「易姓革命」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 易姓革命とは

2022-12-05

anond:20221205005656

無理だろ

あの手の過激フェミニストたちの最終目的は男に対する易姓革命から、男を奴婢に落とすまで止まることはないよ

言うなればホロコースト真っ最中ナチス親衛隊に「もう少し穏便に虐殺できないものか」と言うようなもん

2022-07-01

anond:20220701140609

本質は「女による男への易姓革命」だから

あいつらは男を打ち負かして奴婢に落としたいんだよ

たとえば例のAV新法も「男を楽しませるものをこの世から抹殺する」が本来目的から業界関係者の利害調整とかすごく雑だったでしょ

2022-06-21

anond:20220621193259

女性による易姓革命成功した国ってそもそもあるのだろうか。

バチカン市国女性バージョンみたいな国を創建すれば事実上女性政権になるがそれも難しい。

anond:20220621124206

そもそもの話日本フェミさん達が望んでいるのは女性による男性への易姓革命なので、男性側と何らかの妥協や妥結を模索する行為のもの利敵行為なんだよな

彼らが「素肌を衆目に晒されたけど命の危険を救うためだから仕方ないよね」ということは絶対に無いと断言していい

2022-06-09

anond:20220609135956

あちらさんはいろんな面で社会が分断されてるから

金持ち貧乏か、首都圏住まいかそれ以外か、保守革新か、与党野党か、労働組合員かそうでないか、そして男か女か

一方がもう一方を「いつか奴ら全員叩き潰してやる」と思いながらそのチャンスを常に伺ってる社会なんだよ

易姓革命が四六時中起きてるようなもん

2021-02-10

anond:20210210023139

前任者へのリベラル易姓革命をやっている者同士、文在寅バイデンは仲良くやれると思うね。

文在寅慰安婦財団解散させたことも、バイデン評価するはず。

2021-01-10

トリクルダウン

経済用語じゃなく、易姓革命とか王権神授説みたいな、当時信じられていた思想枠で教科書に載りそう

2020-12-05

anond:20201205012204

ちゅごく豊かになると外征に出て財政破綻して易姓革命が起きるのがサイクル

2019-10-19

十二国記世界の住人は意外と世界ルール理解していない

全国1億人の『十二国記ファン待望の新刊の結末がアレでアレだったので「うおーーーーここで止めるのかーーーーーーーーー」ってなってる十二国の民が多いみたいだけど、あれ根本的に勘違いしてると思うんだよな。

だって、あのひとは仙(みたいなもの)でしょ? 仙が傷の悪化くらいで死ぬわけないじゃん。首落とされない限りどんな手ひどい傷を与えられても死なないのは延王が斡由の叛乱を鎮圧したときに示されてたじゃん。

というかあの世界の住人、基本的世界ルールをおぼろげにしか理解していない。

だって陽子の前の慶王(予王)が死んだあと、その妹が偽王として立って、それに浩瀚以外の多くの州侯が騙されて偽王に従っちゃったんでしょ? でも、前王の妹なら姓が前王と同じはずだからそもそも天命が下るはずないんだよね(前王と同じ姓の者には天命下りないので、楽俊は王にはなれないと明言されてる。まあ易姓革命ってやつですな)。だから王の交代に関する基礎的な知識があれば、あれは偽王だって調べるまでもなくわかったはずなんだよ。

でも騙された。一般庶民ならともかく高級官僚も騙された(「騙されたフリ」をしてたやつもいるかもしれないけど、この口実なら騙されてたフリができると考えたってことはやっぱり全体的に知識レベルが低いんでは)。延王も「不吉なことが起こりまくってるから正統な王じゃない」って判断してたみたいだけど、いやそもそも偽王が予王の妹って時点で王じゃありえないって判断できるはずでしょ、と。

から、驍宗も「一度は俺に叩頭してるんだから俺が正統な王のはずだろ」という常識的判断ができない。「それマジ?」って景麒に聞いちゃう。まああれは疑っても仕方なかったけど、やっぱり天の条理について厳密な理解を持ってたわけじゃない。

阿選も「へえ、だったら俺に叩頭してみろよ」と言えば一発でわかったはずなのに言わない。まあ彼らは実務家・武人であって、天の条理がどうなっているのか、それをチェックしたりかいくぐったりするにはどうすればよいか、という法律家的な視点西王母が持ってたのはこれだよね)を持っていないのは仕方ない。

から、どう考えても死ぬはずがないひとが死んだと知って作中の人物がめちゃくそショック受けてるけど、そもそもこいつら天の条理を正確に理解しているわけではない法的な知識信頼できない語り手なんだよな、って思ってる。絶対生きてるでしょ。だって死ぬはずないもの

いやーしかし、シリーズのこれまでの巻を読みながら「こいつら世界ルールに関する理解が意外と粗いな」ってずっと思ってたわけだけど、まさかそれを伏線として使ってくるとは。さすがは主上です(叩頭しながら)

2016-08-07

http://anond.hatelabo.jp/20160807003435

もしそれが正しいと仮定すると中国よりも元気ない理由説明がつかないと思います毛沢東中華人民共和国建国など易姓革命範疇市民革命ではないでしょう。

2015-07-03

http://anond.hatelabo.jp/20150703095333

増田です。なるほど。では正確を期すなら

易姓革命において、「放伐」となったケースにおいては、現主権正当性担保するには、前主権最後の人が、暴虐の限りを尽くし、酒池肉林におぼれた天から見放された大逆者でないといけない」

とすればいいかね?

http://anond.hatelabo.jp/20150703091705

建前論では日中韓関係は実に友好的であり平和であって問題民間レベルでの反日感情(もちろん日本から反中反韓も)にある。

そこに易姓革命が絡んでいるかは疑問だ。

http://anond.hatelabo.jp/20150703091705

中国史における易姓革命の大半は名目上では禅譲なので

易姓革命において、現主権正当性担保するには、前主権最後の人が、暴虐の限りを尽くし、酒池肉林におぼれた天から見放された大逆者でないといけない

は偽だよ。

思いつきだけど、中国韓国日本の歴史認識の相違、その背景にある

中国日本朝鮮日本関係において、中には明らかな捏造も混じった「歴史認識の相違」が見られることについて。

 ふと思ったのだけれど、これは、孟子の「易姓革命」の発明以来、延々繰り返されてきた「歴史書役割」ではないかと思ったり。中国韓国は表面のイデオロギーこそ変化したものの、内実の心性としてはいまだに儒教を引きずっており、それがために戦前日本の暴虐性を半ば自分たちでも一部がフィクションというところまで誇張していると頭で分かっていつつも、それを主張してやまないのでは。そして日本は早めに儒教から脱しているので、一体何を言っているのかピンと来ないだけではないか。

 つまり易姓革命において、現主権正当性担保するには、前主権最後の人が、暴虐の限りを尽くし、酒池肉林におぼれた天から見放された大逆者でないといけないということで、現代中国韓国においては、それがたまたま日本国だったと。

 ・商(殷)の最後紂王 → 妲己(だっき)におぼれ酒池肉林に遊び商を滅ぼした王

 ・西周最後の幽王 → 褒似(ほうじ)におぼれ彼女を笑わせたいために狼煙をあげまくり本当に攻められたときに誰も集まらなかったため国を滅ぼされた王

 ・隋の最後煬帝 → 酒色にふける暴君

 ・秦の始皇帝 → 暴君

 ・日本雄略天皇武烈天皇) → 妊婦の腹を割いて赤子を取り出したり、とにかく無茶をする大悪天皇

 以上はその次の王朝歴史書編纂時に、悪鬼羅刹のごとく描かれている例だが、実際の治世は割とちゃんとしていたことも多く、それらは無視される。前の王朝の治世家としての正当性を描いてしまうと現王朝の都合が悪いということで。(韓国大統領が替わるたびにまだこれをやってる。)

 古代より延々と繰り返すこの「易姓革命」の概念がいまだに通用しているということではないだろうか。

 では日本との歴史認識の相違論争がいつ終わるのか。中国の現主権者中国共産党人民解放軍)が退場し、次の主権者から主権者が悪鬼羅刹のごとく言われ始めたときかな。

2012-12-12

http://anond.hatelabo.jp/20121212135814

専門ではないと断った上に参考文献も示してるのに、そんな横柄な言い方をされる覚えはないんだが、一応わかる範囲で。

えー

催促するのが横柄なの?

しろ催促するほうがめんどくさいし手間なんだから催促しないでも最初から書いてよ。

しかWikipediaの項目が偏ってるって言っただけでなぜはてなキーワードの手入れまでしなくちゃいけないんだ……?

誰がそんなこと言ってんだ?

確かにはてなキーワードがどうこう言ってる奴がいるけど

意味不明かつ誰へのメッセージかわからないのでスルーした。

なんであんたはあれを自分へのメッセージとして捉えたのかすらわからん

つーかどういう意味なのアレ?

まず、中華思想というのは王権正当性と密接に関係している。王権が正当であれば四海波立たず、季節は穏やかに巡り、作柄も良くなる。

それただの易姓革命の話じゃね?

いきなり中華思想関係ないんだけど…

また中華王権を持つ者は、周辺諸国に対して教化の役割を持つ。

蛮族は無法で無教養なので、中華文化を浸透させてあげなくちゃいけない。

みんなが正当な王権をあがめ、朝貢するようにしなくちゃいけない。

それができない王権は正当な王権と認められない。

で、こうした義務を満たせない王権ダメ王権なので、易姓革命とかされても文句は言えない。

関係ないw

周辺民族が攻め込んでこないなら中原王朝は安泰だよ。

そもそも周辺民族を押さえ込めなくなれば攻め込まれて不安定になって倒れるだけのこと。



あんたの説明はディテールがちょこちょこ間違ってる上に

wikipedia根本的には変わらないと思うんだけど

結局何が言いたいのさ?

http://anond.hatelabo.jp/20121212135350

専門ではないと断った上に参考文献も示してるのに、そんな横柄な言い方をされる覚えはないんだが、一応わかる範囲で。

しかWikipediaの項目が偏ってるって言っただけでなぜはてなキーワードの手入れまでしなくちゃいけないんだ……?

 

まず、中華思想というのは王権正当性と密接に関係している。王権が正当であれば四海波立たず、季節は穏やかに巡り、作柄も良くなる。

また中華王権を持つ者は、周辺諸国に対して教化の役割を持つ。蛮族は無法で無教養なので、中華文化を浸透させてあげなくちゃいけない。みんなが正当な王権をあがめ、朝貢するようにしなくちゃいけない。それができない王権は正当な王権と認められない。

で、こうした義務を満たせない王権ダメ王権なので、易姓革命とかされても文句は言えない。君、君たらざれば、臣、臣たらず。

現代国際社会から見ると、こうした考え方があまり自民族中心主義的に見えるので、行きすぎたエスノセントリズムに対してほとんど揶揄的に「中華思想」という言葉が用いられる。実際の中国政府の考え方となんらかの共通点があるかどうかについての判断は個々にゆだねられる。

 

個人的な見解を聞かれたので、個人的な見解を述べたに過ぎないことを付け加えておく。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん