「怪談」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 怪談とは

2024-07-11

怪談レース靴下」 ※人間怖い話です

夏だからホラーでも...怪異とか超常現象とかの話ではない。すまん。

増田お茶汲み事務員だ。仕事は出来ない。が、挨拶謝罪とお礼の声がデカいかギリギリ存在を許されている。声がデカいので社員旅行では毎年司会を任せてもらっていた。

増田会社制服がない。男性スーツだが、女性すっぴんシャツジーパンおっぱいモロ見え超ミニワンピ緑色の髪に穴だらけのジャケット、と実に様々なファッション社員がいた。増田ブラウスにロングスカート、そしてレース靴下に丸い靴を履いていた。俗に言うイモい格好である

まあそんなこんなで、役に立たない割に結構楽しく働かせてもらったいた。

ある日、先輩女性社員(毎日上下真っ黒の服を着ていたので以下黒先輩と呼ばせて頂く)のパソコンバックアップの指示がありデータを移していると恐ろしいものを見つけてしまった。

増田ヲチ日記である

増田ちゃん頑張ってるね☆とかいう内容...ではもちろん違って、

男性社員にケツ振って媚び売ってる、キモ

「全員に嫌われているクセに気付かないのか、

 キチガイから仕方ないな」

若いしか取り柄がないこと分かってんのか」

給料泥棒」「昭和なら家事手伝いetc.

凄まじい内容が書かれていた。


そしてタイトルレース靴下については


ブサイクレース靴下気持ち悪い」


とのことだった。ブサイクは罪。すみません



とりあえず増田はその週が明けてから服をユニクロGUで固めるようになった。ついで言うとこの日記はもう定年で去った黒先輩のもっと先輩の社員と共有されていた。かなり死にたくなった。

増田はコレを見なかったことにして数年過ごした。その間に増田結婚し、その後妊娠した。増田は黒先輩の日記によると全社員にめちゃくちゃ嫌われているらしいが、結婚妊娠のどちらも申し訳いくらい盛大にお祝いをしてもらったことは自慢しておこう。みんなほんまは何考えてるか分からんけど。

で、産休開始の前日、増田は各所にお菓子を配り回った(弊社にはそういう風習がある)。ちょっと早いけど、と出産祝いを頂いたりもした。ひたすらにありがたかった。そして黒先輩にもお菓子を渡すと「私からもこれ...」と包んだプレゼントをもらった。めちゃくちゃビビりながら、たくさんお礼を言ってとりあえず笑顔でその場を離れた。

帰宅後もらったお祝いを一つずつ開けていった。スイーツスキンケアグッズ、金券、バッグ、その他諸々お手紙も入ってたりもして、黒先輩日記の「嫌われているクセに」が頭をよぎりながらも嬉しくてちょっと泣いた。

そして満を辞して黒先輩からの包みを開けた。

中には



レース靴下



が入っていた。

紫色生地ラメの入った靴下に、水筒洗い用タワシのような真っ白で固いレースが付いている。増田趣味とはだいぶ違う、だが間違いなくレース靴下だった。ビビり過ぎて友達相談したら「チェーン店の3足1000円のやつのうちの1足やから、300円くらいやで」と教えてもらった。

黒先輩の真意は分からない。分からない、分からないが、申し訳ないが増田には特級呪物にしか見えなかった。

育休復帰が怖いが、2人目妊娠タイミングよっちゃ黒先輩が定年でいなくなってしまうのでもしかすると黒先輩の気持ちは一生分からいかもしれない。どちらにせよ怖かったので捨てた。本当にすみません

オチはない。すまん。

とりあえず増田は育休明けのその日が来ることが少し恐ろしい。しょうもない体験談でしたが、お化けより人間が怖いなと思いました。

2024-07-10

anond:20240710163940

ストロングゼロ」を飲むことを「飲む社会福祉」と称し、誹謗中傷を「書く社会福祉」として語っているんだ。

ネットでは誹謗中傷が心を満たす手段になっていると述べ、試してみる価値があると提案してるんだ。

怪談コンテストに応募しようとしたが、リスク懸念して供養に残しているんだ。

ふむ、それで?

実話怪談福祉

ストロングゼロは飲む社会福祉まことに上手いことを言った人がいるものです。

その言葉を初めてネットで目にした時、私はストロングゼロ卒業し、ペットボトル焼酎を飲むようになっていましたから、その言葉意味理解するどころか、誰よりも体験していたと言えるでしょう。

まり毎日毎日飲んだくれていたわけです。一日の半分近くは酔っ払っていたでしょうか。それでも朝から飲むわけじゃありませんからアル中とまではいかないでしょう。

でね、飲んでいる時に何度か考えたことがあるんです。

お酒が飲めなかったら、自分は一体どうなっていたんだろうって。

飲まない方にどういうことか説明申し上げますと、ストロングゼロペットボトル焼酎を飲むような人間お酒に救われている、酔っ払うことで救われていると考えているのであります

ですからそのような人間にとって、ストロングゼロは飲める社会福祉というわけです。

その福祉を体質で取り上げられてしまうと私はどうなってしまうのか不安になり、また酒をあおるのでございます


その日はちょうと七夕でございました。やけに蒸し暑かったものですから、いつもの焼酎ストロングゼロで割って飲んでおりました。こうすると暑い日でも飲みやすくなるんです。

飲みながらネットを見ていると、どこも話題首長選挙の結果ばかり。

投票締め切りの20時と同時に当確が発表されまして、当選は現職なので予想通りの結果でございましたが、2位と3位は予想外の争いで、こっちの方がずっと盛り上がっている。

2位でも3位でも落選なんだから、私なんかはどうでもいいだろうと思うのですが、ネット世界はどうもそうじゃないようです。

あいつに投票したやつはアホ」

有権者馬鹿ばかりだから民主主義が成り立たない」

そのような罵倒するような書き込みが無数に見つかるわけです。しかも、ネットのどこへ行ってもですよ。

なんでそんな書き込みをするものなんだろうかと思いましてね、わかりませんよね。共感できない。

でも、そんな時は実際に試すのが一番なんですよ。体験することでわかることがあります

ストロングゼロもそうでした。どうして飲むのかと体験するうちに、私も毎日飲むようになった。何事も体験しなければわからないものでございます

ですから私も似たようなものを書いてみました。

バカから騙されて投票したんだ」

そうするとですね、不思議なことに気分がぱぁっとよくなったのです。頭の中のモヤが晴れるといいますか。

言葉につられて、まるで自分が強くなったような、偉大になったような気がするのでしょう。

境界知能」なんて言葉も覚えまして、「お前は境界知能だから当たり前のこともわからないんだ」なんて書いてやると、向こうは黙りこくるわけです。言い負かした。

すると、やっぱり心持ちがよくなってくる。

なるほど。やはり体験してみるとわかります。驚くことに、この頭がすっきりとする感覚ストロングゼロと同じなのでございます

お酒を飲まれない方、ストロングゼロ必要としない方にはわかりますまい。どうしてストロングゼロのような美味くもない酒を飲むのか。

それと同じで誹謗中傷不要な方にはわからないでしょう。一方で必要な方もいる。

まり誹謗中傷は『書く社会福祉』でございます

そういえば、ネットニュースで読んだことがありました。誹謗中傷裁判までやって損害賠償が確定しても、相手は支払い能力がないケースが多いというやつです。

目ざとく見つけたんでしょうね、誹謗中傷をすることで自分が救われることに。もしかしたら、お酒が飲めないタイプが「書く社会福祉」を使っているのでございましょうか。

いやいや、私などのように『飲む社会福祉』との併用される方も多いでしょう。

飲みながら『書く社会福祉』の方をしていますと、脳の血流が活発になるような感覚がありまして、酒がよく効いいて、体が軽くなって今にも浮き上がるような、そんな心持になれるのです。

よくいますでしょう。居酒屋で大声をだして説教しているおじさんが。あれと同じような状態になれるのです。

この「書く社会福祉」は今では欠くことのできないものになりました。

飲む方の福祉と違いまして、こちらは朝起きてすぐでも、仕事中でもできますでしょう。

気分が落ち込んだ時に、なんでもいいんです誹謗中傷なら。話題だって政治じゃなくていい。芸能スポーツはもちろんのこと、一般人弁当だって、本当になんだっていいのです。

バカだとかアホだとか、そういった簡単言葉で構わないのです。中身なんて必要ありません。

中にはもったいぶった文面を作る方もいますが、中身なんてございません。結局のところ、バカかアホと書いてあるだけでございます

『書く社会福祉』というのは結局のところ誹謗中傷であればいいのです。

先陣を切ってバカとかアホとか書きますでしょう。そうすると、ネットの向こうの福祉仲間でしょう。わっと集まってきて、あっという間にバカだのアホだの誹謗中傷で埋まっていくのでございます

それがまた気持ちのいいのです。

共感される、共感することで私のこころが満ちていくのが感じられるのです。

これほどの福祉があるのに秘密にするわけにもいかず、こうしてお伝えしたのでございます

どうぞ一度、一度でいいから試してごらんなさい。

コツはただ一つ。世の中は馬鹿ばっかりだと思い込むのです。

福祉を受けると思うとハードルが高く感じられるかもしれませんが、気にすることはございません。

一緒に社会をよくして行こうじゃありませんか。


怪談コンテストに応募しようと思って書いたけど垢バンされるかもしれないから供養に

2024-07-01

曳舟の駅チカでお店を貸したいってご夫婦がいるんだけど

興味ある人いる?

スペースはかなり狭い

家賃10万ぐらいかなと思ってる

ホラー好きなんで怪談バーやりたいと思ったけど、採算がとれんなと思ってやめた

2000万ぐらい年収あればこういうのホイホイチャレンジできるんだけどな

リアルスペースいいなぁ

2024-06-26

anond:20240626194919

ネットの手垢まみれの怪談するほどまだ暑くないやろ

2024-06-20

首脳会談と聞くと吐きそう

首脳って首と脳だよね

  

胴体から切り離された首

頭蓋骨が開いて飛び出た脳みそ

  

首と脳みそが、何を語るわけ?

  

しろ首脳怪談だわ

2024-06-16

2ch発の怪談

きさらぎ駅とか犬鳴峠とかニンゲンとかくねくねとか。

こういうのを取り上げるって怪談業界ってよっぽどネタがないんだろうな。

ノンフィクション体裁だけど創作ってわかりきってるのって白けるわ。

2024-06-05

怪談バーなんてあるんや…、と思ったら、

しかススキノにあるな…😟

2024-05-01

ことり」は「子取り」に通じるから不吉、っていうやつ

2ch流行った怪談以外の、正式(?)な由来ってあるの?

2024-04-29

小説こそ、生成AIで作るのはありだと思う

ハーメルンデータ収集したデータセットが出てきて問題になってたが、絵と違って独自性生み出せないんだから生成AIオッケーだと思う。

すでに書店に並んでるものはアウトだと思うよ、勿論。でも、インターネットで公開してるものまで規制するのはねぇ…ってことで、ここからネット小説に限って話す。

どこのジャンル行っても「王道展開」「逆張り」「別ジャンルとの組み合わせ」の3種類くらいしかないのに、これこそ、人間が生み出してるの馬鹿らしいわ。

絵は絵柄が人によって全然違うし、それでいてちゃんと絵と認識できるのに対して、小説は外しすぎると小説として成り立たなくなるじゃん。

極め付けはランキング。みんなが求めてるものが丸わかりで、似たものがずらり。話の構成ほぼ一緒で、出てくるキャラや展開が多少違うだけ。これこそ、AIが得意とする分野でしょ。

まぁ、ネット小説レベル上がってるし、本文書かせると人間が上回ると思うよ(上位数%の人間に限った話だが)。でも、実際のAI小説を読むと「読めなくはないな」と思うはず。

ってことは、残るのは編集者仕事じゃん?ここはね、プロ編集者必要だね。AIで代わりがきくものじゃないと思う。

https://kakuyomu.jp/works/16818093074043995181

長編小説執筆6の小説を読んだんだけど、かなり普通に読めた。

怪談ホラー系は全く読んだことない我が身がすると、暇つぶし無料で読めるなら十分なクオリティ

結局、AIってそのジャンルテンプレ作品作るのに向いてると思うし、でも、そのテンプレを知らないからこれでも十分楽しめる。

賛否両論あると思うが、プロ作家ならここに自分で肉付けすればいいと思うよ。

2024-04-26

anond:20240426211851

全身の肌が#0000ffな人よりもロリータファッションのほうが怖い

宇宙人とか怪談にいるお化けとかそういう感じ

からナイフ取り出してきてもおかしくなさそう

2024-04-14

よく考えたらこれって怪談じゃねえか

なんかどっかで拾った話だけど

ブダペストホテルの中にはカジノがあって

(ごちんまりとした)

前に一度大きな勝ちをおさめたことがあってさ

1年ぶりにそのカジノへ行ってみたんだって

で、前と同じくディーラーのすぐ脇へ座ったんだよ、縁起がいいかなって

しかし、まあうまくいかないこと

そうやって何回かチップを賭けている内、隣に座ってる白髭のジジイに見覚えがあるのに気づいて

それか1年前に会った人だったもんで懐かしくて

あんた昨年の春も、その席に座ってたしょ」

と声をかけたら、真っ赤に充血した目を俺に向けて「ああ、もうそんなに時間が経ったのか。あれからずうっとここに座ったまま、賭け続けているんだよ」

そんな事を言いながら、ルーレットの玉の動きに注意を払っていた。ブダペスト金持ちお金だけじゃなく、体力もありあまってるんだなって





と、言う話なんだけど普通にこれ怪談じゃね?

2024-04-13

怪談オカルトでは行方不明になる人はわりと出てくるけど

実際そんなにありがちな話で行方不明者って存在するん?

 

ってググったら年に8万人くらい行方不明者おってほとんど全員その後見つかってるみたいやけどそれでも1000人くらいは見つかってないらしいかオカルト行方不明者という設定があってもわりとありかもな

最近フィクションだと明記して怪談を語るアカウントある

これは本当にあった怖い話です、とか大嘘ついてた昔より誠実な時代になったな

2024-04-07

「実話増田」書いてる人は過剰な実話アピール辞めて欲しい

いやもちろんわかるよ?「実話怪談」みたいに実話って付けなきゃそもそも売れないってのは。つまり淫夢営業と同じだね

でもさぁそういうの読んでる人って結局実話かどうかってどうでもいいんじゃないの?単なる唐揚げレモンみたいなもんだよ「実話」ってつけるのは

それつけることによって味が引き締まって美味しく感じるってね。

 

でもそれなら唐揚げレモンかけるのが嫌いない奴だっているってことを知っておいてほしい。

せっかく面白い話なのに「実話です」アッピールされるとクソつまんなくなっちゃうんだわ。

 

業界的に「実話」ってつけるのは、動画淫夢語入れるぐらい当たり前の集客方法で、なかったらまず見て貰えないんだからやざるを得ない

って感覚が染み付きすぎなんじゃないの

顔踏み女の怪

俺が通っていた高校で、「毎年修学旅行で、旅館に泊まった生徒数人が、必ず謎の女に顔を踏まれる」という意味がわからない怪談があった。

まりにも略脈がなく、意味オチもない話なので、この話が出ても特に盛り上がるわけでもなく、なんとなく「顔踏み女がでるらしいよ」ということが知られていた。

こういう話のテンプレートとして、いわく付きの旅館に毎年泊まっているとか、あるいは踏まれた生徒が不幸になるだとか、そういう話があってもおかしくないとは思うのだが、しかし全くない。

そもそも修学旅行の行き先は毎年変わるし、踏まれた生徒も死んだとかいう話はなかったのだ。

当時、俺は怪談好きだったので、直接的に顔を踏まれた先輩を探し出して話を聞くことにした。

その先輩によると、旅館荷物を置いたときに、ふと天井を見ると、「空間に貼り付けたような、騙し絵のようなペラペラの女らしきもの」が顔を踏んだ、と話していた。

他にも数人が違うシチュエーションで同じようなこと経験をしていたが、強く共通するのは「空間に貼り付けたような」という点だった。

わかりやすくいうと、ホログラムみたいな存在らしい。

俺が注目したのは「なぜ女だとわかるのか」ということだが、例えば赤いワンピースを着ていただとか細かったとかそういうことを言う人は1人もおらず、具体的な姿の詳細に突っ込んでも「わからない。でも女に違いない」と帰ってくる。

特にダイナミックな展開があるわけでもなかったので、俺は早々に興味を失って、修学旅行に行ったのだが、やはり俺のクラスメイト数人が顔を踏まれたと話していた。

それからそういう事をほとんど忘れて、会社に入ったぐらいの頃、「うちの会社残業をしていると、窓の外に人のようなものが浮かんでいることがある」という話を耳にした。

喫煙所(今はもう撤去された)で上司世間話していると、その上司をそれを見たようで、例の如く姿を詳しく聞いてみると「よくわからないが、空間に貼り付けたような、立体感があるのかどうかよくわからない、黒い人のような影」と言っていた。

どうも幽霊ペラペラらしい。

2024-03-24

怪談怖い話不思議な話

皆さんの体験した怪談を聞きたい。

幽霊系・オカルト系に限らず不思議な話とかワケの分からない話でもいい。

人の仕業なのかオバケ仕業なのか分からないような不気味な話とか大好き。

ちなみに自分は今まで何もそういう目に遭ったことがない。

2024-03-02

家にまつわる怪談萎える瞬間

前に住んでた住人の情報結構簡単に教える大家不動産屋が出てきたとき

2024-02-20

配信に載せられない怪談って何?

考察では神関係先祖土着宗教ドッペルゲンガーがあがったけど他には?

2024-02-14

ホラーまんが、小説で消えた同級生の話はない?

どうしてみんな○○を覚えてないんだ系のはなし

それのフィクションが読みたいんだよな

あいつは幽霊か?イマジナリーフレンドか?、パラレルワールド住民か?みたいなはなし

消えた同級生系の話は実話怪談2chスレに多くあり、

作者がいるフィクション小説やまんがでは見かけないので

知ってる人がいたら教えてほしい

なぜフィクションがいいのかと言うと

実話怪談とちがい、創作怪談エンタメなので、作者が読者を楽しませるための工夫があるから

ストーリー起承転結で綺麗だから

消えた同級生系の綺麗なまとまったストーリーを読んでみたいか

フィクションのまんがや小説を読んでみたいので

そういう話を知っていたら教えてほしい

消えた同級生ではないけど、郷内心瞳の桐島加奈江の話(夢の中にだけでてきた友達現実にも現れる実話怪談)すき

実話怪談の消えた同級生の話は「あいつの正体は一体……」で終わるが

作者がいる創作怪談だと、起承転結の綺麗な形にしないといけないのでフィクションが読みたい

2024-01-13

わたしにとっての文化

都市にひそむミエナイモノ展で「蘇生するユニコーン」を見ながら

あぁ、わたしにとっての「文化」はヒトが作った、私たち生活をしていくには必要のない作品に触れることだと思った

文化という言葉は広い意味を持つの日本人が米を食べるだけで、それだけで文化的な生活をしていると言える

でも、私にとっての文化は私が生きていくためには必要のない、そして人間が作ったもの

音楽漫画アニメゲーム絵画講演会舞台鑑賞、映画、展示会、お笑い怪談オカルト小説エッセイ

等々だ

東出昌大が山で半自給自足生活をしているそうだが、ああい自然のなかで、自然の恵みを楽しみながら、料理を楽しみながら暮らすのは私の思う文化的なものとはかけはなれているなあと思った

自然に触れるのは楽しいし、たまに透き通った沖縄の海に入ったり、屋久杉を見たりするのはとっても感動的ですばらしいと思うが、大自然日常生活に取り入れたくない

ヒトが作った、生きるためには必要がないけれど、それがあったら心が刺激される、わくわくする、そういうものをたくさん見たい

私の思う文化享受しようと思ったら、東京大阪に住むことが必要になるんだろう

みんなにとっての文化もぜひ教えてほしい

2024-01-04

anond:20240104211034

男としては女がすぐそういう話をするのが不思議

そんなヘンテコなたかりとかやるだけ疲れるだろうとか

ほんとにそんな奴いるのかねといつも思っており、

たぶん以下のどちらかの可能性だけどどっちかわからん。 

 

1 女には不合理なたか気質個体マジでいる

2 女は被害者ぶりつつ人を糾弾するのが好きなので

  ちょっとした話を膨らませて膨らませて

たかモンスター怪談を作ってる

ぶっちゃけ2だろうなと思ってる

  

  

割り込みはよくないけどルーズリーフなんて

単に忘れっぽい奴だなとかだらしないなと言う話で

そんな一円もしないものをやってもたかりだとは思わんし

んなことで被害者感情なんか持たない、男は。

女の話はあまりにもせせこましいので

そんな話を男がしたらそいつの方がせこい奴だなあと呆れられる。 

   

  

てか完全に性差だと思うけど 

男ってご馳走したりおごる方が格上なんだけど

女ってご馳走されたりおごられたりする方が格上なのね。

 

男は一方的におごられっぱなしは相手が先輩とか偉い場合

まりいつもおごられてるってことは自分が格下ってことなんだけど

女はそういうのがなくておごられる方が上、ルーズリーフ一枚でももらう方が上なのね。

 

しょーもない性別だなあって思う。

女の子とを理解するほど男尊女卑ってある程度正しい気がしてくる。

女の性質って小さい子供に似てる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん