「商工会議所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 商工会議所とは

2020-09-24

地域振興券みたいなやつ

もうもらった?

実家自治体は五千円分の商品券が郵送で届くのに、自分自治体商工会議所に予約とって買いにいかないといけないっていうので貰う気なくなった。

しかも13000円の券を一万円で買うとかだし。

2020-09-23

ふるさと納税の実績報告が届いた

令和元年にふるさと納税した市から実績の報告書が届いた。

何度もふるさと納税をしてるけど報告書が届いたのは初めてだったので興味深く読んだ。

ちなみにふるさと納税ショッピング感覚でやってるのでこの市に縁はなく

そもそも何が届いたのかも覚えてないし地名漢字が読めないし市の名前しか書いてないので

どこの都道府県かもわからずこの日記を書くためにググって知りました。

市の規模は人口10万人程度で東京都だと稲城市ぐらいの規模らしい。

納税件数は1.8万件で総額は約3.5億円。ひとり2万円ぐらいを納税してる計算になる。

主な使途としては子育て支援に1.3億、地域づくりに7.5千万観光対策に7千万雇用対策に6千万、その他という感じだった。

具体的な事業内容は以下のように説明されていた。

自分中小企業代表をしているので使途の「地域づくり」「観光対策」「商工会議所」についてはなんとなく想像ができる。

建前としては市の地域活性だが実体利権団体を通じたお金のばらまきに近いんじゃないかなと思う。

これが悪いことなのか、良いことなのか、もしくはそのどちらでもなくただの無駄金なのかはわからない。

とりあえず内訳としては以上だった。

あ、そういえば何をもらったのか知りたかったので購入履歴を探したらマグロ刺身だった。

あれは子供がずいぶん喜んでいたので今年もどこかにふるさと納税しようと思う。

コロナ対策地域振興券

実家自治体は、一人五千円分が勝手に届く方式

自分自治代は、13000円の券を一万円で買える方式

しかも予約して商工会議所に行かないといけないらしい。

田舎のほうがサービスいいな。

2020-07-20

コロナで自社業界が無くなった

いろんな業界コロナで大変だと増田悲鳴が上がってきているけど、ウチも中々に大変なんで書いてみる。

当方しがないケータリング業者会社歓送迎会やレセプションパーティなんかを中心にやっていたんだけど、2月から売上がゼロ年始の時には定期のお客さん含めて6月くらいまで毎月10本弱の予約入ってたんだけどオールキャンセル。その後の新規ゼロ。どっかのホテル業界が90%減少って言ってたけどウチは100%減少。

3月ぐらいの時は正直、秋くらいには落ち着くかなと思っていた。自社サイトリニューアルしたり、調理場改装したり、(お金にならないけど)営業がてら個人宅向けの出張ケータリングしたり、慣れないYoutubeなんかも配信したりもして「コロナは仕込みの時期!」ってやってたんだけど、もう無理。

今年の仕事はおそらくゼロ来年もこの調子だとワクチン重症化予防薬できるまでゼロ。多分、この仕事自体が数年間は(一旦)なくなる。

幸い専従スタッフも食わせる家族も抱えていなかったので、調理場の維持費用だけで済んでるから何とかなってるけど、社員を抱えている人は本当に辛いだろうな。去年結構がんばったので今年は社員を入れて拡大しようかなと思ってた矢先で、本当に良かったんだけど悲しい。

まあでも、死んだものを悲しんでも帰ってこない。気持ちを切り替えて新しいこと始めるしかないと、色々と手を打ち始めた。そうしたら、今は新しいこと始めるチャンスだと気づいたんだよね。

政策金融公庫商工会議所コロナ特別融資などで、お金を借りるのが過去最高に楽。事業転換用の補助金もある。店舗物件オフィス物件コロナ倒産でここ数年では出ないような優良物件が空き始めてる。スタッフもそう。業界にもよるけど、若いから熟練技能者まで求職者が増えている(特にウチの飲食業界はシェフが超仕事探ししてる)

もうね、これから10年先まで見ても今ほど新しいこと始めるべきタイミングはないんじゃないかな。もちろん手元の現金を減らすリスクは恐ろしいけど、今まで勝ってきた人たちの牙城が崩れてるから挑戦者にはきっと追い風だと思う。今、事業計画書とか書いてて起業した時と同じくらい、ワクワクしてるんだよね。

いろんな業界阿鼻叫喚の声が上がっているけど、うまく事業縮小したり事業転換したりして生き延びて欲しい。そんなことは、もうわーってるよ!!って思うかもしれないけど。

2020-07-14

地元から見た鹿児島県知事選雑感

今回の知事選でなんで現職(三反園氏)元職(伊藤氏)がそろってポッと出の新人に負けたのか、鹿児島県人がいろいろと周りで聞いた話を書いてみる。

もちろん反原発から転向したせいだとか国政政党の影響だとかも間違いではないんだが、大きな要因ではない。

ブコメでも指摘してた人いるけどこの2人が県民から圧倒的に嫌われていた事実の前では些事。マジで無党派層のみならず保守王国鹿児島自民支持層からもめちゃくちゃ嫌われてた。

まず三反園氏。地元紙でもさんざん突っ込まれたがこの人はほんとに知事になった瞬間豹変した。権力を手にして舞い上がったのかねえ。

女性添乗員怒鳴りつけ事件とかラグビーワールドカップスポンサーチケット私用入手事件とか

自分顔写真入りメッセージカード配布未遂事件とか秋篠宮つきまとい事件とかやらかしまくってるので検索してくれ。

選挙直前県内市町村長予算認可と引き換えに集票頼んでたのを地元紙にバラされたり、とにかくひどかった。

地元メディアの選挙特集候補者アンケートを全部無回答で返したのもポイント高い。

あとは鹿児島ユナイテッドFCに対する冷淡さかな。1年でJ3に出戻りしてしまったとはいえ、ここ数年の鹿児島ユナイテッドFCはJ2昇格争いに絡んで盛り上がっており、

新しいスタジアム建設を求める声も多く、実際鹿児島市は乗り気だったのだが、とにかく県がやる気なくてまったく進展しない。

鹿児島市がユナイテッド応援ポロシャツを作って職員が着たりしてるのと比べてお粗末すぎる。一説には三反園氏は野球好きでサッカーには興味ないせいだとの噂も。

次に伊藤氏。まあ彼を知ってる誰に聞いても彼はキレ者でやり手だってのはみんな認める。しかしながら同時にとにかく上意下達が徹底しており下から意見を聞かないとも。

はてなでは例の女子サインコサイン勉強する必要ない発言が有名だが、他にも楠隼高校定員割れ事件とか上海路線職員研修事件とかドルフィンポート閉鎖事件とか

負けじとこっちもやらかしてるので検索してくれ。あとはこの人、県内市町村の人事に介入して無理やり変更させる噂があったのよね。市町村からしたらたまったもんじゃないだろう。

とにかく三反園氏にしろ伊藤氏にしろやらかしが多すぎて県民うんざりしてるわけ。

当選した塩田氏がこの2人のようにならない保証はないが、こいつらを選ぶよりはマシだと思ったやつが多かったんだ。

少なくとも元官僚公務員仕事もわかってるし、県政がいきなり機能不全になることはないだろうとね。

追記

※三反園氏の名前修正しました。大変失礼をば。

これは個人的感想だが、思うに2人ともとにかく下部組織(各市町村商工会議所)との関係よろしくなかったんだよね。

上で書いたように鹿児島保守王国なんで、自民一枚岩となって現職を支えれば新人候補に勝てる要素などない。

そうならなかったということは自民支持層の票の取りまとめが全然できてなかったってこと。

いかにこの2人が地域の顔役(市町村首長市町村議会議員商工会議所役員などなど)の期待に添えない政策言動ばかりやってきたのか、の当然の帰結だと感じた。

2020-05-12

スーパー入り口に置いてある消毒液

「あのアルコール、どうやって手に入れてるんだろう。

スーパーから独自ルートがあるのかな」

と思ってたけど、まさかハイターを薄めたやつじゃないだろうな。

身近な人が、地元商工会議所から消毒液をもらったと言って、ハイターの臭いのする消毒液で手を消毒していてふと思ったのだけど。

2020-05-11

ハイターを薄めた消毒液

親が商工会議所で配ってたという消毒液を俺に勧めてきた。

三倍に薄めて使うとか。

親はスプレーに入れて、手の消毒に使ってた。

臭いかいでみたらアルコールでなくてハイターの臭い

ハイターを薄めた消毒液は、ドアノブとかテーブルとか手すりとかに使うもので、手につかったらいかんよって、メーカー公式ページ説明を見せてやった。

2020-04-14

持続化給付金もらえないかもしれない…

コロナ仕事の話がパタリと無くなった…。

とはいえ運用開始したサービスの調整の日々。

お金にはなるかならないかからない仕事が続いている。

から給付金をもらえるのであればもらいたい。

でも、丁度去年の今頃は収入がなかった。

去年は冬に仕事の波が切れてしまって、

から出稼ぎ仕事をしていて収入が入り始めたのが夏の初め。

丁度その頃入ったのが、簡単仕事で稼いでいた数万程度。

世の個人事業主収入一定なんだろうか…。

とりあえず、商工会議所?に明日電話してみよう…。

2020-03-17

テド爺のあいさつ

https://www.who.int/dg/speeches/detail/who-director-general-s-opening-remarks-at-the-media-briefing-on-covid-19---16-march-2020

COVID-19-2020年3月16日に関するメディアブリーフィングでのWHO事務局長の開会挨拶

2020年3月16日

みなさんこんにちは

過去1週間で、COVID-19のケースが急速にエスカレートしました。

現在中国よりも他の地域で多くの症例と死亡が報告されています

また、学校を閉鎖したり、スポーツイベントやその他の集会キャンセルしたりするなど、社会的距離の測定が急速に拡大していることも確認しています

しかし、テスト隔離、および連絡先の追跡における緊急の十分なエスカレーション確認されていません。これは、応答のバックボーンです。

社会的距離測定は、伝播を減らし、医療システム対処できるようにするのに役立ちます

ひじに手を洗って咳をすることで、あなた自身や他の人のリスクを減らすことができます

しかし、彼らだけでは、このパンデミックを消すのに十分ではありません。違いを生むのは組み合わせです。

私が言い続けているように、すべての国は包括的アプローチをとらなければなりません。

しかし、感染を防ぎ、命を救う最も効果的な方法は、感染連鎖を断ち切ることです。そして、それを行うには、テストして分離する必要があります

目隠しされた火と戦うことはできません。そして、誰が感染しているかからなければ、このパンデミックを止めることはできません。

テストテストテスト:すべての国に簡単メッセージがあります

疑わしいすべてのケースをテストします。

検査結果が陽性の場合、それらを隔離し、症状が発現する2日前までに密接に接触していた人を見つけ、それらの人も検査します。[注:WHOは、COVID-19の症状を示す場合にのみ、確認されたケースの連絡先をテストすることを推奨しています]

毎日世界的な需要を満たすために、より多くのテスト作成されています

WHOは120か国にほぼ150万のテストを出荷しています私たち企業と協力して、最も困っている人のためにテストの可用性を高めています

WHOは、感染を予防し、適切なケア提供するために、確認されたすべての症例は、軽度の症例であっても、医療施設隔離されるべきだと助言しています

しかし、多くの国がすでに専用の医療施設で軽度の症例ケアする能力を超えていることを認識しています

そのような状況では、国々は高齢患者と基礎疾患のある患者を優先すべきです。

いくつかの国では、スタジアムジム使用して軽度の症例ケアし、重症で重大な症例病院ケアすることで能力を拡大しています

別の選択肢は、軽度の病気患者を自宅で隔離して世話をすることです。

感染した人を自宅でケアすることは、他の人を同じ家庭に危険さら可能性があります。そのため、できる限り安全ケア提供する方法について、介護者がWHOガイダンスに従うことが重要です。

たとえば、患者介護者の両方が同じ部屋にいるときは、医療マスクを着用する必要があります

患者は、他の人とは別の寝室で寝て、別の浴室を使用する必要があります

一人の患者理想的には健康で基礎疾患のない人をケア​​する人を割り当てます

介護者は、患者またはその身近な環境に触れた後、手を洗う必要があります

COVID-19に感染した人は、気分が悪くなった後でも他の人に感染する可能性があるため、これらの対策は症状が消えてから少なくとも2週間は継続する必要があります

訪問者は、この期間の終わりまで許可されません。

WHOガイダンスには詳細があります

===

繰り返しますが、重要メッセージは、テストテストテストです。

これは深刻な病気です。私たちが持っている証拠は、60歳以上の人が最も危険さらされていることを示唆していますが、子供を含む若者は死にました。

WHOは、子供高齢者、妊婦ケア方法に関する具体的な詳細を含む新しい臨床ガイダンスを発行しました。

これまでのところ、先進的な医療システムを備えた国で流行が見られました。しかし、彼らも対処するのに苦労しています

ウイルス低所得国に移動するにつれて、HIV感染率の高い人口栄養失調の子供たちにウイルスが与える影響について深く懸念しています

からこそ、私たちはすべての国とすべての人に、感染を止めるためにできる限りのことをするよう呼びかけています

手を洗うことは、感染リスクを減らすのに役立ちますしかし、それは連帯行為でもあります。なぜなら、あなたコミュニティ世界中の人々に感染するリスクを減らすからです。自分のために、他の人のために。

また、医薬品などの不可欠なアイテムを買いだめすることを控えることにより、連帯表現するよう人々に求めます

買いだめは薬や他の必須製品の不足を引き起こし苦痛悪化させる可能性があります

COVID-19連帯対応基金に貢献したすべての人に感謝します。

金曜日ローンチして以来、110,000人を超える人々が約1,900万米ドル寄付しました。

これらの資金は、診断テスト医療従事者向けの消耗品の購入、研究開発の支援に役立ちます

貢献したい場合は、who.intにアクセスして、ページ上部のオレンジ色の「寄付ボタンクリックしてください。

また、社会のさまざまな部門が集まっていることにも感謝しています

これはSafeHands Challengeからまりました。このチャレンジは、有名人世界リーダー、そしてあらゆる場所で手を洗う方法を示す人々を魅了しました。

今日の午後、WHOと国際商工会議所は、グローバルなビジネスコミュニティに共同で行動を呼びかけました。ICCは、従業員顧客地域社会保護し、不可欠な物資生産流通サポートするために、4500万を超える企業ネットワークに定期的なアドバイス送信します。

ポールルマンアジャイバンガ、ジョンデントンのサポートコラボレーション感謝します。

また、WHOはGlobal Citizenと協力して、世界中の主要なミュージシャンとの一連のバーチャルコンサートであるSolidarity Sessionsを立ち上げています

===

これは私たち時代の決定的な世界的な健康危機です。

今後数日、数週間、数か月は、私たちの決意のテスト科学への信頼のテスト、そして連帯テストになります

このような危機は、人類に最高と最悪をもたらす傾向があります

私と同じように、バルコニーから医療従事者を称賛する人々のビデオや、地域高齢者のために食料品の買い物をすることを申し出ている人々の物語に感動したと確信しています

人間連帯というこの驚くべき精神は、ウイルス自体よりもさら感染力を高めなければなりません。しばらくは物理的に離れていなければならないかもしれませんが、これまでにない方法で一緒に集まることができます

私たちは皆一緒にいます。そして、私たちは一緒にしか成功できません。

したがって、ゲームルールは次のとおりです。

ありがとうございました。

WHO Director-General's opening remarks at the media briefing on COVID-19 - 16 March 2020

16 March 2020

Good afternoon everyone.

In the past week, we have seen a rapid escalation of cases of COVID-19.

More cases and deaths have now been reported in the rest of the world than in China.

We have also seen a rapid escalation in social distancing measures, like closing schools and cancelling sporting events and other gatherings.

But we have not seen an urgent enough escalation in testing, isolation and contact tracing – which is the backbone of the response.

Social distancing measures can help to reduce transmission and enable health systems to cope.

Handwashing and coughing into your elbow can reduce the risk for yourself and others.

But on their own, they are not enough to extinguish this pandemic. It’s the combination that makes the difference.

As I keep saying, all countries must take a comprehensive approach.

But the most effective way to prevent infections and save lives is breaking the chains of transmission. And to do that, you must test and isolate.

You cannot fight a fire blindfolded. And we cannot stop this pandemic if we don’t know who is infected.

We have a simple message for all countries: test, test, test.

Test every suspected case.

If they test positive, isolate them and find out who they have been in close contact with up to 2 days before they developed symptoms, and test those people too. [NOTE: WHO recommends testing contacts of confirmed cases only if they show symptoms of COVID-19]

Every day, more tests are being produced to meet the global demand.

WHO has shipped almost 1.5 million tests to 120 countries. We’re working with companies to increase the availability of tests for those most in need.

WHO advises that all confirmed cases, even mild cases, should be isolated in health facilities, to prevent transmission and provide adequate care.

But we recognize that many countries have already exceeded their capacity to care for mild cases in dedicated health facilities.

In that situation, countries should prioritize older patients and those with underlying conditions.

Some countries have expanded their capacity by using stadiums and gyms to care for mild cases, with severe and critical cases cared for in hospitals.

Another option is for patients with mild disease to be isolated and cared for at home.

Caring for infected people at home may put others in the same household at risk, so it’s critical that care-givers follow WHO’s guidance on how to provide care as safely as possible.

For example, both the patient and their care-giver should wear a medical mask when they are together in the same room.

The patient should sleep in a separate bedroom to others and use a different bathroom.

Assign one person to care for the patient, ideally someone who is in good health and has no underlying conditions.

The care-giver should wash their hands after any contact with the patient or their immediate environment.

People infected with COVID-19 can still infect others after they stop feeling sick, so these measures should continue for at least two weeks after symptoms disappear.

Visitors should not be allowed until the end of this period.

There are more details in WHO’s guidance.

===

Once again, our key message is: test, test, test.

This is a serious disease. Although the evidence we have suggests that those over 60 are at highest risk, young people, including children, have died.

WHO has issued new clinical guidance, with specific details on how to care for children, older people and pregnant women.

So far, we have seen epidemics in countries with advanced health systems. But even they have struggled to cope.

As the virus moves to low-income countries, we're deeply concerned about the impact it could have among populations with high HIV prevalence, or among malnourished children.

That’s why we’re calling on every country and every individual to do everything they can to stop transmission.

Washing your hands will help to reduce your risk of infection. But it’s also an act of solidarity because it reduces the risk you will infect others in your community and around the world. Do it for yourself, do it for others.

We also ask people to express their solidarity by refraining from hoarding essential items, including medicines.

Hoarding can create shortages of medicines and other essential products, which can exacerbate suffering.

We’re grateful to everyone who has contributed to the COVID-19 Solidarity Response Fund.

Since we launched it on Friday, more than 110,000 people have contributed almost 19 million U.S. dollars.

These funds will help to buy diagnostic tests, supplies for health workers and support research and development.

If you would like to contribute, please go to who.int and click on the orangeDonate” button at the top of the page.

We’re also grateful for the way different sectors of society are coming together.

This started with the SafeHands Challenge, which has attracted celebrities, world leaders and people everywhere demonstrating how to wash their hands.

This afternoon WHO and the International Chamber of Commerce issued a joint call to action to the global business community. The ICC will send regular advice to its network of more than 45 million businesses, to protect their workers, customers and local communities, and to support the production and distribution of essential supplies.

I’d like to thank Paul Polman, Ajay Banga and John Denton for their support and collaboration.

WHO is also working with Global Citizen to launch the Solidarity Sessions, a series of virtual concerts with leading musicians from around the world.

===

This is the defining global health crisis of our time.

The days, weeks and months ahead will be a test of our resolve, a test of our trust in science, and a test of solidarity.

Crises like this tend to bring out the best and worst in humanity.

Like me, I’m sure you have been touched by the videos of people applauding health workers from their balconies, or the stories of people offering to do grocery shopping for older people in their community.

This amazing spirit of human solidarity must become even more infectious than the virus itself. Although we may have to be physically apart from each other for a while, we can come together in ways we never have before.

We’re all in this together. And we can only succeed together.

So the rule of the game is: together.

Thank you.

2020-01-12

若き君のために青年会議所に入るべきか教えてあげよう

まず、小生は某地方にある青年会議所理事をやっている。仕事は士業、青年会議所に入った一番の理由仕事に繋がると誘われたからだ。

今日青年会議所に関してみんなが疑問に思っていることを教えてあげたい。

Ⅰ.青年会議所仕事につながるか?

 まず、結論から言うと、「つながる人とつながらない人がいる」というのが正直な答えだ。人脈づくりの場にはできるが月1万と会費負担商工会議所よりも重い。

そして残念ながら仕事をとれない人も結構いる。私は士業だけど、正直仕事に繋がっていない。それは他の士業の人もそうだ。正直、仕事に繋がっているのは建設業

不動産屋くらいで他はあまり繋がっていない。実際、僕の知り合いの士業は、あまり仕事にならなくて、職場ボスからJCを辞めるように言われた人もいる。

2.青年会議所に入ったらどの程度活動に力を入れるべきか?

これに関しては、「仕事に繋がっていないなら程々にしておけ」というのが小生の意見だ。出向は他地域に知り合いを増やすという点ではとてもいい。

けど、出向して何か役目を引き受けたりするのはあまりお勧めしない。そうなると、給料をもらっているわけでもないのに上役を車で送り迎えしたり

しなければならない(そもそもそういうことがしたいならサラリーマンをすればいい)。はっきり言うけど、金にもならないのにそんなことをするのは時間無駄だ。

自営業なら仕事に繋がることに精を出した方がいい。まだ飛び込み営業をやっている方が生産的だといえる。正直、役職LOM理事副委員長ぐらいがちょうどいいよ。

もしブロック協議会地区協議会役職を受けたいなら、事業成功させてからにした方がいい。

たまにJCに滅茶苦茶染まっている人から日本JCなんかへの出向のお誘いが来るけど、これは全力で断った方がいい。君がもし起業しているなら、一番の優先事項は仕事だ。

そんな人についていけば君の職業生活私生活破綻することが目に見えている。

3.金銭感覚狂うか

正直、青年会議所に長くいる人の金銭感覚はくるっている。実際、今のご時世でも六本木赤坂で飲むことが当たり前のことと思っている人も多い(うちはそんなことはできない)。

結論からは言えば、JCへの加入は進めない。僕も今年は理事をやって、仕事に繋がらなければ退会するつもりだ。地元ではたたかれるかもしれないが、それでも全員が敵に回るわけではない。

さらに言えば、僕の仕事の大半は他の地域からきている。君達にはぜひ、僕がやった方がミスはしないでほしい。

2019-11-27

企業採用したいような人材ギタリスト

貢献だけ考えたら使い捨ては当たり前

個を持ち込むのは全員をエースに引っ張り上げられる潤滑油ってエリック・クラプトンしかいない

グループでの功績が個人に反映されないか給料も安くて済む

ギターも服もセンスが無いのに音楽雑誌掲載されるのは商工会議所との癒着なのかね?

ブレイカーズクリームは最高だけど、レイラからほとんど悪ふざけなんだろ?

あと弾き語りは辞めろ

福山雅治二番煎じにしても華が無いし、黙ってサイドで引き立て役に徹するように

機材の宣伝販売の時とかギター神様だと思うもん、シンプル

2019-06-04

anond:20190604011633

そこまで用意できるならいけるよ!

仮にうまくいかなくても後悔しなそう。

友人が商売始めて1年で軌道に乗ってマル経が使える会員1年目だったか商工会議所活用してたんよ。

住んでる場所と店が同じ地域商工会議所は筒抜けになるからそこはめんどいけど。

ぜひ理想の店づくりしてくれ。

anond:20190604010623

開店資金と2~3年分の家賃光熱費ぐらい用意してから始めるつもりです。

商工会議所等はまた面倒な部分あるのであんまり当てにしてません。

anond:20190604004324

そういう行動力は魅力的。

飲食業界は6割が1年もたず閉店するから借金あんませんようにね。

個人なら商工会議所が何かと便利よ。

2019-04-21

渋谷区議選に投票してきた

なんか今日渋谷区議選らしいんですよ。先月くらいから出勤するときにやたら政治家っぽい人があいさつしているなと思ってたら家のポスト投票用紙が入っていて、4/21に選挙があるんだと。

一応おいらはノンポリではあるけれど、毎回まじめに選挙に行ってきた。ところが今回は仕事の都合で3年前に引っ越ししてきた土地勘のない渋谷区という町。さあ投票だといったとき誰に入れるかすごく迷った。何せ候補は50人くらいいるのに、誰一人としてなじみがない。

多分似たシチュエーションに遭遇している人は結構いるだろうなと思うので、今回投票するのに考えたことを備忘録的に記しておく。あらかじめ書いておくが、おいらの属性アラサー大卒ホワイトカラー独身男性属性的なバイアスがあることを予めご了承いただきたい。

とりあえず初めにしたのは50人の候補者の中から投票先の検討に値しない人を消す作業だ。とてもじゃないが全員の公約を読み切る労力はかけられない。そこでスクリーニングをする。明らかにウケ狙いの泡沫キワモノ候補特定宗教団体がバックにいたり、消費税増税とかの国政マターを地方選挙で唱えている候補。60歳以上の民間なら定年になっている候補、このご時世にホームぺージを持たずITに疎い候補。こういった人たちは自分のこれまでの社会経験上あまりお付き合いしたくないという感覚があるので、半ば『偏見』ではあるが公約の詳細を読まずにざっくり消した。

この段階で15人程度に絞られたのでそこから初めて公約を読む作業に入る。…ぶっちゃけどの候補公約は似たり寄ったり。子育て支援とか、起業応援とか。なので、プロフィールの『印象』で判断することにした。この人が仕事の同僚だったらどうかという『印象』だ。ここで判断基準にしたのは自己顕示欲の強さ。一流大学を出て一流企業に入って、商工会議所世話役をして的な『俺、ビッグだろ?』というような自己顕示欲の強そうな人は職場にいたら嫌な奴だなと思って、その候補ホームページの画面はそっと閉じた。

最終的に投票先に選んだのは、常識的な感じのする現職の男性候補。決め手は候補者がblogにしている活動日誌だった。たいていの候補者が立会演説の予定や、イベントのお知らせ、要人との会合を主なネタにしているところを、この候補者は議会議事予算解説政策説明等がメインにしていたのが好感触だった。この人ならまじめに区議仕事をしてくれるだろうと考えて投票したのだった。

…とここまで結論を出すのに所要時間約1時間。まじめに選んだか適当に選んだかは何とも言い難いところだが、結局のところ『職場上司がこの人だったらどうか?』という視点自分が最重視していたのがわかって面白かった。

今日全国的統一地方選の後半戦ということだが、皆さんのところははいかがだろうか?

2018-12-19

簿記2級

なんかふと思い出したんだけど社会人2年目位に何を思ったんだか簿記2級を取ろうと思って勉強して取ったんだよ、確か。

友達に「簿記2級?普通に取れたけど?」みたいなことを言った記憶ふいに蘇ったのだけど、合格証みたいなのがどこにあるのやら分からない。そもそもなぜ取ろうと思ったのかも分からないし、勉強してたのは確かだけど本当に受かったのかも怪しい。

調べたら商工会議所合格証明書を再発行してくれるらしいのだけど、受験年と受験地が必要とのこと。全く覚えてないけど。

別に合格証とかいらないんだけどさ。

2018-09-30

anond:20180930201357

商工会議所とか青年会議所とかロータリークラブとか消防団とかはてなで最高にバカにされてるけどあれって政治とつながりを持てる場だからな。

そりゃめんどくさいけど影響力を持とうと思ったら対価を払うのはしょうがない。

んで若者はそれを小馬鹿にして代わりに何やってるの?自分時間大事にしてる?そりゃ結構。でもその結果として政治から無下にされてもしょうがないでしょ。そっちから離れていったんだから自然とそうなる。

2018-06-08

夕方ニュース

繁華街芸妓さんがとにかく減ってるから

芸妓育成振興会」っていうのを商工会議所が作ってるって初めて知った

芸妓の育成にお金出して、若い子を育てて、

商工会にいるようなお金のある人がそのまんまお座敷遊びを楽しんでるのか~って思うと

いいんだけどなんだかとても内向きで閉じた世界だよね

不思議なんだけど、ほんとに未だにそれは粋なのか?ってところが結構疑問

現代の発想や感覚ではなかなか趣を理解しづらい部分がたくさんあって、

かつて日本人が全員和装だった時代の芸への感覚乖離がなり手の減少をただ生んでるんだと思ってた

なり手の賃金なんかの問題もあるのだろうし、もっと複雑な部分もあるだろうし

それならそれでこの現代においては廃れるのも仕方のないことだと感じてたけど、

伝統文化、と言われると守らなきゃならないような気もする 中にいる人たちにとっては死活問題なのだろうし

でも伝統文化なのかな~そういう遊び方をしたこともこれからすることもないだろうから実際のところはよく解らない 

この会の目的として一応外国人向けの観光の振興や慶事への出向なんかも記載されているけど、

だいたいは振興会にお金出してる人がそういう場でそういう人を使いたいから作った会、って感じがする

ほんとにおじさんたちが自分自身のために廃れさせたくない内輪の世界だな~と思った

2018-04-19

彦根日常使いのランチなら

商工会議所一階のカフェの日替わりランチ

・すし浜

中央商店街のはずれにある「てるちゃん

カフェグレコ

この辺がオススメ

600円前後ちゃんとした量の野菜もある定食を食べさせてくれる

彦根でのランチスイスが有名すぎるけど他にもちゃんとあることを告知できたら嬉しい

2018-04-03

商工会議所にあるようなパイプ椅子さらっと30年以上前の日付が貼ってあったりするからパイプ椅子って長持ちするんだな…」と思いを馳せてる

単純な造りだから故か全く機能として衰えないし、時代が変わっても椅子としての使い道が変わることもないし、すごいね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん