というわけ。「比較優位」の概念から、そう説明される。

 とすれば、米国自動車産業繁栄せるためには、米国農業を弱体化させればいいわけだ。そう教えて上げるといいね

  

  

  

 ※ これを書いたのは、元増田本人です。

   元増田記事は、容量オーバーで、追記できなくなったので、ここに書きます

ちきりん氏が誤っているからと言って、トランプ氏も間違っているとは限らない

http://anond.hatelabo.jp/20170126101104

この文章の内容の大枠自体には特に反論はない。

なんせ元増田氏が書いてるように「経済基本的な内容」だ。

反論へったくれもないw


ただしだからと言って、

狙いとは正反対効果を持つばかりだとわかるだろう。ただし、それを理解するだけの知恵がないのが、トランプとその支持者だ。

と決め付けるのは根拠が不足しているように思う。

元増田氏の言う「狙いとは正反対」とは、あくまで「全体最適を追及する場合の最善手に反してる」というにすぎない。

「いや、個別最適としても悪手だ」というのが、が元増田氏の趣旨であろうが、そこで「個別最適とは何か」に見落としがあるのではないか

と主張したい。


確かに「比較優位原則」という経済原理に反した保護貿易政策実施したら、(少なくとも中長期では)かえって米国経済は停滞する。

そこはいい。

ただしアメリカという国には

・消費需要において、他国と圧倒的な規模の差がある世界1位の市場である

一次産品含め、全く自給できない品目が非常に少ない(莫大な輸入額は資源/産業の欠如でなく市場が大きいがゆえ)

という他国に無い、世界米国だけしか兼ね備えていない特性がある。


すなわち「米国保護貿易」に限っては、他国での保護貿易経済的自殺行為なのと異なり、

米国経済風邪をひくが、世界経済肺炎に陥る」という事態になる可能性がある。

もちろん米国経済だって本来期待できたよりも)成長が鈍化するわけだが、果たしてこれは本当に

米国個別最適に反する」と言えるのだろうか?


「平均で5%成長している世界で、4%成長している米国」と、

「平均で2%成長している世界で、3%成長している米国

のどちらかを、政策で実現できるとしたら、真に「米国にとっての個別最適」を追求できているのはどちらになるのだろうか?

という話である


本来よりも景気が悪い」かどうかは実際には経済学者でもなければ腹落ちできないもの

例えば米国発で世界恐慌が起きるようなひどい事態になったとしても、トランプ氏は

他国あんなに不景気なのに米国は持ちこたえている! アメリカ第一主義は正しいのだ!」

宣言できるし、アメリカ人プライドは満たされるのではなかろうか。

この”「アメリカがNo1という満足」を「1,2%の失業率上昇」よりも重視する政策”は米国個別最適になっている

可能性は十分にあるのではなかろうか。


トランプ氏が馬鹿でも無知でもなく、真に合理的判断から世界中が不幸になる選択」をしている(アメリカ以外の不幸など知るか!)

という可能性は見落とすべきではないと思う。

この比較優位説明の仕方だと、誤解する人を生むよ。

 貿易とは、得意な産業では輸出して、不得意な産業では輸入することだ。これは「比較優位」という概念説明される。



Wikipedia言葉を借りるなら『経済主体内での相対的有利さを経済主体ごとに比較したときにどちらが優位であるかという二重の相対比較比較優位』ということ。

日本の中では自動車農業の3倍得意で、アメリカの中では自動車農業の2倍得意、その3倍と2倍を日米比較したら日本の方がより自動車相対的な得意さが大きい、

これが日本アメリカに対して自動車比較優位を持つということ。アメリカ自動車の方が得意で農業の方が不得意だけど、アメリカ比較優位農業になる。

ここが元増田説明の仕方だと、誤解を生みやすい。

アメリカ自動車生産性日本自動車生産性より高くても、比較優位があるのは農業の方になる、というのの方は比較優位単語を知ってる人は誤解しないけど。

なお、もしアメリカで何かの理由農業が壊滅したら、日本農業が得意ってことになる。


http://anond.hatelabo.jp/20170126101104

ちきりん日本自動車産業直視すべき現実 」の誤り

ちきりん日本自動車産業直視すべき現実

  http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20170125

という記事ホッテントリ入りしている。

内容は

日本自動車産業は大幅に輸出超過で、米国自動車産業は大幅に輸入超過だ」 ……(*)

ということの指摘。それで「大変だあ」と騒いでいる。

 

しかし、これはまったくのナンセンスだ。

 

(1) 既知

 (*)の内容は、経済を知っている人なら、誰でもよく知っていることだ。今さら騒ぐようなことじゃない。

こんなことを今さら騒ぐなんて、どうかしている。単に自分無知さらしているだけだ。

 日本の輸出構造がどうなっているかなんてことは、貿易を学べば最初に知ることだ。こんな初歩的な知識も知らないで、よくまあ、今まで偉そうに経済のことを書いていたもんだな。呆れる。 

 高校生だって、このくらいのことを知っている人は多い。大学入試センター試験でも初歩的なことだろう。こんな初歩的知識を知らなかったなんて、中学生か。厨二病

 

(2) 貿易

 そもそも、ちきりん貿易というものの根源を理解できていない。

 貿易とは、得意な産業では輸出して、不得意な産業では輸入することだ。これは「比較優位」という概念説明される。この概念ぐらいは知っているよな? 

   google:比較優位とは

 日本で言えば、自動車電子部品などを輸出して、農産物石油や原料を輸入する。特にアメリカとの関係で言えば、自動車を輸出して、牛肉戦闘機オスプレイを輸入する。こうして、持ちつ持たれつの関係になる。

 なのに、そのうち日本の輸出品目である自動車だけを取り上げて、「日本の方が一方的に輸出している。やばい」と指摘しても、何の意味もない。それだったら、「日本アメリカから牛肉兵器一方的に輸入している。アメリカ日本牛肉兵器を同じぐらい購入するべきだ」となる。しかし、馬鹿げていますね。

 

 貿易では、貿易品目ごとではバランスが取れなくていい。それが原則だ。そんな基本も理解できないのが、トランプと、ちきりんだ。

 ついでに言えば、貿易は、二国間でもバランスを取れなくてもいい。全体でバランスを取れればいい。

 日本アメリカ自動車を輸出する。アメリカアラブ兵器を輸出する。アラブ日本石油を輸出する。こうして三角形の三つの頂点で貿易は循環する。それで全体としてバランスが取れている。

 トランプちきりん理屈を取るなら、日本アラブ石油をいっぱい輸出することで、貿易を均衡させる必要がある。しかし、そんなことは馬鹿げている。

 トランプちきりんは、「貿易とは何か」をまったく理解できていない。

 

  


 

  ※  追記

 

【 参考情報1 】

 日本から輸出する台数は、近年、あまり増えていない。

 一方で、現地生産の台数は、大幅に増えている。

  http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012500851&g=use

  http://www.asahi.com/articles/DA3S12765436.html  (図)

  http://www.asahi.com/articles/ASK1S5GN1K1SUHBI01L.html

 

 メーカー別では、スバルマツダは、輸出比率が高い。

 日産ホンダは、現地生産比率が高い。(メキシコを含む。)

 トヨタは、輸出比率が高かったが、近年は現地生産比率が高くなった。

 なお、1番目の記事では、対米輸出台数は「175万台」と記してある。

 ちきりん記事では、「日本生産超過台数が 423万台」とあるが、これは、全世界対象とした数字だ。対米貿易とは関係ない。全然関係のない数字を持ち出して、これを対米輸出台数だと思わせている。数字の読み方を間違えている。ひどい。

 

【 参考情報2 】

 米国貿易収支において、日本が占める率は近年、大幅に低下した。

  http://j.mp/2jk4uiC (グラフ

  http://3rdworldman.jugem.jp/?eid=168

 トランプ攻撃するべき相手は、日本じゃない。

 「悪くなったのは、日本自動車産業のせいだ」

 というのは、

 「自動車産業のせい」というのも誤りだし、「日本のせいだ」というのも誤りだ。

 誤認の根源は、彼が基本データ理解できていないことだ。まずは上のグラフを教えて上げるべき。

 

【 参考情報3 】

 「貿易正論を述べても、失業している白人困窮層の心には届かない」

 という批判があった。それは、ごもっとも。

 この問題については、クルーグマンが核心を示している。

  http://j.mp/2kygga0 (英文

  http://www.asahi.com/articles/DA3S12744609.html (翻訳

  http://blog.livedoor.jp/koyamaiwao-0525/archives/68417516.html (転載

 

 要するに、こうだ。

 アメリカでは毎日、大量(7万5千人)の失業者雇用者が発生する。それは通常の出来事だ。そのなかで米国自動車産業による雇用が数百人ぐらい増えたからといって、それはほとんど誤差程度の意味しか持たない。トランプが何かを言って、フォードトヨタ雇用者が少し増えたからといって、何の意味も持たないのだ。

 

 まったく、ごもっとも。米国失業者を減らしたいと思うのであれば、日本自動車産業いくら攻撃しても意味がない。大切なのはマクロ的な経済政策妥当にやることだ。そして、そのために最も効果的な方法は、ピケティ方法だ。つまり富裕層増税して、中低所得者所得を増大させることだ。こうして富の偏在を是正することで、GDP が拡大して、失業者は減少する。これが最も正しい政策だ。

 ところがトランプ共和党は逆に、富裕層で減税しようとする。これではかえって失業者は増えてしまう。

 クルーグマン経済学者の話をきちんと理解すれば、トランプのやっていることが、狙いとは正反対効果を持つばかりだとわかるだろう。ただし、それを理解するだけの知恵がないのが、トランプとその支持者だ。

 


 

 ※ 注記

 

 本項では「トランプ反論するにはどうすればいいか」という政治的手法については述べていません。

 本項の目的は、「何が正しいか、何が間違っているか」という真相を明かすことです。どこがどうなっているか理論で示すことが目的であり、あくま学術的な話です。現実世界でどういう反論をするべきかというような政治手法は、話の対象となっていません。

2016-08-20

男は働いて女は家を守る昭和のやり方

実は効率的なんじゃね?と思うようになった。

女性はいくら環境が整備されたとは言え、様々な差別障壁が有るし、妊娠出産の期間仕事を休まないといけないから、ずっと働く男との競争は不利だ。

男も本気で働くとなると、家で洗濯掃除しているヒマは無い。家政婦入れると家事解決するかもしれんが、孤独で病む。

そして男女とも、若い間は子供なんて不要と言っても、年をとると産めばよかったと言う。これ、数十人に聞いたが今まで例外が無い。

皆無とは言わんが、子無し夫婦の大半が産めば(産めれば)よかったと思っているのではないか

男女差別とか平等とかのお題目は美しいが、世の中の仕組みを変えるよりも適応して生きた方がQOLは高いのではないだろうか。

男は死ぬほど働く、1日12時間は働く。女は家事をやって子供の面倒を見る。これを比較優位の分業と見れば、効率的ではないか

ぶっちゃけ日本企業残業した人から昇進していくシステムなので、労働時間を1人に集約した方が効率的だ。2人で8時間×2働くより、1人で12時間働いた方が昇進が早く給料も良い。

男女共同参画とか、女性活躍とか煽っていても、現実制度がまだまだ甘いし、生理的機能の差で20~30代の数年を妊娠出産育児に取られる女性が働くのは非効率だ。

ならば世の中に合わせて生きるという選択肢も有ってよいのではなかろうか?

自分の生きたいように生きる権利を認めた上での、効率的生き方提案という話だが。


事故病気や離職で詰むとの意見ですが、共働きでも同じでしょうね。

そもそも、共働きで片方が不測の事態で働けなくなった時、家計問題が無い家庭がどれだけ有るのでしょうか?

働き手を片方に限定する事で、少なくとも住宅ローンは団信によってリスクヘッジが容易になります

12時間働きたくないとの事ですが、共働き8時間家事育児を並行してやる方が疲れます

8時間働いて暗い家に帰ってきて、そこから食事の準備や洗濯をして、風呂に入って風呂掃除明日の買い物まで。

子供が居ればお迎えと寝かしつけ、高額な時間外保育料金の支払いも。掃除機をかけられるのが休日だけだから、そこまでやっても家は埃っぽい。

そんな生活の方が疲れると思いますね。

男女共同参画を推進する人は、ここまで考えの浅い人ばかりなのでしょうか?

2016-07-28

独身は生きがいがないと思っている増田の、追・追記を見た感想

タイトル言葉遣い下品で誤解を与えたんですかね

違うのではないかと思います増田が考えている「他者像」が薄っぺらすぎるので炎上しているのではないでしょうか。

>ご飯が美味しかったり、夕焼けがきれいだったり、ピカチュウ捕まえたり、アイスのくじが当たりだったり、出世したり、海外出張がうまくいったり、転職成功したり、素敵なタワマンに引っ越せたり、大から小まで幸せって

>例えば病気とか、親戚や親の不幸とか、仕事残業連日で辛いぜ~とか、今日カンファレンスはうまく発言できなかったな~とか

薄っぺらいですね。

そういった極めて具体的で、他者との比較優位しか幸せや不幸を語れないことを、個人的はいい年して少し恥ずかしい人だな、と感じます

更に言えば、薄っぺら幸福像・不幸像しかない者が、他人に「私にとってあなたステータスだと辛いんだけど、生きがいってあるの?」と聞くのは、個人的には、相当不遜だなとも思います

>ましてや結婚してない人が不幸だなんて一言も言ってない

言っていますね。

私的には一人で生きていくのって結構大変で、だから独身の人って結構辛いんじゃないかなって想像する

言っています。辛いと想像していると。

邪推邪推を重ねますが、恐らく、未婚のご友人に聞いて、はかばかしい返事が得られなかったことなども影響して

自分アイデンティティ立脚点自分自身の中にないことに不安を抱いた結果の、他者への攻撃的な発露につながっている可能性がありませんか?

一方で、ご友人方が、ひょっとして能天気自分薄っぺら価値観押し付け増田イラッとして

攻撃的に「別に結婚が生きがいのすべてとか思わねーし」と言いかえされている可能性もあります

未婚のご友人方に、ストレスをぶつけられているのかもしれませんが、そのストレス源になってる自覚も、同時にしておいた方が良いでしょう。

総合すると、やはり、人格が未熟で責任無自覚だなぁという印象です。

このままだと、本当に「家族にべったり依存する毒親」になる可能性がそこそこあるかもしれませんね。

お前、離婚する可能だってゼロじゃないのに、大丈夫か?と言っておきます。あえて死別可能性については申し上げませんが。って言っちゃったけどね。

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん