「めんどくせぇ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: めんどくせぇとは

2018-02-13

在宅仕事WEB面談服装

なんで在宅仕事でわざわざ面談があるんだ・・・めんどくせぇ

そんで服装だけど部屋着だとまずいのだろうか?

WEB仕事だしさすがにスーツはない。

パーカーくらいカジュアルなのもNG

まぁ部屋着がパーカーなんだが


普段面談なんてわざわざしないからほんとわからん


部屋では部屋着以外着たくない派だからわざわざ外行き用の服着たくなさすぎる

2018-02-12

https://ssig33.com/text/dena_techcon_2018_switch

SNS公開禁止うんぬんで色々言われてるが、なぜそんなことになってるのかよくわからん

技術的な知見をどうでもいい横槍で封じ込めようとする事に反対してるという理解なんだけど。

あと、発表した人たちには優しい言葉をかけてあげなさいってあんた、大学研究室の入りたて一発目の発表でももうちょい厳しいぞ。

ここ最近特に感じるようになってきたが、はてブ質的低下がいよいよ顕著になってきた。

元々いた人たちは今どうしてるんだろ。やっぱtwitterか。有名人twitter追うのとかその行為性がまずクソで、だるいめんどくせぇんだよなあ。うーん

自分はてブもっとキラキラした事だけ書きたいので、クソはクソ箱に投げ込んでおく。

2018-02-03

IT業界ってブラックじゃないとかブラックとか気にしてる学生いからわかりやすく言うと

このはてな匿名ダイアリー増田たちみたいな心の闇抱えた超絶めんどくせぇ意識高い系マウンティングモンスターの陰キャやオッサンたちと顔付き合わせて毎日毎日リアルでここでのやり取りみたいなのを仕事としてしなきゃいけないと書けば

ブラックブラックじゃないかくらいはわかるだろう

そういう奴等をいじめまくって潰しまくってオマケにハイエンドアッパーエリートになりたいのなら、社内SEプロマネを目指してそれ以外ではIT業界に関わらん方がいい

2018-01-28

ブスの独身ババァから冷遇されてるのが普通なんだが

正直世間から隔離された隠遁生活送りたいくらいなのに、

差別云々めんどくせぇなー

性的魅力もない性別女なら喜んで隔離するだろうに。

2018-01-25

anond:20180124232919

1期も2期もさほど面白くないし

しろこの程度がふつうに思える

売れてる方だし中の人は頑張ってると思う

 

たぶん中の人からは「腐女子めんどくせぇ、扱いづらい」と思われてそうだなー

動きが読めないし

anond:20180124232919

1期も2期もさほど面白くないし

しろこの程度がふつうに思える

 

たぶん中の人からは「腐女子めんどくせぇ、扱いづらい」と思われてそうだなー

動きが読めないし

2018-01-23

マイナーカプから王道の別カプに移った同人作家へ抱く愛憎

無駄に長いだけの愚痴

やべぇ腐女子のやべぇ言いがかりだし、文章感情的で取り留めないのでご留意ください。




二次創作で、好きなカップリングがある。

めちゃくちゃにハマった。

何をやってもそのカプのことを考えてしまうくらい、これを書いている現在もハマっている。

ちなみにBLカップリングです。ここではそのカプをA×Bとする。

 

なぜめちゃくちゃハマったかというと、めちゃくちゃ最高な二次創作出会たからだ。

人によってカプにハマるきっかけは色々あると思うが、その勢いを加速させるのは最高な二次創作との出会いであることが多いのではないか

というか、私の場合はそうだ。

私にとってその「めちゃくちゃ最高な二次創作」はかなりの衝撃だった。

読んだ瞬間から私に決定的なカプ観を植え付けるとともに、

何度も何度も、台詞を覚えてしまうほど読み返し、「はじめにその二次創作ありき」と言えてしまうほど、私の中ではジャンル自体象徴にまでなった。

そのくらい、一瞬で心をガシッと掴まれ、体ごと持っていかれた。引き摺り込まれたというやつだ。とにかくそ作品が私に与えた影響はすさまじかった。

 

私は作品を読んだ後、すぐにその作者(以降Aさんとする)のツイッターを覗いて、ホームブクマした。

…これを聞いて引く人もいると思うが、私はファンになった作家ツイッターは、鍵垢でもない限り基本はフォローせずブクマするタイプで、

さらに言うとツイートだけではなく個人へのリプライまでもくまなく見るタイプだ。

そしてAさんのツイッターも早速、その対象となった。

  

 

Aさんのツイッターアカウントほとんどが日常つぶやきで、それも一日に多くて2、3ツイート程度の、とても大人しいアカウントだった。

そういうものなんだと思ってしばらくは黙って見ていたけれど、

 

私はとにかく飢えていた。

 

私の好きなA×Bというカップリングは世に言うマイナーカプというやつで、毎日どこかで誰かが作品更新してくれるようなカプではない。

(絶対数が少ないというのもあって、Aさんの作品は私の中でより神格化されていたんだと思う)

飢えていた私は、Aさんの語るA×Bの話がなんでもいいから見たくて、彼女ツイッターを遡れるところまで遡った。

だいたい一年から二年分くらいのツイートを全て見た。

 

すると、どうやら、Aさんは2、3ヶ月前まではけっこうA×Bについてあれが萌える、こういうシチュが見たい、という話をしていたし、

A×Bの妄想だけで一日に数十ツイートを費やす日も多くあったようなのだ

しろ日常ツイートのほうが少なく、当時のAさんの話題ほとんどは、A×Bや、Bという推しキャラクターについてだった。

一年ほど前には、『これからもずっとA×Bの妄想だけして生きていきたい』などと熱の入った発言までしていた。

 

それが、ある頃からカップリングの話をあまりしなくなり、ツイート自体も減っていき、私の知るような大人しいアカウントへと変わっていった。

A×Bの二次創作作品ほとんど投稿されなくなった。

 

その状況を私はROMとして見守るだけの、さみしいような期間がしばらく続いた。

 

 

ある日、変化が起きた。

 

ツイッターに、Aさんが別のツイッターアカウントリンクを貼った。

AさんはA×Bを描いてはいるが、読み手としては雑食らしく、雑食アカウント的な位置づけとして新しくアカウントを取ったということだった。

(最近こういうカップリングごとに垢分ける人多いよね)

 

当然、私はそのアカウントを見に行く。

そのアカウントは作られてからそこそこ日数が経過していたようで、そこでのAさんは、

元のアカウント(A×B垢とします)での大人しさが嘘のように、あれやこれやと別カプの話を楽しそうにしていた。

 

A×B垢に姿を見せない間、Aさんはずっとここにいたのだ。

 

多分、その新しいアカウントでAさんが語っていた話がたとえば、C×B(攻め違いの別カプ)の話であったなら私は、こんな記事を書いてはいなかった。

けれど、Aさんが雑食と言いながらも新しいアカウントでメインに語っていたのは、C×Aだった。

からすると、自カプの攻めが、受けをやっているカプ。

これを見て、だから何だよ、と思う人がきっと多いんだと思う。私もそういう、雑食気質なら良かったんだけど。

でも私は、うわっ、と思ってしまった。

地雷というほどの拒否反応はないけど、好きではないカプだったから。

よりにもよってそこに行くのかよ、と思わずにいられなかった。

 

だけどそのアカウントでのAさんはとにかく楽しそうで、活き活きとしていた。

Aさん曰く、A×B垢ではフォロワー地雷を憂慮してできなかった話が自由にできる!とのことだった。

 

それからのAさんは、C×Aの話をメインにその雑食用アカウントに常駐するようになった。

A×B垢では、ほとんどつぶやかなくなった。

 

 

Aさんは、新しいアカウントではA×Bはおろか、Bの話をほとんどしなかった。AさんはB推しだと言っていたはずなのに、まったく、名前すらもでない。

B推しの人たちが沸かずにはいられない熱い展開が原作にあったときですら、Aさんは別アカでC×Aの妄想をずっと話していた。

 

Aさんの心が、C×Aにハマったことをきっかけに、A×B、ひいてはBから離れていっているのだと、否が応にも察することができた。

それでも、A×Bアカウントでたまに、Bの話をしてくれるなら。

頻度は落ちてもまたA×Bを描いてくれるなら。

そう思って私は、新旧どちらのアカウントも眺めつづけた。

 

 

あるとき、AさんがC×Aの二次創作を発表した。

長めの、同人誌にしてもいいくらいの漫画を、無料で公開した。

 

私はドキッとした。

焦った。

その焦りは、AさんがもうA×Bに戻ってこないかもしれないという焦りだった。

 

私も二次創作をするから、分かる。

読んでいるだけのときと、一度でも自分創作する側に回ったあとでは、カップリングへの愛着に格段の差がつくってこと。

C×Aを読むだけで満足していたAさんが、ついに二次創作を始めた。

本格的にハマる、ハマってしまう、そう思った。

 

Aさんは素晴らしい作品を描く。

私はそれをよく知っている。

C×Aは、A×Bの10倍以上の投稿数がある、言ってしまえばジャンル内最大手王道カプだった。

まり書き手も多けりゃ、読み手もっと多い。

 

Aさんは素晴らしい作品を描くのだ。

 

から当然、その作品ものすごく評価された。

A×Bのときの比じゃないくらいたくさんの人に読まれ感想を送られ、Aさんは感激していた。

Aさんの承認欲求というやつが、王道カプの勢いによってじゃぶじゃぶに満たされていくのが見えた。

絶望的だった。

C×Aでこの快感を味わってしまったAさんは、このままC×Aでの活動を続けるだろうと思った。

 

 

C×Aの二次創作評価されるなかで、Aさんはこう言った。

『前ジャンルではこんなに反応なかったから、すごく嬉しい…』

 

ジャンルと言った。

おそらくA×Bのことだろう。

彼女にとってA×Bはもう、『前』のジャンルになってしまっていた。

 

ああ、と思った。

ぐるぐるしていた焦りが消えて、いっぱいの泣きたい気持ちに変わった。

 

そうじゃないと信じたかったけど、やっぱり、AさんはもうA×Bに飽きてしまっているんだ。

AさんはBを好きじゃなくなってしまったんだ。だってBの話、全然しないもん。

ショックだった。C×Aというカプに強い嫉妬心を覚えたし、Aさんの言う『前』ジャンルにいる私が、否定されているような気にすらなった。

ちょっと、待ってくれ、と引き留めて縋りたかったけど、何もできなかった。

なぜなら私はAさんのアカウントフォローすらしていない、Aさんにとって何者でもない、見えない存在だ。

Aさんがどういう行動をとったところで、私はけっきょく、何もできないのだ。

 

それからは、Aさんの些細な発言に私はいちいち卑屈な反応をするようになった。

自分がみるみる嫌な奴になっていった。

 

『C×Aで××なシチュが見たい!』

 …そのシチュA×Bのときにも言ってたよね。

 

『××はC×Aソングだと思う!』

 …その曲、A×Bソングとして挙げてた曲だ。

 

『C×A界隈ほんといい人ばかり!楽しい!』

 …A×Bはそうじゃなかったから楽しくなかった?

 

『私がこれだけC×Aにハマれているのは、C×Aの描き手さんの素晴らしい作品のおかげ!』

 …A×Bの描き手の作品ダメだったからハマれなくなった?

 

そんなつもりで言ってるわけじゃないと分かっているのに、勝手に卑屈になって、AさんがC×Aを持ち上げるたび、A×Bというジャンルに当てつけられているような気になった。

AさんがBの話をまったくしないことも相まって、AさんはC×A(A受け)の人たちに溶け込むためにA×B(A攻め)だった過去を消そうとしている、A×Bに砂をかけている、とも思った。

そんなことはないと理解していても、やっぱり勝手に、そう思った。

常にAさんを責めたいような、もどかしい気持ちを持て余した。

べつにAさんが、何か悪いってわけじゃないのに。

 

 

 

 

 

Aさんの中でA×BやBに対する興味が薄れたことが明らかになっても、それでもA×B垢のほうは一応、ほぼ放置アカウントのような状態で存続していた。

AさんはC×Aメインの人になってしまったけど、でもA×Bのアカウントはまだあるから、メインカプではなくなっただけで、まだきっとA×Bのことがちょっとは好きなはず。

私はそれを拠り所のように感じていた。このアカウントがある限り、やっぱりいつか、AさんはふらりとA×Bに戻ってきてくれるんじゃないか希望を持てた。

 

だけど、Aさんは結局、A×B垢を消してしまった。

すごく軽い感じに、消しますね〜(^-^)と宣言して消してしまった。

さらには投稿していたA×B作品も、特に反響の大きかったもの以外ほとんどを削除した。

Aさんは雑食と称した実質C×A垢に完全に移行し、C×Aの二次創作投稿をする人に変わった。

 

私はストーカー気質のやべぇ女なので、A×B垢が消えた瞬間に、AさんがC×Aアカウントフォローしている人をすべてチェックした。

Aさんのフォローなかに、A×BまたはB受けを扱っている人はひとりもいなかった。

A×B垢で相互フォローだった人たちとも、新しいアカウントではほぼ繋がっていなかった。

Aさんが軽いノリで消したA×B垢には、数年分の、けっこうな数のフォロワーがいた。

それらすべてを、A×Bというジャンルで得たものすべてを、Aさんは切り捨てたのだと私は感じた。

C×Aに移るために、C×Aの人たちと仲良くするために、A×Bで得た繋がりや、交流は、邪魔だったのだと。

私はそれを、裏切られたみたいに感じてしまった。

雑食と言いつつ、たぶんAさんはもうA×Bを読んだりしていないのじゃないか。きっとそうだろう。

そう思うと、Aさんが憎いような気がしてしまった。

 

ツイッターのつながりなんてプラレールの連結よりも軽いものだし、

ツイッター二次創作個人趣味であって他人のためにやっているものじゃないし、

アカウントジャンルの移動、垢消しなんて、気兼ねなく各々の自由にしていいに決まっている。

そのとおり。正論だ。

 

でも、そういう正論理解したつもりになっても、感情的な部分っていうのはうまく抑えられない。

 

私はAさんと話したこともないし、A×B垢もフォローすらしていなかったROM中のROMなのに、

こんな一方的な執着を持って、自分をたいがい怖くて気持ち悪い奴だとも思う。

 

からこれは、本当に、

めちゃくちゃで自分勝手で幼稚で一方的で低劣で正当性のない、

ただの、言いがかりなんだけど、

 

 

 

 

Aさんみたいに、簡単に好きなものが変わっちゃう感覚、信じらんないよ。

 

同人界隈では「宗旨替え」なんて聞こえがいい言い方をするようだけど、それって要は心変わりだ。

から現れたほうに目移りして、コロッと好きが変わっちゃう人。

その軽さ、少女漫画女の子みたいに浮ついていて薄情に思えるよ。

 

私は昔から一度好きになったものは変わらずずっと好きでいるタイプだったし、

子供の頃に遊んだおもちゃだって全部とってあるようなヤバイ奴だから尚更、理解できない。

そりゃずっと同じもの好きでいたら気持ちの鮮度は落ちるし、他の新しいものを好きになってそればかりに夢中になることは私もあるよ。

だけど、好きが増えることはあっても、今まであった好きが消えたことは私はない。

から好きな気持ちに飽きがくるって感覚が分からない。

好きだったものに興味がなくなる人が、分からない。

 

嫌な思いをしたというのならしょうがない。だけど、そうじゃないのに、

「新しく好きなものができた」という理由だけで一度好きになったもの簡単に捨てられる人、どんだけ薄っぺらいんだと思う。

今まであった好きだった気持ちはどこへ行くんだ?

消えるの? 無くなるの?

 

人間そうやって変化するのが当たり前で、ずーっと同じものに執着し続けられる私みたいな奴が異常なのかもしれないけど。

だけど私はそういう異常な奴だから、Aさんを見てこう思っちゃうんだよ。

 

 

飽きて捨てるなら、最初から好きになるなよ。

A×Bのときに言ってたこととぜんぜん違うじゃん。

ずっと好きでいるみたいなこと、気軽に言うなよ。信じちゃったじゃん。

信じちゃったから、あなたのこと、嘘つきって思っちゃったじゃん。

『前』ジャンルの人から見える場所で、そんなに楽しそうにするなよ。

今が楽しい楽しいって、何度も言うなよ。

それを言われるたび、『前』はつまらなかったって言われているように捉えちゃうんだよこっちは。

 

 

 

今のC×Aで得たつながりを、Aさんは有難いですって事あるごとに言う。

 

言うけど、

 

同じように有難かったはずのA×Bで得た繋がりを、あなた簡単に捨てたじゃないか

だったら今のC×Aで得た繋がりも、また少女漫画女の子みたいに好きなものがコロッと変わったときに、あなた簡単に捨てるんじゃないのか。

それなのに、いずれ捨てる可能性があるのに、それを、今だけ大事ものみたいに扱うの、よく分かんないよ。

あなたがそうするたびに、私みたいな、他人の変化を受け入れられない異常な奴はきっと、裏切られたって思うよ。

 

 

…もちろん、好きなものに正直でいるAさんが悪いことは、ひとつもない。

これはただの異常な奴の言いがかりだ。ごめんね。

 

 

 

 

そうして私はいまだに、AさんがまったくA×Bの話もBの話もしなくなったC×Aのアカウントを、フォローせずブクマしてツイート毎日追っている。

Aさんが楽しそうにC×AやA受けの話をするたび、つまらない気持ちになりながら、それでも見ている。

楽しくないならやめればいいのにと思うのに、やっぱり見てしまう。

 

 

私は自分でも二次創作をするので、毎日こう思う。

 

自分に圧倒的な画力があって、上手な漫画が描けて、それで最高の小説が書ければ、

離れてしまったAさんのA×Bへの関心を再び取り戻せるような、そんな作品を生み出せるのに、と。

そういう、ガキみたいなことを考えてしまう。

そして毎日、悔しいと思う。

Aさんにまで響くようなA×Bの作品を生み出せない自分が。

そんな作品はたぶん空想世界しかないんだと分かってもいる自分が。

 

いっそC×Aの人たちが致命傷を負うような絶望的な展開が原作に訪れたらいいのにな。

そうすればスカッとするかも、とか、性格が悪いことを考えたりもする。

Aさんの好きなC×A作家たちが一斉にA×Bにハマりだして、

Aさんも焦って「私もじつはA×B好きだったんです」みたいなこと言いださないかな。とかね。

我ながら呆れるくらい幼稚な発想なんだけど。

自分じゃどうすることもできないから、自分以外のありえない力や奇跡みたいなもの空想して、そうやって自分を慰めるしかないのだ。

じつに虚しい。

 

 

たとえば一方的にフラれた恋人にすぐに新しい恋人ができたりしたら、こういう心境になるんだろうか。

まり私は半ば恋に近いような執着を、Aさんに抱いているんだろうか。

いや、でも、こんなしょうもない感情が恋心に近いものだとは思えないな。じゃあ何なんだろうな。

最初はただのファンだったはずなんだけどな。

今の私の中にあるきもちは、もうファン心理とは言えないような気がする。

 

私はAさんが投稿するC×Aの作品も一応読むけれど、

それは作品を楽しむというよりは、A×Bを捨てたAさんがC×Aでどんなものを描いているのか確認してやる、という思いで読んでいる。

もはや監視の一環みたいな。

だってそもそも私はC×Aが全然きじゃないから。

純粋にAさんの作品に感銘を受けた、あの最初気持ちが今はもうどこにもない。

Aさんが好きなのか嫌いなのかよく分かんない。

なのにAさんに執着している。

この執着がどこから来ているのかよくわからない。

Aさんの気持ちがA×Bから離れてつらい、寂しい、という気持ちけが

はっきりと私の中にありつづけている。

 

はーー。

 

なにが虚しいって、こんだけの文字数で思っていることを吐露しても、まったく心に変化がないってことだ。

多分これからも私はAさんを追ってしまうんだろうし、

Aさんが楽しそうに今のカプを語るたび、遣る瀬無い思いをし続けるんだろう。

いつになったらAさんのことがどうでもよくなるんだろ。

くそうなってほしいな。そうなってくれ。

 

 

 

ところでこれを読んでいる人は、ここまでの内容を一体どういう目線で読んでいるんだろうか。

 

作家側の立場にたって、

うわっ世の中にはやべぇファンがいるんだな、めんどくせぇ、んなこと知らねーよ、好きにさせろ。て感じかな。

 

それとも一ファン立場で、

そんな事でそこまで拗らせるのはおかしいよ…他人に執着しすぎだよ…大人になれよ…。て感じか。

 

どっちも正しい感覚だと思う。

ただ、世の中にはこういうおかしい奴もいるんだという、それだけの話だ。

 

唯一救いがあるとすれば、ここに書いた煩悶はすべて私の中だけで閉じた感情であって、

Aさんになにか批判的なメッセージを送ろうとか、嫌がらせをしてやろうとか、

そういう気持ちが…まったくないとは言わないけど、

それを実行しようという気が私の中に無いことがせめてもの救いだ。

自分わがまま他人を巻き込んじゃいけないっていう当たり前の倫理観が、ちゃんと機能してくれている。

それだけは本当に、良かった。

 

私は最初から最後まで一貫して、Aさんの視界には映らない何者でもない存在であり続けるのだ。

 

しかすると最初に、A×Bのアカウントがまだあった頃に、

Aさんのことをちゃんとフォローして、あなたのA×B作品が何よりも好きですと一言でも伝えていたらよかったのかな。

そうしていたら、もっとスッキリした気持ちでいられたとか。

そんなことは無いかな。どうだろう。今更か。

結局わたしは、憧れていたAさんが私と同じものを好きじゃなくなったって事実を、許せていないだけなんだろう。

それだけのことでこんな長文の駄々をこねて、精神がガキすぎて話にならんな。

こんな地雷女のいるA×Bから離れたAさんは正解なのかもしれない。

せめてまったく別のジャンルに行ってくれていたら、こんなことは思わなかったのに。

ジャンルの苦手な別カプに行くって。大好きだった分きついよ。

 

いっそこの気持ちを糧に片思いストーカーBLでも描いたらいいかな。

ガハハ

 

あー。ままならねぇ

2018-01-22

普段は気さくだが厳格な面があり一旦不機嫌になると怖い兄がいる

兄は料理ができるので家に遊びに来た兄の彼女さんと3人で飯を食うことがある

彼女さんは控えめで自分意見あんまり言わないタイプの娘だ

兄「何食いたい?」

彼女「弟くんは何食べたい?」

俺「彼女さんが決めてくださいよw(俺が決めるのも変だし)」

こういった場面で俺と彼女さんが譲り合いをしてると兄がイライラしだすのだ

先日三人で買い出しをしているときに同じ問答になり、

痺れを切らした兄が「なんで毎回俺が決めて俺が作らなきゃいけねぇんだよ!チャーハン牛丼か選べ!」と言うので、俺が「チャーハン」と要望

兄は「めんどくせぇな」と吐き捨てるように言うと会計中の彼女さんを置いて卵を買いに別のスーパーに行ってしまった

家に戻った後も彼女さんに料理を手伝わせず無言で二人分のチャーハンを作り、「食え」と出して自分パソコンに向かいだす

彼女さんは泣きそうになってて、出てきたチャーハンに口を付けられずにいた(俺は食った)

俺が「おいしいですよ、食べましょう」と言っても「はい・・・」と返すだけでうつむいてしまいそのまま二時間ほど経った

から見たらマジでキレた兄は料理を作るどころか家から追い出すと思うし、言い過ぎたと思いながらもプライドが高いから取り繕えずに黙っている・・といった様子に見えた(そんなことをその場で指摘したら俺は殺される)

結局俺が兄に関係ない話題で喋りかけ、兄がぶっきらぼうにも返事することで場の緊張が和らぎ彼女さんは「あ・・た、食べますね」と飯を食うことができた

兄は怒った後もっと言葉フォローするべきだと思うし、彼女さんも怯えてしまうのは仕方ないけど、あんまりそれを引きずると兄も可哀想

どうしたらもっとうまくいくんだろう

あと、俺は彼女さんのこと好きになりそうなんだけどどうしよう?

2018-01-18

恋してないけど結婚する

春に結婚を控えている。

式もない、結納もない。入籍だけの、いわゆる地味婚。

地味婚を希望したのは私だ。

くそオタクゆえ恋愛に興味がなく、式への憧れもない。

結婚に対しても「共同生活を送る相手を見つける」程度の認識しかなく、今もそう思っている。

彼も私の性格をよくわかっているので、「僕ららしいんじゃない?」と賛同してくれた。

ところが、「興味ないから式あげません」とか「恋愛めんどくせぇ」とかドライなこと言ってると、親や周囲が心配するわけだ。

「その人のこと、本当に好きなの?」って。

もっとときめく、本当に好きな人結婚しなさいよ」などという助言には、「好き=男女の恋愛」という決めつけがあるように思う。

更にいうなら、燃えるような恋愛の末に、夢の結婚出産があるはずだという意識

私は結婚に必ずしも恋愛必要だとは思っていない。

相手人間的に好ましいと感じ、生活スタイル経済状況が見合うのなら、それで共存に至れるはずだと考えている。

から、今回はたまたま彼だったけども、別に異性である必要はないし、なんなら女友達を選んでも良かったと思う。

ここで声を大にして言うが、彼のことは好きだ。

今後の人生60年、共に生きていけると感じたか結婚する。

だがそこの判断に、当然のように男女の恋愛があったと捉えられると、もぞもぞと居心地の悪い気持ちになるのだ。

だって、A×Bは恋愛結婚よね!って言われると必ずしもそうじゃないじゃん。

一言結婚といってもAとBの関係性は100通りくらい妄想できるのが腐女子って生き物じゃん。

私は、

ああ~~~まじコイツといると楽だわ・・・推し友だわ・・・

コイツ相手なら子どもを産もう。産まれたらあそこ連れてこ、ああしよこうしよ。うわっ人生設計もできたわ~~~

よっし!!!なんかもう一緒に住むか!!!!!!ちょうど結婚って制度あるし!!!!!

って思って結婚するわけで、そこに「彼のこと愛してるのね~♡運命の人ラブラブなのね♡彼格好いい?ドキドキする?♡」などと言われると

ちげぇ!!!!!!!!解釈違い解散!!!!!!1111!

ってなるわけ。

恋してる・愛してるから結婚するんじゃなくて、パートナー相方)になりたいか結婚するんだ。

から特別おめでたいことだとも思ってないし、面倒なことは面倒だって言う。

漫画みたいなロマンチック演出は嫌いだし、甘い言葉がほしいとも思わない。

個人個人であることを前提に感謝礼儀をもって共存したい。

結婚します。

2018-01-14

化粧オタクアニメオタクの100年戦争

実際はここ最近起きていることだと感じているけど、この両者の本質理解できない限り100年戦争になると感じている。

第一に、化粧とは誰もがしていいものである。その自由がある。

第二に、化粧とは現代日本社会では女性マナーとされている部分がある。

アニメオタクは…そもそもアニメオタクとする表現は正直間違っている。この場合は使いやすいだけで、そして圧倒的に数が多いだけでタイトルに使ったが、実際は『化粧にあまり力を注がない系のオタク』のことである謝罪

上記の一、二に反論する形で「限界オタク」などという言葉を使い「限界コスメ」などといい

さすがに化粧にはどうなのかという商品日焼けニキビを増すだけのニベア下地とか)を薦めたり、

化粧オススメ画像パロディとする形でアニメゲーム食べ物を紹介する画像を作るのがバズっている(この言い方は古いか)。

このパロディはどのネタを見ても、奥底に感じるのは化粧おすすめツイートに対する皮肉である

単純に「化粧なんぞめんどくせぇわ」勢オタクと言ったほうが良いかもしれないが。

なぜこの皮肉パロディが起こったかというと、単純に化粧品が売れているかである

昨今プチプラコスメというものが勢いを増している。数年前には無かったような商品格安で手にはいる。

そしてインスタ流行もあり、デパートで買う高いコスメ。つまりデパコスも売れている。

ググればいくらでもこのニュースは出てくるだろうから、いちいちここには書かない。

そこで問題なのは流行ってるのが≪化粧≫なことだ。化粧というもの上記一、二という問題を抱えている。

流行ると色んな人が出だす。本当にハマる人…検証する人…考察する人…陰謀論を展開する人…金をかける人…そしてミーハー…。

Twitterオススメコスメ流行りだしたのは、いつだったか。筆者の増田はわりとTwitter自体テレビで取り上げられたりする前の初期からTwitterをしている廃人だが、もう覚えていないくらい前だと思う。5年どころでは無い。

おすすめ化粧品画像最初に作ったのは、間違いなくミーハーではない化粧オタクだったと思う。

世の中には色んなオタクがいるもんだ。どこの界隈とも同じく、化粧オタクも闇が深い。

こんなことを言ってしまった人も居るだろう。

「化粧をしない人、絶対化粧をしたほうが良いよ。人生変わるから

この声が、昨今のコスメブームと共に「化粧なんてめんどくせぇ勢」に届いてしまった。

筆者増田は、この問題に対して中立的立ち位置をとらせてもらう。

少し前まで化粧には興味も無かったが、年齢・環境・心境の変化で化粧をするようになった。凝り性なので化粧界隈に近い発言をすることもある。

しかし化粧をしないとダメとまで思ってもおらず、お肌に大敵の深夜アニメを見まくる日々だ。俳優アイドルオタクもしている。

両方の界隈を知っているものからすれば、化粧オタクも、その他オタクも、なにも変わらない。

オタクは、オタクである。それ以上でも、それ以下でも無い。

何故なら、上の話は【化粧】を【おそ松さん】にしても通じるからだ。

こんなことを言ってしまった人も居るだろう。

おそ松さんを見たことない人、絶対見たほうが良いよ。人生変わるから

化粧オタクはこのテンションコスメを薦めているでしかない。

必修アニメ履修しないでここまで来たの?原作読まずに語るなよ、とかい煽りとなんら変わらない。

CCさくら見ずにまどマギ語るなというのは、デパコス知らずにプチプラ語るなという話に過ぎない。多分半分は冗談で、半分は本気だ。

ただこの「化粧オタク」というのがあんまり認識されていないのも事実だ。

【化粧といものは着飾るためのもの】という概念が強いため、その裏に収集癖や別人整形願望(コスプレと何が違う)が隠れていることに気付かれにくい。

まり、こう考えてほしい。

おそ松さん特集するネット記事に「下ネタアニメ時代的にアウトじゃない?ただただ寒いだけ」とか「ミーハー腐女子乙」とか

わざわざどうでもいいガヤをしにくる層。

これと「化粧とかどうでもいいw」や「化粧なんてしなくてもいいよ!なんで女は化粧しろとか言われんの」と化粧オタクにまるで脅迫されたかのように煽ってくる層は

受け取る側からすると、やられてること、やってることは一緒なのだ

きっとそのことに気付かぬまま、化粧しない勢は「綺麗にするのがなんなのさブスはブス」と思いながら、そこをつつかれる化粧オタクは「化粧しねぇと顔男女かわらねぇだろうがブス」と思いながら、軋轢を作っていくのだろう。

どっちもオタクだしどっちもブスなのだが、多分分からないまま…悲しいとは思うが…まぁ…ここまで書いたけどどうでもいいことだな。

この派閥を両方から見つめていて思うのは、やはりオタクはお互いの分野に立ち入らないことだと思う。

みんな仲良くなんて無理だし、何かに特化したオタクっていうのは基本面倒だし、何を言ってももう取り返しがつかなくなってる。

これは化粧オタもアニオタ漫画オタも俳優オタもアイドルオタもそうだと思う。昔は芸人も好きだった。本当にクソオタク増田が見ても、オタクってクソだと思う。

でもクソはクソなりに、学ぶことがある。

人は人、自分は自分。人のやること、犯罪以外は口を出さない。

これが私の生きる道世渡り術だ。

画像ネタに乗ったけどそんなつもりは無かった…って人も居るかもしれない。居るだろう。居てほしい。

バズったあとはそんなもんで、元の構図なんかどっかに消え去っているものだ。

そういう話をしてるんじゃなくてね……とりあえず、話が長いね。まとめるとね…

リンメルの新作アイシャドウラメ少な目でイエベ向けオフィス向け、チョロ松事変でカーストはどうなるのか気になる。って話だよ。

2018-01-02

周りの大人がけしかけるのやめてほしい

甥や姪が数人いる。ちびっこたちはかわいいけれど、兄弟・義兄弟がけしかけてくる状況が不快。「今日増田風呂に入っておいで!」「次の夏休み増田のところに遊びに行っておいで!」など。甥や姪が言ってくる分にはウェルカムだけど、大人から言われると「めんどくせぇ」と思ってしまう。「お前らが面倒に思っていること(例:風呂に入れるなど)を押し付けてるだけだろ?」って感じてしまう。

2017-12-29

使用罰則規定大麻取締法には規定がいまんとこ無いけどその他の大麻所持譲渡に関する罰則規定はたぶん法律に書き込まれてるから引用した文言譲渡を受け所持せずに大麻使用しただけだから無罪と言うのは難しいってことかなはぁめんどくせぇ法律だなあ

2017-12-26

結婚したけど離婚したい

少し前に結婚したけど相手精神系の持病持ちだった

嘘つかれてたことに気づいて一瞬で冷めた

元々大して好きじゃなかったようだ(だから自分も悪いのはわかってる)

早く離婚したいけど相手拒否っててめんどくせぇ

2017-12-07

anond:20171207005605

こんなところでマウンティング取っても仕方ないから態々言わなかっただけなのに

俺に19歳の彼女がいることをあえて言わないといけないのかぁ

ほんと話す内容じゃなくて肩書気にするやつはめんどくせぇなぁ

2017-11-30

anond:20171130114752

覚える必要があるなら覚えるよ!

でも今まで覚えなくてよかったもんが覚えなきゃいけなくなるのはめんどくせぇぇええええっ!ってだけだよ!

2017-11-09

よくネットだと「賢者タイム」みてーな言い方するけど俺の場合もはや通り越してる。射精し終えた瞬間、怒りすら湧いてくる。

はああーーー!!!??? バッッッカじゃねーの女とかセックスとか、そもそもそれにかける時間とか!!?? 何だてめえ女、めんどくせえ恋のなぞなぞばっか仕掛けてきやがってよお、金も使うし時間も吸われるし、相手間違えば社会的信用も一発アウトの女なんてそんなくっだらねえぇー遊びには俺は絶対に乗らねえからな、ハー危ねえ危ねえ抜いといて良かった一人で処理して良かったあの女に連絡しなくて良かったーア! セーフ! おれセーフ! 理性で性欲を押さえ込んだファインプレイゲッツー、セーフ! ハイもう電話しないー、あの女になんか電話しないーピーナッツ食って寝ーようオレ賢明ー! 一人で生きていくし、二人とかあっぶねぇあぶねぇめんどくせぇ! 何てめえ女のくせにエロそうにしてんだよ子作り行為だぞそれ、そう簡単にお身体許し召さるなよ、テメェーの倫理観どうなってんだ危機管理甘過ぎだろ、おしまーい! イチ抜けたハイしまーい! もう二度と都合のいい女とか電話しねえし興味ねえしバッカじゃねーの性欲に振り回されて人生棒に振ってるバカホームランバッター! てめえまんこにはホームランだけど社会的地位三振ストライクどころか即刻退場、除名処分球界追放クラスからマジで! お前だってさあ、野球、好きだったんだろ……? フェアプレーで生きていけよ。ホームラン打てなくたっていい。卑怯な手で点とって何が楽しいんだ? そうじゃねぇだろ、お前の好きだった野球ってのはよぉ。明日も楽しく、お前のやりたい野球、やってこうぜ。だから……、もう二度と……、電話なんかすんなよ✩

くらいの怒りと憎悪と使命感に燃え上がるのに、明日の俺はもう今の俺じゃない。バットにまた振り回されてるのは目に見えてる。こんな泥仕合をもうかれこれ20年は続けてきたっけな、俺たち……。性欲って何だよ、人生のハンデつけられ過ぎだろ男。自由になりたい。

とまで思う私はセックス依存症なのでしょうけれども、だとしたら私は、一体どの病院の何科に保険証出して、そんでもってカルテに何と書けばいいのでしょうか。教えて下さい。玉潰そうかな。

2017-11-02

anond:20171102093600

うそう。なので成功した女性は(昔、駄目な嫁さんを養っていた男性がいたように)駄目な男性を養うような社会にならないと持続可能社会は成立しない。

今だと年収400万円以上の女性年収300万円男性を養わないとまずいっしょ。

が、そういう意識女性ってどれだけいるのよ、とか、そういう意識の醸成/女性内面の変革を求める運動ををフェミはしてこなかったんだけど、めんどくせぇことは全力で逃げるよね、人間だもの、でも持続可能社会のために終わってくれ、という気持ちに。

という話をすると「男性家事をしない!」的な話しがわいてしまうが、昔から家事ができないない女性一定数いてだな。

2017-09-29

商業同人を比べてマウント取ってくる商業作家がめんどくさい

ここ1年の間に商業同人を比べてマウント取ってくる商業作家に何人も出会ってる。

同人はヘタクソww技術クソwwこだわってないwww時代考証してないw何人ものチームでやってるのを個人かいてるみたいにズルしてるwww

背景アイレベルおかしいw顔漫画w背景無し楽すぎw画面密度がともなってないww別の仕事しながら片手間でやってるwwww等々

生きる為作家業してる人と、同人で食う為に、又は趣味作家やってる人とで根本違うものを比べて自分頑張ってますあいつらとは違います!!!!ってアホかよ。

その度に人を踏み台にして自己肯定するやつめんどくせぇな、と感じてる。自分の中で思うのは構わないがもっと情報共有して楽しめる相手とだけに話して欲しい。

自分はそういう人間は好まない旨伝えているのに、そういううやつに限って、自分性格いから、と必ず前置きしてから

同人比較商業はつらいよすごいよのマウント発言連発してくる。アシスタントもこんな話聞いてんのかと思うと可哀想で仕方がない。

早く恋人作ってそっちに依存して欲しいと思う。

というか、いっそ商業なんかやめて同人一本で食えばいいのにそうしない。

商業同人兼業でも上記のマウント発言しながら300部しか刷ってなかったり、

あ~!仕事が~!本当は80P構想のところ36Pに無理矢理まとめたから話わかんないよな~!あ~今度はしっかり考えたヒューマンドラマかきたい~(尚この発言から3年ほどだが一向にかかない)

とかほざいていて、お前らもそこまでの規模や中途半端さなら片手間の趣味じゃん、と思っている。

こうなる背景に商業作家が恐らく孤独だったり、自分作品世間でどこのレベルなんだろうか…と不安になる人が多いのが原因なのかもしれない。

編集の人も社交辞令でもいいからちゃんと作品を褒めたり、駄目な所は駄目と言ったり、特にファンレターアンケート等の反応を作家本人に伝えてあげて欲しい。

他人踏み台にして俺TUEEは聞かされる方が面倒だが、なろう系の異世界転生話の事考えるとマジで今の時代需要供給合致してるんだろうな。

マウント取ってくる面倒臭い商業作家も10年後商業一本で飯食えてたらいいな。

自分は面倒だからもう二度と相手したくないけど。

2017-09-14

anond:20170914130030

呼ぶとしたらそいつらくらいしか友達いないし、結婚式はやりたかたからなー

別にこっちも呼ばれていく程度くらいまでならめんどくせぇなと思いつつ行くよ

2017-09-05

俺のツイートを毎回お気に入りする人がいる

なぜ毎回するのかと聞いたら、既読意味お気に入りしているらしい

めんどくせぇなこいつ……

2017-09-02

https://anond.hatelabo.jp/20170902092320

はぁークソめんどくせぇーーーーーー

 

おまえみたいな運営原理主義者がツイッターに駄弁ってるせいで

コンテンツに対して本音の話が出来ねえんだろうが

 

ちょっとでもキャラdis 運営dis 声優disすると

すぐFFから失礼

アイマスポリコネエクスカリバーで叩いてきやがる

クソフェミかテメーは

 

2.5次元で肝心の声優AVに出ててもなお

恥ずかしげもなくジャラジャラしてる

ラブガイジのツラの厚さを見習え

2017-08-30

https://anond.hatelabo.jp/20170830125323

先生(うわ……。今後俺が何やっても、それが気に入らなかったら、ひいきの子と揉めたせいだって思われるパターンだ。この手の保護者は、そう思い込んだら何言っても聞かないし、めんどくせぇ……)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん