「大成」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大成とは

2022-08-08

anond:20220808205940

他の人も書いているけどソフトウェアエンジニアに向いてそう。

今日はもう呑んでいるいるので、数年後ソフトウェアエンジニアとして大成した元増田

その活躍ぶりを書き込んでいるのを偶然見つけた自分妄想して目頭が熱くなった。

2022-08-07

anond:20220807153054

そらそうよ。全ては生存バイアス

尖った能力を持って生まれる代償として社会性を失ってる連中がいて、その中で生き残って大成した奴だけがエピソード開陳する機会を得る。

社会性を犠牲にして尖った能力を持って生まれたけど大成しなかった奴もいるし、尖った能力は無いけど社会性も持って生まれることができなかった奴もいる。

凡人は社会性に特化するしか生き残る方法が無いから、尖った能力を持っててもそれで一点突破できなかった奴は無理矢理にでも社会性を身に着けて凡人として生きるしかない。

2022-08-06

anond:20220806204841

下積み後に大成するクリエイティブ系の男なんてのもいたりするが、そういうのは糟糠の妻を捨てて若い女再婚したりするので、結局金の無いのには近寄らないのが賢い処世術になるという

2022-07-26

朝礼は午前8時だから、朝礼増田カタール辺りにいるんだよ!

石油プラント建設現場監督かな

テレビCMにもなった、大成とかのエリート大学院卒。

ナ、ナンダッテー


anond:20220726154204

2022-07-20

anond:20220720204216

ただ教養があったとしても「教養人」からマウントを取られる可能性が低くなるだけであり、「他人との会話が盛り上が」るなんてことはまず無い

大人になってから多少の教養を身に着けた人って、幼いころから教養人として育ってきた人とも全くの無知教養とも話が合わないんじゃないだろうかという気はする

大成したビジネスパーソン若いころに取引相手と親交を結ぶために必死勉強をした、みたいな立身出世譚は山ほどあるが、それは莫大な人々の中のごく一握りなわけで

2022-07-10

プロゲーマーは気づいたらなるもの」を真に受ける人たち

https://togetter.com/li/1911541

学校を辞めてプロを目指したい」→元プロゲーマープロは気づいたらなるもの学校行きましょう」

eスポーツ日本で発展した今、世迷い言でしかない。

taiyoの発言否定するつもりはない。

勉強がイヤでゲームに逃げる子供、そのような子供に対してtaiyoは忠告をしたんだろう。

そこから変な一般化をするな、ということだ。

がむしゃらにゲーム練習して、結果を出してスポンサーに見つかる。

一昔前はそういう感じでプロゲーマーが生まれていた。

だが今はプロゲーマー求人広告が出る時代だ。

http://team-detonation.net/news/37763

https://twitter.com/gyogun_official/status/1509423174001512449?

https://twitter.com/eva_e_official/status/1536708608804548610?s=20&t=Q0cykPX4VsmMx_-kRlqUuw

報酬はこれくらいで、応募の必須条件はこれでと、条件提示の上でトライアウトを経てプロゲーマー誕生する。

要は就活転職なわけ。

チャンスを伺ってプロを目指せる奴が、始めの一歩を踏み出せる。

日本大手eスポーツオーナーは、自著で「まず稼げるゲームは何なのか的を絞った方がいい」とまで述べている。

当たり前といえば当たり前の話で、「プロスポーツ選手になりたい!」ってなら野球サッカーをまず視野に入れるべきだ。

eスポーツ日本で食えるのはLoL、VALORANT、PUBG MobileストVなど限られてるんだから、まず狙いを定めるべき。

どのゲームを選んで、どの事務所に入るのか?

戦略的に考え、能動的に動けないと、プロゲーマーにはなれない。

LoLで著名なプロゲーマーのYutaponは、大学進学しながらプロゲーマーを続け、プロに専念するため休学を選んだ時期もあった。

ときどは大学進学と公務員試験をこなしながら、最後にはどちらも捨てるという選択を取った。

成功する人間は、時間リソースの割き方を自分で決めてるわけ。

どの選択ベストなのか、自分戦略的に考えられなきゃダメだ。

学校はとりあえず行っとけ」なんてアドバイス鵜呑みにしてるようじゃ話にならん。

というか、この手の「夢を目指しても学校はやめるな」系の説教って、凡庸生き方しかできない奴が自分肯定したいだけだろう?

そんな凡人たちの意見は何の役にも立たない。責任も取ってくれない。

プロゲーマーとして大成する人物は、なんだかんだでリスクを取ってる。

リスク取ってプロになったからこそ、大勢の凡人にリスクを取らせる発言はできないんだろう。

ある意味じゃポジショントークだ。発言力と責任あるポジションからこそ、taiyoもNinjaも「みんなプロゲーマーになって成功しろ!」と煽るわけにはいかない。

それを真に受けて「そうだ! 勉強ちゃんとやっとけ!」と説教する奴はマヌケだ。

2022-07-04

いやマジな話子役無垢な声を漁りたいならNetflix幼児向けアニメはかなりの穴場だぞ

大成した声優最初デビューがこの番組だったって例が10年後にくるから未来を見据えて鑑賞するのも楽しい

2022-06-29

anond:20220628184225

あの人が舞妓だったのは間違いない.

経歴の胡散臭さと、物書きとして大成したい思いがあってバズ狙いで書いてる

これには、BOY-KEN同意見。

2022-06-28

anond:20220628135027

あの人が舞妓だったのは間違いないが、経歴の胡散臭さと、物書きとして大成したい思いがあってバズ狙いで書いてる気がするんだよなぁ

そもそも舞妓ってそんなホワイト仕事でもないでしょそもそも

職人さんとかもそうだけど 今の時代に合ってない昔から職業はたくさんあるわけで

いい悪いは別として

2022-06-27

anond:20110120022852

乗り越えるのは「無力感」の1時期だけではないでしょうか。

、この2つの次期を上手く乗り越えた子はほぼ例外なく才能を活かして大成してる。

2022-06-26

anond:20220626134519

逆にいうと大器晩成型の天才最初に万能感を持たなくて済むから大成できるんだろうな

最近はとにかく早い年齢で才能があることが重視されて(AO入試とか)、最初は地味だったけどだんだん頭角を表すタイプが生きにくい世の中になってる

2022-06-24

財政の先行きどう思う?

「イケイケどんどん」の安倍vs「引き締め」の麻生

(岸田に)選ばれたのは「イケイケどんどん」でした。

今とは比べ物にならないほど、税金使ってやりたいことアホみたいにあった明治政府ですら財政収支のバランスにめちゃくちゃ気を遣ってたんだけど、今の政府学校へのタブレット配布だとか下らない事にばら撒き過ぎでは?例えばタブレットは家庭で用意すれば良いし、出来ないなら他の方法で生徒とその親が工夫するしかない。明治大正お金無くて教科書ノートが用意できない子はいただろうけど、一々手取り足取りしない。むしろそんな中でもがいた子ほど大成してる例もある。

2022-06-21

anond:20220621124043

大金持ちで一生遊んでいける資産があり社会的には大成していても弱者なのか?

白人金持ち家系ヘテロ不妊でも?

anond:20220621122255

生物として生殖ができないことを弱者としないならなんなんだよw

に対して、おそらく話者男性から社会的大成した男性同性愛者はどうなんだって言ったんだよ

他にも挙げてんのに切り取りして話をずらすな文脈読め

anond:20220621121959

社会的大成した大金持ちのゲイ

そういうの持ち上げるのがあのアイデンティティポリティクスってやつでしょ

だいたいオバマにしてもハリスにしても出自としては単なる移民

黒人奴隷がどうとかみたいな過去歴史的経緯なんかほぼ無関係しかないのに、なぜか代表面してるわけで

anond:20220621121138

この人のなかでは社会的大成した大金持ちのゲイとか、子どももつ気がないイケメン、または不妊から自分の子供はもてないけど養子をもらった人も「弱者」なのかな

あたおか

2022-05-30

最近文学作品よく読んでるんだけど

ちょっと思ったのは、文豪って悲痛っぽい作品作ってたところで所詮結構割合ボンボンまれのお坊ちゃんなんだよなぁって

なんつうの?「太い家庭に生まれた故に作家として大成できた人物の苦悩」を対して凡家庭の凡人視点で見るのはいかがなもんなんだろうかって

2022-05-21

推しメジロパーマー)が別人(別ウマ)になって帰ってきた話

メジロパーマー(以下パーマー)という競走馬をご存じだろうか

実馬は遅咲きながらも、史上5頭目となる春秋グランプリ制覇を果たすなど、紛れもない名馬である

自分パーマーを初めて知ったのは、ご多分に漏れ大人コンテンツウマ娘、そのアニメ2期の時だ

アニメ2期は怪我や勝てない苦しみなど、とにかく重くて暗い展開が多い

主人公トウカイテイオーライバルメジロマックイーンラスボス枠のようでそうでもないライスシャワー、チームカノープスの面々(大正義ツインターボ師匠例外)などなど、

右を見ても左を見ても、どいつもこいつも割とひたすら辛気臭い(失礼)

もちろんそれがアニメ2期の良さでもあるのだが、

そんな中で異彩を放っていたのがメジロパーマーと、その親友ダイタクヘリオス(以下ヘリオスである

こいつらはとにかく、悩まない、くじけない、ひたすら明るい

挫折や失敗や敗北は山ほどあるのに、それにいちいちヘコむことがない

何も考えずに適当に走っているからかといえばもちろんそんなことはなく、

ライバルはきちんとチェックしているし、いざ走れば一度抜かれても決して引かない負けん気を見せる

自分らのスタイルを貫き通せば必ず栄光が掴めると、強い信念を持って走っているのがこの二人なのだ

そんなアニメ2期の清涼剤とも言える二人、特にパーマーのことが自分はすっかり好きになっていた

実馬のことも少し勉強し、ゲームのほうでもパーマーが登場するのが待ち遠しくなっていた

そんな中、ゲームのほうでも一部にパーマーが登場するようになる

本人のメインシナリオ実装はまだだが、サポートカードイベントなどでちらちら登場する形だ

自分はメインシナリオ待ちだったのでまだそんなに深く追うことはしていなかったのだが……

それでもたまに現れるゲームパーマーを見て、かすかな違和感を覚えた

アニメ2期のパーマーは、素直で自然体な女の子という印象が強かった

が、ゲームパーマーは変にかっこつけてるというか、斜に構えた性格になっているようにパッと見では思えた

その時は「まぁ別媒体で多少性格変わることぐらいあるか。本番はメインシナリオだしな」と軽く流して、深く考えることはなかった

そうしてしばらく待った後、ついにメジロパーマーのメインシナリオ実装された

自分は迷わずガチャを引き、パーマーの育成を開始する

「んんん……?」

序盤からいきなり疑問の声がリアル漏れ出た

パーマー自分は才能がないから、天才だらけのメジロ家の中で、調整役を買って出ることで存在感アピールしてきたと語る

……これはいわゆる、ケア・テイカー(リトルナース)の特徴である

アダルトチルドレン一種で、

「誰かが困っていないと、自分価値を感じられない」

「誰かのお世話をして「私なしではいられない」と思って欲しい」

という性質がある

もちろんそういう性質を持ったウマ娘物語があってもいい

だが、独自の道を明るく貫き通し、大成もしたパーマースタート地点がコレ……??

自分の頭の中はクエスチョンマークでいっぱいになった

その後も、勝っても負けてもうじうじうじうじ……

対戦相手に誰がいるからどうだ、したいアピールができなかったからどうだ、

落ち込む理由をわざわざ探してきては、うじうじうじうじ……

これが作中のプレイ期間である3年間ほぼ丸々続くのだ

繰り返すが、そういうウマ娘がいたって別にいい

だけど、自分の愛した快活なパーマーと、別媒体とはいえ本当に同じウマなのか???

もうこの時点でかなり嫌気は刺していたのだが、次の展開が自分にとってのトドメとなった

ダイタクヘリオスへの依存

3年目、不安で何もできなくなってしまったパーマーに、ヘリオスが一肌脱ぐ

自分が予定を変えて、これからずっとパーマーと一緒のレースに出る、隣で走って勇気付けると

待て待て待て待て

そもそもパーマーヘリオス友情とは、実馬の両者が必死に競り合う姿から着想されたものである

まり両者の友情は互いに遠慮せず本気をぶつけ合うから成り立つものなのであって、

どちらかがどちらかに寄りかかるような、そんな介護みたいな関係であっては決してならない

また、ウマ娘全体の物語としても、大きく定石を外れている

ウマ娘世界では、いくら仲が良くても同時期のウマ同士で依存するような関係性は、基本的唾棄すべきものとして扱われている

アニメ1期のスペとスズカ、オグリシナリオに置けるタマ、ドトウから見たオペラオーなど)

途中、ヘリオスが過労で倒れることによってさすがに反省する展開になるのかと思えば、

親友負担をかけつつ依存を続けるというまさか選択肢が選ばれる

ここまで来るとヘリオスまでリトルナースに見えてくる

リトルナースに介護されるリトルナースってどんな地獄

もうここまで来るとあまり感じなくなってきたのだが、

そんなパーマーの最終到達ゴールが

「おばあさまギャル語アピールすること」だったのも大概ゲンナリした

自由をさんざアピールしてきて最後に恐れるのが身内というのも大概だがまぁそれはい

借り物のギャル語マスターすることが本当におまえのゴールなのか

それってヘリオスコピーになりたかっただけと違うんか

ゲームパーマーには本当に芯というものが、自分というものが、無い……

こうして、自分の愛した素直で快活だけど負けん気はウマ百倍だったメジロパーマーは、

全くの別ウマとなって帰ってきた

別にどうこうしたいとかしてほしいとかはなく、ただただ辛い気持ちを吐き出したかった

読んでくれた人はありがとう

2022-05-13

話題のシンウル・トラマンを観てきました!

主人公は🐯の頭をした男です

なんでも、昔は国家公務員だったらしいが、漫画家になりたくて辞めてしまったらしい…

しかし、漫画家としても大成できなかったため、工場就職する

その工場では文房具を作っていたのだが、やがて工場世界不況廃業に…

従業員給与は払われず、工場経営者放置していったダンボールの中には、

大量のシャーペンの芯が入っていた…😩

2022-05-02

彼氏実家挨拶に行った

お互い結婚意思があるため、少しずつお互いの両親と会っていこうということで、手探りながら交流を開始した。

彼氏東京お上品な街で生まれ医療従事者の父と音楽家の母からまれたとてもお育ちのいい人である

反対に私はどうか。

父は半グレ(ほぼグレ)、母は水商売しか経験のないホステス。今だにバブルを忘れられない派手な見た目でずっと足立区にいる。

親族では私が大学進学そして卒業さらには大手正社員として採用されたことがビッグニュースになるくらい低学歴一族だった。

というか、平成なのに同世代親族ほとんどが小卒ってどういうことなんだよ。

ろくにグレることもできずに、中途半端暴走族ヤンキーやってその世界大成することもない人たちばかり。

東京リベンジャーズやクローズZERO世界線のがよっぽどマシだ。あの世界のモブにすらなれないのに、繁殖力だけはあるしょうもない人間を量産している一族である


と、自分一族からは色々な迷惑を被っていたし、世間様にも色々ご迷惑をおかけしていたので、出来れば縁を切りたいと思っていた。

ひょんなことから出会って交際して、まあ結婚するかわからないし、なんて交際を続けていたらいよいよその話が出てしまった。

そして彼氏実家に行って、圧倒的な育ちの違いを感じた。全てが違う。何もかもが。私が知ってる「家」とは一切合切違った。

平和ドラマのセットみたいだった。揃えられた家具アンティーク食器、皮張りのソファ、犬ですらうちの従兄弟の誰より聡明な顔つきをしていた。

終わった。こんな小綺麗な世界で生きてる彼氏に私の実家親族を見せたらなんて思うだろう。

小指がなかったり、和彫が完成してたり、博打酒女、文化のかけらもない会話、ああ今考えるだけでお腹が痛くなる。


彼氏にはあらかた、「私の家は君が見たことないような終わった一族です。」というのは伝えてある。

彼的には問題ないよ、僕が好きで一緒になりたいのは増田ちゃんだし、いろんなお家があるのも普通のことだよ。と言ってくれてる。

大丈夫だろうか。


夏頃に私の両親と顔合わせをする予定です。

それまでにはなんとかその品のない状態を何とかしてくれ、頼むからと昨日電話したら「あいよー」なんて言ってたけどなんもわかってねえなこれ。


胃が痛い。彼は多分このまま結婚をするだろうし、彼の両親もお育ちが良すぎる故に、「増田ちゃんが息子のこと大事にしてくれてるならいいのよ」なスタンス

でも辛い。内心では絶対呆れられるだろうし、当日私はたくさん恥をかくと思う。

両親のことは愛してる。でも、恥をかきたくない。

困った。今から考えるだけで心臓が苦しい。

2022-04-24

anond:20220424183603

アホノミクス大成果は、アメリカへの直接投資が大幅に急増したこと

配当金貿易赤字をまかなえた。

ただ物作りと違って、配当金は円に変える必要がない。

従業員給料を払う必要がないから。

2022-04-19

anond:20220418190253

(続き)教育に悪いと思うのはまさしく偏った価値観に基づく考えだ。

100万年前とかにまれていたら裸でほっつき歩いていても何も感じるものはないはずだからだ。

その教育に悪いという考えで子供に性に関するあらゆることを隠すことが、子供に性に関することへの後ろめたさを植えつけることになるのだ。

そもそも法律撤廃されると言う前提ならその未来撤廃された世の中で裸で歩いていても全く反社会的な行動ということにはならないので、裸を見て育つことが将来裸になって歩く因子になっているのだとしても、教育に悪いということには全くならないはずである

法改正直後には街やテレビ映像として裸が視界に入ってくることになり、それに不快感を示す人も一定数出て来ることだろう。

しか社会の移行期には誰かしら不都合を被る層が出てきてしまうことは当然なのである

産業が変わるときだって失業者は出て来るものだ。

一切の不都合を被る層が出て来ることを恐れてはより理想的な方向への変革もままならないのである

LGBTに対する多様性を確保した次には、このような法改正をすることでより大きな多様性を確保していくべきである

いずれネイティブに性に後ろめたさを感じる人はいなくなっていって、裸に不快感を示すことなど「お気持ち」に過ぎなくなるだろう。

ある意味原始時代に戻るわけである原始時代においてそんなことに不快感を感じる人など奇異な存在というものである

どんなときでも服を着なければならないということではなくなることによって、社会はより合理的に回るようになるだろう。

それだけではなく、同意の無い他人を巻き込まない限りは街中でオナニーすることや野外セックスだって可能である

こんなことを言えば、また教育に悪いとか言う人が出て来るだろうか。

極端な話だが目の前で殺人が起こったからといってただちにの子供の将来が殺人犯ということになっていくのだろうか。

そこらへんもひっくるめてリアルタイム子供矯正していくのが親の務めだと思う。

しろ自己完結的なあるいは納得ずくの性行為同意なき人を巻き込んだ性行為との峻別を絶えず親は教えていくべきである

街中で他人の納得づくの二者間のセックスを見たからといって、その子供の将来がただちに強姦魔に決するというのは、殺人の一部始終を見た子供殺人をするようになる以上の飛躍というものである

普通に教育すればこれほどの飛躍が発生することはまずないはずである

現代面前DVの定義には性行為を見せることというのがあるそうだが、個人的には嫌なことを強要し続けた段階で何事もDVであると思う。

逆に、嫌なそぶりを見せたらすぐひっこめればDVには当たらないと思う。

教育用のひらがなを教えるようなビデオを見せても関心を示さな子供の首を無理やり固定してするようなことはむしろ虐待であるから勉強かに興味がないとわかったら、ただちにボール遊びとか、次の将来につがなるなかで子供が興味を示すようなことを模索するものである

それと同じ感覚で性行為を見せるのには問題はないと思う。

興味を示したらもっと見せればよく、将来AV俳優として大成するかもしれない。

興味を示さなかった以後ら見せなくすればいいだけの話である

性に関することについて何が処罰される社会に変わるのか少しわかりづらいかもしれない。

簡単に言えば現代でも強要罪にあてはまるもの処罰対象限定されるようになるということである

たとえば今で言う露出狂基本的強要罪の対象ではない。

見たくなければその場から立ち去れば済むからである

しかし立ち去った相手にわざと近づいてその眼前で性器をぶらさげながらとおせんぼするようなことは、公然わいせつなどが廃止されても強要罪にあたるだろう。

こういうことに処罰限定されていく社会になるのである

そういうことがしたかったなら、もし既に裸であるなら一定の離れたところから(具体的な距離はここで考えることではない)同意を求めるべきである

事後承諾に期待するのは勝手だが、あとで同意がなかったと被害届を出されても事後承諾を図っていたことが発覚した時点で情状酌量余地はないことに留意するべきである

ゆるくするところはゆるくなら、きつくするところはきつくというものである

基本的には強要罪に一元化されるが、性に関することについては厳罰化検討されるというのは前にも書いたとおりだ。

基本的に同じ行為に対する罰則理由なく厳罰化するということには不公平感を感じられるものだと思う。

しか煽り運転厳罰化したように、悪質な犯罪が増えた場合にはそのようなことになるという例はある。

悪質な犯罪が増えることが予期された場合には厳罰化検討ということも普通に考えられるわけである

もっともとそれが性に関する法律を一部ゆるくするという法改正によるものならば、最初からそんなことしなければ厳罰化しなくても済むじゃないかという反論もありえよう。

しかしこれはより高度な自由享受するための改正なのである

なので結局改正のほうを否定するのではなく、改正したのちの未来犯罪の動向についてどう対処すればよいかという話に帰結するべきだということになるわけである

性に関する法律がこのように緩和されて性に対する余計な後ろめたさがなくなれば、今はわいせつとかされているものに対する不快感もなくなっていくだろう。

ゾーニング必要特になくなる。

そのように性に対する価値観が変革した社会においては表現規制存在も真に疑問視され、なくなっていくかもしれない。

まりオタクのためにもなるわけである

親展の手紙を送るのは、法改正までのつなぎとして行うべきと思ったこである

2022-04-17

自分解釈物語の結末の付け方を四つに分類分けしてみたメモ

〇注意

この記事には「鬼滅の刃無限列車編」「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ戦国合戦」「FF10」「ダンガンロンパシリーズ」「うみねこのなく頃に」の重大なネタバレが含まれています。これらを楽しんでる最中の方やこれから楽しむ予定の方は注意してください。

小説しろ漫画しろアニメしろ映画しろ演劇しろ絵本しろ

物語には始まるがあるように結末がある。

作者が亡くなってて永久に未完の作品や今も尚連載をし続けてて終わりが見えない作品もあるけど大概の有名作には結末がある。

そんな作品の「結末の付け方」を私なりに好き勝手考えた結果四つに分けられたのでここにメモとして残しておく。

まず、主軸になる基準が二つある。それは「主人公が一番の目的を果たせたかどうか」と「主人公本人が満足の行く結末を迎えられて幸せになれたか」の2つが重要になっていく。この両方を満たせた場合は我々がよく知る「ハッピーエンド」となり片方だけの場合は「メリーバッドエンド」or「ファジーエンド」となる。そして、両方とも満たせなかった場合は「バッドエンド」になる。以上4つに分けられるのだが、これだけでは説明不足なので一つ一つ具体的な作品例を挙げつつ解説していく。

ハッピーエンド

これに関してはほぼ説明不要だと思う。主人公が作中で掲げた目的を達成して満足し幸せを得るという事で大団円を迎える終わり方だ。童話の「桃太郎」や「赤ずきんちゃん」なんかがこれに当てはまるだろう。

主人公桃太郎は鬼退治という目的を掲げてそれを明確に達成しその結果金銀財宝を持ち帰り、幸せに暮らす。

主人公赤ずきんはお婆さんのお見舞いという目的があり途中狼による邪魔はあったものの最終的にはお婆さんと会いお見舞いを完遂している。

恐らくありとあらゆる創作界隈でもっとも多いであろう結末の付け方である

②ファジーエンド

ここから先は何かしらが欠けてる結末になってくる。そしてこのファジーエンドは「主人公目的は達成出来たけど幸せにはなれず満足出来なかった」という終わり方だ。目的は達成出来たのに幸せになれないってどういうこと?となるだろうが、具体例を聞けば納得出来ると思う。

これに当てはまるのは鬼滅の刃無限列車である主人公の炭治郎の目標は「列車を乗っ取った魘夢を倒し乗客を助けること」だ。これに関しては映画を見ればわかる通り、しっかりと完遂している。しかし、突如として現れた猗窩座により恩師である煉獄を殺されて、失意の底に落ちる事になる。最後煉獄言葉に多少は救われるもののあの結末を見て炭治郎が満足し、幸せになったかというとほとんどの人がNOと言うだろう。このように最後最後主人公にとって親しい人物が亡くなる終わり方だとこの結末になりやすい。クレヨンしんちゃん映画の「アッパレ戦国合戦」や主人公最愛ヒロインの元から消え去り幸せにはなれなかったもの目的は達成出来てる「FF10」なども挙げられるだろう。

また、「ダンガンロンパシリーズ」のような所謂俺たちの戦いはこれからだエンド」もこちらに分類される。ダンガンロンパ1作目と2作目なんかは学園や島から生還して出るという目的を掲げており、合間に仲間の死はありつつもどちらも達成は出来ているが、外の世界世紀末であったり、自分たち自身が外の世界世紀末にした絶望の残党で多大な罪が残っているなど新たなる問題が山積みになっている。それでも希望を信じて絶望に打ち勝つというテーマを胸にこれからを生きるという終わり方なので、ぶっちゃけ苗木や日向は満足気に見えるもの幸せになったかどうかで言えば微妙なので、私の解釈としてはファジーエンド判定である。(V3は人によって結末の解釈が異なるのでハッピーエンドにもなるしファジーエンドにもなるのでここでは解説しない)

メリーバッドエンド

今度はファジーエンドの逆で「主人公目的が達成出来なかったけど満足し幸せになれた」場合である結構人を選ぶ終わり方なのでどうしても有名作を挙げるのが難しい。(あるのかもしれないが思いつかない)その為、ややマイナーものになってしまうが「うみねこのなく頃に」がこれに当てはまる。

主人公が戦人と縁寿の二人いるが最終作のEP8は縁寿が主役なので彼女主体に考える。縁寿の目的は六件島の事件真実を知り家族自分の元に帰ってくるのが主な目的だが、真実は知れたもの家族は帰ってこなかった。それどころかその真実がどうしようもなく惨たらしいものであり、本人は不幸のどん底に突き落とされることになる。しかし、それでも亡くなった親族及び両親を信じてどんなにそれらを世間に悪く言われようとも自分の中では暖かい思い出として心に留めておき、前向きに生きる決心する。その後、絵本作家として大成幸せになっている。またさらにその後には変則的な形であるもの家族である兄と再会するので、一応ハッピーエンドになるのだが、作品内で兄は死亡したという解釈が明示されているので、それに則りメリーバッドエンドという解釈をしている。

このようにファジーエンドとメリーバッドエンドは作中内の特殊設定の解釈や考え方次第では他のエンドにも解釈できてしまうのが難しいところ。極端に振り切っているハッピーエンドやバッドエンドの方が理解やすいだろう。

④バッドエンド

ハッピーエンドの次にわかやすいと思われる。目的も達成出来なければ幸せにもなれないという悲しいオチである。有名な作品というか例えとしては鬱エンドと言われるものホラー映画B級Z級映画ありがちなものだろう。具体的な作品名を挙げるとすれば「フランダースの犬」だろう。ネロが死んだ後のナレーションで「これからは痛い事も苦しい事もありません」なんてフォローしてるけど村中から冤罪かけられるわお爺さんは死んでしまうわで踏んだり蹴ったりの末の死亡なので中々に濃度の高いバッドエンドであるルーベンスの絵は見られたのでそういう意味で救いがあったのは良かったが。他にも「ロミオとジュリエット」や「浦島太郎」なんかがバッドエンドになるだろう。良くも悪くもかなりインパクトのある終わり方なので、案外有名な作品も多い。しかし、よっぽど上手く話の構成を練らなければただひたすらに胸くそ悪い作品になってしまいクソ呼ばわりされてしまうので面白いものを作るのに一番難易度が高い終わり方である

以上、大体の作品がこの四つにカテゴライズ出来ると思われる。但し、メリーバッドエンドの項目でも話した通り、作中内の特殊設定など、作品主人公複数いるものではどの終わり方をするのか人によって解釈が変わってくる事が十二分にある。例に挙げた作品でもこれを読んだ方の中には「いやあの作品の終わり方はそうじゃないだろ」となったり、ここで挙げてない作品に対しては「あれはこの終わり方かな」なんて思ったりしただろう。そういった方は是非コメント欄で各々の解釈を語って頂きたい。なんなら独自カテゴリ分けの仕方まで解説して頂いたら嬉々として読みに行く。ぶっちゃけメモとして書いたもののそれらが読みたいのもあってこれを書いたぐらいだ。

終わり方を意識して作品を読むと作品の色々な違いや傾向が見えてきて自分の好きな作品がより深く楽しめるのでオススメだ。

2022-04-11

たぶんさよなら絵梨のとりあえずの「正解」は、この作品全体が絵梨が死ぬ前に撮らせてもらった映像編集して

映画監督として大成した優太が作った作品ってことなんだろうな。

最後の会話で同じカットに二人が居るシーンが極端に少ない。

ラストに爆発の演出をもってきたところからすると実際には家族は死んでなさそう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん