「大脳新皮質」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大脳新皮質とは

2022-12-24

anond:20221224081558

人間の三大欲求って、よく聞くけど、好奇心って、4つ目の欲求だと思うのよ。三大欲求本能大脳古皮質に由来するものなら、4つ目の好奇心は、大脳新皮質に由来してると思うんだ。好奇心が弱いという事は、つまり欲求が欠落してるワケで、大きな問題だと思う…

2022-05-26

anond:20220526221909

人間性判断するほどの知能が備わっていないため数値化できたり外部から見てわかる客観的スペック価値しか興味がない

そう言われてみればなるほど。実際大脳新皮質小さいらしいからね。メスの動物が角や金玉の大きさでオスを選ぶのと同レベル

2022-05-20

anond:20220520043228

「ほらそういうこと言う!」と言われるんだろうけどw

最後の w マーク

元増田は書いてないけど、○イプの最大の原動力支配欲求だ。

冷静に批判を書くのでは無く、露骨に抑えきれない悦楽をのぞかせてしまたことで、単にセカンド○イプだってことがバレバレになってしまった。

なぜ◯イパーたちは、たった数行さえもガマンすることができないんだ?

理性に引っ付いて大脳新皮質丸ごと剥がれてしまった、純度100%の邪悪か?

この文章さえ読めないかも知れないから、わかりやすく言ってやる。

ほらそういうこと言う!

2022-04-21

いらいらしたこと備忘録

事象祖父(後期高齢者)に真結びを教わるも、全然覚えられず、横で怒鳴られながら罵倒されたこ

罵倒集:おまえおぼえよくないな。(他は怒りで何言われたか忘れた)

その後の行動:半泣きになったのでその場から立ち去った。

損害:心死んだ。鉛筆折った。我ながら抑えた

1日経過後の心情:今思い出しても殺意湧く。1か月は関わりたくないし、祖父への可哀想感がこの怒りを上回らない限り友好的行動は控える

以下フリーメモ

まじふざけんなあい

すぐキレるし耳も悪い(耳元で腹から声出さないと聞こえないレベルくそじじい

練習段階で間違うたびにドス聞いた声で「違う!!」って切れてくるの老害すぎる

そして正しい結び方してても「違う!」っていうから、これもうチンパンジー以下ですね。大脳新皮質やられてます

p.s.もっとひどいこと言われた気がしたのに忘れた。脳がフィルターかけてくれたのかな。「思い出せ思い出せ。ペンはどこだ。書き留めろ」ってなって「メメント」かな?ってなった

2022-02-16

anond:20220216221849

他者苦痛理解するのは大脳新皮質が発達してないと無理

他者苦痛に寄り添って行動原理を調整する能力絶対ない

2021-10-29

anond:20211029022816

君の経験によって一か月くらいはオカズに困らなそうだ、ありがとう

匿名流れる痴漢対策を性消費材料にしないとならないほど、性的貧困状態にある。

一か月の単位で困窮するほど、自力で探す能力に欠けた情報弱者か…

—— まあ、まさかそこまでではないだろうが、振りかざすために振り絞ったウソがこんなにも惨めなのは

性的支配欲でアタマ支配されていて、まるで大脳新皮質ほぼほぼ萎びてしまったくらいに理性が縮退してるからかしらん。

こんな、はたで見てる人の失笑を誘うようなウソをついてまで「痴漢がここにもいるよ」と誇示したい、見苦しいこの男の動機はなんなんだ? 身内か、尊敬してる誰かも痴漢なのか。あるいは振られた経験無意識レベルで効き過ぎて、女なら誰にでもすがりたいとかか。

2021-08-21

anond:20210820185218

うわあー、いいなあ!

言ってることは大いに同意できる良い話なんだけど、それ以上に この文才、気配りの細やかさ、才能の無駄遣い感が素晴らしい!

よく槍玉に挙げられる

男性力が高い:欲望丸出し野生動物かよ脳みそ使ってないだろお前 みたいなのに対して、

女性力が高い:一生恨む自分不利益は許さねえ仲間抜け絶対許さねえ ってのはちょっと進化が進んでるのかな、

と思いました。

男性力は小脳レベルしか使えてないのに対して、女性力は大脳旧皮質レベルまで使えてる。

けどま せっかく人間に生まれたんだから大脳新皮質 使おうぜ、って結論かな。

2021-06-21

anond:20210621144701

もともと鬱憤のはけ口を探して叩いてるだけだぞ

お前がそいつらを叩くのも一緒だ

人は常に鬱憤のはけ口を見つけて石を投げることで心の安定を図ってる

そこへの理解大脳新皮質を使ってるかどうかのスタート地点だ

お前も使え

大脳新皮質

2021-05-31

反出生主義と神とフロイト

まとめ


デカルトから始まる近代的自我

デカルトといえば有名なのが「われ思う故にわれあり(コギト)」。ここから近代的自我が始まった。

あらゆるものを疑ってかかったとしても今思考している自分のこの思考自体存在否定できない。

よって思考している自分存在している。



自我というもの存在確立したデカルト三段論法西洋に影響を与えまくったが、特に注意しなくていけないのは神の存在を使わなくても自我存在規定できるという点だった。

でも実際のところデカルト自体はコギトから神の存在証明を行っている。神の存在証明する時代要請があったのだけれどそれについては後で触れる。

フランス革命と神の死

時代は流れてフランス革命が起こり国民国家誕生する。国民国家誕生すると神が死ぬ

どういうことかというと、それまでの王による国の支配がどういう理屈正当化されてきたのかということを説明する必要がある。

王権神授説」というやつだ。それまでの王族による支配権は神が王に与えた権利だった。

神がこの世界を作って人間も作ったのだから神には人間支配する権利がある。王は神に権利を与えられたので国民支配する権利がある。



中世神学者たちが大真面目に神の存在証明に邁進した理由がこれでわかるが、

彼らは頭の体操をしていたのではなく、国家の礎として必要公共事業として神の存在証明し続ける必要があったのだ。ご苦労さま。

ところが、王が打倒されて国民自分たちの代表によって自分たちを支配する国民国家が生まれると、神は必要なくなる。

これがいわゆるかの有名な「神は死んだである

そして神に変わったもの国民自我と理性のみとなり、国民は唯一絶対ものであるそれらによって自分自身の足のみによって立つことになる。

これにて「近代的自我」いっちょあがりだ。

神と反出生主義になんの関係が?


神が存在すると反出生主義は成り立たない。

なぜなら人間が生まれてくるのは神が「産めよ、増えよ、地に満ちよ。」といったからだし、日本で言えばイザナキ神が妻ともめて「いとしい妻よ。あなたが千人殺すなら、私は、一日に千五百の産屋を建てよう。」といったためだからだ。

これには同意意志確認も入り込む余地がない。

神様が決めたことだから仕方がないのである

なので神がいる前提だと反出生主義は成り立たない。

フロイトによる無意識発見


更に時代は進みフロイトが登場する。

フロイトといえば精神分析だが、あとで精神分析手法全然間違ってたということがわかったせいで、その功績についても一般的には忘れられている気がする。

フロイトの偉大な功績は2つあって、1つ目は「精神科学まな板の上に載せたこと」それ自体

2つ目は今回話題にしたい「無意識発見」。

フロイト夢分析過程人間が表層意識には浮かんでいない、既に忘却している過去トラウマに影響されて現在の行動を選択していることに気がついた。

患者自身自分理性的に考えて選択した結果だと思っていても実は意識に登ってきていない「無意識」によって人間の行動や症状が変化する。

これはすごい発見だった。それまでは人間の行動は意識、つまり自我コントロールしているとされていたのだから

フロイト無意識の例で言うと、チャップリンの「ライムライト」という映画がある。

あの映画オチヒロインは忘れていた過去トラウマを思い出し、それを乗り越えることで身体的な症状も克服する。

これはフィクションだし、ちょっとフロイト的すぎるので、もっと卑近な例を出すと、

犬が苦手だなあと思っていたら、実は記憶にないくらい小さな頃に犬に噛まれたことがあった、とか

梅干し写真を見たら、「梅干しをこれから食べよう」と意識しなくてもつばが出るとか(パブロフの犬)。

映画映像の途中で肉眼では認識できないように一枚だけコーラ写真を入れておくと映画館でコーラの売上がのびるだとか(サブリミナル効果)。

こういう感じで無意識人間の行動に大きく影響を与えるということは、今では常識にまでなっているけれど、これを言い出した始めの人がフロイトというわけだ。

フロイト原始的欲望とかが無意識の正体だと考えてなんでもそれで説明しようとして失敗したわけだが、(夢分析の本とか何でも性欲で説明しようとしていてやばい)。フロイトの後続の研究者たちは無意識概念さらに発展させていった。

不随意運動からエス

表層意識に上らないのに人間の行動に影響を与えているもの、といえば「不随意運動」だ。

たとえば、眩しい光みたら瞳孔が小さくなるとか、膝を叩いたら足が上がるとかが有名だけどそれだけじゃない。

心臓が動くのを意識して止めたり動かしたりできる人はいいから鼓動も不随意運動には入る。

呼吸も意識すれば止められるけど意識しなくても止まるわけじゃない。意識しているとき随意運動意識していないとき不随意運動といえる。

表層意識には上らないのでこれらも無意識だ。

ところで人間意識は脳の一部である大脳新皮質で起こっている反応であることもわかってくる。

脳のその部分以外で起こっているこのと大半も無意識下で行われている。細胞代謝とか。

さらさらに、全ての行動に当てはまるわけじゃんないみたいだけど、「人間がある行動をとろうと表層意識で考える一瞬前に、既にその行動を取るためのニューロンが発火している」なんて話も出てくる。

さてそうすると、どうなるかというと、人間自分意識自分の体をコントロールしているという考えは実は間違いで、人間活動の大部分は無意識コントロールしていることになる。

意識が肉体(無意識)をコントロールしているという従来の主従の逆転がここで起こっている。

ここまで来ると「無意識」を拡張しすぎて「無意識」ってなにって話になってしまう。細胞代謝のことを「無意識」という言葉でまとめるのは違和感があるから

ここでいいたいのは「表層意識下に上らないすべてのもの」みたいな意味であり、一般的言葉の「無意識」とはちょっと違うものになってしまうので哲学者はこれに「エス」とかい名前をつけた。

なんでコギトが間違ってるのか


意識ではなくエス人間の行動を決めるのである。というか人間が何を考えるのかもエスが決めているといえるのだとするとコギトがおかしなことになってくる。

「われ思う故にわれあり」ではなく、「われ思わされているゆえにエスがある。われはあるかどうかわからない」に修正しなければならない。

反出生主義は全てを理性で説明しようとしすぎる


反出生主義の理屈を雑にまとめると、

「生きるのは苦痛である苦痛でない場合もあるが生んでみないと分からないのでいわばギャンブルである

「生まれる際に両親は子に生まれてもいいかという同意を取っていない」

「よって生むのは無責任であり生むべきではない」

理屈の通った三段論法に見える。

しか人間の9割は無意識下の存在であることを踏まえて見ると、見え方が違ってくる。

第一登場人物である「子」は産まされるという受動的な立場ということになっているが、同意を取るべきタイミングには意識存在しない。つまり無意識である

無意識相手に無理やり生まれることを強制するのかと反出生主義者はいうのだが、これまでの議論無意識エス)こそが人間の大部分であることをこれまで延々と説明してきた。

で、重要なことはその「エス自体は生まれてこようとする方向性を持っている、ということである

今だに現代人は意識がなければ何も決定することはできないと思っているが、むしろ無意識が先にあって意識が後から形付けられたといえる。そして人間の肉体の不随意運動は生き残ろう、という方向で行動を起こす。

精子の蠕動だって不随意運動だし、卵子排出だって不随意運動なのでこれらはエスである

胎児は産道を通るとき自分の体をねじって頭蓋骨を変形させながら外に出てくる。生まれてこようとする意志がそこには感じられるが、もちろん意識自我もない。

だがそれらの反射が自分自身ではない、というのもおかしな話である

それらはエスであり、自分自身である


それらが全て生まれてこようという方向に方向付けられているのに、「本当は生まれてきたくなかった」というのはどういうことなのだろうか。

自意識肥大化


自意識、理性を過大に評価するのが現代人の病巣であってこれは単に、いまだにデカルト呪いがとけていないのだと思う。

「生まれてこないほうがよかった」という人間だって、それはそれで大変な状況なのは間違いないのだけれど、ひざを叩けば足が上がるし、急に熱いものに触れられたら自分を守るために手を引っ込める。

生きたくないとか言うけど呼吸は止められなければ、心臓勝手に動いている。

体中の細胞栄養を取り込んで代謝をせっせと行っている。

どう見ても肉体は生きようとしている。

やっていることと言っていることが違う。

でも不思議なことは何もない。自意識なんて人間のほんの一部でしかいかである

自己境界定義自我から少し広げることをおすすめする


自己定義自我に狭めるべきではない。それは単にその方が精神衛生上いいというだけの話ではなく間違っている。

エス定義自意識に上がらないすべてのものと書いたが、哲学者によるとこれはつまり自我」以外の「世界全て」のことを指すらしい。

流石にそこまで悟ることは難しいが、自己定義自分不随意運動、や無意識の習慣程度にまで広げておけばデカルトの作った罠にはまらないで済む。


哲学やっとこうぜ


若いうちに哲学やっとくといいよ。

2021-03-03

anond:20210302093544

結論としては、『元増田の主張は、現生人類には早すぎる』ってところなのかな。

「嫌いだ」と言われて冷静に受け止められる精神力を持つ人類はまだごく少数で、

反射的に攻撃し返す 又は 反射的に批判という名のオブラートでくるんだ攻撃を返すのが 大多数。

まだまだ人類動物っ気が抜けないよね。大脳新皮質もっと仕事させなきゃね。おれもね。

それはそれとして、

コメ読んでて思ったけど、

批判」って便利な言葉だよね。なんか正義側に立っているような雰囲気を醸せるし。使用禁止にしたらいいのに。「批判」→「攻撃」に全部置換すべき。批判行為相手攻撃している、傷付ける、精神を削る行為だってことを自覚すべきだ。

攻撃すんな とは言っていない。反射的に攻撃を返すのは(アニマル度の高い)大多数の人類仕様から、ヤメろってやめられるもんじゃないしね。

2021-01-30

世の中に敵がいるという妄想

平気で受け入れてる人たちが怖い

ヤンキー学校違うだけで敵味方作って喧嘩売るのと同じようなことを

ネットでもやってる人たちいるじゃん

本当大脳新皮質発達してないんじゃないかと思う

味方を作って味方がいるということはそれに対する敵がいるという太古に培われてその時代なら有益だった防衛本能をいつまで引きずってるのか

お前らが敵だと思って批判してるその対象って妄想から

どちらかと言うと味方だから

いい加減敵味方作るのやめて建設的な情報交換で物事見れるようになれよ

2020-10-12

anond:20201012110525

こんなネタマジレスすんのアホらしいけど、人間進化過程大脳新皮質肥大化させて、遺伝による伝達よりも後天的に学んで様々な環境適応できるようにするために未熟に生まれてきてるんだよな。

折角後天的に学べる脳をもって生まれてきてるのに、学ぼうともしないで生きてる元増田みたいな人物が生まれるという意味では欠陥があるのかもしれないね

2020-10-01

anond:20201001170719

立場が似てるのでコメントします。

2歳の子供のいる26歳で、悪くない大学経済学部を出て製造業の中では悪くない企業就職しました。趣味がたくさんあって、正直言って一人でも生きていける人間だと思っています独身の頃のように月に15万も20万も使えないですが、今の生活はそう悪いものではありません。

嫁は昔から子供が欲しかったようで、何度もその話をす繰り返し、その度に険悪なムードになりました。僕は子供と過ごすより嫁と2人で過ごす時間を多く持ちたかったので、子育てという選択は(若くて何でも挑戦できる)20代に選ぶつもりはありませんでした。

おそらく我々のようなタイプは、子供を持つことに対しデメリットを考えすぎるのではないかと思います理性的に考えた場合、正直言って子供リスクの塊です。このクソみたいな世界に命をひとつ生み出すことに対する責任というか、申し訳ないような気分になりませんか?また今後決して彼と家族を決して飢えさせることなく、我々が受けたような教育を受けさせることは非常に難しいと思いませんか?普通そう考えますよね。

我が家は嫁がどうしても欲しいというので、一か八かで挑戦しました。嫁は生まれるまで概ね楽観的で、僕は悲観的でした。大きくなるお腹と同じくらいのペースで不安は膨らみ、子供障害が無いかとか、今の給与で養っていけるかとか、とにかくいろいろなことを考えました。

正直言って、娘が生まれるまでの10ヶ月と生まれからの1年間は日々不安と闘っていました。ホルモンバランスが崩れて攻撃的になった嫁に頭を抱えたり、数時間おきに泣き喚く子供の面倒を見るのは正直言ってめちゃくちゃ辛かったですし、仕事ミスも増えましたし、趣味に割ける時間はほぼゼロでした。ただ面白いことに、時間が経つごとに娘が愛らしくなりました。

恐らく本能インプットされているんでしょうが子供の寝顔を見たり、少しずつ話せるようになる子供と会話したり、公園で楽しそうに遊んでいる姿を見ることがとてつもなく幸せに感じるようになりました。結局人間というのはただの動物で、子孫を残して育てることに物凄い幸せを感じるものだと気付かされました。

この心境の変化は自分でも予想外で、まさかここまで子供可愛いと思う日が来るとは思いませんでした。嫁も嬉しそうですし、案外金銭面は何とかなります子供を育てることは、理性を超えた喜びがあるようです。なのであなたお勧めするのは、理性を飛ばしセックスすることです。酒をたくさん飲んで挑んでください。大脳新皮質麻痺させて、たまには動物の脳で考えるのも悪くないですよ。

2020-09-05

はてな民って正義ごっこしてない?

ワイドショー批判してるけど

俺にははてな民がやってることまんまワイトショーに見える

正義立場から世の中の悪を切っていくみたいなさ

本当大脳新皮質機能してるのか疑いたくなるよ

2020-06-14

クソデカ日曜日

鼓膜が5億回破れるほど爆音アラームで目玉を宇宙にぶっ飛ばしながら起床するも、世界の始まりの日にインダス川の如く飲み続けた酒が細胞の端々まで残りまくっており百度寝する。

3500万個のプレゼントを秒で貰ったような餓鬼共の爆音爆笑で65535時間ぶりに目が覚めると既に昼前で輪廻転生するほど後悔する。

一生寝転がったまま中国大陸のようにデカスマホを開き、第一宇宙速度でタイムラインを遡る。

この世全ての称賛と神々の寵愛を一身に受けたクソおちゃっぴぃな猫にいいねを56億回つけたところで腹と背中対消滅しそうに引き合うほどの空腹を第六感で検知する。

ベッドからマッハで抜け出してゲリラ豪雨トイレへブチ撒けた矢先に銀河創世期以来洗濯物を溜めていたことに気がつき、マリアナ海溝どころではない深さからぶっこ抜いて片っ端から分子レベル螺旋回転させる。

絶対零度冷蔵庫から野菜ジュース(無果汁)を取り出してゴジラ並みの肺活量で無限に飲み干す。

その辺(M78星雲)あたりに転がっていた棒状の小麦粉焼成物を胃袋にテレポーテーションし、卓上型電脳機神を超導して三千世界の彼方でオンエアされたアニメドライアイで眼が粉末になるまで見る。

汚布どもの禊が終焉を迎えたところでドチャクソ大瀑布が降りに降りまくりちらかしており魔神が目覚めそうになるも、灼熱地獄を顕現させH2Oを根絶することで0.01mmだけ耐える。

まれる前から読み進めていた記録媒体を魂を燃やしながら紐解いてみるも、量子力学観点から全く中身が観測できない。

無量大数ページ読み進めたところでゼウス並みの英断を下し、その日人類が思い出すまで休憩をとる。

デーモンコア並みの不注意で意識を爆散させていたことに気がつくと世界が終わったような灼熱の空模様が馬鹿みたいに迫ってくる。

地球生物の英知を結集させた結果、生命スープを2000t飲み干し最強に落ち着く。

1ミクロンの染みもないミルクパズルのような一日が爆速で過ぎていくことを血肉が干からびるほど嘆きながらも無線電脳遊戯ミッションスタートさせこの世の全てを手に入れたお嬢様王になりたくる。

夜の帳が世界の裏側まで降りたのをアカシックレコードから確認し、飽和文明の前線基地にカチこむ。

太陽どころではない質量を獲得することで禁じられた果実の3000倍の背徳感を味わう。

全ての宇宙過去未来の全ての魔女を生まれる前に消し去った時並みの幸福を感じた刹那秒後、五臓六腑コロニー落としに陥る。

ほぼ炭化するほど灼熱の風呂に末代まで浸かるが、剤がビッグバン以前レベルに皆無であることを遍く細胞が思い出し、ToDoとして大脳新皮質エクスカリバーで不可逆的に刻み込む。

量子論的に入れ子構造を取りうる可能世界に形而上の不安を鬼感じながらも永眠する。

並行世界の星々が超新星爆発したように眼が冴え渡っているためYoutubeを時の果てまで見る。

そして伝説へ…

2019-12-02

anond:20191202053942

カーツワイル大脳新皮質進化について語ってる

https://www.ted.com/talks/ray_kurzweil_get_ready_for_hybrid_thinking?utm_campaign=tedspread&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare

07:30

から20年後にはナノボットが 開発されているでしょう 微細化の技術は 急激に進歩しています それらは毛細血管をとおって 脳に行きます そして私たち大脳新皮質クラウドの人工大脳新皮質につなぎ 大脳新皮質機能拡張します 今でも私たち電話には コンピューターがあります 複雑な研究のために1万の コンピューターを 数秒間必要とするとき クラウドアクセスすればすぐに出来ます 2030年代では余分に大脳新皮質必要になれば 脳から直接クラウドにつなげられること になるでしょう 脳から直接クラウドにつなげられること になるでしょう 私は歩きながら 「あ クリス・アンダーソンだ」と言い 彼が近づいてきます 何か賢いことを言わなければ 時間は3秒 私の大脳新皮質にある3億の モジュールだけでは足りない 私の大脳新皮質にある3億の モジュールだけでは足りない 後10必要だ そこで私はクラウドアクセスできます そして私たち思考生物学的と

2019-06-17

anond:20190617161502

古代中国、脳の神秘的な力を引き出す「脳神秘」という武術があった。

流派の二代目は「脱皮するように常に新しくしていく」という意味を込めて「脳新皮」と改名

さらなる隆盛を誇ったが、三代目への代替わりの際に二代目の一番弟子が反発し、「大脳新皮」という新流派設立

弟子の数こそ下回るものの、厳しい修行によって一人ひとりの強さは脳新皮を上回るとされ、

「数の脳新皮、質の大脳新皮」と並び称されるようになった。

いま人類を霊長たらしめる脳の表面部を「大脳新皮質」と呼ぶのはそれが由来である

民明書房刊「DO I KNOW 中国拳法?」より

2019-06-02

殺すという言葉が出た時点で転職先を探すべし

あと「死ね」も。

自分に対しかけられた言葉かどうかは関係ない。

冗談かどうかも関係ない。

特に仕事において冗談でも言っていい言葉ではない。

そんな言葉を口に出す人間が同じ職場にいるというのは致命的だ。

その言葉を口に出せる時点で大脳新皮質をある程度失っているとみなして良い。

そしてそれはいつ襲ってくるか分からない猛獣と同じ檻に入っているようなものだ。

殺すという言葉を使われた瞬間、そいつとその会社永遠失望を得るのだ。

2018-11-17

2001年宇宙の旅 imax版をこの間見てきた。

その後にハラリとカーツワイルTed talkを見た。

私も進化したい。

大脳新皮質肥大させたい。

2018-02-27

anond:20180226223311

分かる。まあでも女性に限ったことではないよねという意見もわかる。

一番最後増田が指摘している通り、「原始的」な問題なんだけど、

人間原始的問題ほど解決しづらいことはない

腹が減る問題とか、うんこが出る問題解決できないので

面倒な人間関係がない場所は、かろうじて人間大脳新皮質的な部分が使われている例なわけで、

人間から旧皮質を取り除くと人類が種の保存をしなくなって絶滅するので、

根本解決は実現不可だと思う

増田はなにを思って「日本全体に害を薄っすらと与えている問題解決・低減」したいのか

よくわからないが、個人的問題に巻き戻したとき

生産的な人や全体が見えている人(増田)にばかり負荷がかかるが賃金は同一で、働いているのがバカらしくもなる」

という状況を改善すればいいだけなのでは?

まり増田の上が無能なだけのような気がする

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170810221246

その理論であれば、お酒で理性を失わない人=大脳新皮質活動を低下しない人、ということでそんな人はいないのでみんなストレス解消できると思うんだがどうだろう。

https://anond.hatelabo.jp/20170810215857

医学的根拠のある話ではなくて、あくまでも私の持論なんだけども、

まず、ストレスというのは、不快体験をした時に、脳がその不快について無意識レベルで悩み続けてしまっている状態だと思うのね。

スポーツで体を動かしたり、大好きなことに夢中になることで、脳をべつのことに集中させれば、無意識レベルでの悩みは止まる。

これがストレスが解消できたという状態

それで、本題のお酒ストレス解消だけど、

お酒を飲むことで大脳新皮質活動を低下させて、無理やり悩みを止めてしまう。

本能感情をつかさどる大脳辺縁系活動を活発化させることで、悩みを止めてしまう。

みたいなメカニズムで解消できているんじゃないかなと思ってる。

からお酒を飲んでも理性を失わない人は、お酒ストレス解消はできないかもしれない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん