「住宅団地」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 住宅団地とは

2018-08-24

ボロボロ公営住宅に住む人

お盆田舎ドライブしたのだけど、信号待ちで少し衝撃的な住宅団地を見た。屋根コンクリート瓦で、外壁は錆びたトタン木造の戸箱、汲み取り式トイレ煙突が基礎のマンホールから出ていて、築50年はたってそうなボロ屋の1階建てが、10軒くらい並んでいるのだけど、うち2軒には人が住んでいるようだった。とても人が住めるような住宅には見えないのだけど、これは健康で文化的な最低限度の生活と言っていいのだろうか。ここに住んでいる人はそれで満足なんだろうか、役所の人はこれで問題ないと思っているのか、地元議員は、などと思っていたら信号が青になって走り出した。住んでいるのはきっと老人なのだろう。建て替え交渉が難しいのかもしれない。予算がないのだとしたら将来はどうなるのかと、少し心配になった。

2015-10-04

モヒカン復興、新住民研究

ぽんぽこ88年、羽手名村の大字題有井と大字無し地域にまたがる巨大ニュータウン「羽手名ブログ」の建設が始まった。

大字題有井の住民は新しもの好きでもあったので、新しい“ブログ”に次々に移住していった。
何人かの住民トラックバックが発動できないという土壌に驚きを禁じ得ないでいたが、村営有線電話「羽手名キーワード」が敷設されていたのでそこまで託つ者もいなかった。
なによりも新しい“ブログ”の住宅団地では家の改装自由自在にできるだけあって好評を博したのであった。

そう、好評を博した。博しすぎたのである

ぽんぽこ89年の頃から村の気配が変わっていく。活力門扉の町から文言報道の町から、塀須物久の村から、あるいは文言報道役場から建設キットを受け取ってどこの村にも属さない野山に家を立てて過ごしていた人たちが徐々に羽手名ブログに移り住んできたのだ。
住民が次々にやってくることに旧住民は行く末安泰なことに顔をほころばせていたが、その顔はやがて曇っていく。

住民はウェーイ系であった。

なんだこの人たち。こんな異世界の人たち、なんでここにまで来ているんだ。
―――旧住民の戸惑いは、やがて怒りに変わっていく。
俺達の平和な村は消えた。返してくれ。あの平和空気を。

ぽんぽこ90年、旧住民の動揺はいよいよ高まってきている。
寄合で「モヒカン復興、新住民研究」を掲げて反抗を始めるか。
福澤アナのように新住民社会に溶けこむか。
あるいは物語が進む前に融和策を役場が講じるか。

村は行く末を決めるとき差し掛かっている。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん