「にとり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: にとりとは

2018-06-22

知人がフリーランスになってからアルファにとりあえず噛み付くおじさん」になっていて辛い

2018-06-21

本気で死にたくなってきた

就活は志望した企業にこのところ全て落ちている。自分努力して、自分の頭で考えて頑張ってこれだから、なんとなく勉強してた大学受験とは違って弱り果てているし、これほど誰かに泣き言をいいたくなる状況は今までなかった。

だが、僕の就活方針に反対している両親始め、僕の志望する業界についてあまり詳しくなさそうなのにとりあえず相談に来いとばかり言うゼミ先生(僕が上手くいっていないことを知ると、ほら見ろ相談に来ないからだと言うに違いない。本当に弱っている今、たとえ正論説教されたとしても、それを前向きなエネルギーに変えてゆくだけの体力はもう残っていない)、「大丈夫だって切り替えていこうぜ」と(嬉しいけれど)無責任応援をしてくれる友人たち、どこを見ても僕の現状に本当の意味で耳を傾けてくれる人は周りにはいそうにない気がした。孤独の中で深まる悩みほど人の精神を蝕むものはない。今日も行きたかった企業にまた一つ落ちた。死にたいと思った瞬間、自分がどれほど追い詰められている初めて自覚した。

まるで袋小路だ、僕の未来へのイメージは。就活人生の全てではないし、そういうレールから外れたって、人の中の何かが損なわれるわけでもないと思う。だけど僕自身に関していえば、大学を出たら、絶対に働かねばならない。

理由は明快で、お金がないからだ。奨学金、親への養育費の返済等々、二十歳過ぎにして既に僕はかなりの額の借金を背負っている。なのに今、どこにいっても働かせてくれない。こんなに売り手市場なのに。生きていくだけなら、コンビニバイトだって構わない。職業に貴賎はない。けれど、安定した収入がどうしても必要なのだ。その道が断たれたら、僕はもう誰にも顔向けができない。

志望業界就活のやり方に見直すところがあるのか、めざしてるのは自分に向いた職なのか、そのほか色々なことは当然考えてはいるけれどもう、そのこまごましたことをここに書き出すまでの気力は残っていない。

本気で行きたい企業に向かって本気で努力して、結果叶わず、もはや燃え尽きてしまった。これから就活を続けるにしても、どこまで気力を保ち続けられるだろう。限界が近い。一回、休ませてほしい。けど面接は、説明会は待ってくれない。明日選考のために、今日履歴書を書き上げなくてはならない。壊れたまま回り続ける歯車のように、疲労しきって本当はもうどこにも使われないはずなのに、ただただ動き続けてる。

2018-06-18

anond:20180618162152

僕は、昔からの友人が何かの病気になって妄想にとりつかれた時には、純朴にも彼の主張を信じ切って悩みを聞いてあげていました。

テレビ自分の噂をしているという悩みを聞き、彼のいう番組を録画したり一緒に見たり、

またある時はネットでの「悪口」を管理者通報して削除させるなど、今思えば馬鹿馬鹿いくら一生懸命でした。

世の中には病気の人と、純朴な人がいるということです。

あなた迷惑していなければ、そっとしておくのがよいと思います

2018-06-17

基本コンボとか動画見ないほうがいいと思う

たまに動画見てみると基本コンボなんていいつつこんなの誰がやるんだよって見せコンを載せてる人がいる

これを基本でやる俺カッケーとか言ってるだけでできるもんじゃいか

それも相手キャラ状態場所も限られてるようなものでかつかなり難しいもの戦闘中に出せるわけがない

しかダメージも対してないのに


なのにとりあえず動画見て、「あ、これ無理だ」って思ってほぼやりもせずやめてしまう人がいるんだよ


動画上げるなっていうのは無理だから、とりあえずそんな物見ないでやってみてほしいと思う

初心者が集まってるところとかだとシステム機能全部使ってすらいない人とかもいて普通に楽しめるところだから

コンボなんて覚えずその場で適当に押してつながるレベルでも十分


探せば練習もせずいきなりやってるくらいの人もいて、始めていきなりオンラインに行ってもそれなりに楽しめることもある

動画を見るならやり始めたばかりの人の対戦とかで自分でもいけるじゃんって思うのを見たほうがいい

増田文学

新潮文庫かなんかでしれーっと、まったく宣伝せずに出版してくれないかな。

ある日、駅ビル本屋に行き、新潮文庫の棚を眺めていたら、「増田文学」の文字が目に入る。

帯には「静かに読め、誰にも告げる」の文字がある。

そっと手にとり鞄の中に。

万引き家族か。

anond:20180617183234

>ワールドカップ他人が頑張ってるとこ見てもね。意味ないよね。

まー意味ないと決めつけずにとりあえず見てみたらどうだい。日本もいいけどアイスランドとかも心動かされるよ。

父の日ギフトにとりあえず酒という風潮

日々の接待肝臓を苛め抜き辛うじて生きている人間に向かって傷口に塩を塗り込むこの仕打ちよな

2018-06-16

今日のお昼

お好み焼きの予定だったけど、麺類が食べたくなって、スパゲティに急きょ変更。

鍋に水をいれ、粗塩、オリーブオイルを入れて火にかける。

沸騰するまでに、玉ねぎ半分をみじん切り、ピーマンを細切り。

鍋のお湯が沸騰したら、スパゲティ乾麺をばっさり入れる。

ゆであがり9分なので、キッチンタイマーを8分にセット。

目指すはアルデンテ。

もう一口のコンロに、フライパンを用意、オリーブオイルをひき、みじん切りにした玉ねぎを透き通るまで炒める。

そこにピーマンを加え、シーチキンフレークを加え炒めつつ、さらトマトソースを加え、胡椒で味をととのえる。

おっと、エプロンを忘れたかソースはねは危険だ。

麺がゆであがったら、お湯を切り、フライパンへ追加する。

ざくざくとフライパンを返しながら、いい感じにソースとなじんだら、粉チーズを加えて、更にざくざくと返していく。

にとりフォークを添えたら。

いただきます

ほふぅ。

2018-06-13

カフェイン30gと睡眠薬100錠を入れて死にかけたお話

1年以上経って落ち着いてきたので、いまなら書けるとおもう。

あれは忘れもしない去年の4月30日だった。

当時26歳の私は、大学課題卒論、日々の日雇い仕事性別違和精神疾患父親との不和、などさまざまな問題を抱えながら日々をやり過ごしてきた。

4月29日の夜、いつものように睡眠薬抗うつ剤抗不安剤女性ホルモン剤を入れて布団に入った。

眠れない。

仕方がないからしばらくネットサーフィン資格試験勉強などで時間を潰し、眠くなるのを待つことにした。

朝の6時になっても眠れない。

これはもう仕方がない、ひとまず眠れるまでは寂しいし誰かと通話しよう、そう思った私はSkypeで連絡を取れそうな人物と話をした。

大して内容のない話だったとおもう。本当にとりとめのないことを2時間半くらい話した。

そうしたら通話相手が、いまの私の現状に同情したのかなんなのかはわからないが、泣き出した。

泣いている人物と会話を話をするのはあまり得意ではないのでここらへんで通話はやめよう、そう思い、一応なだめて落ち着かせてから通話を切った。

通話後、自分なかには将来への不安感、絶望感、焦燥感、そういったものでいっぱいになってしまった。

そういえば、カフェインを大量に服用すれば死ねるということを聞いたことがあったのでインターネットで調べた。

私の体重カフェイン摂取致死量は15g。ならその2倍服用すればほぼ確実に死ねるだろう。

このあたりで私の頭の中は死ぬことでいっぱいになってしまった。

そして手元にあったカフェイン剤をきっちり30g分用意して、そしてそのまま眠って死ねたらいいなと思ってルネスタやらロヒプノールやらマイスリーやら合わせて100錠くらい準備した。

そして、一気に、手元にあった炭酸飲料で飲み干した。

カフェインの錠剤が大きかったため、何度かに分けて飲んだ。胃酸だろうか、せりあがってくる液体も無視してすべて飲み干した。

飲んでから20分くらいは特になにもちょっと変な感じかな、その程度の身体違和感しかなかった。

30分もすると強烈な吐き気がきて、ああこれはもう我慢出来ない、そう思いお手洗いで吐いた。ロヒプノールの色素のせいか青色の吐瀉物が出た。

何度かえづいていると、1階にいる母に大丈夫?と声をかけられた。大丈夫ではなかったので素直に大丈夫じゃないと言った。

なんせ強力な吐き気それからめまい身体が動かない、もう自殺したいだなんて思わないか身体を楽にしてくれ、そう思った。

母に水を飲まされ、何度も吐いた。母が救急車を呼んだらしく、部屋に救急男性が2人入ってきて、担架で救急車に乗せられた。

このあたり、正直なところあまり記憶がないため、細かいことを思い出せない。ただ、意識チェックなどを受けたことは覚えている。

それと、ごめんなさいごめんなさいと何度も謝っていた。

病院へ着くと、まず胃洗浄を行った。鼻にチューブを通され、洗浄水を入れたり、胃の中の悪い水分を抜いたり。

その後に、活性炭を投与された。胃洗浄は苦しいという話を聞いていたが、正直尿道カテーテルを通されるほうがしんどかった。

胃洗浄が終わると、病院着へ着替えさせられ、CTスキャンの部屋へ移動させられた。そこで強烈な吐き気

CTスキャンが黒い吐瀉物でまみれてしまった。ごめんなさいごめんなさい、ひたすらに謝る私。

その後で、病棟に入り、尿道カテーテルを通され、全身管だらけになっておむつもつけられて待機。

はずかしいはなしだが、何度も看護師さんにおむつを交換されてしまった。

それと尿道の管の違和感が苦しかったのでお医者さんに抜いてもらった。

深夜になると、とても苦しくて寂しくて、泣いてしまった。

一緒に病棟状態を見守ってくれた母がやさしく手を握ってくれたのを覚えている。

それから、こんな風になってしまってごめんなさい、と何度も謝った。

そして、明日には退院できるようにならなければ(その明後日に欠席不可の科目があったので)という気持ちが徐々に湧いてきた。

ODから1日経ちお昼になった。確かハヤシライスが振る舞われたと記憶している。

正直、食欲なんてまったくなかった。それでも、ご飯が食べられないと退院できないと聞いて、必死に食べた。

付け合せのレタストマト、デザートのバナナツナサラダ、そしてハヤシライス。軽いものから重いものへ順々に食べ、1時間近くかけてなんとか完食した。

その後はリハビリがてら、ちょっと歩いたりした。それは特に苦痛ではなかったのだが、最後に大きな問題が立ちはだかった。

自力排尿できなかったのである

いくら尿意を感じて力を入れても、1滴も尿がでない。尿が出ないと今日中に退院できないと聞いた私は数時間かけて排尿の練習をした。

そして、看護師さんに見守られながら、おしっこができたときは、すごく感動というか、開放感というか、達成感に近いものを感じたとおもう。

夕方になり、お医者さんに退院しても大丈夫との許可を受ける。

優しく接してくれた看護師医者さんの方々に深々とお礼を言って病院を去った。

そして実家に帰り、お風呂に入り、早めに寝て、次の日は大学だったのでまた普段日常に戻ったのでした。

今回の件で、絶対ODでの自殺企図はしないぞ、と固く心に決めたのでした。

・いまの現状

あれから精神は少しずつ落ち着き(結局大学卒業できなかったけれど)、念願の恋人との同棲も叶い、基本的には主婦としてやっています

たまに日雇い仕事を入れたり、電気系の国家資格勉強をしたりと、日々それなりに落ち着いた生活をおくれています

実家から離れることで、父親との不和も解消したし、精神が弱っているとき彼氏さんに支えてもらっています

たまに、彼氏さんと喧嘩したりすれ違ったりしているし、やっぱり将来への不安はあるけれど、いまは、しあわせです。

2018-06-12

ボダ治療には「日常駆動するための非メンヘラアクション習得」が必要

ネットをやっているとある種のメンヘラ女は強化されていく

悲しそうな雰囲気を醸す女性ワラワラと男が集まってくる

とても悲しそうな仕草で、悲劇演出するに足る仕草容貌

この、表情、仕草容貌はどのようにして磨かれたのか

ひとえに、メンヘラに寄り付く男の反応なのである

これを観察し洞察検討した結果、メンヘラ女はその「らしさ」を磨き上げていく

メンヘラは、自己メンヘラメディアを持つことで、メンヘラティ昇華していくのである

本人も、これを磨かなければ人と関われない、という妄想にとりつかれていく

ようし僕が助けるよ!じゃねーし、用はないんだよなぁ

ふーん、そうねーつらいのは分かった、またそれは聞こう

それはそれとして、洗濯はしたの?ご飯は食べたの?明日の用意は?

そんな感じで、日常駆動させてくれる人間重要なのである

メンヘラ自身は、そんな奴は嫌いだろうけどね

日常駆動するレパートリーを、ヘラずに増やしていくには良いのだ

ヘラらなくても良いんだ!と思えば、わざわざ辛い顔なんてしないでしょ

それで健全に暮らせて、まともな友人やパートナーが得られるならね

結構ハードル高いししんどいんだけどさ

これをやらないと、古典メンヘラ芸能継承者を目指すことになる

その道はたぶん、北斗神拳継承者並みに苦痛を伴うことになる

俺は日常エンジョイワールドを目指すほうを勧めるよ。多分そっちのが簡単

2018-06-10

anond:20180610225831

わきまえてないのは増田のほうだから、彼の吐いた言葉は全て彼に帰ってきて

彼をブーメランのように苦しめるだけ。

呪い人形でもなんでも買うといい。きっと増田にとり憑いてくれるよ。

2018-06-04

anond:20180604172137

いやいや

まあ俺は判断力はいってないんでその主張は別の人にしてもらうとして

身体健康とかそういう面でセックスについてずっと言ってたつもりだけど

LGBTあくまで本人たちが努力する上でってことなんだから

他の人にロリコン差別についての全ての努力を押しつけられても困る

積極的差別されてるかは事例をあげてもらわないとわからんのでそれは

個人的倫理観は個々人が持つべものなんだからそれを否定されても

から見たら君もロリコン差別幼児差別以上にとりあげて幼児差別してるわけだし

2018-06-01

生きる目標がないニート

このままじゃダメだとは思ってて働く意思はあるけど、なぜ働くのか何になりたいのか目標がハッキリしないのでただただ時間無駄なんじゃないかと思い前へ進めない

何も考えずにとりあえず働いたら何か変わるもんなのか、それとも女買うとか美味しいもの食うとか小さくてもいいから何か目標を持てばいいのか

このまま何もなくフリーターニートを行ったり来たりして人生を浪費していくことが怖い

2018-05-30

女だけど、話聞くよ?

疲れた顔してどうしちゃったの。

話くらい聞くよ?

大丈夫、私の話より前にとりあえず聞くこと優先するから

で、どうしたの?

ちょっと返事遅くなるかもしれないけど、勘弁してよね。

2018-05-29

AV業界固有の特徴を加味して考えると

男優には総合的に割と高いハードルが課せられるのに対して

女優病気持ちとか人間的にだらしなすぎてヤバイようなタイプでも見た目的にとりあえず使えると判断されればそのまま通ったりするので

レズもののほうがキツイというのは普通にありえるんじゃないかのう

2018-05-27

anond:20180527010025

長々と書いてるけど、要約すると「自分の身は安全に、自分より弱い相手攻撃衝動を向けるチキン野郎」ってこと。

一言で言うと「ゲス」。

こういうタイプ組織にとりまれると、上司には媚びへつらい、部下や弱い取引先には高圧的に接するクズになる。

そして、権力に取り込まれると、嬉々として弱い庶民いじめ弾圧する木っ端役人になる。

今のところせいぜい女性相手に、文字通り「あたる」程度のことしか出来ないが、

条件が整えば、幼女誘拐の一つもやりかねない。

犯罪者としての素養自覚しているなら、本当に罪を犯す前に、

自制心を身につける修行をしたほうがいい。

[]高プロ委員会可決されたので、労働者派遣法歴史を振り返るよ(2)

承前

https://anond.hatelabo.jp/20180527035719

国会ウォッチャーです。

今回は1999年派遣法の対象業務原則自由化について、政府がどういう説明をしてきたのか振り返ります。ちなみにこの時の質疑でも、ILO条約批准のために、労働者派遣対象業務自由化必要だというような事を言っているのですが、共産党ILO質問したら、別にそんな事をは要求していないという返事が来たとかいう去年どっかでみたような流れが。

1998年3月伊吹文明説明

 質問者は、前なんとかさんに、ルーピーからつの間にかしれっと評論家クラスチェンジして好き放題言っている松井孝治選挙区を譲れと言われて、ブチ切れて無所属から出て落選後、引退した笹野貞子

笹野

「(略)

 そして、私が一番大臣にお聞きいたしたいのは、この間大臣と久しくお話をさせていただいたときに、大臣終身雇用はいい、日本にとって終身雇用制というのは本当にいい制度

だと盛んに力説したのを見て、私は正直言いますと、あれっというふうに思いました。そのあれっというのは悪い意味ではありません。やっぱり大臣っていい人なんだなと、こういうふうに思ったわけです。

 この今の競争原理とかそういうのを推し進めていきますと、例えば労働基準法改正なんかを見ますと、大臣終身雇用はいいというその考え方と裏腹の方向に行くんじゃないかというふうに思いますので、まず第一大臣終身雇用制をこの流れの中でどのようにお考えか、お聞きしたいと思います。」

伊吹

「(どうでもいい事をだらだらと言っているの略)

一番大切なことは、やはりこの日本人の立派さ、自助自立の気概と、そして産業に対する帰属意識というんでしょうか、権利だけを主張せずにきっちり義務果たしていく性格というんでしょうか、そういう日本人をつくる教育をつくっていけば私は終身雇用制というのは守れると思いますし、また、そういうふうな形で守っていかねばならないと思っているんです。(因果関係意味わからんけど)

 ところが一方で、豊かになって、先ほどもいろいろな御質問がありましたが、子供を産み育てながら保育園子供さんを連れていった後少し働きたいとか、あるいは子育てが終わった後また働きたいとか、いろいろな働き方の選択が豊かさゆえに出てきているということも確かにあるんです。それにこたえるのは、私は派遣職員とかパートという形態だろうと思うんです。今おっしゃっている労働基準法裁量労働制とかあるいはまた変形労働時間制度とか、こういうものあくま終身雇用制の枠の中の話でございますから、その枠の中の話として労働時間管理を働く人たちにゆだねるということなのであって、それは終身雇用制を破壊するという先生問題提起の仕方については、私は率直に言ってやや奇異な感じを受けました。

 終身雇用制の枠の中で労働時間管理をゆだねていく、もしこれをだめだと言いまして、そして日本人の資質だんだん自助自立の気概権利だけの主張で義務を果たさないということになってきますと、企業は多分終身雇用制をやめて、そして裁量労働制じゃなくて派遣職員型の形をとってくると思います。すべてがそういう形になるということは私は余り感心したことじゃないと思いますので、その点はぜひ御理解いただきたいと思っております。」

教育族らしい頭のおかしさはあるものの、表面上は、派遣あくま自由な働き方の1形態であり、その対象業務を拡大しても終身雇用は崩れない、あくまニーズがあるから拡大するんだ、というつ最近加藤勝信から伺ったのとそっくりな事をおっしゃる伊吹文明。その後どうなったのかはご存知の通り。

1999年甘利明らの説明対象業務の拡大をしても派遣労働者はそれほど増えない、製造業に拡大するつもりはない」

 質疑者、石橋大吉情報労連石橋通宏参議院議員父親世襲労組候補というちょっとめずらしい例ですね。なお石橋さんは、参院厚労委員会では一番期待できる論客と思っているわらし。

石橋

「略)連合など労働組合側が非常に心配をしているように、派遣労働が常用雇用代替となり、いたずらに拡大しないようにするための最大のかぎは、派遣受け入れ期間の制限果たして実効性があるのかどうか、これが一番大きな問題ではないか、私はこう思っているわけであります

(略)

 そして、具体的に、改正法案では、この第四十条の二第一項ですが、派遣先はその事業所ごとに同一業務について一年を超えて派遣を受け入れてはならない、こういうふうになっておりまして、問題は、果たしてこれが現実実効性があるかどうかが問題になるわけであります

 このことに関連して、まとめて三つほど聞いておきたいと思うのですが、まず第一点は、一年の受け入れ期間を超えて派遣労働者を用いた場合派遣先に対する制裁をどうするか、こういう問題であります

 改正法案では、制裁としては企業公表などの措置が予定をされているわけですが、しかし、派遣期間を限定する法制において、派遣期間を超えた場合にはユーザー企業である派遣先への雇い入れを強制される制度をとっている国、例えばドイツフランスもそうだったと思いますが、そういう国々が結構多いわけであります我が国においてもそういう制度を導入することはできないのかどうか、これが一つ。

 二つ目は、改正法案では、同一事業所の同一業務について一年を超えてはならない、こう規定しているわけですが、問題は、同一業務をどのように当事者及び監督官庁特定認識をするか、こういう問題があります。従来の適用対象業務という枠と違って、ネガティブリスト方式のもとでは企業ごとに多種多様業務指定がされる可能性があり、また業務境界線あいまいとなるものと考えられるわけであります。この点も厳格にきちんとされなければ一年間の期間制限も全く無意味ものになってしまう、こういう問題があると思うのです。この点をどう考えるか。

 三つ目の問題は、派遣受け入れが終了した時点からどの程度のインターバルクーリング期間を置けば同一業務についての派遣を受け入れることも可能となるのかなどが重要問題となると思います期間限定実効性が担保されるような基準を設ける必要があると思いますが、この点についてどういうふうに考えておられるか、承りたいと思います

渡邊政府委員 

「まず、一年を超えて派遣労働者を使用した、その場合のいわゆる義務化の問題でございます。確かに、諸外国の例には、派遣期間を超えて継続してこれを使用するといった場合には雇用契約が成立したものとみなすといったふうな規定を設けておる例が見られます我が国雇用に関する法制を見ますと、(略)事業主が広く有していると解されております営業自由採用自由を含め営業自由、こういったもの保障との関係でかなり大きな問題があるのではないかというふうに考えておりまして、現行では、雇用についての努力義務を課するというところがぎりぎりのところではないかというふうに考えているところであります

 また、同一の業務範囲の確定の問題でございます

 改正法案におきましては、同一の業務について継続して派遣労働者を受け入れてはいけないというふうに規定しているわけでありまして、この解釈を確定するということが、常用代替の防止を図る、厳密に運用するという点から大変大事なことであるというふうに私どもも思っております

 現行の法令におきましても、この派遣労働関係でも、この業務という言葉はいろいろ使われておりまして、例えば職業職種を用いて表現するものとしては秘書業務とか通訳業務というふうに使われていたり、あるいは具体的な行為を明記して表現するものとして事務機器操作業務というふうに、確かにかなりいろいろな使われ方をしているわけでありますが、この同一の業務解釈に当たりましては、これが常用労働代替を防止するという観点から解釈をされる必要がある、こういった観点に立ってかなり厳密に解釈をする必要があるというふうに考えているところであります

(略)

 次に、いわゆるクーリング期間の問題でございます。(略)この問題につきましては、あくまでもこれも常用労働代替の防止という観点に立ちまして、どのくらいの期間が適当であるか、これは、法案が成立しました後に、審議会の御意見も聞きながら検討したいというふうに考えております

(略)

石橋

「(略、法案では)製造業における労働者派遣事業を当分の間禁止、こうなっているわけです。しかし、産業界を中心にして、製造業における派遣を解禁すべきだ、こういう意見もあるわけであります。さっきの雇用調整の問題などもそういうところに絡まってくるのかなという感じもしないことはないんですが、製造業における派遣労働禁止をされているということは、そういう意味では産業経済に非常に大きな影響を与えている、こう思うんです。

 例えばフランスなんかは、鉄鋼だとか電機だとか自動車だとか、ほとんどそういう製造業中心で派遣労働が行われておって、四分の三は男子だ、こういう形になっております日本では、製造業における派遣禁止をされておるということも恐らく関係があるだろうと思いますが、派遣労働の大部分が女性、こういう形になっておるかと思うんです。

(略)」

渡邊政府委員 

製造業におきます派遣適用につきましては、特に製造業現場にこれを適用することについて、強い懸念が表明されたところであります。したがいまして、改正法案におきましても、こういった意見留意をいたしまして、製造業現場業務につきましては、当分の間、労働省令においてこれを適用しないこととするというふうにしておるところであります。これは、特に製造業において、今委員御指摘ありましたように、いわゆる偽装請負というふうなものがまだ存在するのではないか、こういった懸念があるために、今回もこういった措置になったというふうに理解をしております。(略)」

ご存知のように無期転換ルールが導入されるのは2012年の民主党政権まで待たねばならないし、同一業務規制有名無実化したし、クーリング期間は2015年の安倍政権で3ヶ月と定められました。2006年には製造業派遣合法化され、2007年には、上限3年に緩和されますね。

自民から新進党改革クラブとなった前田正さんの質疑。

前田

「今説明をお聞きいたしますと、要するに、常用雇用がいわば派遣によって圧迫されることはない、また、むしろこの今の経済不況の中で雇用の推進につながっていく、こうおっしゃっておられると理解をしております。そこで、労働者派遣事業事業所数及び派遣労働者数、できれば男女別あるいは年齢別の、特にそういったもので突出しておるところの現状及び労働者派遣事業の総売り上げといいますか、どれぐらいになっておるのか。そしてまた、今回の法改正によって派遣労働者数というのがどの程度増加するように見込んでおられるのか、この辺についてちょっとお尋ねをさせていただきたいと思います。」

渡邊政府委員 

「(略)また、派遣労働者数ですが、これは平成九年度の報告でございますけれども、これによると、約八十六万人でございます。そのうち、いわゆる登録型の派遣労働者は七十万人、常用労働者が約十六万人であります登録型の中には複数事業所登録をしている方もおられますので、この方たちについて常用換算してみますと、派遣労働者は平成九年で約三十四万人ぐらいではないかと思います。したがいまして、派遣労働者の実数は八十六万人と三十四万人の中にあるのではないかというふうに見ているわけでございます

 また、平成九年の調査によりますと、派遣労働者に女性が占める割合は七二・四%というふうになっております。また、年齢別では二十歳代が四〇・三%というふうになっているわけでございます

 また、この事業報告によりますと、派遣労働者の平成九年度の年間売上高は総額が約一兆三千三百三十五億円で、これは前年度比一二・八%増ということになっておりまして、平成六年度以降増加傾向にございます。今回の改正によりまして派遣労働者がどの程度ふえるかということでございますけれども、現在は二十六業務のいわゆる専門的業務特定しておるわけでありますが、これを広く拡大していくということになります。ただ、これは、そういった面では増大要因でありますし、また、従来の派遣と違いまして、あくま臨時的一時的一年間の限定をつけるということでございますから、これが正確に今後どのくらい伸びるかという予測はなかなか難しいのですが、そう急激にふえることはないのではないかというふうに見ております。」

前田

「急激にふえるということはない、こうおっしゃっておられますが、この改正によって幅が広くなる、二十六業種以上に広くなってくるということになると、当然、派遣先がふえてくるわけでございます。ならば、業者数も当然ふえてくると思いますし、また業者さんも、それによるいわば労働者確保というものも当然ふえてくる。したがって、そうふえないのではないかというよりも、私は、急激にこういったものがふえてくる可能性がある、こういうふうに理解するわけであります

 そうすると、ふえてくるということになりますと、今度は派遣先の問題になります派遣先は、極力安い賃金で雇えればその方がありがたいということになるわけであります。過剰の労働者を抱えている業者としてはできるだけそれを送り込みたいということになると、私は、これから労働賃金というものは今のこの二十六業種の平均賃金よりもむしろ安値で安定していく可能性というものがどんどん出てくる、あるいはまた、労働条件そのものも大変悪くなってくるという可能性が多分に出てくるんでは(略」

渡邊政府委員 

企業の側で派遣労働者に対する要望があるということは、これはいわゆる即戦力を求めているという要素が大変大きいと思いますし、また、派遣事業主にとりましても、派遣した労働者が派遣企業要求している能力の水準に達しているということが事業の発展にも大切なことでございまして、この派遣業におきましては、とりわけ派遣労働者の教育訓練というものが従来から重視をされているというふうに考えております

 現行の法律の中にも、派遣事業主派遣労働者に対する教育訓練の機会の確保に努めなければいけないという規定を置いておりますし、私ども、実際に派遣業の許可やあるいは更新の際には教育訓練の状況についてチェックをするというふうにしているわけでございます

 また、今般、一時的臨時的な分野について一年間に限って派遣労働対象分野を拡大することにしておりますが、短期になればなるほど即戦力に対する需要という面が強くなってくると思います。そういった意味では、派遣労働者というのは、一定能力あるいは技能水準を備えた労働者が派遣対象になるということで業務は広がりますが、すべての人が派遣対象になるというものでは絶対にないというふうに思っております

 そういう意味では、即戦力としての能力を備えた、安心して企業の方も使用できる、こういったことでいいますと、今般の派遣労働の拡大が必ずしも賃金その他労働条件の低下につながっていくものではないのではないかというふうに考えております。」

能力の高い人が対象になって業務は広がるが、みんなが対象になるということは絶対にないとおっしゃる。またおちんぎんが低く張り付くこともないとおっしゃっていますが、噴飯物ですよね(橋本岳風に)。ちなみに5年後には全業種対象派遣期間無制限化が実現する模様。政府答弁の絶対にならない、は無意味さらにちなみに、そう増えないとおっしゃていた派遣労働者数は、5年で3倍近いの240万人に、10年で、5倍近い400万人近くに到達する模様。

anond:20180526211741

神様信じてないけど、お腹痛い時は神様仏様にとりあえず祈るし

失敗したら死にたいって言うけどそれが原因で本気で命を絶ちたいわけじゃないし

美味しいもの食べたら、生まれてきて良かった!って言うけど本気で生に感謝してるわけじゃない

言葉ってそういうものじゃないのか

鬱の人が不幸で仕方ない自分に「私は幸せ、こんなの大したことない」と言い聞かせてるのかもしれないし

理想と違う生活をする人がまわりに虚勢をはって幸せマウンティングしているのかもしれない

勿論本気で言っている人もいるだろうけど言葉の表面だけじゃわからない

病み方にはお花畑パターンもあるし

増田の考え方には同意するけど、同僚の言ったことが言葉通りとは思わないな

2018-05-25

違う国の人みたいだ。

なんで、耳で聞いた指示を正確に理解してすぐ仕事にとりかかれるのだろう。

なんで、会議自分意見を整理して発言しつつ相手意見を聞いて瞬時に理解して意見を返せるのだろう。

なんで、色々なことをよく覚えてるんだろう。

なんで、あんなに確認したのにミスがあるんだろう。

なんで、他の人はうっかりミスをしないんだろう。

なんで、他の仕事やりながら雑談できるんだろう。

なんで、あんなに会話が続くんだろう

なんで、自分が話すと少しシンとなるんだろう。

なんで、雑談してたのに残業せずに自分仕事が終わるなんだろう。

なんで、みんな自分と違うんだろう。

いつも不思議だった。

発達障害と診断され、合点はいった。

けど理解はしたとしても諦めがつかない。

出来ないものはできないから出来ることをやるしかない、という風に未だに割り切れない。

大抵の会社ではなんでもそつなくこなせるひと、最近80パーくらいの力を安定して毎日出力できる人が求められるから、頑張るしかないって、思う。

思って、いつもできなくて、悩む。

手足もあるし声も出せるしある程度のことは他の人と同じようにできるのに、ある一定範囲を超えると途端にできない奴になってしまうのが、悔しくて、情けない。

目に見えてわかる特性じゃないから、周囲の人も最初は気付かないのに徐々に、あれ?こいつ人のふりしてるヒトモドキじゃないのかってなってくるのが辛い。

普通にまれて、普通に仕事のことで悩んでみたかった。

2018-05-23

少子化をどうしても解消したいなら、異性同性問わず一緒に暮らしているカップル子供を育てる組に補助金や控除を設けたらいいのに。

それができないなら社会システムコンパクトにしていくように動かないといけないんだろうけど、現役の60〜70代議員にとりあえず辞めてもらわんことには全く進まなさそう。

2018-05-20

人脈広げるためにとりあえず美人になりたい

とっかかりが増える分手っ取り早いよなとマジで思った

2018-05-14

どうしたらいいかからない

タイトルそのままの話。

人にとにかく好かれたい。正確にいうと嫌われるのが怖い。孤独が怖い。

何故そんなことを思うかというと実際にはかなり嫌われやすい。陰口も悪口も言われる。

自分でも嫌われやす性格だと思う。他人の悪いところが目に付きやすいしそれを隠すのが下手。

道を塞いで歩く人にイライラする。他人悪口を言う人にはモラルがなさ過ぎてドン引きする。30近くになってセックスがどうだの言う人には大人気ないと思う。友達恋人を貶すことでコミュニケーションをとる人を見ると虫唾が走るメンヘラ叩きだのMe tooだのも片方当事者一方的相手の言い分も聞かずにとりあえず叩くという性質のものであれば激昂する。

とにかく怒りっぽい。自分の考える正義というものから外れるととんでもなくイライラする。

からこそ、自分にもイライラする。

こんなことを考えている自分は人を裁く権利はない。能力もない。それなのに勝手脳内他人正義から反すると判断して断罪しようとしている。そんな自分気持ち悪い。だが辞めたい辞めるべきだとわかっているのにイライラしてしまう。

イライラする自分を受け入れられない。そして自分こそ他人から見たらイライラされる対象となるのがわかる。でも辞められない。どうすればいいかからない。

こんな自分が嫌いで人と会うのを徹底的に避けている。人を見下したり人にイライラするのが怖くて人と話せない。だけど孤独が怖い。人に好かれたいしありのまま自分を受け入れてほしい。

どうしたらいいかからない。死にたくなるけど痛いのが怖いし死んだら親や家族がこの後死ぬまでなんらかのしこりを残してしまう。そんなことはしたくない。まともに生きられないのがつらい。

どうしたらいいのか、助けてほしい。

2018-05-11

TVを見るワイ「ゆとり世代さとり世代〜?次は何世代だろうねぇ」

妹「・・・・・・ニトリ世代

ワイ「にとり世代

妹「低賃金でも・・・・・・おねだん以上の働きを求められる世代・・・・・・・・・・・・」

2018-05-10

解説図の類は、わかってる人にしか正しい形で描けないけど、分かってる人は必要なくなって作るモチベーションががた下がりするやつで、必要な人がわかってないなりにとりあえず書き始めて直させるしか無い。

年下の上司は 好きですか?

きれいなお姉さんは好きですか

みたいなノリのタイトル付けたけど

実際結構困ってる事で。

中途じゃなくて新卒で入ってくる、私より年上の新入社員数名。

浪人してたり院卒だったり学校入り直したりで経歴は様々。

30近い人たちが自分の下で働く、いわば部下になる。

この人たちに向かってまず

タメ口でいいのか

⑵どの程度先輩ヅラすればバランスがいいのか

で迷っている。

「年下の女のくせに、なんかうざい」とか思われたくないし。

職業技能系なので、現場にいた年数が長い私だから、という理由で年齢とか関係なく先輩風吹かしてもいいものなのか…?

あー、考えるのめんどくさー。

力こそパワー、タメ口でもなんでも技術知識で黙らせられるようにとりあえず今は勉強しておくのが賢明か…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん