「日立グループ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日立グループとは

2021-02-25

anond:20210225221847

あるいみ、日立グループが、ベンチャーを立ち上げました。忘年会で、平手友梨奈ちゃんを呼ぼうと思いました。

予算承認下りていますホテルは確保してありますコロナなどではありません。簡単だろ?

2018-07-09

日立造船ってさ

日立グループでもなければ、造船もやってないのな。

2018-06-23

anond:20180623165031

奨学金返済を滞納して将来の貸与者に迷惑かけるなよ

取り立てが日立グループからといって原発寄与かいうのは極論じゃないのか(困惑)

2012-10-07

自殺する人の気持ち

今日僕は自殺する。

仕事復職して、体調も良くなってきた。

周囲の同僚もうつネタにするくらいになってきた。

でも、心の怪我は簡単には治らないんだね。

上司は僕が休職するときこんなことを言った。

「全く気にすることないからな。心の怪我みたいなもんだから

じっくり休めばきっと良くなる。だからそのときまでゆっくり安め」

怪我ならいつかは治るかもしれない。

僕もそう信じていた。

でも怪我でもここまで治らないとさすがに心が折れる。

何をするにも気力がわかないんだ。

気力が出ても不安に押しつぶされる。

不安が消えても、また新しい不安がでてくる。

どうやらこの先にはもっと大きな不安もあるらしい。

目の前の小さな不安に押しつぶされた人間はどう生きればいいんだろうか。

憂鬱な気持ちは誰だって持ってるし、我慢してるんだろう。

でも僕はこんな気持を我慢できる人間には到底なれそうもない。

とあるラッパーが「誰も信じない奴は一度は誰かをギリギリまで信じたはずだ」って言ってたけど、

今考えたら当たってる。男は寡黙で孤独くらいがちょうどいい。人付き合いなんて必要ない。

辛いことが増えるだけだ。

もっと強くなりたかったな。

好きな人にも気持ち伝えられなかったな。

もし神様がいるのなら、僕が死んでも彼女のことを幸せにしてあげてください。

というわけで皆さんさようなら。これから日立グループをよろしくね。

2008-11-02

松下は重電や建設機械部門がそもそも無いからな。電工があるとはいえ、あそこは住宅用電財/資材とかだし

(まあそれで寡占してんのもすごいが)

日立グループの対抗馬は三菱グループだよ。

商事も重工も建設機械もあるしな。

2008-07-21

Re: 日立製作所はまともな会社になるべき

日立コンサルティングという会社がある。日立製作所100%出資戦略子会社という位置づけだ。戦略子会社定義は、しかしながら、おそらく一般化できる類のものではないと思う。日立コンサルティングのそれは、投資案件も積極的にこなすという意味である。投資案件なので、今後の継続案件獲得を目指した赤字受注もいとわない、と言えばわかりやすいだろうか。

かつて、IT系公共事業の「1円入札」が問題になった。日立製作所も、他ならぬそのプレイヤー重要一角を占めていた。1円入札とは、言うまでもなく、今後の継続取引を確保するための戦略だ。いったんシステムを構築した上で自社仕様に「ロックイン」してしまえば、あとは保守運用などの要件を別口で、かつ随意契約で獲得し続けることができるという、ベンダにとっては実にありがたいエコシステムがあった。

そうした投資案件は、日立製作所をはじめとする巨大コングロマリットにとってはまさに「お家芸」であった。そのお家芸の矢面にいきなり立たされることになったのが日立コンサルティングである。

日立コンサルティング設立にあたっては、現・製作社長古川氏が直々に音頭を取ったことがよく知られている。元ベリングポイント会長ポール与那嶺氏を招聘、トップに据えた。この時点で、日立製作所ベリングポイントの間に過去どういうビジネス関係があったかを推し量ることは可能かもしれない。とはいえ、それは皆さんにお任せする。

日立コンサルティングは、国内に拠点を置く数々のファームから熟練コンサルタントを呼び集め、人員規模的には順調な成長を見せた。しかしながら、与那嶺氏が籍を置いていたベリングポイントのような、熾烈な市場競争をくぐり抜いてきたプロフェッショナルファーム文化と、日立製作所ロックイン式お家芸のそれとは、そもそも相容れるものではなかった。

そんなとき、日立コンサルティングという組織の中でどういう化学反応が起きたか。それはいわば「易きに流れる」というものであった。元エントリに触れられているように、本来顧客に対する十分な説明(情報開示)を、しっかりとしたドキュメントプレゼンテーションをもち行うというコンサルタントの強みは損なわれ、日立製作所式の高コストソリューションの提案作業に明け暮れる日々が続くこととなった。

コンサルタントの中には、そうした流れに異を唱える者ももちろんいた。自分日立グループ豊富リソースを自在に組み合わせた業界最強のソリューション提供できるという期待を持ちここに入ってきたのに、ソリューションコンサルティング部隊をそれぞれ抱える日立製作所をはじめとするグループ企業各社との調整に常に腐心せねばならない不経済はどうにかならないものかと疑問を持つ者もいた。

しかしながら、日立ブランドという、日本有数のコングロマリット代弁者へと既に身をやつしていた上級コンサルタントは、もはやグループの、あるいは自己の地位を守るための理想をぶつ存在でしかなかった。

こうして日立コンサルティングという会社は、良くも悪くも、日立というブランドを背負う御用聞き役を担い、そしてその役割に失望したコンサルタントたちは、続々とそこを離れることとなった。

2007-01-08

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/8ce9f5fcb28b22629bdee70b06092c0d

たとえばグーグルの株式の1割を使えば、株式交換日立グループ885社を全部買収できる。
むしろ買収された方がいいんじゃない?

はてなとか。

うそごめん。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん