「ケースワーカー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ケースワーカーとは

2021-10-16

生活保護制度が認める労働の幅が狭すぎる

せどり労働じゃない

Youtube労働じゃない

ブログ労働じゃない

から全部やめて体治して普通企業に務めろと圧をかけられてる。

労働として認められないから経費も認められず、仕入れ費とか一切控除されないし、やればやる程赤字

なけなしの貯金を削ってやってたけどもう無理。今月で全部やめる。

十年ものの躁鬱が治って、治ったとして、どこが雇ってくれるんだよ。

少なくとも経費を認めてくれるならもう少し頑張れて金のサイクルを回していけたんだろうが。

とにかく雇われの就労以外断固として労働として認めないと言うケースワーカーの態度に疲れ果てた。

もう生活保護から抜けようとか考えないことにするよ。お前らの税金寄生して生きていく。

2021-09-28

生活保護10万くらいYoutubeで稼いだんだが…

就労収入として申告したら「ギャンブルと同じ扱いなので雑収入」とかケースワーカーに言われた。

生活保護受給者ユーチューバーとか普通考えて駄目だってからないんですか(嘲笑)」とまで言われた。

ナマポには情報発信自由もなければ、ユーチューバーとしての収入も許されないらしい。

詰んだ

2021-09-16

anond:20210916142110

ケースワーカーもお前に対してそう思ってるやろなぁ

さてどっちの存在のほうが社会必要かなぁ

ケースワーカーぶっ殺したい

折り返し連絡しろと言ってもしない、なんで折返し連絡しないかと問い詰めたら法律上できないとか言う。

電話する度言うことが変わる。例えば最初は市の決めたことだから決定権は区にはないと言って、

次に電話した時は区が決めたことだけど異議申し立て期間が過ぎてるから意義は受け付けませんとか言い出す。

就労して得た収入に対して通常1万5000円まで認められる控除を8000円までしか認めない。

理由を聞いたら二転三転してずるずる三ヶ月引き伸ばされ最終的には就労内容が糞だから就労」として認めないだと。

挙句の果てに通院にかかった交通費請求したら、勝手に徒歩20分くらい掛かるバス停からの通院扱いに変更された。

話が通じなさすぎてまじぶっ殺したい。

2021-08-17

役所に邪険にされなかった生活保護受給者の話

https://anond.hatelabo.jp/20210817051552

この増田、大変な思いしてきて充実した人生送れているようでよかった。

ただ、ここに出てくる役所の人は本当にひどいと思う反面、自分が接してきた役所の人と違いすぎてびっくりしている。

自分担当ケースワーカーを振り返ると、ルールルールとして毅然とした対応をしつつも、常識的言動をしていたように思える。

自分生活保護受給することになったのは、障害福祉サービス事業所支援者提案からだ。

私は発達障害があり(就活中に医師から指摘され検査、診断)、大学から地元に帰り就職するも適応障害退職

から折り合いの悪い家庭から逃げるように上京した。

通院先を確保するや否やハローワークに向かうも、職員から紹介された精神障害トータルサポーター精神保健福祉士から

「働くことを考えるのを辞めなさい」と言われ、日常生活の安定に専念するようになった(当時は週1日しかから出れなかったが、なぜか自分フルタイムで働けると思い込んでいた)。

その過程で、学びの中でライフスキルの獲得を目指す障害福祉サービス事業所(以下施設)を紹介され、見学後、通所することにした。

施設利用を始めるにあたり、症状やこれまでの人生について取りまとめるのだが、「よく生きてたね」と言われた。

こう言われるのは珍しいことではなくて、発達障害の診断を下した医師もWAIS-Ⅲの結果から同じことを口にした。

その時はよく理解できなかったけど、支援者精神保健福祉士)が取りまとめた内容を読むと、自分でも「よく生きてこれたな」と思った。

発達障害精神障害がある人のあるあるだけど、人前に出ると必要以上に頑張ってしまう特徴がある。

そして誰も見ていないところで再起不能に陥る。まさに自分はそれだった。主旨から外れるので割愛するが、ひどい人生を送っていたことに気付けた。

それに気づいたとき、大きな選択を迫られる。

貯金が底をつきかけていたのだ。自分としても支援者医者としても、今働くのは無理だという点で一致していた。

今は環境を整えて、自分を振り返って、自分らしく日々を送れるようになることが第一だ。

でもお金が無くなる。どうしよう。

そんな時に支援者生活保護提案をしてきた。

自分なんかが受けられるわけがないと思っていたが、説明を聞くうちにそれがただの思い込みだということに気付かされた。

当時の自分は、話を聞くのも話すのも時間がかかり到底役所の人と話ができる状況にはなかった。

そこで支援者市役所と日取りを決めて、自分がすべきことを教えてもらい、準備を始めた。

預金口座、保険の加入状況、残金、病状をまとめたペライチの作成……。

そして申請当日。

時間は1時間ほどだったと思う。話はほとんど支援者が進めてくれ、自分事務的な話しかしなかったと思う。

元増田のように、市役所担当者が不親切なことはなかったと思う。

今推測するに、自分福祉とがっつり結びついていたから、ある種の信頼があったのだと思う。

福祉サービスを利用するには、居住地福祉窓口を介して審査を経て利用をすることができる。

まり障害福祉部署へ「就労不可」の情報が記録されているため、生活保護の窓口への根回しがある意味済んでいたのではないだろうか。

元増田ブコメに「〇〇党の議員に頼れ」とあるが、あれはその手段もある程度に思っていた方がいい。

議員に付き添ってもらおうが無理なケースは無理だ。

一番大切なのは役所実態を正しく知ってもらうこと。

そのためには、福祉でもなんでもいいか支援を受けている実績を残すことが大事だと思う。

支援を受けているのに生活保護だけ断られることが起きたら、それこそ役所の中で大事件になる。

まあ、そのための議員なのかもしれんが、議員自分生活の面倒までは見てくれない。

何らかの形で支援者と結びついて日常的なサポートを受け続けることが大切ではないだろうか。

その後担当ケースワーカーが3回変わったが、特に可もなく不可もなくといった付き合い程度だった。

生活保護受給している間に、障害年金申請し、眼鏡を新調し、小学生からの腹痛の治療をようやく開始し、上からも下から内視鏡を入れられ、ピロリ菌除菌した。

医療券にはさんざんお世話になった。

また、生活保護受給した最初の月、3万円も余ったことに驚いた。

生活保護は「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するものと考えているが、

自分自分にそれ以下の生活を強いていたのかと。

自分自分虐待していたのかと。

それじゃあ治るものも治らないし、布団の中から出られるわけがない。

生活保護受給額が、自分人間にさせてくれた。

具体的には、お米に豆腐カット野菜食生活が、

お米にお惣菜サラダにお味噌汁に変わった。

あと大豆プロテイン始めた。筋肉は裏切るけどタンパク質は裏切らない。元気が底上げされた。

元気が出てくると外に出たくなって散歩を始めた。

散歩を始めると施設に通うようになった。

施設に通うようになるといろんなことを学べた。

自分自分らしい人生を送れること。同じ境遇の仲間がたくさんいること。そうした人たちが人生を取り戻していること。

自分もそうなりたいと思った。

一方でけんかもたくさんした。人間関係上手くいかないことばかりだった。

でも人生本来得られるはずだった時間追体験させてくれた施設には感謝している。

そんな中で施設運営しているNPOで段階的に働き始めた。

まずはボランティア。次にアルバイトそれから非常勤

その施設とは仲違いしてその後は非正規で働いた。

市役所には自分一人で行けるようになって、所得申請医療券の申請に毎月通っていた。

生活保護担当の人との思い出はそんなにないけど、福祉担当者の方とは温かい思い出が少しある。

そうしたつながりが生活保護担当部署からの信頼に繋がっていたのではないだろうか。

正規採用就職することになったときには、スーツ代も申請したし、就労祝い金的ものももらえた。

人間らしい生活をするにはこんなにもお金がかかるんだと怖くなったけど、障害年金支給決定した時に一括で支給した分返済したから心残りはない。

今思うと、ハローワーク職員の方からまり主治医支援者障害福祉担当の方に支えられて生活保護受給することができ、

生活保護受給することで人間として再スタートを切ることができた。

今振り返ると、その鍵は役所自分という人間ありのままを知ってもらっていたことに尽きると思う。

でもそれは、元増田のような過酷な状況ではとても無理だと思う。

ただ一つ思うのは、生活日常的にサポートしてもらえる体制が組んであれば多少は違ったのかもしれないということだ。

もちろん、元増田出会った役所人間は論外だが、相手が何者かわからないとき人も組織も非常に警戒するのははてなー自身がよく知っていると思う。

役所だってそうだ。

相手が何者かわからないとき警戒する。

その疑問を解きほぐすための支援者もっと増えてほしいし、もっと気軽に繋がれるようになってほしい。

支援を受ける自分たちも、もっと自分必要支援が何か、明確に言えるようになってほしい。

相手が何者か確認でき、信頼されるならば必要以上に無下にはされない。

ただ、現状はそこのハードルが高すぎる。

自分元増田自治体が逆だったらどうなっていたか永久に謎のままだ。

2021-08-14

生活保護受給者に対するイメージの話

自分生活保護ケースワーカーだった時に受け持った地区は、大体80~90世帯中5~6割が高齢者で、次に多いのが障害・傷病世帯。単身世帯でかつ病気障害のない人なんて2割くらいだったんじゃないかな~~

世間一般には、この二割の人のイメージ生活保護なのかなって

臭い人もいるけど、精神疾患の人とかは症状としてセルフネグレクトみたいなものもあるので仕方ないと思ったり

疲れてる時って、風呂入るの面倒くさくないですか?身ぎれいにするって実は結構ハードル高いので、出来てる人はとてもえらいと思う

次の日休みだったりすると、サボりたくなってしまうのは自分だけだろうか

あと、不正受給金額よりぶっちゃけ医療費のほうがよっぽどかかるし、それに伴う通院交通費のほうがかかったりする。介護タクシー使えたりすると、月で万単位飛ぶからね。でもそれは、医師診断書の提出もあるし、『必要もの』ってことだから不正でも何でもないし・・・

仕事できそうなのにしてない人なんて1割いるかいないかだったけど、ほかの自治体は違うのかな・・・

単身世帯なんて1級1等地でも、生活費7万くらいじゃない?それに家賃が付くくらいだから12,3万くらいかな。まあ、医療費に比べれば・・・

精神科医療については自立支援医療を使ってもらうので、生保は1割負担。やっぱり糖尿とか透析バカイメージ。高額療養費使ったって、やっぱりキツイ金額になる

母子世帯のお母さんなんて、結構みんな頑張ってたと思う。母子世帯は色々手当ついて、最低生活費ちょっとお高くなるので、正社員くらいじゃないと自立(本法廃止)できないってからくりがあったりする

最近は、本人が「生保やめたいです」って言っても、ちゃん生活できる見通しがないと廃止認められなかったりする。なぜなら、そのあと生活できなくて死んじゃったら、廃止妥当性とかを検討されて、役所判断が間違ってたってことになったりするので・・・

もちろん、金使い過ぎちゃって支給日前に「お金ない」って言いに来る人がいないわけじゃないけど、別にそのための予算があるわけじゃないので、足りない分税金が使いこまれてるわけでもないし。

よくお金使いこんじゃうケースとかは、ほんとにムカついたので、支給日にそのまま一緒にスーパー行ったりとかしてた 米だ とりあえず米を買えと あと塩

一緒に水道光熱費払いに行ったりとか・・・懐かしい・・・毎回、「忘れてた」とか調子いいこと言うから・・・

パチンコ競馬に使っちゃう人もいるけど、そんなのその1割未満の人のことであって、そのほかの9割の人がそれなりに生活してるのに、ベーシックインカムみたいな現物支給に切り替えるのもなあ~、と個人的には思う

3ヶ月とか半年とかで生活立て直して自立してく人も結構いるし、折角の制度なので上手に使えばいいのになーと思ったりしま

自分自治体はかなり甘々で、そのせいでよそから流れ込んできちゃったりしてたんですけどね

基準はあるけど、保険原付も持てたりとかするので 家・車はきついかな~~ でも短期決戦見えてる人だったら、認められる人もいたしな

という個人的な思い出話

anond:20210814161110

そこで、毎回ケースワーカーに「グチグチ言われる」理由を考えさせるのじゃん。支援じゃなく、行動変容を目標とさせるべき。

2021-07-27

anond:20210727104551

お前が立った一人だなんて言ってないだろ、お前みたいなのがいっぱいいるって主張ならそこまで書かないと伝わらないよね

俺はお前の保護者でもケースワーカーでも主治医でも友達でもないんだぞ

2021-07-26

anond:20210726001025

自分のこと?

悩んでいる(どうにかしたい)けどどうすればいいかからないなら、まずは病院精神科とか心療内科)という手もある。

それから社協相談すれば、なにかと指南してもらえるはず。

あと市町村役場相談窓口は市民相談でもいいし、障害者福祉でもいい。障害者っていうと違うように思うけど、引きこもり精神疾患患者支援も巻き込んでいることがある。独立したいからとりあえず生保、でもいい。生保別に恥ずかしいことではない。ケースワーカーがいろいろ教えてくれる(特に小さい自治体なら)。

とりあえず何かしら誰かに頼らないといけない。自分が言えたことではないのだが…

2021-07-17

社会的信用がなくて詰んだので人生強制終了するしかない(適宜追記します)

https://anond.hatelabo.jp/20160117121121

後日談です。

https://twitter.com/chejffs

補遺とか書くと思います(21:00補遺アカウントブコメの返信行いました)。

 

スペック

 

 

 

 

 

  • 友人は2~3人程度いたが今は疎遠
    • 地元に友人はほぼいない

郊外辺鄙なところにある激安事故物件すら借りられないレベル社会的信用がない。そのうえ生活保護すら受給できないっぽいしどのみち詰み。

「いつ人生強制終了するの?今でしょ!あとこの点は出ねぇよぉ!」と脳内予備校講師がささやきかけてきます。もう駄目ですね。

こんな増田を書いて一時期は持ち返したけど結局は詰んでしまったという話。やっぱりあの時自滅しておけばよかったのか。

 

あ、田中くんはいつもけだるげはすごく良いアニメでしたよ。2期は来なかったのが残念…

 

追記1】

https://anond.hatelabo.jp/20210505173406

>なんで知人の手伝いを続けようとするのかが知りたい

実はジオラマに頻繁に使われるあるパーツ(特定防止のためどれかは答えられない)が今はほとんど流通していません。

そのパーツは10年ぐらい前までは秋葉原専門店かに行けば20種類、場合によってはそれ以上簡単に手に入りました。当時は各社も矢継ぎ早に新製品出していましたし。

しかし今はそのパーツは2~3種類ぐらいしか流通していません。恐らくジオラマ趣味で作る人が減って需要がなくなったからだと思います

そういう状況に風穴を開けたい!という自分エゴで墓穴掘ったのが正直なところです。

ジオラマ素材で10年前と比べ手に入りにくくなったものはたくさんあります

恐らく中国の工賃上昇でビジネスモデルが成り立たなくなったのと、スマホゲームが娯楽を丸呑みして他の娯楽産業が成り立ちにくくなったことが要因だと思います

追記2】

共産党事務所相談して一緒に行ってもらう

一時期赤旗読んでいた時期もありましたが、共産党はなんか支持できないんですよね。社民党支持者ですし。

ついでに社民党共産党は『きんいろモザイク』と『あそびあそばせ』ぐらい違います

まあ弾圧大好きな中国共産党とは今は一切関係ないですし、いざとなったら使うことは考えるかもです。

ケースワーカーさんとかいるの?

現時点ではいません。障害者福祉サービスヘルパーさんにも相談したのですがなしのつぶてでした。

障碍者年金という、絶対確実な毎月のインカムがあるなら、公的融資を受ければいいじゃない。

そういうのもあったのですね。余裕があったら調べてみたいと思います

うまくいけばノウハウだけを持ち逃げして知人に依存せず新たに起こすというのもありかもしれないです。

2021-07-11

生保仕事の時にムカついたこ

細々生活してた(けど仕事はしてなかった)40代おっさんが「なんか尻が痛い」って言い始めた

何言ってんだこいつと思って、病院行ってどうぞと返してたんだけど、中々病院に行かない

そういう人は多いって言うかほとんどなので、痛いって言われるたびに、はよ病院行けっていってたんだけど、

「俺、がんじゃねぇかな」って言いだした

そういうこと言う人も多いので、だったら益々早くいかなきゃですねと返してたんだけど、

まあ結局その人は末期がんだった

その後がもうバタバタで、入院と在宅を行ったり来たり

ヘルパー手配したり、病院行くためのタクシー介護タクシーじゃないとダメだったり

あっという間にげっそりしていったけど、そのおっさん先生や周りの人の言うことをうんうん聞きながら毎日頑張って生活してた

偶に「やっぱこえーな」「つらい」とか、愚痴言いに痛いケツ抱えてわざわざ事務所来てたりしてたけど、そうだよなあってただ聞いてた

連絡取れる親せきはいるって聞いてたけど、「なんか言いづれぇしな」って話はしてなかったらしい

4ヶ月くらいで亡くなったんだけど、部屋の片づけしに保証会社の人と部屋入ったら、部屋の中には何もなくて、

寂しい部屋だなあという感じ

ちなみに保証会社とは大いにバトルした

そう簡単撤去費用出すと思ったら大間違いなんだよな こちとら貴重な税金だぞ

それは余談として、ここから生保醍醐味って言うか、そう遺骨問題

連絡先が分かる親戚に電話するも、みんな「他のきょうだいに聞いてくれ」だの「縁が薄い」だの

告知を一緒に受け止めるのも相談効くのも愚痴を聞くのも環境整えるのも葬儀調整するのもこっちがやったつーのに、

遺骨の受け取りだけもしないのってどういうこと?????

いっそ家の前に置いて行ってやろうかとも思ったけど、最終的には無縁仏に入りました

無縁じゃないのになんで無縁仏に入んなきゃいけないんだろうなあ

この結論が出るまで3ヶ月くらいかかって、その間遺骨は私の机の中に入ってました

その当時一時保管場所パンパンだったので…… 

連絡取れる全員に、無縁仏文句言いません誓約書を取るのが大変だった

あとで文句言ってくる人いるからね ふざけんなよ

この人の人生って何だったんだろうなあと思ったケース

追記

コメントありがとう 自分おっさんちょっと救われました

【7/13追記

ブクマコメ増えてて驚いた。ありがとうございます

生保生活保護って自分の中で当たり前だったから、生命保険外交員って思いつかなかった・・・生活保護のケースワーカーやってた時の話です。

他の自治体がどうかはしらないけど、うちは無縁仏って最終手段で、基本なんとかして親族に引き取ってもらう方針だったので、無縁仏結論出すにはめちゃくちゃ時間かかるって事情はあります

無縁仏自体場所パンパンで入らないので・・・世知辛い・・・

という事情はあるにしても、おっさんからきょうだいとの話も聞いてたので、個人的に単純に骨になった後の眠る場所すら孤独なのはさみしいなあって思った話

まあ所詮おっさんがわの気持ちなので、きょうだいとしては色んな確執があったのかもしれないけど

今思えばおっさんと話しとけばよかったって思うけど、がんばって闘病してるおっさんに「死んだら骨どうしたい?」とはその当時の自分人生経験レベルでは聞けなかったか

色んな示唆ありがとう

2021-07-10

生活保護の圧倒的楽さ。最高です

自分生活保護を受けることになるとは思ってなかった。

実際に生活保護を受けるようになったら、もう働かなくてもいいんだ、という気持ちが強くなった。

ブラック業界で働く必要もなければ、ワーキングプア状態で首が回らなくなることもない。

辞めれないならせめて会社パワハラ上司の家に放火しにいこうとか、上司家族全員殺してやろうとも思わなくていい。

圧倒的楽さだわ。

これ以上、他人を害する自分想像しなくて済んでるのはデカイ。

働いている間に障がい者手帳ももらっといたので、障碍者加算もある。年金はまだだけど、そのうち申請したい。

犯罪者になる一歩手前くらいのメンタルのやつは、生活保護もらったほうがいいぞ。

手帳があれば、ケースワーカーに働けともいわれない。

俺は生活保護をもらうことで、人を殺さずに済んだと思ってる。

から歩いて寿司食いに行ってくる。税金で食う寿司はうめえぞ

2021-06-18

はてなやめるので10000ブクマ見返した+ブクマカの名(迷)言まとめた(7)

anond:20210618210607

社会編2

情けは人のためならず、だが他人に施すためには自分が、そして社会全体が豊かで余裕がなければ。自分社会全体がカツカツで生きてるのに他者を助けることは物理的にも心情的にも無理。だから経済成長は善なのだ。 - id:rider250

ブコメページ - サナギさんツイート: "ここは俺の日記帳 公務員になって最初辞令生活保護ケースワーカーに任命された時はショックだった 地方公務員がやりたがらない業務トップ常連だし、何より生活保護に良いイメージを抱いていなかった 某お笑い芸人の一件も記憶に新しかったし、当時は俺も生活保護バッシング同調していた"

専業主婦じゃなくても、旦那高収入じゃなくても、出産子育てができる環境にならないと少子化なんて改善されるわけがない。 - id:urakenism

ブコメページ - Yoko on Twitter: "違うな。「女性が最も安心して出産子育てができる環境」は、高福祉社会でしょう。 相手男性経済力なんて不安定過ぎる。百歩譲って「その女性自身が経済力があること」かもしれない。 https://t.co/aDpgJVprnP"

女性自己決定権があがると出産率は下がるんじゃないかと思う。だから女性が産みたくないなら産まなくて良いし、それで国が滅びるとしても仕方ない。誰かの犠牲の上に成り立つ社会などなくて良い - id:theatrical

ブコメページ - 子育ては命を削る」女性出産押し付ける人々に、出産育児実体験を持って反論「気絶した」「他人にはおすすめできない」 - Togetter

クチャ食いをマナー違反としない文化は意外と世界メジャーマナー自分を律するもので、他人強要する方が恥ずかしい。 - id:jaguarsan

ブコメページ - 蕎麦の啜り音がクチャラーと一緒…? - Togetter

自分自身にとっては十年前のことだが、この「なぜ自分は働くのだろう?」という問いを強要しつつ、じゃあ働きたくないという答えを許さない、都合の良い答えばかり求める就活というものが大嫌いだ - id:hakyu

ブコメページ - 就活生に送る!就活内定が出ない人の3つの特徴 - paiza開発日誌

欲を持てば足を引っ張られ、夢を語れ馬鹿にされ、やる気を出せば一方的搾取されるこんな世の中じゃ。 - id:inumash

ブコメページ - 正論】「欲ない、夢ない、やる気ない」……現代日本の最大の危機はこの「3Y」にある 作家堺屋太一(1/5ページ) - 産経ニュース

典型的日本人的考え方。完璧から大丈夫として、不測の事態に対する備えをしない。不測の事態想定外から起こること。最低限の備えは常にしなければならない。 - id:sisya

ブコメページ - 那須雪崩:「経験則から慢心…歩行訓練、3教諭決断 - 毎日新聞


続きます: anond:20210618211951

2021-05-25

結婚したけど子供は産まない

理由は私がADHD自閉症スペクトラムと軽度知的障害併発のキメラから。あと二次障害躁うつ病

父親アルコール依存症とそれに伴うDV母親そいつの言いなりという貧困&虐待家庭で育ったので、私の治療はおろか定型発達の兄弟も一緒に精神病発症した。

いわゆる「理解のある彼くん」に恵まれ若いうちに結婚できたけど、私は絶対子供は産まない。

子供意思を問わず理解のある息子くん・娘ちゃん」に仕立て上げてしま自覚バリバリにあるので本当に産みたくない。

愛着障害を抱えた母親とその子供が見る未来には地獄しかない。

自ら望んで私の治療支援を行ってくれている夫とはわけが違う。子供には逃げ場がない。

夫には夫の逃げ場を用意してもらい、夫とは普段はほぼ別々の行動をしている。私は家事ケースワーカーさん・ヘルパーさんに手伝ってもらい、なんとか日中仕事を続けている(障害者雇用ではあるが)。

あと、特に何も問題がないとき夫婦カウンセリングを月1で行っている。支援である自身ケアについてまだまだ足りていない部分が多く、もどかしく感じている。

こんな状況なのに子供なんて作れない。

生産性もないし種の保存もできない私だが、ゴメンな日本、としかもう言えない。

2021-04-02

一時保護所で保護された経験のある者です

https://news.yahoo.co.jp/articles/fa3a234e26d0d16de400c37890bd8d5ffe8677d2

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/articles/fa3a234e26d0d16de400c37890bd8d5ffe8677d2

こちらの記事にて一時保護所が話題になってたので経験者としての感想を話そうかなと思いました

自分は一時保護所で救われた側で男で小学校とかでも普通にトイレに行けたタイプでこの記事に出てる女の子とは多分正反対人間なので

まあ世の中こんな人もいるんだなぐらいで見といてください

まず前提として一時保護所は「虐待等で親から保護された子」「なんらかの事情で今の家に住めない子(ご近所さんやばい人等)」「両親に連絡つかないので家出した子」「なんらかの非行を働いた子」が混ぜこぜにぶち込まれ場所です

厳密にはちょっと違います犯罪者被害者が同じ施設に入ってるようなものと考えてもらっても大丈夫です( 非行補導されるレベルの子なので犯罪者と言ってもそこまで酷いケースも無いはずですが )

一時保護所の名前の通り一旦はここに集めてそこから 児童相談所、親、警察ケースワーカー、受け入れ先の施設等様々な人が話し合って子供をどうするのが決まります

そんな施設特性上、規則はかなり厳しめにしないとまずいのかなーというのが感想です

自分が居た施設だと

って感じでした

記事に書かれてる規則等があったかと言うと

説教部屋

説教部屋みたいな部屋と制度はあった

ただ、規則違反と言っても主に他の子どもに対する加害とかが原因だけのはず

の子どもに害が及ばないレベル規則違反説教部屋はなかった

自分保護されてる時に、脱走しようとしてバレてしばらく説教部屋に入れられてその後別施設に移された子は居た

異性と目を合わせてはいけない

これは無かった

恐らく性的虐待を受けた子が過去に居たからみたいな規則なのかなとは思う

自分が居た施設では他者交流が出来そうにない子は隔離部屋みたいなとこに入れられてた

最初は無理だけど途中から大丈夫そうだと言って自分から出てきた子も居た

トイレに行くときは必ず職員に声を掛ける

これも無かった

ただ、これについてはトイレがある場所が皆が主に過ごしてた場所から近くて

誰がトイレに行ったか、どれぐらい出てきて無いかがすぐに分かるってのがあると思う

個室のあるエリアからトイレ絶対通路を通らないといけないんだけど消灯時間かになると

そこに絶対先生(我々は施設の人の事先生って呼んでた)が居たから消灯時間過ぎてからトイレに行く場合も把握されてた

実際別の施設ではトイレ自殺した子も居たらしい

私服は着用できず、下着ズボン靴下など2セットだけ与えられる

私服が着用出来ないのはあった

入所時に着てた服は入所時に施設側で預かり

風呂入る前とかに 服置いてある場所があってそこから好きに服とか下着とか取って行けー的な運用だった

潔癖症の子かには辛い環境だったんじゃないかなと思う

人権侵害だ!みたいな意見も分かるけど色んな事情を抱えた子供短期間だけ保護するって名目施設なので規則に関しては仕方ない気もする

ただまあ、冒頭で書いた通りどちらかと言うと強者側で比較的当たりな施設に恵まれた側の人間感想なんですけどね

質問とか書いてくれたら覚えてる限りで回答しま

子供短期間だけ保護する」の短期間てどれくらい?

の子供によってピンキリです

早急にきちんとした施設保護して学校とかも通わせた方がいい子とかは1~2週間もいないと思います

短い子だと3日とかいました

「1つの個室に2~3人が寝てる」って、被保護少年もぐ犯少年も同室で一緒くた?トラブルとかなかった?

特に無かったです

兄妹で保護される子も多いので兄妹だけで1室みたいなのもありましたし

ぐ犯少年と言ってもあくまでも補導されるレベルの子しかいないので

施設先生はどういうスタンスなの?一時保護っても、被保護少年ケア必要だし、ぐ犯少年監視必要

この辺りは分かりません

ただ、自分が居た施設

の子殆どでした

比率的には5:3:1で残りの1がその他理由って感じでした

自分から見た限りですが特定の誰かを監視してるとかは無かったと思います

(狭い施設なので誰か一人に張り付く必要が無かったのかもしれませんが)

補導された子はこれ以上やらかすともっと厳しい施設名称は知りません)やこれ以上罪を犯すと鑑別所少年刑務所に入れられるのを分かっているのであまり変な事をしないというのもあるのかもしれません

規則の多くは脱走防止なのかな

非行少年から虐待被害者等を守るための規則なのかと思います

後は実際脱走者対策だと思います

説教部屋」っていうのは強制的措置の話だろうか

質問内容がよく分かってないのですが

基本は強制です

拒否権は無いです

2021-03-25

anond:20210325122458

生活保護受けてると家賃制限があるし、生活保護者を受け入れ可の賃貸住宅も限られてるから自然受給者が近所に集まる

すると、相互監視状態になって密告も増える

ケースワーカーから保護を止める方向(就職とか)で常に指導されてるとストレスたまるし、「私より先に生活保護を切られるべき人がいる」って思うみたい

2021-03-07

anond:20210307012221

いや、BIの方がやめられんだろ

貯金底ついたら毎月のBIのみの収入だぞ

生活保護ある現状の方がずっと仕事やめられるだろ

俺の知り合いは生活保護ケースワーカーだが、裏稼業として無職ニート引きこもりの親から金もらって生活保護受給の斡旋してるぞ

2021-03-02

anond:20210302041924

洗濯機申請直後なら買うお金出してくれると思うよー。生活一時扶助家具什器費ってやつで。

ケースワーカーより

anond:20210215161950 生活保護申請のその後

言及元の増田です。

一応、生活保護申請して受諾され、その後正式受給が決定し、受給されました。


やったね!働かなくてもVtuber推せるよ!!


…とはならないよね…。

「働かずに食う飯はうまいか?」みたいな話で、いくら推し活が精神の安定に役立っているているとはいえ、いい気分はしないのは事実だし、スパチャしにくいしね(というかそんな余裕はない)


そんなことはどうでも良くて、生活保護受けてみて初めて分かったことをいくつか書き残しておく。


・自宅訪問

最初ケースワーカーさんが住居確認のためにということでやってきた。

我が家デスクトップPCに3枚ディスプレイつながってるごく一般的一人暮らしの部屋なのですが、

なにか言われるかと思ったけど、何も言われなかった。

そもそもそういうもの処分してくださいとか言うことはまずないらしい。

それこそ宝石とか証券とかそういう物があれば話は別だけど。

なのでスマホが何台転がっていようが、ノートPC複数台あろうが、一眼レフカメラを持っていようが問題はないらしい。

まぁ、うちに残ってる上記のそれらは型落ちとか故障したやつとかそんなのばっかりなので、どのみち処分するほうが大変だけど。

メインのPCも5年前~ここ数年のパーツを寄せ集めで作った自作PCなので大したものではない。


医療費

全額補助になるのでたしかお金を払わず病院に行けるのはありがたい。

しかし、「なんか調子悪いしタダだから病院行くか~」みたいになるかと言われると絶対にならない。

まず、役所にどこどこの病院薬局いくから、という申告をして「医療券」なるものを発行してもらわないといけない。

しかもその医療券はどこの病院でも使えるか、と言われればそうではなく、一応指定病院がある。

ちなみに今まで通っていた心療内科対応外だったので病院しからする羽目に。

親切な病院なら紹介状とか書いてくれるんだろうけど、それはしてくれなかった…。


あと、急に病院行かないといけなくなったら、病院に「医療券の原本後日届けるからナマポで診察してくれるか?」って聞かなあかんらしい。

急に病院行く事態なんてそんな元気あるとは到底思えない…。


ゴミ

地域によっては有料のゴミ袋で出さないと収集してくれない自治体最近は多いと思う。

うちの地域でも有料ゴミ袋があるんだけど、生活保護受けると、一年分としてそこそこの枚数もらえた。

地味に重かったので持って帰るのが面倒くさかったけど、たしかゴミ袋切らすとゴミ出せなくなってゴミ屋敷になるもんな…。


給付額と食費

当然だけど最低限なので決して多くはない。そこに文句を言う気は一切ない。

しかし、一応数ヶ月家計簿つけてみて一番なんとかしないといけないのは「食費」となる。

私の場合、完全に引きこもり状態なのでできるだけ外に出たくない、という理由で出前やコンビニ飯が多くなっていたが、

これではエンゲル係数ぶち上がってとてもじゃないけど生活できない。

近所に業務スーパーがあるので、冷凍食品とか買い込んで…とか思ったけど、普通一人暮らし1kの冷蔵庫サイズなんてたかが知れてるので、

冷凍はおろか冷蔵品すらそんなに入らないし、キッチン狭くて自炊する気にもなれない。

もともと料理自体はできる方だし、嫌いではないけど、そもそも調理スペースのなさからやらなくなってしまった人間なので、

なんとか調理スペース確保して自炊していきたい所存。

最悪、激安カップ麺大量購入だけど、それは自分健康が危ないことを過去自分証明しているのでやりたくない…よね。

血液検査したら、酒もたばこもしないしのにこの数値はやべえ、と医者に怒られた)


あとどうでもいいけど我が家洗濯機はない。コインランドリー通いです。



だいたいそんな感じ。

なんとか自立できるように頑張るよ、と言いながら昼夜逆転生活してしまっている自堕落自分がいるのだが、それはそれで。

--------

追記

--------

多くの反応、ありがとうございます

前回もそうだが、割と参考になると言っていただけるのは助かる。

同時にこちらが参考になると感じるコメントも頂けるので本当にありがたい。


スパチャに関して

スパチャしにくい」という文面だけだと、それでもしてるのかよ、と思われそうだが、現状は全くしていない。当たり前だよなぁ。

働いてた頃は、多くはないけどたまにしていたので、それもできなくなるなぁというくらいの意味合いです。

普通血税投げ銭するくらいなら自分生活投げ銭します…。


自炊

電子レンジレシピとかワンコンロレシピかいろいろ紹介してくれてありがとうございます。色々試行錯誤していきます

でもとりあえず、私から言えるのは「これから一人暮らし始める予定の人は、できるだけ大きい冷蔵庫買っておけ。」ということ。

自身も越してきたときに散々悩んだんだけど、安いほうがええやろ!と思って小さいのを買ってしまった…。

当時の自分を殴りたい。

あと、毎日のように買い出しに行くのは、精神病むと大変になるのである


洗濯機

言い訳がましいことは重々承知だが、今から洗濯機を買うor譲ってもらって設置するというのが大変なんだ。

洗濯機置場がベランダなことに加えて、窓際にベッド置いてるせいでベランダへのアクセスが悪い。

長期的に見たらそりゃ洗濯機があったほうがいいに決まってるし、家事をするというのは精神衛生上も良さそうなのでするべきなんだが…。

コインランドリー洗濯乾燥までまとめて大量にできちゃうからいけるやろ、と昔は思ってました。



ここまで書いてて思ったけど、そういうことが問題なくできる人って普通にすごいんだな、って思った。

働いて、家事して、趣味もして…。

すべてがバランス良くできるのってすごい!みんなすごい!

増田の住人のみんなはこうならないように気をつけような!!


【速報】

かかりつけの歯医者指定対象一覧に出てこないので面倒なことがまた増えそうな予感。

その歯医者に紹介されて親知らず抜歯手術した病院が都外だからケースワーカーにめんどくさがられることうけあい

こういう自体も想定して、一応「医療券出せるのって都内だけですか?」って聞いてあったんだけど「出せなくはないけどそれなりの理由が要りますね…」って言われた。

まぁ、そりゃそうだよな、とは思う。

ちなみに担当ケースワーカーの人は普通にいい人です。なんか世に聞く「ケースワーカーに邪険にされる」とかそういう印象は現状一切受けていない。むしろかなり親切。これも人によるとは思う。

2021-02-25

anond:20210224222812

これはDV離婚した元夫に扶養照会が送られ...って話やん(ケースワーカー人殺しの顔をしろ

2021-02-24

ヤングケアラーだった子の話

 新聞を読んでいたら、「ヤングケアラー支援の拡充」という国の施策についての記事が載っていて、私はかつて少しだけ知っていた女の子のことを思い出した。

 5年近く前、私は福祉関係仕事をしていた。専門は障害年金申請の補助。申請者は診断書の提出以外にも、障害を負うまで、負ってからの経緯を書いた申立書も年金機構に提出するのだが、これを一人ですらすらかける人はあまりいない。なので、ここを補助することが多かった。申立書は書き込みがしっかりしている方が、申請が通る確率が高かった。

 自分で言うのも何だが、わたしはこの補助が結構うまかった。子供の頃はどんな子でしたか学校では何に一番苦労していましたか先生はこの時なんて言っていました?なんて、とっ散らかりがちな申請者の人生を整理し、じゃあこう書いたらどうですか?だとか、ここはもっと強調しましょうとか、そう言う感じのコメントをつけると、小一時間もあれば書類は出来上がる。手帳等級に応じたが、まあまあの確率申請は通った。

 ある日、内部疾患を理由女性申請にやってきた。病名は覚えていないが、症状は障害手帳が出るか出ないかギリギリのところで、事実手帳はまだ申請中とのことだった。その場合は申立書でいか日常生活を送るのが困難かを書いて手帳がないことをカバーする形になる。この女性病気で一日20分くらいしか座っていられなかったし、病院に行くのも億劫がっていた。当然、書類作成にも人の何倍も時間がかかった。

 ある日、制服姿の高校生女の子がやってきた。あの申請者の女性の娘だった。彼女は愛想良く

「お母さんの代わりに書類を書きにきました」

と言った。申請書類の代筆はできないが、申立書は代筆可能だったので、私は深く考えず彼女に書いてもらうことにした。

 私と彼女は、年齢が10も離れていなかったこともあり、彼女は初めからリラックスした様子だった。彼女は私のことを「お姉さん」と呼んだ。母親病気の経過について、彼女が全て知っているわけではないこと、また、学校アルバイトの隙間の時間しか来れないこともあり、彼女は5、6度に分けて申立書を書きに来たと思う。

 複数回やって来るので、私たちは打ち解けた。彼女の丸っこいくせ字で書かれる母親物語は、なかなかに壮絶だった。

「まあでも、いいお母さんだよ。面白いし。弟もお母さんのこと好きだからね」

 彼女ニコニコしながらそんなことを言った。

「お姉さんは大学行った?」

 ある日、書類を書きながら、彼女は私にそう聞いてきた。

「うん、まあ行ったね」

「そっかあ。いいなあ、私はお母さんもこんなだし弟も小さいから、大学行けないんだ」

 聞くと、彼女高校2年生だった。近くで話を聞いていたらしく、上司がやって来て彼女奨学金生活保護の話をした。彼女はびっくりした顔をして、

「うちは私がアルバイトしてるから生活保護は貰えないんだと思っていた。それに、生活保護をもらってる人でも大学に行ってもいいの?」

と呟いた。

 上司はすぐさまケースワーカーに連絡をして、お母さんからケースワーカー電話をするように彼女に言いつけた。

「これでお母さんが年金を貰えばうちに余裕も出るし、生活保護を貰っても大学に行っていいなら、私も大学に行けるかもしれない」

 彼女は嬉しげだった。

 申立書が出来たので、申請書を作成してもらうべく女性本人の方を呼び出した。彼女めまいがするとこぼしながらも、申請書を書き上げた。

「そういえば、生活保護申請をして、もらえるようになりました。ありがとうございます。娘も、大学に行きたいって」

「連絡してくれたんですね。生活保護年金の併給の場合保護費の調整があるので、年金のことを先に言っておいて下さいね

「そうなんですか?その話はしていないや」

 女性は少し慌てた様子だった。

「そうしたら、調整が終わってから申請しましょうか」

「そうします。でも、本当によかった。私がこんなだから、娘は学校から帰って家事をして、アルバイトをして、弟の面倒を見て、夜は私のことをお風呂にも入れてくれるんですよ。負担だったと思う」

 あの屈託なく笑う18歳の女の子生活が予想以上にハードで、私は絶句した。

「でも、これであの子普通に過ごせる」

 その後、一週間経っても二週間経っても、それどころか一月経ってもあの女性は来なかった。診断書有効期限が切れそうなので、私は慌ててあの女性携帯電話電話をしたが不通だった。

 こちらとしても書類が宙ぶらりんになるのは困るので、ケースワーカーに連絡をした。彼はああ、あの人、というと大きくため息をついた。

「逃げちゃったんですよ。もう引っ越したので生活保護はいいです、って電話が来ておしまい音信不通です」

 私がギョッとしていると、彼は良くわかんないですが、と言いながら、

「こういう時ってだいたい男絡みだったりするんですよね。結婚していた時に住んでいたところにいるって話してたから、前の配偶者とよりを戻したのかも」

 私は息が詰まって口も聞けなかった。申立書に、彼女は前夫からひどい仕打ちにあったと書いていた。

「娘さんは?娘さんに連絡でもいいんですが」

 私の問いに、彼は首を振った。

「娘も一緒ですよ」

 彼は本当はこんな話しちゃいけないんですけどね、と呟いて、そのまま自席に戻っていった。

 あの頃、私はヤングケアラーなんて言葉は知らなかった。だけどあのアルバイト家事を懸命にこなす大学に行くのに憧れていた女の子は、まさにそれだった。もっとどうにかして、彼女を助けられなかっただろうか。彼女にごく普通女の子としての生活を送らせてあげられなかっただろうか。彼女大学に通わせてあげることはできなかっただろうか。あの子は今頃、大学卒業する年だ。

 

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん